Page 1

U8206 早稲 田大学理 工 学 部建 築学 科 卒 業論文 指導教授 渡 辺仁 史

オ ー プンスペ ース にお ける行動特性 に関 す る研 究 遊 園地 にお け る施 設計 画検 討 の 方 法 につ い て

鈴木大 三

須藤亮

Department of Architecturc,School of Science and Engineering, Waseda University


:卒

57:10:30

・ ‐ 業論 文


1` │゛

め│(

1

川吼:雄 事

2

II冽 ガ曰 'U ・ 工 洵啜省員

4

工 胡 査 1(7ラ げ―卜調 査 )

9

3

ITl 調査 日19 エー2調 査内塔 Ⅲ-3 調 査結果

W

10 1 1

20

調査■ (ィ スァプマッ7・ 調査 )

50

T111調 査目的

51

lV=2‐ 調査内な

53

V-3調 V-4

査結泉

"

補甦

了 調 査工 (■ 椰和 査 )

80

7-1 =日 査目御

81

了-2調 貧内る 7二

3

調 査綸泉

π 調 査W(%年 ヒ脚年の比竣 7‐

l

11 1・

lて

‐ 86 )

]11

112


T-2

調 査鮎

113

W-3

補足

127

W

毛デルの作 だ

-1 111め

132

k

133

W-2

モデルのん んカ

134

π -3

モ デ ルの 実行条イ 牛

135

マ 「

T丁

4(ア 1ル の7口 すャート構質

147

毛7“ ルのフ '日

シミュレ■フョンのス行ん柔刻

153

WT7 w-8

毛デルの史石鮎象Ⅲ対イう%桑

157

71「

毛7.:lレ

7'ラ

ム溝膚

QJ ′T

W-5 -6

う滑米0旋骰言山 159 -9 配置転換予測 ラミュレニフ:ラ の密 烈T160 市■110 醜置転漢7測 ラミュ レ ブニラo 結ス戸丁 163 「 W■ 11 ■デル民術んス た■1う 考果 166 Kよ

Wl「

Ⅷ I  X

η後 4冽 収4騰 晨

167

あしずで

68・

ス訳

169


■ュ

nl'hli :イ んん にお1う 之衆哺、多看腋し、 )っ ものず Kつ で

〕■、烈 4し ,■ り⊃.バt,■ ,■ 画段階 kお ι 疑よぅ ヽ可l ヤ膚 放ftt 系トクヽ │く

・ し t額 ‐ ■り、 ドょっ11 柔

旅の多4じ 鯵 o薇 kt,ゎ ぐてし ュ7■ Jも う。1企 ゛ l刊 ラ1脅 働段陥■ 丈栞なか1ん 蔽 し枷 │よ 4■ 1゛

4ゞ

行t多 鍋性能 4初 和 しいリラ4 til二 級 Kホ 1■ 六 し 111団 働 ,棋 世 しt)ぅ す凰

1壽 t,4ザ

て‖ Jll喘

4の スろt判 断1つ て ・あつ:て 41η てィ 推■ 太π4才 ザ=″ 攻あ人

猟状 1"喘

し1颯

1つ ` 府力

ll、

く― ザタ1颯 1⊃ よう認旋■ ドおぃ1:ガL理(4現こにつヽ 〕

1: ス4多 rant

tttた ■ 4つ 場ゎ 卜`4の 多n tfl

llつ 人間´t7■

ll⊃

孝氣厳学 し,ダ 問ぅ磁薇t

裳独 tl人 間44珈 ti tデ ルん で ってし オ リ 444勧 テall t有 │っ てら哺 栞丞ザイ我 ド.ェ │マ

`之

しtス 4`υ ドふうLl゛ :非 帯 ドカ勧釣TJう ス■ ・ 鶴慮η K関 1つ 刑 γ哺:特 К:形 力 ■つしいん│り ,て ( 1ヽ

の人々ザデ1瑶 1つ より■権

lT17ク ■ (3

色耐 山 Кつl)■ 嗜

`L配 毛7:│ン lrの 薄き鵡F関 1)冽

永ザ そそ 卜孝ボ41ヽ ■ヽ り, 'よ 1、

.

74ズ


゛ 今回の研 究て IJ、 オープ レスペース的な空F4qと み ‐ をでれ る場角 ととて 広夏 □几 t選 択 L、 夕 寇客がど “ `とぃ うことを調査 lた 。調査 のような竹勿 〔とるで 内容は米 してャタをあっではな│` ったが、笙客の種 類 ヒケケッ トの区摯 1に よって。囲内でつた角の 7 lヾ

-レ をゎ

皮理解す ることがで0た 。そこで、そ

`猛 の紹泉 tあ とに進 国夕 tり 空Paqっ 機能 〔理解す るたり のモデル を作成 tに 。 モデルは大陥でlょ 。□内での 鶴 だの行角 を4晨 す ることができた。1,れ ど七わる

、 を Fgqり を%ニ メ わし ,々 で)J擬 若 ゾーし て、毛ず 4ヾ

│レ

}・

の結采 とくヽ )達 7仁 者勿 ことってい る勧めらうわ

■に。 これ)古 千面:す 島でlす 肥緩 11杯 なぃ空raFlあ 機 ψ

ヽ蘭林 して、 ミ6た めでゎ ヒで 食

/え た:そ こで、え

`と たわ多能夕 ,tlっ と,ム と、 拠容の訪引皮 こ災えず 空間ら機能を変えてしミュし ョ ンを有なった。 lミ

=シ ち果わ る主勿絲れヽらの距難的 な、だたりと規野 そのふ

の へ に 1)│ミ よって、姫君の動線 が 変わ るとい うこ 「 と1` わ 0` .,た 。


る 1 ,l

a ` 1'

οフスペンスr令 ■ 千■ 7η :1´ ワ 嗜 人間 44勁 萄 庄 t、 口 表し11い つ。 け ↑ 卜うつて しtロ ガ

ニァンス 一人 イ(lr、 外Лγで哺・止戯tlヽ :1贅 ´ ∼ ボ鮭Kム つ場あ4・ 籠薇χιt狡 鶴111哺 払t `,■ こ うつてしtt aヵ し■っ 化瑠 ,

ス4釣 ぃ哺。以千 の,項 目 ちうク 1口

1雌 日彙で、 膜芳レZ颯

4関 係 (多 К:焼 ″しれ″た

薇イ1鳳 4鍋 ノ魚ドつぃ■ ,t観 211′

ol筋

永 tう“ し

│て

:14よ

:ダ ォ lt術 Jり

`Lヽ つ IJブ ´ 7' /ス ペ ー ス■1

唯 ブtこよ 11″ 幼 机 Zず 膠oよ うにソ し

tヽ

う、4/f勃 宅デ

a2ず 萄t

t7ロ

}レ

:

│て

tヽ

` ζ夕

t作 ズ■ つ。

ル4ん なザ・督水 の施設り ι置付口枚司

Jカ ム し■つてしtt クル ミレ″シフ ■ 41珀 卯■

ド よぅ■旅司 1つ 。

/


1躙 各宵ぞ、

4

1ず `人 のつ でF関 /11従メ 4月 ァドづtl

l、

ま゛

で1,. (2つ rヶ す■考ルつてし〕 1つ

哺。人の動●4施 魚t+1■ し:│十 加事イ:41

考乃1し

1■

,瓶 つの島虚 t

ral鳳

卜1⊃ う4ら 13

t1014し 、ゎけう│う 。_て ぉぅ2つ の%乃

1

,4ι

い01:洵 丁│11夕 ´租ι14)"│,硼 な子玖14カ 1左 に 「わ 嗜 ス :11:(DI: ││ ■ │ │ ■

■1. 人4動 14多 71ル れ´471坊 ).宅 デ ル││:プ 問 嗜 あ旅]薇 ぃ喘Ⅲll11,I夕 誇猥1人 :間 『

2つ

イ 叫イス リカ kl:力 ぃ │:12 fη 狽 め .″ JI サ _ラ 千 =″ ll l多 阿 な11“「立1 lk賓 ケフ71ア ル・矛ットワ´γ :り

:よ

t ilル

::メ _ッ

/ュ tデ

│‐

1レ

4.瀬 猥■■りι人4″ 11・ II,「

百 :ス針更:I:三 1斉 :晨 ■_41π 層1風 │:喘 づII:::_1■ 人い●われわれn冽 ダ4賀 象でもう1濃 凰死 4よ う _二

■ 7'7ス ベ スト今り■lJグ 4旅 イ看アザ:`│ 「 lJわ _れ コ t'_1ぜ :. し:い つてしレ: :イ の:毛 デ }レ ド│¢

:IIズ

l

:1南 玖↑:仏 :う 不││力 Ⅲ:│ん

ル││″ つ:(ス 暮

'4_派 畔 rlザ Iマ 14411i」 巨 キtlllI化 スリスソイ `il賀 K:資 五″た44茄 夕内秀t凛 綱うう) :ド

:


LD

11,噸 孝ド虚パう。1 晟和哺`冽 アろ4ん ヤトつヽ 「 人7ol で,frg哺 。

T`み

条´所えJレ 問‐

1〕

イi葡 │ア 司象 し111111、 多協L日 1 7務 │■ %│ム │ボ ■「 │ヤ ″│た I習 1協 縫場

::1多

'3り :組 鋳:考 lη

りヽ _し ,1ダ

。相よ場 。ォ 稚争剣 レ

:で

ニゴ11崎 ず ,│ヤ つ。

lrル

´卜 「′手イ功,ビ

_・

17ヤ

)で

111:411考 多 :夕 J:鵬 だ _`が :二

ン 1ァ ぎ 壼 次″`ズ 彦 L 1習 霧 脅4れ ηラミュレ■7,ブ ・コノ壺 ″ t i夜 aた 11ν `ス ス││れ 小″じグ 々4冽 グ4輛 λ IDじ 考π :1::4,l1/千 r筍 イぃ l'1、 11し `11:う め■う:}り 。 _ 。多島ι鶴れ _│ _ 1 1● :::│ │ │ :ヽ :´

:卜 11riャ

:す

│・

:″

:つ

_:メ

ロZI´ :ι 孤う し像 (_歩 1石 勃豫´│チ

4行 動 肉秀)々

:・

ι界経1嗜

・引 ば│ト セ メヤラ 71「 臓 〉 ││

41ヤ

01り

_「

_■

)炒 :Ⅲ ι

ラけて■観互

:

.

1颯 悔薇 │め 証して n在 ヤ・イ 五Z「 41脇 直1揃 :た 風τ ■ 卜つぃ1■ 年 .__■ ‐ 1「 : 1ヽ

:マ

ウ:贅 曳│ム

)■ =玖 場n4滉 zん シス7人 1タ イすミ7入 t司 ヽ 勧t7")レ t4寓 11ス 4シ ミュレーフ〕ブ鶴泉 し、


6

髯烈植 しぅえ氣 ,ォ良 澪 1■ 4っ 1、 〕1) ´人しつの係中黎フミュレーショフ

歩4/■ │ち ⊃人嬌し: 運 コ 広%及 ゲn宋 %tニ パ1隼 し ず、湖ユト関イ 負lん つ行動■71)ソ tイ レが 1・ 面%巧 角Sttシ ミュニ│ラ 」フトとっ可燿 ヒ│力 中 慇垢 lラ 、 Jう そしが可能てフス ■勘米 η旅舗t有 † の開ん `ム :後 _α l血 働メ し 〃 。人11111れ 熟││_11 111 瀦 :や 1/f′ ││ク マ、 lmtattrt‐ L11シ 飾 ■2鶴 空 ,1サ :111』 舞 1‐

1蔵

4‐

11い

:ア

_′ ノ ッフ Ⅲ 二1孤 彰 .イ メ 日径 こ:ι :レ :`姥 ││た

■%:照 11あ つ 。_ l ti t71,レ :ぃ つι l■ 4輌 アにつ1'1考 ん1‐ η_つ し :

旗:イ 1/■

:薇 │´

:y_す

二_:バ ITIソ ilf禦 │ス

:す

│:│_:も

■11う Jレ

IIレ

:│11111‐

,71_ピ 1■

_■ ‐ │

を三_夕 :fぅ 滉Zフ7il動 t,71レ

7ピ │■ :T夕 _tノ 11111可

l i力

鶏ろ4フ,lit

じ置t, 7ラ フィ ク ワ│《 うィ

71A:4鶴 1准

11 1

.い

│ッ

疑 │ふ ゴ ラフ

`│ノ

ら:ス 凛作彦に´││111(111%│ム :力

' │:ニ り F7ン ミ 「1ク ズて_卜 て 卜1/■ 711レ いよう′ 「 :し ウ 11/11″ 1内 切%族 場 ).│ │ ││■ : ユ ニ

│み

:ッ

│卜

aく 4人 間も、クしつ4オ ´トマ トフし1マ 表等 И しli


7

升ッ トη´7し

て熟ザ

1、

11嬌 灰でh+7鍋 内tt

ん 人n4狭 求状態 卜従 っ可石J111う し

1、

:ラ _31

/iti罠

考π

′ "ti う ク‐ :ミ :レ :ク III,1ラ :ミ 4レ ■ ‐ 有1111=:│デ :ル 4:″こ調tl角 1,I11二 t,つ :│

FLら 話 t

_′

,っ

n11,コ

│││‐

。ズ│し 11の イ策itiデ :'レ ´1莉 │″ レ:べ itiデ ゼ 市 :ル ´ │) 翼 」│だ 111.´ _ti_立 1多 ル:彼 1111血 :%:´ │_″

1■ が1,、

1通

tlデ ル tlれ :4に 裸

:%:1証 ■:場 ::4.孝 磁ス イ :Fi 考 万

11゛

過ilκ :置 1規 晨 Llllり 旬ヵ:ス t翻 ん 111,ラ 。 :波 稚石粛七デ│ル

ド関すち冽ァ

(訳 え1柔資 レ│■ ヽ│″ 衆:鮭 t考 ん │:11■ デジ41こ

│■

_晨

‐ じ::'ス

lι l“

ラミ

:三

:じ

■11ジ :三 │′ kレ

t,「

11 1_::1・

ス :イ ズ1菫 :調 111う 痢│夕 :r‐ 1_│ ∼ の■イルん1414ア ホ マ こII力 :ク ヤ:で

I麻 │キ 1´ │ 11:多 Fili:贅 flケ :シ _ス

ヽ11令 111う

]、 .洵

'l11111爵 "′ ルト oチ 段多_114t7″ 置 “ t'Dデ │チ Jグ 1"│: ″ く14/1111■

lt,他 敏

:・

`:、 従来1411■ ヵ.(1411濃 蔵│ぅ 考 れ五ⅢI⊃ tテ

│:IJ競

葛募141)■

│、

│:│レ

1臭

:ι 鵬 コ色Z脅 │ん イ

`,(│イ

tJっ

勧:貴 対

t行 │■ 1ク 11■ り ル ││よ りで鋼査‐ ひん:4セ 7,レ t 作す1つ くらIⅢ i f囀 :う :l:Ⅲ ″│?:11,ス ´れるんt 'お ミl供 た段震ι iiス ιつ 奇:画 tじ めうホ の宅テルザ "、

:


8

`イル切ず功⊃ヵ ヽろや `t調 べ⊃ の竹歓 し1■ :始 動■ ■ めの%一 歩し │マ :冽 ア七ιめ可″1.


(7ラ 打´ 卜調 査 )


エ ー 11鶴 在 日匈

調 在Ja l旬

r7プ スパース(衝 賓修 aル )の 人a″ 14扁 ル ・ 喜鳥・嬌ん晨・石慟 tlヤ /ヶ r← 機江│五 郎甕二

'オ

ち術 つてしKよ り。イイ し 鮭の悧 員 脅 オ白条4彩 卜 つ ん多 オ 7じ ≒

11じ してK、 イ勁脅雄毛デル4参 寿従君 し夕ずつ て 4.41: : lι

10


q盆 肉各 多

憫 毎口崎 =“ 和

,l z3日

(a)

″ :″ ∼ノ タ:″

'7年

(嬌

)

調査場所 ・面賀謹aん 調 査費ネ% 。諷賀士口κ 入曰カ 調 査民 ′鴫子…沙人

いノ元 すを゛

調 査力:ム Oマ フアン ト調 査 ° ・人ロカ k祠 1可 、風嘲猾葡順牲イ 由蝸の1め Ktハ 哺マフけ´ 卜爾 在t行 っネ

a

.

・丞 国崎 3ハ a峙 ヒ ぼ 象ヵ K:目 魂│イ 十 そ 艦祇 η 司 の油 麟4女 めK:ι 圏嗜7ブ 打″ 卜瀾 査を有 っま. 1(・

。こ繭ヽ 朝2 ・7フ け― 卜罰在の■永拓 4■ ↑ラ 雁 そ K£ ゲ。z ・ ゛ つ 人一組■ 人颯 `ラι口1■・4口 五 鷹路、石勧裔ら し 崎刻 ti 6ラ

1ヽ

卜め鳳鶯 itプセ¶K“ 倒こ 11.


12

`ラ 雁脅 K運翅に1), 鶴 在■月し名哺、人凰%の イカ ´卜司ぶ ハa tt К、′チ■ィで 州 t477∵ ヽ4う ち、 「 ″ ′力も〃 a3(八 日崎調査崎晨 )r tt π■タラう。 で 4崎 4乱 人孝颯哺:調 食魚ずιtt K記 入イつてしと

4■ 。

し ハa崎 マンげ′卜紙1後 i司 漏 なl(晨 縄 ttttt ι 働くい親 =鋭

りKlつ 。

ラ私イ組■ 7フ 打r卜 噸角 卜',よ 1、 1lγ ″ 11゛ 4番 そ

ウン しJ11■ いつ。

1ゞ

777´ 卜第4η 枚 蠅・ ャ共ロータlL令 し い キ、朔武a口 ゛ い ゛ ″ ずη l事 口 ノ ル警・ィノ ■4子 た。

a嗜 人“

なヨ嗜KI、 人口1崎 i^‐ 7フ けン トの崎に痕 │十 久納り 組‐ 査看そrラ

nf4呑 もt繰

t。

人曰巧 しηいく。

「 え入1を ス砲 ■ヽ:ヤ 否覆■が、直薇丸天 う11,‐ つて し:Kl:″ ′ り勝わ タラう。 “ 4:〕

_デ

1■

哺,a打 ザ也 口た 詢tヶ 有 │十 瞑貯t死 図rЪ

人し、均編 К角おあ/rメ ープt老 ぃて リア4人 レのん通 リゲ喘り サラうlイ メ″プマ、 ・外

_バ

liケ

5う

人 π入 1■ ウラう。 lて

郷象K蔵 っ千た■.留 りK͡ ,■ 鮨。 n4Ъ 嗜:油 ろ■


13

1■

"徹

て,デ

ぃつゲ・ん鷺Tl

11゛

│げ ■1の

1′

eぃ

出4

TJ、 1レ

│ダ 1つ

.

:

‐ うよ│う │で

、a嘲 「 ″籠薇b手 :負 量協it

つけ1,机 の■K友 永l ittiliti. ltA fド

t〕


継 物〕 │ン ク

‐ フスウィンガー 111'

うたん `ル ハ ウス ースエ イジ 溶 ア ップ ト ント ゴーランド :し

モ ン 詢 レー ム

レーバー 0バ ラト′

クリハウス │ビ ン こ ヽ クカ 1'ク うシン コ 1`ヘ リ フター ス ジ エツト カ イ じ も 回 転ボート (じ ライ:rン SL

Oゲ ームセンター tlナ 崖敷 0お イ

` ズーカ砲 セ′ こウォーターシュート ニ ミ レイン ● ト

道も 、世界の名園級。 夢とスリルのファンタジーラン 西 武 園

・休憩所〕 食堂 〔 ◆西武園食堂 ランフェニックス 0レ スト ランファレ ケンロレ 0レ スト

◇ 茶そば処 0調 わ け ― 0遊 戯場スナ′ク 0シ ュー陰 堂

施設〕 〔

]1つ ォーターバレー

コ字富秘密基地SSW 饉金魚釣コーナー 趣噴水ステージ エ観 國駐車場 "席

う ス

λ 饉

E護

聾滝 邑水のみ場

EWC

︱︱ 鋤 η ︱ ︱ ︱

・/ 成 さ)」 ●連Lセ お駅

ヽ・

`埋 ′・


マフリ´卜鶴夕n気

(,そ

ヮ 6・ 入 つ鳴・L凰 鳴) κ

私達はこの度、卒 業論文 として「 避測地におけ る施設利用計画の研究」 の テーマの もとにア ンター ト調査 を進めてお り■す 。 つ き■ しては、み な さ■に御協 力 をお願 いいた します。 尚、 3t帰 夕の際 に も御思 想等をお何い した い と思 い tす ので、 この票を お 持 ち下さい .

昭和

57年 5月 23日

早 稲 田大学 理工 学 部 建築学科 渡辺仁 史 研究室 東京都 新宿 区大 久 保 θ― ダー ′

8(03D209-3211(内 ) 3257 却当

長生麻子

鈴木 大 三 須藤

1982。 5。 23


16

入園時間 二__時 ― … 都県

女 男・

1   2

)オ

年令 (

住所 (

)甚

交 通機 関

1 5

自動 車 パス

9

そ の他 (

構成

2

西武線 (遊 園 地前駅 ) ォ ー トパ ィ 7 徒歩

3 西武線 (西 武園駅) ・ 8 ゎ とぎ電車 )

乳児

幼児

小学生

青年

大人

老人

男 女 備考 種別 De・

二人

二家族

子連れ

男だけ

女だけ

男女

チ ケ ッ トの 種 類 の るの る 券 招待 券

(

( ), 大 人 普 通 券 ( ), 小人普通券 ), 団体 券 ( ), そ の 他 〔

何 故 この 遊 園地 を選 ばれ tし たか ? 1 ユ ネ ス コ村 に よる (よ った )う い で に

2 3 4 ・

6' 7 8 9

西 武琢 場 に よる (よ った)つ いで に 牙u用 した い 施 設・ 乗 夕物 が あ るか ら て ごろ な 料 金 だか ら 多摩 湖が そ ば にあるか ら

・ 近 くにあるか ら ・ のん び夕したいか ら ・ 交通の便が良いか ら 国内の環境が良いか ら 観たい催 し物があるか ら ファ ミリー カー ドを持っているか ら

10 11 12最 近乗 夕物が新設された とFJい たか ら

13そ の 他

.

