Issuu on Google+

U8705 早稲 田大 学理 工 学 部建 築学科 卒業論文 指 導教授 渡 辺仁 史

建 築 設 計 の 防 犯 的 ア プ ロー チ 防犯 シミュレー ターの作成 横 沢正人

Dcpartment of Architecture,School of Science and Engineering, Waseda University


建築設計の防犯的アア ローチ

mJEシ ミュレー ターの作成

ヽ Ω 昭和 2年 度 卒業論文 早稲田大学建築学科建築計画 指導教授 渡辺仁史教授

G4D176横

沢正人


す 昭 和 52年 卒 業 論 文

―は じ め に

- 0■

―研 究 目 的

- 03

-研

究 背 景

+研

究 概 要

_ _ T _ 04 ―

- 05

+空

き巣 の行 動 原理 の 整 理

+防

犯 シ ミュ レ ー タ ーの 作 成 ―

o7 - 17

-シ ミ ュ レ ー タ ー の 操 作

+研

究 結 果

-今 後 の 課 題 -あ と が き

-参

考 文 献

=

-23

- 27

… ―

_ _ _ _31

29

30


01

は じめに

建築界は時代 とともに社会に対 して影響 を与え、また与えられてきた。 国際資本の集中による活発なオフィス需要、そこか ら起こつた土地問 題が、住居の ミユ開発、高層住宅化に拍車 をかけて いる。いま都市 と その周辺が.街 の様子を急激に変化させている。 ・ 水と安全はただで買える。 ・ とされてきた 日本であ また一方で、従来 つたが 、今年 に入 リフランス人ギャング団の大胆な犯罪など、犯罪の 種類が変化のソ ヒしを見せ始めた。残念ながら今後 こ うした組織化大型 fヒ

された犯罪が増えてい くのはさけられ ないのではなかろうか 。国際

化や生活空間の変化によって 日本だけが犯罪から特殊であ り続けるの は難 し<、 安全には一層の努力が必要 になろう。 さて日本では建築家が こ うした社会不安 に対 して教育を受ける機会 も なく、研究も少なか つた様に思われる。アメ リカで建築家オスカ ー ニ ューマンの書 いた 、5階 建て以上の高層 マンシ ョンで著 しく犯罪の発生 ・ まもりやす い住空間 ・ が出されたのは1972 が増えるとい う趣旨の著作 年だ つた。都市空間の急激な変化 と、犯罪の種類の変化などに対応す べ く、犯罪と建築 との因果関係を解明 し、科学的根拠を積み重ねるこ とが必要であろ う。 まず本 当に建築 のデザインによって犯罪が引き起こされているのか、 と言 う疑間に対 して一例をあげると、人 ロー万人あた りの鉄筋 コンク リー トマンシ ョンの空き巣の被害率32に 対 して、木造アパー トの被害 率は11日 に達 して いる。またマンシ ョンの地下駐車場の壁に落書 きされ た りするのも、明 らかに犯罪を容易に助長する建築形態 に原因がある からで あると考 えられる。このことを考 えると、われわれ設計に携わ


02

る者が犯罪者の行動 を抑制 し、環境及び住戸の建築的な改善によって 被害率を下げることが可能ではなかろ うか。 しか し、現状では実際の防犯診断を行な う際、決め手になる要因や空 ″ ″ に寄 るところが大きく、また、かな ら 間構成は専門家による 勘 ず しも犯罪要因が建築の要素 と直接的な因果関係をもって い るとはい えず、建築の設計者が専門家の知識 を建築計画の中で理解 し形 にす る ことは困難な作業である。したが つてまず最初 に、防犯機能 がどのよ うな建築形態から生まれるのか、単なるチェックリス トでな く、シミ ュレーターを使 つて体験的に確認す ることのできるシステム を構築す る必要性 を感 した。


03

研究 目的 建築計画には防災 と同様に防犯的アプローチが必要である。建築空間 の中に・ 犯罪 を誘発する建築要因(デ ザ イン)・ があ るのではな いかと い う仮定から、空き巣の行動を整理 し、設計者に防犯知識を体験学習 させ る防犯シミュレーターの作成することが本研究 の 目的である。


