Issuu on Google+

2012

木造住宅軸組構法

接合補強金物 施工ガイドブック

木造住宅軸組構法

04

04 2012 2012

取付から金物の選び方まで、ひと目でわかる

接 合 補 強 金 物 施 工 ガイ ドブック

接合補強金物 施工ガイドブック 木造住宅軸組構法

 金物施工標準仕様  掲載金物メーカー監修 (株)タナカ住宅資材事業部 (株)カネシン (株)カナイ (株)栗山百造 (株)晃和

接合金物 全アイテム掲載

2012 年4月 現在

アムハードホームページ

http://www. amhard. co. jp

04 2012 2012 2

04

201 12


木造住宅軸組構法

接 合 補 強 金 物

2012

04

No.

施 工 ガ イ ド ブ ッ ク 建築基準法 平成12 年告示1460号 構造検査対応 2012 年4月現 在

1

ガイドブック4号-001-017-問題施工事例.indd 1

12/03/16 11:05


1.

アンカーボルト 問題施工事例

アンカーボルト M12×400

土台

座金 4.5×40 角

引寄せ金物 S-HD10

アンカーボルト スクリュー座金

アンカーボルト M12×400

土台

座金 4.5×40 角

基礎

土台中央より 大きくズレている

基礎

座金の選択誤り

アンカーボルト の位置誤り

柱 筋かい ホールダウン金物

アンカーボルトが 設置されていない

アンカーボルトM16

柱 土台

200mm

基礎

土台

基礎

柱芯

ホールダウン アンカーボルトの芯ずれ

アンカーボルトの 入れ忘れ

解決策P26 27

2

ガイドブック4号-001-017-問題施工事例.indd 2

12/03/16 11:05


柱 土台

(女木)

(男木)

継手 基礎

250mm

基礎

基礎への埋め込み 深さ不足

土台の女木側 に設置

アンカーボルト

基礎パッキンが無い 本来の 埋込み位置

基礎パッキン

土台

基礎天端

基礎

基礎

基礎パッキンの 敷設忘れ

アンカーボルトの 芯ずれ

解決策P28 29

3

ガイドブック4号-001-017-問題施工事例.indd 3

12/03/16 11:05


2.

筋かい金物 問題施工事例

横架材

筋かい

筋かい

柱 筋かい

横架材

横架材

柱頭と柱脚で違う 種類の金物を施工

金物の取付け向き の間違い

横架材

横架材

筋かい

筋かい 柱

横架材

柱接合にならない 筋かいの納まり

アンカーボルトとの 干渉でビスの不足

解決策P30 31

4

ガイドブック4号-001-017-問題施工事例.indd 4

12/03/16 11:05


干渉してしまい 取付けできない

横架材

筋かい

背割りに ビスがかかる

筋かい

横架材

羽子板ボルトと 筋かい金物の干渉

背割りへのビス留め

横架 材 柱 筋かい

筋かいを切り 欠いている

柱 筋かい

横架材

筋かいの切り欠き

取り付け間違い

解決策P32 33

5

ガイドブック4号-001-017-問題施工事例.indd 5

12/03/16 11:05


3.

かど金物(プレートタイプ) 問題施工事例

金物中心線 柱端線

横架材 かど金物(CP・T)

横架材

間違い施工による 材の割れ

金物中心線 のズレ

横架材

土台

筋かい 基礎

木口への かど金物の取付け

座彫りとの干渉

解決策P34 35

6

ガイドブック4号-001-017-問題施工事例.indd 6

12/03/16 11:06


背割り

面材 柱

土台

土台

基礎

基礎

面材の上から 金物の取付け

背割り柱の 金物選択誤り

折曲げる

柱 105

土台

土台 120 基礎

折り曲げる

金物の取付け向き の誤り

段差への取り付け

解決策P36 37

7

ガイドブック4号-001-017-問題施工事例.indd 7

12/03/16 11:06


4.

かど金物(コーナータイプ)問題施工事例

プレート金物

合板

横架材

柱 コーナー金物

横架材

基礎

一面に 2 個並列して取付けることはできません。

金物の選択誤り

筋かい

2 個使い金物の 取付け誤り

ビス不足

横架材

床合板に留めつけ られていない 柱

床合板

床合板対応金物の 取付け誤り

ビスの不足

解決策P38 39

8

ガイドブック4号-001-017-問題施工事例.indd 8

12/03/16 11:06


土台

勝ち材

土台

ほぞ

ほぞ

仕口における 位置誤り

金物の向き誤り

ビスの斜め打ち 横架 材

ビスの浮き

金物の選択誤り

ビスの浮き 施工不良

解決策P40 41

9

ガイドブック4号-001-017-問題施工事例.indd 9

12/03/16 11:06


5.

火打金物 問題施工事例

踏ん張り長さ (A) が異なる A

A 柱 柱

木材火打

梁 梁

火打金物

火打金物の 位置誤り

横架材

耐力の違いによる 選択誤り

横架材

コーチボルト

火打金物の施工は 通しボルトのみ

ボルトの締め忘れ

(但しオリジナル火打は規定外)

解決策P42 43

10

ガイドブック4号-001-017-問題施工事例.indd 10

12/03/16 11:06


横架材

取付位置内に 横架材の継手がある

斜めに取付け

ビスが 浮いている

ビス不足

接合具の不足

ビスの浮き

解決策P44 45

11

ガイドブック4号-001-017-問題施工事例.indd 11

12/03/16 11:06


6.

ホールダウン金物 問題施工事例

座付ボルト

横架材

野地 垂木 梁 くるピタ

コーチボルトM12 枠材

ホールダウン金物 (15kN)

柱 耐震Jケーブル

金物の選択ミス

施工手順による 無理な施工

10kN ホールダウン金物

異なる耐力

15kN

15kN

土台

土台

1階

基礎

柱頭と柱脚に異った 耐力の金物を選択

15kN用の 土台納まりミス

解決策P46 47

12

ガイドブック4号-001-017-問題施工事例.indd 12

12/03/16 11:06


横架材

筋かい

筋かい

無理な施工

筋かい金物との 干渉

柱 柱 ホールダウン金物

逆向き

横架材

両引ボルト 土台

逆向き 柱

基礎

旧来の施工方法 による断面欠損

金物の向き誤り

解決策P48 49

13

ガイドブック4号-001-017-問題施工事例.indd 13

12/03/16 11:06


7.

羽子板金物 問題施工事例

横架材 横架材

横架材

横架材への接触

柱への接触

柱 柱

土台

基礎

ナットの締め忘れ (増し締め)

釘の打ち忘れ 『ほ』の場合

解決策P50 51

14

ガイドブック4号-001-017-問題施工事例.indd 14

12/03/16 11:06


横架材

羽子板ボルトSB・F

角座金 柱

横架材

下穴なしで施工したため 材に割れが発生

ラグスクリュー 施工ミス

板部の浮き上がり による施工ミス

横架材

ナットの 掛かり不足

柱勝ちの納まり

解決策P52 53

15

ガイドブック4号-001-017-問題施工事例.indd 15

12/03/16 11:06


8.

その他金物 問題施工事例

横架材

基礎

基礎パッキンの配置

接合具の不足

センターに 付いていない

垂木

垂木 横架材

金物の取付け位置 の間違い

取付け位置の偏り

解決策P54 55

16

ガイドブック4号-001-017-問題施工事例.indd 16

12/03/16 11:06


枠材(30mm厚以下)

短い 大引き 横架 材

金物の向き間違い

枠材または床合板 (30mm厚以下)

ビスの長さ不足

取付位置がセンター よりずれている たる木

軒桁

床束の付属品の 打ち忘れ

金物の取付け位置 がずれている

解決策P56 57

17

ガイドブック4号-001-017-問題施工事例.indd 17

12/03/16 11:06


18

ガイドブック4号-018-025-ごあいさつ/目次/使い方.indd 18

12/03/16 11:15


ごあいさつ

2011年 3月11日の東日本大震災では、津波により1 万 9 千人近い方が亡くなっ たり行方不明となっています。三陸の町では、町そのものがなくなってしまうほ どで、まさに津波に抵抗できる建物はありません。 しかし家の建っていた場所には、基礎だけでなく、アンカーボルトで基礎に 緊結された木の土台が、かなり傷んでいても残っている所がかなりあり、とて も印象的でした。基礎や土台にきちんと接合金物がつけられていたなら、かな りの地震や津波にも対抗できそうだと実感しました。 東日本大震災では津波ではなく、地震そのものでも 60 名以上の方が亡くなっ ています。そして震災後大きな余震が未だに続発しています。 阪神淡路大震災以後、2000 年に建築基準法が改正され構造の仕口や継ぎ 手に接合金物を使うことが規定されることで、耐震性を向上させることの重要性 が広く認識されるようになりました。さらには、耐震偽装などの問題が発覚して以 来、一般社会においても構造の重要性に対する関心が非常に高まってきていま す。私達、住宅の構造に関わる者にとっては、人の命を守る事は使命です。 接合補強金物を取り扱う商社といたしまして、ただ単に物を販売するだけでは なく、金物を取り付ける大工、管理する監督、検査する検査員、流通に携わる 販売店、あるいは設計者など、それぞれの方々に正しい接合金物の取り付け方、 正しいビス・釘の使用を理解していただくためにこのガイドブックを 1 号から 3 号ま で制作してきました。最近では正確な金物の取り付けや、ビス釘が付属されたも のをきちんと使うという意識が、以前よりもかなり出てきたのではないかと思ってい ます。 今回このガイドブック第 4 号では、新製品を加えより以上に付属品の使用や、 正確な使用方法の普及に努め、耐震性に優れた木造住宅が建てられ、安心し て住める住宅がたくさん出来ますことを望んでおります。  結びになりますが、このガイドブックの制作にあたり、各メーカー様の資料提供 や絶大なるご協力に対して厚く御礼申し上げます。

アムハード小西株式会社 代表取締役 小西 正実

19

ガイドブック4号-018-025-ごあいさつ/目次/使い方.indd 19

12/03/16 11:15


目次 contentsu 問題施工事例 ごあいさつ 目次

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

2 ∼17

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

ガイドブックの使い方

…………………………………………………………………………………………………………………………

19

20 ∼ 23 24 ∼ 25

問題施工の解決策 ………………………………………………………………………………………………………………………………… 26 ∼ 57 1. アンカーボルトの施工 …………………………………………………………………………………………………………………………… 26 ~ 29 2. 筋かい金物の施工 ………………………………………………………………………………………………………………………………… 30 ~ 33 3. かど金物 ( プレートタイプ ) の施工 ………………………………………………………………………………………………………… 34 ~ 37 4. かど金物 ( コーナータイプ ) の施工 5. 火打金物の施工

………………………………………………………………………………………………………

……………………………………………………………………………………………………………………………………

6. ホールダウン金物の施工

………………………………………………………………………………………………………………………

38 ~ 41 42 ~ 45 46 ~ 49

7. 羽子板金物の施工 ………………………………………………………………………………………………………………………………… 50 ~ 53 8. その他金物の施工 ………………………………………………………………………………………………………………………………… 54 ~ 57

金物施工についての問題と対策  1. 接合部に作用する応力と木材の特性 ●はじめに…

58 〜 64

……………………………………………………………………………………………………………………………………………………

58

●木材の特性………………………………………………………………………………………………………………………………………… 58 〜 61 強度のばらつき 強度の方向性 接合部に作用する力について ●接合部と金物の抵抗メカニズム……………………………………………………………………………………………………… 61 〜 64 木造接合部の問題点 接合金物の役割 各要表の抵抗のメカニズム 金物の抵抗のメカニズム 所定の耐力の確保、特に脆性的な破壊の防止

 2. 接合金物と接合具の種類と機能

65 〜 66

●接合金物と接合具の機能… ………………………………………………………………………………………………………………………… 65 ●接合金物の種類………………………………………………………………………………………………………………………………… 65 〜 66 ●接合具の種類…

……………………………………………………………………………………………………………………………………………

 3. 金物の納まりに関しての問題と対策

66

67 〜75

●接合金物の選択………………………………………………………………………………………………………………………………… 67 〜72 その他の箇所 筋かい金物について 柱頭に金物が必要な理由 上下階の柱を緊結する場合は同一の金物 金物耐力の加算 壁倍率が 5 を超えた場合

20

ガイドブック4号-018-025-ごあいさつ/目次/使い方.indd 20

12/03/16 11:15


ホールダウン金物の納まりについて 隅柱に倍率の異なる耐力壁が取りつく場合の金物 中柱の金物 仕口金物の隅柱への対応について 上下階の柱のずれ

●金物の施工位置………………………………………………………………………………………………………………………………… 72 〜73 金物の取り付け位置のずれ 柱と横架材の異寸法への金物施工 隅柱に受材をもうける場合 アンカーボルトの芯ずれ ●金物の施工手順…………………………………………………………………………………………………………………………………………… 74 金物が取り付け出来ないケース 羽子板金物の取付

●金物の集中………………………………………………………………………………………………………………………………………… 74 〜75 ホールダウン金物と筋かい金物の干渉 引寄せ金物と筋かい金物の干渉

●ヒートブリッジ(熱橋)… ……………………………………………………………………………………………………………………………… 75 寒冷地の金物使用による結露が及ぼす���材の壁体内腐食

 4. 接合具に関しての問題と対策

76 〜 84

●ビス・釘……………………………………………………………………………………………………………………………………………… 76 〜77 ビス・釘本数が不足した場合や規定以外のビスや釘を採用した場合 釘の種類と用途 釘やビスを打ち込み過ぎた場合 二度打ちした場合

●六角ボルト・ナット…………………………………………………………………………………………………………………………… 78 〜79 ボルトサイズ不足によるせん断破壊 ナットの掛り不足 ラグスクリューの採用規定 ナットの締め忘れ

●座金… ………………………………………………………………………………………………………………………………………………… 79 〜 80 適切な座金の使用 座金のめり込み

●アンカーボルト…

……………………………………………………………………………………………………………………………… 80

〜 83

配置の規定 アンカーボルトの位置出し 鉄筋・アンカーボルトの基礎かぶり厚 設計時の問題 ホールダウン専用アンカーボルトの埋込み長さの検討

●座金付ボルト………………………………………………………………………………………………………………………………………………… 84 座金付ボルトのイレギュラー対応

21

ガイドブック4号-018-025-ごあいさつ/目次/使い方.indd 21

12/03/16 11:15


5. 構造材に関しての問題と対策

85 〜 89

●勝ち材への施工… ………………………………………………………………………………………………………………………………………… 85 仕口における勝ち材への金物取り付け

●継手位置の問題点…

……………………………………………………………………………………………………………………………………

85

●柱と筋かいの接合…… …………………………………………………………………………………………………………………………………… 86 柱接合にならない筋かいの納まりについて

●木痩せ(木材の乾燥収縮)…………………………………………………………………………………………………………………………… 86 ナットの緩み

●背割り材…

……………………………………………………………………………………………………………………………………………………

87

背割りに当たる釘・ビス

●木口への施工…

……………………………………………………………………………………………………………………………………………

87

木口へのビス・釘の打ち込み 土台端部への釘打ち

●材の欠損……………………………………………………………………………………………………………………………………………… 89 〜 89 筋かいの欠き込み たすき掛け筋かいの施工方法 面材の欠き込み 寸法の歩切れ

●座彫り…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………… 89 座彫りと金物の干渉 座彫りが深すぎる場合

●構造用合板(面材)… …………………………………………………………………………………………………………………………………… 89 面材の釘打ちによる金物の欠損

 告示 1460 号接合金物一覧表 …………… 92

〜 93

告示 1460 号第 2 号に対応した接合金物一覧 その 1( い ) ~ ( は )

…………………………………………… 94

〜 95

告示 1460 号第 2 号に対応した接合金物一覧 その 2( に ) ~ ( ほ )

…………………………………………… 96

〜 97

告示 1460 号第 1 号 ( 筋かい端部における仕口 ) に対応した接合金物一覧 ( イ ) ~ ( ホ )

告示 1460 号第 2 号に対応した接合金物一覧 その 3( へ )…………………………………………………………… 98 〜 99 告示 1460 号第 2 号に対応した接合金物一覧 その 4( と ) ~ ( ぬ )

……………………………………… …

102 〜 103

………………………………………………………………………………

104 〜 105

建築基準法施行令 第 46 条・第 47 条および告示 1460 号第 3 号 ( その他の接合金物 ) 大引受け金物・梁受け金物・根太受け金物

100 〜 101

 接合金物の詳細マニュアル 1460 号 1 号 ( ハ )

……………………………

108 〜 110

1460 号 2 号 ( ろ )

…………………………… 135

1460 号 1 号 ( 二 )

……………………………

112 〜 128

1460 号 2 号 ( は )

……………………………

1460 号 1 号 ( ホ )

………………………………………

130

1460 号 2 号 ( に )

…………………………… 165

〜 173

1460 号 2 号 ( い )

…………………………… 132

〜 133

1460 号 2 号 ( ほ )

………………………… …175

〜 183

〜 139

141 〜 163

22

ガイドブック4号-018-025-ごあいさつ/目次/使い方.indd 22

12/03/16 11:15


1460 号 2 号 ( へ )

………………………… …185

〜 200

1460 号 3 号 ( ひら金物 )

1460 号 2 号 ( と )

………………………… …202

〜 206

1460 号 2 号 ( ほ )( 金折金物 )

1460 号 2 号 ( ち )

………………………… …208

〜 212

大引受け金物

1460 号 2 号 ( り )

………………………… …214

〜 219

梁受け金物

1460 号 2 号 ( ぬ )

………………………… …221 〜

229

根太受け金物

……………… …231 〜

236

その他金物… ……………………………………… 284 〜 290

施行令 46 条 ( 火打金物 )

施行令 47 条 ( たる木金物 ) …………… 238 〜 243

…………………………… …245 …… …247 〜

249

…………………………………

251 〜 263

………………………………………

265 〜 280

………………………………………………

Z マーク表示金物一覧

……………………

282

292 〜 311

…………………312

Z マーク表示金物許容耐力一覧表

 接合具一覧 各メーカー接合具一覧 …………………………………………………………………………………………………………………… 314 〜 355

 メーカー使用ビス・釘一覧 タナカ

………………………………………………………………………………………………………………………………………… ………………………………………………………………………………………………………………………………………

364 〜 367

…………………………………………………………………………………………………………………………………………

368 〜 371

カネシン カナイ

360 〜 363

栗山百造 ……………………………………………………………………………………………………………………………………… 372 〜 373 晃和 ……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………… 374 Z マーク表示金物

………………………………………………………………………………………………………………………………………

大引き受・梁受け金物

………………………………………………………………………………………………………………

375

376 〜 383

 接合金物に関する資料 1. 接合金物の歴史 …………………………………………………………………………………………………………………………………… 386 2. 接合金物及び釘・ビスの表面処理 ……………………………………………………………………………………………………… 387 3. 耐力壁 …………………………………………………………………………………………………………………………………………………… 388 4. 壁倍率 …………………………………………………………………………………………………………………………………………………… 389 5. N 値計算

…………………………………………………………………………………………………………………………………

389 〜 391

6. 基準耐力と許容耐力の違い …………………………………………………………………………………………………… 391 〜 392 7. 金物のチェック

……………………………………………………………………………………………………………………………………

392

8. 改正建築基準法の規定 (2000 年 6 月施行 )………………………………………………………………………… 393 〜 395 9. 柱頭・柱脚仕口の接合方法

…………………………………………………………………………………………………

10. 引張りを受けるボルト用座金の規格

Q&A 索引

……………………………………………………………………………………

396 〜 397 398 〜 401

……………………………………………………………………………………………………………………………………………………

402 ∼ 403

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

404 ∼ 410

あとがき/参考文献 ………………………………………………………………………………………………………………………………………… 411 奥付

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

412

23

ガイドブック4号-018-025-ごあいさつ/目次/使い方.indd 23

12/03/16 11:15


告示 1460 号第1号 ( 筋かい端部における仕口 ) に対応した接合金 物 筋かいの種類とサイズに応じて柱との接合方法が規定されております。 記号 倍率

筋かいの種類

Zマーク 表示金物

(株)タナカ 接合金物

(株)栗山百造 接合金物

1

径9mm以上の鉄筋

該当接合金物無し

該当接合金物無し

該当接合金物無し

1

厚さ1.5cm×幅9cm 以上の木材

該当接合金物無し

該当接合金物無し

該当接合金物無し

1.5

厚さ3cm×幅9cm 以上の木材

Z 筋かい プレート BP

1. 5倍筋かい<リベロ> P108 /右 参照

P292 /左 参照

接合金物一覧表

2 倍ヘキサプレート SD P112 /左 参照

メーカー名 告示上の「同等以上の 性能と品質を有する」 接合金物

該当接合金物無し

クリ筋かいプレート KBP P119 /左 参照

ステンレス 2 倍ヘキサプレート P112 /右 参照

2 倍筋かい<トライ> P113 /左 参照

メーカー名 告示上の「同等以上の Z 筋かい1460 号第2号に対応した 柱接合金物 その 1 告示 性能と品質を有する」 プレート BP-2 B イーグレット 2 倍 P114 /左 参照 筋かいおよび構造用合板を取り付けた柱頭部、柱脚部について柱の位置に応じた接合方法が規定されております。 接合金物 2 倍筋かい金具 P113 /右 参照

2 倍コンパクトボック K-4 P119 /右 参照

2

厚さ 4.5cm×幅9cm 以上の木材

記号 N 値

Zマーク 必要耐 力倍筋かい<リベロ> 2 表示金物 P120 /右 参照

P292 /右 参照

(株)タナカ 接合金物

(株)栗山百造 接合金物

※メーカー廃盤

短ほぞ差しまたは かすがい打ち (または同等以上の接合方法) 2 倍筋かい<リベロⅡ> P121 /左・右 参照 長ほぞ差し込み栓打ち またはかど金物 CP-L (または同等以上の接合方法)

0 0.0kN 以下

0.65 3.4kN コラム・フィット 以下 P122 /左 参照

P294 /左 参照

接合金物一覧表

2 倍筋かい<プレイン> P122 /右 参照

柱取付けプレート P132 /左 参照 スモールコーナー P135 /左 参照 ※メーカー廃盤 スモールコーナー床合板仕様 P135 /右 参照 クリ筋かいストッパーⅡ KSP- Ⅱ スモールコーナーⅡ P136 /左P128 参照 /左右 参照 スモールコーナーⅡ床合板仕様 P136 /右 参照

該当接合金物無し

チビクリ P139 /右 参照

コンパクトコーナー P141 /左 参照 チビクリⅡ CK Ⅱ P147 /左 参照

2 倍筋かい<マルチ> P123 /左 参照

リトルコーナー P141 /右 参照

3

厚さ9cm ×幅9cm 以上の木材

M12 ボルト

2 倍ヘキサプレート SD P130 /左 参照

該当接合金物無し

スリムプレート P142 /左 参照

92 かど金物 CP-T または山形プレート (または同等以上の接合方法)

クリコーナーⅢ + KCN Ⅲ + P162 /右 参照

ステンレスインナープレート P142 /右 参照

はしらどめイチロー P143 /右 参照

1.0 5.1kN 以下

P294 /右

コンパクトコーナー床合板仕様 P157 /左 参照

チビクリⅡ CKⅡ (床合板・枠材仕様) P163 /左・右 参照

リトルコーナー床合板仕様 P157 /右 参照 P295 /右   〜

クリビスプレート KBPL P155 /右 参照

P296 /左参照

フラットプレート SD P147 /右 参照

ステンレスフラットプレート P148 /左 参照 クリプレート KPL P156 /左 参照 ステンレス柱脚 Y プレート P148 /右 参照

94

24

ガイドブック4号-018-025-ごあいさつ/目次/使い方.indd 24

12/03/16 11:15


タナカ

1.5 倍筋かい<リベロ> 床合板対応

[筋かい側] TB-30 5本

付属品の 実寸写真

32.3

97.3

φ6.3

85

[柱側] TBA-65D 5本

120

φ5.5

2.3

取付け例

筋かい側 TB-30(5本)

柱側 TBA-65D(5本)

筋かい

(30mm厚以下) 横架材 床合板

施工方法

①金物本体は、専用角ビットビス TBA-65D(5 本)で柱に留め付けてくだ さい。 (横架材端面から金物までの距離は、筋かいの角度により 90mm ∼ 170mm の間を目安に調整します。) ②筋かいをセットし、専用角ビットビス TB-30(5 本)でしっかり留め付け てください。

材質 表面処理

材  質 表面処理

法規格 試験機関 耐力

JIS G 3302(溶融亜鉛めっき鋼板及び鋼帯)SGHC 又は SGCC 溶融亜鉛めっき鋼板(Z27)

国土交通省 告示第 1460 号第 1 号(ハ)該当 内使い床合板なし対応性能試験 (財)建材試験センター品質性能試験第 06A0232 号 筋かい壁の1m あたりの基準せん断耐力 2.0kN 壁倍率

1.5 倍

108

25

ガイドブック4号-018-025-ごあいさつ/目次/使い方.indd 25

12/03/16 11:15


問題施工の解決策 金物施工についての問題と対策

注意! 1. アンカーボルトの施工

1.土台の破壊

2.位置の偏り

誤った取付け方

誤った取付け方 アンカーボルト M12×400 座金 4.5×40 角

引寄せ金物 S-HD10

土台 アンカーボルト スクリュー座金

アンカーボルト M12×400

土台

座金 4.5×40 角

基礎

土台中央より 大きくズレている

基礎

10kNの引き抜き力に対して、小さな座金(4.5×40mm角)では

土台の外寄りにアンカーボルトが配置されており、水平力が加

座金が曲がり土台へめり込むためホールダウン金物の耐力が低下

わった時に土台の破壊が考えられます。

してしまいます。また、土台の破壊の可能性も否定できません。

柱芯からのアンカーボルトの設置距離・埋込み 長さ・座金の大きさの検討が必要です

土台とアンカーボルトのズレに関する許容誤差 は土台巾の中央3 分の1範囲以内にアンカーボ ルトの芯が納まっていれば良いことになります

正しい取付け方

正しい取付け方

アンカーボルト M12×450または 500 座金 6.0×60 角

引寄せ金物 S-HD10

アンカーボルト

土台 アンカーボルト M12×450または 500

サポート治具 310mm 以上確保 する

座金 6.0×60 角 基礎

200mm 以内

アンカー  クリップ

アンカー ボルト

基礎型枠

10kNのホールダウン金物を座金付ボルトにて施工した場合、両

アンカークリップで鉄筋に固定しサポート治具で位置決めすれ

側のアンカーボルトの柱芯からの距離は200mm以内と150mm

ばコンクリートを流し込んだ時にズレることなくアンカーボルト

以内とし埋め込み長さは310mm以上となります。

の配置ができます。アンカーボルトのコンクリートかぶり厚さは

またアンカーボルトに使用する座金はw 6.0 ×60×φ14mmとな

40mm以上とします。

ります。

26

ガイドブック4号-026-057-問題と対策.indd 26

12/03/16 11:18


金物施工についての問題と対策

3. 芯ズレ

4.入れ忘れ

誤った取付け方

誤った取付け方

柱 筋かい

ホールダウン金物

アンカーボルトが 設置されていない

ホールダウン金物が 浮いている アンカーボルトM16

柱 土台

200mm

基礎

土台

基礎

柱芯

アンカーボルトの芯がずれて、ホールダウン金物が柱から浮いて

土台端部かつ筋交いが付く箇所にもかかわらずアンカーボルトの

います。これではホールダウン金物の規定耐力が得られません。

設置がありません。

ホールダウン金物用アンカーボルトを設置する 際は、納まり詳細図を作成しアンカーサポート 治具を利用して施工します

柱芯から200mm以内にアンカーボルトの設 置が必要です

対応方法

正しい取付け方

ホールダウン金物 柱 筋かい 柱 耐震Jケーブル

土台 基礎

200mm以内 六角ボルト 1M以上

土台

基礎

柱芯

くるピタ・耐震Jケーブル等の接合具で、ホールダウン金物と基

柱芯から200mm以内にアンカーボルトを設置します。

礎から立ち上げたアンカーボルトのズレを調整し直結します。

※コーナー柱には土台と柱・筋かいの3 点留めの筋かいプレート

あるいは長ナットをつかい六角ボルトで1M以上ゆるやかに曲げ

 を推奨します。

上げ取り付けとします。

27

ガイドブック4号-026-057-問題と対策.indd 27

12/03/16 11:18


金物施工についての問題と対策

注意! 1. アンカーボルトの施工

5. 埋め込み不足

6. 土台継手に注意

誤った取付け方

誤った取付け方

土台

(女木)

(男木)

継手 基礎

250mm

基礎

土台からアンカーボルトのネジ山が長く出ておりM12アンカーボ

土台継手にアンカーボルトを設置する場合は、継手部分や女木

ルトの基礎への埋め込み長さが足りていないことがわかります。

側に設置してはいけません。

基礎への埋め込み長さは250mm以上

土台継手の女木側に設置してはいけません

長さや太さも確認します

正しい取付け方

正しい取付け方

土台

(女木)

(男木)

120mm 継手

基礎

250mm 以上確保 する

基礎

M12アンカーボルトの基礎への埋め込み長さは250mm以上 です。なお、引き寄せ金物を基礎に直結する場合のM16アンカー ボルトの埋め込み長さは360mm以上となります。 ただし、ホールダウン金物が25kN以上となった場合は、計算に

男木側の腰掛の部分から120mm前後の位置にアンカーボルトを 配置します。

より埋め込み長さを算出しますのでご注意ください。

28

ガイドブック4号-026-057-問題と対策.indd 28

12/03/16 11:18


金物施工についての問題と対策

7.基礎と土台のスキ間

8.芯ズレ

誤った取付け方

誤った取付け方

アンカーボルト

基礎パッキンが無い 本来の 埋込み位置

土台

基礎パッキン

基礎天端

基礎

基礎

アンカーボルトの設置箇所の土台と基礎の間に基礎パッキンがあ

本来の基礎への埋め込み位置がズレているため、土台や金物の

りません。

干渉となります。

パッキン工法の場合アンカーボルトの設置箇 所には必ず基礎パッキンが必要です

プレカットからの床伏図があれば土台の継手 位置や端部の位置がわかります

対応方法

正しい取付け方

アンカー芯のズレ 20mm 以内 アンカーボルト

本来の 埋込み位置

土台 基礎パッキン

モルタル充填

1

基礎天端

3 ズレの4倍

基礎

基礎

20mm以内のズレあるいは倒れの場合 1.台直しを行うには、ボルトのねじ部より下にコンクリートをズレ アンカーボルトのナット・座金によって土台を締め付けることにな るので、支持する基礎パッキンが無ければ土台に弱点が生じます。

の4 倍程度コーン状にはつり取ります。 2.台直しは、専用工具を用い、ガス等での加熱は禁止します。 3.ねじ部での曲げは禁止します。 4.曲げ角度は、ずれに対して長さ3 度以下とします。 5.台直し後はモルタルを充填します。

29

ガイドブック4号-026-057-問題と対策.indd 29

12/03/16 11:18


金物施工についての問題と対策

注意! 2.筋かい金物の施工

1.異なる金物の納まり

2.内使いの向き誤り

誤った取付け方

誤った取付け方 横架材

筋かい

筋かい

柱 筋かい

横架材

横架材

柱脚筋かいにボックス型金物柱頭筋かいに二面施工型金物のよ

上図の向きで金物を内使いしてはいけません。

うに種類の違う金物を取り付けてはいけません。

柱側のビスを打ち込むことにより柱のきわの割れが起こります。

柱頭・柱脚すじかい金物は同じ金物でなけれ ばいけません

二面施工金物もボックス型金物も向きに注意

正しい取付け方

正しい取付け方

ボックス型

二面施工型

横架材 横架材

柱頭 柱

柱 柱頭

筋かい

筋かい

筋かい

筋かい

筋かい

横架材

横架材 柱脚

横架材

柱脚

ボックス型と二面施工型の金物を1 本の筋かいで併用することは

期待通りの金物の性能を求めるためには柱側・筋かい側の材の

性能の違いによりメーカーは保証していません。必ず同じ金物を

割れが発生しないビスの打ち込みが必要です。

使用して下さい。

30

ガイドブック4号-026-057-問題と対策.indd 30

12/03/16 11:18


金物施工についての問題と対策

3. 柱接合にならない筋かいの納まり

4.アンカーボルトとの干渉

誤った取付け方

誤った取付け方 柱

横架材 横架材

筋かい

筋かい 柱

横架材

筋かいの端部が横架材のみに取り付いており柱接合になっていま

先行して取り付けたホールダウン金物とぶつかり、筋かいにビス

せん。そのため二面施工用の筋かい金物の柱側にビスを打とう

を留め付けることが出来ません。

とすると筋かい側にビスが不足します。

筋かいが柱接合になっていますか

ビスの本数に不足はありませんか

金物の取付け位置は正確ですか

施工手順を間違いないようにします

対応方法

横架材

対応方法

横架材

3. ホールダウン を取り付ける 筋かい

筋かい

1. 筋かいを 取り付ける

2. 高ナットを使用して ボルトを足す 土台

筋かいを柱接合にするため、既存の梁下に高さレベルを合わせ た新規の梁を通しボルトで抱かせます。

先に筋かい金物を取り付け、その後、筋かいに干渉しないよう 高ナットを使用してボルトを足し、ホールダウン金物を取り付け ます。最後にビスの本数に不足がないかを確認します。

31

ガイドブック4号-026-057-問題と対策.indd 31

12/03/16 11:18


金物施工についての問題と対策

注意! 2.筋かい金物の施工

5.羽子板ボルトと筋かい金物の干渉

6.柱の背割りへのビス留め

誤った取付け方

誤った取付け方

干渉してしまい 取付けできない

横架材

背割りに ビスがかかる

筋かい

横架材

筋かい

羽子板ボルトを避けて筋かい金物を取付けているため柱側ビス

ボックス型の筋かい金物の施工ですが、柱の背割り部分へのビ

が留め付けられておりません。

ス留めは効力が全くありません。

筋かいにもビスが足りません。

施工順を考えて金物の選定をしていますか

背割りの位置を変更できませんか 背割りの位置を考えた金物選定をしていますか

対応方法

対応方法

横架材

筋かい 柱

筋かい 横架材

羽子板ボルトの干渉を避けるため二面施工用の筋かい金物を用

背割りを90度回転させるかあるいは、プレート型の筋かい金物

います。あらかじめリカバリー用としていくつか用意しておくこと

を使います。

をおすすめします。

32

ガイドブック4号-026-057-問題と対策.indd 32

12/03/16 11:18


金物施工についての問題と対策

8.ボックス型の二面施工

7.筋かいの切り欠き 誤った取付け方

誤った取付け方

横架 材

柱 筋かい

筋かいを切り 欠いている

柱 筋かい

横架材

筋交いを切り欠いて、ホールダウン金物を通しています。筋かい

ボックス型の筋かい金物を横架材から離して取り付けてはいけ

の切り欠きは違法であることはもちろん、規定の耐力の確保がで

ません。

きません。

筋かいを切り欠いていませんか

ボックス型筋かい金物の底面が横架材に接し ていますか

通しボルトの穴あけ位置は正確ですか

正しい取付け方

正しい取付け方

横架 材

筋かい

③ 筋かいを避けてボルト   を通す

柱 筋かい

②筋かい用金物を取付ける

横架材

①筋かいを配置する

先に筋かいを配置します。 次に筋かい用金物を取り付け、その

ボックス型や二面施工型の筋かい金物の納まりはそれぞれ性能

後にボルトを通しホールダウン金物を取り付けます。

試験を通して決められています。

33

ガイドブック4号-026-057-問題と対策.indd 33

12/03/16 11:18


金物施工についての問題と対策

注意! 3.かど金物(プレートタイプ)の施工

2.金物中心線のズレ

1.横架材の割れ 誤った取付け方

誤った取付け方

金物中心線 柱端線

横架材 かど金物(CP・T)

横架材

かど金物 (CP-T) の取付位置は柱・横架材ともに決まっています。 そ の た め 上 下 階 の 管 柱を緊 結 する場 合、横 架 材 の せ い が 105mm程度であると太め釘が材の中央に集中します。これによ

プレート金物類はビス穴などの位置が均等に計算され、本数も位 置も決められているため金物中心線がずれてはいけません。

り引張り荷重が発生し、横架材が引き裂かれます。

材に影響のない金物選択ですか

刻印の中心線が横架材の上端線上にありますか

正しい取付け方

正しい取付け方

柱端線

金物中心線

横架材

横架材

ひら金物(SM-40)

横架材の割れを防ぐため、ひら金物(SM-40)や短ざく金物を使

プレート金物は等間隔にビスを打ち込むことで金物の性能が発揮

います。

されます。

34

ガイドブック4号-026-057-問題と対策.indd 34

12/03/16 11:18


金物施工についての問題と対策

4.座彫りとの干渉

3. 木口へのかど金物の取付け 誤った取付け方

誤った取付け方 (外 側)

横架材

土台

筋かい

基礎

木口側に金物を施工すると木割れや耐力不足がおきてしまいます。

座彫り部分に金物がかかってしまうため、ビスを留めることがで きません。

木口に金物を取付けていませんか 釘・ビスの本数・種類に間違いはありませんか

金物の選択に注意します

正しい取付け方

対応方法 (内 側)

柱 横架材

コーナー金物

筋かい金物 (内使い) 土台

図1

基礎

柱 筋かい

e1=e2 e1 e2 土台

木口部分を避けて取付けます(木口に釘を打つと耐力がでません)。

柱と横架材の接合はプレートタイプにこだわらず、耐力が足りて

2 材の接合線がかど金物のクギ穴の間隔の中心にくるように取り

いればコーナータイプに変更しても構いません。

付けてください。(図1)

