Page 1


0

日白マ 1ヽ

とっ

t、

)/く i4車 ll合

即 多 く 魚 7称 髪碑 繊手考 えて秘 3。 イ

テが、織ブ ft''ス 42、 1)穫 づ 瞬 ,イ ル多 と ,7奪 でブ ,ィ ニ嗜 メ 、 千 増しヒ多 ん す えでて1ぁ 孝。 ある人 ぐ脅,″ lt'ぶ 、馬電 1・

(参

`T警

゛ ヽらま って く 力Aロ タ オ 麟 ぅll無 ど ぅ にひ と っの煮 4t「

輩 りて、´ み移│へ 舞 !1て グ "星 ら44tる ● 景 マく。 毎許│ッ す イ'あ つバ ‐イ o時 間争びぼくたセそっ薇球フ 〕る経廉´ l´

t"づ 変 ,1と ぃ つ

t″

ρはある群だo融 のム、_乳 二重夕:士

艶を組 、 ヾ線 とか、″ 千盤 彼 とぃ。/ヾ スの停 嘱lヂ 々と継 ′ 〕 )3ヾ

lヵ

念 ヽ コ と 風鉄 の念入 Elヒ

恭む

`だ

` 千郷 ら線 写であ る。 ミれ ら

4き わ リ ヒ 無哺 係 で眼 ぅ 、た 空電 喘構だヽ . ユ 1憲

・■筑 れの他にもゝ贅 だボ チぶ ら Ⅲ lfFを 1ン はっ き ッι ` ル電見蔵1,ゥ ィン ドニ 80ぞ llた ′ とに ´ノ ヾ 歩く 'tて ・ 41官 ,不 す 紀曰 1ば なた しゃ 専 ぃ表 であ ら ‐ . 4ヽ

及対‐ に、行ち冷力て写とロライ 子勿 イ ち上 の家熊 でぁ │ォ

る。 人 的目 に つさ い ,実 く・ 曇られ い 午 わ t場 シ なと │よ り,ヤ

│な │り

lll

う でも1人

'る

場首 が脅 ち:合

,多

く !)31丼 ぴ ち

ろ。 他 貯雀 :た だ ヽ シ│■ ■ 1尋 グけて 八 :う 11″ 1͡ や水吉えた01.な 率 :′

:な

11・

`曇

力や :嵐 ■.,:1

・ が│1奪 僣=耳 111ズ

'す

■ ②‐


あ る。 驚 でヽ

こQ様 に人預0′ 〒 旬 ■人孝でか ると,0ん itと 停止 rす

パ li川 ズ熊 にが 多 と曝 う ,

!そ :多 ´ ヽ 4∼ 鯛 のボ こ の lo当 と .■ ■ ,二 様 げ八 ,イ 7を ヵ 然 tろ てド■る。 入 日 L食 口。伸 題η , 貧二鷹悸夕1響 さキ 可゛ aィ 恐ヵ │ご

'L‐ ろ tlこ つキ 、そ ゴ たつ多て tて 人ぱ1´ 式 ャ もや、 ・ うし、再 昴│ト ゴ 等の駿 働がぁ 3ふ ヒ,そ #t'ゞ ″β口1

1/〕

4t11・

1′

│レ

│イ

t、 IT、 人功森 オ なおって llる のとて゛ 今 千べ宣 監わな って

く ろで鳥ひう。 1方 鳩場 その核 笙鍋内の人間?イ 7%"か fな つ快熊 摯 ra‐

う ,と

,多 イと

1丁

,ノ │ヽ

ta‐

` デ年で彩 質野tて く 後場 心 が

`:1が

鋳 ち。伸│え 揮た 礎 ヒ風 をムレ十り、た場 i(未 多極 ιL │).べ

ヽ■:)7れ ばだの毎分に人がより多て t臓 し

'■

` 象 1っ てくるだ ぅラ ・ 石

` ンド二があ =準

1

1

'1)僣 、人.リ ユち ょするがも知れな 。 t〕

fflll:ル .■ 梓 嗜 ム ●´ ‐ “l tl″ をた場イ:色 二 ″ 多..夕 121「 ・:何

^1ず │.篠 11.711牢 │“ │‐

ろぅ1111多 │五1轟

,中 にθ 嗜多'1シ ヨ ″ウイ

│二 │メ

:││・

二 荼 ち 熟た ,1111TIIIIIII,││ .

