Issuu on Google+

モンゴル情報総合サイト: www.adline.mn

1


目次 ① アルタイカシミアの 支店

Factory store. Altai cashmere LLC, Uildveriin street, Khan-Uul district, right side to Bus-1

Cashmere Mal. North side of Chinggis Hotel, 12th microdistrict, Tokyo street, Bayanzurkh district

1st floor Chinggis hotel, 12th microdistrict, Tokyo street, Bayanzurkh district

2nd floor of Sky shoping center, 12th microdistrict, Tokyo street, Bayanzurkh district

2nd floor of State Department store, 3rd khoroo, Peace Avenue, Chingeltei district

2nd floor of Nomin Department store, Enebish street, Bayangol district

DECOR HOTEL, 1st floor, Bayangol district, Peace Avenue-93, Ulaanbaatar, Mongolia

2

モンゴル基本情報

05/2011

6

日本大使館からのお知らせ

9

2011年のイベント春情報

10

モンゴル基本情報

18

ウランバートル市全体図

20

知って得するモンゴル豆知識

22

活躍モンゴル人インタビュー

26

モンゴルで働く日本人インタビュー

30

モンゴル全体地図

32

ウランバートル市博物館

35

キャンプの注意事項

46

ホテル情報

55

レストラン情報

64

サウナ・マッサージ情報

62

ショップ、お役立ち情報

68

旅のモンゴル語

72

イエローページ

ADLINE LLC

Mobile: 976-99083077, 976-88062959

HP: www.adline.mn

旅のお供に。 ワールドウォーカーモンゴル2011

Photo by Enkhbayar P.


モンゴル情報総合サイト: www.adline.mn

3


4


5


モンゴル情報総合サイト: www.adline.mn

在モンゴル大使館からの お知らせ 駐モンゴル日本国特命全権大使 城所卓雄

モンゴルをご訪問された皆様に,ご挨拶を申し上げます。  まず,3月11日の東日本大震災では,多くの尊い人命が失われました。犠牲となられた方々のご冥 福をお祈り申し上げます。また,被災された全ての方に対し,心よりお見舞いを申し上げます。被災地 の復興にあたりましては,日本政府が一丸となり取り組んで参ります。なお今回の大震災に際し,モン ゴル国政府及び非常に多くのモンゴルの企業,団体,国民の皆様より日本国民に対し,心からのお見舞 い及びご支援を頂いておりますことを,皆様に併せお伝え申し上げます。  さてモンゴルでは現在,豊富な地下資源を基盤とした資源開発分野を中心に,経済が発展しておりま す。更に両国関係について言えば,去る2010年11月の日本モンゴル首脳会談の際に,両国関係を 「戦略的パートナーシップ」に引き上げることを目指すことが合意されました。経済関係の強化を中心 に,日本とモンゴルの関係を一層深めるべく努めて参ります。  在モンゴル日本大使館では,モンゴルを訪問される日本人の皆様,当地で生活されている日本人の皆 様にとって必要な情報を提供しておりますので,ご利用いただければ幸いです。皆様のモンゴル滞在が 有意義なものとなるよう,祈念いたします。

モンゴルでの健康管理について 1. 自分の身は自分で守る!   旅行開始までに必要な予防接種を済ませて下さい。 予防できる病気がたくさんあります。外務省のホームペ ージなどで、注意すべき病気について、事前に調べてお いて下さい。 旅行保険には入りましたか? 保険の緊急移送費用は 十分でしょうか? モンゴルでのけがや病気では、治療費よりも、モンゴル で治療ができない場合の日本までの緊急移送費が問題 です。 クレジットカード付帯などの保険では、移送費用は 数百万円しかカバーされず、1千万円前後かかることも ある移送費に、数百万円の自己負担が発生します。骨折 などであっても、日本に帰国しなければ治療できないこ とがあります。 2.毎日の事だから 食事への注意が最も重要です 最も多い体調不良は、下痢・嘔吐・腹痛・発熱などで、多 くの場合、食事が関係すると考えられます。モンゴル在住 の人たちですら、激しい食中毒に苦しむことがあります。 生水・生卵・生ミルクは絶対に避けて下さい。 レストラン を選び、出された物は十分吟味して、おかしいと感じた ものは食べないようにしましょう。 アルコールについても、普段よりも注意が必要です。