04

研究背景 建築と安全のあ り方 建築を取 り巻 <さ まざまな危険要因に対するアプローチには火災 、地 震、水害 、騒音 といつたものに対す る防災 と、窃盗 、破壊行為に対す る防犯 とがある。 セキュリテ ィ(安 全)と は防災、防犯などを含めた意味で使われ ること が多い く、セキ ュリテ ィとセイフテ ィ、更 にファイャーの二つ を含め た意味で使 つて い るが、本来の意味でのセキ ュリテ ィとは人間の意思 が働 くような行為 、侵入窃盗、破壊活動などの犯罪行為 に対 して使わ れているので 、以下防犯の意味でセキ ュリテ ィを使 うこととす る。

セキュリテ ィと建築計画 一般住宅において、その建物の計画が防犯〔セキュリテ ィ)を 優先 して 建てられ ることは稀である。 建築にお いても経済原則が優先されるお もな要因として、敷地 の有効 性、動線 、経済性 、工期、機能性、外観の美 しさなどである。 これは犯罪件数の少ない 日本において 、日常生活の中で、建築物が住 居者や その財産を安全に維持 して いると考える認識が薄 いことも原因 にな つて いる。


05

研究概要 この防犯 シミュレー ターの位置付け ― 一 防づ E性 の診断一 ― 空き巣や経験豊富な専門家 に、あ るモデル化された建築空間の良否 を 判断させ、その評価をもとにして、より防犯性の高 い建築空間 を考 え る。 一一 防犯知識の体験学習 一 ― 防犯の知識のない設計者 に防犯 シミュレー ター を操作させ、防犯性の 高 い 、建築空間を体験さる。

侵入行動に関係が予想 され るデザインの整理

デザ インの採点 と保存

鰊.

空間構成の採点 と保存


06

この研究の概要は、(1)空 き巣の行動原理の整理、(2)防 犯 シミュレー ターの作成、(3)防 犯 シミュレー ターの操作、(4)防 犯 シミュレー ター の 出力、の 四つの段階 に分けることができる。

(1)空 き巣の行動原理 の整理 空き巣がその対象に侵入 し行動 を完了 させるまでの過程には、選択過 程 とアタック過程とが あ りそれ ぞれの過程における行動要因 を推定 し 設定す る。

(2)防 犯 シミュレー ターの作成 整理 した空き巣の行動 をア ドベ ンチャーゲームにす る。 空き巣から見た建築空間や物体の抽象表現 、狙 われ易 さなどについて 。

(3)防 犯 シミュレーターの操作 シミュレーターの操作方法 について。

(4)防 づ Eシ ミュレー ターの 出力 設計者、防犯知識 を持つ研究者、空 き巣がシミュレー ターで行な つた 行動をシミュレーターが保存 じ再整理が行なえるようにす る。


07

空 き巣の行動原理の整理 建築の中の防犯計画には、性犯罪、テロ (誘 拐 )破 壊行為、窃盗、強 盗な どにた い して行なわれるべ きものであるが、最 も発生率が高 く資 料の 多い侵入窃盗にテーマ を絞 つた。 侵入窃盗には空き巣、忍び込み 、居空き、金庫破 り、官公署荒 し、学 校荒 し、給油所荒 し、事務所荒 し、出店荒 し、更衣室荒 し、倉庫荒 し、 などがある。

昭和6□ 年の警察庁犯罪統計書によると侵入窃盗の発生件数は3ロ ロ,日 2

5件 にも及び三分に一件強の侵入窃盗が起 こつている。 さ らに昭和51年 から昭和5口 年までに住宅侵入は2□ Z増 加傾向を示 して いる。 被害額は昭和51年 当時で131億 円に上 つて いる。 (指 数 )

(田

召51=100)

拗根 // 拠 ノ

´

` 式`

´、、

r執 行妨薔

一 \も/‐ >、 _ 、

:工 1卜

53

′ 、 ´

\ ` 、

'11

51

\´

55

5f1

57

その他の主要刑法犯認知件数 の推移

/″

_/


08

空 き巣 プロ とアマが存在 じ以下 の様 に犯行 に相違 をみせて い る。特 にプ ロの 侵入の技術 力はシ ミュレーシ ョン作成 にあた り考慮 した点である。 ・ロ フ