団体

自転車


│マ

め た

こ                    何

'

・錢12345 ほ

G   ・ H。

00 ・ 利 用 した こ との あ る施 設は何 で す か

  >

の方

くつ↑ 醐<

・敵 め         回 回 始     二 園 入

)回 。 ・ ・ 御存 知の 施 設は何 ですか ?・

ヽ■ ノ

国内に何時間位い らっしゃいますか ? ( :何 時頃わ帰 )に なる予定ですか

)時 間 )時


18

退園時間 札 ・

感想をか伺 いいた しtす :

1

入園料及び遊戯料金につい て

2

t キ ドら

l

llい

今 の ttで 良い

。 多い

選戯施設の数について

3‐

.4

:

6

国内の緑 の量 について

1

1

まあま あ

多い

休憩施設の数について トィ ンの数につい て

:

面 白い

遊歳施設全体の内容につい て

5

=

.

.

多い

.

.

1__

多い

1

全 然 足 夕な ■i自 くない

今 のままで良い

L

■い

全然足 夕な

_

今 の itて 良い

全 然 足 クない

今 の 1■ で 良い

全 総 足 クない

1

グ 他に欲 しい 施設は ありますか ?〔 ヒ わ気ず きの点があ夕ま した らおFOか せ下 さい. 1売 店、 「

l

伏、芝 「 F起

1)

)

最後に

9■ た 来 た い と思 い ま す か

(a.是 非来たい。 b,機 会があれば o,思 わない _

・ 国 内施 設 等 で 何 が 面 白か つた で す か ?

。 二店を利用しましたo._ま

、どんなものをお求めになプtし た査: ∼

‐予 定 してい て 出来 なか っ た は で か ? 事 何 す

。 どんなものがよぃですか ヽし、飲食鮨設を作るとしたら、 .

。国内使用金額〔入図料を含む〕 (1.一 人●た, 2。 グル ー プ全体 で)

. )円

。予 算 と比 べ て ど うで か ? す (■ 予算 よタオーパー

b,ち よ

。,余 つた)

同 じ位 い

'ど 帰 夕の 交 通 機 関

そ の他 (

2 5

西 武 線 (遊 園地 前駅 ) ノ 6ォ ー トパ ィ =ス

7

      ♪

自動 車 自転 車

1 4 9

西武線 (西 武田駅)

徒歩

8

ゎ とぎ電車

1982.5.23


n■

@a

rra

b*t

Kl

a ?k L Ebn6$ts

t *,Ht

tt'r /wrTt r^.

│:


正-31鶴 査鮎来

20


ユI

N曰 鰈日弓力■ト

・・

0●

NYUENSYA NO SEIBETSu n

, 16ユ 女 ′ 19与

. En ・・・

%'‐

ど 1:: IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII111lIIIIIIII二

10

■児

幼児 小 学生

116 '3 155

青年

・ 大

^

52

.

コn_さ

3

0 ‐:‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐10¨ ‐ い ‐

%1い

2.8

■駐

20

■‐ ‐ ‐ ‐

30

│‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐

2 *n****t(**ttil(****r**r****rt**rrrrr**x*r|.tt**r .8 *

$3,

359

u性 部やや

ヽ.

"〔

ttb部 )な際連たぃら1)桂 め

1撫

,

市早 B十 二24●

l10

姜贅姜

1]t.5 **n*r**rrtctc*** 25.9 ****rc*******r*frr****Ii**r 12, I n**r*r***fo+*l(

.黒 ●lЦまはば半数でま3体

。 鎚固製n

● 0● ・ ・

缶駐 二 4,I計 ヽ た 2靖 ∼ 6● ヵ

ら吐 ∼12オ `け 承 `酬 雌

1ヽ

0 5

n

老人

.螢 I二 ...

359

‐ ‐ ‐ ‐ 1'_____‐ ‐ ‐ 3'_____‐ ‐ ‐ 7‐ ‐ ヨ !__。 __‐ ‐ ‐ 世 _。 .。 ヨ ,__¨ ぃ ,

NYUEN9YA N8 NENREI

0。

●●...


哺げ

22

Q誨 ト …


●0● ●●

TIcKET NO SHuRUI

・・・・・

0102030$0 .ar30E*

n l+9

rl.L'SEf lB€jh 6{tt

23 .55 0

gtrrod)t!.rh 37 ?rErF ljelr 11 b\a*. 13

toft

=

ttttxx*raiaterilc*t+rl*

? **x* l+. 9 re*r**x $.

.l+

?6t+

畑 期 ヽ

小嶋

――― … …… +― ―――― … ―― ……… …………………………

一人 地 れ 二 …

臥 台

::0001・ 0 1 0%

rrErf I ヽ

s林 椰 ■

0 0%

::% ::ノ 331o01010:9 20% 9z

:: 1

z'

a __-_-

.0

l$ . 0

MFMBER KOSE1 / TIcKET NO SHURUI !“

_-_-___-_

ti**f tctitixti ttxti*t(t(***fr**tfn****lf**

B. 7 30 . B

1

f,n

姜■

--.a

6 ****r.**tct(rta******** ?I . tt nx**t *t+lr t(*lHr*lttt*** * t,tt***.**** 18,

1

3

鶴 義

P‐

1 5%

0o000o110 o% 0%

::%

::%

.

7%

o%

6 7Z

3o%

o

I loz

: 13% 6% o% :0_6o.1 0 8 1 o o:16 ‐ : Oχ 17% 0%

:o o 0 0 0 2 0 o o 1 2

: 0% 0% o% :1000,0 0 o o o l:1 0% . 0%

l:z

oz

1oz

o Oz

0 o%

5:z

■5 100%

35 loo%

1与 loo%

o 1 OZ 1

.7:Z

10:z l

i-72

25Z

17Z“

o% :

13Z

oz

Oz

7%

oz

oz

28 100z

o%

oz

`営2=い い つ 陥 おれ 舎熙

;

z

2Z

:

……………………… ,― ―――+― ―――………

loo%

loo%

10 1 10oχ

:

121

1

愛冊t躁 瞬1凝為∴110競 T[謂せ :導 ラキ■11■ 。

:

oχ : o%・

・水、ま普通淋で 、日ね Aぶ ら1)、 3ロ レ 準毎日 _a tllttF_b.tlBに ポ準 (… ,ビ リ■マ● ・ 」―洸 ッ ト)春と 東彙zt B. 「 °このでヒ哺 琢 締むι私1゛ 多 ぃてしつヽ ラ ・ ・ス人■ .14人 の■ 添 し口ちむ │ド 1林

7Z

oz;-: ;

o%

o o%

OZ :

;" o%

25Z

20 loo%

::χ

i25%

29Z

O%

1 lz

oz

oz

oz

l TOTAL

ドi oz :

5%

o%

モNL

0 Oz

% oz b" `1' 7Z . oz

+ =― ―――_― ― ―二__¨ __"― ―――…………………―――― …………………………………―

TOTAL , :

鞠 驀

…… ―――― ――――――――― ―― ―――――― …… …… ………

o・ o%

1 3%

姜姜

1・

100χ

.


24・

....o

JYUSHO ococo ■ 0 4 0 0 0 2 1 0 3 0 3 2 0 1 0 0 2 2 0 0 ・

鷺 ぼ

ロユ匡 彗 呻 寝

1・

●駆 駆

.

臨 駆 相 橘区

.S市 … tlti市 ・ 武曖野 市 三磁部 赫 ・ 府輔 忠市 輸 “ 1ヽ 企キホ 嚇 赫

緊 ボ 日主ホ l・

田喜市 輸 輸 粕節

い お 素ヽ市・ ¨ 疇 lth

由 ‐ l●

“ 輸 鰤 輸

. :

rrn `

輸 ′ 幸mm 綺臨市 議お 。 円 ヽ ・ λ口お 1さ卜J、 日

i

.

"「

.

tan

.

赫 ヽ樹 無飾 へ鏑 韓 士師

Lan国 市

L― ・Oma L 碑 千:掏鳳 :11ヨ

寄躁 鶴 ι,イ トつ Σn

0

=

0 7 3 1 2 1 0 0 2 1 1 2 2 2 0 0 3 3 1 0 0 1 1 0 0 7 0 0 1 0 1 1 1 0 0 0 L   9 0 1 1 1                                     ・                  ,

20

‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐

.0

0

4。

./ 螢姜■■

00 00 ●0

0 l10 2。

贅I ■

00

:

3.0

警普姜

。0

3.0 2.0 =0

0

1。

■■■ ■■ ■

●0

00

2.0 2。

0

贅贅 ■■

00 00

1卜

10

0 %°

,]1

■苺螢螢■■■■■

00

2 3.0

17。

1。

0

■■■■■■■普姜■■■■姜姜■■ ■■姜 ■

2,0 ,■ ・ 1。 0 ■ 00

10

2.0 1。

0

1。

0

2=0 200 2,0

薔■ ■ ■ ■■ ■■ ■■

00 13〕

0

■■■

00 1。

13。

0 1

骨 ■■■■■■■■■■■モ■

30 00

0 1,0

1。

■ ■

10 ●0

7.1

■姜姜姜静姜姜

●0 1。

0

■ ・

。0

1

30

100

10 00

=0 4。

0

. 姜姜■■

■0

1.0 贅 1.0 00 1。

0

1,0

螢 ■

.

30

l10

,■ ト


入a%の

IL-3-J‖

7Fん

ぇた颯

`¬ ` ‐ ・も 。′ 、 (lr_「 「 ` 「 7

‐ ‐ ‐

´ ´ ´ 1´ ´ ′ 1

25

L′

` 、 、 、`

` 、 ′ ゝ 。 主「 :=二 V

.

fノ

_´ _喘 "_;、

ー ゾ │イ 二 くハ/与 ィ :「 l λ ° tiヽ t)ニ lモ デ も、 ゴ畝 1'1

/_、

:ュ

:も

`

. fヽ

′''

I

>ロ

4二

、 _つギ事1警ヽ

、 ︺ι Ю00﹄

Vi戦 ,

ヽ 1丁 1■ ヽ

rだ

ヽぶ

i ",r..-j!riiiit-.

i

) ,t

"t," ノ

i

/) ,j

r

I.

/

!

′′

t

-r.''

ノ ´´ ′ ′

へ 、 `″

` 、

. ,/

1、

‐ ‐ ‐ :


断=ご 翌童・ ●●●●● КOTSu

66 20 1013 ” 一3 ・ 2 ・・

● 事

IR口 “

《 選口亀 ■)

百R● (■ ■口■ “) ●●軍 ´│^

オー ト′ `4 彙歩 )と き電ニ

│=n = ・・ ・ ,■

SHUDAN

10■ 事

32

36・ 12。

1

10.1 1=0

′ K● TSu

SHuDAN

3=0

llo

‐ ¨ ‐ ‐ ‐ ¨ ‐ ‐ ●‐ ‐ ‐ ― ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ 0

姜 姜モ ■ ■■■■■ ■ ■

■螢贅

――КハERI― ―・・ 00・

z' ----.----32 . 3 *re* tt * * * * i6 n ltlc * * t( lr r * r * * i* * ** * * tir 23. ? rrr**r***t€t(r*xt(t(tt***r*r 6. 1 *x***ti ?, 1 r**tot€xt tc* 1.0 I t0

ta

.0

0 *re*r 3.0 ***

I+.

21 .2 *I*****16**t(tf

0

It6**r*f**

●●

::│: │:“

rOTAL i 36 100χ

=o 0‐

00 11。 1

0Z : 0 , OX 8 0 0X 8 0 0“ 8 0 75X 8 111 500Z : ` 50= 8 5 507 : 0 8 1 10Z 3 0 ==● 1 111 112 3 2, OX 8 0 0χ 男だけ 0 1. 13Xゞ │:0 10χ . :│.0 . OZ 8 3 30χ 8 0 女だけ 3 0 10=il:■ 与 :15X t 2 17Z 8 0 0χ : 0

:二 111: :│十 :11.:=:11:莞 l. 0 ・ OZ::1111 与π 8

― ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐

■■■姜姜姜薔姜姜姜螢姜 ■■■■■■■■■■ ■

・一人 l . 0 手、卜 : 27・

‐ こ● “

20

o‐

薔■■■■■■■■贅贅姜■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■静 善■■■■■■■■■■■■■螢II■ ■■■■■■■勢

re

1   9 2   9

KOSE=

En =

10 ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐

26.3“

00

0102030$0

n

百彙● (百 武田薇) 6 ●餞率. ‐ ■ 9 e■ ′ ■ ' 1 オー トパイ l o 織, 時 0と き電率 3 。 亀 トウ

●● HE‖ DER

0 Z°

KOTSu SHuコ AN

.■ 啓● C■ ■鮨鶴瞑)23

"イ

――IК 工……・・・

0Z 8

1:釜

: :・

: 26 100Z : 12 100χ :

0

■0

0Z 8 0 0Z : 0

0X 3

0χ : 0 0χ 8 0

: 110:"l :

0Z 8

100χ :

0

0χ :

1 100Z :

0

0

0

0X : t ,= 8 0 0■ 0χ : ` 55Z : 2 67X

0Z 8

0Z :

1

0

02 3

,X 3

0χ : 2 18= :・

:“ :

9Z: :・ OX 8

・:

11 100Z :

0Z : Oχ

0

0χ 8

0

0

0

0X

0=

0=

t

: 60

1

t

7

0」 5

iZ

61Xi

7X

OX

: 1 3 1

lZ 12

1 134・ :16 1`= 0

0

0■

02

3 100X

: ,, 1002

:4剖 黎は 餓 薫こC諜 日右ぶ 3り l強亡1野に:潟 . 某目老ぃ内令けしっt離 ¨ ・ 倉輪輸 甲軽 は電車で欄 老じ .「

"tl`

れぶ♂讀色出

:)

5=

E*o'+ -7rd


・・・

0・

(逮 口綸羹a)

“ (百 R口 駅 )

1麟 率 “

オ ー ト′│イ 徒歩

●●●●● КoTsu

オ… トパイ ■, ■ とき電車 ヽ トウ "イ

En =

`EENT) o・・・・

0102030$0 a

____--___

a

0 **r****rttnt+*t,|0**trtatt**tt***rrrrl***rr 0 ***r**r*r.tc*rt(*t('*t ti***rlr*rr*rrrrrr***rrr***I**r**tr*tt* 3,5 *|c*

.

35, 55.

,0 .0 .0

7.5 *r+*x*n**

SHUDAN n0 5 0 1 0 0 2 l H ﹃ ・・

B“ ニ 西武線 《 菫口饉繭a) 西武線 (西 武口瞑) 3● 率

―-lKl― ―

\

0 4

1=n =

2 1 0 0 0 3   2            

百霙

n L 1

由 率 ・ 西武 “

KOTSu SHUDAN

――KttERI― ― 《CENT) ・・ ●●●

0‐

%・

25。 0 37=5

‐ ‐ ‐‐ ‐

10 20 _3‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐

‐ ‐ o‐

30

0‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ o‐ ‐ -0-‐

40 ‐ ‐ ‐ o‐ ・

贅 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 II・ ■ ■ 姜 贅 螢 姜 姜 螢 姜 贅 苺 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 贅 ■ ■ ■ 姜 贅 姜 贅 │1姜 姜 姜 姜 姜 姜 贅 姜 姜 姜 螢■ ■ 姜 薔 薔 姜

螢 善■

,0

3.5 *x* .0

.0

5.0 **xxx ?.5 ***

?7. 5 *x*lr**t(**|trG**r****rcL*fGt(*****

・rr― 卜Q仕豊体 口罰む策づ曰線 _面轟Ц濃歯ユJ副辱uヽ5てたo所 l=き 痣試ョh 凛野抵t返おらt、 :

餞鼈 呻出 Rヽ bQ


和 鴨 鴫 lセ態 寝 ●●●●● κOTSu

sHt,DAN n 8 2

Bn撃 《 羞口■賞a)

西武■ “ (■ 武田嶼) 口餞

0  

3峰 。5

0 6 2      

27.6 6.9

20.7

=

オー }・・│イ 食´

・・・・・

=0

=

自■二 9 )2 西武30 Ct口 西■■ (西 貴口瞑 ) 1 “"曖 3伝 ■。 7 ● ′ メ o │イ オ…卜´ o

En =

1o0

30

与0

姜■■■■■■姜姜薇贅■■姜姜姜姜■姜姜姜

1 2

――Kハ ERI― ―

0

n

電車 ・ '│ぎ `ロイトウ

30

60, │1姜 善姜贅■■

KOTSu SHuDAN

,歩

20

‐‐‐‐‐‐‐‐0‐ ¨¨‐‐‐‐‐‐0,‐ ‐‐‐ ‐い。 ・ ■ ■■■■■■■│1贅 善螢‖贅モ姜■■■■■■■■■■■■■ ■■■受螢■■ ■■■ 贅姜丼■■■贅モ姜姜螢姜螢■贅讐轟贅姜姜■■■■■■■■■■■■■■ ・ o‐

9 2

Σn

。0

   

● とざ電半

3=い

帥 )

(OT001)・・・・・

0 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐ 10

.%。

1 0 1

●霙

―-lκ I… …

3100

(oT口 ●1)・ ・・・・

10

20

■■■■■姜姜雑姜姜姜轟贅I螢 贅姜■■■■■■│■ ■■■姜モ贅

6.9 x****xx 3.l} x** 2t+, 1 * xx*tatrta*tGr**lrtrrta*rrti*r*r .0 .0 3. tt

*** 6,I *n***** 7 2|} .-1 ********xrx*n**tr**tl***rtr

2,

。 社02,o「 喜 卜に比ド 自聰直 僣

にさ3…

lヽ


ヽ厖計デLト ヮl電葛面F劉肇L(…

.●

●●●● КOTSu

SHunAN n

0 ‐‐‐‐‐‐‐‐ 10 ‐

1与 l16=7 西 武 線 (選 口 鮨 腱 ■ ) 2 6=7 西 武 m《 西 武 口 駆 ) 10 33.3 自■ 率

口伝■1 ′ `メ │イ オ…卜′ 優力

0 1 o

2

6=7

1

)と き■平

En =

0‐

00 303 00

3.3

..

20 30 与o ‐‐‐,"い ‐‐0,‐ ‐‐‐‐‐__● __‐ ‐‐‐‐‐‐ │

■■■■姜贅普モ姜贅 │1贅 ‖薔誉姜贅姜姜■■骨姜■■■贅

■ ■■姜誉螢韓善善

姜贅姜姜姜誉誉 ■ ■■■姜姜贅姜 姜誉姜■■■■螢姜贅 贅誉姜姜■││■ ■■■■■■■■

姜姜

‖姜贅

"姜

■■

"“ "普

1 ・

“ 姜 I・ 姜 誉 姜 贅 姜

姜姜姜

30

●●●●● КOTSu

sHuDAN n

自 軍 13 西武 “80(■ 口■鶴曖)6 缶氏摯 《 百武口駅) 5 1 ■●■. ′ 1 `ヌ ォL卜 おィ o 1 掟歩 . 3 亀Dィ トヮ

,En =

―‐lKl― ― 《SEIItu》 ・・・

Z・

.29

)

……Kハ ERl― ―

(SEIBU)・・・

● ・

r+0. 0 10 20 30 x,,------- --. i----tlg . g *r(xxr(*ltr**r(******nie**rr********rcrf *ri***r** 20 . 0 **tt**tctGtt**16tcr***t6tG** 16 . ? xt+x.xr(ttt(*r(x*x**tT*t 3.3 *** 3.3 **x .0 3.3 *** 10 . 0 *rc*tcl(lt**Lli

30

。 駐 車島 Q仕 巴しょ誹動ぃ .ギ‐ 卜Q極 量ド 謙

m来

麟 ぶ議

h…

―国製曰取 にこ1■ ヨ :憲 緯像ι

t、 .

ヽメ吋熱園たも● 11ヽ .


・・

000_RA=EN Kハ ISu・・・・・

2コ イ 3コ イ 4■ 9Л イ

.・

10コ イ イ 「J゛ ョヮ ,スつロイ

9 聾 2 3 83   ” ・・ 2 .2

lЛ イ

0‐‐‐‐‐‐ 。10い0‐ ‐‐‐‐‐‐ 20

29.3 14,1 12.1 13.1 8`1

30

4o

7‐ 0‐ ‐‐■‐‐‐‐‐■‐‐‐‐‐‐‐0‐

%・

■I・ ■■■■■姜姜│1姜 姜姜姜姜■■■■■■■■■■■■■■ ■■││■ ■姜贅姜丼■■││■ ││ ■■■■贅姜姜姜子姜贅姜 ■■姜贅子姜贅■■■■■姜 姜姜モ姜姜姜姜贅

23。 2 "讐

螢 贅 螢 贅 姜 螢 贅 姜 姜 姜 贅 贅 贅 贅 モ 贅 姜 贅 姜贅 書

0

.

=n =

,inhQκ 〕]蠣 ヒ 匈4色 占

b図母J轟 曖 tt3ぽ ド」州Lロレ

tヽ

.

。■R者 の准雇もザ.多 いしり“ つてしか)。 ■にの人つriK未 コイつしりつ。 つ費

目の織船tス わl■ ぃつ。

嗜 襴 に 無 配Lt降

lr口


目的

・・ 0・ ●

Σn ‐

58

.

