Page 1

U8107 早稲 田 大 学理工学 部建 築 学 科 卒業論 文 指 導教 授 渡辺仁 史

住宅 にお ける人間行動 の研 究 ‖ 福 田正 恭

り ‖内浩司

滞L田 裕之

安藤史刃J

Depaftment of Architecture,school of Science ancl Engineering, Waseda University


、 “ 宅 住

田 和 56卑賤

卒業論 文

お.● る人間行動の研究I 亀雪 潮 仁費 助租長

_

拠D督 室学科 早稲田天単理 工ぜ Tt7 04153 'Tlao4oso

祖 田 正恭

:

川内 尭 ヨ

f

z? 8 o4 093

瀧田裕た

77 g 04 701

守程 史朗

778 04103 太田 黒 男

5610031


目 加 I

新 嗅亀 肇 ・1-1

研 宍 鳳 き1

2

1-2

代 栞 い扇 宍

3

1-5・

苛 索ス ス

6

131

住 宅 し ス〒 ム ・

7

132

義理 形 式

8

レ ス テ ム縫 tili

11

1-4

2

1

人Цこ雪向い預■

2-1

宝 良 い 斌1三 λ及 理 人向

2-lJ・

2‐l‐

14

2

2-2

^行 動 が 自む 向 に 与 え る影 管

人 向 へ「 行動 ュ 瞑 ぴ

l

rイ

〒動 欲 ガ J^言 こ述

204

― 籠 な 一 ―‐

神.

文取

16

自む 日 の 代 熊 ざ 愕 申 向 に 与 た る影 響

一一 人 向 こ堂 中

考蒙

15


:

4

5

`ll

じ 行動 モデ 〕

1

4-1

住さ

4-2

シ ミュ し ―レ .,す な論

1■

:フ

デ JLヘ イ 午菫

シ ミ 、 し ― シ ョ ン

― ― 鑢 戸 壼卜 に

6

ぅ た nF可 ば

3)・

2 12 14

1)3人

寄察Ⅱ

し― 一 Ц 行 薇tモ ギ ′ 61

女 ヽ民

‘Ч


, 」´

.

.

=. :

1

.

4

│‐ ‐

'

' ,「 ‐

. :

:

■^・ ソ ■fi}「 1`

l■

■ 11,1‐ ヽ 1 .

)

if ・

I卜

:‐

,

"ヽ

1・ ‐,r■

・    へ .

:Ч .

¨¨一 一

: L . ` : 1

11

・ lfl:1'I11‐11`l

I_│∬轟

ル 〓 卜 ・ ﹂ 一 ・一

一丁

多 1

f'ltsr -.

..-t

ri`■

・ 1111■ .1ダ キ

││卜

│卜

,1:│卜i■ギ■ ;「i';S1,1

='ギ


4-/ 2干 rlの

1′

` ■ 」ノ [/の 子 F″ ,

了Fil お ljろ ノ イ 鴨′ 、ハ =「

`ヵ ´ ′ イ 1■ あヽ る「 人 階1の イ ズlL J Z夕「 空 「 「│二 の閉 イ 資 」 を左撃察 し、 こltぅ のォ 系■的Z櫂 に療 現

11了 すぃ

│す

:

月 了 に子 寸 フ ロ ー ″ 夕や ‐ ト レ

2

│´

マ壮 イJる 、


図}│14動 墟脅

ロー4ャ ート

^フ 時向ごTχ

41 1カ の 面ヵイ本

(角

自立 由 リズト

Ttt・ #危

1'応

l

03 ・ 営市1杖 た

イ〒1カ

│・

漱■ 掌 F犠 有

冷々芝

`力

ィ テf/Jに it撃 を スト 宣n糾 リ

器が朦1∈{ A[FBI二

。経諾11棋 1犠 ◎瓢 融 辮 3 ° f酢 詔品 昇:″ の 1、 1墜 lt冷 茂 つ

ニ く

t`

① 穏

崚叡 鮒 リスト

│ │― ― 値 ロ

五百7-

.

:il書

〇 同時に実現可能を/fn 動 ` バヌキ■ク …7・ に分 ゛ フに 〇 クIL― ・ うけ た勧"風 ゛ ・ヒ し―フ 冷k卒 の七有 つ │し

行動な L有 ` 主 (デ lし ―プ)

ー 鯉

■出す

有夕哺凛ひlt

rを

入力tt

O― ―賓掛

飲之 ヵ′

:じ

1.ヵ

χ撼たnl→

の∼oの 各号 11 〕ミュレーション の フオーマしトマ"の 名号 ヒ 1ろ 。 _対 た して ヽ

n■ J て ぃ 一 i

時向T

い― ・ に 、 マ、 フ ク 有 宅 O篤ぶ 糊l髪 桂 ①辱謡 紋衆 れにす漁 ■3. の本

0時 由にあ崎せ行動鮮 たり たり 。舞つ t消 し


・ヽ L

ル メ 下 lt

こぬワ ロー今 ャ ー トのフな明 Z有 す 。 ○勲ヨ〕 │ │‐ こ

^フ

rl一

チ ャ _ 卜で に

封 笈 ιサ る人

間 HК が'マ の島 する室闘 skの 行動 主体 で ある と.と 、Hkに とフて臼空間 St).イL覚 (‐

`ろo 閣 (S2)::│い う蒸現 駐■イ た7・ て ` `r th.■ ,1● 0リ ス■ αえj ‐1●

リス トλ ′♭′dlま

i l il_ヴ _1

2孝 て` 嗜とづ 薇 しだ ι

の zあ る 。 り‐ ズ ト c′

8′

Jは

` 今 回 の 乃看項 て IJ、

輌 lt作 八 日せず

シ ミュ レー ショ

ンを行 う場合 ′ 1出 零 ι4参 及 に尉

t + tr l- h t-:f-* \ K F eld llt/-t<fr1 L nt"rt6" fr fr

ort

+{(,

街伽主体Mkの 行動 ○ 行動

[‐

o

│メ :Lぇ

滅彙lに ょ ,な 、 壼内1展 花tお 尋ピ l

1カ 網13 . ^`

_

1,7

111


っ,た 色 t羨 的 す。 1ィ

rlは lsklこ 嵐 寸 ろHk以 ク トの 人漁 っ 着勧

│て

よ ろ色豊 間 袂た ■表 ゎ す。

③行動[ズ k]ltょ る負室:賜 ホt物 11 ・ OS以 外ぬ仝てち宝Faltttの 影響の集碁角 lSI]│ミ

よ る 自堂閣 横亀

] [ィ 鯰

O処 理 A∼ U 処 理

C― 一

1・

.

1

,:,

④ 一 定 F.3荻 色 ∫ ″ 好 ′ 0「

F.n

` 杖色脚之;ノ ⑥二年間ィ 末ti脚 (;,単 縦 ■小 ‐ わせて記送 ヒマ ィ k]ヒ 膊ろ _5ろ ぃ、 ・ `ル `ろ 0,0■ 何 )か の処理 により丁ハ豪´ L撃 ろ` セ誓 が あ る。 そ の 処 理 tス リ : ‐

〇処 理 工

′ 1働 放夕 lβ 燿辱 「

し■

1、

1

■と行動 のこ

∼ ・ とげτ″4事 牛ろべ、これら ィ 七 十 ,

1

:`

) │

・ら れた場合応 丁∼ じて ぃた 」とぃ "1.:多 有│ 夕嫌ヤ招寧た襲薇‐ .1111青 :い を動:i │:♯ tら 二 .さ

.(1、

二 だに0ち 4■ ■

"│、


´`・

,

1

/

0


麦 3-ノ 1同 鴫 に 裳イ 可可flrrを ′下動 リス ト

C

′ 、

N

鎌 てら

11 名誉ぇЪ

12't..,rxTf

l無

N

14 芭 3ヾ

lR I・ りし と可う 16 マイB‐λ ■1]う 17 雌 可う

ア ヽ

‐ 〕

Э

N

18令 薔可う

Э \

lc) *-t a:

͡

20,た 器凱 tttτ

N

n

Э

1 trr'.22

ヽも

24 J.rrrLtT 25

稀 へを,,蒙 雪 l

脅tT苺 い.行 電 hが ■ 疇 に 電 グT`T籠 ていみ bこ

O:」

二 て ま 可.

3■

,た

ょ ぃ 何 ¬ ∝ 急 ‐ 曰 唱 褻 行・、可 ■

Q行 動 ^籠

い うЪ

医 ゝ曜 層 躍 瞬 日

議 哩 可も

入奔 可う

配磁 ■う 一ふ とんモ 千可

F撥層ド

こ “ 残哺 ヽ 珈 ■ 千可

C

ー ︲ 2 Lぼこt甲 つ.

E 茨 だ 可ろ 旧 心曇澪可う 7 仁 紙 可ろ ︲

マイロン か りヽ

C ″ ヽ

\ じ

むL可 う ジ

\ ⊂

L聰 く

,う “ヽ ボ” ヽ こ可 M 起ぶ t 眠ろ

r

︵︶

͡

\ Э

9r

Э

Э 一

B 9 0

■11世 可も 意温 可ζ

ゝ 鼻 賢 Tう

7

2 ︲ ヽグ ス可う = 鼈 替ヽ たろ

6

C \

○︵

5

︵︺ス

4 Tv■ ■ろ

D

N

9 べ浴 7ろ 8 た 面 可ろ

7 昔棄 ■聰 く

T v■ l Ъ

歩 く

6二鼈誌 可う 5 群 殖 てろ

m 養 可も ︵

3 薔 軸L讃L

D

1

lC

` ど 、

7

2璃 ^行 司l毛

1■

.マ

ヽ 目嗚 ヽ

Э

C C


‐ ゃ、ヾ可能 π ■

Iね 誉 て・

(〒

111

テ_,1:弩 1)亀

翫 拌 奏 :マ 可 キ

I・

il R

ユ る こ可 `注

8


. ■ ″ ・    ■

だ﹂   、〓  、 一

)ヽ 1

tt.