:

,「

1

:

.′

'F・

l it,

1

.

1碁

:,■ ■

:・

iギ

if: .11.`

‐│

. 卜


:卜 なf 子 131t,11

‖l

Цキ﹂ ■ 一一

R争

”L


百 薫 膏T ′ 〕│ょ 、 参盤

鴇爆 ιζ″ 考て

ffメ 14で ヽ ′ ム分♂与、ぉ輌ご ド 7/t4つ く 集事ろ観†費 情 稀 £ 妥 っ十 年 昨 ■ 1,_て 竹 ‐

t,

iチ 雀館μ マ 孝│ハ ィ

` ・ :な ″ `仁 ■ んかψたら 嬌 珍妥 なサ年機マ機。 身た1璃 な日 ば F気 粛 及 ″ 蝙

,ょ

、 /負

11`

4′

1と

仁 尋 りが ″ 恵

・ さ れ て■'り 、ゑす 易 あィ タ r公 園 に

'、

│て

, ギ

1↑

iり

ri名 ll

タフイ″ 広隼キ ぅ

趨 ′二 Lづ ,で ぃ る。ス ト 2■ ネリチ ↑l,っ マ と.し イ ト ・裂 ぃ だろ )。 で■ │れ ,た 例 を て 、こ卜11■ 子広圏 の角脅 二 刊 像があ っ菟論 4ハ 子倉 タ 2:ィ にク 1「す纂 、 :り

/、

│の

・ 占める啓│お パタ ・ ン4轟 ″ちぬで ミなダ人・ か4氏 巌 つ子 チ ヾ推nt‐ 贅:に 諺壼 ■■7司 ″ な千ff後 茉嵐ti五 三碁 !卜

` いくうな。デイ 千 属骨嵐。中マ モ │■ ‐ ■え■駒ri〈 写頂乏L tt φ卜t衛 かバ贅がァ11ス ::ぎ ││(lt弓 虐 :与 'ス

4′

:

:

`

4

,

│ヽ

た体 ││■ ム 111:黒│わ 1■ ‐ れ レが` 31 =l i卜

衡 毛声:鐵 な″

i、

つ 4り κ 史多

:│の

│ネ 1

1

ハ│′ ちri'ス 1.

,

lⅢ ば、

,高

ず ││ら │ギ

.::?:殊

│´

ルー│シ 捺 │゛

11: '││オ 111r‐ 機・ │=:=1寺 1強 :た 二 IT■ ,f簾

, │,

11 .[

:導 ?

, CI ょ


:i=■ r イ│

│千 イ

7

‐ 予 #

‐ ●


^ ■

十 二 │一 し 、 [:│キ ーこ そ.T/jろ _づ 称4` 1'フ ト

1    な ∴ 1

11             一 ′ , 4   与/

ヽ         ´′

メ     ニー

1・

一   

r■声﹂

i」

′ヘ

■′

栞   岸・

毎   し ト た二     ´ 3‘ ■ ■‘ . ′ 一 ″        一 イ 一 ,

″       ,′ ■ヽ

う︰ 一

│:0′

ご手 :;■ バれ11式 :`に 子Fキ ′ で ‐ ろ.Fミ ‐ ‐ ‐ fiぐ ζ´ザイ 奉 絆 (1劇 千後議 =「

l it叫

)一 /ヘ 十

^

,

嘔│ ‐


7■

ワ ●

‖■・ ●ア

Ti:「 :

l‐

ll,

│‐ ││‐ :"‐ l ‐ '││

+

l・

l喜ヤ 卜

    .

1・

二 ま

│`

4

1:

― 一

● ●

ー ■ 特 :ギ _lrl l

一 一

●     ・

― ― ‐ お

●― ・

│・ :・ │

“ ●

D●

:L.:・ o°・

:

●.1

彗‐

´ ・/・・ │

‘ 一

,

一 ヽ一

1 1

● ヤ、 ヽ  一¨

11・

●●●

1111

=二 」

二 __Q__。 _

ヽ                      ︲

 ︲ 二︲ ●

1.Iに

一 ■ 卜に 争●︲ ●一 ,

: .

¨  ● ● ●

⋮二 ︲  ●   ,

︱︲ ︱︱︱︲ ︱﹁︱ ︱︱1111 ヨ﹁ ・

J可

●        0     ●   .