観たいにし鮨があるか, ファミリーカー ドを持っrい るから :所 近 されたと ぃ ・ 1):う 警 ず 1畠 夕

ln.

o来 目B由 は 憚

z!___¨

51:;:II'姜

ぃ __‐ 11‐ ‐ _____‐ :' .____‐ 191‐ _____‐ ヨ ‐ 姜 ‖ 姜 姜 螢 姜 姜 姜姜 ■ ■ ■ 贅 姜 姜 姜 姜 ■

,,■

■ 姜 姜 贅 姜 普 姜姜 姜 姜 姜 姜

'民

T姜

善姜 ・ ・・

贅 姜普 ■ ■■

107

ユネスコ村による (よ った)う いでに 百R球 場によぅ 《よマた)つ いでに 11用 したい鮨破 ・ 乗)● があるから てごろな斜全だから 多摩潮がすばにあるから 近《ICあ るから ・

0ん び夕したいなら 交通0便 が良いから 回内0■ 塊が良ぃから

ヽ日疇0-ト

Btみ ん なで0ん び ,過 す ため

n 4 2 5 5 0 5       1 3

散歩 をす るため 持 ,0ピ ′ ぅ フ′ そ 0他 '0体

31

RAIEN MoKL:TEKl ・・・・・

主 に乗 )● ■lJ用 す るため 主 に僣 しOt観 るた め

'F当 久 しぶ

_

。 軸

3 0 20 3 7

6 11 5 2 11 l: l4g

)肛

。来諷週由は 涯 柱薇 ずヽ 軸 … 南薔R・ 出。 Ⅲ3も い■3。

¬lRま 素ホ 憔 詢 く 半運Ltitt133

tm侵

ぶ融 台3ぶ 46%tttM漠 謝、 ― .」銀覇治Q 1ド 平ヒ 遊 ョ ふ51ビ詢薗、こl,cご 3、 コ臨 餞0甕Lぶ ●91ヽ 轟登 「

=`:


在日疇向 ・機

●0● ●● Zハ IEN

脇 L:哺 自 Z° 1。 1 1,1

20

30

●__‐ ‐‐‐‐‐‐ │__■ ‐‐‐‐__。

姜 姜

苺贅姜苺姜姜■■■■ ■■■■■■姜姜姜││■ ■ ■■■姜姜モ姜姜姜贅姜■■■■■■■■■■■■■ モ姜■■姜姜姜姜姜■■

11

■ 姜 姜 姜 螢 モ誉 姜 姜 姜 ■ ■

12。

0

3

40

__「 ‐‐ ■ ‐‐¨ 0 ‐

9 9.0 11 12.0 22 23,9 10 10.9

..

3.3

姜薇贅 与.3 薔贅姜丼

叫 ¨ ¨  ¨ ¨

3。

0‐‐‐‐‐‐‐‐‐ 10

10 10。 9 ■■■■姜姜姜姜姜姜姜 5 5。 tl 姜姜贅贅姜 5 5。 01 ■姜■■螢

ZAIEN

E M

h 翻

●●●●●

R7 R8 3 く R9 5。 5く R10 6 く Rll 6.5( R12 く

tl.5く

ヽ く 中く 一 く 一 く ¨ く 一 く 一 く ¨

3 <R5

3.5く R6

n 1 1

205く R II

1 2 2 3 3 ﹄ L 5 5 6 6 7

RANK Rl R2 R3

く 一 く いく

5く 2・ く l。

YOTFIJIKAN・・・・・ S

l

嗜向

92 46

」Iκ AN・・・・・

0 ‐‐

摯転 :疇 自

RANK n l く Rlll.5 1 1.5く R2S2 5 , ■ R31.2=5. 9

<R II S3 8 3 く RF● ≦ 3]5 19 3.3く R6S t1 9 町 く R7≦ .5 11 11,5<R8`5 “7 5 く R9`5。 5 曝 505く R10 S6 3 く Rll lる 。5 3 6.54 ` R12 ≦ 7 年 2。 5‐

10

‐ 3-―

20

.

3iD

― ‐‐―‐‐ ― ‐――い 0‐ ―‐― ・ ,

■ ・ ■■■■■■■ ■■■■■姜■■姜姜姜姜 ■■■■■姜モ■姜姜■ ・ 25。 0 螢姜贅姜■■■■■■■■■■■■■■■贅姜■■■■ 1138 姜姜姜姜■■■■■■■■ 5。 3 ■■■■■ ,。 2 ■■■■■■■■■ 5.3 ■■贅■■ 3.9 姜警苺モ 3.9 姜贅姜■ 姜姜姜姜姜 5。

与o

「 ‐‐ い‐ ――― ●

103 6.6 11.8 10]5

:・

. ・ ‐

=

=n == 3。 76 EAN 2年 “

。在固載 時向ヒ 彙際 Qta疇 向は 国ぎ _壺LLZl椰 . 。た日時向は 25嗜ハlo、

mt轟

3時向 ヽら 色疇向半 ヒはz去 1)コ Kら nハ ■h乙 ビ ・


(

惑想

。 ・・ ・

れ ・ 向へ )

? YUGISHISETSu NO KAZU

35 優置躊輌ゎけ―ト

・ ●0・・

n 0 2 4 3 8 1   3 1 1 rILFIL

多い 今 0■ ■ で 良 い 全 熱 足 夕 ない

=n " 姜姜

MFMBER KOSEI

NO KAZU 男女

5 2 8 る L 2

=族

1

3 0

6

 一

面白くない

En =

n 3 8 2 4 8   . 3 3 7 F L F L

■あ■も

60

7

%9________19‐ 39。 7

16

1

0

1

0

: lo

:

2

0

i 311

1

1 9,

0

1 13 0 : lo 0 : 22

308

・・・・・

.1

MFMBER KOSEI

YUGISHISETSU NO NAlYO 1 0 0 0 0

5

7

60

1

TOTAL i

1n.ffitttr+01 ------+--

螢 “

口体 =0■ ITOTAL

l

l

女だ′ "女 3

:i

1

姜贅姜贅善

'

姜贅姜姜■■■■■■■姜誉■ 苺暑姜贅螢姜姜■■■■■■■■■■姜 II螢 ・ 言 “ "姜

I:::.ll

姜 姜 螢 姜 姜 姜 子 │1姜 苺

'‐

姜螢姜姜

ll:│: I11‐ r」

‐ ‐ _____11‐ ‐ _____ヨ ‐ ― ‐ 9____世

姜 Ⅲ Ⅲ 姜 姜 姜 姜 姜 姜 贅 贅 姜 姜 ■ ■ 螢 姜 姜 子 姜姜 薔 姜 姜 姜 ■ 薇 姜 善 姜

"い

1 0 0

3

: ―A・ 子連れ 二菫摯・ け ―¨――――+― ――――――――――……………………… "だ

o注 喩幅 趙出

2 8 2

2

:70TAL

そ0●

0

0

o

5・

口件

0

1 1

併姜

YUGISHIsETSU NO NAIYO ・・・・・

面白い

姜I

28 ・

・・・・・

連れ

5 2

亀nィ トっ

一 一¨

全盤足 ,な い

O 0

一 i ︲ ¨ ︰¨ r︲ ︲

今 ● t■ ■■υ

一 一

      一 ヽ     い T ﹁ ” O け一 T

●い

YUG

1 1 31 0 1 3 1 :・ 38 0 : 2 0 1 与 0 1 21 い――― ‐ ゛

16

1

===‐

1 ,ワ

趣ぶ oも ぃヒ春議 ぶ 起 ヽ .時 に黒 ■1し づ'「_■ :)は いヒ駐 =ム =嘲 は ■ h直風地 o中 じ斌魅 体"ι‐ ■1卜 由 “.tts ILR創 柚 図 131 :

・撻む鼈設Q耐 ヽヒっ1に は ほヒ艇 ヽ率緩出てt椰 .

:

:


感祖

34

(Mし いlL。 4N毬句E首恣、撻L)

嗣 …

・・・

?e T01LET NO K^ZU ・・

ヽ.・

0¨‐い‐ ‐

n

10

20

‐‐o・ ‐‐‐‐―‐―‐‐●__‐

1.「 _J.]:IIIH

ir、

│:l

1:i:い

I‐11..十 1‐

まだけ

1 0 0 0

"だ け

1111.11111..r1111111:二 :,

L2田002 ・2

1

1

1 99

● ・ ・

20

30

KYUKEI SISETSu NO KAZU

・ ・・・

│・・

:TOTAL

1

16

10

女だけ

男士

・ 与0

■■ モ0●

口体

:TOT^L

=麟―――――――― ――― ―― ―――――― ― ‐ ― ___¨ ―――― ―――――― ― ゛

LII1 1.:‐ :

子連れ

r―

日体、 そo●

1 1

: 一人

_三 二三二二 +

コ女 0

MEMBFR KOSEI

En =

Лイトつ

0 1 2 2 0 3

FI I ト ー I L

全然足 少ない

n燿 0 7 掟 “   7   ・ ・ 3 7

今 0■ ■で良い

う 。 ■

F

KYUKEI SHISETSu NO KAZu ・・ 0

・・・

111・

КハZu 薔苺

2 0 0 0 2 1 ]5

一  銀研     耐 ”

男だけ

多い

■螢姜姜姜■■■■

iili :::::I:::I:::1・

LET NO

・・・・・

`

15

0

}::111[・ 13200

――一――…+… ……―――――_____― ―――――――‐…r____― ―――――――――――+… …… ……

TOTAL i

1

60

7

5.

8

1 ‐

11

1

1

1 99

oM口 ヾ机につ ては ほ4此 ぶ 去Rじa13.I lヽ

・ 休電燎 Q柾 っl戯 全鶴に│や や日 )は こ宅馘Zl13郎 、1)ョ 漱るが ・ 繁燎出に種に 毬 ヒ 議 Lじa13k●● 9tl. l、


。権襦料金 )

感縫l(銀

●●●●●

35 し 選嘔辞寺マbら ト

1130RI NO RYOu・・・・・ ・

10

20

30

40

4 6 2 1   8   2         7

FIトー﹂

一﹄い

n 3 4

´  韓   “  颯

姜螢

MEMBER KOSEI

ENNAI NO MIIIORI NO RYOU

姜善

: ―人 予違■ ・ ==摯 男だけ 女だけ 男女 自体 モo● :TOTAL ―…………―+… … …………………………………――――…………… ― ― ―――――‐―――■+_■ ___ …

1

GЛ イトつ

------+-TOTAL

・・・・

, NYUENRY0

14

o

13200:21

7

3

I

16

| .t

1

99

. YuG工 RYOKIN 00・・・

0

¨

‐ ‐

5。

3

10 ‐ ‐

o‐

20 ‐ ‐ ― ― ‐ ‐ ― ‐

31 o‐

‐ ‐ ‐ ‐ ‐

0‐

31o ‐ ● ‐ ‐

_‐

‐ ‐ ‐ ‐ ‐ 0

姜姜姜姜モ

=0 57.9

贅 姜 姜 姜 I姜 姜 贅 姜 IIIIII姜

32,

**ta* x*xx**t( tcta*ta*t(trt *|tt****ti tctata*****r**

3.9

I

姜 ■ ■ ■ ■ ■ ■ I・ 螢 I姜 ■ ■ 姜 姜 贅 贅 薔 姜 ■ ■ ■ ■ 螢 薔 姜 姜 螢 姜 贅 螢 姜 ■ ■ ■ ■ ■ 姜 贅 ■ ■ 姜

NVUENRY口 U

二 =菫

男だけ まだけ

0

1

0

0

1

1

■■

2

0

0 0

1 0

    ・

5

1 1

4 3

7

5

0

0

獄一〇0・﹁32一6 ・ ・

¨ ︱

.¨ 一 ¨ 一   一   ぃ “ 安

K

E.  302 0 72・ 2・ 6一 ﹁ 悧一 S 6 O

En =

  6   7

澪い

与 3 5 ﹄   2 F I L F I L

■●■│

n L O

髯い

1

■0●

0

0

:

││

0

0

o

0

0

'0

3 2

16

ITOTAL

団体

1

0

0

0 1ヽ

1

0

0

: Olll

: 3 1 25 o 1 23

1

1

ワワ

Dじ 膀んて ヽ,人 ゲ響知,あ ■c: ・緯 ぃ詳 っllzは ほヒにこ金曙ヽ坤駐Lzt13.モ 1ラ ′ ・ ″ヽ

.判隆たっ1には,6tllt・

=穆にに調 助

Bド

L3ヒ 島 こなπttl13 lヽ


。 ・・・ ・

SAIRAI n 2 3

機 会 が あれ は 思 わ ない

口n

=

1 2   5 与       7

是非来たい

と答えな 13kヽ C穂 l卜Lt改 能 文日 ヽ ・ ヽも と ヽ薇 5。

まn

はい

コn趣歴型Lに

=蜘

Lじ 乙


―枷

。●PO●

31

)Qイに罵金盛顕

こ目礫i■ 句け―ト

HITORIATARI N● SHIYOKINOハ Ku・・・・・

0‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐10 ‐

n L 1 4 5 6 6 1      

0 5 0 5 0 1 1 2 2 3

9 2 1 1

%・

20

●‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ● ‐ ● ‐

10=“ 2500 1500

■ 贅 併 姜 姜 ││■ ■ ■ ■ ■ 姜 螢 贅 姜 善

18。

姜 姜 姜 姜 姜 │1姜 姜

   

<Rl` R2` R3` IR曝 ≦ く R5≦ く R6` く R7S く く

5 0 5 0 5 0 0 1 1 2 2 3 L

RANК

ワン4:

100エン

30

│‐ ‐ 0‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐

略0 0

螢 姜 姜子 姜贅姜 姜 贅 姜 姜姜 姜■■姜姜 姜 ■ I・ 姜 姜 姜 姜 贅 姜 姜 姜 姜 任 姜 姜 贅 贅 "姜

6=6

7.9

7.9

善 ■ ■ ■ ■■ ■

晏贅併姜■ ■ ■

姜姜姜姜薇贅姜 "│1丼 螢 I姜 姜 姜 贅 姜 贅

■■姜姜姜■■■

6 7

・ ・

=n

YOSAN TONO Hlκ

・・・・・

Σn

=

  7 n l 7 2 L ,     7

予算よ,オ ーメー ちよ 日 じ位い .余 つ'ど ネ

^KU 0

・ o・ ・・

‐ ‐ ‐ ‐ ‐

27,3

10 ‐ ‐

20

o‐

‐ ― ф ― ‐ ‐ ‐ ― ・

30

― ― ‐ ― ‐ ― ‐ ‐ ‐ ・

40 ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ o

姜 姜 姜 ■ ■ 姜 贅 姜 姜 姜 姜 I・ 姜 姜 贅 贅 姜 姜 姜 贅 姜 姜 姜 薇 姜 姜 贅

Q電義獣■ 埋階驀,■ たlHト ド書● 。 当日熟金書払凩訓、)週飾体峰l轟ム

ト 9■ `リ

餞 錢 もt対無J3に t、関、し ま3)

.乙 フ Qバ すハ 5は ね 、 予LLzlさ こなえられ3.

'

l蛸 1)i5● ●R程 に色乳澁

c3k智 "t,


剰 鳳しにここQホ3幅

・ ●0,・

RIYOsHITAKOTo NO ARU SHIsETSu 10

,1\l+:rt' a--f,*:;dtABEts

: I

5

#J'#-*'' z^i-zrif:r'

; 0

?860

1 o

?)vF?ll"" F?f .tyh. ItJ-fi:rF *?t,tf^ 9'f?t)tqr-A rtq5FL-rf€uD'Jt\ff,, ,?$rttlr{l:r75zuf:Js'rF

;

B

I

0 0 1

20

30

l10

7.$ *xn*nn* 1.? * 6. ? ttxxx*r+ 6.3 t+***r+n .0 .0

1.?

tt

.0

.0

*,9 xxr** 1.? * .0 .0

1,2 * .0 .0 .0

0 0 n

Elh,ni-F

● ... ・

i

1.2 *

i{t:lSL 0 .0 5'-arzvgo .0 arfEnElL 1 1.3 * r\i-tE. 0 .0 tr!:uFRE# 1 1.2 * %t-9-:rr-1. 3 '3.7 **rx .\=h.lzfw I ASaq:Ee 0 ?..0? *ttxt+*t(tct(** .:i-.uFtr-19- 1A 1$ . I *tt***t(tti(l(*r*ttl(* ssw I 1.2 * f{:tolktilt

aE€FIs HyFrtru-:r:lt-Z

│ほ

+tF … tscr,{t =n =

I 0 I

1.2 * ,0 1.? * 16.0 **xrtt**r*r***ler* 17. 3 ****l(*l(fgrlf rrr;r*tr* 1.2 *

13

ltr 1

01

回答もむ自由

・ コゞ日向は ]Rl典三 こ螂

ヽ鰻贔 うぢ乙 帆

職 そ 1劇 w、 ビな魂 5べ 養 相

ボ 彙由報、恨砲電車QttR幸 ヽ 任 trい ・ 應キ燎 でま3ぅ 。 ・ こ に 籠 止されLswh巧 ■ヒ色 示し■16.

.

1議 論霧傾卦ゝ日、1鈍 、 ヤ熟

囀 _Q¬ lRキ ド ヽ lη は ゴ副 ドトズト Qい

嵩、仁

■ビッ 句マ0_3り 1‐ズ :濠 劇ヒ lvキυド。¬Erづ 実仁満_.未 凄』ヒ車・コラ6喘 可、出n幽闘 ■まこ曹甲 ▼ 車、 国武山回線 Q.韓諏由津 │口肉¨ 、 . “


39 ト

●●●●●

sHITTEIRu SHIsETSu ・・

IIIIIIIIIIII・

0 0

■■■

姜 姜 苺 姜 普 任 姜 姜 贅 併姜 贅 贅贅 贅 ■

'こ ■

' 薔贅 贅 贅贅

="贅

│・

・ つ

0 0

l::;ドrli:1が

Lラ ツド

.メ リーゴ

0 0 0 0 0

Hゝ

0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1

わ づ費 モッ詢L-4 ′ も に 可‐ ビリ●l,`、 ウス 境 わ め ヵ― N〕 コプリ… :ラ こ/」 社Dト ・ 回Lポ ート _

社 、 ′ ヽホ "雇 っ甦

,9睡

贅 姜 普 姜 姜 姜 姜 姜 ‖ 姜 姜 姜 姜 姜 姜 IIII姜

0 0 3 ・

了誕詔務ざぺDト

[ソ

‐ ¨ ‐ ‐ 。 ‐ ‐ ‐ ヨ .___._二 世

n 6

′ ヽ 書ガ 幌 ―り鷺 澪υ‐ .大 型 買津

ヽ 中む o…

ざ..

1番

I■ ■‖‖誉‖姜 姜姜姜‖姜 普善

=n・

SSW

コイυs梨 れ 陣 ビッt″ o… υ … ・」::=ズ

III姜 IIII

ウォー9_3._ト ミ=Nィ リ 自転卑■日 」L=リ トコー■9=

IIII

26

囃 “

・ =0` 言向は 曰伝oヽ 藻o、 コ囀窟に綸

型`劇劇障tGこむ こキえらに

°

も 脇 ヒ 薄 伝面に 1も じ応ゎ _υ 駄ぃで ヽお蒙、 in直 きヒむ 陣 橘 い こ し てお に 彙 こ 制 ¬ )」 爾 旧 ばユヽ蝶乱 uQ嗅 ぉ黒体 同じ恨向色示図 13=、 鋤S、 `Q鮎 =r縣 ` も い ` 国 こ はヽ栗偲協 tな 。 Ⅲ :


llL―

調lRは 駐′ ぃ o樋

♪θ ′―

涸 …

'rorrr'f,lYQ Y!TE[ ocrrr n

_

大曝 フラインリカーκ●ト 77コ ψ哄 ・

∼む o" 守 ザ 巾 ト ドう "" メ ―ゴLラ ンド │・

:〕

オクト:ゝ づ 晋 職 ビリワJ:ヽ ウス ー

:

"D"カ 螺 螺

回転 ボニト う僣 υSL =9‐ ムわヽ オブヒリ凛 璽ηヽ ′ ヽラ ι…■‐ 由 リト障 毒 ウォータージA― 卜 ミ

.

=Mリ

自軍 車■日 ごL"ト コー■9-

SSW

_1需 ■誂 oビ 政

Σn ―

=0

略0

00

20

コイ」い黎れ まヒぎり陣 ビ疵″・D二υ ・」:ド ズ ほヒわ0 住

10 ‐ ‐ ‐ ¨ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ・

0 調 0 ﹁ 0 0 0 0 0 1 0 0 0 ■ 00 0 ■00 00 0 1 ● 2 ■ 0 3 1

′ ヽ■Fυ げ 幌

0 Z・

7,

磁礎要鞣乙犠拓れd諷 t〕 ホ童劇鷺靖トヮヨ 引6喘 …κt卜・:ヤ貸=ョ呵 害ヽ あ奸5,障■1乱

∋―o91t―■ ・

4崎 黎漱Nド お

にa136


・41

遍画邑日寺呵たメリ=ト

“ ・・・

OMOSHIROKATTn SHISETu

1・

2 0 6 2 2 0 0 0 2

鷺 ジ ∼ 中む怜 トアば′ ドラlヽ ット "υ メリーお ツド

1 0 1 0 2 0 0 1

1 0

′ も に ―l‐ ビリリ,Iヽ 颯 クラDめ カー カ … ^J:コ スね雄」 Dト

0 1 0 0 1

・ 澪トキ ‐‐

t、 :

..tt.I“

00 00 30

2.ll 姜姜 1。

2

■0

1.2

00 2,与

i,0

姜姜

:

。0

1.2■ 1。 2 ■

・ ‐

00

'

,0

.

。0

30

0,5 2。 4

・ ・ ■■■姜■■││■ 贅 螢││

00

.0

.

与 ■■ ・ 。0

2。

00

1=2贅 ・

。0

00 1。

:

2■

02

*R&bbcr

卜は 絣

6雌 ヽ

IIIIIIIIIIIIIIIIIII:IIII二

:[│サ

30

2 0 0 2

" LF+rodn3€crd

贅姜

2,与

●0

0 0 7

コイυぃ梨れ まヒこつ陣 出り ・J:l=ズ つRD‐」 ほt●● 住椰 翻 む

姜 ‖ 普 善 i誉 贅 姜 I.鮨 誉 贅 螢 饉 姜 姜

15。 9

0 0

SSW

10 ■0 .30 1oo ‐‐‐‐‐‐0___‐ ‐‐‐0‐ 0___‐ ‐‐‐‐ ●_¨ _'P‐ こ‐‐● ・ ァ

%・

回k轟=・ト ライオυSL ゲLム セッ9雄 駆 ミ バズ」口巨 Eナ 〕 ット涵議菫J島 揚 ―タージュート ミ=M」 自ほ単■日 ごL"トコニユ9-

En =

0¨‐‐

n 3 ・

′ イ ヽ 特υゲ ウ生―ブしていにヵりL 大圏 フラィンリヵ―ぺDト カ 」:ヽウ入

・・・ 。.

{,{t=.,rrtabora-d6.

l畔 Mも

kは ぃol■ ヽ 一

樹豪_


,・ 1・ ・

YOTEISHITE

油 静

:召

下■ l ソ :

覗Pρ

メ::=ゴトラツド カ Htた ダ 叫 ∼L―r‐ ′ も ピリリ,:、 ウス わカー ■

"=洵

うrt」 SL 憮

1 0

0 0 o

0

1 o 0

.0 .0

.

lT.

