Page 1

P I L I N A Vol.

4


自身て例 分をみえ を守るば 大る。 見有 こ 切 方害 にとを物 すも変質 るでえや こきる国 とるとが でし今定 環、 無まめ 境駄でる に金買安 も っ全 優をて基 し使き準 くう たな なこ と物ど れものの る 基知 は減準識 ずるがを 。。 そ変増 しわや てりし

ネT友 スV人 マでか イ見ら ンた過 ドかお でらす そ?す の色め 商々さ 品あれ をるて 作が? っ一好 た度 か売き をりな 考手有 え側名 てが人 みどが るの使 価よっ て 値うた はなか あビら るジ? 。

な何 ぜか そを の買 商っ 品た を時 選な んぜ だそ のれ かを 一手 度に 考と えっ てた みの てか 欲。 多 しく いの 。商 品 か ら

おら日 客い本 さいが んも好 がのき 想をな い作こ でっと 繋て いろ がるは っ人作 て り いが手 る多 。いも とお 言客 うさ こん との 。こ 作と っを て思 いい るな 側が と

デと買 ア繋っ ががた 形っモ にてノ な手を っ元辿 てにっ 自残て 分るい のもく 手のと 元ば間 にか接 残り的 も る。 し 。そ れく はは 誰非 か間 の接 努 力的 に 、誰 ア イか

自自 然分 がを 与楽 えし てま くせ れて たく るれ モる ノモ とノ 繋を が考 っえ てた いと るき と、 言他 う人 考、 も えし 方く 。は

対テ人 しィは てブ繫 幸にが せ共り を感や 感の共 じで感 やきし する た く考時 なえに れ方価 るが値 はで観 ずきを 。れ感 ば よじ りる 多。 そ くこ ので こ、 とポ にジ


一イこ カンれ 所スを でピ呼 もレん 刺ーで 激シ頂 にョい なンた れに方 ば繋が 嬉が新 しるし いない でど見 す読方 。んや で

リ正 カ反 の対 時の とセ のイ 共カ 通ツ 点を をす 探る すこ よと うで にア なメ っ た 。

よ色 う々 にな な発 っ見 たや 新 し い 感 覚 が 芽 生 え る

をけ 結ど び気 付に けす てる くこ とと で 疑 問 が 湧 い て 点 と 点

も当 違た 和り 感前 もだ 持と た思 なっ かて っい たる こ と は 普 段 疑 問

新行 鮮く に場 思所 えに るよ 出っ 来て 事当 がた 多り か前 っが た異 。な り そ れ が

セ静 イ岡 カ県 ツ浜 環松 境市 が漁 変師 わ町 っに た 。引 越 し 山 か ら 海

ア メ リ カ コ ロ ラ ド 州 で の 山 暮 ら し か ら


震 災 を 忘 れ な い 。 意根自 味本分 が的に 見なと つ暖っ かかて りみ意 、、味 満優の 足しあ 度さる の、人 高思生 いいに こやす とりる がをた で持め きつに るこは 。と、 で人 生間 きの る

育め誰豊人 つにもに生 環生生生を 境ままき豊 やれれるに 、てたとす 出き い 来た時うる 事人問事と のは題はい 受いをポう けな起ジ事 取いこテは り。しィ何 方 たブな の で りでか 、 価 他な? 値 人け 観 をれ が 傷ば 変 つな 化 けら す るな る たい 。 。

例 え ば 個 人 の 場 合 、 価 値 の あ る 人 生 と は 何 か ?

いここ っとれ ただは か。規 が結模 重果の 要よ大 だりき とそい 感こ課 じま題 るでか 。のら 道 の個 り人 をの ど悩 うみ 乗ま りで も 越い ええ てる

取変なあ来見前複 り化いっるつに雑 て め一な 組を。 そも。 例 め起れ える次問 自 こ的題 るこで 。せも分行となが る変で動で課増 人え変によ題え にたえ移りにた まいれしシス今 でとなてンポ、 成思こ変プッ今 長いとえルト以 なラ上 すがはる こ ス るあ と答イの これトのえト問 とばレでをを題 で自スき見当に 気分をなつて頭 にを感いけルを な磨じもるー悩 るいるの事ツま 課て必ががをす 題 要 出 に も


東 北 の 課 題 と 結 び 付 け て

普 段 の 生 活 の 課 題 を 考 え なそ くれ 自は 分、 他 な人 りや の 考メ えデ ィ をア 持含 つめ こ考 と がえ 大方 事に 流 ださ とれ 感る じの たで 。は

そ し て 、 ダ メ な の は 何 も し な い こ と 。

左た時日 右よ間が さうが経 れに少つ るもなに 事思くつ はえなれ 避るっ震 けよた災 関 たう。 見連 いにな となくの 強っなニ ュ くたっー 感。 テたス じレ分が たビ問 T 。で題 V 流がで れ薄流 るれれ 回てる 数き に

だ が あ の 時 の 気 持 ち が 少 し 薄 れ て き た 気 が す る 。

そ れ は 地 震 大 国 に 住 ん で い る 以 上 、 い つ ど こ に い て も 自 分 に も 起 き て も お か し く な い と 思 い が あ っ た か ら だ 。

換に例 え見え れえば るた、 思。震 い隣災 ににで な住ご っん家 たで族 。いを る無 おく 父さ され んた でお あ父 りさ 、ん 自 分が のニ 友ュ 人ー のス おに 出 父て さい んた で時 も、 あそ りの 、お 自父 分さ のん おは 父み さん んな にの もお 置父 きさ ん

ま た 普 段 は 共 感 を 持 た な い よ う な 人 と 繫 が る こ と も で き た 。

な震 っ災 たに 。よ 震 災り 以普 前段 に、 目 もに 同止 じま 課ら 題な がい あよ っう たな かこ もと しが れ気 なに いな がっ 気た づり く、 こ今 とま でで 行思 動わ にな 移か せっ るた き事 っが か気 けに をな 与る えよ てう くに れ た 。

