Issuu on Google+

07  ハルマゲドン以降の時 と場所を考察する

info@yoberu-t.com   

  ヨベルの角笛       www//http:http://yoberu-t.com/


ハルマゲドン以降の時と場所を考察する

19 章 ┱ 都 o б Y S b 峨 o g > q íéB а z [ б [两 ]g 栄光をささげよう。较闲j硅激H躯襄し,その妻は 街侵ò颅D[Gěc>īа ┲ z Q g 瘦 眶 k б 樊 K б 鲁 @ б 棱 泅 j 秉 袜 素 c 僚 ò 装うことを許された。棱泅j秉袜素k赂fī狙[] j肪j谎仓ò撕ōUのである」。 ┳ Y S b 瘦 k ō[ S g 航 B б ǔ O B 款 I f Q @ а 较 闲j硅激j室Qūg来Gí[狙[]k哗@c>īùа 瘦kz[ō[Sg航BбǔOíěk两j良究jOd ばである」。 ┫ ┫ z [ б ō[ S k 谴 H 胆 G íb @ īj ò酣 [ а U īdб酣éб娠@商H [ @[ ]аYSbбYíg厘_ ている者は忠実また真実ととなえられ,その者は義 をもって裁き,また戦う。 ┫ ┬ 瘦 j 钨 k 赐 j 崇 c > èб 醛 g k 募 K j 矗 钉 H > īа瘦gk藩Qí[位H>īHб瘦鲸僚jwGk\ れもそれを知らない。 ┫ ┭ Y S b б 瘦 k 归 j 脸 è第 G _ [ 淡 厕 c 僚 ò抿 _ bFèбYjdfDěíī位k两j航弦c>īа ┫ ┮ z [ б 谴g>ī拱搂H娠@商g厘_b瘦j衡g 炕_b@[Hб瘦ěk娠Kb鲁@棱泅j秉袜素òz とっていた。 ┫ ┯ Y S b б 瘦 j 胡 G ěk 逞 K b 贫 @ 跪 H 仁 I 客 b @īаYígé_b狂活萎ò取`[}c>īаz[ 彼は,鉄の杖で彼らを牧する。また,全能者なる神 の憤りの怒りのぶどう搾り場も踏む。 ┫ ┰ Y S b б 瘦 j 淡 厕 g б 究 g Y j 貉 [j d O ǐ ]g б 王の王また主の主と書かれた名がある。 ┫ ┱ ō[ S k z [ б n d èj { 脚 @ H 慕 县 j 陪 g 笑_b@ījò酣[а瘦k匿鹿c辅oб陪谴ò蜀r Uubj聘g航_[бǔQ>б襄fQ@б两j匿I な晩さんに集まれ。 ┫ ┲ 矗 [ ] j 撒 б 拱 角 修 懂 [ ] j 撒 б 脯 @ 狙 [ ] j 撒б商dYíg厘ī狙[]j撒бYSbUubj狙б Ufō]鲸习潦fěog秦虚Féo阔fī狙d匿f ī狙j撒ò力uī[}c>īùа ┫ ┳ Y S b ō[ S k б 坞 坷 d 盘 j 矗 [ ] d Y j 拱 搂 Hб商g厘_b@ī铁dYj拱搂g耐Sb蚂@òU ī[}g康z_b@ījò酣[а ┬ ┪ Y S b б 坞 坷 k 剔 ěD ěíб Y íd 福 g б [坞 坷 ] j铆cSīSò谎f@бYígé_bб坞坷j豺ò 受けた者とその像に崇拝をささげる者とを惑わした 烦峡航狙 ̄ [ 剔ěDěí[ ]а瘦ěk谢铁d ̄碌I[ zzб携川c砂Dī赐j和g晴N畸zí[а ┬ ┫ S G S б Y j w G j 狙 [ ] k б 商 g 厘 _ b @ ī 狙j贫@跪c剑Qí[аYj [ 跪 ] k瘦j胡Gě客 b@ī ̄jc>_[аYSbбUubj聘kб瘦ě j撒 [ ò力ub ] 望]莫è[а 20章 1それからわたしは,ひとりのみ使いが底知れぬ深 {jGJd匿If技ò剧gSb谴Gě垂_b襄īj ò酣[а ┬ Y S b 瘦 k б 勃 瓦 z [ 唉鞍颁 c > ī谐 б U f ō] 初めからの蛇を捕らえて,千年のあいだ縛った。 ┭ Y S b 瘦 ò崎 潘 íh 凉 { g 晴 N 畸 { б [Y íò ] 閉じて彼の上から封印し,千年が終わるまでもはや 狂活萎ò涯ōUOdHcIf@éBgS[аOíě