'

lil

´ 亥

4-2

石 夕 に IW爾

4■

'■

賜 メ替 リ ス ト

′ あ る行動 が有ん 1れ るた めに1セ 解 とさ れる僣t色 の うち 「 づン齢、 日具鋳 t有 動 n4奪 別 につ婦亀 した。

及 3-3

・ 「 摯        .一 ,

ろ′ ち・ 1脅 が有なnヤ tろ た め│(1セ 霧 じされる薇筵のうす・

.

■■ _年

″耐筋に嗅誓/J=豚 lメ 各 りだ卜■

1■ _」

ヽ)(燿r)く 温幾〉 く通有〉 .)(七 〉 く猛皮)(匂 、 ←者‐ とい う

ヽ ヽわ │プ リ猛境 ι zし ぃ ぅ べ き霧 後 だ フ 、 、て ,lttじ

た。 ` こ の リス ト で ■麟│ザ カ

lt il・

.当 骸 有夕 ltと フ て 当う久孝

ヽたる次亀 がち り、その本.化 t性 霧‐ 、ての血切 とヽ 素 にフ、 ιサ をことt色 味 づる。料糸 泉が じマ協 才 tげ 、当散 行動 」の よ“ に とフzlで `当散 手素 かヽと で亀 ゼあヮzメ #" ぅなう 4ヽ ヽ │と

ぃク ことt

ttL嗽 寸ろ。


桑 4-2

a空 1如 年 行 多っ1.、 6ラ ケ

`71 古 彎 _三11__“い _ユ _多 11■ 静す _貯 114フ ¨│.i9_11_1塁 1ユ 」 ● L壺 ピ ヒ _二

曇麟.FI多 峯 ■ 脚 il=輔 鞍ヽ LL. ・ ‐ 二 :■「 上二 丁「丁二 轟離:講二♯ノ i 3 │・

_Lィ

― ――一 ――― ト イ ‐ ― レ ー ー ー 一 ―・

1カ ` 、島 ・ 及 コ・ッ ●' 1__ク .L■ _〕 i熱、D_^_二 十

:こ

― ― ヽ'・/∼ ヽt肇 :■ ■Fl、 .VI^■ ・nに 、 1l

晶__111申 ぬⅢ l■ _1蒸 hII

盈 蓋 LIIITttl■ _革島 ら tiFr_、 ■ュ_11。 便携 「 Tマ^囁 、 禦 ■ ■ _II″ _轟 靱 ■

I▼

― ・_″ , _´ .1_… …

_

鷲‐ 戯募鵡 ト

:fI`上

菫…

-1‐ … …

lFttniliャ

:

'1‐ ヽ ルゞ 焼 ぁみ 雹、 L島 _、 豊 並■ ニ ゴI■ ■___手L_■ 蜘重17、 い_│__ 二土量 │・

如理 ■■料 ,、 な ら´ ・ ヾ んフ あら 11■ 1_ l'3ヽ セ

'〕

_う

1_γ l。

│・

│・

へ1バ ふ3 4境 5,ψ 〕 れ 二 :iF4ふ ノ 名 │よ :il l・ 藝 ・ _■ ■ゴ1■_1亜嚢強■.■ 111_■.71Yマ ゞル■ │。

轟 1-1_

-

′ヽ

:

我 盤ヵ 覆二 I:鳥│:鷲

_

:│晟 盤五 .1_藤 L li佐 喬 11佐

´` =″ て ´ ■ 」 ■ ´

二 ' T 一 T一 ― ■ :囁 十 計 湯 ■ 苦 干十 言 ■十す r―

l

. ・        ぽ マ〓  一      ﹁  ‘

TI‐

:2〕

1‐

l→ 11二

1,,1ム

■│… …二 ・ ・ ■ …Ⅲ … ■ …

多 11を 摯.:ヽ 1 11:=‐

`

1` l

、 ..:: ,

:

t二 十 ■

,‐

…ユ ‐

事TIII甘寸●■ │


た 4-3

有効 にヽ ゝ字を■間ゑ件ェ く碁〉 御 強 寸ぅ . I

I竃

I巧

一 -4丁 1511-ι 珂正 隔

_│_ 黛 〈光〉 │′

│〈

れ総

一 ttt井 ― τ │― メ //1//1 1/

〈音〉 〈七〉

温友〉 〈 ヽ 匂ヽ 〉 ぐ

.:::

1111.T′

・ ィ

't

小  一 4つ

4‐

― ‐

111/

■ノ

/

/ヽ

/   ´ ,

季 ││) / 〈

/ .

■ズ /:

l

一  

/`ι

. Lキ

饉〉

1//1

一 7 な

1〈

//

r―

︰ 111111 ,︱■1,1 ‘︱卜hFこ ﹃ ド l r振III︲

\ │

R餞る  一二 一   一 日死た ろ一 ん


4-2

シ ミュ レーション方法勧

「 仕 老 に わ ける人 Falイ 1切 モ デ ル 」 t実 際 │(使 用 す る為 ヽヽ ヽ

? .y F 1ffi tr Z

)t

ゝ じ

1行 な っ

/ヨ

つ  た 一

千 図 k示 す よ

表 4ニ グ│シ 三‐じ―ションのフ十一マット ④⑦

︰h     L

mな ギ

③ ■‖ ④

一 建

ェchatttt^■

0・

・不 可

ユ 鳳疇 嗜 脅 可籠 γt― ■° 二 ヽ賃 付 ■ な 栞 → 0

以 千に

この フォ ー マッ トの 内 外 2ず 明 す る。

00∼ 0の

者号 │な

節 に示 したフ ロー千ャ

― 卜τの 者そ の ∼の に それぞ れ対 た しz ぃ

.

000欄

に日 行効 放 だ が案え ブきぅか

プ を4、 ヽひ a洋:│た に哩 手 を だ け の犯 ■ ′ の 儀 間 仄 tt止 サぅ。 ・ :■ 12


:

´ ^          ′

│■ 11'`I′ ・

■1

.“

ギ 111:i: `

00′ ② 特 お 、ヽセー‐ _の 年 の欄 には こそ の 時 行 /J,っ

iて

、 )を 行 動 の傷 果 主記 速 寸 る。

。④ の欄 に ぉ ぃを

Ef,

ffi a *4-'6 t= {Y ',

ヽ ラ 為し、生 じ る場合 に好申

li

o中 に記 通

,ろ 。 i

o② ゆ 潮闘て` 衛働 与 え る行 予 ″は'(

・ 業,■ か望iぽ せ彰

)7・

ロ ゥ:0の 欄:に 囀

1勤 彼 :栗 に電 '入 「 ∼ じι ぃ い l Jと い うイ し な ぃ1

111■

.:ニ

.ヽ

t

.′


5シ

ミ 且レ ー シ ョン


│││││'■ 言手ギ

1‐

奮III≒

11

li i:キ .■ ● :、 ■

本 レ′ミュ_し ″ シ ョ ン ら 肉 燿

:お

l‐

tキ であ る

. -:t..1'.

=

・ 基 :.t11ヽ 二寺ご 烏爺 キ ^ユ 3_BA巻 し 〒 奮 ■■い‐ 準 イ 馨 ず 11 彎 ヤ ず 「 ・ ′ b専 ガ縫 凛 無ボ .114二

.

■,1、 、7J.ず ら

.

た.協 ふ

J‐

ヽこ可

lt。

り..薄

ⅢⅢヽ:1111

な セ ー λマラv、 毒l準 ホ零て:亀 報1手

rlく

lし

:・

.さ

ヤlP■

"↑

ズtrな 誉 なヽ ttう 。 聴嗜.志 竜 炎‐途ふ トィレ人三 ●:F

′ ざ帰,7L後 ,Tと 電tし 4な ら。 1全 彎■全事■可る 。

l

1 .:

'

´

1「

‐ ・

1..