0 lt***

.0

.0' .0

. i0

.0 .0 .0 .0 .0

'll .0 **r*

*r*rtlffrr*r*Iffr***rrr*

,0 .0 .0 .0 .0 .0

l+.

-'

I

0 *r**

5 2

8.0 *r**rrrr

$.0 ***r

En

rr.rrr

,0 .0

.0 .0 :_ 2$. 0 0 ,0 0 .0

諄 割 Lul義 : ほ 0 全榛 … ・ o・ 姉

鯖爾bけ■ト

.0

:

… 号軍 賢ヨ雪:卜 ミ =ど =Mり 自 玉口 」 ヒリい -29ψ=車 ・‐ SW コイ」Q曲

NoRENATATTA SHISETSIJ

0---------. l0 .. Z0_-_--____g0' r+0 ---------. . _-__-_-__ . l+8. 0 tr**rrx*r*r|(*rrt'r*rr***r*n****r**rtrf****rn**rr* l+. 0 *rr*

:0

0

L襦

.Aa

.1:

大曝

匡 1マ1■ 1日後 も 、

.ゴ E・pト コ→輌 _体 あげ51踵 Jl私は

義ェ蛯鷹口熊蜘鵡ぼL募轟にた卦轟彙菱董抗3.

.臨 α終配電車は 特ち徊 ぃ幅k乗 30嵯 :●に郷 ヒは ヽヽしぃ反魏う ち│ : 面白鮮 珈臨魔4ホ警醤題中ヽz件 に4蛋拷4椰 颯は

マ ヽ 哺Bヒ考え〕に3.

=劇日


tn&,ezrrcsr

rurt-F }tnl

r--豫lR¨ お 概

iilil

- -T

もい

-r--

HЙ │ミ =。

う llЧ件 け 」 ,

1島由

・・

│・ :

た曙 鉾

プシ負

i

卜Nbト

"着

き避封陣

1治 」 げ

IIRい哉 颯 轟 も 施盪

:

│つ 弓 唯ジ十いがしト

lⅥキJギ

ClrnqJ-:r:lrl-zli ] :

: :

¨

つラ

じト

lヽ

各ゴ

ト 弓 Fllン 」 :

:

ヽキ月■悦覇ト

日 ・ う 〕 Jド ¬ │=フ

・ ‐ ■丼 L_ヽ ___―

―― ‐ ―

_____…

…… ユ

_::│

:ま 絶画 :__: : : ――………………上_____― ―J


面 樋 :日 地 l」 職て お 証

0や饉■積鮨に自動

o

o蓮れ詢 ・准し蜘 し自競

為主在されぃし 積 へ 3

0 1

鮮 顔除●3tt、 催し駒 Q相 向、識 3 1_ おり%ボ き3 1 "き ホ造→瞑l乱 Qい ぃ調れヽ ほLt、 ・ ふ Mc帽 論電Qほ ばしぃもc、 ふらきさ 聾3 :卜 なヽ 3つ 桑幅 も哺 ほしtヽ : mに 営にビ訃 ほしtヽ 」1_9._卜 ゃ寺ユ台1ヽ ウト

"aぎ 転 ぶ むなぃ 様 ヽ高tヽ 食堂べ ほぃ、 食 NttN、 ふぃKは ぃ 金ぺ式 ハぷ ミι 、 Lし 由さ3し o 。固由Qヽ き 「

圏内にム3寄 Qま ちふぅ島 論 軸 ヽ 口 )は 1、 : 反皿ぶ 0ほ lヽ ・ ド斗 ヽ ほしtヽ 屋軸 ふ3縫 雨 亡らく おぃ島曲鵡ましぃ 凰ねQ4t3Tヽ ほし1ヽ チヾ診ヽ はじl、 芝生、 ほし1、 1 ・ 水 蝕島 ヽほu、 │七 ■が多cれ ,卜 し確 撻 代体 ilQ■ 、 ↓くαし帖 罫 "l、

ほu、

Oλ現踊卜織

F瀾お もQ

講紳暉Ⅳ瞳漁日、ヽぃ た燎 Q¨ 蓼毎("Hれ ヽ赫 醐泳表 ぃlllt、 st料 金色三叫6

o4uEktLr\itr&.

etut.f-z$:'-tt-F

srlzftl=$rHLt;,,-7'

a6dnftcrJtuh.f-79-o-lv

ι 、 ・ :


L卿 ヽ 孤 往 マ ッフ。

“賞誨 増

^R

=.

S S  颯

HR

薇 t 卜●鶴 菫

■ ●a cH〓


■-3-2メ 1

´ 46

(昭 和 57年 3月 :日 現 在 )

A田 料〕

C・

おとな 〔 中 学 生 以 上〕

普 通 料 金

1000H

こ ど も (4才 ―小学生迄

600円

一 般 団 体料 金 (25名 ロ ト〕

お と な (中 学 生 以 上 こ ど も (4才 ― 小 学 生 迄 〕

生 徒・ 口 児 団 体 料 金

4ヽ

700R 500R 400R 300R 220R

(25名 │卜 ) L・

国 児 付 添 人 500円 《 鶯 D生 徒・田児口停]:事 の発生03.生 徒・口児253に 対して:名 の■で無料です. ●公認登 録旅行業義0団 体取彙 いの際 は、事務所 までお申 し出 ください. 〔SSW入 場 料 金 〕

普 通 料 金

お とな 〔中 学 生 以 上 ) こ ど も (1才 ―小学 生迄

300R

マ 般 団 体囀 金 13・ 〕 (254三 卜

お とな (中 学 生 以 上 こ ど も (1才 ∼小 学生 迄 )

200円

350R

Jヽ

生 児

:80円 :50円

350円

生 徒・ 口 児 団 体 料 金 251=:│コ 3.) 〔

500Fヨ

400H

(;i)!lfr -nlDEflllrT4rjEihtt. ltta.In25E t:tt Lt t onr*H?f. (grfEE0#+t:l l*F) (zsrng-r,l I

お と な

500円

こ ど も

220R

7種 類 乗 り物券

現 子 で

23600円

SSW入

お と な

350R

こ ど も

:50円

館 券

3.820nt

l,000R

[:o6a.:,6.{elyt#)

: 16 z,(xnFl

iE&SJF

t,

tg+AE#}

(Yvlz>->*tS*l t.500Fl

.^.Et++7tCnA. ''ttJ rscilsdfi*ila't 遊戯物料金〕 〔

7

+sstu

lGlrt

(

r

<

rtrlttrB sftE |: rr|r r r,L

7(>/rr-<zt. 2 z-azi+rt-.,

バ イ キ ン グ 300円 大 観 覧 事 300円 ウ ェー プ ス ウ ィンガ ニ 300円 フ ライ ン グカー ペ ッ ト 300円 ウ ォ ー タ ‐ シ ュ ー ト 300R フ ア ン ハ ウ ′ス 200円 ‐ 200円 パ ラ ト ル ー ′■ ‐ ・ 卜 ラ ′ヾ ン ド 200円 ラ ウ ン ド ア ッ プ 2∞ 円 ク ラ シ ッ ク カ ー 200円 ミ ニ ト レ イ ン 200円 ポ ー 回 転 ト. 200円 ロ ケ ッ ト 展 望 塔 200円 オ ク ス 2m円 ト パ

t4

)

+>r'o,Hfrn, :

ス カ イ ジ ェ ッ ト 200円 ビ ッ ク リ ハ ウ ス 200円 お 化 け 屋 致 200円 ラ イ ォ ン S L 200円 宇 宙 船 200円 バ ズ … 力 砲 :00円 メ リ ー ゴ ー ラ ン ド 100円 ヘ リ コ プ タ ー :oo円 ダ イ ヤ モ ン ドル ー ム :00円 。 ス ペ ー ス エ イ ジ loo円 金 魚 釣 (30分 )300円 自 転 車 天 口 i:oO円 フ ア フ ア ネ ッ シ … :00円

●遊戯物 回 数券 :冊 (:00円 券 綴 )lpm円 ′│● (:00円 券24片 組 )20000円 "片引 券 遊戯 物 団体鴨 :00冊 以上 (loo円 券 :2片 組 ):母 800円 ′ (100円 券24片 組):冊 600円 :・


哺間ずしう人D■ 入晩%久

中真λロ

〆 f´

」― ■1‐

F7

:

□覇剛

中颯λロ

1"向 」ヒ Qλ 二 蝙た粒

ハロ

耐 曰R油


k じつ含」 o■回地ヽ鯛

固名数 中来 λロ

ふヒざλロ

口熙 ロ

Qtざ

211

23q

liq

b―

303

618

421

1 4ql

t i46

1133

:3820

1 722

1720

1 762

52o4.

2 i37

2 04q

2222

6408_

-15

2 421

2522

2502

7445

15-16

2 617

273q

26o5

6 011

16二

2 63q

2 q20

2 6ぢ q

9 213

::

::一 :2

12

二 i3

:3■ ・ 略

14・

17

61q 1 8421

率稀楡 ヽ233名 籠 N馘ヨ8451亀 ‐

91駐 童台 ■■

町■:駐 車島 つ一

3 合計

ス ・

自彙R老

14q台 415°

581 l145

3

10


Lrだ 吻4メ 1用 メ 、 』 フ t

陽 車

′乗 車

餞武Щ蹂

1605

1553

3 163

2510

2q67

54″

4115

4525

8640

… 計

Q甲 、 R蝶

・ 趣輌

な虚 車 ・

フライ⊃可¬―Nυ ト tヽ

イキυげ

5o4 4036 3m0

3545 34q2

匈=■ ズ oti― 力 つ、 哺 ス ミ ‐ ‐M」

l i

l l.

2q13 27鶉 244 22蜆 2231

l l l I l

2115 2o63

i

1 QQ7 1 453 1 418

l l l l [ :

ヽ油 ニー ° ス Nう 0イ う

1 336

l l l l

` は■ ヽ

・23フ

ト モ 沐 けム ヽ′ 「1ラ リ∋りrlれ 一 トラtヽ ント ォ句卜1や 人 瘤t二」Lラ ンド ・ うヽルトマЪフ ヽ や lL―NL '卜 コロ¬ ― へヽ ヽ

キヽヽ

全掛

Q97

44邸 o

: J l : l l I


V

‖調査工

(イ

メープマッ 罰査) 7・

p


lV-1 ‖宅 η在日

51

''

′ 薇駒 魚/t4,可 、 罠渤 負

調 査t

tt lJつ

てし。

`9可

‐ ・/メ ´ グ 《ッフ′■ マ 1]負 彎 し η査 七4可 い, スのう

1

■ 4壻 如駐 ドつ い■ん 乃 つ。

・I颯 1峙

lal lマ

後 1哺

ralギ

■、ィ 歩│カ ト虚 いが■ "つ ・ハロBI

Kス

=卜

1ヽ

しla肉 ォ雄埼rna t違′ ん `tノヒ軟■つ。 げり切

でtt場 あ : 直日襲br封 うつ七 憲 裁

`げ ゲ tた ザ:タ ル 1¬ 切 スづ⊃。 ク 。ネ颯63民 発 し,来 凰水秀 '4■ 募歌/1′ イメ´プマッフ ハの 1市 ザl多 うづ比軟イウ。 ・盗衆イaaィ 生し: スリマ爾tiイ 生■ ・=イ メ´ブ又 `じつ↑ん霰 v7・ 4う ι 人 41カ ザ血う切 1つ 。 ・L41V K l血 園地tル ネ人間 (肌 %斗 r柔 っ本人ral

)114う

1¬ い人間ツκ枚1つ 。

〕つ人間し: ルlt'7い 人間のイ ・I″ 1北 鵬tん ■ι =マ '4うιハ41カ ぅ ιいtiう 。 メンフ フ ・衡 4大 やでt癸 ん■1/メ ープマリアの協ハ41カ tソ

七ん⊃。 l↑ けし, 多タザ後1"貿′ ・ιヽ tん 牧 t, ハ │■ 歩行効Иヽ `t調 べつ。 し4淫 λ.訛 賛 l■ いうり


象卜確っ十た薇 嗜莉 ↑ ?っ フトマr719■ 純ス 哺 ‐ /1↑ ?し いつてしti外 人 に直・ 乳β 31ヽ 多 熟│:萄 ザf鷲5

`印

)⊃ 人で11■ ヽ

J`

t孔 ⊃.

・イ ヌ ー プマ ッフ ・t,段 討 資料 し 1■ 夜 だ 十七 ⊃喘 六

t%乃 t.


1均 ‐ ワ

:ク

員7「 日 ヽ口)

i:

4″ 哺γ//峙 ″分 (爾 ィ

: :“

′ガ 2靖 :ν ′囀′

t鶴

)

)

ス腋 ケ術 のイ リカ ・′つもつハロワ 1ド iル 人グ フ根 リタリ :2ス プつっ べ,ア ー ■膏 ,■ _. │ベ │ス

ブ:●・ ホ園移晨渚 ´1水 風永移歌%t組 1代 ■

,

1 lt糸 凰多腋渚 卜13414ズ のIし いず け 珊 っ

火 図:■ 承 11_水 移腋だ o歩 いt常 硼ヽ 文が ,■ _ラ ↑ ド 埼化 ]卜

ハ ltソ

1ン

プ4っ ィ γt"い切っ1崎 啜1乞

れパ││う ,ぅ 。 。■う↑ rあ f久 スタ 「 iめ 、 旅ケ否 ■ り,ネ ロ本ι豚、 、 1千 榊躙 n調 多歩 、 t爾 パラ」しいつてレち、ん スk ,

私 ■1も つ41゛ 、ペアt爆 鶯降、■日β膜%11永 爵毒 彙ガ ト,運Lv r嗜 ¶ぅメ じヨちん七TJい しt'つ てし lり ≒ り ド激Z^多 タルrJぃ しヽ ふ芍 4ウ し■ `4_照 ゛ 1組 ん■ ラ うっlt:_

_し 1、

1

。メロネ舒腋ガ の唯´o今 ずグ し14・ ハ場 DK リ づ 卜.止 口讚 レ タ │ザ ハ場/ド 歿1、

taん のパフフレ、 /


54・

卜t盆

lt,て

h哺 .η 崎■4末 風渚 トケ乃D路 薇

〕り てし■ ・■つ。 ι しlス 芍tat卜 1っ し、 ・歩行 1,汗 1,I後 iロ グつ術 ■っ千 ず、ハロワ 14 7:レ

て104κ じ 略ヽス_の

111": べ 7rり t交 ル1.

てね嗜、 町伯 し汗歿 4ベ マが`η ドカ″F4、 ´ス 4フ ホ場所 卜│.う り額 が でぃし t)つ てしず fJ

l)よ

うドし巧χんが う■■ つ。

■象%

`マ ・篠縦ガ 嗜 /メ てク ・ち多ハ 11ラ レっlι 罠 ッフ ,

t4つ

a Tl l iυ

ttn晨 ぃ:雄 移 者4角 裂t歿 わ11. し

考1'イ 崎 ふn得薇4浦 黙

子ふ日多歌拓 挙 ‐ 来口永膨晨渚 釘

OI′

2ノ ん

イ 1■10:0,1つ tカ ラわ1.

ん腋 1:i 哄哺111口 ず砂水口 1■ て│し 着21ボ 薗‐ 仏 ,人 間tl lり 升 rJ 1 1.

a


/1メ ー ブ1マ ッ フ。のう し入

・イメノプマリ7喘

聾 │く

り t,■

T(1哺 囁,汗 狡 1時

rnn子

、コ

1卜 拗ん ヽホ後=ィ メープてッチt記 入 1■ うちフ ‐ 1

ホ。 ・哺、孝備 卜1リ ラtて ↑っホσ `イ メイプマッフ 1っ t tiド ・ πλ4蒸 哺:η ⊃べくヽ )、 記入 11ウ ラ、

北 人し角薇 │■ 若くしぃつてしザiう ぃF行 lt. 。 記 入歯間 1,ォ スがそ│■ ぃぃし納萄1つ 11゛ .τし ハ 111)っ ネ.

入場賃哺,ィ 輛イ哺i道 _図 北 4外 卜喘■を粥面の 上のンストラブ、ィイ 往哺i ttaり こ肉Kも つレストっ プで看旬い:■ 人1動 除哺1■ うべ (ι 凰えt見 可

``ι

ヽ■ 人1■ ううη摯 し `ι ´ πλR細 費、キ11ら 4,T狡 綺ハイでπ人 │て も ,

♭っ │。

・午後 哺、イメープてヽ 'tれ 人 │く 彰ラっ1る ド、 り■ ヽ 4ラ 20気 争おのかいな歩有奮銘tt aぃ ゃ ィ司 員 し口 うOt鴫 い■、記入 │■ 1ラ フ女。 l゛

・汗前1、 力人口のぺ7oり っ 寺有嗜焼軋砕 k乗 せ 「 ・.イ メープく、 争 lい )う 4イ14う し■ ソフ'ド π入 │


%

■もラった。 ・ヤ後 唸=44よ りl tデ lη l l↑

)、

rl灼 禾■lt

η゛│、

ドセ負

`物 O,っ イメープマップt記 入.lπ

.

t/・

・/メ ′プマッフ '4奪ιハ41カ 哺、人4V原 香卜従 っt′ 1,ハ

ロ七 λ 11も

,り

.

“ 12:rlt14血 日化 4彩 七記 入1マ

る)り 。

『′化のここ:ま ででt記 入 1■ もうり。

t11411ネ 籠象tイ 入111:う の歩ヽ lt颯 脈t記 入1:│`力 .

4目 111■

iラ

う :

_│

'お

払ずつい■てしιス人 1で う)つ 。│ `:44夜 ・I復 :イ ト ブ■ッ ゛ t′ 質ド 1入 lマ ラ)っ 千し _つ

“。 シFマ fク く ‐ で.″ スト戒,1ネ たた七2り │:‖

:乃

:ヮ

薇養羹tグ う=:発纂│:liづ :;:「 ■.::・

1111・

││

::,I

.く の花 1: _柔 准

`ド

つ ぃ■│

:

)ラ ね可ずっ ●: キ輛 哺1_1ヽ _ゃ it苺 で11り tliFt:Lっ ●、

_

t:

: _│

` 4 tlで でマ(■ りl 汗後lι ″

nq孝 ti曖 田

の鍋。一警風及4Wい た設 夕 つ いホ

.

が仏111イ


イ後 の ■ 嵐 2:メ ′

2t″

'=′ ο

′=0′

◎ 0‐ ◎ 0◎ ◎ 00◎ :0

__

勃い¶111:卜 索物‐

_

.│ラ フ 。メリ _「 う ト sSW・ ゲ

干1:1今 ん寸

`根

_:__三 ムセ7夕 _:フ ァフ さ .″ 入 `ダ イ│々 __■ _フ ド 「 ‐1 1ン ノム・ ビック ノ │ウ ス ` :,ス れ 覧J吐 │ ││ :′

│サ

・ ラド・5s"・ ゲ リーロ =フ ームセツター:フ 7/ハ ワ│ス :デ イヤ多フド ‐ ・ ヽ ム ′ ィ │ _lレ で,9り ⅢIス │ス 功 だ%4,「 /プ │ η ラィラグJ「 々し:だ ::Ⅲ l.11“ ズ″―

7を■ 令北寸た襲:メ

_ /5Llつ ≠〕

■ライオ __ l

tll

_

/ド 7ッ 弓‐

_│

チ4

1 : 守│ぢ 爵 角 バ ラ ト,レ :rバ 「 :・

│‐ _

_

7:

=。

_:_

_ (1 _11全 :1■ 7.7て 。回

_

:T・ ヵク 転ポ │17:― ス 1,IT::│ブ ク パ ミ

1

:ィ

,

x4 /・

千トレイ

1ヽ

:ス

ナf

│__

バイ17‐ 71_■ 111笹

4‐

崎111夕

1卜

術 .

つ 一

Йリ

だ 一 一 五 透

 “ 一

+ 一 一チ .

"■

ず 一

■ザ

:ト

一 一

11イ :│

1ラ


化図t τ ι入 11`巧

ク リ

TJ t,

フ 閉剛 フゲ ´

Lぁ

げ lλ ル ル ♭ 遡火

スん

♭ リ

質 →

2り 7∼ /:カ ノ

颯仰 ド 入 1 ″

π﹁   タ

,1場 所 及ゲ崎啜1

401 ″ 後 印 u″ 奸 民 ■4

1117今 rTし

58


′トィu■ う 01:■ ド1 イメ ープマップ の腋鶴 t行 オ 1つ 。


60

イ魚 │

.T輛

│ノ

イ後410肉 ヶ行峙門4グ いよう.ィ

《ッ7・ 4灸 化哺可 (.汗 鷺孔人 │千 他薇 itマ 役 っt♯C薇 ザ:補 汗中 ムんぅれ■いつ形♂ ξずム⊃ .