● 一

ハ 嘔● ︱

●・ ●

`

・ ●」

,

pl

`●

● ●

I● ● ●● ●

1・ ヽ ・` ●

ご二

°01

│■

: 卜

.

│.::■

)ま .す   ご ■ ︱ ■ +牛 ■ ・■ 一 . 0 ●     一

﹁、

●│

1 0o0 ● ● ‘ ●

●  一

●3F

0●

● ● ・

・●

1 ■

●・ 1

主■0﹁e一

●   ●

● ●

L・

│■

ヽ●

(・

T‐

0

I I

1,

│: 1'

マ l

︱メ ¨ ■ 4 ●r  一 ・ ・

一 

一    ●

  一

■ ︱

.●

│●

│● __Ⅲ

_

│●

1

│●

: ●` ル

:●

}

│.1_ I

蹴 ●

'‐

● ﹂

) attt.'

.● ヽ ヾ

:●

卜1

:

,■

│■

│ハ .1^● l■ 豊 ク ヽkli ′ へ1彎 な

'俊

二 型Ч

:■ _」


、 ●

輩・  ・ ・ ” r一 “

・ ・ 一 . 一 ・ ・

一  ● ● ・

一 口“ “卜r︲

″ ¨  ・   ^ヽ ︲  タヤ    o

│ │ `

..

1

7鳴 ハ 杞摩与13∠ スロ 人,位 置の

壼:修 B

,■ ど

一 ・”

■ ・

︱  ︱︱ ︱ 上

'

、L ︱D  F 手

it ● ● ●

│::」

=_ 8● ● ● ●

_

8■ 一

゛に C

ε■■

寝ギ︰ 一 ︲

1


‘ほ卜 一

li「

.ヽ 1

■■ギ ri、

︲ ︲ , ●

● ︲

●●

. , 一 一

● ●

‐ ││十 1

● ●

。 J呻 41:え・

!●

1


● ●

│●

― 一-1‐ 4-¬`│. ■ ■ │ │ 可

│=

: .│・

竜↑   ・ ●

F FT ︲

● ・

ヽ 一 “

:

︲ ︲ ﹁﹁ ﹁﹁ ﹁一 一 一 一 一 ﹁ ﹁ 一 ﹁﹁ ﹃ 醐 . ・ 

キ i:iト


V

I

●三

一             

  ヽ 4  一

C

´・

● ¨ 一一 ,

p

' ユー ー ― ―― ―

=チ

1

b●

______

8 1

Jロ

1

▼ ●

0.●

‐ ●

1

│ヽ .

」P

●●. │

● ●.

: ●

-

-

1

● ●●

.● .

● ‐

― ―

- 4

´_

│●

3

●0 二 ● ● ● ● ●

f

.   一

′ ●●●

I 、

,

I

一 一                 一

︱︱︱︱トーーー

L

、 も縫

:.

I

ヽ●  

HI‐

  ︻   ヽ .

l j

‐ ら

・ヽ

1 ‐

--_.i-------

  ・ ,

-l'I

● 

● ●

、.

1

t

lo..ro

oa

ルな1):o7b呻 ヽ ニト ●

● ●

:■ 、

● ●

_′ LJさ

ずl電 L::二 十

Ⅲ I:基 ,el


く P´ ●●│:│

et lldt.[f__,「

ニギ │

L____│_

: ●1

ヽ1

[菫

、 「 ・

::J_111

` :

τ ¬

、 L「 ″

l _______上

ft r', a.a'LJ 'y l'

.:: ●

111 :1「

'

1

i _____

:―

●●

1

I ___ 一

tl●

│ヽ と ・ .

0・

一B‐ Ц ヱ‐ ■性 住

│ ル.│

11 1, TI`

●│

l

͡

町ー

● ●

3

° o Od

│ :

1 .t tl _ ` ‐│■ 1。 tl ′ 「

o● ● ●

o﹁o●

`8●

″ ´

o lrllご :ち │ .

t ・rワ

一 恥 0。い一 0 ︲

――■

t fl●

│.

― T―

:

‐,。

3`オ │

●0「

一十一

 ︲ ︱︱ ︲   ヨ ●

● ●

●● 0●σ  ・

■ ・ 一

.ti.