アマ

住所 …一 一一一 安定 (木 造アパ ー ト簡易宿泊所〕 ―一一 一一 不安定

出発地点 一一―飲食店(住 居〕 ――――一一―一一一 一 公園:旅 館 交通手段 一一 ― 自転車:自 動車〔徒歩)― ―一―一―一一一― ―電車 交通時間 ――一 ヨロ分以内(近 所〕 ―一――一 ―一一 ョロ分以上(遠 く) 帰着地点 一一― (住 居:次 の犯行地〕 ―一一一―一一一― 一一 飲食店 犯行地の土地勘 ―有 リ ーす ―一 一一一―一一― 一 ―― ― ― 無(流 し〕 対象家屋 一一一 アパ ー ト〔勝手知 つた)― 一一一 一一―一 ― 民家 内廊下式 ――― 一一一―一――一一 ―

タト 廊下式

侵入 ロ ーーーー 開け つぱな し 錠な し ――一―一一一 一

どこで も

アパー トの構造

破壊 ス ピー ド ー 遅 い(荒 い〕 ――一―――――――――――――――――― 速 い(1分 以内〕

仕事時間 ――――事 尋い ―――――――― ――― =―

―― ―――……………

速 い(5分 以内〕

盗るもの ――――巧 ≧と物 ―――――――――――――――――…………………………… 班 見」 ≧ 見蟹 品の処分 ――

自分で使用(質 入れ)― 一一一一一― 一 一 一 故売屋

領域性 都市空間を防犯の観点から計る尺度 として領域性が最 も重要な性質 に な つてい る。 一―領域性 とは ―一

1)自 分の家や敷地 、家族 に感 じるような[わ がもの意識]:[な わば り意 識]と もいえる意識や感覚の共有性

2)な わば り内の不審なできごと、侵入者等に対 して、それを阻止する 行動の積極性


00

ヨ〕侵入 しようとする人間に 、明らかに他人の管理下、監視下にある ことを意識させる強さ。 領域性は大きく分けて三つの性質から構成されている。 一―匿名性(anOnソ m:し )一 ― 1)隣 人関係が成長せず 、敷地区分による領域性が明確でないために、

部外者と住人との区別がつかない。

2)プ ロックの大 きさ 3)入 リロあた りの利用者数

4)入 り口あた りの世帯数 5)プ ロックあた りの階数 6)敷 地の所有者 ― ――鑑il見 僣L(luck Of surve‖ lanc)― ―― a〕

道を見張る日

1)犯罪が発生する以前に、不審な侵入者やできごたに対する関心の高 さ

2)犯罪を目撃する可能性の高さ 3)犯 罪目撃の場合、その阻止や追跡へ移る行動の強さ4)被 害者に対 する一体感の強さ

1)廊 下の形式 2〕

入 り日の位置

一―逃げやすさ(ュ lternative escape routes〕 ― ―

1)ア クセスポイントの数


10

空き巣の行動 環境心理学では行動 を“ 行動 とは一定の 目的や欲求が満たされた状態に ・ と定義 して い る。 現在の状態 を移行させること こ うした立場から、空き巣の犯行を眺めてみると、 空き巣が物欲 によって その状態を、家屋内の金銭や貴重品を接近対象 として移行 させてい くと仮定すれば、空 き巣の犯行 もまた行動 として 位置付けられるだろ う。彼等はまずそれ を達成する為 に次の四つ の犯 行過程を持つ とされている。

1)選 択過程 (ど んな家を選ぶか〕

2)ア タック過程 (ど こから入るか) 3)物 色過程 (ど こに金があるか)

4)逃 走過程 (安 全地帯への逃走) 従 つて、これ らの過程を個体の状態の移行が伴うものと解釈すれば、 四つの過程はすなわち行動に置き換えることができる。 選択行動 ―― アタック行動 ―一 物色行動 ―一 逃走行動 ―一 一 ―選択行動 とは以下の条件を満たす対象を検索するものである。(個 建て住宅の場 合 について述べ る) (1)不 在推定