キリストの到来 较闲j硅激H躯襄 マタイ 25:6 ‐7,13 にある例え話が成就するのはこの時点 でしょう。 「真夜中に,『さあ,花婿だ! 迎えに出なさい』という叫び 声が上がりました。そこで,それらの処女はみな起きて,自 分のともしびを整えました…それゆえ,ずっと見張っていな さい。あなた方は,その日もその時刻も知らないからです」 すでに「大いなるバビロン」も滅び失せ、ハルマゲドン直前 の時点です。 佰蔼肮j钾IЮ胆教Ю袄败跋埃昂颁 天にある軍勢が伴う この「軍勢」とは誰でしょうか。すでに 8 節で白い上等の 亜麻布を装った聖なる者たちについて述べられ、その衣は義 の行為を表していると言われている。義の行為を示す衣服、 聖なる者はいずれも、元来罪人である人間が信仰によって世 を征服して真のクリスチャンとなった人を指す表現です。 ハルマゲドンの裁きにキリストに伴うのは、新婚ホヤホヤの 花嫁である聖なる者たちです。 このことはユダ 14‐15 でこのように預言されていました。 「アダムから七代目の人エノクも彼らについて預言して言い ました。「見よ,エホバはその聖なる巨万の軍を率いて来ら れた。すべての者に裁きを執行するため,また,すべての不 敬虔な者を,不敬虔な仕方で行なったそのすべての不敬虔な 行為に関し,そして不敬虔な罪人が [ 神 ] に逆らって語った すべての衝撃的な事柄に関して断罪するためである」。 新共同訳ではこうなっています。「見よ、主は数知れない聖 なる者たちを引き連れて来られる。」 しかし黙示録では後に従っていると書かれていますが、具体 的に何かをするという彼らの行動については何も述べていま せん。 彼らが裁きに立ち会うのはおそらく、断罪の証人と言うこと なのだろうと思います。つまりキリス トは「忠実、真実と唱えられ」「義を持って裁く」といわれ ていますが、その生き証人として、同じ罪深い人間の立場に あって信仰を示し得たサンプルであって「無理な要求だ」と 言わせる余地のないことを証明できる立場にあると言うこと です。それは次のノアに関する記述に通ずるものだと思われ ます。 (ヘブライ 11:7 )…「信仰によって,ノアは,…敬虔な恐れ を示し,…箱船を建造しました。そして,この [ 信仰 ] によっ て,彼は世を罪に定め,信仰による義の相続人となりました …」 20章 ハルマゲドン直後、サタンが幽閉される 歴史上のクリスチャンと終末(患難期)の殉教者の復活(第 1 の復活)