35

ガイドブック4号-026-057-問題と対策.indd 35

12/03/16 11:18


金物施工についての問題と対策

注意! 3.かど金物(プレートタイプ)の施工

5. 面材との干渉

6. 背割り柱との干渉

誤った取付け方

誤った取付け方

背割り

面材 柱

土台

土台

基礎

基礎

面材の上からプレートタイプのかど金物を取付けてますが、規定

背割り柱には使用できない金物があります。

の耐力が得られません。

金物の施工手順に誤りはありませんか

金物の選択に注意します

正しい取付け方

対応方法 背割り

柱 面材 柱

土台

土台

基礎

基礎

面材を張る前に金物を取り付けます。 面材は金物部分を切り欠

背割り対応の金物を使用します。

き、切り欠いた部分は釘を増し打ちします。

もしくはコーナータイプに変更します。

36

ガイドブック4号-026-057-問題と対策.indd 36

12/03/16 11:18


金物施工についての問題と対策

8.段差への取付け

7.金物の取付けの向き 誤った取付け方

誤った取付け方

柱 105 土台

土台 120 基礎

金物を取付ける位置(向き) が間違っています。

折り曲げる 金物を曲げて取り付けると柱に強い引き抜きがかかった場合、釘 が抜けたり金物が引き裂かれたりします。

説明書を確認し、正しく取り付けます

接合部の材木の違いを考慮してますか

正しい取付け方

対応方法

柱 105 柱 105

土台

土台 120

基礎

座彫り

金物の種類によっては柱側と横架材側の取付け向きが決まってい る商品があります。

土台 120

コーナー金物に変更

プレート金物の場合、横架材を8mm∼10mm彫り込む必要があ るため、コーナー金物に変えることもひとつの手段です。 この場合柱頭・柱脚は同じ金物となりま���。

37

ガイドブック4号-026-057-問題と対策.indd 37

12/03/16 11:18


金物施工についての問題と対策

注意! 4.かど金物(コーナータイプ)の施工

1.金物の選択誤り 誤った取付け方

プレート金物

2.2 個づかいの金物 誤った取付け方

合板

横架材

柱 コーナー金物

横架材

基礎

基本的には柱頭・柱脚における異なる金物の取り付けは破壊

一面に 2 個並列して取付けることはできません。

材への偏った金物の取り付けは規定の耐力が得られません。

モードが異なるため使用できません。

柱頭・柱脚の金物は同じものを選択していま すか

正しい取付け方

プレート金物

2 個づかいが出来るか確認してますか

正しい取付け方

合板

横架材

柱 プレート金物

横架材

基礎

柱頭・柱脚においてはプレート金物ならプレート、コーナー金物な

2 個使いが可能な金物は耐力試験のデータがあるものに限ら

らコーナー金物となります。

れます。対面で使う場合と隅柱で直行して使う場合があります。 その際はビスが干渉しないように気をつけて下さい。

38

ガイドブック4号-026-057-問題と対策.indd 38

12/03/16 11:18


4.ビスの不足

誤った取付け方

金物施工についての問題と対策

3.床合板対応金物の取付け誤り

誤った取付け方

ビス不足

筋かい

横架材

床合板に留めつけ られていない 柱

床合板

コーナー金物の一部のビスが床合板を避けて留め付けられてい ます。これでは金物の規定の耐力を確保することができません。

かど金物(コーナータイプ)、ビス6 本留めがメーカーの規定で すが、 2 本不足の4 本で留めています。規定の耐力の確保がで きません。

ビスがしっかり合板もしくは横架材に止めら れていますか

正しい取付け方

ビスの本数に不足はありませんか ビスの種類は間違っていませんか

正しい取付け方

筋かい

横架材

床合板

合板を欠き込んで 横架材にコーナー 金物を施工する

金物が取付く部分のみ合板を欠き込み、ビスがしっかり留められ

必ず、メーカー規定のビス・規定本数で留め付けます。

る位置に取り付けます。

39

ガイドブック4号-026-057-問題と対策.indd 39

12/03/16 11:18


金物施工についての問題と対策

注意! 4.かど金物(コーナータイプ)の施工

5.金物の向き

6. 仕口における位置誤り

誤った取付け方

誤った取付け方

土台

勝ち材

土台

ほぞ

ほぞ

かど金物(コーナータイプ)の柱側と土台側(横架材)が逆に取

かど金物が仕口の胴付き側(負け材)に取付けられています。

付けられています。

勝ち材に取付けないと規定の耐力が確保出来ない場合があり ます。

金物の向きは正しいですか

取付位置は適切ですか

正しい取付け方

正しい取付け方

柱 勝ち材

土台

横架材

ほぞ

ほぞ

かど金物は種類により柱側と横架材側で取付け向きが決まってい

かど金物(コーナータイプ)は仕口の勝ち材の方に取り付ける

ます。

のが望ましい施工方法です。

40

ガイドブック4号-026-057-問題と対策.indd 40

12/03/16 11:18


金物施工についての問題と対策

7.ビスのサイズ誤り

8.ビスの浮き・斜め打ち

誤った取付け方

誤った取付け方

ビスの斜め打ち 横架材

ビスの浮き

柱頭・柱脚に床合板仕様の金物を使用した場合ビスが長いの

打ち込んだビスが浮いていたり、斜め打ちをした場合規定の耐

で梁せいによっては突き抜けることがあり規定の耐力が得られ

力が得られません。

ません。

横架材の上端をビスが突き抜けていませんか

正しい取付け方

増し締めを忘れていませんか

正しい取付け方

横架材

梁のせいによっては柱頭金物を一般仕様の金物を取付けます。

金物は全て規定通りの接合具で正確に取付けないと規定通りの 性能が得られません。

41

ガイドブック4号-026-057-問題と対策.indd 41

12/03/16 11:19


金物施工についての問題と対策

注意! 5.火打金物の施工

1.踏ん張りの偏り

2.異なる性能

誤った取付け方

誤った取付け方

踏ん張り長さ (A) が異なる A

A

木材火打

梁 梁

火打金物

偏った踏ん張り長さで取り付けてはいけません。

異なる火打材を用いてはいけません。それぞれの性能が異なる

水平力が加わった場合、火打ち材が外れたり規定の性能が確保

ため弱い方に破壊が生じる可能性があります。

出来なくなります。

踏ん張り長さは、同じになっていますか

同じ火打ち材を用いていますか

正しい取付け方

正しい取付け方

踏ん張り長さ (A) が 同じ A

A

柱 柱

火打金物

火打金物

取り合う横架材の面からそれぞれ同等の長さで踏ん張りを設けて

火打ち材によっては引張り圧縮に性能の違いがありますので、同

施工します。

じ火打ち材を用いなければいけません。

42

ガイドブック4号-026-057-問題と対策.indd 42

12/03/16 11:19


金物施工についての問題と対策

3.接合具の誤り

4.接合具の忘れ

誤った取付け方

誤った取付け方

横架材

横架材

コーチボルト

Z火打金物はコーチボルトではなく、六角ボルトで締め付けなけ

平釘のみの取付けとなっており、六角ボルトの締め忘れがありま

ればいけません。

す。角座金と付属の小型角座金の使い分けは間違えないよう注

Z火打金物の場合は六角ボルトのみです (ただしメーカーオリジナルの火打金物は メーカー仕様となります)

意が必要です、小型で薄い方が火打の座面用です。

釘は付属の平釘ZF55を使用していますか

正しい取付け方

正しい取付け方

横架材

M12 六角ボルト

Z火打金物は必ず六角ボルトで締め付けます。

横架材

M12 六角ボルト

必ず付属の接合具を使用して施工します。

※同等認定品・性能試験品にはビスで取付けるものがあります。

43

ガイドブック4号-026-057-問題と対策.indd 43

12/03/16 11:19


金物施工についての問題と対策

注意! 5.火打金物の施工

5. 継手の禁止

6. 高さの偏り

誤った取付け方

誤った取付け方

横架材

火打金物取付け位置に横架材の継手がきてはいけません。

火打金物取付位置近くに継手がありませんか

火打金物の左右の取付位置がずれています。

金物の位置は正しいですか

正しい取付け方

正しい取付け方

継ぎ手がきてはいけない範囲

横架材

継ぎ手がきてはいけない範囲

力が集中する部分は継手位置を避けます。

火打金物は水平に取付けなければ座面が材面にぴったり当たりま せん。

44

ガイドブック4号-026-057-問題と対策.indd 44

12/03/16 11:19


8.接合具の浮き

誤った取付け方

誤った取付け方

ビス不足

ビスが 浮いている

ビスが2 本不足しています。 接合具の不足は金物の性能が確保

ビスの打ち込みが甘く浮きがみられます。また、端部の爪が深く

できません。

打ち込まれていません。

必ず付属のビスを用います

正しい取付け方

金物施工についての問題と対策

7.接合具の不足

端部のツメを打ち込んでからビスを打ち込みます

正しい取付け方

端部の爪をしっかりと打ち込んでください

高所の施工ではビスの紛失で不足になりがちです。ビスを余分

最初にビスの締め忘れがないかチェックが必要です。

に準備すれば防げます。

45

ガイドブック4号-026-057-問題と対策.indd 45

12/03/16 11:19


金物施工についての問題と対策

注意! 6.ホールダウン金物の施工

1. 構造材の干渉

2. 施工手順の誤り

誤った取付け方

誤った取付け方

座付ボルト

横架材

野地 垂木 梁 くるピタ

コーチボルトM12

枠材

ホールダウン金物 (15kN)

耐震Jケーブル

枠材をよけるため、座付ボルトを使ったホールダウン金物をクル

屋根の野地板を張ったことで、座付ボルトが入らなくなったため、

ピタと耐震Jケーブルでつないでいます。

コーチボルトでホールダウン金物を取付けています。

くるピタと耐震Jケーブルをつないではいけま せん

コーチボルトでホールダウン金物を取付けて はいけません。

正しい取付け方

対応方法

野地 垂木

横架材

座付ボルト 15kN用コーナー金物

枠 材

枠材用 ホールダウン金物

柱 梁

枠材用のホールダウン金物で取付けます。

15kN用コーナー金物には、オメガコーナー・ビッグコーナー15 があります。

46

ガイドブック4号-026-057-問題と対策.indd 46

12/03/16 11:19


金物施工についての問題と対策

3. 柱頭の金物選択

4. 15kN用の納まり

誤った取付け方

誤った取付け方 柱

10kN ホールダウン金物 15kN

異なる耐力

15kN

土台

土台

1階

基礎

柱頭・柱脚に異なる耐力の金物を取付けています。

15kN用のホールダウン金物を座付ボルトを使い土台緊結として いる。

ホールダウン金物のサイズは正しいですか

正しい取付け方

告 示 で は ホ ール ダ ウ ン 金 物 の 土 台 緊 結 を 10kNまでとしています

正しい取付け方 柱

15kN 同じ耐力 土台

15kN 基礎 土台

1階

柱頭・柱脚は必ず同じ耐力の金物を取り付けます。ただし、設計

アンカーボルトA60・A70を使用し基礎へ直接施工します。

図書に表記されている場合は問題ありません。

埋込み代は360mm以上確保すること。

47

ガイドブック4号-026-057-問題と対策.indd 47

12/03/16 11:19


金物施工についての問題と対策

注意! 6.ホールダウン金物の施工

5. 無理な納まり

6. 筋かい金物との干渉

誤った取付け方

誤った取付け方

横架材

筋かい

筋かい

座付ボルトの座金部分が柱と干渉してホールダウン金物に曲げて

筋かい金物とホールダウン金物が干渉してビスの打ち込み不足

堅結しています。

があります。

規 定の耐力が 期 待できない無 理な納まりに なっていませんか

金物が集中する箇所の詳細納まり図を用意し ていますか

対応方法

対応方法

横架材

筋かい

筋かい

受け材をCN釘またはN釘で柱に抱かせてホールダウン金物を取 り付けます。 釘の長さは受け材の厚さ寸法プラス45mm以上と します。 別の納まりとしては両引ボルトで上下階の柱をホールダウン金物

図のように長ナットを用いてボルトをつなぎ干渉しない位置で ホールダウン金物を緊結します。

で引寄せる方法があります。

48

ガイドブック4号-026-057-問題と対策.indd 48

12/03/16 11:19


金物施工についての問題と対策

7.2 個づかい

8.金物の向き

旧来の施工方法

誤った取付け方

柱 柱 ホールダウン金物

逆向き

横架材

両引ボルト 土台

逆向き 柱 基礎

告示1460 号第2 号(ぬ)に該当した納まりですが、ボルトによる柱

ホールダウン金物が柱頭・柱脚で向きが上下逆になっています。

への断面欠損が心配されます。

規定の性能が得られません。

材への負担を考慮していますか

金物の向き、配置は正確ですか

望ましい取付け方

正しい取付け方

ホールダウン金物 30kN以上

締め代 (30mm 以上)

ホールダウン金物

平ワッシャー M16 アンカーボルト

横架材

横架材

両引ボルト

土台

基礎

基礎

高耐力のホールダウン金物を使用すれば、柱の断面欠損が少な

上下階の柱を引寄せる場合、ホールダウン金物は横架材に密着

くて済みます。

させないように取り付けます。

49

ガイドブック4号-026-057-問題と対策.indd 49

12/03/16 11:19


金物施工についての問題と対策

注意! 7.羽子板金物の施工

1.横架材への接触

2.柱への接触

誤った取付け方

誤った取付け方

横架材 横架材

横架材

羽子板ボルトの羽根部が横架材と接触しています。

羽子板ボルトの羽根部が柱と接触しています。

地震力が加わったとき仕口内部のせん断破壊が生じます。

地震力が加わったとき仕口内部のせん断破壊が生じます。

横架材からの寸法は十分ですか

柱からの寸法は十分ですか

正しい取付け方

正しい取付け方

横架材

横架材

横架材

横架材の巾に合わせて羽子板ボルトのボルトサイズを決めてくだ

柱からの等間隔にかんざしボルトの穴を横架材にあけて施工し

さい。

ます。

50

ガイドブック4号-026-057-問題と対策.indd 50

12/03/16 11:19


4.クギの打ち忘れ(『ほ』の場合)

誤った取付け方

誤った取付け方

金物施工についての問題と対策

3.ナットの締め忘れ(増し締め)

柱 柱

土台

基礎

横架材を通しているボルトのナットが緩んでいます。

Z羽子板ボルトSB・EまたはSB・Fの場合のスクリュー釘を打ち 忘れています。

ナットが緩んでいませんか

クギを打ち忘れていませんか

増し締めをしていますか

正しい取付け方

正しい取付け方

柱 柱

土台

基礎

ボルトナットはしっかりと締めつけます。

Z羽子板ボルトSB・E、またはSB・Fは 「ほ」 の仕様の場合は

最後に必ず増し締めをします。

必ずスクリュー釘ZS-50を打ち付けます。

51

ガイドブック4号-026-057-問題と対策.indd 51

12/03/16 11:19


金物施工についての問題と対策

注意! 7.羽子板金物の施工

5.ラグスクリュー施工

6. 板部の浮き上がり

誤った取付け方

誤った取付け方

羽子板ボルトSB・F

横架材

柱 角座金

横架材

下穴なしで施工したため 材に割れが発生

下穴なしでラグスクリューをねじ込んだため、材に割れが入って

角座金が横架材に干渉するため、羽子板ボルトを水平に取り付け

います。

られないことにより、板部が浮き上がっています。

ラグスクリューをインパクトレンチで一気にね じ込むようなことをしていませんか

羽子板の板部が浮き上がっていませんか

正しい取付け方

正しい取付け方

柱 横架材

腰高羽子板

横架材

下穴をあけてから施工

ラグスクリューの胴差の下穴を軸径と同径のドリルで胴部の長さ

腰高羽子板を採用することで、ボルト穴を水平に空けることがで

分開け、ねじ部の下穴は機種に応じてねじ径の40%∼70%のド

き板部が浮き上がることなく、まっすぐ取り付けられます。

リルでねじ部の長さの深さまで開けます。その後ラグスクリュー をねじ込みます。

52

ガイドブッ���4号-026-057-問題と対策.indd 52

12/03/16 11:19


誤った取付け方

金物施工についての問題と対策

7. ナットの掛かり不足

8.柱勝ちの納まり 誤った取付け方

横架材

柱と羽子板金物を緊結するナットからねじ山が見えていません。

ナットからボルトのねじ山が見えていますか

正しい取付け方

水平力を受けた場合梁の引き抜きの恐れがあります。

柱勝ちの納まりですか、横架材勝ちの納まり ですか

正しい取付け方

横架材

ナットの掛かりは、ボルトのねじ山を3 山以上だします。

梁端部の羽子板ボルトは、梁の引き抜きに対して抵抗する金 物として使用します。

53

ガイドブック4号-026-057-問題と対策.indd 53

12/03/16 11:19


金物施工についての問題と対策

注意! 8.その他金物の施工

1.基礎パッキンの配置 誤った取付け方

2.接合具の不足 誤った取付け方

横架材

基礎

柱の下と土台アンカーの位置に基礎パッキンがありません。

梁受け金物に羽子板ボルトが施工されているだけで釘、あるいは

荷重がかかるので基礎パッキンがないと土台の損傷につながります。

ビスが不足しております。

基礎パッキンは土台敷の前に基礎伏図を 良く見て取り付けて下さい

正しい取付け方

付属品の接合具は全て使います

正しい取付け方

横架材

基礎

基礎パッキンは柱の下、大引きの下、アンカーボルトの下、土台

梁受け金物は梁せいに合ったものを使用します。

継手の下、その他900mm以内に敷きます。

大きすぎても小さすぎてもいけません。

54

ガイドブック4号-026-057-問題と対策.indd 54

12/03/16 11:19


Zひねり金物

誤った取付け方

4.取り付け位置

金物施工についての問題と対策

3.取り付け位置

短冊金物

誤った取付け方 センターに 付いていない 桁

垂木

垂木

横架材

Zひねり金物の取付け位置が間違っています。

柱の中心より左部にずれて、金物を取付けています。

垂木金物には「棟側に取り付けるか」 「軒側に 取り付けるか」についての取り決めがあります

正しい取付け方

柱のセンターに金物が付いていますか

正しい取付け方

センターに 付いている 桁

垂木

垂木

横架材

Zマークのひねり金物は棟側に取り付けます。

柱の中心にくるよう、金物を取り付けます。

メーカーオリジナル垂木金物にはそれぞれ仕様があり指定通り施 工します。

55

ガイドブック4号-026-057-問題と対策.indd 55

12/03/16 11:19


金物施工についての問題と対策

注意! 8.その他金物の施工

5.床束の施工位置

大引受金物

6.ビスの長さ不足

誤った取付け方

コーナー金物

誤った取付け方

枠材(30mm厚以下)

短い 大引き

枠材または床合板 (30mm厚以下)

横架 材

同列にL型の鋼製束を配置しています。

枠材を挟んでコーナー金物を取付けていますが、枠材仕様では ない金物を使用しているため、短いビスで取り付けられています。

鋼製束の配置はあっていますか

ビスの種類に間違いはありませんか

正しい取付け方

正しい取付け方

枠材(30mm厚以下)

大引き 横架材

互い違いになるようL型鋼製束を配置します。

枠材または床合板 (30mm厚以下)

枠材を挟んでコーナー金物を取り付ける場合は、 枠材仕様の長いビスで取り付けます。

56

ガイドブック4号-026-057-問題と対策.indd 56

12/03/16 11:19


大引受金物

8.取付け位置

誤った取付け方

金物施工についての問題と対策

7.床束の付属品の打ち忘れ

たる木金物

誤った取付け方

取付位置がセンター よりずれている たる木

軒桁

ビスを留め忘れているため、大引が束金物と接合されていません。

ビスの本数に不足はありませんか ビスの種類に間違いはありませんか

たる木の中心より上側にずれて、金物を取り付けています。

たる木止めの位置がずれていませんか

正しい取付け方

正しい取付け方 センターに 付いている

大引き

たる木

軒桁

鋼製束

メーカー規定本数のビスを全て留め付けます。

たる木の中心に釘穴が掛かるよう、たる木の中心線の上下に釘 を打ちます。 ※たる木の成により異なる場合があります。 バランスよく取り付  けて下さい。

57

ガイドブック4号-026-057-問題と対策.indd 57

12/03/16 11:19


金物施工についての問題と対策 1

接合部に作用する応力と木材の特性

●はじめに  現在、木造住宅の接合部の工法は金物補強が主流となっ

ですが、金物の抵抗メカニズムへの無理解により、誤った

ています。

設置方法がしばしば見られるようです。

 在来軸組工法では、従来から利用されてきたZマーク金

 そうした誤りを避けるための一助として、本項では木材

物の他に、各種同等認定金物、性能認定金物が開発され、

の特性、それから金物に作用する応力やその特徴について

利用されるようになっています。

簡単な解説を行います。

 近年の大地震災害による耐震基準の強化、耐力壁の高

 これらの知識を、金物を適切に利用していただく上で役

耐力化に伴い、金物にかかる応力も増大しているのが現状

立てていただければと思います。

●木材の特性 強度のばらつき  木材は自然素材であり、金属のような均質な材料ではあ りません。成長時の環境等による素材自体の強度差の他 に、節などの構造上の欠陥なども影響してくるため、強度・ 剛性のばらつきがどうしても生じます。  設計用の基準強度は、これらの点をある程度考慮して定 めています。

強度の方向性 木は、もともとの植物としての成り立ちから、繊維が束 になってくっついたような構造となっていて、その強度には 方向性があります。 木が自然に自立して、風や地震に耐えている状態を思い 浮かべてもらえればなんとなく想像がつくかもしれません が、木材は縦(繊維方向)に押したりすることに対しては 比較的強度が高いという性質をもちます。 柱

逆に、木材は横方向 ( 繊維直交方向 ) の力に対してはあ

釘位置での割裂

まり強くないという性質があり、強度は数分の1です。

土台

ただし、木材の繊維質の構造が幸いして、圧縮で押す面 が部分的な場合 ( めりこみ ) は、周囲が一緒に引きずられ て沈み込もうとすることで、押された面の周囲も協力して、

規定以上の距離

基礎

見かけ上の耐力はそこそこ大きくなります。 残念なことに、割り

を割るときのように割り裂こうと

する場合(割裂)や、ずらそうとする力(せん断)に対する

破壊してしまう性質があるため、脆性的で危険な破壊でも

強度は大きくありません。

あります。

構造的な見地からすると、割裂やせん断の場合は一気に

58

ガイドブック4号-58-89金物施工についての問題と対策.indd 58

12/03/16 11:22


接合部に作用する力について

W2

耐力壁の柱の引抜・圧縮  耐力壁の取付く柱には、建物自重、耐力壁の転倒に伴う 引抜・圧縮力、上階の耐力壁による引抜・圧縮力が作用し ます。  また、これらの耐力壁の転倒に伴う力によって、梁に曲げ

W1

応力が生じたり、基礎アンカーの引き抜き力も生じます。  特に、筋かい耐力壁の場合は、筋かいによる圧縮力が梁 に作用するので、梁や柱の柱頭側接合部にも大きな力が作 用することになります。 (右図)  下図の例に示した通り、筋かい端部、柱上端だけでなく、 梁自体の強度が足りないという場合も考えられます。

ほぞ穴端部の破壊

座屈

面外への座屈

柱脚部の引き抜け破壊

柱脚部の引き抜け破壊

59

ガイドブック4号-58-89金物施工についての問題と対策.indd 59

12/03/16 11:22


更に、筋かいには、金物の接合強度だけに頼る引張り時 の性能が、圧縮時より低いという性質があります。壁量計

で、力が集中しにくく、筋かいほど、柱頭側に力が作用し ないという特性があります。

算では、筋かいの性能は押し引きの平均値で表されている

前頁で説明した梁の曲げ戻し抵抗や、建物の自重の効果

せいもあって、その特性があまり認識されずに、筋かいの

などについては、設計で引抜金物を選定する際に効果とし

向きを全て同じにして施工されていたりする問題がみられ

てすでに見込まれています。N値計算や告示で選択した金

ます。また、圧縮筋かいの性能は間柱と仕上等による面材

物はそのあたりを踏まえて選定されているのだと思ってく

での拘束が前提になっているので、間柱なしや筋かいのみ

ださい。

の表(あらわし)で使うのは問題があります。 (角材の筋か

逆に、そのあたりの効果が期待できないような状況にな る場合は、対処が必要ということになります。

いであれば可) なお、面材の場合は、釘を通じて直接柱に力が伝わるの

応力伝達の過程における引張り・圧縮

■ 図1

図 1 のように 1 階と 2 階で耐力壁の位置がずれている 場合、その間の応力伝達は梁や床面を通じて行われます。 当該部分に梁継手があった場合、金物がないと強度が不 足する可能性があります。 特にこの部分に床や屋根が取付いていない場合は、それ らの協力効果も期待できないので、注意が必要です。

引張

図 2 のように床面を横倒しになった巨大なⅠビームと考 え、地震や風の力が梁の分布荷重だとすると、外周の梁は フランジとなり、引張りや圧縮荷重が作用します。 これらのような荷重が作用した場合、腰掛鎌継等の継手 仕口のみの強度だと心元ない場合があります。 梁スパンが大きい場合、梁背が小さい場合、片持ち梁に

■ 図2

なる場合、つまり、LDK などの部屋があって、耐力壁同士 の間隔が大きい場合や、極端に細長い建物の場合、それか ら建物の片側外壁に耐力壁がない場合は、危険な場合が あると考えられます。 引張

フランジ

ウェブ

60

ガイドブック4号-58-89金物施工についての問題と対策.indd 60

12/03/16 11:22


土台と基礎の接合 基礎と土台の摩擦抵抗もあると考えられますが、設計上 は、ボルトのせん断耐力で、水平力に対して抵抗できるよ うに、アンカーを配置することになっています。 土台

HD以外のアンカーに直結しない金物を取り付けている 場合は、基礎と土台を止めつけるアンカーボルトに引抜力 が作用します。 金物とアンカーの位置が通常は離れているので、金物と

アンカー

基礎

アンカーだけでなく、土台自体に、曲げ・せん断応力が作 用します。 また、ビス・釘止めの金物では土台を割り裂こうとする 力も働きます。 (下図)

コーナー金物

側面タイプの 金物でも同様の現象

側面タイプ 金物

塗り壁

M

M

M

Q

●接合部と金物の抵抗メカニズム 木造接合部の問題点  (今のところ)鉄骨の溶接のように、木材同士を完全に

 木材はせん断や割裂に弱い特性があります。また、噛

融着することはできません。

み合わせの機構や、金物の接合部分は、部材断面の一部

 集成材のように、一定方向であれば、接着剤によってあ

しか使えません。

る程度一体化できますが、向きの異なる部材同士の接合

 そのため、接合部の強度はどうがんばっても、木材自体

は難しいものがあります。

の数割程度にしかなりません。

 従って、木材どうしの噛み合わせにより応力を伝達した り、金物を併用したりする必要があります。 接合金物の役割  金物は、強度が高くて、引張やせん断に対しても強いと

接合金物本体が引張りに抵抗する形態の物が多いようで

いう利点を生かして、木材同士では、うまく力を伝達でき

す。

ない箇所の補強として、引張り力やせん断力を負担する役

 最近では、コーナー金物等、ビスの引抜抵抗を利用した

割を果たします。

金物も増えてきています。

 一般的には、釘・ビス・ボルト類のせん断抵抗を介して、

61

ガイドブック4号-58-89金物施工についての問題と対策.indd 61

12/03/16 11:22


各要素の抵抗のメカニズム

■ 図1

A

釘・ビス・ボルトと金物・木材とのせん断  この抵抗様式は、金物・ビス・木材それぞれの強度や剛

胴の部分 太くて強い

性により、様々な変形・破壊のパターンが考えられます。  安全性の見地から考えると、いきなり壊れて耐力がなく

弱い

B

なってしまうようなパターンはあまり好ましくありません。 その点からいうと、図 1 の A ∼Cのパターンだと木に 徐々にめり込んで行くので、比較的安全なパターンである といえます。適度な細さの釘・ビスを十分端距離をとって

C

打ちつけた場合、このような変形の形態になるといわれ ています。 特にビスの場合、変形が進んでビスが抜出そうとする 際にねじによる引抜抵抗も期待できるので、高い耐力が 期待できます。一方、釘の場合は、ある程度変形が進む

D

と抜出してしまいビスに比べて耐力は低下傾向がみられ ます。 但し、ビス類が脆いと、曲がらないで折れてしまう場合 があり、この場合は危険な破壊となってしまいます。 E

図 1 のD∼ F のパターンは、木 材が端抜けしたり、金 物が壊れてしまう場合です。脆性的で危険な破壊になりま す。一般には、端距離がなくて、母材強度が不足している と起こります。 Z マーク金物や同等・性能認定金物では必ず実験を行 い、耐力や破壊状態を確認して D ∼ F のパターンになる

F

場合でも、十分余裕があるように許容耐力を決めていま す。 但し、ビスや釘類は適切な施工を行わないと、所定の 耐力が確保できないだけでなく、危険な破壊を起こす恐 れがあります。 ビスであれば、鉛直に最後までねじ込まれていないと、 がたが生じるのはもちろん、太くて強 度の高い胴部が、 金物や、木材の表面付近の応力が集中するところに来な ければ、強度が著しく低下する可能性があります。

■ 図2

また、ねじ込みすぎも、ねじの噛み合いが無くなったり、 金物を傷つけることになるので、強度が低下する原因とな ります。なお、釘・ビスを複数本設置した場合、全体とし てせん断破壊する場合も考えられます。 図2のように、ビス群で囲まれた領域が全体として、せ ん断・あるいは引張り破壊してしまうような破壊形式です。 部材断面が小さい場合は、注意が必要であると考えら

全体として抜き出す場合

れます。

62

ガイドブック4号-58-89金物施工についての問題と対策.indd 62

12/03/16 11:22


ビスの引抜 ミクロ的にみれば、ねじ山部における木材のせん断で すが、摩擦など、その外の影響もあると考えられます。 適切な下穴を開けなかったり、打撃で打ち込んだりす ると、割れやがたにより、強度が低下します。 また、木材は強度に方向性があり、木材の木口面へビ スを打った場合は、強度がかなり低下することがわかって います。 その他、ねじこみ部分の強 度ではありませんが、以下

○補強金物側が壊れてビスの頭がすっぽ抜けてしまう ○ビスの頭が千切れてしまう ○部材全長にわたってねじ込まれていない場合、木材の側が  ねじのかかっている部分だけで裂けて割裂する。

のような部分も強度にかかわってくる場合があります。

めりこみ 木材は横方向 ( 繊維直交方向 ) の力に対してはあまり強 まわりの部分も ひきずられて 沈む→強度 UP

くなく、強度は数分の1となりますが、圧縮で押す面が部 分的な場合 ( めりこみ ) は、周囲の一緒に引きずられて沈 み込もうとすることで、見かけ上の耐力はそこそこ大きく なります。

上記の理由で 端は弱くなる

部材の端部になると、その効果が低くなるため、めり 込み耐力は中間部の 70 ∼ 80%程度になります。更に、 部材の全断面が圧縮されるようになると、上記のような

まわりの余長が 無いとすごく弱い

効果は期待できないため、さらに耐力は小さくなります。 但し、変形としてはずっと潰れていく形で安定している ので、急激な耐力低下はおきないため、安全な変形では あります。

63

ガイドブック4号-58-89金物施工についての問題と対策.indd 63

12/03/16 11:22


金物の抵抗のメカニズム

■ 図1

接合金物の抵抗力は、細かくみていくと、複数の接合部

めり込み 圧縮

の抵抗の組み合わせであり、どれか弱いところの耐力で、 全体の耐力が決定することになります。

引張

なお、木材の強度はばらつきがあるので、それぞれの部

せん断

分の耐力が同程度の場合、絶対同じ箇所で破壊をすると は言い切れない所が難しいところです。 図 1 の引きボルトの場合、一般の施工では、40 角の小 さい座金をつかうため、許容耐力はめり込みで決まること

■ 図2

が多いと考えられます。しかし、プレカット加工の箱堀は、

せん断

梁端から10cm 程度の所に設けられることが多く、更に荷 重が増大すると箱堀部のせん断耐力を超えて破断してしま うかもしれません。 引抜

図 2 のコーナー金物の場合、柱側ビスのせん断か土台

割裂・土台曲げ

ビスの引抜か土台の割裂のいずれかで耐力が決まることに なります。柱ビスのせん断で決まることが多いようですが、 必ずしもそうで無い場合があるようです。 所定の耐力の確保、特に脆性的な破壊の防止

■ 図3

■ 図4

試験によって性能を確認されている金物は、実験の際と

同じ施工方法が取られた場合は、所定の性能が確保され、 それらの金物によって補強された建物は安全であるはずで

HD金物 ビスからの端距離

す。しかしながら不適切な施工が行われた場合、所定の性 能が出ないだけでなく、脆性的な急激な破壊が起きる危険 性があります。

座掘

不適切な施工として、向きを間違えたりするのは問題外 ですが、その他にも、構造的な知識の欠如からくる様々な 間違いがみられることがあります。 不適切な位置へのビス止め(ビス類の端距離の不足)

本数不足・間違った種類のビスの取付け

HD金物やコーナー金物は所定の位置を守っていれば、

ビス・釘の打ち忘れや、ビスの種類間違い(柱用と土台

形状的に端距離の問題はないと考えがちですが、必ずしも

梁用の取り違い)も耐力低下をもたらすことは言うまでも

そうではありません。

ありません。

例えば、柱の中間に座掘りによる柱の欠損があれば、ビ スのせん断抵抗を考えるとその位置が柱の端部と同じで す。図 3 のような取り付けをしてしまうと、耐力が低下し てしまうことになります。 又、最近利用が増えているコーナー金物に関しては、図 4 の様に梁の段差部につけてしまうと、柱端がビスの直近

材端部への金物の設置 通常の試験では梁の両端を押さえて試験をしているの で、材端部の場合、何がおきるかわかりません。 コーナー金物については隅角部設置対応のものが出て いるのでこれらは使うことができます。

にあるので、柱側のビスの耐力が低下します。梁側も、梁 端に金物をつけているので、耐力が低下する可能性があり ます。

64

ガイドブック4号-58-89金物施工についての問題と対策.indd 64

12/03/26 9:02


2

接合金物と接合具の種類と機能

●接合金物と接合具の機能 接合金物とは、木造建築物の接合部を補強する金物の

は、柱上下の破壊が先行することなく、耐力壁の耐力や

ことですが、このガイドブックでは木造軸組構法で言う仕

変形が十分発揮されるよう、柱頭・柱脚の仕口について

口・継手の部分に使用される金物を指します。

耐力壁の仕様に見合った金物による接合方法と規定され

ております。

この接合部に要求される強度は、 「変形やたわみが生じに くい」 「大きな荷重にも耐えられる」 「ねばりを発揮し地震 等のエネルギーを吸収する」ということになります。

一言で言うと接合部に要求される強度を金物によって 補うということになります。  

阪神・淡路大震災においては地震で建築物が大きく変

この木造軸組に使用される接合金物は釘・ビス・座金あ

形し、1階の柱が引き抜かれ 2 階に押しつぶされた木造

るいはボルト等の接合具と一体となって本来の接合金物

住宅が多く見られました。

の性能が発揮されることになります。

その、震災の教訓として平成 12 年建築基準法の大改

しかしながら、残念なことに建築現場を覗くと諸事情で

正ですが、木造軸組構法においては、柱の引き抜きを抑

本来の納まりになっていないことが数多く見受けられます。

える方法や耐力壁をバランス良く配置することによって建

そのところを「金物の納まり」・ 「接合具」・ 「構造材」の側

物がねじれて倒壊しないよう改正されました。

面から現状の問題と対策について解説してまいります。

具体的には告示 1460 号に規定されており、その内容

●接合金物の種類   接合金物の種類は用途によって「筋かい端部を緊結す

認定金物・Dマーク表示金物」と呼んでおります。

る金物」と「柱頭・柱脚それぞれを緊結する金物」と「そ

 さらに、接合金物の用途に必要とする品質・性能を有し、

の他の金物」の3 種類に区分することができます。そして、

その性能値を認定した接合金物を「性能認定金物・Sマー

これらを品質性能別に「(財)日本住宅・木材技術センター

ク表示金物」と呼んでおります。

(以下住木センターという)が認定する金物」と「国土交

 別途、認定金物とは呼んでおりませんが、国土交通省の

通省の指定性能評価機関で試験を受けた金物」に大別す

指定性能評価機関で定められた試験に基づく評価方法で

ることができます。

性能を確認し、試験報告書や試験成績証明書がある接合

 認定金物とは住木センターが定める接合金物規格に適

金物を「試験済金物」と呼んでおります。

合した接 合 金物を「軸組工法用金物・Zマーク表示金物」

 一般にZマーク表示金物のような認定金物以外の金物

と言い、Zマーク表示金物と同じ機能・用途の接合金物を

をメーカーオリジナル金物と呼んでおります。

対象に同等以上の品質・性能を有する接合金物を「同等

Zマーク表示金物のマークと認定要件

Zマーク

 Zマーク表示金物とは、規格に適合している金物であることを(財)日本住宅・木材技術センターが規程に基 づき認定し、規程マークを付して供給することを了承した金物です。申請品が「軸組工法用金物規格(Zマー ク表示金物)」に適合していること及び品質・性能の安定した当該製品を生産・供給できる体制が整っている ことが認定の要件となっています。

同等認定金物のマークと認定要件

申請者番号

工場番号

Dマーク

 同等認定金物とは、対象とするZマーク表示金物と同等以上の性能と品質を有する金物であることを(財)日 本住宅・木材技術センターが規程に基づき認定し、認定マークを付して供給することを了承した接合金物です。 申請品が「軸組工法用接合金物規格(Zマーク表示金物)」の対象金物の品質・性能と同等以上であること及び 品質・性能の安定した当該製品を生産・供給できる体制が整っていることが認定の要件となっています。

A 申請者番号 工場記号 認定され 金物番号 (メーカー) た年

65

ガイドブック4号-58-89金物施工についての問題と対策.indd 65

12/03/16 11:22


Sマーク

性能認定金物のマークと認定要件  性能認定金物は、(財)日本住宅・木材技術センターが規程に基づきその強度性能値を認定し、認定マーク を付して供給することを了承した接合金物です。

A

 申請品が用途に応じた性能を有し、かつZマーク表示金物と同等以上の品質を有すること及び品質・性能の 安定した当該製品を生産・供給できる体制が整っている事が認定の要件となっています。

申請者番号 工場記号 認定され 金物番号 (メーカー) た年

建材試験センター・ハウスプラス試験済み製品の表示例

※建材試験センター刻印例

※ハウスプラスラベル例

●接合具の種類 Zマーク表示接合具

接合金物に使用する接合具には大きく分けると「Z マー ク表示金物規格の接合具」と 「メーカーオリジナル接合具」 になります。   Z マーク表示金物規格の接合具の種類は釘類(ZN 太 め釘・ZS スクリュー 釘・平 釘)・ボルトナット類(M12・ M16 六角ボルト・ナット・全ねじボルト・角根平頭ボルト・ アンカーボルト・座金付きボルト・ラグスクリューボルト) ・ 座金類(角座金・小型角座金・丸座金) ・かすがい(かすがい・ 手違いかすがい)があります。 メーカーオリジナル接合 金物の接合具の種類は釘・ビ ス類 (大部分が金物を留めるビスと釘)ボルト・ナット類 (座 彫り対応のフラットタイプのボルト・土台芯を出すための クランク型のアンカーボルト・偏芯座付きボルト・ゆるみ 止めナット)・座金類(木痩せ対応のばね付き座金やゴム 付き座金・アンカーボルト用でナットと座金が一体化した 土台をフラットに仕上げるための座金)など各メーカーが 同じ規格のものを製造しております。 特に近年は、高耐力のアンカーボルトや座付ボルトの 様に材質を考慮したオリジナル接合具が増えました。 (接合具の詳細は 312 頁∼ 357 頁を参照して下さい。)

66

ガイドブック4号-58-89金物施工についての問題と対策.indd 66

12/03/16 11:22


3

金物の納まりに関しての問題と対策

●接合金物の選択  接 合 金 物の 選 択は、平成12 年建 設 省告 示 第1460 号

告示の表から選択した場合 SB・E

CP・L CP・L

CP・L

CP・L SB・E

の仕様規定を満たし、品質・性能において同等以上と確認 された金物を使うことになります。主に、Zマーク表示金 物もしくは金物メーカーのオリジナル金物を採用するのが 一般的になっております。

S-HD15 (CP・L)

S-HD15

S-HD15 (CP・L)

(CP・L)

 仕様 規定によらない場合は、柱頭・柱脚の引張り耐力 が必要耐力以上であることを計算してNの値を求め、必要

S-HD15

S-HD15

S-HD20 (CP・E)

S-HD15 (CP・L)

S-HD15

S-HD15

S-HD15

耐力以上の金物を選択します。これをN値計算と呼んでお ります。  あるいは、建物全体の構造計算 (許容応力度計算)によっ て柱頭・柱脚接合部の引張り耐力検定を行い許容引張耐 力以上の金物を選択します。  告示の表を使って金物を選択した場合と、N値計算に

S-HD15 S-HD15 S-HD15

S-HD15

S-HD15 S-HD20 S-HD15

N値計算をした場合 SB・E

C

CP・L

CP・L

CP・L SB・E

よって選択した場合(図1)とでは、N値計算で選択した方 が金物の予算は少なくて済みます。  金物の選択は、構造計画の段階で金物配置図を作成す ることがポイントとなります。現在では自動化が進み、プ

C

S-HD10 (CP・L)

SP-E (SB・E)

S-HD10 (CP・L)

レカット工場からインターネット経由で架 構データを貰

S-HD10

S-HD15

SP-E (SB・E)

C

S-HD10

い、簡単な間取り入力で、金物の選択・金物自動配置そし て金物配置図の作成から積算まで可能となるCADソフト があります。 S-HD15C S-HD15C

S-HD10

S-HD10

C

SB-E

S-HD15

その他の箇所 告示 1460 号においては、筋かい以外は、ボルト・かす がい・込み栓等で応力伝達ができるようにというだけで具 体的な規定がありません。 また、N値計算のような簡易計算法は提供されていない