11

(2)住 人推定 〔ヨ〕財の推定

(4)侵 入の しやすさ (5)発 見 されにくさ (5)逃 げやすさ などである。 ― ―不在確認 ― ― 1)カ ーテ ンが閉 つて いる

2)雨 戸が閉 つている 3)電 気メ ーターのまわ り具合

4)夜 間電灯がついていない 5)牛 乳がそのままにな つている E〕

新間がそのままにな つている

7)夜 間洗濯物が干 しばな しにな っている 3)雨 天洗濯物が干 しばな しにな っている ヨ〕夕食の仕度の音が しない 1日

〕配送業者の後をつ ける

一 ― 住人推定 ― ― 住人の人数:独 身か否か 女か否か 子供老人の有無:職 業などを推定 する。 1)部 屋の数

2)新 築か否か 3)■ 派力疇野か

4)洗 濯の物の種類 と量


12

5)表 札 一 一 財の推定 ―― 盗むものの価値を量る 1)家 屋は新 しいか、古 いか

2)家 屋は立派か

3)車 は立派か 4)よ く整備されているか

― ―侵入行動の しやすさの推定 ―― 障害物の難易度 1)塀 の種類 、高さ

2)窓 の位置 、大きさ、形 3)ド アの位置、大 きさ、形 一 ―発見の されにくさの推定 ―一 監視性の欠如 〔他か ら見えない、聞 こえな い) 1)隣 家とはなれてい るか

2)犬 がいるか ヨ〕アラームがあるか

4)塀 の種類 、高さ 5〕

ドアと窓の位置

6)周 囲が騒が しいか 7)人 道 りが多いか、少ないか ― ―逃げやす さの推定 …一


13

1)脱 走の経路の数

アタック行動 とは侵入の容易な場所や合鍵を探す探索行動 と、侵入 を行な う侵入行 動 とに分けられる。

一 …合鍵 の探索行動 ―一 牛乳箱 郵便箱 倉庫 電気メーター 玄関の鴨居 植木ばちの下

一 ―入 り日の探索行動と侵入行動 〔破壊行為を伴 う)― ― 塀 門 玄関 勝手口 窓 その他の入 り回 二 ―物色行 ―― 動 貴重品の発見行動 家人の帰宅 した時の用心


14

一 ― 逃走行動 …― 安全経路の推定

建築要素 と防犯性 監視性の欠如、匿名性、逃げやすさ、犯人のタイプ別の防犯性な ど、 個 々の建築要素が持つ属性を表現することが必要 になる。

a.地 域性 について (1)都 市 と田舎 都市 プロ とアマの空 き巣にねらわれる。 地域の犯罪発生歴や隣家 との領域性などによって狙われやす さが異な る。 田合計画的なプロの空き巣が多く、防犯設備に物理的な強度が必要 .

(2)周 辺部の環境 隣接する工場地帯や鉄道、河川

b.レ イアウ トについて (1)道 路路地について 塀や生 け垣は監視性を低下させる 腰の高 さの塀 バル コニ ーヘの接近制限 領域画定 のされな い路地、空き地の禁止 アクセスポイントの数の制限

(2)敷 地内について 建物の配置が重要な要因になる。 監視性


15

敷地境界と建物の間の空間を広く明購にす る フロン トガーデンは道路から3m以 上セ ットバ ックさせない 照明は外部空間を明るくする。 逃げやすさ 裏庭は���家とはさまれた路地や出口を設けない ガレージは領域画定 して管理する その他 鍵のかかる車庫 倉庫の管理 梯子などは外に剥き出しにしない

(3)照 明について 照明による監視性は、光の当たつているところだけに有効であり、他 の暗い部分に対 してはかえって不利になる。なぜなら人の瞳は明から 暗いに素早く変化できないからである。

車庫や倉庫の照明 エントランスの照明

(4)ド アについて 監視性 フロントドアは憲か ら見えるようにする 前面道路に対面 したフロントドア ガラスのはいった ドア 物理的犠度


16

ワン ドアツ ーロ ック

(5)窓 について 監視性 出窓は窓 よ りよい 道路を監視できるもの 道路から内部の見えるもの 物理的に最 も弱 <、 狙われ易 いところ. 屋根を渡 つて侵入 雨戸を取 り付ける