のことの後,彼はしばらくのあいだ解き放されるは V c > īа ┮ z [ ō[ S k б [榴 х j ]伎 ò酣 [ а Y íg 伎 S b@ī狙[]HFèб钾IòUī刑H瘦ěg霞Dě í[а究gбǖü蔼g`@b谎f_[雷Sj[}б また神について語ったために斧で処刑された者た ]бz[б坞坷 ̄Yj鸣ò ̄溜上WVб地d剧g豺 ò掘MfG_[狙[]j集ò酣[jc>īаYSb 瘦ěk碌I逃èб 佰蔼肮d福g骆涩j>@\矗d Sb街韶S[а ┯ ě搅èj捷潦k骆涩H咖ōīzc碌I逃ěfG_ た。èOík腻查j所靛c>īа ┰ 腻 查 j 所 靛 g > V G ī狙 k 哗 @ f 狙 б 赂 f ī狙 c >īаOíěj狙g耐Sb腻瑞j捷k醇j过蚕 ̄晋 たず,彼らは神およびキリストの祭司となり,千年 j > @ \ 瘦 d 福 g 矗 d S b 街 韶 U īа ┱ Q b б 骆 涩 H 咖 ōīd б 唉鞍颁 k U L g Y j 惑 G ら解き放される。 ┲ 瘦 k 客 b 谎 _ b б 盘 j 绞 个 j 狂 活 萎 б 哎 啊 d 跋 哎 グを惑わし,彼らを戦争のために集めるであろう。 Y íěj 狙 j 榴 k 怠 j 己 j éB c > īа ┳ Y S b б 彼らは地いっぱいに広がって進み,聖なる者たちの 宿営と愛されている都市を取り囲んだ。しかし,天 Gě赐H垂_b瘦ěò|Qxè力_[а ┫ ┪ Y S b б 瘦 ěò涯 ōS b @ [ 勃 瓦 k 赐 d 携 川 d j和g晴N畸zí[аYOk坞坷d烦峡航狙j谢铁 が [ すでにいる ] ところであった。そして彼らは昼  ̄ 舞  ̄ 嚎 èf K 城 吩 g 乱 } 搁 g 悯 B j c > īа ┫ ┫ z [ ō[ S k б 匿 I f 娠 @ 伎 d Y íg 伎 _ b F ěíī铁dò酣[аYj铁j铆Gě地と天が逃げ去 りбYíěj[}j篱跨k酣@\QífG_[а ┫ ┬ Y S b ō[ S k б 捷 ū\ 狙 [ ] H б 匿 f ī狙  ̄ 阔fī狙 ̄бYj{伎j铆g笑_b@ījò酣[а そして,[ 数々の ] 巻き物が開かれた。しかし,別の 巻き物が開かれた。それは命の巻き物である。そし て,死んだ者たちはそれらの巻き物に書かれている 襟叹géèбYj谎f@gS[H_b钾Gí[а ┫ ┭ Y S b б 怠 k Y j 陪 j 捷 狙 ò客 S б 捷 d 袄 案蔼  ̄Yj陪j捷狙ò客Sб瘦ěkYíZí鲸泰j谎f いにしたがって裁かれた。 ┫ ┮ Y S b б 捷d袄案蔼k赐j和g晴N畸zí[。 赐 j 和 б O ík 腻 瑞 j 捷 ò撕 ōS b @ īа ┫ ┯ z [ б \íc ̄б渭j款g款Gíb@f@狙kб赐j和g 晴 N 畸 z í[ а 21 章 1 Y íG ěō[ S k б 新しい天と新しい地ò酣[а 以前の天と以前の地は過ぎ去っており,海はもはや ない。 ┬ z [ б 赂 f ī茄 窖 б 新しいエルサレムが,天から, 神のもとから下って来るjòбYSb鲸泰j嗽j[ }g利_[从茨jéBg街侵ò颅D[jò酣[а ┭ Y íd 福 g б ō[ S k { 伎 G ě客 ī匿 I f 鹿 H O B 航 B j ò潭 @ [ а ǔ 酣 éж 两 j 谴 丸 H 潦 d 福 g > èб[ 两 ] k瘦ěd福g扛{б瘦ěkYj萎dfīc あろう。そして神みずから彼らと共におられるであ ろう。 ┮ z [ [两 ]k 瘦 ěj 钨 G ěU u b j 雄 òh L @ 冯 _ てくださり,もはや死はなく,嘆きも叫びも苦痛も  ̄ k á f @ а 睬 铆 j  ̄ j k 崔 J 冯 _ [ j c > īù а

