Page 1

・ U8207 ,′ T学 ヨ 稲田大学 部 学科卒業論文 早 準箸 ´ │ ■ `指 導教授 渡辺仁史

。          ヽ 一         ・ ,

建築計画と安全 設計意図 と(

安全計 画 の提案

池 田 浩敬

 で、 、三 一一〓・ 卜ヽ , ・ ヽ“ ,


卒 l業 論 文 建築 計画 と安全 撃計章図 と、建物利用 者 の安全意識

睦:● 担連からみたJ安 全計画1提 案

指導 : 波 延れ た 助荻晨

57.10:30

/790“ θ9池 田浩 敬 〃 9θ こ■ 58森


① 烙じめに ヽて16-1為 に 、 ■ 怜っ てのム 之維 斉八長 力ヽ のな な におヽヽ ll優 1'■ とい うtの が 、 }■ 、ガ ヽての 争 に あいく :そ の経 治′

象 後 た L考 ぇ られ 、 金か l■ ぃ ヽぅ toが atな り に th いて毛 この ここ :1.建 築 外 に おヽ

参魔懇 デ強 くあ った 。 颯 作 であ った 。

し″ し .々 a、 そのパ 貿ttな うへ・こヽ

` レキ 多.´ ジイ ° >文 実 にべ た く ム 3よ うな人杉 4■ ホ ヂ′ │ヽ

目の 当 り して 、イa盆 冷 1■ とい うもの が「孜 あ て _乳 ` ヽつ : そ して_tら に、こ 遁 t hЪ ように を '■ さて 、 :必 詢 │二

、ぅでのの らl`.た の 企之 1■ じぃ う at通 して、豊変 し、 真仏 が■ わねЪよ う に そ うであ ろぅ ′ そう した いで 、 縦討 れ ,、 建 物 にわ

6全 生 し いぅ 3と に つ いて、ほ ム

“ く把 し てぃ くヽ 暑が あ も,


■ 目 次

じめに

lさ

■ 序 1       1

-1 研 究 目的 T2研 究貨乳

4

①l径 全 ヒlふ

5

② 理棄瞥凸にお哺Ъ犠4斐責凸o考 えヽ

9

③ 火災 こ雀全討凸

1-3研

2

14

究概 象

19

史災皐仲膠 隆 ↑ら見た人間晰 勧 綺性 2ァ

1 千日デ lW,卜 じlし 火災

_

①:出 央如 の建物 魚び その凰i■ ttλ

20

② _火 災概L程

29

③ 祖色状況

56

_ o_PIn題 点、

59

2=21夫 洋│デ ド =卜 じ,レ 火災 0 7

:

② 出火計l慟 状滉

  2   7

① 火災鵬

2


③ М 御 色中│じ とした人細

V―

卜燈 ワn―

④助火管理血及び人間の行動lこ .そ

.の

1問

-75

題点 T下 83

2-3考 魚 ① 後理 上の副課髭華ミにつ 【

104

tヽ

│コ て ■見らいろ閻髪栄、 ② 利 FRる のイ 1う 力 tヽ

107

お 1ろ 雀全な識調査 Aゑ 硼 へ榛 ・ │こ

3 ― 1 調 査の目的 3

3

-2 -3

訟礎

=カ

ガ k

.│││

‖2

集討 継 彙

急団進:出初弄:IRな のた、 裁

① 翻

② 勘 矛lFRる の陥梵た、 訟調査

3-4為

‖7

139 157

4避 姓七デ のオIFR力 光、への北 乳 5 研 究絶泉の吸約 と今後のあn 6 あとがt

175

7r 参考文試

176

lし

162 173

―ダIを ■―

つ ︶


1ル ・ 1-1

硼 乳 目的

災 盆崎 に あヽ る建 物 ハ の 人間の行 劉〕■1そ の 人間 の2 lす

物 魚び 贅 雀 に す 111認 錯い 位 力 に か つ て大 き く象 ■ Ъ 。 この際 、御Q討 崎 の雀 全針 み にあヽいく 考 え られ た人間 η行 動 と 、家解 の 人饉 の行動 し│き 、大き■違 い が 生じ ろ こL ・予 浮1し 、建 物 t矛 1凰 が から。 それ │`t没 封 羞 ら な 凰 【 び づ ろ人間 の建 物 み び雙 合 に対 す み鶴 識 しの 間 に ち 在 7ツ ギ‐

7・

本硼 先

13

に ようも の でム ら ・ :ひ

。その で ャ ツ1・

=卑

例 鶴 資 Lア ン ケ ー ト諷 査

に よ つて BAら ↑ に し 、さら に、 それ t解 消 1ろ た め の雀 全 封 凸 の カス t澤≧集 て bこ ι t目 的 こ1る 。

4


│-2 計究背累 O Vt v- tJ ク全 とヽヽうZ葉 は■在 日常生j占 の中で_ご く者通 に用

ヽるが,夕 奮そりもの・ い うヤ tて ヽ のえ}tっ ぃて 言 こ │■

=itた

者t少 なくあ3り 晨われていない。

日常話 ともい うべ きウ生っこ と、た義 tて もた0な こ `ξ ヽ 、夕塗 っぃて、どのような狽]面 があるや 表 tJ冶 ヽ 1ヽ

│・

承 り上lザ てみ る受専 13わ ぅう。

'

│コ :が 資次 ″娑″ オ係孝宏多 ヤム 多啜次絲 ;うこ染の力笙 J、

lllと

11オ

著lb、

(建

ヽ妥右所力協議ィ 々資料}_L9721を 築学次ズ老

\」 「 才 荏 に 0` あ、ヽて、「 夕こ と│」 有 ぬ

│`

り るJ顔 曰Jの

二 つのテ ニ マ11つ い て、そ築 │■ たず でゎ るノしバ ー 14人 で、ブ じ一 しス トー ミ じグ 〔竹 を ,た 結果バ ちり、・ 申 4″ に IJ口 つの相1面 ド わ る と■1ヽ てヽヽる。 1)れ

・)務

に しって力生 ざ ゎ るol` とい う、ま も るべ │〔

,す

`「

1象 J 夕

` `う 1■ 夕左 でゎ ぅも とヽ 実な の「 手因J

ヽ3↑ とい う「 zι 識」 ぅ )夕 全 ぴをぃ1だ 色 口 ど う利賄 さ↓ → ん 咸、孝み、 1薯 とぃ う「 4ト タ 41く 籠、 」 つ 4まンでわる

.

5


0-11」 _こ

ヽうの関係 を回 キ l■

ネ lた tの ぞ

わ る。 │:J ) 学生の概念構造 │(文 献.│ょ り ゛なく 、 =オ ス術的 を基準で決りうltる tつ て 、

す 0わ う、タ

′ ぃ ぅo、 │」

口①―

l二

意tる 、 全対象とlゴ リ、日O― │の 口つつかl面 いう縦 ヽる。 討 14け れば そ うい ヽこときネ tて ヽ わ た決に防ズト関す る繰 くを規 定が 建築 で 、 太筵薯・ l」

」`えで そさて、構造1.:1硫 など個々っ夕野 絲正 とくり 1ヽ

え結 パ進んで きた現た、意t6べ で対象つんいと ,が わ や│卜 ↓ 1=3、

at7と

を り 、 ス街 tウ 生ltず ぶっ↑、 そつとらえキド

あ 往 らいでをい と多え 6。 そ

1ヽ

l]褒

繁 │・ お、ヽ て lこ

人Palヒ 生落 とい う物磐的 に13

` っ こ 1)と と らえ にくし才ネド深くい↑めっていること

l〔

よ る。 3二 人間 の生 発

5ミ

1ヾ

、 災 イ l・ 1人 全く 。 )か ゎ マ て 、ヽ

ヒ 、多kわ 実孝つ孝利 をみてもそ:│く あらわ卜て │き

卜常時の行如 卜より、気 、`6. 日常の生光ン,為 、そtて う ヽるよ うな をの様相ち負わると、 意F巖 害を大ごく │て ヽ Pn3題

もみられ る。人実者)t,` ざう│ず 、日常時 おぃ ての │■

ε□


ミ 人 `イて ヽ ヽ り Jと ける 「 て .滑 イ す す も リギ 71tお 見 ナ │」

.め きば たり、まlSと 力 生く│ス リ│て 、白オ lt ` スタ│(ず にすく t力 `と、滑リヤずヽ 材劇 でなくても、 ヽずドザ くと、 ヽる│こ うと、久グゃ 床/1上 い 変わってし

間 IJ歩

13と

.

t卜

│す

あわりず転″」す ることが あ り、こ率 ↓材料 の物理的 な崎 ll■

ti」 を い 。 のみ 1ヾ 滑 り孝 故 の承 因 ざあ るわ │す て

ヽて13、 このよ うに f榮 ドお ヽ で く 0\ い わ ク て、ヽち と、

ヽう面1ヾ 太 生光、 角勧 と、

きた右多 々の肉熔ル とくに力 見定で

ヽるものではなく、生活 t模 々をものがわり、幅ド れ てヽ 卜 うぃ 。

更簗

│・

おい て、」や るへ 含夕 1象

lJ生

活 テ為でわる.3 .イ

この対 象 ざあると 久え た生活右 為│」 同時 に磐 築 の 目的 機 含 る。 日常 の生浩や 、キ 常時 のイ ↑動 い

o`

ん ltよ ,て

13、

商実打蕉乏工率的を11易 │(さ り、個 くつ絞街 つぎて象 ヽてもFF4界 があると久える。人F83の ね止 η的に準備 lて ヽ

lヽ

百変わ らなヽヽこと ヤ 、生光わ為 、ハード看巌頌 13ど にキ ヽら、 ヽこまでのハー トを豪騰 ヤ:じ のま渇や tオ えると、ヽ │て

,フ トの対 こ に17て 対娑 2/λ 心 し ろ生活なあ とぃうヽ

る 方 向 へ もっ て十 く ヽ 之( メ″性 とぶ ド6。 人間 lJ tt j七 環 メ

空間 の膨 亀 f枝 わ れ i、 ズヤ淫つ1だ

)猛

` 、た のス閻 とので

7


│`

ヽ 。1お こドヴイ わり)9ボ え た ビてイ もと、 1多力tて し る l〔

危皮になると、 そのた確 t淀 わ と、回選す るたつ卜有象 す る。 きた、級夕ll〔 よって│∫ 、左林 の人のた液 ををく, ヽく竹角 t、 生浩影りたと千常に反 そうとす る。 尊係 のオ左 り「 対象Jで ゎぅ人の街如が、燿雑 看様相 ヽても、それ う卜相通 るこヒtJ、 こ薇す ると をホ tて ヽ 「 tを

ぃ とtt t`

1ヽ

わ らず、環之の変イ しに

危確〔回遅

'11て

生シ 多行為 の夕史を図 ううとlて い るとえなtう るこ ゛ る ご とて 3つ 夕 にいざあ るととtト ズ家 力 あ 。 it lJ白 妥 t、

)・

│す

'め る。 る夕生 をメ え る上 で たtη な こと て

きっ て夕生 とほ

ヽ61で 態」 「 生若行為が史常的 トトtた い てヽ .生 古右 あつ1だ 鶴 た千幣卜燿κす る機 「 人、そ黎卜、 」 nこ

こ為 t てし、るJく

R罫

J

ヒた表する。 _盆 全 lll そ して、

L I各

、 上 記 に関 てろ11能 tネ

ltの

で`

ある 。

8


建築 ユ1・ ち11 る申左計ムのオえな ②一

`ャ

建築計ユ

建築物 をつくりにす ために│よ 、tま

t゛

きな′野の晨代

サ浮でわる。それ らの%級 衛 │よ .そ 棒なみ姑自の側面 ′ 、 い )1つ て4本 4ノ に れてlた 革衛 であるc tl` こ魚、 建築

4ヾ

をっく!1出 すたりにlよ 、 これ らの話腋綺が絶冷的 っ通 `ゞ茅ぜわ る。寸なわ ら、―つの建築 口 イ (わ れることで 1ヽ

}■

〔計ム t^設 計するFめ には、雑 々の専,1分 野の最続 t tう の話腋術 の間の矛浩〔′ に11す るとともに、 そ↓ 周ヱ t、 ヾ曖夕でわり、 この機右の減衡卜が未 綸右 ヒてつくことそ

「 建築計ムJと ぎばれ るものである。 ヽをつ `った人 また1)っ て‐ 砦額んドヤ有 なわれてをてヽ )・

lan生

浩 と″閻っ対た を扱 うガ際も、孝間の花進につれ、

わる経″夕Funゎ るぃ 料子とtて 1丸 土とみてるようにな 4『 1々 野が、旅表の「 せ簗 ってでた。 このような右 い ヽ ユ ヽるものでわ 6′ ここて 多 、娑築物 を中 in │み Jと よばン lす

l古

す る人晨の生活上の″衆に汁 lて 、 どのような遂榮空間 ヽ4ド そら4フ を聞想 ヒなる。すを をつく,て たえるべ さ力 ‐ わら、人女の生渚 と菫柴r ralの 対應乏董晨 ヒ、ム浩上の ′ ボ こェ tく 杷Zす るとと力 l〔

これ 適切 たえうる 1・

│・

9


141と 考Ponド 英 奎第多 そ柴空躍 ャ出の夕手を彩 P夕 と 昇こつくるオ `るのでわる。 こ均てヽ

② -2

商受計ユ ヒ才左護ユ

人ranの 手求する建築空間が、比較的単純 ざκ規模 を │・

、Falは 、 人々つ日教 の子落時の生地上の多飛ド呻│ミ 3を 、 iさ

たす る寿索空間 tオ えいlざ よ↑った。た次、経済〕晨

4FTの

進風ととも}■ 、人たつ互痛ド″おす る姜傑 空Fonが 液

維た、た讚櫂ンLtて くるlFつ れて、子落時のみをうず井 漁時、すならぅ箕夕爵ドら崎る人々っ孝角 t灯 恙 l「 │〔

ぇることが、不lκ を閻憩 とを7を ¨ ュ 葛T「蔦 丁 ら訪ア討 百 上π 0て 。 二豊拝 ウ左を盛紫室Fgn

aォ

______― 一

_____ 一

建弊りも ま軍な性能めてっとt(ウ 4:隆 │1泄 ごづ る lす

'フ ごtい セ 116

計二、商ズ詐ム、ダ乏許ユそむり嬌卑Fl右 野でス 1な わ■、 主ヒtて 分僣lo盛 築物:卜 去通な才左性 、そのイん独立 ヽ .tユ 13、 1に /7i野:04all^面 11ぉ てつ冷メえら てヽ 「 こ│::で つ著蒙り計ムηヤなつ殆寿円:右 狩:の 話巖紙1ド 斗 1ヾ

)、

1ム

4回

711t務 4/Lさ

1`

ぃて _tて 熱右的卜液オl

itて

14● っ

卜ことと111繰 でわる .

│:礫


l` L

t

1生

ζ 史榮 2っ くヽ │だ すたりlt 13、 盗 練つク4 tヽ

と湾衆ヒ│て

t3ざ

1を 4′ 1右

J子

の話城術 乏調整 t、

総右 [て ゆく過な が1,手 であ る。 ゛ 【 こで勇 ダ「 字 左」 とい う こと自イ なに裂itを もと して み る。

、 、オ4と 夕在を回0-│の ようltと らえると

るJで

その夕4ド 関ゎ るJだ 光いオ策 を1つ つな1面 〔 M﹃  卜   つ の  的   慮 象  道   の 河  構 薇

飛 ⇔  て ︼

n四   い    ヽ ´ 茅   つ   = に  ん ヽ

、  .   L■ル    、、′

卜   の   フヽ

ん  て と ψ

   ・ ﹁ ヽ   タヘ  . 1 ︲

2ョ       a ヽ      z■

ヽ 入   へ  ・ ら す る と   討   らヽ

り  絃   で

よ ﹀    ヽ  ド ト   れ   と

一         鰍 去 雰         ヽヽ へヽ 話 柩   る に 杷  ヽ 入

う ︱   で   ヽ

轟 る   と

卸嘲 嗽

鱚 〔久わ t、

IJめ

ヽての矛1断 基準卜よ リカ4・ oヽ どう↑力1片 でltろ で 脚1面 卜つ、 lた

がって総右の段沼ぞり押1時 基準 絶贅 1的 に史せる lよ

もので11を く、学生に対す 6≠ えオで求めらいるものぞ 111め た│ゎ 賃イ ある。″│え ば、日彰のイ lll■

l〔

、めるな晨めん腋

と資り入い て難築物 を夕l凩 す る場をもわ ろうと、こ清

:Lつ

滋Jこ 、楊 著経たつ芽故 ならば(ギ むをたない ヒずる

場 冶 tち ろ う。

す看ゎり ヤ4性 け整簗のに対的緬4Lg基 準そllを ぃつぞ、 、 き 414彙 lllを ビ人間の生落のたらの発手求とっ 関連て、絶冷 的 にとらえ らいる現多4ヾ わろ。 このよう看娑榮の夕4111


と人間 の生浩 と空間 との対ん で紀 右的 ltと らたよ うとす

るりが「 才生言 ャュ」ざわる。ろ すで´棄 「 実計ユ」 ヽ tて tた ものは、、 わビ1子 落時リカイ計凸 とぃう とぃわキ │〔

,オ

ことにそうっ。

② -3

ヤ 塗 arム の あ りな

r梁 卜関 す る学生 を、人ranつ 生落 と夕閻 ヒつぃいゎ り   瑕

う   さ い  で 面 ぼ

・つ

い    ヽ と  が

゛ とらえ て′ 1く りが ク′ 汀島 て め う

終右

"卜 ゛ 1引「象 饉 3ぴ で ヒ ヒ 37 ぐ 栄 の多

て t3っ て

、ヽ6. ひヒたダ沌 iへ のら 1琺 1が 角 あわ1ヽ て lま う と、 │ユ 盾 ャ譲 ま築物 り管理だ も4つ て、 その利 用Z卜 に 、テ る

のこま│,ろ t↓ ヽ

力、綺 ら0ヽ リキ 能 な譲 り形 め,

tて

着1設 _計 老 ヒtて 、■ よっ て.タャ ユ 乳着 メ 1ヽ くイ黎 ド望 ]]1、

6。

モ、そなく てlJ

「 が、た々卜 して、右4わ 卜 6し 、

│・

ヽきき史策物 を り誇質り配庭 りたヽ

夕l用 す るとい う

ょう inで ぃ るよ ゎ ぅにな,た 〃コt灯

、より然右 的な晨夕}1)と 課ずなら 右的

ヤ乏 のこ回 設多

`

l〔

、 妥築物がで

ま っ て ヽ` ろ

中左

│ず

l、

.ll`

ミヒがで1ず に,申 ln老 っ蔵ぃ所ヶ 盗 る   ﹂

た ヽ

計老のこ口 t私

12


アそムで 、 一貫 tに 織な的な夕塗計ユ│よ 望ソ ,を い。 lも

「夏百長可義Ъスマ:F尋墓ニ

畜 理左ヨt・ 認講者が

4 'Jり

運:曽 (曽 聟 、ぼ11) 壺 手lnZ〕 it靭晴。

           

ヽ引1111メ

0■

鋼凛

■L F I I I l t

警婁

嗜”  ・ 十“神

義“

一 

一 一

口剛回

(絶

のす ‐ 1ヾ lソ ユでめる 。

図 ②―

l

ク 4ら r』 り と ら λ身

口② f!ll。

ιつ こと 〔口 に ち らわ l「 tの での り、 前修

より熱省的ウタZヤ 凸 t綺 を う上│で ・ つ孝 ぼ票 ア右、 つ● リメ X・

物った主、9引 き薄 lユ 雄 へも計ユ落,多 1移 ヤ姥 お参10ず るッ平li

t F、

すものびわ る。

i3


③史隻ヒ雀全諷ム .

α,義夢乗物 にお、 日ろ雙盆 の中att i:1ろ ユ O,F夢≧に :向

雙なし´ぃになつてt tヽ ついう rJ

種 類 の受 盆 が 乞 孝れ ]。 そ れt.1■ 象4口Lq ttLい に よ ろし 、411.担 摯 .氏 水会 寿 .tの 二 η

って構 け て “

毛 諷 が 自各 現 象にス 13宅 .otr摯 に毯然 葉 生 じ吟 曖 ヽ口 A傘 雙雀 等、■L_し て κス 釣 4 喫縫、燥基 、あり 、 髪 ALi,t9■

宗 二貧 乞 し鷲 ぅ 。 各毯気く に お、 ( 1ヽ

.そ ぅ■ ■■亀 o中 に ぉ ぃ てt柏 .if晨 に角:く の 「 “ tう 人々 と 奪ぅ′ 貧 1l tな んでい )に 実 しい うも の につい て象 リ ニ け た

o

.

地震 .ム A孝 自然 雙 盆 4、 と 七 人凛

=o月

.に

.そ

ぅ 主 を驚 凰 下 .夕 をヽ

七 僣専ご孤 ι 七 じ が た ぃ た4現 象 で ,あ

.券 像、 A焦 亀 史な ど人餞 :″ 全

対し 、た実 の 基 生

く鳳 身:じ を ず凛 ■ 1■

bの

J3七 o「

ごく称 れ に あ るが、 た 1

人阻 の不 二た、 晨バ に よ うtη な キの他 人ル 1的 な 「 “ ヽホ 略′ あら .薇L・ llて 、人爾印だす 々 ■ き,し :て 、 、ふ禁 13

部分

r―

え 然 に続 け b関 す τみ ら。 しな し 、こう した 人餞 の 注 ‐ 危ヵ

L:ぃ

`く ` ら七qに 10.晨 え ″ ム リも ` た■4縦 綺の :う

14


繹 報ム が進 tι `t、

くれ だ可 に援 うの

`た

後 可 ぞ う。 そこ

τ、建 タ ト務 わ ろ人間 ιじ て 11、 吹Tの 維 Lt洋 lえ ヒ し て 、 それ t象 小 の薇 雀 に しどぁ 3九 カt、 君 サ 腋″レ4、 魚 び 人 麟 工ぢ 的 に4Li

t

ι う こ と が 菜 毛 τ あ 3._』

♭ 突雙 にお‖ う 封 ム の 役 わ リ しかし 、今 日“ 上な に おl tヽ て 、 史争 ■,,建 築 外 の 孝τηイ 間遅 nと ぃ ぅ ょ りtヾ な し ろ、た危 毯栓 ぁ ■ 2ンデた k雙 養 生 貴仁 ス の不力 き 、あ つ い 1各

.44Lの

な つたれ ウ レヘ`lじ η餞 通 し して 片

不 イ atホ らし

4ぅ ふ う こし″ 脅 か

“ つた 。 しぼ し、こ 初 にあ〕哺ろ傘 在 討逸ムに 餞 して 。た aム

.

ll nム の 4仁 ヤ 篠聡ゑ 鰺 、ぃ ぁ同´条 人 ιあ り 、ガ ヒ超 して ,

4後 的 に 薬任 rム ぅの

│で

、そ す t,く 没封 oフ σnフ .ッ

レτ 3う 貧訂 ゐ ■の τ あ 3. シ つ す′

末 ザ lし 。多 ,′ ジ

ヤ│マ ン 火粂 の新 4記 鼻τ t、 負知 ムη こ し,4.に こん び 雛 小 て ぃ なぃ 。込 ム η轟 ャlに お,い ても 、建物 瑕 疵 η 北ね μ じU■ り 、 その基 に あ ら設計 換任 そτ 考えな い こ と″ ″ か つた が、こ キ ヤ フじ 工 彙槃 る の役 五 物 責任 に艶いヽ考

`ら、静譴 玄在 子 t之 牟 16′ う々後 F独 そ )( え ち″ ム 項 4い 3。 レな し、争 力雙広刊短炉拶れしくて 、自由η授封 が 15


で tlい 商

tな

tえ 1い │、

.■

%象

に 略金 が なな り

.■

'tち

ヽう よ うη老 しヽ

た ら鯰 封 な 時 夕 4く を ぃ 。4ケ に 、塊 北 略 .リ ム ・ ヽり、 詮 れ る にし ,( ス Lザ 雄え 、 しっ絡 詢 を ヒ メが し

酷 ぃ ヽ七 oτ ム ら,ご 、 ■ 、一人の 々Hl、 地 城 ′ 「 りtaい ■t ヽぅ夫 崩 媚Lぅ イ1に iつ て 費 な 封ム t考 た う な ら4′ 、拳 、 │■

ヽ小日1′ よい と 考 え て 11な らを 、 ヽol` 法墳 に運生な し て し

も ち ろ んの こ こ、 建物 o名 殊 /11ヤ .力 l Faた の機 ぃ ら 、 及び くoβ をo-la角

1れ な 外渕Rヤ

に照 らし 、 敏 術 水 準′

4諷 象 し して 、当魚 染た してお、くへ`t表 務 tn宅

トタ l

晰 づろ又ヽ Qが あ ■ ・ 各た .象 地 の設 議 す 、こう した こ と が竹σ久てい うことr、 ゆ く ゆ くの法燒η議 秦化 に つ‐

1ザ らのび ぁ うρ

tし

て tう に 、美 ≧物 rた lolに

ヽてt.れ 封角 13.ヤ 考 7た 後 の段Mに れ ヽ

ン 2封 り・省 “ ム う4 Fl匁 Lし て .そ の雀乞 Lぅ 狙 41し 4年 1ろ 決 雀 1・

デ ム ろ.

秋 ″ム たらピ ク13か 4レ IA4あ 雀生 4と

う が■4t'う こ tt_投 讀 後

4_ 牟 にイタロ2る しぃ ヽ1

16


ε.,人 数 収 外施 設 におけЪk雙 手た 、建 物 ま 貸 し て

`に

たっ て t、

そ η簿 物 η爪 と

Q劉 な の た 雙 に に よ つて も K雙 の 1■ 後ヤ魂た 、 モして広

′ 対 164わ りな ぃ角 t豊 ,(く

名 し .不 名2η 教

の 人 力lrA4 3_漁 賃広 _3っ ッむ 3ヶ ■ )タ ー 、マ 「 タ ン トηしに お 1 3 ttlJ.確 年iに .1の ム 翼脅 数 ヤ

免 ねの な4ι 五 ぬ 6乞 :│な 4/2 い ヽグ_― ル .文 実

がた て て しつりし 、´ ■ に 留 てつ たくが た後 砲ボ 態に 陥 り。角淑 q挨 牡 老 tム

`可

爾´ll『 あ

‐ 建物(用 途別)の 火災発生件数 と死 71数

:

ホ いて,そ の′ ヽ ノ nに あ 分 数良 L言 1・ 「菫 午 百貨店 。マーケッ ト

τ全■物 文 実 に ムか らんキ t

増 し、 大t

t ran異 3ヒ

ヵ ,■

1(■ A貧 .1二 lR)

、 lkイ ツ 全t´ 底Lう

こム に餞 じ⊇ゝめ て しそ う ここ

彙  異   停   薇

l各

(滞 防白書のデータより作成)。

Jヒ

て い つ。 ヾのmt4羹 Й 史実 に おlぃ て

. 5 0 ・

人 0 8 3︲″ “

tう tぅ 変 物 にわ1月 うま象 し 、

ヽ大 牟 │こ オリー な あ り、

が `千

イの 上 て全全 4邊 難係 色雄 残

目 0■ ■燿 馴 ルの感 悧魔と硝 数の経 07-夕 より僚総

(● ●●●

(文 誡

件数

8 2 9 Ш端 7 4 6 辮 師 脚 ・ ・

・lマ ィ ト■ じ ´taめ たm文 チ 逹

こ う した 。

3。

。 1,llR)

17


し、rp o人 々 tt全 に選 牲 、曙 tム ここ な 呵ね げな らを い。 しかも 、桑血 な・ 4、 小燃羅 築初 の増加 に よる矛I ni

ム リ、

ヽに動角 4硼 多 1に 乳マず4ら オ 亀‐ 書 つ _科 年│工 肇ら

`■ 邊箱 封 ム o薇 術 議 維 が魚後 tハ tぃ う ´

:

ゝ':

_ :二 J、

__

18

、︲︲︲プ// // ヽ八 ´

き角う_他 損 が え:ら み 参 ここを どt ム つた 久に切 16注 ‐


4-3研

究 薦L犠

て ■

っ 一 一 ム 一 積

Ъ ヽ 日 軋一

全 贅 ℃″ 秋 F lll﹂ 燿  隆 . p Ⅳ ﹁ テ ロ  丼

rl l l l L

千   大

火災 牟有1猜 a 徴嫌誡 )

ふ 凰額 究燥 に.ぉ 、 ける 雀 全:な 欲 諷 左 (ア ン アー ト創a理 装.資 44■ )

にあヽ けろ閻題 点●DA確 イL ■粂諷必ミ )色 識 hオ 臭) 凰老の雀ノ 塞 廠自 急団tl垂二 物タト :ヨ

鶴 梁 象のえ 集 (ユ

ユ″イ に よう週主哉饉モデ │し のデll シじο

n)

19


2

人災手/4J調 査↑5み た人ranの な角特性 `│う た2 こ こで│よ 、 日本の文 集彙上 争 く つFpl題 と段 1丁 々

ヽて、 つ つ鼻″1を 選 ″ .為 ぴ 調 ヾ 直 してみ うtと に ち、 だ免塗務 り

ltを

患 っ り 6と とも 卜・ 人間 一空

q4っ

F・

'た

場 で み っ め直 t氏 とむに 、 その同愚 馬 ド ど こド ぅ多 ↑ を

_

tど ぅ うヒするも つ で わ る。 2τ

l 十日デバー トビ 丈共 lし

名終

十日デ│ヾ ―ト

許皮

太飯市南E雅 減新地 5-l

目蓬

腹 夕用え

虫ま日時 昭紳鋼4♭ 月13日 萱ね時間 錮わ q年 5弓 4‐

│う

午//41。 時71有 噸

日 午絲「0時

4・

o々

遣燒嗜上 翌キ魏 5時 34(虫 χ後約 7時 間) 4‐

1 頻 人時間 響″前 1蒔 気象11滉 ‐ ′ 花湯老1

L東 敬 束メ

花者

41・

5′

布 (虫 ■後絢 9時 間)

5れ 11.9℃ 63/9

H8名 (署 43

負イ 場者 gl名

す70)

〔臀65 す 16)

20


出央甘1の 建丼 勿ん そのハ■ 'Kん 「 千 曰 前 は ,大 ほ応 落琳 雑 市内 の 要地 つ

´老 ,を ててに 集 めて 十 日 六場 を建 て │つ ぶ竹 ま りで、 明 治 3年 、 FЦ 場 が鹿 JLさ れ、 同 b二 1月 にたLき た こす ミの六 丈 13A誇 曰 4・

総 合巖 栞場 と lマ 籠屁 して 1に 。 煮 地 や味 多峻を下 著 ちユ

gミ

° そ して今 日で 日、 家

人販 ミす ミ と次表 す る繁率衛 ヒ

な っ たの であ る。

■T

十 日 イ バ ー ト13人 鞣 市 鋪

も3011て 難 浮新 夕

`

日 所在 ` オ ド リー ム組 た株 式竣江 ぶ盛 L、

ヽう。 この ビル 物 を驚 右 して し は 颯わ 呵年 Ю■ に盛 てられた

十 日デ バー ト

i産 (収 容人 員、 23oo 人ほ歌 舞イ 人)を 現 左 の,曰 芹 ド:リ ー ム嫌,7°6が■5晨 円 ゛けて改 迪 ヒ _

う年 12月 卜開店 したもので あ る。 昭和 ろ O―

1

属造 象骨欽 係 コ ン つ リー ト止 地 下 1陥 JL上 呵曜 ご簗 面績 6,110。 平 n図

一告 ,教 骨此

姥IE 3嘔

21 ぽ 垂面積 2,"5.g1 4na

図①-1∼ 団①,7 21


2t'€

t:rzzr2 tngr!|l

(・ 川)

―ナー

暉購 “

=ニ ーヤマ ト

BO-l

t3)

(■ ・拿売

澪 品 罐 賃 ロ

f,T-E+fiE

化粧呂発■))

ロ ロ “

ロ ロ ロ発 ロ

ロ ロ 十 ロデパー ト 津二 売場 =賃 ロ ロ ロ

案 内

!

寸 上

E凰 _._平 面日D ①

プ レイ ,ウ ン 喜 層 エ レベ ー ター

A障 :

B臓餞 (非 常緒 臓 )

:(:):L骰

言鳳着)ロ 口言

0

0

o

ロ ロ

ロ ロ

0

ロ ■● ・r

0

0

0

(●

) 0

(晏 ■

0

A晨 )

口 侶ハ彎

ロ ロ ニチf

口 (澤凛こJ'

0 ロ

団0 ■ ヨ評面日

22


ノキショ領事館 ● ■ ●

・ ●

ブレイタウン 口 ●

ボ ー リング場 (工 事中 )

毯 KD

七 階平面 国

Tよ

3r

′日

塔屋 3 ,若 屋 2 浦 ヌ

7階 6僣 5鼈

面 魚

1340o0 156。 00 200。 00 │,1?θ .00

3,350.00 2.049。 00

4活 3だ 2者

ろぃ AAら .00

′ 活

3,770,21

′ 也陥

みRAO.00

石_馬,0.00

3.4ろ 9.60

主な隅止

編 ウ ク´りしゲηワー

法 教 0

0 5

倉丘

花場 ・じイタうし〕 フ れドし― 〔

ゲゝ ム コー)一 〔 毛千日虐1 lR)

孝す 場 `拘 ″ フトマーヽ れ 場 (二 4イ 〕 タタ 易 (二 4イ ) o_に ヽ 多 傷: f4ロ ギ′ 、

リト ぼさ 屯場.痴 亡 場承 ケぎ(4Чョ ■、 ) 解 t櫓 締 ウ vnゎ .イ

′θ

θ ヽ

4 救

25


① ´2 Bヨ

貧 太管理 林 担 ヾ― 卜代豪 老 よ り同 ビ 3月 に千 ロデ ′

の消オ

│し

"キ

脅 島 下 白光防署簑 あ てに 提 出 さlLて ヽ`る。 この消嗜イ 勇 ゛ ヾ― 卜自衛 消菌 改組織 素 J及 ダ 者 の 十 て「 千 ロ デ ′ 「 甫た 夕 理 煮 蔵 組 織 姦 Jけ 441口 5∼ 6月 │(改 正 更絆 さルtて ヽヽたtヾ _朗

46年 5月 改 正 の もの│ミ lJ角 組欽 歿 共 に マだ

∼ プ ♭イタウ じ「 考 /0 ら}こ この ビ

lし

つヽヽてIJ冶 よ拳して、ヽな oヽ った。

の誌大ザ理 資″ 組織 糸ltよ キtば 、商 κ管理

曇著 P有 にヽ′ 卜多 老を1裔 を驚 争を9:1 癸硫ク 021暫 』 年くる者籠男 区/4 lて 商 K皆 2を 名 な うこと│く なっ てい た。 また、 ` ロ ビ の商 X夕 24俎 では、 同建物に 出入 りす るな 業Z │し

に も 二itう 規桂 tヾ 適 用す ること ビさitい ヽた。

自衛 消

8年 以 誇 防多1線 の 史絶lκ 潟 l』 十 日 デ バー トと [て 隠わ ろ

_

身 歿 発生当日ま で延■6回 、 プ じイタウ しヒ lて 昭和424 ヽζ。 以 後 、せ 口回彙絶 さltて し ① -6

建物係 ク僣燿lκ え

α 裸 孝晩 十 日ギ

lヾ

― 卜て ¬J、 如 務 負tヾ ノ 4ん 。 内 2カ 渥」 t、

12ん

1務 │:い に 電気担 当 │ル 、機補馘二当 1名 ぶ 当直ぅ 嬌 曰集

ま な務時 FEn l」 、 午前 9崎

30イ

∼翌朝 9時 知4

24


き た 当 日 IJ、 保 タ イ ネ塁 〔省 め て券 夕 14人 、 電気 .機 械・

のI_n当 者 の計 6人

│ヽ

Й tt tて ヽ`に。

。しイ タ ウ しで 13.同 店 準肛 受 │ん フ

1く

麻 夕 負 と lて 、

せた日店 1子 晨 業 員 1名 ド痛 塵 員 と lて 汁 2ん で閉 店後 の孫 ″ に わ たっ てヽヽた。 動 璃 時 F.q lJ、 21崎

30有

∼翌汗 沌 10晴 3o右 3で の問 .24時

翌 午前 2時 、同 7峙 つ o口 <回 と街 を うことになっ てヽヽ た。

b

株 字〔 回

十 日デ パ ー トで 11、 千 常 │`春 タ ス2ん が 1組 ヒをっ て )kの 着 時間 に巡 回す ることι 〔をっ て、ヽF.

0 23時 30萄 ①

∼ 翌 1略 60有 (プ しイタ ウ レも巡 口 )

o有 ∼ 翌 3時 3o有 翌 2崎 フ

0 25時 3o有 ただ 1、

PIn店

o4(プ ∼記 マ時 多

タウンし(回 )

Lイ

後の21時 20有 中゛ う約 l時 活Hこ わ た り、 6

く夕の 不 /■ 菫え 、商 夫 シャッ 階 0` リメ t下 へ2名 の採 夕 負■ “ ,一 の 開 鍼 雄 滝 ,火 氣 島 絞 つ た り に 上 記 ヒ l恵 男1に 巡 日 雄 絶 す るこ とに をっ て、ヽた。 ヽぅ22時 身改 当日鯛 浩後 1よ 、 21時 154r負 。

で燥ヤ負2名

1ヾ

巡ロ セてぃる。

その組路

"∼

404噸

J

│ま

25


保 ヤ 室→ 6唯 慮 員盆 蛍→ 6陥 道κ ズ場 → b“ 均 ― ス ト了´ → 4階 陥′ 1→ 3嗜 二 4イ 花,ろ → 2嗜 → l層 →地蔭→麻 ク タ → 芽鷲所 関旅 の分 室点′ 薇 →係 ク 室 で あ り、 この 時 に 3階 η猾 人月 1こ れ ,下 老 た場 的 辻 ぞ 六 十

η 工専 人4∼ 5人

6

千 曰デ

fN°

t言 モっ てい る。

― ト ヒプ じイタ ウ ンの連 絡 林瑞」

千 曰デ バ ー トの 崎 ズ僣 鯉 者 の多 え明 に よIι

lゴ

: ビル管理

上 プ レイ タ ウ ン との規 約 的 を も のず、 と り来 わ │す を く ・ 、 lll習

ヽて も、運 回は′ 的 )tプ レイ タウ しの著 Pィ │(っ 、 fを っ

てい る0ヾ 、 だ 災通報 l〔 つい てlす 申 1右 わ せ て、ヽ ` との ことで あ る.

った

/J・

d

``

プ Lイ タ ウ し非 常 出 口の施 掟 に つ い て

7階

11ク

ロ ークの 主に み るZタ ト階縁 への 出入ロス タ トの

ト常出口すべ てドた錠 ヌl古 開殖 ボ筵 となフ ひ ヽた。 この イ `て飼林 者に 手脩蔦宗 lた ところ、 胤佑営業 で ことに つヽ `り宏1ヾ 容 易 に犯 の あ ると ころ。

' ヘ ム λす るこヒドて

'P荀 きない よ うに、 常晴髄%た lて おoヽ ねば を らをしヽこととな

ヽう滋 喝 ド ゎっ た。 っ てぃ た。 と、 ① -4

故選薇機

千口 f・ パ ー ト関森 のキ 常枚χ薇薇 │す 、 1階 保キ 堂 に シ

26


プ 裂 ロリ カ 型

(′ oo w 50メ

2)が咤量祐 Jι

(´ ♯ Pェ

ヾ、枚二 lJ//1な わキしてヽヽない θ 斗 十 )で ヽヽる。 〔ナ ショ ナ ル wL― プ じイタウ ンの故三設凋軸Jリ ス 内 ι _卜

30vの 増 巾盤 ド認 置 ごル ズ ピー カ

00型

L。

15イ

ロが配 置

ヾラド関イ さヤしてい る。 バ しド控 堂}〔 ′ ムの角 中器 1ヾ 投 置 さ ヽる。 0イ ロが ,こ 置 せれ てヽ クL、 ス ピ ー カ ー ′ ① -5

誘 導朽

誘 導灯 の う ち │イ ロlJ若 電,じ t河 具 に内蔵 す るタ イ プて1

ヽる。 花 の ちガ 1回 路 に諄 続 せヤlて ヽ ロlよ リ ト孝菌 ① -6 1司

運 難器 具

ぅキロ 4、 2嗜 ぉよび ろ者に ビル の運難 艦 具lま agゎ ろ

縫孫千、名 │)4, 5, 6′

マ′圧上の各嗜に救角髪 (

斜 吟 式 )乏 ´基 づ つZ癸 こ t、 θ

57年

5月

15日

に う嗜

,

`∼

む愛 (針 湾 ギ )を l[増 謙 1に 。 せ た、 4`〕 6階 に政′ り 』″ 38年 3月

日、 4,5,6.1お

よダ屋上 に認 遇 t

ヽたゎタ tて 、 ル セギ枚 閉 泉 │よ 、 口史 rt〔 改ヵ 多f十 tて 、ヽる。 ①―マ

・りしク ラー激端 スフ

ス 7・ り レクラー言 ,緒

IJ、

31∼ 53年

ι 気象のほ当時の消鶴

法沌術 朱″1に 基づ 3千 日ふ J場 の舞合絆、 楽 r、 咲 子室才 P /a に

tた

tと 同時期に I階 ょ ″jt階 ェ んので、こル

`a tt tャ

27


面活4ま わ りに設 11て お り、 こキt lJそ の孝F有 に階級 室 こ ム が 老 皓 て斗tて い るた り そのκ 省緒 ニ ヒ lて 多 そ置 さヤした 島 つ と 思ゎ レιる。

① -3

7嗜

ん 錠 の株 僣 次″扉 の胴開 lκ 〕

手孝時 の A嗜 段 でlJ店 内に至 るトアク嬢 ド プレイ グ ウ ン募翡室に保僣 さキtて 、ヽたtヾ 、人実時に 1憲 開猟 tル tた

1に

に に なっ て お り、 太実数 κ時に 消就 ド昭 ITて ヽヽる。 また

矢 同階段 │` 5産 上 に ム ることので 全 る ド了わ秦いJ、 斗 ―・ ― で.千 日 デ′ ヾ― 卜保キ 堂卜孫 老 で ↓tて 、ヽた。 唯 一 つ特 711遷 難 だ線 で わ ろ B階 級 l`前 空 の象 t彪 4つ ヽてヽ ヽFが 、 ク ロー リと陥 殺 前 堂 つ ド 錠 tX贅 時 に lご 閉 ヽ ア の片 に !J力 … 子 レで日 │` く lさ レtひ ヽた。 ヾ― 卜 とフ E嗜 段 の子 常時 の髪 め藤 僣 1む んlJ、 千日デ ′ ・ Lイ │■

ヽたtヾ 、人tll“ntlま .∠ 上 タウンの翠オでを理 lて 、

虫 る ド 了 の 振it、

店 111〔 至 る トアの雑 七絶費 さルtiて ヽヽ

にち

F嘔 雛でll千 諮時 の店間に二 ろ 卜了9般 がデ│ヾ ― トヒ つ゛しイタウ しで懲理 され て、ヽた,ヾ 、渥 上 │■ 虫 6ト アの鑑 11千

ヾ― 卜で着清 tて い たたりにた贅時11も マ階 t

日 '′

ム た人lま ぃ たドZ上

:■

!J虫

`った。 ることtヾ ででをや

28


② た条概手 ゛ ズ 屁 活 │:8名 とい う わ が国 ヒ 箕ズ上 景たの惨導 とを │レ

った千 日 デバ ー トビルK史 確 限 つ豊 ぃ とい な

lよ

、雑 漏 ビル

│■

な られる偕理

とが 、な 事 をよ りい│そ うた含を も

りに [て 1ま っ た と言え る。 この ズ受 と契棧 と lて 、な 右 用五 を中 lヽ と lた 財メ対

オズ管理 イ リフト面と痛オ毅繊辱つハー 象物 対する、フ │ミ

tる こと:■ をっ た. ド 面 の規 停lべ 強 イ ヒさキ

ヽをぶ経 過の もとに引これ ここでlよ 、 その 史実1ヾ 、ぃ 勺 こ■ 11た り 1` 、 その1だ う えを (人 間 の 行

動 と lて 、

'1)を ttと らえること〔/え 、X災 フローを きず左磨的な人キ イ 午蕨 t、

き偉あ│だ 況 に つ い て よりくり │く と らえ。独 │■

間願まっを描 ます るたりつ資料 とす ることにす る。

29


千 日 デ │マ ートビ lじ 火災 フ邑一

風 び青 りJ晨 瑶

41颯

ヵ ‐゛終ltラ スト ■ 卜1=λ う。

1■

■■

.

