Page 1

成 功 夫 婦 、マリッジ・プレミアム 赤城夫婦

「そんな、壮 大 な幸 せっていうんじゃないんですよ。 小 さな幸 せが積 もり積 もって、 すごく大 きな幸 せを感 じるんです。」

100 冊 の本 制 作 委 員 会


プロフィール

妻 :赤 城

加 奈 乃 (あかぎ かなの)

京 都 生 まれ。6歳 から全 国 一 人 旅 をする。ヨーロッパでのホームステイや旅 行 を体 験 後 、15 歳 でアメリカに留 学 。大 学 で近 江 商 人 の経 営 を学 び、会 社 務 めをした後 、父 の経 営 する会 社 の第 二 創 業 を任 される。商 業 ビルの建 設 や、ファッション・ビジネスの経 営 のほか、商 店 街 の最 年 少 理 事 として、IT によるビジネスモデル特 許 の開 発 などにも携 わり、通 産 省 の外 郭 団 体 や青 年 会 議 所 、大 学 などで講 演 を行 う。結 婚 を機 に、「幸 せな結 婚 生 活 」と「仕 事 の成 功 」を両 方 ともに得 る知 恵 を「マリッジ・プレミアム」として体 系 化 し、執 筆 活 動 に専 念 。 現 在 、その方 法 を全 国 の男 女 に、セミナーや講 演 会 を通 じて伝 えている。

夫 :赤 城

良 典 (あかぎ よしのり)

長 野 県 生 まれ。6歳 の時 、生 死 に関 わる大 手 術 をする。奇 跡 的 に回 復 後 、医 師 の勧 めで 始 めた水 泳 で県 大 会 優 勝 。ハンドボールの国 体 選 手 としても活 躍 。大 学 でフランス語 留 学 のため、アフリカに滞 在 。その後 、チェーン店 の不 採 算 店 を建 て直 し、最 年 少 バイヤーとして 年 間 数 億 円 の買 いつけを任 される。結 婚 後 、夫 婦 で「マリッジ・プレミアム」を提 唱 し、妻 と 共 にセミナーや講 演 会 を行 う。その内 容 に注 目 したフランクリン・コヴィー・ジャパン社 から依 頼 を受 け、「第 8の習 慣 マリッジ・プログラム(仮 )」の開 発 者 および日 本 人 で初 の講 師 とな る。今 後 このプログラムの伝 道 師 として、全 国 でセミナーや講 演 会 を行 う。

著書 ・ マリッジ・プレミアム―仕 事 の成 功 を約 束 する結 婚 生 活 の送 り方 (キングベアー出 版 /2007 年 )

<「マリッジ・プレミアム」で成 功 夫 婦 になるためのホームページ> http://www.akagifufu.com/ <赤 城 夫 婦 のマリッジ・プレミアムな日 々> http://akagifufu.livedoor.biz/

1 Copyright2009© 100story project. All Rights Reserved.


まえがき

恋 愛 にも結 婚 にも興 味 がなく、というよりも、「結 婚 なんて、冗 談 じゃない」ぐらいに 思 っていた私 の考 えが変 わったのは、今 から思 えば、25 歳 の時 に、ワーキングホリ デーで訪 れたオーストラリアで、しばしば、仲 睦 まじい老 夫 婦 を見 かけたことがキッ カケになったように思 う。彼 の国 では、年 老 いた夫 婦 が、手 を繋 いで散 歩 をしてい たり、海 岸 や湖 で、茶 目 っ気 たっぷりに戯 れる姿 は珍 しくないのだ。

彼 らが、長 い夫 婦 生 活 の間 に、様 々な人 生 の紆 余 曲 折 を経 験 したであろうことは、 想 像 に難 くない。それでも、今 なお、お互 いへの深 いいたわりや愛 情 を感 じさせる 彼 らのあり方 からは、お互 いを尊 重 し、全 てを受 け入 れて、ようやく身 に纏 うことが できる、落 ち着 いていて、熟 成 した空 気 を感 じた。若 い恋 人 たちの華 やかさはない が、その空 気 に、とても魅 力 を感 じたのを覚 えている。

赤 城 夫 婦 に初 めてお会 いした時 、不 思 議 なことに、彼 らは、まだ30代 という若 さ ながら、オーストラリアで見 かけた仲 睦 まじい老 夫 婦 の持 つ空 気 を感 じた。そんな お二 人 のお話 には、パートナーシップのみならず、人 間 関 係 すべてにおいて当 ては まる内 容 が詰 まっている。

2 Copyright2009© 100story project. All Rights Reserved.


今 よりもよい人 間 関 係 を持 ちたいと考 えている方 々に、是 非 、読 んで戴 きたい。

吉川亜矢子

3 Copyright2009© 100story project. All Rights Reserved.


赤 城 夫 婦 へのインタビュー

1.成 功 とは 2.幸 せとは 3.幸 せを感 じるために 4.コミュニケーションについて ① 伝 える ② 質問 ③ 意 見 の摺 り合 わせ 5.幸 せの習 慣

※ お断 り 加 : 加 奈 乃 さん 良 : 良 典 さん として、表 示 してあります。

1.成 功 とは

――お二 人 にとって、成 功 とは何 でしょうか?

加 : まず、自 分 が幸 せであることだと思 う。自 分 自 身 が幸 せを感 じられる状 態 で あること。それから、自 分 にとって大 切 な人 が、幸 せであること。

4 Copyright2009© 100story project. All Rights Reserved.


そのための条 件 として、例 えば、仕 事 がうまく行 っているとか、家 庭 環 境 がいいと か、住 居 環 境 がいいとかがあるけれど、究 極 的 には、その2つかなと。

――あっという間 に、答 えが出 てしまいましたね。

良 : 僕 らは、幸 せな結 婚 生 活 を送 りながら、仕 事 の成 功 も成 し遂 げている夫 婦 たちにインタビューをしてきた中 で、必 ず成 功 の秘 訣 を聞 いてきたんだけど、彼 らは、 秘 訣 はないって言 うのね。簡 単 な何 か、これっていうものも出 てこない。

何 で秘 訣 がないのかっていうと、彼 らの基 準 が高 くて、よくよく聞 くと、例 えば、夫 婦 の関 係 性 を理 解 するために、記 念 日 を大 切 にしているとか、お互 いの感 情 をシ ェアし合 っているとか、ぽそぽそっと言 うんだけど、そして、普 通 の人 にとっては、そ れが秘 訣 なんだけど、彼 らにとっては、秘 訣 はないのね。当 たり前 でやっていること だから。

だから、僕 らが言 っている「成 功 夫 婦 」なんていうのは、彼 らは、何 とも思 わない。 夫 婦 間 がうまく行 っているのは普 通 だから、彼 らに言 わせると、秘 訣 はないのね。 基 本 的 に、彼 らに成 功 の秘 訣 を聞 くと、すごくシンプル。僕 らも、彼 らは、もっと複 雑 な秘 訣 や秘 策 があって、うまく行 っているんだろうと思 っていたけど、そんなこと 5 Copyright2009© 100story project. All Rights Reserved.


はなくて、すごくシンプルなことを言 う。

多 くの人 たちは、ノウハウを求 めたり、すぐ結 果 を求 めたりする傾 向 が強 くて、「ど うやったら成 功 できるんですか?」とか、「どうやったら、そういう状 態 になるんです か?」とか聞 いたり、今 の彼 らの状 態 を見 て、模 倣 するんだけど、本 当 に大 事 なの は、彼 らがそこに行 くプロセスを見 ることなのね。

でも、プロセスのことが書 いてある本 は、ほとんどないし、そこって、飛 んじゃうのね。 何 故 、飛 んじゃうかって言 うと、彼 らがすでにその状 態 に行 ってしまっているから。 忘 れちゃうんだよね。その状 態 に行 くまでには、いろいろ苦 労 したり、つらいことが あったり、それを乗 り越 えて行 ったり、その時 々の気 持 ちがあるんだけど、それを詳 細 にメモで書 き残 したりしていない限 り、その状 態 に入 ったら、多 くの人 がその時 のことは忘 れちゃう。だから、そのプロセスを語 れる成 功 している人 って、すごく少 な い。

加 : そう、忘 れちゃってね。基 準 が高 くなってしまって、それに慣 れてしまって。何 かの拍 子 に昔 の感 覚 が出 てくることはあっても、普 段 は忘 れてしまっていて。

良 : だから、僕 らが突 っ込 んで聞 かないと、秘 訣 はないっていうのね。中 には、成 6 Copyright2009© 100story project. All Rights Reserved.


功 への途 上 で、今 、こういうことに悩 んだり、苦 労 したり、でも、こういう風 にやりな がら、上 手 く行 ったっていうのを詳 細 に記 録 している人 がいて、唯 一 、何 故 、今 、 君 がそこでつまずいているのかとか、ここで悩 んでいるのかということを語 れるんだ けど、そういう人 たちは、数 少 ない。

あと、彼 らは、すごく、今 を大 切 にする。禅 問 答 みたいなんだけど。

加 : 結 局 、極 めると、そういうことになってしまうのね。

良 : でも、わからないじゃない?「今 を大 切 にする」って、一 言 で収 めちゃうから。 「わからないから、具 体 的 に教 えてください」って言 ったら、「そこがダメなんだ」、「わ からないことがいいんだ」って言 うんだよね。「何 言 ってるの?禅 問 答 しに来 たんじ ゃないんだけど」って思 っちゃうじゃない?でも、そこがダメなんだって。何 でかわか る?