のが現状です。 仕様規定としては、建築物の構造関係技術基準解説書 に例示されている内容や、住宅金融支援機構仕様を準用す ることになると思われます。

建築物の構造関係技術基準解説書に示されている仕様(要約) 通し柱と胴差の仕口 :かたぎ大入れ短ホゾ差しの上、羽子板ボルト・かね折金物のいずれか(柱を挟んで胴差相互をを継ぐ場合           は、かたぎ大入れ短ホゾ差しの上、短冊金物)但し、90 角筋かいが取付く場合は、15kNHD金物で緊結 外壁の胴差・桁等  :腰掛蟻継ぎの上短冊金物補強、腰掛鎌継ぎの上短冊金物補強、追っかけ大栓継ぎ、金輪継ぎ、し���ぱさ           み継ぎのいずれか 横架材の仕口  

:大入れ蟻掛け羽子板ボルト締め、かぶと蟻羽子板締め、わたりあご等

主要な小屋束の上下及び 上記と同等以上の継手及び仕口 :短ホゾ差しかすがい打ちまたは平金物による補強、長ホゾ込栓打ち

67

ガイドブック4号-58-89金物施工についての問題と対策.indd 67

12/03/16 11:22


建物の形状によっては前頁の仕様規定では不足する場 合が考えられます。その場合は、許容応力度計算により安 全を確認します。

の引張り強度の検討方法が示され一般に使えるようにされ ています。 その他の部分については、設計者の判断により設計する

許容応力度計算では、水平構面の応力に対する外周梁

ことになります。

筋かい金物について Zマークのプレート型、同等認定のボックス型、それか ら柱頭柱脚金物義務付け以降のL字型が存在します。 L字型の場合、水平力の伝達を筋かいと梁の摩擦力と柱 ホゾのせん断に頼ることになります。 一間幅の場合、ホゾのせん断の負担が大きくなるので、

に柱と一体化)やアングル ( ボルト留め )、コーナー金物等 を用いて、梁が上にずれないように補強した方が良いと考 えられます。 ■ 図1

外壁端部の場合などでは、ずれどめの補強をする必要が

M16座付ボルト 半柱(受材)

あるかもしれません。

ホールダウン金物15kN以上

90 角筋かいにおいては、端部 M12 ボルト締めによる 補強が必要です。 そして、その他の接合部の項で示した通り、通柱 - 胴差 接合部に 90 角筋かいをつける場合は、15kN用引寄せ 金物による補強が必要です。 これは、梁の端抜け(この場合は、通柱 - 胴差接合部の 破壊)を避けるためです。 なお、角筋かいは、突き上げ力も強いため、行政の指導 には含まれませんが、半 柱(受材、N90@150 等で十 分 柱頭に金物が必要な理由 ■ 図1

筋かいの押し上げや梁の曲げ戻しにより、柱頭側の接 合部にも引張力が働くので、柱頭側にも柱脚と同等以上の 耐力の金物が必要となります。筋かい自体についても同様 です。 実際取り付ける金物については、以下のルールがあるた め、かならずしも一緒にはなりません。 筋かいの端部

HD金物で上下階を引き合う場合、上階の引抜力を負担 するため、1 階柱脚より1 階柱頭のほうが大きな金物が必

■ 図2

要になる場合があります。但し、これは、構造計算してい 柱頭

る場合だけです。 N値計算を使う場合は、 1階より2 階が大きくなったら、 1 階も 2 階にあわせるというルールになっているため同じ になります。

柱脚

耐力壁の柱頭・柱脚

また、2 階以上の階は、連 層耐力壁でHD金物で上下 階を引き合う場合、1 階の方が一般的に大きくなることが 多いため、柱脚側の方が取り付ける金物が大きくなること が多々あります。

68

ガイドブック4号-58-89金物施工についての問題と対策.indd 68

12/03/16 11:22


15kN ホールダウン金 物

上下階の柱を緊結する場合は同一の金物  上下階の柱をホールダウン金物で直接緊結する場合は、

10kN ホールダウン金物 15kN ホールダウン金 物

上階柱脚、下階柱頭において同じ金物を用いることになり ます。  例として、2 階の柱脚に10kN用のホールダウン金物、 1階の柱頭に15kNの金物が取り付いた場合、この接合部

15kN ホールダウン金 物

15kN ホールダウン金物

では10kNの引っ張り強度しか得られず、2 階の柱脚が1 階柱頭の耐力15kNに対して脆弱となるため、2 階柱 脚 も15kNのホールダウン金物を取り付けてつり合いをとる 必要があります。

金物耐力の加算 一般に接合具が同じ金物の併用は耐力の加算が認めら れております。羽子板ボルト・かど金物・ホールダウン金 物などですが、接合具が同じものであれば加算は可能で す。ただし、オリジナル金物についてはメーカーへの確認 が必要となります。 例えば、梁接合の仕口に羽子板ボルトを2枚向い合せ にして、かんざしボルトを1本通した場合は2倍の耐力が 得られることが解っております。

したがって、同じ金物を 2 個設置した場合の強度につ いても、必ずしも倍になるとは限りません。 例えば、ビス接 合 部であれば、本 数 が増えたことで、

しかし、ボルトと釘など荷重変形関係の異なる接合具 を使って加算する場合は、実験を行って許容耐力を求め なければなりません。

母材側の強度が限界に達したり、ビス同士が互いに干渉 しあう場合などが考えられます。 ただ、金物の試験は、偏芯を避けるために、左右 2 個

異種の金物の組み合わせを避けるべきなのは、金物に

ペアでセットして試験を行ってる場合があり、その耐力の

よって荷重と変形の度合い(剛性)が違う可能性があり、

1/2 を金物1個の許容耐力としている場合は、2 個付け

A金物が働いているときはBの金物は全く効いていない

しても支障がありません。

という状況も考えられるため、単純に耐力を足し合わせる ことはできない可能性があるからです。

隅角部用の金物などは 1 個で試験をしているはずなの で、原則 2 個ペアでの使用はできません。 壁倍率が 5 を超えた場合 図1は、たすき掛け筋かいと構造用合板を併用した耐力 壁で壁耐力で壁倍率は 6.5 倍となりますが、建築基準法 では 5 倍を超える壁倍率は 5 倍として計算することになっ

筋かい 45×90たすき掛 4倍 + 構造用合板 2.5倍

ております。 しかしながら、壁量計算上は 5 倍として計算しますが接 合部が先行破壊してはならないので、N 値計算は 5 倍を 超えた倍率で行い、壁が最大耐力を負担したとしても、接 合部が先に壊れないようにする必要があります。 なお、柱頭柱脚以外の他の部分の応力を考えて、壁倍率 7 倍相当を最大にすべきといわれています。そのため、足 した倍率が 7 倍を超えるような壁は計画してはなりません。

69

ガイドブック4号-58-89金物施工についての問題と対策.indd 69

12/03/26 9:01


ホールダウン金物の納まりについて 土台に対して 15kN までのHD金物を座付ボルトを介 して利用する(告示ではみとめていない)、あるいは最近 だと 15kN 用までのコーナー金物を利用する場合があり

柱 座金付きボルトを 土台基礎に使う納り図

ます。 15kN の引抜力はかなり大きく、アンカー位置によって

15kN用

は、曲げモーメントやせん断力により、土台が破壊してし

150mm以内

ホールダウン15kN

まう可能性が出てきます。 よって、構造計算により安全を確かめることが望ましい

横架材

といえます。

基礎

10kN 以上の金物は、HD金物をアンカーに直結して

M12アンカーボルト

使用することを推奨します。 やむ 得ず、土台を介して接合する場合は、アンカーを 直近 ( 柱芯から 200mm 以内 ) の両側に設けることをお

勧めします。 座 金も 40 角ではなく、60 角または 54 角 (M16 ア ンカー ) を使 用します。15kN 金 物の場合は、アンカー を M16 にし、80 角座金にして柱の両側に設置すること をおすすめします。なお、15kN を超える金物を土台引

横架材

で使用してはいけません。

基礎

梁引の場合は、80 角の座金を用いて、また、梁断面 を十分大きくする必要があります。構造計算を行わない 場合は、梁引のHD金物が必要になるような耐力壁を設

基礎から立ち上げた納り図 ホールダウン15kN

けることは避けたほうがよいと思われます。

隅柱

隅柱以外 W6×60(15kN は 80 角の座金使用) 7.5kN 以上の金物 (告示[に])

7.5kN 以上の金物 (隅柱対応品)

W9×80

W6×60 (15kN は 80 角の座金使用)

200 200 M16(A-60)

70

ガイドブック4号-58-89金物施工についての問題と対策.indd 70

12/03/16 11:22


隅柱に倍率の異なる耐力壁が取りつく場合の金物

■ 図1

 隅柱に直交する倍率の異なる耐力壁が取りつく場合、そ れぞれの耐力壁について、平面における張間方向、桁行き 方向にそれぞれ必要な接合方法を選択し、そのうちの耐 力の大きい方の金物を隅柱の柱頭・柱脚に取り付けます。  図1場合でN値計算を行うと張間方向の耐力壁は筋かい 45×90のたすき掛けでN値は5.4となります。一方の桁 行き方向は片筋かい45×90でN値は2.2となります。  したがって、不利となる方の外力で算定するという原則 に従って、N値5.4となり金物は30kNのホールダウン金 物での緊結となります。

中柱の金物 平家または最上階の場合

連続する耐力壁中の中柱にかかる引き抜き力は、左右 で相殺しあうので、基本的に金物は小さくてよくなります。 中柱

しかし、告示では、簡略化のためにこの効果を無視し、

中柱

中柱

告示(ろ)

告示(に)

告示(に)

N値(い)

N値 (ろ)

N値 (は)

単独の壁があるものとして金物を算定して、仕様として決 めています。 N値計算では、左右の壁倍率の差から引き抜き力を求 めるので、この効果が配慮されています。 筋かいに関しては、告示の壁倍率が筋かいの方向性を

仕口金物の隅柱への対応について

考慮していないためそのままだと相殺にならないので、N 値計算では、筋かい補正値で対応しています。

  平 成12 年 告 示 第1460 号 第2 号 表3には、定めら れ た柱の仕口の接合方法が記されております。また告示第 1654 号(評価方法基準)によって、これらの引張試験お よび評価方法が規定されております。

隅柱型

P

 柱を土台に接合する仕口には、隅柱を接合する(隅柱型) とそれ以外の柱を接合する (中柱型)があります。またホー

中柱型

ルダウン金物を使って、柱を金物を介してアンカーボルト に接合する方法(アンカー型)があります。なお、土台に 接合する柱の仕口は、ほぞ(短ほぞ)があることを前提と

固定点

P

固定点

して仕口金物の試験を行います。  この仕口金物を隅柱および中柱の両方で使用する場合

土台

には、各々の性能を確認する必要性がありますが、近年使

固定点

用されている仕口金物は中柱型の試験方法のみで評価さ れており、隅柱型では評価されておりませんでした。

固定点

土台

 通常、建物の構造体に外力が働いた場合は、中柱より 隅柱に大きな応力が働き、耐力の大きな金物で仕口を接 合しますが、現状は隅柱に中柱と同じ金物を使用している ケースが多く見られます。

71

ガイドブック4号-58-89金物施工についての問題と対策.indd 71

12/03/16 11:23


上下階の柱のずれ  告示による金物選択あるいはN値計算を行う際、間くず れ等により上下階の柱の位置が一致しない場合がありま

筋かい45×90 筋かい45×90 (2.0倍) (2.0倍)

すが、上下階の柱のずれ寸法が1M以内であれば、1階の 柱の直上に2 階の柱があるとみなして金物選択、N値計算

左右共1m以内 左右共 1m以内 以内

をして良いことになっております。

筋かい45×90 筋かい45×90 (2.0倍) (2.0倍)

筋かい45×90 筋かい 45×90 45 たすき掛け (4.0 (4.0倍) 倍)

●金物の施工位置 金物の取り付け位置のずれ 接合金物には構造材の仕口や継手に対し、金物の性能

かど金物CP・T

を発揮させるための取り付け位置が決められております。  例えば、柱と横架材を金物で緊結する場合、取り付け位

E1=E2 E1

置がミリ単位で決められており、それを守らないと金物の

E2

釘がほぞを逸らしてしまうとか、ビスを規定の本数打てな くなったり、結果として金物の性能が得られなくなってしま います。

筋かい金物について

筋かい ※2(15mm) ※2 ※2 ※2(15mm) ※2 筋かい端部は隙間なく 密着させることが必要

筋かいプレート L型タイプ

※1

階高等の影響により、すじかいの角度はまちまちであり、 すじかい金物のビス穴とうまくあわない場合が、しばしばみ られます。 ビスとすじかい端の端距離をきちんと確保しないと、所

※3 ※3

定の耐力が得られない可能性があります。 L字型金物を利用すると、アンカーとの干渉も含めて、位

注意点 ※1:取付高さ    メーカー指定の寸法を参考に、ビス等が適切に設置でき

置決めがかなり楽になりますが、それでも注意しないと、ビ スが打てなかったり、端すぎて耐力が出ない場合がありま す。

   かつ柱脚から離れすぎない位置を選定する。 ※2:ビス端距離

左図は取付けの一例ですが、上記の問題の他に、すじか

   メーカー指定の寸法がある場合はそれ以外を確保する  

いの接地幅や、この図では省略していますが、問題施工例

指定なき場合は、最低でも15mm確保するようにしたい。

で挙げているHD金物のアンカー等の干渉等の条件をすべ

※3:筋かいの設置幅    あまりに狭いとめり込み耐力が不足する。少なくとも筋

て満たすように、金物位置を決定しなければなりません。

   かい幅の半分は確保したい。

72

ガイドブック4号-58-89金物施工についての問題と対策.indd 72

12/03/16 11:23


柱と横架材の異寸法への金物施工 柱105

柱寸法 105 ミリと土台寸法 120 ミリの段付きにプレー ト金物を取り付ける場合、そのまま取り付けると釘やビス が浮いてしまうため、金物を曲げて施工しているケースが ありますが、その状態で柱に強い引抜きがかかると釘やビ スが抜けたり、金物が破壊される恐れがありますので金物

折り曲げる

土台120

柱105

を曲げての施工は禁止となります。  

柱105

対策として、8 ミリ∼ 10 ミリほど土台を彫り込むことに

座彫り

土台120

なりますが、土台の曲げ耐力等へ影響しないとも限りませ ん。 金物を代えるのも一つの手段です。コーナー金物に同等 のものがあればそれに代える方法もあります。

コーナー金物 に変更

土台120

隅柱に受材をもうける場合 隅柱等で土台と柱が異寸法になり、外面合せにする場 合、内部側に面材を貼ろうとする場合や、内部の両方向 構造用合板

に面材を貼りたい場合、受材が必要になります。 土台105

内部側���材が耐力壁の場合は、受材を切断するのは耐 力上好ましくありません。 また、105 巾の場合、受材の一部を欠き込んで、HD 金物を真壁用にする方法では、金物を芯からずらしたとし

45×105mm材

ても、受材の断面が小さくなりすぎてしまいます。 このような場合は、受材対応のHD金物を使用して、受

120×120柱 土台105

面材耐力壁

材上から金物を取付けます。 注意点としては、適切な受材対応金物 (45mm 厚対応

※受材は柱と土台に密着するよう施工のこと

と 30mm 対応があるので注意 ) を設けること、受材に所 定の補強(CN90@150 千鳥打ちなどがメーカーにより 指定されています)を行うことが上げられます。 また、HD用アンカー位置を受材分ずらすことも忘れな

なお、面材釘打ちの端距離を考えると、45mm 厚の受 材の使用を推奨します。

いで下さい。 アンカーボルトの芯ずれ  特に多いのが基礎と柱を緊結するホールダウン金物用 のアンカーボルトの芯ずれですが、柱面からアンカーボル トの立ち上がり位置までの寸法が最大70ミリ位までであ れば「くるピタ」あるいは「耐震Jケーブル」を使用すれば 解決できます。 耐震Jケーブル

くるピタ

73

ガイドブック4号-58-89金物施工についての問題と対策.indd 73

12/03/16 11:23


●金物の施工手順 金物が取り付け出来ないケース  小屋梁に登り梁や垂木が絡む場合の2 階柱頭金物の納ま りは、登り梁を架ける前にあらかじめ座付きボルトをセット

角座付ボルト M16

しておかないとホールダウン金物や羽子板ボルトの施工が 出来なくなってしまいます。

横架材

 もし、座付ボルトを忘れた場合には、10kN用もしくは 15kN用のビス施工タイプの金物を使用します。

オメガコーナー15kN

ホールダウン金物 10kN

ビックコーナー15kN

羽子板金物の取付 羽子板ボルト SB・F2

通し柱 角座金 W4.5×40

Zマークの羽子板金物は、FタイプとEタイプの 2 種類 があります。

羽子板ボルト SB・E2

角座金 W4.5×40

F( 平 )タイプは、 羽子板部にボルトが直付けされていて、 梁にボルト穴が近いため、建て方後の穴あけ施工が困難で す。予めの施工(プレカット)を徹底する必要があります。 E (腰高)タイプは、 梁面から 20mm がボルト芯のため、 後施工が何とか可能です。 (なるべくプレカットの方が良い) Eタイプでも施工が難しい場合は、より腰高な金物が同

スリム羽子板    ボルト

L 型羽子板金物

等認定品であるので、それを使う方法もあります。 なお、柱頭柱脚に告示「ほ」の仕様で施工する場合は、 釘穴付きのタイプを使って ZS50 を打つ必要があります。

●金物の集中 ホールダウン金物と筋かい金物の干渉  金物が集中する納まりで不具合の多いのがホールダウン 金物と筋かい金物の干渉です。 アンカーボルトの芯ずれが原因で金物が当たリ筋かいを欠 き込んでいるケースや、ホールダウン金物が当たって筋かい 金物にビスがねじ込めなくなってしまうケースなどです。  筋かい金物とホールダウン金物が絡むケースでは、アン カーボルトの成を長くとりホールダウン金物を筋かいが取 りつく柱脚から離して施工するとか、ボックス型の筋かい金 物ではなく2 面施工のL型筋かい金物を使えば干渉はなく なります。

※金物の干渉を避けるためホールダウンを離して施工した例

74

ガイドブック4号-58-89金物施工についての問題と対策.indd 74

12/03/16 11:23


引寄せ金物と筋かい金物の干渉  羽子板ボルトとボックス型の筋かい金物が干渉するケー

渉はなくなります。

スでは、横架材にねじ込むはずの筋かい金物のビスが羽

 また、引きボルトの場合は座掘穴の位置にすじかい金

子板金物の板部に干渉して施工できなくなってしまいま

物がきて、ビスが効かない場合があります。この場合も二

す。このケースは二面施工のL型筋かい金物に変えれば干

面性のL型筋かい金物に代えることで対処可能です。

羽子板ボルトどうしの干渉  直交する梁施工において羽子板ボルトを用いて柱に緊 結する場合、板部がフラットの羽子板ボルトを交差させる と、一方の羽子板ボルトの板部が浮きあがってしまい羽子 板ボルトの性能が発揮されなくなります。  対策としては上にくる羽子板ボルトを腰高タイプにすれ ば干渉することが無くなります。

●ヒートブリッジ(熱橋) 寒冷地の金物使用による結露が及ぼす木材の壁体内腐食

ウレタン などで充填

 冬の日の暖房をしている室内は外部との温度差によっ て部屋の窓ガラスの内側などに結露が生じます。同様に、 木造住宅の場合、木材の内側から外側に貫通する金物は (例・羽子板ボルトあるいはアンカーボルト)熱橋になり、 室内側の金物が結露して壁体内の木材が腐食する危険性 があります。  対策としては外部に面している金物にウレタンなどを充 填し、金物を断熱することで結露を防ぐことができます。

ウレタン などで充填

これは、特に寒冷地の場合であり、断熱の施工方法によっ ては気にすることもありませんが、断熱材の欠損などによ る施工不良には十分気をつけなければなりません。

75

ガイドブック4号-58-89金物施工についての問題と対策.indd 75

12/03/16 11:23


4

接合具に関しての問題と対策

●ビス・釘 ビス・釘本数が不足した場合や規定以外のビスや釘を採用した場合  接合金物は規定されたビスや釘を決められた本数で留 めつけ、その上で性能試験を行って合格したものだけが認 定金物・試験済金物として普及しております。  その接合金物を留めつけているビスや釘が規定以外の

N釘

ものであったり、規定の本数に達していない場合には「建 築基準法」違反、あるいは「構造上の瑕疵」を問われかね ないということになります。  したがって、規定の本数を全部留めつけるのはもちろんの

45mm

50mm

65mm

75mm

50mm

65mm

75mm

90mm

90mm

CN釘

こと、規定以外のビスとか釘を使用することもできません。

25mm

 特に釘に関しては、Zマーク表示金物にサイズの短い太

28mm

32mm

41mm

め釘を使った事例や構造用合板に造作用丸釘が使用され たというような報告がされております。  現 在 では、構 造 用 合 板 専用のN釘とかCN釘あるいは

ボードビス

ボードビスには刻印やカラーでサイズが識別できるように なっておりますので、間違って使用されることは少なくなっ ているようです。  また、金物にビスや釘が不足する原因は、羽子板ボルトに 必要となるスクリュー釘の手配忘れとか、あるいは、柱頭の 金物施工に於いて、ビスを電動ドライバーでねじ込もうとし た時に、ビットからビスが外れて落下紛失してしまい、その 結果金物に、ビスの本数が不足してしまうケースがあります。

釘の種類と用途 釘の種類については、床や壁に耐力を要する構造用合 板を施工する際は JIS 規格のN釘または CN 釘といった 使用が決められております。主に耐力壁の構造用合板に おいてはN 50 釘(線径φ 2.8)、床の耐力評価を得る場 合の構造用合板においてはN 75 釘(線径φ 3.4)という

JISマーク

Zマーク

Sマーク

ように板厚により、種類とサイズが決められております。 しかし一般に流通している釘の中には梱包用としてJI S規格より細い釘「FN釘 50mm(線径φ 2.45)」、 「機

事前に施工する大工さんへの指導などで間違いを防ぐ事 ができるかと思います。

械打ち用ロール釘 50mm(線径φ 2.1)の釘が多く販売

対策として受入時の検品・検査を励行するようにします。

されており、注文の仕方等によって間違えて納品され、そ

JIS マーク、規格番号、Zマーク、Sマークやメーカー

のまま細い釘を使用されているケースもあります。 釘には使う材料によってサイズと種類が決められており

型番等により確認・照合するようにしましょう。 柱と梁で違うビスを使う金物や、合板タイプや枠材タイ

ますので、手配する前にどこに使用する釘か種類とサイズ

プなど、金物本体は同じでビス長さだけが異なる金物は、

を確認した上で手配し、打つ前にもう一度確認することと

ビスの間違いに注意が必要でです。

76

ガイドブック4号-58-89金物施工についての問題と対策.indd 76

12/03/16 11:23


釘やビスを打ち込み過ぎた場合 構造用合板など耐力壁の面材に釘打ち機で打った場合、

頭が浮いた箇所は、後から玄能で仕上げます。また、金

釘の頭が合板の表面より3ミリ∼5ミリめり込む場合があ

物のビスを電動ドライバーで捻じ込み過ぎた場合、ビスの

りますが、水平荷重が掛った場合に釘が抜け出すより先に

過回転によって木の繊維が破壊され、ビスの押さえが効か

面材にめり込んでしまい、本来の耐力壁の倍率が保持で

なくなって金物の性能が得られなくなってしまうことが判っ

きなくなってしまいます。

ております。対策としては、引き抜いた箇所のビス穴を避

対策としては、アジャスター調整か試し打ちを行って釘 打ち機の圧力調整をコンプレッサー側で行いますが、面

けて金物を配置し直し、正しくビスを捻じ込むことになり ます。

材に釘の頭が残るくらいに調整し、増し打ちを行います。

正常

2.5mm

5mm

※過回転で材とビスの間 にすき間ができている。

横架材

二度打ちした場合 床合板用の金物には柱用のビスと床合板用の長ビスが 付属としてセットされておりますが、これを誤って柱に床

対策としては、金物の位置をずらしてビスで留め付けす ることになります。

合板用の長ビスを捻じ込んでから間違いに気付き、柱か

あるいは柱側に捻じ込んでしまった長いビスはそのまま

ら長ビスを引き抜いてその箇所に柱用の短いビスを打ち

にしておいて、床側の短いビスを抜いて本来の長いビスを

こんだ場合、ビスの保持力が低下して金物の性能が得ら

捻じ込む方法も考えられます。

れなくなってしまいます。

誤って施工した例

金物の位置をずらして施エをやり直した例

上から見た図

正面から見た図

床合板

正面から見た図

誤って打った TB-101 のビス穴

誤って打った TB-101 のビス 柱

上から見た図

誤って打った TB-101 のビス

床合板

正しい TB-55 誤って打った TB-101 のビス 柱

正しい TB-55

床合板

床合板

誤って打った TB55 のビス

土台 誤って打った TB-55 のビス コンパクトコーナー 床合板仕様

誤って打った TB-55 のビス

正しい TB-101 コンパクトコーナー 床合板仕様

土台 誤って打った TB-55 のビスの穴 正しい TB-101

77

ガイドブック4号-58-89金物施工についての問題と対策.indd 77

12/03/16 11:23


●六角ボルト・ナット ボルトサイズ不足によるせん断破壊 通し柱に胴差が取りつく仕口に羽子板の代わりに引きボ ルトを用いる場合、ボルトの長さが短いと地震の際に仕口 内部のせん断破壊を起こす可能性があることが解っており ます。 対応としては、せん断長さ、せん断面積を十分とる必要

200mm以上 (十分な距離)

があるわけですが、通し柱の径が 120 ミリであれば 315 ミリか 330 ミリの六角ボルトを用いれば十分です。 但し、柱・梁側面に座金 40 角でとめる場合は、座金の めり込みで許容耐力が決まることが多く、最大耐力につい ては、せん断で決まる可能性があります。

■ 図2

■ 図1

 アンカーボルトの基礎への埋め込み過ぎやボルトの長さ

3山以上 ナット

不足が原因で、ナットのねじ山が掛り不足になる場合があ

座金 土台

ナットの掛り不足

アンカーボルト

りますが、アンカーボルトや六角ボルト等のナットの掛りは ねじ山を三山以上出すように規定されております。(図1)  ただし、土台アンカーボルトに使用する座金で、土台を フラットに納めるために開発された座彫り機能をもった座

基礎

金に関しては、ねじ山の三山規定は適用されません。(図2)

ラグスクリューの採用規定 ラグスクリューはボルトの 代わりとなる接 合具として 利用されてきましたが、普通のコーチボルトをラグスク リューとして混同しているケースがあります。

用が認められております。 ただし、ラグスクリューの軸径は 12 ミリ、首下長さは 105 ミリ以上としています。また、ラグスクリューはイン

ラグスクリューの用途は鋼板添え板を使った一面せん

パクトレンチで一気にねじ込むと木材が割裂する恐れが

断のみに限定されており、対象として羽子板ボルト・鋼製

あるので、下穴が必要となります。気をつけなければなら

火打・ホールダウン金物などがありますが、地震などの水

ないのは、胴部とねじ部の径が違うのでドリル刃を 2 種

平荷重によってラグスクリューが引き抜かれるような使い

類用意することと、ねじ部は樹種によって穴径を変える必

方は禁止され、ホールダウン金物のみ接合具としての使

要があります。

110 LS12

胴部先穴

ネジ部先穴

78

ガイドブック4号-58-89金物施工についての問題と対策.indd 78

12/03/16 11:23


ナットの締め忘れ  木造軸組みの建て方において、羽子板ボルトやアンカー ボルトを締め付けたナットは、しばらくすると乾燥収縮や 構造自体の荷重が原因で緩みが生じます。最終的には床 や壁の施工前にナットの増し締めを行いますが、その数が

チェック済み!

多いために締め忘れが発生します。  締め忘れ対策としては、増し締めした時にナットと座金 にマーカーペン等で印を付けておけば後からチェックした 時に締め忘れが発見できます。

●座金 適切な座金の使用 Zマーク規格品の使用が原則ですが、座金のサイズは 必要に応じて選択してください。 Zマーク座金は、M12 用、M16 用の違いのほかに、 それぞれのボルトサイズについて、2 種類のサイズ(同等

十分な引距離

60角

の丸座金を除く)があります。 本来、引張ボルトとして使う場合は、効率や、粘り強さ

40角

M12 80角

M16

を考えて、座金の大きさを、ボルトの許容引張耐力と同じ 程度のめりこみ耐力を確保できるように決めることが多い

54角

です。

引きボルトの最も望ましい形

標準的には M12 の場合で、60mm 角、 M16 の場合で、80mm 角 が目安とされています。 では、小さい方の座金は何かというと、めり込み応力 が直接はかからないせん断ボルトの座金や、強度の高い

HD金物

繊 維方向の引きボルトの座金(通常は梁引きボルトの箱 堀側)に使うために用意されています。 しかし、現在一般的に在来工法で用いられている座金 は、上の図の柱側についても、小さい方の座金を使って います。また、梁側の引き距離も短く、十分な耐力があり ません。したがって、引きボルト接合部の引張り強度はボ ルト強度に比べてかなり低くなっています。

HD金物には原則80角座金 (54角座金は15kN程度しか耐力が無い)

その他の接合部については以下のようになっています。 羽子板金物 SB-E,F →せん断ボルト等で耐力が決まってしまうので、40 角の座金になっています。              10kN 用の羽子板金物は 60 角使用が指定されています。 土台(引抜抵抗用)→ 40 角は 6.4kN までの金物に使用を限定されています。それ以上は 60 角など             の大きな座金を使用することが決められています。 HD金物(梁引き)→ 原則として 80 角の座金を使う必要があります。54 角座金は 15kN 程度しか耐            力がありません

79

ガイドブック4号-58-89金物施工についての問題と対策.indd 79

12/03/16 11:23


Z角座 W6.0×60

座金のめり込み

Z丸座 RW6.0×68

 土台留めアンカーボルトM12 用に使う座金は、w4.5 ×40の角座金などを用いますが、その座金の短期許容耐

アンカーボルト M12×450または 500

力は6.4kNで、それを超える引抜き力に対しては座金が

座金 6.0×60 角

引寄せ金物 S-HD10

曲がり土台へめり込むため柱脚金物の耐力が低下すると 共に、土台の曲げ、あるいはせん断破壊が生じる可能性が あります。

土台 アンカーボルト M12×450または 500

310mm 以上確保 する

座金 6.0×60 角 基礎

 短期許容引張耐力6.4kNを超える金物は沢山あります が例えば10kNのホールダウン金物を座付ボルトで柱に土 台緊結とした場合、土台に10kNの引抜き力が掛りw4.5 ×40の座金では耐えられないことになります。  この問題に対応するためにZマーク仕様で短期許容耐力 14.5kNの座 金が追 加されました。角座(w6.0×60)

200mm 以内

と丸座(w6.0×68)の2種類です。  告示1460 号2号(に)∼(へ)までの金物はメーカー オリジナル金物が数多く存在し、構造設計者の間では対 応する座金の規格化が望まれておりました。

●アンカーボルト 配置の規定 アンカーボルトの配置規定は、筋かいを設けた耐力壁 上木端部

の両端部に取りつく柱の下部近くには柱芯から 200 ミリ 以内とします。土台継手は、男木 (上木あるいは雄とも言う) 側の腰掛の部分から 120 ミリ前後の位置となります。土 台切れの箇所や土台仕口箇所の土台端部は端部から 120 ミリ前後の位置に必要となります。それ以外は 2,700 ミ リ以内の間隔で配置することになります。但し、3 階建で

男木側

は 2,000 ミリピッチ以下とします。

女木

ホールダウンアンカーがある箇所は、柱がアンカーボル トの役目をして土台を押さえ込んでいるため、土台と基礎

男木

を緊結するアンカーボルト(M12)は省略することができ ます。ただし、この場合においても水平せん断に抵抗させ るための耐力壁端部以外へのアンカーボルトの設置は必 要となります。

S-HD15 ホールダウン金物

アンカーボルトの埋め込み規定は、土台の割裂防止を 目的とする M12 アンカーボルトの埋め込み深さは 250 ミリ以 上となります。、柱 の 引 抜きを 防ぐホール ダウン 金物に緊結する M16 アンカーボルトの埋め込み深さは 360 ミリ以上となります。(25kN まで )

200mm以内 アンカーボルト M16

他に、コンクリートの付着性が高くリブ効果のある異 形アンカーボルトが金物メーカーから販 売されておりま

360mm 以上

アンカーボルト M12

250mm以上

すが埋め込み深さはメーカーの仕様によって決められて います。 

80

ガイドブック4号-58-89金物施工についての問題と対策.indd 80

12/03/16 11:23


アンカーボルトの位置出し  アンカーボルトの配置は、耐力壁・土台の継手位置・土

床伏図

基礎施工図

台端部などそれぞれの配置規定があり、さらには筋かい の向きによって柱と基礎を緊結するホールダウン金物の 位置が決まります。  最終的に土台の継手位置などはプレカット加工図が出 来てから1階の床伏図や基礎施工図に反映させるようにな ります。したがって、アンカーボルトの施工精度を上げる ためには、床伏図や基礎施工図が必ず必要になります。

鉄筋・アンカーボルトの基礎かぶり厚 建築基準法施行令第79 条(鉄筋のかぶり厚さ) 「鉄 筋に対するコンクリートのかぶり厚さは、耐力壁以外の壁ま

 鉄筋のかぶり厚は建築基準法施行令第79 条の中で決

たは床にあっては2センチメートル以 上、耐力壁、柱または梁に

められております。しかしアンカーボルトの基礎かぶり厚

あっては3センチメートル以上、直接土に接する壁、柱、床若しく ははりまたは布基礎の立上り部分にあっては4センチメートル以 上、基礎(布基礎の立上り部分を除く)にあっては捨コンクリート の部分を除いて6センチメートル以上としなければならない。」

は建築基準法の中には書かれておりません。  ただ解釈のしかたによってはアンカーボルトも鉄筋と同 様の扱いと考えアンカーボルトのかぶり厚も鉄筋と同じか ぶり厚で考えなければと思います。

設計時の問題 アンカーボルトの配置に関する問題や土台の芯ずれな どは、基礎伏図通りに施工が行われていれば発生するは ずがありません。当然、プレカットとの打ち合わせ済みが アンカーボルト M16

前提ですが、耐力壁が取りつく柱の端部、さらには土台 継ぎ手・端部の埋め込み箇所には設置忘れということは あり得ません。 土台

特に、ホールダウン金物に緊結するアンカーボルトは、

120 基礎の中心に

筋かいや金物が集中する箇所であり、施工精度が要求さ

施置すると、土台を外側

れることから、施工詳細図を設計段階で起こしておく必

に会わせた時土台の中心

要があります。また、土台の芯ずれに関しては、基礎幅と

からはずれる

土台幅が異なることでくるいが生じる場合があります。 一般的には基礎と土台の外面を一体にするので、アン カーボルトを基礎芯に埋め込むと、土台の芯からアンカー ボルトがずれることになります。この場合、ずれの許容範

基礎 150

囲をあらかじめ決めておく必要があります。一般的には、 アンカーボルトが土台幅 3 分の1中央の範囲内に納まって いれば可能とされているようです。

81

ガイドブック4号-58-89金物施工についての問題と対策.indd 81

12/03/16 11:23


ホールダウン専用アンカーボルトの埋込み長さの検討 アンカーボルトの引抜き強度は、一般的に、アンカー ボルトのコンクリートに接する表面積に比例します。

おります。ホールダウン金物の種類にはメーカーオリジナ ルで 35kN までのものがありますが、全てに対応できる

つまり、深く埋込むほど、また、太いアンカーボルトほ

のか検証を行います。

ど引抜き耐力が大きくなります。埋込み長さは、一般的に、

アンカーボルトに働く引抜力に対する検討として、まず

丸鋼の直径の 35 ∼ 40 倍必要と言われております。埋

アンカーボルトの材質によって決まる短期許容引抜耐力

込み長さが短いと、アンカーボルトが所定の耐力に達す

を計算し、どの程度耐えられるのか確認をします。

る前に抜けてしまい、アンカーボルトが本来持っている強

つぎにアンカーボルトの埋込み長さに応じたコンクリー

度や粘りの性能が発揮されないことになってしまいます。

トの付着力による引抜耐力およびコンクリートのコーン破

住宅金融支援機構が発行している木造住宅工事共通仕

壊耐力がどの程度あるのかを求める計算を行います。

様書には、ホールダウン専用のアンカーボルトの埋込みに ついて、基礎への埋込み長さを 360mm 以上と規定して

そしてこれらのうち最小値をアンカーボルトの引張耐力 とします。

1.使用する材料の許容応力度 (1)アンカーボルト 種類

短期許容引張応力度 ft(N/mm 2 )

軸部の径

ねじの呼び名

丸鋼SS400 相当

235

16φ

M16

断面積 軸部(mm 2 )

ねじ部(※1)A(mm 2 )

周長 (mm 2 )

199

151

50

(※1)ねじ部の断面積は有効部分を考慮し、ねじの呼び名の数値より求められる値に0.75を乗じた値としています。

(2)コンクリート 種類(※2)

長期許容付着応力度(※3)

FC=18

丸鋼

短期許容付着応力度

0.7

長期の2 倍(※4)

(※2)FC:コンクリートの設置基準強度(N/mm 2 )木造住宅工事共通仕様書ではFC=24を標準仕様としておりますが計算は安全側をみてFC=18を採用します。 (※3)長期許容付着応力度   ・丸鋼の許容付着応力度は施行令第91条により鉄筋の材質に関わらず一律0.7N/mm 2と規定されております (※4)短期許容付着応力度 告示では、短期は長期の2倍となっている。

1.アンカーボルトの短期許容引張耐力を計算します アンカーボルト1本あたりの短期許容引張耐力Ta1は下式によって 求めます

ft

3.コンクリートのコーン破壊耐力の計算を行います。 (基礎幅120ミリとした場合) コンクリートがアンカーボルトの周りでコーン状に破壊すること

A

Ta1=ft・A (235×151) ft:アンカーボルトの短期許容応力度

235N/mm 2

A :アンカーボルトの有効断面積(ねじ部) 151mm 2 Ta1=35,485N=35.48kN

を想定した時の短期許容荷重は下式によって求めます。 PC=0.6×AC×

98 FC 100

FC:コンクリート基準強度(N/㎟)

したがって、このアンカーボルトは35.48kNまで耐えることが

AC:コーン状破壊面の有効水平投影面積(㎟)

できます。

PC=0.6×85.998×1,328

※アンカーボルトの短期許容応力度は鋼材の種類および材質に  よって異なります。

PC=68.520N=68.5kN

2.アンカーボルトの埋込み長さに応じた付着力による短   期引抜耐力の計算を行います L

fa

アンカーボルト下端から45 度の角度でコンクリート表面まで延 ばした時の水平距離(2・Lab)に基礎巾(120ミリ)を乗じた値 とします。

ψ

≒2・Lab

Ta 2=L・fa・ψ (360×1.4×50) L :埋め込み長さ(mm)

fa :短期許容付着応力度(N/mm 2) 1.4 ψ :アンカーボルトの周長(mm) Ta 2=25,200N=25.2kN

12cm

360 50

コンクリートコーンの 有効水平投影面積

アンカーボルト

45° 45°

Lab

82

ガイドブック4号-58-89金物施工についての問題と対策.indd 82

12/03/16 11:23


4.結論 これらのことから、埋め込み長さ 360mm のアンカー

25kN用

ボルトの短期許容引張耐力は 25.2kN となり、埋め込み 長さ 360mm のアンカーボルトには 25kN までのホール ダウン金物が使えることになります。

短期許容引張耐力

アンカーボルトの埋め込み深さ

25.0kN

360mm以上

平ワッシャー

30.0kN

429mm以上

M16 アンカーボルト

35.0kN

500mm以上

締め代 (30mm以上)

横架材

※ホールダウン金物35kN用のアンカーボルトの必要と  する埋め込み長さは以下の計算式で検証します Ta2

fa

ψ

L=Ta2/fa・ψ (35,000 ÷1.4×50)