震 災 が く れ た 共 感

東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 災 害 で 被 災 さ れ た 方 々 に は 、 心 よ り お 見 舞 い 申 し 上 げ ま す 。


ARTIST: Y.TAKUYA

普 段 の C M が 流 れ な か っ た 疑 問

も手売 あにり りと手 、るの 環価ビ 境値ジ へ ネ のは 負あス 担るマ イ を。 こン 減れド らはを せ自一 る分度 。の考 身え をて 守か るら こ商 と品 でを

る人 たは め情 選報 択の を中 すか るら 。自 分 の 価 値 観 で 幸 せ を 手 に 入 れ

利視 益聴 を者 上が げ思 れっ るて 事い をる 知以 っ上 てに い情 る報 。を 与 え る 事 に よ っ て

で買ス 負っポ 担たン をモサ かノー けのの る中ビ モにジ ノはネ が自ス 増分マ えのイ てカン いラド るダが 。、 そ大 し事 て、 C 地M 球を に見 まて

たたスス めめポポ ににンン つおササ い金ーー やはがが し必企あ て要業る いなじこ る ゃと 。い がなで 、い番 自の組 分がが のN成 時Hり 間K立 を。っ C テて Mレい をビる 見視。 唯 るる一

なT いV とを 言見 うる 思時 い、 に民 な間 っ放 た送 。は タ ダ で 見 て い る わ け で は

のの震 よな災 うい後 にC、 見Mテ てだレ いけビ たがか C 流ら Mれ流 にたれ 疑。る 問そニ をこュ ー 持で ス 、 つ今の よま間 うでに に当見 なたた っりこ た前と 。


目ま にる 見で え新 なし いい 人世 と界 繋で がも り見 をつ 感け じた たよ 。う な 新 感 覚 で

を前セ 見をイ た疑カ 感問ツ じには がし今 ま し、 考 た で と 。え る何 だも け変 でわ 新ら しな いい 視の 点に で当 物た 事り

そ れ で 色 々 な 人 と 繋 が っ て い る よ う に 思 え た 。

よすお うる店 や人で くが並 自いん 分てで の、 誰い 手かる 元が商 に搬品 届入は いし誰 て か いてが る、 店商 こ員品 とがを を並考 実べえ 感て、 し、開 た 発 。

今 ま で 当 た り 前 だ っ た こ と が 変 わ っ た 。

レ ッ ド ブ ル が な い ・ ・ ・

で認もる新 見識なこし えすいとい なる当。 見 かだた特 方 っけりにを たで前新す こも過しる とのぎいこ がのてこと 浮見気とは か方にをお びやもし金 上新しな いを がしなとか っいかいけ て考っ くえたけな る方こなく いて 、とわも 今をけで ま でき

当 た り 前 を 疑 問 に す る 考 え

しそ 、れ 目は に当 と また るり こ前 と過 がぎ なて か今 っま たで 。考 え も し な か っ た

が例 当え たば りコ 前ン 。ビ ニ に は 常 に 商 品 が 並 ん で い る こ と

商だ 品が が震 並災 ん後 で東 い京 なに い出 光張 景に を行 見っ てた シ時 ョ、 ッコ クン をビ 受ニ けに た 。


ちし我 セみ々 イをの カ避カ ツけラ し、ダ て幸の いせ仕 るの組 。道は をみ 歩な み一 た緒 いで と、 思誰 いも をが 持苦

でを仕二と問 き広方次こ題 るめが的をの 。る変な探ル こわモしー とっノてツ でたのみを 新り見る掘 し、 方価り いおが値下 光互変はげ をい のわある 当経っるこ て験た。 と るやりそで こ 、れ共 交に とア イ流よ通 がデ っす の ア てる

大るてそえ今なして安 てをいかも定 切か、 先れ 、 か いし だ に、 自のっそ我もし し分事 れ慢 定いた てのをたがしし年と定 ら てれ後決年 み る為考今スきなにめを 。なえをトたい夢る迎 らるどレ 。 人 今なうス自理見。え をら楽に分想た る た ど次しなはのセ イ 今 め る 定 う世め カ 今 ま か 年 生代る ツ で も を きにの が は を る何かし無迎そ 犠 かを。れ えこ 牲 を残そな駄るに に にた し せしい 。思めは

引抜二 きけ次 金道的 にがな もな問 なか題 るっは 。た解 り決 し策 てが 時困 に は難 争だ いっ のた り 、

もが少 し変し れわマ なりイ い満ン 。足ド のシ 行フ くト セす イる カこ ツと にで 変見 わる る世 か界

は気 二に 次な 的っ なて 問い る 題こ だと っが た りあ っ すて るも 。こ れ ら

好価肌運生文 き値の命き化 嫌観色に方に いやに違に違 に考違い違い 違えいがいが い方があがあ がにあるある あ違るかるか るいかもかも かがもしもし もあしれしれ しるれなれな れかないない なもい い いし れ な い

言いった新 ううと。 例し 事経重えい の験要 モ 方つなばノ がんの目の 大でが標見 切ゴゴが方 だーー大の とルル事練 考によだ習 え近り ﹃とを づ す がいそ思 っ 変たこてる わのまいよ っかでたう た﹄どがに 。とうもな っ

﹃ マ イ ン ド シ フ ト ﹄

しと柔聞 て思軟く もう性耳 素ががを 直、ハ持 ッつ に知 ピ そっ てーこ うて と はもラと でいイの きざフ大 な行を切 か動おさ っにくと た移る受 。そ鍵け に うな入 とるれ る


