Page 1

【リード】 Web サイトを記述するための基本的な言語である HTML。その HTML が、前回のバージ ョンが発表された 1997 年から実に十数年の月日を経て生まれ変わろうとしています。この コラムでは HTML の新たなバージョンである HTML5 の驚くべき機能を簡単に紹介すると ともに、HTML5 の登場により Web の世界はどう変化していくか、クリエイティブの現場 はその変化にどのように対応すべきか考えてみたいと思います。 【HTML の歴史】 さっそく HTML5 の具体的な紹介に入りたいところですが、ちょっとその前に HTML5 の 仕様が策定された背景や経緯を駆け足で振り返ってみたいと思います。 ひとつ前のバージョンである HTML4.0 は 1997 年に標準化団体 W3C より勧告され、その 後 1999 年には若干の修正を加えた HTML4.01 が発表されました。HTML4.01 の完成度は 非常に高く、現在でも広く使用されています。しかしながら Web の進化に伴い HTML 文 書以外にも Web アプリケーション、つまりユーザの動きや操作に反応して何らかの動的処 理を行う仕組み(あたかもデスクトップ上のアプリケーションのように動作する gmail が 有名です)への需要が高まってきました。HTML はあくまで「HTML 文書」を作成するの に特化した言語なので、Web アプリケーションを構築するには足りない部分が多いのが現 実です。 現在 Web アプリケーションの多くはブラウザの中のソフトウェアであるプラグインを用い て実現されています(皆さんも動画サイトを利用する際にプラグインのインストールを求 められた経験があるはずです) 。 実際プラグイン無しには現在の Web の世界を十分に味わい つくすことができないといっても言い過ぎではないでしょう。しかしながら、プラグイン はあくまでブラウザの「外付けの機能」でしかありません。したがってそこには「エネル ギーロス」と「バグ」というリスクが確実に潜んでいます。例えばあなたが外国で通訳を 雇ったとします。その場合、あなたが同じ言語で直接会話する場合と比べて、そこには余 計な費用が発生し、通訳のスキルによっては誤解の可能性が生じるのと同じです。 少し話がそれましたが、 HTML による Web アプリケーションへの対応が求められるなかで、 HTML を拡張する必要を感じた Mozilla、Opera、Apple のブラウザベンダー3 社は 2004 年に WHATWG を設立し、 HTML の改訂に乗り出しました。 2007 年には W3C 内でも HTML ワーキンググループが設立され、WHATWG と共同で HTML5 の策定が始まり、現在に至 っています。 HTML5 は、まだドラフト(草案)の段階にあり、実際の勧告は 2012 年の 3 月とされてい


ます。ただ、ブラウザの対応状況を考えると正式な勧告までにはもう少し時間が必要でし ょう。しかしながら仕様の一部は徐々に各ブラウザに実装されてきており、勧告前でも実 際に利用することができます。ブラウザの実装状況をみながら「使える機能から使ってい く」という状況がしばらくは続きそうです。


【そもそも HTML5 って?】 では実際に HTML5の仕様を見ていきましょう。HTML5 の特徴を簡単にいうならば以下 の 2 点が挙げられます。 1.

文書のさらなる構造化

2.

Web アプリケーションへの機能提供

「文書のさらなる構造化」 HTML は簡単に言えば「構造化された文書」を作成するための言語です。Web ページに記 載された内容を<h1>や<a>といった HTML タグで括ることによって、それが「見出し」な のか「リンク」なのかを定義しています。HTML5 ではより高度な構造化が図られることに なりました。 HTML5 は「HTML4.01 からの改訂」という一言で片づけられるものではありません。

safsd  

sadfasdfa s