1

れ 蹴 島継 41工

[驚 霜lン 行 l醐 墨 喘 「 磐

露 癬# 一

〓 9 崚 一 〓 ^テ ス

3 革”芝 吟 一

'.

3人 移

■F讐 出

1ロ

警雪量撃籠”

﹄y 詐﹂

軒 卜 ま だ 難詳 声

^"―

目 04 ●タト

者 編乳悩レ。

l

t: 1 zl I - +J F E\', qTof Et t:a7 lr*. ●,■ .ョ 2_イ ′つ 3う 場 4匈 二‡卜

.

盟臨 ι 電.3Fヘ ヤ● .

ltrl 3鰭 曲

I

't

rdtrsoAt4al#f.o.rrr:

3

Ao

lt

*lerll5tt. io(-i:r[ r: r.z

EatzlH:. iorlor jfirH$ttr 96lilh

・■キ像卜 に■ 知ら .

ね 出 勢 ■

laaeS flat111

/r

離掛 Ъ

:+rr*-1,*trr*o

〓層 ”ム

魏平

● ユー n■

薔︵ ぇ

質 〓

ほ 尋 ■ ます 一

鬱な索nt

メ丸 贅hF雛′

消人作 i

“ 儡3■■●f 嬌 ユ五 ‘

l il義 ヽ “ n祐 ね率

税鐘猛〓二番 竹鳳

“吉弘両鴻明ぎ“

消賄由准

71 ケ ー ド ト ■

雪 菅 li:11 i ti

。 満由 奪3去 嫌 .■ ■価 u用 す

.

融 よ作彙

融 絆1

凛駆 キ&旬 “

継 I攀班“ 卜Fit磁

面 半有 ドお一河 てくa 卜 ■,

患 島 僣 螢1 ・ ^二

・ う 日. ロ ロ ■1一卜と T゛a , , , 駄 おJ .千二 なモ‘褒一

3“ れ P賄 り

犠 ド織

” ∫ 1 識r賦 ︲

':30

組雇昇ヨ重 珂 二・

, 麒計霧 爵 F襲

9:"

30


②一 1

a

3唯

電気配 僣ェ 事閻考ヨ出史現場)の は 'た

虫丈場所

・ ヾ― トビル3階 、 スーパー・ 二4イ ムκ渇着│す 千日ヂ′

4人 眠売場 で同者 条キ著 Fの 廻 り唯段に進いEIL着 た場 と推 tる 。 ここlJ当 時電気 べ消 えてあり(3階 西4PI半 定 さ↓

の工 事現場4Rllだ

│す

/4

ド点灯 tて いた)、 ぬκ前に工事監督

ヽなtヾ 5ケ きまわったナ ヾコ左颯ヽ の河島んが夕′ 易所 でわる。 ・lよ コンク リー トの植、殺、スラブヒ X賃 後の現場調 査て 金属薙LIAタ ト│ま すべ て馬 え尽 きて、ヽたoヾ 、 ス う ブ `柱 専 っ

十千ありを産 たの色着に嫌べて少を

tく

lま

っ た。

出 た日時

出だ 日は昭和 鋼 年 5嘔

│う

日 .虫 丈時 間 に つい てけけヮ

を 1)tた こと│ま 不明 で ち る. llヽ

L、

当時 現場 で発 見 t

た作 業員、株ガイ ヘ負埓闊林老り行動 のlκ

,■

lも 22時 51々 山 丈時夕JIす 22時 50有 晩 、 そヤ

│ヽ

tる 。 定 さル

楳述い 5tて ら32夕 頃 と推

あ、 出 大時 夕1に つい てlす 、 作 業負のな式 0`

らlま 30な ∼55々 の間 と中が らり、湛 述 者 によって Jう ま ちで ち ろ。 また人瞑市消 訪局 で口22時 217有 噸 出だ と雄 え │て ぃ ζ.、 、 ずれ 111て も 虫χ時力!│ザ 22崎

50 t t員

に プラ

ス・ マイ ナス凝 有 の間 ヒし`うことが で奎よう。

31


虫 太原 国

士、太原口 │よ 当時 日 L・ ル 3嗜 店内 ざ 電気 配僣 ェ 手の現 場

ヽた河島たの火κに ようもの と推定 され る。 監督 を tて ヽ ・ 、 ビル ろ │す 、 階 に 河 島 た のれ に下渚 工 芽 っ耗 上 即 う 当時 向 電 工た 員 5人 (こ の うち 1人

lオ

10時 鈍 にん 山 の卑

[政 リ

に 中左 tて ぃ る )が 作 業 を 1て い た ド .河 島 ん l1lo時 斗

噸のX贅 准寇の直前 Jで 出 犬場所 で ある同嗜 東側 のイ 争人 服 抱場 を │た で歩 e廻 っ てお り、凛述 で1」 この躊、 同人 │'マ

ヾコ ッチで夕lヾ コ(ハ イライ ト)を はい、そのな 夕′

の人 を消でをい きJ諮 てたヒ鰹 べひ ヽる。 この付迪 │■ │す メ ユ た危 とを 3凛 国が全く島い こと0` 3.河 島んに よる │て

│ヾ

コの颯 いな 、ちろいlJマ ッケのす り軸 に よるあり と

ヾも `lよ ない ともわレ ヽて tる 。 尚、 だ派につヽ み て ば Jち ■ lき

は。 晟沸 呵の 発 冠時 l〔 「

│ヾ

1)ド リJの 者 (ネ 岳ムんの晨 】 1)

`ら、 マッ 今の ヒ 1/― トル進 ヽヽ史 t″ 裂 ヒてヽヽること力 す り劇詢〔よるもの との 見力 が強 い 。 きた、 この二lミ つい てlよ 、 太脈渚 警腋 査 ´家 の南〃ル 査本警 ヾ6月 22日 午前 ・ 10時

Q`

ら、 火実現場 で河 島 ん り「 マ ッ 今 を弄5tと ルの上

ヽう晨述 の 泉お け と魚 6た り.虫 だ〕 〔お マに」 と、 ↓ κ)ん t

F現 す る鳥メ た史雄 たしてちり。 その結果、同不老 Plす 洵島

32


ヽた マッ チが、 出犬原 因 と ヽ つヽ ん ・ 寝 ′ 毛場 で落 てたKつ 断史 t卜 ヽる。 ズ健の 発 見 と力期 消 K

虫史当日に

3嗜

南4allェ スカ じ―η 一 つ西南著 Fで 監督 の

河 島 ん とん 占 電二江 9れ 負 4人 べ作 業 、ん ム た ド「 1ヤ

lヾ

ヾtた の で、 点の 方 を見 る ゞりJと が ラスの″ り′ 瞑れ るを 。

(杉 上1人 の41述 でlJ りの場 オー 綺 40

22崎 35有

mtFlれ

ヽう点メ L寄 噸 )と /1手 場 所 ■

てしヽる一 ざ中約40m.高 さ70

い史 (I書¬J燿 のようでちク た)を 花鷹 m∼ 1帆 のふ黒、 t、

「 )1島 さル人茅ャJヒ 5口 を

んだ。同燎 4人 (鵜

“ 員)ぞ イ 占,紳 崎・ 夫貿、新 若の帰 ム電ェた す進 の消 火名 なビをさtヾ tを

1`

久え、,1島 んl古 山 ら、監督 の河島んにメ

のボタ ンと 狽1正 面階段 ヘサ リ、 同鷹鍛付土 のX災 報 知機こ 押 t(晨 述 で 紳嬌 んも同潜段壁羽Lの 報知機 おリレ〔押 lま

゛ lて 、ヽる)、 階段の とこうて 1階 林 夕室 l(向

:す

ムlJ や」と3口 促己島っに.― ォ、孫 クタの株タイ

て「 大専 22時 34有

颯 (丈 箕f澤 押薇 崚 准機 のた 録 に よ る)う 階 で人実発 生 を 押 ろ ヒ共に、 上 階 1ヽ ぅの「 文 4rJの 声 を開 42人 ド │` │)つ け てい る. その始 だの 手 が た さくをっ たの ざ全 員山

側 階級 と猥 っ て説 ム lた 。

33


② -2 α

傑オ碁 員の1だ 滉

X貸 発生前のFえ

ヾ―卜採夕 員の巡回1わ え│す 、 キよ当日閉店後 の千ロデ′ ∼ 04r興 」で採ク負つ幕んと苑地 `θ `る。商導嬌胡qlょ 約 1時 間15省 │て し ・ このとこ、6唯 二手イのた場 を巡回の麻に

ユ1哺口5有 頭 0` 522時 ′ たの2名 べ同々<口 ∼25有 問. 向

rl」

4‐

を見た森んlす 、婦 人服 下堵売形レす辻 ぞ工蒙人4∼ 5

人を鶴 りてぃ る。 尚、く回経路に│ま 7階 プじイグウンIJ L IJ同 デだ― 卜とlj管 理資″艶 □ ぞ」れてぃ ないが、こヤ

写 」で、務 白に係 中 員(死 亡)を Zっ て僣理するという

│ヾ

_

体怖 Jこ とっ てぃ たFめ である。 またこの時ので 回の点薇 内発Hよ 、営の不庄″詩 :非 常淳、商火 シャッター等の開 tて い る。 タ タ1に 流の確拠′人気の 〕 絞 ヒさヤ 1セ

b

文実発生時 の保夕旅 ヨのオ む兒 当 日の動務員lよ .タ トム採夕糸長.麻 ュ老花 6名 と電 れ

担 当 1人 、 織植担 当1人

の計 6え でわったそプレイグ ウ

レt 鰊く)

この巡 口を終 えて 係 ″員の森んと亀地 ん1ヾ 開店後の範多 1僣 林 キ室:ミ 戻っ た直後 (同 空に設置 tれ てい るだ実叡 口機 の 鮨織 孝准盤 のた燎 Kよ 11ば 22時 舅有頗 )に 文実報火

34


ヽ 多 言機 のべ lb lヾ 嗚 多、 表 示恙 (5階 )に うしプ点 灯 ξ 1後 イ β 留涎 │に (巡 回記妹紙 に よれ l」 3嗜 重 )。

ヾ せた′ トム ん。

ハ 釆力堂 tム て階級 の/1置 へ右,た 時、河島んド「

6F省

6ヾ

゛ んヒ lま すく ん 外占 人事だ」と時 ″をoヽ らけりて来 た 森 ・ tた 葡夕 40有 4・ 4・

I(る

階 へ丈災雄れ を指示 lF. その教 日人│す

22崎

トムんlす 22崎 に │19若 へ通叡 を行フ て、ヽる.を ち′タ

/4 に

,夕 l着 lに 消湾 /ru着 隊 っォ ヨネに従っ て 1階 正 面八

ロ シャッ ター とE階 級 シャッ グー を開 ITて ヽヽる。

② -5 α

¶階 フ。レイ タウ しり│だ ん

プ レイ グ ウ し内 │ミ )2を しに陥 る前の1じ 兒

・ レイ ダウ ンJと スえば 太派で lま ちょ っ ヒ ア ルサロ「 フ ゛ 乗 tて な 口れ に蓮 び場 で みっ た. この 日t呵 子ば て 名 の次 `,Flヾ 、 午 lo時 オ aJわ っ てあ 泳 tヾ 争1ヽ こは スえ を う 後

ヽホステス相 意だ60人 近 しヽ 次江 負キエ員、 臼曹業等のなっ レ[、 はりつど らせた薄姥Ⅲヽ 店内のぶ 4に 真紅の 力 =テ ックス鳥 でビール〔欲 み│` め │て ヽヽた。 ちJう ど正 面の tて い にダ レ,一 によるヌー ドショー ステージざ)資 じらキ │ヾ

終 り(22時

3b有

ヒ 員)、 まtJら な柏 40ヾ 砦店のらぅこう

ta送 るホス にたっ た。照明 1ヾ つe、 牧人のl176落 とそシ

tiで の者 意ってヽヽた テス、薔た トイ レ11上 つ砦箸 ざそヤ

35


店内のアロ見 ―勁十晰 1 │す

1ヾ

ltに

ヾ、」もなくステージの ■

レド1ヽ り 〔の(て 中央フロ 宙姜す るムー トさュ ージックレ

了 ― で ラス トダ ンス が捕 言っ た。 そ111す ‖時の開店 をケ 0`

え て フ゜しイ タ ウ ンの ヽ`つ も の コ ー スだっ た。 この [負 マ n■ ′

陥 に │す 、

、 ,た り、 1階 に尾にホステス り若 をだってし

゛ 9人 こ隙い て.b5人 の力 と その相 手 21た り、 す てド控

堂で帰 りた 度 をtて

t`

たホ ステス鴨人, その/tに ボ イ 、

′ ヾレ ドマ レ写″ 業 員46人 の右計

1呵

9人 が沼 た。 そ │て ホ

口珈噴 ヽ気 有 で ホ ステ ス ヒゲ しス を踊 る組 、 す で にポリ ワ

ヽ 1れ てい る〃、ポ ーイの運 、 ス脇 で辞いつし ::tげ もの を整

理する調鋼場の料理 人,す でに前のステー ジリ瘤麦 t終 えて、1空 室で明 日の打 ち右 ぜそ lて 、ヽる′ ヾン ドマしたち、

手諮室や しジ室で店 ド舌ぃっ準備 とす る夜業員冬々、20 稼 々雑 の閉店 に向け てしヽっあとわ の変哲もなく事 lゴ 進 ん

´ でい た。 パ丁ゑての時 (223寺 36々 噸)エ レベーターのす さF.ql、 ぅ薄、、白煙 が彪 入 lて 糸た。 きず、お ―イの1人 1ヾ

・ フ じイ タウ レ専 用工 じで― ター で 1者 へ上 る述 キ、 ェ

レ ベ ー タ ー の 下 多P咆 `ら薄 、ヽ 煙 の 充 ね 込 む の を発 見す る。 イ

1司

どじ 興トイ ♭ l(上

,

た夕 の 1人 ド有 気を く八 りつ オ

こや っ た と き、 工 ♭ ベー ター のす 含Pn3 1`

│く

ヽる 5,れ t出 てし

36


てグ しスl〔 立っ たホ ス テ スの lス 腰 を見 る。 ご うι

lま

ホー

ヾン ルの 八口せ`うλっ て来 る自ズ 重ξ港 見 し、 ス テ ー ジの ′ てわ ら仁、 瘤々ドイ ド マ レし キJLす

`ら稚 ド由ヒ る。事蓄室く

て来 た ス,ι 人 ャ ボ ―イ 0ヾ 人 た そ捜 L廻 っ にり、消 人席 を も ち出 │て 晨 ら う とす る0ヾ 当然有 の効 果 もを しヽ 。 まもを

ヽ ド く工 しヽ一ター と孝脅 堂前のダク ト ・ う潟Ц く二燿 猥 入 lて 来 て、ホ ールの霧ヤホ ステスがX災 とぃ う異常事 10` う薇/4 亀 であ る手 を作 る。 そ♯ F者

興)、 う (22時 40夕 ι

の ズ実の急)敷 を生長 }に よ りを 生 │に 刈劉ます き間 を求り

゛ く、上層階に広tヾ り、猪■■最上諧 てりう1階

燿の行 ■

エ リ階 とをり.ホ ール内11煙 と熱 気1く たう遷 り治 めた。 で ら11消 人浩角 の たり開族 lた l暦 つ シャッター1ヾ 、約 │、

4っ

ヽ空れの腋総 口とをっ て人そ の煙 ヒ熱気 こ遅 が、菱

lせ

て糸を った 、人実階よ〕 )上 の階 すべて ス壼

と/Lt、

│`

1ヾ

lま

1`

゛ 、 一人Fll lヽ ニ 人々 l古 翅舅ず道 [探 して迷 IFま と、ヽ

゛。て t急 人准1lts わ│ltに 人につ1っ 、 魚えて有く人、な 瀞│キ rわ つ拌明 り をボ リて行 く人、 その うち電気が消 えガ鶴L l古

ヾニッ クオ だ缶 となっ て l」 7た ので 屁ん と呼んで´太′

ち る。

37


だ っ に プ じイ タウ ン内 の オ

)2を LI[陥

'急

7階 プ しイタウ レ内 に大量 の煙 バ ヘ リ遥み、店内が大 洗化 に 陥 っ たの lよ 22時 40命

1人

降 セ誰照114る 。 まず、プ

`らの 大量 の煙 と熱 れ、 卜J卜 気 口 。

フ    ′ そ ヽ

じイタウ レ専用工 ♭ベ ーターシャ

卜と事着 室前のダク │て

駅窮 素冶 臭久

}・

っ て、 ふ― に居 たなヤホ ステス1士 ズ受でら lレ

ヽた。加期 の象 略 でル

}〔

を ら `孝 ∼ おヽヽそtす 。従業 員をlよ「 め人々l`

ちょっ と│に 事故を 皮に 考 えたとつド多く、それ組強しヽ

ヽ タλllす「 めて ったようである。湮がノ 危機晨れま 埼たなゃ ら11f)く │て 、夕 易内液 送 ぞ「 ホス テスャ ち夕 1ル の

│`

場 でん

│」

らりつ、ヽて下 卜 ヽ」 とiた lた り、 せた そ4tを 開

、ヽても、 ゎ ざわ ざ トイ ♭tヽ 5オ、― ルのオ ヘ反っ た り`ビ tn.rr,'t-t-

=

Tル

Li需 │:.器

各 憲 君

酬一

\

アルサ ロ (プ レイタウン)

耗8]雛

ユ Q身 腱リ 『 □②´l

1匿 手 面 ロ

38


一 しを欲 みつづlす た り、勤定 と払 うち うとす る砦 〔か ヽ l・

た。10`

t、

きもなく姫7に 熱負〔右ん だ大量 の二燿聾

そlて 序電、さらにわりこうで嗜ぶ「 火身だ」の′、 「 キャーッ」 とぃ うふステスたうり起嗚 で場内│よ 一時

│ミ

t

て 大混者 しに 陥っ たもっ セ込わ ンヽ3.力 十 ホス テ ス う奈 リ

` 向を Fの 様子がわ。 らないもの│よ 、きず出入ロヘ向 っ く薇 夕lす 50ヽ エ レベァ タ ー シャ フ ト1` うの 人多 つ燿 で阻上 で ltる

。またホステス更友室哀っ階級 (E盾 段 )へ 逃げよ

うとl「 丁目t孝 者室前のダクト渉久口からの各 と燿 で `っ ただ 未 1711の 後団lす 力少瞬チのわ や 諷 土 ぐれ る。 さ らレ tて 、i.- tvf$v<heMl&qf av ク壁 を滅 凝r幸 ぃ らレ

゛ っ て渡迄 工孝ヤの ぶ 一 リ レク場 の オヘ右 こう と lに り、

ス子 ゾ 横 の シャッ 夕Tξ

胴11マ 、こ上へ逃げようと

t

た1ヾ 、ヽずンtも た敗 に終 る.ら るヽ ワ 11そ の J意 ´:│れ て絶 4 [、

全 一 1ヽ

わ ろ力の│よ 引 1近 lて 次の道 げ道 [嗜 ヤみの 十で

ヾ ヾラ′ [た りに.ホ ー ルキ費 でlよ そ松 らの有目的 で ′

κ筵l(陥 り、 ラの行 勧― をす る人 々 が方往 左往 lて パ ■ ッ クオ

か│キ ヽてしヽ っ仁。 ち 多い ′ 卜孝 Fの わず1` を明 りそ求めて、 │さ

`た人J詢 よ、魁 〔だって,4け を求めにド消 憾へに ビリつヽ 商隊 の ハ シゴ卑 l・ よる枚胸 lt lす ほ屏 ド め り、

, { qAa 39


ヽヮた。 たを″ が、著 l亡 小 う1番 〆昨 りFり 、幸 ス落 │て ヽ つ    ニュ

ヽえっ て 燿が煙 の流路 とを りヽ 咆際 た ことに よっ て、や

゛リフし ` でにと てら、そのJJ花 イず

もケなくな

0`

`老

ト常 幸運に った。祐 子卑等11よ って救勲 されに人選はイ l〔

′ ヽた人 ぞ ち7た 。 オ ヽ ステ … ジ裏 のよ L較 的 奥 Jヮ 島 せル たバ し トマ ンゴや 夕 し レ ト室 に逆 げえ ん だ荻 業 員ヤ、 lす じり1ヽ 5そ こ│(脇 えてい た だ しトマ ンた ちlす 、 そのほ ヒ

ιたが、ホステ ん どド)Й 貧政のハシゴ車 によっ て漱 出ごψ

ズ夏衣堂、手酪 室.わ るぃlよ 厨 イトzた 老の│よ 比教的旱 `う岬 り しヽ 時間にダクト│` らの煙 によって、ホール絆有う 離 をさル 菰 ■lκ 耗 になって,そ の夕くド赦ムの機次 を ヽて、わず│ヽ 20み ↑ 失っ て tま っ た, こう tて 1階 に ちヽ t、

Fanの

ううに96ん とい う多数 の人 々ド_― 麟ソL炭 ネヽ ヤ多等

tよ 」 て薇姓着 とを ギス死 、スlよ 踏み つけ ら ての/■ 迫 レ 1`

ハ︶ つ    F

た の ぞ わ る。 ・

自力 F党 出のJだ

'L ヽ 1が ス室 "。 う無 葬詢〔鋤 7階 の 中 に、 3ん の 自力 で1ん lκ

lさ

っ 61名 の 生落 者 つ 「 ム に成 J41に 人 々 1ヾ 属 仁。 景 湯つ tヽ

tら の人 々 と で 白 この 生命 を自 う守 り教 ヽ`たこキ ` ―イ 本どうしヽう人建 だっ たの0` 、 また ど うヤっ て助 1` っ

光の

1ヤ

40


` た り 1` ヽ その原 因 は有 や、卑 を 5孝 遅 1く 左あ

lFだ ¬丁を

tう の人 々 1` 日 常的 の0` 、 一 見属然 にこ え る その 農 に こヤ

に、 恙欲的にせ よ、抵過森的 にてよ、ね 々人の レベルで

の中塗性 への端 えを、 自右の生冷 と向荏 をヤ る力を祐 え てし:F馬 を見辻 tて

│ま

を うい ヽだ うう。 勿翡 、 災薯へ の

ヾ一 腸 えtヽ イ 国人的 なレベルぞの磁えだ でそのを てを力′ い tを い るものて 求 して払│ヽ .七 tろ そいlJほ ルの 多 p │す

│ゴ

有にすぎをいであうう L、 大きを受著に/Jい 4国

人 ♭ベルです Fイ 1き るを すたて

ljナ

をるを、 ゛ 4く をっ てい くてわ ろ lざ

う。119ん 嗜、 日8ん ド死亡と、61名 の生方 者の嗜ぞ白

らの力で生々 tヤ リ様い`たとい う身史がわるヒe,こ ↓ t

ら8名 の日常生活のどの多 F/4 ち災著への侑 えとtて

中生省の平ロヒtて 、lF れいたの1ヽ とい うことを深 るイ 0ヾ

lま

〕 たとてムゲで ないであろうt、 Jた それ た次的な各 lま

│よ

味での実をへあ侑 えの受幕 をAじ ることに Xtて を ll■

lご

ヽであろう。 らなし そのようなも味1` うここでは、 出来 る限 り亀鴫に、こ い う8名 の脱 出の過程 を追 っ て見よ う と思 う。

41


Iま 表② ヽ

ο 長 野 加 代 子 で ん の場 合 ふ ス テ ス の 1人 tホ タタ 反

加代子

134)

和江

E田

(5)

吉田

7階 忠から電線ヘ

ダイビングー7-ケ ド上

ら =か アー ケード上ヘ

幸 7階

(37)

■子

1コ )

っ て マ餡 へ 昇 っ た が、 呵

●中 秀綱 1●

ホステス

タロー タ係

ホステス

ポーイ

ホステス

ホステス

"融

負饉程度 負饉をし

聰出時間

出火時早い 時期 22時 42分 頃

22時 47‐ 48

分頃 瞑部骨折

2時 50分 -23時

左大■部・ 左 ひし骨折

)

蔭 ば煙 がた満 lて ぃ たの

“ 控 椰 凛

上じ 螢美 教助袋外ロ ニ乗り降下

11

性31

饉 饉 腱 働 両

2人 で■ じベ ー ター ト未

幸 一 κ ト “

4.o

雀史 )溶 ヒ 4r興 (縦 ゴ ・ オ

a,v<-r-

富● ホ野 非常階段 1“ 〕 (南 口B階 段)

洋 子 さ ん、 38)が

:■

'政 選餞 。 こ出の方法 Fe■

22時

中消隋Rの 資料 さЪ臼

(支 誡 .10,11R)

で その 意ま1嗜 へ降 りようとlた 。その時 、ホステスの 系野 ひんドエ レベー ター に子 ″朱 り避 難 θ朧 虫 │た 。 1 隆タ トヘ ム た時 ″ 時45ぞ だっ た とムってい るが、脱 出時間 ば 1階 に燿 │ヾ ハ リ込 ん でい うまも をくの 0` を り旱 レヽ時期

ア ヽる。毛髯 こんについて 凛述もをく。時間闊添、 とβ´↓ lよ

ヽ マ不Btt ξ才 ド多い。 な多 1蜂 │(っ 、 0ウ 鴫未野 さルの場右

'ガ

クロークた の留鴫 さんの場冷、″時41な 噸電話 による

時間調 整を│た 塵教、ェ じベーター付〔 に自煙tヾ 凛って ヽ`るの を見て隣 りの 電 気渚‖てわ らせ た。 そのた 、ボ ーイ を疇 ぼ うと恙っ て、 ホー ルヘ2

9rl程

入っ たが 真皓 で 見 え

ヽ1` のた り (1の 時点 では 電 気川ま消 え て ち らず 、 なしヽ1だ 能、 │て

煙 べ 大量 │〔 土 ちと つ て ぃ 卜│` が な る)ク ロー ク 室度 り

42


ヽう籠虫llて い る。 留脇 さんの場 合、 一ユホ ー キ 常階段 く ゛ ロー `るlt tい 0` わ らず、 そのた まっサ く ル ヘ λっ てヽ ク ク 室へ 弓 ト嗜階段 を准 ,マ 正 島 lて い るとい う II返 │て リ

卜澪 ことlよ s卑 つ重たt〔 早 くわ るtと ド でをたこととつ ` 階級 の場所¬ヾ白有のた事場 の夏にちクたこと。 ら、 そこ ゛ ヽぅ知って、ヽたもの とt とを日r興 ゃ 1ヽ 夕生 を場所 て う 0こ tる 。 わヤ

0薇 口わ ,Itル の場右 ヽ夕鳥 l(層 た ふ ス子ス〕颯 田さんの場 右、教plt凝 卜虻 ヽ 1っ た とこう、 と1に 大手 を り.席 を立っ て しザっ へ′ ∼ i4‐

ヽて来 に。 ホステスの 洒場 之戸晨室 のォ 向oヽ ぅ煙 が薦↓ 「

ヽて下さい」とい う場 炊二 (22時 41夕 噸) 皆 さん勢着、 │■

を開 き、一旦、んの藩蔦へ戻って・tば らく座っていたtヾ 核有ぞ煙 t■ るoヽ いて tま っ た。 若 Lll` ら月用'ト イ レに ヽレカケ t梃 でぬ らして口11 λ り4,た ざ口 EU■ を た後も ′ 1

当 て。 再 おず 燿 トイ しに 入っ た、 そのか フう 7う tを ド ゛ ようように して ら手で く りで ク ロ Tヮ 啜のり F薦 階級 か らし

`る。薇 口 ■ルlせ ての階級 〔帰宅時 籠 ム [て も

)ミ

毎 日蔵 っ

` たにわ。タヤホ ト輛口″でり3こ ヒ〔鮨ってヽ ていて・ リ 7

i

7

q, ( rt f,. -'vt\ t-'Pn t' ic ry 5 lt z'84pt r 16l,

r'-

43


lt t t`

`わ らず、す でに煙のた活 lて ヽ ヽる十 を4で ぐ り 力

'ネ にもの 2■ わ でフぅフラ lを が ぅも、1ソ 死 ぞ陥燿 意て itる

` ヽ 董撃 も σ裁 │ヾ しヽ ゃ 。 この ごヒ│す 装々に減権 のわる次 │ミ

そ荻 え て くキtる 。

O衝 田毛幸 た のメ 易右 (す レ ケ イ 新 閣 5弓 吟 日 付 記 事 よ り ) ヽ 「 友逹 と欲 んだ` た 5急

人孝 だ とモ vヽ

l■

たの で、

燿が 店 内l〔 「 ・ ラ

=ゥ 、エ レベ ー ター の糸 り場 へ とルでな っ た。

■凛1つ け 卜常 っ│ゴ ヽヽの ため、反夕 し1ヽ [こ こ│ま す でにス でヽ` ロヘ│` │,つ 11た が、 こ十 ttイ 実えを し た。ズ 1ヾ 店内 まで 1・

まわ り、 表ャ ーッ と、ヽうも颯1ヾ うず せ合、なんホステス

もパニッ ク1だ 饉 だった。豪なの逃げ口とlて なへとりつ を、 が ラヌ そ蜘 ヮ だが も のす ぎヽヽ 煙 ヒスに よ り う

1/ヽ

lllの

た。

燿 │` ら才 々│〔 な と ホ ステ スト 巧 たつ ん ざ くt嗚 そ残

ヽシゴ卑 lす 森 っ tて は 穫 ″降 りてたっ た。 頼 みの ツ すの ′

色に│よ やっ て来ず、いっ tぶ

│■

沼 た 5, 6人

l∫

Ц 負くに稚

(

0教 ド 誇 りた。 私 は ノ

4詭

tヽ

ら意 味 で ダ イ ビ レグ と lて ヽ`

`っ た:ち ょ うど ちを1` の たのぞ降 り る 寇 当lす つ│す やす 。

lf ta {\s - l"l'-* 7

U.

その 及う なでマーケ ー トの∠根 ド ド イ 夕 1カ ` すもな く、下 発 も 争多 寸くと腕多

44


`た。」 ヽいてヽ F有 ド う合 ちな1` のオ Oι 口孝たの場な

ボ ーイの3田 んは.7諧

│`

゛ ヽ ‐と t、 十 うキ ゴ 熱れて追ヽ うバ

ー ド上 へ 亮 下 allた に ttヾ み つt` たが、 力 つ き て マ ー ケ 魚イ

.

秦 く虫 tい てヽヽ6′

0上 杉益美 さん、前夕 1腹 子■ル、畑十右力 1ん の彪冶

救助集 でR盗 ム │に での3人

}よ

、下のた

│`

ら嗜 でムす礼

れ と煙 の` ヤ そ.余 の外凛1に 島 乗 りに なっ て tt` みつご、 1せ

ヽる。 当時 の腋 毛 で白/4-の 体 蜜てまえをド ら脱 出 してし

株 〔イ :l虔 子でんが″ ,に ものが わる。 lサ

(髭 鬼沸午閉 、 5目 降 曰有記茅 よ り) ′ヽ 意 わ‖よボリ クスでち啓 でんにビ´ をついてヽ │レ

` しヽ 1` ″ も うみんをめうゃくちゃ、 どこへittげ てヽ

1`

うず、

゛ 1)lざ と思っ た。 とに 1ヽ く強 く うな 男り 人│(く ,つ ぃ てしヽ そぼに 居 魚省 の角ヽヽ人の背 ム の そぞ そ│(ゴ リ tつ て.懲 。 の とこう Jて に ビ リつ 0ま lF」 .み んをド、 を だい の

ヽ〔ボわる中でふ´ルの主″ 、 せて よう た嗜れ l薯 救 押 ・ l〔

dξ 10“ 人日│` にたわ く が敗 助盤 〔イ │っ ぱ リム lた 。「 れ

を未 り越 え、為 )〔 っゃヽまっ た。 下 tえ てlよ ヽヽけ ない ヒオ

た、両を

}〔

j続

″の力そてめてすヘリF4り た。私り角をっ

45


`り。 す ヾ り吟 りてヽ` 上 に、 次の 蜀の 人 の ち lり が のっ 力 ろ う う、 まご つ ぞ 牛 のイ が な く/1り .力 1+tて 血ド ム たの

`っ に。でも、 このキ そЙ 色tた らち tま い だ と鳥ヮ ″セ ・ご」。イ て…` t上 ち とう∼47Lつ とてう 子でルは、夕

1ヾ

"ll慶 ゛ て Fま り0` い て4〔 雄 t、 名 あ、 た又 笞こね んざ [た 。

亀夕 を収っ てら、たの13名 同 ド腋β

lよ

監 十で力尽でてあ

` 下 (死 七 )し て lょ っ 仁′ て マlt!よ 愛 の つ く み オ 、 下 1`

` わっ うの逆の機蒻、史上での憂の女えオ埓々のう1` ヽ │ま

ヾ、ヤ }よ り、ス たでわうう。 ロ々人の林 1、 精神 力の差薇ベ

生名 そ来史 │に あつと/Fぇ てきい でちぅう。

1

屁 バ74り 友肉落f渚 のlκ % `うの1篭 。しイタウ ンリもで 7階 フ

2時 綱夕r負 }(救 ユ

のlκ )ι

lよ

1ヾ

なり、承 声滲f老

lよ

tに 適な 1ヽ う発生 lた 。当時 吟でレ

"須い 次の通 りてりる。

22時 4,々

oん の人々ON γ46右 頃、マ陥忠 力∼多 }・

縁勲

ヽうキ L薇 1の 亀ヵ じ魚浄メ 、│て いた,争 ヽ束り 拠 求めて夕 を集 リタ 「 の 助 袋ド諸 ぅで た ("時 4呵 右 ). ll` t荼 lξ 2階 老 「 なりた 冶標用 スポッ ト}(41っ │ヽ っ たので、消 隊 資がオ /4‐

1`

'オ

たみ

│ヽ

しゴで上 り、史上へ引 き吟 │た 時、教助条りJぼ

い るた0` ら1た の男ド薇 ド崎 りた(お ぞ、後

o`

う脚 11ヽ

46


て葬 颯贅 11に の1ヽ ど う1` 不 BH.)消 71隊 │よ 有(て・ 見て 、ヽた ‐ が 泉ム 2o人 ltた 核 セポリ、故閉 燃 の下彦 Fを 1已 持 l「 │・ .

ヽう 1人 のキ性 が奎 つタ 1階 燿旬 包〈ように ト項11` ら両碗:で オ tて

右 )。

4均

4∼

5 7rL脅

りたドカ尽 さて絡 下 tて tま っ た t50

その後 も和 lo

4 FEnの

うう:く のた1` う1ょ

16名

1ヾ

々に雄ヌ カ象にす0ヾ って昨 りて来たが、そのほ とんどがも t`

ら4∼ 5mの とこうで″下 lて 1よ った。 `ら3 ´オ、 この頗 とい ヽ前後 lて 、り L東 重済 りのだで

ヽら8ん が,々 々ヒ稚 ド誇 りたが生ル ガlよ 了 ん、東面のなゃ ケ ド の上l(芳 ぅた2名 のみざわった。 でうに、22時 スっての誇 ぢ 5有 に消予 オ隊ヽ市民のr4L力 を得 て、枚助須 をイ

下の築いヤキ ξ雄 たたり烙 下 tて くる渚 そ救 │

→ルベージラー トt薇 逐と、約 5々 1人

ranぞ

"す

るため、

ぅん を救角 │た 。

上 み て来 に よ うに、 1陥 も1ヽ うの 柔 ″降 り、転 力 │■

よる花七%ド 22ル

lて

のぼり ぃ ヽ為 そり _

同鴛 ヒ久う恙楊 を1く ,た そユ たわ │

│す

tま

とル どtヾ ヌ F死

で ち るが、 こい │よ マ

`フ 諧:プ じイ タウ し向 ヘイ そ入 lた 乳麦 と煙 ドヽヽ1ヽ に瀞‖ ゛ t ■、極 F罠 10ん に進 rっ ゎ ら↓ た1` こ物舞 っ てい ると同時 レ

焦人Paqの

i、

理 1に 饉 の費滋 でド20数 ノー トルの 角 で0` うコ

ヽう著 段 ざ │よ オ え うヤ t レ ク・│― 卜の夕 こ面│〔 稚 ア誇 1)る と、

47


ど うて ここに 居 て な ぃ、 自蘊的 鬼ル L角 ウ 々こ遅 ばぜ た。 「 ら逃 げ ら1ヽ い `、長 ダF4り

1ヽ

ば 万が一,loヽ る0` も l杯 を

ヽ死 J爪 算 のなしヽ いJ「 生■ 財lケ 0`

│〔

tス ペる。 ぁぃ 、 lょ 1蒙 熊 と だ面(ェ う

│二

1`

│マ

白/4 の 冷 を麗 }1多考しヽ ,ミ

)

lす

たと

意lt る よ

`ん いを、 ヽ. そ 1て 殆 ん ど の人 花〆F4り たつ。 1‐

死 んだ。

雄 t` に柔ぴ降 りた り、故鶏変│ヽ う%flに 老のΨltl恵 `った老 わ居に。11` 右 人1` の関や た J獨 鶴 ド }ま た うい て

lそ

ヽらの人進は Fき ↓

`った と見 るべ きで 、 │,2の

'4や

ヽ。 右1タ トをだいヽて│よ 舅 │ヽ るへくlて 勲 企った島ので:よ を、 ここにlJ tt F6qと 鑑条 との七惨を夕 すた闊燃 があっ た。

② -4

消防オ動の1く 'ん

α 沈婦1く ,L

″時 劣.火 ほ市消防渦警滋深指 “ ・氏報者の千ロデバ 冷妬1林 ド人実専用電話 (119を ヽて ート孫力藤 より脅磐 lた 。通報向磨 米のあ りσ 覧知 曰時

l古

5月 13日

│よ

脅愛% 「 ごぅう │:9査 です」 通報着 「 十日デlヾ ― 卜大キです」 ヽるの 」 安J望 者 「 有F皆 1ヾ 罵 えてヽ 1`

通報 者 「 3階

1ヽ

ズ卑 ですJ

48


後 埋 老 「 電話 lす 何看 ぞす

│ヽ

ム」 通報 若 「 651-3231、 係孝イ ヽり せ l「 」 後理 者 「 わ力 ニ 株 中線 のイ に│て ろ隆 で工 手 を 1で ヽヽF作 業 員2人 が 、 「 ヽ 19番 へ通薇 tて ヽ 4イ 千 日前 店 」っ電話 ぜ22時 0な ′ 4・

(4共

1こ

留多 )べ 」 ιJヤ tて ヽヽい ヽ `

♭ 象 先老/4

到着時のボ胤

「 諷こ千昌デ

│ヾ

iヽ

=る

卜 も 僣ムだ」の報L(よ り、″晴42劣

出発 lた 免 1諄 (南 ,メ L消 防ガ)リ ラぅxえ 東オ4り 200

`らム場 │た Й爪呵出張許ポン・ フ車 (■ ,R)2 m付 進 む 個 夕 濠 tヾ 現場 の約

"れ

な近 にご tl`

し約 2o9物 /_l近 時々 1頸 、メ 厳綺ヾ付近 に夕l着 lFヒ

:〔

│、

│`

ヮたと を、 感た同

わる彪1築 撃 ボ レプ4(販 )ぞ L猥 1窓 デバー トメ

│ヽ

ヽうのそ誰 り、こ う 「 逆 れわりJを ム tて ヽ │■

ぅ二燿が崚 Fβ

報 lて 、

%2出 場を手諸 lに ,両 々雄リタ1着 時 (22時 夕)レ ■ 、 ヽら二煙が盛んに媚ム 3階 丈 Jllャ ャネ者 りの起21オ 左で 4ろ

lよ

` 璽 ` L狽 14, 5, 6′ 1層 の庭で う″千落し 白湾 おり、メ ` ヽう1だ 急 でち7た 。南利3者 の 多 F燿 や 、 1ヾ 黙っを、 るぃ tて

ヽた。絶ぃ て亀オ燿つ橘 千卑 (L)、 ス うも、噴逆 lて 、 ヽ ノー ケ 卑 (3)、 ポレ 孝 (■ ,TF)の 各隊バ相ズ、 lレ

7・

49


゛ 夕1渚 lた 。現場に夕1着 │た と合、デパー ト殊メ て L小 1工 漁 A口 の シャッタード閉晏 されてあり、′肉″ λl古 /■ た

゛ て あクトのぞ、権輝ZIす 西″1守 街 室 更 り、採才昴ド正 面久飼 へめ誘鮮 そ冷 、f面 シャッタ´々解旅 t.2隠 │〔

l゛

` へふ― スこで 毛、j肖 丈ド 当ったド 2陥 もす て lt遣 賊 十ぞ

3潜 への慢入は不可台 こであっ た。なら、消財ん浩 教つrll 璃蒔 (22時

4う

凛1燿 卜ついでIJ白 度 の 4)レ 〔│よ 、1だ 乗メ じ

ろ託 t it(ヽ ヽを1` った。1い と、エ “ 1越 lt約 1多 手教隣老 面 シャリ,一 [綱 lす た直後 で り 恙 ヽう。 また当時同デパー トのプ 6ふ バ束メ 発見 lて ヽ し狽」へつ いFIす ざF致 ′ 1彪

,ネ

l■

卑の詩近IJ鮮 飛ャ点の 交通々芹をどにぶっ て困難な1に ,ん め,た と0ル tて ぃ る。

│■

C

ス々救ム着勧

格 子

消商隊夕l着 時(22時 434)。 の忠│ヽ ら嗜だ 鶏Z

tて

じ側すヤネ卑リ 3)4活 メ

ヽFが 。 まFこ の時 にlJ々 店恣│(平 教 、

IJβ r二 きさいをかった。 FJ着

な 」ルをく (2∼

34)

上看 の 5,6,7階 メ ι狽」もtヽ ら方千白煙ド讚 出す ると同 ι票ホ1面 つ燿7∼ 31角 神ヽぅ、 時 7陥 プ じイタウ ンのメ │ミ

60メ

つス1ヾ 膝 を東 リム lて 勁 けを求 めて来た。現場

"∼ 5C


イ 1進

│ょ

〔ム場 │に 4合 つ 詳衆 とネス離 車ltよ り人冷秋 出↓

格子車 (束 1西 t光 。同格野 )│よ 、メ 1期 の右勿 バ阻砦 C

t(南 屠 り橘子率は光狽ll面 で,llを 及すぐ敷 ム落勿 そ治 ウ ル てい る)Jp層 運史lよ 困難 〔″っ たが、準嗜″ Fガ と、下層

、ぅ貨ハ寸 煙と熱夕 ヽな 111を 1,ま でキ `腋 カlた 。 と縫石 “ tiケ 0ん の教 ι ヽに成メ

15だ

oヾ

5人

カ 4教 ′

´ オ、 7諧 碁島メ た教勲愛 の承 月 に L束 角に設 置 lて しヽ ミ貶 士 よっ て うん■ 、(厳 ム )と 、厳励 策 をなっ て降下 つえ ヤ オ そ能 │た ため蕩下 tて 来 6%t市 民 の協 力により多 Q Iす

tt脅 らltに す ル ベァジ シー トぞ こキ

l,と

め、 う力 と枚

ヾ梯 子卑以 ′ ぬ 鳳 [た 。 尚、撮 た場 富有政 ふ ´ 卜の夕啄 │よ 妥 昇敷′ 老 の潔 々に切 わた が、減 2と ハれ :〔 阻上 さヤt厳 ム│∫ 暴く X・

を (` った。 .