基礎

Ta2:短期許容引張り耐力35,000 fa:短期許容付着応力度(N/mm 2)1.4 アンカーボルトの周長(mm)50 L=500mm =500mm以上の埋込み長さが必要となります。

異径 鉄 筋(M16 SD295A)を 使 用した「異 形ア

35kN用

ンカーボルト」は埋め込み長さ200mm以 上で 35kNまでのホールダウン金物を使用できます。 柱

35kN用 異形アンカーボルト仕様

締め代 (30mm以上)

( 鋼材:SD295A )D16

平ワッシャー ビスどめ ホールダウンU35kN

M16 アンカーボルト

横架材

アンカーボルト 基礎

土台 基礎

83

ガイドブック4号-58-89金物施工についての問題と対策.indd 83

12/03/16 11:23


●座金付ボルト 座金付ボルトのイレギュラー対応  横架材と管柱を緊結する場合、座金付きボルトを使用

 対応方法としては、①添え木をしてホールダウン金物を

すると座金付きボルトの座金部が上階柱と干渉するため

取り付ける。②偏芯座金付きボルトに代える。③くるピタ・

ホールダウン金物を浮かして施工してしまいます。これで

耐震Jケーブルでリカバリーする。④両引ボルトでホール

は、ホールダウン金物の耐力を保持することができませ

ダウンを引き合う。のいずれかということになります。

ん。 

② 座金 付きボルト

偏芯座金 付きボルト

座金付きボルト 座金部分が柱に干渉 するため、 柱より芯が 32mm程度はなれる。

添え木をあてて 施工した例

添え木

③ -2

③ -1 座金付きボルト

両引き ボルト

耐震Jケーブル

くるピタ

84

ガイドブック4号-58-89金物施工についての問題と対策.indd 84

12/03/16 11:23


5

構造材に関しての問題と対策

●勝ち材への施工 仕口における勝ち材への金物取り付け 柱の直下にある横架材が勝ち材となりますが、仕口の 金物施工においては、金物は勝ち材側に取り付くことにな ります。 たとえば、コーナー金物は柱の引き抜きを押さえる金

勝ち材

物ですが、どうしても納まりの問題で負け材側に金物を 施工しなければならないという以外は、金物のビスは柱 と勝ち材の横架材側にねじ込むのが本来の施工となりま す。一般的に金物はどの材に取り付けても良いというもの ではなく、一定のルールに従って施工しなければ、規定す る耐力が得られなくなってしまうことをご理解下さい。 やむを得ず負け材へ金物を施工する場合は柱側の横架 材(勝���材)に胴付きとなる負け材(土台の場合)の端部 にアンカーボルトが配置してある等の引張りに対する抵抗 要素が必要となります。

●継手位置の問題点 引張り、せん断が集中する箇所を避ける工夫が必要とな

継手の有る構造材は、継手の無い、しかも節などの無

ります。

い一本物の構造材との比較引張り試験で2割程度の強度

やむを得ず問題となる継手位置となった場合は金物等

しかないことが明らかになっております。したがって、構

で補強し弱点とならない工夫が必要です。

造に継手があるということは弱点を抱えることになりま すので、継手は位置を分散させたり、構造軸組に曲げや ■ 問題例 ○荷重がかかる桁、梁の中央で継ぐ

○土台の女木(下木) 側に取りつくアンカーボルト

○火打梁かたわらで継ぐ 柱

女木

男木

土台

火打金物

アンカーボルト

基礎

○筋かいの かたわらで継ぐ ○継ぎ手位置を揃える

85

ガイドブック4号-58-89金物施工についての問題と対策.indd 85

12/03/16 11:23


●柱と筋かいの接合 柱接合にならない筋かいの納まりについて  図1のように筋交いの端部が横架材のみに接合している

 そのほかの対処法としては、筋かいでの施工ではなく構

ので、ボックスタイプの筋かい金物は使えず、二面施工の

造用合板による耐力壁とする方法があります。その場合は、

L 型筋かい金物を使うことになりますが、それでも筋交い

壁倍率や引抜き力が異なる可能性がある為、再計算が必要

側に必要数のビスが打込めず、筋かい金物を使うことが出

となります。

来ません。

 図1のような納まりはプレカットによって刻まれた架構が

 筋かい金物は必ず、柱側と筋交い側にそれぞれ規定され

大半であり、プレカットCAD側では、架構データ作成の段

た本数のビスで留付けなければなりません。

階で梁成については、ほとんど考慮されていないのが実情

 このような納まりはたびたび見られますが、対応として

です。

は、図2のように梁下にボルトか後施工金物で梁を抱かせ

 このような納まりを避けるには、設計側で梁などの断面寸

て納める方法があります。

法を決め、プレカット側に指示を出す工夫が必要となります。

■ 図1

■ 図2

15mm

15mm

●木痩せ(木材の乾燥収縮) ナットの緩み 無垢材・集成材のどちらも乾燥収縮によって木痩せが

■ バネ付き丸座・角座取付け例 バネ付丸座金

起こると認識して対応しなければなりません。 含水率の高い無垢材は論外ですが、集成材でも湿度の 高い時期の施工は、木材の調湿効果で木痩せとなり、ナッ トの緩みを発生させております。 そのため、建て方の最後にナットの増し締めを行いま すが、それでも1年も住んでいると乾燥収縮は少なからず

バネ付角座金

発生します。結果的にナットが緩み、構造のガタつきの原 因になってしまいます。

ゴム付き丸座金取付け例

タイトニック取付け例

対策としては、バネつき座金やゴムつき座金あるいはウ ルトラナッターやタイトニックなどが木痩せに対して有効 です。

86

ガイドブック4号-58-89金物施工についての問題と対策.indd 86

12/03/16 11:23


●背割り材 背割りに当たる釘・ビス  無垢材使用で背割りを入れた場合、金物を取り付けると

背割り面

きに釘あるいはビスが背割り部分に掛ってしまうことがあ りますが、これでは、金物の規定の耐力を得ることができ ません。  対応として、施工前に接着剤をつかって1Mくらい埋木 をしてから金物を取り付ける方法がありますが、あらかじ

背割り面

め柱の背割り図を作成して、背割り面に金物が取りつかな いような柱配置にする方法もあります。  また、金物メーカーでは背割り対応用のプレート金物を 用意しておりますので、それを使うのは便利で手間の掛か らない方法です。 (詳細マニュアル 153 頁・左/173 頁・右 参照)

●木口への施工 木口へのビス・釘の打ち込み 図 1 は、出隅におけるかど金物(CP・L)の取り付けで

のビスを使う金物でも同じ結果になります。

すが、木口面に打たれる釘のせん断耐力は通常の 2 / 3

対策としては、図 2 のように直交する土台の側面に金

程度に低減することがわかっておりますので、金物の規定

物を取り付けるか、もしくは図のようにコーナー金物に代

の耐力は得られないということになります。 これは、他

えることになります。

柱 土台

土台

土台 木口

木口

基礎

基礎

■ 図1

■ 図2

基礎

■ 図3

土台端部への釘打ち 山形プレートは ZN90 の太め釘を打ち込むので、土台 端部の施工では打ち込んだ時点で土台に割れが入る場合 があります。もちろん、柱に引き抜きが掛かれば完全に土 台が引き裂かれることになります。 材に割れが入らないよう太め釘 ZN90 の線径に合わせ て下穴をあけて施工する方法もありますが、それでも端 部となると材種によっては割れが入りやすく、所定の耐力 が得られるとは限りません。 対策としては、山形プレートと同等のオリジナル金物が メーカーから沢山販売されておりますので、そちらの使用 をお薦めします。

87

ガイドブック4号-58-89金物施工についての問題と対策.indd 87

12/03/16 11:23


●材の欠損 筋かいの欠き込み 筋かいの欠き込み は絶対にダメ

 横架材を介して、上下階の柱引き寄せで使う両引きボル トの横架材への穴あけがズレて、筋かいを欠いてしまう ケースや ホールダウンアンカーボルトの埋め込み精度が 劣っているため、芯ずれで筋かいとホールダウン金物が干 渉して、筋かいを欠き込んでしまうケースがあります。  また、配管の貫通する箇所とか換気扇の設置場所と干

15mm

15mm

渉してしまうケースがありますが、いずれにしても、筋か いの欠き込みは建築基準法違反となります。

筋かいに配管を通す穴 を開けてしまうのはダメ

 対策としては、設計段階でそれぞれ金物の集中する箇 所の納まり図を作成する、又は設備配管等の位置を図面 で確認して施工精度を上げて行く必要があります。

たすき掛け筋かいの施工方法  3つ割筋かいや2つ割筋かいのたすき掛けの 納まりに

これを「かたぎ大入れ」で圧縮に抵抗させ、さらに、太め

「相欠」(図1)で納めているケースがありますが、基本的に

釘ZN65でひら金物SM40 両面打ちで引張り抵抗を図っ

筋かいの欠き込みは建築基準法違反となります。90 角筋

た上に、端部仕様と同等にM12の六角ボルトで接合して

かいのたすき掛けについては、他の資料では「相欠」で納

おります。(図2)90 角筋かいは引っ張りより圧縮を目的と

めているものが多いですが、 (財)日本住宅・木材技術セ

しているので、規定にはありませんが、この方法が理にか

ンターの仕様書にはA筋かいを通してB筋かいを切断し、

なっているようです。

■ 図1

「相欠」での筋かいの処理は建築基準法違反となってしましますが、 やむを得ない場合・補強を行った場合はこの限りでない

■ 図2

[かたぎ大入れ] 六角ボルト M12

B筋かい

かたぎ大入れ ひら金物 SM40 両面打ち

A筋かい

面材の欠き込み 150mm 以内

 構造用合板を耐力壁面材として使用する場合において、 耐力壁の柱に取りつくプレート金物を避けて面材を切り欠

釘を 50 ミリピッチ で増し打ちする

く場合がありますが、面材を切り欠いた箇所の鉛直方向並

500mm

500mm

びに水平方向に約50センチ内で釘を増し打ちすれば、面 材の耐力が得られると判断されております。

500mm

88

ガイドブック4号-58-89金物施工についての問題と対策.indd 88

12/03/16 11:23


寸法の歩切れ 110mm

105mm

 普通は原木を木取りし製材をする時の過程で、材の乾燥 収縮分の歩増しをして製材を行います。その後、乾燥した

110mm

105mm

状態で規格寸法となりますが、製材を規格寸法で行うと乾 燥収縮したときに寸法の歩切れとなってしまいます。105 ミリの角材を注文したら実際には100ミリ角が搬入され

○製材時に材の乾燥収縮分の歩増をする

○乾燥収縮した状態で規格寸法となる。

るということがあり得るということです。このような基準 に満たない材は使用してはなりません。

●座彫り 座彫りと金物の干渉   直交する梁が取りつく仕口は羽子板ボルト等が先に施

コーナー金物

工されて、後からプレート金物が取りつけられますが、羽

横架材 筋かい金物 (内使い)

子板ボルトの座彫りとプレート金物の干渉で釘やビスの 埋め込みしろが短くなりプレート金物の規定する耐力が 柱

得られません。

座彫り 内側

 対策としては、外付けプレート金物から内付けタイプの コーナー金物に代えることで干渉を回避することができま

筋かい

柱と横架材の接合はプレートタイプにこだわらず、コーナータイプに変 更しても良い。ただし、変更する場合は柱頭・柱脚を同じ金物にしなけ ればいけません。

す。

座彫りが深すぎる場合  座彫りを深くすれば、それだけ材の断面欠損が大きくな り、強度が低下します。  座彫りに深さ規定はありませんが、座金の厚さ(4.5ミリ ∼9.0ミリ)+ナットの長さ(10ミリ∼13ミリ)+ ナットが 掛かるボルトねじ山3 山分以上(4∼6ミリ)を考慮すると 30ミリ以内までにとどめておくことが望ましいと思われま 深さ30mm位まで

す。

●構造用合板(面材) 面材の釘打ちによる金物の欠損  管柱と横架材の緊結にステンレス製のプレート金物を 取り付け、その上に構造用合板を釘で打ちつけたとき、釘

合板の上から金物に 釘を打ってしまう

がプレート金物を打ち抜くことになりますが、結果的に金

構造用 合板

物が断面欠損し、地震時に金物が裂けて規定の耐力が得 られないことも考えられます。

横架材

 対策として、ステンレスプレート金物は面材を金物の上 から直接張れて、欠き込まなくても良いとの商品の特性を 生かし、プレートに当たる部分は釘を打たず、面材に釘を 増し打ちすることで解決することができます。

89

ガイドブック4号-58-89金物施工についての問題と対策.indd 89

12/03/16 11:23


90

ガイドブック4号-090-106-詳細マニュアル種類・サイズの表.indd 90

12/03/16 11:26


(株)タナカ (株)栗山百造 (株)カネシン (株)カナイ (株)晃和

91

ガイドブック4号-090-106-詳細マニュアル種類・サイズの表.indd 91

12/03/16 11:26


告示1460号第1号(筋かい端部における仕口)に対応した接合金物 筋かいの種類とサイズに応じて柱との接合方法が規定されております。 記号 倍率

筋かいの種類

Zマーク 表示金物

(株)タナカ 接合金物

(株)栗山百造 接合金物

1

径9mm以上の鉄筋

該当接合金物無し

該当接合金物無し

該当接合金物無し

1

厚さ1.5cm×幅9cm 以上の木材

該当接合金物無し

該当接合金物無し

該当接合金物無し

1.5

厚さ3cm×幅9cm 以上の木材

Z 筋かい プレート BP P292 /左 参照

1.5倍筋かい<リベロ> P108 /右 参照

接合金物一覧表

2 倍ヘキサプレート SD P112 /左 参照

該当接合金物無し

クリ筋かいプレート KBP P119 /左 参照

ステンレス 2 倍ヘキサプレート P112 /右 参照

2 倍筋かい<トライ> P113 /左 参照

2 倍筋かい金具 P113 /右 参照 Z 筋かい プレート BP-2

2

2 倍コンパクトボック K-4 P119 /右 参照 B イーグレット 2 倍 P114 /左 参照

厚さ 4.5cm×幅9cm 以上の木材 2 倍筋かい<リベロ> P120 /右 参照 ※メーカー廃盤 P292 /右 参照

2 倍筋かい<リベロⅡ> P121 /左・右 参照

コラム・フィット P122 /左 参照

クリ筋かいストッパーⅡ KSP- Ⅱ P128 /左右 参照

2 倍筋かい<プレイン> P122 /右 参照

2 倍筋かい<マルチ> P123 /左 参照

3

厚さ9cm ×幅9cm 以上の木材

M12 ボルト

2 倍ヘキサプレート SD P130 /左 参照

該当接合金物無し

92

ガイドブック4号-090-106-詳細マニュアル種類・サイズの表.indd 92

12/03/16 11:26


(株)カネシン 接合金物

(株)カナイ 接合金物

(株)晃和 接合金物

該当接合金物無し

該当接合金物無し

該当接合金物無し

該当接合金物無し

該当接合金物無し

該当接合金物無し

1.5倍用ハイパーガセット P109 /左右参照

N-フリーダム筋かいプレート/壁倍率 1.5 倍用 P110 /左 参照

該当接合金物無し

ジャスティーガセット・ライト P108 /左 参照

接合金物一覧表

DP-2 ジャステンプレート P114 /右 参照

ブレースプレートⅠ P116 /左 参照

ターミネイションプレート P116 /右 参照

ジャスティーガセット・ライト P115 /左 参照

ニュー皿ビス筋かいボックス P117 /左 参照

皿ビス筋かいボックスⅡ P117 /右 参照

鍋ビス筋かいボックス P118 /左 参照 EG ガセット P115 /右 参照

NF-B2 すじかい P120 /左 参照

K- 筋かいボックス 12 P118 /右 参照 フリーダム 45 プレート P125 /右 参照

柱施工筋かい金物Ⅲ P123 右〜 124 左 参照

N-フリーダム筋かいプレート/壁倍率 2 倍用 P126 /左 参照

皿ビス筋かいボックスⅡ75 P126 /右 参照

ハイパーガセット・Ⅱ P124 右〜 125 左 参照

ニュー皿ビス筋かいボックス 75 P127 /左 参照

金物工法/(スラッシュ)筋かいボックス GN P127 /右 参照

該当接合金物無し

N-フリーダム筋かいプレート/壁倍率 3 倍用 P130 /右 参照

該当接合金物無し

93

ガイドブック4号-090-106-詳細マニュアル種類・サイズの表.indd 93

12/03/16 11:26


告示1460号第2号に対応した 柱接合金物 その1 筋かいおよび構造用合板を取り付けた柱頭部、柱脚部について柱の位置に応じた接合方法が規定されております。 記号

N値 必要耐力

Zマーク 表示金物

0 0.0kN 以下

短ほぞ差しまたは かすがい打ち (または同等以上の接合方法)

柱取付けプレート P132 /左 参照

長ほぞ差し込み栓打ち またはかど金物 CP-L (または同等以上の接合方法)

スモールコーナー P135 /左 参照 ※メーカー廃盤 スモールコーナー床合���仕様 P135 /右 参照

0.65 3.4kN 以下

P294 /左 参照

(株)タナカ 接合金物

スモールコーナーⅡ P136 /左 参照 スモールコーナーⅡ床合板仕様 P136 /右 参照

(株)栗山百造 接合金物

該当接合金物無し

チビクリ P139 /右 参照

接合金物一覧表

コンパクトコーナー P141 /左 参照 チビクリⅡ CK Ⅱ P147 /左 参照 リトルコーナー P141 /右 参照

スリムプレート P142 /左 参照 かど金物 CP-T または山形プレート (または同等以上の接合方法)

クリコーナーⅢ +KCN Ⅲ + P162 /右 参照

ステンレスインナープレート P142 /右 参照

はしらどめイチロー P143 /右 参照

1.0 以下

5.1kN

P294 /右

コンパクトコーナー床合板仕様 P157 /左 参照

チビクリⅡ CKⅡ (床合板・枠材仕様) P163 /左・右 参照

リトルコーナー床合板仕様 P157 /右 参照 P295 /右   〜

クリビスプレート KBPL P155 /右 参照

P296 /左参照

フラットプレート SD P147 /右 参照

ステンレスフラットプレート P148 /左 参照 クリプレート KPL P156 /左 参照 ステンレス柱脚 Y プレート P148 /右 参照

94

ガイドブック4号-090-106-詳細マニュアル種類・サイズの表.indd 94

12/03/16 11:27


(株)カネシン 接合金物

(株)カナイ 接合金物 ヴイかすがい P133 /左 参照

スリムかすがい P132 /右 参照

(株)晃和 接合金物 該当接合金物無し

チャームかすがい P133 /右 参照 ミニビルトコーナー P138 /左 参照

スマートコーナー P137 /左 参照

ミニビルトコーナー 75 P138 /右 参照 スマートコーナー合板タイプ P137 /右 参照

ビルトプレート P139 /左 参照

ニュー皿ビスコーナー P145 /左 参照

接合金物一覧表

コーナープレート・Ⅱ P144 /左 参照

該当接合金物無し

タイシンニート P151 /右 参照

リブコーナー P144 /右 参照 スリムビルトコーナー P145 /右 参照 ライトコーナー P143 /左 参照 ビルトコーナーⅡ P146 /左 参照

合板コーナー・Ⅱ P158 /左 参照

ミニコーナー・S P158 /右 参照

デフコーナー (標準仕様) P146 /右 参照

リブコーナー合板タイプ P159 /左 参照

DP-2 SP-10・S P149 /右 参照

※メーカー廃盤

サプリームプレート P152 /右 参照

背割れニート P153 /左 参照

プレート X P156 /右 参照

ニュー皿ビスコーナー 75 P160 /右 参照

ライトコーナー合板タイプ P159 /右 参照

DP-2 エーステンプレート・S P149 /左 参照

K- タイシンニート P152 /左 参照

ニートプレート P153 /右 参照 スリムビルトコーナー 75 P161 /左 参照

ビルトコーナーⅡ 75 P161 /右 参照

エースプレート P150 /左 参照 チビフリーダムコーナー P162 /左 参照

ニートプレート G P154 /左 参照 面材合板対応

メインプレート P154 /右 参照

エーステンプレートⅢ -ZM P150 /右 参照

釘止め短ざく金物Ⅱ KS-210 Ⅱ P151 /左 参照

デフコーナー 90 (床合板仕様) P160 /左 参照

メインプレート G P155 /左 参照 面材合板対応

95

ガイドブック4号-090-106-詳細マニュアル種類・サイズの表.indd 95

12/03/16 11:27


告示1460号第2号に対応した 柱接合金物 その2 記号

N値 必要耐力

Zマーク 表示金物

(株)タナカ 接合金物

(株)栗山百造 接合金物

ビスどめ羽子板 <匠> P165 /左 参照

腰高羽子板 <匠> P165 /右 参照

接合金物一覧表

新腰高羽子板 釘穴付 羽子板ボルト P166 /左 参照 (スクリュー釘打ちなし) または短ざく金物 (または同等以上の接合方法) 新腰高羽子板 釘穴なし P166 /右 参照

1.4 7.5kN 以下

棟梁羽子板 P171 /左 参照 新腰高羽子板 255 ( あんしん ) P167 /左 参照

P296 /右〜 297 /右 参照

W 羽根 U P167 /右 参照

スリムプレート床合板仕様 P171 /右 参照

巾広短冊金物 SD 415mm P172 /左 参照

棟梁羽子板Ⅱ

羽子板ボルト (スクリュー釘打ちあり) または短ざく金物 (または同等以上の接合方法)

W 羽根 U ビスタイプ P175 /左 参照

W 羽根 - Ⅱ P175 /右 参照

1.6 8.5kN 以下 W 羽子板ボルト - Ⅱ P176 /左 参照

P298 /左〜 299 /左 参照

巾広短ざく金物(ビス用) P180 /右 参照

P178 /左 参照

万能羽子板 P178 /右 参照

万能羽子板Ⅱ P179 /右 参照

クリ短ざく金物 SKS P182 /右 参照

96

ガイドブック4号-090-106-詳細マニュアル種類・サイズの表.indd 96

12/03/16 11:27


(株)カネシン 接合金物

(株)カナイ 接合金物

(株)晃和 接合金物

レスビー羽子板ボルト P168 /左 参照

スリム羽子板ボルト P168 /右 参照

接合金物一覧表

エンボス羽子板ボルト P169 /左 参照

両引き羽子板金物 P169 /右 参照 ワンレンチ羽子板ボルト P170 /右 参照

該当接合金物無し

L 型羽子板金物 P170 /左 参照

DP-2 SUS 短ざく金物 420 P172 /右 参照

釘止め短ざく金物Ⅱ KS-420Ⅱ P173 /左 参照

DP-2 背割りプレート P173 /右 参照

ウェルトⅡ P176 /右 参照

メルト羽子板ボルト P177 /左 参照

シームレス両引き羽子板Ⅱ P177 /右 参照 DP-2 SUS 短ざく金物 330 P180 /左 参照 沈み短ざく金物 P182 /左 参照

LBS-Ⅱ羽子板ボルト P179 /左 参照

釘止め短ざく金物Ⅱ KS-330Ⅱ P181 /右 参照 タイシンコーナー P183 /左 参照 フラット短ざく金物 P181 /左 参照

フリーダムコーナー P183 /右 参照

97

ガイドブック4号-090-106-詳細マニュアル種類・サイズの表.indd 97

12/03/16 11:27


告示1460号第2号に対応した 柱接合金物 その3 記号

N値 必要耐力

Zマーク 表示金物

(株)タナカ 接合金物

ホールダウンコーナー 10kN用 P185 /左 参照

(株)栗山百造 接合金物

クリ 10 スリムコーナーⅡ K10S Ⅱ P188 /右 参照

シナーコーナー P185 /右 参照

接合金物一覧表

クリ 10 スリムコーナーⅡ K10SⅡ 床合板対応 P193 /左 参照 ホールダウンコーナー床合板仕様Ⅱ P189 /左 参照

引き寄せ金物 (S-HD10.HDB10.HD-N10) (または同等以上 の接合方法)

1.8 以下

クリ 10 コーナー K10 P193 /右 参照 シナーコーナー床合板仕様 P189 /右 参照

シナーコーナー枠材仕様 P190 /左 参照

10.0 kN

    〜

P300 /右

ビス止め棟梁羽子板 P196 /右 参照

パイプ羽子板かくれんぼ P194 /左 参照

P301 /右 参照

棟梁羽子板Ⅲ P197 /右 参照

オメガプレート SD 10kN P198 /左 参照

ビス止め万能羽子板 P197 /左 参照 ホールダウンプレート 10kN P198 /右 参照

ホールダウン U10kN 用 P200 /左 参照

クリ 10 短ざく金物 P199 /右 参照

98

ガイドブック4号-090-106-詳細マニュアル種類・サイズの表.indd 98

12/03/16 11:27


(株)カネシン 接合金物

ハイパーコーナー P186 /左 参照

(株)カナイ 接合金物

(株)晃和 接合金物

ホールドコーナー P187 /左 参照

接合金物一覧表

フリーダムコーナー F-C10 P187 /右 参照 ハイパースリム・Ⅱ P186 /右 参照

リブコーナー(2個使い) 合板タイプ P190 /右 参照

デフコーナー 2 個使い P188 /左 参照

ホールドコーナー G P191 /右 参照 ハイパースリム・Ⅱ合板タイプ P191 /左 参照

該当接合金物無し

フリーダムコーナー 120 P192 /左 参照

ビス羽子板金物 P194 /右 参照 デフコーナー 90(床合板仕様)2 個使い P192 /右 参照

ハイパーウイング P195 /左 参照

DP-2 マスタープレート P199 /左 参照

ワンレンチⅠ羽子板ボルト P195 /右 参照

ステア羽子板ボルト P196 /左 参照

99

ガイドブック4号-090-106-詳細マニュアル種類・サイズの表.indd 99

12/03/16 11:27


告示1460号第2号に対応した 柱接合金物 その4 記号

N値 必要耐力

Zマーク 表示金物 引き寄せ金物 (S-HD15.HDB15.HD-N15) (または同等以 上の接合方法)

2.8 以下

15.0 kN

ホールダウン U 15kN 用 P202 /右 参照

MK パイプホールダウン MK-PHD15(3 寸 5 分)/(4 寸) P205 /右・P206 /左 参照

接合金物一覧表

    〜

ビスどめホールダウン EX-S P203 /右 参照

303/ 左 参照

3.7 以下

(株)栗山百造 接合金物

ビスどめホールダウン U 15kN 用 P202 /左 参照

枠材用ビスどめホールダウン U 15kN 用 P203 /左 参照

P302/ 左

20.0 kN

(株)タナカ 接合金物

引き寄せ金物 (S-HD20.HDビスどめホールダウン U 20kN 用 B20.HD-N20) P208 /左 参照 (または同等以 上の接合方法) 該当接合金物無し

ホールダウン U 20kN 用 P208 /右 参照

    〜

P303/ 右 304/ 右 参照

ビスどめホールダウン U 25kN 用 引き寄せ金物 P214 /左 参照 (S-HD25.HDB25.HD-N25) ホールダウン U 25kN 用 (または同等以 P214 /右 参照 上の接合方法)

4.7 以下

クリホールダウンⅢ KHD- Ⅲ 15・20・25 P219 /左 参照

HD ジョイント 25kN 用 P215 /左 参照

25.0 kN

枠材用ビスどめホールダウン U 25kN 用 P215 /右 参照 ビスどめホールダウン EX-M P216 /左 参照

    〜

P305/ 左

枠材用ビスどめホールダウン EX P216 /右 参照

306/ 左 参照

枠材用 クリホールダウンⅢ KHD- Ⅲ 15・20・25 P219 /右 参照

クリホールダウンⅢ KHD- Ⅲ 30・35 P225 /右 参照 枠材用クリホールダウンⅢ KHD- Ⅲ 30・35 P226 /左 参照

5.6 以下

30.0 kN

引き寄せ金物 (S-HD15.HDB15.HD-N15) ×2個 (または同等以 上の接合方法)

ビスどめホールダウン U 35kN 用 P221 /左 参照

枠材用クリホールダウン KHD-35 P226 /右 参照 クリホールダウン KHD-40D P227 /左 参照 MK パイプホールダウン MK-PHD30(3 寸 5 分/4 寸) P227 /右・228 /左 参照

100

ガイドブック4号-090-106-詳細マニュアル種類・サイズの表.indd 100

12/03/16 11:27


(株)カネシン 接合金物

(株)カナイ 接合金物

(株)晃和 接合金物

ブレイヴホールダウン B-HD15 P204 /左 参照

該当接合金物無し

フリーダムホールダウン B(F-HDB15) P204 /右 参照

該当接合金物無し

ハイパーホールダウン 23 P209 /左 参照

枠材用フレックスホールダウン FFH-S20 P209 /右 参照

接合金物一覧表

シームレスホールダウン M16 S タイプ P205 /左 参照

ブレイヴホールダウン B-HD20 P210 /左 参照 フリーダムホールダウン B(F-HDB20) P210 /右 参照 シークホールダウン C-HD1520 P211 /左 参照

HDW-mini P212 /左 参照

ハンディホールダウン H-HD1520 P211 /右 参照 ブレイヴホールダウン B-HD25 P217 /左 参照

フリーダムホールダウン B (F-HDB25) P217 /右 参照 該当接合金物無し

該当接合金物無し

シームレスホールダウン M16 M タイプ P218 /左 参照 プロパスホールダウン P-HD25 P218 /右 参照

ブレイヴホールダウン B-HD30 P222 /右 参照 ハイパーホールダウン 33 P221 /右 参照

フリーダムホールダウン B(F-HDB30) P223 /左 参照 シークホールダウン C-HD2535 P223 /右 参照

枠材用フレックスホールダウン FFH-L34 P222 /左 参照

ハンディホールダウン H-HDF2530 P224 /左 参照 シームレスホールダウン M16 L タイプ P224 /右 参照 在来工法用シークホールダウン C-HD50S P225 /左 参照

HDW-K30 P228 /右 参照

HDW-SS30 P229 /左 参照

HDW-SS45 P229 /右 参照

101

ガイドブック4号-090-106-詳細マニュアル種類・サイズの表.indd 101

12/03/16 11:27


建築基準法施行令 第46条・第47条および 告示1460号第3号 その他の構造耐力上主要な部分の継手 又は仕口に対応した接合金物 種類

Zマーク 表示金物

(株)タナカ 接合金物

(株)栗山百造 接合金物

クリビス止め火打金物 P236 /左 参照

パイプ火打(釘用) P231 /左 参照 火打金物 パイプ火打(ビス用) P231 /右 参照

P307 /右 参照

その他の構造耐力上主要な部分の継手又は仕口に対応した接合金物

接合金物一覧表

ニューオメガ火打 P232 /左 参照

ビスどめオメガ火打 600 P232 /右 参照

ラフターロック P238 /左 参照 ひねり金物

たる木バンド P238 /右 参照

該当接合金物無し

P308 /左 参照

たる木どめⅡ P239 /左 参照

ひら金物  P295 /左  参照

巾広ステンレスプレート P245 /左 参照 該当接合金物無し

巾広短冊金物 SD 235mm P245 /右 参照 かね折り金物

クリ金折れ金物 SKSA P249 /左 参照

かね折り金物 SD P247 /左 参照

P309 /右 参照

ビームキャッチ P284 /左 参照

その他

オメガコーナー 20kN 用 P285 /右 参照

オメガコーナー 15kN P284 /右 参照

オメガコーナー 15kN 床合板仕様 P285 /左 参照

該当接合金物無し

オメガコーナー 20kN 用床合板仕様 P286 /左 参照

102

ガイドブック4号-090-106-詳細マニュアル種類・サイズの表.indd 102

12/03/16 11:27


(株)カネシン 接合金物

(株)カナイ 接合金物

(株)晃和 接合金物

テナン 60 鋼製火打 P234 /左 参照

プロニック 600(ビスタイプ) P233 /左 参照

フリーダム鋼製火打 P234 /右 参照 NF 火打金物 P236 /右 参照 鋼製火打 N-600 P235 /左 参照

接合金物一覧表

プロニック 600(ボルトタイプ) P233 /右 参照

鋼製火打 N-700 P235 /右 参照

ラフターバンド P241 /左 参照

DP-2 タルフィック P239 /右 参照

くぎ止めハリケーンタイ P241 /右 参照 ハリケンタイ P240 /左 参照

皿ビスハリケーンタイ P242 /左 参照 ハリケーンタイ・Ⅱ P242 /右 参照

たる木クランプ・Ⅱ P240 /右 参照

ひねり金物 ST- Ⅱ P243 /左 参照

該当接合金物無し

フラットかね折り金物 P247 /右 参照

該当接合金物無し

沈みかね折り金物 P248 /右 参照

釘止めかね折り金物 P248 /左 参照

ビックコーナー 15 P286 /右 参照 ※メーカー廃盤

フリーダムコーナー F-C10(床合板仕様) P289 /左 参照 ミドルコーナー 15 P287 /右 参照

ビッグコーナー 15 合板タイプ P287 /左 参照 ※メーカー廃盤

フィックステンプレート P288 /右 参照

ミドルコーナー 15 床合板タイプ P288 /左 参照

N-1.6 短ざく金物 300 P289 /右 参照 ホーマープレート 240 P290 /左 参照 ホーマープレート P290 /右 参照

103

ガイドブック4号-090-106-詳細マニュアル種類・サイズの表.indd 103

12/03/16 11:27


大引受け金物・梁受け金物 種類

Zマーク 表示金物

(株)タナカ 接合金物 大引き受け金物Ⅱ 90角用/ 105角用 P251 /左右 参照

(株)栗山百造 接合金物 クリ大引き受け金物 K0 105 × 150・180 K0 105 × 210・240 K0 105 × 270・300 K0 105 × 330・360 P260 /左〜 261 /右 参照

接合金物一覧表

大引き受け金物

外折り大引き受け金物 90 角/ 105 角 P252 /左右 参照 該当金物無し

クリ大引き受け金物 K0 120 × 150・180・210 K0 120 × 240・270 K0 120 × 300・330 K0 120 × 360 P262 /左〜 263 /右 参照 大引き補強金物 HK P256 /右 参照

Z 梁受け金物 BH-135 P310 /右 参照

Z 梁受け金物 BH-195 P311 /左 参照

内折り梁受け金物 105 巾 内折り梁受け金物 120 巾 P265 /左右 参照

梁受け金物(ツメなし) 105 巾   120 巾 P266 /左〜 267 /右 参照

梁受け金物

梁受け金物(ツメあり) 105 巾   120 巾 P268 /左〜 269 /右 参照

Z 梁受け金物 BH-255 P311 /右 参照

外付け梁受け金物 105 巾 外付け梁受け金物 120 巾 P270 /左右 参照 梁補強金物 105 巾 梁補強金物 120 巾 P271 /左右 参照 登り梁ジョイント 3060 登り梁ジョイント 6510 P272 /左右 参照

根太受け

該当金物無し

該当接合金物無し

クリ梁受け金物 KH90 クリ梁受け金物 KH107 P276 /左右 参照

アゴ付梁受け・大引き受け金物 105 × 105 105 × 120・150 105 × 180・210・240 ・270・300・360 P277 /左〜 278 /左 参照

梁受け金物 梁受け金物 梁受け金物 梁受け金物

KHU-105 KHU-180 KHU-240 KHU-330

P278 /右〜 280 /左 参照

クリ梁受け金物 KH-45 P282 /右 参照

104

ガイドブック4号-090-106-詳細マニュアル種類・サイズの表.indd 104

12/03/16 11:27


(株)カネシン 接合金物

大引き受金物 OH-90 P253 /左 参照

(株)カナイ 接合金物

(株)晃和 接合金物

大引受け金物(OJH-90) P254 /右 参照 大引受け金物(105G) P255 /左 参照 大引受け金物(F-105) P255 /右 参照

大引き受金物 OH-105 P253 /右 参照

大引受け金物(OJH-105) P256 /左 参照

大引き受金物 OHB ( ビスタイプ) P254 /左 参照

接合金物一覧表

大引梁受け金物(肩掛けあり) KH105(105 巾)※メーカー廃盤 P257 /左 参照 大引梁受け金物(肩掛けあり) KH120(120 巾)※メーカー廃盤 P257 /右 参照 大引梁受け金物(肩掛けなし) KP105(105 巾)※メーカー廃盤 P258 /左 参照 大引梁受け金物(肩掛けなし) KP120(120 巾)※メーカー廃盤 P258 /右 参照 ビス止め大引梁受け金物 梁幅 105mm P259 /左 参照 ビス止め大引梁受け金物 梁幅 120mm P259 /右 参照 該当金物無し ビス止め耐震梁受け金物 (肩掛けあり)BTH105 P273 /右 参照 ストレッチ梁受金物 P273 /左 参照

ビス止め耐震梁受け金物 (肩掛けあり)BTH120 P274 /左 参照

ビス止め耐震梁受け金物 (肩掛けなし)BTP105 P274 /右 参照 ビス止め耐震梁受け金物 (肩掛けなし)BTP120 P275 /左 参照

登り梁金物(右折れ、左折れ) P275 /右 参照

該当接合金物無し

根太受け金物(CH-46) P282 /左 参照

105

ガイドブック4号-090-106-詳細マニュアル種類・サイズの表.indd 105

12/03/16 11:27


106

ガイドブック4号-090-106-詳細マニュアル種類・サイズの表.indd 106

12/03/16 11:27


107

ガイドブック4号-107-139-詳細マニュアル.indd 107

12/03/16 11:29


告示 1460 号 第 1 号 ( カネシン

ハ)

ジャスティーガセット・ライト

タナカ

1.5 倍筋かい<リベロ> 床合板対応

[筋かい側] CPQ-30 7本

φ6 t=1.6

[筋かい側] TB-30 5本

[柱・横架材側] CPQ-45 8本

32.3

97.3

96

φ6.3

120

接合金物の詳細マニュアル

85

[柱側] TBA-65D 5本

120

24 φ5.5

120

25 35

2.3

取付け例

取付け例

筋かい側 TB-30(5本)

施工方法

JIS G 3302 SGH340 溶融亜鉛めっき鋼板(Z27)

①金物本体は、専用角ビットビス TBA-65D(5 本)で柱に留め付けてくだ さい。 (横架材端面から金物までの距離は、筋かいの角度により 90mm ∼ 170mm の間を目安に調整します。) ②筋かいをセットし、専用角ビットビス TB-30(5 本)でしっかり留め付け てください。 材  質 表面処理

法規格

国土交通省 告示第 1460 号第 1 号(ハ)(二)該当 第 06A2332 号

試験機関 (財)建材試験センター 品質性能試験      第 06A2333 号 耐力

横架材 床合板

施工方法

本体を筋かいの角度に合わせ、CPQ-30 を筋かい側に 7 本で留めてから、 CPQ-45 を柱側に 4 本、横架材側に 4 本で留め付けてください。

法規格

筋かい

(30mm厚以下)

ジャスティー ガセット・ライト

CPQ-45 (グレー)

材  質 表面処理

柱側 TBA-65D(5本)

筋かい

CPQ-30(シルバー) 横架材

1m あたりの基準せん断耐力 3.2kN 壁倍率 1.5 倍/ 2 倍

試験機関 耐力

JIS G 3302(溶融亜鉛めっき鋼板及び鋼帯)SGHC 又は SGCC 溶融亜鉛めっき鋼板(Z27)

国土交通省 告示第 1460 号第 1 号(ハ)該当 内使い床合板なし対応性能試験 (財)建材試験センター品質性能試験第 06A0232 号 筋かい壁の 1m あたりの基準せん断耐力 2.0kN 壁倍率

1.5 倍

108

ガイドブック4号-107-139-詳細マニュアル.indd 108

12/03/16 11:29


告示 1460 号 第 1 号 ( カネシン

1.5 倍用ハイパーガセット

カネシン

1.5 倍用ハイパーガセット 床合板なし

床合板対応

[筋かい側] CPQ-30 5本

[筋かい側] CPQ-30 5本

[柱側] CPQ-45 9本

32.3

t2.3

φ7

90

120

φ7

φ7

取付け例

取付け例

柱側 CPQ-45(9本)

