Page 1

U1202 早稲田大学理工学部建築学科卒業論文         指導教授 渡辺仁史

嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度

Visual Satisfaction Level of Hobby Goods Layout in Private Rooms

土居 輝

Department of Architecture,School of Science and Engineering, Waseda University


嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度 Visual Satisfaction Level of Hobby Goods Layout in Private Rooms


はじめに  小さい頃から他人の家に行くのが好きだった。  そこには自分の家にないものがあり、自分の家とは違った生活様 式で溢れている。自分の日常の空間である自宅とは違う、他人の日 常の空間に入り込む、 「非日常」ではなく「異日常」感が好きだった。  家の中でも最も「個人」が表れるのは言うまでもなくその個人の 私室である。だから親しい友人の家を訪れる時、最も見たいと思っ ていたのはいつもその友人の部屋だった。  男は城を作る、という話を聞いたことがある。自分の部屋がある ならばそこを、部屋がなければ自分がいたいと思う場所を、そこの 主が自分であることを強調し、自分自身が認識するために、自分の 「色」に塗り固める、ということである。  趣味や気のあう友人のそんな「城」に入るのはとても心地がいい。 そこはただの部屋であり、自分は何も思い入れがないのに何故だろ うか。その心地よさを、どんな部屋でも味わうことができてたらど んなに幸せだろうか。  そんな思いから、この研究を始めた。

嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度

003

はじめに


目次 Index

嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度


005

第 1 部:論文編 第 1 章  研究背景

008

1-1.住空間を形作るもの  1-1-1.アドルフ・ロース / 居住空間の作り手とは

009

 1-1-2.都築響一 / 建築的美学から離れた美的空間

010

1-2.オタクの精神性  1-2-1.OTACOOL

011

 1-2-2.昔のオタクと今のオタク

012

1-3.見せる部屋 / 見る部屋

013

1-4.人間の視界

014

1-5.既往研究

015

第 2 章  研究概要

016

2-1.用語の定義

017

2-2.研究目的

018

2-3.研究フロー

019

2-4.既往研究との位置づけ

020

第 3 章  実験概要

021

3-1.写真調査  3-1-1.調査目的

022

 3-1-2.調査方法

023

 3-1-3.調査結果

024

3-2.アンケート調査  3-2-1.調査目的

050

 3-2-2.調査方法

051

 3-2-3.調査結果

059

嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度


006

第 4 章  分析 / 考察

068

4-1.距離・角度による分析 / 考察

069

4-2.囲まれ度による分析 / 考察

081

第 5 章  まとめ

087

5-1.まとめ

088

5-2.今後の展望

089

   おわりに

090

   参考文献

091

第 2 部:資料編

嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度


第 1 部

論文編

Part 1

Main Chapter

嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度


第 1 章

研究背景

Chapter 1

Research Background 1-1.住空間を形作るもの  1-1-1.アドルフ・ロース / 居住空間の               作り手とは  1-1-2.都築響一 / 建築的美学から離れ           た美的空間 1-2.オタクの精神性  1-2-1.OTACOOL  1-2-2.昔のオタクと今のオタク 1-3.見せる部屋 / 見る部屋 1-4.人間の視界 1-5.既往研究

嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度


1-1.住空間を形作るもの 1-1-1.アドルフ・ロース / 居住空間の作り手とは ア ド ル フ・ ロ ー ス , 伊 藤 哲 男

 20 世紀オーストリアの建築家であるアドルフ・ロースは、『装飾

(訳):装飾と罪悪−建築・文

と罪悪−建築・文化論集−』において、イミテーションの家具・調

化論集−(中央公論美術出版,

度品、古典を模倣した様式的な家具によって室内空間を装飾するこ

1987)

とを否定している。ある様式によって統一的に装飾された室内空間 には、その様式から外れるものは何を置いても様にならないからで あるという。しかし、「住居には必ずひとつの様式があるといえる。 それは生活者の様式、家族の様式である」と述べているように、古 典の模倣ではなく、生活者自身の選択・趣味によって作り出された 様式というものには肯定的であった。すなわち、住居空間とは常に 住まい手とともに変化を続けていくものであり、そこ置かれた家 具・調度品には生活者の記憶が反映されているべきだという意見で ある。  住空間をつくるのは建築家ではなく、そこで生活する人間である というロースの指摘に反し、現代において建築家や特定のデザイ ナーによってデザインされた住空間はロースの言うところの「装飾」 が施された空間ではないだろうか。拡大解釈をすれば、インテリア ショップにおけるショールームやホテルのような商業的な住空間は それに近い、装飾された「見せる」ための空間であり、なんのデザ インもされていない賃貸住居や私室を生活者たちが自由に作り上げ た「見る」空間との乖離が生じているのではないかと考える。

図 1-1-1-1.ニトリ新横浜店内のモデルルーム

図 1-1-1-1.IKEA 港北店内のモデルルーム

嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度

009

第 1 章 研究背景


1-1-2.都築響一 / 建築的美学から離れた美的空間 日本の世帯数の将来推計(全

  国立社会保障・人口問題研究所の統計によれば、日本の単独世

国推計) 2008(平成 20)年

帯 は 2005 年 の 段 階 で 全 体 の 29.5% で あ り、2010 年 で 31.2%、

3 月 推 計:http://www.ipss.

2030 年には 37.4% になると推測されている。賃貸住宅生活実態調

go.jp/pp-ajsetai/j/HPRJ2008/

査によれば、2005 年時点での賃貸住宅居住者のうち、単独世帯の

gaiyo20080314.pdf

割合は 56.5% であった。これらのことから単独居住者の多くは賃 貸住居で生活しており、上京や就職で一人暮らしを余儀なくされる

NYC, London, Paris & TOKYO

20 ∼ 30 代の若者にとっては、ワンルームの賃貸住居が最もポピュ

賃貸住宅生活実態調査:http://

ラーな住空間ではないだろうか。

www.jresearch.net/house/ jresearch/chintai/pdf/P055-

 写真家の都築響一が発表した『賃貸宇宙 UNIVERSE for RENT』

110_chapter2.pdf

という写真集には、生活を浮き彫りにしたような、物で溢れかえっ た現代の賃貸のワンルームの風景が写っている。これらの風景は先

都築響一:賃貸宇宙 UNIVERSE

述したような「装飾」的な、建築の美学からはほど遠いもので、こ

for RENT ( 上 )・( 下 )(ちくま

のような空間に美を見出した点で重要な写真集であるといえる。

文庫,2005)

図 1-1-2.賃貸宇宙に掲載された写真

嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度

010

第 1 章 研究背景


1-2.オタクの精神性 1-2-1.OTACOOL お た く: 人 格 = 空 間 = 都 市:

 2004 年に開催されたヴェネチア・ビエンナーレ第 9 回国際建築

http://www.jpf.go.jp/venezia-

展の日本館でオタクがテーマとして取り上げられ、オタクの個室の

biennale/otaku/j/

事例が紹介され、2009 年には『OTACOOL WORLDWIDE OTAKU ROOMS』として世界中のオタク部屋の写真集も出版されている。

英:OTACOOL

これらのオタク部屋には生活者の特徴が溢れ出すがごとく、アニメ

WORLDWIDE OTAKU ROOMS

キャラクターのフィギュアやポスターが所狭しと並んでいる。フィ

(壽屋,2009)

ギュアやポスターというものは装飾の施された家具とは違い、置く こと、飾ることそのものが目的である純粋な装飾品であるが、ロー スが罪悪と表現した様式的な装飾とは違い、生活者(の趣味)の様 式において置かれた装飾であるといえる。  これらの物自体が建築的な美学から遠いものであるということ は、その置かれ方もまた、従来とは異なる方法で行われているので はないだろうか。

図 1-2-1.OTACOOL に掲載されたオタク部屋の写真

嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度

011

第 1 章 研究背景


1-2-2.昔のオタクと今のオタク 岡田斗司夫:オタクはすでに

 岡田斗司夫が『オタクはすでに死んでいる』で現代の若いオタク

死んでいる(新潮新書,2008)

たち、ひいては日本の社会全体に広がる特徴について「自分の気持 主義」と表現している。これは文字通り、 「自分が」好きと言える ものだけを重要視するというものである。それ以前のオタクは、オ タクであることが「人格形成とか人間修業の場」と考えたり、 「オ タク界の必須教養を身につける義務がある」と考える人々であると 述べている。  一言にオタク趣味があると言っても、義務感から書籍やグッズを 買うこともありえた昔のオタクと違い、現代のオタク、そして若者 は「自分」を第一に考えているという傾向から、現代の 20 代の若 者は「自分の好きな」物を買い、 「自分の好きな」場所に置くとい う傾向が強く出るのではないかと考えた。

嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度

012

第 1 章 研究背景


1-3.見せる部屋 / 見る部屋  賃貸住居や戸建て以外の住空間としてホテルがあげられる。高級 ホ テ ル デ ザ イ ナ ー リ ス ト:

ホテルと言われるホテルの個室は一人のインテリアデザイナーがデ

http://www004.upp.so-net.