‐ ・

I

・ . ∵ゝ一


一 J ・ 一 一 ¨ 一 ﹁ 一 一 一 一 一   に 一 ・

へ '

′  

一     ´ ■

一 

¨

' │ ' ,ぃヽ11 ″ヽ 1 '

│ , ・ ´

1・

1・

・1サ

ゝ ´  ↓

↓―

アIⅢ

F︲ ・ ,,

r サ ← 

“轟W一 蝿 ,


彎ザ

一 ― 一 ― ―

一 一

一 ︲一︱

一 b 1 ︲ ︲ ●

一 一 ―

l― ―

二 一 一 ¨ ︱︱ ︱︱ ■

トー1111 1

│,'J

d

1●

  ¨

? 一

一 1, ﹁一

4■

¨

,    一 一 一 一一

0●

↑ ︲︱︱ ︱11111

● 0・

` _._ __ユ

︸ 一  鷺

.IIギ


・・

●      ● ●    ● .

`●

9■ )11

 ●

:●

︲一 , 引﹁d=.︲︲

・ ●

二た感りのフ゜ロット 曇話 ︱   l r l ■T i l l ■ E E l

●‐ ャ  ●

i

. ● ●

. . ●

. ●

●● ・ ● ● ●

●● │● ● ,●

ウ● l●

0● ●

・ ●

盤 ・

■■1lli

二 ︸ 〓 ・


量鰤 =手 毒

Fト ーー

袋分

聖 φ θ θ ο θ θ θ ο ′ ′

H

0 つ θ 中 O θ ノ / / θ

O θ O θ 0 0 り θ 2 4 ・ 0 θ 0 6 3b 一 ‘ F ゛ ノ θ θ O θ O θ‘ θ ノ ク

tb)%夜 ζ 人 /4争 ヽ メ 4年 ) 衆ャ

, 二/ θ θ θ ο 0 0 ¨ ノ 3 θ ユO θ ノ ′ θb 2 2 ′ ′

1

o 3 ο′ 4 7 4 3 ′ ノ

D

6 2 3一 3 3 2 ノ

ι

一 4 4 ≧ σθ θ/ ,

9

髪 丁 24

上0 4

萩 1メ ー

'

/

0

θ

θ

/

0 0 2θ ノ

霧11ニ スニ2 7,4に 19ο ′ 111イ

θ θ θ ∂

の1霊蔵αみ篠メ 4ふ ) 千奪け /θ θθ ●θ θ

glo o o o o o o 0 o o c ..lo 0 oG A,.J 5 o e 6 z D1/θ

f聾

,多

ο θ θ 4′

a

a

3び ο リ ノ

64′ ′ 。 ‐ ` 多}ケ:う2/´ 0夕 η ´ο

キ│ら ああb‐ つ

薇│´ あ.θ か

│■

0

θ θ

ill・

1

θ

1111‐ 11:あ

二鉾彙軽導

。.´

//zθ

ノ゛ ノ00o

レ==ニ IFII`ィ .´ │夕 :あ

9'


表 │―F―

素 二ふЙ爾鷺 (4/4m

,ゥ

2 0 2 4 θ

r 一 ヽ マ  BI‘   2 2

│■

2 9

lど

f ο

0 ・6

3 じ

●■ 6

0 3   2 1 ヽD ︶

3 6 3 ●6 , o o 4 6 3 4 。 2φ 7 4 4 . 1 3 2 3 1・ 4 与

:春

7 3 リ ュ3 3

│二

2ケ 0 4 2 ︲ ︲

p 4 3 Ю 3ル p 1 7 リ 1 3

晨 │マ ら∵7:

9 2 0 23 8

Z‘ れ 1 ︱ 2 ユ 0“ ′ マ 1 3 、 0 / 3 25 7 2‐

x二 凛)

ニ積〕 りo,魔鸞贅│(14体 メ tf tt

zo

0 A Co:oo,/S,{F, 82l,,OiZz,o !CI 'o-a p z 2 o E 0 a ヽ c o.!,,6,Q'.,.0:,$:ft o t *] こ Z z *,"C A o o,o A 0 o A O o a'0D o a 0 g.'0 o' o q 7 o a" o 0 ン o o 0 o o o 'g'' a A, o 'l o a b O o Z z 0 o 0'A 0 za o o t. I ,0ひ │」 ♭‐ T ′ ′む│″ :ラ l10θ わ│`θ l● ,∂

ノヘ

G

ξ

::つ

:ク


椒1,│

i―

/﹂ ″︶ ︵ r , / ハブ , ∂ r /  ∴   お い ″ ,

夕 θ

θ

^ θ  O   ム   ´′ ・ ・ υ ・ θ

′ O ハ ´ υ h︶  ^ ど ︹・ ・ ρ   ο   フ一 θ   ハ・

一1.

