Issuu on Google+

資料:メディアデザイン専横領域 コア・カリキュラムを構成する科目群 2013 年度

p. 0


■メディアデザイン原論 (メディアデザイン概論) 1∼2 年 前期・月曜 2 時限 講義(2)・選択必修 森岡 祥倫(専任) メディアデザインの概念を理解したうえで、デジタルメディアの現状と可能性を知り、メディア が人々の意識の変化や価値観の形成に与える影響を分析的に見つめる力を身につける。学習目標 と 4 年間の学びのプロセスを概説するオリエンテーション的な授業でもある。 KEYWORDS: メディア・リテラシー、経験のデザイン、インターフェイス・デザイン、ユーザビリティ評価、データの 視覚化、ソーシャル・デザイン、インタラクションの心理学、SNS と広告、ネットワーク社会のセキュリ ティ、環境と情報メディア

■メディアデザイン論 A 1∼2 年 後期・月曜 2 時限 講義(2)・選択必修 大久 保誠(専任) インターネットを中心として、情報・通信技術の発展の歴史・現状などを紹介する。 KEYWORDS:コンピュータの歴史、インターネット技術、メディアと表現の技術、ネットの脅 威とセキュリティ、情報倫理とルール

■メディアデザイン基礎演習 A (メディアデザイン造形演習Ⅰ) 1∼2 年 前期・火曜 3-4 時限 演習(2)・ 選択必修 森岡 祥倫(専任) 専攻領域における技術系技能教育の導入として、映像とサウンドに関わる工学的原理と各種の関 連ソフトの初歩的な用法を学ぶ。同時に、簡便なプログラミング言語を用い、プログラミング学 習へのアプローチとして論理的思考・手続設計・演算モデルの重要性の理解を促す。 KEYWORDS: カメラの原理、ピンホールカメラ、ビデオ編集(Adobe Premier)、デジタルアニメーション(Flash) 、音 声波形編集と加工、ループシーケンサ、画像形式と形式変換(Adobe Media Encorder) 、フォトレタッチ (Photoshop)、Scratch、Arduino

p. 1


■メディアデザイン基礎演習 B(メディアデザイン基礎演習 C) 1∼2 年 後期・月曜 3-4 時限 演習(2)・選択必修 大久保 誠(専任)+藤原 道仁 メディアデザイン基礎演習 A で習得した表現技術を前提に、「スタッフワークにおける協働性」 「鑑賞者との関係を踏まえた制作者としての物事の捉え方」という観点から、デジタル環境での より実践的な実写ベースの映像制作のあり方ついて学ぶ。 KEYWORDS: ミュージック・プロモーションビデオ、ポストプロダクション、DVD 制作、ポートフォリオ作成

■メディアデザイン基礎実習 A 1∼2 年 前期・火曜 1-2 時限 実習(1)・選択必修 井手 理絵(非常勤) デジタルグラフィックの導入教育。各種のグラフィック関連アプリケーションの用法に関わる実 習を通じて、デジタル・デザインワークの基礎知識と応用力を習得し、今後の DTP、Web 制作、 動画編集、3DCG 関連の授業科目の受講に対応できる基盤的な技能を身につける。 KEYWORDS: Photoshop、Illustrator

■メディアデザイン基礎実習 B 1∼2 年 後期・火曜 1-2 時限 実習(1)・選択必修 井手 理絵(非常勤) グラフィックソフトを使用した実習により,デジタルデザインワークの基礎知識・応用力を習得 し,DTP や Web 制作,動画編集や 3D グラフィックスなどの多様なデザインワークに応用でき る技能を身につける。 KEYWORDS: Photoshop、Illustrator、InDesign、DTP

p. 2


■メディアデザイン基礎実習 C (メディアデザイン造形演習Ⅱ) 1∼2 年 後期・火曜 3-4 時限 実習(1)・選択必修 関口 和真(非常勤) Web デザインのための入門的な学習。意図的なレイアウト・デザインを施した Web ページ作成 ができるよう、HTML と CSS の基本的な知識・構築方法(コーディング)の基礎を学ぶ。さらに、 Web において用いる画像形式について学習し,適切な使い分けができるようにする。 KEYWORDS: HTML タグ、CSS、 Dreamweaver 、ID とクラスの違いによるセレクタ指定・複合による指定、インライン 要素とブロックレベル要素、フロートの利用とフロート解除、XML と XHTML、CSS の優先順位、CSS 及び HTML のネーミング・リセッターの利用