がそ 極ん 端な に想 偏い っに て出 い会 るい よ今 うは にお 見金 えの て重 た要 。さ

さ何出確タ第 せか会かイ三 ておっに・ 国 く金たおバ リは れが現金・ま た最地がフだ 。優の足ィお リ 先人りピ金 は じ なンの ゃ多いに面 なく国遊で いのだ 裕 と笑っび福 い顔たにじ 行 うを。 けっゃ 気見れたな にたど時い 。 。

身る相 をの手 守かが る自ど こ分う とない にりう もにビ つ考ジ なえネ がてス る選マ 。択イ すン るド こで と語 でり 自か 分け のて い

物 を 買 う 時 に な ん で そ の 商 品 を 選 ん だ か 。

料利 C の益M コをに ス残も トす高 をたい 下めコ げにス るすト こるが と事か だとか 。はる 実。 そ 際こ にで 売使 るっ 商た 品コ のス 原ト 材に

て会 い社 るか 順ら に国 ラの ン基 キ準 ンを グ見 さる れと てお い る金 。を 持 っ

に短思におやバ も期えも金すブ 負的る付のマル 担な。 加価ネを を利お価値ー作 か益金値もゲり けをををコー、 は て追第付ロムじ 一 しい優けコはけ ま過先過ロ終、 っぎ ぎ変わそ ててに わるの い してるこ間 い る、 今て のとお 。はいるには金 よあ 環る 為うまなを 境にに い増 り。

るの商をの T コ環品考と V ス境をえ相か ト状売て手ら を態り T が流 引を込 V どれ いよむをうる てくの見い情 残すがるう報 っる目のマや たの はイ おが的大ン C M 金目、 企きドの が的業なで 多なは違情内 いら利い報容 ほ 益がをを ど売をあ流そ 利値上るしの 益かげ。てま がらて企いま 受 残あ 会業るけ る るゆ社はの かる 。

マなお ネい金 ーモと にノは み。 み な形 ん イの な エな が い ス 同 も と 意 言の っにし てどな いこい るかと 。し価 ら値 の

瞬存価き人 間在値てが に価観るお 価値はの金 値が凄かに 観生い?つ 数ぎ がま。 ビ字込 生れジ ま、ネやむ れ人ス紙思 るは ﹁やにい 。繫企過は が業ぎ凄 りはない そ や利い けの 共益ど共 感をお感 ﹂上金は を 感げにど じる対こ たこすか とるら で

お 金 こ そ 最 強 の 宗 教 ?

会 社 の 健 康 と 人 の 健 康 の 違 い


はと買 ず言い だう手 。こが 後とい ははな 消買け 費いれ 者手ば 次側売 第がる で企側 あ業の るをビ 。変ジ えネ るス 力が を成 持り っ立 てた いな るい 。

起の ﹃も利 きよ悪益 そり影だ う安響け だくをを 。﹄与最 のえ優 買て先 いしに 方ま一 をう人 考。歩 え企き 方業さ 直のせ す考る とえの 面もは 白、 ま人 いたに 現、も 象消環 が費境 者に

石はそ 油商れ や品は 科にビ 学使ジ 物用ネ 質すス をる的 使原に う材は こ料正 とを解 も抑か あえも るるし 。たれ めな にい 水が よコ りス 安ト い削 減

ま価増売利情社 で値えれ益が会 利がるるを売に 益あ。価生り出 をる人格む上て 優はをか為げか らにのら 先ず幸 になせ にコ存邪ビ すの近ス在魔ジ るにづトしにネ 企、 時かを、なス 業にせ削情るを も人る減をこ学 とぶ あのたす失 る幸めれっ てだと 。せにばもっ情 て を企すやあは 犠業るっる無 牲のほて。く に存どい会て し在利け社も て 益るはい が。 い 。

こさ選 のせ択 比てで 較くき 対れる 象そも がうの 何なの かも中 をのか 考をら て比、 よ え較り みし自 たな 。が分 らの セ 選イ んカ でツ いを る満 。 足

消 費 者 に 宿 る チ カ ラ


TO BE HAPPY WITH WHAT I HAVE

今マ のイ 考ン えド をを 狭ひ めろ るげ こる とこ でと 自で ら今 悩の み悩 をみ 作を る解 こ消 とす がる でこ きと るが 。で き る し

そ感よ我共我 うじう々感々 でるながをは あよ企今感繋 れう業何じが ばにのになる 彼なト価いた らっッ値人め のたプをは、 ま の 幸。 彼人感恥た せら じを とはにて感共 我共恥いじ感 々感をるるす のを感かこる 幸しじ再とこ せなな確もと のいい認なで 基人人すくセ 準じがる情イ がゃ多必にカ 根ない要動ツ に 本いとはか価 的か、 震あさ値 にと災るれを ず私後。な感 れは強大いじ が思く手人る あう の。。 る。 。

TO BE HAPPY OF WHO I AM


幸変幸 せえせ をてと 感み感 じるじ る る。 こ例ク とえセ だばを っ分つ てけけ で合た きうり るこ、 。と見 で方 もを

じ出 る来 か事 はに 自左 分右 でさ 決れ めず る自 こ分 とで が考 大え 切、 。何 を 信

すそはこもたま るのなれ隣りた こ価いがのも他 と値がい人すに い で観、 こ のる周 地ののと方。り 球生よかが自と にきう悪稼分比 ま方ないいが較 でが欲とでいし 負きはかいくて 荷りきいるら幸 と給 をのりっ て満料せ かながる を けいなつ足が感 て消くもし良じ い費、りなくる いて るを 。 。

け下幸をそ にげせ使れ なるのうは るこ感必新 。とじ要し で方もい もやな事 の二いを の次。す 見的まる 方なず必 をもは要 変の人も えかのな るら根く き掘本、 っり的大 か な金

満て給と現 足そ料感在 しのがじと な給上た過 く料が瞬去 なにっ間を る慣た幸比 。れ時せ較 、 さ喜やし 嬉て らび にをし、 今 給感さの を 料じ 方 る がが感が な、じい いやるい とが。

もを一程にそ自出 の向方度なの分来 の上、 戻り時に事 見さ受っ、喜主を て当ん導待 方せけ 取 でる したで権っ 大こりまるもがて きと方う前数ない くがを。の 年いる 自 増 こ 変で す。 分 や 宝 わき る と るるす の とくは 。。と 幸非じ受 幸幸 福 がけ せせ 感日当身 のの は常たに 感感 あがっな 情じ る日てり 常 は方

そたな幸 のとの福 時きかや によ考満 人りえ足 はいてを 嬉いみ感 し選たじ く択。 そる 思をれの っしはは たた ど りと何う 幸感かい せじとう をた比瞬 感時較間 じだし る。 。

な成 り功 、す 失 敗る こ をと すは る短 と期 悲的 しに み気 を 感持 じち るの 。向 上 に

幸 せ を 感 じ る 瞬 間 っ て い つ ?