.、

:

lヽ

1


軍 ‘ご ”ゼ

ミド 哺■ ズ‘撃︼ 喩口 ● F 、要 ,そ

. 計一 戦蒻 鎮絲い

‘ げ

︵ロ ー 蠣 ヽいかヽ

い ︵、 ゛ ヽい ハ. ヽ食ぎ ヽ ヽ ■■豪+、 ヽ ご千 ・ ヽ R■ “ 、 も

ヽ 、3゛ ヾ ‘、ポ 、 、 一卜ヽ ヾ、

ゃ一 ハ一 中ヽ゛、ャ ヽ/

︺ド 峙 ‘ .い

、 銀

・ D

6に

ハ ャ

こ馬ヾ ‘L′ ゛゛ド.ゝ、 祥尋 績 ぐ

16

o→ 縣 鮮 語 じ じ 晨 目

tゝ 鷲二、 ′ ヾぎ か、、キ L・ ー. I 式 ヾい

嘔ヽ 中 猟 尼凝 Fじ

卜 ︰ゼト 濯 F t 智 曹 F 目

H

ハ mト ー ▲ H 川 ハ

ヽ 【

F 時 ・F cぼ 響 採 ご 属 じ H

一    〇

\;' \.- \ ■

o O 目


ダ r り饉 J諷 。

1 一 ′″ ′ ″ 1 ︲

4 ゛ く t︻ 翁 予 A

こギ リ お ぐ ‘

り ︺ 僣ギ旨 留 て

● oい 。 ”腎 F 弓 r ■ 多下 押 C ´ ご ヾ 製 ↑ ”整島 ば 押

、 bボ ミ 伴′ ︱5 費 ル = 司 o , ド´ 終 劇γ・ r・ f二 “I Js s”て おヽ パ F・ 、 r 減 薇 ■¨m ● 釧下暉■o い J T ゛ F ネ や ハャ 酬 二 覇 o

3 Rt膨 γを メい

おポ︲ ′E ヽ や L ボ 。 だく観 茶砕せ いぼ押

︱ ・ ︲囃 o b ♪卜 ■ギ ニ P瘤 二、

ド・ 年劇子。 中・ ノ ‘LCS でぐ 。 mr〓′ 百rd激ヽ ︵五 s邸置椰o ぶ F ネ中 m● 甲 嘔 。 ,

o→ 薇 き 語 じ じ 晨 目

檸L 稟 裏゛

メ´ ●D日事睫d感T

メ ヽ中猟例習戸じ ″

r●

卜 ︰ゼト 継 F こ 智 曹 F 哺

H

ハ mか ︱ ▲ = 劇ハ

F 時 eF ‘ぼ ・ 響 躾ご 訴 じ H

く く く

(F P 貯 H

0 0 目

督螂 。

O o∞一o

々↑ ・

メー ♪灌 冒 。 ニェ♪補 準 ・

う● 3ド D邸酔極 o

祥轟 藤 じ

, ゛6ND口 ぷ お 脚 酷ケや

静 ¨マ

17

J


ハ ヽ

び︺ 轟ギ‘ raゼ 濃

“ R︺諄 γ ‘ざ

“”り ︺ヨD一︻嬌ケヽ‘

網に い¨ ■

祥尋 藤 こ

`

o→ 猟場 ″ じ じ 滅

'

1 1

︰■卜 濯 F t 密 曹 F

ロト ー ▲ H

.

目 目

H

P O

H ヽ

︼ ヽ︸桜鋼〓pL ″

F 時 ・F ‘ぽ ″ 採 ご 属 し


濃び ︺ 僣 写 “ご 倉ゼ

゛T ‘ ・ き 工pヽ そ ¨ 6▼

t セ下o 集冬 ぐ■ヽ

、 ヾ‘栄 ヾbら 呻ギヽゝ ‘ドもヾKs3ヽ

ぶ崚

1 ゛ is ︶

通 曇

‘べ く ゝ ﹂F ^ 薔 いず ヽ ヽ ^ ・

r ””゛

い ‘ヾ‘蒔ヾ鷲 上、 質′

`き

, ヽ ふF‘ぼくヽ ヤ

シ せ ヽく

︱撻ゞ 、 キ ,■・ , 祥尋 網

6こ

゛■機 b、 や ,

¨ マ

,19

ら ヽ 0 ド て 盛連

o→ 猟場 F じ じ 叔

¨ ェ ハヽ冬

t ヾう゛冬 ゛ぼ ゛s、ヤ ・ ″′ヾ ´

く 中猟悩 い L ″ ト ー ▲

:

卜 ︰ゼト 響 F t 智 曹 F

H

F 時 ・r ‘耐い響 採 ご 属 じ

:い ロロ 4 「

く く

5r

i oC 目


o→ 猟 場 語 じ じ 減 卜 ︲ゼト 響 F t 智 賞 F

‘μ 再繊ぐ 。

´ヽ ︸ 篠 属JFこ

、 ヽ、

澪 ︺ 認ギ彦 留 ヽ

二 三 ヽきぐ 。 ゛ト ヒ ´

■ゝ ポ0・ ヾそ〓 ヽ ︵ ド → ■ ゞ ‘ が st ,2■ ‘ ギ ら レD■ 。 でF ´

一 一 一

●Fひ ャ上 ′ o黎,o、 r﹁ ずr

s帳ぷぼ丁

でF シ●瀬 く 0 ぅ十 .一

゛ ” V” 一´写●

ッ一 ” 一r” ﹁ マ

澤F と ,AL c確ぐ o ド ‘ 押f ぢ ”‘r ぐ 。

3ご ´ 薇ぐ。

´ 二馬 ″ 総議。 祥轟 籐

り 整ぜ 泌 。 .

︵ ド ロ♂ 岨譜翡

や い製

20

。 ,μ〆Pし o申 ニュ七 P暉 くF 。 , , M ハ nト ー ▲ d 劇 ハ

H

H

fざ 話 で も ︱営 主壼畔 ・

じ F k eF ‘d=″ 係 d 訴 ¨

l丁 に ド lτ H

0 00 0 目


o→ 猟お 語 じ じ 滅 ︲ゼト 響 F t 智 曹 F

ハ ヽ

電ヽ 守 桜翻 選 Ⅳじ =. ″

7 ︺ 僣軍彦 9 ヽ

“ R︺諄 γ ‘び

‘ ●い

祥尋 藤 じ

21

H.目

F O

H

ロト ー ▲

H ヽ

・ ・f マt

F 時 oF ‘がい響 揺 ご 藤 し


ご ゞ   ヽ 一 ,ヽ ヘ

、    き ゛ 、  ヽ¨

ゝ ヽ︸桜雇凝ばL ″ 日か ︱ ▲ = 川 ハ

H

o→ 猟 尋 語 t じ 凛

ヽ 1、

り ︺ 僣算彦 9 ヽ

い●毎ン マィぐ ゛く ボゃ お oFで いいち辞 じ、 そ、 ふ、 卜 ●゛ 、 ニド 、 挙 て R く 0 3゛ 馬F 、 ェ “

ヽ ヽ ゛F‘ ヾ f つゝ コ剰﹁M劉別Jqd翻﹁

ギ恥ざ神機

く′ 嗜卜も ヽ⇒憾 ヽ

、ヾ 一口、 浮 く.

ぜ ゝ 球 0と桑 ヽ ゃ ゃ

AF ‘ ゛ 、丁 く姜

裕 ‘ヾ゛セぐ

一▼ ‘ヾ1曜 で、

嗅口‘ヽ D 総 ■ 2 iFヽいハヾ 隼 果 、も 、ぃ ・ い ´ い● ‘ ヾ 下ヽゝ

う゛ ヽ 二忍 ヽ ・ こ 二 ,S ぐ

¨′■ ︱む ヾも、ぃ

祥尋 腰こ

⇒ 蕉 ぎ受、 ぶ‘゛鑢ド、、ャ

輌じ 〓r ・      / ¨契

22

卜 ︲ゼト 謬 F t 智 曹 F

ヽ ヽ

ヽ 3

H

い , ヽ  ゛縦rミ

F k ・F ‘ぼ 響 係 J 訴 し

H

、り し 目


F O

o→ 猟お 語 じ じ 滅 ︰ゼト 謬 に こ 智 曹 F

■ザ F 暮 郷 で 。 ″ 3 世´ P ぽ 絆 b 一い o ぅμ 二 L ↓” 命で o

. C o く よ 波 r 。 F ホ ¨ 。 C b ハぃ 一 m● 仏い いF ︵ ギ ′ e′ コ ▲い や枷﹁ n゛ ′ デF L c F打て 0 パ ■ ″ , “ド 幸中 r イ ぐ