ハツ   ハν  ^︺  4︺  ′ “ ,

ハ じ こ ぃ

‐ こ ″ .■ ■ ρ電 く ,(iン kx■ .i │て

7i

  ハ    ′∵   ・

“ ■

I● ・・

θ

σ

θ

θ

¨ ク

︲ ー ド

一bヽ  ″   ρ ¨ 小   一 ”  ″

らぃ   4ツ r

一2

一 2  F   O

一 サ 19 r ノ , 5 / 4 1ち η ´ヽ ・ 丁︱ ● / F脇

0 ヽ   つ一  洵 イ Aキ ︲  ′   湾 イ マ ′

  ム一︶  ヽ︶ヽ  つヽ  Λ   一 一 7 ,‘‘ ,

一  ′   ′‘  ´ /

1411,2 71tハ

F、

3■

バ  ●ソ  ″¨   シ  C   ト ,

l■ `:―

47 θ oθ

tの 『 愛晨 はんれ 、 頬申め ,市

萩 こ一:,F飛


メ1ち '・ :r

,lミ ‐ │,一 卜

r

´

│チ

_

=∵

1'イ

:

 ・ 一 ヽ        、

.:`

rt′

■ ,ヽ            十

,I.11■


一つ′

40T

一じ

ノーム▼

クO―

ti IO︲  ・ ,

. ′ノ

、耳 ︶ ヽ

一 F

‘ ザノ

│゛ ,

↓ +―

‐ 二十 り

Q

` ヽ ゃ

│´

rl‐

0

、、

` ゎ

(1

「 1

o /r′ ノ

//

,( 1■ │

1幸

」 :

ヽ ぃ

│_____.___一 `

1●

4-… … …Ⅲ …… ―・

3「

__│… ―一― 一ユー ーー 40

り♂

) ィ 1.ぷ 薄

(ス (1・

1-│ス 歯多 し

―一_― ― +三 二 __ ーー 十 ご´

ゝ 薇谷

`

`,


長黎・く ︶ ︵

19 │

ノじ 下

命 11 1 II

6′

)

マ、 ↓コ  ・ ,

`ス

図 3-/4-2 た事りのなな

L気 俗 (23


γ斗 │ │

√ヰ

● 一  〇

︶一 一   マ  ノ

2              ル , ,

´

︱ ︱ ︲組 . 呵 針   .

0

0

0 ●

0

o

0

● ●

0

ll

︱︱ ︲ エ ●

0 ●

0ニ

4-一

1234り

― ―

― ・

+―

+―

― ―

■ ― /8

+―

― ―― ― ● ―

__十

4 r il:2)B141ち ー

+―

一・

-4--4__■

__一

__■

′ 6171ァ ■

│イ

t

1 │

ハ│

‐′

´´

‐ ―

=・

,

・●

31 〔■

レ十 下+

下+ │

1

1 │

.

=_す

市 _ぉ _._■― (ズ

)

│ ,た ぃの漱移 ■13-J― ‐

=薔


︱驚 ︱ ぶ ︱ ︱ 叶 ︱ 二 ﹁ ︱ 畔 1 1 針

へ 幸 く︶

14 1り

3o

40 (ス

教,

Vo

二B― z卜 句 の″ 』ぅ 『意

16 17

`0

粧 (^`'`


︲︲     、 ︲ ︲     ︲ ,ル , 碑   ﹂ ・  

´ 一薔 ゼヽ

い 。

・1

… 「 r

t

il

i)1_1

4 1 1   ●   ︱ !十 11

・や ノ・ 〆ン

B

ゃ./

イ炒 ‡

≒ `` ヽ、_.ヽ

ぃ、 _、 .、

‐ 「

rノ

.