――それは、教 えてもらうと、応 用 が利 かなくなるからでしょうか? 例 えば、「今 を大 切 にするっていうのは、具 体 的 にこんなこと」って聞 くと、「今 を大 切 にする」というのは、人 によって、いろいろなやり方 があるのに、教 えてもらったこ としかやらなくなってしまうから。「今 を大 切 にする」ことが何 なのか、それは、自 分 7 Copyright2009© 100story project. All Rights Reserved.


で考 えてやりなさいということでしょうか?

良 : そうそう、まさにその通 り。その通 りのことを言 って。最 初 は、何 だかわからな くて、この人 、わかってないんじゃないかなって思 ったけど。何 で、質 問 返 しするんだ ろうって。もちろん、だんだん彼 らが言 っていることが分 かってくると、すごく深 いこと を言 っているんだけどね。

ある時 、「せっかく聞 きに来 ているんだから、もっと具 体 的 なことを教 えてくれません か?」って聞 いた時 、その人 は、「今 の君 の状 況 をどうすればいいか、僕 は詳 細 に 答 えられる。だけど、残 念 なことに、君 が出 す答 えよりもいい答 えを出 せないんだ」 って言 うんだ。

どういうことかと言 うと、自 分 自 身 が一 番 いい答 えを引 き出 せるものを持 っている。 それなのに、みんな、短 期 的 な成 功 とか、他 人 の考 える成 功 の形 に合 わせようと してしまって、自 分 で考 えないし、その力 を使 おうとしなくなる。

あと、もう一 つは、僕 が出 す答 えより、君 が出 す答 えの方 がすごくいいから、僕 が 答 えを出 すのは、どうかなぁと思 うんだ、みたいに、ユーモアも含 めながら言 うのね。 初 めは、そんなことを言 われても全 然 わからない。 8 Copyright2009© 100story project. All Rights Reserved.


加 : でも、よく考 えてみれば当 たり前 で、100人 いれば、100人 とも生 まれも育 ち も、バックグラウンドも違 って、体 験 も一 人 ずつ、みんな違 って、何 を幸 せと感 じて、 何 を成 功 だと感 じて、何 を一 番 大 切 だと感 じるか、ちょっとずつ違 うものがある。

もちろん、戦 争 は無 いほうが幸 せとか、人 類 全 体 で共 通 の幸 せというのはあるけ れど、細 かく見 ていくと、違 うからこそ、その人 のオリジナリティや、その人 にしか生 きられない人 生 がある。バリエーションの多 さが、いろんな人 の生 きている豊 かさだ と思 うのね。

だから、究 極 的 に言 うと、自 分 が幸 せだと感 じて、自 分 の大 切 な人 が幸 せだと感 じる「ものさし」は、全 ての人 が違 うものさしを持 っていていいし、他 人 に迷 惑 を掛 け ない限 り、もっと自 由 に制 限 を掛 けないで考 えてもいいかな、と思 う。

良 : ある人 は、会 社 を上 場 させることが目 的 で、ある人 は、自 分 のパートナーと、 何 人 かの心 を許 せるスタッフだけとの事 業 で、それでも自 由 と豊 かさを享 受 できた ら、自 分 にとっての成 功 だと思 っている。人 それぞれ、成 功 の器 は違 っているわけ だから。

でも、例 えば、ある企 業 で何 百 億 円 儲 けたとか、そういうのが、よく取 り沙 汰 される 9 Copyright2009© 100story project. All Rights Reserved.


成 功 モデルの一 つという中 で、自 分 は、そういうふうにいきたいか、本 来 は、判 断 して選 ばなければならないんだけど、それが一 つのスタイルだと思 っているから、本 当 は、そういうことを求 めていないかも知 れないのに、思 い違 いをしてしまう人 もい ると思 う。

加 : 例 えば、京 都 の有 名 な老 舗 の大 旦 那 みたいな感 じの人 で、よく、百 貨 店 か ら出 店 依 頼 が来 るんだけど、出 店 しないのね。出 店 すれば、売 上 は、上 がるわけ なんだけど。

それで、どうして出 店 しないのか聞 いてみると、例 えば東 京 に出 店 したら、月 に一 回 は、東 京 に行 かなければいけないし、そこに人 材 も置 かなきゃいけない。そのた めに、スタッフを急 いで育 てなきゃいけないから、こっちの人 が足 りなくなって、こっち のメンテナンスのためにエネルギーを注 がなくちゃいけない。

そうすると、自 分 の大 切 な人 と過 ごしたり、趣 味 のために時 間 が使 えなくなる。そ れで、例 えば、収 入 が2倍 になったからといって、それを楽 しんで使 う時 間 がなくな る。そこまでして、自 分 は売 上 を伸 ばしたいかと考 えた時 に、そこまでしなくても、若 手 が育 ってきたら、暖 簾 分 けして、東 京 に行 ってもらえばいい。次 に育 ってきた人 のために市 場 を置 いておくということも、自 分 の使 命 だと思 うんだ、と。 10 Copyright2009© 100story project. All Rights Reserved.


市 場 を置 いておくことによって、自 分 の時 間 ができて、自 分 は好 きな場 所 に住 んで、 大 切 な人 と過 ごす時 間 、趣 味 の時 間 や、自 分 と向 き合 う時 間 ができる。だから、 出 店 を断 っている。価 値 基 準 が違 うんだって言 う話 をしてくれた人 がいて。

その人 にとっては、今 がいい状 態 なのね。店 舗 数 がいくつあるか、ということが成 功 の基 準 ではない。でも、別 の人 にとっては、できるだけたくさん出 店 して、自 分 が いいと思 うものを一 人 でも多 くの人 に知 ってもらうことが、自 分 にとっての成 功 で、 そのために、自 分 の時 間 と労 力 を使 うことに、喜 びや生 き甲 斐 を感 じる人 もいる。 それはそれでOKだと思 うのね。

私 たちも、1000人 以 上 の人 たちにインタビューして、いろんなタイプの成 功 者 たち に会 って来 たときに、一 番 大 事 なことは、自 分 が本 当 は何 を最 も大 切 にしたいと 思 っているのか、その優 先 順 位 がちゃんと決 められていて、最 も大 切 だと感 じるこ とを一 番 大 切 に扱 えている生 活 を送 っている人 は、スタイルは、みんな違 うけれど、 とても幸 せに生 きているなと。

自 分 にとって大 切 なものを大 切 にする人 は、エネルギーや時 間 、思 いだったりをそ れに掛 けられる。例 えば、商 品 を普 及 させることに最 大 の重 点 を置 いている人 は、 普 及 させるための時 間 だし、さっきの大 旦 那 の話 みたいに、出 店 なんかしないで 11 Copyright2009© 100story project. All Rights Reserved.


家 族 との時 間 や、趣 味 の時 間 を大 切 にしている人 にとっては、その時 間 を持 てて いることだし。

自 分 にとって一 番 幸 せだと感 じられる時 間 を持 てていることが、その人 にとっての 幸 せだと思 うのね。

アメリカのジョークで、缶 詰 工 場 の話 って知 ってる?

ひとりのアメリカ人 ビジネスマンが、あるメキシコの漁 村 で、漁 師 が、一 人 乗 りの小 船 に、キハダマグロの大 物 を何 尾 か積 んで帰 ってきたところに出 くわした。ビジネス マンは、獲 物 の立 派 さを褒 め、釣 り上 げるのにどのくらい時 間 がかかったかをたず ねた。漁 師 は、あっという間 だと答 えた。ビジネスマンは、なぜもっと長 く漁 をして、 もっとたくさんの魚 を獲 らないのか訪 ねた。

漁 師 が「とりあえず家 族 を養 うにはこれで充 分 なんだ」と言 ったので、ビジネスマン は、「でも時 間 はたっぷりありそうですよね?海 に出 ていないときには、あなたは何 をしているんですか?」と尋 ねた。

「夜 更 かしするし、ちょっとだけ漁 に出 て、子 どもたちと遊 んで、女 房 と一 緒 に昼 寝 12 Copyright2009© 100story project. All Rights Reserved.