“R﹄” 膨γ ‘ュ い

お い ミ ら にL oO■て 0 ■

[Ffお f黎 で 一

瞬 一 峰押 %一 一 ぬ

撃 謙詐 い 脚 亜

ぶ牌ξ嘔 瞭輝 。 ・ r Vザ一 ヽ

わr 象 薇 D潔 にC く 。 いいいい ・ 〓ギ ぐ D ♪卜 ‘

だ f 象 中 ハて い 。

バ F や′ ´ お ”τ ︹ ■ 2ぐ o 午キ c黎 ぐ ε 絆 , 、 い ,

骨嗅 。

Oo”一o

革 ・

三 多世 ′ い繕 再♪ ぐo 穫條 グμ ″ 雨 讀 いb ハい 。

卜ぐ κゝ 3ご う争 メ r一 o 3Ⅳ o♪ 5 .″ 祥尋 籐 こ

.n F ゛サ 伸 。

^ぼ

D ハト 9 冽b ⇒ や中 s″ 高 すゝ い 小牟●ハ掛 ‘t 面に

絲 ¨マ

歴 民 稀 標ぐ ¨

23

H

プソ書DデTPつヾい■゛L 。 .■■ LN麒 ”b3い L ぃo Nぷ ︺b 。 .多ご ´

y ヽ︸猟メヽ嗣じ ″ ロか ︱ ▲

F 時 eF ‘ぽ 響 係 ご 話 し

H ハ

FFP _「 FF H

Ooo OOO 曰


H

o→ κ 場 語 じ じ 晨

ハ ヽ

hV ︺ 週 ギ ‘ビ

” R一認 γ ‘二 ゛

‘ばし 三 一 ユ 僣姜F ● 計峙‘︲ u ・

祥尋 籐

24

ゼЪ 濯 F じ 智 曹 F

嘔ヽ ︸ 桜 ぶ涯 Fじ =

マ に

H

F I o

H

mト ー ▲

ぃ│・ 0網

ド 時 ・F ‘ぼ ・ 響 採d 面 じ


H

、 ﹂ く、 ヽ 、゛ L

ぴ︺ 印譲 r””´

、 ヽ デヽ 黎 ︶ ,

い ▼ば ド、ぅ、

祥轟 網 ぐ

。 S

Lヽ ゛、 ヽ

・面 ・ マに

raゼ び︺ 僣写‘ ︼一

`ヽ

ヾ1 誉

│)ド (11 コ

25

o→ 猟螂 F t じ 滅

H

け ⋮ゼト 響 F t 智 曹 F う

“ ヽ︸猟以rpじ ″

凝ゞ

,ヽ

F 時 ・F ‘湖H響 採 に 属 し

H

ハ nか ︱ ▲ H = ハ

` ヽこへ │

く)o 目


o→ 猟 お 語 じ じ 晨 目

。 ″ こ やケ 押継 倅£ 姜 o

鮮 イーーーーー

二世 訳 ゛ b ハぃ o

tU

│・

y ヽ︸猟メぶFじ ″

V ︺ 週写彦 留 ヽ

ハ r ド ヽ 、‘い ﹂ N い 0 ■ ″ ﹁ ェ、 = H 、 ポ ・ nV r< ↑‘ ド ニ ヾ トト レ ふ せ 、 c ′ “ K い rL ‘ュ 、1 口 や 、 い ■ 卜 一円 件 ぐ 1 ・ 、 ヽ r 憲 響、 卜 ゃ ャ o ︲ 、 , S ゝ卜 ¨ , ヾ 一 ■ ; 暉 一 l F         お ベ ヽ J ハぃ o 上L ヽ ザ F s一 ヤ ,

‘ メ゛

試rミL♪T C゛ Nぐ口。 “も、

Q

<

ごい●よっ継●授ざ

︶ ´ か 二 ¨ い F 卦 ヽ ゛ 淑 ¨ N ゛ヾ・ c

じ 味ヽF F ヽや tで υ

¨辞 い  ・ 一 ど ヽ 減 も ゝ 卜︲ 。

︲ ・ [ 、 71 ・′ 、 、 二  日   ヽ︲ 綸 はヽ ぃ  ´ド 一 費 籠 ぐ 一■ 詠 ] ヽ い 卜 ¨ ︲

,″ ご裁 “Fに︶ ‘・ f押 CD Oぃ 。 ‘

f軍 喬ュ”δF ユ E” ﹁

傘 姜む ぱ cc口 。

ぼD嘲 ・

コ ︶ο∞一  ・

三十戸

多♯二継O N 半 ・

3●二 驀ぐ 。

祥尋 繹

D、ぃ 。 .多ゞ ぼ 響´

ぷ ‘ ドD 響 継 メ 魚F

含 メ ︶ 帯 冒 相 網鮮 榊 。 ・マ

χ

oけ ︱ ゼ ト 継 F じ 密 曹 F L

H

L゛ 二 金 C c

︲ ィー リ T F﹂ 呻 一o いrヽ一 一 ■・ 口 手だ 。 一 ド¨   ・ ︲ 1♯ ご ●‘ Nギ .

K時

F 時 e F ‘ 耐 い響 採 ご 属 じ H

θ

ヽ ロト ー ▲ d = 朴

H

0 目


だ F ネ せ が 、ヤ

“ L♯ギ戸口■J・ ‘伴o びo N︵ 1 3 や一 ヽ十 r

が 館r 二 籠 ‘ ギ c≧ L

“ ば ♂ ´´一 r ■ ︱ ,ド

だ螺 V O一”′。゛ ‘っF ο いば ︲ ‘

ふ 諄 ザ ル 膠プP oメ o

﹁ヽ︸rっ 富 こ

ハタ

一H 峙 ‘ “い

二三 ポ ノイ ●

祥尋 属

27

o→ 猟 熊 F じ じ 掟 目

り ︺

ヾ〆Fザ 督 ■ 牧 ・ ヽ て ・ ヽ

“調響 いr ,︶メヽ′“バ ︲ド sT ん ぶ 出P ‘ メo

‘ ド´ ︲N rJ工‘ 了い十′︲ ぃ八︲ ′ 卜´ ゞ︻Cヽ ト ン ” r 一い一C一 C い︶

ハ゛詢レP 一ぃ崚岬 t ´

口■ば ら 千′fヽ F。

rp﹂ A二脳‘奪輌

´

ヽ、 、

静”′ F鷹フ 帽I 耐︺ “ ユ 諄 γ ‘ぴ

0 ●

F ︰ゼや 絆 F t 癬 曹 F 目 o

■ い

H

lS I淋 Jγヽ トll1  0

il ・ ●

││││ 電ヽ 叶 福割Σ 鰺こ

´I 輌 蠣 判マとじ中

J響

H

ハ m か ︱ ▲ d 劇′ハ

ぼ│: 二驚

卜●

.゛

δ

F 時 ・F ‘ぽ 響 桜 ご 訴 じ H


t

o→ 猟鮮 F じ じ 晨

ヾ く LF 暴 ■ヽレ

り ︺ 僣イと 9 ヽ

ヽ 千 母゛ ・

﹁ヽ . ふ い ・゛ 、

祥尋 緬

黙 二

目 目

H

卜 ︰ゼト 謬 F t 智 曹 r

﹃R ︺ 福例選 曰L

マt

ゞ ヽ

` ・

ヽ (` ヽ

\1

\.. \! \:' H

rt r〔 t

、 口か ︱ ▲ d 川 ハ

H

F 時 ・r ‘d”響 採 ご 藤 じ


o→ 縣お 語 じ じ 晨

il馬T■ず率 ー

北理 患 距 f

澪 ︺ 僣軍彦 9 ヽ

¨ 中  ト

ぶ R d氣

ヽ ヽ嵐 αい0 ●卜 F c ‘ ・ 一 ´ ド ∵l■ こ ヽで o ,

゛ ■ p´゛命ぐトギ。 ,。いTやヤc撃dl ぶ甘 ミ中りくぐ o

● 中 0 し o卜 。 ・

ぉい o い 口 ミ 翠 e b り中 。 理 ︲ m

B R二, 脚 軍 ‘淋vf 御 一

・ ︹ヽ γ ミ 風 は Nい 0 ヽ 解   ・

い螂・

ミホ 撃っ二 ゛琳 響ギ. ,

だ F ミや ■ ■ で ・ , いF 薇 中 ゛て おヽ

Ooい”o 挙 ・

祥尋 藤

・ メ′ 製ぼ 響 つ ハト,

多蓼氏 #ぐ

1丼o燎TN憔 .

こ ご 掛︺ 雨 爆 い機 いt ¨ 哺 討卜機 。

峙 ‘ “い

”rい小ひい〓 ギF b ハト . パ ヾ “F ■ 中 ●o ハい 。

r ””´

29

︰ ゼト 縦 に こ 留 曹 F

く く

ノ ー 0押十ぐ o .‘■F い b ハぃ 。 0

ヽ 5 民 出や 。

︼ ヽ︸猟メ喫パ静じ ´

iト

り´Ⅳ二本 国匿や ⅣD‘#゛破 o ゛F f中︶やo答口o 濡響ぐ . ・ ︵ 軍・ 輝 ︵q樫 七 ︶ 6 に リ ニ 響笑‘ぴ 任伊 輌” ´ や ¨契

F 時 ・ F ‘湖 い響 採 α 涵 じ H

H

ハ mか ︱ ▲ d = ハ

Pぽ 卜 4 「

00 0 目


o→ 猟 お 語 じ じ 潔 目

H

rp r K ゛ 、十 ぐ

くlF、 中﹂ 1ド一 ´

ヾ寸 1〓 こ 滞.. り ︺ 曰ギ彦 留 ヽ

″ い′

い ポ耐

しヽ一れい働 げ゛ 6,0 ド。

rド 革 響 fζぐ c r警u 田‘ 響 G レ 。F o ´ F ‘,中 ち 昨 ・ , “ Rt脚 γ2 二い

′ P r輝りⅣ 一 r 汁ぐ‘係o I主 事 ノボ θ ︲ とぐ 。 りt ・ T ξ£一 ´ド ‘ r、諄ぐ o

” ヽ ” 祥 屈E嗣革 ´ ヽ 日か ︱ ▲ = = ハ

燿F‘ 響s綺

ベ トヽ→rひ゛ レo率 ξ︰ 口 ♪十二

リ ヽ ︸r” ﹃ ﹂

呼山 o

O″ 一 ´ ・

メせ ・

・ 受い S To ゛o ゴゞ ボ ′¥

祥尋 藤

づ ■ 千 ″‘rf 摂 1 中 。 ゛kF ‘ ゛︶や 。 ︵“r 輌 P卜荏 ︶ ´ Ft ´ 面に 摂 ¨要

卜 ︲ゼト 響 F t 智 曹 F

F │で

H

litよIf ュさ■ぶJ“s

F 時 ・F ‘響 響 採 α 藤 じ

<こ Fほ H

000 目


1`

ヽヽ`

、・ヽ

く ︸載 昼 椰 L ″

軍旨 留 ヽ

] 、 ゃ 朴 ι ぴt 十 一 う t ギく , ふ ¨

■■、 ヽさ l゛ ド︶ や ﹄ 鷲、 5年 ヾ 、 ヽFSe , ” 、 ” r n ︺ 一 ︸一 一 ﹁

︰︺嗽ダoゝ、

i﹁ L 寸く

森 ,ヽち ヽ コ 祥尋 話

も ゛恥ド ´崚

︵nf∴■  ・

r ズ・ ■ ︺ ポ員 ヽ ,

ギ ゛ ・マ

    ft ,

311 ・

,

o→ 猟 場 F じ じ 麟

H

卜 ︰ゼト 響 F じ 智 曹 r

1●

ロト ー ■ ■

│卜

F 時 eF ‘麟い響 採ご 藤 じ

H ヽ

\n S \r\' H

0

0 目


F O

o→ 猟場 ″ じ じ 晨 ︲ ゼト 響 F t 智 薔 画

く く

多製 ′ 戸 Dメ 什ぐ o 5L多ドぼ 悧´ b いい。

か ︱ ▲ d = ハ

y ヽ︸猟〓ヽ嗣L ″

う●■ ■鞠ヾ︲=F子 o

。 う平二神二→うnfヶ” 辮一

FF「

F 「

4

´

。いF プ F ミ恨 ビ 誉 t v

 .”口 ちギ平で贔﹁e t ・ . め FtFやいて‘︱ ,m ● ド じ e e rて 盤じ ボ ・ , ,n い い松 Tr D D ”い o f撃 ● ” .いF ︶ 打 ′管ケf中 o D oい o イ