/ス

4(・

│`F

3´ ‐(1-i

疑1) ■1キ ぃ なす

・ 等 、 ん 拶ヽ 「そオ


′'f

′ ︶ “

7

.1

● ●

ツ 櫓 ` 情 ・ 、

ヽ 、

.

、 i

t

1: _`た

´ , ご

″ ● メ ∵li lkt―

ⅢI


= ― 1

,

│・

ィ:

‐ ―

′ :i:7'

│ .1ヽ 、

,

7::│・

一 一 一 一 .

イ´

1,1

i


:

`

'

Fi■ ●■´

.

_

﹁ ︱︱

'

1

:一 ‐

:

,

1


:キ

_│

│ │´

tJ

`1,


N ( tCa.--4

/ /

PLA

4ス

/

/// /


ヽ │

tl l く

    ¨F

一二

引璽 一


譲.1-TI)J:Л 軍│‖「

=

4-こ

PLハ V

\

C 1C1.

= 41!1 )

-i:

.︱一¨  .1■


表 z系 “ 輩二 應散 (表 `t) │

1234 4 1 .   ・       ス 一 ︶

ハ 移 こ レ 言 F キ H

l Z

I 丁

―」

(a

(2)

疑Z熟 -2装 駆 イ 雲fl数

(た

手り '

4 1●

,

ノ/ /

0・

基 │

ケ け

夕 〕51

'11号

/ / ノ

/

/ ⑤ ` ノ / ′.5

/

写 a , へ′

ハ B c わ ヒ F

イ スリ10デ 53Z

/ /

ノ /

/ ″、 デ

工 7

2ダ スタ ノ

TI

、 ′ ,′ 5

/

│ │


t、

露ョ 、     ■ 一  一

〓 ︱ 一    

  一

上  ヽ , コ   一

     一 一

¨      一

一    一

4 一2

        ︱ ■    一

   

   

   

-1 一 ― ― ―

― ‐ ― ― ― 一 ― ― ― …

′ ^L       一

件¨■ 一 ヽ■

﹄     一 ヽ︲′       ﹂一 を

、 ]  一     銀  一

=検

(毒 り) 装菫

            か ・ r 一         一 ・一 一 プ争 一    一    フ 一

一一 一 ﹁´

︸  一

蒙   /一 一 , ︲ 4 ﹁           

一   

    一 ︶ ﹂´ 一         ヽ ﹂ ´.

一    一

7一          ヱ 一    一

`//

2:/ /

′ ′  ′

ハ ¨ ●   ″    ︲ ■

i

γ

︲  /    ︲ に 十 .. ,,

ズ 、 ト ジ  一 ■  一 か  ヽ   C   ヽ ,

l_


1

/

1

ヽ い 、

lt i` 子

●/

I

:

ヽ =い

1‐

│ ヽ

t

1

?Ⅲ ヽ

ヽ .│● メネ ・ ′

・ ・

=● ●


一 

,`●

′ ″

/

マ︱ ・ 一 ・■ ¨ ヽ o 、 ﹁・      ・

+  

,=/

、    ヽ              ´

J

:=■ ` ザ /ご

●、

ー 十

一 ︱ ︱


叫 一言 iⅢtT喜

市 .― ,1亮薄

lhィ づθ

ハ 多 C D

E T │

L___

”ン一


/`

メ   卜 ・ ,

▲︶         1   ﹂

,   ・虐 0.

    ・・ .

、 一 t           t 一

/ ,

・ 0  .  ‘ だ

●    一

′     ,‘

ダ      o﹂

一 /\

r一 ●   \    ′ ,

′ L、       ヽ   ヽ 4 ・

ヽ●             1 1 ・

ノ′ J′0           1 ︶ . σ         ´ 一‘

●   /  ・ ち´

J 、 Ц ・ ゝ 。 y Q、 t

´‐ “

,■

▼            ・ “ 一 ﹁

ヽ      ′

●    ヽ一 , ●…・ ●


1“ 二 ′ I

1 ,

'F ` │

│ │

(1 サ キ “

1 1

〕 ′

I

1 1

︲●

●              し ‘ 、

手・ ・ や

﹂¨  十 卜︲ 一

一     一              一          一          一

, ヽ ﹁  ir      ・ ・

﹂ ︱


′‐… Ⅲ 中

.

0'

e

/

jl. "'i.. [

.r'

\iir|tI|iIIrr '

:'

│.