■メディアデザイン基礎実習 D (メディアデザイン基礎演習 D) 2 年 前期・木曜 3-4 時限 実習(1)・選択必修 関口 和真(非常勤) インタラクション性を有する Web サイトの作成に必要な JavaScript や jQuery など、標準的なス クリプト記述言語の初歩的な用法を学ぶとともに、次代の Web 技術で中心的な言語となる HTML5 や関連 API、CSS3 についても学習を行う。 KEYWORDS: テーブル組及びフォームの作成、JavaScript、jQuery プラグイン、jQuery を利用したインタラクション、 DOM、HTML5、API、CSS3

p. 3


■メディアデザイン基礎実習 E (メディアデザイン基礎演習 E) 2 年 前期・水曜 1-2 時限 実習(1)・選択必修 大久保 誠(専任) Flash / ActionScript を材料に,プログラムの記述・実行・それらの相関など,プログラミングの ための基本的な考え方を習得する。 KEYWORDS: Adobe Flash、Actionscript3、ムービ ークリップ の制御、スクリプ トによるムービ ークリップ の生成、イベ ント処理、日付・時刻の取得、数学的な計算、スクリプ トによる描画、サウンド 再生、外部 FLV ビ デ オの 再生、外部ファイルへのアクセス

■メディアデザイン特別演習 A 1∼2 年 前期・水曜 5 時限 演習(1)・選択必修 粟野 由美(専任)+大久保 誠(専任)+森岡 祥倫(専任) メディアデザインに隣接する様々な分野の動向に目を配り、情報収集することを目的として、他 分野の様々な作品や製品を視聴・経験し意見交換を行う。 KEYWORDS: Web、映像、ゲーム、音楽、書籍・雑誌、パフォーマンス、サブカルチャー、建築、工業デザイン

■メディアデザイン特別演習 B 1∼2 年 後期・水曜 5 時限 演習(1)・選択必修 粟野 由美(専任)+大久保 誠(専任)+森岡 祥倫(専任) メディアデザインに隣接する様々な分野の動向に目を配り、情報収集することを目的として、他 分野の様々な作品や製品を視聴・経験し意見交換を行う。 KEYWORDS: Web、映像、ゲーム、音楽、書籍・雑誌、パフォーマンス、サブカルチャー、建築、工業デザイン

p. 4


■デジタルグラフィック演習Ⅰ(メディアデザイン基礎演習 A) 1∼4 年 前期・火曜 3-4 時限 演習(2)・選択必修 井手 理絵(非常勤) デジタルグラフィックの導入教育。各種のグラフィック関連アプリケーションの用法に関わる実 習を通じて、デジタル・デザインワークの基礎知識と応用力を習得し、今後の DTP、Web 制作、 動画編集、3DCG 関連の授業科目の受講に対応できる基盤的な技能を身につける。 KEYWORDS: Photoshop、Illustrator

■デジタルグラフィック演習Ⅱ(メディアデザイン基礎演習 B) 1∼4 年 後期・火曜 3-4 時限 演習(2)・選択必修 井手 理絵(非常勤) グラフィックソフトを使用した実習により,デジタルデザインワークの基礎知識・応用力を習得 し,DTP や Web 制作,動画編集や 3D グラフィックスなどの多様なデザインワークに応用でき る技能を身につける。 KEYWORDS: Photoshop、Illustrator、InDesign、DTP