61

Q5 o ハ ⅣC O コ 静

1= "

鴨寺芽ヽこ■)

キ級 4イ じし■定欠イn4″ 生4ィ メ″プス フ:t Sリ

た│■ lη l.″ │:'11筵 衆イ瀦14イ 40■ ザ

4つ

F″ ●.│.│

焔祇 ^ろ


62

コ 棒

F

喘キ 芽ヽし■)

"

亀千r^鮨 憂ヽ

4

ιu略 、 ,

ヽ︱ツ/

んり11` っ■。

よ猪 ιλ4 1カ

0で のιい

M4大


Gう

9

ホ魯緻%

ルチ `芽 ")

推凰維副 %し ,外 β懃 渚 しで1、 沐口秀 鷲 発議 に4多 い人 魚 嘲ピ.π ハイ│が ″ tl.4af、 メa多 摯ノ (司 査員 )ザ t丘 ti l` すn4地 口t拗 ,1、 '1の でlκ 豚

額 ↑可い場ア イ砂:場 ヽ■1く ね 1(π 入 11019

lヽ


鉾 1"夕 │つ り 争ヒ

つ訳働D

… ‐ ○ 嘉 み苓 (茅

")

Zl lザ ハ図口1l К孔入tkイ メ″プマッ7tん 爾

l

徊 人た責ざ⊃ιい水外1,■ レル″│こ ,ん ″ し ヽ lク 傾 向 ■14″ `■いて嗜ス ぐ (π ハ lt)⊃ しι │

が外ラね女_9

`卜


” 薔

多い1` 1し :角 が4記 入 l千 ケ痢珈 猾t=た 掌 ││ iハ :灸 ,■ 諺 に驚ノ η⊃し:η n゛ ″ ハ │■ t'1″ ιザ ・いつてヤ、■ 1リ ■:可 い7ι 〕‐ ‖ ル■ Fl哺 11つ タ “ i゛


`フ宋 ゲい│゛ ″が,1ザ 、移離ゲ議ホ11,1乗 り期■ ,■ │ 1勒 へ4″ 働吸ル11"ぽ ■雄 ドπハ●ね贅、 うん,ぃ 索;1■ 栞ラiTJ tl J` 卜 『 ⊃、イメープて ]7σ の五〇11る 人弟卜よつ子4以 ′ 卜哺、鶴 め)ね

0腕

す │` I・

4

1(

0,埼 ・印旅 К貧,千 た■ 1111凰 i卜 た成 ■ K?像 か :

ら ホ象吻 ■111・ イメriブ アッフ ・卜・ よく ゝ `負 “ 41ホ ││十 ,111,つ ′ドセ■ ,簿 ,1移 4り ifn :ザ ` ,■ 釣いまで■昴多車:ヒ :π ■■│ヤ フス ″う

1:


﹁︱ ´り

ktは 問廼

δθ ︵ く F

” 赫

鴨1芽 ヽしo)

trr.c{*o-

f(乳

゛:イ メー プマッ ぅ人間 し14来 イ14人 門■ プ

tπ 人でくt嬌 んt 41t叱 月負くつ し,オ 級 4人 ゲ 4`

11サ

゛ いゎ っ。輌しハ拗躍哺 ・■ lhつ てし■ ヽ4゛ っ哺 リ 乳 1ヽ

`

1し lし LК :く れずし 別 K秩 た 1ホ わ1■・4丁 I(・ イ檬


68

β01■ :`tλ 4 10■・1輛 卜菌ral`,171約 ドよ っ1 lη わ嗜■ '4驚 u。 て,い 嗜, 4争 f疑 ‐ λT l IJい しヽ IN “ ラ、表■■■

スリ

1‐

l tl l`

懲 1て いつ吏宋澪貧4イ 多 `Ot■ ・1う 。lヵ ヽ│:丈 宋孝a4孝 と のた■ 1`

4イ でも:釆 のり欠 でげドl,1=ザ

TJり

.

くップ の

質 λ41カ ド多ザ■ つ4モ タス■ '■ つ″徒 ,■ 、´ ゜ ピ4鷲 風1「 埼ドイ メ´プマッフ 役 の人 し者 ぃ TSt・

1つ o↑ 質わ │い ■、

│・

1■

=化 ,1ヽ )つ てしち、

/メ ´プくッη:ド ・ 膠4`A晨 ん十そう│● :ラ 乳nが lo lし て,■ 喘つ? │ネ ザ 本 でヽ

l・

:瞑

イメィプ リア

し嗜いんゼラl喘 う稚た,そ うラザ狗 t観 べ⊃ず k ゛ き,■ 、π λ4床 К赤イ t瑞 オつてしザ 巧■ 哺碗 燻:レ :ル が・fll罵 i十 化薇:^彰 離問多司べ“ ようし■ 1

t攻 ん 4輸 辞縮 し=た 多:ち う■)ド :め π 人 ¬う哺

l

■■ 11.41К ・イ た人ll l` 1呵 │千 籠段 41れ ι多考 い 1、

.ス

株4化 現し ピ4れ 4供 力■ 11ヽ あ↑t爾 1′

べつ,14η lll‐

1ク

rよ っ■、ィメープマッフ ッ

1づ ううの4質 ηら ■ ´れι´ しヽ 1可

lて

IJつ 41゛

│け

哺宙llだ うり↑ ο

:ラ

tl

4ザ 11● 影


。い )4` :っ

ハ │11カ 路 諷レ1夕 身■r孔 ハ │■ 1ラ 11り ヽ ドイ t)■ 1.ピ て11″ tラス義 i珈 面、 図“ おぅ夕

`zι・ Ll鳳 卜■11Bり 。てヽ ザl鶴 側 :づ nt資 料 しl:11 ` %π lヽ コ卜より│、 44秋 携│あ 彦た“ oll整し ,│く う ′ :l施 千,ル 嗜 裁 n ll l岬 民 らに哺 予ですtジじル1場 ノ │′

,

り の彦 tデ 1凩 llつ `で略TJ(3唄 iデ ち ,■

│)ホ

」 、 lol゛ 力玲 ラ:ス ルイド鑑た.:│:イ 家11、 _11:。 キ 日ド令1つ 爾 生ず哺:f役 4ス 閻41か η リ 「 員ガ ιハli令 :11 贅締К打う■い 推卜τ .ブ 4ブ ↑7,ヵ Jヽ

っtp

θくう11考 ル⊃レ1 人に、イメ_― プマッフ 'ス グ 功‐ コ :

lt ttハ 1lψ >う あ汚 k哺 _i爾 在ド協力│■ う3

り人の議類ャtィ メ│プ マップ多れハ 11ラ もう沢 :嗜 勧嫁 t記 イう │′ 琳4も ちヽ 団 ハ 1漁 4界 4t海 一 │

Jオ

れザ,凧 t■ でTJ llラ

ルlF tl⊃

:

4ド

■つた″誰ti 13

69


TV-4 1

10

箱た

1,年

前 ヤo二

│'■

` 団 す

ユぃが 111人 4ィ メ プ マ ッフ。 「 り,こ り↑ 寸う ねt人 間 4イ メー プマッ 7 2′

イ :I後 のι u↑ 嗜 興

工ιいか 1■ ス闘 4イ メ ′ブ:マ ッ プ (喘 負 ザ1ノ ′ ιtlず ヽな lι 、

1+人

_の

樹 閾、 図 :`ッ

lす

ち卜F人 のイメ ′ ブ

ノ1に ,人 のイ メて グて ッ70(イ 夜 ).ι い↑ 1)ホ

1_/皐 0人

t人 :4幸 「 鰊図

プ :

)

_:

のイメ′プく0ラ t tiキ 前)

│ │

1ヽ


前 ヤ4ユ

Uや ` 1図

η静 │

ヽ山 1象 渚い ι絡%い 'オ 野 `ι 闊ヽ 崎

Л■

1`汗


2。

彦 ψ・ 昨十六 のイ メ ン グ■ プ 「

92

1ッ

喜 Ю 〕

_ 、

都・ 洵

キ鷺

` しヽ 宅 _%ド ガ貯 (ι面 )ん

)

呻 嶋や 芽覧ti6)


∂′い )1` 1ラ l11人 4イ メ ー プ て リア

Gハ 1■ ・

日■ o撃 ロ

千油

記ハ%│:L:崎 (IE口 1鶴 :象 %)

15


74

役 ぅ こ 1,力 `1図 lキ

覆 瞥 覆題計〓

ι孫る一オ猾。み麻対ネZ― 山本

︲く

岬麒 颯 H 堅

よ o ︵せ一 d“ “ 薇 費 歯 層

0 い い仏 一 ョ 曹 卜 凛 = ロ

0  響 ﹁

7徒


)り ` 冗二、 1+人 のイメ ′ グく り つ。

亀やr_G憂 ヽ

汗復 記 入渚 一 茅野 (丘 絡渚 )


` 丘 ぃつ り十 人 41)外 邑

16

し入%一 イ野(ι 琳%, う

Cや“いE一‘″2^ い

釜コ . 棗μ ¥

打後

諄 繊 ︺ ﹃ ︺ ¨ ︸ こ c ︲ や ●

`′


十六 (一 我 0人 )の ィ

    .

1ヽ

1■ `1う 4ι ヽ

-r'anl j,

ヽ ど

―ゞうレド `■

it7lrr\'rz ,p― 卜│

ワ ′ 済右 (茅 l`lri

1●

IIIttC_■lI

二 III急滋量虚 l 喜閾ヽ1像 る l

l

l

│ │ │

l

l

:

)

")

1'l


1,ホ t人 4勒 外 颯

イ後

゛山ル (彦 路司孝%) ィ人ん゛

︵ ぃ 一 ︺ い 一 ¨ 爾 一 “ 一

ヽ い 》 `丘

78


9,-49.q Aq

4/

?'1ot

1o 二

11狩

111 「 :1 ‐

fll l‐

_

1ス 記 入 ヽ″す (ヱ 応■ 象%J 1・


V

鶴 笙■

(■ 外鶴 ■

)


V-1 .I τ aaa旬

81

・乏颯ヽ ■在七4■ いta向 ドな りつ。肌 嬌4不 動勅爾、 `の力六1(き ,1彙 lt額 t ttL表 ヽくつ力 ヽ 七、‐ 11 で 夕 竹 `ラ 篠η ■ぃつし籍われつ巧租t猟 ■ っβ泉や 氣 つくしt.1レ 1つ 。 'し


v-2

82

‖罰 食向る 多崎 〉員73

θ64の う■).(4哺 θ ′∼/升 ′ ノ :′

4さ

いぅ感鶴)

贅旅% ′, ‘

網aた 瑠0/ル ′す⊃/力

(イ

夫後ユη月 )

力入94零 a寃 スχZt,に Kふ イ

切 a葡 仏 んλ舟でし卜.鶴 査ス 1ん 卜つで 1/4の 外現Zt_ ・移嬌、│.4っ 1′ μ つプダムK可 ガ ° 1ア

4/ I御

週開、 ta入 1⊃

.

7・

al■

衝at目 た K手 ぅ │ネ れ務ti杉 毛 K丘 代 lt, ぃ、ヵ 入n″ ヽラ不負 │十 ・贅象%の 形 質tふ う。


86

・■象%KI スス ↑ホ可いさリドくつてしt

i mallし

1 l tlつ σ

。イ勧 昨¶上卜.3う ル1っ l茄 ア 脇 薇痢拠t組 ぃ ″ 鴫 │1場 ア It記 入 1¬ 1カ

.

・行動 ヽ 颯レイ` 多うレ1,F峙 71:み ″れ役イ1瑶 , `晰 ´ 崎列i v゛ ブ姦働躊ユ 1哺 `嘉 1461寃 R凱 卜fι ハうラ .

・黎n崎 テ │。 政a哺 ■ t“ ハ荀つ。 '多 休1雅

%4,短 ッ│,漁 μtイ 多λlつ 。

r市 ↑ ′ ′ い ,in13 1`/′ ク■ ぅ卸 りFう ⊃ (場こ漁縛 `ラ4協 m■ ゛ メ ノ タつ むうり 1)。 ・鶴夕負略 144縦 つでしド′次 のユ籐鶴寃t術 マう iノ

:′

`

.

:ZM多

環細みが:π λ冽 七.く 4ベ ープFふ

`.


圏η ミ 蜃 歯聖 置粁謝

薇 歯卜颯 “ S

ヾ菫 瞑 = S

a S ヽ d“ や “ 凛 歯 増

  等4 ・

ヽ暴 一 藝 詳 一 〓 ヾ ・

くざ

´ 一N I・

R

│‖

N

84‐

2鋼 ヽ 調主

曖・.   誇 ¨剌 ,


rフ OO

五外鶴 な n嵐 烏 (編 ゅ1

0状

4ち ■

!マ

2'

〕′

島う

J2

↓) ・ 卜う′rン トlt■ ヽ (2人 ′

い い ス ‖ 午 ち ・ ・ 出う

2′

.

こ脇 か

ii l/. rl ri 23

_Al1 92■ 左 ■■ユ _E

″ 〃

)

?'r:

ysvl>n.]'[.

22

31レ ィ ヽ ン■ 卜T・ r人 ミ Й 卜ヽ 'ウ1:1′ l.∵ ●軋 :し

'・

クグ ′

0つ β

23

)′

,"Fォ 3bィノ ヾ 現rJ_1 つ ′ ′

/rィ tン

タノ

.・

マル

カブ′

,,2 1 ′ r3

スに)) ちう 'P'ノ “ :ウ

側切切レ型 り 略り

ノ19

Tス 1,「 ′

トで`・ ・1,

` ウ ス (3 セ タ 111:・ .・

'ソ

1__」 _____t2___

'l',ll1.:.]"trt^r.

l lltt"t)

' .'

l).

at

t")

・2

ゴ■ ヴ ほつ

'Pio_ 〕 'こ ι→ こ

リザ‐ち―F“ 多バ ‐ ネゝ f_→ ハ 千

バ ′2 ′

_

f1(

鶴う

77Zハ

2′

′つ今

ι■

:

過 ・

!、

│″

____」り二

口奎終了時郷

4 一 ′り う ・

″' ノ/

Jptル

η,0に 多)・ ザつ : マ .r′ ′ クラヮン F)

調査開始 時カ

Iフ

'`

ト Ъ つ り:で p

′ヽ ∫“ ″:

'多

牛 パ ″

:ノ

P

時 間

:場 がデ 融贅

′9


調査んス


L嫁 セ伐 rな

V-3-│

1/f賓 フ7i: ヽ ′ 代肺ち穿

/1Jフ

′ 、 `オ Л 考じ ′

以上 (ィ ,ルF薔 ′ ホザじ ′ 〃 (′ 才 /千 り 1オ 4ィ

ヽノ

73網 ズ´1胞

1ッ

ラうフドアltrフ・ フラフックカー / ミニトレイ 久111ン ト 口督 ′ イクトハス スカイクし ト ビッつリハリ入 今皮サι矢 /SL ライォー

″ (び ′ アルJ

´ ハ゜つ卜lレ ーハ゜ ヾフト 卜う′

財 ltAL (Fオ 略大人の補呑 ザ羹■) 1才 吠L (メ 髯4り tA千 略 ″ ) 上 ホ彰じ以 ,オ 水上 〔:絨 轟 4オ 以上 (ィ ,兄 神 ″  ″ 〃

ン11´、 7う イン 't1/ト 7rゃ ′ ― ー ηl― ′ シユ ト ファツ/1ウ ス ,多

1つ 坪く 事 lR

l・

n上 n上 ロニ llAL

(′ :'オ 嗜

ltA上

(3オ

4オ

nム

0

司ニ

'才

│ヾ

゛ ′つ ′つクト メリ ヘリコ1'フ ´ ′ ´ ダイ々宅フト A スインス■ィラ a気 斗スロ 矛 ブ´ 1

,lllA二

{フ オ略 朔上

│し

"

1′

」 才 上 ('オ 哺 機静にざ1″ ヶちリ )大

F ,1 Й

レ%4れ 可竹く 補 1ス

11つ

り 4の :好 々 枠│ス 1.

1星 ヽ tJり が r:ゎ ゃ ラ可 夏,行 効坤除 ル マ鞠 471へ 行 しヽ 11閻 イ Jt〕 し鳥 わヤ 11。 1ヽ

t卜


田 .

乃也湾 範■ 0襲 民ん祇

ク今し) 移 人 颯 JAν

・彰オ▼ ちし■ │__多

矛 五_ゝ、

′′ご ノ、

_三

看五献籠薇 の利 R妬 収 ツ ク(多 Ⅷ為

llr-lt 狙じ

麹 ィLら

島一 〃″

レ/ン

、ィト ヽ

´

/R=(_


和 71に さ■行 つ 彎牌.(予 破

89

)

舅川 卜│,1:ヤ 祥イサ囀誰玲.啜 ■っ■今 り,プだ づ ヒ “ 1■ メベう。 あパ晨用■庸81。 4動 櫛/1t Fク ヽ 4jフ レ供7¬ 4ク メ イプ lレ

口 111セ 奪 」 Kつ ヽ 1■ '1ナ 人 ■ 形 ろ 浜β t爪 やイ t'ス リ、

そ 券tり 晨%1亀 ´ り]′ を│》 ι.゛ ,゛ しん aグじt ァミリ´バスtaっ 離 れ ⊃。 フ a『

1供

,■

1=壺Lattι 4 aル K/担

K=て 4頑 負 哺子 会く′侮薇

(⊃

.

嗜tパ 1閾 IK々


V-3-41種 71に

1マ

1り

tヤ

よ 1行 動 崎 駐

(7ペ

10

ッ ク)

7

乙 t到 鴫■ つて 宝L■■ユ立地ム」Й _.た骰 」

し卜颯1■ 嗜4極 19で あ1、 鶯 tウ ,也 a化 肉4久

ツ し 1鶯 て 二 ,■ `化穀 ザ壽 (1 条 、 4J:_J_季 ゲ ・ こ じ ‐ ` 人ザ行つ み角 へ4(薇 角ずんラねウ.71瑠 れ裁 総

`(1'¬

:

力者,■ あ り Jビ ッつて7′ ブセツ ト券 の形り が、 ビックくブ′ /メ 外略.嗜 しルピイ 1珊

│力

t'′


種爾 嘔Кよぅ行動 埼皮 (本 根 )

・家 族 也 仏

上ユヱ ・⊥ ■■_ユ 447資 ,ス 1__

し 1■ 1有 効 イ

│ソ ′´プ

二 壺 Jギ 1カ 111‐ Lア F‐鯉 ‐ ⊇」 Wラ ■_く 4場 る。 1哺 血ガ 先段 t刊 甲 │〕 綿 哺不筵た ヤ `うも 彼 イ も,■ り⊃.て 4て し■ ヒ τ Qと イ ネ譲 `ι 餃響 1゛

雌 上 _■11__五 _■_上三 ∠t中 山 ■_笙 燿勉 □ 堕勁 __1::!:1___11111!!_1::1′ 1)___1::l'[___17-‐ :::!│:____::!l:__:Il!:!:」

´ ‐ ― ‐ ‐ ´ ‐ ´ ‐ ‐ ― ― ‐ ´ ―


v-3-′

珈特止 ‖ ィリッ トし角脅

12

イ▼ッ ト 0形 夷 乳

毛瑚卜・4⊃ 4)花 ットか。ファミリーパス でッ7く ブ′ブ七ツトカ。 有御 崎 μ ドイリッ ト嗜 4ネ ηプ欄孫 慟 つ しつ 陽わム II t)が

、花薇

o■ 1司

の 1カ ド■ 1■

1、

ィ丁ッ ト ト

ビッフマグ´フセットカt考 ′ハa%哺 .り ヽ■りん :タ 考 リザち》.4■ わち・ ビックてブ´プシリイズ ゛″ 。 ηtア1月 1⊃ 場右■ L′


協 めKテ 1嘱

lk籠 つ無(ι 口 火 口 )

大邪覧隼 ′ ヾイ1フ 7J 小花 呻風拠 ‐ フ ィ/rざ つ千叩

12颯

化 口↑ ラハ 図 lt人 ザiス 初 FttRl

ころしハロ4鳴 系 七上r魚 付

.

tt報、の


7-3イ ‖ 舗 め K調 鴫 11侮 亀 (政 武 鳳 り )

未為■1 `

人 夕イイモラドル´ フ ミ■トレ イ /ト トラ│ヾ クラリフリ7カ

彿ダロ鶴↑ラ入口 lt人 が,ス 御トヂ1lt tた ■ つ をιしハn4闊 《ち上にふう。

94


マー3-11竹 め K弄 1鳳 1■ 施奪t(李 し T'ア 1碑 口

)

95

y, 名 ダ 妥 1,0,. V 岳

.

ム 」 二。 L;・

10謁

ドlレ rλ ダイ々毛引 リク中T クラフヽ ヾイ1'9゛ ノ コイフネ物

` 4し ↑〔 wllつ 口旬 ラ人颯 11人 ザ ・豪湘ぃfll R 1 1れ 後 のを ιしλntレ K鷹 1. llAレ

4よ

りKlャ 哺 り1 lFTlド つく暫4↑ )`RЪ ィ じ l

負ザ1資 く:λ D↑ ラさ(目 につくた段 K.■ ず向↑ η。


ビ ック て フ ´ プfl1 l K_か 寸 ¬立統 止

,多

イ1791:→ バ

´ 7:シ ア 晰罐眸 lF― ラメ

ノ7フ ァlJ´ → ま腸ち事 η ン

t

す残 字

tt'4f-,''l'- ・ り -1゛ フラザー

It'47rln -t

→ 7ラ イングψ´ ベット

tt'4\z'1"

′ バイ ル 7rラ フ プー→大規 1シ lr→ η L曳 字→バイ レグ

ノ ヾ/1'9“ → やん寛幕 → うルー7“ フ/ザ

ロすァF /7リ フ ル 1に →九第t事 →ハィ η ク


97

L ll)考 λつ しlη フィ ング中 「 ,コ 哺、凛御 1■ チ1照 や 摯Ъ:場 海

パ ッ■ _し .4じ 4

)た

│・

V「

夕:可

t〕

。 │

■玉:れ 晩専哺: 立綿11夕 1哺 ,“ ガず″│:│■ ■だ 179■ 1象 η fll哺 1■ 薇'II場 ザ:″ l111:■ 1拗 ゛イキフ,│・ :k滉 鳴キ.1ラ イラグヵ 輛 ―プト・′ ∼ ―べ ト:町 ―■ 1フ ィ │ザ 14多 6tふ 卜 ■ちう。 ・ :ド

.イ

_ッ

│う

1務


人n

tt Kら ネιa化 の有印崎駐

わし1'フ 1で 口

)44/T動

特駐

"ヽ

t_渉 葬 11:.世 ヒ と11 凰た,t曰 力

でぃっかt商 所花

'こ

.

1■

i4の

げ4_よ ぅに人が'`f/tい

f勃

4/‐

革繋tπ λ l了 ″


衝αan↑ ラ4石 勃特駐

γ


taセ ロ↑ )の 行動 崎此


7-3-ノ 2‖

人が入lt

TJい

ゾ″フ

│ソ・イブ1 ′:θ ル観 哺`日 向で。人ず人黙用し

101

`K

16色 t承 1■ いつ t4よ りK,17:17か 1印 く れ1ヽ 〕可tl化 致 ザ″tL .


―フ構ll , V゛ じ十台 男

V-3-′ 3‖

′λ `ラ

゛ 働ん ず 、 也 颯化 ■ 自 由 卜 衡 勧 ず

Nll゛

J´ フ の ソ

K囀

1つ

:41ヽ t:麟

子 n七

1ハ

能 で し

Fゲ

11■ ⊃。 ο血通ゾ ー /一

/'F

:力 ゛小ゥ ´ブ 血μlD iハ 4磯 itザ 井■ ゾ 卜 ′朴 で VJ´ プ・ ・Fθ κ ′ ′N

“ r哺 つゾンフ 小為 1つ lMの 機 能 ザふ外■ r′ ′筋慎た薇 ソ ・′`争 〃 ・I′ J・ L・ θ ・ι ヵ ぃβ Jみ ■ ι 化薇 4級 化■ 井 r.っ プ/ブ

J`


´ L髭曇 ▼-3´ 4‖ 孟JLソ・´フイ

ノク π う1キ 14a膨 ゾイ ブ 衝″み ィ観雄疲 4ι 脇ゾ/ブ /1/∼

:

:

′口

1ノ フ リ 446ち :ス う。

│く :

`ル

│`


か毛ソ´フκri_ ,v-3-炉 ‖イ

1叫

M   F l

:ベ フイ ギ 寸″枚 斉れ

.