人4救 ムだ ,足 フロー

(15分 間 ) ハ シゴ上か ら落下危険 の為 シー ト(救 助 幕 )に よる救助 作業

(文

“ 救 出作業 終了

(7分 間 )

1 0 救 出 終了

5救 出開始 5

以 後方面 隊によ る飛 び降り紡止 と救 助袋

r ︲ ︲ 幅釘錆 饉躙 。 をマ 呼び か ける イタで

、 5 .

`

出到 発着

人命救動 作業

m1 2番目女1名落下 “︱ 頃、市民の簡力を得て、救助袋引張る。 欄︱ 最初 の男1名落下

(ボ ンプ車 )4243

/ す 業 、 一 ・ ′ ^ ■ 粁 ” 狙 祖 杜 ゲ 隔 睡 琲 浙 肌 わ 翻 ビ 倣 つ 袋 ヽ ち に .

22時

陣坂阿P可

献・10,11n)

51


3 生存者救 出 姜T (22分 pl)

戯夕 .

“ 生書奮薇出姜7

6 5 散山 開軸 5 5 仲 長 W鮨 4 到着 5

一 一

L

.:し

一 一 一 一 一 一

L

(ハ ンゴ11)

(梅 田 )

卜“出発

pJl=野

(18分 間 )

共 )]富9蓬 ふ ぞ 晨L女

3

ト ーーーーーーー‐――――――――― :L

"│

人命教動作業

塾囲│ II[髪 基

29

(22分 m)

(ハ ンゴi11)42

(15分 口) 人命救動作書

3 2 生 存者 救 出 姜 7

Ю珈” 7 鶏川鳳

:

#Ji:妻

(13分 ‖:) 人命教動作彙

男 男

出 発

連続 で男 5、 女 5を 救山

7 0 上存 者教 出 姜7

北1こ コ0よ リハンイ低い

1 0 救 出開 始

[I]1)

(13分 問 )

2 5 ■着

― ― れ‐ 「 ‐

t「

:

4 救 出開始 5 3 5 仰 長開 始

L]

57

. 5 . ョ看

レ“ 出発

f二 ︼嚇叫   一 ,︲

発 0 ︲︲ ︰ . ﹁ ¨ ﹂ ¨ ¨ ¨ 1西

(ハ シ ゴJt)

15

(支

終 了

3)前 頸 町 た (無 )線 イすポ しフ゜車 )有

_10,弓 l黒 )

像 の教 出活動

ヾ― トエ ね 八ロ 前先 の ように 当有 鰐aさ 現 場夕1着 晨、 デ′ の シャ ッ タ´ そ閣改 t、

1才 F隊

│ょ

ヽうズ、 く ヘ 2彪 め `近

進 ハ tマ 涎点,丈 くの消 スに 背め た。 ま た

F滅 資1古 マ者

“ポッ ト│て ィ│. も の手救 勲 %1ヾ 吟 lた 腋力 震が 2陥 看板 ス 1` 1`

っ た たり、 南派 呵

R(厳 βヵ卑 )有

隊 とこ

r― リング場 ●

●IPl

.

`工

め に 、 2連 格 子 を反 ち 轟L

て │す ず t、 市 民の動 々

0● :暗 │

目僣肛 量■人│1位

t婚 て 袋 こ把 綺 │た 。

北L

=ロ

出 猟誌ヮ 『

昴L

団○―I 1略 lL団

52


その時 1人

4ヾ

7略

1`

う史 上 へ 落下 (Fβ 死 )lた 。新卜ヽて

茅 贅鶏 須}〔 』にtヾ り、 わ 6し ヽlよ ti:う ごがフて考 下十、 力澤 ・、 こ十 tこ を て手 〔離 tで 選 難 老tミ 相ズ ヽヽぞ勢下ず るのて 脅け とり るため、)ム 商車}〔 結 雲 のサ ルベ ー ジシー トを液 β 4幕 ヒ tて 活 用 t、 市んのた杉 そ求 ウ て 男21を 1弟 を 敗 助 lた 。 ・ 々 つ 魚 L(磁 チニ 〕 分 藤 の救 出落す 現 場 夕1老

lよ

"崎

ヾ― 卜JLホ 1の 道 路 上 の 不ス饉 ●44.デ ′

E tttく □厳 で め,た が 、 同 ビルJι 4Hl」 中央

二 によ り.を '姥

・じ を Fに 孝 P彪 ヒ、 41夕 に政 ムとPfq始 lに 。 も庶 tこ こ フ lす

イ タヽ りしホステス彙友室の島 で、 当時 9人 ド関 え ゆう t‐

ltて

ぃ た)で 練鶏 tボ ゆる化紳寸イ│の キ性2角 を政 ム L、

、でく、や えて F巌 入堺 索 を書夕丁に1ヾ 、 燿枠 ドハ 統 、ヽマ内翡 lす る東燿 ヒムれで阻上 f層 階 (3,4階 )の 燿1` う嗜出

でク t、 後 殆階のだ,商 ぎ二 │す

l・

`6● 名局、聞L 当7て `

隊にな る政 出%は 2ん りみざ内舞lt可 んを夜す結果 とを つ   出″

て tよ っ た。

画 L(格 子卑 )・ ケ隊の紋出 治勧 J見

場51j名

lよ

22時 blイ 、デlヾ ― 卜北 条側正面 オ P著 と、 │〔

弘有に枚 ム〔胴胎 1仁 ′橘 子そ紳毛 t焦 甦 中央 の 1よ

53


ヵ%2ん を教 虫 t、 薇対ボ怒 イタウ ン砦鳥の│む で、平裁β ヽ の活 │ん とをゥ″救勁者 3ん とリフター ざ隣下 lヽ 競ヽ て 格 子イ スい

│・

5ん で政 ム lに .ltA後 IJ下 層 階 女 ″ 1爾 の

ヽら頭出す るぷ燿 とハ気ぞ内 起や

査バ不可た となった

'P押 の で、 各階 の ズ (7ォ ざぉ }〔 当っ た′結 局衝 L隊 によ る政 0名 ぞ わっ た, この間 の浩動 時 ム渚 1雪 男 5名 、 す 5名 の ′

間 lJ椰 分間 で わ り、 同唆 の皮 超 │に た 0ヽ う│ご 翌 日童林 lJ ヽをヽヽ。 tて 、 発見 でル

6)東 L(橘

子卑 )有 隊 の液 出治多 句

現夕 易到 毛 lよ 22時 口 な、光 束角 9了 ´ ケ ー ドタ リlf″ P湯 t、

2う

。しイ タウ ン熔 `う救 Ji t閉 才 と│て ヽヽる. フ 時 1有 や

ん の東側 1の 燿い ら救J力 と求め る孝救3カ 老 5ん を救 ム L. ヽも,L彙 湘:16つ れ 1移 考 t、 渥内 その後救助束の生いてヽ にイ そ入 tて 久神 │て が1れ てい る老 ユんのほほそたたさ励 き │て 教力 に凩勁、 統 い て弟4Hll

i南

端 つた2楡 ら 1先 〔

救ム.ltA族 下層階のた う罐ムす る,ま 燿 と熱れ より内 0`

│て

「すぎ5に 当っ た。ん 局 Lと なっ たの で 火災 孝 ,堺 索 が不可含 魚 L隊

)〔

o燿

冶タ ヤ9ん を残す結 果 となフた。 尚 、 この派 の始ま な

│〔

よる救 ムか よ8名 で あ り、救 ム11当 っ た 6と 2

ヽら腋 出閻施 きで ?ゲ 間 ヽて 、橘 看卑夕1老 力 内界にらヽ l恵

l〔

54


を費ギ │て ること。練り 1治 勿 ヽ ヤに磁 イ1ヾ 31清 った こ ヽ6こ と、 きた。練胸渠の生いてヽ `る海で│ざ j肖 ″勿 [で し tヽ

ヽ6こ とイカろ 。♭イ″ウン内″ 象入 lて ヽ 商rtヾ 一旦フ Fヘ イ ヽと恙´い る′ そ液討_労 明すべ きち│ヾ 夕し

1)口 格野 L(梯 子卑 〕有隊の政り l始 タ カ 現場多 FZ l、 り名時lよ 22時 ワ々、兄東4の 正面にオ

/8

“ しドマレ室 梯子を神 "ゞ ヽ理耗ざ″漱ら ー _橘 、 フ タ 〔晨 nゼ ず 千た 、 系 な%2oん に練 ムを開冶 lに 。日陳 7曜 │よ

│〔

:〕

そ暗下させて救ハ tた 。 A後 はた う颯出す る旅燿 ヒ為 ゛ 著授入tヾ 不可能 となったのて 、太筵のオ J 久 より内「 oヽ

l・

1‐

lミ

に当った。結局百務考 L泳 お 一イ ら2o名

│・

l■

ざ3救 麟者 バ じドマレ lよ

,

ヾンドマ ン室に lす 3ん の遊 のぼっ た が、 ′

″ [残 す結果になっ た。 の 光 L(材 子多 )夕 隊 の教 島落如 Fll老 月 a夕 易

,キ lょ

22'そ 55有

L束 角 告 、メ Ftt t"省 │ミ

11求欠ムを

印 兵 n才 台lに 。マ階″し し卜室にホ 為看tイ 申晨、 り7タ ー をイ □てず 磁 孝 tイスっ て呼救角老 8ん t隣 下 させて枚 鳳lt ゛状紳れ とんと 戌11、 罠に画商 l)の 風 房の起l(物 行 l、 │、

1こ

饉 の2名 〔所 たき ヒ、 り7タ ーで躊 下教 ムにぶ功 lた 。以 力 資│よ 漱燿 と熱 気で│れ 郷噺夕λド不可能 となったつで、メ災

55


商 ざ∫ │(当 ら F.紹 る、北 L濠 教 ム l卜

`らloん を 所 つき 。

、 プ ロ后 房 向 卜 │■ 5先 の髭 林 が そ几 され た

,

女ム 原メ 8名 つホ こ者 lれ ヽ カ│に 夕 じン ト室 に 多

llヽ 1、 41 t`

tヾ

IJ 2ヵ

│」

│〔

フ「l 。

③ な客,κ 混 ③一

屁損程度

4階

2階 2500耐 3者 a100ぽ ⑤ -2

3200グ asθ θぽ

滞差 活 晨 ″死ガ 場者 久③―■ 4日 子ツゝ 卜に1レ │ぶ 当Bキ の,ヤ 左老と花 t名 F

広島驚

■ ■ ■ ■ ■

g

4

4

4

2 6

5

5

二4イ 差 輝

2

2`

‐ 4メ 対 轟

2

2

2

2

農 漁

4

T彗 .1

繰●4

量 長檎 柿 ふ

3鮨 3電 4陥 6晴

雷■

4F t旨

6

I「 旨

彙■ 尋■

9

`

!陥

f‐

r

r

_メ 虫

貯暉

【 7■ ■

18

11己 ス

ぅ 夕 :

0

9 J

ユ:

薔 亭 お

:

クロ ‐クイt

l

fil-lfrl .{(

r

1

:

9

らJ

ま-1レ 4 t〕 ラ とト

音孝 イ

Lェ

LJパ

晟 シ懸 ^.r_ ●

.Iι

ぞヤ

つ ●l′ パらヽ′由 針

‐ ′●●

0

′′0

′●a

0

・ ′′● ´●o

0

′0′

0

′0′

ι5

I

0

,

`5

′00

0

,ユ

′●θ

F

0

夕・

0

4'

I

2

,

,う

2

2

:ュ

θ

92

, 31

::ユ

1`

ι

′ ■9`

,10

2

rr

′ ユ■

12

3

0

0 ユ

23

.4

44・

26

lq ′′8

15 4g

48

′●● ●

0

′●a ′′0

′o●

0

3

,3

0

A

′ “

′′●

0 │

0 ′7

′■

:a

l

′●● ′″

ヨ8

J

3

a

′θa

0

′″

′0●

0

`1 ヤ

r.・

3■

:

′φ0

2

0

a

0

― ●

終 撤

0

9

4

爵 酢 」 摯 ′ ・ イ

′●● ′′θ

′3

4

0

0

33

a

0

0

m

・ ′′θ

9,

0

4

r■

■0

34

ra●

′●●

FD 4′

2o

”■

9

轟 饉 0

:

l. ? :, し 0´

21

l

q

r― ′

逃 gL 4

9 ′

′3

E

″ 十

a 一

Y9終9掟 輩 ■

]l与

`A

56


0´ ■ 1暗 花 t,易 着守j人 数 丼

電o

絆 、

│●

■6 “ =3 μ

7

T

.

=

.

■ 1 2 ” 7

,1ク ■i■ 摯 パンドtLセ

午 μ ■

串,ル 中秦キ々 lL事 序 =‐ ■― ル喜餞 ●―レ ■のた ・ ト イ レ レジ・リスト営

層 所 澪嗜澤畿 毒女 串 薇 セ ス手スltネ 糞 f・

96^

゜ 綺ゑヒ人摯 イ し 9ウ ン避難 素0-IL7階 フ ・ Fl難 宙12 鶴

や,1" エレ 6鴻 ″

生落 岩

2

3

2

自 t貶 土

9

① 3

颯 ‐ トナ ●.V4 ∼

9

ll・

・”

・%

質 雀

0 ユ

0

台ヵ籠れ

´

0

0

綾BI駆

■普

:

・ ■ 感 生 輌 看

:

番吟 リ

tレ r車 ′

零・│

生 え

え薦

.、

左 ん だ

3 ′ 3

:3

"/

/ 嬌 /

生 鳥 確

l

/

Z

43

/ ,1

9`

o""自 力月ん出層

0-ェ 場 l Fr

│:3人 3人 の死 目 者‖ 死亡者 因

現場

一酸 化炭 素 中●

40

(7F)

胸 肛 部 圧 迫

2

5

び り 飛 降

1

2

胸饉 内臓 器破 裂

2

i tt$&.>av?

2

合 ll

70

(■ 亀ヽ,10,引

R)

57


ILFL赫

ケ…

7● ン ト

= 1,`7夕

:t).

剌場天丼部分

リフ ト闘 口部(60G X90o) タト

t,

。 1亀 I菫

}計 警

団0-1

飛降り琴 :異 践

7階

タロニ タ

(r5-xl!0c) hff

}I「

1‖ 略

22名

死亡老在置

文箕 発生当時 7r皆

│〔

│」

、 11生 92名 、 す性 87ん がヽ`た

`ヾ

屁 老号 1に み るとヤ性 り方1ヾ 70ん と男性 よ り多い 。 ワ1生 `月の友 業 員の死七率 よ り圧 4い てlξ :男 溶の死 色奉や

1■

4り

)1

` ι晨索ヤ孝 .又 死 国11に み ると、 7潜 ては ´酸ノ 的 に 多ヽヽ

,ヌ 胸腋を に よ る ものがリト常t〔 多しヽ F圧 迫 l・ よる死渚 ド 3 ん い る Iと は注 目 と手 す る。 こい p力

袋に/tFユ :の 人 遥 ド押

t。

│』

J、

でなもキ 1つ つ厳

`│す た こと1ヾ □でわ うう。 凛

な属内に│よ 、 ぁ て らく銘西

tFJJ死 亡 │た と雅 家

tる 暉の赤 1人 のみでわり、 最 も死%の ,1` っ たの ふ ヤ ゛ ―ル「 多 有の26ん てちる.こ い 杵 電の十 t tth〔 追ゎ11 ん lす

│」

塩 たた

IF結 果、最期

│〔

l』

着 りまっ て死んだとこわ44

る。

また、 ボ ー リ しグタ 易工 孝 つたり のイ 反回ヽ`のヽ ヤト見 12ん え

58


t若 が ら り、 さい

│よ

1`

'わ フた バ方 でl古 エ ってま ,八 口 て 斉

孝 で30m々 の厚 さとなっ て閉鎖 でい て、ヽるの こわ らず に つ め│`

ITた

人違 でお,た たつで わ うう。

④ Fal懸 鳥 ヽての間態t 十 日デバー トビルκ筵ltめ 、 t力資4く

lI、 r15、

七看じて 午膠 イビ ドウ でL:る 。力 竃雑多 │卜

6 g ('I: r-

しョヤルを霧孫だ がとりあ│デ う1し てい るが、I I ?'lr ` 災著の様相 とナ 1庶 す る人間り右象 と。 う見たrFq瀬 馬 2孝 │す

口え、対象をだへることl( げ。そ ないについてノイこ々 4、

す るロ ・

丈 実を生1

④―1

ヽ 十 日 デ′ ヾ トズ 丈 のこ♯ 凛 諷l専 、 3階 ざ工 澤 2tて ヽ 「 ゛ の現場墳た者│・ ∫5マ リオつ1ユ げおてて エ次た める ロ 「

ド、虜向ェ孝っ場老め裸″緒置ヒtて :十 日デ ―トリ │ヾ

簿薇端 の濯孫、イ煙場酋り

r乏 ん ぞ■4ィ に 鯉′

'1_1.消 指定、皮』聾ヾ打りつ脈4埓 につき、消嗜堵.り わふ卜ざり

寺L、 商人管ダの嫌広t藉 ネ lて ぃ .11ヽ 写′者〔矢イ 「 こ らめ)i恣 痺J興 二4イ ↑ぅ二身次な卜指示でい I、 :小 ` ヽ ヽ 、 ttヽ た とぅ は艦柔 を、 │ヽ

oヽ

1ヾ

=itて

,

59


マリ 4乍 タ バ コ の殺 げ灌 てlIよ るズ箕 │』 、 林だ と tて タ ゛ `わ うずi 各キ 出人承 諷 つ ヽや く、 消防 沼 つ PRを とlt島 力

ヽろ。千ロデ′ ヾ― トズだつ場右、百貨店 み上れ と占めてし と、ヽう■に 物の多い場許 ざマッキを轟いず滋 てるい `うキ

゛ ` 南然な角為 がとら 「 訳てわるが、 こうlた りやつなな ん1丁 、この現場者″老に限らず、人での41で 、わい ヽ 1ヽ

`ク 自有の形3ノ 荒 灌むん滋tll〔 ん右ル らない とヽ そκ こと卜問痔Lヽ わると呂わいる。 ′人の人閻の ftヽ `

lJ、

│〔

為が 大惨身 につを1ヾ ることつ41で そJず 熱試す ること が哄手で、そitに

OT2

13´

_た にな 象輛κつ訪災語盆 をЙりる

ズ受の紘魚

α メ 1 ln,肖 人作業負り夜欺 ズ受椎 ″ 興う るよ う 、力鮮Eム ズ作 業lg右 なわ杯 │〔

l・

1ヽ

て13ぃ る。 当時 う形 の11ズ 蔭lt 13 22本 り,肖 人Zが た こで ゛含 ヽ 11ド 、 見つ ることがて し 1ヽ て ●、 っ│た う、ェ 彰│(4h 「 `フト `そう l)を いっに り、お※的‐ 13“ かとつ均角 卜検 や 1`

lす

│ミ

ょぅでぁる。 治だZtヾ I=孝 嬌自格 の「 教鮮 でち

l〔

杵角 lを

,`

,卜 のIJ s瑣 大

よ、旅作 労j人 の ミスにゼざ、消

`lt〔 があっ たとヽ`える。 ス艦具り僣′ と繰/f-11に 島 1点 ′

60


b r瑚 消人権の問題 ヽた に、 ヽて、 F布 卜 l」 うヶ 驚 卜誤 崎 ら↓ 渥 向消 だ I116彪 ″ 4‐

`う20 ml大 ` ヽ ずit tム ス賜片 ヒ升 うユろとこうや ゛ ていてい魚ものてわるが、ノ ズ風11ヽ たfr//凋耐1を

11に 1ヽ

設置

った。

た災澤おllと 教力くわ らべてみてもメ内消 だ核ドズズ時 ヽ 初 13カ く し 、 消効卜れ ヽ 卜 、内多 Pの 人 卜よっ て承 用 さル 「 ヽても∠月消 ズ植 1ヽ 、 も とも千 日f゛ ilヾ ´ トズ贅 ltら 、 1。

/J‐

ヽ1ヽ ば、外 縦 nさ れ て、 1幽 消 たの″蔭 でくぃよ り ぅ1し て い

`も l にや

ltな

'め うう′ い。 このr.n態 │」 壼手 て

「る 消 史藤 消κ植にくらべ、一級によく々 うれてヽ c

l』

ズ消 だ絃 lI、 左 Z、 脈作 オスを ど、 と,。 つ場彦│(友 わ │ヽ

│■

│」

`う あ tlヽ なぃ tヾ ヽる。 くぃt隆 給 〔為 lて ヽ 、消人 1隆 1`

。 るこ を え 、 ││ぅ けに消X盤 ド購 る島 のて わ と メ 6と 、

日常 う当K 1`

ltわ

` く たって11、 消メ%の 汁て lJを 、消 ズ

植 0カ 1日 について、↓,Lぶ lt〔 ありておてゞ浮がわる .

④ -3 α

起 工屁 、前人 ごこ っ″島

鶴 火 シャッ 7-

3階 の11汗 前 人 こユ 日つ訪丈 レャヽ ソ,一 .二 い 色 でわっ 「

lヨ

IJ常

it l( 時間・

その}:ヒ んどド シャッ 9-つ 真下 ト

商品の疎フ l合 そどがあり開催不可能でわった.嗜 人レャ

61


ッ″一 け所り爽のlκ 旭 ぞわ払 lず 、

│ヽ

を l)の

ll■

亀 とれ ず るも

` 色ナ ので わる。萬六シvッ タ´を馬浸 │(・ つ練夕14 ど 率 I │」

1tや り る ヽ こ で あ る。

オ人 しャ ッ ,一 ェ 【 1じ 一 暉― の 予

ふ 人階 0` らつ辻湾 t`

、 ■ ヒ lて エ ス 1じ ― イ ワ 留 六

` ら′ 1を め lt Fめ の ぞ わ る。 4階 ↑ ら 5陥 卜 ● ITく の エ

7\..i

ktL-4-]:lI

lr

l」

A, f:tsdltru < v- [-

ヮー ド所彰瑣さい て、ヽたにつ)■ 燿 り られ てしヽる。 エ ス ● レ ´ ター

ヽなり ヽろ1尺 饉でわ1し IJ、 ゃ の商κシャヮー北評レ真さ1ヽ て、 ゛ ヤだ │に 甫太こユ性能 を1り すものてわるだ嗜 、そつ くわうう。 ゞ′づ 開颯につ て 、計ιl的 ltり 1211お くヽ │千

(ヽ

④-4

lも

通報.瞥 薇

α 消前者への通報時間 (時 間 つロス) 株 キ林 11ズ 実報炉機 のブザ を 聞 合、 き うlt

qズ 身だ″

゛│19基 によ り消 防Z、 の声 を目 き、す く 通報 │に との教 述 t行 なっ てい るoヾ 、消

7オ

る のご 、その6f目 りF.q口

活のサ化、 時 間が2晴

布 ぜち

“ 脈 達 │に 林夕 負 の様 をを行っ

て、過報 │に もつと維 力で 、る。 この6布 間 つ空白11、 十日デ ― トズ実つ` ヤで13、 そのなの消X教 力落如 にた 1′

│ヾ

o/4‐

夕響 そキえてヽヽる。 フロー を見ると、消 防渇の擬 ん そ

62


老有隊 つ列者IJ lミ

l」

lo時

43/0‐

7階 りも ごめ る。 この とそl(lコ `

`る 5合 零款 ,力 渚 っ 孝ηJ見 えを o` 7「 と報 告│て ヽ ・

:1老 lに の 男4で あり、 このPan l■ つ梯 1車 ド塗 てダ │ぎ

イタう し凶i3混 乱│(aEと を り、穫 び誇 りが形 3,た り11 ` 8有 :)│` うてわる。 11も 消嗜ガ ヘの洒報 が 6ぞ 問イ

4・

│`

, たとす ると、単糸 セlt言 ヤ算 lて

│ヨ

ぼ49萄

子4が 生 て夕1老 lて いたものヒ稚定ごe、 ●吟 りに よる佑 負ll者

lコ

│く

1150の

│ル

│ヽ

って椎 “

。 マ Fわ り と選わ4ヽ )を リサを くて

る。 0じ イザウ しへの督報な ヒ ら フ °しイタウンとの皆鯉関係 につヽ `て バートヒワ 子 `デ

1■

キ キ71を ヒ リ来ウル な く 、κ (」邑f晨 に/7ヽ `て15、

申 lイ アわ

ヽてlJも う うん閉急 が ゼt` な つたoそ の管錮亦孵│卜 っヽ ゛ わ01ミ 、 こミてメえにぃ ことIJ.下 階でだ贅ド発生すト 1`

│ゴ

、 人ャ浮が上階へ型 6可 能性1ド 強ぃ ことlJ.明 白であり、

有 ら1)の オスで警報 と,え をl,体 〕 し´″ つ孝稚損置13々 │■

│`

lざ

ヽ.当 時 、ビ 々 うなし

っFOよ うである。 ド、電詰連絡

η よ う指 ふざら もしら,た ならば、プ ♭ィタウ レル歯ι

を腱難誘導1ヾ 術なえた 為 11ヽ ない。 o、

きに、キ常ヽルをど督1稼 者だll lミ よる督報だこ 痛報 │』

63


量ドウをいにりに不夕ぶ ξ増 と、渥夜JF饉 〔認さヤすい。 `こ″認 t 人 異常こ覚 l「 雑、イめダ常ド狗1で ある。 ∼ をPan態 でゎ ようとす る。 それよ崎稼 つ力ヽ 1ク │ヽ・ `夕 る。 │」

lコ

④ -5

7階

α 店内救二

・関林 艦り腋選

。しイ:夕 うレうズ史覚 フ ∼

ら「 ホス デスリを さん蕩 う老tヽ そヤ奮 ゛わ ` ヽ 」 との場内族送が あっ Ftよ うて る。 ll` Lこ の故 │ヽ

だでlJ、 駅澪亭熊 の説明 と避難っ誘導 ついてlJイ つう な l・

。 孝れ時卜おぃて、汝ビ 11参 を ビ汀ユ 。 ぃ ヽ ろう ンヽ 「 ば 、あず1)ざ あっ ても多飩 13安 わっ て、 ,F↑ ↓ 11ヽ そ 1ヽ

│」

④ -6

a

避難

:

a性 麟難誘 導の史ナ

十日デ ― 卜の自衛消Fな 勢 1練 lヾ

にあいてl17口

1ド

l」

過去16ロ プじイタ均レ

′ ヤび:J難 赫導うか1練 も ,そ われ、そのセ

・ ななわれてぃた。 とこうざ参セ マ人員ら ケをく,“ えてフ しイタウレll展 業員あ出入1'0` )象

lく

でら

″蒔闊わ ,

遅 1ヽ いか1練 つ知采 〔島

│く

l(13っ

'1甍 た といえ│.オ 殊部 │

編詢Jキ 彰の と全燿立つ みのの夕1蘇 ざを れlず 色嗜 13を い │す

64


.の

゛ て、訓練 の ヤス を ビに つい ても 為縦討 が、 メ′ でめ る。

つ き り、実 響l(灯 ず る基だ 和裁 などこ績極 的 放 えて │・

い く こと│ヾ lゞ 呼 で、芝 笙力 奮%具 つj承 ガ 午ヤス だ

:す

ヽ を知 っ てし

゛│ご ヽ ても 、 あまり冶 角 て な ヽ 素相 パメ aム とくぅ、 ・ 受著 り本 鯉イ も てヽヽる現μ .´ 級 的 をォ実 象もび晉をド│=ビ 11ま イ ^

t

口うてるたりのオ係 〔メ え る載″が わる。 常薇 とム く火

b

紋助震っ繰作つ″綻

゜レイ″ウレ 花 7階 フ ねえう杵F遊 難勝具11燎 勁グ1ク l〔

湾 だ11で わ7に 'こ の液′ 力艇 そ うよく繰 年 で 含を,ヽ った ヽる。推 ダ乃 りl( た りに13ん もの人 ド落 千 1て 死 tlて 、 ょ う死渚 IJ?ん ざ めるつ ご_絃 助 泉 0榛 存 ミスに よるえ 七Zの 労がヵ ぃ衆 びゎ る。 も lも こり薮 ,4髪 ドエ lく 反 ntれ ぃ 、ぃlゴ 、16名 11も う クん 、フ゜レイタウ ン内 ワ恙 優ll・ 死 七 tて ぃた人 6ん 、全 ら}tl」 わっ とつくの人 1ヽ 助

, た ず であ る。 l富

``

このよう だ維器 具 ェ澪 繰杵 すれ│プ 珀ナ 1て 1ら │こ

l∫

:・

61く

夕〃のよう Z桑 って瞬嘲lF lた 場右 にlJ油 碁 とぃってざぃ ゛11孝 alを ニィ にと じc(て l`う 1こ ヒ〔よく無裂 累す る嵯現 「 │■

がある。現在‐ の選難農具lf f推 工 │く 薇 4で

l・

少人旅の場右ドll 11 1ゴ

15ド スが集ヽ ヤ │た 場冶 卜 │`マ

イすス と し

65


てイ l」 、 この よ う に直 雄 乍用す る浮 索 バ 弦 、ヽ.夕 多右 ゛ 躍 暑具 │」 絶 ヤ す孝生を も つ て │`を く、 それ 〔/て 用す る人 の凛

作 わ ムわろぃlJ日 常の株ヤタ理 をどにより性能ド影響 で

46ク 』難 のたつつi路 、消′ ォ路 る空間

1・

人間 の足 とガ て用でそ

ボリうべ きでノ離碁 具ほ毛条君 が多4っ た孫 恣

の場右 の人raq街

,々

0ヾ i梵

呼びわ る。

C

階 段 の絶掟

`も

の とlて メ え てぉくてと

οじイ タウ しへ つニ λ口ぞ う工 ♭ヘ ー フ ム わ

゛ 一つ核 11杜 道 し、避難上 省孝を階段 て わっ た。│じ

│』

ドタ ギた す

A階 段

1古

│す

階段 ′ P41」 舛ニ マ救 で 、 さがれ ,オ r澪 口 ;、

tら

11后

叔が たて1ヽ

│す

│・

│さ

絶錠 でれ、

て わっ た につ友 η不可 飽 ぞわった,

れ の2ヒ 同 ビようを″統 べ階負浮

l・ 1こ

いて、見た

^て ヽ で そ こド暗′ ユが わると こわぃなし 森之でわった。

d

陥級のシャリ″一閉榮

│す

l」

'な

・.ゎ り、スズ時 lt ll F階 級lJス テージ薇 つラ F当 段 て `レ ` 電角押 よタ ンざシャッワー t閉 Z上 への脱 ムをバ みた │す

人もあ7「・

10`

と、Z上 へのムロのみIJ絶 柴で1ヽ てぢ

'), frt:'7"V4q '))\tl

{lf--.I

{)

t

1'l:11 f-/a')

の燿 ド この階段 │■ た幾 lて 、ヽ り 下階 へ の建 難め 不 可 「「 66


゛ 、そ計 わた人 、た てわフト。 そ■ うの、 この嘔 段 │` うの成 上 lJシ

マツ タ そ ん ′ す ことをくず。 シャッィ ーIJ挙 脇 )■

のlκ 怨 でわったにの、亡う│(だ の程λこ詔ヽヽ ものであ 「 る.こ のような夕lは キ洋 つく、F右 バガ みをどIJ自 an頻 l・

`砲 瓶五1ヾ 佑 え らにてし`6ざ シィッイ丁ざ│∫ そのよう たこ /J・

ること1可 不 可台 こざゎ る。│た が って シャッ 暉 い 一11斤 マ 。つもの ヒず ヽ 全て わる こと :)つ

lす

:

C

ボ丁:)し グ場 への階震の開鍼 44年

"∼

ケ目 6階 の千E歳 l場 を開鍼 l、 フ リ イ クウ l子

ンξ,著 言 llに ため、当嬌 7な ヒ6蔭 と〔羅 .1:階 段の入ロ ゛ が切過附重 わったわようてわる. lo` t、 ,aを 41年 4 l・

月 ボー リしゲ場 11家 芝つ たり、 6嗜 ″ ガ 〔関多 葵、唯 段 入

`ロッ クざ閣 lた んのでわ る。 ンつリー トフ 口 そコー 鏃 約 ■0ん の人 ド この物 遺 向丈 で花 色 lて い る。 これ l古 従

業資あ+2・ この階段t妃 聰 lて ぃ ″が ての位置二│で 誘 「 tLル メえう 6.lt` L、 ″ を始翼 ミ わっに 導 11「 ‐ │卜

│ヽ

1ヽ

な らば, この卯o)う 0灯 勿〔らえてヒ6_こ とキrl↑ ,た tヒ 2考

えると。1常 卜白を1冶 l用

│て

ヽるぞ物 l・ つ、 、 1て

ヽ り理解 を日鍛 ・ うあめてりく嘔″性 をなくぶ ビ6.


十 常隠 段 1く /て わ体 を1` っ に ・ B陥 ′ ユIJタ トえ に 面 IF′ ヾ コニ ー を考 っ た、イ ト蒲 蔭般 lし

であり、 ス 書の 電線 僣 乏イ ムっ た少そ の遭 つた │(│さ 燿 の緩 λ lに

1夕

1の うう撮 //A 跡 IJを ぃ 。,こ 上 へ爛ず る牛本 の階 ′

゛ き て ク左 だっ た 嗜段 で わ る:ミ も か ,ヽ わ らず 、 でね 乏κ ゥ

`2ん て脱 出 lに 人IJわ ずっ 経路 がι

=と

l■

す ぎを)ヽ .こ の党 全を遊難

ん ど夕)唱 これ /Jl` っ た一 者 の 承国 と │く

lす

` 階段 つ4■ 置 バ /P適 当であ り階 段 へ っ ハ ロ が中Iマ Jざ 0な つ

ヽぅ フたてとでわ る。す なわリワロークのカウ しワー薇で クロー クに入って、 ワロークな のカーテしを階いず看い と lヾ

lし

ヽた。 コニー l■ ふ らい い ヽわ 1ヽ り}ミ くヽヽ 横 之 とをって 、

共述 人 気後 のイ

うル太 汗 //iの ふ ス テ スが この 階級 を知 ``

うない っ 「

ことが わ 0` っ て 、ヽ5。

ノキショ薇事館 ロ ロ ●

ロ ◆

ブレイタウン ● ●

C-1

七 隆平 日口

68


こう l卜 Zタ トウ 葦J塁 ヒ ト常 段 の右

ξ む夕 りの薇′ 置 lよ メ ヤ段 躍

"ι でわ るが、 多針 老 いだ 難上最 多子 を ぜ澱 計活1ミ 米 りるの“

`公わ らず、 もの とな るべ でもつ とtて 薇ダ tて ヽヽ6卜 もり 実薦

│・

lよ

せ氏 至なPgn般 、ね ら湾角卜和in t´ い ヽなぃ のヽ

でり うう。

9

稚″お りのPal顧

1匿

1ヽ

1ク ふ■は約27帆 ざち,「 。2マ にのあ うえ面きて

t上 へ 稲 おお りるLい う々角 が で 0` ら_ヨ レ勺 リー トの多

有 疎 灯 を約 卜 に01・ つ い てlぎ 、前 定す ることIJ凱 鯉 ぜ わ るが 、 十 日 デ lヾ ― ト ス災 lt濠 ぅず 、 街層 ぞ栄 卜ら │す る人

災卜ち,て

lが

、花″′ 1)lJ縁 り返 t ltい `る。43人 の1壼

、わ っ てく るの│■ 格 ヤ .t』男だ亀 lt深 くいも

えて、 自殺

こう関株 するざわ うう。 ヒン _)う 問顆 し

る のヒこう籠″誇 りた人と腋ムす るヤスIJを く、今後 ヽて 、 ヾ´ トズて卜お、 り課題 の 7ざ わうう.千 日デ′ l●

7ル ヾ―ザシ 卜 と市民20名 のた感 をえて液助著 とヒ、

ヽる。 こン ヽ な殉震 うマlず れ発 うに3名 の人を教珈 lて 、 │ヽ

lJ曹

曖││^さ tな わろう :

69


2-2 太井 デ ′ヾ― トビル ズ免 0 人実権 手 口 a細 侶 キ ‖月29日 (本 Bわ

│■

発生 │た 人澤 デパ ー トの

だ発 lよ 、 lθ 3ん の人袢 が 火わ れ た

.

百貨店 に ら け るわ バ

゛ 国最たつ火災事故 てあ る。 ① ―

1

発 生 日時

下通 リオーニング筋

出人維史時タ リ 13時

15命

寺夕 資I口 日

う時 25萄

J ′ 真,FB寺 ′

8右 18θ 寺ろ

数 た時夕 J

21時

ll

全面アーケー ド) く

t貝

19々

―卜1ヱ こ□ ツ ゞ 団①―■ 人澤テ

-2 _島

λ

火 建 物 次 ダ 虫メ 個 着

出 太菫物

熊本市下通 り 1丁 曰 3-ノ 0 株 式なた

人洋

円4地 バ

誌 ズ理 咸

商索定パ

歌理 面積

3131.o65 r

tす L 堂メ

9・ ろ/lo

輌 十人構造

70


兇 下 1隆 ,L上 9鼈

2,402 2o4¶ 3 13,657

寿 面 績 延 面績

た損面績 メ

塔∠ 4唯

耐 ぽ

♭ 出人個片 外館陥重狽ll階 段室2階 庸なり場 (階 段上リロ東側 内壁内 ■) ① …6

%1報

14″ 通報 内容 党知種月 口専 用電話 だ実ねκ

l19西 A

i3時 25ぞ

通報者 独 …6619 花ln礎 ― 通報内溶 「 太洋 が太孝 です.2階 の工事 tて い ると ` )オ 1う 夕 う河 えてず Jす 。ニ コニコ堂相 ′ 」 です。 ① -4

出κ脈国 不 若人

①二5

損 害在農

α 離櫃 棟旅

全鷹 1棟

b

ん損口薇 メ

(李

密〕 老 Fな

1棟

(利 館)

教箭コンク リー ト蓬 地下1略 Jt上 9階

始′4燿

71

.