■3DCG 演習Ⅰ(3DCG 演習Ⅰ) 2∼4 年 前期・火曜 1-2 時限 演習(2)・選択必修 松村 文夫(非常勤) 3D コンピュータグラフィックス作品の制作工程と必要なソフトの扱いを含む基礎的なスキルを 習得する。グラフィックや映像メディアに関係するデザイナー全般が身につけるべき基本概念、 さらには専門の CG クリエイターが身につけるべきプロとしての制作姿勢を教授する。 KEYWORDS: Maya、MotionBuilder、Kinect、レンダリング(マテリアル/テクスチャー/ライト/カメラ) 、キャラクタ ー・アニメーション、モーションキャプチャー

p. 5


■3DCG 演習Ⅱ(3DCG 演習Ⅱ) 2∼4 年 後期・火曜 1-2 時限 演習(2)・選択必修 松村 文夫(非常勤) 前期授業(3DCG 演習Ⅰ)で得たスキルを前提に、既存課題作品のブラッシュアップを通じて、 アニメーションの微調整、スカルプト・モデリング、毛髪や衣服などの表現、合成を含むレンダ リングの高度な技法、等々のより発展的な内容を学ぶ。 KEYWORDS: フェイシャル・アニメーション、カメラ・アニメーション、ヘア、分割レンダリング、リニアワークフロ ー、ファイナルギャザー、合成トゥーンレンダリング

■3DCG 演習Ⅰ(3DCG 演習Ⅰ) 2∼4 年 前期・火曜 3-4 時限 演習(2)・選択必修 松村 文夫(非常勤) 3D コンピュータグラフィックス作品の制作工程と必要なソフトの扱いを含む基礎的なスキルを 習得する。グラフィックや映像メディアに関係するデザイナー全般が身につけるべき基本概念、 さらには専門の CG クリエイターが身につけるべきプロとしての制作姿勢を教授する。 KEYWORDS: Maya、MotionBuilder、Kinect、レンダリング(マテリアル/テクスチャー/ライト/カメラ) 、キャラクタ ー・アニメーション、モーションキャプチャー

p. 6


■3DCG 演習Ⅱ(3DCG 演習Ⅱ) 2∼4 年 後期・火曜 3-4 時限 演習(2)・選択必修 松村 文夫(非常勤) 前期授業(3DCG 演習Ⅰ)で得たスキルを前提に、既存課題作品のブラッシュアップを通じて、 アニメーションの微調整、スカルプト・モデリング、毛髪や衣服などの表現、合成を含むレンダ リングの高度な技法、等々のより発展的な内容を学ぶ。 KEYWORDS: フェイシャル・アニメーション、カメラ・アニメーション、ヘア、分割レンダリング、リニアワークフロ ー、ファイナルギャザー、合成トゥーンレンダリング

■サウンドデザイン演習(メディアデザイン演習 A) 2∼4 年 後期・月曜 3-4 時限 演習(2)・選択必修 森岡 祥倫(専任) 「場に記された音の記憶」 「音響情報と視覚情報との関係」という2つの観点から,公共空間に おける音響サインと、プログラミングによる音響情報(音楽)の視覚化に関する学習。また、20 世紀後半以降現代に至るサウンド・アートの表現と思想についても講じる。 KEYWORDS: 環境音分析、環境音楽、サウンドスケープ、オーディブル・サイン、サウンド・アート、サウンド・ビジ ュアライザー、インタラクティブ・インスタレーション、マルチメディア・プログラミング言語(VVVV)

p. 7


■メディアデザイン特論 A(メディアデザイン特論) 2∼4 年 前期・火曜 3 時限 講義(2)・選択必修 四方 幸子(特任) 過去のメディアやアート、デザイン、情報環境での事象を振り返りつつ、デジタル・ネットワー クを基盤とした現代のメディア環境においてボーダーレス化する、アートとデザインあるいはク リエーターとユーザーとの間の新しい関係性、その創造的な可能性について講じる。 KEYWORDS: メディアと創造(1960 年代∼現代)、メディアアート、インターネット、メディア環境、デジタル・ネッ トワーク、リアリティ、アイデンティティ、批評的実践、コラボレーション、インタラクション、DIY プロ ジェクト