“ R︺諄 γ ‘ュ ゛

ぶ杖ハ雷 ミ供♪継 。

︵智

”普峙 ‘ ”い

グ ザ E 榊帝d 。

祥轟 網ぐ

‘銀押bハいo 多=′

, 遷

卜 恥

バ rミ 中な伸ぐ ・ .“rミやめて0 ﹁      .い ぅドD響 ︲ 十月 ボ準C寺響わ ‘小 o

ぶ F ヽ 予 ‘ り o F ”2 ● 。

ご 0 いい いい 楽 ギ c b ハト ο

や 中 F D ハい 。 い r‘

綱に 中 ¨マ

32

F 時 ・F ‘ぼ ″ 採 ご 藤 じ

H

○ 目


o→ 猟 場 語 じ じ 晨 目

H

\ ヽ

\  

、 、

、 、

一一 や

り 一 僣ギ彦 9 ヽ

゛︶

ヽ′0多 ‘ い一ヽ F〓ke ゛ ︹F ︶9 丁 ‘ 絆 υぅ世 。 , ″ ゃ推一 ´r‘ ゛やもκ Jぜ 洒 。 “R︺澤 軍 ‘び

゛ F I ヽこ゛‘T

ヽFせこぐ 。 ´ ヽr レ〓 や

′ o絆ヽ市ぶ。 いずg ,

吟ユ ゞ ヾo千 ‘ 響 S ぃ 。 ,

り一 ” 一r” ﹁ ヽ

︹ド ‘ せ 淵 t ぐ 雨 ι

峙 ‘ “い

fざ︵ スェ燎ぐo 一 イ。 ︰ぢ 里ヾタ

祥尋 繹 こ

。 オニL 、 ポ Jぶ 0

︵“く 二 いごじ ′ 感じ 蜜 ¨マ

卜 ︰ゼト 響 F t 留 曹 F

耐圏帥

多 ら 1 3 ボ タば 。

・1 ヽ ヽ

mか ︱ ▲ H 川 ハ

” ヽ︸猟以濤嗣じ ″

︲・ 1  

F 時 eF ‘響 ″ 採 場 面 し

け ■

N ■

0 目


= ハ

” ヽ︸猟メ宴話﹂ ″ じ ︱ ▲

‘ヽ、 ヽ ヽ ゛

裕・ ゞr 、 ヽ、 ヽ メも、

J

T∴ ミ ゞ (Vt

ド ヽ ︲ヽ∵ fヽ 、゛ ヾ

 L や ´ ﹂ヽヽ

﹁マ︸r”ッ

1 1

│`

″ゝ 燕

u

上 、ヽ名

ヽ  

へ     F

.¨ マ

●一 ﹂ ヽ ↑ ¨ ヽ  ぜ ヽい ィ 燕 r に

へ ヽ゛ ヽ

祥尋 績

N Sが か

■ ヽ

34

o→ 猟場 語 t じ 晨 目

ミヾ .劇 一

︲, 1︲ い .ャ、 ■一. .

, 、 さ、ャ ●十 ︲い一、︱ ヽい F

押 か

卜 ︰ゼト 縦 に こ 留 曹 F H

H ハ

` ヽ

S` T

ヽ `

F 時 ・F ‘響 響 採 ご 面 じ H

ヽリ


o→ 猟き 語 じ じ 晨 目 卜 ︰ゼト 濯 F ヒ 癬 曹 F 目

貯 ぽ い

. ニドちドリ響串烈Y

多こ 多ドぼ 押 ●●卜・ ′ 多Lな 卜 欄<︱︻倉‘ o

、 一 緒 例まF じ ´夕

涸か ︱ ▲ = 川 ハ

H

│││ ││′

o ●

0 0

く く く

゛●Vャ‘多べよ いうJ . ︶ ギ 榛 下 ”︵ご ミ ■ ・

高 F粂や→平゛ 。 卜中いてぐ c ぶ F´ .ゆF・ ‘ Lユ そ0 , ´ ′ さ b ▲い o ご 小 い い 松 撃 T , ネ , ・ ご F マャ 碁・ り 、い o ネ ヤヽ ″ ・

“ R︺澤 γ ‘び

牟収 小∼ メ .いや 月 に西 ・ ″ ・ ︶N卜喜 = ‘ t員 ュ ざ ′ ヽネ・

リ 、 ︺ ︸r” ﹁

濡 F集中c嶋ぐふ

ぶ F ぐ中 いマ ぐ 。 , ン“ 咀 O S●k 昼︱ .m F ヽ イ ル 。 い いいいい トギ ● D ハい い o ツ

. n z ネ中rDハい o , H

管 崚 ・

Ooい一o さ 。

ヽ P゛普峙 ‘ “い

。′ ” ノ“ W

多仲Lいヽnf、・ ギ霊∵ o

多世 ´ 壼 = 響 く ︱=F格 o

メ′ 〓 ρり響希ぐo

いo ●ハ .多=一多Ⅳ用 野憫ら 祥尋 繹 ぐ

.0 多 ド ♪

費鮮 ぶ 茶ぐ銀 ゛b ハい。 ︶己 小↓ 〓刊oい仲r´

繹鮮

F帯 ・ ゛年一 卜 = く ︱︻分予・ ・

¨  収

55

F 時 ・F ‘ぽ 響 係 ご ぶ し 由

00.○ 目


o→ 猟お F t じ r

すよ

3ぷJ5 く 姜 井o ま

電ヽ ︺〓瑶凝 Fじ ロト ー ▲ H 川 ハ

〓r3o撃、 ゝェ . ヽ 澪 ︺ 認ギと 留 ヽ

ぶし N 丁 牟

し ″ お いξ R t O o , ,

ξ 伸 ζ ャヽ ■′ 亡v ,

ハFf■ ギs ドリぐmo

“ こ 辞 γ ‘び

′ l † ξ像 そ4 ・ ,く喘4 ・ ′ ■゛ ゛ギ 〆 把ヽ

´ ‘LざC ︰︶⇒昨 。 “ぼル﹄マ o一・ t

゛黎 峙 ζ Jい

ス 一■ ・ ラが 一 多二 三琳 ノメ ・ ,

祥尋 暦

36

︲ゼト 響 F t 智 曹 F

応 に H

H

ト 0

H

J s i主 = b ポ 。

F 時 ・F ‘湖”″ 採 ご 訴 じ

0 目


ヽメIFバツ、 ぐ、 ・ ヽま¨ ご ∴習 、 ﹂ ヽ ふ、 ヽ こ せ■一冬 ^下ヾゝゞゝヽ

“ R︺諄 γ ‘び

ιゞ

峙‘

﹂ 一﹂ 翔 鹸

■こ 膠

37

o→ 猟場 語 じ じ 滅 ︼

ヾ H

︰ゼト 響 F t 密 曹 F ″

´↑♪キ冬 ︱ 寸 ヽ漱準 ¨

﹃瞑 ︸ 猟尼選 β撃 ー ユ ・= 綱 ハ

・ ・網 マヒ

F O

H

ヽ﹁ ト

:lマ

F k ・F ‘耐H響 採 ご 面 じ H


o→ 猟お 語 じ∈ 叔

コ ト

= ハ ・

多メ七月押ヾ︱ハF子 D▲い o ,じ く ︸猟悩 籐 ´

1llilll︰︱1 0

‘l li l ︰︱ . ●

多 = D︶●載 沢 o

。 コ ハぃ o Pぼ J・ 多 μ ″″

ダ´ 世ン ノ ぽ“ 押小‘・

H

F Iゼト 響 に し 癬 曹 F o

H ヽ

K H 貯

び︺ Jギ‘ raゼ い

■やN ”βα墳 卜のや換、 哺嗅 Nい腱銀 ビス軍十・ ︵歓 。 海 ゛ア ボ彎鷺 vゃ ′

ぶ ●集 中c囀ぐ c F中いマぐ で バ r∼ . ″●Frて盤﹀o 手︲ 季 ″ “ド〓 ‘ , ご 後いびr・ DJぃo 手翠 o´ ´ , いい ネ︵3 押FDハい o “ R﹄諄 γ ‘び

” . り″ 製卿﹁い射い慕 JPN ︱市 ヽいぺ晨 二増報 ュ、 ︱ E ︶ネ 唸黛 ︶小 ″ ■晨。

高●集中c梁ぐ .