。 ●

1-

`

/

e

a

{'

.

111´

'i

1

∵「 11■

.1

`も

、 摯

θ   ‘


〓 彎


と をtラ ′ レジ渚ぇご 計 ら。 多の広場 卜驀 て 考 え うJIら (3ノ

ハ)°

taが 、塗評

│ハ

.口

ヽし

力†ケ凛 みら .(│,C)・

,て '》

〕 (4,こ に )`(■

.名

′プ)0(│フ ′ ハ)‐

b)。 (け ,D)で

(lヵ

'こ い て ろ。 コ tら 可ヾ て が 同 じ ′盗 れ η冷午毎警 な 強■″

?t

1る と 暉 爆 琥,ル tぜ ロ ッ てい、 て、

2゛

か・いっ程 農 q

│ヽ

有 ヽ    ン ヽ

でぁるか な ぇて牢 る.各 1黎 上 :

鷺えば,(│:c)。

(3,4)・

←′

(1,7)7ヽ

`│)'′

・おべでわTり ぞ助a。 八り尋そけヤセ

携 り・予 ヤヤぉ

Tの

中ご t ,多

夕´こい諧島3と 零 ムふャぞ、一鳥フメリ りをし )ク

て計

lと

3=.` (│,c)

`せ

で 多 ′ (440'■ 2, (3,バ )=(1`J〕

りる。 こ件畔 犠 み 餞始づ押1町 び博fく ,自 右蠍 壼

'i}-#.f ,nfft.ft

費婦ギ搾1駒 で薄 るだ _

│マ

t

計算 ■1、

9い

3,2, |"ft^

っつで老いと外藤籍界F,ハ

aFク

スで ぃふ→ 2"Jれ る,` ら,.Zお くめ← 象,,a風 ムk と千 多がイ l更

Fこ

it∫ ぃご│か

し1 瀬F

、ハか稀のボ毎 唯痣1´ メ t砕 .√ :.働.驚 ざ 千毎‐ κ `φ

=ゲ

ll雀

‐■薇 た ■れ:停 あ も だ:tiキ リ摯 3メ

イラ

)ti妙 11111二 _│ :│イ 琴ず写 1鍵巌 , ) と 千り 雄 た ″fitr -31111=│1議 f … :│″ │・ t豪 :│‐ ::‐

il」

│ャ

お 行 ■12虚

il13:‐ ilifl■

l

「 V i│ち ノ

,

■││。 事

::1

1

' 1・

「」 1■

°

│`

)│ぅ

413. ■

‐ ′

:ニ

「 il姜 轟 F

lrilitil二 │11■ 1塩 :

'│ふ

14jtti

'ス


.

:

手●

1

,

1ヽ


oグ うつ がる ,マ

。 みつ てヽ ‐ 役 軸 1方 峰ε

l′

・ ,71′ て(Jシ ぉ箕 ィ と_機 申 蔚が 進 ‐ ‐ とヤ:│1午 費 ケ 力 iFン で人が参奪 ハ子雲4n像 筒ユ 嗜 響 才 言″Ь゛留洋ρプク多tハ 子√錦 0夕 ■│ヽ 薄准││ 1,ィ Tて

・ “ t 1ン

│ぐ

iィ

`甕 乞 t7争 え や 卜 ふび 言 ま 輌 ″ く自 "で ける。 r― タ り う ・ 暉 ら夕に_Aヒ ‐)に な だりでによ3ウ 向鐸ぽの事'め お

` ・暉│" て 電t宥 質 くい 過).1ぜ ●計算ォニの増大がメ =と ¨ あ 率. 丁人a冷 や し

曖由犠仁

//////////1ぶ 、 一 上 ′      ヽ

、 ′一 ■

[` く :ヽ

Z燿酬 '