ザインしたものが多く見られるが、一人の建築家あるいはデザイ

ne.jp/wonder/hotel.html

ナーの手によってデザインされたこれらの住空間はロースが罪悪と 表現した「装飾」によって塗り固められた住空間であると言える。

ザ・リッツ・カールトン東京:

このような空間に入っても一歩引いた状態から部屋を眺めているよ

http://www.ritzcarlton.com/ja/

うな、 「部屋を見せられている」という錯覚に陥るのではないだろ

Properties/Tokyo/Default.htm

うか。  一方で,東京ディズニーランドホテルの個室には、壁紙や調度品

リーガロイヤルホテル東京:

にミッキーやドナルドダッグという明確な趣味を表す装飾があしら

http://www.rihga.co.jp/tokyo/

われており、その部屋を訪れるディズニーオタクたちにとっては、

index.html

自らの趣味の様式に染まった部屋を「見て」満足する。オタク部屋 がホテルの個室となった一例といえるのではないか。

東京ディズニーランドホテル: http://www.disneyhotels.jp/ tdh/index.html

図 1-3-1.ザ・リッツ・カールトン東京の

図 1-3-2.リーガロイヤルホテル東京の

個室(デザイン:フランク・ニコルソン)

個室(デザイン:ジョン・グラハム)

図 1-3-3.ディズニーアンバサダーホテル内の装飾

嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度

013

第 1 章 研究背景


1-4.人間の視界 小原二郎,内田祥哉,宇野英

 『建築・室内・人間工学』によれば、日本人の成人男性が椅子に

隆:建築・室内・人間工学(鹿

座って足をつけ、背筋を伸ばした際、床から尻までの高さが 41.0

島出版会,1969)p.59, 153

±1.70cm、 尻から目の高さまでが 80.3±2.93cm であるとしている。  また、眼球を動かさずに見える範囲(静視野)は水平方向に 200 度、上方向に 50 度、下方向に 70 度とされている。しかしながら、 中心を見つめたときに見える範囲(注視野)は静視野の範囲よりも

Viola Siderea » Blog Archive »

狭くなり、注視点が迅速に安定して見える安定注視野は水平に 60

人間の視野とディスプレイ:

∼ 90 度,垂直に 45 度∼ 70 度程度であるといわれている。

http://violasiderea.divb.net/

 一般的な 35mm 判フィルムカメラのレンズにおいて、安定注視

archives/804

野の水平視野角に近いとされるのが焦点距離 28mm のレンズであ る(水平画角 65.5 度) 。

角 - Wikipedia:http://

ja.wikipedia.org/wiki/ 画角

 水平方向の視野角を 60 度、 垂直方向の視野角を 40 度としたとき、 人間の視界を単純な長方形として表した場合、高さにおける幅の比 は tan(30° )/tan(20° )=1.586 となり、高さ:幅 =1:1.586 の長 方形が視界の縦横比であるといえる。

図 1-4-1.日本人の成人男性の人体寸法

図 1-4-2.人の見える範囲

嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度

014

第 1 章 研究背景


1-5.既往研究 加藤力,松田奈緒子:インテ

 加藤らは、居住空間においてインテリアを選択し、配置するとい

リア空間における社会心理学

う行為が空間の自己化であるとし、居住空間が生活者の内面を表す

的考察

ものであることを明らかにしているが、どのような物を置くことが 空間をより自己化することにつながるかを明らかにしているもので あり、どこに置くかについては扱っていない。

森川嘉一郎:青年の個室に反

 森川は、青年の個室に生活者の個人的属性が装飾品の数量に反映

映された趣味の文化的階層性

されていることを明らかにしているが、空間内における数量に着目

と植民地性 1-3

したもので、配置に関した研究ではない。

材木敦史,加藤直樹,瀧澤重志:

 材木らは、居室空間における家具配置と満足度についての相関を

学生の居室における家具配置

明らかにしているが、大きな家具に対しての使い勝手という機能的

の満足度調査

な側面から満足度を割り出しており、装飾品の配置等から見た視覚 的な側面からの満足度との相関は明らかにしていない。

小原美穂子,遠田敦,渡辺仁史:

 小原らは、生活空間を構成する物が、利便性の関係性によって配

空間 - モノ研究 2:モノによっ

置されていることを明らかにしたが、これは物と物の関係性に着目

て構成される生活空間の秩序

した配置に関する研究であり、物と人の関係性に着目したものでは ない。

嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度

015

第 1 章 研究背景


第 2 章

研究概要

Chapter 2

Research Abstract 2-1.用語の定義 2-2.研究目的 2-3.研究フロー 2-4.既往研究との位置付け

嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度


2-1.用語の定義 ■嗜好品  置いて見ることが目的の物、あるいは本来使用用途があるが、置 いて見ることが利用者にとって目的化してしまった物。  置いて見ることが目的の物として、フィギュア、ぬいぐるみ、ポ スター、写真、絵画、観葉植物などがあげられる。置いて見ること が目的化してしまった物として、空き瓶や空き箱のコレクション、 棚に収納したまま読まなくなった漫画本などがあげられる。

嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度

017

第 2 章 研究概要


2-2.研究目的 居室空間における嗜好品の配置パターンと部屋の満足度の関係を明 らかにし、嗜好品配置を考慮したホテルや居室の家具または家具配 置の設計の指針とする。

嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度

018

第 2 章 研究概要


2-3.研究フロー

写真およびアンケート調査 居室空間における視覚的嗜好品の レイアウトの記録 アンケートによる意識調査

分析 嗜好品のレイアウトパターンを抽出し パターンの出力を左右する要素について分析

結果 嗜好品のレイアウトパターンと 部屋の満足度との相関を明らかにする

図 2-3-1.研究フロー

嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度

019

第 2 章 研究概要


2-4.既往研究との位置付け 文 1)加藤力,松田奈緒子:イ ンテリア空間における社会心

理学的考察

文2)森川嘉一郎:青年の個 室に反映された趣味の文化的 階層性と植民地性 1-3

文1 文3 文2 本研究

文 3) 材 木 敦 史, 加 藤 直 樹, 瀧澤重志:学生の居室におけ

文4

る家具配置の満足度調査

物 文 4) 小 原 美 穂 子, 遠 田 敦, 渡辺仁史:空間 - モノ研究 2: モノによって構成される生活 空間の秩序

嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度

図 2-4-1.研究の位置付け

空間

020

第 2 章 研究概要


第 3 章

実験概要

Chapter 3

Experiment 3-1.写真調査  3-1-1.調査目的  3-1-2.調査方法  3-1-3.調査結果 3-2.アンケート調査  3-2-1.調査目的  3-2-2.調査方法  3-2-3.調査結果

嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度


3-1.写真調査 3-1-1.調査目的 居室空間における嗜好品の配置の現状を把握する。

嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度

022

第 3 章 実験概要


3-1-2.調査方法 ■概要 実際の居室空間の様子を写真で記録し、存在している嗜好品の位置 を記録し図化する。 ■調査日時 2012 年 10 月 12 日∼ 10 月 18 日 ■調査対象 20 代の学生および社会人 24 名分の個室 (学生 17 人、社会人 7 人) ■調査手順 手順 1:それぞれの部屋について、全ての壁面方向および床の状況 が把握できるだけの写真を撮影する。 手順 2:それらの写真をもとに、Shade を用いて開口部・主要な家 具を描き入れた部屋の 3D モデルを作り、嗜好品の位置をプロット する。 │描き込む開口部│  ・窓  ・ドア(ウォークインクローゼットの扉含む) │描き込む家具│  ・机  ・椅子  ・本棚やタンスなどの収納用品  ・ベッド、もしくは布団  ・パソコン  ・テレビ

嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度

023

第 3 章 実験概要


3-1-3.調査結果  写真調査によって得られた写真の一部を掲載する(図 3-1-3-1 お よび図 3-1-3-2) 。その他は資料編に載せる。

図 3-1-3-1.被験者 14 の個室の写真

嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度

024

第 3 章 実験概要


図 3-1-3-2.被験者 21 の個室の写真

嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度

025

第 3 章 実験概要


集められた写真をもとに、調査手順2の通りの家具、嗜好品(後 述のアンケート調査にて、居住者のお気に入りと判断された物につ いても描き込んである)を描き入れた部屋の 3D モデルを作成した。  以下に各個室の 3D モデルと描き入れた嗜好品のリストを掲載す る。 プラモデル

嗜好品の凡例          ■ 1番目のお気に入り

ビール瓶

■ 2番目のお気に入り ■ 3番目のお気に入り

ぬいぐるみ

■ 4番目のお気に入り ■ 5番目のお気に入り

カレンダー

■ コレクションしているもの ■ その他の嗜好品

プラモデルの箱

書籍や CD

ジオラマ

日本地図

カレンダー

絵画

図 3-1-3-1-1.被験者 1 の個室鳥瞰図

表 3-1-3-1-2.被験者 1 の嗜好品リスト

 (&



嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度



5>: %!#+'

&  & 

6983: -;=1>

 92.

6983:&

 92.

)

& &

/,97 



.<>024&  

"$*

026

第 3 章 実験概要


椅子

嗜好品の凡例          ■ 1番目のお気に入り

フィギュア

■ 2番目のお気に入り ■ 3番目のお気に入り ■ 4番目のお気に入り

ぬいぐるみ 書籍

■ 5番目のお気に入り

書籍 ■ コレクションしているもの

TV ラック

■ その他の嗜好品

フィギュア

ぬいぐるみ

タペストリー

図 3-1-3-2-1.被験者 2 の個室鳥瞰図

表 3-1-3-2-2.被験者 2 の嗜好品リスト

 #!



$

!



! 7*-<90,

 



! !

 

/5.2:= 3'+8&

$! 1'.4;(90,







! !)9=60,.! 90, %"

嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度

! 7*-<90,!



!



027

第 3 章 実験概要


嗜好品の凡例          ■ 1番目のお気に入り ■ 2番目のお気に入り ■ 3番目のお気に入り ■ 4番目のお気に入り ■ 5番目のお気に入り

■ コレクションしているもの

パソコンデスク

■ その他の嗜好品

フィギュア

書籍

図 3-1-3-3-1.被験者 3 の個室鳥瞰図

表 3-1-3-3-2.被験者 3 の嗜好品リスト

 



嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度





( *

+-)%!#



+-)%!#



 

'$",&#!

 



028

第 3 章 実験概要


嗜好品の凡例          ■ 1番目のお気に入り ■ 2番目のお気に入り ■ 3番目のお気に入り ■ 4番目のお気に入り ■ 5番目のお気に入り

■ コレクションしているもの ■ その他の嗜好品

スピーカー

フィギュア

冷蔵庫 図 3-1-3-4-1.被験者 4 の個室鳥瞰図

表 3-1-3-4-2.被験者 4 の嗜好品リスト

   

嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度



 

&'

$ (#



%))  

$ (#  "!(

 

029

第 3 章 実験概要


フィギュア

ぬいぐるみ

嗜好品の凡例          ■ 1番目のお気に入り ■ 2番目のお気に入り

ストラップ

■ 3番目のお気に入り ■ 4番目のお気に入り ■ 5番目のお気に入り

■ コレクションしているもの ■ その他の嗜好品

図 3-1-3-5-1.被験者 5 の個室鳥瞰図

表 3-1-3-5-2.被験者 5 の嗜好品リスト

  

嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度







%*"



&( #)!'