建築面結 X危 約

1ユ

C

2 ん402 れ

廷 面積 2ら 413ゲ

587 ma (本 催

)

ケθ ゲ ( 71j佑

)

の うう

涵 響頼 (単 な 十月 ) 娑

33L439

ス宕物 イ

1,414″

402

色 そ つイ 笏

│フ

7ぢ l,991

出人れ の井物1れ 冦 ヾ孝 自貨店 そり/tの 人型店 獨 わ ぎ″呻 P、 熊本部の.† ヽ 411店

│ヽ

J、

「 並ミ 薯街ltら り、 ズ実孝家 の あ7た オ雑 の牧 κ 燿 `ヽ

夕 〔│ざ 口①― │の ように │オ 逆躍詢、漁 l、 ん伯l卜 売場舷猛 つ焦り]j趣 下 1陥 夕 C上 8階 だ つ贈栞工募 が約 50%の 進渉 孝 ざ 進 め ら:い ひ `に 。 な″ つ 西側

}〔

897Lの 市逆 〔1」 でん

で、メ t下 1階 史上 7階 婚 ての構績 およバ身議棟 tヾ わり、 ヽた。 5階 の減海 下で李館 に遊絡 で1ヽ てヽ か″北4Rllの 増栄ェ身 のFめ ,オ 能 既方孝 P々 の不適格嗜 ゛ 賃梅毅 を工茅十 てわ り、 その たり災者の′絆承ぼ とガえ p/4‐ られ るもつ と lて 、 B陥 燿 5謳 拶

話 交換 :非 常枚二室ムハロ上

│(有

ヽに電 な ごいてヽ

ゲ ク ト穴ドエ葬ヤ(だ

`Fの

72


ス l未 了 ),ぢ 階 の増 栗約舘 への関口考 F工 孝ヤ リに,閉 ヽ 6者 らよ〆7層 のた場 ` ′ ヤ史つエスカ レー 貞キ〕 ちるヽ lよ

ター 回り1ヾ シャッター をわげ卜JJ、 ス4=ぞ 板 JFロ ゛ っ だ│)で エ 匂 レ スて キ ヤぞわった てと/Jビ が わ ・ 張 に :す

lヾ

ヽる. う↓

│「

― ― ―

鴫 ″

増築 のため除去

増 築 部 分

回 O-12警 FttEl

誌 災上特に問題 となる准店人員》特に徒 米負と恕の人 `てlさ 、熊オ中消財局,同 難築ldL導 課およ 数 の雄 たにつし ヾ一 ダ色本県遣 算響 の調 査報 告、 わ る │`ぞ 設著 た弄 デ′ │ヽ

卜丈賃孝皮調 査奉負次 資料 11よ るわり〔泉②― │卜 わげ ゛ てわく。ll` l同 店 〔│ぎ 、晨業 スの屋 夜林饉こ :00∼ │ュ

│,ミ

loと

lll花

B:oo∼

4:09_の ■交替夕1こ とり1茨 孝系食彙

│よ

てわクたりで.よ 大時卜│」 塗展 業 1623ん のう 6暗 し

ヽ6. 70%た 蔵の ものがオ鮨 向にい たも の と考 え う↓ う "∼

73


・ニ 1、 た ②:-1 人埓子 トx実 雑生贅のた店人員

宕 の数 に つ ヽヽて も

.推 定 在 店 人 員

1

売 場 の 状 況

床面積(‐ '

0 3

0 4

“ ”

5 ”   1

︲   3   5 8

1   4   7 ︲     6

9

食堂・ 催し場 ル・ 売場 。遊酬 臨

504。

5 ︲

砦数 が、

9贈 塔屋 1″

左 の注 店

47

1,lα L 773

2は

8階

47

2,《XИ L

4 ︲

2,084.47

6階

婦人服・ アタセサ リー売場 ・ 用品 。文具 。現具 各嘉亮ふ 家具 。家庭電気器具売場

5階

46

7 ︲

2,109。

2,162.7

4階

Ю

3階

8 1 D

紳士服売場

︲ 3

2,1027

︲   3   5 6

2階

洋品・ 雑貨売場

正 午チ 見

2,17L85

l∫

1階

料 卜よい

食料品売場

築録の資

2,1"。 158

=

客 小針

地上 l階

バ_:

F,本 市ぞ 食

業 離

450.492 19,074.448

415

合針

6 口 闊 麟 9 ” m ω 四 ” 5一 ︲ ︲

(人 )

73

〔熊本市消財局みダ熊キ黒菫紫言 果り調査報告より

離Jl,弓 IR〕

'(支

ヤ206ん ヒ 修

なってらり、 そのた り百粁 ら力〕 出メ時 の流店″教IJ ゛ ヽ 20o∼ 250人 くらし で o` った 0` と推 定でいる。 このよ t`

/」

ヽった理 由 っ二っとlて 。当日ll同 うに泣店だ薇 ドゥをで ヽたド、キ木大え上、tっ た デ ― 卜の史杯 日に わたっ て、 lヾ

゛ り脇 時に胴店 lて しヽたのて、 その 開 店 が 一般 中んl〔 わ き

`ったのぜlさ をし ヽそ。 ヽ1` とメ えうレ tる 。 りわ らいてヽ

Л4 7f


0

謬ド

一︺ ¨一 〇

(課 斥 ド )離

` ` ③ 人諷 行 動 t中 雌 と した人井 テ ド ート文 雙 ヮΔ 一

J洋 勝オ母ギ・謝帥 ―・ 辞郷響凛Xy― ―

N O 一 り一

>碧 世 ξ銭

熙一 酬一

一 り¨ い〇

― 罫 む 碑 贔 、

由か

8 3¨

↓ 富士P′

ゆ事●4 r″

螺い︲︲︲

75


醍苓

ω二〇 一 N り一 O 一

゛ 墨 導神

・ 詢罪 υ =

C・

露ふ ヽ拇 ヾ讐輝辟V

′ ゛ 鵡醇 け 澤澪・ dF/専 辮

一 ︺¨ 〇 り

“却口″■奮J

”︲ 心 事0メリ

フ ヨ 的 J発出SE手 い■■13ヨ 1ロ

Ft井 ヾ町Cけ 。罫 お ■が和 コド絲醸

"

疇書 押 H ヽ 9tπ 洒 ン

膏 8 輌い 壼押 洋 嬌善 V'■ -1い ―

言口

H

│キ や贖

"曝

軍 J JP r

”﹃ 腑”コPr

76


0

一 い二〇 一い ¨NO

‐針鵜課 0ヽ 、

贄)晨 僣 “

石轟p鷲

和 誅ざ

  に 0 い 一 〇 一

‐番 ず T― 奮 ―刊

コ 静 ダ パー■ ● `T。 ■ ロ

("■ )

ど に

︺一 キO 一

計丼

`ヽ

D卦

231点毬 雪I

(卜 い )

ヽ 2卜

千S雨 神

占 鑑饉 叩 撃川独 ︱ょT

■ レギ静 π斗薄__

J]畑 轟 Wi戸 調 辞 ロ

鐸 鶴斃

コ 椰品 錫J

77


醍の

い一一 〇 一 一 い一NO

r』 導得 π薔ル│ヽ 9r黎 ヽ…′rr

お 昴 カウ 、 ■ヽ ― 士NHヽ 、 「

昴郷輝息 赫 謂編 ψ澤浮赫

F卜 諄ア 2副

吉 牌=爆 静計せいえr■ ■ン器 ぃ

い¨い〇 一

﹁伊 ′

F俸 .'⊇ 溜]3帯 ″ロヨ‐

て一 可 ―劇

゛,コ 響 ]口 彎石

ヾ 郵 囃摯

t - tr

摯い

芦 出 議蝉

Pdr

亭 堅ド 轟 湾ゎ

Ff --x,-{r

T占国 緞封3︻織襄昌

一〇 い¨ 一

F+F)

78


雨 ミ

一 い二〇 ︺¨ 一 NO

.寺 ア` や導準 卜課 3)場 」 D。 世い お凛 卦 5]‐ 」 !^lr*crjB ) EF 'ユ

-{li,rggrnrfilsct- * 」勝,翔 碑 "―

霊 繁′ 碁 ぶ ,コ

7,日

rp l置 醍 バ

'

●7

〇 一 ︺¨︺

卜9rm辞 2締

バ辞β ず 0諄 昴〓■河〓

>辞 鶏ヨ 多 潤

幅崩妥紳口浄ロ ン﹁

口辞 賜 ンロ

声膚

けF ︵↓轟 ■一9鮮´”學︶

膏 8

79


卜 iヽ・酵 ∞ 彗

耐 " いいい バ下

〇 一゛¨一 い・ > 0 ﹁画瀑 卜t ス・ , i ︲﹂ R

鎗” い1一〓 r”︺ ,

0﹁昴下t H夕谷 絆 ,沖 ⋮

一 ■ 二 暉こ 爵 脇 賭

け戸ヨ醍︶︱ ︱ 引醍´

t゛ ラ 員ヽ計 ″F ,

輔稿 話︱

一 ︺一NO ぶ蒟

〇 一 ︺一︺

卜ざ

書 諄 》p泄 丑 ―

都いヨ響HD]

Fけ

婦耐 ロ

轟沖ネ暉離出

釧 拶品

・いパr静 ″ “

ψ 減轟

τ ―キ ー刊

” お

│ど

l* F.

^r,

xii

i."1

-j

s.

ド誉■■―□ヾ絆¬ 向村 蘭 κ驀 壺

-r\r\

′ 青署 ヾ―●ヾ丼F潮 汁 、 9rtt FC器 帝襴 H 嬌寺

.4t *t-t \'-l'9- trX

にど

Wゴ

事一 一 ” 李

80


醍 い

(d課 の … 沖 藻落 澤

■_嚇 葬゛b二

撃 勘

r‐

← 口半

輛 、 ァ ← ︲ ︵ Υ ﹀ 脚 中 嗣

Cr』

O N ︺一 一

1

颯 譜。

lJ!

寧 計 恥嗣 酬

■_澤載J濁 ュ

F-l

itlll#xett N υ﹁腑 ︵I ” 期p ′ ψ ,

rp謄

計'

pgpl"> mx*p ン 涎9■口 ′︶ N3 靡 ハ ,

Jい gシ

(.r

N

膏 8

受蜃

い 〇

口お

ヽO ゛一 一

81


習 澁 」 卜・繭 飾

〇 3 ¨一

︿ 出゛﹀

ハホoさF﹀

一 望一 〇

("哺 洒 絲 恭 響 洋 単T観 寸半 → ド 澤 X公 ド

耐 ざ

卜さ'群 u) いヽ ゛ 課滲

e凛゛)

X

pポ メ容涎 ―

譴 朦 下」 ト

コ ロ

'コ

掏軽‐

■Dl」 事部,,福 凛コ

︺ 一 ¨ N6 ︶

一 ゛¨NO

対 国Fキ

Ftil●

絣唯

l

← い

(卜 肝 峠 意 趣

ξ キ い 界 ま 粛 う 罐,3‐ 椰 ∬‐ 響 け`

ゞ■日N

障い下dに 3積 豪

洋n N● F●

蛍寒雨毯 き澤

お諄 薔こ日引

堂 工 餞 墨 沐ガ ー 一 い〇 い¨

#ゆ”響

い一い○ 一

埜」己五百姜いうき二 番選静ぎ導い ` 一

膏8

両じ

T■ 上 連

”3

ビ墨ヽ繊

N一一一 〇

意 澪 キ 螢

82


商K脅 鯉 衝女お人間 り/f角 こ。その閣彪L森 、

④一 1

贈 築 に群 そう消オ用設励蜂 の工孝進行1だ ん

スプリンク ラーZ1/為

α

・ リ ン ク ラー な嬌 〔澱 置す る こ と fス フ 督レ 贈 簗 に よ り塗夕 と を リヘ ッ ト 等 の 象 付

│す

L盾 工 孝 十 で わっ た 。 た 実峙 ぼメ

)1階 、 2階 , 8沼 妃 管 の み 滅 村 、 マ階 , 9 階 水工専、 6陥 ,4階 、5階 〕 6階 Jι ザ晨タヘット 著 (一 「

lり

│ま

1古

│よ

ヽたoの のメ 久411今 a燿 了 lて 、 ノ こ 曽栄斉ぞのたな,争 に』 を鋳統 ヒ増 築ι F/4

F

メ こ階に1口 圧送米えごこ深い16子 `々 史で

わっ た。 ♭ 白勿 だ(薇 ル薇嬌

贈策により塗備 に自勿火実報炉設椛 (逆 よ知Z〕 と薇 置す ること とを リズ実時 IJ 2階 ∼θtt Jで IJ逆 患 鮨 だ っ ヽたんのの 1老 ∼ 8ビ 来付 レ )を 咆 了 lて 、

絲 のみ 終 l〔

“ ド を反 lた リメ L潜 、7階 、 9階 lf未 工孝 であ り彪 衆″ P々

attt l階 の株ケ″に一緻′化機 を激置 [専 通する子 時率 定で ち,仁

C

.

淑送澱励 た災時 2晴 ∼δ階 看でカ ム4に 通ケ l工 茅 とえ了lて

い たが,C階 1浩 、 マ階、 3階

19階

l`´

ん業務用故送 (

83


Q 店内故だ )の スピ カ ード♯統 t6陥 の交静 室 族二多 l〔

硫 (フ オ丈了 しプ)と 多 癸 ーん4僣 枚送 出来 るJだ 筵 で わ │サ

lさ

り  こ

ヽ/JI` った。 lて し たがう 卜落電1凛 が/1ご ↑↓ 量難番 晨 〔3階 以 上 の階 増 簗 を機 宏 ι

l〔

lす

致珈須等 〔力階 2Zず

つ設 置 の予定 であっ た。

C

猜 斗朽

遊難口誘導メ flよ 2階 ∼ δ階 せで規ス現に適右す るよう κ 颯派対 ェ孝十で誘導灯 (イ ト箱 )の 取イ 11す え了 lて ヽヽたものつパメ ょド電派エオド未売了(未 移線 )て 'わ 1寸

}古

│し

った。 夕 世階 1晴

11渚 ,0匿 l?階

派付け工身ヽ ヤざ

ヽ 未認遇でわっに,受 胎を 導苅随麟榮ェ身l・ 群 そし 象イ う

│す

多 ヤユtjち ったわつの外澱こ(未 工4)で わっ た。階段っ 通胎務手順Hlリ ヒ狽J晨 蕉 r沼 触、商山階級つみ象411)│」 終 つ   

ヽたものの電薄飼溜れぎ沐ェ芽 (本 編線)で わ″た。 てヽ

ハ ーマー

逆紹教 水漂瑞

・リングラー毅腸 [計 彪味)(よ り送水口 を対置 lに スフ ヽ 勇 lて ヽFべ 未工身 であっ卜 .

Л■ Qυ


④-2

子商査夕の1(泥

ψ鯉面での 4題 点,そ F。

tく

゛ζ ざの 上 資樹 とlて 、次に子

商査黎の状,毛 〔″ 夕│ザ ておく。 消商ス%4殊

lt基

ag∼ 46年 1員

づく立 λ樵査結果

?a史 沌

應 竹若 ニ タ本 笙

a

盛物闊

/4・

り 本館 (屋 上 )の が進茫簗物│さ を 栗基準,ス ト度反す る ので庭 策″ た 2費 り基準 適右す gょ う次移 ず うこと。 l・

〔基づくる防爽歴島 〔先生 tt着 用でで 6 鋤 兵紫基準,ム ι

よう名階満人シャッター阿進の角んなちよダ相孝そ鰊 次 l孝 時開葬 巧籠 なlκ tt a″ 係す るよう整滋す る]と 。 の 本姥 1∼ 2渚 唯奴踊ジ知〔薇1)て い るコンピュ ーター 澱瑞 lj避 難上 夫降になるので蜂久す ること .

り な催 2唯 胤山階級空 えのム八口 〔髪、ヽで、ヽうのでム ハロ を席林 す る こと。

D

本構 R2階 電気室の胴ロキ 嗜六′を教けることが 。 望 Jl、 ヽ }〔

♭ 重機関旅

│)が 館R2潜 電気夕内の匂湾物 誅ムす ること l」

.

85


2)白 為河 にビユー ルた線 を巌用 │て ヽヽ

`為

配線 とス 替えること。

のlJェ 晨の

ヽ6ら っ 5)Jこ 納 象〔直♯夕ほ lて 、ヽ6カ の十獅工 り │て 、

Itel,ilbt a : t

.

ヽこと fち トト可罵物好 〔孝鶴 でくをし り 嘱明用スォ .

b)6艦 紳 す縣 元場内の減 額 │て

ヽるツケ ト 偕理す 、 ッ │よ

る こ と。

6)9れ 空にその旨の標ふを激11ろ C (焚 場関株

こと .

│)ザ ス コ し口 周辺 と多属 性以 タトの耐 熱材 ぞ財 ズ緒 置す る こと。 (本 夕 鯉階鮮 魚薔 旨夕 F

同屋上 ラー メ レタ F7暗 臓

´ 霧)

2D 本費宦メ 也階鮮漁,,Pの がスコ ンロ適重 澱 │)て ヽヽる│一 │■

子 しIJ床 次 す る こと. う の メ ぜ階 芳 キ コ ー │一 三笙 あ ― 支夕菱 周赳 〔嗜 人緒 置 の こ と,

4D 本査轟t港 の豚 譜∵ 円電 気 コ レロメ 告炉 l古

構之 改勝 す ること l〔

"

史■ 夕 左

/.・

'ォ

.

本4館 家麦用ん売場 のLPが ス (10陶 1本 )言 れ べ

l恵

撒 ムの こと.

86


‐ ■卓 の 本館茉ゐ類 た場 のラリ カ シ レす一類ι ス が」

JL策

'オ

そ講 ず ること, り

8階

t`り ホ ー ル たん ど 麻 ド タド コの 吸忍 が ,ん で↓ つ 万生 を期 サ こと。

でぽ煙 場 所 〔定 め、 く実予

8)ま

'オ

イ ラ下室 に その 目の標 f、 こ級 :す る こと

.

9)ザ ス枚口9准 ntを 、ヽものに首キャップこ取有出する 洸 消丈71蔵

│)本 能 2僣 光側 およパ8層 ホールのだ内消κ若 の扉の 引手1ヾ 隊損 tて い るので薦‖ケす ること .

υ 違結選米僣軟永口つ存右ε興不 負つものがあるのざ 生橘めこ之

.

5)本 4館 6嗜 4商 ″ の連絡ニネ皆故水口 ベニヤどが夫 lさ

つ でよ膀す る_こ と 諄 をり晨用で│を 、 lミ

0

,

本能 を嗜あ:よ ″第111備 つ産内消史栓れの:物 んを点 ムす るこ=と 。 ._

"

泡‐ 消火濃 由腋規曖11れ のものは言

b %i11確 ら建結I来

_る

こ_ヒ

: 1

`者

,警

荻米口つ1標 ふ 見ャす 錫ネ :〔

│〈

す 5こ と .

87.│


c

避難設備

リ オ館 に通路誘導河 と設置す ること ,

2)%1マ 1銘 り c堵

)=遣

難口誘導ズ 1そ 多 1ご す ること。

⊃ 外館 名階 の運難 口誘 導灯 〔新 基ギl(適 冶す るよ う次 葬ジ 1) れイ ル ・ナること。 (非 常鸞

o

本館 う暗リ ス着人負ド旬ん を力 1る だに運 ス上の陥 でリ 難廃 具〔薇置す るIと 。

・ 5)店 例 n階 段 ちょグ晨業負階段 に置ぃ て、ヽる 物昴

1」

:

離上 ま鮮 }tな るので陣 久す ること .

6)店 獨内にIJルtλ 口」たlJ階 段室l(直 通す る幅 卜lし

llt上

2ノ の主″遊難通路 あよ ダ幅 ル

│・

`ノ

=ト

ル以上 の期

角遊 難 通胎 こ雄株 す ること。

7)分 階誌 丈 シャ ッタずつ莉鶏 Д λ口 ゎ ∫グゥト洋 ムロ

:つ

錠 の株僣 a明 ″ l・ す る こと

.

の 遊難 口謗尋灯IJ常 時、 れ り ]と 。 “ f 警報設翡

D

オ催為∫ド第 111花 に丼滋響イ ス識祐 を新菱ギ 適合 }〔

す るよう澱置す ること、きた1叉 が人ア ,00人 以上でめ るオ能に11枚 だ譲祐 あ殊椛す ること´ ヵ 機村棟)(白 す t人 実報 薇祐 た薇遂す るこヒ ∼ .

88


g  

その/t

どんほ 、 カ ー子 ン′皓 幕輌 と赦 rRす る場 冶 IJオ 業性

能 を為す るもの 〔夜 用す ること。

"

夕 庫内に1よ 鷲煙 の標ネ を設

3)消 防箇 あとイ 1茂

│す

その葎基 そ回 ること .

l計 画書 ξ混 出す ること。 そら,当

ヤ山 IF墓 ずくか1練 〔表たす るミと。 該多

1)終 業時の人久

未よダ咸間の巡温 とな広 tズ 実のオ

。 上 に苛わること“

つ 商スタ す舅 を物1夕 燿 台帳 〔整,21て ぉく1と

.

の 商 ズ暫′老重解/1届 Ltを す ごと。

7)ス オンサ灯設痛薇 ご層ムをそす こと .

B3紳 41キ p月

│う

日質絶 │た 午沐特別査索(遊 離関係 〔主

眼 と1た もの )の 結釆ズ つように指示 │た す活 脈才課 派井 応メ

1.菫 榮基準スに基つ゛〈呑 ォ太E漁

をだ生に着用で壼 る

ようる階簡たシマッタ 日 理つ鰊列欄商品等を鯰ズト く落にえ全it閉 槃 でごるようシャッタースペースと雄 林 す る こと

,:

2,治 階級彦 Fの 物品年の餘ムを うグ 階段″ Fシ ャッグー )■

の潜 り戸り解凌 および渚 り戸前後の物品箸の除久そ燿

89


栄にガたす る

3.本

,

=と 侑 各者 (店 価内 ヽ卜居室内』路誘 _23対

、階ffn′ Fに

「娯 t澱 遜す ること 為角な員 1晨 を右す る非常用麟明濃 .

4.塔 階りぜ 難 口誘導灯 (キ ′

単碑為灯不能 )と 基準に適

右 す るものに家 ηること .

bl 店斜 内 にl∫ 出1入 ロ ズ11盾 段

│〔

重通 す 5■ ″選 難 通胎

(中 長}`鰊 A上 )と 潤胸妥難通路 (中 負12れ メ ズ■ )と l・

″ 係す ること

.

6.5階

lズ

上 ぎィ ス若人員1ヾ

を設 │,6こ と。

"ん

を虚 える膚に lよ だ難藤 ヨ

マ 、 基準 適εず る非 常警報設備 とリ レ滞用飲だ諏残 〔烈 │〔

116こ と

,

店内で晨用するカーテじイ すべ 諮ズlll能 〔消す lす

3、

=々

るも つ とす ること

.

9.消 防訂風 〔作 成 │て

凝 出す る1と

.

商太皆チ ヨ老夏解″漏出 〔をす Iと 。 ゛ ‖ 時期的に 維 するのて .特 に手故防止に留もす るミ

10`

'こ

と。 をあ、 前回査察時卜比 lみ 薯つ跡 が涎めう そぃ 1ヽ

のでも子 41〔 薇善策を渚ず ることθ

90


ヨ 4844日 19日 だ構 `∼ 卜指 ネ │「

IF史

下持 711査 家 の経 采 j欠 のよ う

‐ t た,千 ;:∵ コ _ す ―ィ

1 1調 腋 で紋用│を い″ 市げスコッ7に はZキ ャップ tlる こと 〔ノ k′ヤ“ ,

2

lk・

ゲリ ティ ー コ 丁 ナ の コ ンロ上

メぶ材ぞ隷晨す ること

(本 禦・)ば `F棚

.

3

オ 潔本「 │)

υ

`スゴム嗜詢■ふ― ス′ ヾ)ド 〔策有 が 市力

│す

ること .

コ ンロ上著Fの 本製 なウ ンター 下多 P IJ〆 ぶ 材ぞれ

程す る ヒ ゛ タコ滋、 そさ うごョー す一 ` ″ 析市ドスコム管│て JIt Tス ドントこ象お iミ

.

4

│†

ること。

ヾター宣広 ヨーナー ぢ ′ ″F市 力 晨 alを しヽ 〕スコリク(│口 )に

│よ

自キャ・ ソプ

く用の こと。 イ

91


④ -5

だ泥 における人raqっ な角 虫太当時 のメ

ミこで│よ 、間驀豪t〔 有 │て 、ヽると思わい る人間つ灯勿 `51で ,E摯 │に み うし ヽ±11て み と、友 々の既 み った後 の ヽ クや る こと11す る。 λ

風Jで ガ た実を見′ ダi塾 名 ιlて ら │す る爬 1堤質Jり

ゆ 通報ば百貨店 の道路 向いの理髪店 の二人ざあ る。 ヽら通薇 〔安けた電話 久籐夕は、 → デバー ト6階 の店買ぅ ゛IJ 二たに知 らぜ通蒋コ たといってい るが、消「ォ機 関て rJ.、 、 。 費彪 │て 、ヽ ♭     り

勿期消 太の1く

)こ

にわ け る庸積額点 ,

太筵〔鮨っにェ卑作ボ系と 1階 出入口付近 、ヽ たタ 1・

クシー整」 里興lょ 、 南蒟階寝 (C階 段 )を 二

のぼ り、

"│ヤ ヽるの λ階工♭ベーター彙4Hllの グシポール絶がぶ えてし ゛ `う ってきた をぞえ │、 うlろ う そ 水程舅す消ズ廃 て消人

│よ

ヾ、人摯│ミ 浅 く1)肖 丈霧 うと│た ず く圧もなく、 害のォ

その場卜κ Ftの 道 で消ズ雅 λ本(朽 本消ズ席 )を 晨 日 │よ うヒ│た

oヽ

.“ いゎな用オスを持 らぬ つ、株

「 ′ 存 オス 露えまり消太出ネ そ っF。 そのうと0` ら 1匿 ゛ 卜当 //1業 資がでんで衆Fネ 、 ヶッ2o4/sぐ らいて 消人 oヽ

│ヾ

,Fド 、ネ1期 消 x11火 敗 1上

簡へ廷競拡大 lて 角.焦 。

92


C

避 難 の1だ χ と問燿 Iフ

3陽

の滅 難 lκ

j危

2階 南 西階級 区ユ 内工 しべ ,7-の ネ狽1踊 場 よ り虫人 グしボール始 (ら tぼ り、 タイル碁 入り)等 の1ぶ

t、

たため、丈碁:ご 断時│(紘 κヒ 物 こ階縁夕 積み夕ねてヽヽ │〔

角期消人/F業 十}1ズ 箕lJ陥 緩回路を上階へ難滋、3・

F饉

Fi_ゲ ■より轟具毛場の花夕繊維 (ク リンョ ンの遊茄』、

ロエゐざわる逐だ性物ゐにだ パイ レレ浄団4)な ど看油ヵ え鵜7た たり、 一段 とκ分が駄 κ t.店 向

│■ l」

4∼

54

tた 老lよ 避難路 こ見ムを を 社 で二煙 が た満 と、逆 イ∠キ

1ヽ

っ た力のと恙わい ろ。

0

Ldllヤ マそ のエ スカ じ タ ーに ス って2超 ド 静 り、り

0ん ス 階級 よ り ]階 へ 熔女〆次 業 員約 ′

1く

だ難 l(し ヽ3.

`光イ ).デ ペ 卜従業 員の務増で、磐承 〆従業 員56角 旬 曰 イ 「 l

†米酒段1` うだ難 │て ぃ る. 去減を3ん 、よ″消 X作 業 ttて い F従 業資4ん は、

ヽ6。 り し猥l従 業後幡段 より選難 tて し の

4階

っ避難│じ ん

5階 店内 より廷濾│ム た │に ズ籠

l」

1時 20石 過 ざ頸にlJ

魚押l階 級 け ら二燿 ドイ ム t″むつたので.ミ れにれ月卜ヽ

93


たルのIJ、 一有 承対 方向の光狽J従 業 系階段 より避難サ l

│・

ス にが、逆 │ザ 遅 れたtの

│」

ι階段 カニ逆が 教秒後、前多 l・

た満 │て 来たにり、階段 よI)2孝 ずうことぶ ふネず、建 ト礎面の開 口著 「 (ザ ラス爆)が 殆 んど内巖ヘニャ右薇 物タ lサ こ 等で封察 lて わクにため.″ 賜のヤざZ難 口を見ま とい出来ず、ん仁ん往 lて ヽヽろううlt階 段エスカ }´ ゲ

´箸ドだ燿の4道 上4ん となり、苑左t(選 難路 を片た

1ヽ

た株 でわ る。 (′

)ん(業 後23名

13ど

` 笙史 `り 。 L4Fllる こ 陛lて 、ヽろ 系陥殷 や ら選 .

ヽう、 )清 水壼薇、ヵしゲしの作業築イ ぎり増栄現場。 イ 'そ

│・

の浄友〆雁湾 の恙近″滅 t15ん L狽 」 准業資階段メ

l`ど 改

出 で 4Aて ヽ`る。 (り

い 1宅 ェ作孝ス より光 魚昨 赳の浮 (ベ ニヤ標派 り) │〔

‐ とる Kム でれて、 晨り5∼ δん蒙

.

の b階 の階難1(1危 れ山側階緻 のイか う鳥煙1ヾ 鑽 出1胎 り晩 〈間lt店 内ト 6面 ′l夜 業員階 面す る略41` うユ煙 バ ん満 lて 来たためメ

J階 級、晴下よりり煙 繰 リオヘだ難 lざ りとlた 数 ヤルし

し側 の非 Й浄 1胴 錠 t贈 築現_場 へ』燿 tて 卜も│ま きず、メ い る。色4all.ヽ ら■倖 へ通ず 6波 府 下よ リネ ん1` 量難Jて

94


い るが、閉 口考 Fが この唱も殆 んど封鎖 されてあ り。 角東 ヽ ヽ 孵 、 そ拒 ってし nt、 てし 角のたが (じキ計砲メ ら皮 〕准ゃ │・

る次糸凝3名

`り

ヽう。 ーケー ド上 置 ム │て し

lJア

l■

C)従 業員階段メ

1の

ヽう従業 受イ約22ん が工身現場 厚々

`狽

ヽ .6. のケヘ避難 lて ヽ

7)Й

う従業系ろんが直霧 了―ケー ド上へ 筏

点4111の 鳥

│`

″ 嬌¬ )滋 難

t、

、 lス

口丁プ

`:5名 り投 げ られた水道 月 のビニ ール lt避

D

rl・

│ざ

了― ケ ー ド上 ∫

゜1` わ り ― スそロー フ

難 tて い る .

荻 栄 負階段検 l(わ る夜 末負専用の緞斉 のも を,ム 材団

ヽる。 気出 tて ヽ 翼り、晨 業 数4∼ b名 を勲 系1ヽ 打形

o

館 へ通ず 摯〕

`濃

府 fよ り従 業 員及

6者 の避難

Jだ

6

^買

2遊 lて ヽヽる. カメ の

物 磐1ヾ 5∼

る力 に南西階段 のオ ら形が ム給 りたが、その内にエ 1`

スカ♭―ター中燕階級4お ユ じベーターイ う二逆 が一 │`

:l胎 めた と3う と、婢 く匿H・ 店内ド暗閣 のオ κ 康 哺夕 l〔

1`

饉 とをっ たがヽ 従業資2ん lJ夜 業資彪段 〔5階 へ吟り2 ヽる. ´オ、Й東側 へ 従業 負のた尊 ざ20教 ん1ヾ 難 lて ヽ l」

謎難 L、 燿 t劇秘まっ てマーケ ド上 へ連絡椎 昨 :)た 者 「 「 95


ヤ、消商茨 漱 出で ヽた渚以外 IJ、 発 んどが城休欠え ヒ │〔

1′

´酸化炭索ャ暮等 ltよ

1)避

難 まネを0` 7た ↓の と3"松

る。

o 6閥

θの )│` う 5ん が 口 r7・ 夕1用 南 彙負 の 起 (40メ δ

外 う名 が ,一 年´ ドェ 11直 ♯ 番レ 4り 還難 lて い る。 /〕

ん狽1の ヽニ ヤ源 こ打″っ てェ スヵ レー ター つェ孝 ス ト4名 増 集現場 )tだ 難 t、

その め と

0`

うイ 子店 買 │ん

ヽ が逆 1蔦 陛│て 、 る .

r, ォ ろぅ こ業 員階段 を 5階 〔業 資ュん IJ、 る

こ黎〕 l(嗜 り、メ

ヽる。 の扉 よ り増 黎現場 へ遊 難 lで 、

53 7階 の選難 滉 1だ

´ 洵 ´ ふ重階段 4^南 当 t』

/rljェ

澤中 の排煙 ダクト1ヽ ぅ1異

i

むめ、光側 に向っ て♂ │よ tて 来 たため、 従業・ 煙 t` 嗜 で力 殺夕11に 0ヾ 、 や 罐 ふ │て 来 につて、皮難 ムネ

こ伸Iの 夜 末 ス階段 ズふ ″ 買物 落 lj一 有トメ この階段力階下

│`

ウニ燿 1ヾ

l〔

ず 夏│・ JL侶 1の キ 南屏 も閉頻 でい てしヽた めイ 1會 正 t、 従 「 ヽうZ上 運 曰ん つ オ 業 員の誘 導 で 3階 屋上 へ 通ず るF窒 ″ や ヽる。 な ら、 その間 に エ スカι― ター (ェ ヘ遊 難 lて ヽ 孝 十 ぞ シャ ッ ター る と )の 店 内 トロず るだ 段 み バェ幸 ヤの 排 煙 牟 ク ト1` うこ煙 バ 亀潟at店 内

1・

た満 lた ため∠上 ヘ

96


トば、轟煙にな0` ヽ 物産晨の友米 遊難 │た 約 │う 0ん l火 タ “ の たもつ て り と下艦 難踏 質

1`

う 選難老

とげ遅 ゎ

l」

〔見ム

す こ とが 出 来 を │` っ た 。

m

ヽらデパートワ茨業 ら3暗 ∠上 に通ず る嗜た。 ゛ 員の考導ltよ り、だ 米負60名 .買 物オ70名 く れ ヽ0ヾ 乙 ・ いう。 上 へ遊 難 │た めと、カ オ隊の統 子率 で薇 ムでいて マ飴

1`

)者 水ぞタス作業 員の誘導 }(5り

6狽 J中 貿物″約 lo名 ドノ

“央磨段 (ェ 孝イ)〔 通り8階 へえ難 lて い る .

午業 票数ん よリガ ら C" 考火蒸役イ ト瀞舅 ヒ束凝語″16狽 」のリ ,・

〔線滅 tlん 液 ムでれてぃ る。 ①

8“ の遊難劉で)ん

メ L狽1の ホール改染現影 知g、 従業 買匿段在お西狽 J階 段■ ヽう燿が残 「ム │て い 6ド 、工身中で 4中 の Lttl中 央階級 や 商昴等の匂湾物 IJ川 ヌ磐これてぃ を った。 き作、南側 の ヽ 屋上広場 は子晨雌口薦、 る,左 ι埓り元店 をっ て、 oヽ

│・

1、

`ら史 aゥ ルトめ、 ηЙ』隆段 よ●タ 邑血″ ぃ、 当ォ ト彪 愛1、 ム″

「 こ上 ざ蓮んでしヽにものみ″陥下1)う _IIE2難 │て 采たらつI Йtt

ullの

,老

lょ

・成臓 合の方へ避難 │に ド、 一考 コーヒー1カ リ フ P 負 ヒ呻史略段横の工孝n波 l源

0、

ぅ贈築幾メ ら

'L束 のオヘ避麹 色t、 1 ら)t´ 珍 予η雇lJ角 狽1タ ト損二茅用足場 を

97


中l隅 │て 几 主 へ だ 燿

0

l、

ス IJ致 ム ご松 い ヽ6,

若蔭よ りこ上 遣難 lに ものの うう67ん (こ のうう lく

秀 ∠4階 より腋 出後、梯 ろ卑 ざ1次 ノ むrれ ている) ゛ ゛ 13と のなよダ菱 業資lJ蒲 オ堵っ 子卑 て晨 ムでいた。 │ん

l∫

)渚 水建設 )た が1電 工の作栄アイ “ トより、 ∠上

)■

退難

“ tて ヽ`た らのこロープリ脚上、 夕う プ トよりθ lん ッ イ IJど

Iヒ

束角さ り贈繁現場 のZ上

│〔

セ 腋 ム11ヽ Fの ら、メ

ヽろ 上へだ難 │て ヽ .

0

ヽに作 業系約2θ 名 とア物溶みぴ ホールで工寿 を │て 、 准 孝築約2θ ん │」 南■llの ク ト装ェ孝 用足場 〔夕l用 ヽる。 へ遊遊 lて ヽ ヽた作業 員約′ しでエオ 、て、 ふ一′ 0ん

lざ

t、

夕 t上

メ し側 の増栄嘉

ヽる。 場 へ滅 │て ら,た 足場豚 乏滅って遊 離 lて 、 つ

9階

のだ難lκ 'ん

ヽた4ン タ 9略 ホー ル でイ J。 乍業資 う名〕 午末 とlて 、 :レ ″ 工痺中の光惧 中央略段ぃ うる煙 七 ヾ虫始 め、ゃ ドて燿 上 :〕

t

て糸 Fの で、 燿楔l乙 夕 じ狽1メ 曽栞 }階 段 〔面 り8階 渥主 よ リメ 0名 ‐ 現場 のオ、庭燿 t、 多村産業履 業系′ は8磨 道ロメ Cそ

つ 夕 通 り腋 け 瀬柳│の 外熟■ 孝 円足錫 で c上 へだ 遊 !て い 6′ 産乏 L

l,2,う

羅 彗 そヒ

98


め 塔 屋 4暗 の愛 難

兄 'で

゛ 晨 業 資階級 │` う塔 Z撮 上 瘍P彗 て趙 灘コ てしヽた ワ子 1角 ・ぜ8略 ∠上 に敏角淡 と消商 陳 ヒ警 察官ド協 力 t、 ロ ー フ 消諾活 の梯 子卑 で核 ム fれ た。

り ,こ 皓長夕 1蔭

]2護 のだ難

1だ

x

南山階 級室のス蔭踊 │1場 1` うムだ l、

う潜注 lれ へ と進

ヽぅド、 ムズ上 直■のエ レベー ターれの シャ 燒拡 大 lて 、 ッ ター ド落時饉豪 さ杯てヽヽたのざ_2堵 店内 への延屁 lJ ]ね

0` 1/tて

い る。 Fだ 、エ スカじ―ター こ出みバエ身ヽ キ

ヽるが、潜下 1゛ わる ゆ つ杵 疑ダク ト ら延鴻拡 Ktて 、 「 ` 太朽 41ヽ 催散陽下ば tて ヽ ろが、従業スの消 ズ作業が→ん 0`

し 老l(行 われた事に至 らず、こにだ難ぬ子者 に行われ、メ ヽ 項11中 央階段 並バl(嵐 /rll階 級等 と通って渥外 へ館燿 │て 、

6.4ち l

ケ 響子従 来負 夏物藩著っ′難誘導″島消バイ }」

紫、者物め鮨 ム薯 で一時現場行機 lて い る。 ω 比済13+子 店 興の誘導 より資物若40∼ ,■

ヽ 通り伸lク 僣段 を通っ て正 魔│て 、 ォ薦

50カ l、

在 が下

2,う

`. l↑

ヽる。 そら,地 茫瑠 んの夕IJ中 央者騒,` うだ難 卜て、 ` ゛ 従 業ス ,下 通 り/mJ潜 考付近卜11時 きて現場々機 1( │∫

しヽう 。

99


ヽぅ′ 1匿 l・ zた 貿物 夕│」 、 下』 り瀬11夕 1ハ ロゃ θん ,画

(イ )

ヽる.准 米 θん iSど Zタ トヘ′ 難 lて し 側 のJい 口客 い う多 スlJ

tt

μ作末なだ 難誘 導 嬌 こタ トヘZ潅 lて ヽヽう。 .15∼

縦米 業の誘 導 によ り買物宕

│`ヵ

ヾ、メ L狽 1ャ 央 なっ

ヽろ′従業員}`消 ズ杵業後、階段翼 陥40` らだ孟 1て ヽ ヽ つ物ゐ凛 夕 1並 グにど薙務 導後、そりZタ トヘど難 lて 、 `″

軋 難減 肱 たの手ロ │)

疑 業 員の加期 ,ぬ 人が欠敗 │た 。

2)

「な機関 へのえ鍔いヾらくれ た り 肖 .

瀬ごれた商品類を離綬菫踊ブ 子簡査r時 に指オ 易スIJ陥

頼 み重ね槍庫 代 りに │て ヽ` . 「 液築 ャつ ため ス プ リしク ラーが存 如 │な か,ル

段隅

1)増

1・

つ 子 さ史 シャ ッ ター が 鬼生

l・

.

真され を 7た (商 品 り 閉′ 1`

ため)′

6)商 ズンマ ッタ 腋 の地屏が開の1だ 態ぞわった。 つ 饉穀、エスカレーター等1ヽ メ ′胎 ヒを,た 。 ヽれていに わ 時期的に多壼り若 厳とんい類梨ゐドごう `

1)消 燿 ヒ無気つたり、消子 オ隊の屋向運λド困難 と極 り た `

100


燿燎 商品装飾用の板屋 がぁり菫米え角

│〔

;・

/J‐

,Fじ

゛ 当日lj史 角湿度が准 下 tズ 常乾脈菫蔦報発ゃヤてあ た。 ヽた。 店│ヽ の 商か1練 そヨ噸tっ てヽ

19)

い らの撃口tヾ 核 み 多をリズIJ Й西狽il従 業員落餞 の2

階階級踊場付氏,\ ら上燿 盾

i■

0` 1丁

慶暉に結んであったグ

しボー′ じ箱 (イ オルみ lぼ リハリ)昴 団類 そだ 奎、階段

壼より3磁 血側寝具売湯│(廷 丈 た│夕 そのながだんし` 槃ん を見易ぃ よう 諫rll台 の上lt燿 ネ lで あっ たためスの理 │ミ

リド早くその上 ヤ火僣段のシャッター績 の勅 籐 がMの lミ

1で

・りしグラ 島 メ ヤつたの作御 能でわり、 きたスフ 曽家蒙ヽ

(ず 人 一気 う層 そ湾 ぇっく t4∼ 7活 の店菊″タヘ │」

l・

陥段 室、ヤ史僣み スllエ スヵレ タ ー′ アクとな て一気 Z上 までた上 │い ヽっに力のと推々で1ヽ 6.