をして、目 が覚 めて夕 方 になったら、毎 晩 村 にくりだして、ワインをすすり、仲 間 た ちとギターをかき鳴 らすんだ。これでけっこう忙 しい毎 日 を送 っているんだ」と漁 師 は答 えた。

これを聞 いたビジネスマンは、鼻 の先 であざけるように言 った。「僕 は、ハーバード のMBA卒 業 なので、力 になれますよ。あなたはより多 くの時 間 を釣 りに費 やすよう にして、もっとたくさん魚 を獲 って市 場 ではなく、缶 詰 工 場 に直 接 卸 すようにする。 そして、利 益 が得 られるようになったら、船 を大 きな漁 船 に買 い換 えて、また利 益 が上 がったら、次 は、自 分 で缶 詰 工 場 を持 つ。そして、それがうまく行 ったら、その 会 社 を上 場 させる。そして会 社 を売 却 すれば、あなたは大 金 持 ちになれますよ」

漁 師 が「それを実 現 させるのに、どれぐらいかかるんだい?」と尋 ねると、「ざっと、 15年 から20年 ぐらいかな」と、ビジネスマンは答 えた。

「そこまでやって、その後 、どうするんだい?」と漁 師 が尋 ねると、ビジネスマンは「そ うしたら一 線 から引 退 して、夜 遅 くまで起 き、適 当 に魚 を釣 って、子 どもたちと遊 び、 奥 さんと一 緒 に昼 寝 をして、目 が覚 めたら村 にくりだして、ワインをすすり、仲 間 た ちとギターをかき鳴 らせばいい」と答 えた。

13 Copyright2009© 100story project. All Rights Reserved.


今 のままでも十 分 幸 せなのに、会 社 を上 場 させて、あり余 るお金 や資 産 を持 って、 それでも送 りたいライフスタイルは変 わらない。そのために犠 牲 にする10年 、20年 の間 に失 うものは何 ?っていうジョークなのね。

みんな笑 うけど、多 くの人 が成 功 を考 えるときに、これと一 緒 のことをやってしまっ て、そのために10年 、 20年 を犠 牲 にしようとするのね。

例 えば、自 分 が健 康 や家 庭 生 活 を犠 牲 にしないと、成 功 できないとか、労 働 時 間 と引 き換 えにしてでないと、成 功 はできないっていう刷 り込 みがあって、「僕 が部 長 になるまで我 慢 してくれ」とか、「僕 が社 長 になるまで我 慢 してくれ」とか、「売 上 が 3億 になるまで我 慢 してくれ」とか、「5億 になるまで我 慢 してくれ」とか。いったい、 いつになったら、それが終 わるのか?

でも、今 という瞬 間 は今 しかなくて、例 えば30歳 の時 の喜 びは、30歳 の時 にしか 経 験 できなくて、35歳 の時 の喜 びは35歳 、40歳 の時 は40歳 の時 。夫 婦 関 係 も 一 緒 で、1年 目 の喜 び、2年 目 の喜 び、5年 目 の喜 び、10年 経 ってからの喜 び、 どれもかけがえのないもので、それを味 わうことなく、ただ、よくわからないけど、一 生 困 らない資 産 がないと幸 せになれないって思 っていたとしたら、それはとても勿 体 ないと思 うのね。 14 Copyright2009© 100story project. All Rights Reserved.


「そうはいっても、病 気 になった時 とかに経 済 力 がないと困 りますよね?」って言 う かもしれないけど、そもそも、そんな生 活 をしなければ、病 気 にかからないかもしれ ないし。

自 分 の本 当 に大 切 だと思 うことを大 切 にすること。それが一 番 、成 功 への近 道 だ し、自 分 の幸 せを感 じられる人 生 の生 き方 かな、と思 う。

2.幸 せとは

――成 功 が、自 分 が幸 せであること、そして、自 分 が大 切 な人 が幸 せであること、 としたら、お二 人 にとって、幸 せとはなんでしょうか?

加 : これも、年 齢 や環 境 、時 代 によって変 わっていくものだと思 うのね。歳 を取 っ ていく素 晴 らしさは、幸 せだと感 じる瞬 間 が増 えていくことだと感 じていて。

例 えば、私 は以 前 、ガーデニングは、そんなに好 きではなかったのね。昔 は、サボ テンも枯 らすような人 だったので。忙 しくて、全 然 できなくて。そんなことをするよりも、 ビジネスを大 きくしていく方 が面 白 い、みたいなところがあって。

でも、結 婚 して、時 間 を以 前 と違 う形 で使 うようになった時 、育 てる喜 びみたいな 15 Copyright2009© 100story project. All Rights Reserved.


感 じで、今 では、ガーデニングが好 きで、花 が咲 いたり、球 根 から蒔 いて芽 が出 て きた瞬 間 に、すごく幸 せを感 じるのね。

美 味 しいものを食 べると幸 せだなと思 うし、横 を見 たときに自 分 の大 好 きな人 が居 る、生 きて、五 体 満 足 で、健 康 で居 て、そして、話 したりとか、共 に時 間 を過 ごせる ことが幸 せだと思 うし。

そして私 たちが、家 族 になっていった時 に、子 供 たちとの時 間 には、かけがえのな い幸 せを感 じるだろうし、あるいは、子 供 たちが学 校 に行 って、自 分 だけの時 間 も 持 つことにも喜 びがあるかもしれないし、そうやって変 化 していくものだから、自 分 の「好 き」を見 つけていけることが、一 番 幸 せかもしれない。何 か、禅 問 答 的 になっ てしまうかもしれないけど。

良 : 僕 らの本 にも書 いてあるんですけど、「今 」っていう瞬 間 に居 られるかどうかと いうのは、大 きな尺 度 かもしれないですよ。結 局 、心 地 よさも、喜 びも、感 動 も、 「今 」っていう瞬 間 に居 ないと、満 喫 することができない。

例 えば、花 の芽 が出 てきたのを見 ても、「あの書 類 、書 いてない」とか「あのレポー ト出 してない」とか、すぐ飛 んじゃうんですよ。すぐ過 去 への後 悔 と未 来 への不 安 に 16 Copyright2009© 100story project. All Rights Reserved.


飛 ぶんですよ。多 くの人 たちは、現 在 に生 き切 れないんですよ。

かといって、仕 事 をしながら、家 族 のことを考 えたり、家 族 と過 ごしながら仕 事 のこ とを考 えたり、どっちもどっちなんですよ。それができるだけ少 なくなって、今 って瞬 間 を最 大 限 に満 喫 する。それが成 功 夫 婦 たちから教 えてもらったことだと思 うんで すよね。

今 っていう瞬 間 をどれだけ満 喫 し続 けられるか。「今 」っていう瞬 間 には、後 悔 も不 安 もないんですよ。ただ「今 」っていう瞬 間 だけがあって、その瞬 間 に、自 分 の心 地 よさや喜 びや感 動 が感 じられる。そういうのが自 分 の中 の幸 せの位 置 付 けになる と思 うんです。

3.幸 せを感 じるために

――今 を生 き切 るための秘 訣 はありますか?そうは言 っても、やっぱり、気 掛 かり なことってあると思 います。それを乗 り越 えて、今 に集 中 する秘 訣 というのは ありますか?

良 : あります。それは、「余 白 を空 ける」っていうことです。余 白 っていうのは、例 え ば、机 なら引 き出 しの中 身 を空 にすることだし、本 棚 なら本 を抜 いちゃうことだし、 17 Copyright2009© 100story project. All Rights Reserved.


クローゼットなら服 をなくすことです。

ものは、器 があると、必 ず、中 に入 ろうとする性 質 があって、例 えば、今 、出 会 いが ない人 とか、チャンスがないっていう人 は、いっぱいいっぱいなんですよ、自 分 の器 の中 で。どうすればいいかというと、器 を広 げるか、中 身 を少 し減 らすかしかないん です。

例 えば、ずっと使 わないのに、高 かったからとか、思 い出 があるからって、これだけ は捨 てられないと思 っているブランド服 だったり、ジュエリーだったりを持 ち続 けてい る限 り、新 しいものは入 って来 ない。

昔 の彼 女 (加 奈 乃 さん)なんか典 型 的 で、3ヶ月 先 までアポイントが取 れないって いうような時 に、出 会 いなんて、まず訪 れない。例 えば、今 、10月 の段 階 で会 いた いんだけどって言 っても、来 年 になるわけですよ。そんな時 に、出 会 いなんて来 な いんですよ。

その彼 女 が、僕 と結 婚 するに当 たって、一 番 大 きかったのは、結 婚 して、携 帯 電 話 も、メールアドレスも全 部 変 えたんです。誰 にも教 えなかったから、1件 も電 話 が 来 ない。メールも来 ない。だから、予 定 帳 は真 っ白 です。 18 Copyright2009© 100story project. All Rights Reserved.


だから、僕 らが成 功 していくスタイルを得 ているとしたら、それは、すごく余 白 を空 け た。もう、まっさらにしちゃった。究 極 的 に、仕 事 を全 部 やめてしまったというのは、 コントラストがハッキリして、わかりやすかったと思 う。

だからと言 って、多 くの生 活 をしている人 たちに勧 めることはできないですけど。僕 たちは、たまたまそういう生 き方 をしながら、実 験 証 明 する人 生 を送 ろうって決 めた から、それを実 践 して、いろいろと得 て来 たわけですけど。

多 くの人 たちにとって、余 白 を空 けるっていうのは、忙 しすぎないようにして、心 に 余 裕 を持 てる瞬 間 を持 つっていうことなんですよ。いつもよりも予 定 を一 つ減 らして みるとか。

加 : 例 えば、今 日 だったら、知 らない人 たちとの新 しい出 会 や、知 っている人 との 再 会 を嬉 しいなって思 うし、東 京 の中 で緑 が多 い場 所 があって嬉 しいなとか、生 演 奏 できれいな音 楽 が流 れていて嬉 しいなとか、ソファもすわり心 地 がいいし、そう いう環 境 の中 で、こうして話 ができて嬉 しいなって思 う。

そんな、壮 大 な幸 せっていうんじゃないんですよ。小 さな幸 せが積 もり積 もって、す ごく大 きな幸 せを感 じる。一 つ一 つの部 分 が、こういうことも嬉 しいな、こういうとこ 19 Copyright2009© 100story project. All Rights Reserved.