千年が終わる(20:7) ULg唉鞍颁Ю惑Gě达I贴Qíī 谴Gěj赐Я唉鞍颁Ю赐j和g晴N畸zíī 匿If娠@伎 地と天が逃げ去った 捷ū\狙[]ě匿fī狙 ̄阔fī狙 ̄èH{伎j铆g笑_b いる。 Oíěj潦kǔ怠ù ǔ捷ù ǔ袄案蔼ùGě客bI[潦ха 巻物に従って裁かれる 渭j订抬g款Gíb@f@狙k赐j和gа さて、これはいつの事か。舞台はどこか 明らかにこの復活は20:5の述べる「残りの死人」であり、 「千年が終わるまで生き返らなかった。」とあるので、この時 点は千年の終わった後であり、20:7の「千年が終わると」 からずっと続いていることが分かる。 み座の前にいると書かれているが、出てきたのは地からであ る。天に復活した後、巻物に基づいて裁かれ、命の書にない ものは「火の湖」送りとなるのであろうか。もし天であれば、 永遠の命に裁かれた者は、ずっと天に住むのであろうか。 他の聖書の記述から考えても明らかに舞台は地上である。 链S@谴d链S@盘ò酣īě┬┫д┫è さて、これはいつの事か。 当然のことながら「以前の天と地は過ぎ去っている」。これ は20:11で「地と天が逃げ去り」と現在形で書かれてい る事からも、依然、千年が終わった後の話として継続してい ることが分かる 新しいエルサレムが天から地に下ってくる(21:2)

新共同訳では「新しいエルサレムが、・・神のもとを離 れ、天から下って来るのを見た。」となっている。 「下って来る」という表現からヨハネは地上の観点から 見ている。 復活した人のうち、命の書に書かれている者の裁きに ついて具体的な記述がないが、21:1以降の記述は 間違いなくそれらの人々の得る祝福についての記述で あろう。 まさしく、ここは地上以外の何物でもない。 两{VGě潦d福g扛{Я ̄ká捷 ̄幕j搁煞 ̄查伦f@

20:14ですでに「死」と「ハデス」が第 2 の死で


┯ Y S b б { 伎 g 伎 _ b F ěíī铁 H O B 航 ōí[ а ǔ 酣 éж ō[ S k U u b j  ̄ j ò链 S K U īù а z [ б OB航ōíīаǔ款IfQ@аOíěj航弦k莲乡 できる真実なものだからである」。 ┰ Y S b б Y j 铁 k ō[ S g 航 ōí[ б 「事は成っ [ ж ō[ S k ǔ败 捌úc > è 耙 c > èб 挎 } c あり終わりである。だれでも渇いている者に,わた Sk渭j菱j埋Gě淳fSg霞Dīа ┱ \ íc  ̄ 漏 他 U ī狙 k O íěj  ̄ j ò掘 M 刮 J б ō[SkYj两dfèб瘦kō[Sj较dfīc> ろう。 ┳ Y S b б 寄 衡 j 敬 ` j 枷 晤 ò望 [ S [ 敬 ` j 湿 ò 晋`敬潦j{脚@j查潦H襄bбō[Sd牙SbO B航_[аǔO]ěg襄fQ@а较闲j记c>ī从 茨ò>f[g酣WéBùа ┫ ┪ Y B S b 瘦 k б 须 [j 刑 ]j B ] g ō[ S ò匿 IKb贿匿f桨g臣ūc谎Iб赂fī茄窖ü败唉拜 ムが,天から,神のもとから下って来るのを, ┫ ┫ Y S b 两 j 称 呼 ò男 o b @ īj ò酣 W b K í [аYj樊Ik溉}b帆@舔峦g紧bFèб倘干H 菱篮jéBg咙{I_b樊@b@īGjéBc>_ た。 ┫ ┬ Y íg k 匿 I K b 贿 匿 f 黎 唐 H > èб z [ 亢 瑞 j武H>_[аYSbб武jdOǐgk亢瑞潦j{ 脚@HFèбǖ蔼摆ü败j较ěj亢瑞j笋寞j位H 書き込まれていた。 ┫ ┭ 情 g 江 ` j 武 б 蜕 g 江 ` j 武 б 入 g 江 ` j 武 б 禄g江`j武H>_[а ┫ ┮ Y j 茄 窖 j 黎 唐 g k z [ 亢 瑞 j 亲 你 峦 H > èб Y íg k 较 闲 j 亢 瑞 脚 巧 j 亢 瑞 j 位 H > _ [ а ┫ ┯ d O ǐc б ō[ S d 牙 S b @ [ 狙 k 抬 级 S d S b川高j伯ò晋_b@[а茄窖d武d黎唐ò末ī[ めであった。 ┫ ┰ Y j 茄 窖 k 绞 滴 c > èб Y j 贫 Q k 塌 d 犬 T c >īаz[瘦k伯cYj茄窖ò末_[Hб查往瑞骆 捌úш稗颁啊c>_[аYj贫Qd塌d贿Qk泅S い。 ┬ ┬ Y S b б ō[ S k Y j 陪 g 两强ò酣fG_[。 帽珊狙fīü疤傲两HYj两强c>èб较闲 ̄YB だからである。 ┬ ┭ Y S b Y j 茄 窖 k б 慕 县 á 闺 H 琅 ěU 拴 显 k f い。神の栄光がそれを明るく照らし,そのともしび k较闲\_[Gěc>īа 22 章 z [ 瘦 k б 菱 篮 j éB g 咙 { I _ [ б 渭 j 菱 j 码 òō[Sg酣WbKí[аYík两d较闲dj{伎 から出て, ┬ Y j 匿 粕 èj 陪 厨 ò蝎 íb @ [ а Y S b б 码 j O ]ě模d蝴OB模gkб闺Pdg究ò碌Tб究ò亢 瑞答碌{客Uб渭j巫H [ >_[ ]аYSbбYj巫 j弦k狂活萎ò@áU[}j ̄j [ c>_[ ]а ┭ Y S b б  ̄ k á 醇 j j ǐ@  ̄ f @ а 两 d 较 闲 d j み座が [ その都市 ] の中にあり,その奴隷たちは [ 神 ] に神聖な奉仕をささげるのである。 ┮ 瘦 ěk [两 ]j 舵 ò酣 �� Y j { 位 H 瘦 ěj 地 g > īc > ǐB а ┯ z [ б 舞 k  ̄ B f @ а Y íc 瘦 ěk ともしびの光を必要とせず,太陽の光も [ 持た ] ない。 エホバ神が彼らに光を与えるからである。そして彼 らは嚎èfK城吩g矗dSb街韶Uīであろう。

