Page 1

04 Autmn 大西麻貴 /篠原明理

坂 手

16RA201 Yuki Ishii 石井 優希

横みち広場 と住まう 大きないえ

Big house Living with Side path common


01.CULUTURE 坂手に育まれてきた文化


01.CULUTURE 坂手に育まれてきた文化 01.CULUTURE 坂手に育まれてきた文化 半漁半農の暮らし

往来の盛んな寄港地

小豆島遍路による接待や善根宿 色々な話をする お遍路さん

山 forest

別府航路を往くフェリー

house

まめ

こども

小豆島遍路の第三霊場である観音寺があり、 かつてから町の中には接待の文化が強く 菜園

あった。

field 土産・宿・娯楽施設で栄えた表通り。

海賊業はやがて廻船業となり、多くの品々

この一歩裏では半農半漁の暮らしが広がっていた。

が坂手にやってくる

また、遍路さんに寝床を提供し風呂をかし

海 sea

たりする善根宿という民泊のような文化や、

中世以前より海賊が根城として生活の一時を坂手で過ごした

遍路さんは豆をくれることから子供は集ま

り、近世には船旅ブームの中、繁華街が生まれたりとどの時

り、話をしたりするようなこともあった。

代においても常に流動的な生活をする人たちが町にはいた。

食べ助けと隣組

内海漁のためのタテ道 坂手の現状 道構造の図

内海になっている坂手の湾は良質な 天然の漁場である。 Bさん家 庭 garden

漁業が盛んだったかつて、町の高台 の櫓から海を監視し、魚が来ると 鐘を鳴らし皆我先にと走って海に向 かったという。

坂手のタテ道は、産業の合理性に向

Aさん家

かって生まれた強い形式をもった空 間である。

風呂 bath

ごはん meal

Cさん家

凡例

古くより、 余った所領を他の人に分け与える”食べ助け”という文化があっ 既存タテ道

たり、

既存ヨコ道

" 隣組 " と呼ばれた小さな近所づきあいの中では、お風呂や食卓や庭を 行き来しながら過密の人口中、助け合いで暮らしていた


02.SITUATION 坂手の町で今だから考えられること。

02-1 過疎化に伴うベッドビレッジ化

02-2" 関係 " 住人の発生

02-3" 実質空き家 " の増加

医療サービス

教育・保育サービス

購買サービス

草壁地区

福祉サービス

B-3

B-5

B-2

B-6

安田地区

A-5 A-2

B-1

C-2 A-1

A-4 D-1 A-3

D-2

B-4 C-1

A-6

FUTURE

PAST

馬木地区

A-1 A-2 A-3

生まれてからずっと坂手にず っと住んでいる。 住んでいる家は父の代から のもの。 息子は島外に住んでいる。

A-7

長尾医院

仕事場も坂手

C-3

出歯科医院

・・・ ゼンリン住宅地図(2015)上で世帯主空白の住宅をプロット

ミナト接骨院

A-4

内海診療所

A-5

あきた歯科医院

A-6

牟礼病院

A-7

炭山歯科医院

B-1

星城小学校

B-2

星城幼稚園

B-3

せいけんじこども園

B-4

小豆島中学校

B-5

安田小学校

B-6

安田幼稚園

B-7

苗羽幼稚園

B-8

苗羽小学校

B-9

内海保育所

C-1

マルヨシセンター内海店

C-2

マルナカ内海店

C-3

せいけんじこども園

C-4

竹上商店

D-1

介護老人保健施設うちのみ1階

D-2

内海福祉会館

D-3

マリアの園特別養護老人ホーム

D-4

遊児老館

坂手の奥さん方。車も 乗らず、ずっと坂手の 中にいる人も

苗羽地区 B-7

島に嫁いできた

64

B-8

D-3

高松に家がある。毎日 フェリーに乗って坂手 に通勤している。

土 地 情 報 上 の 空 き家 数

+

B-9

253

進学を機に 島を離れる

務めに出ている旦那衆。 夕方に帰ると、 畑いじりなど をしたりしている。 一度島を出るも戻って来た。

土地内の未利用家

祭りの時はみ んなと一緒に 太鼓をかく

お祭りやイベントの時に来 て継続的に携わっている人。 小豆島で企画をして仕事す ることもある。

進学を機に 島を離れる

C-4

D-4

坂手地区

二拠点居住の人。 年間の半分を島で過ごしな がら働いている。

年に一度、墓参 りと家の掃除を しに里帰り

実家が空き家になり、 まれに 掃除をしたりしに帰ってくる 倅家族。 老後は島に帰ってくる予定。

α

土地内の未利用家


03.MASTERPLAN 町全部使って暮らす 6 本の

よこみち広場

03.MASTERPLAN 町全部使って暮らす 6 本の

よこみち広場

□空き地や空き家、塀の隙間を横断してつながる、既存の横道とは異なる環境

町全体を使って住むこれからの道構造

□迷路のような町の、多様な経路がつくる奥行きのある経験を強化する。

凡例 既存タテ道 既存ヨコ道 新規ヨコ道

□入りやすい場所が増え、町全体をめいいっぱい使えるようになる。

祭りのない時も周辺の空地と一体利用

裏にある未利用の母屋だけ町に解放

たくさんの行き止まりを同時に解消


04.ARCHITECTURAL PROPOSRAL  よこみち広場 " をつくる水屋

①分散にわをつくる雁行配置

②町のスケールに合わせた混構造

③町の環境が一体となって暮らす 屋根

オープンな " にわ " 小さな外 " にわ " 町の人がのんびり立ち寄る

④町全体を使って住むための水廻り

大きな場所が建築に囲われ、

S ラーメン像

大勢で内外一体で利用できる

光が入る

既存建物

ツバメの巣

TOILET BATH

軽量鉄骨造 在来木造柱 野良ねこ

KITCHEN

LAMDRY 料理上手なおじさん ギザギザな " にわ "  町の不整形な場所が囲ま れ、にわとして使う

既存のブロック塀

持ち寄られたベンチ

広場で飼われるヤギ 既存樹木


05.SITE PLAN ① 明神さま よこみち

1820

3640

910

2400

2730

2730

2730

2730

2730

2500

1510

2730 5000

1720

1800 2730

5000

1820

6370


05.SITE PLAN ② 共同駐車場よこみち

1871

2730

2730

2730

1720 3640

1800 2730

600 1820

3640

1820 1720

1820

1820


05.SITE PLAN ③ アンコよこみち

2275

3185

910

1820

1820

910

1820 2730

2730

2730 2730 1670

21

54

2730


05.SITE PLAN ④ お屋敷跡よこみち

2730

2730

1695

3640 1970

3640

800

2730

3640

7205 3640

3640

1820

750

2730

2730

2730

2730

2730

2730 1820

1820

1820

1820

1820

3185

910


05.SITE PLAN ⑤ 前栽よこみち

前栽広場


05.SITE PLAN ⑥ 参道沿いよこみち

5460

1820

4550

1820

2730

2730

2730

9218 0 20

1820

1820

1820

2730 1820

STUDIO BOOK / Onishi  

at SAKATE village in Shodoshima

STUDIO BOOK / Onishi  

at SAKATE village in Shodoshima

Advertisement