}・

C ttZ発 生の撃□ 100ん とムう人量の腋え老 2ム │「 本人受の″口lJ託 i邁 ん 不 佑藍榮物 である り回史消人澱猫、警薇澱嬌考4ヾ 「

ヽ 燿佑 で終(ち らず晰 せて増築ェ孝写ド群ヽ 階象空こだ庫   ち

績 tて

れ りと

ヽたため多壼 の商ル (1湾 物 )こ 条 て荻 嘱 │て 、 トlt旱 くシマッタ が 石角 l・ り、 人の製 りべたタ

101


閉 以 tれ を ,\ 7「 こと もあ り階段 エ ス カ ι´ター z島 等 〔組 て上 燿 艦 へ と遣 メ ん紘 κ lた め の と尾わい るσ t名

いイ くれ

出 需・ ,な 攣 全全性 L喘 無 ・住た電気邸 鱗織 ∴ 塩 晏鳳たら 41i鳳 ● L喘 丼島■ た喘 =供

円 `〕

"イ

0■ In■ ■●卜

■t`

"ら

こ│て み る。 以 下この軍国 〔列 多 リ

ズ 気発 生 の 党知 1ヾ わ ヮ た │ミ も `わ ら 店 に `や や ず 内 わ

1市

ろ「 人 気」

()"■ 48■ ll以 籠Fふ・ 13発二な

`っF .電 話 交換 手主准 バ ヽうキヤ液送oヾ なで そや とし ヽマ 上ヨっ 許 可 こ夕 け な け1ヽ ト常枚χす る)1っ し 店内イ 1ヽ

l」

ばをらをいのでこつ許可 を受 よつとする間卜時替 〔 │す

久 t、 ズ丈ド状 た lた たリイ ト彰枚二 こ方 そわずだ難 ヒ て 1意 っ た にゅ ム κ「省よ り上 沼 っ老IJつ んぼ枝款 卜置 `杯発 階 ざ 太ズ 力 ロム赤ず、遊難 望と誕 ヵ ろ]ご スで こ資タ

ヽ姥 tく 彙 力 tて lょ っ た。 ξ↓

ヽうも吏 難屹拡た lた ため崎闊的lt 釣 階段等級 [島 ゃ ヽった。二階で拡た│に X 迪tlを 避難勿導がそでatな ゃ │ミ

峰 │`発 しャ ッ タ´ べ 商洸 夕 ″鰊411含 埓

│・

さり痺著 とを 102


鎖 不え生でエスク L一 ″一階段等がス煙の菫直上 昇路 となり´段 とよ階への廷xJtそ 子りにたりる鼈 っん :1閉

向に一若ド馬燿が嗜上 、t嗜 二のヤざ選 1を 遅離渚率が “ ムネ ・ フにσ /」

0`

` してヽヽろいので自力 ようメ 3)雄 要 量 や 雀設″ そこでキ 綺 劇 oヾ

│■

“ ムスを1` 7た ,滋 遊務 現ャ∠タ ト沼″箸自力によう』難 こ 通す る閣口 れIJ栓 くをくヌ若沼 とも同奉 ユ 外毛 澱″ '「 ヽ ニ い イ わ ベ tれ γ 芝 渥閻 1ヾ 給 んど 右薇埓で月嬢 ゃ 内 │■

lミ

)・

r常 鱒明並″ 誘導/1ル ユ辛 らず白鴛 の脈 んべ承れず′ )Fて゛ ヾ虫率を 玄メ Tて ず猪閻 のヤ ざ燿難口を見ムすことつ l・

`っにありと■わル で tg._ 職 若階 とも鶴も階の掟饉 ざゎり消防隊辱卜よ る液勁活 勿め極 りて困難 であっに

,

5D 力多 リズ 璽ド発生 lた ことσ乃油│ロ ェル ャ 内芝封 菫材

等点離 つ燎 │■

│・

多こ の泊寿 スこ発生す る可湾物 バ人壼 1`

ヽて澤)′ 乏苑 ヒ´ あり てい らの力つつ度競週在 卜ら、

ヽスのたムトより薇嗜吸の うう卜″ L炭 素そ の右孝 ヵ 城イ ヽ 酸索掟えによ 林の自由 そ奮あス´酸ガ ヒ炭素 ヽ ヤ孝求し 1古

る室忽1ヾ 死ロ ヒをってい う .

103


2-ろ

″家

犬力孝術」

う │で 人間った如 い ヽう側 面

o`

`こ

てみると、 わる1だ 泥

l゛

う見っり

ヒに人閣 のとった新動 が、メカ娑

\看 る影響 を結 ヮて、ヽた 、」F、 と つ 打 lて 、ぃう `.各 ヽ ヽ イ rη こ で 1ド ぎ ,Flヽ ││だ J麟 と と 多 う t、 五 〒 り 見的 わ 林

│・

0`

にtら たうここがびtろ

.

トカトよ り、 で喜とIUス ともつ との打た爆碁が屁2看 ′ イ 常の 能 がくずい て │ご うことごわろ。 そ 1だ

1ヽ

ら実害空

力の策∫ 糸 、人3t` 卜遭難行如とlて とら 閻 と人間の角多 │」

れ て、ヽるが、 よ り掌4看 空間 と澤 介ず るた めに13人 とも

り との打た飼ふ と人間 の角多 、 1を ヤ哺 とtて 詳細 √討 と │て

空間のあリオこ闊いつめてや くヽ メ″が ある。

ヽぅ鮨1角 ざこう共漁 ヽに賜髪 ヒして、こミ こっキィ タ 興点フ │で ヾ11人 きく2つ とイlず 、そ ぞ て ■ ltつ いて述ヽてみる 1ヽ

.

管理上 の問題 に つい て

2っ っ澤rrll l・ 女爵 lて み うい る間憩 とtて 、そのば理

のJず 亡を孝げることがでさる。辟トズ奨発生階 よりも 工厖 角 ヽ(、 自 の6報 もをで1ヽ ゐ゛ったキや、キ 澪色、 lミ

ヽて、渚般室に物施 こあ ヽ 扉 のた教、日常の様 用睛ltら 、 ヽてわ6商 為のためι てい `たり、商κうマッターバ置、 ・ 104


゛ ` 閉微 でぞξ。 ったり、隔 口汗 てあるべ む角耐〔ベニヤ右板 を う りっ │)て あ ,た り │「 こと lJ、

あ く こで管理 のヤ

1)

゛ ヽのて ヾ妥 力。 わる。 Lヽ

ヽて、よくわうわ↓ ヽて 十日デパートビ X災 身夕│卜 わ、 │レ

しヽ6tヾ 、人間 り衛如 lさ 、 みとにお災 留卜道漁 │て

と、),看 争1と をく│て

1

1]う

れ ヽ、 山 τ ηを行動 こ望魯 ほ う1ヾ

い 尋理 とぃ うもの て わ る。

ヽる え仏 に陥 , て t3っ て ヽ

人間 の右動 の中 1ヽ ぅ、店悩塗ゑtt,づ 鼻 │き 、 人 1を 乞弊 そ 埼 Fな い 。む tう 手常鋳_に わ しヽて、 当然 オ来 13こ うわ 多 `うこ とこ吏行 lて 、ヽをヽヽえ が 大きを 同願 へ こであ る とし

びわる。 ャ乏 ヒぃ う上場 で/え てみ ると、 一A曼 ト ビル設 講 裂ι `ヤ

ム の段階 で総合「力実夕 │ユ t行 を うわ│ほ 全わ り

ざ通 常

`孫 ムと称 rキ 、るィ 商災多 十ご 乍業は 件基 の適右斗ェッ/7に J「

'去

己1だ の よ うざち る。 ビ ]っ てしヽるの が設計 野 の多

ル lヾ

, ヒ

"ム 13.設 タ ヤ老 自身 9,ォ で、実嗜

lて

み ダ理解 つ 久枷 ヒぃ うミヒ

よ ると とも卜、 現行 つ娑簗

│ミ

つ ヽ

型 とスって 2い 。

ヽ ヽ

て発んどのぞ 栞物 ヽ単純賢

す る言 3薇 の Itや 知識

基準スャ消露スをビつ羅夕l的 夕塗基準が、さ tう 頚夕 1盾 ` の縫冶多 ャユ性 をお 点 とで tき っ てヽ る ヒい う こヒltよ る。

105 /


゛ そ の よ う な設 計 て あ る工 に 、 で らに管理 、小)用 の ヤ 1)

゛、 その設多 1之 口 とん ギャッ 青ギ

を生

t‐

ヽうキ ヽ6と ヽ てし

`tい 。 で は、 学生 │(な る とい うカ ドちゃ ` IXぜ つ ″ 1政 面 で の偽 右 嗜災許ユ 4ス つ″ 立 が、 40` を・

ヽてメ えら1ヽ ること11、 ′ 圭々 おヽ ηっ ンくとも そつメ ` 1凧 送りなるうせ理 に生く 設計老の商実へリオλオ1ヾ 、力 ねJ見 1だ

(6よ

l・

うl(ず るとぃ うでと ぞわ る。

意 Fろ まで、難 築物 13み ヒFび 権 ヤ老 の4や `う、ォー サー ト 弓 い 滋

1恵

)ふ

」 t41き うと、 その後 に、 3っ た く設タ ヤ

その皆夕 運ψ卜 対 t【 l、

であ り、 1史 い艦キ

│・

11、

関ヶ

ヽる を ■1ヽ てヽ .

l

ヽつ が現 状 てい をヽ

・ 、― 卜で受 手デ ′ κう

矛務│││ミ 々 らい るように、 消防厖 つ土 らλ り査家 ざつみ、 ぞ物 の力1用 、 管理

│ミ

湾 lて 、 ´瑕

を注蓬 ドタ え ら

1ヽ

6

`り

だ 11で あ る。

オ栄吻 ーっ―つが 颯をった目的 と片っており、 そ

1`

│コ

itよ

って防災り設ル れも、ズ退 難降 つ あり方もみ 看妥なっ

てい る。そ索空間卜於 る人災の挙動や災留時の人の灯 ヽ すの専Pl家 ぞわる設計老す らわ ってヽ 爆′ ヵ 空間澱多 │す

1ま

0`

l」

1な 斗 を 、ヽのに、 ビ 皆鋼 老 )■ 漁 す ,力 と│(者 』 て Jと 1昨 ′ │し

ぃ うの l`抵 理 で ゎ ぅ う。

106


この専 物 に関 tて

ば_ど

1`

13、

1ヽ 最准 霞、 こ1ヽ ビ 行 をっ て ヽヽ lう

`う牙 組 の効果が防κ面ざIJ期 待 ぜ全るのだ と`

2設 計老

│さ

` ナ くとめオ えた上 ず設計 lて し るのでわ る0`

う、管理 卜 lさ その卑 4ミ 生0` ゼ をくてほ 色啄 ドな ぃ 。

゛tt経 の訪受的 ヽて、皆理者が、と 2つ つ人災孝″││(ら 、 わ識 を備 え て、ヽ が つい てl」 、推論 の広 こ籠 , │な い 「 が、階級つ踊 り場 a″ 鼻 ヒtて 脈鴫するい ),F設 計Z │て

ヽた てヒIJ身 質 9メ えなぃょ ぅな暫鋼 のオスがな さいてヽ であり、 火災者 と っに主た6凛 □rめ るとこわい る。 /J・

ネ1用 者 の行動 に 見 られ 3間 色 点 につ ぃ て

身仰l卜 見 ら1ヽ るもう´つつ限額 I,と tて 、滋業 資ギ落

々如 こ挙げ ることがで1る 。尺奨1ヾ 拡 六 と、1じ ん

'1知

が豊た t(_人 0`

Fanド

lk・

ニック1(饉 卜めちλって lぎ って

` ` う つ うワ灯 鈍 に つ い て│ご 、 ここて とャ や く ムっ ても 、

之 味 11な ぃ 。

ll`

時卜おぃ て と ら

1ヽ

と、正 常 ‐響l酢 べ んな卜可台 ヒであ っ た /」

ヽてlJ、 た′ 千多 々│■ つヽ

オ え てみ るヽ ゞジ ド

。 t

    イ

` 十 日ヂバ ー トズで芽″│に わぃ てlき ,や な り訴

'4)る

、人

。し ″う 間 つ街如 ltつ い て調五 [ltて い る。 た とえば フ レ11に わ

│す

る人 ranり 看負 びゎ る。みメ 1に 危咬 こ志 じたり 107


・あ り。その日も そ くの 人 々 、通 か の 出入β て

1ヽ

l」

とぼ っ て

ヽる。 こト λ っ てネに 専n工 ♭ミ ー ヮー っれ lt殺 夕11て ヽ を単 に 人間 の灯如″卜llだ とハづ 11て 1き うので13ヽ 3F ` `く り近 Ctヽ るだ:1て 'め る。 日常 孝 め るたドト│]じ ミとヽ

`うことのF.q是興口 大さ 皇とメ 無漁 生難如線 べ異をってヽヽるとし ` ミ い、あくつ託んだ物 が現在す でltそ うい う1だ に て ちる

とをメたると、 選離如緯 を夕1用 活が如 うない という身ド、

]ず メ 入 ら

1ヽ

ヽ岡顆 ざあ る, 臼々脱 出 を な く て 13な らなヽ

千角卜」 ヤ リヒlデ た人の` ヤに、 とに くロ リつ 人くつ〃 1`

゛ ヒレ っtlヽ る こ と を く

1に ふ 贅 難 階段 卜 rり つ 合、脱 』 「 `で、 `か ヽで ル カ │て 、ヽる 人 が ヽヽる こ と │百 、 如 ,て ぃ る ヽ 0`

山 1ヽ

3

.ヽ

│、

`1`:イト・ `o ヽ4` や ヽっ て も「 │\ ・る と、 退ヽ 1ヽ

:た 沐1期 消 ス 91で

,Fuに

ら │)ろ 石勿 をけ てゃ 、消ズ麗 つ

ヽう身ャ、消 ヽるとヽ イ 1こ とをの関 卜をって0)う でが │て ヽ メ植 を言っ│た く利 用 lよ うと lて いない てとをどlき 、そ の角樽する人間 の畑盆 のあるな ヽ卜さっ てぃ たoく まり る街如 ぜ わ る。      

ナ   い

く ヽ

    ム ″     つ ヽ

   は暉 ^一      , 人   ヒ   6

ト 身

で   る

オη   い

り  供

あ   ら

で   わ

,

と   も

くっ oヽ り調査 ltさ

、    一 7、 ,

lsTJ I t lrryJ Ar;

て   の   で そ   ヤ

κ災 l応 、 その加 期 の対 処 つや リクト さ,

108


`て、´る多薯な″ネ となる でIJそ のオ η期り対処 わし │・

`。 そ もの lJ有 力

1ヽ

│」

ヽ6、 夕1用 者の 実曽 │(打 ヒζをっ てし

ヽ5ル 裁 わ誼 と、 その莉 吊 │て い る要彰川く対 tて ら って、 ざ あろう。 この 2つ ワ X贅 澤 411の 中 ざ.花 七 lに 人 と鶏 1ヽ 11つ

いてみて々 ろと、 そ1ヽ

│」

En白

,F人

ヽ る。 て ゎ 危厳そ梵鰤

l

てか ら、 ど う行 動 │に うよ い の0` とい う こと こオ え ζイ LO` わがない程に、人資の 況りまイ 1だ

より強くベ ドら ,1ヽ

.忽

激であっただ

│づ

lt

6。

ヽ3及 業 ど難路 乏燿 質卜 ?て 、 ∼ lを 誘導ド lkO■ ッ ク となるス前卜行 を 興が務 在 tて 、通 ヶ 綺 遅難 関 lて lミ

│〔

lJ、

`たならば、 こ井 ヽても ヽ経 今くり死老をムでず すんだ わ↓ lミ

もつと尾わ1、 る。

`ても、 スカlt湾 きに ズシャリワrり 関閉 など│(つ 、 ,オ

lて の如裁 があっヒわっ にならば、 キ銀 きつ1(籠 り]き

卜 lて おく とぃ う角勿 島 ヒ│こ とll看

│`

っ たとにわ1ヽ 6.

管理 二人間の封侭有働 t々 て々た,ド 、 ここてでうド同 憩 となるの ,栢 象 中λ 嗜鯉 lt lよ

lミ

tょ

力 l鳳 艦卜tよ 、メ ヽ 0

    2 ●

留   ち

`と入 う ミヒ 要物 卜対す る知恋 これ lい ヽそい のや

実   ざ

好ざあり、 きた斗ぼ澪訊 といってもItヽ ような、

109


ヽたのも″ 臓贅夕1練 t何 滅│ヽ 術 をゎ4ヽ てし

,`

ざあると。 3

ヽう身 を/rえ たことのを たな と 14も 、き,に くズ災 とヽ ゛ い 人IJし ヽ い ヽてちうう。tlぅ 不特定力薇 η中)IRす 5ビ

゛IJ、 ″や ` 女 口って ルリ上曜詢さん厳な学口と考 つことをと l〔

い るつずある。11ヽ

l、

tlも 自夕がガタトこ面 iに な

ヽりことJで ″ ぇた人IJい らlず 、 どう灯角す る0` とし

r.‐

`ヽ

ったら tい

o

その承国 と1て ″え う ろこと13、 こ訳 2tヽ うことで 1ヽ

ヽても 、 あえ て 自夕 の で夕時 の有角 わ ろ.不 ケ 13↓ フ て、

ヤヽ商受卜っぃてオえるとい うと ミうこで,強 くた款ド ` を さ1ヽ てい ない とい うこ とい凛 巳 ‐ので IJな い だ ろうう . r・

ヽとぃぅ孝11、 わ盆 ご蒻おがっくも このた識 のゑ右、 │ミ

のであり、知ハ│\ ′ ,勿 に人でく1ヽ 4` わることi3、 この孝 hlnrr,fr

t q \ r' r-- : {. F I t- t h b .

、 なるものでわ夕の↑、 だ障卜19亀 識のrrn願 が、、 1ヽ

t \r,fftfitiln<7t6:

t r-.-f 5

o

‖0


3

ヽ 高層研研ソ来にあ けう各全急裁調査

3-1

調 査 の目 的

建 簗計ム

│こ

お け ろ 理初 4雀 全 1■ o校 釧 L

設仏 釣 ・4

芭的 1部 分 膊勿論 の こと、 人間 η雄 牲 上 0を 全 に関 ■ Ъ ・考 た らい ち よ う に■ つ て来 た 。 レな し、 二し の対 象子で 節 れ の た毅 豪夕l猛 へ に お、いてな け ら れ た問題 点、tatt わが る ように 。 こ ろ した 没討 象 階 に おけ 3、 そ と に対 づ ろうこな ヤ 段 封 あ

Qa凰

が 、実 際 に建 物

t矛 laし

て い

3人

図ヒ .矛 らす 、設 計 あ η之、 間 に 3で 、 ■盤 に伝 わ つて お、

、え いが ■じ a名 燿lη 綸 ってぃ るこ盆 しの間 に た tを 雁曇、 ヽる場 合 デ ム Ь,本 鍋 左 i3ち ヽい て:`.ハ 厖鶴 貧繰 t薇 1 て、 に し '■ .そ の 質:1餞 あ ゲ

.之 わ

ヽ ヤ 大 受 に 対 し て綺 ,て 、

、 それ らし 設計 ろ ぅ な 凰 Lol乳 に ■

らん な ル ついて 'aヽ

` )う す いや含 い豊 いt anら な に 寸 うととも に 、 その し てヽ 凍 日 に つ ぃ てあ 孝 t4う な い、さ らに、 資 ねt解 消 1)カ 光 に つ い て絹と象 11こ しta的 と す]。


3-2 `強 を 力六 汽 乞■の 目 的 tこ 戚 1つ た め に 、調 査 18.早 稲 工 学ち,51烏 舘

n夫 吟 理

t対 象J・ して 、 Ba″口57年 9n30B4` ら ′ On

6日 lτ の うち 、 二・日曜 白 色除 く 幾 類 の 角 ス に よ 〕 て行 η フ た 。 1)理 ■ 牟 都 51令 銘

1色

`日

間 (攻 にな

ll‐

うZ

.

卜 呵 Ъ、 理 初 争1凰 仏 o2物 及び 突受

1に 旬 1ろ 鍵 盆 の 社 角 t tt Ь た め に、 後 記 にネ じ L由 容 の ア ン サ 卜 と作 成 し 、51暑

■ 矛ll

nし

、ぅ教 負 ぁ て、

'全 ヽら 18階 ろ ぃ :1“ 先 生 t対 象 と し て 、 3階 ね

な つ ン ,`

`tの

各階

ム に乙 a査 対 象 る ■ ■ ンフθリンタ し 、耐 144件

の フ >ケ ー ト諷 在 t行 々 )た 。 (風 1■ 奔¬a′ 000/.で ムった) とま (ア ン ケ ´ 卜η ハ瑳卜膊│‖ ヤ ー ジ よ りる 又)

ヽて 、平 日 の燿 2)理 ■り老 ,jlう 夕 曇颯 2鼈 か ら 18蔵 色に あヽヽ

`

で 名鮨 t'わ り.a俸 レ お、41、 安 峰 っュ 壺 生 つの後 ハ ム J脇

カ につ いて 千記 :■ ネ し lt tt aに ガ つて訟 復 tイ 1を つた。

i日 考H・ お、月 ろな 饉 η廓 千 の公 お ホ カ

(atta4に 降伝物 ι々ろような綱 ザ とない てい な い が ど う か につ い て )

li獨 21邊

1全 の B tt L卜 吋 Ь像わ ムカ 駒 医鮨鯰 のイ

‖2


(姓 盤 時 に碑 雀初 L か どう な

ili各 7旨

tt

Ъ よ う■珈

rこ なム て 、ヽい ヽ

つ いて )

ヽЪ励文扉 の日なにお、 に政り付りられて、 43饂

凰 状え

(餞 文犀raか 、関炊 主れて

bが 、饉め られてい

`とぃ う旬 ぅこ しし つい て

,

1、

)

‖3


N01

1(

建 築 普 島 ヒ宅 全 」とぃぅ〒―マつtttこ 、 私 tlさ ヽこの度 .キ 業七負文tし ■「 °、 アンケート眉曰査 ヽ違 いてお、 り彗10つ きうしては、■ttう 1■ .御 協 力t卜 願 ぃぃ 患ヤ諄lら _卜 にお答ヽいにtく 際 ぃ.御 自身η記 籠_0中 に相 象 Qじ _結 オ 亀で ヽ ■Qで 、 他 o人 に間ヽ お願 ぃぃたし ■り.新 たに 1執 ヽた。 )rJ tら raい 卜う。 81.

電カロ57ユ

1(■ ・ t) l■ ■ ①・

0年 齢

0常 料 │

4日

早稲田大学理 工↑都 建象等計 求ュ仁颯酪A室

lキ

:0日

担当

1甘 科

池 田治像

い03257 ヽ

_二

り ら てい3洒吊ヽ室呵。 ④ 侵ちη所島し ぅ違勒 の何¬ こ 皆nし て 掏L層 む 都危 が。(亀 団参照)

Eコ 階IEコ 号室

じ酬

“ 。 ヽ か 0音 おヽ セom寮 室に静風し てη)の 相服ロロ これくらヽ “

□ 亀

FOtつ けて下

回 該当■ろ所

_さ

い ・

<回

誉輌1)

可 壽詠彙 ま 」 鰍 11顆 話 `稿?こ 菱ょ t蒲設 :::謂 麟 辮 ■潔 嚢LL,0 :咆 亀

旧 裏Hi

4A5Bく らぃ 2∼ 3B(ら 1 0_1日

:吉

事募

lピ

る贖 に、 消X券 下裁 邑tれ な つこ3,

°

:lLに ■,

器 剛

圏 .賠ヽ

l`

° 管動 ヽ 鶴1遁厳ぶ l愕 盟も

ヽ ヽ ン タ が セ 沢 て ⑥ 泉 奥 曇 l晴 非常 設置 ツ は 9 `尋 で い ° う ど 1:電 1ヤ 隷 ま漕 rt・

1主

セ入 ヽ111::1ヽ

(上

ヒロ じ

)

く上 こ 曰 じ )

t・

二0妥 惣 に.イキ電噺でt卿1く ,11牟 nェ レベー 91: l.,I :

覇ミい Rヽ じ心 3

7い

(上 t同

)

(上 こ 風 じ )

` ヽ

r.,

‖4


NO'

が韻 こ

=い

ヽ 〕■,。 ■いうこ思 、

o貧 市ぃ 、■階 に、ス

l・

1■ &

鶴lll.´

「当に.自 動 t泉 鼈 ミ風寝員伸瞑毀藷→ 0負 おaい う り)7う ―ド 設 置全ホこ ろ

智霧 憔

1

(上 こ 同 じ )

tヽ

ぃ3■ か. こ鯉、 ヽ ろL ① このヽ 非 常減t設 魚 下 設 置 t彙 て、 掛 nに 、 ヽ o 、 11か 思

(上 て Rじ ヽ

哺 燿" 湾 lttF締 譜 謬 ・

ヽ 価・■、 3 .

巨 lち 団ヽ見て 該当1う 記 号■記 入してTさ い。

輛ら力ぃ

-9-2建 ヽ ③ し (工

象it 難瀧 ]L霧巽章 乳 ЭЪlムξ ( 卜( )│:i軍 瑠聡:Fい お ]ギ

ヽ¬ 0貴 為が 今ラて_1霞 t矛 lRし たこのtt、 ハ3い :`:]こ にしfll用 したここのむヽ ヒ設 があり うしたら いくつてt.挙 て下tヽ ヽ .(1フ ttく てt亀 ハ て1) 11‐

H

H ③

λ

Lthり 単

ll卜 fll`

(

H Ltllム は■ら鼈くい た時■ ■ どう戯

刑 nは

)

日 該当てb還 択肢の記3■ Oで 日んでTtヽ `

く回牟H鴨 ヽ

olさ い C。

♭。いいえ ヽ ` いなら■、

ヽ 、 こ、 て今 た Eモ t鴨 卜く_1実 建ここうoで は ぅ不登tl寺 ,て ヽ ①債i13、 こ ぅ建枷 ヒふヽ ■1分 「 "ヾ い ぃ α.強 子ミがあ3 b.ゃ“ゃ不tFふ 3 C.不 ●僣む ra lヽ

.

②上で ヌは、♭Jこ ttつ 呵た`日、そ η玉 里ぬ・ o上 で Cに ttつ けLお り(ta理 由t次 ■` ら1つ 燿Ltt‐・T=ド . t tt「Iら 1フ .理 にで■t゛ . “ なら. てい0ヽ ヽ αoSk衛 こo鑓 ド理がし'絆 りLtい うなら a.ま たら管理 ド L・「Fり し ° b.ス ■ り)'ラ ー■ι邁当初自4本 ヽ漁ki押 臓に レ.ス アリン1う 一〕 関陶自体偽流文毒浙亀が ヽ 不trム 3rら ら. し'":〕 して、 3な`ヨ ′ ` ヽ ヽ ヽ 3■ ら 釉料で 1て が 3■ 的 ). c.建 ド 色 ぇ c.J目 で 外 鮮 詢 自体 燎はたにくい44料 こできて .

_

● ・ tの 他

'1い (

)

は。その4t(

Otし ,こ 、き勒で1大 受が起 tt島全Aお llむ 亀ヒ豊 亀 、 ぃちいla救 眠t卜 Ъトピぅ なについて不在″よ1,ョ tん か。 .,,不 雀 ム3 α ・号 金ぃ不をがあ ♭

]

C.不 やlt r4ヽ ヽ

「 ⑤ 上でα.マ 勝 bJ〔 れたつ11た ち口_tη 理由 ③ 上でcに ■■つけた`11。 そつ理颯t tt「 ら r「

ら 1っ

H5


No 3

. a.“ 建摘"FA実 上 侵 小■ "ら

ヽ α。この糧J向 は、 まや緯が.1ぐ たがり易ヽ

脚 漱 懺 n薇 c.駒

l計

1ヽ

が こ 朧朧

りL負 二 泊 師 =ょ ぅ泊 k・ 救 虫 池動 に困難 が 予想 tハ Ъならe

ヽ 卜ヽ d.米 資時に ■嗜:1鵬 h肉 ら人出r lV■ `7L

` Qで 、 Ъ 賞や注

ctl職

"

鰤 舗 C。 漁商響ミ間 にさも.泊 費.幸ス由活動 が看な オロト3け ら。

嶋■ら. d.1雙 囁においlt.建 珈内らた間が速ゃなに 穐リミ韓 泊X力 ι9端 1´ ヒ辱ろヒ 鳳わ』 が予得tム 3な ら 追rn■ 行動 tこ ぅここ e.ヒ 0他 ( e.■ 0他 ( ) ` ① 食らい.こ η建物 におヽ ■3.避 難 自1相 鮮年0商 実all裸 げ美寄Lこ 腱ヽ31が・ ‐ 、 : ♭ a.文 書 こ8ヽ ・ミ姜tヒ 鳴腱へ■ヽ 「 0上 を Lに 魚tつ けthll.セ のこ里由t末 の中rら 1,遅 工でTt゛ ヽ │ 3が ら . ι.二 η電静η賂洒l対 金全t"「 ら ♭。告 η聾力についてi3.JIく 1■ ,て ヽ .

:ヽ

.

.ミ

c。

L( そのイ

)

③ iお 膊。 今尋τに.宗 瞑に,自 分で.地 電断瓢みη6Ltt■ したこと下ムリ31静 . ヽ し,今 後tょ そ な こ ル.つ いが今後む`ttこ こう。 C.し ヽ Q_あ 3

:

:

tヽ

ヽ■したら合.■ tち にキ宇椒こが■■人3卜 0い う1か・ ⑩ 貧ちロ ニη建物に、 火 と思ぅ. ‐ "が a_。 。 ♭ ルt足いるが11か 34S:。 c.■ ■点い ヽ にちに1こ か3こ 屁う 「

l

.′

OL穏 謂

lⅧ意詮[計 ]鶴 残旨 T哺

11撼

り 丁

d mfttLTnt纂 :,Pふ α.1ぐ に避 鴫113.♭ 。日曰らたこに資lら tミ .C_嗽 ■■確 きじuこ ■く.

d.泊 kに マ1く 9.そ の和1(

e.為3t

ttЪ

■.n燎 電話■こL役 ,■ 皓報 収負にあたも

1

.

)

国 以下0負 間 は,こ η蓑 抑 1に 限 ら1゛ ゛―輌attL卜 碁 た千三ぃ .

Qtti:与

1い I穐

111,'「 ηお 負 編千 ・ 、 、 譜嵐 穆諜lllRず 年 ‐ `η

α。人が大受海桁く為n♭ 0こ にo誘 卑1う ちnC.自 ,闘

lfrら

な奎Lこ L、 ■ぃうち向

‐ 卜 ( ( X ) ` て.I賛 が稚■した崎のことL考 えてお、 く決要が ②牲 貴お膊_貴 らド牙:ln13建 物におヽ ヽ 、子1か . あろヒ建、 ヽ 鳳ヽ b。 ■豊 ■、と α。あ3こ 爆 う ぅ。

御 協 力ありがこうごぎい寺した

.

HC


3-3

集 計4ム 泉

① 設計 急団 ヒ建物 矛l凰 な oな 私 、ろ置 狙 維 路 ① ― i建 物 矛lnな が 雹 れ 的 に た秘tし て 、

7)ケ rdけ

ー ト 諷 査 に お い て、 ま 雙 η tti

れ け`得 らを く な

リユ壁難 t知 、

た時 ヽ 手 記 じ ネ し た れ な Qの うち

.う

.

・oれ た 手 す 。ι 2tイ :IAし よ ぅ し 13Fし い う慎 饂 tし ι簡 、 ′41ス

4口

.来 の ょ う を絶 泉 が ム な が 得 ら れ―

11

e: C f: Lf--.

)

1% :

5 5 3 3 1 7

7 2 7

6 8

57% :

42Z : 63Z : 38Z : 30Z : 33Z : 70% : 与毎Z : 58% : 40Z : 5年 % : 50% : 57% :

0 0X : 1 13Z : 2 40χ : 3 113だ : 6 50% : 2 25Z : t1 50Z : 7 70χ : 2 67Z : 3 30χ : 3 33Z : 2 17Z 8 2 110Z : 5 38Z : 年 33Z : 5 36% 1

0 0

0 0 0 1 O 0 0 0 0 0 0 0 1 0

0% 0% 0% 0% 0% 13% o% 0% 0% 0Z 0% 0% 0% 0Z 8Z oz

2

1%

―――――― +― ―――――――――

TOTAL :

9

6Z

:

77

2

5 100Z : 7 88% : 3 60% : 与

0% 0% 0% 0% 0% 0% 0% 0% 0% 0% 0% 8Z 0Z 8% 0% 0%

,一  ,´

ご L 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8

0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 0 0

■/第 一避駐魔渋 ≧:① -1 鼈 菫 せ 0% 0% 0% 0% 8Z 0Z 13Z 0% 0Z 0% 22% 17% 20Z 0% 8% 7%

朧l 継雛景

_[L:工 じや 7襲 中央階段

首千島団 壼 甍10-151場 鍵 基準蘭

0 0 0 0 1 0 l 0 0 0 2 2 1 0 1 1

[:君

︵  ババ

Lh4:l

譴爛

(ユ ニ で 得 ら い た 凰春 ■侵 貧 上、%´ 避 牲 れ為

鵡い ぼβ

t。

55Z :

51

36χ

:

: :

: : : , : : : l : : : : i :

5 100% 8 100% 5 100% 7 100% 12 100% 8 100% 8 100Z 10 100Z 3 100% 10 100Z 9 100Z 1■ 100% 5 100Z 13 100% 12 100Z 1年 100% ,

―― +― ―……………… ………

: il11 100%

日7


避難樋LAt 表:① ―■ 階叡/場 ´ 11菫 笙_1_lA上 ユ___■ 12_¨,__二 ___

1達 │:1膨 1輩 `_____…

影│!髪

: 37.100Z i 39 100Z 1 65 100Z

__2

: 1111 100Z

+… …Ⅲ…―――“――_― ――――――――――‐……………………

lII鰹 壁 渾L

ttL_11_ 97_:_1墜 :│_ 717」

J

《Z)

選醜 =―

(N= J与 1)

望 h3

::

`

1.●

団:0-■ 第一輩襲厨也鯛K全 陽縫合■0争 1誉 )

団:0-■ lrら 明 ら↑ な ように 、 な階 ‐の雄 襲J隆 擬iに 関 し 4・

て日旺 約 90° の 人間が 、2つ の 1を 名1避 牲 /・

t二 1足

し て ヽヽb。

こ れ :`、

2つ

FZl‐

・ な の こち ら

・ の 特 n!1避 難 階 負 が .

"`

i適 し 、 し rtピJヒ し_て い う こ こ1こ 褒蟹陶 の 桑 風 向端 にイ よ つて 。建 物 利 n広 に:日 嗅 frち 視 貧 的 に 、 その 仏 遭t ヽうJヒ の で`あ う ヒ:思 ね ム ろ。 し rし 、それ 杷 ガ駐さtて ヽ ・約 ′ θ で も 、 を おヽ 躍目閉全体 で 3階 ど り上 の ム層 ・/o,、 始 に′ 都

.に

限 う し、約 ′ 50/・ の 人が 、 工 じギ r7、

:あ

` 中 らも ``、

央 確 at澪 :l

laし

、ろ。 ご ぅヒ,翡 ぇて ヽ

来 L、 各陥 でヽの整 雑 ■ 急 に関 して えて ■ 夕しま の ょ う η仏 果 が ム た 。 (選 亀 経 離 し して .1奇

1ll避

軽階給 ■

‖8


・ 民 した 者 の 申 で 、 自 分 偽 慮 全 の ム b tt aヒ 、選 ん 乞 選オ 陽 4の 位 置 し の対 鳥 t見 た 。 )

口じ偉い籠韓 `摯lR■ 3 《%》

居室が桑側 0人

居室が碑 laた

07.7

■2=

(N=

62)

《N=

`5)

図:0´

∼1触 に││.居 室 が血倶1の 人 11血 allの 鼈 at、 象狽1の 人 11、

柔イ詢∩階 え tつ l

↑ し .■

la■

ろ こ ぃぅ箱 桑 が ム て い ろが 、 じ

n達 に、 自 分 n乏 室 L晟 飼 燻la ttfa t選 ォRし

` ル以 上 た人が 、全体 のえθθ お ろ 入 し .血 仏ti二 あ

報 した 人

^夕

lな

tヽ

た 。し↑ t、 ス 2「 桑梁1に

1人 し で`、 ■ 0晨 封 イ則10離 盆 t選

ヽろ ιι Tら 、 烈血 んうo が臭 み・ てヽ

名 力l駐 難階級 に お い て: その灌 在 矛1凰 ム数 係 リゲ = 「 ′ じ てい う 。 ら家 の よ う有調 題 点 不 挙 す られ ら し

上 ら′ 毯象 'ス i〕

"`

L初 そ o更 豊憂生討週 人雙始 じ卜りう こあ電 義13.2っ 熟 01遊 象階段

^矛

lnt″ 1縫

:■

tし て 考 tう れ― てい う。

‖9


中央 の コ フ都 竹 │`、 場 に 陥 火区ぬ

t畝 ■ 卜 らす 、/fL

つ て 、 吹 受 時 に おヽ 呵 ら ■ レヽ 一

ni`、

1最

ハて

'0燿 ` 危 険 で あ り、 子た 、薇 に 文争 麟 に これ が ■ 拳 に 瑾 れt

確 ll■ ぃ た し しtt、 探 土 偽 L力 がイ 医い Lし な ら、盆 LP Pら

に おヽい て r● り の 待 ち行 ζ'l『 ι tう こ じ tヤ 犯、

trら

ェ ♭″ ′ 夕 襲 の 中費 階 段

Lnォ粂t商 文 区凸 くれ てぉ、らすた夜

t.■ t・

レヘ ー タ

ぁら しttr

嘲at猥 く避韓 ■ は 不五 当■・あ らし 、自動陥 控 シヤ ツ イ ー ド作 動 1ホ ば 、通 行 千1ヒ に■ つて しそ ぅぁ 4τ ム ろ。

しrじ

.、

蒙:象 、建 物 η矛ln色 の IPに 辱 、

` li 千 h、 火雙 時 に 、エ レギ ´ ″ ヤ 中衆 階 級 々 し oオ

n

t考 え て い ろ 人 が 、 全 体 で 約 90/・ もノ3階 以 上の ふ ゑ 参わにおヽけ ろ 卜′ ダ lレ τ lJ.豹 ノ 60/・ 存在 し てい う 。 上 で4ヽ た ょ う に 。` た災 時 η遺 難 の際 に 、 学■ 4■

7に あ ろ エ レヘ`′ 夕 .階 段 L孝 :llR

1 3■ ι昭歳 あ て

・身 θ l■ げふく 。(れ ゅ た 、1レ した全体 のノ 2蔵・ らの91 /・

な τム って t、 くの人丘 の■な が人隻た眸■な慈降 F伯

ろゴrall■ tAめ てぃ ぅわ りτあ 3.

120


2)■ の建 初 の場合 、 千 m■ 。っ ンが 、 中央 の ユ ア t中

に、 たな れ 称

│■

│じ

ヽう点 な ら え て 、各階 η避 難 勧 ■ つて ヽ

線 降 、 學 襲 η ユ フ ■■ に 、 ■ 島ハ 模1に 分 な に て ぃ て ,

` そ れ そ 人 の避 難 勧 絵 が 交を着し を ぃ よ うに 酎 凸 tれ て い Ъ し し tに 、2つ の特 311Z難 階 段 の 負燿 人 n皓 。そ

ヽろ ι え、 れ な れ i3『 署 し く寺 う ιし てち た られて ヽ わ い ち 。 し 7「 し 、 受際 、建 物 のオ:1凰 ち aOし ち、い t′ ネ .

白竹 4換

nし

て ぃ ろ乙 全 ι 二対 4at∩ 確 段 t_雄 独 η際

に澤lnし ょ ぅ し 考 ぇ 4ヽ fろ 人ヤ 、 0で°ネ し た ′ ち 午 中 果 q■ ア に あ 3範 訟 tル 1鳳 じ よ う ヒ 考 た ■ い Ъ 人 専 ど が 全体 の 約 3θ・ ■ ム ハ くわ、り 、各 磁 手亀 上 に おヽ ′ ‖ ろ1置 虹 勧後 へ ,錯 が 予想 tね うと し tに 、 んつ /・

獨 力l邊 雑 階 級 の 条墟 たら に倫 り が 見 ら小 ろ 。 ち、け る地 犠 鰺 、 1つ の階 じお、い て 1各 .“

史受

^ lτ

"Hこ

n躊 に ィ 1を ゎぃ るこ ι が 子 を tれ 、4Lっ て 哺 生珈歓 =生

'易

│■

.量 牡 崎

1多

l■ お、 4う え れ た多 じttろ 可能 ′

。 `ら 歯段 に 変 る遇 て 4a路 b千 が あ り 。斗 主 本 ■ガ 4に ス 餐 蘭 ・ ` 、6 に ,柵 れ 署 、降 色 物 し な らょ ぅな 物 置 っ ^zし 「 。 そ q可 貧 レ隆イ ム い 。 各た 、桑風 ビ・ちら 場角

`略

121


介の 階β lに

,農 桑豊た口が集 中 した場をヽ

に お 呵 blヽ Oニ ツ,デ 稚 L16た

日 蟹,a餐 「 `、 再ンl■ がふ くη る。

錢 ① -2防 縫設備に対13色 瓢 7ン ケ ー ト 訟 色 に よ り、 こ の建 物 に あヽけ ち陥 雙 訟偽 ヽ に関 し■ .建 物 の力ln老 が、 どのた た の 知総 と考 ,て ヽ う↑1調 査 した私 、来 の よう■結 果 が得 ら れ た 。 7Jお ヽ .7>ケ

`て l`、 ー ト にわ ヽ

1ね

・かの 訟 イ ` そ ねに つ ヽ .