:4■ 升 ,ノ 十一 : ス メし、欲κ≧他ま ヾカ リ、1 索,ヽ 1117イ プ ポ〃<洛 ルづ■ 4・

)レ

:/夜 彦

`%Zゲ /っ カ リ1

.

1千 ベアチラタ牧 守ゲ

ラ為ι4つ 。 だ :レ ストつ プし准 1物 ザんわうう。 レ研嗜:不 κゾノブ4κ Z七 ふう。


"一 フ 種鷹 Z崎 ソ マー 3-//‖ 遡

10,

5

:肌 %4し 駒多´ずフフ11-■ 口■つ。

C

:ん 鵬化継口 しだイ1フ

フ :ホ

彦戯れ

7″

ザ綺つ。

し令 とで:rll畔 ロザあつ。

`L脅

:ミ ニトレイプ あ つ。 り ((1 1゛

イ で、 ヤリつ一す―ザあつ。 :殉 ォ´フ´フ.´ トザ商う。

H lι 1

J

:奮 札 埼多粗 し バlズ ´力にヾ 埼⊃ 。

L 155Wザ 0 :つ

翡乃

.

・ロザ効つ′ ットし硼イロ つイ7グ 中″ぺ、


7‖ イ トノ 丁― マ勿執颯のイそん

【 ド =ι 琳 ■ 在 4痺 力¶ヽ /74七 、 ソ‖― フ の 力 混酬隕 卜

_

κ る で立べ■ 0つ 。 1:フ EIハ 6G

F E3p

2,pEュ lH F Gん 9′ 7ι 3,p Ttt

3ル メ′降 F3p

ιハ ′ /b′ 30/3/12メ ′ ノ 乃クF3助 ′ /2多

/b′

′ 7 6tti F2 ′

FJ p 4、

フ Jpι Bん ル メ7ξ F E2'F2(〃 F月 ア′Jフ ιtt ι υ ι pι 342′ ′ι ′

,ι E4フ JF′ 1/レ

0ル /b/ら ん 0

,C臓 ′,身 ん Iん I κ lttJ,C メ ん oF百 ′Jフ ι多 7ι メ′

Iん &ι フ J丁′ 9:ι

'上

oF衝 ′9乃 ら ′島 F9′ ′ん ′ん ノ′多こ

多 ん ハタル ′5カ

Iん OFE′

′ J F4 1ル ル 衝

F命

ル ル

3ん メ ′ ιttL ′ fθ ′

′ :ι βル ル 0ル ルル月 Jん ノ

4Fク ルメ′ι′JF′ Iル 9′

,

3′ 2′3θ ′ ι′ 3θ ″ル″/4ん ル多ん′ ノ ンぐ ′ β /7´ ん Iノイ

ι ′ 7′ ′ ノ ムε′′ FL /1243/》 β

ラ `F4ν 2ん P,0ん んル I κI F9′ 6'E3Fθ /1/6′ ′ メ I I′ J p Flι

0


1晰

成θ/j/2夕 ιノ/メ ?4戸

i時

,た IノF′ダ ′百 ′ び ′ 3θ ノ ′

乙θ/3/2′ ′ 乃FJ ν ャ上 ′

/13ん

βι乃FO/1F

F′

′」 I′ JLI百 ′J′ τ′ 71今 F′

んIん 4ル メ′ 多んんθ :θ ノ 3/12メ ノ π ノ

'9戸

2ク 西

ノ λ∂′ 3/2ル ん務Fら みクら降/174/1/ル ルんθ


V-3-オ

│カ ゾンフ44っ

TJザ


7し 3-ノ 9‖

‖ ` ′フ颯ぅ血亜 ノ ピ 甕

109

P \


‖0

J´ /tあ 坪 を卜鋤λ‖ず力1` っ1 ソ ギ 1

{ttt< 4\r1

ん系●つ。 J´

G` り

乱通 ,淋 亀 ゛ミニトレイ7乗 り場 し

のイ煮デ

,

つtJつ

'つ

t

´プ 3ソ ゛ 大肌%4. ηシ ′η゛フ ブザー した機4施 τlザ 輌 つネ ヽ1.も ろ ・ ルルソ´ブ rシ フ ー lf´ ,フ フイ /7r中 ´ぺ ・ノ 大肌%4、 ロシ′つ

/1Jん

:ani』 l,。 人 La■ レn。 しι ト:/ヾ イオフタ.動 玖

ず利 nl■ 込二L翡 っい 哺″ ユ 盤 ゴ ニ 重 工上二

t'う

1め で もつ。

_


W‐

1鶴 復W(夕

ヒ59竹 4た 後 `燿

)


T-1

‖ 哺 いhK

‖2

リ%特 ■、御バ施ロサ 多ず 脇芳ぅ行動・満た晨K セ ヽ1考える4有 印特撃 L ゛117ク 打′卜fa笙 が行司ゎヤ 。止口化 4多 嗜じデt網 ベ ラい│′ 陽

17ア

4ラ

K,り 埼哄後 ,並 戯 ザ老多えで熟1人 口尋質薇 lη

4 1lt tめ =プ 問橘疋 Lゲ 奥憾 サl腸むZの 有効パター

フウ大やく負花→》しん Zラ ‐ llつ 。 `了 イト蝙 θ 以 1看 び フ 後 員 打 a tt 血路鶴 「 "日 "弩 at行 ぃ:新 tぃ 直a引じ4グ 間特性ヤi彪λZ 4行 動 均止七faべ 1。 てふ,4d往 紡泉tぃ 石後のた象 ぅ

慰僕 ・χ ι髭 刊 寸抑 4千 め の実群 し 11.イ λ■ 1■ い ネ

1.や 仏ヽ

οフ 入 ラト :去 埼 し冷 午 4た 軌 ↑ ラ=ガ ニ フ

ペノスK今 嗜つ人aa術 繰特性tデ )。 しう■つてしt期 待 lた ヽ

lレ

4、

惨%資 料


調査 “


ソ.´ フZん

"1囲

2フ


ヽ2-2

行勧 のイ

40

71‐

(可 脅 )

`皮

1l

θルル″ルなん命′7藤 ιル ′ルι′′ ル4ル 」ん 命F

∫ハ′ 3′ 命ん′ “ 2θ んん月 ′ 494ル 4ん F「

`ル

ル ′J R κFry,F′ んの

丁命丁街ルル小ん′ 2θ /3ル ん Ⅳすレ 4′

/f′

夕ρyKJフ ん4/ι 百

玩′FJFH F 4ん

1/レ

F′

ノ碕ノ,ハ ノ ん/1,θ 1メ

JI κRJKκ ′

脅, 乙′ ι レ ′471レ ク J Eltt κ tt J p ,′ ι ′ ク

apJE′

H E2島 ク

チ ′νF9 ι , /′

,E′ ル ル た I tt」 ク

/ス

クι ttρ J R J F′ Iん 命

戌′F/ル 命 FGん 成クE′

0ル 降ク

HF命 ん θ FE,′

′ ダ′ JR丁 レ

7「

F2F3'

1/レ

4F`テ ル/ル


カゾ′7■ ι曇(ガ 暑2)

手橘


│18

%坪 4筋 系↑ } ゛ ′プスし,フ ォ′‐ ,ア ット晨ニタぅソ /七

%バ 落しL

の人のなふゲ″い。で4て しザ)。 フリット晨雲含 1嬌 チわザ 。 1、 修144つ 僣う 奥で クネ てし■ つ 「′ブtμ バ係ルの人のな来ガカ1)が 、フ→ フ しτソ ?し

t〕

うようκ、 )も 薄1夕 蔽Kわ `ゲ 一

1っ

`→ 里■ ___ __一

〕fJ 質凩4ネ くヽ

t)ソ

″ ″プ哺、ヨK水 づ通り■"妨 つ。

r汗 くのてしず ラ′ス切 1石

1■

゛ ´ノ烙 ≠側の )う ソ ヽ 1

プ´フl(顧 t)て いつ。 1仰 解 七 晰索ふ で つ彙 埼K1/F´

Fり ti移

っ し人 ゲ

:よ £うよリト1女 竹ザ 1).蕉 剣 Kt FJゼ I E´ Fソ" リ ´ブずん熟ザ lJい ずt、 力ん1ひ つ棋アク 喘つ。 /7‐

理由4´ っし1■ 1だ 形ゲ乃ル51tつ 。つ4り ,f ″′フ嗜。走 イ ,外 ヂ うってうしり ミ4゛ 衣 ソ 色 にってヽ `く し し│マ 、′ガ′― つ て 。フ 4二 /K移 力のあつ ユ由 つ │

鶯震ゲfJ

llし 1,つ

フ/τ ・ κ:θ

1ん てしザ んラれつ(%坪 崎 43 1ヽ

Fそれqミ I__1」 _Jメ t・

た式 が7

いので、スの諷ルス外 kヽ 11人 ゲ行が■い´ レ1)う ■

しがんでミネ1り晦一― ヽ

`


‐ 2-4

0■

wT―

イ マ彿 榊‐ 爪 のイ そん (川 崎)

タル

/3

J― /74七 ・ ソ フのみ週劇隕ド ‐ │:【 ド1l ι躙南れな 4才 力¶、 ‐ │_│ 4‐ もゴ 立べ■各つ。 .

1 1!フ

EI:ハ

6G T E3D

F3,

′身 _2,plE2 H tt Gル 彎ル ι3ん 湾

2夕 ん′ 30ん んん乃クF3助 ′′ ′ 1 3,plル ι:ハ fん ′ ′ ル 6月 ら

i l島 │_41フ

3'ι Bん ルル0ア ら

o12.ι

l・

‐1'ι

1

pi‐

'F2〃

βん′ ′6フ

lE4フ JF′

F H FrJフ ιβιυ

Iん 0ル /b/2ハ30

‐ 二C励 ′7命 ん Iん Iκ Iし

J,C

ハ,9F百′Jフ ι多オ上 1117:ι :′′ IIと εip JiFr Iん

oF衝 ′9 Ffら ′島F9′ ′ん′ん′′3`

11_:fi`:多 ん│ん ル ル ん Iん

13ル ル 0ル ′ 5ル タ ル月

4Fタ ノタルι′JF′ エル●ん

^:ι

lβ ′ιβんル θん θ″ル″ん/1Jル ′ん′′ ´ル Iカ ウ ノ′

,

ι ′ β グ′

│ l

││

F4 1ル ル θ F行 ん ル

│ル θ′ ι 中止 3ん ′ ′

│ 1 1ノ

l

OF百 ′′ J

′ FL I τ ′J Iι ′ Jん β ′ /じ 月

│ . :パ

0ん んル I κI F9′

p Flι

ラιτ bν

‐ ・

6'島 Fα んGメ ′′2/「 0


:

成θ/3ん .・

=

'

s LII″ ん:ル θl::l ル4 F F3'Erル ′ ′′

F3'ヤ

θル ん βι 角 F命

上 │ノ

1′

3′ J FIIノlF

ilil.1

L i:ち :J:″ :│1存 │々 │_

:

11

¨    一 ・     ・

一    一    一 ・

120

.1

,

r

FI 40ル ルメ′ Itt

:

i

l │

・  ¨ 

一 

一 

‘ ・ 

一 

一 

一 

          一    一 一

  .

一  一  一  一

    ,


V-2-ヌ

.′ LttL("坪 層 L) │あ ソ フ血董

121

0

15

0


│`12

オ 年 の結 果 少 〕

・ 多ゾ´フデ1■ 用で熟1て しによっヨ14イかず、より 利 黒で111よ う

rJっ

lて

t,a tt K.た のフリのハプ

ープ〔ル′ノ′′ん′ん )し

t,多

・―プっ ように,ノ ソ

千半ガ ずヽ ま(利 鴻さ ヽうよう

tJっ

lで

1・

■ぃうけ

r″ ・ スソ フう。口丁 卜晨■合ザ'fJく tJ.索 十めに、 "′

スうラヘ看 く人/Jf

fJ(fJっ

女.

し フの結び つ│・IP強 く フ→ C⇔ ・多K`千 の力のソ ・ :夫 ゛一 /4漂手 :つ 。 警 kザ さ(r」 ,て ヽ 多ソ 峰 ブ間の名ゲ つで■雀 いが,フ →E→ ?し ■フし■ ソ 、 1つ ように 、アが 3ん 濾・夕蔽 К駒た,■ 1)砂 ″ ・利用さ11■ 1)tJい ソ‐プ嗜、日К示/1ル リ ・ フ⇔ 丁ヽ 変 わラすテ IHで 11■ tlつ の1'`ブ ソ゛ ,

l〕

`:力

ヽスれ 喘つ4Tあ り・ % 、 '41゛ "哺 ゛哺て(1 く K行 五 冶 ト晨雲 中しl,う の■

■/41極 設 4飾

好の■71ッ

"′ ブ 4洟晰乱 術 (し 丁ソ 1く

1//い

l〕

り人 デ

てしザ わつ`■.


゛ あ ソ ´ 7れ 重曇 (J7好 魚 =ャ た り 七棒 く )


あ ゾ´フ五五こ (,7看 た 〕すた。のな )


の弄1用 で

I't ,r/"

-


126

%キ レ

(中

ι 彙口t諄 く)の メ ttL

嘔 "キ ・多ソ ブ風通 、Kソ ー フ周旭′ 以わ

口 しル ピ麦た `。

l tJ t)。

″年の中史口↑ラ入っ十人の熱鳳 ・化 o2フ 4入 口↑ラλっま人4卸 外 し,1ヒ ん ピた 3弄 ん 略でい。花 K兆 換 t■ 1フ 9=問 つんゲっきが

(■

,111■ 翠晨

.

・llk上 が)。 新 ヽい入口(嗜 夫口 )哺 :ス めイ徹 影 lマ

零 t与 ルていてしゲ わずつ,

・│)_k。 新 tい た■11人 4灯 勧 ド大1マ 影霧 tケ ドねグ ラ. んつ てとイ


ア 11足 _


W-3-1‖ 改 質型 マ フア ン ト印紙 (な ス 釉′入 a嗜 ,ヱ ロ 峙 )

私 達 は この 度、卒業 論文 と して「 遊 園地 にお け る施 設利 用 計画 の

研 究」 の テー マ の もとに ア ン ケ… 卜調査 を進 めて お 多ます つ 。 きま して は 、み な さま に 御 協力 をか 願 い い た します 。 尚、お 帰 りの 際 に 御 感 想等 をお 伺 い した い と思 います ので 、 この 票 を _も お 持 ち下 さ い 。

昭和

57年 7月 25日

早 稲 田大学 理工 学 部 建築学 科 渡辺 仁史 研究室 東京 都新 宿 区大 久 保 ご―

―′

容 (03)209=3211(内 “ )

担 当

3257

鈴木 大 三 須藤

1982.7。 25


129

入 園時 間

(

市区

住所

都県

のく )オ

交 通機 関 ユ

自動 車

5

′ヽ」 ス

9

そ の他

3 西武線 (西 武園駅) 8 か とぎ電車

2 6

西 武 線 (遊 園 地前駅 ) ォ ー トパ ィ 7 従歩

)

(

C.

¨

種別

備考 一人

子連れ

二家族

男 だけ

女だけ

団体

チ ケ ッ トの 種 類 (枚 数 記 入 ) の る の る券 招待券

E.

男女 (ア ペ ッタ)

(二 家族) D.

(

( ), 大 人 普 通 券 ), 団 体 券 ( ),

),

(

10 11

西 武 球 場 に よる (よ った )つ い て に 利 用 した い 施 設・ 乗 夕物 が あ るか ら て ごろ な料 金 だ か ら

多摩 湖 がそ ば に あ るか ら 近 くに あるか ら のん び 夕 した い か ら 交 通 の 便 が 良い か ら 国 内 の環 境が 良 い か ら 観 た い 催 し物 が あ るか ら フ ァ ミ リ… カー ドを 持 つて い るか ら

■2最 近 乗 り物 が 新 設 され た と問 い たか ら

13そ の 他

( ), ) (

小 人 普通 券

そ の他 〔

何 故 この 遊 園 地 を 選 ば れ ま した か ? 1 ユ ネ ス コ 村 に よる (よ っ た )つ い で に

2 3 4 5 6 7 8 9

入 園 グー 卜〔西武園駅口〕

鈴 構

男・ 女

1   2

た B.

4

自ゝ車


150

3

. G。 . .‐

,

こり 遊園地に何を しにい らっ しゃい ま したか ?

1

2

I。

主に催 し物 を観 るため 3・ 散歩をす るた め 4 弁当持参の ビタニ ノタ

5

H.

i

主に乗 り物 を利用す るため

.

_

久 しぶ ンの休 日をみんなでのんびり過すため

‐ 何 に乗る予定ですか ?

(│

│■

国 内 に何時間位 い らっ しゃい ます か 何 時 頃 わ帰 夕に な る 予 定 です か

(

?

( )時

)。

時叩

)::

. ll ¨

1982。

7.261


131

4  分

退園グ… 卜〔 退園時間 全体 の感想をお伺いいた します 。 どれかにOを つけて下さい。

休 憩施 設 の 数 につい て

今 のま ま で よい

b,不 満 で ある

3

の ま ま で よい

トイ ンの 数 につ いて

b,不 満 で ある (少 ない

la,今

4

の ま ま で よい

国 内 の 緑 の 量 につい て

b,不 満 で あ る (少 ない

la,今 B。

:

(少 ない

la。

   j   る る     一る   , ぎ     ぎ     ぎ

2

●.高 い

b,ま あ ま あ

〔a,安 い

多     多  多

入 園料 及 び遊 戯料 金 に つ い て

す     す  す

1

D  l

A.

飲食 施 設 につ い て お 伺 い いた します 。

11 もし飲食施設を作 るとした ら、特に どれが よいですか ?

〔a,自 動販売機 b,屋 台 C,売 店 d,食 堂 e,ン ス トラン f′ 喫茶店 〕

2弁

3

(

・ 国内で食事をされま したか ?

〔a,は い bっ いいえ 〕

11.

国内使用金額 〔入団料を含む 〕 (1.一 人あた夕 2。 予算 と比べて どうですか ? (a,予 算 よリオーバ…

1).

予 定 して い て 乗 れ なか った 遊 戯 施設は何 で す か ?

る  コ ざ す い 多  な

5

特 に面 白か つた 遊 戯 施 設 を 挙 げ て 下 さ

4

よ           よ

年 令 制 限 につ い て

ま い     b,  い

遊 戯 施 設 全 体 の 内容 に つ い て

p a,      a,   a         ●

遊 戯施 設 の 数 に ついて

て  い で ま  ろ ま ま  し ま の   よ︶  の 今     お  今

t   rll、 い rit ´

遊 戯 施 設 につ い て お 伺 いいた します

1

〔a,屋 内 b.屋 外〕

食 事 は屋 内 、屋 外 の どち らで 食 べ た いです か ?

る い   つ  る る あ な   %  あ げ て少       て 下 満く   ち   満 く ヽ 不     ま  不 ヽ     ぁ   b,

C.

arBV. br\^t^t- )

当 を持 参 さ れ ま した か ?

上げる)

)円

)の 交 通 機 関

1

自動 車

,

自転車

1'そ の他

2

5

西 武 線 (遊 園 地 前 駅 )

パ■

6ォ ー トパイ

西 武 線 (西 武 園駅) 徒歩

8

か とき電 車

(

ず it,に tミ

9` また来たいと思いますか

〔a′ 是非来たい

b′

機 会が あれ ば

b:思 わな い

:

1982.7125


毛T'Iし 4キ ア オ


W-1

‖1今

L、

ハに

第 2卑

│■

13う

あ、いて、 うつの訟査 及び・ 昨 年の調査 との比 、

教 ↑ら 、通 風地 に来 凰可 ろ験各ぅ着性 (移 分│の ね 造 に よろ、 来風ム のォll う税貯安 、行動拍 │■

Aム 数

、滞在 麟亥ll.イ lAし た ぃ とづ

通 凰地のrl■ 格 (4カ │に ごろ来 凰 老激ぃ 形 状 )tタハうここが で てた。 くこで` .本 隼で`■、 )、

訟 査の私 泉■す 劣 に晨鮮ミくtた モデ │し

tイ 午ハtし

、彼 祭

´ た 一人 の 一連 の動 tt追 っ てぉ る。 1じ て、 れ に そ ` よ つて翅 性凰女 LAの 絶留 aの 配 at練 熱 1る ことが で も ぅ

rど う↑試 幻ろ。


しの考ん力 毛ア ′

ヽ ヽ、 ´卜rら 塾 ここで チ 基 《 〔 二 塑夏正三動がλ屁 1ひ

Xり

。 射し

い くつ↑ の地戯 施設 に ■ち 奇 り 、手た全 中で` 株憩範 貧 一

に■ち分 り 、くして、La争 ―卜にた しりたく子てt

tチ

│し

ヒした卜霞各4.111コ 軍微絶独マ2カ IA/散 私 イ

びて笙襲勢ふ 、力lalレ た ぃι 窓ム籠ね基 紺 のる洋ヽ、 、

秘 と、4性 I狐

≧した鼻絨 微ι

し て 名 ηtと に した 。 くして 、 その 礎;麦

t a令

のぃ

ろ地 魚 な らえ えら艶彦式れ た (見 え ない場 合 膊、矛laし

た いし13彰場たしa,。 ぃら地 点灯らの鍾誰 ).み び

.