ろもラッキーだな、とか。そもそも、新 幹 線 が通 っていて、こんなに早 く東 京 に来 ら れてラッキーだな、とか、タクシーが走 っていて、歩 かないで来 られてよかったな、と か。雨 が上 がっていてくれて、ラッキーだったな、とか。

そういうちょっとしたことを嬉 しいなって感 じられる余 裕 があるから、自 分 の「好 き」 や「幸 せ」をたくさん見 つけていくことができるし、そういう「いい状 態 」だから、チャン スも引 き寄 せやすくなる。

結 局 、落 ち着 いているので、仕 事 も、本 当 に大 切 なことに集 中 できて、結 果 として うまく行 くんじゃないかな。そのためには、彼 が言 ったみたいに、余 白 を空 けて、ちょ っとブレイクしてみる。ちょっと深 呼 吸 してみる時 間 を、1日 5分 でもいいから、持 っ てみるとか。季 節 の移 り変 わりに気 がつく余 裕 をちょっと持 ってみるとか。

本 当 にちょっとしたことなんだけど、気 が付 いたら、すごく大 きな違 いになっているの かな、と。

良 : 例 えば、普 段 、僕 らは、1日 2件 以 上 、予 定 を入 れないんですよ。1日 1件 、 セミナーならセミナー、人 と会 うなら人 と会 う、取 材 を受 けるなら取 材 を受 けるって いうふうにしているんです。それは、何 故 かと言 うと、チャンスが広 がりやすいんです 20 Copyright2009© 100story project. All Rights Reserved.


よ。余 白 があるから。

例 えば、ランチしていて、いい出 会 いがあって、「この後 、夜 、時 間 ある?」って聞 か れた時 に、「ごめんなさい、この後 、人 と会 うんです」って言 ったら、もう終 わりなんで す。でも、ここで、「大 丈 夫 です。時 間 ありますよ」って言 えれば、「普 通 は入 れない 会 員 制 のパーティーなんだけど、僕 の紹 介 で行 けるけど、よかったらどう?」って言 われた時 に、そこで行 けちゃうんですよ。こういうのを何 回 も経 験 してきて。余 白 を 空 けるっていうのは、すごく、縁 やチャンスを引 き寄 せてくれるんです。

でも、多 くの人 たちは、わざわざ東 京 に来 るんだから、12時 から2時 までは、この 人 とランチ、3時 から5時 までは、この人 と会 って、7時 から9時 までは、この人 とデ ィナーって、全 部 入 れちゃうんですよ。

そうすると、チャンスは、二 度 と来 ない。自 分 の持 っている人 間 関 係 とか、力 が及 ぶ範 囲 ではチャンスがありますけど、全 然 違 う人 との縁 が繋 がるチャンスをふいに しちゃうんですよ。

だからと言 って、毎 回 そういうチャンスがあるかっていうと、そういうわけではないん だけど、そういう時 は、そういう時 で、こんなふうに、自 然 が豊 かなところで、ゆっくり 21 Copyright2009© 100story project. All Rights Reserved.


話 をしたりとか、いろいろなことを考 えたりとかに時 間 を使 えばいいし。常 に、心 地 よくいることを、大 切 にしていますね。

――心 地 よくいるための秘 訣 とか、何 かされていることはありますか?

良 : ええ、シンプルなんですけど。よく食 べて、よく動 いて、よく眠 るんですよ。秘 訣 って言 えるか、わからないですけど。

加 : 寝 不 足 の時 に、心 地 よくなれって言 われても難 しいでしょ。寝 不 足 の時 って、 イライラしやすいし、お腹 がすいている時 もイライラしやすいし、運 動 不 足 の時 も、 血 行 が悪 くなって、エネルギーが出 にくいわけですよ。

本 当 に、人 の生 理 的 欲 求 の部 分 だけど、そこをまず、きちんと満 たす。ちゃんと寝 て、ちゃんと食 べて。食 事 も、パソコンを打 ちながらとかではなくて、その時 の食 事 を味 わって食 べて、適 度 に運 動 して、体 を活 性 化 させる。肉 体 がいい状 態 だと、 気 持 ちって付 いてくるので。

良 : 成 功 夫 婦 の人 たちの生 活 って、すごく慎 ましくて。雑 誌 で見 る、南 の島 のビ ーチで、とか、毎 日 パーティー三 昧 しているとか、そういうイメージがあるかも知 れな 22 Copyright2009© 100story project. All Rights Reserved.


いけど、ほとんどないですからね。

ただ、彼 らは、記 念 日 は、大 切 にします。そういう時 は、本 当 にドレッシーに決 めて、 例 えば最 高 級 のレストランでディナーをしたりしますけど、日 常 は、すごく質 素 です よ。毎 日 早 く寝 て、ごはんを三 食 食 べて、運 動 して、自 分 の好 きな仕 事 をしたり、 パートナーや仲 間 との時 間 を楽 しんだりとか、すごく質 素 で、すごく普 通 の生 活 な んですよね。

加 : そう、すごくシンプルなの。やってみるとわかるけど、毎 日 パーティー三 昧 する と、胃 ももたれるし、結 構 しんどいんですよ。パーティーっていうと、だいたい立 食 で、 立 ちっぱなしになるし、脂 っこいものが多 いし。

たとえ、いいレストランでも、フレンチとか、外 食 ばっかりだと胃 が疲 れてきて、雑 炊 とかお茶 漬 けとか、あっさりしたものが食 べたくなるんですよ。一 見 、華 やかに見 え るものって、実 は、続 けると結 構 しんどくて、そういうのは、時 々、スパイスとして入 るから楽 しいのであって、それがメインになっちゃったら、しんどいんですよ。

自 分 の生 活 スタイルの中 で、ちゃんと眠 って、ちゃんと食 べて、ちゃんと運 動 して体 を活 性 かさせる。そうすれば、難 しく考 え込 んだり、あれこれ悩 んだり、落 ち込 むこ 23 Copyright2009© 100story project. All Rights Reserved.


ともなくなるし、天 気 もよくて、体 調 もよければ、まぁうまく行 くだろう、みたいになる し。

良 : 準 備 をしなくていいということではないですけど、例 えば、明 日 、大 事 なミーテ ィングやプレゼンがあったりする時 に、準 備 ができてないからって、2時 とか3時 まで がんばって資 料 をつくったりするよりも、思 い切 って、12時 前 に寝 ちゃって、気 持 ち いい状 態 で行 くと、だいたい、自 分 たちが思 い描 いた以 上 の提 案 をしてくれたりす る。そういうのを体 験 し始 めると、常 に心 地 いい状 態 でいようよ、という話 を二 人 で していて。

加 : 一 番 大 事 なことは何 かを考 えると、例 えば、契 約 が結 ばれることよりも、まず、 一 緒 に過 ごした人 と私 たちが、お互 いに、とてもいい時 間 を過 ごしたと思 えることを 最 優 先 課 題 にしているんです。

得 たい結 果 の一 つ一 つを見 たときに、例 えば契 約 が結 ばれることというのもあるか もしれないけど、契 約 は結 ばれたけど、険 悪 な関 係 だったらそれは嫌 だって思 うの ね。お互 いに、いい時 間 だったね、またこういう時 間 を持 ちたいねって思 えるような 時 間 の過 ごし方 がしたいなと思 ったら、コンディションがいい方 がいいよね、というこ とで、それじゃ、寝 ちゃおう、っていう。 24 Copyright2009© 100story project. All Rights Reserved.


よく眠 ると、頭 もスッキリするし、そうするとアイディアやインスピレーションも沸 いて きやすくなるし、相 手 に対 しても余 裕 を持 って接 することができるけど、寝 不 足 だと、 表 情 も硬 くなるし、疲 れちゃうし、元 気 もなくなる。

相 手 もこちらの状 態 に共 鳴 して、同 じようになるので。そうすると、いい状 態 である が故 に、いい展 開 になっていく。

――シンプルですね。

加 : すごくシンプル。成 功 哲 学 を勉 強 し過 ぎると、すごく難 しく考 えて、なかなか成 功 しづらい、成 功 するためには多 大 な努 力 が必 要 だって感 じてしまうんだけど、実 はそうではなくて、本 当 にシンプル。

ただ、シンプルだからといって、それを簡 単 にできるかどうかというと別 で、例 えば、 これだけ忙 しい時 代 に、12時 前 に寝 るというのは、かなり自 分 に対 してがんばって、 ストイックにならないと難 しいことかもしれないし、例 えば12時 回 ったとしても、2時 までには寝 るとか、ちょっとずつやってみる。

全 く運 動 の習 慣 がない人 にとっては、例 えば、朝 10分 散 歩 するだけでも、ハード 25 Copyright2009© 100story project. All Rights Reserved.