囁 幽o Oふ一o

さo

‘ ●い

。 3製′ ´ドリ゛十ぐ ・

‘世 ‘Nぽ 書b ▲い 。

祥尋 繹

編に

ハ”缶 卜 押 く ︱贄 Lじ

バ r年十 いてぐ 。 こ rcS 7 ぐ ・ 高 いミ ・ 。 Dハ中′ ゛ 命C が 卜 F戯 ”b う卜 ・ い一強いいい´ ^、 下e・ ヽ ,・

.“伊 ‘ F 0 ハい o ″ ´ ︵■ だ甲 C ″

 贅 ¨

58

F 時 ・F ‘脚い響 採 ざ 訴 じ


H ヽ

H

o→ 猟 場 ″ じ じ 晨 ゼト 響 F t 智 曹 F

コ か

L ざ Jヾ くご ュ.

き ぶ岬 o 1書 一

れ 耐. ニバ τ ﹃

= ハ

く ︸ 猟晨 薇 じ ″

r ● こ ゼ ゞ一二 う マユo

澪 ︺ Jギ旨 留 ヽ

い●2 ぽ

︶しゃ耐■ ハ暉だ゛“ 0●ハ く ′ , “ぱぼご一 ′ ーー“︲ ゃ▲ rッ いユ ン 税ド ,

いこ 群゛ょ T

Tぃ FI F Fξ gf 1 3 J ‘ゝ ︲

“ドし,辞Jギ・ B R﹁諧γ ‘ュ ば

. い “ばげ ゛一一︲

馬静0 . ∫がヽ´輝 い″

ハ暉 いにず ︶dサ ︲プト → ご 絆 、 レ だ い。

“請ヽ ´ し ‘ 仲 ぃド市で o ・ , ヱ印譲 ” ﹁ ヽア っ一

多 ド 轟雪 ヾ ・

I べ rrざく 、ュ 。 ,

祥尋 籐 ぐ

“ 二 Ⅳニギ r針 眸ギ

“ ■∬眠 甲庭 N ´

゛押︶→ ・ “ド ″

掛 ¨マ

が ・

39

P   ︰ o

F 眸 ほ 時 H

<

′こ0﹂ ν五 耳 一

F 時 ・r ‘ぽ ″ 採 ご 訴 し

9 0 目


o→ 猟螂 ″ じ ぐ ギ 由 ゼト 響 F t 癬 曹 匡 目

F   I ・

■ヽ

く ︸桜晨 静 L ´

´´ 一  ´ ヽ ヾヽ 、   ヽ  ヽ

r 墜 ”い﹁ F︲ ドト 一 一 一 ︲

ド 時 ・F ‘ぼ 響 係 ご 訴 じ H

︲ 口か ︱ ▲ d ′ ′N ′

網に

祥尋 藤

工 ぎ や冬 ´

` ボ

・ ト

¨  マ

習ヾ

ヽ 「

H

0 目

H


o→ 猟 お F じ じ 晨 ︰ ゼト 縦 F こ 智 曹 F

4 コ か

︱ ▲

y ヽ︸猟だヽ パ曰じ ″

ぶ 枠 ミ 多 ‘プ 春 慶澪 な ︲ ′ ′ “ 二 ●一 ぷ Fミ′ 轟ポじ

” R︺。 辞軍 ‘“ ゛

″ ●■で。 曇求 0子︵ ´ 属F′

^ 0井ボ 再e掛ぐ o 工″ ′ , , だば″Eミ也5ヽ押着 R 勺 グ 世弓 ゛ぼ“匿 o 雷 μF fi蔦 ャ梨奪 。 ,

(

H

F O

H ヽ

お械“r 繊 啓■中Faハ”半 .

 マ ¨

nヤい誉→メ■疇゛書ぐ 含 伴“緬 ゛︶ 面に

祥尋 藤

ミ 橋 eけぞ o ”一 ヒ′ めr製L 再 。 爵 ち 榊誉 T ユ︵ ︲/F F 書 Lf ︸

・ こ印譲 詢 二 E” 一

. mい S′ デ‘ピ●ば0■■。 ´ , f多おLs〓絆丁 バ ●争 ご 甘条仲︵響ギ . “e恭 鮮 ∝

” 二 裂 実‘‘ ‘伊 い■ ´

F 時 eF cぽ 響 採 ご 面 じ

■11


o→ 猟場 語 じ じ 晨 H

鰺一

蒔 4 「

、 、 ヽ ヽ ヽヽ

\ 、 、、 、、 、、 ヽヽ ヽヽ

ご倉ゼ V︺ 僣ギ‘ 湿

〆F 一→ 辱締ゃ ‘ lよ ︺て 耐 ︱ 澤 ︲′P絆 F 輝 い r 刊で。

ハト ー

″ → ′PIド上6由でおいヽ

V^二″ r認ハrや一

めsギがお ︰4J∼′

r”ッ

“FヽプPドξ t ボ 砥‘t ヾぐ ヽ ■ ∫ r凛いデoで “Sヽノ , ド・ トレ、 手絆“F7壼丁 平・ “ ”ドー仲確 ︲ユ

﹃″´

0・ア .撃ゞヽ

一H 峙 ‘ 層い

多ざ ″ 馬´ V里 膵 ・ 、 ゛ヾ メド ・ Jヽ一

祥尋 籐

︲墓■・ いい ●、 ヽ

へJ ヽドヾく うヽユ︶ 網t F ¨契

■ト

42

卜 ︰ゼト 響 F t 智 曹 F H

H

ハ  n ト ー ▲ = = ハ ・

く 叶猟昼 輌 L ″

F 時 eF cぽ ・ 響 躾d 訴 じ H


nト ー ■ ■ 川 ハ

〓蹴

, メ ■・


H

o→ 猟 お 語 じ じ 想

押士→ 井 ξ、馬c術 ぐ ο

ll i l i ・ 0

1︰ ︰ ︰ ︰ ︰︱ ︱ ●  o

” ヽ︸ 猟以r膊じ ″ 口か ︱ ▲ H = ハ

澪 ︺ ♂写彦 9 ヽ

ぶ r ミ ヘ cや g I 冬 口 。

“FぶLo榊浮 o年●。 し 。 いF´ 屋XIヽ が多‘L● ・ 高情‘ 争チ‘雪●一 ‘P小o ざは く 。 おr彙 多黙P , .“F‘ メ“ ”一0一 ネ″ お メ︵o

, 笑訴 拒御 口” ・ ヽ︸ ﹁ 羅

n じゃや OC i スざ 藉 激 F

τ

呼 螂o

・一

〓ャ

、 U

一ド 峙 ‘ ”い

祥尋 藤 ぐ

争士 押士 や f 格o槍ぐ 。 メ ´ ,

繹館

. 一 い ︺ 都 い こ い ﹂ な い ¨ い “ ﹀ ︸ 一 ・ “ R一諄 γ ‘び

´ ぐ率 ぐ い ぶr″ fヤε 子″ ″ ,

絆 ¨マ

﹂N晰ば F II ︱︱ ︱

44

ゼト 響 F こ 密 曹 匝

H

P   I o

貯 H

グ J D

ド 時 ・F i 甲 σ 採 d 属 じ

○ 目


恥び ︺ 轟 て とご ケゼ

′ ︹Ft 点 、ヤ し お〓 Υ “r い二 ■ぐ♂ ρ卜ヽ

綸、黙 ぐ 。 ‘ポ ぐ千′ “ R︺解 γ ‘び

rFLやヽ 、中 二 ハr , ‘ 〓^ψて東ヾ訳∴

一出 峙 ‘ “い

^ ‘r五神J報 。 祥尋 赫 こ

゛‘ やLcJ゛ザ

γJAぶ ご■ヽF ・ ヽ

感じ 。マ 繊f

t F

45

rt 嗜 ど ‘′ ︹ヽ謬ぐ 一

\ \

\ \ ヽ ヽ

o→ 猟 場 語 じ じ 晨

l 1    0

′    ″′いPr碑ず o ヽ

コ ヽ中 福鋼ンFL ″

ゼト 響 F t 留 曹 F

ハ ロか 1 ▲ = 川ハ

H

H

F   I o

“ 厖・ 「 戸

■瀬゛ント〆 r嘴 ″・

ド 時 ・F ‘ぽ α 採 α 属 燎

G 目


ヽ督 ″′

黛l 通

、 くTヽ いて ヽこ 、い ヽヽ

11'答

=゛

一 、ヾヽ ヽ■毅ザそ や、 一

`、 ′

:」

﹁ ヽ︸rっ富こ辞 譲c喜

冬ネ いス、 一 い 、 ゛f ゛ ゛、壇 よ ′ぎ 一︶∼ Fて、いてぃ

´

ヽ二

目 目

H い ■ ミ

< く

` ・

o→ 薇場 ″ じ じ 晨

rl

ま ギニ

・。 マ奪 「

・ ヽ・

` ′

:ヽ

。 く ヽ i ト ′

l^、

卜 ︰ゼト 濯 F じ 癬 曹 F

H

F 時 ・F ‘暉 ″ 採 J 訴 V

!