6

3.日本の医療と同じではありません 小さな傷でも破傷風の危険があり、落馬や交通事故に よる大きなけがでは、治療による生命の危険性も覚悟し なければなりません。すべての動物に狂犬病の危険性が あります。いくら病院を探しても、日本と同じ治療は受け られません。なすすべなく命を落とす可能性もあります。 ウランバートルまでの移動に長時間かかる郊外では、な お一層の用心が必要です。 日本ならどこにでもある薬で も、モンゴルでは手に入らないものがたくさんあります。 持病の薬、もしもの時の薬、コンタクトレンズの予備な ど、十分な量をお持ちになることをお勧めします。 4.緊急時の連絡先 ◎ SOSメディカインターナショナルクリニック 11-464325, 464326, 464327(英語可) ◎ ソングド病院(胃痛、腹痛など)70129000 ◎ 国立第二病院(内科系の病気)70150234,70150235 ◎ 国立第三病院(心臓および脳卒中) 11-684049, 687885 ◎ 国立外傷病院(けがのとき)70180136,11-687791 ◎ 国立感染症センター 11-450491(平日のみ),100 ◎ ホープ歯科医院 11-310490(歯科、一部日本語可)

※詳細な情報は在モンゴル日本国大使館ホームページをご覧ください。 http://www.mn.emb-japan.go.jp/index_j.htm


モンゴル情報総合サイト: www.adline.mn

モンゴルの治安状況と安全対策について

在モンゴル日本国大使館

モンゴル警察当局の発表では,2010年の国内犯罪認知件数は19,825件で, ここ数年微減傾向にあります が,首都ウランバートルにおける近年の治安悪化傾向は顕著であり,市内における犯罪認知件数は10,863件と 総件数の54.8%を占めています。  以下,モンゴル滞在中の安全上の注意点などをご紹介します。防犯対策等にご注意いただいた上で,モンゴルの雄 大な自然をお楽しみください。

1 街頭犯罪にご用心!   バスの車内やデパート,中央郵便局,ザハ(市 場)等,人の混み合う場所は当然のこと,白昼の往来 においても, スリ,置き引き等の街頭犯罪被害が多発 しています。また,ホテル等では,就寝中に現金やパ スポートを盗まれたり,ロビーやレストランでも手荷 物を置き引きされる事件が発生しています。モンゴ ルでは,日本人をはじめ外国人は「金持ち」 と見られ ています。犯罪のターゲットになっているという意識 を常に持ち,警戒を怠らないことが大切です。 ○ 外出時には貴重品は極力持ち歩かない。持ち 歩く場合は,貴重品,荷物から目を離さない。 ○ 多額の現金は持ち歩かない。むやみに人前で 財布の中の現金を数えない。 ○ 公共バスは,車内でスリが多発しているため, 極力利用を控える。 ○ デパート等の二重扉では,扉と扉の間に閉じ こめられて金品を奪われる可能性があるため, 扉の内外に人がいる場合は特に注意し,場合に よっては利用を控える。 ○ 上着やズボンのポケットのほか, ウエストポー チ, リュックサックなど,外部から接触されるおそ れのある場所に貴重品を入れない。

る事件も起きており,日本人の犯罪被害は跡を絶ち ません。 ○ 徒歩による夜間外出は,単独はもちろん,複数 人であっても避ける。やむを得ず夜間外出する場 合,遠回りになっても,照明がある人通りの多い大 通りを利用する。 ○ 万一,刃物を突き付けられるなどして,逃げられ ないと感じたら,犯人の要求に従い,無理な抵抗 はしない。 ○ 日中でも,飲酒(酩酊)者には近づかない。万一, 絡まれても相手にせず,人のいる明るい場所を目 指して逃げる。 ○ 高級ホテルでも深夜に酩酊者が廊下を徘徊して いることがあるので,部屋に入り込まれないように 注意する (就寝前には必ず窓の鍵も掛ける)。

3 パスポートの紛失,盗難には要注意!    万が一,モンゴルにおいてパスポートを紛失した り,盗まれたりした場合,大使館でパスポートの新規 発給, または帰国のための渡航書の発給を受けなけ れば,出国することができません。大使館におけるパ スポートの新規発給手続等には所定の手数料・日数 を要しますので,パスポートの紛失や盗難には十分 に注意してください。