鉾た の ろつにJり 、これならハう範微 t卜 次 fう すつ 1輿

及 2′ し、くこヘ ハぅtの とした 。震 各4.そ こな のた 盆 0カ IA数 にた げ(矛 IAヽ し、そし■ .)κ η池論 へ筋 勿 ■ bも のしした 。各た。盆 牟 ι` 外簿れれ矛IA ttmに つ つた ら、え たろ外〔 巨 多施設みび働 角 医のスっ(え たい ヽ場 出1ろ )│` られこへ脅 勧 可 と 合 綺距亀 4`夕 ヽ 「 'tの した 。 こうして 、力lAれ れ子た椒 t糸 た し .休 鶯 t し後 んた的点

`チ

′卜に彼 た して終了とく参

0


毛れ は

4徹


-3´ /

(7"ル 4(行 ふ芍 宅7・ ル老て有■ 乃 K際

■■

Wl「

136

111調 査 I′

工 ′■ の角 ス

より1及 4て しtχ 危イ ラ′

゛、れ夜 tチ ■つ薇歩■ 1鴫

10単

(■

t)。

1可

k.虚 破拠後 竜ヂ1民

い片一ひすχ えて

1つ 千埼のメaズ ザ

半牧1/1X L■・もつ。→調査 1・ ) ス博,1;乃 翻 。 (46ど う tサ

調査■) ,,ノ し鶏ザ離熟i417ヤ 哺んんでt',(× 4よ うで ∂ ,た

看1哺 4:当

Jn―

ブ調査■) )。 可、

Bザ 鶴111:多 4・ 曰曜日t味 (平 日の打一

)。 ス■力んでヽ

嗜仏η場右 に有 ││。

'77ウ

:多 魔燿↑`,燿 日ず lt)う ,→ 団 査I。 ■ ′■ )

(奪月 査哺

`

フ7フ ヒ (Nソ "´ フ)1゛ ヽ 1:フ ,一 ヽ

)可 っ■ヽ

/77じ

│し

`イ

t〕

lし

ライとう D。 (硼 左 │千 ヨ嗜.フ ァ η ゛嗜:シ ョー1 4 fJわ │1lt'マ 。つ ■

網■1'1`■

(′

)

′ θ 外団ノ 哺:tK。 乗 り物 t烈 凩■つ千めドイっ4 くつ。 “(7フ リートによつ→調 査1)

77凰 /47々 諸准 時銀嗜`2埼 鯛前後 ヒ→う。 (


137

マフリ′卜・追 零 風在いき乃→調査 1,■ Hilヽ

)


TIT´

-2‖ 〕

毛デ のく省441 2

│し

`うの 1,あ 入 口■ 入場 Zの Zl序 嗜 ′ n子

,枚 (口 し )乞

4つ 。 (夕 ∫・57埒 の火氣鴛永 (硼 査■ )■ `ラ、入 日ηЁいKざ ⊃1目 1■'4■ 勧絲 4大

a,ね・ d

)

重同き=男

十すt`け

t:け

十二啄1欠

,デ

,と

す =7ベ リク

大 0(ゲ 月 ミtt

,あ 形7(471ん ドな すつ.ん テイッ トの製る焙 ′ .

千のLl。

(τ l在

:い

X

ビックスフ´ブ ′

 イ

女ιnt

´ハ゜ 入

(の う の う券 ′フ7ミ リ′ 一 ハ'ス 型L) し1つ

(大 。1、 毛

  ′

了べノ 7

■4β 系 ざり)

イ   θ   δ

承依ιふ

77ミ

    ヽノ

1ヽ

啄1/1重 ね=l虚

・ k

規71の ワ 1冶 囀以下のLl。 (調 査工う欝禾 ざ

=ЧI        

2′

ti t埼

`可

灸ん 哺

/1・

ス■ )→ (7ァ ミ リ

b

ユ券 ,オ Z特 殊■ )つ (著 L券 ■ )し 1


ヽ4´

あの輝猥ザ ι うデ 共扁哺ぅ原族 の場ん K哺 1タ l、

ti lTw卜

(ア 1月 q"゛ ろ千 Tヽ ット

め蜀ο

の■ 当■ 嗜 「

01

つ。


毛テ1ル のた石券4 11テ

δ

ト4下 重擬Кざ乃`7月 利属祇o関 係

Tツ

霧鳳券■

′ん′ 夕∼ノ

ファミリー/1・ ス型

′∼″

ビッ 7Rア フあ■

l ゛ ・ピ 'ッ ク マフ ´ フ ソ フマ ア ′7子 〃 券 り ■ 哺`ι ι

│マ

101

` つ てし 「 1う 。 (fl査 1■ b)

r飛

紋寸

・ 考 働者■ 嗜=′ 狙 水 エア 1凧 11場 移 り。 4つ 4つ 券 4巧 ザ珀 71■ ゛砿 う 4■ r。 (霧 日査 ]よ り ・77ミ

!│´

問以上

1ヽ

・嗜 パ スリ ■

.″ 徊

' スタデ1日 1う し。2靖

マう4■゛。 (調 査 I・ 工 )

=4戦 観

2,7リ ットの穂狽 によ⊃.フ プンフマ

裏 4関係

Y' y') 7 =t-

-rL

孝a券 ■ 77ミ

L レノス嘔

(1所 1在

ノ∼2 2∼ ダ ダ∼/2

工4“ イざり)

オ1用


141

いルンフ O Bllの よつ 1ス ア、 当 り4平 す ソフ。 り時間

1ッ

マベ ク1と

(考 il査

Lの ん黒}リ リ コ

ゲ   ぉ   タ

琢族 ■

・当り4 リ フ

lス 7ヽ


毛7.ル 4罠 4禾 省

T-3-4‖

4

11ク ゛ ルンフ゜劇 卜ざ⊃秀施設

〕し1う 強λ 4不 1用 │千 ヽ

′ 月23C′ E HIJKと ″N∂ P:θ K k θ θ力「 ρ θ θθ クθ 2′ θ /′ ′ /′ ′ θ 承市 久 ι ′ θ /メ ′ θ・θ ′ /θ /ノ θθ′ ′ ′ θ′′

ベリ マ 7 7F夕 ′ ′θ′ ′′ θ⊇∂ ′ /′ ′♪ ′′ ′ 栄 ロ │■ げイ までヽ 牧イ る!a″ r名

t〕

引在■o%采 ド募ゲ ( 2′

千ケットによつ崎Zl可 』 :麟 椛負ア 1鴫 烈 ビックて7´ ― /4場 冷 烙:′ ′ι ′θ卜: 4ね ィ

熟″け 10ん ¬(司 在結果I片 よつ リ rlレ ン ク ,ク フ鳴 ∂ I「 よ⊃林鷺η踊 ヌ

派憮ι

lヽ

′ マベ゛ 7

女ι口む

41診 嗜!ス 禽ィ 21時 間ヨトイ碑うづのし1⊃

笙■4β スK藩 グく `員

.


Wレ

ヽろ1ヽ I霞 〔xl 〕―ヌ│あ ろ猥 ¨ 各 の持 つて、

143

■ デ lLに お、 ■ ぅ橿ミ各 ′ ふ次 のようfJt汁 吉:報 ■書 ⊃ことに可う。

Xl x2 X3 x4 X5

:今 自分のぃ ろィ正と :也 戯 れ毅力 │ハ 予定数 :Dソ ーン で・の孝ll FRヤ 2教 :着 ってぃ ろ テヶットの種 類 :体 走、饉 A

X6 :慮 たいと急ぅ遊晨 施れ のる券、 _

Xマ

:X6こ tlた し.I

ttt見 た ぃ と 寸Ъ籠炒電

X6 :今 そιヽ自分 の第:│ハ しrt i笙 虚女施 裁邊気 X7 :今 惑モ・.自 分の孝:lハ じてそたソー )の 数 これ らの│ム イ 民の狛_み 合 あt■

_Lテ

│し

変街 o条 件 乙∼

5に 化 つて 、般 各 とぃ くっなの理 に 介 11て 、こ チ」lし に 入ねた 。 0・

X2.X

ットのオ Ъ ll、 す 年 、 奎」 零 コ■ょ って,12主 ム ろ。

X6.Xマ

IJ.4Ч し´つO

よ つて決 鐘≧主ハ ろ

X51`、 ↑

│し

oj種 類 晨か`

千 リ ツ トの霧 類 に

.

―■Oo厖 類 に よ )(来 盆 主ム ろ

以 上18.毛 す‖じ実行 の 条件 な ら得 ら Й 3.

.


14し 1ト

X5に

・ 疇船往遅生した ら 、 けう株筵 口、こ 凰地ハ■ お、

体建 ソー

1

>t城 じ仏 めて係で■ う。子た 、 1始 議 以 ハ

に夏筋故施貧 tヵ lハ し終 たたあな 僣 、ろな想 して1ヽ り 、■ 自 1ろ tの し16.


ネツトワー7図 ミの 金 lan

い て13.地 1ゥ テ │し ィ ヒにあヽ

o毛

│■

起代 があ ろ

の な歩 く絶 出 が限 られ ておヽ り 、ネ ツ トワ´ つ で 分客:lづ う こιlι した 。分争│の 在 力11.訟 左 ェ な象 封 o際 に、 か 含11し たア ″)ttし に 、毛テ │し ハ にカタ雀 理 して 。

nい ろこ とに した ′ こ∩ ソ1′ )の 力 L′ ひ_4つ lt aり られ 3.

1.也戯施 設 oぁ ろソー ン 多

.、

c、

′、G、 月、1、 」、L

Z.体 想 施 設 のあろソー ン F′

3、

K.“ 、N

通 髭 W― ン

A:,ハ ュ、圧,t圧 ュ

4塊 P、

た Io人 の 竹 呵な ぃ ソー ン

Q、

R


ネllJト ワー7図


1 毛デ のフローチャー トの場成 │し

に[デ ルの構成 〔承ず

逹t 莉局な卜 i定 掟薇 て ヽヽる0`

口 lミ ついた

た設 tす ヾてお1岡 ` tに 力

44亀 すgO`

tし へ 角 饉ソ

鋼・

W-4・


143

Lレ の L7ず 豪姫

江レt選 FE高 生にわるソ

瑞鮮卵 Jツ ちンにおいて ‐ J.2■ │` らう/

に柔うとする

l鷹 費 盤剛報 ↑

:ど

鷺男∵

らlざ 嗜ず2i nt./tは ぅレ 弾、とする

向 う

目的足 ヨ│の 匁 理 lt布 !つ 6

k代 1ヾ 目的 地 ↑ピう│`

目的jLへ の最短 距離 t通 って目的んへ約う

Mヽ KVLン で

ttで がす の目的′


Vll…

'

モデル4プ ロク “ラム青 卜, t7・

lし

・口7rつ ハ[Mハ 4升 猾哺、フ

149

lN]卜 よサ :

満だぐれ1ヽ )乃 。ス11:IMハ IN]へ う入カデ ータX哺 =毛 71ル K有 のス4竹 K4な っ11.人 口│イ T 生でセ■ ットの清数、属造t、 224ラ フダムKだ 。 1

丁KN Кイ 系看 1可

t}千

i

ットワーク図ド令 鴬1:矛 ヽ

ゝラ4長 に影離友MINS′ 及デ 'ン フィ 崎力1秀 ソ r´ ス推β陽及MIN:壻 ソイフ↑Б兄乃⊃ソ フt衣 ,

魚 ltSHIStiマ "づ し│マ 承妬 11ヽ │ラ σ │ラ ム及グ71づ t亥 スイ耽 リク 収べ´ブ以ИK`フ 。


7口

7"¬

ム││ス ト

▼MAIN[口 ]▼

V MAIN XACT:口

[1]

口PU● 132

E2]

FL←

[3]

I■ 1

P‖ ;I;」

;VIEW:FL:DEST

lll:1,I含 :平 [:ITlll:菫 :,,さ £ :T[2]`」 →〈《XACTE5],I)● (XnCT[2]>J〕 )ノ 」 FL● 0 ` XACT[13 18 20 21]← 100oo

:彗 : [る コ

[7] [8] [9] [101

[11] [12]

))/ENコ

」6:I′ J`XACT V I EIJ← SHIS[XACT[1];] →(0=ρ VIELl● (0メ XACT[5+VIE"])′ VIELl)/」 1

DEST← VIEW[く

[13] FL■ 〔l ll]

[l言 ]

J● 0

(「

/XACTE5+VIEtJ])=XACT[5,VIEUコ

1

→」2 」

liliST←

く《r/xACT[5+、

21])=XACTE5+、 21])/、 21

)/、 ρVIE"]

[17]」 2:■ (1く ρDEST)/・ DEST● 1↑ DESTCC(L/HINSEXACT[1];IIEST])=MINSEXACT[1]:DEST])/、 [18] →〈XACT[1]=DEST)ノ L4 [19] XACT[1]← MIN[XACT[1];DEST]

[20] I● I+1 [21] L眸 :→ くXA,T[1]=(3 5 12 8 13 15 16 1年

4 1o 17 11 9))/」 3,J年 ,J5,J7,J7′ J7′ [22] →L2 [23]」 3:J● J+(《 XACTEll]=3)● 2)+《 ?2)● 3≠ XACT[llコ [24] →L2 [25]」 8:J● J+1 ‐ →L2 〔26] [27]」 峰:J● J+?XACT[3] [28] →L2 [29]」 5:J← J+?2 [30]L2:XACTE5+XACT[1]]← FL← 0 131] →Ll [32] 」7:XACTE5コ ←10o00 [33] XACTE13 13 20 21]● FL● 0 [3峰 ] →Ll [35]ENコ :DEST● (1↑ X) 〔36】 I′ J′ XACT E37] →くXACT[1]=DEST)/0 [38] XACT[1]← MINEXACTEl]:DEST] [39]

I← I+1 →END

[l10コ

ρEIEST]・

J7′ J8′ J3′ J8′

J8,J8,J3


:ヨ

I MIN l 17 17 17 11 11 9 9 9 9 11 11 17231卜 7,799999 123_4112222222 2'3■ 521382822 113F17777612 68年 119995る lo 8 9 10 11 12 9 2 2 2 5 10 7 8 CP ll,910 9999776891096 12227670,71111 9 8 8 Ft 7 6 7 8 8 10 8 6 1 9 9 9 12 9 9 , 9 9 11 12 JJ ll ll l1 5 4 5 6 6 6 11 12 11 11 11 11 12 12 12 11 11 12 11 12 lJ lJ Jl ll ll ll ll ll ll ll ll ll 16 16 16 16 1tr・ 16 16 J6 16 16 16 16 1 17 17 17 1 1 1 1 1 1 1 1 122221222211 173333333331717 1 16 16 16 16 16 16 16 16 16 16 16 12 12 12 12 12 12 12 12 12 12 12 12 lL・

MINS

11 14 16 16 17 17 16 9 17 17 17 17 3 17 21822 222■ 22222322 6 6 6 6 6 4 12 12 9 9 9 9 9 9 99999495 9999′ 9,911 1111122111 67777886 13 1 1 1 1 9 1 13 11 11 11 11 11 11 13 11 11 11 11 11 11 11 ll1 11 11 11 11 11 16 16 15 16 16 16 19 1 1 15 16 17 17 19 1 1 1 1 17 18 16 17 17 17 17 17 18 17 16 16 16 16 16 16 19 12 12 12 12 12 12 12

11 9 12 12

12 20 20 11 16 1 1 17 16 20


152

一薇   一Q   一0   一織   一〇   一餞   一●

一鋼   一“   一鋼   一姜   一 a   一 象   一 繁 一斜   一 斜   一 無   一袋   一〓   〓 一鋼   . ﹁象 ギa   一a   ↓餃   一桜   一a   一 年    絆 ・一“   . 〓鋼   卜 一  3     彗     二     ” 〓

一斜   . 一●   . 〓O   . 〓斜   . 一鋼   一 一  場

一 〇   ↓0   一”   一斜   一●   . ﹁a   一餃 一鋼   . ﹁斜   一 斜   一 鋼   一筆   . 〓彙   。 ﹁鋼 0 一  一銀   一●   一餞   一ι   一餃   一 ↓

︵ ︺   E   ”

一Q   ↓豪   ↓0   一無   鳩 一  餃 一  ” H餞   一 口   . 〓餞   一 ●   . 一●   ・ ﹁“   。 ﹁a 一 a   一斜   一磁   . ﹁一

︼戯   一無   一“   一鎖   . ﹁薇   彗     聾

一 α   一年   奮鋼   一 一  ●     塀     誇

H a   一鋼   ”a   〓蒙   一 鎮   a ↓  摯 ↓〇   一載   一“   ↓無   一姜   一ι   〓O 一 “   一”   一 a   . 一象   ・ 一鋼   〓無   ・ 一姜 一a   一無   一”   一 磁   一毎   一負   一無

参 一 〒〓 ︶

卜 一  嗜 一  i 一  一 一  3   鶴     ” 〓 一  卜 一  t 一  い     場     ・ 〓    吟

怪卜

● ・.

Q“

eOぃ

_―

■ ォ ト ト ヽ ゆ ォ ■ ゃ 詢

_― _‐

ト ヽ 密 瞬 露

=ォ

=・

︲ ﹂

ゆ 吟

●卜絆い。

・ きじ ・ 」 '1三 "鱗 =き ・ "Lt■

=彗

・ 4‐ 鋼 め 卜

mm

"●

● Ct α

"●

Ott"Ct颯

・・ オ ● ●i Cttォ

_‐

""諄

0卜

∞ い ヽ

ト ト

DDI● n LD n"n tt LDゅ

"ゅ

oooo、

‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐

=ヨ =翼

tt L

‐ D ご

======E‐

=ヨ

ニ言

====ヨ

"L●

│●

n

=""綺

LD"n"“

● ●

LD I●

│●

LD LD n"餞 oぃ

L●

0

・・

口雪ヨ雲颯雲奮雷鷺雪雪

c.I‐ ‐

_‐ 0‐ ‐ ‐ ‐ ‐

=‐ _o‐ ヽ ト ト ト ト ト ト ト ト ‐

e卜 卜 ヽ ト ト ト

●1織

a豪 ●.“

aoc.I.a∼

_‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐

o O"● ・t‐

‐ 絆

"餃 “ “

‐ ゆ 輸

"‖ _4絆 士 ォ J・

オ ォ オ ォ

=ォ _3士 ・ _‐ オ ォ 」

‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐

o‐ ‐ ‐ ‐

c‐ OcO‐ ‐ ‐

_吟 0‐ 召 ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐

"‐


ィ一 ´

フ ″

フ 4資 イκ 泉列

くヽ 政 嬌

´、

′ ︵ ノ ′

レスU

■』の

一ヽ、

フ ¨

Ⅶ ´び

1ヽ

4

ヽヽ、

lし

フ 一

ヽヽ\

′ゝ

フ ´

のtデ

レー ブ ョ

颯 11■ 司 っネ

11171し

153

ti仰

武苗 日化ド

L有 で っ千 。 フく

ュレーフつフ1111多 M好 /′ t晨 フlJ)で より鶏 70p7ラ ム司 `/0″

_

!・

小 ′

了′ ′

、 ′

レP

千 t

l 一 コフ ´

丼“ ︱ ′′︰ D‘ 2

スノ

´、

イ マlJ っlk 。

40

一/

つ/ ・

1

¨ レ レ ︲ ︲ , , ,

﹁一

ヽ、、

/ 一

λカ

1 0 5 9 2 3 7 0 0 107 105 5 0 0 o o o 2 3 0 1 0 o lo3 0 0 0 o o 9 2 3 7 0 0 107 0 5 0 0 0 o o 2 3 0 1 0 0 103 0 0 0 0 o 333923700005ooooo2301001o300ooo 32,23700005000oo2301001030000o 5t11792370000500ooo230100oOoooo 6与 2923700005ooooo23010oo000oo 7与 7,2 3 7 0 0 0 0 5 o o looOo o o 2 3 10000 1 10oo0 100oo o o o o o o 8与 9 923100000o oo500ooo2301 0000oooo 9与 7 9231000000o o500ooo2301 01o000oo 10 4 59231000000 0 ooooooo2301 000000oo l1712923 100000 oooooooo020010000oooo 128119231C1000000oOoooo00oo10ooooOoo 133 1 923 1100000 0 oooo oo ooo ol ooo'ooOoo l年 91与 923 100000ooooooooo000 ooOoooooo 15 9 11923100000 0 oooo ooo ooo o ooOoooooo lご 9129231000000 oooooooo0000oooooooo 179 59231000000oooooooooooooooooooo 2 1 1卜

"、

:口 ての打―ス■い 唸:落ルア 哺、令 レで ↑ ライ囮 1マ

ビ“ ノ7マ シ´ フ券 し 買,■ 了 ベッ 7■ 1を

tl個 利爪││。 2芽 争 問後 kヱ

'1

1千 f´ 商問後 に4簿

園11い う。

麟れ設

11:角

=


フ ミュ レ ´フ ョフ 4罠 有 側 7K I輛

Eqフ ミュ レーシリフ′ :ヽ き3、 図 承づυ │て


rソ rフ


156

゛ 以下 K。 ソン フZイ 【唄 し1ゾ ンフ1″ 剣 鴫 │十 申 吃■ 拠

t魚 lθ ・D→ C→ 3つ ′2→ 0→ ん→F2→ F→

F2→

p→ フ→ I

0 1 2 0 1 0 o o 0 2 1 1 →β:→ L→ I→ 」→ D

O 1 0

θ

0


T-1 ‖ (7・ 雨 1(得

:レ

4啜 有筋累ド■1つ ん承

泉 ′ 芝 TF試 千

:6

亀 多 ボフ ト 一

レ ・欣

択 ミ柔

為 ラ<

q"4

-/

8


158

57好

λ卜灯マっ粂t.ノ 7■ 4E外 司在し:シ ミュ♭一

フ〕シ4ス 政郷ストっu■ た■ ″ 1う 。 ` │■ ヽ /の んスκ翡 佃がn紳 系ざり、ラミュレーシフー り,て 1.啜 赤 ιp間 の利 鳳晨ゲ31)つ `Fス でヽ ヽ1い い }ア ト ■ rt tl tォ トィ 濾: トフフ 争 ガヵ llり D

.

