Issuu on Google+

Yurina Okamoto Portfolio


short Films Last Walk 家を出る前日に飼い犬と最後の散歩に行く。 曲の「スーツケースの中に入れてつれていって」という歌詞の ように、犬が彼女との別れを惜しむ。4年間の留学経験の中 で、土地を離れ、仲間と離れるということを何度も経験した。 とくに家族と離れる度に、寂しさを覚えたが、その実体験を映 像にしたいと思った。

http://www.youtube.com/watch?v=1qBm4UP0PLA


Inside the bag たまたま拾った小さな人形。女の子は、それを鞄に持ち帰る事 にした。鞄の中で別の世界があることもしらずに。 スットプモーションでは鞄の中に元々あるもの(レシートや電 車のチケット、ゴミ)を材料に使った。 実物とアニメーションを混合した映像が作りたく、制作した作 品。 

https://vimeo.com/34442659


do gm e film

ドグメ95 ルール 三脚を使わない カラーを変えない 編集をしてはいけない。 音楽は映像内でしか使えない。 三分でなければいけない。 このようなルール にそり、三 人の女の子が一つの家で暮ら し、様々な思いの繋がりの部分 と見えない部分を映像にした。 脚本、フィルム、監督全て担 当。

URLをクリック https://vimeo.com/30829540


Journey ステレオタイプスはどう生まれて、ど う取り去られていくのか。4年間の留 学生活で様々な国の人に出会い、ステ レオタイプスはどうしたらなくなるの か、を考えた。 10代の男の子がバスにのり、夢を見 る。そこでは見た事もない人種、食べ 物で恐怖と嫌悪感を抱く。 タイムラプス、撮影、ドローウィング と様々な技法で時系と夢、現実を分け た。

URLをクリック https://vimeo.com/41561431


Model making jorneyアニメーションにて制作したセット。 発泡スチロールスプレーや、外の草などを使い、トンネルを表現し た。一人でセットを作り上げるまで約一ヶ月。(他の作業も同時進 行)映像はjorneyのビデオにて。


There is no fyling without wings


”羽がなければ空は飛べない”というフランスのポエム。 http://www.youtube.com/watch?v=kYkbqEEZ2Gk&list=UUNYaI6ORDStyP1u_ VfXzcyA&index=4


Make the right choice Paper co UK シルバー賞 課題* 毎日ポストに届く広告チラシを目も通さずに捨てられてしまう。消費者に手 まずどうやって手に取ってもらえるか。毎日ポストに届く広告チラシに紙では埋もれてしまう。そ こで私たちは人の”引っ張ってみたくなる”という心理を利用して、スライド絵本式にした。イラス トやインフォグラフィックスも取り入れ、文章を読まなくてもわかるようにした。 内容は紙がどのようにリサイクルされるか。リサイクルと新しい紙の使われ方など。


Pop up book スライド式で3ページに渡り、Peper coとはどういう会社か、リサイクルと はどういうことかを説明している。

Color 企業が使うカラーチャートを選び、 三種類の色を使う事により、飽きず にすべてめくってもらうようにし た。イラストを担当。


Etsy HANdmade shop 北欧、アメリカを中心に、ヨーロッパやオーストラリアな ど世界中から注文を頂き、28個売り、完売。 ロンドンクラフトフェスティバルでオファーを頂き、出 品。


https://www.etsy.com/listing/101619062/hello-sloth-and-hello-catscreen-printed


Illustration

ハンドドローウィング、Photoshop、スクリーンプリント、 フィルム(タイムラプス)などを様々な方法で描いたイラス ト。上の絵はアニメーションのスクリーンショット。


Armed candy cupcakes internshiP as a logo designer at london 三ヶ月論語デザイナーとしてインターンシップ。オーナーのかわいいケーキのイメージを変え て ”主張”できるカップケーキを作ってほしいという課題。 当時、イギリスではが学生が暴動を起こしていたので、ロンドンライオットをイメージしたロ ゴ制作。ロンドン、ブリックレーンのサンデイマーケットにてカップケーキが販売されてい る。


Portfolio in Japanese