ルが高 いかもしれない。家 でストレッチでもいいし、少 しずつやっていると、肉 体 的 に変 わってくるし、肉 体 のコンディションがいいと、気 持 ちも付 いていきやすいし。

――がんばって何 かをやっているということはないんですね。

加 : がんばってやるということではなくて、例 えば5分 ストレッチをしてみたら、肩 凝 りがマシになって、5分 を続 けているうちに、10分 できるようになって、次 第 に20分 、 30分 とできるようになる。そうすると、筋 力 もアップするし、体 も軽 くなるので、運 動 する習 慣 が付 いてくるのね。運 動 するのが当 たり前 になって、その方 が居 心 地 が よくなってくるわけ。

これまで、高 カロリーのものを食 べて、運 動 しないで、不 規 則 な生 活 をしていたとし て、でも、少 しずつ変 えていくと、もっとバランスのいいものが美 味 しいと思 うように なる。少 しずつ変 えることによって、そっちの方 が居 心 地 がよくなってくるのね。居 心 地 のよさの基 準 が変 わってくるわけ。

睡 眠 時 間 も、8時 間 眠 るのが当 たり前 になると、6時 間 ぐらいだと寝 不 足 だと感 じ るようになるし。でも、昔 だったら3時 間 の睡 眠 が普 通 で、たまに6時 間 眠 れると OK、みたいな過 酷 な状 況 で慣 れてしまった五 感 と今 の五 感 では、その鋭 さが全 く 26 Copyright2009© 100story project. All Rights Reserved.


違 っているし、人 を待 ったり、信 頼 したりするような余 裕 の気 持 ちも、全 然 違 ってい る。

だから、少 しずつ習 慣 化 していって、スタンダードを上 げていくというのは、あるかも しれない。

――なるほど。五 感 というところに、成 功 や幸 せの秘 訣 があるように感 じるのです が、詳 しく聞 かせて戴 けますか?

良 : 一 つは、五 感 を使 うと感 情 表 現 が豊 かになるというのがポイントで、何 故 、 感 情 表 現 を豊 かにする必 要 があるかというと、自 分 がどういうことを思 っているか、 自 分 の感 情 を上 手 にシェアしていることが、うまく行 っている人 たちに共 通 している ことなのね。

自 分 がどういう状 態 になったら嬉 しいのか、幸 せだと感 じるのか、それを上 手 に相 手 に伝 えられないと、相 手 は何 をしていいかわからないから。相 手 から見 ると、この 人 は、どんなことをすれば喜 んでくれるのか、ということが明 確 な人 は、付 き合 いや すい。だから、いい人 間 関 係 を構 築 しやすい。

27 Copyright2009© 100story project. All Rights Reserved.


でも、自 分 がどういうことをされたら嬉 しいかを明 確 に伝 えられる表 現 力 がないと、 相 手 はわからないわけ。例 えば、やさしく接 してほしいと言 われても、「やさしさ」は いろいろあるわけで、「やさしく肩 をたたいてくれたり、手 をつないでくれたりすると、 ほっとした気 持 ちになる」と言 われれば、そういうことをすれば、相 手 は嬉 しいんだっ てわかる。

でも、相 手 に伝 える時 、五 感 を使 っていないと、感 情 表 現 が単 調 になっちゃう。例 えば、「嬉 しい」とか、「感 動 した」とか、「あなたに会 うと元 気 になる」とか。何 か感 じ たらしいということは、わかるけど、どういう風 に嬉 しいのか、どういう風 に感 動 した のか、どういう風 に元 気 になるのかを伝 える力 を身 に付 ける必 要 があるのね。

感 情 表 現 を豊 かにするには、五 感 を豊 かにしておかないと、いざ相 手 に伝 えようと した時 に、うまく表 現 できない。何 か感 じるものはあるけど、ボキャブラリーがなくて、 どう伝 えたらいいかわからなくて、相 手 も、その人 が、何 か感 じたというのはわかる けど、どうしたらいいかわからないから、手 の施 しようがないわけ。

加 : 夫 婦 関 係 がうまく行 くと、仕 事 も成 功 するのは何 故 かというと、究 極 的 に、こ この人 間 関 係 が一 番 難 しいからで、人 は、一 人 では成 功 できなくて、必 ず他 人 と の関 わりの中 で成 功 する。この人 間 関 係 がうまく行 かないと、一 瞬 、うまくいったよ 28 Copyright2009© 100story project. All Rights Reserved.


うに見 えても、最 終 的 に落 ちていって、長 期 にわたる繁 栄 はできないし、そもそも 成 功 するところまで行 けない。

そうすると、人 間 関 係 をうまくやらなければいけないんだけど、夫 婦 関 係 が最 も難 しい人 間 関 係 で、最 も難 しい人 間 関 係 がうまく行 く人 というのは、人 間 関 係 の達 人 なのね。

何 故 、最 も難 しいかというと、ここが一 番 大 きく期 待 するし、一 番 自 分 がエゴイステ ィックになるし、一 番 自 分 がきつく当 たったりとか、我 が儘 になったりとか、そういう 素 の自 分 が一 番 出 やすいから。その関 係 がうまく行 く人 であれば、ほかの人 とうま くやっていくのは、すごく簡 単 なわけ。

カーネギーや、ナポレオン・ヒルも言 っているけど、夫 婦 というのは、組 織 の最 小 単 位 で、最 も理 解 が難 しい関 係 なのね。そこで意 思 疎 通 ができて、思 いを共 有 する ことができて、お互 いに共 感 することができるなら、これは最 強 のマスターマインド (お互 いが、心 から相 手 の望 むことを望 んであげる関 係 )になる。

一 番 難 しい関 係 で、マスターマインドができたら、最 も強 力 なマスターマインドにな るし、そうしたら、ほかの人 とマスターマインドを作 るのは、何 の問 題 もない。そうし 29 Copyright2009© 100story project. All Rights Reserved.


たら、そういう人 は必 ず成 功 できる。

何 故 なら、スキルが足 りなければスキルがある人 とチームになれる。資 金 がなけれ ば資 金 がある人 とチームになれる。どうして自 分 はこういう夢 があるのか、自 分 の 思 いを感 情 表 現 を使 って相 手 に伝 えることができれば、それに共 感 して応 援 してく れる人 とチームを作 っていくことができる。だから、夫 婦 関 係 が一 つのバロメーター になるし、夫 婦 関 係 を大 事 にしている人 は、成 功 しやすい。

例 えば、本 田 宗 一 郎 氏 も、最 初 のバイクを作 った時 に、最 初 に奥 さんが乗 って、 もんぺが油 で汚 れるっていうことで改 良 して、大 ヒットしたのがスーパーカブだし、日 清 食 品 の安 藤 社 長 は、即 席 麺 を作 るのに、どうすればいいかを考 えていて、たま たま奥 さんがてんぷらを揚 げているのを見 て、麺 で揚 げることを思 いついたり。

「風 と共 に去 りぬ」の作 者 、マーガレット・ミッチェルみたいに、「君 、書 いてみるとい いよ」って旦 那 さんに言 われて書 いたら、「風 と共 に去 りぬ」っていう世 界 的 なベス トセラー小 説 ができたように、パートナーは、ビジネスの大 切 なヒントをくれたり、背 中 を押 してくれたり、自 分 の中 に眠 っている才 能 を引 き出 すきっかけになったりす るのね。

30 Copyright2009© 100story project. All Rights Reserved.


そのとき、例 えば、あの人 は、マーケティングについてわかっていないからダメだとか、 うちの旦 那 と私 の興 味 は、全 然 違 っているからっていうふうに相 手 を遠 ざけると、 本 当 は開 くはずだったものが開 かない。

でも、お互 いに完 全 に違 うものがあって、好 きなことも違 って、大 切 にしているもの も違 って、それでも、価 値 観 を摺 り合 わせていくことを厭 わない人 たちは、チームメ ンバーと摺 り合 わせをしていくことも、厭 わない。

例 えば、パートナーが、今 、ちょっと疲 れているかなとか、無 理 しているかなとか、プ レッシャーを感 じているかな、とか、お互 いに察 知 できる能 力 がある人 は、チームメ ンバーの人 に、ちょっと、負 担 が大 きいんじゃないかな、とか、この仕 事 は難 しいん じゃないかなって、気 付 いてあげることは簡 単 にできる。

五 感 をうまく使 えるようになると、第 六 感 が働 きやすくなって、閃 きだったり、インス ピレーションが得 やすくなる。感 性 を磨 いているうちに、いろんなものに対 して、より 敏 感 になっていくし、逆 に、それを使 わないと、相 手 とコミュニケーションも豊 かにな っていかないし。例 えば、いつも奥 さんの手 料 理 を「美 味 しい」としか言 わない旦 那 さんだったら、そのうち、「どこが美 味 しいの?」っていうふうに思 うだろうし。

31 Copyright2009© 100story project. All Rights Reserved.


「今 日 は、彩 りがきれいで、見 た目 にも美 味 しいね」とか、「今 日 は、いつもより薄 味 なのに、野 菜 の味 がよく出 ていて美 味 しいね」とか。具 体 的 に表 現 するには、五 感 を使 って表 現 することがすごく大 事 で、それができるようになった時 に、直 感 だっ たり、閃 きだったり、豊 かな感 性 が出 てきて、それがビジネスや、ほかの事 の成 功 に繋 がっていく。

4.コミュニケーションについて ① 伝 える

――感 じたことを うまく伝 えるための秘 訣 はありますか?

加 : 一 つ言 えるのは、ビジネス書 ばかり読 んでいると、五 感 が鈍 くなるのね。例 え ば、本 なら小 説 を読 んだり、その他 、映 画 や絵 画 を見 たり、音 楽 を聴 いたりすると、 表 現 力 が増 える。五 感 は、練 習 とか訓 練 みたいなところがあって、使 わないと鈍 く なるのね。

例 えば、行 き付 けの店 を作 るのって、いいのかも知 れないけど、同 じ店 に行 って、 同 じものばかり食 べていると、五 感 が鈍 ってくるから、普 段 食 べていないものを食 べるとか、普 段 行 ったことがないお店 に行 ってみるだけで、内 装 が違 うとか、味 が 32 Copyright2009© 100story project. All Rights Reserved.