■メディアデザイン特論 B 2∼4 年 後期・火曜 3 時限 講義(2)・選択必修 四方 幸子(特任) 主に 20 世紀を軸とする前期講義(メディアデザイン特論 A)の展開。環境汚染やエネルギー問 題等々、21 世紀の文化変容と文明の危機に直面して、パブリックとパーソナルをつなぎ、自律 し、記憶を共有する世界に向けたメディアデザインの可能性について検討する。 KEYWORDS: ソーシャルメディア、生、身体、光、音、水、時間、空間、自然、科学、技術、環境、エネルギー、お金、 愛

■メディアデザイン実習 F 2∼4 年 前期・金曜 1-2 時限 実習(1)・選択履修 大久保 誠(専任) メディアデザイン基礎実習 E で修得した知識(ActionScript)の応用として、iOS 用開発環境を 使用し iPhone 用のアプリケーションの開発について学ぶ。 KEYWORDS: ActionScript、iPhone、iOS、スマートフォンアプリ

p. 8


■メディアデザイン実習 G 2∼4 年 後期・月曜 3-4 時限 実習(1)・選択 佐藤 哲至(非常勤) 情報アーキテクチャ、タイポグラフィ、レイアウト等々小課題制作を通じて、「情報の問題点を わかりやすく効果的かつ魅力的に伝える」ことを目的とする、インフォメーショングラフィック ス(インフォグラィックス)のデザイン・スキルを身につける。 KEYWORDS: 情報アーキテクチャ、タイポグラフィ、レイアウト・システム、インフォメーション・グラフィックス (インフォ・グラフィックス)

■メディアデザイン実習 H 2∼4 年 前期・月曜 3-4 時限 実習(1)・選択 井手 理絵(非常勤) DTP(印刷物レイアウト用ソフト)を使用した実習によって、印刷・編集デザインの基本的な知 識と、実践的なデータ出稿のプロセスを学習する。 KEYWORDS: Adobe InDesign

■メディアデザイン実習 I 2∼4 年 後期・木曜 3-4 時限 実習(1)・選択 関口 和真(非常勤) サーバサイドで動作する CMS を活用し、テーマやテンプレートのカスタマイズによって、希望 するデザインと機能を備える Web サイトを制作する方法を学ぶ。同時に、OS 等の環境に依存し ないマルチデバイスで閲覧可能な Web サイトの実装を目指す。※メディアデザイン基礎実習 C +メディアデザイン基礎実習 D の学習内容が前提 KEYWORDS:CMS(ContentsManagementSystem)、HTML5、CSS3、jQuery Mobile、Wordpres、サーバサ イドプログラム、テンプレート、カスタマイズ、マルチデバイス、リキッドレイアウトベース、 TwitterBootstrap、スマートフォン向けサイト、レスポンシブ Web デザイン

p. 9


■メディアデザイン実習 J 2∼4 年 前期・火曜 1-2 時限 実習(1)・選択 入江 太一(非常勤) メディアデザイン基礎実習 C∼D、及びメディアデザイン実習 I で習得した Web サイトのデザイ ン・構築技術を基盤に置き、Wordpress、Javascript ajax 系ライブラリなどの技術を組み合わせ たより実践的な制作に取り組む。 KEYWORDS: Wordpress、Javascript、Ajax