2 酔っぱらいは危険!   モンゴルでは,飲酒に起因する犯罪(傷害・暴 4 ここにも注意!    行・強盗等)が多発しています。バーやカラオケ等,飲 特にウランバートルでは,マンホールの蓋がなか 酒を伴う場所での行動には,特に注意が必要です。 ま た, 日中であっても,街頭で酔った暴漢に絡まれたり, ったり,ずれていたりして,モンゴル人でさえも落ちて 金品を強奪される等の事件が発生しています。石で 怪我をする例が見受けられます。特に,灯りの少ない 後頭部を殴打され負傷した事件や,夜間,路上にお ところでの歩行には十分お気をつけください。 いて複数の男に暴行を受けた上に所持品を奪われ

在モンゴル日本国大使館連絡先 代表電話番号:(+976-11) 320777 代表FAX番号:(+976-11) 313332 夜間・休館日 緊急連絡用携帯電話番号:(+976) 99112741 開館時間: 月~金曜日 9:00~17:45 領事窓口時間: 月~金曜日 9:30~12:00

住所

Embassy of Japan in Mongolia Olympic Street, Sukhbaatar District, Ulaanbaatar(Central P.O.BOX 1011)

※詳細な情報は在モンゴル日本国大使館ホームページをご覧ください。 http://www.mn.emb-japan.go.jp/index_j.htm

7


モンゴル情報総合サイト: www.adline.mn

モンゴルで投資や起業をお考えの皆様へ (日本大使館からのお知らせ) 皆様、 こんにちは。 この度は、モンゴルでの投資の注意点についてお話 したいと思います。  モンゴル国内における鉱物資源開発が本格的に 始動するにつれ、モンゴルに投資をしたい、あるいは、 モンゴルで起業したいという方も最近増えてきている ようです。  他方、モンゴルでは、外資を受け入れる基盤が必 ずしも万全に整っている状況にはありません。 とりわ け、ビジネスに関連する法律については、日本語訳は おろか、英語訳も無い場合が多く、自分が耳にしたよ うな法律が本当に存在するのか、あるいは自分が得 どにおいては担当者によって全く異なる説明をされ た情報が正確な情報であるのかを確認することが出 ることがある等の話を伺っております。  つきましては、モンゴルでビジネスをされたい 来ないという悩みをお持ちの方も多いと聞いておりま す。 また、法解釈についても個人差があり、行政機関な と希望される日本人の皆様におかれましては、情報 源を多様化し、1つの事柄についても、1つの情報 源からではなく、様々な人から意見や情報を得るこ とをお勧め申し上げます。 在モンゴル日本大使館では、2009年6月1日 から大使館内に日本企業支援センターを設置し、 日 本語の堪能なモンゴル人法律専門家により、 日本企 業の当地での活動に関する相談を受け付けており ます。皆様の情報源の1つとして、また、セカンド・ オピニオンとしてご活用いただければ幸いです。 現在の法律、インフラ、投資、会計、雇 用等、モンゴルへ投資を考える人必須 のガイドブック。 「モンゴル投資ガイド」を下記のHP からオンラインで読むことができます。

www.adline.mn

~日本企業支援センターについて~ 1.実施日時:毎週水曜日及び木曜日9時から13時の間(当館休館日はセンターもお休みさせていただきます。 また、法律専門家の都合で相談日を変更させていただく場合もあります。 日本企業支援センターの毎月の スケジュールは、当館のホームページ(http://www.emb-japan.go.jp/) でご確認ください。 2.実施場所:在モンゴル日本大使館 3.1回の相談時間:目安として30分程度とさせていただきますがが、 ご相談内容に応じて法律専門家より相談 時間を判断させていただきますので、 ご予約の際に大まかなご相談内容をお教えください。 4.予約:要事前予約 (当館経済班までご連絡ください(大使館代表:320777)) 5.相談料金:無料 6.当館にお越しの際は、お名前と日本企業支援センターで企業相談を受けられる旨を守衛にお話下さい。