(5)エ ントランスについて 監視性の欠如 道路から見えるエ ン トランス 犬の貼紙

匿名性 個人のものであることを明確にする その他 郵便箱の位置 犬の居る貼紙 牛乳瓶の箱

(7)塀 について 監視性の欠如


17

高 い塀や密度の高 い生け垣は内部が見えな い 匿名性 高 いコンクリー トの平 らな塀 物理的強度 e

薄 い材質、腰より低 い塀は侵入が容易

日.防 づ 巳シ ミュレーターの作成 作成にあた り二つ点に留意 した。 (1)空 き巣 の視野か ら見た空間構成

(2)空 間と物体の抽象表現 (3)狙 われ易 さの記述

1.Hソ prCardに よる空間整理 現実の世界 をシミュレー トした仮想的空間を実現するためには 、従来 の日AS:Cの 様な手続き型言語では、もともとシミュレーターの様な複 雑な空間構成のデ ータを構築するのにはかな りの時間をかけることに なる。豊富なデ ータ構造を提供 して いるPA5CALで さえ、複雑なデ ータ構造 を作 り上げるのは大変である。 ここで注 目されるのがオブジェクト指向とHソ perMediaの ふたつの発 想から生まれたであるHソ perCardで ある。 Hソ perCardと

はオブジェクト指向風!nfOrmation Organ:zerでA

ppleの Machintosh上 て起動され る。これは手続きをカ ー ドやボタ ンに記述す る様にな つてお り、クラス とイ ンス タンスの概念の ように 同 じテンプレー トをもつカ ー ドごと異な つた属性を与えることがで き る。Hソ perMediaと しての性質を利用 して別のカ ァ ドに 自由に移 るこ とができるなど空間構成を記述す るのに都合がよい。


18

・ 丁he Complete Hソ perCard Handbook“ を参照 して 詳 しくは、 いただきたい。

2.空 間表現の方法 現実の空間と仮想空間置 き換える。 空き巣を含めた 、我 々の空間には、以下の五つの要素 によって構成さ れている。

1)す べての物体を包括する空間領域 〔 Locauon)

例〕 玄関前のアプローチ

2)そ の空間領域 と別の空間領域を分割する物体 〔Portュ 1) 例〕 扉 ヨ〕手に持てるもの

(丁 ool)

例〕 合鍵

4)手 には持てないもの (5tationarν Thing) 例)郵 便箱

5)A間 (Actor) 例)空 き巣

LOCetloo


19

そ して五つの要素がそれ ぞれ異な つた属性値 とポインタを持ち、要素 の連続集合によって現実 の空間を表現す ることができる。フレーム理 論 と親和性の高 いオブジェクト指向言語を利用 して 、五つの要素をオ ブジェクトとして 、記述 を行な つた。これによ り空間を連想的に理解 することができ、空間概念の階層化によつて 、柔軟な記述が可能であ る。

(注 〕フレーム理論

フレームの形式化された記述においては 、フレームは、属性 もしくは 関係を示すスロ ットの集合からな り、それ ぞれのス ロ ットは 、属性値 とその扱 いを記述する手続きがプログラム として付加されていること である。当シ ミュレーターがォブジェクト指向をとりいれたHyperCa

rdを 用 いたため 、建築要素の抽象化にお いてフレーム理論を基づいて 整理が行なえた。

ヨ.行 動の表現方法 空き巣の侵入行動に四つの大きな行動過程があ り、それぞれの行動が い くつかの推定行為を伴 うこうとは前述 した 。シミュレーターでは 、 そうした数 々の行為 もしくは行動は、すべてデスプレー上のボタンを 押す ことが 、これ と同様 の意味を持つ 。

Button

1

日 ick

道路や路地 にいて 、空 き巣は侵入対象に対 して六つの選択行動を行な つている。すなわち(1)不在推定(2)住 人推定(3)財 の推定(4)侵 入 の


20

じやす さの推定(5)発 見のされに くさの推定(6)逃 げやすさの推定であ る。 この過程における空き巣の行為は、お もに視覚 と歩行行為によ つて構 成され 、その移動のプロセスが行動の 目標探索 に費やされて い る。

Locatlon D

Location R

索 (覗 く)・ 索 (覗

)

選択行動における行動 のプ ロセスの一 例

あるロケ ーションか らポ ータルに移動すると、二つのアタック行動 を 起こすことになる。〔1)合 鍵の探索行動(2)入 り回の探索行動(ヨ 〕入 り 日からの侵入行動である。