メ ヽ︸猟メrpじ ″ ト

ニ ヽ てヽ ヽ 戸

O 曰


o→ 猟場 語 じ じ 晨 日

r4■

││

り ︺ 僣軍と 9 ヽ

ぶ ポ銀 l=濫 ¨ ゛′ や L二 整 、 i い灘ミ 終Nイnrボ て 。

ご朦村留 れょぅ緯 。

, ¨r 雫′“ ‘θ一CS 春い o ′ ′ ′ ,P 、 ‘o バ rミ ニ′ √, 1″C プ椰 ′

oヱ﹁等 ・ ド打 0中 ︵セ 等 ´ ´υ

ヾ ︺浮 γ ‘ぴ

ご 鷲ぼ ネ ︱=滋 ゛‘ L城 猟贅︱

警 嗅 ・

0・ ”一o 挙 ・

゛階 峙 ‘ .い

い 署C姜 ギ綸rゃ=ゞ。 .三 ♯ 多ドD ﹂ ぶ鷲↓, 雷 ■ ふ鷲わ。 Jrやメf ■■ぐ 。 ,祥 轟 藤 ︺一 マ一r﹃ ﹄ ヽ

鮮蘇、。 お︱ドじC“ mF・

い﹃″¨

︲o ´ 長ギ、 ”絆‘ ‘▲C一 ‘ +´ ゛傑ぐ o いr押年→●争 N“ c帝‘≧ ・ ぶFふ不ぐギ︵ ︹

・ 哺 ﹂ く    ・

卜 ︲ゼト 響 F t 智 曹 F 己

、 ヽ︸猟メ黎κβじ ´

1千ミュt薔幕ぐ

、 mか ︱ ▲ H 川 ハ

H

F 時 ・F ‘響 α 躾 ご 藤 貯 H


H

ニ ド ‘呻丁

ゝ ヽ︸瞑属習画L ″

目 o

ギと 9 ヽ

いドレe え 〓趣ぐ壼Υ だべ P

κF ‘ 卜 n さ 。

写ぶ孫糠一

絆 ド レ・卜 ‘く ¨

ヽ世゛よ 総もヾぐ・

ハぶ 上 精 一

′ L i ‘ ■ ‘ヾ冬 辞ゞ r N︲

.、

“R I 膨 軍 ・‘ ュい

︺摯 峙 ‘ “い

ざ 工 6 r曖■ , 岬Sf

。 ド F曖” , 祥尋 藤こ

椰 一ぜ゛ヤ 僣 ︶ ︵撃 ´ 面に

 製 ¨

48

遊│\

o→ 猟 場 語 じ じ 製 目

IⅢ E「

H

H

oF I ゼ ト 響 F t 留 曹 F

mか 1 ■ d 川 ハ

F 時 o F c湖 い響 採 α 面 じ

q 目

:


H

o→ 猟場 語 じ じ 晨 H

、 、 ″ 、 ヽ ヽ は ・ 母   ・

゛ぼ ヾヽ、ヽ いい

と 、■くヽ. 時

﹁ ヽ︸rl富ヱ騨 ざ

・ヽ

〓↓議 Fぶぞ 出碑rソ じ ゃ Lが´

︶ やや いIJ

ヽ    祥 尋 藤

卜 ︰ゼL 響 F t 留 曹 F 目 F 時 ・F ‘響 α 係 ご 石 じ H

Jゞ ´ 主 ♂針ぶ、 d rs ´r rボ ,

3 ヽ ‘ ド c P二 昨 ・

” ヽ ︺ 格 理択パ鮨じ ´ か 1 ▲ d 川か

てヽ`

′ 「 11‐ ■ こ ■ ギヽ .

1 ヽ

│、 1ら

││ │

F に ド

H

ぐ く

9 も

C 目

訓ギ ヽ1ヽ 「 :ご お ギ 食 :ざ、 [:


o→ 薇 螂 語 t じ 掟 目

rl

″′

ゼト 濯 F t 留管 F 目

ト ′

び ︺ 認 軍 ‘r aゼ 一

だ F 荼 A J中rC撃 。

仕e平4F↑バヽ ︹ 5ド摯中 漱

。 1■ じ C rT 20 ぶ “摯 傘´ ‘ ネ 押 ●聰 力 ヾ 。 訂 , r年中いてO o だ

バ 一ミヘDボ o冬便 。 ・ . ハト . い ︵ や 0 絆 い P 小 “ ′ Dハト ・ , ”F 集 中 Q , ・

バロ終 へo郷・黎・ 勇醸ミホせ 収“Ftぐ・ .●一 でo ´ 卜を″ Fじ ・ ぶ一∼ ボ′

だ 駐盛ヽ準 ゛ ・ ネ中“マぐ o mFら

甍ぼじ惑手、 電こ “■・ I ‘g体 一 6.

、い F R Dややc Su 。 桑 ′

︶ ‘ ・ ﹃ ″ い   ″

り Q。

0た T

孝 o

峙 ζ “い

〓 が ′二 F ゞ な

Nぼ 中bぅ卜 . ´ メ´ =′ 祥尋 顔

   e . n絆 リで ボ o

ヤ . いス いい 一 い ﹁ ¨ ¨ “瞑響コ oい だN tトト, o お ﹄ い 彎 一 一 ,﹄ 3 子イ臣 製希型 t , 網鮮

¨  要

50

F   ︰ o

H

F 時 。ぽ ‘ぼ α 躾 ゼ 藤 じ 由

︱︱ 1 1

11 1 1 ・ 0

、 ヽ︸桜メ宴話嗜 ″ じ

tて

κ

H m

O S 目


、  

、 ヽ、  

ヽヘ ヽ

` ぴ

ヽ 、

猟場 語 じ じ 鳳

ヽヽ

一ヽ︸〓 二 綺ュ

P

F 曹 Nr rヾく 石■ ︺ ギ  繰 仁

:暉 _

0→

F■ 癬 曹 F 目

raゼ ︺ 磁ギ‘

“ R︺諄 γ ‘び

ド 叔・ 一

卜鰐 oF   I Jヽ ●      4

” ヽ叶猟翻選pこ ″ ト ー ▲ = =ハ

H

響 揺α 訴 じ ﹁

H

F k ・F ‘ぽ


ト ‐

1

▲ ‖ ″′ ト ′

i′

52


Fト L F ド ー ︲

55


o→ 薇 螂 語 じ じ 製 目

CE

‘ヽ ス♯、゛o “ 卜ヽヽ

争ゞ く £■ぐ。 守ヽス′

´ ´ はデ鮮 。 延′ ヽ “ぷ口︲ N´ げ 下・ i ■ 上、 ︻レゅ吟蹟 t ,卜 ‘・耐ギ レト‘ 卜・ 一一 ︲ ・

。m 中 ド や 、﹁n ´

y黙 げ

り ︺ 僣軍彦 9 、

γ ‘

ゃ係 . ユ、,、 1ハ ′

F ′ 0卜 一 千口CrJ う

ル X■‘絆cPゝ ﹂ C 、 ヽ ゝ ︻ 一 く ´ ギ r ヾ ´   o 含 壇 ・ ゛ r ′ ら ヽ 7 へ   P

、 ぃ 飾 コ 型 ♂ 一 性 仰 r つ 計 一 ヽ

ひ ‘ r 解 絆 レレ ・‘縁

いよ磯ゞ壺︲ ′ い゛‘ヽ rヽ 。 ↓絆 sい● ・ “︻ル 性 ︶﹃ 丁 ′

鱗♪ぐギ ︹ ′ ミ一 総s ,

︶oい´.メヾ

暴 Fも普峙 ‘ い .

二主 ぶ J凛。

祥尋 赫 ぐ

ザニ 聯ポ J■

ね︺ ︵沖F F´ 面に

ダ ¨マ

l

.〔

F ︰ゼト 濯 F こ 密 曹 F 目 o

メ ヽ︸桜以Σ戸じ ´

[ ﹁ 出F 出呻 ´ 蹟] ¥ ,ゞ ボ ノ

響 採ご 属 υ H F k ・F ‘ぼ ・

■職 や 戸

ロト ー ▲

` ′

H ヽ

″′

0 目


″′ ・

]1)F.11 ず│↓ ■1、 い

鼻 i、 い ヽ 公■へ、ヽ

、 、 、 L l  一 ヽ

、 、   ヽ  、一 γ 、 。 .ぃぃ ィ ﹂ 一一 嘘 ・ ﹂ ヽ く

コヽ tヽ 11

■ │、`

(・

ヾ い

藤ぐ

懸 ま き

 要 ¨

感館

゛ ヾギ ■冬 、冬゛ぶoいゝ 、 ´

熟 i

5

o→ 猟お 語 じ じ 掟 目

くt t、 ヽ

ヾ ミ¨ ︶   、ヽ

d

ヽ ヽ、

︰ゼト 響 F じ 癬 噛 F 目

\ `ヽ H ロ

卜  、い ざ ヽ、ヽ

ゝ ヽ︸猟瑶ヽ パβL ″

il ・

P う

H

F 時 ・r ‘ぽ 響 桜 ご 藤 じ H


d

ト ′

ゅ 代 ﹂ 卜 い ヽバ よ 二 、1 ︲=

,■︱︲= 中゛ 一 01 ︶ 、γ 。 バ 飛 武 二p ゛ r

よ 碁Iド ゞ I 引

曹卜i

喩│も 。ゼ準よぶ rt

1‐

颯H峙 ‘

. メ ,

rドぶ朴一 係 , ︻ ユ ●関出で ヽ ニギ螢”bハいo 祥尋 籐

m・ 、 ′や い

L底 ドハ密播 ゛終 。 轟t

畔 ニ

56

ン 電 い 椰 い い 一 ぶ 融

ボ':古 はヽそャそ

ご い 、 中 ︶や 、↑ 口 o

■ ゛ ゃ ヽ

`、

o→ 猟 場 ″ じ じ 晨 目

″′

.`

F ︰ゼト 謬 F t 留 曹 F 目 ら

か´ ■ “ や軍 卜 半 ・ ″■ 〓 繊 で 。

1 一r ゛ ヽ ↓い o lド 氏 ハ や

﹁いヽ ず ヽ業 T c

ヽ ヽ T 卜 一憫 甫 ヾ ︵ 、 ↑ ヾ 應 口ヽ い に ド ト o ´

﹁ 上山b 中T力戦 ■c 手 高 い鮮 こ

“ い小 ■口 ● ド ヽ つい卜 ・ ︲ い や 、 中 s ︶ハ卜 ︲ 。

“ ユ 辞 γ ‘び

n い 、 ギ ず ζぐ o

f、

。︵  ︲ ´ 卜一 ξ林 ¨ 一卜 燎 = ト ドセ ユよ L ヽ 卜 に o

t世戸 欄 凛\ 3

く 中 猟晨 暦 L ´

ヽ ││く

F 時 oF ‘ぽ 響 桜ご藤 し H

、ι `′ ヽ

1

く く て て ` H

lr l.―

LIテ ヽ ド ド 「 H ロ

0


H

o→ 猟 お 語 じ じ 晨 目

゛゛りr C ヽ・ざ 一

︱︱︱︱

  .