躍 ちの い ぅ階 に。 その設 偽 デ 設 置 され て ぃ う し じ い 手 ュしいう負 颯 L角 つ い、ま にふ15段 確 lι 省 崎■ ロ

`↑ して も ら つTt. "卜RANK

I:設 atれ て、 しt,資 ぃていうし、 その住at知 ..、 ヽ )ろ ι 3。

ヽ ヽ 2:設 置i点 てヽ ろLヒ :1.卜 ■ヽ つ61′ ` 、 ヽ どう↑│`夕 nら ない 貧atれ て、 3:aa極 Ltム て、 ろ旬 らιこう。 「 ・ ` 、 ヽ 4:変 逢 旬 。 ittatね て、 ≧tに も つぼしうな│`輌 nら 1、 ヽ 1、 tど う 5:容 a選≧ tれ てぃ■tヽ

ヽ こ ケ 3. 3)て 、 “

*実 際 の この2物 に お、り b助 縫餓 仏 の 設 att λ

都)

o猫 喫霧 … 全階 に 設 置 。

・ 哄 粂 報 処織

(10し 未9)わ

一・8階 以千の階 にな こ。 122


` 。´ギ 策 の人が後 凰でモろ消文栓 一‐8餡 以I∩ 晴 に設 置 0ス

9Fカ

,

食盆 。 リンフう´ 一 gア 雹以 上Q.階 にテ

2ン ツダー ーー 4階 以上の階 の中央躍拝登の降りnし設 置 . タ 3

《Z)

ll・

消 t出

10.8

27.8

.

《N=

1与 曝)

26。 1

《N=

与6)

2`.1

(N■

与6〕

《N=

139)

l18。

`

《%) 火 災 争詢 哺 れ【 勧 (6瞳 以 T)

)

19.6

叫5。

7

《%)

_maAna下 崚RttL3 漬il・ttB電 以■)

B。

7 ユ009

511。

3

《Z》

晰 麗Eシヤリ9t4L以上〕

B.`

28,8

56.8

筈扇亀に関1ち 口秘勇ら彙 邑:0-■ 貧薦に設置tい て Ъ ,ヽ

力 象没偽 の うち て t者

ラ ム贅得 に ついて i3、 象え 0 び に お ぃ

4し て 共 ておヽり 、他 η鯰仏 に比 へ・ヽ J

tt.atよ

ヽ 、 、 あ り、 凰:① ―Iに ち

り髭 λJ色 ′で

、て い う し い く処 ら′

う絶 桑 がな て ぃ る。 しな し、 こう者 とt卜 くな ら Jrゝ て 、、 ぅ泊 文 畿

tt、 tれ が貧 遺tハ ひ

)う

こ と し、現≧ ヽ1色 “

123


ヽろの 処 つて 、 なt、 0/・

│」

≧体 の キ竹以 千 (46、 6・ 、そ

/・

Dマンあ り、 し

iatt ιね っ てぃ るの ■ .わ す が全外 のヲ0 そのイ

毛 (Z7.30/0)で あ ら:

凰:0´ Iが ら3nら な 々 Fう に 。

設 備 が来 熟レ卑門 的 に■ 7て く bに 徒 つて、 ど り身 血 t・

砲 くη り、関 lじ

t力 れ てく う。 その設 偽 が設置 tね

ヽうこしt知 つていう人の確 ‖公tえ て″ ろし、火災 て、 ・ 、 一般 の 人が 後 凰 で‐ う 報 知撫 (絆 木 タンペ)で は、えう。 さ /・

ンタ ′ に■ ≧シヤ ` 2で 哺 、ノ 3.6プ 。、中央 FLつ の防 製 う 泊 文″ つて 4.わ す か に 1440ノ o(ノ うg人 牟 Zθ ス)で あ ろ。しな t,

ヽを いヒ患 つて し その 設 偽 が設 置 ■ ふて ヽ = ` つてヽ う 人が 、lk父 報祇 ntt u串 末 ダレ式)、 治 夫栓 (′ 組 の そのこ に

_、

人ザ燿λЪ)右 、 く れ ぞ れ

1/4以 上 (え 6.10/・

奎シヤツ タ 丁 の動 ホ

ヽ 、 十 劣 以 上 tj6.8・ /0)tて ヽうし ヽ

`僣

)。

中袋階級

`る o う′ 仏 泉 が ム てヽ

124


5

│'2・ 3 《%)

2.1 !

人■ 親 釉 機 行 動 )

(316月 Цう

3

重警躙

ス│・ リンリラー

(8瞳 以 下)

37.8

:

llll.与

: 17.0

(N=

97)

(N=

98)

《N=

l15》

ない設偽に鳳1ろ 回ψ姜継 え 邑:① ―ヱ 貧誅 には,設 atム tも `

この 比 L初 の 9階 )た 上の134に

1各

.癸 F象

、史縫報知機 (絆 木ダ

ヽ 一段 の 人が使 Aで ■ろ油 た″2烙 、貧 置 tれ てヽ ンペ )や 、 キ ぃわ け であらが 、 ちんヒ.史 雙象υbtt u酔 木夕Lべ )13つ ヽて膊、77.30/・ 、)ム た考≧ 人 が俊員なtう 七0)13つ いて悸 、 、 (´ J鰻 の 7Z、

つて い うの ぴあら. 4プ00人 が.盈 aさ れて ぃ ろし建、

、こ こ t確 かにね D■ 各た 、 そ人らfTr aa a tれ てぃ を 、 ぃ ろ 入η争、 な 4t lだ 象牲短脅 Z′

′0/0、

0/。

τ あ 3. )無

油 たた

t′

・が、 u牟 ポタン式 )で '賂 。わ今

魚Qo人 が像lRて くろtの )13つ いても、71

のり>ワ 7″ に つ い て、え て お み と。 し 小dl、 に入 つ

貧 際 、9陥 以 上 あ 階 に 設 置 tハ て い ろ h同 であ ろが 、

125


凰①― 工の ように、67Ъ

l人

手 の Fム に あ1い て も 、4舎 l効 の人

間 が 、設 置 tね てい Ъ ヒ息 つ い ヽろ 。 以 上の 結 果 な ら次 の よう■ 間 勉 点 が考ヨすられ う。 │)場 史器 、火災報 夕 3社

.消 史考:を じの設 偽 博。 lk

tt B4

に か いて 、建物 の矛│ハ ム に よ 〕又 ■ し く操 作 tム カ ‖ れ nJ、 くの如 泉 t稚 澤 す ろこし が でく ない物 であ 3 ぺ

し ↑し、 貧離 に日、 その ち Ftや 、稔 邑 して あ る他

aF建 物ォ:ln色

に、 す分夕 nら い■ い い ヽ。

lk階 級 に設 置 して あ ら出 陸 シ■ ヽ ン,´ 略 、温 庵 ザ 2)中 ・ 14° cル

kLに そ ろ し、 a勧 角 L閉 多 ろ よう 和 つて、ヽ │二

つわ け tが .建 初 矛l凰 ムの 中τ 、 Lの し イ ツ

'一

ヽЪ人 颯 膊、極 あ て ケ ないoし な し 、 ち た t賀 い て 、 色%tし マ ンケ ´ 卜刊n■ に キЪ し、 選 凛

t● 襲 階段 t

″;lnし Jぅ と考 た て い う 人颯 tム・り .梁 峰 の1塾彙 の μ 家。 こ の シャ ツ ダ ″ の諷微 ・場 tk7(t`う が班 け

卜 つて .tMら の k鶴

Z凝 11,あ

ら.

ヽ31と に、安膨 繁に 4.Zλ ヵ自分o矛 lAし てヽ

ヽl atム て、

ヽても1設 風tい ていちじ鳥 って いうガ ぃ詮偽 につ、 ゛ ・ タレベ).流 まJ囁 (´ 颯ねが角 く 、名 に大袋報拠ね t袢 木 :│

126


鍮 の 人 が 後 Aて くЪもの)な ど の 設 仏 にJ■ かえ,暉

│■

、史 父 崎 ヒ ム、り

2こ

3初 期 行 動 ■き灸多 らも

うした

、有効 4

´ 油 Xも 通牲 ヽ避 牲 )ち 動 の4カ け し■ bた 7ミ があ る。

` 偽に 多し 、■ 10リ ンク 1´ を し に よう色勧 盗 記I泊 だ裁イ 対 13こ うした鉄 得 鰺、建初 a玖 olも っ陥 敬1■ 籠 に対

13颯 仏Q晨 ムふヒ t考

た ら小 もまた q ttη をしに ■、

ぃて スう 緩 の ■しが生 しろ凍凰 ■ を う 。

ア 色階 始力l嘔堕桑 らのAな にち暉 う ① -3ガい手、 「 λ`ひ ∩遇 級鋼 b_ イ 象hJい ヽデ α`a斧 勧 親 ・、 千Za マ ン 竹 ― 卜a氣 左 に ょ り 、 二 の建 物 の矛lAね 奇 に魚し した設 の うち .a冷 .主 1.ヵ l

FRし

てい ろ施設 し、

・和 ヽて 議ヽ ヽ た し多 │`こ ん と raし れ ιし の rdい 範 級 につ ヽ ろ、派 の よ うな絶 え 「

得 られ た 。 記号 i [::鋪 1:ミ 11(z堪 ュ

[:君 凰:G工 51■ 4邁 基準 階 千島凰

艦雛量 鵬l a

ヤタ 襲叫 階 EE:工 じ

127


一                            一 一 一 ¨                          ¨

                                                                                一 O    o  与 一  ■ 一  ■   姜                 . 一  姜   丼 一  ■   ■ 一  姜   姜                 一 一  贅   姜

 H   一 燎

一  姜 贅 n︶・  姜 贅 電︺ 一  ■ 姜 一  ■ ■                 一

 報   一 燎

”  ■ 姜 一  ■ 姜 ¨  ■ 贅 一  ■ 姜 一  姜 姜 n﹀ ・  姜 姜 つ“ 一  ■ 姜 一  姜 姜                 一 一  ■ 姜 ¨  贅 姜 一  ■ 姜 ¨  姜 姜         姜 一  姜 姜         姜  .姜 姜         姜 一 ¨  姜 姜         姜 nり ・  姜 姜         苺 ■こ 一  ■ ■         ■ ¨  姜 姜         姜       一 一  ■ ■ ■     ■ ¨  ■ ■ ■     ■ 一  姜 姜 姜     姜 “  姜 姜 姜     姜 一 姜 姜 姜 姜 姜 一 ■ 姜 姜 姜 姜 一 ■ 姜 姜 姜 姜

% 2 64 6 ..5。6   い 3.2.3 ・7︲ 2

n 6 与 9 8 8   5 7 0 0 1 3 1 1           2

裁ABCDE 肺

図①―m日 常主にかlntЪ 施設

いて:`.1人 につモ│∼ 乙個a施論tt挙 けてもらつ (7)サ ″卜にあヽ た) :ln 13施 設 表 :0-■ 階瑯73怜 ■にテ 階 枚 :

A・

C・ D

B

E

:

TOTAL

―――――…+… ……………………………………――――――――――一―………………+― ……………―――……

19″ : 73 100% 3` : 41 56% : 10 25Z : 1年 81 ; 61 80% : 4 5% : 11 15Z , 75 100% 1.31 : 109 86% : 5 4Z : 13 10Z : 127 100%

――――――+… ……―――――――…………――――――――――――――――一――+― ―――¨――――……

: 210

TOTAl“

捏弓

0

n

76% :

10

27

10Z :

38

20

1略

30

Z

: 275 100Z

40

50

.

・ オlnし をぃ珀L貧 団:O― Ⅲ 日砕Haし んじ ヽら鴫 団:0´ 工 ■ ら r7Jょ う に 、 a弟 に あヽい て

T,9■ 工

.レ

:ひ

_■ レ

生 に澤:1∩ し てい う 人 す 圧 夕1的 に 角 く 、 次 ぃで

、3人 が 考 1ヽ 。 し ベ ー マ 泉の 中央 階 毀 t弄 !lnし て 、

絆 し 、この 中央 階級 :│:L手

2た l∼ え亀 のオ 移動 癬

向 o鵞 餞コ

、3と の こ燿 わ れ 3. 白 り1役 夕lと して .争 intれ て 、 ぞ た 、 1鬼 力lに えて 胸 ろし._ 工 層都 レ行 く 11し 、 ■ F・

128


` レベ 70矛 l鴫 キ リな い。 ´力、 東ム の階 予 主 at邑 奈、 lt升 'lnし

ヽつ た:1_ご くわ すrで あり、 これも 、L て、

系都 に行 くに4L,て ヽQ傾 ハ が強 ぃ。 キ た 、凰:① 一皿 tえ ても 、象農の階段 が a弗 、降 ヒん 1餞 じデ

うこ と│`。 iい ていを、

anら fr

・ぁ ろ . τ

以 上 a継 象 rう え の ようち閻極点 が拳 げ られ 3_ l〕

こη建 初 に ち、■ Ъβ希動 後 略、選 象 時 に あ、 1ろ 動 後 ヽろ(晨 0′ 1と 晨0´ ユ参照o。 モ 1ヽ た く排 ,1緑これて 、 ″Lっ て、 葵 担物力IAム !`、 2つ の場 力l通 豊租階級 ■日牽、 1各

し し どォll隕 し て おヽらす、 その た め に 、避 軋 路 し し

ての 名 力l避 難 階 然 に競

43鍛

Lじ が 、 日常 に 卜 け ら れ

1後

象ぐを り 晨 がイ

その

ぉ へ ヵ し諷 毅 ttじ ろ

凛 Aし ■ 〕てぃ 3と 考 こ うね ). F・

mt aヽ 、 Lり `蘭 (湖 一 角全に坤

♭。日かにおヽ 4ろ 激癬

たみ 饂放 ttttぃ たり1ろ ■ヒゝ 「

冤び 餞丈屏の独わ攣力

o)aな か千に置なぃていЪ藤 2物 鰤nれ 」k布 鷺晩著)に 41つ 訟査

名評修oあ 千 t.tン ター0'7t魂

l多

、 象様1ヒ 風4allに

129


血侶1廓 TL

ゎ け (mo‐ ェ参照、

集償1郎 千

く れ ぞ ハ 行階 に つ ぃ て_避 級 の 乳│・ 、資のtね

l,゛

団lo― ■ 51々館 基準陥η風凰

“ な ぅょ う そ 降 雀 ` f「 ′ ザ 物 が fan r重 ぼ 【 ヽ ろ ク

1■

関 して 諷 五

t行

た勇 な、 求 の よ う 々私 泉 が得 られ た。

つて い う角 での 、 その 角 女角′ 陽 ■ 、 千 aaの 4 ra,法 に │つ

てる こわ 13t じ した

RANK 0 l

ム、 2.3“ 角知中

(イ

o

、 可t arれ ■ぃ■、 状態)

風 .la以 上2.3π 勅 為知守 .ア

(ス

様1に 棚キなの商会物がこない■いうポ定)

И以上′ lJ"未 素くntalに InAl

ヽ tの 峰乞物が豊↑ れて、 bな 急 、

Z

3

ヽ 、 負lm福 ′ ο薇未糸 価 倶1卜 入くかの教前隷ヤ41R砲 じ° 1ボ 健ヽ がこ倒卜 ■、 ヽ

1.θ

存   タ

/Jお ヽ .′ ム象 │● 、 碑 を物 に よ っ て 、 か 千 が 象 t牲 く

'11△

(私 果 感 )て

― ジ に 記裁

)

30


た0-工 に魚 tム

L

阻 収

た ち 乙 1ケ 詭 η ヽ か 千 に,ranら 角

′ Z陥

│,lh、

い て │■

2

2 2

2

!

0

0

2

2

2

5

3 2 2

4 3

0 0

10 9 8 7 6

色Wく 23

1.01Wく 1.0く

:。

5

w

0

つこ

堵 じ 6∼ θ鼈 、

13 !2

0

0 0 0

表o― I廊 千叫たゎポちt■ } 状 態 個 数 各1合

0

36%

.3

12 9 10 2

合計

33

10餞

1

うこ

.

0 0

16 15 i4

つJ

4降 雀 物 す こ たヽ

1.ヽ

んに 当 7イ・

れ ていれ

0

:7

11た 廓 手 の う ち

その 約

2

18

RAN K

Yフ 有1多

:l

l

、 3う

イ ル 桑暉

]Eコ

よ う │二 、な 体 で │■

Ю ―E廊LTの 使い颯ち(1)

27幌 30磁 6係

.

lo廓 千 ら 夫都 分が 、棚

、れ 、薇 織数 キ どに よ 'て

人 η通 れ ら怯 薇 あ られ て し 多 ・ 4、 ヽた 。 こハ らの 「 ん nれ 姓 咎月 、 皓 1多 │卜 =物 理 学 君 、 漑漁 ■咎君 各し 。全 ` ヤ瑚凝薇 数 を ど 1ヾ 、 鮫 乞 ド xっ て ぉ り、 その'た め の新ヽ 都 4a摯 卜 λ り切 うす慮

'千

に a伊 な ■ い た 。

131


3     陥   ぞ   ダ  象 1    牡   択   畑  仏 饂     遊   t   が  4 に    制  ヽ 物   う       o

日訟 各 段 颯 a が  Rrヽ lL

・ 1 し   段   蝸

1室 Q使 われ¬(■ ) ,表 0-■ イ

ヽね てぃ う物 の大 く こ │ニ モね 重旬 ヽた い石 室 れ た l,あ ら が、 モず (た '〔

ヽ の議1亀 nt/5く らヽ すら.ゑ ふ :/2く ヽ た。 らい掏 ヽ碑会れ によく ムハられて、 ) じ刊`し 、 こ│こ で‐11、

ヽ こ 打ね て、

1後 の■女力凰 う隣 雀 乃 よ つて イ J曰

` 積 が しれ

1色

'く

らヽ 〕

た ち念べ う の で 嗜

状 態 個 数 曇l合 1■

` ム 少 してい ろ 角

表0-■ ■室n燥 かへら(工 )

0 合 計

10 24 34

290/1

71・

/。

1000/・

132


たク 存 く 、襴 雀 が Dそ の 本 来 ● 4盆 ι 0あ 颯 トヘ 爪 2に イ ・う ■`に つ い て Aべ `こ ヽ う■ て、 却

ILし ta的

し した 。

及:0-ユ な ス tれ た ふ う │■ 、や 11り .:).の 跡 千 のイ 姜わ れ た の自A査 継 象 じ n凛

16∼ 3離 、 ノZ防

ヽ1ケ ニ ス 庁 角 い oこ れ れが 盆 けれ て 、 岬

に お:ヽ ヽて 略 .

、貧 n燿 鳳 り “

・ 千降 負舛 ム ろい 教 機 の ぅ ち各部 ZAザ ガ 移 at切 ネ “ 、ち凍 tあ つた 。 つ η ↑ た掏 fr aな 人て、 全 f4で ` 膊 、狐 在 した昇ケ所 の石全の うち 、 資の角 ぇ9 0/・

に当 た ろ/0争 隋●4雀 卜、凰拳、物 が こrれ 、 その本

スの 月途 吠 外 a日 2に 後ねへ てい た 。

o凰 ね にホ、4う

商 文摩 o鵬 閉状 λ

桑m、 zっ の 場 ヵl避 難階 級 の 付 室 なび階段 後 の ム X ハ に役

atれ て ぃ っ助 χltt ι./4_階 以 上 の階 0■

■ フ部 分 o泉 費lに 裁

atれ て 、、3躊

` k犀 につ い て、

B牟 、哺 な こふ て い うな 。それ しも 、餞 め ウ れてヽヽ しいう。 その間 4状 ジ じ■駄 ぺた。 ろな、

133


筵   鮨

状 状

た  た

な  れ

り     う ヽ ,

防 tttQ間 閉 11凡 (I 島 階 教

憚1

申央

階段室 イ 寸室 廊 千

桑 但 イ l Gと 購段雀 :│

1

1

l

0

!

0

l

:

16

0

!

!

0 0

0 0 0

0

i

0

!

l

1

0

貫J

18 17

14 :3 12 10

RJ

9 8 7 6

0 0

0

!

0

0

0

0

0

0

0

│ i

0

0

l

l

l

:

0

l

20

4

0

2

O

力史犀の晋 漁 )は

f・/.

(41〕

イ 1全 5

合計

陥たな 6

狽1

ボ几 工 中 央

(0/・

倶1

〕廊 手 (0/・ 〕イ 1警 壁fO/・ 〕階段室ば 合計

(29ヽ

(53)

(71)

17(100

│マ (100〕

0(0)

6(35)

5 (100)

17(i00〕

f・/.〕

7(41) 26(36) 5(l∞ 〕 il(65) 10(59) 47(64) 17(1001 73(100)

134


:0-■

7カ

求屁の

状 況ズエ

ば 狗餐一 階毅鎌 用 喜血倶1(0/・ ) 奥倶lr鴨 公な ル 0-0 5(29) 4{24) 3(26) 1-0に O-1 3(18) 6(35) 9(26) 9(5〕 7(4!) i6(48) (。

l

!

17(loOD

友0-皿 に ふ

tれ

:7(100〕

た よ う │し 、 :つ

の着 31雄 牡 F宣 に後

atれ

l■

L階 段 の 綺 2'l避 宅

。 97ム ヒ ′ 3准 η ん つ

_3∼ 5魔 ■ 7電 η4つ の 鼈 1´

・イ なひ 1宅 OF角 文多

ム つた。

`て、 そ の ア つ η ム λ nに お、ヽ ム段 盆

r,員

1た 嵐鵞 ヵ Lt鶴 放 tム ′ て、

制凰在 し れ 34々 角 η 祗 毅 ム x■ の う ち 、 ノ

な 4の

ヽた 。 約 キ毅 (48′ )tム め て ヽ

4階 ル1こ の隆 各た 、 ′ `う勤 ` れて ヽ たふ て おヽり、 Pレ 狗

じて、 Zつ

“ ιゎ り 、そ れ にLLで 、 4ケ 所 し tな 都 鴎 訳

ヽた 陥 tれ て ヽ

l`、

4階 t通

、i34ケ 所 の 商 χ が 、 て、 鷹

ヽた の 日 常 .全 部 颯 ハ われ て ヽ のァ atH

34(100)

所と

`ケ

o牟 来 ユ ァ都 翁 ■ 条 イ 剣に設 置 t

。■ べ てハ 凩 tの 状 態 t鶴 淑 く ム “

r`、

■ >7り ´ 卜 ↑ n゛ ′7■ 籠 Lい たり .

、ょ ぅに 4つ て い う的 が t終 ん だ り し て 、動 げ を 、

あ つた 。 鍋 笙 し た7カ 文 犀 、73ケ 角 の う ち_.β 牟、 閉 ハ られ て い

135


た 41`.z`ヶ 脅 τ.3ね 11.全 体 のぅbプ o lι しな づ tr ■ な っ た 。 ミね ll.か 千 OA端 に住 ■ l Ъ7カ たふ ■ 日常 .弁ねぬ L71つ て しJう と,あ 手● 運 狂層 k状 態 が粒 喘 にだ、 く■ つて し1う た め 。 その 通 駄 t確 揆 16た め に 、タ トれ 卜緯 つ 可 ろ 二 じ qで 1っ 艤 D tt tム 可 ろ離 段 生 に■ じb働 ま 第 1閣 な してお くtoと ん わ れ3.

{│)12)(3)の

訟 査 継 彙 4` う 、攻 の ょ ぅそ諷 処 点 が 場 卜け゛

3.

う “

1)a針 ぁ 4ヾ _設 計 o際 に 、 ☆ 雀 時 に あヽ4ろ

運夢畝oミ

ι為た し た 二 な 、昴 千 の幅 t決 定 し てぃ た し して ヽろ 人間 日、 そう も 、貧声 に 二 の理 物 ■ 力lη し て ヽ ぃ つた こ 団

1二

承 して、廓 千 に期 、れ 、貧 験 凰薇 材

ヽ。 建物 の ι ^′ ′陥 の を ど taぃ て ぃ ぅ 場 合 が角 、 33年

所 に 区切 )た が 千 4う ち .キ

0豹

に当 た `40/・

多 Z′ ケ所 し 。 そ う し た 碑 乞物 が こ な れ て ぉ、り、長 0-77に

「3.o状 態L分 類 ■ねたる角 ,い て 。 お

Z′

14、

そう 有史力格 が・ 鹸 着 時 q時 の 半 分 以 子 に 有 〕て お、 り 、3a劉 鳴 に あ、月うガ い千 の通 盗ら 塗 こ 、 家輩 の 資

136


ヽろ。 の廊 千 のこ過 外 乞 こぅ間 に 夫 t■ たが ■げ て 、 2)4寄 仲1遡 と暑 L階 段 の ィ 1雀

口 _史 粂 時 に あ、り b駐 電 =0曖

の鼈 絵 雀 へ oま 。 1襲 ぅイ aXt晰 ぐ ことtに 、る評塩に あヽイ う今 在域 1カ餞夫 可 みた め に設 月 られ て い ろ わ ` け で あ る″ 1

実 際 に日 、 この 建初 t孝 `1用 して い ろ

人 間 が _に ■に 物 taヽ 1色 Jし て。その 本 来 の役 各│の

lヵ

。 け し■ 3よ う な ■ 2L!・ 像 わ ねひ ヽ3場 な が _

訟 左 t街 ■ ,た

34‐

ケ論 の4全 の績β00/・ に とた ζノ θ

イ 打 に お、いて釜 め られ た 。そ の た あ .そ う し た a ヽt′ ユ.邊 亀 時 に お け ら4全 諸 に卜 ヽ

^変

負賄 11■

ヒカ 均び の 色 に あlヽ `て ,裁 剖 崎 こtaの 建 物 ヒ 容名 の 鶴 に 全 い止 い が 生じ ひ ヽ■ 。 3)二

の建物 の ようを ふ4編 ま之灸 物 の た 実に お いて

tの 薇 金 t象 ホ程 に訪 tr、 こ象 色t魯 女カゲ フ雀 左 に 行 ■ うた め に 彙 t tt Qな こ と ││.え こ を前 丈区農哺

t ttH Ъ こιぴ あ b。 血 Й tt a乙

.

この 立 物 に ち、いて も 、 な

7o柏

E tttれ て、1ら

鼈 負 .助 てん に よ 》【 '14雑 「 ´ しな し・表0´ 工 に おヽい てanら 旬`

■ ように 、 n牟 に お1い て 。 その 4≧ 体

^約

/4‐

チに及

137


(犀 イ 聞 椒 ′ 〕 際に t生

tい

た状 態 に ゎ り 、 火 貸 崎 に わitヽ て '変

:鯰 訂 な が 考 え に 通 り Q役 住:lt果

が イ袋ぃ

た 1カ

t、

た後

.

138


② 建物 利 凰る の 角 実 さ 訟 諷 復

② -1動

lこ

ヽ 建″い陽袋_in_難 =に ついて1微 ヽ 諷 にがムる

ヽヽ

r       2 rlトーー ーL

RANK

ヽての関 iし 2 の商貸、 延 聾菊 亀 つヽ

.

J卜

3:

n 3 9 1 3 7 3

=

ぶ1 23

Σn

0

10

23.

.

13こ にし 間 ヽ じhN‐

Z・

し鴫 tげ あЪ

20

30

● ‐ ‐ ‐ ‐ ― ― ― ― ―

ヽ. をヽ

030

1 r****r*,r**r***frr**t(***

55. ? r******fG**nff

r*****n**t(*l(****************tf

50 tt*tf l(*ta**tatG**r*

21 . ? ****f.tsII*t6tct(****t3*tcf**

1与 3

I建 初η商業選軸 tつ 、 ■o鳴 lじ 晨 だ上②―

ヽ ての凰に,晨 表:0-1隆曲げ 建物の防災違魏Lに つヽ 日菫 象

:

1

3 4 5 67 89 0■ 2 3﹂ 3 67ぼ

1 2 2 2 3 1 3 2 0 1 2

25% 25% 40% 25Z 25% 13% 38Z 20Z 0% 10% 22%

: 33%

2

110χ

0

TOTAL i

33

31% 0% 25%

23% :

1

2 2 5 3 3 7 与

5 6 2 9

3

50% 63Z 60Z 38Z 58Z 50% 63Z 60% 67Z 90Z

与与% 3“ 25χ

3 60Z 5 38Z

10

8

79

:

1 25% 1 13% 0 0Z 3 38Z 2

17χ

5

412%

3 30% 0 0Z 2 20Z 1 33Z 0 0% 3 33%

50%

0% 眸 31Z 2 17Z 眸 25Z

55Z :

22Z

03χ

0

TOTAL +………―………――¨―

I

t1 100χ

8 100Z 5100Z 8100Z 12 100Z 8100Z 8 100Z 10 100Z 3 100% 10 100Z

' 100Z 12 5 100Z 13 100χ

12 100X

16 100χ

: 143 100χ

139


N I A I     Z    R FIIIII︲﹂

オ利凰ムの建物燿凰頻た (小 暇中t磁 く) ′邁野畿のうち_11こ んど色日 烈1餞 してい 3・

`3. 、4∼ 5曰 くらい矛│ハ し乙ヽ ヽ牙:1凰 して 、 ヽろ. 、θ∼3曰 く ら ヽ

した 衣:C>■ 使用頻た ノ建1切 の商文還 笠 口 ぃて o閣 ′ 42n夕 3塵 4___・ _1…

1 P

3

1-_____― ― IttlttL___ ― -1__… … ― … … … … … … … … … │― ― …

: 17 2与 z : l14 : 13 25Z : 2与

:

3

16% :

11

62% : 10 14Z , 71 100% : 16 30% : 53 100χ 58Z 「 5 26% : 19 110χ 与5%

― ¨ ―――― +― ―――――――――――― T― ― ―― ……………………………………… +― …… ……………………

TOTAL i

33

23% :

79

55Z :

31

22%

: 143 100χ

o凰 :じ 晨 て 表:0-■ 優 ハn狡 /建 物 の前実避疑手つい ィ 晏n日薩矢:_____1_______―

25 : 7` : 13S i 25≦ : 37ゞ 1 tef■ :日 )

7 2 8 5 0

13Z : 13Z : 29% : 26χ : 0Z :

― 二

29 10 15 1l

5

TOTAL 5与 % : 18 33% 1 5t1 100Z 63% : l1 25% : 16 100Z 511% : 5 18% : 2● 100Z F」 0% : 3 16% : 19 100% 100% : 0 0% : 5 100Z

:・ ……三―_'… …………… …… …… ―――― +― ―………………………

-7:―

T::::― │― ::三 :::… :―

-5:―

:::― :―

― :::―

― │― I::― ::│:一

・ 整牲 につぃての、 理J初 の 陽 愛、 矛1凰 私 qM炒 え鴫.凰 0-1■ ネ tれ た よ う に

ヘ昇2f医 < IJ をく k リ

ヽI颯 ″ ザ ム 1_ 強ヽ

・ ヽ し碁 た に た ●承 と碁 し た 人 が _礫ヽじ ″ を ヽ

、こ公 みた 人11.Zん 2/・ 4ル マ i naた ` がぞ、 ア

れ リ

しが It

あ り

か外 ^豹 8争 │∩ 人 が

Lr- n

c

t tt n)(

い くら な る‐t諷

て 豊物 ■ 餞 雙遇 主葛 Lし ぃ ぅ こ ・t将 つ 、 て 、3.し い う こ

│ヽ

140


しがあな つた 。 利 用るのみ 性 し、諷 :じ 晟 a対 ん tえ て″ らし 、各す、 0ニ エな 永 tれ たがぅに .力 IA港 ら a 表0-■ ′

CaFa象 あ

)“ 、二物俊ハ葬iた しo4に 4._橘 に対応旧 危 られ 夕ヽ

ヽ _久 :ar工 に来 した 、 勢、 :利 n彦 ダ t tttt tt nし 鯰 「 め てならの匁 鶴 tn投 〕4o71Aブ に僣、米4つ た可 たが ガこお象 た ち

:。

ヽぅブロ饂 イ 、 フォ リ、建珈 ■矛lnし て ヽ 晨 ヽ

│`び 、建 物 の 陥雙 .選 竜独■つ いて の関 にヽ た も△ く _こ

ll の建初 t6年 以上昇

nし

。 'ッ

4ぃ ぅ 人,z4・ 人の うち、プ│に

:

が 鳥 ぃ し碁 たた た 1ん しか ぃ 砲 な 〕た ′ 二久 僣 、 `、 ` 4初 ■長 ぃ撃員間 、矛lnじ てぃ れ 昭′ Vう a.(o妻 担彰η矛 _ι

lnゑ じ しての 自豊が 2ゑ ■ ■│れ ハ

l

ぁ ろヒ ル わ れ ら 。 `・

141


② -2建 物におけろムkl二 引lb不 4友 ″

RANK

[3:不 全 IJ多 い

n 6 2 6   与 2 9 2   L

К

123 ¨ 酬

0

10

‐ ‐ ‐ ‐

18.1 63.9 18,1

'‐

30

20

100

50

‐ ‐ ¨

=

■ ■ 姜 姜 姜 姜 姜 姜姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 贅 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 贅 姜 贅 贅 姜 姜 姜 韓 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 贅 I■ ■ ■ ■ ■ ■ 姜 贅 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 I・ 姜 姜 姜 姜 晏

お 1ち ムヽ たに対13不 奪及 団:0-■ 建物 じ・ 表:② ― I階 数 /出 火に対1ち 矛奪ソ襲

日 自姜 換│_____1-― ― Ξ :― _… … IttI全 ヒ ___ ― ― … … ・ … … … … … … 1_… … … … … … … … 「― 3

:

:

5

:

6

:

:

8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18

: : , : 1 : : :

1 0 0 1 5 l

20% 0% 0% ■3Z 与2Z 13%

1

13χ

l 2 3 l 5 1 1

10% 67Z 30Z ll% 42Z 20% 8Z l ノ 8Z 2 13%

‐l

: :

80Z 75% 80% 75% 42% 63Z 6´ 75Z 8 80% 0 0Z 6 60Z

: 0 0% : 2 25Z : 1 20Z : 1 13Z : 2 17Z : 2 25Z l l 13Z : 1 10Z : 1 33Z : 1 10Z

:

6“ 4 6 5 3

7 3 9

叫与Z

58Z : 60% : 69Z : , 75χ : 10 63% :

ll

0

1 3 2

llttχ

20% 23Z 17Z 25Z

5 100Z

8 100χ

5 100Z

8 100χ

12 100% 8 100Z 0 100% 10 100% 3 100% 10 100% 9 100% 12 100% 5100% 13 100% 12 100Z

16 100χ

………■――十――――‐………―■………………………………―――………――………+― …………………‐――

TOTAL :

26

18% :

92

るいZ

:

26

18Z

, 1年 t1 100%

142


*1.建 物 にお、 ■Ъム又に対1ろ 不金の理由 RANK │:史 久、 所黒 物 ● 毯ι 全l多 不奪 ィぁ3.

体a流 た設″ れに千雀 ム3。 考 .ユ物自 「

2:ス lο リ ン7,´

・ 3:白 麦料 壽ι 建 物自体0りはた易1に 千牟 がある。 4:〔

の他

´

0 10 20 30 与0 50 RANK n %= r ― ―t― ―――――――-0-― ――――――-3‐ ‐――‐‐‐‐‐0-― ――‐‐ ‐―・ 「 姜■■ 1 59 5133 ■■■■■■姜姜モ薇姜姜姜姜姜姜姜姜姜姜姜姜姜姜姜姜■■■姜姜姜姜姜■■■■■■■■■■■■姜姜 2 30 2601 苺■■■姜姜姜姜■■■■■■■■■■■■■■■■姜姜 , 3 、2 1=7 ■■ . 4 231 20。 9 ■■■■■■姜姜姜■■■■贅姜姜姜姜姜姜■ En =

115

凰0-■ ム文に対 13不 雀の理 由

Xtれ

その他)の 期1卜 維 藻 *件 。 イ)2初

に た

.可

■ ぴ

_

たハ容 ″

、ヽ

,1人

1人 ヽ 翔矛lハ 名の称 t盆 仏 対 lDれ 数 が不2し て、 3。 「 T =■ -4人 -7■ ′ rJ 4-― リカι ヒ →之颯 みBA又 ■.魚 6碁 ―一―丁

―――-8人

ヽ4出 2虫 史不奪の をヽ ′ RANK :

に1史 気_可 撃窓物 の後理 が しつr「 りし て、 ラ句 ち.

2:ス

ヽ っな りして、 タリガ 7-を ヽ葵 勿白 のソ と孝 Q4れ が し 多なら, 乳た倒

`″“ 3:建 物 遊 黙 た にくヽ И笙。 村 で な くていろがら .

_4:く の 位

.

143


n 3

脚123L ¨

20

0

30・

l10

%`

2 1 1

Σ

0   6 1   2

11,5 717 4203 38,5

子 姜 I・

I・

50

姜姜 姜姜姜姜 姜 贅

姜 姜 姜 贅 姜姜 姜姜

姜姜姜姜姜■■■■■■■■姜姜姜贅姜姜姜姜贅姜姜姜贅姜 姜姜贅螢■■姜姜姜姜姜姜姜姜贅 姜姜姜姜普姜姜姜姜姜姜姜姜姜姜贅姜姜姜姜贅贅姜姜姜姜姜 姜姜姜姜姜姜姜姜姜 姜姜

団:② ´エ ム史不雀の■ぃ理由

**に そ の他)の オ 凰にな \tい たハら ヽ 話 が 1う こんじな ヽ ヽ )史 気 tl人 リ イ オ 魚つてヽ .TT― ―-2人 │う

一―― D)業 数白外、起 3ろ 理じ牢が■へいtnτ あ うクぅ。

=2人 ヽ.力 んιぞく、 一―――‐ ハ)棄 ■的 ηぼ ・ 5人 不at燿 じ々、 →薫

a社

一 一 ― ―― 一 ―― ― ― ― ― ― ―-1人

饉②― ■ に ネ t糸 た ょ うに 、全 4の 的 6争 lに 当 た ろ人 が一   ・て   爵

` 、この厖 L物 に あ、呵うヽ k雙 の た Lに 対 13不 盆 t感 じ

ヾ夕 . し `七 、

、強

準の角 ノ ∂グル当tb人 その うち.∠トイ

1ヽ

不雀 tね ぃて ヽ )bこ

二のた 臭 ■ の 上。 た 丁 に よう“

1ヽ

ぅ私 泉 が ムた 。

分1に 見て消 夕 L.(晨 :0´ 工参照o、 そす.離 │で

。綺 に見ら 小 そヽ 、.1た 、 6∼ δ聰

ヽ3貧 3鼈 η ひ`た 険 物 ゃ 可繋t物 をどtT潟 た ノ ん∼ノ 二 〕て 、 `ろ にち〕、 ヽ(毛 、犯 ヒo ll,モ リ Lじ 験 生 が入 つて` 陥 ヽが、 lo小 ιも 、7ね 、 ′略 た た │`、 現 れて 、 )々 、

0

ヽう人ゲ ビ におぃヽて│`.ャ rり 。イ 換い不↑ と 各 びて ヽ 多 144


かつた 。 ヽろ総 色に つ い て 見て こ う した 不雀 t建 じ て、 (■ 0「 工参饂 )、 =い

l'ま

4に

ャ lフ リ、建痢 ハに 。 た 藤 物 .● 解 物:ム ら

気 著 tネ リ扱 フて い う瀦 r脅 く、孝 た ぃ 資 η 毯

ヽぅ人が 象 t匁 〈、 ヽう。 子 雀 が あ らし 、 二t挙 け1て 、

ltム め て 、`た .次 、ヽ

、小 4,t′ 心 げ:ひ 〕ろ人41作 4杓 :て

"る

`舎 ´ ヽ 建物 ハに設 置 tnい → 消:光 設 後 に不 今 不 ム 3・ しヽ

う ■ じ t考 ヽ↑│(1ヽ ,う 人ザカ く ゝ 史 実=義 ユ13つ

t慇 げ て 、ヽろ 二奎嵐 じ し て い た 。i

t

ldゃ

_陽

1ヽ

(1不

ぼ こ っ:Z:二 し救め れ 【

i

・ 各た .立 し`_ミ ● 建物 にわ liろ ― k実 の:丞 生 に対 16 ヽ人 の 、その_埋 由に つ 、を ミ 不 ぞ t恙 じて、

:ヽ

1(え て ぉ ろ

ヒ(凰 0-I tta).建 物 ム 4,あ ろヽ 、日、1建 物:`内

L手

み 111.

4の _篠 理●封1ろ 住鍛た がな い こtt理 色に

火気、 可勘

41た こら4ントザ仏

ヽう人だ″ 、 、■方 挙摯 て、

t角≧白

ttl t■ ■ 1ふ i3rら 、 とす

a分 ‐ 身【」 角lヵ aて 不:.在 la l “

t

二心│じ

1/J・ _、

1:と

:、

`14.■ 豊れ Ar_‐ X tt t角 り 44_■ 【 ヽ が、ふろ´

_ヽ ヽ 1ろ 商 ザ │■ とん▼ を ヽ ,■ とこ え つた瑠 .こ t ttt Aし れを

して孝 │11る たも脅 く =Lな ら4人 之 薔 、文雙 に有 して 関 vit持

,:セ

ヽで、 ヽ lも のとeわ へ 3.

: 145


以 上 の紡 泉

建物 矛I

FRム

t手 と あ て

"ろ

の 大部 貧 (約 8生

:ヽ

し 、 ■す )の

、な 外的 になく

.

人 が、 ミ0建 物 にお り

く 不そ ■ 傷 じて お、り、 その i rd理 う火実 の る 上に つ ヽ ば物 署 ザカく 、iレ が 慮 しして IJ、 ■物 ハにZ議 初、.可 力 ヽ3こ と。 毛 ■ の 後鍮 1色 小年 が あ 3し いろ ■ と t考 中 て ヽ しか し

に、 それ ら t象 ソ棘 ,て い う陥 01人 颯o各

'解

疑 他 ヒ比、有 降ムくをぃ こと。.多 た、 不盆t感 雀ノ いい“ `い ヽ人の 中 に嗜 .` k負 F対 して蕪 間 じ各人打 し ″ ` い こ し、 _な しデ ム た Ъ .

146


②-3建 Jnの 実受時の避雑Lわ けろ 住全 に対●う不雀晨 :l■

RANK I:4a、

2:ゃ

、不金がぁら .

や千金 が あろ .