ア タ ック行動 にお ける行動のプ ロセス の 一 例


21

ー これ らのボタンによつて集め られた行動 は、すべ て ヒス トリ 機能 に よ って保存 され る。そ して 、ボタンによる個 々の建築要 素 の選択頻度 によつて、狙 われ易 さを採点 をお こな う。

4.物 体 と行動 の 空き巣がある物体にた い して行な える行為 と、それに必要な道具 と 関係 を表わす と、次の図のようになる。

(ラ イバ

合鍵

開け放 し

可能

不明

不明

テクニ ック

不可

可能

不可

トリック

不可

可能

可能

乗 り越 え

可能

不可

不可

暴力

可能

不可

不可

ガ ラス破 り

不可

可能

不可

一 防犯サ ミュレーターにおけるアタック行為 と道具の関係 の 例

家屋 の安全性 い 家屋の狙 われ易さを数量化す るのは難 しい ものがあるが、 まモデル のために大幅に単純化 して、監視性 の欠如 、匿名性 、逃げやす さ、犯 人のタイプの四つの尺度か ら押えてみたい と思 う。すなわち

:

(狙 われ易 さ)=〔 監視性の欠如+匿 名性+逃 げやす さ)+〔 犯人 のタイプ)


22

〔注1)狙 われ易さは相対的なもので建物が備えている防犯性能と犯人 のタイプによって変化 し、また、監視性や匿名性、及び逃げやすさは、 同じ建物であつても一定なものではなく、住人の生活行動(不 在、在宅、 睡眠)よ り大幅に変動すると考えられる。

(注 2)こ の狙われ易 さが直接の被害を表わす ものではない。なぜなら、

もし狙われたとして も、アタック過程における個 々の家の持つ物理的 強度、ワ ン ドアツ ゥロ ックなど、窃盗イ Eの 侵入を少 しでも妨げる要素 が 、犯人の侵入を防 ぐと思われるか らである。

この狙われ易さは、空 き巣の路上からのアタック行動によって表わさ れた値である。シミュレーター動作中にお いて、被験者が探索行動か ら侵入行動に移 り侵入をこころみた場合、そのロケーシ ョンの狙われ 易さの値が向上する仕組 にすることにより、(監 視性の欠如+匿 名性+逃 げやすさ)の 適性な値を探るものである。

ね らわれ易

は据 え置 き

キャンセル

Locotion fl

ね らわれ 易 さの値 を増加 さ

ね らわれ 易 さの値 を次第 に変化 させ る


23

C.シ ミュレーターの操作 基本的な操作方法 (1)ボ タンについて 本 シミュレーターにおいて、すべての操作は、マウス を使 い図の様 な ボタンを押す ことによつて 、行な う仕組にな つている。

Button

行動 ボタン

I

ctick

確認 ボタ ン

il:11:illn (2)画 面の構成 すべ ての画面は次の様な構成からな つて いる。 画面左

1.上 か ら現在視野の名前、現在の位置を差 し示す レーダー、

画面上 のものの持つ属性 。 画面中央

2.

現在見て い る視野 。

中央下 3.は シミュレーターが 実際の人間に代わ つて、画面の 状態 を解説 し操縦者の行な つた 行動の結果を表示する。 画面右 4.操 縦者が シミュレ ーターに対 して行動を行な うた めのボタンの領域、ボタンにマ ウス をもってい きこれを押す。 右下は現在操縦者が持つ道具が 表示されている。

画面構成


24

当シ ミュレータ ーの操作環境 と機能は、大 きく分けて六つのモ ー ドか ら構成 されて い る。

マ ップ 機能

ね らわれ 易 さ

(1)キ ャラクタ ーの設定 図の様な手順でボタンを押す 。 1.キ ャラクターの犯罪技術 の設定

2.侵 入 に必 要な道具 の選択 ].シ ミュレーター開始

set Charectorg Ecfor! rrDtodn3 thlr 9606,lou hav! lo rcl lrouf cborcctof.

0衝 に出ていく

Pro

fesslonol

Toko tools.

$

m●

ゅ ゛

PosrKegs


25

〔2)選 択行動 ディスプレーを見ながらボタン操作を行な う 他の ロケーシ ョン

rvllk moro

?

CStred.0

survelllance ltis Mondaァ

afernooo 13,m

行動 に対す る結果

Some dogs are about here.