横架材

筋かい側 CPQ-30(5本)

1.5 倍用 ハイパーガセット

筋かい 160

床合板

1.5 倍用 ハイパーガセット

筋かい側 CPQ-30(5本)

筋かい側 CPQ-30(5本)

※指示なき穴径はφ6.5

柱側 CPQ-45(9本)

内付け

1.5 倍用 ハイパーガセット

95

※指示なき穴径はφ6.5

柱側 CPQ-45(9本)

内付け

筋かい 横架材

1.5 倍用 ハイパーガセット

160

横架材

※床合板 30mmまで

床合板

外付け 施工方法

①筋かい定規「すじかね」等で開口に合わせた角度で筋かいをカットします。 ②筋かいと土台を面一に合わせ、付属のビスで柱と筋かいを接合します。 JIS G 3302 SGH340 溶融亜鉛めっき鋼板(Z27)

法規格

国土交通省 告示第 1460 号第 1 号(ハ)該当 合板 30mm 内付け ハウスプラス確認検査(株)HP06-KT061 合板 30mm 外付け ハウスプラス確認検査(株)HP06-KT063 内付け 1m あたりの基準せん断耐力 2.79kN 外付け 1m あたりの基準せん断耐力 2.43kN

壁倍率

1.5 倍

160

外付け

①筋かい定規「すじかね」等で開口に合わせた角度で筋かいをカットします。 ②筋かいと土台を面一に合わせ、付属のビスで柱と筋かいを接合します。 材  質 表面処理

材  質 表面処理

耐力

筋かい側 CPQ-30(5本)

筋かい

160

施工方法

試験機関

柱側 CPQ-45(9本)

筋かい 横架材

接合金物の詳細マニュアル

90

95

[柱側] CPQ-45 9本

32.3

t2.3

φ7

120

ハ)

法規格 試験機関

耐力

JIS G 3302 SGH340 溶融亜鉛めっき鋼板(Z27)

国土交通省 告示第 1460 号第 1 号(ハ)該当 合板なし内付け ハウスプラス確認検査(株)HP06-KT119 合板なし外付け ハウスプラス確認検査(株)HP06-KT062 内付け 1m あたりの基準せん断耐力 1.98kN 外付け 1m あたりの基準せん断耐力 2.05kN

壁倍率

1.5 倍

109

ガイドブック4号-107-139-詳細マニュアル.indd 109

12/03/16 11:29


告示 1460 号 第 1 号 ( カナイ

ハ)

N- フリーダム筋かいプレート 壁倍率 1.5 倍用

[筋かい側] φ 6.0 × 30 6本 97.6

[柱側] YS-N45 7本

46.6

45

97.6

t=1.6

t=1.6

接合金物の詳細マニュアル

110

取付け例 シークホールダウン C-HD2535

筋かい 30×90

ハ 取付ガイドポッチ ※これはビス穴ではありません

※これはビス穴 ではありません。

鍋ビス 柱 側 YS-N45 (7本) 筋かい側 φ6.0×30(6本) 30mmまで対応 床合板

横架材 基礎

注意事項

①金物の取り付け高さは、筋かい側のビスが 6 本確実に留め付けられる位 置としてください。ビスが筋かいから外れてしまうと所要の耐力が発揮さ れない恐れがありますのでご注意下さい。 ②位置決めがしやすいように取付ガイドポッチがありますが、これはビス穴 ではありません。 材  質 表面処理

法規格

NFG550F 1.6t 亜鉛めっき

国土交通省 告示第 1460 号第 1 号(ハ)該当

試験機関 ハウスプラス住宅保証(株)HP06-KT052(床合板仕様) 耐力

1m あたりの基準せん断耐力 2.26kN 壁倍率

1.5 倍

110

ガイドブック4号-107-139-詳細マニュアル.indd 110

12/03/16 11:29


111

ガイドブック4号-107-139-詳細マニュアル.indd 111

12/03/16 11:29


告示 1460 号 第 1 号 (

二)

2 倍ヘキサプレート SD

タナカ

タナカ

ステンレス 2 倍ヘキサプレート

D15A02-02

S10A04-05

φ6.0

TBA-45 17 本

φ5.5

TSB-46 17 本

170

173

接合金物の詳細マニュアル

t=0.6 170 173

取付け例 柱 筋かい

取付け例

柱側 TBA-45(5本)

横架材

筋かい側 TBA-45(7本)

横架材側 TBA-45(5本)

筋かい

[90mm×90mmの筋かい接合]

柱側に TSB-46(5 本)

柱側 TBA-45(5本)

筋かい (45×90mm) 筋かい側に TSB-46(7 本)

横架材 横架材

筋かい側 TBA-45(7本) 横架材側 TBA-45(5本)

施工方法

[45mm×90mmの筋かい接合]

①金物本体は、4 つの位置決め用穴を目安にして、柱と横架材の端に合わせ て位置決めをします。 ②金物本体を、専用角ビットビス TBA-45(10本)で柱と横架材に留め付け てください。 ③筋かいをセットし、専用角ビットビス TBA-45(7本)で、留め付けてください。 材  質 表面処理

法規格 認定機関

耐力

NSDC570:ZYXK18[新日本製鐵(株)製] Zn-11%AI-3% Mg-0.2%Si 合金めっき鋼板[スーパーダイマ ®]

国土交通省 告示第 1460 号第 1 号(二)(ホ)該当

横架材側に TSB-46(5 本)

施工方法

①金物本体は 4 つの位置決め用穴を目安にして、柱と横架材の端に合わせて 位置決めをします。 ②専用ステンレス角ビットビス TSB-46(17 本) で本体を留め付けてください。

45 × 90 の 筋かい接合

(財)日本住宅・木材技術センター 性能認定

材  質

JIS G 4305 SUS304(18-8)

90 × 90 の 筋かい接合

(財)日本住宅・木材技術センター 性能認定

法規格

国土交通省 告示第 1460 号第 1 号(二)該当

45 × 90 の筋かい接合

筋かい壁の 1m あたりの許容せん断耐力

3.23kN 壁倍率

2倍

90 × 90 の筋かい接合

筋かい壁の 1m あたりの許容せん断耐力

2.98kN 壁倍率

3倍

認定機関 (財)日本住宅・木材技術センター Z マーク金物(BP-2)同等認定 耐力

壁倍率

2倍

※「スーパーダイマ ®」は新日本製鐵(株)の登録商標です。

112

ガイドブック4号-107-139-詳細マニュアル.indd 112

12/03/16 11:29


告示 1460 号 第 1 号 (

2 倍筋かい<トライ>

タナカ

D15A03-02

二)

2 倍筋かい金具

タナカ

D15A01-08

120 20

40

TBA-45 15 本

20 100

TBA-45 15 本

20

40

20 20

40 φ5.9

20

60

接合金物の詳細マニュアル

120

100

60

60

120

40 φ 5.9

取付け例

取付け例 柱側 TBA-45(4本)

柱側 TBA-45(4本)

筋かい 筋かい側 TBA-45(7本)

横架材側 TBA-45(4本)

筋かい

横架材

横架材

筋かい側 TBA-45(7本)

横架材側 TBA-45(4本) 外使い

施工方法

施工方法

①金物本体を専用角ビットビス TBA-45(8 本)で柱と横架材に取り付けて ください。 ②筋かいをセットし、専用角ビットビス TBA-45(7 本)で留め付てください。 材  質 表面処理

法規格

内使い

JIS G 3302(溶融亜鉛めっき鋼板及び鋼帯)SGHC 又は SGCC 溶融亜鉛めっき鋼板(Z27)

国土交通省 告示第 1460 号第 1 号(二)該当 壁倍率

材  質 表面処理

法規格

認定機関 (財)日本住宅・木材技術センター Z マーク金物(BP-2)同等認定 耐力

①金物本体を専用角ビットビス TBA-45(8本)で柱と横架材に取り付けてく ださい。 ②筋かいをセットし、専用角ビットビス TBA-45(7 本)で、留め付けてください。

2倍

JIS G 3302(溶融亜鉛めっき鋼板及び鋼帯)SGHC 又は SGCC 溶融亜鉛めっき鋼板(Z27)

国土交通省 告示第 1460 号第 1 号(二)該当

認定機関 (財)日本住宅・木材技術センター Z マーク金物(BP-2)同等認定 耐力

壁倍率

2倍

113

ガイドブック4号-107-139-詳細マニュアル.indd 113

12/03/16 11:29


告示 1460 号 第 1 号 (

二)

B イーグレット 2 倍

タナカ

カネシン

DP-2 ジャステンプレート

D15A01-06

160

80

TBA-45 16 本

80

エンボス

CPQ-45 15 本

φ6

0.6t 80

160

130

接合金物の詳細マニュアル

φ5.9

175

80

45 35 45

45

取付け例

取付け例

柱側 TBA-45(4本)

45

180

t=3.2

160

90

筋かい側 TBA-45(8本)

横架材側 TBA-45(4本)

筋かい

外使い

CPQ-45×15本

筋かい

内使い 横架材 DP-2 ジャステンプレート

施工方法

①金物本体を専用角ビットビス TBA-45(8 本)で柱と横架材に取り付けて ください。 ②筋かいをセットし、専用角ビットビス TBA-45(8 本)で、留めてください。 材  質 表面処理

法規格

JIS G 3302(溶融亜鉛めっき鋼板及び鋼帯)SGHC 又は SGCC 溶融亜鉛めっき鋼板(Z27)

国土交通省 告示第 1460 号第 1 号(二)該当

認定機関 (財)日本住宅・木材技術センター Z マーク金物(BP-2)同等認定 耐力

114

ガイドブック4号-107-139-詳細マニュアル.indd 114

壁倍率

2倍

施工方法

本体接合線の刻印に木材接合部を合わせ筋かい側に付属のビス 7 本で留め てから、柱側に 4 本と横架材側 4 本で留めつけます。 材  質

NSS431DP-2(高強度複相組織ステンレス鋼)※

法規格

国土交通省 告示第 1460 号第 1 号(二)該当

試験機関 (財)建材試験センター品質性能試験第 06A2331 号 耐力

1m あたりの基準せん断耐力 3.2kN 壁倍率

2倍

※「DP-2」は日新製鋼(株)が開発した高強度複相組織ステンレス鋼板の商品名です。

12/03/16 11:29


告示 1460 号 第 1 号 ( カネシン

ジャスティーガセット・ライト

二)

EG ガセット

カネシン

D11L07-01

[筋かい側] CPQ-30 7本

[柱・横架材側] CPQ-45 8本

φ6 t=1.6

KD-45 15 本

47.3

70

φ6.3

96

エンボス 120

150

接合金物の詳細マニュアル

24 120 65 25 35

5

47.3 2.3

取付け例

取付け例

内付け

筋かい 柱

筋かい

EGガセット L 左勝手

筋かい

CPQ-30(シルバー) 横架材

外付け

EGガセット R 右勝手

横架材

横架材

ジャスティー ガセット・ライト EGガセット R 右勝手

EGガセット L 左勝手

KD-45

KD-45

CPQ-45 (グレー)

施工方法 施工方法

本体を筋かいの角度に合わせ、CPQ-30 を筋かい側に 7 本で留めてから、 CPQ-45 を柱側に 4 本、横架材側に 4 本で留めてください。 材  質 表面処理

法規格

JIS G 3302 SGH340 溶融亜鉛めっき鋼板(Z27)

国土交通省 告示第 1460 号第 1 号(ハ)(二)該当 第 06A2332 号 第 06A2333 号

試験機関 (財)建材試験センター 品質性能試験      耐力

1m あたりの基準せん断耐力 3.2kN 壁倍率 1.5 倍/ 2 倍

①筋かいの取り付く向きに応じて R(右勝手)と L(左勝手���を選びます。 ②本体を付属のビスで柱と土台・横架材に留め付けます。 ③筋かいを付属のビスで留めます。 材  質 表面処理

JIS G 3302 SGHC 溶融亜鉛めっき鋼板(Z27)

法規格

国土交通省 告示第 1460 号第 1 号(二)該当

認定機関 (財)日本住宅・木材技術センター Z マーク金物(BP-2)同等認定 耐力

壁倍率

2倍

115

ガイドブック4号-107-139-詳細マニュアル.indd 115

12/03/16 11:29


告示 1460 号 第 1 号 ( カナイ

二)

ブレースプレートⅠ

t=2.3

136 t=2.3

カナイ

ターミネイションプレート

t=0.7

YA-S45 15 本

t=0.7

136

接合金物の詳細マニュアル

212

YA-S45 15 本

162 212

50 56

56

取付け例

取付け例

筋かい

筋かい

筋かい

ターミネイションプレート

ブレースプレートⅠ 筋かい

横架材

基礎

施工方法

法規格

国土交通省 告示第 1460 号第 1 号(二)該当 1m あたりの基準せん断耐力 4.2kN 壁倍率

ビスは、プレートの筋かい側の 9 ヶ所のビス穴の中から 7 ヶ所、さらに柱に 4 ヶ所、横架材に 4 ヶ所、計 15 本をしっかり留め付けてください。 材  質 表面処理

JIS G3302 SGHC 2.3t Z27

法規格

試験機関 (財)建材試験センター品質性能試験第 03A1923 号 耐力

横架材

施工方法

ビスは、プレートの筋かい側の 9 ヶ所のビス穴の中から 7 ヶ所、さらに柱に 4 ヶ所、横架材に 4 ヶ所、計 15 本をしっかり留め付けて下さい。 材  質 表面処理

皿ビス 柱 側 YA-S45 (4本) 横架材側 YA-S45 (4本) 筋かい側 YA-S45 (7本)

皿ビス 柱 側 YA-S45 (4本) 横架材側 YA-S45 (4本) 筋かい側 YA-S45 (7本)

2倍

JIS G4305 SUS430 0.7t 2B 材(生地)

国土交通省 告示第 1460 号第 1 号(二)該当

試験機関 (財)建材試験センター品質性能試験第 03A1360 号 耐力

1m あたりの基準せん断耐力 3.5kN 壁倍率

2倍

116

ガイドブック4号-107-139-詳細マニュアル.indd 116

12/03/16 11:29


告示 1460 号 第 1 号 ( カナイ

ニュー皿ビス筋かいボックス

皿ビス筋かいボックスⅡ

カナイ

YA-S45 15 本

2.3

YA-S45 15 本

t=2.3

36

47.3

45

t=2.3

t=2.3

45

36

t=2.3

120

47.3

120

取付け例

接合金物の詳細マニュアル

120

120

二)

120

取付け例

筋かい

柱 筋かい

筋かい

筋かい

ニュー皿ビス筋かいボックス

皿ビス筋かいボックスⅡ

横架材

横架材

基礎 基礎 皿ビス 柱 側 YA-S45 (4本) 横架材側 YA-S45 (4本) 筋かい側 YA-S45 (7本)

施工方法

施工方法

ビスは柱に 4 本、横架材に 4 本、筋かいに 7 本をしっかり留め付けて下さい。 材  質 表面処理

法規格

JIS G3302 SGHC 2.3t Z27

国土交通省 告示第 1460 号第 1 号(二)該当 1m あたりの基準せん断耐力 3.6kN 壁倍率

ビスは柱に 4 本、横架材に 4 本、筋かいに 7 本をしっかり留め付けて下さい。 材  質 表面処理

法規格

試験機関 (財)建材試験センター品質性能試験第 03A3302 号 耐力

皿ビス 柱 側 YA-S45 (4本) 横架材側 YA-S45 (4本) 筋かい側 YA-S45 (7本)

2倍

JIS G3131 SPHC 2.3t デュラルコート

国土交通省 告示第 1460 号第 1 号(二)該当

試験機関 (財)建材試験センター品質性能試験第 03A2113 号 耐力

1m あたりの基準せん断耐力 3.5kN 壁倍率

2倍

117

ガイドブック4号-107-139-詳細マニュアル.indd 117

12/03/16 11:29


告示 1460 号 第 1 号 (

二)

鍋ビス筋かいボックス

カナイ

K- 筋かいボックス12

カナイ

D12F07-14

120

33.7 t=1.2

鍋ビス φ 6.0 × 43 15 本

120

t=1.2

t=1.2 26.2

120

接合金物の詳細マニュアル

t=2.3

26.2

26.2

鍋ビス φ 6.0 × 43 15 本

120.5

31.4

120 t=2.3

1.2

31.4

取付け例

120.5

26.2

取付け例

t=2.3

筋かい

筋かい

筋かい

筋かい

鍋ビス筋かいボックス

K-筋かいボックス12

横架材

横架材 基礎

基礎

鍋ビス 柱 側 φ6.0×43mm (4本) 横架材側 φ6.0×43mm (4本) 筋かい側 φ6.0×43mm (7本)

施工方法

ビスは柱に 4 本、横架材に 4 本、筋かいに 7 本をしっかり留め付けて下さい。 材  質 表面処理

法規格

JIS G3302 SGHC 2.3t Z27

ガイドブック4号-107-139-詳細マニュアル.indd 118

ビスは柱に4 本、横架材に4 本、筋かいに 7 本をしっかり留め付けてください。

法規格

認定機関 (財)日本住宅・木材技術センター Z マーク金物(BP-2)同等認定

118

施工方法

材  質 表面処理

国土交通省 告示第 1460 号第 1 号(二)該当

耐力

鍋ビス 柱 側 φ6.0×43mm (4本) 横架材側 φ6.0×43mm (4本) 筋かい側 φ6.0×43mm (7本)

壁倍率

2倍

NSDC570:ZYXK18[新日本製鐵(株)製] Zn-11%AI-3% Mg-0.2%Si 合金めっき鋼板[スーパーダイマ ®]

土交通省 告示第 1460 号第 1 号(二)該当

試験機関 (財)建材試験センター品質性能試験第 05A2671 号 耐力

1m あたりの基準せん断耐力 4.7kN 壁倍率

2倍

※「スーパーダイマ ®」は新日本製鐵(株)の登録商標です。

12/03/16 11:29


告示 1460 号 第 1 号 ( クリヤマ

クリ筋かいプレート KBP

クリヤマ

二)

2 倍コンパクトボックス K-4

D19A05-3

t=0.7

φ5.5-φ10エンボス

接合線

四角穴付 ステン タピックス 5.5 × 45 14 本

R=20

90

35

四角穴付 クリ皿ビス 5.5 × 45 14 本

120

2.3

R10

R10

120 85

20-φ6.3

60

60

接合金物の詳細マニュアル

195

45° R3

23 22

R=5

85 R10

60

22

23

60

90

35

195

取付け例

取付け例

内使い

ステンタピックス 5.5 × 45 柱側4本

筋かい 柱

ステンタピックス 5.5 × 45 筋かい側6本

0.9 ∼ 2.0m 筋かい(45×90)

クリ皿ビス 5.5×45 筋かい側 6 本

柱 クリ皿ビス 5.5×45 柱側 4 本

土台

ステンタピックス 5.5 × 45 横架材側4本

クリ皿ビス 5.5×45 筋かい側 6 本

クリ皿ビス 5.5×45 柱側 4 本

2 倍コンパクト ボックス K-4 土台

クリ皿ビス 5.5×45 土台側 4 本

基礎

クリ皿ビス 5.5×45 土台側 4 本

基礎

施工方法

基礎

施工方法

①接合線を柱・横架材(土台)に合わせ、それぞれ 4 ヶ所ずつ専用ビスステ ンタピックスを留め付け、クリ筋かいプレートを固定してください ②寸法カットされた筋かいをクリ筋かいプレートにセットし、筋かいにかか る固定穴 6 ヶ所に専用ビス、ステンタピックスを留め付け固定して下さい。 材  質

JIS G 4305 冷間圧延ステンレス鋼板及び鋼帯 SUS304

法規格

国土交通省 告示第 1460 号第 1 号(二)該当 壁倍率

①柱、横架材(土台)に 2 倍コンパクトボックスをセットし、それぞれ 4 ヶ所 ずつ専用ビス四角穴付きクリ皿ビスを留め付け、2 倍コンパクトボックスを 固定してください。 ②次に寸法カットされた筋かいを 2 倍コンパクトボックスにセットし、筋か いにかかる固定穴6ヶ所に専用ビス四角穴付きクリ皿ビスを留め付け固定 してください。 材  質 表面処理

法規格

JIS G 3302 溶融亜鉛めっき鋼板及び鋼帯 SGHC 相当 JIS G 3302 溶融 Z27

国土交通省 告示第 1460 号第 1 号(二)該当

第 04A2609 号 試験機関 (財)建材試験センター品質性能試験        第 05A2323 号

認定機関 (財)日本住宅・木材技術センター Z マーク金物(BP-2)同等認定 耐力

筋かい (45×90)

2 倍コンパクト ボックス K-4

クリ筋かいプレート KBP

横架材

外使い

筋かい (45 ×90)

2倍

耐力

外使い 1m あたりの基準せん断耐力 3.1kN 内使い 1m あたりの基準せん断耐力 3.5kN

壁倍率

2倍

119

ガイドブック4号-107-139-詳細マニュアル.indd 119

12/03/16 11:29


告示 1460 号 第 1 号 (

二)

床合板仕様

NF-B2 すじかい

晃和

タナカ

2 倍筋かい<リベロ> 床合板対応

※なくなり次第メーカー廃盤となります。 [筋かい側] TBA-45 7本

1.2t 30

ウッド スクリュー 6 × 45 15 本

120

φ6.0

97.3

32.3

φ6.0

接合金物の詳細マニュアル

120

φ6.3

120

85

[柱側] TBA-65D 6本

120

φ5.9 φ6.0

30

120

2.3

取付け例

取付け例 柱側 TBA-65D(6本)

筋かい側 TBA-45(7本) 柱側 柱 TBA-65D(6本)

筋かい

筋かい 筋かい側 TBA-45(7本) 横架材

横架材 床合板 (30mm厚以下)

施工方法

横架材

①金物本体は、専用角ビットビス TBA-65D(6 本)で柱に留め付けてくだ さい。 (横架材端面から金物までの距離は、筋かいの角度により 90mm ∼ 170mm の間を目安に調整します。) ②筋かいをセットし、専用角ビットビス TBA-45(7 本)でしっかり留め付け てください。 施工方法

①専用ビスウッドスクリューで柱側に 4 本、横架材側に 4 本、筋かい側に 7 本の計 15 本で留め付けてください。 材  質 表面処理

法規格

特殊亜鉛鋼板 1.2mm Z27 相当

1m あたりの基準せん断耐力 3.4kN 壁倍率

JIS G 3302 溶融亜鉛めっき鋼板及び鋼帯 SGHC 又は SGCC 溶融亜鉛めっき鋼板(Z27)

法規格

国土交通省 告示第 1460 号第 1 号(二)該当

壁倍率

2倍

試験機関 内使い床合板あり(財)建材試験センター品質性能試験第 06A0230 号

国土交通省 告示第 1460 号第 1 号(二)該当

耐力

試験機関 (財)建材試験センター品質性能試験第 04A0671 号 耐力

材  質 表面処理

2倍

筋かい壁の 1m あたりの基準せん断耐力 3.0kN

試験機関 外使い床合板あり ハウスプラス住宅保証(株)HP06-KT043 耐力

筋かい壁の 1m あたりの基準せん断耐力 3.02kN

120

ガイドブック4号-107-139-詳細マニュアル.indd 120

12/03/16 11:30


告示 1460 号 第 1 号 ( タナカ

2 倍筋かい<リベロⅡ>

2 倍筋かい<リベロⅡ>

タナカ

床合板なし

床合板対応

100

100

TBA-45 14 本

2.3 45

TBA-45 14 本

2.3 45

予備穴 (筋かいの角度によって丸穴にビスが 打てない場合に使用します。)

予備穴 (筋かいの角度によって丸穴にビスが 留められない場合に使用します。)

105

取付け例

取付け例 柱側 TBA-45 (8本) 柱側 TBA-45(8本)

筋かい

横架材

柱 筋かい

筋かい側 TBA-45(6本)

筋かい側に TBA-45(6本)

横架材

床合板 (30mm厚以下)

[外使い]

[内使い]

施工方法

47.3

102.3

47.3

102.3

施工方法

①金物本体は、専用角ビットビス TBA-45(8 本)で柱に留め付けてください。  ( 合 板 の上 端 か ら 金 物 ま で の 距 離 は、 筋 か い の 角 度 に より 90mm ∼ 170mm の間を目安に調整します。) (6 本)で留め付けてください。 ②筋かいをセットし、専用角ビットビス TBA-45  (金物の筋かい面に角穴を 3 ヶ所設置してありますので、一間間口におい てビスが丸穴に打てない場合、角穴に打つようにしてください。)

①金物本体は、専用角ビットビス TBA-45(8 本)で柱に留め付けてくださ い。 (横架材端面から金物までの距離は、筋かいの角度により 90mm ∼ 170mm の間を目安に調整します。) ②筋かいをセットし、専用角ビットビス TBA-45 (6 本)で留め付けてください。  (金物の筋かい面に角穴を 3 ヶ所設置してありますので、一間間口におい てビスが丸穴に打てない場合、角穴に打つようにしてください。)

材  質 表面処理

JIS G 3302 溶融亜鉛めっき鋼板及び鋼帯 SGHC 又は SGCC 溶融亜鉛めっき鋼板(Z27)

材  質 表面処理

JIS G 3302 溶融亜鉛めっき鋼板及び鋼帯 SGHC 又は SGCC 溶融亜鉛めっき鋼板(Z27)

法規格

国土交通省 告示第 1460 号第 1 号(二)該当

法規格

国土交通省 告示第 1460 号第 1 号(二)該当

壁倍率

2倍

壁倍率

2倍

試験機関 内使い床合板あり ハウスプラス住宅保証(株)HP07-KT026

筋かい壁の 1m あたりの基準せん断耐力 3.46kN

試験機関 外使い床合板あり ハウスプラス住宅保証(株)HP07-KT025 耐力

接合金物の詳細マニュアル

φ5.9

φ5.9 105

耐力

二)

筋かい壁の 1m あたりの基準せん断耐力 3.52kN

試験機関 内使い床合板なし ハウスプラス住宅保証(株)HP07-KT028 耐力

筋かい壁の 1m あたりの基準せん断耐力 3.52kN

試験機関 外使い床合板なし ハウスプラス住宅保証(株)HP07-KT027 耐力

筋かい壁の 1m あたりの基準せん断耐力 3.64kN

121

ガイドブック4号-107-139-詳細マニュアル.indd 121

12/03/16 11:30


告示 1460 号 第 1 号 (

二)

コラム・フィット

タナカ

タナカ

2 倍筋かい<プレイン>

床合板対応

床合板対応

D15A03-03

2.3

77.7

TBA-45 17 本

[筋かい側] TBA-45 8本

45 φ5.9

280

φ6

60

接合金物の詳細マニュアル

[柱側] TBA-65D 8本

160

60

95 t=1.2

150

φ5.9

80

47.3

取付け例

取付け例 柱側 TBA-45(5本)

筋かい

筋かい

筋かい側 TBA-45(7本)

横架材側 TBA-45(5本)

筋かい側 TBA-45(8本)

横架材 床合板(28mm厚以下)

床合板 30mm厚以下 横架材

柱側 TBA-65D(8本)

●:ビス使用穴 ○:予備穴

施工方法

①金物本体を専用角ビットビス TBA-65D (8 本)で柱に留め付けてください。 ② 筋か い を横 架 材 または 床 合 板に突き 付け セットし、専用 角ビットビス TBA-45(8 本)で、留め付けてください。 (床合板 30mm 厚以下対応)

施工方法

①金物本体は、4 つの位置決め用穴を目安にして柱と横架材の端に合わせて 位置決めします。 ②金物本体を専用角ビットビス TBA-45(10 本)で柱と横架材に留め付けて ください。 (7 本)で留め付けてください。 ③筋かいをセットし、専用角ビットビス TBA-45

材  質 表面処理

JIS G 3302 溶融亜鉛めっき鋼板及び鋼帯 SGHC 又は SGCC 溶融亜鉛めっき鋼板(Z27)

材  質 表面処理

NSDHC:ZYXK18[新日本製鐵(株)製] Zn-11%AI-3%Mg-0.2%Si 合金めっき鋼板[スーパーダイマ ®]

法規格

国土交通省 告示第 1460 号第 1 号(二)該当

法規格

国土交通省 告示第 1460 号第 1 号(二)該当

認定機関 (財)日本住宅・木材技術センター Z マーク(BP-2)同等認定 試験機関 床合板対応(財)建材試験センター品質性能試験第 06A0215 号 耐力

床合板対応性能試験 壁倍率 2 倍 筋かい壁の 1m あたりの基準せん断耐力 3.3kN

122

ガイドブック4号-107-139-詳細マニュアル.indd 122

試験機関

耐力

床合板なし(財)建材試験センター品質性能試験第 05A0911 号 床合板あり(財)建材試験センター品質性能試験第 05A0912 号 床合板なし 筋かい壁の1m あたりの基準せん断耐力 3.4kN 床合板あり 筋かい壁の1m あたりの基準せん断耐力 4.2kN

壁倍率

2倍

※「スーパーダイマ ®」は新日本製鐵(株)の登録商標です。

12/03/16 11:30


告示 1460 号 第 1 号 (

2 倍筋かい<マルチ>

タナカ

カネシン

二)

柱施工筋かい金物Ⅲ

床合板対応

床合板対応

D15A05-07

82.7

TBA-45 15 本

47.3

[筋かい側] CPQ-45 6本

φ5.9

エンボス

142.7

φ6

142.7

[柱側] CPQ-75 6本

46.2

68 45

75 82.7

2.3

取付け例

取付け例 柱

接合金物の詳細マニュアル

175

t1.2

※床合板 30mm まで 筋かい

内付け

柱側 TBA-45(8本)

筋かい側 TBA-45(7本)

外付け 柱

床合板(28mm厚以下)

筋かい

筋かい

柱側 CPQ-75(6本) 筋かい側 CPQ-45(6本) 柱施工筋かい金物 Ⅲ

[内使い]

横架材

筋かい

横架材

床合板

床合板 (30mm 厚以下 ) 横架材

床合板

※筋かい側のCPQ-45は6本でOKです。

施工方法

[外使い]

横架材

施工方法

①金物本体を専用角ビットビス TBA-45(8 本)で柱に留め付けてください。 ② 筋か い を横 架 材 または 床 合 板に突き 付け セットし、専用 角ビットビス TBA-45(7 本)で留め付けてください。 材  質 表面処理

JIS G 3302 溶融亜鉛めっき鋼板及び鋼帯 SGHC 又は SGCC 溶融亜鉛めっき鋼板(Z27)

法規格

国土交通省 告示第 1460 号第 1 号(二)該当

認定機関 (財)日本住宅・木材技術センター Z マーク金物(BP-2)同等認定 耐力

壁倍率

2倍

①本体を付属の柱側専用ビス CPQ-75(ブルー)で柱に留め付けます。 ②筋かい定規「すじかね」等で開口に合わせた角度で筋かい両端をカットし ます。 ③筋かいを筋かい側専用ビス CPQ-45(グレー)で接合します。 (筋かい側 のビスは柱より遠い側に 4 本と L または R2 本の計 6 本にて留め付けて ください。) 材  質 表面処理

法規格 試験機関

耐力

微細粒熱延鋼板 NFG700TG 溶融亜鉛めっき(Z27)

国土交通省 告示第 1460 号第 1 号(二)該当 合板 30mm 内付け ハウスプラス確認検査(株)HP08-KT075 合板 30mm 外付け(財)建材試験センター品質性能試験第 08A2434 号 内付け 1m あたりの基準せん断耐力 3.19kN 外付け 1m あたりの基準せん断耐力 3.6kN

壁倍率

2倍

123

ガイドブック4号-107-139-詳細マニュアル.indd 123

12/03/16 11:30


告示 1460 号 第 1 号 ( カネシン

二)

柱施工筋かい金物Ⅲ

ハイパーガセット・Ⅱ

カネシン

床合板対応

床合板なし

CPQ-45 14 本

[筋かい側] CPQ-45 6本

47.3

切り起こし爪

t2.3

エンボス

φ7

接合金物の詳細マニュアル

175 φ6

[柱側] CPQ-75 6本

120

90

φ7 95

46.2

68

※指示なき穴径はφ6.5

取付け例

内付け

取付け例

柱側 CPQ-45(9本)

t1.2 柱

内付け

外付け 柱

柱 筋かい

筋かい

ハイパー ガセット・Ⅱ 筋かい側 CPQ-45(5本)

筋かい

床合板 (30mm 厚以下 )

160

柱側 CPQ-75(6本)

横架材

筋かい側 CPQ-45(6本)

床合板

柱側 CPQ-45(9本)

柱施工筋かい金物 Ⅲ 横架材

横架材

筋かい

筋かい側 CPQ-45(5本)

※筋かい側のCPQ-45は6本でOKです。 160

施工方法

①本体を付属の柱側専用ビス CPQ-75(ブルー)で柱に留め付けます。 ②筋かい定規「すじかね」等で開口に合わせた角度で筋かい両端をカットし ます。 ③筋かいを筋かい側専用ビス CPQ-45(グレー)で接合します。(筋かい側 のビスは柱より遠い側に 4 本と L または R2 本の計 6 本にて留め付けて ください。) 材  質 表面処理

法規格 試験機関

耐力

国土交通省 告示第 1460 号第 1 号(二)該当

施工方法

外付け(財)建材試験センター品質性能試験第 08A2435 号 壁倍率

2倍

床合板

床合板 (30mm 厚以下 )

外付け

①筋かいと土台を面一に合わせ柱側の切り起こしつめで仮どめします。 ②取付け位置が決まったら付属の専用ビスで本体を留め付けてください。

法規格

内付け ハウスプラス確認検査(株)HP08-KT082

外付け 1m あたりの基準せん断耐力 3.1kN

横架材

材  質 表面処理

微細粒熱延鋼板 NFG700TG 溶融亜鉛めっき(Z27)

内付け 1m あたりの基準せん断耐力 3.42kN

ハイパー ガセット・Ⅱ

試験機関

耐力

JIS G 3302 SGH340 溶融亜鉛めっき鋼板(Z27)

国土交通省 告示第 1460 号第 1 号(二)該当 合板 30mm 内付け ハウスプラス確認検査(株)HP06-KT121 合板 30mm 外付け ハウスプラス確認検査(株)HP06-KT067 内付け 1m あたりの基準せん断耐力 3.10kN 外付け 1m あたりの基準せん断耐力 3.27kN

壁倍率

2倍

124

ガイドブック4号-107-139-詳細マニュアル.indd 124

12/03/16 11:30


告示 1460 号 第 1 号 (

ハイパーガセット・Ⅱ

カネシン

カナイ

フリーダム 45 プレート 床合板対応

床合板なし

CPQ-45 14 本 47.3

切り起こし爪

2.3

t2.3

[筋かい側] YD-N45 7本

45 47.3

φ7 110

2.3

45

2.3

[柱側] YD-N60 8本

90 90 φ7 95

※指示なき穴径はφ6.5

取付け例

内付け

柱側 CPQ-45(9本) 柱

取付け例 鍋ビス 柱 側 YD-N60(8本) 筋かい側 YD-N45(7本)

ハイパー ガセット・Ⅱ

筋かい

筋かい側 CPQ-45(5本) 160 柱側 CPQ-45(9本)

横架材

筋かい

ハイパー ガセット・Ⅱ

筋かい

基礎 横架材

※床合板厚さ 30mm 以内対応

160 横架材

施工方法

外付け 施工方法

①筋かいと土台を面一に合わせ柱側の切り起こしつめで仮どめします。 ②取付け位置が決まったら付属の専用ビスで本体を留め付けてください。

法規格 試験機関

耐力

JIS G 3302 SGH340 溶融亜鉛めっき鋼板(Z27)

国土交通省 告示第 1460 号第 1 号(二)該当 内付け ハウスプラス確認検査(株)HP06-KT120 外付け ハウスプラス確認検査(株)HP06-KT066 内付け 1m あたりの基準せん断耐力 3.31kN 外付け 1m あたりの基準せん断耐力 3.27kN

フリーダム 45プレート

筋かい側 CPQ-45(5本)

材  質 表面処理

接合金物の詳細マニュアル

120

二)

壁倍率

2倍

①金物本体は、専用ビス YD-N60(8 本)で柱に留め付けてください。 ②筋かいをセットし専用ビス YD-N45 (7 本)でしっかり留め付けてください。 材  質 表面処理

JIS G3302 SGHC 2.3t Z27

法規格

国土交通省 告示第 1460 号第 1 号(二)該当

壁倍率

2倍

試験機関

耐力

標準仕様(財)建材試験センター品質性能試験第 03A1015 号 床合板厚 30mm(財)建材試験センター品質性能試験第 03A1361 号 標準仕様 1m あたりの基準せん断耐力 3.0kN 床合板厚 30mm 1m あたりの基準せん断耐力 3.3kN

125

ガイドブック4号-107-139-詳細マニュアル.indd 125

12/03/16 11:30


告示 1460 号 第 1 号 (

二)

N- フリーダム筋かいプレート

カナイ

皿ビス筋かいボックスⅡ 75

カナイ

床合板対応

床合板対応

壁倍率 2 倍用

97.6

46.6

45

97.6

t=1.6

[柱・筋かい側] YA-S45 11 本

t=2.3

YS-N45 13 本

t=1.6

47.3

45 t=2.3 45

接合金物の詳細マニュアル

110 120

シークホールダウン C-HD2535

筋かい 45×90

47.3

取付ガイドポッチ ※これはビス穴 ではありません。

取付け例 筋かい 45×90

120

取付け例

※これはビス穴 ではありません。

鍋ビス 柱 側 YS-N45(7本) 筋かい側 YS-N45(6本)

※これはビス穴 ではありません。

横架材側] YA-S75 4本

筋かい

筋かい

30mmまで対応 皿ビス筋かいボックスⅡ75

床合板

施工方法

横架材 33mmまで対応

基礎 床合板 横架材

①位置決めがしやすいように取付ガイドポッチがありますが、これはビス穴 ではありません。 ②金物の取り付け高さは、筋か側のビスが 6 本確実に留め付けられる位置 としてください。ビスが筋かいから外れてしまうと所要の耐力が発揮され ない恐れがありますのでご注意下さい。 材  質 表面処理

基礎 基礎

NFG550F 1.6t 亜鉛めっき

法規格

国土交通省 告示第 1460 号第 1 号(二)該当

壁倍率

2倍 標準仕様(財)建材試験センター品質性能試験第 06A1260 号

試験機関 床合板仕様(財)建材試験センター品質性能試験第 06A1259 号

内使い用 ハウスプラス住宅保証(株)HP06-KT051 標準仕様 1m あたりの基準せん断耐力 3.3kN 耐力

横架材

床合板仕様 1m あたりの基準せん断耐力 3.4kN 内使い・合板有り厚 30㍉ 1m あたりの基準せん断耐力 3.83kN

皿ビス 柱 側 YA-S45 (4本) 横架材側 YA-S75 (4本) 筋かい側 YA-S45 (7本)

施工方法

ビスは柱に 4 本、横架材に 4 本、筋かいに 7 本をしっかり留め付けてください。 材  質 表面処理

JIS G3131 SPHC 2.3t デュラルコート

法規格

国土交通省 告示第 1460 号第 1 号(二)該当

試験機関 (財)建材試験センター品質性能試験第 04A1382 号 耐力

1m あたりの基準せん断耐力 3.5kN 壁倍率

2倍

126

ガイドブック4号-107-139-詳細マニュアル.indd 126

12/03/16 11:30


告示 1460 号 第 1 号 (

ニュー皿ビス筋かいボックス 75

カナイ

二)

金物工法/筋かいボックス GN

カナイ

スラッシュ

床合板対応

床合板対応

[柱側・筋かい側] YD-S45 11 本 [柱・筋かい側] YA-S45 11 本

2.3

47.3

36 120

※ビス孔では  ありません。

横架材側] YA-S75 4本

[横架材側] YD-S75 4本

120

36

t=2.3

120

取付け例

取付け例

接合金物の詳細マニュアル

120

120

t=2.3

47.3

t=2.3

梁側 YD-S75×4 本

柱側 YD-S45×4 本

筋かい側 YD-S45×7 本

筋かい

筋かい側 YD-S45×7 本

筋かい

ニュー皿ビス筋かいボックス75 筋かい柱脚部 30mm 合板 柱側 YD-S45×4 本

30mmまで対応 横架材 床合板

基礎 基礎

土台側 YD-S75×4 本

施工方法

横架材

皿ビス 柱 側 YA-S45 (4本) 横架材側 YA-S75 (4本) 筋かい側 YA-S45 (7本)