色アを出 々プ柔来 なロ軟事 もーにに のチ変左 のをえ右 見変るさ 方えこれ がるとる 出こでよ 来と幸り よもせ、 うでの受 にき感け もるじ取 り な。 そ方か るれの 。に た


と木トア 思をでメ い切見リ あったカ まて時、 ユ りも考タ 気まえ州 にた方に し植にい てえ変る なれ化ホ かばがピ っ結起族 た果 の 。的き話 た に。を い私ネ いはッ

いあ まま まり 進に むも こ短 と期 がの 危利 険益 なを 道追 とい 知求 っめ た、 。長 期 を 考 え な

一上確花追いか昔 部げ実粉いいっの ににに症過とた人 は頼商をぎ言そは いっ品抑るうう春 いてが の政だに こい えは策。な とる売る後が成っ だ企れ薬にあ長て っ業るは代っのも たもよそ た早花 か少うの償。い粉 もなにおを短杉症 しくなか追期をの れなりげうの植人 れいそで。 一利え な、の毎方益れは い 売年、をば少 な 。 り

がくっ世 挑てぱの 戦もい中 で生残に き命っ ては るのいま チブるだ ャル。理 ンー今解 スプはで をリ利き 残ン用な すトでい こをき自 と残る然 がす知の でこ識デ きとやザ るで技イ 。次術ン 世がが 代ない

く一 一つ つの の木 コを ミ切 ュる ニと テき ィ を、 た 無だ く木 しを て切 いっ るて とい いる うの こで とは だな 。

自植 然物 のは 図情 書報 館で をあ なり く、 しそ ての コ しミ まュ うニ 。テ ィ が な く な っ て は

大過ト人き電ン理企 変ぎの類な気ド想業 なで安はいはにのも 思多す今た安よセ消 いくぎのめいっイ費 てカ をのる我地。 者 安 し人原々中い我ツも なが材をに?々を﹁ くア料ど埋プが目よ てレをうめル生指り なル使思てトんし安 なギっういニだてく らーたのるウのき﹂ は も な体商?。 1 ム原たの く質品ま 0 は 。 を なにのた 0 廃発そ 求 の っな使コ きかマめ 年 ら たりいス 後でのイて 。、 の

がで分は得薬 我次かまて局 々のらだ商に の世な見品並 課代い落化ん 題にことしで だ理としてい と解でている 学でもいる商 んき植るも品 だる物薬のも 。薬の草が自 品コが多然 のミいいの ヒュっ。 そ薬 ンニぱこ草 い トテ ィ でか をを存今ら 残残在のヒ すすし技ン ここ、 今術ト ととはでを

テ周彼 ィりら がには あ特特 る定定 とのの 言薬木 う草の 。が周 生り えに 、は 木特 の定 周の り植 に物 はが コ ミ生 ュえ ニそ の

﹃ 消 費 者 次 第 ﹄


土土なな形生 台台考問をき がをえ題探物 あ見やもすだ るつ複よこけ こけ雑りとで とるなルがな でこ課ーでく 軸と題ツき問 ががををる題 ぶ大解辿。解 れ事決る我決 に。すよ々に く るうがも く たな抱シ な めシえン る のンるプ 。 プ様ル ル々な

シ形なしか命割まげつ多のがし人 ンに形てらががたら鼓い体共て間 プなか行は誕水、れ動。が存様の ルっらくじ生で人るの例小し々体 なて始。ます覆間回回え宇てなは 形いま人りるわの数数ば宙人生6 かくり間細とれカとはリの間き億 も胞きてラほ 1 ラよの物の ら。 逆、 分 始に 植分はいダど分ッ クうカが細 ま複裂物裂じるの 間 ん スにラカ胞 っ雑がもしめ。7どでし体ダラか て 進は は 割変波 とがダら いなむじ複シ が がた地での るモとめ雑 水わ海体球き中出 ン ノ な 。 共は プ でら は て 来 も 1に でて 形 地な岸 シ に い生 ル に 辿 ンに 球い打分共る物い る 通 る複プ進な も。 間 、 ちに点。 同 と雑ル化形 7そ う上 が我士そ な だ 打 々

課手判てで複感電い一 題先断も例雑じ気物言 のが基そえなたのにで か器準の原課。種行何 も用をお発題 類くが しなお金を以 も時い れ日金で置前 選のい な本重幸くの べよの い人視せ事問 なうか 。だかにで題 いに悪 の自い から近お、 こ はらの 金 ら生づ か の 選人 こ活けが限 な んそ そ基るうれ ん か と る 乗準し た 違でれ りへてお土 和買ぞ うれ 越。もう地 感 よ。 との え を う買 し中 る に

日ト持はに作私 本レっ世なりた はンて界っ、 ち リド自のたよ りは ーをら原。 だ 核 ド追の発が快の でっ答ト 3 適力 きてえレ . で を るいをン 1 よ使 生ド りう 国る 1 日 に みに以安こ 本 な 出流降い と るにすさ 電に 可変道れ地気よ 能化をな震をり 性が選い大使自 ら も起ん姿国え る太 あきだ勢の るれ方を日よ陽 。ばが 本うを 、