ill  ●

ァ旦 ポ メJ ゝ ヽ︸桜メ ″ 黎話暉 こ

ヽ m、 1 ▲ d 川 ハ

二さ “ 轟 麟ザ ニ智 3せ ヽ

じ ︺ 轟てと 留 ヽ

r いF γ ‘ t 暉 ■ 一 い 褻 ′ヽ 経 ・ 上 、︲u ぃ げ ゛ ヽ

″ 、 終縛 二挙゛ t G。 f≦゛いド臀゛ ・ 漁汁ぜ へ rバ F N, ‘ ヽ T ´” 一げ

計di 暴 ゛ど↑ ‘ Y

い Ⅳ い ゝ゛ レ o 率く rや ,

呻ぶェ攣 ‘゛LF︰ メ R︺謬 γ ‘ュ いfa

≦ や︶゛ 、ヾs いド・

︲ 、 、 ︱ハ ザ ゛コ ′● いo 品d 、 主1 ユ ・︲

一‘ ´ ヽF ‘︸ おい ドせとぐ。

L 、い ァ ゛d “ ・

綸沢汁 学 ‘ 絆議F″0 ・

5藤[ い 嘔性い

ハ謂 汁撻 し、 い 、ゃ卜s

´ 一 y 騨ざ 口” 一

‘中︶ギ 。 いド︲

1ぶ3 ミ ■ 撃

夕 ざ ぶ滲 タポ ・

祥尋 腰

′ ふ﹃ ゛〓””

げ■也Ⅳ‘﹁q麒゛ 語・

面に

¨  収

57

け ︰ ゼト 謬 F t 智 曹 F 目 う

t罫11此ヾ

F 時 ・F i臀 響 採に 属 υ H

下 ヽ

く 〔

G 0 目


ぃぃヽ ざぶ 、 , ″゛代 ヾ 一   い、

祥尋 属じ

H ヽ

ヽ ,│

“ か

● 4

58

o→ 猟お 語 じ じ 晨﹄

, ヽ、 、

ヽ いい いい・ ■・

い     ヽ●

“ す ヽ

い                    う

叫r i  l

l―

Hマ 「じ

、 、 、 . .一   哺 ヽ    ・ ﹂   ′4 ヽ L /    一

、゛ ︲ ド 、い , ■ 一 で︲ “R﹄澤 ¥ ‘び

│■

││。

ド ヽ ′ ト

1う

ゼト 響 F t 留 曹 F 目

″′

' ヽ`

P   ︰ ・

ヽ︸桜尼凝βこ

こ1:ヾ.曇: ミ 牡‖ . こ

` 、 1■ 淋 ▲

/

/く

F 時 ・F ‘ぽ α 採 ご 訴 L H

` し


で ヽ 世 D卜 し ヽ ヤ′

o→ 猟 も 議 し じ 晨

H

′ ′ ′

ト ′

いい︺ 認 軍 ‘r aゼ

に` 卜 ・

け ︰ゼト 響 F t 留 曹 F o F 時 ・F ‘ぼ を 採 ご 藤 ビ

ニ ト ♪ 耐 澤 砧ゝ r ・´ げr 9 、い o ・ 一.

l

虐︶‘ “

。円 ● ヽト ハ緯 。 ヽ

︺ 印δε

パ ド´ て ヽ女セヾ o 卜” →・ ´ パ ドド ご ゃ ギ ヾ X ぃ 。

パ T ヽ 響 いくや o

。∵ ミ 中 ξ薫 く o

r﹃リ ヽ

” ユ 僣 冥´ ダ伊 い” ´

C tハけ 。 い ● ヽ 中・

H

ゞ Qo

︲︶ ¨ 一  ・ ,。

文ヽ。

“普峙 て “ い

ピ ザ ‘ 鶴 研ヾ 。

ドは ハ 。一中 c ´ ´ギ ・

祥尋 話

パ ニ ド J゛

僻 ¨マ

雨 巽 ず ゃ ぐ お い ゞい い 。

一﹄ い 一躙 ︵ ﹄ 高 ] 卜 せ 檬 ・ 栄 ヒ ,

紫H

59

H

‘電 卜 ^Ц 繊 く ︲ ピ 一 ′ 卜 .

一 引一 ﹃ コ﹁ 刊,N 憫

卜.ド「ド

F H

m ト

” ヽ ︸桜メ黎パ虐こ ″

く ヽ< く ハ

Ot) 目


H

d

″′

′ ト

\ \ “ R﹄澤 軍 ‘び

レ ぐo ー一 一 fノ S も、ャ ‘む ポ ‘解夕ぐJ。 博・

” 呼 ド^K

7 ︺ 僣ギ彦 留 ヽ

,

o→ 猟場 語 t じ 晨 ゼト 響 F こ 智 曹 F

oせお薇 ・ “F ′ ・ 中 や二 ””. ‘

絆#

. N ゑT ´ f卒と一 Sだ∫,

・ ゛ぼ゛r 埋 ■r綺ゝ‘ 平 ソヽヤ ,

‘ 十〓聴、 ぜJ・ “F︲

´ 事 o・ ヽ一 ル 0 V

叶‘

お練 o ここ 一 一

祥轟 顔

N一 ゛♯Jポ0 吟´

ス ・ ︹ 五 ︵ 翼 は 高 一

蓼¨収

60

F   I o

ド 時 ・F ‘ぽ 響 採 d 面 し

H

■さ が f γ P゛押J ド 。 ヽ

電ヽ中猟魁凝βL

:│ ・

lは H ロ

0 目


rl■ 111■ ﹂一

■tt

ア      ・ ヽ¨ ・・ 1一       ド   ‘ 11   イ ー , ,

.

メ 五 .メ

_ ■●

  ・ , 一¨ Lo ・ ・b ¨    一

虫不 一 ・ ︵ 一 一 ヤ 一 一 ヽ 一

6

1=II J静 =1.二

鱗 ″ ‐ 1夕


、て 建築 1 /挙 における人間 と空間 のス規膨 大 に基 ブ、

tt継 ●間 におヽヽて 構イ手可能 4処 理形 式 軍 した。 ` こぬ処理方式 在日 ヽ 1,具 僣角 4翅り泉ゴ硼 で シミュ レ ション 1イ 千 た とこう 時購│の 維 通1に よる人Falの ・ 萩仏 7・

=目

,こ

.た のな:に あ機孫 か` 的露 ■夜札で ぎ ち

れにより 本所現τ■ ま した拠理形■ 嘱

・ ‐ ‐ し 114ム II■ ■ 景たt垂生 1 ,

il∵

.

=

つ白鮨、剰議計ザろ上で海勧 4

1・

のプ動 を こ とがネ され た。

・ た だ.し 、処理 めた め に後 た した条件 が不彿 4揮 夕 ぼ 所 友発 か` かた ,ろ こと に ょって処理 した。 .

お ツ Fenめ 梗鯉 ヒ人Faqの 状色 の象づ 色1

有働 あ に =域 で 表現 し■ ミとに よ り 線 嵐 に よ る嬌額 処 理 ■可化 に し 1石

た。 マ   ﹁    ・・ `

、 1 11rl・


☆ tな

1)地 聰 、 摯 編 ´ 渡

i■

l「 km―

な 向 孫 へ満 宍

(■ a4)J

む薇 No191 g、 47 中肩

1)it曝

最ユ

:Tた ミ ーヽ 日 そ の■■

Q"1 9。 47 挙振 ヽ

3)in卜 N。

tt'3)J ・

・ 翼挙 甘 島 に ヽ う も 「 。

T=卜 ・マ ト`多 モ

し■ 章 飛 デ′

.231 6。 昴

4)ホ

ゴ .争

・ い

D ・

│・

I

ム 不 :rtに お し ス 青 ム 雀 看 J3琴

人 導キ常論 文 5.カ

、 写 ■ 根 ,本 Tち 丁 人nヒ 住理 nに っ、 ・ ^■ 収ュ 郡 ・ 天 考 寄孝tt‐ t CeS ・ 「 人山 -0向 レ ス〒 ムヘ響、 tl J早 稲 日 入首4ち t

5)癬

`)inヽ

¬命支 5.4t


ヽ  ¨ 一.  一 一 . ・ ・   ヽ■ ,

ヽ 1

ヽ     一

′ ぅ■ 、 ″ 、 . . ﹁‘           . ¨ ︲, ,    一 . .

  て  、      ´ す  ・

`:

1ヽ

住宅における人間行動の研究 2  

1981年度,卒業論文,福田正恭,川内浩司,瀧田裕之,安藤史朗

Read more
Read more
Similar to
Popular now
Just for you