■メディアデザイン実習 K 2∼4 年 前期・月曜 3-4 時限 実習(1)・選択 越後谷 文博(非常勤) ���ディアデザイン基礎演習 A(1 年・前期)及び B(同・後期)の映像メディアに関わる学習内 容の展開。と映像のコミュニケーション・ツールとしての特性を理解したうえでケースワークを 繰り返しながら、撮影・編集・照明・音声・特殊効果等々にわたる実践的な知識を得る。 KEYWORDS: カメラ・オペレーション、編集から逆算した撮影、撮影と照明、音声・映像レベル・色彩・濃度の調整、 クロマキー、DVD オーサリング、特殊効果(AfterEffects)

■メディアデザイン実習 L 2∼4 年 後期・火曜 3-4 時限 実習(1)・選択 森岡 祥倫(専任) 1 年次のメディアデザイン原論他での学習成果を踏まえ、既存 Web サイトのユーザビリティ改 善、情報環境の視覚化、デバイス系インターフェイスデザインのプロトタイピング、等々の課題 制作を通じ、より実証的なインターフェイス・デザインの開発手順を学ぶ。 KEYWORDS: Web 標準(W3C)、インターフェイス・デザイン、ユーザビリティ評価、ユニバーサルデザイン、プロト タイピング、マイコン(Arduino)、センサーデバイス

p. 10


■メディアデザイン論 B (メディアデザイン研究 A) 2 年 前期・木曜 2 時限 講義(2)・選択必修 中嶋 淳(非常勤) ネットと情報技術を活用して社会に変化をもたらし、人々の経験を豊かにするためのアイデア。 その企画立案から経済実体の中での実装・運営に取り組むインキュベーション(起業家)の現場 を、現在性と臨場感に溢れる起業家をゲストに迎えて紹介する。 KEYWORDS: コミュニティ、ソーシャル・ネットワーク、インキュベーション、起業、アイデア開発、プレゼンテーシ ョン技術、ワークショップ

■メディアデザイン論 C (メディアデザイン研究 B) 2 年 後期・木曜 2 時限 講義(2)・選択必修 楠見 清(非常勤) 芸術の諸分野における情報科学技術の、制作ツールとしての応用と相互の影響関係に関わる通史 的理解を促すとともに,今日の芸術にみられる社会学的・政治学的・批評理論的な問題意識を文 化戦略において顕化する際の情報メディアと情報環境創生のあり方について講じる。 KEYWORDS: アートマネージ メント、アクティヴィズム、ソーシャル・リノベーション、文化戦略、情報環境創生

■メディアデザイン論D(アート&メディアテクノロジーⅡ) 3∼4 年 前期・水曜 2 時限 講義(2)・選択必修 大前 創希(非常勤) Web ページ/Web サイトのデザインや機能を客観的に評価し改善するための方法について学ぶ。 KEYWORDS: Web 評価、インターフェイスデザイン

p. 11


■メディアデザイン論E(インターフェイスデザインⅡ) 3∼4 年 後期・金曜 3 時限 講義(2)・選択必修 岸本 好弘(非常勤) 人々が情報技術やインターネットを利用する動機を産み出す、強力な応用ソフトウェアのカテゴ リーとして確固たる地位を築いた「ゲーム」、その産業としての歴史や現在のゲーム産業の構造 などについて学ぶ。 KEYWORDS: ゲーム、産業史、産業構造

■メディアデザイン論F

※2014 年度より開講

3∼4 年 演習(2)・選択必修 KEYWORDS: インターフェイスデザイン、インターフェイスデバイス

■メディアデザイン論G

※2014 年度より開講

3∼4 年 演習(2)・選択必修 KEYWORDS:

p. 12


■メディアデザイン研究 A (メディアデザイン研究 C) 2 年 前期・水曜 3-4 時限 演習(2)・必修 大久保 誠(専任)+森岡 祥倫(専任) 専攻領域の技術スキル習得の内容と専門分野の講義系科目で得た知見を相互に関連付け、作品制 作や研究に結実させる。前半は、調査⇒分析⇒テーマ設定⇒企画立案のプロセスを学び、後半は その成果をグループによる作品制作で確認する。 KEYWORDS: 企画・制作のプロセス、グループ制作、マルチデバイス・マルチ画面作品、プレゼンテーション、ポート フォリオ制作