ビス孔ではありません。 筋かいが柱に直交する時、 ビス同士の干渉を防ぐ為、 どちらか一方の金物をこ ちら側の孔の使用します。 通常はこちら側の 孔を使用します。

施工方法

筋かいが柱に直交する場合のビス留め付け例

ビスは柱に 4 本、横架材に 4 本、筋かいに 7 本をしっかり留め付けてください。 材  質 表面処理

法規格

JIS G3302 SGHC 2.3t Z27

材  質 表面処理

国土交通省 告示第 1460 号第 1 号(二)該当

法規格

試験機関 (財)建材試験センター品質性能試験第 03A3474 号 耐力

1m あたりの基準せん断耐力 4.5kN 壁倍率

注意事項

2倍

全てのビス穴にビスを打つ必要はありません。 JIS・G 3302 SGHC 2.3t Z27

国土交通省 告示第 1460 号第 1 号(二)該当

試験機関 (財)建材試験センター品質性能試験第 09A0512 号 耐力

1m あたりの基準せん断耐力 3.5kN 壁倍率

2倍

127

ガイドブック4号-107-139-詳細マニュアル.indd 127

12/03/16 11:30


告示 1460 号 第 1 号 ( クリヤマ

二)

クリ筋かいストッパーⅡ KSP- Ⅱ

クリヤマ

クリ筋かいストッパーⅡ KSP- Ⅱ

床合板対応

15

5

50 35

R10

クリ皿ビス 5.5 × 45 15 本

t=2.3

φ6.3

接合金物の詳細マニュアル

5

R10

クリ皿ビス 5.5 × 45 15 本

t=2.3

φ6.3

100

116

106

5

110

位置決めガイド

50 35

15

5

100

116

106

床合板なし

110

位置決めガイド

取付け例 クリ筋かいストッパーⅡ KSPⅡ

柱側 クリ皿ビス 5.5×45(8本)

床合板

筋 か い

クリ筋かいストッパーⅡ KSPⅡ 筋かい側 クリ皿ビス 5.5×45(7本)

筋 か い

柱側 クリ皿ビス 5.5×45(8本)

筋かい側 クリ皿ビス 5.5×45(7本)

※床合板28mm 厚以内対応 横架材

床合板

横架材

基礎

施工方法

①寸法カットされた筋かいをセットし、先づけされた筋かいにクリ筋かいス トッパーⅡ本体を合わせ、ガイドが止まる位置 (約 160mm)にセットします。 ②柱に 8 ヶ所専用ビス四角穴付クリ皿ビスを留め付け固定してください。 ③筋かいにかかる固定穴で、筋かい中央に近い 7 ヶ所に専用クリ皿ビスを留 め付け固定してください。 材  質 表面処理

JIS G 3302 溶融亜鉛めっき鋼板及び鋼帯 SGHC 相当 JIS G 3302 溶融 Z27

基礎

施工方法

①寸法カットされた筋かいをセットし、先づけされた筋かいにクリ筋かいス トッパーⅡ本体を合わせ、ガイドが止まる位置(約 160mm)にセットします。 ②柱に 8 ヶ所専用ビス四角穴付クリ皿ビスを留め付け固定してください。 ③筋かいにかかる固定穴で、筋かい中央に近い 7 ヶ所に専用クリ皿ビスを留 め付け固定してください。 材  質 表面処理

JIS G 3302 溶融亜鉛めっき鋼板及び鋼帯 SGHC 相当 JIS G 3302 溶融 Z27

法規格

国土交通省 告示第 1460 号第 1 号(二)該当

法規格

国土交通省 告示第 1460 号第 1 号(二)該当

壁倍率

2倍

壁倍率

2倍

内使い床合板 28mm 対応性能試験 試験機関 (財)建材試験センター品質性能試験第 06A3943 号 耐力

1m あたりの基準せん断耐力 3.6kN

外使い床合板 28mm 対応性能試験 試験機関 (財)建材試験センター品質性能試験第 05A3199 号 耐力

1m あたりの基準せん断耐力 3.7kN

内使い床合板なし性能試験 試験機関 (財)建材試験センター品質性能試験第 06A3944 号 耐力

1m あたりの基準せん断耐力 3.5kN

外使い床合板なし性能試験 試験機関 (財)建材試験センター品質性能試験第 05A2772 号 耐力

1m あたりの基準せん断耐力 3.6kN

128

ガイドブック4号-107-139-詳細マニュアル.indd 128

12/03/16 11:30


129

ガイドブック4号-107-139-詳細マニュアル.indd 129

12/03/16 11:30


告示 1460 号 第 1 号 (

ホ)

2 倍ヘキサプレート SD

タナカ

カナイ

N- フリーダム筋かいプレート 床合板対応

壁倍率 3 倍用 S10A04-05

97.6

TBA-45 17 本

φ5.9

[筋かい側] 鍋ビスφ 6.0 × 43 6本

46.6 170

t=1.6

t=1.6

45

97.6

接合金物の詳細マニュアル

[柱側] YS-N60 6本 110

170

取付け例

筋かい

柱側 TBA-45(5本)

取付け例

横架材

筋かい側 TBA-45(7本)

筋かい 90×90

横架材側 TBA-45(5本)

※これはビス穴 ではありません。

筋かい

[90mm×90mmの筋かい接合] 柱側

TBA-45(5本)

横架材 筋かい側 TBA-45(7本)

30mmまで対応 床合板

横架材側 TBA-45(5本)

施工方法

横架材

法規格

注意事項

金物の取り付け高さは、筋かい側のビスが 6 本確実に留め付けられる位置と してください。ビスが筋かいから外れてしまうと所要の耐力が発揮されない 恐れがありますのでご注意下さい。

NSDC570:ZYXK18[新日本製鐵(株)製] Zn-11%AI-3%Mg-0.2%Si 合金めっき鋼板「スーパーダイマ ®」

材  質 表面処理

NFG550F 1.6t 亜鉛めっき

国土交通省 告示第 1460 号第 1 号(二)(ホ)該当

法規格

国土交通省 告示第 1460 号第 1 号(ホ)該当

45 × 90 の     (財)日本住宅・木材技術センター性能認定 筋かい接合 認定機関 90 × 90 の     (財)日本住宅・木材技術センター性能認定 筋かい接合

耐力

基礎

[45mm×90mmの筋かい接合]

①金物本体は、4 つの位置決め用穴を目安にして、柱と横架材の端に合わせて 位置決めをします。 ②金物本体を、専用角ビットビス TBA-45(10 本)で柱と横架材に留め付け てください。 ③筋かいをセットし、専用角ビットビス TBA-45 (7 本)で、留め付けてください。 材  質 表面処理

鍋ビス 柱 側 YS-N60(6本) 筋かい側 鍋φ6.0×43mm (6本)

※これはビス穴 ではありません。

45 × 90 の筋かい接合

3.23kN

90 × 90 の筋かい接合

2.98kN

筋かい壁の 1m あたりの許容せん断耐力 筋かい壁の 1m あたりの許容せん断耐力

壁倍率

2倍 3倍

試験機関

耐力

標準仕様 ハウスプラス住宅住宅保証(株)HP06-KT032 床合板仕様 ハウスプラス住宅住宅保証(株)HP06-KT033 標準仕様 1m あたりの基準せん断耐力 3.73kN 床合板仕様 1m あたりの基準せん断耐力 3.15kN

壁倍率

3倍

※「スーパーダイマ ®」は新日本製鐵(株)の登録商標です。

130

ガイドブック4号-107-139-詳細マニュアル.indd 130

12/03/16 11:30


131

ガイドブック4号-107-139-詳細マニュアル.indd 131

12/03/16 11:30


告示 1460 号 第 2 号 (

い)

柱取付けプレート

タナカ

カネシン

スリムかすがい

D15A02-03

TBA-45 6本 2.3

37 5 52 4.5

接合金物の詳細マニュアル

42

104 φ5.9 52 120

37

52

104

52

取付け例

取付け例

柱側 TBA-45(3本)

横架材

横架材

スリムかすがい 横架材

横架材側 TBA-45(3本)

施工方法

①本体を柱と横架材の側面接合部に位置を合わせます。 ②専用角ビットビス TBA-45(6 本)で、留め付けてください。 材  質 表面処理

JIS G 3302 溶融亜鉛めっき鋼鈑及び鋼帯 SGHC 又は SGCC 溶融亜鉛めっき鋼板(Z27)

材  質 表面処理

法規格

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(い)該当

法規格

認定機関 (財)日本住宅・木材技術センター Z マーク金物(かすがい C)同等認定 耐力

許容耐力一覧表 312 頁を参照

N値

0.2 以下

JIS G 3532 SWM-N 相当 クロメートメッキ(JISH8610 2 種 2 級 Ep-Fe/Zn5/CM2)

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(い)該当

試験機関 (財)建材試験センター 品質性能試験報告書第 07A3151 号 耐力

短期基準接合引張耐力 2.2kN

N値

0.4 以下

132

ガイドブック4号-107-139-詳細マニュアル.indd 132

12/03/16 11:30


告示 1460 号 第 2 号 (

ヴイかすがい

カナイ

い)

チャームかすがい

カナイ

120

1.8t=1.6 5 t=1.6

120

5

接合金物の詳細マニュアル

120

6

30

40

40

110

取付け例

取付け例

チャームかすがい

柱 ヴイかすがい

基礎

横架材 基礎

横架材

施工方法

①ハンマーで交互に叩き入れます。 材  質 表面処理

法規格

材  質 表面処理

JIS G3302 SGHC 1.6t Z27

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(い)該当 短期基準接合引張耐力 2.2kN

N値

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(い)該当

試験機関 (財)建材試験センター受付第 10A2882 号

試験機関 ハウスプラス住宅保証(株)HP05-KT017 耐力

法規格

JIS G 3532 SWM-N JIS・H8610 及び JIS・H8625 Ep-Fe/Zn5/CM2 C

0.4 以下

耐力

短期基準接合引張耐力 2.4kN

N値

0.45 以下

133

ガイドブック4号-107-139-詳細マニュアル.indd 133

12/03/16 11:30


134

ガイドブック4号-107-139-詳細マニュアル.indd 134

12/03/16 11:30


告示 1460 号 第 2 号 (

スモールコーナー

タナカ

タナカ

ろ)

スモールコーナー床合板仕様

※メーカー廃盤となります。

※メーカー廃盤となります。

TB-46 4本

27

[柱側] TB-46 2本

27

2.3

2.3

φ6.5

47

[横架材側] TB-76 2本

47

28

28

取付け例

取付け例

柱側 TB-46(2本)

柱側 TB-46(2本)

接合金物の詳細マニュアル

φ6.5

横架材側 TB-76(2本) 横架材側 TB-46(2本) 床合板 (30mm厚以下)

横架材

横架材

施工方法

施工方法

①本体を横架材と柱側面の接合部に金物上部が切り欠いてあるほうを柱側 にして位置を合わせます。 ②専用角ビットビス TB-46 を横架材側に 2 本、柱側に 2 本留め付けてくだ さい。

①本体を床合板の上端と柱側面の接合部に金物上部が切り欠いてあるほう を柱側にして位置を合わせます。 ②専用角ビットビス TB-76 を横架材側に 2 本、専用角ビットビス TB-46 を 柱側に 2 本留め付けてください。

材  質 表面処理

JIS G 3302 溶融亜鉛めっき鋼板及び鋼帯 SGHC 又は SGCC 溶融亜鉛めっき鋼板(Z27)

材  質 表面処理

JIS G 3302 溶融亜鉛めっき鋼板及び鋼帯 SGHC 又は SGCC 溶融亜鉛めっき鋼板(Z27)

法規格

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(ろ)該当

法規格

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(ろ)該当

試験機関 (財)建材試験センター品質性能試験第 06A3436 号 耐力

短期基準引張耐力 3.8kN

N値

0.7 以下

試験機関 (財)建材試験センター品質性能試験第 06A3437 号 耐力

短期基準引張耐力 4.5kN

N値

0.8 以下

135

ガイドブック4号-107-139-詳細マニュアル.indd 135

12/03/16 11:30


告示 1460 号 第 2 号 ( タナカ

ろ)

スモールコーナーⅡ

タナカ

スモールコーナーⅡ床合板仕様

TBA-45 4本

27

【柱 側】 TBA-45 2本

27

2.3

2.3

φ6.5

接合金物の詳細マニュアル

φ6.5

47

【横架材側】 TB-76 2本

47

28

28

取付け例

取付け例

柱 柱側に TBA-45(2 本)

柱側に TBA-45(2 本)

横架材側に TB-76(2 本)

横架材側に TBA-45(2 本)

床合板 (30mm 厚以下)

横架材

横架材

施工方法

施工方法

①本体を横架材と柱側面の接合部に金物上部が切り欠いてあるほうを柱側 にして位置を合わせます。 ②専用角ビットビス TBA-45 を横架材側に 2 本、柱側に 2 本留め付けてく ださい。 材  質 表面処理

法規格

JIS G 3302 SGHC または SGCC 溶融亜鉛めっき鋼板亜鉛付着量:Z27(275g/㎡)

材  質 表面処理

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(ろ)該当

試験機関 中柱型 ハウスプラス確認検査 HP11-KT027 耐力

中柱型 短期基準接合耐力 3.5kN

N値

①本体を床合板の上端と柱側面の接合部に金物上部が切り欠いてあるほう を柱側にして位置を合わせます。 ②専用角ビットビス TB-76 を横架材側に 2 本、専用角ビットビス TBA-45 を柱側に 2 本留め付けてください。

0.6 以下

法規格

JIS G 3302 SGHC または SGCC 溶融亜鉛めっき鋼板亜鉛付着量:Z27(275g/㎡)

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(ろ)該当

試験機関 中柱型 ハウスプラス確認検査 HP11-KT028 耐力

中柱型 短期基準接合耐力 4.3kN

N値

0.8 以下

136

ガイドブック4号-107-139-詳細マニュアル.indd 136

12/03/16 11:30


告示 1460 号 第 2 号 (

スマートコーナー

カネシン

φ6

カネシン

スマートコーナー合板タイプ

φ6

CPQ-45 4本

【柱 側】 CPQ-45 2本

30

30

30

t1 .6

φ6

φ6

【横架材側】 CPQ-75 2本

60

60

40

40

取付け例

取付け例

CPQ-45 × 2 本 柱側 柱

接合金物の詳細マニュアル

30

t1 .6

ろ)

スマートコーナー 合板タイプ

CPQ-45 スマートコーナー

横架材

横架材

床合板

30mm まで対応

CPQ-75 × 2 本 土台 ( 横架材 ) 側 CPQ-45

施工方法

施工方法

①本体の 柱 と刻印があるほうを柱側にして、爪で仮止めします。 ②付属のビスで接合します。 (※柱側からビスを止めると施工が簡単に行え ます。)

①本体の 柱 と刻印があるほうを柱側にして、爪で仮止めします。 ②付属のビスで接合します。 (※柱側からビスを止めると施工が簡単に行え ます。)

材  質 表面処理

ZAM ® ※(MSM-HC-DZC90 もしくは MSM-CC-DZC90) 溶融亜鉛 -6%アルミニウム -3%マグネシウム合金めっき鋼板

材  質 表面処理

ZAM ® ※(MSM-HC-DZC90 もしくは MSM-CC-DZC90) 溶融亜鉛 -6%アルミニウム -3%マグネシウム合金めっき鋼板

法規格

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(ろ)該当

法規格

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(ろ)該当

試験機関 (財)建材試験センター品質性能試験第 09A0880 号 耐力

短期基準接合引張耐力 4.2kN

N値

0.79 以下

試験機関 (財)建材試験センター品質性能試験第 09A0881 号 耐力

短期基準接合引張耐力 3.7kN

※ 1) 「ZAM」は、日新製鋼株式会社の登録商標です。 2) 「ZAM」は、日新製鋼株式会社が開発した溶融亜鉛 Zn- アルミニウム AI- マグネシウム Mg 合金めっき鋼板の商品名です。

ガイドブック4号-107-139-詳細マニュアル.indd 137

N値

0.69 以下

137

12/03/16 11:30


告示 1460 号 第 2 号 ( カナイ

ろ)

ミニビルトコーナー

30

[柱側] YA-S45 2本

t=1

23

23

t=1

30

t=1

30

接合金物の詳細マニュアル

ミニビルトコーナー75

YA-S45 4本

t=1

30

カナイ

[横架材側] YA-S75 2本 40

40

41

23

t=1

t=1

41

23

t=1

取付け例

t=1

取付け例

ミニビルトコーナー

ミニビルトコーナー75

33mmまで対応

床合板 横架材 横架材 基礎 基礎

皿ビス 柱 側 YA-S45 (2本) 横架材側 YA-S75 (2本)

皿ビス 柱 側 YA-S45 (2本) 横架材側 YA-S45 (2本)

施工方法

施工方法

①金物の短い面を横架材に金物の長い方の面を柱側にして位置を合わせます。 ②本体を柱側と横架材側に専用ビスで留め付けます。 材  質 表面処理

法規格

JIS G 4305 SUS304 1.0t 2B 材(生地)

材  質 表面処理

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(ろ)該当

試験機関 (財)建材試験センター品質性能試験第 04A0012 号 耐力

短期基準接合引張耐力 3.6kN

①金物の短い面を床合板に、長い方の面を柱側にして位置を合わせます。 ②本体を柱側と床合板側に専用ビスで留め付けます。

N値

0.68 以下

法規格

JIS G 4305 SUS304 1.0t 2B 材(生地)

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(ろ)該当

試験機関 (財)建材試験センター品質性能試験第 04A1384 号 耐力

短期基準接合引張耐力 4.2kN

N値

0.7 以下

138

ガイドブック4号-107-139-詳細マニュアル.indd 138

12/03/16 11:30


告示 1460 号 第 2 号 ( カナイ

ビルトプレート

t=0.7

30

ろ)

チビクリ

クリヤマ

t=0.7

YA-S45 4本

四角穴付 クリ平頭ビス 5 × 45 4本

30

接合金物の詳細マニュアル

30

150

1.6

R5

4-φ5.4

35

取付け例

取付け例

柱 柱

ビルトプレート

クリ平頭ビス 5×45 柱側 2 本

チビクリ CK 横架材 基礎

クリ平頭ビス 5×45 横架材側 2 本

横架材 皿ビス 柱 側 YA-S45 (2本) 横架材側 YA-S45 (2本)

施工方法

施工方法

①本体を柱と横架材の側面に位置決めをし仮どめ用のツメで固定します。 ②専用のビスを柱側と横架材側にそれぞれ留め付け本体を取り付けます。 材  質 表面処理

法規格

JIS G4305 SUS430 0.7t 2B 材(生地)

材  質 表面処理

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(ろ)該当

試験機関 (財)建材試験センター品質性能試験第 04A2122 号 耐力

短期基準接合引張耐力 3.9kN

①本体の”柱”と刻印があるほうを柱側にして位置を合わせます。 ②本体を柱側と横架材側に専用ビスで留め付けます。

N値

0.7 以下

法規格

JIS G 3302 溶融亜鉛めっき鋼板及び鋼帯 SGHC 相当 JIS G 3302 溶融 Z27

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(ろ)該当

試験機関 メーカー自社試験データ 耐力

短期基準引張耐力 3.6kN

N値

0.67 以下

139

ガイドブック4号-107-139-詳細マニュアル.indd 139

12/03/16 11:30


コーナータイプ

141P 〜

プレートタイプ

147P 〜

床合板仕様タイプ

157P 〜

140

ガイドブック4号-140-183-詳細マニュアル.indd 140

12/03/16 11:33


告示 1460 号 第 2 号 ( は )

コーナータイプ タナカ

コンパクトコーナー

リトルコーナー

タナカ

S10A02-07

43 φ 6.4 27

26.3

2.3

TB-55 5本 φ6.0

2.3

接合金物の詳細マニュアル

TBA-65D 6本

φ6.5 60 45

28

取付け例

取付け例

柱 柱

柱側 TBA-65D(3本)

柱側 TB-55(3本)

横架材側 TB-55(2本)

横架材

横架材

横架材側 TBA-65D(3本)

施工方法 施工方法

①本体を横架材と柱側面の接合部に 柱 の刻印のあるほうを柱側にして位置 を合わせます。 ②専用角ビットビス TB-55 を横架材側に 2 本、柱側に 3 本留め付けてください。

①本体を横架材と柱側面の接合部に 柱 の刻印のあるほうを柱側にして位置 を合わせます。 ②専用角ビットビス TBA-65D を横架材側に 3 本、柱側に 3 本留め付けて ください。

材  質 表面処理

JIS G 3302 溶融亜鉛めっき鋼板及び鋼帯 SGHC 又は SGCC 溶融亜鉛めっき鋼板(Z27)

材  質 表面処理

JIS G 3302 溶融亜鉛めっき鋼板及び鋼帯 SGHC 又は SGCC 溶融亜鉛めっき鋼板(Z27)

法規格

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(は)該当

法規格

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(は)該当

試験機関

耐力

中柱型(財)建材試験センター品質性能試験第 06A3438 号

認定機関 中柱型(財)日本住宅・木材技術センター 性能認定

隅柱型 ハウスプラス確認検査(株)HP09-KT058

試験機関 隅柱型 ハウスプラス確認検査(株)HP08-KT033

中柱型 短期基準引張耐力 6.4kN 隅柱型 短期基準接合耐力 5.3kN

N値

1.2 以下 1.0 以下

耐力

中柱型 短期許容引張耐力 6.5kN 隅柱型 短期基準接合耐力 5.3kN

N値

1.2 以下 1.0 以下

141

ガイドブック4号-140-183-詳細マニュアル.indd 141

12/03/16 11:34


告示 1460 号 第 2 号 ( は )

スリムプレート

タナカ

ステンレスインナープレート

タナカ

D15A02-04

S10A02-08

TSB-46 10 本

φ6.2 18 0.8 φ6.0

接合金物の詳細マニュアル

120

TBA-65D 8本

120

50

25

120

70

取付け例

取付け例

柱側 TBA-65D(4本)

柱側 TSB-46(5本) 横架材側 TBA-65D(4本)

横 横架材

床合板

横架材側 TSB-46(5本)

施工方法

①本体を横架材と柱側面の接合部に合わせます。 ②専用角ビットビス TBA-65D を横架材側に 4 本、柱側に 4 本留め付けて ください。 材  質 表面処理

JIS G 3302 溶融亜鉛めっき鋼板及び鋼帯 SGHC 又は SGCC 溶融亜鉛めっき鋼板(Z27)

法規格

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(は)該当

認定機関 (財)日本住宅・木材技術センター Z マーク金物(CP-T)同等認定 耐力

許容耐力一覧表 312 頁を参照

N値

1.0 以下

施工方法

①本体の刻印のあるほうを柱側にして位置決めをします。 ②専用ステンレス角ビットビス TSB-46 で本体を留め付けてください。 材  質

JIS G 4305 SUS304(18-8)

法規格

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(は)該当

認定機関 (財)日本住宅・木材技術センター性能認定 耐力

短期許容引張耐力 6.4kN

N値

1.2 以下

142

ガイドブック4号-140-183-詳細マニュアル.indd 142

12/03/16 11:34


告示 1460 号 第 2 号 ( は )

はしらどめイチロー

タナカ

ライトコーナー

カネシン

D15A04-03

φ6

TBA-45 8本

CPQ-45 6本

30

20

40 φ6

59.5

接合金物の詳細マニュアル

t1.6

55

φ5.9

60

4.5 55

取付け例

柱 柱側 TBA-45(4本)

CPQ-45

横架材

ラ���トコーナー

横架材 横架材側 TBA-45(4本)

施工方法

施工方法

①本体 2 個を横架材と柱側面の接合部に位置を合わせます。 ②本体 1 個あたり専用ビス TBA-45 を横架材側に 4 本、柱側に 4 本留め付け てください。 ③ 2 個一組の使用により Z マーク金物(CP-T)と同等認定品になります。 材  質 表面処理

法規格

JIS G 3131 熱間圧延軟鋼板及び鋼帯 SPHC JIS H 8610 電気亜鉛めっき 2 級 Ep-Fe/Zn 5/CM2 C

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(は)該当

認定機関 (財)日本住宅・木材技術センター Z マーク金物(CP-T)同等認定 耐力

許容耐力一覧表 312 頁を参照

N値

1.0 以下

①本体の 柱 と刻印があるほうを柱側にして、付属ビスで留め付けます。 材  質 表面処理

ZAM ® ※(MSM-HC-DZC90 もしくは MSM-CC-DZC90) 溶融亜鉛 -6%アルミニウム -3%マグネシウム合金めっき鋼板

法規格

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(は)該当

試験機関

耐力

中柱型 ハウスプラス確認検査(株)HP11-KT010 隅柱型 ハウスプラス確認検査(株)HP11-KT012 中柱型 短期基準接合引張耐力 6.3kN 隅柱型 短期基準接合引張耐力 5.8kN

N値

1.1 以下 1.0 以下

143

ガイドブック4号-140-183-詳細マニュアル.indd 143

12/03/16 11:34


告示 1460 号 第 2 号 ( は ) カネシン

コーナープレート・Ⅱ

エンボス

リブコーナー

カネシン

CPQ-45 8本 40

φ6

YB-55 6本

Φ6

115 30

接合金物の詳細マニュアル

t=2.3 t1.2 Φ6 55

50

50

取付け例

取付け例

横架材

コーナープレート・Ⅱ

柱側 YB-55(3本)

リブコーナー

柱 横架材

コーナープレート・Ⅱ

基礎

横架材 横架材側 YB55(3本)

施工方法

本体の 柱 と刻印があるほうを柱側にして、付属ビスで留め付けます。 施工方法

①本体の三角面のほうを柱側にして、爪で仮どめします。 ②付属のビスで留め付けます。 材  質 表面処理

法規格

微細粒熱延鋼板 NFG700TG 溶融亜鉛めっき(Z27)

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(は)該当

試験機関 (財)建材試験センター品質性能試験第 06A3692 号 耐力

短期基準接合引張耐力 6.2kN

144

ガイドブック4号-140-183-詳細マニュアル.indd 144

N値

1.1 以下

材  質 表面処理

ZAM ® ※(MSM-HC-DZC90 もしくは MSM-CC-DZC90) 溶融亜鉛 -6%アルミニウム -3%マグネシウム合金めっき鋼板

法規格

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(は)該当

試験機関

耐力

中柱型(財)建材試験センター品質性能試験第 05A0586 号 隅柱型(財)建材試験センター品質性能試験第 09A2356 号 中柱型 短期基準接合引張耐力 6.6kN 隅柱型 短期基準接合引張耐力 6.5kN

N値

1.2 以下

※1) 「ZAM」は、日新製鋼株式会社の登録商標です。  2) 「ZAM」は、日新製鋼株式会社が開発した溶融亜鉛 Zn- アルミニウム AI- マグネシウ    ム Mg 合金めっき鋼板の商品名です。

12/03/16 11:34


告示 1460 号 第 2 号 ( は ) カナイ

ニュー皿ビスコーナー

カナイ

スリムビルトコーナー

t=2.3 35

YA-S45 9本

YA-S45 6本

50 30

t=2.3

30 28.4

30

t=1.6

接合金物の詳細マニュアル

115 70

70

35

50

取付け例

取付け例

スリムビルトコーナー

横架材

ニュー皿ビスコーナー 柱 横架材 皿ビス 柱 側 YA-S45 (4本) 横架材側 YA-S45 (5本)

基礎 皿ビス 柱 側 YA-S45 (3本) 横架材側 YA-S45 (3本)

横架材

施工方法

基礎

施工方法

①本体を横架材と柱側面の接合部に位置を合わせます。 ②専用ビスを柱側と横架材側に留め本体を取付けます。

①本体を横架材と柱側面の接合部に位置を合わせます。 ②専用ビスを柱側と横架材側に留め本体を取付けます。 材  質 表面処理

JIS G3302 SGHC 2.3t Z27

法規格

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(は)該当

試験機関

耐力

材  質 表面処理

中柱型 ハウスプラス住宅保証(株)HP03-KT007 隅柱型 ハウスプラス住宅保証(株)HP06-KT002 中柱型 短期基準接合引張耐力 6.7kN 隅柱型 短期基準接合引張耐力 5.2kN

N値

1.2 以下 0.9 以下

法規格 試験機関

耐力

JIS G3302 SGHC 1.6t Z27

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(は)該当 中柱型 ハウスプラス住宅保証(株)HP05-KT020 隅柱型 ハウスプラス住宅保証(株)HP06-KT001 中柱型 短期基準接合引張耐力 5.2kN 隅柱型 短期基準接合引張耐力 5.1kN

N値

1.0 以下

145

ガイドブック4号-140-183-詳細マニュアル.indd 145

12/03/16 11:34


告示 1460 号 第 2 号 ( は )

ビルトコーナーⅡ

カナイ

デフコーナー(標準仕様)

カナイ

YA-S45 9本

77

45

26

t=1.0

35

接合金物の詳細マニュアル

30

t=1.6

80 65

77

26

45

取付け例

中柱 柱

YS-C55 6本

ビス 柱側YS-C55(3本) 横架材側YS-C55(3本)

ビルトコーナーⅡ 柱

隅柱 横架材 デフコーナー

柱 デフコーナー

横架材

ビス 柱側YS-C55(3本) 横架材側YS-C55(3本)

基礎 皿ビス 柱 側 YA-S45 (4本) 横架材側 YA-S45 (5本)

施工方法

法規格

材  質 表面処理

法規格

JIS G4305 SUS430 1.0t 2B 材(生地)

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(は)該当

試験機関 ハウスプラス住宅保証(株)HP03-KT003 耐力

施工方法

①本体の”柱”と刻印があるほうを柱側にして位置を合わせます。 ②専用ビスを柱側と横架材側に留め本体を取付けます。

①本体を横架材と柱側面の接合部に位置を合わせます。 ②専用ビスを柱側と横架材側に留め本体を取付けます。 材  質 表面処理

横架材

短期基準接合引張耐力 6.9kN

N値

1.3 以下

試験機関

耐力

NFG550F 1.6t Z27

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(は)該当 中柱型(財)建材試験センター受付第 11A0299 号 隅柱型 住宅構造研究所 中柱型 短期基準引張耐力 6.0kN 隅柱型 短期基準引張耐力 5.3kN

146

ガイドブック4号-140-183-詳細マニュアル.indd 146

12/03/26 9:11


プレートタイプ

告示 1460 号 第 2 号 ( は )

チビクリⅡ CK Ⅱ

クリヤマ

フラットプレート SD

タナカ

S10A04-02

30 R5 R5

TBA-45 6本

四角穴付 クリ平頭ビス 5 × 45 6本

120

1.6

30

φ5.9

50 19

6-φ5.4

接合金物の詳細マニュアル

エンボス加工

R5 65 0.6

46

R4

取付け例

取付け例

柱 クリ平頭ビス柱側 5×45(3本)

柱 チビクリⅡ CKⅡ

柱側 TBA-45(3本)

構造用 合板

横架材

横架材

クリ平頭ビス横架材側 5×45(3本)

横架材側 TBA-45(3本) ※合板用の釘は金物を避けて打ち付けてください。

施工方法

施工方法

専用ビスクリ平頭ビスを柱側に 3 本、横架材側に 3 本留め付けてください。 材  質 表面処理

法規格

JIS G 3302 溶融亜鉛めっき鋼板及び鋼帯 SGHC 相当 JIS G 3302 溶融 Z27

材  質 表面処理

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(は)該当

試験機関 (財)建材試験センター品質性能試験第 08A1255 号 耐力

短期基準引張耐力 5.3kN

N値

①本体の中心線と 柱 の刻印を目安にして柱と横架材の側面に位置決めを し、仮どめ用のツメで固定します。 ②専用角ビットビス TBA-45 を柱側に 3 本、横架材側に 3 本留め付けてく ださい。

1.0 以下

法規格

NSDC570:ZYXK18[新日本製鐵(株)製] Zn-11%AI-3%Mg-0.2%Si 合金めっき鋼板「スーパーダイマ ®」

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(は)該当

認定機関 (財)日本住宅・木材技術センター 性能認定 耐力

短期許容引張耐力 5.9kN

※「スーパーダイマ ®」は新日本製鐵(株)の登録商標です。

ガイドブック4号-140-183-詳細マニュアル.indd 147

N値

1.1 以下

147

12/03/16 11:34


告示 1460 号 第 2 号 ( は )

ステンレスフラットプレート

タナカ

ステンレス柱脚 Y プレート

タナカ

D15A01-09

D15A02-05

0.8

75

TSB-46 6本

TSB-46 8本

φ6.0

φ6.0

20

50

接合金物の詳細マニュアル

200 120

0.6

取付け例

15

取付け例

15

柱側 TSB-46(3本) 柱側 TSB-46(4本)

横架材側 TSB-46(4本)

横架材側 TSB-46(3本)

横架材 横架材

施工方法

施工方法

①本体の中心線と 柱 の刻印を目安にして柱と横架材の側面に位置決めをし 仮どめ用のツメで固定します。 ②専用ステンレス角ビットビス TSB-46 で本体を留め付けてください。

①本体の矢印線の刻印を目安にして柱と横架材の側面に位置決めをし、仮ど め用のツメで固定します。 ②専用ステンレス角ビットビス TSB-46 で本体を留め付けてください。

材  質

JIS G 4305 SUS304(18-8)

材  質

JIS G 4305 SUS304(18-8)

法規格

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(は)該当

法規格

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(は)該当

認定機関 (財)日本住宅・木材技術センター Z マーク金物(CP-T)同等認定 耐力

許容耐力一覧表 312 頁を参照

N値

1.0 以下

認定機関 (財)日本住宅・木材技術センター Z マーク金物(CP-T)同等認定 耐力

許容耐力一覧表 312 頁を参照

N値

1.0 以下

148

ガイドブック4号-140-183-詳細マニュアル.indd 148

12/03/16 11:34


告示 1460 号 第 2 号 ( は ) カネシン

DP-2 エーステンプレート・S

27.88

CPQ-45 6本

0.6t

カネシン

DP-2 SP-10・S

※メーカー廃盤となります。

CPQ-45 6本

0.6t

エンボス

φ6 70

φ6

90

125

接合金物の詳細マニュアル

カネシン DP-2エーステンプレート・S

145

告示第14600 第2号[は]対応品

55 55 エンボス

70

70

取付け例

取付け例 合板

合板

は 柱

DP-2 エーステンプレート・S

DP-2 SP-10・S

横架材

横架材

CPQ-45

CPQ-45 基礎

基礎

施工方法

①本体に 柱 と刻印されている側を柱側にし、爪を柱と横架材の間に入れて ください。 ②取付け位置が決まったら付属の専用ビスで本体を留め付けてください。

施工方法

①本体の爪を柱と横架材の間に入れてください。 ②取付け位置が決まったら付属の専用ビスで本体を留め付けてください。

材  質

NSS431DP-2(高強度複相組織ステンレス鋼)※

材  質

NSS431DP-2(高強度複相組織ステンレス鋼)

法規格

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(は)該当

法規格

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(は)該当

試験機関 (財)建材試験センター 品質性能試験第 06A2654 号 耐力

短期基準接合引張耐力 5.9kN

N値

1.1 以下

※「DP-2」は日新製鋼(株)が開発した高強度複相組織ステンレス鋼板の商品名です。

ガイドブック4号-140-183-詳細マニュアル.indd 149

試験機関 (財)建材試験センター 品質性能試験第 06A2250 号 耐力

短期基準接合引張耐力 6.3kN

N値

1.1 以下

149

12/03/16 11:34


告示 1460 号 第 2 号 ( は )

エースプレート

カネシン

カネシン

エーステンプレートⅢ -ZM

D11H01-02

27.88

エンボス

CPQ-45 6本

0.6t

2.3t φ6

88

70

接合金物の詳細マニュアル

φ6

140

FRN-75 6本

125

55

52

70

エンボス

70

8

取付け例

取付け例 合板

合板

横架材

柱 柱 エーステンプレートⅢ-ZM

エースプレート 横架材

横架材 基礎 CPQ-45 FRN-75

基礎

施工方法

①本体の山形の方が柱側で裾の方が横架材側になります。 ②本体に印した接合線と木材の接合部を一致させ、三方の爪で仮どめします。 ③付属の釘で留め付けます。 ④使用枚数は通常 1 ヶ所あたり 1 枚を片面に取り付けます。 材  質 表面処理

法規格

JIS G 3302 SGHC 溶融亜鉛めっき鋼板(Z27)

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(は)該当

150

短期許容引張耐力 5.07kN

①本体に 柱 と刻印されている側を柱側にし、本体の爪を柱と横架材の間に 入れて下さい。 ②取付位置が決まったら付属の専用ビスで本体を留め付けてください。 材  質 表面処理

認定機関 (財)日本住宅・木材技術センター Z マーク金物(CP-T)同等認定 耐力

施工方法

N値

1.0 以下

法規格

ZAM ® ※(MSM-CC-DZC90) 溶融亜鉛 -6%アルミニウム -3%マグネシウム合金めっき鋼板

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(は)該当

試験機関 (財)建材試験センター品質性能試験第 08A2927 号 耐力

短期基準接合引張耐力 7.4kN

N値

1.3 以下

※ 1)本製品は同等認定品のため、認定対象製品かど金物(CP-T)と同じ ※ 1) 「ZAM」は、日新製鋼株式会社の登録商標です。     耐力です。 2) 「ZAM」は、日新製鋼株式会社が開発した溶融亜鉛 Zn- アルミニウム AI- マグネシウム ※ 2) ( 財)日本住宅・木材技術センター 「木造軸組工法住宅の許容応力度設計」    Mg 合金めっき鋼板の商品名です。    表 20 より引用

ガイドブック4号-140-183-詳細マニュアル.indd 150

12/03/16 11:34


告示 1460 号 第 2 号 ( は ) カネシン

釘止め短ざく金物Ⅱ KS-210 Ⅱ

タイシンニート

カナイ

YA-S45 8本

60

FRN-55 8本

210

t=0.6

接合金物の詳細マニュアル

50

120

1.2 t

取付け例

取付け例

タイシンニート 横架材 柱

FRN-55

基礎

横架材

皿ビス 柱 側 YA-S45(4本) 横架材側 YA-S45(4本)

施工方法 施工方法

本体の切起し爪で仮どめし、付属のリングネイルを打ち込みます。 材  質 表面処理

法規格

ZAM ® ※(MSM-CC-DA90) 溶融亜鉛 -6%アルミニウム -3%マグネシウム合金めっき鋼板

材  質 表面処理

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(は)該当

試験機関 (財)建材試験センター品質性能試験第 05A1231 号 耐力

短期基準接合引張耐力 6.1kN

N値

①本体の矢印線の刻印を目安にして、柱と横架材の側面に位置決めをし、仮 どめ用の爪で固定します。 ②専用ビス YA-S45 を横架材側へ 4 本柱側へ 4 本留め付けて下さい。

1.1 以下

法規格

JIS G4305 SUS430 0.6t 2B 材(生地)

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(は)該当

試験機関 ハウスプラス住宅保証(株)HP02-KT006 耐力

短期基準接合引張耐力 6.4kN

N値

1.2 以下

151

ガイドブック4号-140-183-詳細マニュアル.indd 151

12/03/16 11:34


告示 1460 号 第 2 号 ( は )

K- タイシンニート

カナイ

YA-S45 8本 t=0.6

サプリームプレート

カナイ

t=0.6

YA-F45 4本

57

60

柱 サプリームプレート 告示 1460号

接合金物の詳細マニュアル

1項2 号表三(は) 該当品

120 120 PAT.P

25

取付け例

取付け例

サプリームプレート

Kタイシンニート

基礎

横架材

横架材

施工方法

①本体を柱と横架材の側面に位置決めをし仮どめ用のツメで固定します。 ②専用のビスを柱側と横架材側にそれぞれ留め本体を取り付けます。 材  質 表面処理

法規格

NSDC570:ZYXK18[新日本製鐵(株)製] Zn-11%AI-3% Mg-0.2%Si 合金めっき鋼板[スーパーダイマ ®]