%*"  *$

 

030

第 3 章 実験概要


嗜好品の凡例          ■ 1番目のお気に入り ■ 2番目のお気に入り ■ 3番目のお気に入り ■ 4番目のお気に入り ■ 5番目のお気に入り

■ コレクションしているもの

カレンダー

絵画

■ その他の嗜好品

電子ピアノ

懐中電灯

三味線 図 3-1-3-6-1.被験者 6 の個室鳥瞰図

表 3-1-3-6-2.被験者 6 の嗜好品リスト

 #"



嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度



!$



$" 



 ,%+ 

" *('"

 

&-.)/ 

*('"

"

 

031

第 3 章 実験概要


嗜好品の凡例         

掛け時計

書籍

■ 1番目のお気に入り ■ 2番目のお気に入り

PC

■ 3番目のお気に入り ■ 4番目のお気に入り

ぬいぐるみ 置き時計

■ 5番目のお気に入り

■ コレクションしているもの

絵画

マウスパッド

■ その他の嗜好品

フィギュア タペストリー

タペストリー

図 3-1-3-7-1.被験者 7 の個室鳥瞰図

表 3-1-3-7-2.被験者 7 の嗜好品リスト

 &$ /8.3<> 



 "'

'$



714$



.0>=;1-$ $

# (% 

嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度

$ .0>=;1-$

6*,:)

.0>=;1-$



$





2.-$



 

2.-$



!  9+.514

$ 2.-$



032

第 3 章 実験概要


033

第 3 章 実験概要

嗜好品の凡例          ■ 1番目のお気に入り ■ 2番目のお気に入り ■ 3番目のお気に入り ■ 4番目のお気に入り

チラシ

■ 5番目のお気に入り

書籍

■ コレクションしているもの ■ その他の嗜好品

地図

ポスター

クッションカバー

写真

色紙

図 3-1-3-8-1.被験者 8 の個室鳥瞰図

表 3-1-3-8-2.被験者 8 の嗜好品リスト







!

,(* )%#







#($.0"+1 

!  ! 

 

-%&1 

! !



'/$

)%#

 



嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度


嗜好品の凡例         

■ 1番目のお気に入り ■ 2番目のお気に入り ■ 3番目のお気に入り ■ 4番目のお気に入り ■ 5番目のお気に入り

CD

■ コレクションしているもの ■ その他の嗜好品

仮面ライダーグッズ フィギュア ぬいぐるみ

ぬいぐるみ

フィギュアの箱

フィギュア ゲーム機

図 3-1-3-9-1.被験者 9 の個室鳥瞰図

表 3-1-3-9-2.被験者 9 の嗜好品リスト

 &$



"'

7*,:)

'$$



#!(%

40-$ 836$

 

/=9

40- $$ 40-$

 

 7*,:)$

40-$ $

;+2=.31

$ $



<75836$ $  '

  

嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度



034

第 3 章 実験概要


嗜好品の凡例          ■ 1番目のお気に入り ■ 2番目のお気に入り ■ 3番目のお気に入り ■ 4番目のお気に入り ■ 5番目のお気に入り

■ コレクションしているもの ■ その他の嗜好品

置物

絵画 砂時計

フィギュア お守り

図 3-1-3-10-1.被験者 10 の個室鳥瞰図

表 3-1-3-10-2.被験者 10 の嗜好品リスト

 



嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度



 



 



% !& 

$#" $#"

 

 

$#" $#"

 

035

第 3 章 実験概要


嗜好品の凡例          ■ 1番目のお気に入り ■ 2番目のお気に入り ■ 3番目のお気に入り ■ 4番目のお気に入り ■ 5番目のお気に入り

■ コレクションしているもの ■ その他の嗜好品

置物

カーテン

絵画

画集

ゲーム

フィギュア

コンポ

ぬいぐるみ

図 3-1-3-11-1.被験者 11 の個室鳥瞰図

表 3-1-3-11-2.被験者 11 の嗜好品リスト

 #!



嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度



 $

(2,1 %"

 





$!

!

 

-')0&

!

!

 

!

!

*2/ +1.

!

!





036

第 3 章 実験概要


嗜好品の凡例         

■ 1番目のお気に入り ■ 2番目のお気に入り ■ 3番目のお気に入り ■ 4番目のお気に入り ■ 5番目のお気に入り

フィギュア

絵画

■ コレクションしているもの ■ その他の嗜好品

CD

書籍

ゲーム

図 3-1-3-12-1.被験者 12 の個室鳥瞰図

表 3-1-3-12-2.被験者 12 の嗜好品リスト

 



嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度



 







%.+ 

 (&$ 

 

*"#,! 

(&$  (&$



 &'-)



037

第 3 章 実験概要


嗜好品の凡例          ■ 1番目のお気に入り ■ 2番目のお気に入り

絵画

■ 3番目のお気に入り

ぬいぐるみ

■ 4番目のお気に入り ■ 5番目のお気に入り

■ コレクションしているもの ■ その他の嗜好品

フィギュア

書籍

酒瓶 お面

棚板

図 3-1-3-13-1.被験者 13 の個室鳥瞰図

表 3-1-3-13-2.被験者 13 の嗜好品リスト

 $"



嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度



 %

/,+"



/,+"





"





"



3.+



3.+ %0(



!&#

-1'



1)*2(

-1'

038

第 3 章 実験概要


ラック

嗜好品の凡例          ■ 1番目のお気に入り ■ 2番目のお気に入り ■ 3番目のお気に入り ■ 4番目のお気に入り

PC

■ 5番目のお気に入り

■ コレクションしているもの

デスク

■ その他の嗜好品

本棚

絵画

図 3-1-3-14-1.被験者 14 の個室鳥瞰図

表 3-1-3-14-2.被験者 14 の嗜好品リスト

 



 



$"! 

$"!





%#!

$"!









  



$"!





嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度



039

第 3 章 実験概要


嗜好品の凡例          ■ 1番目のお気に入り

ぬいぐるみ

ミニチュア

絵画

■ 2番目のお気に入り ■ 3番目のお気に入り ■ 4番目のお気に入り

イラストカード

■ 5番目のお気に入り

新聞の切り抜き ■ コレクションしているもの ■ その他の嗜好品

イラストカード

絵画

画材

書籍

扇子

ぬいぐるみ

図 3-1-3-15-1.被験者 15 の個室鳥瞰図 表 3-1-3-15-2.被験者 15 の嗜好品リスト

"$ .,

'*/



854,

%



/,,

%

854 ,, % 

854,

<;7=1

#!,

%

56?:, #!, 

+&)0-

#!,

%

, , 2>593@:

854,

%

#!,

/:1

嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度

,/(

854,



,

%

040

第 3 章 実験概要


チラシ

ストラップ

嗜好品の凡例          ■ 1番目のお気に入り ■ 2番目のお気に入り ■ 3番目のお気に入り ■ 4番目のお気に入り ■ 5番目のお気に入り

ぬいぐるみ ■ コレクションしているもの ■ その他の嗜好品

CD

ポスター

フィギュア 書籍

風鈴 フォトスタンド ミニチュア キーボード フィギュア 使用済みサイリウム ストラップ

カレンダー 図 3-1-3-15-1.被験者 15 の個室鳥瞰図 表 3-1-3-15-2.被験者 15 の嗜好品リスト

#% .,



?L;

 ,

H<=Q



(*/

A<9,



嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度

+')0-

,

!"

!"L@9,



,

E28K1



&

$!, E5B<=PC

,

&

7QGQC

<?QNL@9,

&

-:3M4J <?QNL@9,

&



A<9

6OP>Q

A<9,

<BL@F

A<9,

ID?K1

, $!,

&

041

第 3 章 実験概要


嗜好品の凡例          ■ 1番目のお気に入り ■ 2番目のお気に入り ■ 3番目のお気に入り ■ 4番目のお気に入り ■ 5番目のお気に入り

■ コレクションしているもの ■ その他の嗜好品

PC 図 3-1-3-17-1.被験者 17 の個室鳥瞰図

表 3-1-3-17-2.被験者 17 の嗜好品リスト

 









嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度



042

第 3 章 実験概要


クッション 嗜好品の凡例          ■ 1番目のお気に入り ■ 2番目のお気に入り ■ 3番目のお気に入り ■ 4番目のお気に入り ■ 5番目のお気に入り

■ コレクションしているもの ■ その他の嗜好品

ストラップ

ぬいぐるみ

図 3-1-3-18-1.被験者 18 の個室鳥瞰図

表 3-1-3-18-2.被験者 18 の嗜好品リスト

  

嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度

 " %' !#&"$





&" 



  

043

第 3 章 実験概要


嗜好品の凡例          ■ 1番目のお気に入り ■ 2番目のお気に入り ■ 3番目のお気に入り ■ 4番目のお気に入り

フィギュア

■ 5番目のお気に入り

■ コレクションしているもの ■ その他の嗜好品

コントローラー

スピーカー

キーボード

図 3-1-3-19-1.被験者 19 の個室鳥瞰図

表 3-1-3-19-2.被験者 19 の嗜好品リスト

 

嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度





#%





)$)!





( ')&)





"))

 



044

第 3 章 実験概要


嗜好品の凡例          ■ 1番目のお気に入り ■ 2番目のお気に入り ■ 3番目のお気に入り ■ 4番目のお気に入り ■ 5番目のお気に入り

■ コレクションしているもの

自転車

■ その他の嗜好品

フィギュア 賞状

ポスター

ぬいぐるみ

扇風機

フィギュア

PC

タオル

図 3-1-3-20-1.被験者 20 の個室鳥瞰図

表 3-1-3-20-2.被験者 20 の嗜好品リスト

  %#



 !&

+6931-/#



08/#





08/#



4/09

+6931-/#



+6931-/#



08/#





+6931-/#



" '$

.9/#

0*7

08/#

2),5(



嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度

045

第 3 章 実験概要


嗜好品の凡例          ■ 1番目のお気に入り ■ 2番目のお気に入り ■ 3番目のお気に入り

クッションカバー

ポスター

■ 4番目のお気に入り ■ 5番目のお気に入り

■ コレクションしているもの

フィギュア

■ その他の嗜好品

CD ぬいぐるみ 絵画

アクセサリー

ギター 図 3-1-3-21-1.被験者 21 の個室鳥瞰図

表 3-1-3-21-2.被験者 21 の嗜好品リスト

 "



嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度



 #

(/<

2-)

5-/<

4&(6%

-0<:81)



-0<:81)



-0<:81)



-0<:81)



$!







)1,7;'3<

 



 

%).+9<

*<-











046

第 3 章 実験概要


嗜好品の凡例          ■ 1番目のお気に入り ■ 2番目のお気に入り ■ 3番目のお気に入り ■ 4番目のお気に入り ■ 5番目のお気に入り

電子ピアノ

■ コレクションしているもの

クッション

■ その他の嗜好品

ポスター

ぬいぐるみ フィギュア

写真

書籍

画材

ポスター

図 3-1-3-22-1.被験者 22 の個室鳥瞰図

表 3-1-3-22-2.被験者 22 の嗜好品リスト

 %#



!&

 4(3

&# 





.<-#



1-+# 



&#:0+



7-.=

&#



嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度

.<-# &2(



#

+0,9<

602#

5)*8(

-/=;:0+#

" '$

-/=;:0+#



-/=;:0+#



047

第 3 章 実験概要


嗜好品の凡例          ■ 1番目のお気に入り ■ 2番目のお気に入り

タペストリー

■ 3番目のお気に入り ■ 4番目のお気に入り ■ 5番目のお気に入り

デスクマット

■ コレクションしているもの ■ その他の嗜好品

タペストリー

図 3-1-3-23-1.被験者 23 の個室鳥瞰図

表 3-1-3-23-2.被験者 23 の嗜好品リスト

  "!$% 

 

 



 



 #!

嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度





 

048

第 3 章 実験概要


自転車 嗜好品の凡例          ■ 1番目のお気に入り ■ 2番目のお気に入り ■ 3番目のお気に入り ■ 4番目のお気に入り ■ 5番目のお気に入り

■ コレクションしているもの ■ その他の嗜好品

スピーカー

スピーカー

PC

コントローラー 図 3-1-3-24-1.被験者 24 の個室鳥瞰図

表 3-1-3-24-2.被験者 24 の嗜好品リスト

  



 







#.(-/+/





$&/,+'"





$&/,+'"



$)/!/

%* 





嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度

049

第 3 章 実験概要


3-2.アンケート調査 3-2-1.調査目的 生活者の嗜好品に対する重要度や、部屋に対する満足度を明らかに する。

嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度

050

第 3 章 実験概要


3-2-2.調査方法 ■概要 生活者の嗜好品に対する重要度や、部屋に対する生活者の満足度の 状態をアンケートによって調査する。 ■調査日時 2012 年 10 月 18 日∼ 10 月 20 日 ■調査対象 20 代の学生および社会人 24 名(写真調査の対象と同一) ■調査手順 図 3-2-2-1-1 ∼ 図 3-2-2-1-4 お よ び 図 3-2-2-2-1 ∼ 図 3-2-2-2-3 に 記載した項目についてアンケートツクレール(http://enq-maker. com/)を利用したアンケートを作成し、インターネットを介して 答えてもらう。

嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度

051

第 3 章 実験概要


図 3-2-2-1-1.アンケート項目その 1

嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度

052

第 3 章 実験概要


図 3-2-2-1-2.アンケート項目その 1

嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度

053

第 3 章 実験概要


図 3-2-2-1-3.アンケート項目その 1

嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度

054

第 3 章 実験概要


図 3-2-2-1-4.アンケート項目その 1

嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度

055

第 3 章 実験概要


図 3-2-2-2-1.アンケート項目その 2

嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度

056

第 3 章 実験概要


図 3-2-2-2-2.アンケート項目その 2

嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度

057

第 3 章 実験概要


図 3-2-2-2-3.アンケート項目その 2

嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度

058

第 3 章 実験概要


3-2-3.調査結果

図 3-2-3-1-1.年齢

表 3-2-3-1-2.年齢 

























図 3-2-3-2-1.職業

表 3-2-3-2-2.職業

嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度

059

第 3 章 実験概要


図 3-2-3-3-1.デスクの購入・入手先 表 3-2-3-3-2.デスクの購入・入手先  :8? <@5 !"   23@-,. 4A=A

    

.%. '-  +$&)   ;78+ 3A6A>29 1 $0/0*) $0-# (.

        

表 3-2-3-3-3.デスクの購入・入手先その他の内訳  

 

    

 

図 3-2-3-4-1.ベッド・布団の購入・入手先 表 3-2-3-4-2.ベッド・布団の購入・入手先  ;9@ =A6 "#!  34A.-/ 5B>B /&/ (.  ,%'*   <89, 4B7B?3: 2 %101+* %1.$

            

)/



嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度

表 3-2-3-4-3.ベッド・布団の購入・入手先その他の内訳

 





060

第 3 章 実験概要


図 3-2-3-5-1.棚の購入・入手先 表 3-2-3-5-2.棚の購入・入手先  =;B ?C8 $%#"  56C0/1 7D@D

1(1 *0  .'),   >:;. 6D9DA5< 4 '323-, '30& +1

      !     !

表 3-2-3-5-3.棚の購入・入手先その他内訳   

   !    

図 3-2-3-6-1.家具選びの際の参考 表 3-2-3-6-2.家具選びの際の参考



 %(,*,' $+&)# $+&)#"

  

 !



   

 

  

表 3-2-3-6-3.家具選びの際の参考その他内訳  

嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度

 





 !"   

 

061

第 3 章 実験概要


図 3-2-3-7-1.飾ってあるものの購入・入手先 表 3-2-3-7-2.飾ってあるものの購入・入手先  

   "# !    



       

図 3-2-3-8.コレクションしているものがあるか

コレクションの内容                                        ・鉄道模型

・同人誌

・カードゲーム

 ・プラモデル

・使用済み切符

・パンフレット類

 ・ビール瓶

・クリアファイル

 ・漫画・画集などの書籍

・フィギュア

 ・3D

・ゲーム

嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度

062

第 3 章 実験概要


図 3-2-3-9-1.部屋にある物を整理するときの方法

表 3-2-3-9-2.部屋にある物を整理するときの方法



"$ $#$ #$ % 



 !$







 

表 3-2-3-9-3.部屋にある物を整理するときの方法その他の内訳   

 

図 3-2-3-10-1.部屋の中で最も綺麗にしておきたい場所 表 3-2-3-10-2.部屋の中で最も綺麗にしておきたい場所   

























表 3-2-3-10-3.部屋の中で最も綺麗にしておきたい場所その他の内訳 

 

嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度

     

063

第 3 章 実験概要


図 3-2-3-11-1.自分の部屋に対する満足度 表 3-2-3-11-2.自分の部屋に対する満足度 

  





























 



図 3-2-3-12-1.部屋に置いてあるお気に入り上位 5 つ 表 3-2-3-12-2.部屋に置いてあるお気に入り上位 5 つ ' 



3+-6*75106*



4./87



7



7.28,8%$'



&!")(7



 7

 

#'



表 3-2-3-12-3.部屋に置いてあるお気に入り上位 5 つその他の内訳   

嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度

 

 

 

 

064

第 3 章 実験概要


図 3-2-3-13-1.お気に入りの理由 表 3-2-3-13-2.お気に入りの理由 



$#



*".



*".



'$%#



#+0()#.



&,$%)#.145236-+ #/$". &,

!

表 3-2-3-13-3.お気に入りの理由その他の内訳  

  

図 3-2-3-14-1.部屋の中で最も長くいる場所 表 3-2-3-14-2.部屋の中で最も長くいる場所 















嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度

065

第 3 章 実験概要


図 3-2-3-15-1.最も長くいる場所にいる時間 表 3-2-3-15-2.最も長くいる場所にいる時間 

 







 











  





 

  

図 3-2-3-16-1.部屋の中で二番目に長くいる場所 表 3-2-3-16-2.部屋の中で二番目に長くいる場所 













表 3-2-3-16-3.部屋の中で二番目に長くいる場所  

嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度

 



066

第 3 章 実験概要


図 3-2-3-17-1.二番目に長くいる場所にいる時間

表 3-2-3-17-2.二番目に長くいる場所にいる時間 

嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度







 







  

  

067

第 3 章 実験概要


第 4 章

分析 / 考察

Chapter 4

Analysis / Consideration 4-1.距離・角度による分析 / 考察 4-2.囲まれ度による分析 / 考察

嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度


4-1.距離・角度による分析 / 考察  まず、アンケート結果より、部屋の中で最も長時間いる場所を 取り出す。次に、椅子座(ベッドの上含む)の場合は床上から 120cm、床座(布団の上含む)の場合は床上から 80cm を視点の 高さとし、これを部屋の 3D モデルの中心点とする。

120cm 80cm

図 4-1-1-1.椅子座の時の目線の高さ

図 4-1-1-2.床座の時の目線の高さ

 各嗜好品までの距離を取るための基準点は、ぬいぐるみやフィ ギュア、自転車などの立体物やポスターなどの平面はモデルの重心 とし、本棚に収納してあるものについては本棚の前面を平面とした ときの重心とした。また、嗜好品が一箇所に固まっている場合、集 合全体を一つの立体物とみなした。

図 4-1-1-3.立体物、平面の基準点

嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度

図 4-1-1-4.本棚の基準点

図 4-1-1-5.集合の基準点

069

第 4 章 分析 / 考察


このようにして定めた部屋の中心点から嗜好品の基準点までの長 さを生活者と嗜好品の距離とする。

距離

図 4-1-1-6.距離計測のイメージ

 水平方向・垂直方向の角度については、デスク前の場合はデスク 方向、ベッドの場合は短辺方向かつ部屋の中心側、床座の場合は座 卓方向に、中心点として定めた点から床と平行な線を引き、これを 水平方向・垂直方向ともに 0 度とした。水平方向の範囲は 0 度∼ 180 度、垂直方向の範囲は -90 度∼ 90 度(上方向が正、 下方向が負) である。

水平角度

0度

図 4-1-1-7.水平角度計測のイメージ

嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度

垂直角度 0度

図 4-1-1-8.垂直角度計測のイメージ

0度

070

第 4 章 分析 / 考察


このようにして求めた各嗜好品までの距離および水平方向・垂直 方向の角度に対し、お気に入り度、物理的特性と満足度について比 較したグラフを作成した。グラフ作成に使用したパラメーターの凡 例は表 4-1-1-9 の通りである。 表 4-1-1-9.分析に使用したパラメーター

R$d j Q Oo|r~vd` 5@1f3*

')+(

&8

嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度

G F E D C

OR$d j

B

Oo|r~vaR$d jbYlcS_^if

C d .[kif‚-PLM€ D%=dZ0Vif‚eQWkhPwpqzo€ E,=dZ0V}7kif‚yst~P4/€ F=n6b]\P jXkif‚sv{uxP?<€ Gd#g`UVP"2+d;0YlkTQbmlk >‚3:9P!PNL€ KGA KBA JBA JGA JBA IKA IGA IBA HGA JBA& HBA GBA FBA DBA

C D C K C D D C D C C C

           

071

第 4 章 分析 / 考察


まずは、満足度ごとに分けずに全体的な傾向を見るためのグラフ を作成した。

図 4-1-2-0-1.距離計測のイメージ

図 4-1-2-1.お気に入りの度合いと距離

図 4-1-2-0-2.水平角度計測の イメージ

図 4-1-2-2.お気に入りの度合いと水平角度

図 4-1-2-0-3.垂直角度計測の イメージ

図 4-1-2-3.お気に入りの度合いと垂直角度

 お気に入りの度合いが 0 のものは他よりやや離れた場所(100cm より遠く)に置かれる傾向があるが、全体的にお気に入りの度合い に関わらず均一な分布が見られた。

嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度

072

第 4 章 分析 / 考察


図 4-1-2-0-1.距離計測のイメージ

図 4-1-2-4.物理的特性と距離

図 4-1-2-0-2.水平角度計測の イメージ

図 4-1-2-5.物理的特性と水平角度

図 4-1-2-0-3.垂直角度計測の イメージ

図 4-1-2-6.物理的特性と垂直角度

 吊り下げるものや家具類は他に比べて比較的近い位置に置かれる 傾向が見られた。これは吊り下げるものが小さいことや、家具類に デスク上に置かれる PC が含まれていることが原因と思われる。  本棚そのものを含む家具類が正面及び真後ろに配置される傾向が あるのに対し、本棚に収納するものは正面付近と左右に多く分布し ている。お気に入りとなる本は後ろではなくすぐに手の届く範囲に 置いていることが多いと言える。  また、ポスターや風鈴など、貼るもの、吊り下げるものはその性 質上やや見上げる位置に置かれることが多いことも分かる。

嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度

073

第 4 章 分析 / 考察


図 4-1-2-0-1.距離計測のイメージ

図 4-1-2-7.満足度と距離

図 4-1-2-0-2.水平角度計測の イメージ

図 4-1-2-8.満足度と水平角度

図 4-1-2-0-3.垂直角度計測の イメージ

図 4-1-2-9.満足度と垂直角度

 被験者の満足度評価が 80% 前後に集中していたため、全体的に 満足度の高い方向に偏りが出ている。満足度 50% 以下になると非 常に近い距離にしか嗜好品がない傾向が見られるが、サンプルが少 ないため、一般的な傾向とは言いがたい。

嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度

074

第 4 章 分析 / 考察


図 4-1-2-0-2.水平角度計測の イメージ

図 4-1-2-10.水平角度と垂直角度

図 4-1-2-0-3.垂直角度計測の

 正面方向(デスクの前に座った場合、デスク側)は、至近距離に

イメージ

あるデスクの棚などに嗜好品が置かれてあることが多いためか、垂 直方向の角度の分散が見られるが、その他の水平方向の角度に関し ては垂直方向の角度との相関は見られなかった。

嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度

075

第 4 章 分析 / 考察


次に、満足度を 80% 以上、80% 未満の 2 グループに分け、とて も満足度の高いグループとそうでないグループに、異なる傾向が見 られるか分析した。

図 4-1-2-0-1.距離計測のイメージ

図 4-1-2-11.お気に入りの度合いと距離(満足度 80% 以上)

図 4-1-2-12.お気に入りの度合いと距離(満足度 80% 未満)

 満足度 80% を境目として分けた場合は、お気に入りの度合いと 距離の相関に特に違いがないことが分かる。

嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度

076

第 4 章 分析 / 考察


図 4-1-2-13.お気に入りの度合いと垂直角度(満足度 80% 以上)

図 4-1-2-14.お気に入りの度合いと水平角度(満足度 80% 以上)

図 4-1-2-15.お気に入りの度合いと垂直角度(満足度 80% 未満)

図 4-1-2-16.お気に入りの度合いと水平角度(満足度 80% 未満)

 満足度の高いグループはお気に入り度の高いものをやや下に、お 気に入り度の低いものをやや上に置く傾向が見られ、満足度の低い グループは全体的に下の方に置く傾向が見られる。  また、満足度の高いグループは水平角度に対しお気に入りの度合 図 4-1-2-0-2.水平角度計測の

いに関係なく全体的な分布が見られるが、満足度の低いグループは

イメージ

お気に入り度の低いものは正面か背後に配置する傾向が見られた。  これにより、お気に入りのものが近いことにあるのが満足度の上 昇に繋がるのではなく、上下、前後左右に幅広く配置されているこ とが満足度の上昇に繋がっているのではないかと推測できる。

図 4-1-2-0-3.垂直角度計測の イメージ

嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度

077

第 4 章 分析 / 考察


図 4-1-2-0-1.距離計測のイメージ

図 4-1-2-17.物理的特性と距離(満足度 80% 以上)

図 4-1-2-18.物理的特性と距離(満足度 80% 未満)

 物理的特性と距離の関係については、満足度の高いグループも低 いグループも、ほぼ同じような分布になった。物理的特性によって 置かれる距離は変わるものの、その距離の取り方によって満足度が 変わるわけではないと分析できる。

嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度

078

第 4 章 分析 / 考察


図 4-1-2-19.物理的特性と垂直角度(満足度 80% 以上)

図 4-1-2-20.物理的特性と水平角度(満足度 80% 以上)

図 4-1-2-21.物理的特性と垂直角度(満足度 80% 未満)

図 4-1-2-22.物理的特性と水平角度(満足度 80% 未満)

 物理的特性と垂直角度について見ると、おおまかな傾向は共通し ているが、満足度 80% 未満の方が吊り下げるものに関して高く配 置されている。しかし、吊り下げるもの自体のサンプル数が少ない ため、傾向とは言いがたい。 図 4-1-2-0-2.水平角度計測の

 水平方向について見ると、満足度が高いグループには物理的特性

イメージ

を問わず周囲に嗜好品が分散しているのに対し、満足度が低いグ ループは正面および背後に嗜好品が偏っている。本棚に収めるもの が正面方向にあることについては全体の傾向のところで考察したよ うに、手の届きやすい場所に書籍などを収納するからだと推測でき る。一方、書籍や家具類のように本来の用途で使うことが考えられ るものではない、目的がほぼ見ることに特化している置くものと貼

図 4-1-2-0-3.垂直角度計測の

るものが、満足度の高いグループは正面方向に多く、満足度の低い

イメージ

グループは後ろに多いことが見て取れる。見ることが本来の目的で ある種類の嗜好品は、最も長くいる場所にいて向いている方角に近 い、つまり見やすい場所に置いてあるほうが満足度が高くなること がうかがえる。

嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度

079

第 4 章 分析 / 考察


図 4-1-2-0-2.水平角度計測の イメージ

図 4-1-2-23.水平角度と垂直角度(満足度 80% 以上)

図 4-1-2-0-3.垂直角度計測の イメージ

図 4-1-2-24.水平角度と垂直角度(満足度 80% 未満)

 水平方向の角度および垂直方向の角度と満足度との相関について は、これまでの分析で見られたような、満足度の高いグループは垂 直角度、水平角度ともに広い分布を見せているという傾向以外には 見られるものがなかった。

嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度

080

第 4 章 分析 / 考察


4-2.囲まれ度による分析 / 考察  単純な距離による分布では部屋の満足度に関してはっきりした相 関が見られなかったが、角度においては満足度の高いグループがよ り広い分布をする傾向が見られたため、次の方法によって各部屋で の「囲まれ度」を計測し、 部屋の満足度とのさらに細かい相関を見る。  まず、カメラの設定を焦点距離 28mm、幅 952px、高さ 600px として部屋の 3D モデルのレンダリング設定を行う(人間の視野に 近いとされる) 。次に、垂直角度 -30 度(下向き) 、0 度(水平) 、 30 度(上向き)の 3 通りで水平角度 0 度を起点に反時計回り 120 フレームで 360 度回転するのムービーを作る(フレーム間の角度 差は 3 度) 。

上向き(垂直角度 30 度) 水平 (垂直角度 0 度) 下向き(垂直角度 -30 度)

図 4-2-1-1.カメラ設定のイメージ(垂直方向)

時計回りに 3 度ずつ回転させながらレンダリング

図 4-2-1-2.カメラ設定のイメージ(水平方向)

嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度

081

第 4 章 分析 / 考察


各部屋のモデルに対しこの作業を行い、お気に入り度別に嗜好品 が映っているフレーム数をカウントした。ただし、異なる度数の嗜 好品が同時に映っている場合、度数の高い嗜好品が映っているフ レームとしてカウントする。  例:お気に入り度 5 のものとお気に入り度 3 のものが同時に映っ ている場合、お気に入り度 5 が映っているフレームとしてカウン トし、お気に入り度 3 が映っているフレームにはカウントしない。  以下にサンプルとして作成した部屋を用いて分析過程を掲載する (レンダリングした画像は抜粋)。実際の被験者の部屋の分析に用い た画像は資料編に掲載する。

図 4-2-1-3.サンプルとして作成した部屋の画像 (赤線がお気に入り度 5 の嗜好品、桃線がお気に入り度 3 の嗜好品、 青線がカメラを回す方向)

お気に入り度 5 をカウント

カウントなし

お気に入り度 5 をカウント

図 4-2-1-4-1.垂直角度 30 度(左から順に水平角度 180 度、240 度、300 度)

カウントなし

お気に入り度 3 をカウント

お気に入り度 5 をカウント

図 4-2-1-4-2.垂直角度 0 度(左から順に水平角度 180 度、240 度、300 度)

カウントなし

お気に入り度 3 をカウント

図 4-2-1-4-3.垂直角度 -30 度(左から順に水平角度 180 度、240 度、300 度) 嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度

カウントなし

082

第 4 章 分析 / 考察


以下の表に各部屋についてお気に入り度別に嗜好品が映っている フレーム数をまとめた。

表 4-2-2.被験者ごとのとお気に入り度別フレームカウント数 

      

 





  

     

  







 

 



  















   

      







 



 

 





 

 

  

 



 

 











 



















 





 



 次に、お気に入り度 5 のみ、お気に入り度 4 以上、お気に入り 度 3 以上、お気に入り度 2 以上、お気に入り度 1 以上、全ての嗜 好品それぞれを対象として、フレームカウント数と部屋の満足度を 比較した図を作成した。

嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度

083

第 4 章 分析 / 考察


図 4-2-3-1.お気に入り度 5 のみの嗜好品のフレームカウント数と満足度

図 4-2-3-2.お気に入り度 4 以上の嗜好品フレームカウント数と満足度

 お気に入り度の高いもの(5 および 4)のみを抽出した場合は嗜 好品のフレームカウント数と満足度にはっきりとした関連性は見ら れない。

嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度

084

第 4 章 分析 / 考察


図 4-2-3-3.お気に入り度 3 以上の嗜好品のフレームカウント数と満足度

図 4-2-3-4.お気に入り度 2 以上の嗜好品のフレームカウント数と満足度

図 4-2-3-5.お気に入り度 1 以上の嗜好品のフレームカウント数と満足度

 抽出する嗜好品の幅をお気に入り度 1 まで広げていくに従い、満 足度の高いグループが右に寄っている。嗜好品の幅を広げると、嗜 好品のフレームカウント数が高いほど満足度も高くなる傾向が見え てくる。

嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度

085

第 4 章 分析 / 考察


図 4-2-3-6.全ての嗜好品のフレームカウント数と満足度との相関

 お気に入り度 0、つまりアンケートによってお気に入りに含まな いとされた嗜好品も含めてカウントすると、はっきりとした相関が 見て取れる。  この分析により、嗜好品の数や距離ではなく、部屋の中で長時間 いる場所から、どこを向いても嗜好品が目に映ることが、部屋の満 足度の上昇に繋がっていることがうかがえる。

嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度

086

第 4 章 分析 / 考察


第 5 章

まとめ

Chapter 5

Conclusion 5-1.まとめ 5-2.今後の展望

嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度


5-1.まとめ  本研究により、居室空間における嗜好品の配置と満足度との関係 が明らかになり、生活者が満足度を高めるための目安が得られた。  ぬいぐるみのように置くものや、ポスターのように貼るものとい う、見ることが本来の目的とされる種類の嗜好品は、部屋の中でも 最も長い時間向いているであろう方向に近いところにあり、すぐに 目に映る場所にある方が、満足度は高くなる傾向が見られた。

図 5-1-1.見るもの、貼るものに分類される嗜好品が配置されている水平角度と満足度との相関

 また、生活者が長時間いる場所、つまり部屋における生活の中心 軸となる場所からどこを向いても嗜好品が目に映る、言い換えれば 嗜好品に囲まれている度合いが高いほど、部屋での生活における満 足度が高いということがわかった。

図 5-1-2.居室において嗜好品に囲まれている度合いと満足度との相関

 物が一箇所にきっちり整理整頓されていて、余計なものを見せず、 部屋が広く見えるようなインテリアのレイアウトが良いとされてい る一方、本研究の結果から、生活の中心軸の周囲はむしろ物で溢れ ている方が良いのではないかと言える。

嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度

088

第 5 章 まとめ


5-2.今後の展望  研究の結果は、ホテルやショールームのような商業施設としての 居室空間においても、部屋の装飾となる嗜好品の配置の指針のひと つとなることが期待できる。  しかし、本研究では写真による調査であったため、そこからは見 えない嗜好品が存在する可能性がある。また、サンプル数が 24 と 少なく、年齢の幅が狭かったこと、被験者の実際の個室を対象とし たため満足度を左右する要素が部屋そのもの(立地や間取りなど) にもあったことなど、課題が多く残った。  サンプルを増やし、対象とする年齢の幅を広げることはもちろん、 実験空間となる部屋を設け、その中で配置パターンを変えつつ満足 度調査をする(部屋そのものが満足度に及ぼす影響を極力抑える) ことが、より正確な相関の発見に繋がるはずであり、今後の発展に 期待したい。

嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度

089

第 5 章 まとめ


おわりに  この論文は本当に多くの方の協力・支えなしには書くことができ ませんでした。  まずはじめに、本論文を機会を与えて下さり、お忙しい中ご指導 して下さった渡辺仁史先生に深く感謝いたします。中村良三先生と 共に八王子合宿で研究の後ろ盾となる背景の提案をして下さったこ とが、この論文の完成に繋がりました。  林田先生、夏子さんには本論文に関して直接のご指導は頂きませ んでしたが、ここに至るまでの中間発表の場で、論文を書くにあたっ ての考え方というものを教えて頂き、ありがとうございました。  研究室の先輩方には、本当にお世話になりました。論文の明確な 目的や分析方法を提案して下さり、忙しい中添削をして下さった余 語さん、大杉さんには感謝すると共に、大変迷惑をかけてしまった ことにお詫びを申し上げます。  そして M0 の皆には、共に同じ締め切りに向けて論文を書く仲間 として、力を分けてもらいました。拓ちゃん、すーさん、のんちゃ んが研究室に泊まりこみで作業をしているのを見なければ、きっと 僕の尻に火はつかなかったことと思います。  論文執筆のきっかけとなる「何をやりたいか」が決まらず、右 往左往していた僕に、丸々一晩付き合って方向性を固めてくれた Ajin、本当にありがとう。劇場版まどか☆マギカを見た夜にした、 あの話し合いがなければ、僕の人生はワルプルギスの夜を迎えてい たことでしょう。  この論文には調査が必要不可欠でした。そしていきなり「部屋の 写真を 3 日以内に送って欲しい」 「アンケートに今すぐ答えて欲し い」などというわがまますぎるようなお願いに、快く協力してくれ た 24 名の友人たちに感謝します。予想以上に多くの協力が得られ、 いいデータが取れました。  そのデータをひたすらにまとめ、分析する作業を、心折れずに続 けられたのは、Skype 通話で毎晩付き合ってくれた 8810 くんのお かげでした。作業を進めているとどんどん無口になっていく僕に、 恨み言ひとつ言わずに数時間相手をしてくれてありがとう。  この研究に着手してから、幾度も心が折れそうになりました。目 的を見失い、自我が危うくなったり、終わりの見えない分析作業に 絶望したりする中、それでもこうして論文を書き上げられたのは、 多くの先輩、友人と大好きな人の支えのおかげです。  本当に、本当に、ありがとうございました。

嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度

089

おわりに


091

参考文献 加藤力,松田奈緒子:インテリア空間における社会心理学的考察 宝塚造形芸術大学紀要,p.103-105(2007)

森川嘉一郎:青年の個室に反映された趣味の文化的階層性と植民地性 1-3 学術講演梗概集,p.565-566(1999) 学術講演梗概集,p.487-488(2000) 学術講演梗概集,p.487-488(2001)

材木敦史,加藤直樹,瀧澤重志:学生の居室における家具配置の満足度調査 日本建築学会近畿支部研究報告集,p.281-284(2005)

小原美穂子,遠田敦,渡辺仁史:空間 - モノ研究 2:モノによって構成され る生活空間の秩序 学術講演梗概集,p.189-190(2010)

アドルフ・ロース , 伊藤哲男(訳):装飾と罪悪−建築・文化論集− (中央公論美術出版,1987)

都築響一:賃貸宇宙 UNIVERSE for RENT ( 上 )・( 下 ) (ちくま文庫,2005)

柳享英:OTACOOL WORLDWIDE OTAKU ROOMS (壽屋,2009)

岡田斗司夫:オタクはすでに死んでいる (新潮新書,2008)

小原二郎,内田祥哉,宇野英隆:建築・室内・人間工学 (鹿島出版会,1969)

嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度


092

日本の世帯数の将来推計(全国推計) 2008(平成 20)年 3 月推計 http://www.ipss.go.jp/pp-ajsetai/j/HPRJ2008/gaiyo20080314.pdf

NYC, London, Paris & TOKYO 賃貸住宅生活実態調査 http://www.jresearch.net/house/jresearch/chintai/pdf/P055-110_chapter2. pdf

おたく:人格=空間=都市 http://www.jpf.go.jp/venezia-biennale/otaku/j/

Viola Siderea » Blog Archive » 人間の視野とディスプレイ http://violasiderea.divb.net/archives/804

画角 - Wikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/ 画角

ホテルデザイナーリスト http://www004.upp.so-net.ne.jp/wonder/hotel.html

ザ・リッツ・カールトン東京 http://www.ritzcarlton.com/ja/Properties/Tokyo/Default.htm

リーガロイヤルホテル東京 http://www.rihga.co.jp/tokyo/index.html

東京ディズニーランドホテル http://www.disneyhotels.jp/tdh/index.html

嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度


第 2 部

資料編

Part 2

Appendix 部屋の写真 (掲載許可が取れたもののみ) 3D モデルによる囲まれ度計測用画像 (画像量が多いため、水平方向角度の分割 間隔は 3 度ごとではなく 6 度ごとに掲載)

嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度


被験者 1 の個室の写真

094


被験者 2 の個室の写真

095


被験者 4 の個室の写真

被験者 3 の個室の写真

096


被験者 6 の個室の写真

被験者 5 の個室の写真

097


被験者 8 の個室の写真

098


被験者 10 の個室の写真

099


被験者 13 の個室の写真

100


被験者 14 の個室の写真

101


被験者 15 の個室の写真

102


被験者 16 の個室の写真

103


被験者 19 の個室の写真

104


被験者 20 の個室の写真

105


被験者 21 の個室の写真

106


被験者 22 の個室の写真

107


被験者 23 の個室の写真

108


被験者 24 の個室の写真

109


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

54 度

6度

被験者 1 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

48 度

0度

(回転角 0 度∼ 90 度)

回転角

回転角

60 度

12 度

66 度

18 度

72 度

24 度

78 度

30 度

84 度

36 度

90 度

42 度

110


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

150 度

102 度

被験者 1 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

144 度

96 度

(回転角 96 度∼ 186 度)

回転角

回転角

156 度

108 度

162 度

114 度

168 度

120 度

174 度

126 度

180 度

132 度

186 度

138 度

111


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

246 度

198 度

被験者 1 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

240 度

192 度

(回転角 192 度∼ 282 度)

回転角

回転角

252 度

204 度

258 度

210 度

264 度

216 度

270 度

222 度

276 度

228 度

282 度

234 度

112


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

342 度

294 度

被験者 1 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

336 度

288 度

(回転角 288 度∼ 354 度)

回転角

回転角

348 度

300 度

354 度

306 度

312 度

318 度

324 度

330 度

113


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

54 度

6度

被験者 2 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

48 度

0度

(回転角 0 度∼ 90 度)

回転角

回転角

60 度

12 度

66 度

18 度

72 度

24 度

78 度

30 度

84 度

36 度

90 度

42 度

114


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

150 度

102 度

被験者 2 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

144 度

96 度

(回転角 96 度∼ 186 度)

回転角

回転角

156 度

108 度

162 度

114 度

168 度

120 度

174 度

126 度

180 度

132 度

186 度

138 度

115


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

246 度

198 度

被験者 2 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

240 度

192 度

(回転角 192 度∼ 282 度)

回転角

回転角

252 度

204 度

258 度

210 度

264 度

216 度

270 度

222 度

276 度

228 度

282 度

234 度

116


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

342 度

294 度

被験者 2 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

336 度

288 度

(回転角 288 度∼ 354 度)

回転角

回転角

348 度

300 度

354 度

306 度

312 度

318 度

324 度

330 度

117


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

54 度

6度

被験者 3 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

48 度

0度

(回転角 0 度∼ 90 度)