支人﹃ 配間私 と しと地 てい いう球 い一﹄ の種 での し生 ょ物 うが かこ 。こ ま で 地 球 を

今成原人複 の長発は雑 日期反﹃で 本に対い いあ は安すかれ 無定るらば かし考やあ ったえれる たエ方 ほ のネが﹄ とど もル 指個 事ギ多 い示人 実ー中をの 。を、下キ 供日しャ 給本たパ なのりを し高す超 で度るえ は 。

ゴ ッ ト ・ コ ン プ レ ッ ク ス


HAPPY NOT TO KNOW EVEN THOUGH


に不人 B 自自 す快の L 分分 る感せ A にに とをいM起悪 言相に E きい う手すとるこ 意にる言こと 味なとうとが 。す言言は起 りう葉自き つ意が分た け味あがと るだる作き こが。っ人 と元 B ての で々 L いせ 自は A るい 分自M。 英に を分 E 語す 楽のはでる が

自事かポたつ 分がでジとま で変見テしり 作わえィて同 っるるブもじ て。もか自出 い自のそ分来 る分、うの事 。の気で感が 現にな情起 実ないがき はる

思﹁ あ逆止時全 うーにまのく 日や悪り自同 、分じ 。っい﹃ こ ぱと今の一 り 日感日 悪がは情を い目い次過 い第ご 日に つ一でし ﹂い日 だ 良た とてだいと ﹄ ととし 思こて うがも 日目そ 。にの

りテてしが逆 良に すィも、 るブ自そく朝 。な分んてか 事のなそら は気日の気 そ分はま持 こが例まち まポえいが でジ悪い良 影テい一 響ィこ日く て をブとが一 が 受な 続日 けた起くの なめき日は たをじ か、 っネと経ま たガし験り

考世 え界 て中 なで い成 人功 ばし かて りい 。る 人 は 日 々 成 功 の こ と し か

経そき朝 か 験の、 ら を通嫌 しりな 一気 た一日分 こ日のが とが始悪 あうまく りまりな まくだる すいなよ かかとう ?な思な か こ っいと た、 が 起


っネ自 てガ分 いテは るィ周 。ブ だ り っもに たポ何 らジら ポテか ジィの テブ経 ィも験 ブバを でイ 。ブ与 スえ はて 伝い わる 。

け長自そ てい分の い目に時 るでいい だ見いじ けれこめ だばとっ と本を子 思当しは うはて他 。たい人 を だる と傷 自思 分っつ をてけ る 痛いこ めてと つもで

まか影え自 うっ響な分 。たをいが らあ。い 他ただ っな 人えてけ がて自れ 受い分ば けるがい るのいい 経だると 験かこ言 はらとう 変自での わ分他は っが人あ ていにり しな

しでも遊こ て他どぶれ い人こ子は じとかがい め関でいじ るわ自なめ ける分かる い価にっ側 こ値自たに うが信りも がなが、言 あいなみえ るとかんる と思っなこ 感ったとと じてり関で てた、わ、 いりメり一 緒 る ンたに タ く 。 ルて 面

想想 いい はは 他自 人分 にに もと 影っ 響て をも 与大 え事 てだ いし る自 。分 の

ばもでし落 通まち 周、 り りみ ん う込 がな進。ん 経接む自だ 験しと分気 す方思が い持 るはっなち こ てくの と異いて視 もなるも野 子 変り 世は 、 わ自が の狭 っ分い く てがる中な しなとはっ まけし今て うれてま 。

も関一 今わ人 頃るで み価い ん値た なが子 とあの スる感 ポと情 ー思が ツう変 でよわ もうり やに、 私 っなも てれ る み はばん な ずそ の 。 と 子

な思こ自学 事うと分生 だけ、 なの っれ大ん時 たど人て嫌 り学にいな す生な なこ るにっ てけと 。とかれが っらばあ てはいっ はそいて とんの気 っ に分 てなとが も事思落 重でっち 要とた、

のななるポか子が例 かいい子ツけがいえ っ る す。 そともン い ば ぐし思いとこれと学 にてっる一をばす校 わ、て。人し、るの かい他彼でて縄。 昼 りじのは何い跳見休 痛め子他もるび渡み せ子をすに みっをの 子 子 関 ずもしと誰 の は は わ みいてスか 悪 自 ど り んてるポを 循 分 こ を な、 環 は子ー か と に を 持 じもツ がい をら はけと遊たっい 楽か じ うびだこれ い とた見にばした まば しくて 、むい るい い 。 人


っもたな た悩めぜ りみにな すを出ら る引さそ かきれの ら起た苦 だこ提痛 。し案か た者ら 同が抜 人そけ 物も出 だそす けりすでお てにくも金 はも利のを 到複用ご目 底雑しと標 解でやをに 決二す判し ま次い断て で的がすい はな今るる 遠問のの人 い題世はや 道に界分国 の目はか、 りをあり財 だ向まや力 。

択のみ決抜な のはに策けん 中危すに出で か険る疑しも 。問たい ら。 自 い 選考 分をい え ぶもの持思か 必持考たいら 要っえなで今 がてをい出の あ色持まさ状 る々たまれ況 。なな鵜たか ら 選い呑解

的金選今し一 なを択我て種 利第肢々い類 益一をがるの を優狭しこ生 求先めてと物 めにてい。 自が し 過 いる分こ こもこ ぎ、 ある ま こ たま とそで で と 結り 次し地 果に。 このて球 でもれ世子を は短は 供支 。期お代 のに配 い仕変け人 こ組わどそ とみら根れ やはな本ぞ 感一い的れ 情緒。な違 をで我とう 皆苦々こか 持しの ろも っみカはし てをラみれ い避ダんな るけのない 。た