、 _3:不 金 │● 宅 、

123 ¨ 脚

0 n 55 38.2 76 52・

13

χ・

8

10

20

30

50

与0

― ― o― ―― ――‐―‐ l― ¨―――――― -3-― ――――¨――・ ―――――――‐―・

“ ■■■■ ■■■■■■■姜姜姜姜姜姜姜姜姜姜姜姜姜姜贅姜姜贅姜姜姜姜モ姜贅姜■

姜薔姜姜姜姜贅薇姜 姜姜姜贅贅姜姜贅姜姜着姜姜■■■■■■■■■モ薔姜姜姜姜姜■■姜姜姜姜姜贅姜姜姜姜姜■■

9。 0 ■モ苺モ姜姜贅姜モ

.

1与 与

目:0-■ k象 蝸うのと勧■ ■りろ雀と'鷹 に対13不 雀た 4う 在 ■7=数 /央 袋■?確 酵41わ ヽ 引陸に対15千 骸 表l② ― h_奎基 Ll_____二 ______二 ___Ξ _______― ― E_____1-― ― Itt12L__… ―

3 ll 5

::

: , :

1 20Z : 0 0% : 2 40Z :

:

4 80Z : 6 75Z : 3 60Z :

::: │

:

0 2 0

::: l

i

0Z : 25Z , 0Z i

:::

5 100χ 8 100χ 5 100Z I

イ l

:: :││:]

―……………+… ―ニーー…………――――――…………―¨―――――――――――…+… …………―――……―

TOTAL

55

38% :

76

53% :

13

9Z

, 1与

looz

凰:②「工にネこみたよ_う し、史受時つ避軽 にち、 り3な な ■ に対 づ う 不 雀 1・

│ネ

.左 昇

η 9oチ 以

Lo人

が 経_げ て お〕

ヾ不雀■き u しな七。な体 の4令 1止 くぅ人が.独 ヽ

147


て ヽろ し ぃ っ継 果 が省 らみ た 。そ た. │卜

"ろ

し 、ヤ ′ `り

こ:ぃ ■随分lFえ

冷 級 的 嬌 え 〕■ ,手 :o陥

J:り

_t上 」 の

、 略 の 人の 力 .穆 ふ 不在 t髪■、 、 _tヽ 3人 o争 ぬ が ヵ 、 . 「 “ 、海 手 の 有効 仏 イ:象 ti薇 くJを 1,て 、 1も │(o,3.♭ │).

`た

参照、 〕77色 に ぁ ぃて ′

ャ ,aり

`、

.稔 ヽ`不盆 ゼ 麦多せ て 、ヽぅ

人の客:lな が 角 く 1,413.__

この よ う に 、 とに が く建 物 4・ lAム o格 ι:ι

雙時の遊難 におヽ 4ろ ぞ全性に鋼して不全t こ ヒ_が わ

r'た

vr、

ttt、

て 3 ,ヽ

148


② -4物 実、 避雑訓腕氣尋に対1ろ なき な

60

― ―

漸   ﹂

40

― ――・ ―■―――…………・

晨 枷 ´ 岨 撻 籍

20

1与 4

0

七〃 p    ク

En =

■,

116 8016 20 19。

1 2

´″

n

η

物 建

ヽヽ

K N A L R

RANk

8o

,oo

――――― ・ ―― ― ――――― ・ ― ― ――――― ・

贅 姜 姜 贅 姜 モ ■姜 姜 姜モ モ 苺 贅 姜 姜 姜 贅 贅贅 姜姜 姜 贅 贅 姜 姜 姜 姜 姜 姜 モ姜 モ 姜 姜 姜 姜 姜 姜

ll

姜 姜 姜 姜 贅 贅 贅姜 姜 苺│

・0.5 姜“

凰l② ― Ⅱ 商 実豊難き1線 専の夫ぞ性 .

*1.ミ

ヽ η建物Lわ けつ助雙 避難う1級 寿がよ暑tヒ 略βぃ■ヽ 理由

RANK に

ミ0建キ 勾嗜、 絶 対全全 だ″う

2:力 la羞 げ_毯

_こ

の動

ヽ つヽ ・ について 「 く知 て らがう

_3:そ の利L

r+0 50 0 10 20 30 ?. 10 37.0 ***r************r*****r************** 3 17 63 . O r******t('C****rt**ic**rcr****r(******r+****************I*x***r******* En= 27 ts:@-sL Fi(fi & &'a,l#4fr-{ g riL e.,h ? -'r9a RANII n

Z

( leJ.,,. Lflnfi1tr( . I L1l,Alt--A *求 .(3_そ の社 )の

?+ 0L

(Ov,)th'1.-.)

利卜 記 Xtへ た 向ふ

ィ )全 際 o4盤 ●1摯 o為 知 1■ に掟 畿 が あ ら。一 → 色 夕 │`た 、、 .― 一

TT二

′ ,き 味千an T―

T―

T

.=― TT

=―

11人

― ― ―-2人

=' 1人 149


図 :0-■ 建物

にネ く れ たよ うに 。な:41o約

1り

4人 が ミの

ヽ3.し 避 難 う1篠 ´:共 後llttl應 じて 、 ろ角 雙、

"3ぉ _か │も 、 Aり のZO≠ 9人 ● ↑ ltわ

tム 乞

800/・

人がり t,t,し

1ろ

1ヽ

'

tt、 嗜ハ韓 41ヽ 受「 隆 │

。卸l繰 ■otの の:負 如 rl■

ヽるよ が 力な つ__た I・ に疑ハ t着 フく ヽ

1花 _っ

:建 物 メ1鳳 て、

ムの 大都 ケベ 資ぬ 角如 1訪 受駐 盤 きヽ 総 う 髪1砲 lt望 し ι ヽうこと が明 らか し々 つた 。_il: _ てヽ i¨

150


② -5゛ :k能 に対 lЪ 不雀 、防災に対する阻lい 、物雙行 1カ 場対ん

:

Q・

11ろ 餞:じ 文受に対■b千 々た とT力 ☆にす

.

晨② ―I tL史 は 1す る不戦増ЦY)ノ 建物η詢筍田盪に〕スのPlaL寝 (x) _____1______… … :― _… … 1-,_____― ― ― … │___121ttL_… … … … l 1 16 62% : 8 31% : 2 8Z 1 26 100% 2 : 15 16% : .60 66Z : 16 18Z : 91 100% 3 . : 2 8Z l ll 時2Z : 13 50Z : 26 100χ

確 K称” ︰ 脚い 2 にド ド︲

――…………+― ――――――――――――………………………………………………――+― ――――=― =― 二_

TOTAL i

33

23Z :

“一い

ヽ 卜 こ と:… … ヽ __二 l… … 1 2 3

7,

: 19 35% : : 11 1,Z : : 3 23Z :

55Z :

31

22Z

: 143 100%

X:‐

Rlぃ II]:t:計

:

TOTAL

二+― ■――――……………

29

53Z :

7

13Z

i

55 100Z

79

55Z :

31

22Z

i 143 100Z

眸6 61Z : 10 211χ : 75 100Z 眸 31% 1 6 116Z : 13 100% ――一―――+― ―――――………‐――― … ………………‐……………――――+― ――――――――――

TOTAL i

:

33

23% :

RANK Y[、 表:② lェ 参照´

RANK: X_[薇 10-■ aミ

b.防 受Lヤ 11ぅ 颯肥:晨 t磁 実行動 ・ ψ の角ニ *千 九実行動 … ここ■膊.こ 雑 %の 雄震、■k慕 :濱 kれ 箸 晨■ ドその位缶 膠 a誕 .与 .励 雙 t a61し してィ lヵ う 、こ の行動 t詢 雙行動 ヒ│レ ドミtiこ 13。 ^ら

151


RANk n % 1 25 17,6 2 98 69:0 3 19 13.tl Σn ‐

与0 姜 姜 姜 姜 姜姜 姜 予 姜姜姜姜モ 姜姜 贅 着 姜 姜 姜 贅 姜姜 姜 姜 贅 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 ■ 姜 姜 姜 姜 姜 姜 贅 姜 姜 姜 贅 姜 贅 姜 姜 姜 贅姜 贅子 姜 贅 姜 姜 螢 贅 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜姜 姜贅 姜 贅 姜 姜 ■ ■ 贅 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜姜 丼 姜 姜姜 姜 姜

142

凰 ②―ⅢL避 牲 鈷 η雄 鱚 RANK l:自

・食薄に,逮 駐 魅 銘 t雄 聾 して″ たこじイム 1。 分で

2:し

・ 1が 今後哺メ て ぃヵヽ 奪τ A3と 恙ら .

3: V ( \\ /d *

L

+tQ. +.J('€rO.. Le-;.

の 晨 OT皿 建 塑 9■ 求 塁 韓 :タ ド」 関 崚農 (Y)/避 輸 路 唖 魅 怒(X)

誉 Li― ― li:=1:i:―

:〕

:…

K稔 九

:: ::::1:

:“

::i:―

1三

:i__:│:_:1二 I:_::::__│_::i_│││:__│

: RANK X[凰 ②― 皿参照 一  ヽ

      で

薇:② ―■ 建物o商 災駐軌 Lつ ぃ■9議 なた(Y)/泊 X器

び位 置弓薔讀X) …

1 2 ・3

A 2I R nF ︲ ︲ F

TI_1:11_i::_1… 千 石 :ス こ

二1 ::里

:…

l

TOTAL

---+-

: 18 55% : 3 9% : 11 33Z : 1 3Z i 33 100Z 1 20 25Z : 10 23Z : 37 与7Z : 与 5Z : 7, 100Z 1 2 6χ : 5 16Z : 22 71Z : 2 6Z 1 31 100=

………………+― ■――‐―――……………………――‐………………―…………∼――――■――…… … ……+― ………………―――― TOTAL i 40 28Z : 26 18%:: 71 49χ : 7 5χ l・ 143 100Z

_

X   ・

RANK , Y[永 :o皿 参照

152


Q饂 ヽ:ル (Yソ 泊史栓の統 みび位置α魁発(x) 晨:② ´ 工建物n訥 実避劇にういて l】

ご 〕 Jこ 二 1_1… … IEI全 ヒ __ ――__…… 1____1.___.__― -1-― ____… … │_… … … … :― _■

1 2 3

: 1 9% : 3 , 3 13% : 2 1 0 0% : 0

27Z : 5 45Z : 2 18Z : 11 100Z 8Z : ■2 50Z : 7 =,χ 1 2眸 100% 0Z : 7 70Z : 3 30Z 1 10 100%

――――――+― ――――――………―…ニーーー__‐ ―――――…………………―――………………+… …………―¨―――

TOTAL :

9Z :

5

1lZ : 211

33Z l 12

27Z

i l15 100%

RANK : ― X[Ю E_梁

RAIIK

Y酵0-Ⅲ 答熙

C史 争 に対1:生 不今 L筋 実行動 1 2 3

: 7 27Z : 16 62Z : : 15 17% : 67 74Z : : 3 12Z : 15 58Z : 4● 5

TOTAL :

, RANヽ

18Z :

98

3 12Z : 26 100% 8 9Z o ,0 10oχ 0 31Z : 26 100Z ――――――――――+… …………………………

6,χ :

19

13χ

l ll12 100Z

RANK

,

Y[表 ②― I無

XEttOm参 照

友QJ国製盤l主 墜 聾 fY)′ 母廻峰,F聾 (X) IPI〕 ≦ 1__二 __1___二 _____■ 1___1_… … __,I― … _│… … 二 IttI全 ヒ ___ ― … … :1

2 3

:

, :

`、

8‐ 15Z :

13

____二_+___―

TOTAL i

18Z : 31% :

25

l10 73Z : 53 72Z : 5 38Z :

7 13Z : 55 1oOZ 0 1lZ : 74 100Z t1 31Z : 13 100Z

…………………――――――――……………―――……――――+― ―――………………―

18Z 1

RANK J.

Y[ね 血 無

98

69Z :

19

13Z

1 1112 100Z

IRANK X[§Ю =皿 参照

153


D

名象 (取 雙に

ら 7カ 殺行う ■ 不雀為 1喘 象に対1ら 鴫 。 .の 負

rt―

'1寸

(′

).史

)

'ぃ

113鴫 に 無 に畑 13不 企 → 商 実 や 1■

表②― I t ttLろ 段 り ,aAら な1多

1

:、

J矢

サ tに す 113現 実的

t■ つ てヽ )ろ 人静び 、建 初 の動 t避 毬 に つ ア l不 雀 建、 下な い。 二 カ.邊 難 o22性 に対 して ヽ い■のぬ にヽ 、ム Xに 対 して 不4t建 じ t

`ろ 人 矛金 t応 じてヽ

“ ` ` ` 、 それが ,直 諄 摯.縫L物 o晰 t■ ヽ b人 よ り t勾 「 ヽを・ ヽ。こ 担 っ い てのMiじ た にぞ で 1つ 々 が ,て 、 1多

小Jl.史 ■ 時 の 遊 牡 に あ14ろ

aを

ヽ3千 雀Oが して肴 フて、

τ、イれ│]と 列 a後

毛 ので` 11を く、 くホ 「 つ 1う とい たオ 象fJ角

.ぞ

11し ぃ ぅ 毛 の に 角

イム よ '■ .自 ら の角 実 蔦菌 訳“

つ:て い ■ frら でム

3,

“ (a商 実 に対 ●参関 にヽ→ 働 雙角動 ヽぅ _筋 雙 行 動 に つ い て 白夕 の週 輸雑 路 o確 認 し 、 乳(財 らし 、功 実 に ヤ11つ 饂 じル

tな く

_。

でた 。 k

ヽて も 、実際 に、 の よそ '隆 t都 め て い ぅ 人 の 中にお 、 ヽo(凰 iい 、 及0■画参照) t小 ■街 勧 に″「した 人 旧 夕を 、 ゝ

子 た .訪 雙貧 佑 の 存 在 み び在 こ ぅな 鴛 じ

tヽ

う。勧

154


`て えて み 多 と 、消 た為 に つ ぃ て │`、 実 行動 に つ ヽ

ヽて t螢 ね へ て い 3こ モ 宅 ど な ら ヽ ね の象 た 7Jじ・に わヽ ,

・■く て t,Aに イ 争 Lと して ヽ ltあ 、,た め 、 その 奪にシ

4養 略容 易τ ぁ らが.泊 Kた に つ ぃ て ,椰 硲11が

/dく

こん ど 凰

ヽぅた、 笙鉾 しょうし 、 ぬtt,て 注も し 、五

ヽ霰 り。 たえ と した り、 久が 付 か を い場 合 が てい 力 ヽ 脅 い。佐 つて .増 て 牲 につ い t昭

.確 けに 。物 実

l二

封 1移 餞 町 イ ム い 人場 ぴ 、 その各在 魚び在 at[く ヽう しビ う絡 象が 出て、 tぅ が 、 消 たオ 全に つ い 擁nっ て ヽ て えて 計 るこ .知 麹 ″身 鴫 的 に 力 ひたハ ,商 業 に颯 寸

lじ

'関

ヽ人ず t ザ ふ、

hrお

ょ 。そ こ 孝て力aべ て

ヽ ヽ。(表 の一 、 私0-■ 参照ゝ 二、 │ろ 人11.夕 を 、 ι l上 の絶 象 な ら ,オ :lnた の、 立 物 におヽ 呵う 7カ 簑 l■ 打 可 b関 げ t。

その 実際 の 行珈 に,τ 絶 び っい て い

たぃ と い うこし す る た る。

(う

史雙 に 対 1る 不脅 → 助 雙行 動 (│)。

(Dで 明 らな 卜 々 〕た ょ う│ユ

.4衆 離 に わ ヽ`て

1て 、た宝 に 13不 建 初 利 FRた の 中 におヽ` 対

もの が .竣 促 角

ttatし

0し

11.

ヽ )う

て 感 じらな てお ら す 、 く 155


ヽウ、 ,. 小 が 、 貧稼 の角 ∋りに lτ 俎 び フ いて ヽ こな 11.ι に ム、 ィ ろ封 た tiえ (晨 10,IL,■

金 t■ 1■

tt朝

ら な τふ 3.

森色におヽ′ すろ金左 1■ に つ 参照、 )遥堕 │も =ヽ

譲 tし f3人 ′

│ヽ

てla、 )イ ヽ

スτ t,実 協 に 自分 で4狙 絶 路っ4

`.ね

` す か 。 その /50/・ であ つ た 。

156


3-4為

いて、 その 薇 象 tそ そ 前 阜η 火 災身夕1鶴 aの ん 策に ちヽ た漁 ALし て 。設計 者 の な ぬみび

外 に 大 煮く し てし

`つ 子 瑣に 、 尖解 ら建初 矛lη ゑ04物 ム うい 略史実 に対 可 3

ヽうこ ・ がみ在 して いつし、 鍵識 しの強 に 、た えな ギヤ ツフ とがオ け られた が 、 今 凰、 調 査t行 な ,た な厖獨 へ繰 に ヽtt、 0の 所 で BAら ,に した う に 、 その X雙 時 に あ、ヽ 「 お り う遊 姓 雑 路 ヤ、角 雙貧仏 に対 ,3農 裁 、4び たみら の 風外 におヽり う変7o後 わ ね 力 をしの点、│■ つ

tヽ

て、 ハれ

のギイ ツ 1´ q各 在 終 め られ た 。 しな 七 _く れ ら11、 「 ` 思 魚 しして` 拳 ケ た中に湊 OAし た よぅに 、文集 崎 0で 颯 雀、

、 リ セ Lt・ をつたく無 た にお1ぃ く、設封 ム4た 隠した盆全な』 ヽ6t 有 宅 4に し 毛 し孝 う よ う辱 重 長 をた 後 11i tな ん で ヽ の び ム う。

■た、00t血 して明らrを

iう

に、建初矛l凰 ムの理

物 ム ろ ぃ哺 .た 縫 し い う tOに 対 1多 鴛 議 不之 し いう t

、違初力lAス 下、史資や このたハー の 強 くる じられ ら 「 `う名公 に 、てヽ 4物 のを なけ 上に対 して 、不ぞャ餞げ これ 、 _。

あぃてt、 それ

:各

。こしぃ鍵劃 kLこ ろ麦有 け 「

ム 6.tη

157


ヾ、4 なり をと 、tt農 然 じしにも ので あ つた め 、れ ね旬 の人 の変際の Aか に わ ‖ろ行動 に 4t良 霞 く み うこ ヒが ケ:力

t、

。 こ小 僣.C卜 5に ちヽい て鴫 らがで あ る。

このよ

うに、建物 矛lnる o襲 り陶4「 夫実 に対1参 製:薇 千2が 千 t tta。 ィa島 繊き効tの 後、

.

1た そぅした「力受ん就tの に

ヽス 如 が 、 ユ し い翼魚 L得 ようι lろ 教 求t起 こ ここη 、 そして 、 さら直 、 こう した 建、 循 4●

凰 し を つて い う。

、 名 ム、 み 述 したよぅを 変 封る のな畠 4す 子 沢1

認識 千正

こt貧 後 の建物 争IAな の

押 ち

)

設計慧団こ η ¬l円 壱Q識 む ゛ 。 キ ヤ Jワ t・

アフ 生 た獄 このI鳳 の ギず `

肪災温 0買 IB

t=し く

図3-4ァ 1設 讀農日 ビ1甲色の認識

ころ勇 氣風 こ1

つて ヽ 、み9

ギや¬。下 掏じろ原 巴

_

` 徒 って こも したギィ ツ ■,t毎鶴ム1う た め に IJ、 建 物烈I

FA者

そЙ とハ │す

│'い

0す 、

がヽ 壺物 私ザ 史雙 に対 lb■ しい震 盆 t深 め 、 に 、矛il

“ い。 均らな

aろ

のう 為茨 た、 全燃、 期tt、 tつ と 向 上 し毎

し旬`し。 そ のため に│よ 、形レば しら い

` て、たに迷ハ た よう■「患 循皮“と弓│(起 こ寸 殊 ハ と匂 つて いう

'(azフ

の問題_ゑ ι解陶■ttう

,そ が あ る。 158


λ

0急 ﹂係 極 絲 雑鋭 に ご 中酬 瞬 に 珈師 ′い綺 勧心 ・ ]制 肛 離 飾 制 ﹂ ﹁ ﹂一 いれ ば師 ﹂触 ほ 口 ↓“ ∴ は 出 a貌 ︼ほ贅 o︲ 3 一一 にて と にハ で主 得 綺 ﹂に か 動 相 ﹂﹁ ﹁ 役 は 暉こ脅 嬌 叔 雌 ﹂ イ薇 ] れ に り く 餡 た

σ 鴻 ん  

。 力

´

め触﹂=請仁引渤勧動に慟一い“■一れ竹 た の 確 い 欠 ヽ お 薇 し れ 示

犠 し に 仏 ヽ 段 待 じ や 咸︱ し れ 4 3 い つ タ こ¨ ︲ 2 薦 州 り 知如 蘊 咄 痛 “ ﹄ は な か ︹ 酔 札 一 4 . 、 時 いな 植 ¨い し ﹁曇 魏血 滋 猜 い れ 沖 鳥 れて 1 ′ ヽ

159


■ に 後 れ た 10■ ヶ ぅム で あ つて t、

し っ な りこ し た マ

‐■ l♭ ■ ア がつ い てい 々イ 小ぼ 二矛1鳳 ゑ 、 :督 負,「 仲 ぃ う 「 tし て しそ う こ とが 十分 にそを ■み..で た _1l nZゲ

縁1,た 後ヽ )ヵ tし てし `ぅ

し ,、 11く ら爆れた,D_″ ゛つ

ム τ ム,こ tね 0役 に 七 ユた 1ヽ ヽし、くれ vこ ろな線 フた型リト■ ムカ ■ 1「 こに_′ 〕│て 力IAあ しそ うた 後オ ■こ たあ Z. │二

:■

1負

宅t年 たて

_

`ttハ 繊 ね 日 ,建 摯 にわ ` 資τあら。 し″し 現メ だ _、

13わ oヽ ヽ

t:`_こ

う し上光 拠麓 an毯 ● しt tt t,3Q封 為

ヽ11オ IAね ∧。強 報仏庄 なら4協 4後 理ム、 ムみ、 継 ttれ て ぉ、 らす、 徒

'つ

^■ て、 その盤 討た 饉″貧″ o

「 建物 哲理雇 ふ バ魚l鴫 老 まで ェぶ 、 在 た ゎっ てぃJぃ 、. 1・

2)1た

,1二

猛 A●

P6R態

ゑヒして

:コ

力賛舅矢 _夕 arち 、ィ Ъ千

ヽぅこヒが継JAて ハ 3.増 にJ● 20π ‐ 底 省 の ユち4小 しヽ ″ た よう 9夕 ヒい う101■

32増 1つ

ヽろ 耐 丈建 築 物 に■14ち よ 雙 して、

い て n夜6漁 ヤ lo丼 当 ので して,:そ 、

■ ′魚 η 人々 に ヨて 念ゑ して い■ ,.

160


孝 す 1)に 考 け` 仁諷え 旦魚 t熙 来 1,た めに 、誤引 ろ し じ 41`、

η毯フ その蟄 2′生 と場 の 之 ″ Q試 恙凰 tt二 、 く して ぃ場

4び ガlnム をどに .正 確に仏 え ろ%例 打よ象 τ あ ら.k の ため に │`1役 針 に お1い て 、 kの た 凰 ヵlRゑ じ仏 わ ろ 『 `.麟 雑 勧剰 ・ よう々 鴫′ 2と を多へ Rを 千亀針ム t行 つ ぅこ脅 く nか 動れ と´微 ttう ワ びの理購 t行 匂_う ヒιもに 、 資解o之 初 雹理 る .4サ 之初力IFAな と対 象 ιした 、建物 め象槻 読 鴫去 、あ ろ い け角 ☆マニ'ア

:レ

とるつ た よ う なt

ヵす ぁ る。 tし て 、 この 中lこ のt作 成 可 うこしが有女 `あ 4僣 :そ の後 ヽ

.わ 1ヽ

´をイ .ユ 初 白 のオ つ 呵て た角 ヒ 夕 も 幼 簑生

「 の 餃外 ャ 、該 った孝lA4在 角tし た場な の Z閾 レl■ tt t・ に っ ぃ てt

anる としてぉ1く

多た Z)の

7La題

、そ 炉 ム │.

について 点`

lひ

。現在.ム 去煮 贋ト マス■

ヽう雙らにMて うし ミ:等 及なれ■ビ t遮 して.知 俄ュ し、 ヽらように.` だ雙 レ釘じtt、 その 級 ぬ4ヽ デ ム ぞ つてヽ ´ し。子ナ 人々●饂じ 特徴 ャιぬ:}ttム kれ 仏卜fr″ ・ ■ムあ らこヒ 理髪すか 3, 「

'レ

161


4

避難モデルのオ 」用方法への提案 英 書策多 ヤム ち11`′ 十算ギ ≒夕 1月 │〔

l」

ヽと 遅々と│て 進まなし

ぃ うことがよく多ゎ1代 る。その理 由とtて

│ょ

ヽ是榮設計

tた パタJ道 的過狂 tぞ む問題 でちり、角 うヤ イの作りなと存・

血方法 、計イ ι 解 に対す 3紆 イ 山基準をどが、 とんど定形イ 、ことがオ えら杯 されひ ヽ な、 1意

`.

tイ `tそ

の中 あって、コレビュ ータ ・ グラフィッ 「 クスの分野 建策設多 ヤにあけ 5`す 箪樹林」用とtて 11豪 も │■

│よ

歴史の古い↓ P/8

ちり、特に通常の』面のムカにちllる

シズテムはすでに史用イ Lさ

4・

tて

らり、千働口、逆縄回、

人キ11よ るんのとほぼ同等の回血バ自夕 ヵ渠 ロシステムで可能になってしヽる。 せF、 わるな皮定彩イ L

手紬囲4ビ 多

│よ

j断 オ 全ねてヽヽる多イ 規 tを もとに計算機 よって申 ォ粁 そ ゜ ロータの考力 塗出 作成 t人 間″!│)〔“衆示す るとヽヽう了フ ヽる日彩計寃 tて し Ztt Zヤ 円ヽヽうキ 争l,ム 現和l11よ る落絃チェ l〔

ll lす

t〔

ッヮ1潅 ‖4t算 を どの行4面 毛デルμ である。好癒モデルの 寸 ざ興味わる発乏 を│て い るの│よ 流角しゞ1じ ―ション でわろう。計緬 こデル その人イ タ1ヾ 通常の役 l古

栄つ

`1作

Ψで史7//4し てねてい る″ 夕をとりだ tて モデル化 tて い るの 付 lて 、流角 しミュ し― ショ レ 多 ヤ算機 があって tミ

lよ

162


面モデルである馬ド要なろ′ 畑 りて可能t(を っ魚計イ ´縁 卜しミュ レーショ ンタガれま、だ物 ξ遊 うと経 費と 時 間がいいり過 ごろ場 右ヤ、キ験ド顧雅 ぜくリエ │卜 よ る手前縦,1べ 咲平な場右をど 冶効な手段とこれている゛ l・

307和

お準スな の、実響鵬H・ おける人ral一 空間ムに関ず

る所賓論 たリストを「 日本髪 ヒ簗フなラ獅詈 考湾梗概象」 を も ヒト作賞 lに ↓のが 、広4-1ぞ め る。

163


ヽ けう人間一変閣 衣4-1災 盆晰にお 年た 魯

関 lb読 丈 り入卜(学 術講演根概 彙) ^に

石 1

S         S

6  ■ 4

4048

建物 内におりう人間 の行動 につ て ヽ :Lお う (各 種 条件o二 、 走行IL状 )

5038

災毬T間 の考 7L卜 (夫 敗十日テIV 火災_キ の10災 雀oふ 血状ジとヽ

件夜BR(法 沿 後ふ nl曳

1ヽ

山田水 A

村Lえ 直輌 災郡中討山硼) 中村八即 患野 a男 な島止キ

'

5039

1理合) 絋 島二年(MANU設 置 実肴生間 のあ繋 ・ ― の の20災 雀空間 碑五ヒ人間行列 イ 寸Lた 直.● 村A郡・ ふ野B男 は限十日テIV´ 卜火災 そ

5040

災雀空間 の考繁 の3・ そ全110期巴え力) V f卜 人実一そ 千日デ′ (大 阪

ふ野ム場(MANU蘭 1騒 ゝ) 1へ ,1.莉 域 直、 中オ 払島工卑

S48 5094

建築国にお` 上につ て りう人Flnの た行↑ (そ の 集団木手 走行)

山田小覇X法 人)後 藤脅│ヽ 群後BA

ヽ 哺b ttplaあ と行中 Lに ついて 建築円にお 2・ 階級と行 ) (キ の

件 1変 β nl,■ o後 ふ山1褻

tヽ

│・

5095

山田禾戚

5096 建珈 全体tろ えした選韓時間の〕ミユし―シヨン

ち口治共 {日

5097 象 通 晏L時 閣問題

41‐ 後 夫 栗山畑ム練機 、

:lヽ

=設

計)

5100

けらを全の1と たち 陥災討凸蓄にあヽ

掟代 為椰 (法 水主醐

5102

く テIV´ 卜火災のた瞼性につし

瓜ntt■ {瑕 大)ね 魚土諄 辻■に

5103

5104

)

` 人餞―■閣茶q ttA(皿・火災避牲■テルー建築薔ムに ち口えた(竹 中工/rl店 泄豫義椰。 呼和長ユ.減 ■仁史 おけろ出集避雑 封ム 膨 い η絶象 ) ‐ 人間 一空間飛の昴負 (W・ 人実通韓 七ラルーGPSSに よう 中相負ユ1早 夫ヽ 泄原義都 ち口たた 漉i■ ttQ 建物選雑 )ミ ユL― シ ン) )・

5105

人間一空間茶o硼 乳(V。 空間にお` りb人 間η流動七デ ― 誌■協lL綽 夫)漉 ユ1■ 主 ,■ み姦静、 中れたュ ちnれ た。 メツ,ユ 毛テLに よろ広劇 難 )た 動 シミユレシ ン)

5106

人颯 ―空間系0獨 貧スΠ。 電rtach嗜 ぅ人間n状 態毛テ:レ オートマタ理論 にぶろ建物 絆らo逃 牡行動 o解 柏 )

:し

5108 建築重曲試討ム エより線_偉 し│`菰 琥火実o欠 患調査 (そ al‐

八憶清拾 満え火災oフ 0-)

5109 縫聾担恐逓討討畠上さり留き算 した浦゛え火雙a変 急調査 (そ

の2・ 漁陽獲澤慶β ht設 計計ム しついての考彙 )

漁ユ仁Q綽 ■)泄 ゑ義野 中対■二、ち口たt、 法口啓 1) 二宅致夕 β(電 砲はオ 山田義、な島正キ ふ針じ襲、

ふ野餞乳(MANU都 中建築鶴〕 二宅訳郎、 山Bな ,払 島■キ

164


年底 番 号

S49 5059

麟集計ム の研究 7゛ の (避 雑謁じム攪 ヒ7。 つ ニン 評価 に関 1う 考繋)

漁 田啓 (竹 呼■務た) と口屯と

夫) βム持ユ(魚 ■

5060 陥火ヒ避 48_0法 理 5062

清塁公へ怯 ,魚寵 火災時 あ可う急右t中 じし唯 駐組御 研■。 その2) を全前畠 に関寸う (旅 ぬ崚 η商火・ :こ

梶山荘― 烙 喬未二た 本腱隠 口 、竹千覇漸Q ',(た

5064 避韓 ↑ら乳た糸院ユ築にお、 ■b2,30曇蔵健襲的老魚

漁止た已傑知n週嘘締

5065 魚都中中央区の主學じlLに 1い '1ろ 訥災雌 チエツ7

寺田恭だ 訳東大)颯 ハユ 室崎益輝み 下弥二郎、 林 "老二

の!) (避 難設計のための議 を砧 2・ そ

離)

5066

│し に解ざ けう商雙避鯉L千 エツ7 京者 ″Ip果 区。妥 しヽ β

5067

ける避朝 1動 につ て(そ の1) におヽ 大,キ デ│マ ート火∬ヒ

日野衆Fl腺 夫 颯 向二aβ 室崎極輝 綺沢壺.,た 鴨誡 ■

5066

ヽ 人洋子 パ +火 実にお lb避 難行動cフ ぃて(そ の2)

颯円三鷹 │(魚 ■ )留 益輝 "奇 沢登、 野ネ 日 た野 誠 ■ 闊 間、

森千詢じ,p(象 0・ 颯 内多静 室崎ね碑 .寺 口恭仏 林 治■

ためQ訟 査属へ。102) (iu・ 難設前の Lイ

tヽ

5071 旭千街 陥縫対象に関15鶴 負・

)ヽ

室崎極it4條 Ю 颯 山二帥

選難行動 口 いて) 神 恙久 ,2野 誡 ユ、 (そ の 脅 電 及び 亀燿中の 1・

5072

旭手街 助縫対栞に関 1ろ 鶴 乳 (そ

の2・ 地下街の習繰避蒙 溜lの たい動 Lイ 1動 予

姉■ )

5074 建和自の人PLn。 と行性につ 【 t`

(そ

S50 5226

の3・ 避駐前襲時間昇2式 に関lb´ を増R)

ヽ 嗜ら避性行動の事例硼 究 央袋時にお

5230 愛午日県がんtシ 9-火 実のan復 孝腱七 (ィ ol) 5231 覆」η晨↑んtン 7´ κ実のZ風 奮報告 (そ の2)・ 5237 5240 5241

ふ晨鶴先棟 にお、 ■ろ避駐 シミユレシ ン

足野訳二(条 嶋 颯 山二,p 室哺 益碑 件像Fnほ :1″躊 復漁nl費 山凰米A )、

朔餞トイ 縫曜{東 大)颯 向二,) 拠輝 、 泥叶試ュ =崎 森子1椰 ユ 夫)颯 内三野 た、た野誠 ュ 水彎仏"鯨 淀野詠 ユ(魚 k)_私 自二t, 水野 弘Z、 森千前こ郎 ニQ(早末).● 桑″ 濃ユイ 卜易 ,■ 鳳表郡 │

aじ Lに わ を■う1多 態、 R`lRttκ fへ の 鶴 負 (キ ηl〕

=京 都 中

桑召呻 ηじルに於 嗜Ьl多 急 11火 実危険 の研究 (そ の2)

165


年た 各 令

Z

貫J

rD

516マ

助雙計ふ η研究 ` ‐シ3シ 渉、 のオ ュレ ろ週[彙 色シミ 長 Jさ ) (2・ ↑う,tテ 1し にさ

5188

・IW― 卜:3卜 けb壼 盤 シミユじ―シ )● 研先 (イ 01) 子

5189

ろ避難 シミユL‐ にお‖ iЧ f― 卜 り

5190

ritt n´ で ィヽ ヨレ火実にお嗜Ъi盛 軌 行動に 瀬しさイ疑唱練 大)颯 颯 二臓 東郡 んマンシ , 林 工実 _ 関1う 研究

ち口なた(ヤ年中工務応ヽ 来口各 林 ■実(魚 大ヽ、 颯 nユ ,p ― ニオ 1澤 、

:卜

二相 )キ ー(電 電aネ i) ネ■え 颯 由二椰.llヽ オ

シ ンの硼 先 (そ の2ヽ

│、

!卜

価F71ヽ ての名象

ヽ為部 (浩 水鐘∬辺珊〕 矢イ

5191

盤難 計凸

5192

災雀時にヽけら人し率の動 でに関 13昴 先 ンの冷オ 人の行動 lV夕 ‐ わ (イ の

^評

・■オ:L9,卜 ) ジネス 名崎 菌R(し・ 大金直人

│・

52マ

1

思緩封員性 にあ、 所) けろ流動変稲VL増災晰 ネ喩 こ(久 米建築 。 ユ ン の ヨ L‐ ロ イ シ シ う 12通 遮山 豊牲 ミ (そ ム、 1口 藤隆 、 千 ト輔 ) 高層 '務

5276 群 集J闊■のシミユレーシヨン の1)

│卜

(そ

5277 群 集J璃行は ミユレーシヨン(そ の2) S52

社 取 健設省ヽ瓜崎 甚率

・ 瓜崎 44(魚 知

llヽ

也取

けら奪望≧の酎ム IVタ ーン b076 設省通程 にあヽ

矢イ t為 椰 (泊 7K理 毅硼 )

5019 建築計ム に対すろ逸統茶)ミ ユレーシヨンのたヽ n

羊明 照■(絲 樹 畠研 )

■) 豊難 η ヒ 遅 ち aに 対 し (そ の 1・

5031 近主蒻亡施設甘ムに賜 lЪ 翻究

瀬じトイ灸賢狐2れとヽ颯 向二郎

け珈生韓饂ta者 ぴの人饂 行動 5082 火災時 におヽ

n3藤 懸諷(魚 理長)

ヽ けb夜 われちヽそ の間泉 騒点〕 (火 災崎にお

5033 千エツクリストトよう耐 X漣りmη 央災危識た 糾儘 に関1ろ 近暴 晨―(lト ロたt霞 ) 鶴負

S53 5067

の中にお る人間の行動 に関 1う 研究 “くらやあ″ (そ の3・ 歩行 資聞い :す

5076 電許算ゼテイ子のシミユ♭―シヨン(り

3・

歩4i経 %01こ lRヽ

森鴫 毯窮、 ・ 奇書逸夫曖ハ .字 野英降 通泰4拡

n哺 甚キ鰭酬夫)ォ ム千耳絶、 山本規

5079 群藻歩行 のシミュじ―シヨン の4・ 避難行動 ) “

私 丁 聰 172急 潤い風哺 喜率 山本 親

5080 避駐行うヵt確 率的現象ヒしてこらえた,ミ ユL― シヨン手法 る神 詢 夫い軸湘粛解疑□鴫 (SAFE)の

メ全部

rイ

の 1)

ift広 夫 彙鳳 宏

166


年庫 番 号

S53 5081

噺 動 t確 率的現象としてこらえたシミエレーシ シ手)ム 碁 宏確電食覆職 野:睡酬 ) 色神 絢た.■ 斗広夫 f5AFE)の 検討 (そ の2)

5082 避難茜辞壽システムに関 lb 考 魚

伍桑見由(自 ,a乞 泊訪青→

5066 迷路におlllろ 人Plnの 避新 動実験

波都 肇小(色 )a省 治筋硼 、

((01・

歩行経路 n記 1趙

じ地下PFf人 実におヽ けろ避難行動の研究 5088 大限梅田Fむ ′ (名

S 54

1級 )

日崎色卑(禍 1大 私 T聰 、

5067 群 集拶看 のシミユし―)ヨ ン (ギ の5) 5073 迷路 に卜

:す

5074 避物 (SAF圧

)。

b人 間の避染 住行動烈瞼

′ の い 2・ (て 歩行経翌 肇習 )

―シヨ ユι t確浮準的見象としてしらえたシミ ンわ ム )の ね i封

(イ

藤田思 (魚 大ヽ.颯 n二 郎

n3'シ ミ ユレー シヨン黛劉たの合督kヽ

波乞β弟中(治 助研 ヽ

線 宏Qお 露瓜献嫌製獨 土持FA夫 .乙 神約た 、

5075 避獅 勧 じ理 に関 1ろ 実験

北後BR彦 麟ス )後 崎酵 私自二郎

けb避 雑 行動 5076 桑減コ:l薇 藝マンシ3シ おヽ

室噛昼輝い ,大 )jLttan彦

5077 a颯 颯沖地震 におけう白負ムの従業員の行動

く乳ヨX法7K建 設鶴 ) 牧イ

│■

S55 5152 週慟目守勤t,駐 i豹 移 ししてとらえたシミユレシヨン手広 f5AFE)の 〃商狐(つ 4・ システムヘの形磐λ悧 血ヽ

5240 実雀にあヽけろ行動 の)状 態区分についての考象

琺夫

砕鶉

Jl) ミ義部 (渦 7К 建宅こ 欠イ (`

・オ´ト マト)に よう 疲i■ ttQ碑 よ),こ 原教,p 5262 人間一全凰 茶の獨 先 (そ の ナツシユ ・,レ 月毛子 違盤行う

Z・

中島嵐ヽ.,相 負■年土止治 ´ 1卜 lll菌餞 召旨箸和 久、

)

民υ スJ

5023 地下街 Q盤 知に関│ろ 研究(わ 避雑の襴 多層午 奥ム健 ユほ角 浩象 法 ついて ) ■彦に島陶 ヽ各 他に AttQ 5。

:■

5o24 地千衛 o謎 夕 1に 関 1667n究 (り

避牡麟 噌卸エ

[虚 景ヂ 駐 傘 壇 旨 貧 え 色の選毅召 堕 盤 L 通 ι 賜 Ma(そ の 遇 襲猛 い 後 灘 孝につ て “馳 雛 昴 週聾者におけう人間の選嚢」睛勧実験 (わ 出 状 寝 都ら 中出 6。

`く) 物理的a素 につヽ P/rttt卑 たう

5025

IItTttQち

IElに

│ろ

1・

)

5052

3・

Bの

(消

)

体行動 )

167


年度 番

a

S56 5054

5201

い 行動 げらみた火災の状 卸 段階 つけ

為即 (法 7爆圏a) Lイ く 均

遅諄盤行動t種:キ 角形影たとしてこうたたシミL-3ヨ シ手法 剰祭A{砲 マ鎌闇瑯研駅 ) に関13 手間 城 ち ヽ(イ の5。 チツシ モデlし の腱 点、 5AFE O膚 ミ ′為象 )

168


この リス ト ら誰み と択 ぅこと13、 』難 シざュ レーシ `なりつ所 空がすす られ ュ ン つい て、現よ3ご 卜もや り ヽるとい う孝だであ り、 ヌ、娑 紫計二 わいても、1つ てヽ │ヽ

│く

│・

ヽることこふ tて ぃ る。 の分野 ととて定着 lて 0て 、

だ難シミュ じ―ションのモデルIJ薇 驀的 卜、建策空間

モデルと麟燿緒のな負ι デl‰ きぅに鷹離老り行動lt派夕響〔 ヽる′ノ艦 夜│ま す そのた の国子のェデルなど ぅなフて、 1ヽ

しさュ ♭― ショ ンつ実行 卜おいてIJ、 多 F右 角lt l」 少々の ヽはあっ ても、そい1ヾ くるし 潔蕉 1を ぃ でオ″っ傾 向記椎 のででることド菫率 ごろり、1た K災 孝夕Hミ 闊する彙鱚 調査の結果 ドぜの中によばじめ、それ 〔オ l用 す‐ とが

.