回転角

回転角

60 度

12 度

66 度

18 度

72 度

24 度

78 度

30 度

84 度

36 度

90 度

42 度

118


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

150 度

102 度

被験者 3 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

144 度

96 度

(回転角 96 度∼ 186 度)

回転角

回転角

156 度

108 度

162 度

114 度

168 度

120 度

174 度

126 度

180 度

132 度

186 度

138 度

119


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

246 度

198 度

被験者 3 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

240 度

192 度

(回転角 192 度∼ 282 度)

回転角

回転角

252 度

204 度

258 度

210 度

264 度

216 度

270 度

222 度

276 度

228 度

282 度

234 度

120


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

342 度

294 度

被験者 3 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

336 度

288 度

(回転角 288 度∼ 354 度)

回転角

回転角

348 度

300 度

354 度

306 度

312 度

318 度

324 度

330 度

121


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

54 度

6度

被験者 4 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

48 度

0度

(回転角 0 度∼ 90 度)

回転角

回転角

60 度

12 度

66 度

18 度

72 度

24 度

78 度

30 度

84 度

36 度

90 度

42 度

122


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

150 度

102 度

被験者 4 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

144 度

96 度

(回転角 96 度∼ 186 度)

回転角

回転角

156 度

108 度

162 度

114 度

168 度

120 度

174 度

126 度

180 度

132 度

186 度

138 度

123


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

246 度

198 度

被験者 4 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

240 度

192 度

(回転角 192 度∼ 282 度)

回転角

回転角

252 度

204 度

258 度

210 度

264 度

216 度

270 度

222 度

276 度

228 度

282 度

234 度

124


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

342 度

294 度

被験者 4 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

336 度

288 度

(回転角 288 度∼ 354 度)

回転角

回転角

348 度

300 度

354 度

306 度

312 度

318 度

324 度

330 度

125


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

54 度

6度

被験者 5 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

48 度

0度

(回転角 0 度∼ 90 度)

回転角

回転角

60 度

12 度

66 度

18 度

72 度

24 度

78 度

30 度

84 度

36 度

90 度

42 度

126


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

150 度

102 度

被験者 5 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

144 度

96 度

(回転角 96 度∼ 186 度)

回転角

回転角

156 度

108 度

162 度

114 度

168 度

120 度

174 度

126 度

180 度

132 度

186 度

138 度

127


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

246 度

198 度

被験者 5 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

240 度

192 度

(回転角 192 度∼ 282 度)

回転角

回転角

252 度

204 度

258 度

210 度

264 度

216 度

270 度

222 度

276 度

228 度

282 度

234 度

128


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

342 度

294 度

被験者 5 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

336 度

288 度

(回転角 288 度∼ 354 度)

回転角

回転角

348 度

300 度

354 度

306 度

312 度

318 度

324 度

330 度

129


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

54 度

6度

被験者 6 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

48 度

0度

(回転角 0 度∼ 90 度)

回転角

回転角

60 度

12 度

66 度

18 度

72 度

24 度

78 度

30 度

84 度

36 度

90 度

42 度

130


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

150 度

102 度

被験者 6 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

144 度

96 度

(回転角 96 度∼ 186 度)

回転角

回転角

156 度

108 度

162 度

114 度

168 度

120 度

174 度

126 度

180 度

132 度

186 度

138 度

131


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

246 度

198 度

被験者 6 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

240 度

192 度

(回転角 192 度∼ 282 度)

回転角

回転角

252 度

204 度

258 度

210 度

264 度

216 度

270 度

222 度

276 度

228 度

282 度

234 度

132


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

342 度

294 度

被験者 6 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

336 度

288 度

(回転角 288 度∼ 354 度)

回転角

回転角

348 度

300 度

354 度

306 度

312 度

318 度

324 度

330 度

133


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

54 度

6度

被験者 7 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

48 度

0度

(回転角 0 度∼ 90 度)

回転角

回転角

60 度

12 度

66 度

18 度

72 度

24 度

78 度

30 度

84 度

36 度

90 度

42 度

134


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

150 度

102 度

被験者 7 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

144 度

96 度

(回転角 96 度∼ 186 度)

回転角

回転角

156 度

108 度

162 度

114 度

168 度

120 度

174 度

126 度

180 度

132 度

186 度

138 度

135


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

246 度

198 度

被験者 7 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

240 度

192 度

(回転角 192 度∼ 282 度)

回転角

回転角

252 度

204 度

258 度

210 度

264 度

216 度

270 度

222 度

276 度

228 度

282 度

234 度

136


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

342 度

294 度

被験者 7 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

336 度

288 度

(回転角 288 度∼ 354 度)

回転角

回転角

348 度

300 度

354 度

306 度

312 度

318 度

324 度

330 度

137


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

54 度

6度

被験者 8 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

48 度

0度

(回転角 0 度∼ 90 度)

回転角

回転角

60 度

12 度

66 度

18 度

72 度

24 度

78 度

30 度

84 度

36 度

90 度

42 度

138


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

150 度

102 度

被験者 8 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

144 度

96 度

(回転角 96 度∼ 186 度)

回転角

回転角

156 度

108 度

162 度

114 度

168 度

120 度

174 度

126 度

180 度

132 度

186 度

138 度

139


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

246 度

198 度

被験者 8 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

240 度

192 度

(回転角 192 度∼ 282 度)

回転角

回転角

252 度

204 度

258 度

210 度

264 度

216 度

270 度

222 度

276 度

228 度

282 度

234 度

140


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

342 度

294 度

被験者 8 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

336 度

288 度

(回転角 288 度∼ 354 度)

回転角

回転角

348 度

300 度

354 度

306 度

312 度

318 度

324 度

330 度

141


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

54 度

6度

被験者 9 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

48 度

0度

(回転角 0 度∼ 90 度)

回転角

回転角

60 度

12 度

66 度

18 度

72 度

24 度

78 度

30 度

84 度

36 度

90 度

42 度

142


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

150 度

102 度

被験者 9 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

144 度

96 度

(回転角 96 度∼ 186 度)

回転角

回転角

156 度

108 度

162 度

114 度

168 度

120 度

174 度

126 度

180 度

132 度

186 度

138 度

143


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

246 度

198 度

被験者 9 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

240 度

192 度

(回転角 192 度∼ 282 度)

回転角

回転角

252 度

204 度

258 度

210 度

264 度

216 度

270 度

222 度

276 度

228 度

282 度

234 度

144


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

342 度

294 度

被験者 9 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

336 度

288 度

(回転角 288 度∼ 354 度)

回転角

回転角

348 度

300 度

354 度

306 度

312 度

318 度

324 度

330 度

145


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

54 度

6度

被験者 10 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

48 度

0度

(回転角 0 度∼ 90 度)

回転角

回転角

60 度

12 度

66 度

18 度

72 度

24 度

78 度

30 度

84 度

36 度

90 度

42 度

146


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

150 度

102 度

被験者 10 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

144 度

96 度

(回転角 96 度∼ 186 度)

回転角

回転角

156 度

108 度

162 度

114 度

168 度

120 度

174 度

126 度

180 度

132 度

186 度

138 度

147


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

246 度

198 度

被験者 10 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

240 度

192 度

(回転角 192 度∼ 282 度)

回転角

回転角

252 度

204 度

258 度

210 度

264 度

216 度

270 度

222 度

276 度

228 度

282 度

234 度

148


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

342 度

294 度

被験者 10 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

336 度

288 度

(回転角 288 度∼ 354 度)

回転角

回転角

348 度

300 度

354 度

306 度

312 度

318 度

324 度

330 度

149


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

54 度

6度

被験者 11 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

48 度

0度

(回転角 0 度∼ 90 度)

回転角

回転角

60 度

12 度

66 度

18 度

72 度

24 度

78 度

30 度

84 度

36 度

90 度

42 度

150


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

150 度

102 度

被験者 11 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

144 度

96 度

(回転角 96 度∼ 186 度)

回転角

回転角

156 度

108 度

162 度

114 度

168 度

120 度

174 度

126 度

180 度

132 度

186 度

138 度

151


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

246 度

198 度

被験者 11 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

240 度

192 度

(回転角 192 度∼ 282 度)

回転角

回転角

252 度

204 度

258 度

210 度

264 度

216 度

270 度

222 度

276 度

228 度

282 度

234 度

152


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

342 度

294 度

被験者 11 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

336 度

288 度

(回転角 288 度∼ 354 度)

回転角

回転角

348 度

300 度

354 度

306 度

312 度

318 度

324 度

330 度

153


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

54 度

6度

被験者 12 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

48 度

0度

(回転角 0 度∼ 90 度)

回転角

回転角

60 度

12 度

66 度

18 度

72 度

24 度

78 度

30 度

84 度

36 度

90 度

42 度

154


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

150 度

102 度

被験者 12 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

144 度

96 度

(回転角 96 度∼ 186 度)

回転角

回転角

156 度

108 度

162 度

114 度

168 度

120 度

174 度

126 度

180 度

132 度

186 度

138 度

155


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

246 度

198 度

被験者 12 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

240 度

192 度

(回転角 192 度∼ 282 度)

回転角

回転角

252 度

204 度

258 度

210 度

264 度

216 度

270 度

222 度

276 度

228 度

282 度

234 度

156


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

342 度

294 度

被験者 12 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

336 度

288 度

(回転角 288 度∼ 354 度)

回転角

回転角

348 度

300 度

354 度

306 度

312 度

318 度

324 度

330 度

157


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

54 度

6度

被験者 13 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

48 度

0度

(回転角 0 度∼ 90 度)

回転角

回転角

60 度

12 度

66 度

18 度

72 度

24 度

78 度

30 度

84 度

36 度

90 度

42 度

158


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

150 度

102 度

被験者 13 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

144 度

96 度

(回転角 96 度∼ 186 度)

回転角

回転角

156 度

108 度

162 度

114 度

168 度

120 度

174 度

126 度

180 度

132 度

186 度

138 度

159


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

246 度

198 度

被験者 13 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

240 度

192 度

(回転角 192 度∼ 282 度)

回転角

回転角

252 度

204 度

258 度

210 度

264 度

216 度

270 度

222 度

276 度

228 度

282 度

234 度

160


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

342 度

294 度

被験者 13 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

336 度

288 度

(回転角 288 度∼ 354 度)

回転角

回転角

348 度

300 度

354 度

306 度

312 度

318 度

324 度

330 度

161


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

54 度

6度

被験者 14 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

48 度

0度

(回転角 0 度∼ 90 度)