もや答なな気 の周えっい分 を囲をた時が 探か見気悩落 すらつ分んち 。もけにだて 答るな時い えべりいる にくやつ時 なアすも、 答 りドいよえ 。り そバ イそ弱が うスし 出 な てく

さいなた確 れていだか てあ。 良に いまこ のいお なりま経金 い好ま済は 気まで=あ がしは個れ しい行人ば てセきの便 しイ 幸利 ょカ先せ。 うツが がは想と な残像は い つ限 ら 。 る自深解 か分め決 もに、策 し柔自は れ軟分ま な性をず いを理自 。持解分 てすと るるの 人こ関 にと係 なでを

国国 今 、の ど 政健 ん 府康 な 、状 世 教 育態 の は 中 、 な経 に ど済 暮 す力 ら べで し て決 て ビ い ジめ る ネら か スれ ? 。 なこい広る色 るとたげ苦々 はがこるしな ずでとこみ問 だきのとな題 。た意でどや ら味スはス セやト知ト イ重レ識レ カみスやス ツをに視に は変感野感 楽えじをじ にるて

﹃ 考 え る チ カ ラ ﹄


リ環に克自思変 ス境接服分いわ ポを触すのやり ン作しる姿りた スるよ近勢のい を。う道に気と 返そとに変持言 せれすな化ちう るがるるがで気 き相気。起他持 っ手持前き人ち かにち向、とか けもがき孤接ら がポ な独すは でジ自姿とる じ きテら ﹃勢寂こま るィ場でしとっ 。ブ﹄相さでて なの手を

SPIRIT SCIENCE

新み前 た込向 なむき 自よな 分うイ のにメ 可ポー 能ジジ 性テを をィし て 楽ブ な し行そ ん の じ動イ ゃにメ う変ー 。換ジ しに て踏

のポいけ 可ジ孤ど 能テ立引 性ィしい をブたた 抑に感姿 えア情勢 てプ ロがで しー出は まチて自 うしし分 。なまに いう壁 こ。を と 作 は っ 自 て 分 し ま

生抜日 まけ常 れ出会 るす話 よこを うと上 にも達 なでさ るきせ 。思る いこ やと るで 気孤 持独 ちか もら

る自 よ分 うが にオ なー りプ 生ン 活に がな よる りこ 豊と にで な共 る感 。で き

た相自いプ交ま相 答手分がロ流せ手 えにか始ーがんか と拒らまチ深から 違否アるすま?ア っさプ可るる プ たれロ能こき ロ こるー性とっ ー とかチをでか チ 言もす高ポけ さ わしるめジを れ れれのるテ自 る るなはこィ分 の かい勇とブか を も、気がなら 待 し想がで人先 っ れ像必き付に て なし要るきア い いて。。合 。

り発アがと自事な例 自展プでア分がくえ 分さロきプかでてポ もせーるロらきもジ ー オれチ。 そ アる ﹃自テ ーるすのチプ場分ィ る のロ がブ プ。 自こオ仕ー﹄ を相な ン分 ー と 方 チ に 作手リ プ なかでンをするにス るら意な変るこポポ こ恐味姿化ことジン と怖の勢さとのテス が心あでせで方ィが でがる相る柔がブ戻 きな会 自軟大にっ るく話手由性事返て こ 。なにを 。す

﹃ 自 ら ポ ジ テ ィ ブ に 行 動 ﹄


な一失いク っ番敗もリ てしはのエ いてつをイ るはき世テ 。いもにィ けの出ブ な。すに いことな これ言る とはうこ が学こと 必校とは 要で。今 に学そま んれで だにに はな

れよ誰ク るりにリ 時一でエ 代分もイ 。野でテ できィ 1るブ 2。な 0全自 点分分 と野を 見 れで 9 た つ 人0け る も点こ と 生 と きれ るは 残

  自自言テ自 分分わィ分 をがれブを 満信てに見 つ 足じ決オ め さるめー プ る せ判 ン直 て断のマし くをでイ、 余 そ進はン分 な うん ドな なでくで壁 路い、 自そを 。く分し除 路でて こ決他き そめ人、 ポ が、にジ

たつ失 なま敗 くりな な失し っ敗で てはは きも新 たうた 。マな イも ナの スは の生 意ま 味れ をな 持い 。

貴学向だ今 重校かっ企 なでった業 人満てりが ア欲 材点い イし にをけ る なと勇デが るっ ア 。る だて気そ人 ろい。 イし材 うたノては 。人ベ、 デ とー新ザ 同タたイ じーなン ぐは挑力 ら 戦 い に

人不失 材安敗 にのの な壁恐 るをれ 可取や 能り新 性除し はくい そここ ことと にでを あみす るなる は必と ず要い 。なう

要なのっ働経 にい国たけ済 が。 な、 だる発 っ企生がよ展 た業産 うの 。に技今な時 は は ア術日指に イに本示は デ追のに今 アい生従の をつ産うよ 出き性人う す安が材な がラ 人さ で落必イ 材もち が負近要ン で 必け所だ

が存は事ク あ在で、リ るしき間エ 。なな違イ かいえト をす っ。 た間恐る も違れこ のえがと ををあは 作恐る新 るれとし こてオい とはリも は今ジの 恐まナを 怖でリ生 心にテむ ィ

﹃ 必 要 な 人 材 が 変 わ っ た ﹄

手中す小 を学か学 上・?校 げ高とに る校聞自 数とく分 が学とは 減年多ア っがくー て上のテ くが子ィ るれ供ス 。ば達ト 上がだ が手と るを思 ほ上い どげま 。


て会 い社 るか 順ら に国 ラの ン基 キ準 ンを グ見 さる れと てお い る金 。を 持 っ

っじ利おにお てゃ益金も金 いなをを付の るか 加価 。っ追第 一価値 い た過優 は 環ぎ先値 をコ 境てに付ロ に、し コ ロ もちてけ 負ょいて る変 担っ る よわ る をと 為 うの 前 かはにに け 短思に て問期えあ し題的るま ま な。り