ある「火の湖」に投げ込まれたのでもはや自然死も病 死も事故死も有罪の裁きの死刑もない。 もし、21:1以降の記述が千年が終わる前であると すると、千年が終わった後、天からの火で滅ぼされる 人の死も、復活して命の書に記されていない人の死も ないはずである。 従って、「死」そのものが滅ぼされるこの記述は間違い なく千年後であり、記述的には「千年が終わると」から、 21 章に至っても引き続き時間の順を追って記録されて いることが分かる。 結局のところ、黙示録には「千年王国」の間のことに ついては全く何も記述していないということが確認で きる。 また神みずから人と共にどこに住むのであろうか。 明らかにこの地上である。 较闲j从茨ò酣WéBЮd@B铣@ 究稼g酣[ ̄jk谴Gě垂_bI[ü败唉拜把 そのエルサレムの詳しい描写 神殿はない

当然比喩的な表現と思われるが、新しいエルサレムつ まり花嫁、天で千年間王また祭司として仕えた彼らは、 神と子羊と共に地に下って来ることになっている。 神殿がもはや必要ではないのは、新しいエルサレム自 体が神の住まいであり、中庭も聖所もない至聖所の実 体がそこに存在するからです。 極めて簡潔に書かれている記述の中で(千年間につい ては何も触れられていない)このエルサレムについて は、妙に詳しく描かれている。これほど詳細な情報を 知ることにどれほどの意味があるのか分からないが、 幕屋や神殿を連想させる記述であることから考えられ るのは、神殿はそもそも神に近づくための取り決めを 物理的に構築したものであり、天に王国(花嫁、エル サレム)が完成すればそれで終わりというものではな く、最終的に地に下って来て全ての計画が完成すると いうことのようです。 そう言うわけで、「事は成った!私はアルファでありオ メガであり、初めであり終わりである」という宣言が なされているのでしょう。 また新しいエルサレムは千年間で終わりかと思ったら そうではなく、「限りなく永久に王として支配する」こ とになっているのです。


07 ハルマゲドン以降の時と場所を考察する