違 うとか、価 格 が違 うとか、全 て刺 激 になる。

普 段 はクラシックを聞 いている人 がヘヴィ・メタルを聞 くのだって、五 感 にとっては、 ショックになるかもしれないし。普 段 はCDを聞 いている人 が、生 演 奏 を聞 いてみる とか。あるいは、小 説 なんかは、実 際 に表 現 が上 手 な人 の作 品 に触 れてみる。

あとは、伝 えてみないとわからないので、たくさん伝 えてみる。

例 えば、奥 さんに「『愛 してる』なんて言 えないです」、とか、「エスコートするなんて、 できないです」って言 う男 性 は、結 構 多 いんだけど、一 方 で、「当 たり前 のように、 毎 日 『愛 してるよ』って言 いますよ」って言 う人 もいて。これは、毎 日 「愛 してるよ」っ て言 うので、言 えるのね。習 慣 化 しているから、汗 かいて、照 れて、大 変 なことにな らずに、力 を抜 いて言 えるわけ。

最 初 は、すごくぎこちなくて、五 感 を使 って表 現 するといっても、「何 言 ってるの?」 って言 われて、全 然 伝 わらないかもしれないけど、いろんな人 に伝 える行 動 をとっ て、数 をこなすうちに、こういう人 には、こういう表 現 で伝 えると伝 わりやすいんだ、 この人 には、こういう表 現 の仕 方 をした方 が伝 わりやすいんだっていうふうに、伝 え るバリエーションが増 えてくるし、バリエーションがたくさんあればある程 、自 分 のパ 33 Copyright2009© 100story project. All Rights Reserved.


ートナーとの関 係 もうまく行 きやすくなる。

例 えば、話 して伝 わらなかったら、文 章 で書 いてみる、文 章 で書 いてみて伝 わらな かったら、絵 に描 いてみるとか。いろいろやってみると、自 分 の中 でバリエーション が増 えて、そのうち、国 を越 えた人 にも伝 えることがうまくできるようになるかもしれ ないし、年 齢 層 を越 えて伝 えることがうまくできるようになるかもしれない。少 しずつ でもいいから、やってみるしかない。

② 質問

――加 奈 乃 さんは、一 日 に何 回 ぐらい、良 典 さんから「愛 してるよ」って言 われま すか?

加 : う~ん、数 えたことはないですけど、いっぱい言 われますよ。 結 婚 するときに、お互 いが愛 し合 うこと、愛 し、愛 されて生 きることを、出 し惜 しみし たくないねと言 って結 婚 したんです。

例 えば、自 分 ばかり「愛 している」って言 うと、相 手 が付 け上 がるとか、そういう風 に発 想 するのではなくて、せっかく人 を愛 することができて、愛 されるという機 会 に 34 Copyright2009© 100story project. All Rights Reserved.


恵 まれたんだったら、それは出 し惜 しみしたくないねって。

良 : みんな、亡 くなっていく時 に、最 後 の最 後 で思 うんですよ。「もっと、『愛 してい る』って言 えばよかった」とか、「もっと大 事 な人 を大 切 にしてあげればよかった」と か。そうやって亡 くなっていく人 生 って、すごく寂 しいじゃないですか。

普 段 、言 い慣 れていないと、なかなか言 えないと思 いますけど、いい方 法 がありま すよ。僕 らはマジック・クエスチョンって呼 んでいるんですけど。いきなり「愛 してる よ」って言 うのは難 しいから、そういう時 は、家 に帰 ったら、「今 日 、何 かいいことあ った?」って聞 くんですよ。最 初 は、「何 でそんなこと聞 くの?」って言 われても気 に しないで、もし相 手 が答 えなければ、自 分 が答 えるんです。

「僕 は、今 日 、こういうことがあってよかったんだ」っていうことを伝 えて、終 わり。あ とは、引 きずらない。で、翌 日 、また「今 日 は、いいことあった?」って聞 くんです。そ れで、また、相 手 が言 わなければ、自 分 が言 うんです。これを繰 り返 しているうちに、 だんだん相 手 も、「強 いて言 えば、天 気 がよくてよかった」とか、言 い返 すようになっ てくるので、「あぁ、そうなんだ!それは、よかったね!」って言 って、「僕 は、こういう ことがよかったよ」ってことを言 う。

35 Copyright2009© 100story project. All Rights Reserved.


続 けていると、いつしか、お互 いに、いいことを考 える瞬 間 を共 有 するようになるん です。ずっと継 続 していると、パートナーも気 付 かないうちに、「この人 といると、い つもいいことを考 える瞬 間 を共 有 しているな」と思 うんです。そうすると、少 しずつ関 係 性 が変 化 してきます。

スタートとしては、やりやすいですよ。

――夫 婦 以 外 にも使 えますね。

加 : ええ。同 じことを同 じように質 問 され続 けると、人 間 って「今 日 聞 かれた時 は、 こう答 えよう」って考 えるようになるので。例 えば、自 動 車 通 勤 で、車 を駐 車 して職 場 に行 ったら、いきなり「隣 の車 、何 色 だった?」って聞 かれても、覚 えていない。こ れが、毎 日 同 じ質 問 をされると、毎 朝 確 認 するようになって、しまいに、聞 かれる 前 に、「今 日 は○色 だった」って言 うようになる。

聞 かれることがわかっているから、いつしか準 備 するようになるんですよ。だから、 「いいことあった?」って聞 かれると、いいことにフォーカスするようになるし、お互 い が、いいことを共 有 できるようになる。そうなると、気 分 もいいし。

36 Copyright2009© 100story project. All Rights Reserved.


――「最 近 どうですか?」と聞 くよりもいいですね。

良 : その方 がいいです。「どうですか?」って聞 かれると、大 抵 は、ネガティブなこと を思 い出 す人 が多 いので。でも、「いいこと」って聞 くと、「いいこと」を探 そうとする んです。人 間 は、探 す能 力 には長 けていますが、適 切 な質 問 を投 げかけられない と、適 切 な答 えを見 つけられない。

例 えば、「何 で俺 はダメなんだ?」って言 ったら、「それは、君 がいつも準 備 しないか らだよ」って、自 分 で答 えを引 っぱり出 してきちゃうんです。「そうか、俺 は何 で、ちゃ んと準 備 ができないんだろう?」って言 ったら、「それはね、君 が・・・」って、もう、エ ンドレスなんです。そして、しまいには、「あぁ、俺 ってダメだな」って思 っちゃうんで す。

でも、「僕 は、この状 況 で、最 善 策 として何 ができるだろうか?」って問 いかけると、 「そうだな、強 いて言 うと、君 はもう少 し準 備 して取 り組 んだらいいかもしれないね」 っていうふうに、いい答 えを引 き出 してくるんです。

人 間 って、検 索 エンジンみたいなもので、適 切 な言 葉 、これが質 問 なんですけど、 適 切 な質 問 をどう投 げかけるかによって、自 分 の中 で答 えを見 つけ出 すことがで 37 Copyright2009© 100story project. All Rights Reserved.


きるんです。

成 功 している人 に、質 問 した時 に、「君 が出 す以 上 の答 えは出 せない」って言 われ たのは、検 索 エンジンが、その人 自 身 の検 索 エンジンだからです。生 き方 自 体 が 検 索 エンジンだから、その言 葉 から引 き出 される答 えが、人 によって、みんな違 う んです。

加 : そういう意 味 では、「今 、成 功 していることは、何 だろう?」って質 問 してみて、 沢 山 挙 げられた人 が一 番 成 功 しているっていうことになるんですよ。

そうすれば、お金 とか、名 誉 とか、地 位 とかじゃなくて、今 日 、ここにこうやって来 る ことができたのは、成 功 しているな、とか、生 活 に困 っていないから成 功 しているな、 とか。五 体 満 足 だし、いけるかな、とか。

本 当 は、今 の段 階 で成 功 しているし、幸 せなんだけど、人 のモノサシでしか成 功 を 見 つけられなかったりとか、この条 件 を満 たさないと成 功 ではないというふうに、自 分 で足 かせをしているだけで。

幸 せに成 功 している人 って、最 初 から幸 せに成 功 しているんですよ。「ちょっとキツ 38 Copyright2009© 100story project. All Rights Reserved.


くないですか、その状 況 ?」って、私 たちが客 観 的 に見 て、そう思 った時 でも、「い やぁ、でも、こういうチャレンジできるのって、いいよね」みたいな。そういうタイプの人 の方 が、多 少 の波 はあっても、継 続 的 にうまくいっている。

――基 本 的 にうまくいっている人 は、他 人 がどう思 おうが、「自 分 は、うまくいって いる」と思 っているということでしょうか?