がそ 極ん 端な に想 偏い っに て出 い会 るい よ今 うは にお 見金 えの て重 た要 。さ

な何出確タ第 っか会かイ三 たおっに・国 。金たおバは リ が現金・ま 最地がフだ 優の足ィ リお 先人りピ金 じはなンの ゃ多いに面 なく国遊で いのだ 裕 と笑っび福 い顔たにじ 行 うを。 けっゃ 気見れたな にたど時い 。 。

シ企 ス業 テ採 ム用 に方 も法 変の 化窓 が口 起が き変 るわ とれ 思ば っそ ての い る下 。の

ム企のにアこを言大決く進き企 が業基入ッの保わきしれ学ち業 作に盤学プシ証れなてる学んが ら採もさしスしたリク可校と採 れ用そせてテてこスリ能に聞用 てさこるいムくとクエ性行いし いれにこるにれををイがってて るるなとた学るこ背テ高て、く 。こっにめ校大な負ィまいルれ ー ブ とて集、 学やバすうじるれルる い に 中校国ーだ必ゃ。ばか条 集るしのまゲけ要な 企ら件 で で 業 と 中。 そ、 は 教目 ン もく しし育的もだ将なて はみは が プてシは 。来いも 採出、 ロ大 大バ の。い 用 授 グ学ス学ッ 安たい しな業 を ラはテ ク 定だ。 てい 。 ム

てそみ いれん るはな 。おが 金同 。 マ意 ネし ーな にい みと な価 イ値 エの スな とい 言モ っノ

ち ょ っ と 変 わ っ た マ ネ ー の 考 え

をムので条職企 サ、条き件の業 ポ採件そで安は ー用にうこ定給 ト方合なれを料 し法う条な約を て、 そ人件ら束保 いし材だ将し証 るてに。来てし 。国な響もく、 き まるが安れ保 でよ 心る険 に こう良し。 も の教すてか バ育ぎセな加 ーシてイり入 ゲス企カい いし ンテ業ツ 、


価りなヒニ 格まどゲキ とすそがビ あが 言。 今の うな悩るあ 感らみ男る じ3をはと に0解嫌女 。 消わに 分すれも 以るるて 内商。な で品 い 特が 。 別あ

作さ時 っれに てたは い商悩 る品み こがを と 解 も会決 考社 え自す る ららた れそめ るのに 。悩開 み を発

ケ外で消 ー部す費 スかが者 もら消が 少の費持 な刺者つ く激に悩 なにはみ いよ元で 。り々あ 悩なれ みいば に悩い なみい るがの

こ商 と品 では 物消 が費 売者 れの る悩 。み を 解 決 す る

込クみ んスん でにな く企が る業も 。はっ つて けそ 込う みな 商コ 品ン をプ 売レ ッ り

し球一る自優も出のか買高の今 たを種方然先うす幸らうい中作 ここ類法をす少まは出時おでり とこのは計るしで人る代金は上 はま生な算も我タが木。をおげ なで物いにの々ダ売材だ出水た い支がの入にが。りやがしを世 。配地かれ に海自て 然 、

この物 と満の が足見 で度方 きはを る良変 。くえ もる 悪だ くけ もで 変セ えイ るカ ツ

り今浄人ネ に。化がッ も我シ出ト 複々スすの 雑がテ汚普 で直ム染及 す面がの・ 経 。す追多済 るいさ 課つと悪 題い地化 はて球・ 震 あなの災 まい ・

                                 て 人 簡 い 世 こ                      い の 単 る の の 決だと中よ                      る の                      で 断 が 人 で う                      は で そ に 自 な 今 押分問 。のう ﹁ 決いにで確改てもくレプだ いしの題 ッだが世う付考は めい物もか善いユ、 受 てか事わでがなー クけそのマけえ複 しらをかも必いズけスのれ中イるが雑 まやいっな要こを取じコながン方あ過 ント動ドがっぎ うれいたいでと与りゃ な 側 も よ プッいの てる こ 。﹂ は え と うと。


てを勇人 周露気は 囲出か完 とすら璧 のるはじ 繫勇じゃ が気まな りがりい があ、と 深っ自受 まて分け るはの入 。じ中れ め身る しそ なし いて こ気 とづ はい 避て けい たて いも 。何 も

な頭金奇私 どが持麗は のよちじ X コくじゃ X ンなゃなさ プいないん レ、い、の ッ 、 よ ク う ス に が あ る 。

起行移気新ばよ り き動すづた、 なにこいに環多 い移とた気境 く 。さがこづへ のの なでとく理人 いきにこ解と 限る対とも共 りよしもよ感 変うて多りを 化に行く深持 はな動なまて るにりりれ 。

をこだ成自 生のが功分 ん考間しよ だえ違てり り方えい利 もはれる口 す嫉ば人な る妬見を人 比 。、 憂方較や 鬱にし奇 よ 麗 、 スっやな トてす人 レはいや ス 。

て我 い々 るは 。周 り と 比 較 し な が ら 生 き

す人 る生 かの で満 満足 足度 度も が何 変を わ対 る象 。に 比 較

恐恥 怖と 心は か繫 らが 生り まか れら る切 。断 さ れ る

な一共恥 い方感を 人、 共や感 は感繋じ 恥やが取 を繫るれ 感が力る じりを人 るの持は こ包っ周 と容てり が いと る な力 いの。 。

そ分人 うけは でれ大 なるき い。く 人恥分 。をけ 感 じて る二 人種 と類 に

と先き待相保周自勇 すのにつ手証り分気 る予アのかがををと 姿想プでらな大大は 勢やロはアく事切 をコーなプてにに 崩ンチくロもです すトす自ー行きる 勇ロる分チ動る勇 気ー勇かすす勇気 。ル気らるる気。 し。前の勇。 よ 向を気 う 。