4ル ケ ‐ 事 _ 1

メ   ﹄

ヽし、仲 や


■ ■

霞め

1流 杵 鳳31F● │。 .′ I夕

7● 見マ可くいわか ろ雀 に,

さ 衆 れ oケ 何 )の 人 0分 つ ′

│が

と二多.け づ ││.後 方薫 珂応 あレ

o4夕1■

つ ぼら で何 t誓 縁

ザ '多

る うら予考之 τ∂ 1

:ひ

)キ ル軍 イ 夕 %夢 1■

o刊Zな ,4・

格 み向く

,考

′ しg書 え ライ

ー ■ ム セt,て 、嗜擬 ,)0の フ ι :わ 五ハす ?、 日K助 もγリ ト ク リ上 ルけれ れ卜間 tで

tっ てけた。 t● イ倉 シて´

1牽 ヴぢ│ユ 警 ・ t,ご ぁづから、輸の罐k L:て ′ '.囲 ■B=│あ 囃 に人のか午 しだぃ■い一脅 サ 算し ITさ

`

'惨

│へ

て デ;な 11の 人 ' 分摯 多 l′

民 あ‐贅 ぃ 事 う 。 一 稚

彦 誹 「

7'島

多と 多之 各.

#そ

│だ な あ携青al囃 1島 あたギ ■りあず呻 ずけ Fな

サ 「 Il卜 葛 〔 t マ

│《

:17:・

41メ i

t

i.r ‐

イと

‐了│ ヽ 食 した 時蒸 で の た

`だので プ■ │レ │ぶ ちン 1■ 11‐ │`tス ト フ/ ■ケ 峯鍮た 1 _

卜、

,

│IF II″ る0年 各:お り,け ││て と tこ ・

,埼

′  〆 稚 ´

卜、筵 全 っf昇 プ

?k0                    1 1 、

1

i:、

`切

,.‐

,

●::機 l″ 101111+│ │=雄 が― '″ ll・

長メ

厚 ン■β1 :


ヤめ を、

│↑

々餞の続

粁希 。資・ れ`橋 .

_

し で││♯ をの量り技● ボ鯛態 κばフト,こ こび博 ・

=1場 .義 ● 小ホ移毛Ffぃ て口3 修そバユ│レ 竹場るが`

人1■ 逸麦バげ ぃもあ と 、マ緩欄 こ千´従 ってム

ガ嗜

ヒし て12ら

卜 「

)Iで ,ぁ

J勺

ち:o)口 :'(│′ ハ〕′ ωメ〕(ヌ `ハ )(多 ,ァ )

多 。 啜 lzめ ,お け 、 密 向 の 二 ぶ中 で

t/3)実

`17ハ `

でメ ,. ミltモ リベて玄λ∼ 口とt75ニ セ で'さ スが /ヽ

ミミご 口気憾 し,。 がゃめえ為 裁η燿嚇 が 2140解

ITノ

17L¨

23と 、幾倉1携 およn難 9■

(│′

4)L(3,・ ド )

コ 任 ド tマ 泉` ぁ を維撃 ■ ごムII ,卜 へ

η ひ る。

1)

` 鉢 て ちが ヤ琳 う ず ぞ 僣霧・ 方 ら γηマ ぐ尋 は ・ :騒 ・ │う 。 モル ヽ t11、 rl、 T〕 のi狂 13キ イ 蒟各 ttし て 、 1ヽ

,.・

)1´

,、

Ⅲ が Zス ク

kム が物:枠 しをtの とでが ,体 患 ヽれド嗜'ヽこ ジ ヽ li、 ヶ ダ 4に F毎 方へ7'摯tで ヽ ミ嬌降 名″静 ″が 1ヽ さくな )・ 71:1.31 か` ´

争 ′す _

.1手

.1

'・

:

r

I狂ユ宣二_後 、 二

二上 ヱ■ 五 _二

“ :t!. i.],

C


(1

応│・ 島 各夕:針 a4=が すぐ,カ 査 1・ ‐ ″ │││ら 1申 .‐ 叙復 iォ ニ 形あi7И も■て ` 本た11 .ち :11,ご :諷 全

冷 │コ

♯ い

底t雪 そらん:ろ 従って、イィ │ン

rl: L f\". t7 L L r.'ftr (' 2f=o &+.1

/a <*E;gla rh17-,wu yE,,FF'

11

a,q.f,uff,it,,+ft +89?fxttrf ,^.t"$

ーyl縦 め タ 々IIt‐ ■薇1機会た、グあ lt 僣 n′ レ ・ =薇 :毛 ‐ 三:タ ィt行 イいた と 1夕 ヽして、 毛 ″ 費ι し え綱寃 .多

:ら

1ヽ

鳳 ラo

′ 4 ∵

人間の行動による空間分析  

1972年度,卒業論文,高橋栄一

Read more
Read more
Similar to
Popular now
Just for you