所持する道具

(3)ア タック行動 図が示すように操縦者が道具を使 うと中央下の部分にシ ミュレ ーターからの反応がある。 Eock'to the Entronce

@

Operotc Tools

@ Cs.-E

@

ProDertl es

lVOc

culiM.t

This lock has a gard plate. it vrill take some mtnutes to open the door.

Urcol it..

You c0n g0 insidc.

(Go)(COnCd

S.c6rlg lbora Co^tl.Glion S.l

6oo€

?


26

(4)マ ップ機能 必要に応 して現在位置を参照することがで きる。 画面上左上の逆三角形のボタンを押す と、マ ップの位置が表示 さ れる。

(5)ヒ ス トリー機能

(2)(ヨ )で 行な つた行動 を保存 、印刷す ることがで き る (行 動 を行 な った時間)(行 動 の種類 )

ptot Sccwiry How! Cosntrution Set

cs tlore a rcult

of

lmu behavior.

<Sccondtr .locationr

(DOrtAlr.t@lt

(Jtartonry thing l, .stalionlry lhing 2t <actiont

2616035?8? Mow lo Srrecr z 26t68lt?90 MoE to Strcet 2 26{60li8OO 0o nrar f,ntruce

26t683J813 26{68lt8l8

Go

2616875827

D€reci Mait Dot

neu f,nrmcc

opcrare H6nd ro bre6t a Knob 2 26{681)81) Mow to [ront osdcn 26a68J:/!52 opcrate tlud lo breat a Lnob z

2616815818 Mow ro tronr ordcn 26{681t86t MoE ro oudcn I

26{6glt9{0

co 261681>911 0o

26f681)9)9

ncu f,nrrsce neu f,ntrsce Hud to bre6t

oDercrc

6 Knob z 26t681)96J Mow to fronr 0sden 26t681)970 00 ncar Mdn Door 26t58119?8 opcrate driwr to bres* a Knob I

(5)建 築要素の自動設定 狙われ易さの値 を内部で自動更新 してい くことがで きる


27

研究結果

今回の研究の方向は防犯 シミュレーターの在 り方を考え、それの作成 を行 うところにあつた。 研究結果において、完成 した防犯 シ ミュレーターの有用性や操作性な どの確認をお こなつた。

A.有 用性 と克服点 使用 してみて以下の二つの点で成果が認め られた。 ―― 一―― Hソ perCardの 有用性 ― (a)あ る事物に関連 した情報を容易に引き出せ るので。、連想的に空間 が理解でき、人間の行動形式、認知形式 にちかい と思われる。 〔b)概 念を階層的に表現 したことによつて柔軟性のあるシステムにな つ て いる。今回のシミュレーターのように現象が明確に把握され いな い ため 、幾度 も削除追加 の容易 さは、有利である。 一一空き巣の視野での追体験一 ―

(a)防 犯の基本的アプローチとして、相手の性格 とその原因を知るとい う立場から、今回のシミュレーターを使 つた シミュレーシ ョンによ り 空き巣の行動手順を利用者 が容易に把握するこ とが可能 にな つた。

また同時に克服すべ き点 も認め られた。シミュレー ターにおける仮想 空間 と実際の空間 との差異による、空 き巣 の行動 の妥 当性 を考 えると、 以下 の四つの点で考 えなおす必要に迫 られた。 一― シミュレ ーターにでて くる物が決 まつて い る。一 ― 実際の空 き巣は必要な要素だけを、拾 つて選択行動 を行な つて い る。 しか しなが ら、シ ミュ レー ターにお いては、あらか じめ空 き巣が関心


28

を持つであろう建築要素を、設定あるいは明示 している。そのため本 来ならば空 き巣が関心を寄せない建築要素にた しても表示されて い る。 しか しなが ら、ヒス トリー機能によ り、関心を寄せていな い ものにつ ては削除することも可能である。また建築要素のカテ ゴ リーの選択 に は留意 した。 …一 空き巣は想像をしない行動をとる。一 ― しか しなが ら、これについてはシ ミュレーターは把握することはで き な い。事前 に専門家、空き巣の方 に意見 を求めて設定す る他な い 。 一一動きた い方向に動けな い。一 ― グラフィクスの導入、マ ップ機能を付加 したが 、慣れない人間では 、 方向が分か りにくい。 一一路地、街のレベルでの建築要素が把握 されてない。一 ― 実際の空き巣であれば、街なみを見ただけで把握されて しまう事柄で も、シ ミュレーター上では表現 しに くい 、この点では今後、画面 を何 面かに分けて表示する、文字 による解説で画面の不足を補 うなどの方 法が上げられ る。 都市 レベル 、地域 レベルの空き巣がもつ知識は観念的、経験的であ り、 かれ らの持つ イメ ージをいかに表現す るかが問題である。