│て

1、

r―

1し

4ド

lミ

多4ト フ看ル4入 ロ ちつthで ■つ,徒 71ヽ 多 んズ

・界 t,づ っ し有 リイで (1可 うrtヽ ザ、 1鳳 琴 嗜 1`

`

角 1乃 し彫● ¬。 1ヽ

14F 江 に1ラ λ状 4綿 釆■嗜tク 醸飼4剰 鳳晨ザ1あ ヽ ゛ ヽ 1・ κ (メ で ■ 鶴 11、 ラミュ ♭―シフフ可 1用

ll t)。

}レ

1ヽ

ll

‖´フか ラ嗜.ソ・/フ ヘ く バ:ト フ ιソ 行 の 矛

tオ 突セtJが

っ千ホめ ψう しむねふぅ。ちうtlヽ き 1゛

:

p風 問ドち⊃急 が,人 rDl t引 14り う千め■11 7 ti ` で ろη 。 「 16η 4“ スが .シ ミュし―ションの結果 タリ.ヤ ` II llイ次いの4き

/1で lシ ミュ レーフ 多‐

t)1薇 ∩ 11. ` ` lη 彰4ザ 、て休 よりに ″ っ11わ ド 姉准 峙問しヽ ・ Jり

1`

l Gttt m乃 鱒点 F↑ ぃ11囁 ,IJり 燃ザマ 3wい `っ摯摯埼 鵡lT、 │ク`して ド ζわれつ。 側イ ″切 1゛


W-3 1 t7ル

ト ざう婿 1の 籠薇、 甜動 につぃて色賊【ひa爆 味o

輛直 oモ〒│し,生 ョIRじ こまし → 赫豊い 固限にふきる動

159

雪uにヒ 節よ Q響 Iじ 0,点 うも、m[遊 報勤糧山稽県Jシミ

4S程 慢螢翼ャ隻13い 。 ムつこctR5ひ岱M費●。 3→ 蒲翌

う蓬恵 嫌猿ふ

t鴬 議は3て ■k、そ 鶴桑b素媚ボ ヒ銀っ に,Nは 逮心 、桃

日じ│ミtQ樋

t縄

色廼巳選菱工群

軍 議し 日じ糠

゛ 蝋 ぃ 、t鶴 屹 鳩 貴 雌

3っ

髪覇議七武透温≧ “

Fは

`Q穫


W-1

3ミ

■し―)])の 羮行ち漱

現 Ftあ ろ│ゞ ィ キ >ワ ゛Q誘 弓l底 tて の ひ き に して ぉ て 、 Cソ `一 )■ ら 1ヾ イキ ン ↑ 色,Q、 R、

F、

P

に脅 肇ヵした と 考 えて )ミ ■ レー シ ヨ ン t tt rO,た 。 ヽ その 爾 軍、 10a千 脅ム くM Att Nゝ の 一劉ゝtた たス

封 纂 ■行 な )た 。手た、 それ に件 ,く

SHI S TAX毛 つた 。

tx■

テ ″タ

.´ 都 ■麦 た く、λヵ t行 な

次 aヾ ― ジに 、安 ■ した 70A↑ ηム 4び

λ ■デ ーダ 、 手たム■私 象t ttttた

,

.


プログラム リスト(χ こ転薇千裂 ) ノ ,一

.  ′     

餞 綺 一← 3 a 口       [ 一 ] 卜 ∽ 口 員 ¨コ L ¨〓 ] ド> ヽ﹁ ¨” 一3 ﹂ 口 ¨卜 O C X   い Z HC 〓   レ

0← ﹁ ← コ L       ﹁ロ ロ

︼← H     ︻m ﹄

口 Z 口 ヽ ハ ︵﹁ l v 口” ]卜 O C X ︶● ︿一 一 一 一 H“ ︻ D ロ ト O C X ︶ ﹀→ ¨Hコ     [士 ︺

員 2 ● ヽ ︿一= ^︹ ︼R ″+ い い卜 ● C X ヽ ● ︶ ﹀→       nD ︺

0 ﹁ ヽ ハ ︿﹁ A ne ] 卜 一 c x ︶ x ︿H ^ [n ︺卜 O C x ︾ ︶十       い0 日

一← ヨ L       ︹ト リ

曰 ¨[ 一 ]卜 O C X 口O H〓 0 ● 3 国 H>     [ 一 一 ] 、 ヽ 卜 O C X ﹁ H ¨0 ﹁     い0 ︺ .       一 〇 〇 〇 一← n ↓“   om   m 一  詢 H ] 卜 o C X       一∞ ]

一っ ヽ ︿一 口 持> ヽ ︿︹〓 崚 ﹂> ● ● ︺卜 O C X t C ︶← 〓 口 ︻> L “ 一 ︶→     ︹ ” ” ︼

”← コ L     口” 一 ﹂ [3 日 H> L ″ヽ ︿n3 口 Hン + D ︼卜 ● C X “ ^日〓 口 H> ● 静 “■ O C X ヽ ﹂ ︶ ︶]3 日 H ン ← 卜 O u ●     [“ 一 ]

N つ →     [〓 一 日

一← コ L     ﹁0 一 日 一 “ ″ヽ ︿ [ 一” ″+ n い卜 O C x “ ^[ H国 ″+ ゆ ロト O C X ヽ ﹂ ﹀ ﹀← 卜 0 ロ ロ ¨一﹁   いい 一 日

一 ﹄ ︵ 一 一 ︺ ﹁一 口 い 一 ¨ 一 ¨ ¨ 撃 一晰   ¨¨ 一 ¨ ● ″ヽ ^[ 卜 0 日 ︼ ”[ ” ロ ト O C X ︼∽ Z ︻〓 “ ︿[卜 ” 口 彙 ¨[ ﹁ ]卜 ● C X 口 ∽ 2 H〓 ヽ コ ︶ ︶]卜 ● ● 員 一 ”← oロト ” 口 ︼ ﹁

[ト ロ ロ彙 ¨口 一 ロト ● C X 一2 H〓 ← ︹ 一 一卜 ● C X     口● 一 ロ

α ヨ     [” “ ︺ , 0 ﹁ ヽ∝ つ 、口 ﹁ ヽ∝ ﹁.ヽ∞ ﹁ 、∝ ﹁ 、卜 ﹁ 、卜 ﹁ ヽ卜 つ 、卜 つ 、D ﹁ 、ま つ ヽ絆 ﹁ ヽ ^ ︵S   一 一  卜 一  0 一  一”   オ 一  哺 一  い 一  n 一  “ .“ H  D   ” ︶= ︹ 一 ロト O C X ︶ ¨オ コ   [ H銀 ︺ , ↓+ ︻ ← “    ︻ 0劇 ︼

劇 コ     ロオ “ ﹄ , つ   n” 斜 ] 一 オ ロト ● C X ■ ” x ︵“ ↑ ︶+ ︿” x ︵” “ 一 オ リト ● C X ︾ ︾+ つ ← ﹁ ¨い

N コ →     ︻0 日 ︼ ・                                                                                                                             。                          ”0 ﹁ ← ﹁ ¨∞ ﹁   曰ゆ 印 ロ

[” ]卜 O C X O ● ﹁ ← ﹁ ¨オ ﹁   [卜 僣 ロ

国 コ →     [∞ m ︼

劇 ● + ﹁ ← ﹁ ¨い つ   [ い 日 ]

一← コ L ← [ [ 一 ︼卜 O C X + 0 ]卜 O C X ”“ コ   [ om ]

Hコ →     口 一” ]

一 一 一 一 一← ︹い ] 卜 O C X ¨卜 ﹁   [ q “ ︼

”ヨ     ︹ オ “ ] , 一← ● L ← [ ””   一口   0 ”  ” 一 ]卜 O C X     日ゆ ” ]

一ヽ ︵卜 m Ш ︼ “ n ︼ ロト O C X ︾→     ロト 諄 ﹂ 、 、                     卜 ● C X ﹁ H    ︹0 い い ・ ︵X ↑ ” ︶← 卜 0 ロ ロ ¨口 Z 口   [n 絆 ロ

︻卜 ∽ ロ ロ ¨[ ” ]卜 ● C X ]Z ︻〓 ← [ ” 一卜 O C X     一“ ” 一

”+ H← H    nい ” ロ

口 Z ” →     n 一サ 一


1脱

¨”   ”α   ”m   ¨”   一口   一劇   一α

一日   Ha   ↓颯   ︼製   一“   m ↓  ” 一

”m   Ha   一”   ↓”   ↓”   い     ”

一“   一口   一 口   ”N   一“   一“   一“

“劇   一N   ”α   一N   一α   H“   =“

H”   一m   卜 H  ●     n     H“   ロ

¨”   一創   一”   一m   H口   ﹁“   一創

一“   ””   ”斜   ””   H“   oα   ” ”

一N   ¨“   一m   一劇   ” 一  “ 一  降

¨”   ”O   “”   H”   一α   一 一  ●

一“   H颯   H”   H ”  ●     D     ”

一●   一 日   ↓”   一製   . ”剣   H”   一日

““   ””   一 劇   H”   ““   e     n

一N   一 劇   一創   一 H  ●     D     ”

”“   H 劇   H ”   HO   薇颯   鋼 一  い

一“   一”   H”   ↓α   ↓”   ”“   一口

±1

一“   ↓“   ↓ 劇   一“   H●   H劇   一“

0一

一“   ↓”   一N   一“   ↓α   一m   一無

卜↓

O H〓 0

オ H  卜 一  0 日  い   ●   一“   ”

い ● D II● t●

ID"'C D LDLDい

日‐ ‐ ‐ ‐ ‐ 日

'

'

' aefrts--e9e eo9eeee e lrl!Je-ddd e oedt'eee ooilecoo ddoodHd o OOOdOOe e eedel.eo ddJl-eeo eeC{C.te=a t.*ee€eo c-lc.l€eoee eoeoooo e FFeoooe e eedoeee €oQoeoo eo(:(te€e eeeeoee oecoeee -9e dddeeeo oee e oe oe9ogeeoooocoee eoeo IJD絆

0・

0

● ‐ ‐ 静 ‐ ‐ ‐

O LDい n‐

‐ ‐ ‐ ‐ い い

H→ 0い

H‐

〇 ‐ ‐

C"吟 d* e -

eceoe€ee€eoe0eeeeee

e ee

H ee

eeo

t ! ! * J. J. j :+ |9 t4 r Q !,, l.

J J J.*'

C{ C'l C\a C'l C,l C'l C.l C'l C.l (\|

o| C{ C'l N

C.l C.l

d H tt

19 Gl C'r

‐ ‐ ‐ ‐ o ‐ eGo ee eeo rd *dd eo e3e ee ee€ dd tdd ee oeo ee eoO o€ ooo ee eeo eo gee €e o€e eQ eeo ee Geo oo oo€ €o ee6 oo ooe ce eee eo o6tt eo eoeeo e9€oe ddctoe

""_ ""‐ 6● o● ● ・ mo

‐ ぃ

eoeeeoee9eee€ee I I

i

e oe

o ee

eoeeoo€eeeeoeeee9eeeee to to t., f9 !q m m t.: r.r F, ltr to F, tt r., t' |q m tt o tr: !: dddddfrdddfrdidddH

, I I

-oeeeeoeeeeeeo€eeoe€ee eoe e eoe e 0 ee dddHilidHd#ddiidi

e e o€

ooeogeoeooeeeeeQ

e d H d tr't [\ t\ ee I d di eoe eee

eeOeOs€geeoeeegeaeeeee L'l L',

I

・4口 ●● 国 劇 ● ‐ 日 H"

==留

eeeeeeegeoo6eoooe-ooeo

j

・4‐ ‐ ●│●・I劇 ・│● ● ● ● ・

‐ ‐・ ●I‐ "a● "o」 ‐ 00∞ ヽ ‐ ‐ H "い ・けo卜 ●0・ ‐‐ 輸」 ∼

d Hr o o e

f-f.-FFFCDFFf!FFI\FI\FF

eeeeeo9e0eoe(te00 '

oee

eoge

til !? !: !'l

b't

lll Ut &1 t'r L: tl

HndntdC.lC.l

oI $lC,lCt

OO. r'

lt, .' t t |.l

lO

!: lf,

C.l C,l C.l C.l

f! F F

@

O

CD

d

C,l

iO t\ It l'J

o

筆 α ・4● . "‐ ● ‐ ‐ ‐ "“ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ●●‐ ‐ ‐ ● 銀 ● ・ “ ‐ ‐ 日

・ ∝

LD II●

19

0e€ee€geeeoeeoee

‐ ‐ ‐ ‐ ゆ LDい い

e eg !'! l:!: e ee e ee il *i e €e 6 eo H dfr e ee J :'3 c{ C'lft e ee F Ft\ e ee o ee e oe fO doo eeo

"‐

絆 ゆ

il e e e e e e I o o e o o e e e e o e e

-*J'

‐ ‐

0わ

didHiddHddilHddHd€eoeilfr

0

H‐

い い い

=

:xo. d :

iFdd

C.a

F

@

F

@ C,l !O

C.t

:f Ol 6 !t

C't

Fl c,l

e tl L'l t .* .' t'l S .t t) !) d € F t" A dd

\O C.l

!'t!'l J :i I\ F !', t: l|.' :f :' it t F F I\

b1

J F

.O

O.

C'r

CD

!) J


T・

ゾーフ 「 だ/1レ

7・

7a

町 シ tta ヤγ ヤ 子


″ ―フr/ゞ ィ1ン ク θソ L う え髪 “

フトバイキシ γ薇魔


0ご

σい 一

ヽ  ノ

企゛

、  ノ k

〆   ヽ

N一

Nい一. ¨N

0 ■Q

σ“ N

Nヾ

。 “N 一

一 .

υ

¨”

せNO. ゞ こ

卜 一0 一

EQq

0●Q

一 .

m絆 v .

●一 0. m晨Ч

m一

0卜 一. 卜N

● N■

′ ¨

0 .

O N N.

N“鏡 0

0 .

卜● Q

0 0 o.

. 0“ 一

ヽ N

せ一

いつ

盤 . ゛一

S 一 .

0 〓L

寸卜´.

いN

O σ一 .

一m

0●

0日

。 卜g ︶

ONL.

0

N

1

m

m

│ │

│ │

σ

g 寸

m 0一

0

N '

m

Q 一

い● 一

いoし

│ │ │

N

R

0〓 0卜 一

● σ

0

Ln

N 一

‘ R “

ON

也 さ

轟 EЩ 響

一菖

導 ´.

0. 一

寸寸一

0 .一

卜●一

J′Gヽ2r

0

N

(C

P

υ

0

L

N

N

0

0

m

ヽ ぶ m

│ │ │ │

0

0

In ∞

0

σ

0 0

ゞ σ

H

ハ ●

ト ト

m “

σ

N

a

In

m

Я 0

│ │ │ │

σ

ト σ

α

J〓Z夕´

也輛5 償

口 ・ リエ ,

漁■薇

2っう0

ギ 2 営

壺¶ぢ゛ さ 一

コこ ,

聖 踊 コ 撃

”っ ス ニ

つ沢イム

m綺 ご ρ

五日‘田 E儒


Ⅷ卜ll‖ モデ lし 実 ri私 象 に耐 寸 ろ為 象 C、

P、

F.尺

.0_● Ipで 、こ 豪 t矛 lA率 が ふ ↑ ,た

の 烙 Cで あ つた 。こ戯IJ。 や │`り XΔ が可ぐ4く にお ヽ値t示 した。 うた めであ うち 。 手た .Ftcnス になヽ こ れ 綸 、)也 q■ あ りtaЬ 主 動 絵 0血 く に あ る こ とヤ 、

`うら允 kaが ヽさぃこしが滑 邑に11(ヽ ヽ 各アーン角 'eぁ

ろし

ヽら Lう し 、 ン、].く の点 旬 考 Pヒ Ql」 ソ`一 ン

間 の つ マ が りな∼グ ■ いの で 、ど う し て 七頒 :各 ド 行 くに く く ■ 1て い る 。

(ar_3tti′

と a t rLへ

(″

ろ ヒ、

a“ .そ の範級 が し こなら taた 々 いが 、 ′僣、 危え覧鼻 ` の あ多うソ ´ >ι ム武凰 Δ の θァ ″ >4` ら乳 た 、しり

t.風

武 anη ン″ ンじ 略腱ゎ してい るため 1資 aり

な け 、解L各 来 ろ 可1ヒ Lギ な くつ ,て ぃ Ъ′ 「 1・


η後 う厠70る 晨


6tc1)!1 )し ヽ て う働4乃 1啜 で11哺 ri猾 輪 の鶴諷 形ヽ 'つ :(【 “ しt,つ くづ 鮭 1承 .411′ 毛デ ,レ 作薦貧 `ク 千あFi丘 ヤ 'で つ n網 7沓 卜や い■=均 餞的次務ザ 千 4ヾ

aが 有可みで↑4薫 てしデ i

41,'員

t)ゲ

ドラだ41ν あっt,

ザラ7員 卜↑11有 可ねお驚彰 a左 が,

lノ 歩、毛7"ル

1て

tl

ス歿で 可ずっネてし41ラ 妬ド 1ヽ

.

荻化やわ1り 可1). │↑

11カ n4■ 不略1も (lπ "ラ 〕るイ ″ その用ア4

:↑ 求め4甦 ザ りしlて 在みん けつマラげ:″ %に 潟

古 経 ヽっtし もり。でラK巧 後ラ:,1ゝ 冽 【〔 そえで「ル 縮 でりうし11ヱ め■中でい 〕じ化 う。 "、

`フ

`ヤ

くり御あ身及が御麟Ztll 次後K, 力月ζギl夕、 ロ 千やっt.ヵ :Lュ ィ 屯力私後 、す 1ス ニ毯 印1/gL考 イ 1ド

久島,大 鶴櫂L司 ■ 1長 性層市民K:イ (Gttt)tt `二

ll。 1千 ,現 寃ドタ慟力 11で でっ千・及ι存た

冽死44カ くイ:衝 α:]4巧り《Fョタ1ヽ よりψイt tノ

力 tル ずつう。 /′

牌 奸 〃 員β 日


1∞

ス訳

/FLプ

・弯丁 て 「

D7rっ ミフ ア'入 鴫 J

L ノン ム ス ・アlll彰 久多化 「 建象41め

462辱

"。「

燿響 彩

J・

ヽ』ア 九 街 4ア 1"イ ブ J

,紙 壻4人 「 人 4つ で 彩 国私

沼瘍L

`ヒ

' ・ラ λ止ル 史化 了/FLド きつく衆耐倒友歓J 颯ガ ´,

ブ´ム得 ・仏ロエ´ fク スイム4協

J

媚グ ,P

azi厚

。 新筵来イ4条 23了 後数■働 ュ 形Jア ・ / 彩 囲れ ・Z戒 名称

「 鷺 θlも 理 イ 入 Fn J

・ 箱建衆イ4条 //「 歿4S2J 。 17樹 ι 了形 フ ,詢 多ィ後排J 。 メ k4ヒ λ谷工可

%後 雰 者

燿″

“往 媚∫ 7'F 彩風

り 脅 ψ働終 “ ■ 「 行動Z74S狙 尊ユ `′ 7・ ヌ リ

肉 出力 民 '寸

イ1-

'I`可 `ヮ

│レ

丁z趨 掟 身の嬌 図J

嘔り

ーイブ 「 歩イ マ%4グ ran」

1ス

リフ スえL

酪ィ λ昴路

沢ム :す

′ 派ι化 「 筵衆滸動ド令1)行 動a考 ぅ莉及闘 “


170

J

嘔′ 7・ // 趙衆叉花 `J 。ワ`囀 クタ´ 丁砺 謎λだ,1し 幼痢ヵ

。調J化 ■花

陥′ ′aれ 7 脅

丁隻案 “ し拷′争 4人 間工″ 」 媚見・ ノ

た島出晨次 ,イ 協ン f人 枡動作ゲ新 Kき つこ闊規縫J閾 イ ⊃看 項」 嘔δ 稀i孝 場魚 :ヤ す 十霞■化' 丁I tt K今 4つ 4動 峙達 4冽 ア J 沼 〕'/′ フ舜 ♭ チ P,謁 げ・ 7 大次震」 析 ′ (11、

`%/′ ‐ ・イ舗′ 確し化 「 人ran 多 鍋条ぅ冽質 ノん ヌ」 弓チ 4

婦チ 7∼

輸 入敏場魚

リトワ ク ・プー トて トフtデ ル 孝 1飛 ル化 fみ 、 トき乃有稼 フミュレイフョフ」 媚り 毛術シフ木 。ォ付嘲 ヾ一ツサt,フ ピュータКざ⊃親 各 Rμ 化 丁ノ ,ヤ

7砲

動 毛デ 」 醸 │レ

'7′

∂ 花騨フアぷ

・夫衝夜■化 r人 しつのえ動 フミュレーフ,フ 」

媚▼・ ′ 屁耳フフポ ,晨 :マ 飼 準化 丁人間´多鍋条 4司 賓」 媚グ∼ガ 稀 ■報七魚 ・イオ 1'薇 ι化

丁ハ′L卜 ょうイ マ動1し アル4作 ズ 」

粥γ 大玖晨胤集


171

′ 夕 寸 君 7魚 μ 化

/′ L卜

ざ ⊃ 行 動 _フ ミ ュ レ ー シ ョ フ

ュ 粥 浮 代a及 確集 。 す鷲`歿 ル化 「 筵衆脅働 ヒ行動 フミュレーショ フJ 竜瑠 フ71(

粥5チ `オ

鷲。 派ル化

丁メッフュ・オ′ トス トブモ7:)レ ドさ

つ行動 フミュレ ーショフ」 形

"

《 尾塔フフカ

・イ鷲・ Lイι 丁拠■髭 許動4千 めのこ鶴イ勃 tデ 薇口 弔

" 3ル

Lら

,及 ι存 之ノ屹

│レ

J

M TSCレ ポー ト

丁人 ι多 4有 効 tデ ル4石 ア J

形五

隠 57 大ム 震 旅 魚 rル う 晨ιル たた ‐T五 難石動 モ〒 ド賀1う 冽グJ

′ ろ

,7 よ4晨 雄魚 ′ 枚電計考 峰孫、 「 晨 わずれJ

:

フト私 ・子篠常二 「 /」

離ガ・ イ ダィャt

7'質 %次 の胤 ろん動 フミユレーショ

解ガ 電専フフパ

・外対キイ L′ ′ 2日 哄 乙 「 n武 運 ノィス ス11新し摯ユ 厖

%

巧蒟


172

冤薯クフポ…a升 建史呼ム毛耳緩利用フフパブη人 、 ■外姥宋イム夫次震雄彙 水a根 樅魚… 術 負敏七魚…1升 之索ィム怖負霰ろ条


ヽ 一一 ●一

す)

 0 ” a      7 一 ュ 一                        ヽ  一  ︶   1 ・

■一   ¨   一 シ■        ・ ヽ・ .

411

i

l

,t

f■ ●1 ,  ﹂、ど

“          ■ ● 一一と .

:l i:ス

‐ `

.●

、 ア .´ ‘   

ヽヽ ウt

オープンスペースにおける行動特性に関する研究 遊園地における施設計画検討の方法について  

1982年度,卒業論文,鈴木大二,須藤亮