ざ16よ う をってoた 。 lミ

ll` t、

要榮ま ャ氏の中で、 その夕1用

│す

`こ

、あ〈きて フ計

シミュ じ―シュ レ〔貞■ lよ う ヽるt、 JFそ ミトもシミ とlて い る とど てヽ レ _ュ `っ ーシ レトょって核討 ヽうタ lよ うとlて ヽ キ象り毛デル/6

計ム上の話 q憩 lL河 r・

lて

│く

│ュ

ヽtと ヒ、 シミュ ♭―ショ ンの結 の4漱 い滅立 lて ぃを、 ヽ 果IF対 する設計計ユ上の許施拡バ譜立 lて 、 ないをどつ 闇類 がん 左 │て ぃ るのが現状 で わ る。

ヤ山 とぃ う1場 をの こと 〔中塗多

oヽ

う″ つり こ lて み る

169


`ろД と、 Fun願 馬 を含ん てし 燿

`デ

゛ ルて│」 力っても、そつ

tる も っ と石ク カを申lnオ 法がぁるよう 島わル ゛ そ つ着Btttと │て 、不所費て明う 卜でいに遭鎌 お ,

│■

oヽ

│す

│く

る設計層の起』 と皆〃 、ヵlR.の こatォ の間 務左寸 5 │こ

゜ ギャリ フ のだ 1願 〔メえそなる。 3-0-4ざ 、錯物り ヽ11「 う質マニメ 7ル クオ わ、 ヽて、芝 取凛多 え唱著、ゎう、 │く

物 自身の持つ (lll饉 つ隕ィや、誤 った夕l用 のイ 1オ 〔 7な

`て明記 に場を つた濱性 をどにつ し

│・

てわく受″があ ると

`てIJ、 どlt程 のもつ 式べたド、そつた咸lllヤ 霰イにつし とぃった定壼イ 6の をさい キが、さり為力 ″ざわる。 だ 「 啄、消防署っ土λ査家をど卜より、力路 物0ヾ 置 │`

│ヽ

│ミ

ttる

^て

と燿灘上′陣│ヾ ちるため棘スず るよう と指導ド為 │、

でれても、llt盗 的 卜鋼解 tル ヽる卜 とビせり、 ビ 在 の支 `っ たことlJ夜 口らで↓ `ない。管理、 tて ヽ 砕 とをうの1` とヽ 1ヽ

夕 lnえ に対 1て 、 その」Jド [て おて看ら, このようト ヽ11を ぃのだと、 ヽり なる4い がわるため揃 ム lを けれlザ 、 7//で

の指導 9オ が、13る

o`

卜泊効 ざゎる′だ雄

lレ

lJ

`デ

″口 〔与えてャること よって,ォ ぇ ら 平ロ ト関 「 て13、 シミュ し―うョ ンを角衡八ば、左作の勿壼〔把准 │て

1ヽ

ご13段 階 様術 IJ進 んでいる。このあ ら、ご難tデ │〔

``

170


lレ l」

、設計老のた田こ管理老 【荏めた夕1用

ZI〔

封 tて 、

仏 えるため│(― のつ離繹力のわるコミュ ニケー シュ シつ オ段 としてオ1嗣 さ うo.て 物の承教説明著 ヤ湾でマニ 1ヽ

ュ 了 lし に 、 しミュ レー ショ し の結 果 ξ飯 (て あ く とい う

マヒヤ、こに管理者1夕 用者に、だ解トシミュ じ―ショ ` しを見せ3を ど より、ざり設計だのも口lJな ヘ のオ ,ム │・

う るようlt思 われる。 じ卜、タタ きに一級の人々の実タヤ師質へo詰 謝ヤ関ヽ 1ヽ

針ム た色な寧口11を るマとIJ、 すでトボベた通りでわ _「

るが、遊難 こずルIJミ の二でt力 l用 が1籠 ぞわ ろう ` ・ュー年一ゲームをと コしじ が―摩 広く受│す 入1ヽ う1ヽ .

│〔

てlF現 唐、避離 シミュ レーション自体と、ヨンピュ ー

4-´ 1日 のみ合のヤ│(二 りλ てなたり、ア曜雄 卜ざり _ lヽ

° 一ルず る い ヽ ・面ぞス々に 力、力こ こァに ビジェ アル● '孝 っFテ ス IJ、 一縁 η人々の 康いじ〔高めるとぃ う こと卜 み

ヽ し て、シな らず力来 有す ると陽われ る。 o`

.を

い このよう│(′ 翅 ぎ栞夕 菱多 にこデ1/口 ヽメ ヤつたりltだ けてな く、ク在計ユをより43石 的│(竹 をうため:許 ユZ′ 澱汀

老とそ物のぞ′老tt″ りた力)用 者とのコニュニケーン ニ レふが指導 も、さら卜生↑ L、 級土ててゆくべきで │ミ

171


゛ ある。や左詐ュが人間の生発 2動 とtて ″えるi場 て ち ろ1人 上 、■〒lし とい うもの自僣、もっ と広 く´級 のス々 に う時ぃ らユ ちようにす る劣でいゞ孝・ てわ ろう。 1ヽ

172


5.研 質結果の浮名と冷なのオ向 挙、、ヽ 千空 か ヽて 、 舌ず「 中在Jと 、ヽうこと白イ か″ │〔

│ょ

tて 壼た旅 く かを6も のとスうめo` 、今日 」ざ)1海 なわ″ `らでぐ り、 の研究十人々の渚 tわ い の中せ

「 生進行為いだ常的 にたもたれてい るボ筵」 「 た、建築11、 生浩々為 の状筵 t千 商tt縁 んす る機能 〔為 lて い るlκ 亀J ヽら、オ左汁 とりたえ 〔試 み F上 で、建築計島 の上場で 漁 を見つめ直 lて 寿 た。 そlて 現ん Jで つク′詐漁の背 恙誠 lた 。 系1` ら、より総右的 な夕生言 ヤこのゞ′な ことこ夕 ヽら、人間 の生落角釧がたでく そこで様々を業者つす″ 1`

わってぃて、で ウトケとにグ発生す ると滋薯イ ド人さ

`ヽ

し,こ と ら、 ズ箕をと 1ヽ

!│ク と げてク左多 ヤュ の二呂↓ ,興

'上 ヒ り、人間のな角 と生活角為 の規ムでlλ つのχ実4翡 1

2所 だl直

tて

,ナ

に,そ っ緒釆、人(と 人でを実をとヒ

てしよ,て い る椎外にる原因ヒtて 、建物の管理堵をも 多あた夕)用 Zの 建物の腋用わムと、設計Zの た口 とのFgn ヽ 卜あたす るギャリテltを 自 と、 ギゃリプξ生 じtぜ てヽ るそもそものスロ11、 人々の実著ヤ建物11打 するたなや ヽた。 ん多 毅がPan題 でわること れづ、 1・

173


厨史ltざ っ て得 ら1ヽ た問翡√1を 自燿誌 その主 で。事府」 `二 ヽたり、早雑 田大考ジエ す るととも11、 そつ史饉 とつや 隊キ リ高層研 究棟

│て

い ヽて、力 夕蓬誡 盗 とク 1い ヽ、そ

つお果、″

`同

t`

日常時にお l(学 生 、実薯、娑物 に対する、。

け る認識 ャ亀款 つス史 バDtnぅ oに

そ ド言 1計 者つ を回 と.ズ 物枝円者のノ物准用オスとq颯 lt生 ド‐ ヽ6 t at、

t、

ギャ ップの一口 ざあるこヒt嘲 確にす ることドて た。 '壼 一 :、 そこて そのギャップを雀 バ でt・ 、 1た 級 の人々つ

ヽtaη 商実をうグ 中夜に対する関ミ

6【

│、

ヒttょ って、

より然右的な力在計ムを有なう晨りの一手艇 ヒして、こ tt Jで

ヽて0た だ難モ ヤムの―ダ にも力生言 ■として有なわユ

ヽ夕l口 青jよ への妥彙 を試あた。 デルの でらに広ヽ 湾′ 姿13、 人々の話識や4密 ヒぃった問願 [定 そん ヽて ヽる と、きに選難 tデ ル白佑 についても、 行く ことが 望尋ハ `るう 駐ft試 をも因子 と てヽ こ謬

て つ 人甲 餞 ?1箕 ` 二 セ てカλにそ 全↓

l

,イ I」

ア′ 賀 「 ↑ ´ ヽ 'ウ し し ン 1′

4子 ::二

tる

こと を菫■ 」'1 .

■.,│

り よって よ り総 な なタ l■

)。

゛ て く 翁 める。 つ り

`も

/

φ

_っ

''/tr/も ク4 ―

174


6:あ とがt イ ヤユ と字夕″ とい う莱ζ と l「 、 つ0` み所 の を 受 築多 し`と こうoヽ うのスタ ー トであっ たため、オ 向 ξ定 り る意 くって t』 っ た。 その た りに、 での間 に、 1` そ りつ時 間 近ノ l・ ´′9

も う一歩深 くF.qtt t滅 り下げ る ことが

Fご と

砕]蟹場:千二

1ヾ

ヤムヤク′計 残んではわるが、ズ集多

11で ぃ ての間類 の深 さ こ多 ι薇 ぜ0「 :ヒ 「 へる。 つψ 味 ,ヽ わっ に と毛ン

t_κ

と11つ そを急

ぇ栗へじ 構森にれ賞菫ざ携 狂″な り “ たと是う。 長後卜、 このを読 〔進りぅ上ざ、霞聾η 、意に親 身ト l〔

へヽ

t f

4曰

η

て  ”

い一  す       ′ 劇  意     一一 t げ

申       ″

た盪 ち F 一 ー

■                       ・

鯛 は   一%ヽ

グに太孝たつぞ

´ 疑 ﹄  一 た

を,そ 岬指導下 さフ た、波4″ 史た生、/1寄 和久ん0う

175


7参 考文献 建築前凸登員会 :℃ 全前 凸 の視 ゑ」 埠 多口社 や1ゝ (′ 981=′ 0.′ 0) く

日本建犠 2.

ム漂 員た他 :■ 粂 の防簑設 計 」く日本サムシン7・ 〉(′ 976)

3中 沢 肴■ ;「 ム麿去n住 宅 の晰 災・避牲 譴

l」

4_颯 自 ■郡 ;■ 築にお、 けbe全 .建 桑 ヒネ iへ ′ 970年 Z月 1 (日 本建築協 会発イ 1〉

5.室 崎 益輝

・ ;畔 諭 が■スト かlに 予 力集設計進めた人` 法ま え匂じ″ い

かl弁句 382年 8月 30β a キテクチュフ′ 」日経 フ″

く日経 マクハ Bう

Llし たLi亀 行 〉

6.凰 ユ 日 a次 :秋 実 によう孔 巻 稚 ■L役 封ム負仕 の裁 rにれ ` 日4狂 アーキ子り千ユア 1982年 8月 2日 今 く巳″旨りヽ Bう LIし 社 贅L行 〉

可.室 崎 壷 證輝

:「

むlじ 央ヽ こュく大A亀 ムη 6イ 1)(1382年

9日

)

O.桑 魚泊助 行 政猜 ワMミ ;秋 雙の実急 ↑ら発籠 険11の 分析 ヒ

針frA― 格象火災卑r911‖ 2-J く )(1981年 全邑nBフ 衆法令虫踊に 9.火 災↑ら■年 ttt Ъへ

9ら

20)

火災桑術1ヒ 予防対 株K業 態騨1史 雙予防 白負ム・スーハ9-●亡千 ヽ 桑シリーT〉 第1巻 。 金 ミ ム)襴乳〉 ハ広雀1.く 求雙 ずら■々t今 ろメ

;「

(1974年

5.10。 )

・ │マ ート史災ろ る ЮoMANU郁 ネ葉 登場 と 口 白;午 nラ 雲ュ 1チ ヽ 19ミ 訟査毅 ム堤 θ月) く t'角 発行〉 97与 ノ ム鶴夕 古 7角 つ こ 朴小る `― 11態 本小治陥る ;k洋 テ 。 卜史負机 尭 1(19744) (′

1ヽ

176


12.・

i■ 仁 ヽ

.他 ;臀ヽ 1l 亀獄 貧棟 にあヽ

■ b縫 会崎Q雀 4J盪 理色シミ

シヨン1・ Iュ 早稲 n大 等理 ■り研貧所薇 色 翡79馨 く早施駐夫摯理 ■り昴 資詢発行)(′977崎 L―

―シヨン. 13.■ 凰掛彦 _他 ;砲 セ試討島 ヒ砲手前阜ガ資シミ■じ 建 築番色菌し Vol.95、 N011591980ユ !Rヽ く日Z卜く 電 ≧築 弦

)

177


-1寸 録 一

本 牟 業 詠 矢作 成 中に 行 句 ね 必 た。 七 コ ム科 学 1支 術 才 眸 r永

好 nに よ ろ

土へ atキ ユリテイt為 し ろJヒ 題Lし た1論 た 来オ

み 桑 に 、本 論 支 0猟

aハ 象 ■確 分 ぬ ろな 嗅 で・、えヽ 慕 した

しLろ 、キ いにして、各 く.乙 浦 ゑザ化作 にX逗ヨ ろこ ‐ しがで 1.´ んの八 臭が機 らねたように2ね ムL ttι 気灯ら a溢 ゑししてのな味で 1.以 千

:二

イ 1-1

_Iの

くこtに 1る 。 議支tイ■けnaぇ てぉ、

未来れな のtキ ユリティt考 えb

設 計 ム に望孝いてヽ ヽ ろ経治性 ヒ雀な性 のムiT l.建 築 こ盆全

xtそ =す

t、

2勢 o准 ミ につ い て 考 え てお ろし 、スれ

│」

夫 ムの 人場 が旅 い )白 :無 峻 塊 ↑:ら 逃 ふ 、猛誅 ■ じ外

`ら身 t々 blた め の.)・ ル │し ,と し てのィ 飯 の来 襲 旬 主ス ↑ ら サム1つ てい ろ。ヤ が て :丈

BA

η養之 しした にミ 人 々 あ■

Lし 、建 築 七ぃ ろい うη機 質 Lt指 つ ょ うに なり、 洛 t角 滋 イ

t學 場 、あつ い 13象 徴 物 、 く して線 象れ策 ちし 貯 晟 摩 やィ '

Lし て、 人間 01毛 に お い て _勾 くの 役雀:lt泉 た 可 ょぅ 、て18、 に 毎 つ て tた 。 一九 こ‐ の強 、建 物 η雀 在 11に 卜 、 歿 術 ぅ稚こ と しセに 、自然 環 境 ャ 、 そ の他 のタト徽 屯 じに


封 1・ ろ瑚底ガ t力 が老 し く向 上 してtた 。しがしこ │■ 、大雀 ま t″ 'lnl lこ しt俊 ぇた た類

1各

r矢 、理れ ハapl・ ぉ、 哺ろ

ヽう雙 at″ 卸験寸 ろょうに をうをひ 、丈饂 の発産 進 文ュし、 しセ │し 、身 た 々危ル 麦象 ハ 1負 らイ 肋惑 t タリ仏 し 、くれ に′ “ れ らよ う t/1'(tた 。 lι

こ うして屁 坐t潮たりE・ て升(七 it tt tら

"↑

ろ よ うに 、建堤

れた役 含!lの うち、疲 七墓本 的 句役2:l時 、全全 1

)■ ′ じ夕 =Lし て の役割

11・

あり,任 雰lに や ′ R颯 性 略 ど建

ヒの うち 、鐙全オ 1こ 資が 、at燃 え 物 にそボ され る効 薇 食 つ ヒτ あろと なん る 。徒二 てい な'lAぱ 得らな いた切 1イ数β }生 t` 埓化 ト 1込 ′ 1に したとでの後ヌ1て や 、フ く 、費 4ン 1lt玖 オ

味 がな いので ム ろ

,

2.姓 済晨 力│の 中むのCを 1■ 夕 し1` し、′ 多姐 に小チ鳴だ4` ぅ 1た ば 、雙盆ザ逸 ン た認の運 づ毎 tい か とる・ て 、ユ初 tl年 て千象 に し てしぞうね ′ 、し、大受の際の延 漱憂 路 に なりん 険 だが うしム つて つ、 ,

h付 子Чγ´ 卜の ■スロじ ,-11年 てガヒlLじ て し各うル 「 に もい 力`をい のιあ 多.フ 手 り、こ b ttl t、 オ:│ハ 1ろ 夕 │

も、日 1の よ うに、l

` 力l餞 あるも kt瑾 ″ たり、 “

:し

たり


¬ bこ とに よつて篠 ら ふ ろメ 一 一

リツ トt、 そのれ が珀 つた族

  .

姓 諷 に よろ線 kの 期待値 とt `ム 典ilし 、込 ろ旬 孝 キ1色 ↑ 呵て力 ヽ.ム ろぃ11澤 tl ヽ旬 らを、

n lろ

´ ιあ つ .″・ 1入 嗜 、々 a、 働 雙 上饉 麺貌杖 が″ い と名 あ い く

ヽろ夫都 心の 地 千衛 に し て七 、巻名L毯 .′ Oο チぞをだとん ヽ ´た 卑放が 起 t″u`び 、4 つて孝:lAし てぃ うち Rt` ■を ぃ 。 1`

に 大t々 オ 負kt後 嗜 ろ髪 a■ 本英めて いbし

秋 ケΔo_Lで

うこ こ│`

あ 3が 、子 たハ崎 に 、 イっ確 率 が多レ率 に月、

“ い こ t一 さ 般 し 1■

tヽ

罪象 し して知 つて いつた め に、そうし

ょぅ娯 “ kQ期 イ々値 より 、′生後だ月`らした って、 I

鼻旅

「 t取 lL夕 ヽ千 の弄:14ヽ し,々 ∩線 kの 角 ド大tヽ ヽヒ考 え。フ り だ L端 “ ヽ6。 の r_る た .お ろ孝 生ル のア 生後4俊 ほ 二 tガ laじ てヽ `ぬろ。 これザ .aハ 膊′ 経済のフ 、 塾國 で へιあろが、 し↑ し、 11‐

ぃて11.こ うしたたで 今aの A宏 た 化 これ た夫都 心に お、

1危 隆 象瓜 tハ た した2後 物 が そこう中 に氾濫 じづdく │■

ヽた ろう↑ 。 迷%の ように影J巡 らtれ た旭千 いを ヽ

街 、ひ しぬ t公 っ て選 担っ て ぃろ中 ヽA滝 じ │し 斜 、と し■

..


総贅 に 増変 t季 ね 、これ各た.迷 始 の よぅに を つてい う名 ラ ムれ食 や孔 な し│し 宅ぴ 、これ ぅ11.ひ し ら、 人々が .く れ に よ っ て′ 等られ Ъオ:│を上の 力に 凰が分 あ ネてし■ つて 、金

`て の す令 η裁 諷 Lか り 、■ ら 1運賃 全 ll■ に つ `

t級 りと

ヽぢろ う な o4し て 、 く七 し (1た 丼 ム象すム 3じ きた を 、 そt、 こうしfL多 能 の人 t■ 旅 Aと して考 えら小3o4"

に、索く存分 あろ.4掏 ` 近年の・ セ術の■歩ι` 急激■丹 な斗 ` 瞬 ι η瑕 術 の発丘 に よ7て

_あ

らゆ Э物 が、 441‐ 1能 ヤ維

■ 洛1lt 4し 、1た 、くれ らη費 全叶

`(t広 し ` に あ、

^色 くハ 上 してモ た 、 これ 4:建 姿a分 %に 稗コ 【tユ たハ

れ ι あ る。 し↑し、 そうい つた白たの力1盗 L tt hぃ 、ネ

た くれヒA曖 に、a左 性に関しtt、 救行 に416込 絶

い ハ、 hし て 下池晰 ス なく た 麟1刹 ・ 晰 惑 ソ 「 たのび略ないだろう↑.′り 舞にわけみ£左しぃぅ tイ

4o■

こ ι t考 んて行 く Lこ・ .コ こと│`、 亀 後 ■晨ね ″滑 Lし 寄 嗜 み 4´ 4ら な い 。

:

3.ぞ 4討 遅狛1お 、 卜 43承_阜 ′ ■

2炎 にあ、 4ろ 往全計ム ●名 1段 籠 として、各す、くの 2物 oな 建設復のうち、ぞ全 のためにしの程2の 投資t


` 可へ 賃 ↑モ (ヽ う「 Q々Ja毯 俎 」のィ ムが艤処 ヒ々 うoこ こ ` モ .

たに五年たように 、稔ち額 ヒ(ム にメろ後ムtあ た

し 、 肇 に窮L油

的合4躊 1に 基つハい て夕1晰 1ろ ■ br、

1盆

城 4摯 の熱 仏 略 、基 本 的 に な つて 凰 スの お に 1ろ 。 ここ4` 、一級 的 宅 建 初 t雙 によ う 、て 戸当 りの

:

― :

lA kハ ツ n角 伯 笙t夕 │に あ↑ て期t阜 し

]

‐ ・・

:

:

て射 み し、 子1・ 、隠ね 55年 晨 の全

・、101資 金額 の 邑 の建 物 文雙 の終 ■竹象 口 う∂θ/4竹 ι 「 合計 腱 .7イ 49絶 9ノ クθtt Aな 、一件 当 りの様 ら額J_角 これ にla.人 命 a ttk 11仏 各

36θ tt A■ 々3・

レ し

れて い な い 。

ハ │つ 建 物 文 ☆ によう花老寄,η 公言い各、

4`

全 凰τ /4/夕 人 ι ムろが ら 、一件 ■ りのたる数 時 、aθ ,7

人L■ う。たたに対マЪ犠盆騨tの A全 嬌遜Vttτ 悸ムうがマ

ffit'--

A ,8ooohAL1 2 L .8ooo-hx

′ t′

37=Z96乃

び、

一件 当 りの 人々 Q灌卜 kに よ う損 aふ n、 ′9ι tt Aし カ リ .

a2額 。公詔 │■ 、 たの 380乃 ハ ιな 巾し て、´件 当 りのオ 111、 tt Aじ 々 る。 τた 。ハ 昇ηな 凰 におヽ `7ι

人 61角

人色 りの だいた竹よ (■ 物 人実t)降 、3.え 5竹 な 、たハ i乃


Oフ と づろι に承 ηひt乞 ハ ,'θ θ 塁綱 フ嘲tt、 第う ありの裏 .

2物 ″′ち 1)の“ム火キ

│■

.3、

oノ ι存り、た 、 θ 25(3000キ θ

にボハた一脅 ち りの核総額 に、このムlkキ t灯Чすらわtた O'Xθ 、 θ O卜 67`,)ι 種ヽ(″ 6oο ο

760Aが 、一キ触ぬ 火☆

にょろ核 含の期待但tヽ あり 、理物の綱 A4像 t,o4ヒ し ヽ tt、 その餞ら史実 によう楊代 のスA綺 勉 4、 ゎ すり 角2θ ヽ値であろし鳥わみ ろかt 乃A″生2■ `ふ 1.ス ″卜t′ 卜てヽ ヽカ ド、こ颯11.あ く子で、巧 しいを、 ≧Δぁらη b墓 菫♯ η七ひ つくbめ その手4色 τあ り、実際、柩ゝマの実 、 ≧物 にぉ、 く ムkl,召≧今 や 、 1凰 2の プ を ソ 孔そど4、 大 ↑lt臭 砲 〕てく うわ‖ιム づ.く ´ul.凰 3に な した 、Ca城 後の霧 勢■場 々tlど 、一

よう

1■

・給 に略 、1員 欠η期待仏 腱月 、主くなろ 的 `らであЪ.従 って Lあ たられ る角 線壕 の熱″Hat a全 投 ムの頒 [^ゎ した、 卜´ダ

│し

'ス

ヽと力うた、 炉孔全 トが 多 ヒ月

ノ 1女 の久遥 亀値 tlろ のなあЪ .じ ↑ し 1′

ヽこ とが ぃくつ介ふみ 1"ul■ らをヽ

人傘 の他色 左銭 に換熱した存ぃ大切 “


うことt・ あろ .喚 べ れな におヽいて11、 人命 のla kに つい て も .全 全 at↑ η ろじ 坂tア負ぬばイ

tヽ

う全 角4女 イ 1感 ド2

わム ろが 、こした命 に饂1ゝ 12左 乞 しっ つあつ ょうに えヽ ■につ ぃ■ 14.す 分槙 らに考え じむ呵 ね ■ら力ぃ 。こ 十 ` い■4.ト とす.た 0の 堪 kt後 液 1ろ ほ し 、自 うにおヽ 11′

ーダ │し ■ス トの施 小値 がな に胸動 し.attA左 畿 玄頒比 ・ 当然 ムく を ,て くみち ttム ろ。そして、 2つ め に4.雀 か求 ムの張 t増 ヤ t僣 ハ .聡 ヤ 1蠅 ぴ供 す損 k∩ 鶏街色 , ′ tく fJ b角 `進 ち λ │ヽ

11か

、メヽ す じt.4わ t1171ら な い しい

うことt` ムみ 。つ そ り 、これ 膊。■ に `餘、 譴 Zの 2在 11 に燿 1ろ あ た 力 し 、その裁 aに ↑が つてくちのびム み。 a卸 ねが、2議 役封の2陥 なら、 そ左rltに ついて 夜 しっt、 協

` 十 分名庭 し 、十分η萄 全に4つ いた雑r^角

taを 計ム t

4め てa全 に封■ ろ殺 喚 t十 分ね 行 4う ■う′ 、tこ τ孝 '´

畑 に■″可 ■ιがて tbη tム ・ ■ 、たにぃた す らに金 ヽので` ■耕 ■ ■t、 十分 1 4arl■ 略得 られ ηヽ ム 3.■ ろ ` こ へ`くA-1ス トを`ハた のtな ′ ILt告 ろ うに 計 1る 設 『 ヽ. ダtを ヽ ,ぁ ろLじ 11な う■て しが rヾ ストで


4.為 知 ■傘仁役御へのFtR惣 た、

じ↑し、今 Oo略 _き1試 な略 .,ス トャ法観 ■ピによ ろ孵l約 に蒻 られて し字 ・ て、日ぬ角裁額がttす 、 その た ぃ 13、

ど う し てtt漱 線 に之 晨 し を ぃ ように ■ ろ こヒ

、 れ だ1に 』仏ハ者 してし■い、とにTく 法 にaへ して ` │↑

`しいう、4と に よヽ

雀為 1ろ ん乃t名 η Fう に

'11ろ ・ ■ つて し手.て いぅしいう月じλτ ム3. この ょぅに 、)ム

4に 痛い,切 1■ し手 〕て 、ヽら 木 λ a牟 にお、い て t、 角 く の亀 Q:群 老 4 ,現 行 の光換 や行政権善■ しに鶴 し、 不糸 t綸 っ て

、ヽ 多 ・

堵に_輌 雙に■1ろ ス鍛4.之 う■ 6改 正によ

っ(1キ て41組 a化 し41牽 に′ 2鶏 tね ↑l)│■ く くカ フ ` てttい う。 し4` し .聾 物 烙 、資点 そ山 一 ′´ βlテす イ レが 豊 う よう に 。その

雙貧封 t。 キた tの 場 合に鳥札ヾ

'角

て泉 ■ 〕てくり tQη のτ あ ろ。琉た の ふぅ■ 条李 たォ 1の ■い な澤Lヤ │■ 、1へ `てη 塑物 に1争 しっ けょぅ ιlハ ′ 1'、

黒理 が上げヽ役侑壼争1■ Vに ″ろ畝雙■女 卜o

ll■

■招

t、 それが .た に止 ヾ た「薇 ヵη全全投資ュヘo直 ta t77昨 じ毎 つ て い ちの す ム b.子 た 、tら に、こう こと が 、設 計 ムの「出象 につ い てる た3 a nJt奪 ぃ、 牟 変1と に つ い ての


き識 tt仏 千さし 、資ね ザ、そた 。後 如 1往 全44t妨 、 ´3: 庁ち議絶 的 ■鷹B t trJ〕 てヽ 5。

.

設 賀 亀にitttら れた 豫 ね

こ うした、り 夫え Tら オ な可 ム 4た め にl各 .没 瀾ムが 直 :、

ヽ てヾ 七 つ しな れ に行政像11ピ に調 し.ア 角雙裁 針 ■ビにっも 的

│づ

花 集や 頑 卜なと して

1ヽ

kが 不JhCム ろ くべ tび ムる。ジ

η ら ,`く れ にパ わ Z代 松 泉 ■行 政夕ヽ 連1た 象 し 。す タ 「 ■鶴 争 it F b材 劣角■ ゑ 偶 4t衛 力 い、名 力1震 ■ tそ “ ヾ に 1リ tヽ L的 で 壬 ゝ メ 屹 ウ ガ J薫 ,tD tJ町 ′ ηこ 出実設計 t 気 態た ち lで

■ のτ ム 3.1し て

stの た めに日 ヽ貧 譴 な件lt建 物

の 2左 性 にMじ ■.人 確 勺■fL a■ 咎 的猾 ntaめ た4じ 全 ム 場 な 0鶴 熟 に東 可肛 お 、1ム じttに 、 たな つび t設熱 ムの な ムの場h=ち いヽ(t、 駕 公的 々a左 毅 食、 ぃぅtの

t徹ゑ ttЪ

こしザ 急務 τホ らと0う

.

(池 凰 ラ ム敬 )


付 一 z、

未来 た な の■キ■リテイt考 え■

よ 力くのズ史ガ有││を 知 らべてみると、幾 つ合の問態ま )

を脳柚す ること,` ざさる。丈 でく布││て みると ぞ 築物 白か の間懸 とそれ を夕1円 lて 、ヽ3人 間 り問題 とに有けう

│(設

針の段階ざ、黙右的蔵実がオ應ご杯ること

│∫

絲である。詩集計凸 といっ乏も、現動くで た)ム 件″準、羅´itれ たにす0ぬ

lす

、細 ロイ しさね

[二 し言える,ス

律の迪右

ケェ ッ ク.)て と ど きっ て ヽヽると 言っ て も よい 。 ― ‐ 一っ の J興

l」

日〔法律上 クリ了 tて い てわ、i“ ず t巧 夕娑をそ物

│〔

ヽ くら力 をll得 を、 .設 備 を、ヽ 名えたとこうで、消オト関

tて lJ均

角lt/J,° てもJ難 の面で 、も lう 国難になろ lξ

とい うよりを孝ド数 多くわ 。 :る

′ 1タャ 老バ隋実 副 ゴ角 ロヒそ、′ ′ ′りκル t(tヽ るこヒ `裁 1・

卜も闊是れすわるのであるが1 その名屎で1た え物ド言焦 上期態がわるとttら んをたど,て 行 くなら、毅計をヤ 作 めtと 'ム

t13、 ltる

1人 1前 )・

ださをPan憩 │く 着んざッ l`:

゛ 「 オ黎物 、依頼卜をけれlビ 13じ きらな■ 。その′ 笞て、 呉 │■

lす

(メ えて澱多 たtて :嗜 実面〔派イ ll 奥んι

い う晨頼いわるだうう↑│.む

tう

131い

誌K面 をメえた旅頼竜


ヽ。 ど猛 でわり、経済櫻 危二義り夜頼ば りではある」し │ヽ

几ス

計 tう と 言っ ても、 ‘ヽ

生 オ ´ 卜 ︲ ・ ・ 榮

ム ﹂

  て

夕巧     て

1`

望む のIJ、 逸

(lt ra監 〃 な話 lて わ る。 そう

ク左`の設資をでず、ク娑をそ

4`

な話 tで わる。

こう│て み ると、 どうや ら、盛物 白啓 の間熊 とい うこ

ヽ とも、巌オ的│(は ク人間″の予 らそ 島懸 とメえらい の目的 で、ある遣砦物 〔そ ようとす る人 `.有 そ │て

で1に 磐物を夕1潟

tて

間と うtて

:う い る人間のPaq題 と、ヽ ことになう

つ 。

ヽて 不メ r定 多よ り人間の夕 )用 す る絶薇つだ災孝/9jに つ、 nミ てみ る と、本 来 ならば、商 ズ シャ ッ ,一 の閉 じ る、 多

ヽ1ヽ てい て 〔│ま ず の場片 に、ガ物がビ省 二 う/」

4`

ノ ヤ

ター 本閉

` 閻口汗 とtて ′ tて ぃ る ■ っ「: と力 1許 でル 角 ■、

向欄1い う級 を打 ちつけ て、商品の晨ネ考に放呻alt、 、F

ヽ特Ell遊 難滋段 t夕 彦1く たり、消商隊が入れをかったと力 ヽたために、人が通キtな 。 `っ たといった わ り お1月 lて 、 │て

事 史ド 曰 らく。そぅぃった箋物の晨われ 者の問態 とと l〔

島 、もう二ちロト■ く茅港、通切看磐の誘導卜右 なゎ ヽ ヽったと1ヽ ヽ ヽう、そ 1ヽ をでフFヒ 、リ ト常ヤ 気二がさ卜を。 l〔

1ヽ

の難物の従栄換のた角の間顧でちる。新聞4で 、た1く


指油 11ヽ るの場 そのような こと4ヾ 多い架 でめ る。通叡の

ヽばil)1ヾ をい名である 卜諮口のた犯をビ、オ ↓ 遅4t、 う lず

.

゛ 興と言えよう。 者うない 施設管理の間展 l』

そ して きた、 その 施 設 の 中 に し`た一般 つ人 につしヽて ヨ │(つ

`こ く ことl古 、キ諮口1` と わるの1` 妊 らを ったと │`

lミ

、人実 と って、・ すぐ)1工 しベークーヘな夕〕│た とい、 ∼ ヒトいく多くの人のなくオ向へ白々わ右 ,Fヒ │ヽ 多う二

1`

くヨ)■ っ く。 1多駐のを でで イ 拳孵lの な さlF、 次

往往 ド t(。

こ1ヽ らの間慈 が

1`

tな って、オネ 0う ぼ 卜   の

災   る

t   r

κ

なってし:っ たり、夕くのス袢〔火わてたり

lま

│・

ヽ1た て者 なる ず力冶し 、ょりを丈実が、 にし l

でわる。_ :ヤ ヽらのPan髪興を―ヶ ほ l)下

て同じ様を獲若 〔た こtて ■4わ てくるよ うし

4・

tる

│ず

tま

てみ ると、だ故 くり夏

t

うの 、その点 国が 見ぇ 1`

` のて わ る。

ヽばJ見 五、 人T人 の人賜の実薯への関tゞ の少をで そヤ 「 │ド

、薇オ的な凛 国 でわ る。

顔 っヤr)s、

/」

ん とをくズ気の身

/J・

ヽると、 ビオ えてし

ニュ ースをどでズ実をどが、たでくみ り上 げ ら終卜ば、

その時

l〔 1憲

闊ヾ乏ふすが、f

ttlaLl程

に7て

t患

うと、す


馬lJ消 えて t」 うのが療りだ わる。矛々、糸 でltそ の間ヽ ん (゛

て/え てみるな ら│ざ 、自夕1ヽ 人実 きで足 」1ヽ ると ヤム 多 句し │・

ヽ,た ″キlよ 、lま な だケを、 ヽ ヽ 訳でわるt、 その経うt l」

゛ ITね でといったものl古 、 た際に膝麟¬ 人間 て 看 ば布 「 らなぃ い て,た てと1ド 、関 ヽ sの 少を 11(つ を1ヽ っ てぃ る 1ヽ

ヒ〔わにる。

It'I も しも― 人 一 人の実薯 への間 唸い浮、ヽもの $ 3 I B |r. ぞ係 を依頼するに tて も、商気│(設 Iを 増 }■

やす ようド0る だろうt、 澱汁ガ 北より湖夜を進り.実 イでの人間の 理ャ灯如 と施設空間との夕 すた関係をどlt │ビ

ついて、メえ、現五IJ言 うないばキ円摯 1)・ (ん ぜい る ォ tる 。 受減莉の絶右花 tメ たるょうになると4わ ↓

ヽオそ きにた,1啄 理の血│(お いて .不 祐 を受物のイ ズヽ l∫

lな

くをるでわろうt,従 業資の遅難誘導め指導など

)〔

'4 Flの

t力 をλれるようl〔 4ろ う。

ビルジ錮老:お くを

ど、よりれ角 を対策も≠えら ヽるようド看ると亀ゎぃる │′

ゞ構λlく 違ってくるを と、一線の走澱来In老 とtて ら 、ヽ な(の 澪試 〔身ドっ ること よ7て `ス贅卜服 らば、予 │す

)〔

らず 、若雑実老などのた腋 との灯たllllそ ありらltる でわ うり。


゛ この よ うに恙 染 のク左 〔ズ λ てみ るな ら 、そ像 のク l』

左 性‖1人 間 l(卜

1ヽ

`かゎ ヽるのでわ り、 その建 築 にで って、

りわう人たら、ずんわうオ´ナー)嫁 理人、従来築、多 晏 計老、工身 た、夕IR老 、3た ―にぴ☆著のた こったメ 易右 t〆 λlt λい るならば、消防、馨寮、報道 をビリ萄野の

人々をもをめたすべての人が中左ここ誠 t、 協 々│わ う ことによって【厳さいるんのでわる。

でlJ=人 一人の間ヽ〔Йηるにりに 、具勝角 どの }さ

│・

よりそ孝 とやって′ ,い ねlざ ならないだうり0)。 ・ tる 。 r1/ttゲ 急速 関lC t aり るのlJ難 い tぃ とユわヤ lて

つた′夕膝へつ闊ヽ こスリてなくのがよぃでわうう。 きずオえらいるのIJ、 すでに一″ざ)1行 なわ卜てい ヽ ヽて、商実計島者 と、 ヽヮ るが、一定規模以上の施設J■ つし にもつそ4乍 厳 [、 夕1阻 者に対 1て

有するとい つ4燿 で

“0も のこ薇極的 に製 わる。簡史マニュ ァル と七えるよう

ノ ィ rtて 』 こ すす る。ま焦警″老lt

tt tて

も 嗜丈設端 に闊

ヽう関 する警〃0マ ニョ了ルをビここ こ 付と、日落ゃ

lヾ

りiく わくヒLも に、イ 乍負lκ lて お く。 t tく

,兒

をた期角ド燿 ヽめるように

ら 嗜贅夕1漁象をた力 R的 }・

わるで あ う つ 。

(a

│三

“うの力、如衆 角を


′ f愛 (面

ltお

ヽても、石 ら の蕉 、 とう ドと 象ド 1`

1ヽ

ろ を うlゴ 、 人

'わ ろ 。 の間 嶋 l」 高 り ら│ヽ ろて │ザ lJな く、 う 斗卜,ム 芹の羅夕

各細 日の` う■ /卜 づ│)そ 角 をったりす ることによって

よl)終 右的な誌実設多 ャが可能)tを るようltず ヽ全である .

`〔ありるため また市民の関ヽ

、商t勃 1練 看どのデ

)■ │よ

  t

、退難郷1練 にとどま

  て

えるのもス角ざわる。 ‐ マスコミの升す〃夕1

さら卜 この格級化滋次 わη たい ヽっで、を老雑鯰た をどの協 力をおり、フ オ賃Zl燿 │・

)ま

︱   ズ ″    ヽ

毛ンストレーショ ントエたここ きに らず:収 凸をと よってり指導

゛ 老ャ消薄った孝 〔と1)込 んでも らうをと す るととも 、 l■

実夕 の4ぅ lで ゃ、そ体 よ て久わ林 6瀕 夜の人│ご │〔

,

そビ績極的lt報 道 ヽてゅくべ ごでわ る

.

このよ う

│〔

│て

ん ′ 私する は、 /え てみると、ク生 をβ )・

Jず 人間―スニ人の(イ

lて

夕 すす

、 ヽこありることが妬

`闊 ―でわり、単 ´汗 の人間が、■ サ的、様術的}(イ カ ヽる現之の状 でIJ、 ホネ 不ク でわる。 ″ を進りて、 l〔

t

│∫

ヽつば、その現場ト れ “ 実薯ドたっに時、薇為望Jヒ 、 'ん

1`

゛わ ぃ る人々のFal l〔 すぐい た精神 的灯走が看さぃ ぅミとて

ヽ 立メ ミ k`オタ り、そいなくtて 、、 月 イ的某ごギ る たう 仏い ヽようとそのノ 賢41ざ 期竹出ネい ヽ。 │∫

1ヽ

│■


す ぐれ に桁沖 的対走日、スranに ぁし、てば、と,t ttと ることIJ、 日を13だ 難 か lぃ 。 日常11お ぃて、どれ だ ` っ ひ ヽろつてみ 考え、 ヨ 叫練 lて 、ヽる↑ `. イ 国人個 人が業者 打 して閣 こ向りて、ゑ り組 んでな │す

│■

l七

│` │`

tヽ

` 。 のヽ `、″ぅ せコ くことで みて 雀 ↓生」 わろ そ ヤ う 締の文 1夕

1`

1晨

ね ろヒ、史情)・ 地 lた 法律キ生まれてくるの でわろ。

姦慄の立夕 れ ・ 1っ て選ミてo「 べ、【林に娑築│(raヮ ヽ ずでわ る。様々を右狩におヽ `ても、 てのな 1で るヽ │」

lま

同 じ葬がZえ るので11を いだろう企

.

6し て角 〈左 瑣 つ 現代卜生至うな々にとって 、力薇イ :ら ・ つ〆虐 の孝色卜遭遇する 0` 41ヽ ヤt=わ って、ヽヽ 10 な、 lよ

一人一人が自方の中1用 t、 (体 を冷´ル熱裁す るとともし

するモ物の非常口を確かりるとぃうよりを峙 け う蔵 1`

0`

めて、 実ノ)│タ ギする岡恙 をふめて考1ヽ ねlgi看 うない とも つ.

(友

嬌 ヽ

´


│°

、 一、 ¨

yI       ・ ,

1 ●て ヽ■ t ・も ■、 一

‘ ,

・ い. 一  一︲ 一

ヾ ヽ■ ■・  ■・ ヽ   ■

■ ギ ﹁ 1  4

`

'ど

`/

建築計画と安全 設計意図と、建物利用者の安全意識との相違からみた、安全計画の提案  

1982年度,卒業論文,池田浩敬,森靖

Read more
Read more
Similar to
Popular now
Just for you