この防犯 シミュレーターの利用法 として現在考えられるものについて 考察を行な うと、以下の様な方向があるであろう。 (1)事 情調書などでは明らかにされに くい図形的な情報集め

(2)(1)に よる防犯効果の大 きいの建築要因の発見 (3)防 イ E診 断

(4)犯 罪を誘発する建築要因の発見


29

今後の課題

空き巣がどの様なデザインの家を選択 し、接近していくのかが、最初 の疑間であつた。 今回のシミュレーターを使 つた空き巣の意思決定の過程とデザインの 係わ りを探ろうとするものであつた。では、今後の残された可能性に はどのようなものがあるだろうか。 ―― よ り優れた設計者のための防犯診断へ の可能性 ― ― 防犯学習専用 のチ ュー トリアル システム . 今回のシステム をつか って評価。あるいは確認 された建築要素 を利用 し て、よ り容易に操作でき、自由度 の高 い学習専用 のシステ ム を構築す ることが効果的である。 しか しなが ら、今回の防犯 シミュレ ーターに よつて集計 された建築要素の狙われ易 さを、利用す ることによつて作 成す ることが不可欠だ とお もわれ る。

― ―― A:(Knowledge ttased Programing〕

への模索 ―――

推論機能を備えた シ ミュレーション 空き巣の行動研究に情報処理的なアプローチを試みは シ ミュレーシ ョ ンを作成することが考えられる。もともと、今回のシミュレーターが 、 フレーム理論 との親和性の高いオ ブジェクト指向言語 によって記述 さ れているので、今回の結果を無駄にすることな しに発展させ ることが 可能だ と思われる。とりあえず、今回のシミュレーターを使 つて空き 巣の推論構造 と建築要因 との因果関係を明確にする必要性があつた。 今後は こ うした方向で研究を進めて いきたい と思 う。


30

'

あとがき この卒論を書き上げるに当たつて協力 して下 さつた方々に、感謝の意 を表 したい。 科学警察研究所の西村春夫氏、清永賢二氏 、東京大学工学部都市工学 助教授、小出治先生、には度々お世話にな り意見を伺つた。渡辺研究 室、渡辺俊氏をはじめ先輩方には幾度 も助言を頂いた。更に最初から 最後まで惜 しみない御指導をしてくださつた渡辺仁史教授に感謝いた します。

昭和52年 11月


31

参考文献 都市 と防犯ノ伊藤滋 犯罪のない街づ くリノ伊藤滋 不安な高層 、安心な高層ノ湯川利和 ・ 丁he Death and L:fe of Great American cities・ ノ」ane 」acobs ・ Defensible Space・ ノOscarNew

man

・ 丁he Hidden Dlmens:On・ Edward tt Hュ 11 ・ Utopla on ttrl■

1・

ノAlice Coleman

コ ミュニテ ィとプライバ シイ ノ Christopher Alexander 警察白書 昭和55年 一― -52年 ノ警察庁 セキュリテ ィ 5/75P75空 き巣の行動科学 ノ 松本巌 セキ ュ リテ ィ 5/75P75空 き巣事件 セキ ュ リテ ィ

1ロ

ノ 自石宏尚

ノ日3p2日 高層住宅環境の総合的防犯設計ノ湯川利和

セキ ュ リテ ィ 1ロ ノロ3p32ニ ュータウンにおける防災 と防犯 の一本 化 ノ 斎藤邦彦 セキ ュリテ ィ

1ロ

ノロ4pヨ ロ 安全で住 み よい地域社会を目指 して ノ 清

永賢二 セキ ュ リテ ィ7ノ 79pヨ 5三 大都市圏犯罪の現状 とその将来


■ 一

,

´一


建築設計の防犯的アプローチ防犯シミュレーターの作成