良 : そうですね。そういう人 が多 いですね。僕 らも、え~って思 ったけど、みんなが 共 通 してそう言 うから、そうなんだろうなって。「成 功 」というワードを検 索 エンジンに 掛 けて、出 てきた答 えが、例 え、他 人 から見 てネガティブに見 えても、自 分 がその 答 えを良 しとすれば、その人 は成 功 しているっていう。

加 : 例 えば、エベレストに登 頂 できたことを人 生 最 大 の成 功 にしている人 もいる わけじゃないですか。でも、私 たちからしてみれば、成 功 とは一 切 関 係 ない。寒 い 雪 の中 を歩 いて、エベレストに登 りたいと思 わないし。

でも、その人 にとっては、準 備 している時 から、登 っている時 、戻 って来 られた時 、 全 てが幸 せなわけじゃないですか。でも、私 たちの検 索 エンジンに掛 けた時 に、そ れは出 てこない。でもその人 にとっての最 高 の幸 せだったり、成 功 だったりするわけ 39 Copyright2009© 100story project. All Rights Reserved.


で。だから、成 功 って、いろんな意 見 があっていいと思 う。

③ 意 見 の摺 り合 わせ

――夫 婦 間 での意 見 の食 い違 いが元 でケンカになってしまい、最 悪 の場 合 、離 婚 まで行 ってしまうカップルもあると思 いますが、そうならないために、何 かア ドバイスを戴 けますか?

加 : そもそも、違 う人 間 なので、意 見 が合 わないのは普 通 だと思 うんです。違 う 意 見 を持 っているから、摺 り合 わせた時 に面 白 いものができるのであって。

だから、自 分 がAっていう意 見 の時 、たまたま相 手 が同 じAっていう意 見 だったら、 すんなり行 くし、Bっていう意 見 だったら、どうしてBなのかを知 ることによって、「へぇ、 そういう考 え方 するんだ!」っていうのも、新 たな気 付 きとして面 白 いし。

良 : 夫 婦 喧 嘩 ケンカの仕 方 は、僕 らも研 究 していて、上 手 なケンカの仕 方 ってい うのがあるんです。僕 らもケンカは、よくします。で、ケンカっていうのは、「相 手 の急 所 を刺 し合 うことではない」ということに気 付 いたんです。でも、多 くの人 たちは、そ れをすることだと思 っちゃう。 40 Copyright2009© 100story project. All Rights Reserved.


何 故 なら、本 能 に絡 め取 られてしまうからで、もしそうなったら、僕 らでも言 い合 い はエンドレスになっちゃう。嫌 だと思 ったら、グサッと刺 しちゃう。面 白 いことに、パー トナーは相 手 の急 所 をすごくよく理 解 している。どうしてそれを言 うかなぁっていうと ころをね。

僕 らは、それを「忍 び」って呼 んでいるんだけど、忍 びを一 人 放 すと、一 人 で城 を落 としちゃう。何 故 なら、殿 がどこに居 るかわかっているから。一 人 で乗 り込 んで、一 人 で殿 様 の首 を取 っちゃうから、城 が落 ちちゃう。それぐらい強 烈 な技 なのね。

きっかけは、チャンネル争 いだったり、トイレットペーパーを替 えてないとか、洗 い物 をしてないとかなんだけど、それが発 火 点 となって、最 後 は、お互 いに忍 びを放 っ て相 打 ちして、白 旗 揚 げて離 婚 、っていうパターンがすごく多 い。

でも、トイレットペーパーは、離 婚 の原 因 ではなくて、発 火 点 、つまりキッカケなのね。 何 かをキッカケにして、お互 いが不 発 弾 として抱 えたものを爆 発 させる環 境 を整 え ようとするのね。僕 は、それを「感 情 の物 置 小 屋 」って呼 んでいるんだけど、何 かお 互 いに意 見 の相 違 があった時 に、鍵 が渡 される。その鍵 が渡 された瞬 間 に、「あ、 家 の裏 の物 置 小 屋 を思 い出 した」って言 って、二 人 ともそこに行 く。

41 Copyright2009© 100story project. All Rights Reserved.


で、鍵 で物 置 小 屋 を開 けると、たくさんの感 情 の不 発 弾 が整 理 整 頓 されてズラ~ っと並 んでいる。で、「そういえば、あなた、1週 間 前 もそうだったわよね」、「5年 前 もそうだったわ」、「君 は、10年 前 と全 然 変 わっていない」っていうふうに、1週 間 前 、 1ヶ月 前 、半 年 前 、1年 前 、10年 前 、出 会 った時 の、感 情 の不 発 弾 が全 部 整 理 整 頓 されていて、それを投 げ合 うのね。

でも、普 段 は、鍵 の存 在 も知 らないし、物 置 小 屋 の存 在 も知 らないわけ。でも、何 かのキッカケで、スイッチが入 った瞬 間 、お互 い、「あ、鍵 、あった、行 かなきゃ」って なって、片 方 が不 発 弾 を投 げると、相 手 も投 げ返 して、最 後 はお互 いに忍 びを放 って相 打 ちして終 わり。

それなら、どうすればいいかと言 うと、結 局 、不 発 弾 が貯 まっている、つまり、感 情 をシェアできていないのが問 題 なのね。つまり、例 えばトイレットペーパーを替 えたり とか、洗 い物 をしたらいいわけじゃなくて、感 情 の不 発 弾 を処 理 する必 要 がある。

ケンカっていうのは、お互 いの感 情 のシェアで、例 えば、相 手 が「今 、つらいんだけ ど、とか、寂 しいんだけど、この感 情 をあなたに伝 えて共 有 したいんだけど、い い?」っていう時 に起 きるんだけど、それをお互 いが責 め合 っていると思 っちゃうか らケンカになっちゃう。 42 Copyright2009© 100story project. All Rights Reserved.


この時 、「そうか、君 は今 すごく寂 しいんだね」とか「つらいんだね」とかいうことを、 共 有 すると、不 発 弾 は撤 去 できる。でも、多 くの人 は、忙 しすぎて、「わかった、わ かった、もう会 社 に行 かなきゃいけないから、また後 で」って、不 発 弾 を不 発 弾 のま まに終 わらせるから、どんどんたまっていく。

そういう状 況 が続 くと、「この人 は、また仕 事 を言 い訳 にして、感 情 のシェアができ ないまま終 わっていくのね」って、その感 情 が起 きた瞬 間 に、押 し込 めちゃう。で、 だんだん鈍 感 になって、そういう感 情 すら感 じなくなるけど、でも、蓄 積 はされてい ているから、何 かのきっかけで、ドカンってなって、熟 年 離 婚 しちゃうっていうパター ンになるのね。

じゃ、どうするかっていうと、お互 いが感 情 をシェアするときに、僕 らがやっているの は、意 見 が違 っていたり、ぶつかったりする時 に、お互 いが感 情 のシェアをすること を厭 わないようにする。

加 : 例 えば、A案 がいいと思 ったのは、得 たい感 情 があるからA案 がいいわけじゃ ないですか。どうしてA案 がいいのか、どういう感 情 を得 たいと思 ってA案 にしている のか、ということを、表 現 力 を使 って相 手 に伝 える。

43 Copyright2009© 100story project. All Rights Reserved.


B案 がいいという時 に、どういう感 情 を得 たいから、B案 がいいのか。もしかしたら、 得 たい感 情 は、A案 もB案 も一 緒 かも知 れない。その手 法 が違 うだけかもしれない。 お互 いの育 った環 境 や、知 っている手 法 の中 でAがいいとか、Bがいいとか言 って いただけかもしれない。

でも、得 たい感 情 は一 緒 だったら、両 方 やってみようってなるかもしれないし、どっ ちでもいいってなるかもしれない。どちらかしか選 べないわけではなくて、新 しい手 法 をつくってもいいし、両 方 やってもいい。

例 えば、旅 行 の行 き先 で揉 めるカップルは、結 構 多 くて、旦 那 さんはハワイがいい と思 うけど、奥 さんは北 海 道 がいいとか。奥 さんは、ビーチは日 焼 けするから嫌 で、 温 泉 でのんびりして、疲 れを癒 したい。旦 那 さんは、ビーチに行 って、開 放 された 空 気 の中 で疲 れを癒 されたい。

それじゃぁ、二 人 とも癒 されたいんだね、っていうところから考 えれば、他 にも選 択 枝 があるかもしれない。意 外 とどうとでもなることで、すごく大 きな問 題 になっている こともあるように思 うのね。

仮 に、どうしても嫌 だと思 う時 、どうしてそこにこだわりたいのかを考 えてみる。こだ 44 Copyright2009© 100story project. All Rights Reserved.