﹃ 勇 気 ﹄


形思そ でいう 自やす 分るる にここ 戻とと っでで てそコ くのミ る思ュ 。いニ やテ りィ がに 色好 々か れ な、

コだ喜 ミけび ュでを ニな作 テくる ィ に、 まこ もわと 社りは 会の自 に人分 もやに 利家と 益族っ て ににい なもい る こ 。 と

シさ ンら キに ン自 グ分 はに ひと がっ みて の喜 解び 毒や 剤ポ にジ もテ なィ るブ 。

すなだ るるが ここ共 とと感 ででや き人繫 っのが とたり でめ きにを るな感 。るじ 取 特れ 技る を人 発間 見に

っは興 て人味 あにの る害あ 。をる もも たの らを す特 特技 技に にし なた る場 こ合 と中 だに

顧しいそ欲喜 客てるうしび 満ロ人でいを 足イのな人共 度ヤ方い材感 が人。で まル 喜 で で、生とびき 産 比 る も同 方 が僚力べを人 上同がた知は が士あ時っ会 るのり、 喜て社 人争、 会びいに 材い社をると にがに知人っ な減対っとて れり て も る、 。

時分ンとたをよ今 代野ス社め開りの ひ時 はをで会、 人花 変見もでのさと代 化つあよたせつ色 しけるりめるの々 分 。い て、 開つ にの な い花まい役も野分 る りポ 新で野 。さ自ジ立 た飛 せ シつなぶで た分ョこ選抜人 物がンと択け並 勝没にが、たみ ち頭なで自才に にでるき分能で き きチ、 の る るャき っ

いそ いし こて と、 だ喜 けび でを な感 くる 周こ りと には も自 い分 いの 。と っ て

私 は そ う 実 感 し ま す 。

出こ好ポ 来ときジ 事でにテ が周なィ 戻りりブ っか他な てら人マ く自にイ る分もン 。にそド ポのを ジ思持 テいつ ィを事 ブ広で なめ自 分 るを

特 技 は 十 人 十 色


相違 違い 点を を感 見じ つた けと るき に共 は通 元点 には な何 るが こあ とる をか さを ぐ見 っつ てけ 行る くこ とと 共で 通共 点感 がで 見き つる けよ るう こに とな がっ でた き。 た 。

フルーツ 視野を広げること

フラワー 今の状態 二次的な問題

シード 元になるもの はじまり 一次的な問題


犠パと日変 牲レし本化 にスてのは なチい政既 っナる治に てで。も始 いは 大ま る多 きっ 。く くて の 変い 子 わる 供 ろ。 が う

芽起こに木 をきのはが 植るよシ大 えとうンき 新はにプく し思年ル複 いわ末な雑 周なに芽な 期い急か形 ががにらに 始新大始な またきまる るななる前 。 変。 化 が

がる繋共ハ最 あ。 が感ワ後 価 が っすイに る値てる語こ 。をいこでの そ感ると絆タ しじこでとイ てると繫言ト 想こで うル いと価が意の はで値り味 P 他セ感を。 I 人イが感 L にカ生じ I る 感ツま N 。 染満れ A す足 は る度 。

なき バっ イと ブ自 ス分 をだ 与け えで るな こく と、 に周 なり るに でも しポ ょジ うテ 。ィ ブ

とこ ての もイ 貴ベ 重ン なト 体を 験見 が守 でれ きる るの 。は

ま125 た4万千 始万61 ま4千2 ろ千年5 う年の年 との周の し周期周 て期 期 いが る終 。わ り

1333そ 割割割割の をををを方 趣与ク自法 味えリ分と のるエのは た イた周 め トめ期 す の る

重た なだ る色 時々 期な で大 あき るな 。周 期 が

の自あセ自 か分るイ分 はで。カか 自決そツら のは 分めの 幸じ のれや セるり福め イ。方度る カ1はを。 ツ日至上 スなっ げ タのて る シ イかント ル1プレ に週ルー 合間でニ わで周ン せや期グ るるもが 。

知 り ま せ ん 。

2 0 1 2 年 何 が 起 き る ?

新短時 し縮間 いさも 周れ加 期て速 のいし 方るく 向、 自中 性分想 をのい 大考が きえ形 くこに 変そな えがる て今時 い後間 くのも 。


ピど色 ーこ々 クかな 過で周 ぎ始期 てまが 減っあ 速てる す、 加。 る速 。し て

あ毎短一 る年い日 。繰周、 一 り期日 返かで さら繰 れ り る 返 長 さ い れ 周 る 期 、 が

一一日海月地 年日ののの球 のの出周周の 周周の期期周 期期周、、期 、期 、 、

G A L A X Y 変自 え分 るの た心 め、 と考 てえ も方 重、 見 要方 。は 世 の 中 を

ないつ でるま 作だり っけ我 てで々 いなな るく自 。、分 お 互の い現 の実 現を 実作 をり み上 んげ て

同同 じじ 現考 実え をを 見持 てつ いこ ると 。で お 互 い

でだ考 きけえ るでは 。は自 な分 くの 他頭 人の と中 共だ 有け すに るあ こる とモ もノ

いこあ るとる こがも と他の は人に 多か対 いらし 。はて 違自 っ分 たが 見思 方っ をて 持い った て

自物も持人 分事大っは でを切て自 作見でい分 りて自るの つ想 上い分。 る まい の げ てたフりを いめィ自形 るあル分に 。るタのす 意ー想る 味をいチ 現通はカ 実しとラ はててを


TWITTER: @SmindsandkindS

PILINA vol.4  

ピリナはハワイ語で絆と言う意味。 人が集まるイベントを開催し今回ははじめて雑誌と言う形でネット上でイベントを開催。 幸せとは何かを考えてつたない日本語ではじめて本が完成。

Read more
Read more
Similar to
Popular now
Just for you