■メディアデザイン制作演習 A 2 年 後期・水曜 3-4 時限 演習(2)・必修 大久保 誠(専任)+森岡 祥倫(専任) 前期のメディアデザイン研究 A で学んだ、調査⇒分析⇒テーマ設定⇒企画立案⇒制作進行計画 の策定⇒制作管理⇒発表・プレゼン⇒ドキュメンテーション(ポートフォリオ制作)のプロセス を、2 年間の学習成果の総括として個別作品の制作で再検証する。同時に 3 年次以降の各自の学 習デザイン・キャリア設計に結びつける。 KEYWORDS: 個別制作、ポートフォリオ制作

p. 13


■メディアデザイン研究B 3∼4 年 前期・木曜 3-4 時限 演習(2)・選択必修 粟野 由美(専任)+川村 隆一(非常勤) Web サイト開発の技術的な能力を、実社会での実践的な企画・制作の経験を通して点検すると ともに、ミッションを円滑に推進するためのプロジェクト管理、チーム力の維持、対外コミュニ ケーション、コンプライアンス意識等々の能力についても、体験と反省の反復を通じて洗練化・ 強化する。 KEYWORDS: 実践的体験学習、Web ページ開発(リフォーム)

■メディアデザイン制作演習B 3∼4 年 後期木曜 3-4 時限 演習(2)・選択必修 粟野 由美(専任) 3 年次学年度∼4 年生に始まる就職活動や進学・留学、あるいは卒業制作での展示等々に備えて、 従前の学習成果を振り返り、学習した情報デザインのスキルを投入して、各自の自己紹介ツール としてのポートフォリオを制作する。 メディウムは、フィジカル(紙,冊子など)、電子ドキュ メント、Web サイト、モバイル用アプリなどを、整合性のあるかたちで組み合わせる。 KEYWORDS: ポートフォリオ、就職活動、自己紹介ツール

p. 14


■メディアデザイン研究 D(メディアデザイン研究 D) 4 年 前期・火曜 3-4 時限 演習(2)・選択必修 粟野 由美(専任) メディアミックスの手法によって、特定の訴求アイテムが、コミュニケーション・チャネルの輻 輳化と脱ジャンル化によってより広範な広報空間を獲得することを、既存のコンピュータ・ゲー ムを訴求対象に、そのプロモーション・ツールと付帯コンテンツの開発を通じて検証する。 KEYWORDS: ゲーム、プロモーション

■デジタルカラー演習Ⅰ(デジタルカラー演習Ⅰ) 1∼4 年 前期・月曜 1-2 時限 演習(2)・選択必修 粟野 由美(専任) 色彩現象(物理・生理・心理)を計数的な方法で整理する色彩学の体系に、の観点からアプロー チし、色彩表現の新たな可能性とユニバーサル・デザインへ応用方法を学ぶ。あわせて、・リテ ラシー等に関わる演習を行う。 KEYWORDS: 色彩学、色彩表現、デジタル情報デザイン、ユニバーサル・デザイン、カラー・マネジメント、造形心理 学、Adobe InDesign、Acrobat Pro

■デジタルカラー演習Ⅱ(デジタルカラー演習Ⅱ) 1∼4 年 後期・月曜 1-2 時限 演習(2)・選択必修 粟野 由美(専任) 色彩の心理効果と配色理論を前提とした色彩表現の能力、カラー・リテラシーに力点を置く情報 としての色彩に関する理解と応用力を向上させるとともに、視覚要素による質感の心理的要因を 学び、それを各種の表現に応用できるようにする。 KEYWORDS: デジタル・カラーカラー・リテラシーセルフ.カラー・パレット配色理論□色空間・色体系カラー・マネ ジメント色覚シミュレーターカラーモード,カラーアピアランス電子ブック

p. 15


2013年度MD専攻領域コアカリキュラム科目一覧(略述)