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(は)該当 短期基準接合引張耐力 6.7kN

※「スーパーダイマ ®」は新日本製鐵(株)の登録商標です。

152

ガイドブック4号-140-183-詳細マニュアル.indd 152

N値

施工方法

①本体の 柱 と刻印があるほうを柱側にして、爪で仮止めします。 ②付属のビスで接合します。 材  質

スーパーダイマ ® NSDC570 t=0.6

法規格

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(は)該当

試験機関 (財)建材試験センター品質性能試験第 09A0618 号

試験機関 ハウスプラス住宅保証(株)HP05-KT025 耐力

フラットビス 柱 側 YA-F45(2 本 ) 横架材側 YA-F45(2 本 )

皿ビス 柱 側 YA-S45 (4本) 横架材側 YA-S45 (4本)

1.2 以下

耐力

短期基準接合引張耐力 6.9kN

N値

1.3 以下

※「スーパーダイマ ®」は新日本製鐵(株)の登録商標です。

12/03/16 11:34


告示 1460 号 第 2 号 ( は )

背割れニート

カナイ

ニートプレート

カナイ

YA-S45 8本 t=0.6

YA-S45 8本

5

7

2

80

接合金物の詳細マニュアル

100 120

5

2

60

7

取付け例

取付け例

ニートプレート

背割れニート

横架材

横架材 皿ビス 柱 側 YA-S45 (4本) 横架材側 YA-S45 (4本)

皿ビス 柱 側 YA-S45(4本) 横架材側 YA-S45(4本)

施工方法

施工方法

①本体の矢印線の刻印を目安にして、柱と横架材の側面に位置決めをし、仮 どめ用の爪で固定します。 ②専用ビス YA-S45 を横架材側へ 4 本柱側へ 4 本留め付けて下さい。 材  質 表面処理

法規格

JIS G4305 SUS304 0.6t 2B 材(生地)

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(は)該当 短期基準接合引張耐力 5.7kN

①本体の中心線を柱と横架材の接合部に位置決めをし、仮どめ用のツメで固 定します。 ②専用ビスを柱側と横架材側に留めて本体を留め付けます。 材  質 表面処理

試験機関 ハウスプラス住宅保証(株)HP03-KT005 耐力

基礎

N値

法規格

JIS G3302 SGHC または SGCC 2.0t Z27

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(は)該当

試験機関 ハウスプラス住宅保証(株)HP03-KT002

1.0 以下

耐力

短期基準接合引張耐力 5.9kN

N値

1.1 以下

153

ガイドブック4号-140-183-詳細マニュアル.indd 153

12/03/16 11:34


告示 1460 号 第 2 号 ( は )

ニートプレート G

カナイ

メインプレート

カナイ

YA-S45 6本

5

7

2

45

50

接合金物の詳細マニュアル

100

YA-S75 8本

100

50

5

2

t=0.6

60

22.5

7

22.5

取付け例 9mmまで対応 ニートプレートG

面材合板 メインプレート

横架材 皿ビス 柱 側 YA-S75 (4本) 横架材側 YA-S75 (4本)

横架材

基礎

柱側YA-S45(3本) 横架材側YA-S45(3本)

施工方法

①本体の中心線を柱と横架材の接合部が一致する面材の位置に、仮どめ用 のツメで固定します。 ②専用ビスを全部留めて本体を留め付けます。

①本体の中心線を柱と横架材の接合部に位置決めをし、仮どめ用のツメで固 定します。 ②専用ビスを柱側と横架材側に留めて本体を留め付けます。

注意事項

面材合板 9mm まで対応します。 材  質 表面処理

法規格

JIS G3302 SGHC または SGCC 2.0t Z27

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(は)該当

試験機関 (財)建材試験センター品質性能試験第 03A2203 号 耐力

短期基準接合引張耐力 5.7kN

施工方法

N値

1.0 以下

材  質

スーパーダイマ ® NSDC570 t = 0.6

法規格

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(は)該当

試験機関 (財)建材試験センター品質性能試験第 10A2964 号 耐力

短期基準接合引張耐力 5.2kN

N値

1.0 以下

154

ガイドブック4号-140-183-詳細マニュアル.indd 154

12/03/16 11:34


告示 1460 号 第 2 号 ( は )

メインプレート G

カナイ

クリヤマ

クリビスプレート KBPL

面材合板仕様

45

0.6

R5

四角穴付 クリ平頭ビス 5 × 45 6本

45

6-φ5.4

50

50

接合金物の詳細マニュアル

120

YA-S75 6本

100

70 50

t=0.6 22.5

22.5

55 取付け例 9mmまで対応 メインプレートG

柱 面材合板

クリビスプレート 横架材 皿ビス 柱 側 YA-S75 (3本) 横架材側 YA-S75 (3本)

横架材

基礎

基礎

施工方法

①本体の中心線を柱と横架材の接合部が一致する面材の位置に、仮どめ用 のツメで固定します。 ②専用ビスを全部留めて本体を留め付けます。 注意事項

面材合板 9mm まで対応します。 スーパーダイマ ® NSDC570 t = 0.6

法規格

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(は)該当

法規格

試験機関 ハウスプラス確認検査(株)HP10-KT108

短期基準接合引張耐力 5.2kN

①本体の中心線を柱と横架材の接合部に位置決めをし、仮どめ用のツメで固 定します。 ②専用ビスを柱側と横架材側に留めて本体を留め付けます。 材  質 表面処理

材  質

耐力

施工方法

N値

ZAM ®(MSM-HK400-DZC 190 又は MSM-CK400-DZC 190) Zn-6% AI-3%Mg

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(は)該当

試験機関 (財)建材試験センター 品質性能試験第 06A2584 号

1.0 以下

耐力

短期基準引張耐力 6.8kN

N値

1.2 以下

※ 1) 「ZAM」は、日新製鋼株式会社の登録商標です。 2) 「ZAM」は、日新製鋼株式会社が開発した溶融亜鉛 Zn- アルミニウム     AI- マグネシウム Mg 合金めっき鋼板の商品名です。

ガイドブック4号-140-183-詳細マニュアル.indd 155

155

12/03/26 9:09


告示 1460 号 第 2 号 ( は )

クリプレート KPL

クリヤマ

プレートX(C-PX)

晃和

D19A05-02

R5

0.6

0.7

50

55 9-φ3.7 1.5

接合金物の詳細マニュアル

ステン平頭 スクリュー 10 × 65 9本

120

ロッキングねじ 6 × 65 4本

25

105

接合線

65

4-φ7 60

70

取付け例

取付け例

柱 柱側 ロッキングネジ6×65(2本)

構造用 合板

クリプレート KPL 横架材 横架材 土台・横架材側 ロッキングネジ6×65(2本) 基礎

施工方法

施工方法

クリプレートの接合線を柱と横架材(土台)に合わせて専用釘(ステンスク リュー釘)を 9 本打ち付けてください。

金物全体の接合線を柱と横架材(土台)に合わせて専用ビスロッキングねじ で柱側(2本)、横架材側(2本)で留め付けてください。

材  質

JIS G 4305 冷間圧延ステンレス鋼板及び鋼帯 SUS304

材  質

高耐金秀性ステンレス NSSC180

法規格

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(は)該当

法規格

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(は)該当

認定機関 (財)日本住宅・木材技術センター Z マーク金物(CP-T)同等認定 耐力

許容耐力一覧表 312 頁を参照

N値

1.0 以下

試験機関 (財)建材試験センター品質性能試験第 04A0190 号 耐力

短期基準引張耐力 5.6kN

N値

1.0 以下

156

ガイドブック4号-140-183-詳細マニュアル.indd 156

12/03/16 11:34


告示 1460 号 第 2 号 ( は )

床合板仕様 タナカ

コンパクトコーナー床合板仕様

タナカ

リトルコーナー床合板仕様

S10A03-02

43 φ 6.4 27 26.3

2.3

[柱側] TB-55 3本

φ6.0

2.3

60 45

28

[横架材側] TB-101 ブルー 2本

取付け例

柱側 TB-55(3本)

柱側 TBA-65D(3本)

[横架材側] TB-101 ブルー 3本

取付け例

横架材側 TB-101(ブルー)(2本) 横

床合板 (30mm厚以下)

床合板 (28mm厚以下)

横架材側 TB-101(ブルー)(3本)

横架材

施工方法

施工方法

①本体を床合板の上端と柱側面の接合部に 柱 の刻印のあるほうを柱側にし て位置を合わせます。 ②専用角ビットビス TB-101(ブルー)を横架材側に 2 本、専用角ビットビス TB-55 を柱側に 3 本留め付けてください。

①本体を床合板の上端と柱側面の接合部に 柱 の刻印のあるほうを柱側にし て位置を合わせます。 ②専用角ビットビス TB-101(ブルー)を横架材側に 3 本、専用角ビットビス TBA-65D を柱側に 3 本留め付けてください。

材  質 表面処理

JIS G 3302 溶融亜鉛めっき鋼板及び鋼帯 SGHC 又は SGCC 溶融亜鉛めっき鋼板(Z27)

材  質 表面処理

JIS G 3302 溶融亜鉛めっき鋼板及び鋼帯 SGHC 又は SGCC 溶融亜鉛めっき鋼板(Z27)

法規格

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(は)該当

法規格

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(は)該当

試験機関

耐力

接合金物の詳細マニュアル

[柱側] TBA-65D 3本

φ6.5

中柱型(財)建材試験センター品質性能試験第 06A3439 号

認定機関 中柱型(財)日本住宅・木材技術センター 性能認定

隅柱型 ハウスプラス確認検査(株)HP09-KT059

試験機関 隅柱型 ハウスプラス確認検査(株)HP08-KT034

中柱型 短期基準引張耐力 6.7kN 隅柱型 短期基準接合耐力 7.0kN

N値

1.2 以下 1.3 以下

耐力

中柱型 短期許容引張耐力 6.2kN 隅柱型 短期基準接合耐力 8.3kN

N値

1.1 以下 1.5 以下

157

ガイドブック4号-140-183-詳細マニュアル.indd 157

12/03/16 11:34


告示 1460 号 第 2 号 ( は )

合板コーナー・Ⅱ

カネシン

ミニコーナー・S

カネシン

エンボス

[柱側] CPQ-45 5本

[柱側] CPQ-45 3本

φ6

40

115

接合金物の詳細マニュアル

30

40

[横架材側] CPQ-75 5本

t1.2

[横架材側] CPQ-75 4本

φ6 40

50

2.3

50

取付け例

取付け例

CPQ-45

柱 合板コーナー・Ⅱ

柱側 CPQ-45(5本)

CPQ-75

土台(横架材)側 CPQ-75(4本)

床合板 30mmまで 対応 30mmまで 対応

横架材

横架材

基礎

施工方法

施工方法

①本体の三角面のほうを柱側にして、爪で仮どめします。 ②付属のビスで留め付けます。 材  質 表面処理

法規格 試験機関

耐力

本体の 柱 と刻印があるほうを柱側にして、付属ビスで留め付けます。 材  質 表面処理

微細粒熱延鋼板 NFG700TG 溶融亜鉛めっき(Z27)

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(は)該当 合板なし(財)建材試験センター品質性能試験第 06A3694 号 合板 30mm(財)建材試験センター品質性能試験第 06C0657 号 合板なし 短期基準接合引張耐力 5.2kN 合板あり 短期基準接合引張耐力 5.1kN

158

ガイドブック4号-140-183-詳細マニュアル.indd 158

N値

0.9 以下

法規格 試験機関

耐力

JIS G 3302 SGHC 溶融亜鉛めっき鋼板(Z27)

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(は)該当 合板なし(財)建材試験センター品質性能試験第 06A2651 号 合板あり(財)建材試験センター品質性能試験第 06A2652 号 合板なし 短期基準接合引張耐力 5.1kN 合板あり 短期基準接合引張耐力 5.6kN

N値

0.9 以下 1.0 以下

※ 1) 「ZAM」は、日新製鋼株式会社の登録商標です。 2) 「ZAM」は、日新製鋼株式会社が開発した溶融亜鉛 Zn- アルミニウム AI- マグネシ    ウム Mg 合金めっき鋼板の商品名です。

12/03/16 11:34


告示 1460 号 第 2 号 ( は ) カネシン

リブコーナー合板タイプ

カネシン

ライトコーナー合板タイプ

φ6

[柱側] CPQ-45 3本

30

40

[柱側] YB-55 3本

Φ6

40

30

φ6

t=2.3

Φ6 55

[横架材側] YB-85 3本

[横架材側] CPQ-75 3本

60

取付け例

■ 1個使いの場合

柱側 YB-55(3本) 柱

リブコーナー合板タイプ

CPQ-45(グレー)×3 本 柱側 CPQ-75(ブルー)×3 本 土台(横架材)側

床合板

ライトコーナー 合板タイプ 横架材 横架材

接合金物の詳細マニュアル

t1.6

30 ㎜ まで対応

床合板

※床合板 30mmまで

土台(横架材)側 YB-85(3本)

施工方法

本体の 柱 と刻印があるほうを柱側にして、付属ビスで留め付けます。 材  質 表面処理

法規格

ZAM ® ※(MSM-HC-DZC90 もしくは M SM-CC-DZC90) 溶融亜鉛 -6%アルミニウム -3%マグネシウム合金めっき鋼板

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(は)該当 中柱型合板なし(財)建材試験センター品質性能試験第 07A2647 号

試験機関 中柱型合板あり ハウスプラス確認検査(株)HP05-KT046

隅柱型合板あり(財)建材試験センター品質性能試験第 09A2358 号 中柱型合板なし 短期基準接合引張耐力 6.2kN 耐力

1.1 以下

中柱型合板あり 短期基準接合引張耐力 5.6kN N 値

1.0 以下

隅柱型合板あり 短期基準接合引張耐力 6.9kN

1.3 以下

施工方法

本体の 柱 と刻印があるほうを柱側にして、付属ビスで留め付けます。 材  質 表面処理

ZAM ® ※(MSM-HC-DZC90 もしくは MSM-CC-DZC90) 溶融亜鉛 -6%アルミニウム -3%マグネシウム合金めっき鋼板

法規格

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(は)該当

試験機関

耐力

中柱型 ハウスプラス確認検査(株)HP11-KT011 隅柱型 ハウスプラス確認検査(株)HP11-KT013 中柱型 短期基準接合引張耐力 6.0kN 隅柱型 短期基準接合引張耐力 5.9kN

N値

1.1 以下 1.1 以下

159

ガイドブック4号-140-183-詳細マニュアル.indd 159

12/03/16 11:34


告示 1460 号 第 2 号 ( は ) カナイ

デフコーナー 90(床合板仕様)

カナイ

ニュー皿ビスコーナー75

t=2.3

[柱側] YA-S45 4本

35 45

[柱側] YS-C55 3本

50

30

接合金物の詳細マニュアル

t=1.6

[横架材側] YA-S75 5本

115 65

[横架材側] YS-C90 3本

45

リブ

取付け例

ニュー皿ビスコーナー75

35

50

ビス柱側 YS-C55(3本)

床合板

30mmまで 対応 床合板

ビス横架材側 YS-C90(3本)

30mmまで対応 横架材 基礎

横架材

皿ビス 柱 側 YA-S45 (4本) 横架材側 YA-S75 (5本)

施工方法

①本体を床合板の上端と柱側面の接合部に 柱 の刻印のあるほうを柱側にし て位置を合わせます。 ② 専用 角ビットビス YS-C90 を横 架 材側 に 3 本、専用 角ビットビス YSC55 を柱側に 3 本留め付けてください。 材  質 表面処理

法規格

NFG550F 1.6t Z27

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(は)該当

試験機関 中柱型(財)建材試験センター品質性能試験第 11A0300 号 耐力

中柱型 短期基準引張耐力 7.2kN

施工方法

①本体を床合板上端と柱側面の接合部に位置を合わせます。 ②専用ビスを柱側と床合板側に留め本体を取付けます。 材  質 表面処理

法規格

JIS G3302 SGHC 2.3t Z27

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(は)該当

試験機関 (財)建材試験センター品質性能試験第 02A1455 号 耐力

短期基準接合引張耐力 6.0kN

N値

1.1 以下

160

ガイドブック4号-140-183-詳細マニュアル.indd 160

12/03/26 9:07


告示 1460 号 第 2 号 ( は )

スリムビルトコーナー75

カナイ

ビルトコーナーⅡ 75

カナイ

[柱側] YA-S45 3本

30

30 28.4

30

t=1.0

35

横架材側] YA-S75 5本

80

77

26

取付け例

取付け例

ビルトコーナーⅡ75 柱側 皿ビス YA-S45(3 本 )

接合金物の詳細マニュアル

[横架材側] YA-S75 3本

[柱側] YA-S45 4本

26

t=1.6

70

70

77

30mmまで対応

30mmまで対応

床合板 床合板

横架材側 皿ビス YA-S75(3 本 )

横架材

横架材

基礎 皿ビス 柱 側 YA-S45 (4本) 横架材側 YA-S75 (5本)

施工方法

①本体を床合板上端と柱側面の接合部に位置を合わせます。 ②専用ビスを柱側と床合板側に留め本体を取付けます。 材  質 表面処理

法規格 試験機関

耐力

施工方法

JIS G3302 SGHC 1.6t Z27

①本体を床合板上端と柱側面の接合部に位置を合わせます。 ②専用ビスを柱側と床合板側に留め本体を取付けます。

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(は)該当 合板あり ハウスプラス住宅保証(株)HP05-KT019 合板なし ハウスプラス住宅保証(株)HP07-KT051 合板あり 短期基準接合引張耐力 5.2kN 合板なし 短期基準接合引張耐力 5.1kN

N値

1.0 以下 1.0 以下

材  質 表面処理

法規格

JIS G4305 SUS430 1.0t 2B 材(生地)

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(は)該当

試験機関 ハウスプラス住宅保証(株)HP05-KT021 耐力

短期基準接合引張耐力 6.1kN

N値

1.1 以下

161

ガイドブック4号-140-183-詳細マニュアル.indd 161

12/03/16 11:34


告示 1460 号 第 2 号 ( は ) カナイ

チビフリーダムコーナー

クリヤマ

R5

クリコーナーⅢ + KCN Ⅲ +

45

7

2.3

25.3

7-φ5.4

30

t=2.3

80

接合金物の詳細マニュアル

R5

7

R5.4

[柱側] YD-HS75 2本 25.3

55

45

クリコーナーⅢ+ KCNⅢ+

クリ平頭ビス 5×75 柱側 3 本

横架材

30mmまで対応

クリ平頭ビス 5×75 横架材側 4 本

床合板

クリ平頭ビス 5×75 柱側 3 本 横架材 基礎

施工方法

横架材

床合板

注意事項

ビスは必要以上に締め付けないでください。材料の繊維を壊すほど締め付 けますと所定の耐力が発揮されません。

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(は)該当 短期基準接合引張耐力 5.1kN

クリコーナーⅢ+ KCNⅢ+ (床合板 30mm 対応) クリ平頭ビス 5×75 横架材側 4 本

施工方法

専用ビスクリ平頭ビスを柱側に 3 本、土台・横架材に 4 本留め付けてください。 材  質 表面処理

法規格

JIS G3302 SGHC 2.3t Z27

試験機関 ハウスプラス住宅保証(株)HP06-KT015 耐力

六角ビス 柱 側 YD-HS75 (2本) 横架材側 YD-HS90 (2本)

①本体を床合板の上端と柱側面の接合部に金物上部が切り欠いてある方を 柱側にして位置を合わせます。 ②専用ビスを柱側と横架材側に留め本体を取付けます。

法規格

R5

[横架材側] YD-HS90 2本

取付け例

材  質 表面処理

クリ平頭ビス 5 × 75 7本

2.3

52.3

チビフリーダムコーナー

35.7

R5

N値

1.0 以下

試験機関

耐力

JIS G 3302 溶融亜鉛めっき鋼板及び鋼帯 SGHC 相当 JIS G 3302 溶融 Z27

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(は)(に)該当 合板なし(財)建材試験センター品質性能試験第 10A3211 合板あり(財)建材試験センター品質性能試験第 10A3212 合板なし 短期基準引張耐力 8.0kN (に) 合板あり 短期基準引張耐力 7.4kN(は)

N値

1.5 以下 1.3 以下

162

ガイドブック4号-140-183-詳細マニュアル.indd 162

12/03/16 11:34


告示 1460 号 第 2 号 ( は ) クリヤマ

チビクリⅡ(床合板)

[柱側] クリ平頭ビス 5 × 45 3本

30 R5 R5

クリヤマ

R5

R5 65 46

1.6

30

19

6-φ5.4

[横架材側] クリ平頭ビス 5 × 75 3本

R5 65 46

R4

R4

取付け例

取付け例

クリ平頭ビス 5×45 柱側 3 本

クリ平頭ビス 柱側 5×45(3本) チビクリⅡ CKⅡ

枠材(30mmまで)

N75 くぎを 150mm 間隔(ちどり)で 平打ち

床合板

チビクリⅡCKⅡ クリ平頭ビス 5×75 横架材側 3 本

施工方法

施工方法

専用ビスクリ平頭ビス(5 × 45)を柱側に 3 本、専用ビスクリ平頭ビス(5 × 75)を横架材側に 3 本留め付けてください。 JIS G 3302 溶融亜鉛めっき鋼板及び鋼帯 SGHC 相当 JIS G 3302 溶融 Z27

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(は)該当 短期基準引張耐力 6.9kN

N値

専用ビスクリ平頭ビス(5 × 45)を柱側に 3 本、専用ビスクリ平頭ビス(5 × 75)を横架材側に 3 本留め付けてください。 材  質 表面処理

試験機関 (財)建材試験センター 品質性能試験第 08A1816 号 耐力

横架材

横架材

(床合板30mm)

法規格

クリ平頭ビス 横架材側 5×75(3本)

材  質 表面処理

[横架材側] クリ平頭ビス 5 × 75 3本

接合金物の詳細マニュアル

19

6-φ5.4

[柱側] クリ平頭ビス 5 × 45 3本

30

R5

1.6

30

チビクリⅡ(枠材仕様)

1.3 以下

法規格

JIS G 3302 溶融亜鉛めっき鋼板及び鋼帯 SGHC 相当 JIS G 3302 溶融 Z27

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(は)該当

試験機関 (財)建材試験センター 品質性能試験第 09A3213 号 耐力

短期基準引張耐力 6.2kN

N値

1.1 以下

163

ガイドブック4号-140-183-詳細マニュアル.indd 163

12/03/16 11:34


羽子板タイプ

165P 〜

プレートタイプ

171P 〜

164

ガイドブック4号-140-183-詳細マニュアル.indd 164

12/03/16 11:34


告示 1460 号 第 2 号 ( に )

羽子板タイプ

ビスどめ羽子板<匠>

タナカ

腰高羽子板<匠>

タナカ

L=280・L=310

L=280・L=310 D15A01-01

S10A02-10

M12 六角ナット 1個

M12 六角ナット 1個

130

280・310

φ 6.0

ラグスクリューボルト 6 × 65 1 本

40

テーパー リングスク リュー釘 75mm 4本

ラグスクリューボルト穴 130 22

22

3.2

280・310

取付け例

取付け例

接合金物の詳細マニュアル

TBA-65D 4本

40

横架材

横架材

腰高羽子板<匠>

ビスどめ羽子板<匠>

施工方法

①ビスどめ羽子板<匠>の板部を専用角ビットビス TBA-65D(4 本)で、留 め付けてください。 ②ビスどめ羽子板<匠>のボルト部を座金を介してナットで締め付けてくだ さい。 材  質 表面処理

法規格

板  部:JIS G 3131(熱間圧延軟鋼板及び鋼帯)SPHC ボルト部:JIS B 1180(強度区分 4.6 を満足する炭素鋼) JIS H 8610(電気亜鉛めっき)2 級 Ep-Fe/Zn 5/CM2 C

表面処理

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(に)該当 短期許容引張耐力 8.0kN

N値

①腰高羽子板<匠>の板部をラグスクリューボルト(6 × 65)及びテーパー リングスクリュー釘(75mm)で、留め付けてください。 ②腰高羽子板<匠>のボルト部を座金を介してナットで締め付けてください 材  質

認定機関 (財)日本住宅・木材技術センター 性能認定 耐力

施工方法

法規格

板  部:JIS G 3131(熱間圧延軟鋼板及び鋼帯)SPHC ボルト部:JIS B 1180(強度区分 4.6 を満足する炭素鋼) JIS H 8610(電気亜鉛めっき)2 級 Ep-Fe/Zn 5/CM2 C

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(に)該当

認定機関 (財)日本住宅・木材技術センター Z マーク金物(SB-E2)同等認定

1.5 以下

耐力

許容耐力一覧表 312 頁を参照

N値

1.4 以下

165

ガイドブック4号-140-183-詳細マニュアル.indd 165

12/03/16 11:34


告示 1460 号 第 2 号 ( に )

新腰高羽子板 釘孔付

タナカ

D15A05-08

新腰高羽子板 釘孔なし

タナカ

D15A01-03

M12 六角ナット 1個

M12 六角ナット 1個 仮どめ用釘穴付き

100

280・310・340・400

100

40

280・310・340・400

40

接合金物の詳細マニュアル

25

255・285・315・375

25

t=3.2

22

22

255・285・315・375

t=3.2

280・310・340・400

取付け例

280・310・340・400

取付け例

M12六角ナット

M12六角ナット 座金

座金 横架材

横架材

に 柱

座金

新腰高羽子板 釘穴付

横架材

横架材

材  質 表面処理

法規格

板  部:JIS G 3131(熱間圧延軟鋼板及び鋼帯)SPHC ボルト部:JIS B 1180(強度区分 4.6 を満足する炭素鋼) JIS H 8610(電気亜鉛めっき)2 級 Ep-Fe/Zn 5/CM2 C

材  質 表面処理

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(に)該当

認定機関 (財)日本住宅・木材技術センター Z マーク金物(SB-E2)同等認定 耐力

許容耐力一覧表 312 頁を参照

新腰高羽子板 釘穴なし

N値

1.4 以下

法規格

板  部:JIS G 3131(熱間圧延軟鋼板及び鋼帯)SPHC ボルト部:JIS B 1180(強度区分 4.6 を満足する炭素鋼) JIS H 8610(電気亜鉛めっき)2 級 Ep-Fe/Zn 5/CM2 C

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(に)該当

認定機関 (財)日本住宅・木材技術センター Z マーク金物(SB-E2)同等認定 耐力

許容耐力一覧表 312 頁を参照

N値

1.4 以下

166

ガイドブック4号-140-183-詳細マニュアル.indd 166

12/03/16 11:34


告示 1460 号 第 2 号 ( に )

新腰高羽子板 255 <あんしん>

タナカ

D15A01-04

W 羽根 U

タナカ

D15A02-06

M12 用 平ワッシャー 1枚 280

100

60

40

40

52.7 255

4.5

45

3.2 22

25

100 35

接合金物の詳細マニュアル

25

40

φ14

14

40

3.2

280

取付け例 取付け例

[柱と横架材の接合例] 横架材

柱 柱 M12用平ワッシャー

六角ボルト M12

横架材 SW付き座金 またはZ同等品

SW付き座金 またはZ同等品

六角ナットM12

梁 梁

施工方法

六角ボルト M12

[横架材の引寄せ接合例]

①新腰高羽子板あんしんを使用箇所に配置し、六角ボルト M12(別売品) に付属している六角ナットを新腰高羽子板あんしん本体に使用します。 ②新腰高羽子板あんしんの板部のネジ山に閂ボルトを締め付けた後に、新腰 高羽子板あんしんを引き寄せてください。 材  質 表面処理

法規格

板  部:JIS G 3131(熱間圧延軟鋼板及び鋼帯)SPHC ボルト部:JIS B 1180(強度区分 4.6 を満足する炭素鋼) JIS H 8610(電気亜鉛めっき)2 級 Ep-Fe/Zn 5/CM2 C

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(に)該当 許容耐力一覧表 312 頁を参照

N値

施工方法

①板部に閂ボルトを差し込み、座金を介してナットで締め付けてください。 ②本体にボルトを通し、平ワッシャーを介してナットで締め付けてください。 材  質 表面処理

認定機関 (財)日本住宅・木材技術センター Z マーク金物(SB-E2)同等認定 耐力

[管柱相互の両引き接合例]

1.4 以下

法規格

JIS G 3131(熱間圧延軟鋼板及び鋼帯)SPHC JIS H 8610(電気亜鉛めっき)2 級 Ep-Fe/Zn 5/CM2 C

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(に)該当

認定機関 (財)日本住宅・木材技術センター Z マーク金物(SB-E2)同等認定 耐力

許容耐力一覧表 312 頁を参照

N値

1.4 以下

167

ガイドブック4号-140-183-詳細マニュアル.indd 167

12/03/16 11:34


告示 1460 号 第 2 号 ( に ) カネシン

レスビー羽子板ボルト

スリム羽子板ボルト

カネシン

D11B01-10

M12 六角ナット 1個

M12 六角ナット 1個 φ12.5

280 25

3.2t

120

50 内外

50内外

D

26.5

255

25.5

255 φ12.5

M12

280

27.3 22 3.2

60

25

185

65

a 視点

A' 30

A - A'

22

接合金物の詳細マニュアル

M12 A

バネ付丸座金

取付け例

取付け例 横架材

横架材

スリム羽子板ボルト

柱 六角ボルト

筋かい

横架材

横架材

レスビー羽子板ボルト 柱

施工方法

施工方法

①かんざし用のボルト穴に六角ボルトを差し込み木材と座金を介してナット 側で締め付けます。 ②本体のボルトを木材と座金を介してナットで締め付けます。 材  質 表面処理

法規格

JIS B 1180(六角ボルト)に規定する機械的性質の強度区分 4.6 に適合する炭素鋼 クロメートメッキ(JIS H 8610 2 種 2 級 Ep-Fe/Zn 5/CM2)

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(に)該当

試験機関 ハウスプラス確認検査(株)HP07-KT012 耐力

短期基準接合引張耐力 7.5kN

168

ガイドブック4号-140-183-詳細マニュアル.indd 168

N値

①かんざし用のボルト穴に六角ボルトを差し込み木材と座金を介してナット 側で締め付けます。 ②本体のボルトを木材と座金を介してナットで締め付けます。 材  質 表面処理

法規格

板  部:JIS G 3131 SPHC ボルト部:JIS B 1180 の強度区分 4.6 または 4T に適合する炭素鋼 クロメートメッキ(JIS H 8610 2 種 2 級 Ep-Fe/Zn 5/CM2)

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(に)該当

認定機関 (財)日本住宅・木材技術センター Z マーク金物(SB-E2)同等認定

1.4 以下

耐力

短期許容引張耐力 7.5kN

N値

1.4 以下

※ 1)本製品は同等認定品のため、認定対象製品羽子板ボルト(SB・E2)と同    じ耐力です。 ※2) (財)日本住宅・木材技術センター「木造軸組工法住宅の許容応力度設計」    表 2.4.4.1 より引用

12/03/16 11:34


告示 1460 号 第 2 号 ( に ) カネシン

エンボス羽子板ボルト

両引き羽子板金物

カネシン

D11B01-16

M12 六角ナット 1個 φ13.5

272 255

38

D

38

50内外

40

200

17 20

M12

20

130 80

25

φ13

22

25

接合金物の詳細マニュアル

35 92

25

3.2

6

φ30

38

6.4

φ12.5

ナット

取付け例

取付け例

横架材

M12六角ボルト

横架材 座金

ナット 柱

両引き羽子板金物

横架材

柱 横架材

エンボス羽子板ボルト

座金

施工方法

①かんざし用のボルト穴に六角ボルトを差し込み木材と座金を介してナット 側で締め付けます。 ②本体のボルトを木材と座金を介してナットで締め付けます。

表面処理

板  部:JIS G 3131 SPHC 同等以上 ボルト部:JIS B 1180 の強度区分 4.6 または 4T に適合する炭素鋼 クロメートメッキ(JIS H 86102 種 2 級 Ep-Fe/Zn 5/CM2)

法規格

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(に)該当

材  質

試験機関 (財)建材試験センター品質性能試験第 05A0285 号 耐力

短期基準接合引張耐力 7.6kN

N値

1.4 以下

施工方法

M12六角ボルト

使用用途に応じた長さの六角ボルト (M12)を本体 2 個または 1 個に通しナッ トで締め付けます。 材  質 表面処理

JIS G 3131 SPHC クロメートメッキ(JIS H 8610 2 種 2 級 Ep-Fe/Zn 5/CM2)

法規格

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(に)該当

認定機関 (財)日本住宅・木材技術センター Z マーク金物(SB-E2)同等認定 耐力

短期許容引張耐力 7.5kN

N値

1.4 以下

※ 1)本製品は同等認定品のため、認定対象製品羽子板ボルト(SB・E2)と同じ耐力です。 ※2) (財)日本住宅・木材技術センター「木造軸組工法住宅の許容応力度設計」表 2.4.4.1    より引用

169

ガイドブック4号-140-183-詳細マニュアル.indd 169

12/03/16 11:34


告示 1460 号 第 2 号 ( に )

L 型羽子板金物

カネシン

ワンレンチ羽子板ボルト

カナイ

L=280・L=310 D11A01-01

D12F07-02

M12 六角ナット 1個 13

130 25

80

13 25

40

D

20

φ 14

40 20

M12ねじ

25

30

20

255(285) 280(310)

3.2

40

22

49.45

接合金物の詳細マニュアル

190(220)

120

t=3.2

取付け例

280(310)

取付け例

ワンレンチ 羽子板ボルト

L 型羽子板金物

横架材 柱

柱 横架材

座金

横架材 横架材

スリム羽子板    ボルト

ワンレンチ 羽子板ボルト

施工方法

①ワンレンチ羽子板ボルトを使用箇所に配置します。 ②板部に角根ボルトを差し込み、座金を介してナットで締め付けます。 ③本体のボルト部を座金を介してナットで締め付けます。 注意事項

施工方法

使用用途に応じた長さの六角ボルト (M12)を本体 2 個または 1 個に通しナッ トで締め付けます。

ワンレンチ羽子板の場合、2 穴ともにボルトを通す必要はありません。 1 つの穴があいたままでも強度に影響はありませんのでご安心下さい。

材  質 表面処理

JIS G 3131 SPHC クロメートメッキ(JIS H 8610 2 種 2 級 Ep-Fe/Zn5/CM2)

材  質 表面処理

法規格

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(に)該当

法規格

認定機関 (財)日本住宅・木材技術センター Z マーク金物(SB-E2)同等認定 耐力

170

短期許容引張耐力 7.5kN

N値

1.4 以下

JIS G 3131 SPHC 3.2t JIS H8625 Ep-Fe/Zn 5/CM2

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(に)該当

認定機関 (財)日本住宅・木材技術センター Z マーク金物(SB-E2)同等認定 耐力

短期許容接合引張耐力 7.5kN

N値

1.4 以下

※ 1)本製品は同等認定品のため、認定対象製品羽子板ボルト(SB・E2)と同じ耐力です。 ※2) (財)日本住宅・木材技術センター「木造軸組工法住宅の許容応力度設計」表 2.4.4.1    より引用

ガイドブック4号-140-183-詳細マニュアル.indd 170

12/03/16 11:34


告示 1460 号 第 2 号 ( に )

プレートタイプ

棟梁羽子板

クリヤマ

タナカ

スリムプレート床合板仕様

D19A01-03

M12 六角ナット 1個 φ6.2

M12

15

40

R

130

55

4-φ6.2 L

25

L1

アーク溶接 3

L=280,310,340,370,400,430 L1=150,180,210,240,270,300

120

取付け例

120

[柱側] TBA-65D 4本

25

[横架材側] TB-101 (ブルー) 4本

取付け例

柱側 TBA-65D(4本)

接合金物の詳細マニュアル

t=3.2

120

コーチ スクリュー 6 × 65 4本

30

横架材

横 棟梁羽子板

M12

床合板 (厚さ35mm以下)

柱 横架材側 TB-101(ブルー)(4本)

施工方法

施工方法

①セットされているコーチスクリュー 4 本で締め付けてください。 ②一般の羽子板ボルトと同じ。材を引き寄せ固定します。

表面処理

板  部:JIS G 3131(熱間圧延軟鋼板及び鋼帯)SPHC ボルト部:JIS G 3505(軟鋼線材 SWRM8) JIS H 8610(クロメートメッキ)2 種 2 級 Ep-Fe/Zn 5/CM2

法規格

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(に)該当

材  質

認定機関 (財)日本住宅・木材技術センター Z マーク金物(SB-E2)同等認定 耐力

許容耐力一覧表 312 頁を参照

N値

1.4 以下

①本体を床合板の上端と柱側面の接合部に位置を合わせます。 ②専用角ビットビス TB-101(ブルー)を横架材に 4 本、専用角ビットビス TBA-65D を柱側に 4 本留め付けてください。 材  質 表面処理

JIS G 3302 溶融亜鉛めっき鋼板及び鋼帯 SGHC 又は SGCC 溶融亜鉛めっき鋼板(Z27)

法規格

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(に)該当

試験機関 (財)建材試験センター品質性能試験第 01A3046 号 耐力

短期基準引張耐力 8.3kN

N値

1.5 以下

171

ガイドブック4号-140-183-詳細マニュアル.indd 171

12/03/16 11:34


告示 1460 号 第 2 号 ( に ) タナカ

巾広短冊金物 SD 415

カネシン

DP-2 SUS 短ざく金物 420

TBA-45 10 本

CPQ-45 10 本

415

420 55

125

60

125

55

接合金物の詳細マニュアル

70

50 φ5.9

0.6

エンボス

柱 取付刻印線刻印線 を梁上端に合わせ て施工する

0.6t

φ6

取付け例

横架材

横架材

通し柱 梁せい 最大 180mm まで

胴差 柱

胴差 CPQ-45 柱

施工方法

専用角ビットビス TBA-45 (10本)で留め付けてください。

施工方法

注意事項

告示 1460 号第 2 号(に)に適合するのは上下階管柱を連結する時のみです。 材  質 表面処理

法規格

NSDC570:ZYXK18 [新日本製鐵(株)製] Zn-11% Al-3% Mg-0.2% Si 合金めっき鋼板「スーパーダイマ ®」

国土交通省 告示第 1460 号第二号(に)該当

認定機関 (財)日本住宅・木材技術センター 性能認定 依 15-34 耐力

短期基準耐力 7.7kN

172

ガイドブック4号-140-183-詳細マニュアル.indd 172

N値

1.4 以下

①軸組みの外壁仕上げの際金物厚で支障がある場合に使用します。 ②相互の木材に金物がバランスよく配置されるよう位置を確認し、付属のビ スでしっかりと留め付けてください。 材  質

NSS431DP-2(高強度複相組織ステンレス鋼)※

法規格

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(に)該当

試験機関 (財)建材試験センター品質性能試験受付第 05A1149 号 耐力

短期基準接合引張耐力 7.5kN

N値

1.4 以下

※「DP-2」は日新製鋼(株)が開発した高強度複相組織ステンレス鋼板の商品名です。

12/03/16 11:34


告示 1460 号 第 2 号 ( に ) カネシン

釘止め短ざく金物Ⅱ KS-420 Ⅱ

カネシン

DP-2 背割りプレート

30

FRN-55 10 本

エンボス

CPQ-45 8本

φ6

0.6t

34.1 65

420

φ5

エンボス

接合金物の詳細マニュアル

130

50 1.2 t

70

取付け例

取付け例 合板

柱 横架材

DP-2 背割りプレート FRN-55

横架材

基礎

施工方法

施工方法

本体の切起し爪で仮どめし、付属のリングネイルを打ち込みます。 材  質 表面処理

ZAM ® ※(MSM-CC-DA90) 溶融亜鉛 -6%アルミニウム -3%マグネシウム合金めっき鋼板

法規格

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(に)該当

試験機関 (財)建材試験センター品質性能試験第 05A0587 号 耐力

CPQ-45

短期基準接合引張耐力 8.0kN

N値

1.5 以下

※ 1) 「ZAM」は、日新製鋼株式会社の登録商標です。 2) 「ZAM」は、日新製鋼株式会社が開発した溶融亜鉛 Zn- アルミニウム AI- マグネシ   ウム Mg 合金めっき鋼板の商品名です。