回転角

回転角

60 度

12 度

66 度

18 度

72 度

24 度

78 度

30 度

84 度

36 度

90 度

42 度

162


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

150 度

102 度

被験者 14 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

144 度

96 度

(回転角 96 度∼ 186 度)

回転角

回転角

156 度

108 度

162 度

114 度

168 度

120 度

174 度

126 度

180 度

132 度

186 度

138 度

163


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

246 度

198 度

被験者 14 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

240 度

192 度

(回転角 192 度∼ 282 度)

回転角

回転角

252 度

204 度

258 度

210 度

264 度

216 度

270 度

222 度

276 度

228 度

282 度

234 度

164


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

342 度

294 度

被験者 14 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

336 度

288 度

(回転角 288 度∼ 354 度)

回転角

回転角

348 度

300 度

354 度

306 度

312 度

318 度

324 度

330 度

165


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

54 度

6度

被験者 15 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

48 度

0度

(回転角 0 度∼ 90 度)

回転角

回転角

60 度

12 度

66 度

18 度

72 度

24 度

78 度

30 度

84 度

36 度

90 度

42 度

166


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

150 度

102 度

被験者 15 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

144 度

96 度

(回転角 96 度∼ 186 度)

回転角

回転角

156 度

108 度

162 度

114 度

168 度

120 度

174 度

126 度

180 度

132 度

186 度

138 度

167


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

246 度

198 度

被験者 15 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

240 度

192 度

(回転角 192 度∼ 282 度)

回転角

回転角

252 度

204 度

258 度

210 度

264 度

216 度

270 度

222 度

276 度

228 度

282 度

234 度

168


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

342 度

294 度

被験者 15 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

336 度

288 度

(回転角 288 度∼ 354 度)

回転角

回転角

348 度

300 度

354 度

306 度

312 度

318 度

324 度

330 度

169


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

54 度

6度

被験者 16 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

48 度

0度

(回転角 0 度∼ 90 度)

回転角

回転角

60 度

12 度

66 度

18 度

72 度

24 度

78 度

30 度

84 度

36 度

90 度

42 度

170


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

150 度

102 度

被験者 16 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

144 度

96 度

(回転角 96 度∼ 186 度)

回転角

回転角

156 度

108 度

162 度

114 度

168 度

120 度

174 度

126 度

180 度

132 度

186 度

138 度

171


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

246 度

198 度

被験者 16 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

240 度

192 度

(回転角 192 度∼ 282 度)

回転角

回転角

252 度

204 度

258 度

210 度

264 度

216 度

270 度

222 度

276 度

228 度

282 度

234 度

172


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

342 度

294 度

被験者 16 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

336 度

288 度

(回転角 288 度∼ 354 度)

回転角

回転角

348 度

300 度

354 度

306 度

312 度

318 度

324 度

330 度

173


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

54 度

6度

被験者 17 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

48 度

0度

(回転角 0 度∼ 90 度)

回転角

回転角

60 度

12 度

66 度

18 度

72 度

24 度

78 度

30 度

84 度

36 度

90 度

42 度

174


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

150 度

102 度

被験者 17 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

144 度

96 度

(回転角 96 度∼ 186 度)

回転角

回転角

156 度

108 度

162 度

114 度

168 度

120 度

174 度

126 度

180 度

132 度

186 度

138 度

175


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

246 度

198 度

被験者 17 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

240 度

192 度

(回転角 192 度∼ 282 度)

回転角

回転角

252 度

204 度

258 度

210 度

264 度

216 度

270 度

222 度

276 度

228 度

282 度

234 度

176


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

342 度

294 度

被験者 17 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

336 度

288 度

(回転角 288 度∼ 354 度)

回転角

回転角

348 度

300 度

354 度

306 度

312 度

318 度

324 度

330 度

177


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

54 度

6度

被験者 18 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

48 度

0度

(回転角 0 度∼ 90 度)

回転角

回転角

60 度

12 度

66 度

18 度

72 度

24 度

78 度

30 度

84 度

36 度

90 度

42 度

178


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

150 度

102 度

被験者 18 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

144 度

96 度

(回転角 96 度∼ 186 度)

回転角

回転角

156 度

108 度

162 度

114 度

168 度

120 度

174 度

126 度

180 度

132 度

186 度

138 度

179


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

246 度

198 度

被験者 18 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

240 度

192 度

(回転角 192 度∼ 282 度)

回転角

回転角

252 度

204 度

258 度

210 度

264 度

216 度

270 度

222 度

276 度

228 度

282 度

234 度

180


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

342 度

294 度

被験者 18 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

336 度

288 度

(回転角 288 度∼ 354 度)

回転角

回転角

348 度

300 度

354 度

306 度

312 度

318 度

324 度

330 度

181


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

54 度

6度

被験者 19 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

48 度

0度

(回転角 0 度∼ 90 度)

回転角

回転角

60 度

12 度

66 度

18 度

72 度

24 度

78 度

30 度

84 度

36 度

90 度

42 度

182


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

150 度

102 度

被験者 19 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

144 度

96 度

(回転角 96 度∼ 186 度)

回転角

回転角

156 度

108 度

162 度

114 度

168 度

120 度

174 度

126 度

180 度

132 度

186 度

138 度

183


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

246 度

198 度

被験者 19 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

240 度

192 度

(回転角 192 度∼ 282 度)

回転角

回転角

252 度

204 度

258 度

210 度

264 度

216 度

270 度

222 度

276 度

228 度

282 度

234 度

184


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

342 度

294 度

被験者 19 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

336 度

288 度

(回転角 288 度∼ 354 度)

回転角

回転角

348 度

300 度

354 度

306 度

312 度

318 度

324 度

330 度

185


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

54 度

6度

被験者 20 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

48 度

0度

(回転角 0 度∼ 90 度)

回転角

回転角

60 度

12 度

66 度

18 度

72 度

24 度

78 度

30 度

84 度

36 度

90 度

42 度

186


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

150 度

102 度

被験者 20 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

144 度

96 度

(回転角 96 度∼ 186 度)

回転角

回転角

156 度

108 度

162 度

114 度

168 度

120 度

174 度

126 度

180 度

132 度

186 度

138 度

187


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

246 度

198 度

被験者 20 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

240 度

192 度

(回転角 192 度∼ 282 度)

回転角

回転角

252 度

204 度

258 度

210 度

264 度

216 度

270 度

222 度

276 度

228 度

282 度

234 度

188


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

342 度

294 度

被験者 20 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

336 度

288 度

(回転角 288 度∼ 354 度)

回転角

回転角

348 度

300 度

354 度

306 度

312 度

318 度

324 度

330 度

189


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

54 度

6度

被験者 21 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

48 度

0度

(回転角 0 度∼ 90 度)

回転角

回転角

60 度

12 度

66 度

18 度

72 度

24 度

78 度

30 度

84 度

36 度

90 度

42 度

190


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

150 度

102 度

被験者 21 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

144 度

96 度

(回転角 96 度∼ 186 度)

回転角

回転角

156 度

108 度

162 度

114 度

168 度

120 度

174 度

126 度

180 度

132 度

186 度

138 度

191


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

246 度

198 度

被験者 21 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

240 度

192 度

(回転角 192 度∼ 282 度)

回転角

回転角

252 度

204 度

258 度

210 度

264 度

216 度

270 度

222 度

276 度

228 度

282 度

234 度

192


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

342 度

294 度

被験者 21 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

336 度

288 度

(回転角 288 度∼ 354 度)

回転角

回転角

348 度

300 度

354 度

306 度

312 度

318 度

324 度

330 度

193


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

54 度

6度

被験者 22 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

48 度

0度

(回転角 0 度∼ 90 度)

回転角

回転角

60 度

12 度

66 度

18 度

72 度

24 度

78 度

30 度

84 度

36 度

90 度

42 度

194


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

150 度

102 度

被験者 22 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

144 度

96 度

(回転角 96 度∼ 186 度)

回転角

回転角

156 度

108 度

162 度

114 度

168 度

120 度

174 度

126 度

180 度

132 度

186 度

138 度

195


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

246 度

198 度

被験者 22 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

240 度

192 度

(回転角 192 度∼ 282 度)

回転角

回転角

252 度

204 度

258 度

210 度

264 度

216 度

270 度

222 度

276 度

228 度

282 度

234 度

196


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

342 度

294 度

被験者 22 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

336 度

288 度

(回転角 288 度∼ 354 度)

回転角

回転角

348 度

300 度

354 度

306 度

312 度

318 度

324 度

330 度

197


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

54 度

6度

被験者 23 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

48 度

0度

(回転角 0 度∼ 90 度)

回転角

回転角

60 度

12 度

66 度

18 度

72 度

24 度

78 度

30 度

84 度

36 度

90 度

42 度

198


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

150 度

102 度

被験者 23 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

144 度

96 度

(回転角 96 度∼ 186 度)

回転角

回転角

156 度

108 度

162 度

114 度

168 度

120 度

174 度

126 度

180 度

132 度

186 度

138 度

199


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

246 度

198 度

被験者 23 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

240 度

192 度

(回転角 192 度∼ 282 度)

回転角

回転角

252 度

204 度

258 度

210 度

264 度

216 度

270 度

222 度

276 度

228 度

282 度

234 度

200


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

342 度

294 度

被験者 23 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

336 度

288 度

(回転角 288 度∼ 354 度)

回転角

回転角

348 度

300 度

354 度

306 度

312 度

318 度

324 度

330 度

201


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

54 度

6度

被験者 24 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

48 度

0度

(回転角 0 度∼ 90 度)

回転角

回転角

60 度

12 度

66 度

18 度

72 度

24 度

78 度

30 度

84 度

36 度

90 度

42 度

202


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

150 度

102 度

被験者 24 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

144 度

96 度

(回転角 96 度∼ 186 度)

回転角

回転角

156 度

108 度

162 度

114 度

168 度

120 度

174 度

126 度

180 度

132 度

186 度

138 度

203


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

246 度

198 度

被験者 24 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

240 度

192 度

(回転角 192 度∼ 282 度)

回転角

回転角

252 度

204 度

258 度

210 度

264 度

216 度

270 度

222 度

276 度

228 度

282 度

234 度

204


(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

(垂直角度 -30 度)

下向き

(垂直角度 0 度)

水平

(垂直角度 30 度)

上向き

342 度

294 度

被験者 24 の囲まれ度計測用 3D モデルレンダリング画像

336 度

288 度

(回転角 288 度∼ 354 度)

回転角

回転角

348 度

300 度

354 度

306 度

312 度

318 度

324 度

330 度

205

嗜好品の配置から見た居室空間の視覚的満足度  

2012年度,卒業論文,土居輝