わりたいところには、自 分 なりに、いいと思 っているルールがあって、ルールがたくさ んある人 生 は、窮 屈 な人 生 になりやすい。

なので、自 分 は、ここにこだわって、何 かルールを決 めていると思 ったら、それは一 つの制 限 で、自 分 の可 能 性 の枠 を閉 じているものでもあるから、「どうしてここにこ だわっているんだろう?」、「どうしてここにこだわりたいんだろう?」っていう理 由 を 考 えてみて、その理 由 がわかったら、それを今 後 の人 生 でも持 ち続 けたいかどうか、 自 分 に問 いただしてみる。

「やっぱり、それは私 にとって、すごく大 事 」と思 えば、持 ち続 ければいいし、「よく考 えてみると、育 った環 境 とか周 囲 の人 の影 響 で、当 たり前 だと思 っていただけで、 別 になくてもいいかな」と思 うなら、それを手 放 す。

そうやっていくと、とても難 しいことをしなくちゃいけないっていうようなことは、起 こら ない。話 して、いろいろアイディアを出 しているうちに、すぐには解 決 しないかもしれ ないけど、それじゃ、解 決 するまで、暫 く置 いてみようかって言 っている間 に、いいア イディアが閃 いたり。きっといい方 法 が見 つかるよね、っていうある種 の信 頼 感 があ れば、意 外 と大 丈 夫 。

45 Copyright2009© 100story project. All Rights Reserved.


あと、さっきも言 ったように、よく眠 って、ちゃんとごはんを食 べて、よく運 動 している と、あんまりイラつくこともなくなってくるから、ケンカそのものの数 も減 る。だからとい って、ケンカをしない夫 婦 がいいということではなくて、感 情 のやりとりの一 つなので、 自 分 の感 情 を我 慢 して押 し殺 すよりは、ケンカした方 がいいと思 う。

ただ、その時 に十 分 な余 裕 があると、相 手 をグサッと刺 すようなことではなくて、キ ャッチボールみたいに、やわらかいやりとりができるようになるのね。

良 : 成 功 夫 婦 になるまでの途 上 では、例 えば、「君 はいつもそうだよね」っていう 言 い方 を、してしまうことがあるんだけど、「君 がそういうことを言 ったことが、僕 はと ても寂 しいんだ」っていうような言 い方 と、「君 はいつもそうだよね」っていうのとでは、 受 ける印 象 が全 然 違 うと思 う。

どこが違 うかというと、主 語 がどこにあるかなんだよね。相 手 にあるのか、自 分 にあ るのか。前 者 の場 合 は、自 分 の気 持 ちを伝 えているんだけど、後 者 は、相 手 の行 為 に対 して指 摘 をしている。お互 いが自 分 を主 語 にできると、ケンカをしても、分 か り合 いやすい。

これには段 階 があって、自 分 を主 語 にするのって、自 分 を大 切 にしている人 でない 46 Copyright2009© 100story project. All Rights Reserved.


と、なかなかできないのね、余 裕 がないから。だから、忙 しい人 っていうのは、相 手 を主 語 にして、バトルを始 めちゃう。夫 婦 だけでなく、職 場 でも、仲 間 うちでも同 じ。

でも、自 分 を主 語 にして感 情 を伝 えられる人 は余 裕 がある人 で、つまりは、自 分 の生 活 を大 切 にしている人 。さっきも言 ったように、よく眠 って、よく食 べて、よく運 動 している人 。それを続 けていると、人 間 関 係 でのマスターにすごくなりやすい。

何 故 なら、感 情 に絡 め取 られることがないからで、全 てのことに感 情 のコントロー ルができて、主 語 を自 分 に置 き換 えて対 処 できるから。それが夫 婦 関 係 で、一 番 学 べることだね。どこかのビジネスセミナーに行 くよりも、よっぽど学 べる。

加 : だから、私 たちが「成 功 夫 婦 」って呼 んでる、結 婚 生 活 と仕 事 、両 方 で幸 せ な成 功 を得 ている人 たちは、「パートナーに聞 けばいいじゃない」って言 うのね。「幸 せな結 婚 生 活 を得 ていれば、仕 事 がうまくいくのなんて、当 たり前 じゃない、だって、 夫 婦 間 が人 間 関 係 力 を一 番 学 べるんだから」って。

実 際 、アメリカの億 万 長 者 の92%は離 婚 経 験 が一 度 もない。アメリカでは、2組 に1組 が離 婚 している中 で、 92%は離 婚 経 験 が一 度 もない。そういう人 でないと、 長 期 にわたって成 功 できるはずがない。 47 Copyright2009© 100story project. All Rights Reserved.


幸 せになることも、成 功 することも、そんなに難 しいことではなくて、日 々の些 細 なこ とを大 切 にしているかどうかぐらいの差 かもしれない。

5.成 功 の習 慣

良 : 最 初 の頃 、僕 らも、「サクセス・ダイアリー」っていうのを勧 められて、付 けてい たのね。「サクセス・ダイアリー」、つまり、「うまくいった日 記 」ね。

自 分 が今 日 、達 成 できたこと、うまく行 ったことを、すごく細 かいレベルで羅 列 した 日 記 で、例 えば、「失 くした万 年 筆 が見 つかった」とか、「今 日 は天 気 がよくて、洗 濯 物 が早 く乾 いてよかった」とか。

「できた」、「よかった」、「嬉 しかった」この3つのことしか書 かない。それをできるだけ たくさん見 つける。数 が重 要 で、たくさん見 つかるっていうのは、細 かく見 ることがで きるから。

僕 らも、初 めてから3ヶ月 ぐらい経 ってノートを見 返 した時 に、「けっこう成 功 してる じゃん!」みたいな錯 覚 に陥 る。これがポイント。自 分 って、けっこうすごいかもっ て。 48 Copyright2009© 100story project. All Rights Reserved.


あと、夜 、必 ずサクセス・ダイアリーを書 くから、朝 から準 備 するようになる、つまり、 成 功 を見 つけるようになるのね。そうしているうちに、成 功 が身 近 になってくる。

加 : 書 いたものを見 返 していると、根 拠 なき自 信 みたいなのが湧 いてくるのね。成 功 は、1回 イマジネーションして、頭 の中 で作 られて、その後 、現 実 で作 られるわけ だから、まだ現 実 になっていない時 に、根 拠 なき自 信 みたいなものがないと、くじけ そうになる。

でも、書 いたものを見 返 していると、「何 か、行 けそうな気 がしてきた」みたいに思 え るようになるし、よかったことや嬉 しかったこととか、いいところを見 る癖 が付 いてき て、仕 事 の中 や生 活 の中 、人 と会 う時 でも、そういう発 想 になってくる。

で、いいことを見 る癖 が付 いたら、次 は、得 たい感 情 に注 目 してみる。何 かをする 時 に、どんな感 情 が得 られたら、その日 は素 敵 な一 日 だったと思 えるのか。そして、 それが得 られるために、自 分 が最 大 限 、何 ができるのかを考 える。

例 えば、今 日 なら、初 めて会 う人 たちに、私 たちのことを知 ってもらおうとか、知 っ ている人 には、一 緒 にこの時 間 を楽 しんでもらおうとか。あと、みんながリラックスし て、楽 しかったねって思 える状 態 にするには、どういう場 所 がいいか。ゆったり話 せ 49 Copyright2009© 100story project. All Rights Reserved.


る、長 居 しやすい場 所 にしようとか、みんながどこから来 るかわからないから、交 通 の便 のいいところにしようとか。

得 たい感 情 を明 確 にすることによって、何 が大 事 かを予 め分 かってやれるから、成 功 を積 み重 ねることが容 易 になってくる。そんな感 じかな。

――今 日 は本 当 にありがとうございました。

お二 人 : ありがとうございました。

50 Copyright2009© 100story project. All Rights Reserved.


あとがき

インタビューは、全 部 で2時 間 半 に及 んだが、長 時 間 と感 じさせない、心 地 よく楽 しいひと時 だった。

まさに、ご夫 妻 の、「みんながリラックスして、楽 しかったねって思 える状 態 にする」 という得 たい感 情 をインタビュー前 に明 確 にし、それに基 づいたご配 慮 のお陰 であ ると思 う。

幸 せな成 功 の秘 訣 が、突 き詰 めれば、「よく眠 り、よく食 べ、よく運 動 すること」とい うのは、正 直 、意 外 だった。何 故 なら、あまりにもシンプルだったからだが、基 本 を 抑 えて生 活 することによって余 裕 が生 まれ、それによって、より相 手 に対 して思 い やりを持 って接 することができるということは、ご夫 妻 のあり方 から感 じ取 ることが できた。

ただ、ご夫 妻 も言 うように、シンプルだからといって、簡 単 にできるというわけではな い。自 分 自 身 を見 ると、様 々な事 柄 に追 われていて、心 の余 裕 がないことに気 が 付 く。

51 Copyright2009© 100story project. All Rights Reserved.


少 しずつでもいいから、やることを減 らして余 白 を空 け、心 に余 裕 を持 ち、一 番 大 切 なことに集 中 したり、相 手 に対 して余 裕 ある対 応 ができる状 態 を作 ろうと思 った 次 第 である。

吉川亜矢子

52 Copyright2009© 100story project. All Rights Reserved.


100 冊 の本

~幸 せをつかむ 100 の成 功 物 語 ~ (赤 城 加 奈 乃 様 、良 典 様 )

――――――――――――――――――――――――――――

2009 年 12 月 31 日

第 2 版発行

著 作 権 者 :100 冊 の本 制 作 委 員 会 有 限 責 任 事 業 組 合

著 作 権 について

本 冊 子 は、著 作 権 で保 護 されている著 作 物 にあたります。

本 冊 子 の取 り扱 いについては、以 下 の点 にご注 意 ください。

 本 冊 子 の著 作 権 は、100 冊 の本 制 作 委 員 会 有 限 責 任 事 業 組 合 にあります。

 100 冊 の本 制 作 委 員 会 有 限 責 任 事 業 組 合 への書 面 による事 前 許 可 なく、本 冊 子 の

一 部 または全 部 を印 刷 物 、電 子 ファイル、ビデオ、テープレコーダー、ホームページ等 の

あらゆるデータ蓄 積 手 段 により複 製 、流 用 、転 載 、翻 訳 、転 売 (オークションを含 む)等

をすることを禁 止 します。

53 Copyright2009© 100story project. All Rights Reserved.

赤城夫婦  

100冊の本~幸せをつかむ100の成功物語~