ガイドブック4号-140-183-詳細マニュアル.indd 173

①本体の爪を柱と横架材の間に入れてください。 ②取付け位置が決まったら付属の専用ビスで本体を留め付けてください。 材  質

NSS431DP-2(高強度複相組織ステンレス鋼)※

法規格

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(に)該当

試験機関 (財)建材試験センター 品質性能試験第 06A2252 号 耐力

短期基準接合引張耐力 8.4kN

N値

1.5 以下

※「DP-2」は日新製鋼(株)が開発した高強度複相組織ステンレス鋼板の商品名です。

173

12/03/16 11:34


羽子板タイプ

175P ∼

プレートタイプ

180P ∼

コーナータイプ

183P ∼

174

ガイドブック4号-140-183-詳細マニュアル.indd 174

12/03/26 11:01


告示 1460 号 第 2 号 ( ほ )

羽子板タイプ

W 羽根 U ビスタイプ

タナカ

D15A05-04

S10A03-03

4.5 3.2

45

W 羽根 - Ⅱ

タナカ

3.2

25

25

100

25

φ5.5

φ14

φ6 40

14

14

接合金物の詳細マニュアル

TBA-65D 4本

3.2

40

130

52.7 3.2

22 40

40

20 40

取付け例

取付け例

M12用平ワッシャー

六角ボルト M12

六角ボルト M12

横架材

横架材

[柱と横架材の接合例]

施工方法

施工方法

①板部を専用角ビットビス TBA-65D(4 本)で留め付けてください。 ②本体にボルトを通し、平ワッシャーを介してナットで締め付けてください 材  質 表面処理

法規格

JIS G 3131(熱間圧延軟鋼板及び鋼帯)SPHC JIS H 8610(電気亜鉛めっき)2 級 Ep-Fe/Zn 5/CM2 C

材  質 表面処理

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(ほ)該当

認定機関 (財)日本住宅・木材技術センター性能認定 耐力

短期許容引張耐力 8.9kN

N値

①板部に閂ボルトを差し込み、座金を介してナットで締め付けてください。 ②本体にボルトを通し、ナットで締め付けてください。 ③釘穴にスクリュー釘 ZS50(別売品)を打ち込みます。

法規格

JIS G 3131(熱間圧延軟鋼板及び鋼帯)SPHC JIS H 8610(電気亜鉛めっき)2 級 Ep-Fe/Zn 5/CM2 C

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(ほ)該当

認定機関 (財)日本住宅・木材技術センター Z マーク金物(SB-E)同等認定

1.6 以下

耐力

許容耐力一覧表 312 頁を参照

N値

1.6 以下

175

ガイドブック4号-140-183-詳細マニュアル.indd 175

12/03/16 11:35


告示 1460 号 第 2 号 ( ほ )

W 羽子板ボルト - Ⅱ

タナカ

ウェルトⅡ

カネシン

D11B01-06

D15A05-04

M12 六角ナット 1個 280 25

255

25

130

45° φ12.4

40

M12

40

50内外

22

3.5

200

接合金物の詳細マニュアル

240 22

3.2 25

55

25

105

ナット

取付け例

横架材

取付け例

六角ボルト

M12

ナット

ウェルトⅡ

横架材

横架材

ウェルトⅡ

柱 (3.5∼4寸角)

[管柱相互の両引き接合例]

施工方法

施工方法

①板部に閂ボルトを差し込み、座金を介してナットで締め付けてください。 ②本体にボルトを通し、ナットで締め付けてください。 ③釘穴にスクリュー釘 ZS50(別売品)を打ち込みます。

表面処理

板  部:JIS G 3131(熱間圧延軟鋼板及び鋼帯)SPHC ボルト部:JIS B 1180(強度区分 4.6 を満足する炭素鋼) JIS H 8610(電気亜鉛めっき)2 級 Ep-Fe/Zn 5/CM2 C

法規格

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(ほ)該当

材  質

材  質 表面処理

認定機関 (財)日本住宅・木材技術センター Z マーク金物(SB-E)同等認定 耐力

許容耐力一覧表 312 頁を参照

176

ガイドブック4号-140-183-詳細マニュアル.indd 176

N値

①かんざし用のボルト穴に六角ボルトを差し込み木材と座金を介してナット 側で締め付けます。 ②本体のボルトを木材と座金を介してナットで締め付けます。

1.6 以下

法規格

板  部:JIS G 3131 SPHC ボルト部:JIS B 1180 の強度区分 4.6 または 4T に適合する炭素鋼 クロメートメッキ(JIS H 8610 2 種 2 級 Ep-Fe/Zn 5/CM2)

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(ほ)該当

認定機関 (財)日本住宅・木材技術センター Z マーク金物(SB-E)同等認定 耐力

短期許容引張耐力 8.50kN

N値

1.6 以下

※ 1)本製品は同等認定品のため、認定対象製品羽子板ボルト(SB・E2)と同じ耐力です。 ※2) (財)日本住宅・木材技術センター「木造軸組工法住宅の許容応力度設計」表 2.4.4.1    より引用

12/03/16 11:35


告示 1460 号 第 2 号 ( ほ )

メルト羽子板ボルト

カナイ

カナイ

シームレス両引き羽子板Ⅱ

M12 六角ナット 1個

113 18

95

285 255

30

16.5

33 27 22 t=4.8

φ13

t=4.3

65

接合金物の詳細マニュアル

26 M12

39

24

t=3.2

メルト羽子板ボルト 柱

取付け例

取付け例 梁 梁

横架材

シームレス両引き羽子板Ⅱ

横架材

メルト羽子板ボルト 柱

横架材

施工方法

施工方法

①メルト羽子板ボルトを使用箇所に配置します。 ②板部に閂ボルトを差し込み座金を介してナットで締め付けます。 ③本体のボルト部を座金に介してナットで締め付けます。 材  質 表面処理

法規格

JIS G3505 SWRM8 JIS H8610 Ep-Fe/Zn 5/CM2

材  質 表面処理

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(ほ)該当

試験機関 ハウスプラス住宅保証(株)HP05-KT023 耐力

短期基準接合引張耐力 9.6kN

①シームレス両引き羽子板Ⅱを使用箇所に配置します。 ②板部にボルトを差し込み座金を介してナットで締めてください。 ③本体にボルトを通し、ナットで締め付けてください。

N値

法規格

JIS G3134 SPFH 540 3.2t JIS H 8610 及び JIS H8625 Ep-Fe/Zn 5/CM2

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(ほ)該当

試験機関 ハウスプラス住宅保証(株)HP08-KT002

1.8 以下

耐力

短期基準接合引張耐力 9.3kN

N値

1.7 以下

177

ガイドブック4号-140-183-詳細マニュアル.indd 177

12/03/16 11:35


告示 1460 号 第 2 号 ( ほ )

棟梁羽子板Ⅱ

クリヤマ

万能羽子板

クリヤマ

D19A01-06

D19A01-05

M12 六角ナット 1個

M12

255 40

40 20

55

Φ12.2 90

φ12.7

25

4-φ6.2

R15

185

25

130

275

接合金物の詳細マニュアル

30 アーク溶接

3.2 6

コーチスクリュー 6 × 65 4本

アーク溶接 3.2

3

Φ15 Φ17

取付け例

取付け例

タイトニック

柱 横架材

柱 横架材 横架材

フラットボルト FB-M12

棟梁羽子板Ⅱ M12

フラットボルトFB-M12

横架材 横架材

施工方法

万能羽子板 M12

①セットされているコーチスクリュー 4 本で締め付けてください。 ②使用用途に応じた長さの六角ボルト(M12)を通し、材を引き寄せ固定し ます。

施工方法

一般の羽子板ボルトと同じ。材を引き寄せ固定します。

表面処理

板  部:JIS G 3131(熱間圧延軟鋼板及び鋼帯)SPHC ボルト部:JIS G 3505(軟鋼線材 SWRM8) JIS H 8610(クロメートメッキ)2 種 2 級 Ep-Fe/Zn 5/CM2

表面処理

板  部:JIS G 3131(熱間圧延軟鋼板及び鋼帯)SPHC パイプ部:JIS G 3542(配管用炭素鋼管 SGP) JIS H 8610(クロメートメッキ)2 種 2 級 Ep-Fe/Zn 5/CM2

法規格

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(ほ)該当

法規格

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(ほ)該当

材  質

認定機関 (財)日本住宅・木材技術センター Z マーク金物(SB-E)同等認定 耐力

許容耐力一覧表 312 頁を参照

N値

1.6 以下

材  質

認定機関 (財)日本住宅・木材技術センター Z マーク金物(SB-E)同等認定 耐力

許容耐力一覧表 312 頁を参照

N値

1.6 以下

178

ガイドブック4号-140-183-詳細マニュアル.indd 178

12/03/16 11:35


告示 1460 号 第 2 号 ( ほ )

万能羽子板Ⅱ

クリヤマ

LBS- Ⅱ 羽子板ボルト

晃和

D19A05-07

M12 六角ナット 1個

35

φ12.2

φ7

21.2

M12 × 60S

22.7

40

60

φ12.7 25

285

30

100

35

150

アーク溶接 3

3.2 φ15

26 φ 10.73

φ17 柱

取付け例

パネル

横架材

ホールダウンねじ 7 × 100 2本

取付け例

柱 フラットボルト FB-M12

フラットボルト FB-M12

横架材

接合金物の詳細マニュアル

130

R15

フラットボルト FB-M12 柱 柱

横架材

基礎

横架材

フラットボルト FB-M12 フラットボルト FB-M12

フラットボルト FB-M12

横架材 横架材

施工方法

万能羽子板Ⅱ M12

使用用途に応じた長さの六角ボルト (M12)を本体 2 個または 1 個に通し、ナッ トで締め付けます。

表面処理

板  部:JIS G 3131(熱間圧延軟鋼板及び鋼帯)SPHC パイプ部:JIS G 3542(配管用炭素鋼管 SGP) JIS H 8610(クロメートメッキ)2 種 2 級 Ep-Fe/Zn 5/CM2

法規格

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(ほ)該当

材  質

認定機関 (財)日本住宅・木材技術センター Z マーク金物(SB-E)同等認定 耐力

許容耐力一覧表 312 頁を参照

N値

1.6 以下

施工方法

羽子板ボルトの板部を専用ホールダウンねじ 2 本で留め付けてください。 材  質 表面処理

法規格

SS400 相当 BIK コート

国土交通省 告���第 1460 号第 2 号(ほ)該当

試験機関 (財)建材試験センター品質性能試験 第 07A0503 号 耐力

短期基準引張耐力  10.5kN

N値

179

ガイドブック4号-140-183-詳細マニュアル.indd 179

12/03/16 11:35


告示 1460 号 第 2 号 ( ほ )

プレートタイプ

巾広短ざく金物

タナカ

カネシン

DP-2 SUS 短ざく金物 330

角ビットビス用 D15A01-17

TBA-45 10 本

CPQ-45 10 本

330 55

70

80

60

80

55

接合金物の詳細マニュアル

50

235・335 エンボス

2.3

取付け例

φ6

0.6t

取付け例

柱 横架材

TBA-45(10本)

施工方法

施工方法

①本体の中心線を目安にして接合部に位置決めをします。 ②専用角ビットビス TBA-45 (10 本)で留め付けてください。 材  質 表面処理

JIS G 3302 溶融亜鉛めっき鋼板及び鋼帯 SGHC 又は SGCC 溶融亜鉛めっき鋼板(Z27)

法規格

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(ほ)該当

認定機関 (財)日本住宅・木材技術センター Z マーク金物(短ざく S)同等認定 耐力

許容耐力一覧表 312 頁を参照

180

ガイドブック4号-140-183-詳細マニュアル.indd 180

N値

1.6 以下

①軸組みの外壁仕上げの際金物厚で支障がある場合に使用します。 ②相互の木材に金物がバランスよく配置されるよう位置を確認し、付属のビ スでしっかりと留め付けてください。 材  質

NSS431DP-2(高強度複相組織ステンレス鋼)※

法規格

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(ほ)該当

試験機関 (財)建材試験センター品質性能試験受付第 05A1149 号 耐力

短期基準接合引張耐力 8.6kN

N値

1.6 以下

※「DP-2」は日新製鉄(株)が開発した高強度複相組織ステンレス鋼板の商品名です。

12/03/16 11:35


告示 1460 号 第 2 号 ( ほ ) カネシン

釘止め短ざく金物Ⅱ KS-330 Ⅱ

フラット短ざく金物

カネシン

D11A01-04

FRN-55 10 本

リングネイル FRN-55 2本

φ5

330

3.2t

L(L=300・360) 30

30

30

接合金物の詳細マニュアル

50

30 D

40

1.2t

エンボス

12.5穴- φ22.5皿穴

取付け例

取付け例

横架材

横架材

FRN-55

フラット角根ボルト ( 別売品 ) リングネイル FRN-55

フラット短ざく金物

施工方法 施工方法

本体の切起し爪で仮どめし、付属のリングネイルを打ち込みます。 材  質 表面処理

法規格

ZAM ® ※(MSM-CC-DA90) 溶融亜鉛 -6%アルミニウム -3%マグネシウム合金めっき鋼板

材  質 表面処理

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(ほ)該当

試験機関 (財)建材試験センター品質性能試験第 05A0587 号 耐力

短期基準接合引張耐力 9.9kN

N値

①本体の切起し爪で仮どめし、付属のリングネイルを打ち込みます。 ②使用材に応じた長さのフラット角根ボルトで接合します。 ③リングネイル FRN-55 を打ち込みます。

1.8 以下

法規格

JIS G 3302 SGHC 溶融亜鉛めっき鋼板(Z27)

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(ほ)該当

認定機関 (財)日本住宅・木材技術センター Z マーク金物(短ざく S)同等認定 耐力

短期許容引張耐力 8.50kN

N値

1.6 以下

※ 1)本製品は同等認定品のため、認定対象製品短ざく金物 (S)と同じ耐力です。 ※2) (財)日本住宅・木材技術センター「木造軸組工法住宅の許容応力度設計」    表 20 他より引用

ガイドブック4号-140-183-詳細マニュアル.indd 181

181

12/03/16 11:35


告示 1460 号 第 2 号 ( ほ )

沈み短ざく金物

カナイ

クリヤマ

クリ短ざく金物 SKS

D19A05-05

D12F07-06

四角穴付 ステンタピックス 5.5 × 45 16 本

16-φ5.5-φ10エンボス

R10

12.6 45

接合金物の詳細マニュアル

40

L1 t=3.2 300

L (L=300/330/360/390/420/450/480/510)

0.8

取付け例

L1

(L1=60/75/90/105/120/135/150/165)

取付け例

胴差

ほ クリ短ざく金物 SKS 沈み短ざく金物

横梁材 通し柱

角根平頭ボルトM12 (別売)

スクリューくぎ

施工方法

ZS50 (別売)

①沈み短ざく金物を接合部へバランス良く配置し 2 箇所をスクリュー釘にて 仮どめします。 ②本体のボルト穴に角根ボルトを差し込み座金を介してナットで締め付けま す。 ③スクリュー釘 ZS50 を打ち込みます。 注意事項

柱や横架材の大きさに応じた角根平頭ボルトを使用して下さい。 材  質 表面処理

法規格

JIS G3302 SGHC または SGCC 3.2t Z27

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(ほ)該当 短期許容引張耐力 8.5kN

施工方法

①使用箇所に応じたサイズを選んでお使いください。 ②製品のセンターを接合部に合わせ、専用ビスステンタピックス 16 本を留 め付け、本体を固定してください。 材  質

認定機関 (財)日本住宅・木材技術センター Z マーク金物(短ざく S)同等認定 耐力

N値

1.6 以下

法規格

JIS G 4305 冷間圧延ステンレス鋼板及び鋼帯 SUS304

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(ほ)該当

認定機関 (財)日本住宅・木材技術センター Z マーク金物(短ざく S)同等認定 耐力

許容耐力一覧表 312 頁を参照

N値

1.6 以下

182

ガイドブック4号-140-183-詳細マニュアル.indd 182

12/03/16 11:35


告示 1460 号 第 2 号 ( ほ )

コーナータイプ

タイシンコーナー

カナイ

40

YA-S45 12 本

24.5 t=4.5

40 3.2

フリーダムコーナー

カナイ

[柱 側] YD-N45 5本

25

30

119.5

120

120

リブ リブ

4.5

[横架材側] YD-N90 2本

24.5 40

取付け例

40

取付け例

接合金物の詳細マニュアル

115

フリーダムコーナー

タイシンコーナー

横架材

横架材

基礎 鍋ビス 柱側 YD-N45(5本) 横架材側 YD-N90(2本)

基礎 皿ビス 柱 側 YA-S45 (6本) 横架材側 YA-S45 (6本)

施工方法

材  質 表面処理

法規格

材  質 表面処理

JIS G 3302 SGHC または SGCC 3.2t Z27

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(ほ)該当

試験機関 (財)建材試験センター品質性能試験第 04A1383 号 耐力

短期基準接合引張耐力 8.5kN

施工方法

柱側に YD-N45 を 5 本で止め付け、横架材側に YD-N90 を 2 本で留め付 けてください。

①本体を横架材と柱側面の接合部に位置を合わせます。 ②専用ビスを柱側と横架材側に留め本体を取り付けます。

N値

1.6 以下

法規格

JIS G3302 SGHC または JIS・G3131 SPHC 4.5t デュラルコート

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(ほ)該当

試験機関 (財)建材試験センター品質性能試験第 01A3129 号 耐力

短期基準接合引張耐力 8.8kN

N値

1.6 以下

183

ガイドブック4号-140-183-詳細マニュアル.indd 183

12/03/16 11:35


コーナータイプ

185P ∼

床合板仕様タイプ

189P ∼

羽子板タイプ

194P ∼

プレートタイプ

198P ∼

ホールダウンタイプ

200P ∼

184

ガイドブック4号-184-219-詳細マニュアル.indd 184

12/03/16 13:04


告示 1460 号 第 2 号 ( へ )

コーナータイプ

ホールダウンコーナー10kN 用

タナカ

シナーコーナー

タナカ

S10A02-06

42

φ6.0 2.3

25

120

φ6.8

[柱側] TBA-65D 4本

120

60 φ 6.4 35

[横架材側] TB-101 (ブルー) 4本

取付け例 柱

柱側 TBA-65D(6本)

42

30

[横架材側] TB-101 (ブルー) 2本

取付け例

柱 柱側 TBA-65D(4本)

横架材

横架材側 TB-101(ブルー)(2本)

施工方法

施工方法

①本体を横架材と柱側面の接合部に位置を合わせます。 ②専用角ビットビス TB-101(ブルー)を横架材側に 4 本、専用角ビットビス TBA-65D を柱側に 6 本留め付けてください。

法規格

NSDHC:ZYXK18[新日本製鐵(株)製] Zn-11%AI-3%Mg-0.2%Si 合金めっき鋼板[スーパーダイマ ®]

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(へ)該当

認定機関 中柱型(財)日本住宅・木材技術センター 性能認定 試験機関 隅柱型 ハウスプラス確認検査(株)性能試験 HP08-KT031 耐力

横架材側 TB-101(ブルー)(4本)

材  質 表面処理

接合金物の詳細マニュアル

[柱側] TBA-65D 6本

90

中柱型 短期許容引張耐力 13.5kN 隅柱型 短期基準接合耐力 12.4kN

※「スーパーダイマ ®」は新日本製鐵(株)の登録商標です。

ガイドブック4号-184-219-詳細マニュアル.indd 185

N値

2.5 以下 2.3 以下

①本体を横架材と柱側面の接合部に位置を合わせます。 ②専用角ビットビス TB-101(ブルー)を横架材側に 2 本、専用角ビットビス TBA-65D を柱側に 4 本留め付けてください。 材  質 表面処理

法規格 試験機関

耐力

溶融亜鉛めっき高張力鋼板 JIS G 3302(Z27)相当

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(へ)該当 中柱型 ハウスプラス住宅保証(株)性能試験 HP07-KT004 隅柱型 ハウスプラス確認検査(株)性能試験 HP09-KT056 中柱型 短期基準接合耐力 11.6kN 隅柱型 短期基準接合耐力 11.7kN

N値

2.1 以下 2.2 以下

185

12/03/16 13:04


告示 1460 号 第 2 号 ( へ )

ハイパーコーナー

カネシン

ハイパースリム・Ⅱ

カネシン

30

65

φ6.3

t3.2

φ6

40

3.2

接合金物の詳細マニュアル

[柱側] HQ-65 5本

YPR-85 5本 110

φ6

100

[横架材側] HQ-100R 5本

取付け例

60

取付け例

YPR-85 柱側 3 本 横架材側 2 本

柱側 HQ-65(5本) ハイパースリム・Ⅱ

ハイパーコーナー 横架材

基礎

横架材

施工方法 土台(横架材)側 HQ-100R(5本)

本体の 柱 と刻印があるほうを柱側にして、付属ビスで接合します。

施工方法

本体の 柱 と刻印があるほうを柱側にして、付属ビスで留め付けます。 材  質 表面処理

法規格

法規格

JIS G 3302 SGHC 溶融亜鉛めっき鋼板(Z27)

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(へ)該当

試験機関 ハウスプラス住宅保証(株)HP05-KT026 耐力

短期基準接合引張耐力 10.0kN

186

ガイドブック4号-184-219-詳細マニュアル.indd 186

材  質 表面処理

N値

1.8 以下

試験機関

耐力

ZAM ® ※(MSM-HK400-DA90) 溶融亜鉛 -6%アルミニウム -3%マグネシウム合金めっき鋼板

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(へ)該当 中柱型 ハウスプラス確認検査(株)HP10-KT039 隅柱型 ハウスプラス確認検査(株)HP10-KT041 中柱型 短期基準接合引張耐力 10.9kN

N値

2.0 以下

隅柱型 短期基準接合引張耐力 10.4kN

N値

1.9 以下

※ 1) 「ZAM」は、日新製鋼株式会社の登録商標です。 2) 「ZAM」は、日新製鋼株式会社が開発した溶融亜鉛 Zn- アルミニウム AI- マグネ    シウム Mg 合金めっき鋼板の商品名です。

12/03/16 13:04


告示 1460 号 第 2 号 ( へ )

ホールドコーナー

カナイ

90

カナイ

フリーダムコーナー F-C10

t=1.0

46 25

t=6 t=1.0

30

40

115

100

100

接合金物の詳細マニュアル

YD-R60 13 本

115

リブ

t=6

90

25

取付け例

YD-N90 9本

46

取付け例

フリーダムコーナーF-C10 柱

ホールドコーナー

横架材 横架材 基礎 鍋ビス 柱 側 YD-N90 (5本) 横架材側 YD-N90 (4本)

基礎

ラッパビス 柱 側 YD-R60 (6本) 横架材側 YD-R60 (7本)

施工方法

①本体を横架材と柱側面の接合部に位置を合わせます。 ②専用ビスを柱側と横架材側に留め本体を取り付けます。 材  質 ステンレス SUS430 1.0t 表面処理 (2B 材)生地

法規格

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(へ)該当

試験機関 (財)建材試験センター品質性能試験第 01A3139 号 耐力

短期基準接合引張耐力 12.7kN

N値

2.3 以下

施工方法

①本体を横架材と柱側面の接合部に位置を合わせます。 ②専用ビスを柱側と横架材側に留め本体を取り付けます。 材  質 表面処理

JIS G3131 SPHC 6.0t デュラルコート

法規格

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(へ)該当

試験機関

耐力

中柱型(財)建材試験センター品質性能試験第 04A1036 号 隅柱型 ハウスプラス住宅保証(株)性能試験 HP06-KT003 中柱型 短期基準接合引張耐力 12.5kN 隅柱型 短期基準接合引張耐力 10.6kN

N値

2.3 以下 2.0 以下

187

ガイドブック4号-184-219-詳細マニュアル.indd 187

12/03/16 13:04


告示 1460 号 第 2 号 ( へ ) カナイ

デフコーナー(標準仕様)

クリヤマ

K10S Ⅱ

2 個使い

45

50

YS-C55 6本

R5

30

30

t=1.6

接合金物の詳細マニュアル

クリ 10 スリムコーナーⅡ

11.5 2.3

6- φ 7.4

【柱側】 四角穴付 クリスパイ ラルビス (7 × 65) 4本

57 65

110

18

2-R4

【横架材側】 四角穴付 クリ鍋ビス 7 × 90(S70) 2本

35

中柱型

11.5

45

取付け例

R6

取付け例 柱

ビス柱側YS-C55(3本) 横架材側YS-C55(3本) デフコーナー

クリスパイラルビス 7 × 65 柱側 4 本

入出隅型

柱 横架材

柱 クリ 10 スリムコーナーⅡ K10S Ⅱ デフコーナー

ビス柱側YS-C55(3本) 横架材側YS-C55(3本)

横架材 横架材

施工方法

クリ鍋ビス 7 × 90(S70) 横架材側 2 本

①本体の”柱”と刻印があるほうを柱側にして位置を合わせます。 ②専用ビスを柱側と横架材側に留め本体を取付けます。 注意事項

2 個使用の際は、ビスの干渉に注意して金物の位置をずらして施工してくだ さい。 材  質 表面処理

法規格 試験機関

耐力

NFG550F 1.6t Z27

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(へ)該当 中柱型(財)建材試験センター 11A0301 号 入出隅型 住宅構造研究所 中柱型 短期基準引張耐力 13.9kN 入出隅型 短期基準引張耐力 10.5kN

188

ガイドブック4号-184-219-詳細マニュアル.indd 188

施工方法

専用ビスクリスパイラルビス(7×65)を柱に 4 本、専用ビスクリ鍋ビス 7×90(S70)を横架材に 2本で留め付けてください。 材  質 表面処理

法規格

ZAM ®(MSM-HK400-DA 120 又は MSM-CK400-DA 120 Zn-6% AI-3% Mg

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(へ)

試験機関 (財)建材試験センター品質性能試験 09A0821 耐力

短期基準引張耐力 11.7kN

N値

2.2 以下

※ 1) 「ZAM」は、日新製鋼株式会社の登録商標です。 2) 「ZAM」は、日新製鋼株式会社が開発した溶融亜鉛 Zn- アルミニウム AI- マグネシウ    ム Mg 合金めっき鋼板の商品名です。

12/03/16 13:04


告示 1460 号 第 2 号 ( へ )

床合板仕様

ホールダウンコーナー床合板仕様Ⅱ

タナカ

シナーコーナー床合板仕様

タナカ

S10A08-01

42

35

φ 6.4 2.3

25

φ6.0

120 90

[柱側] TBA-65D 4本

φ6.8

120

35

60

42

取付け例

30

取付け例 柱 柱側 TBA-65D(6本)

柱側 TBA-65D(4本)

[横架材側] TBA-120D (ピンク) 2本

[横架材側] TBA-120D 横架材側 TBA-120D(4本) (ピンク) 4本

横架材

接合金物の詳細マニュアル

[柱側] TBA-65D 6本

横架材 床合板 (30mm厚以下)

床合板 (30mm厚以下)

横架材側 TBA-120D ( ピンク ) (2 本 )

施工方法

施工方法

①本体を横架材と柱側面の接合部に位置を合わせます。 ②専用角ビットビス TBA-120D(ピンク)を床横架材側に 4 本、専用角ビッ トビス TBA-65D を柱側に 6 本留め付けてください。 材  質 表面処理

法規格

NSDHC:ZYXK18[新日本製鐵(株)製] Zn-11%AI-3%Mg-0.2%Si 合金めっき鋼板[スーパーダイマ ®]

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(へ)該当

認定機関 中柱型(財)日本住宅・木材技術センター 性能認定 試験機関 隅柱型 ハウスプラス確認検査(株)性能試験 HP08-KT032 耐力

中柱型 短期許容引張耐力 11.5kN 隅柱型 短期基準接合耐力 12.7kN

※「スーパーダイマ ®」は新日本製鐵(株)の登録商標です。

ガイドブック4号-184-219-詳細マニュアル.indd 189

N値

2.1 以下 2.3 以下

①本体を床合板と柱側面の接合部に位置を合わせます。 ②専用角ビットビス TBA-120D(ピンク)を横架材側に 2 本、専用角ビット ビス TBA-65D を柱側に 4 本留め付けてください。 材  質 表面処理

法規格 試験機関

耐力

溶融亜鉛めっき高張力鋼板 JIS G 3302(Z27)相当

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(へ)該当 中柱型 ハウスプラス住宅保証(株)性能試験 HP07-KT011 隅柱型 ハウスプラス確認検査(株)性能試験 HP09-KT057 中柱型 短期基準接合耐力 10.7kN 隅柱型 短期基準接合耐力 12.7kN

N値

2.0 以下 2.3 以下

189

12/03/16 13:04


告示 1460 号 第 2 号 ( へ )

シナーコーナー枠材仕様

タナカ

リブコーナー合板タイプ

カネシン

※ 2 個使いの場合

40

42

2.3

Φ6

25

[柱側] YB-55 3本

30 t=2.3

接合金物の詳細マニュアル

φ6.8

Φ6 120

55

[横架材側] YB-85 3本 取付け例 ■ 対面の場合 42

30

取付け例

リブコーナー合板タイプ

2個使いすることで

10kN 用引き寄せ金物 (必要耐力10.0kN)

としてもご使用いただけます。 枠材(30mm厚以下)

TBA-120D (ピンク) 6本

柱側 TBA-120D(ピンク)(4本)

横架材

横架材

■(隅柱の場合)

床合板

柱 ※【ご注意】2個並列での ご使用はできません。

枠材または床合板 (30mm厚以下)

リブコーナー 合板タイプ

[ご注意] 本体どうしを近づけ すぎると、柱の中で ビスが干渉する恐れ があります。

※床合板 30mmまで

床合板

施工方法 横架材側 TBA-120D(ピンク)(2本)

本体の 柱 と刻印があるほうを柱側にして、付属ビスで留め付けます。 材  質 表面処理

施工方法

①本体を枠材の横架材側と柱側の接合部に位置を合わせます。 ②専用角ビットビス TBA-120D(ピンク)を横架材側に 2 本、柱側に 4 本 留め付けてください。 材  質 表面処理

法規格

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(へ)該当 短期基準接合耐力 10.7kN

190

ガイドブック4号-184-219-詳細マニュアル.indd 190

法規格

2 個使いの場合

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(へ)該当

試験機関 ハウスプラス確認検査(株)HP05-KT048

短期基準接合引張耐力 10.7kN

N値

2.0 以下

2 個使い隅柱(合板 30mm)

試験機関 ハウスプラス住宅保証(株)性能試験 HP07-KT029 耐力

2 個使い対面(合板 30mm)

耐力

溶融亜鉛めっき高張力鋼板 JIS G 3302(Z27)相当

ZAM ® ※(MSM-HC-DZC90 もしくは MSM-CC-DZC90) 溶融亜鉛 -6%アルミニウム -3%マグネシウム合金めっき鋼板

N値

2.0 以下

法規格

2 個使いの場合

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(へ)該当

試験機関 ハウスプラス確認検査(株)HP05-KT047 耐力

短期基準接合引張耐力 10.3kN

N値

1.9 以下

※ 1) 「ZAM」は、日新製鋼株式会社の登録商標です。 2) 「ZAM」は、日新製鋼株式会社が開発した溶融亜鉛 Zn- アルミニウム AI- マグネシウム     Mg 合金めっき鋼板の商品名です。

12/03/16 13:04


告示 1460 号 第 2 号 ( へ )

ハイパースリム・Ⅱ合板タイプ

カネシン

ホールドコーナー G

カナイ

床合板仕様

30

90

t=1.0 25

φ6.3

t3.2

t=1.0

40

110

100

100

[柱側] YPR-85 3本

リブ

60

取付け例

[横架材側] YD-R90 7本

90

25

取付け例

[横架材側] YPR-115 2本

柱側 YPR-85×3 本

接合金物の詳細マニュアル

[柱側] YD-R60 6本

土台(横架材)側 YPR-115×2 本

ホールドコーナーG

ハイパースリム・Ⅱ 合板タイプ 30mmまで対応

床合板 床合板 土台

30mm まで対応 横架材

基礎

基礎 ラッパビス 柱 側 YD-R60 (6本) 横架材側 YD-R90 (7本)

施工方法

本体の 柱 と刻印があるほうを柱側にして、付属ビスで留め付けます。 材  質 表面処理

法規格 試験機関

耐力

ZAM ® ※(MSM-HK400-DA90) 溶融亜鉛 -6%アルミニウム -3%マグネシウム合金めっき鋼板

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(へ)該当 中柱型 ハウスプラス確認検査(株)HP10-KT040 隅柱型 ハウスプラス確認検査(株)HP10-KT042 中柱型 短期基準接合引張耐力 10.8kN 隅柱型 短期基準接合引張耐力 10.0kN

N値

2.0 以下 1.8 以下

施工方法

①本体を床合板上端と柱側面の接合部に位置を合わせます。 ②専用ビスを柱側と床合板側に留め本体を取り付けます。 材  質 ステンレス SUS430 1.0t 表面処理 (2B 材)生地

法規格

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(へ)該当

試験機関 (財)建材試験センター品質性能試験第 02A1944 号 耐力

短期基準接合引張耐力 12.9kN

N値

2.4 以下

191

ガイドブック4号-184-219-詳細マニュアル.indd 191

12/03/16 13:04


告示 1460 号 第 2 号 ( へ ) カナイ

フリーダムコーナー120

カナイ

デフコーナー 90(床合板仕様)

2 個使い

床合板仕様

24.5

[柱側] YD-N45 5本

25

t=4.5

45

【柱側】 YS-C55 3本

接合金物の詳細マニュアル

30

t=1.6 115

119.5

65

【横架材側】 YS-C90 3本

24.5 45

取付け例

取付け例 柱

ビスYS-C55 柱側3本

[横架材側] YD-N120 2本

フリーダムコーナー120

デフコーナー90 床合板仕様

30mmまで対応

床合板

床合板

30mmまで対応 横架材

ビスYS-C90 横架材側3本

基礎

横架材 鍋ビス 柱 側 YD-N45 (5本) 横架材側 YD-N120 (2本)

施工方法

① L 曲げ長いプレートの方を柱側に短いプレートの方を横架材側にして使用 ②専用ビスで柱を横架材に留め付けます。 材  質 表面処理

法規格 試験機関

耐力

JIS G3302 SGHC または JIS G3131 SPHC 4.5t デュラルコート

床合板あり ハウスプラス住宅保証(株)HP03-KT011 床合板なし ハウスプラス住宅保証(株)HP05-KT024 床合板なし 短期基準接合引張耐力 13.9kN

N値

①本体を床合板の上端と柱側面の接合部に 柱 の刻印のあるほうを柱側にし て位置を合わせます。 ② 専用 角ビットビス YS-C90 を横 架 材側 に 3 本、専用 角ビットビス YSC55 を柱側に 3 本留め付けてください。 注意事項

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(へ)該当

床合板あり 短期基準接合引張耐力 10.7kN

施工方法

2.0 以下 2.6 以下

2 個使用する際は、ビスの干渉に注意して金物の位置をずらして下さい。 材  質 表面処理

法規格

NFG550F 1.6t Z27

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(へ)該当

試験機関 (財)建材試験センター品質性能試験第 11A0302 号 耐力

短期基準引張耐力 13.2kN

192

ガイドブック4号-184-219-詳細マニュアル.indd 192

12/03/16 13:04


告示 1460 号 第 2 号 ( へ )

クリ10 スリムコーナーⅡ

クリヤマ

クリヤマ

クリ 10 コーナー K10

床合板仕様

15

1.4

R

85 50

R5

30

11.5

4-φ7.6

2.3

80

110

18

2-R4

35

R

28

四角穴付 皿タピックス 7 × 90 9本

5-φ8.6

11.5 R6

取付け例

取付け例

クリスパイラルビス 7 × 65 柱側 4 本

【横架材側】 四角穴付 クリ鍋ビス (7 × 120) 2本

皿タピックス 7 × 90 柱側4本

接合金物の詳細マニュアル

【柱側】 四角穴付 クリスパイ ラルビス (7 × 65) 4本

57

5

6- φ 7.4

クリ 10 スリムコーナーⅡ K10S Ⅱ ( 床合板 30mm 対応 )

横架材 床合板 28mm 床合板 横架材

クリ10コーナー K10 皿タピックス 7 × 90 横架材側5本

クリ鍋ビス 7 × 120 横架材側 2 本

施工方法

施工方法

専用ビスクリスパイラルビス(7 × 65)を柱に 4 本、専用ビスクリ鍋ビス (7×120)を横架材に 2 本打ち込んでください。 材  質 表面処理

法規格

ZAM ®(MSM-HK400-DA 120 又は MSM-CK400-DA 120 Zn-6% AI-3% Mg

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(へ)

試験機関 (財)建材試験センター品質性能試験第 09A0822 号 耐力

短期基準引張耐力 12.0kN

N値

2.2 以下

専用ビス皿タピックスを柱側に 4 本、土台・横架材側に 5 本留め付けてくだ さい。 材  質 表面処理

JIS G 3113 SAPH440 相当 クロメートメッキ(JIS H 8610 2 種 2 級 Ep-Fe/Zn 5/CM2)

法規格

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(へ)該当

試験機関 (財)建材試験センター品質性能試験第 02A3876 号 耐力

短期基準引張耐力 11.7kN

※ 1) 「ZAM」は、日新製鋼株式会社の登録商標です。 2) 「ZAM」は、日新製鋼株式会社が開発した溶融亜鉛 Zn- アルミニウム AI- マグネシウム Mg 合金めっき鋼板の商品名です。

ガイドブック4号-184-219-詳細マニュアル.indd 193

N値

2.2 以下

193

12/03/16 13:04


告示 1460 号 第 2 号 ( へ )

羽子板タイプ

パイプ羽子板かくれんぼ

タナカ

ビス羽子板金物

カネシン

S10C05-01

70・100

φ6

40

5

ネジ山加工 M12

29.5

35 4

φ1

29.5

16

CPQ-75 5本

22

5

3.2

接合金物の詳細マニュアル

100

6.5

7

20

取付け例

取付け例 大入れ蟻掛け

パイプ羽子板 かくれんぼ

六角ボルトM12 40角座金叉はZ同等品

CPQ-75 座掘加工:穴径φ60 深さ25mm程度

横架材

横架材

横架材

M12六角ボルト

90mm以上

ビス羽子板金物

施工方法

①パイプ羽子板本体の穴は、梁材に対し、ボルトの長さに合わせて桁材の面 から 90mm 以上の位置にφ 30mm の穴をあけてください。 ②ボルト穴は、桁材から梁材に向かって水平に、パイプ羽子板本体 φ30mm の穴まで貫通させてください。 ③パイプ 羽子板本体をφ 30mm の穴に差し込み、ツメを使って調整して、 ボルト位置を合わせてください。 材  質 表面処理

法規格

JIS G 3131(熱間圧延軟板及び鋼帯)SPHC JIS H 8610(電気亜鉛めっき)2 級 Ep-Fe/Zn 5/CM2 D(グリーン)

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(へ)該当

認定機関 (財)日本住宅・木材技術センター性能認定 耐力

短期許容引張耐力 11.9kN

194

ガイドブック4号-184-219-詳細マニュアル.indd 194

N値

施工方法

①本体を付属のビスで留め付けます。 ②使用用途に応じた寸法の六角ボルトを通し、座金を介してナットで締め付 けます。 材  質 表面処理

JIS G 3131 SPHC クロメートメッキ(JIS H 8610 2 種 2 級 Ep-Fe/Zn5/CM2)

法規格

国土交通省 告示第 1460 号第 2 号(へ)該当

試験機関 (財)建材試験センター品