外国人はモンゴルで土地を買えるか? モンゴルでビジネスをされたいという日本人の方から、 「外国人はモンゴルで土地を買えるか?」 というご質 問をよくいただきます。 モンゴルでは、憲法によって個人のモンゴル国民のみが土地を所有でき、外国法人及び外国人がモンゴル の土地を所有することは不可能です。 外国法人及び外国人は、国有地については管轄区域の地方行政府と、私有地については所有者のモンゴル 人との契約により、モンゴルで土地を一定期間利用することが出来るのみです。 モンゴル人から土地を購入することは、法律上無効な行為ですので、 ご注意ください。

8


モンゴル情報総合サイト: www.adline.mn

期日

イベント名

6月13 日~ 16日 

ROARING HOOVES INTERNATIONAL FESTIVAL OF MUSIC

日本語で 「轟く蹄 の音」モン ゴルの国 際音楽祭

場所

フブスグ New Music ル県、 ウ Association of ブルハン Mongolia ガイ県

7月5日 TSAATAN FESTIVAL ~6日

ツァータ ン祭り

MONGOLIAN NATIONAL 7月8日 COSTUME FESTIVAL

モンゴル 民族衣装 中央県 フェスティ バル

7月13 日~22 日、 8月7日 ~16 日、 9月3日 ~12日

7月29日 ~8月13 日

7月~ 9月

8月

FOLLOWING IN THE FOOTSTEPS OF GENGHIS KHAN

チンギス ハーン の跡をた どる

主催者

フブスグ ル県

Khuvsgul Montravel

説明    モンゴルや海外のライブミュージックの 歌手やバンドが集まるオープンエアコン サートです。参加者は場所はフブスグルや ウブルハンガイ県に行われます。    祭りでは民族舞踊コンサート、 シャーマ ンの行���なツァータン族に受け継がれて きた文化を見ることができます。 また、 トナ カイのボロにも参加できます。

   モンゴル民族衣装と伝統芸能を紹介す Juulchin World るイベントです。 ウランバートルから65 Tours Corporakm、GorkhiTerelj国立公 tion 園の観光用ゲルキャンプで行われます。

Black Ibex ヘンティ Expeditions ー県 LLC

   チンギスハーンの生まれた場所を馬に 乗って探検するできる。13世紀の衣装、 用具も用意してくれる。手付かずの自然は チンギスハーンの時代とそんなに変わら ない。

   1200km続く国際マウンテンバイクレー スは南ゴビ県、 ウブルハンガイ県、バヤン ホンゴル県、 アルハンガイ県でおよそ9つ のレース各レースの距離は133kmです。 レースはゴビ砂漠からスタートし、モンゴ ル帝国の首都であったカラコルムにあるエ レデネゾー寺院でゴールします。    モンゴル大帝国最盛期の13世紀当時の 13th CENTU中央県、 GENCO TOUR 生活を体験できる施設です。施設内は完全 RY LIVING 13世紀村 エレデ 非電化、遊牧騎馬民族の当時のライフスタ BUREAU MUSEUM ネ郡 イルを徹底的に再現しています。 Progetto モンゴリ ウランバ AvvenMONGOLIA ア バイク ートル tura eventi, BIKE CHALチャレン ~カラコ Mongolia LENGE 2011 ジ 2011 ラム Expeditions and tours

THE GRAND ORCHESTRA OF THE MONGOLIAN NATIONAL SONG AND DANCEl

モンゴル 国立演 舞・音響 楽団

テレル ジ国立 公園

  モンゴル国立演舞・音響楽団は、弦楽器 Juulchin World と管楽器、打楽器から構成され屋外で演奏 フェステバルでは、壮麗なク Tours Corpora- を披露します。 ラシックの代表作とすばらしいモンゴル音 tion 楽の楽曲を併せて楽しむことができます。

9


モンゴル情報総合サイト: www.adline.mn

10


モンゴル情報総合サイト: www.adline.mn

11


モンゴル情報総合サイト: www.adline.mn

12


モンゴル情報総合サイト: www.adline.mn

13


モンゴル情報総合サイト: www.adline.mn

14


モンゴル情報総合サイト: www.adline.mn

15


モンゴル情報総合サイト: www.adline.mn

16


モンゴル情報総合サイト: www.adline.mn

17


モンゴル情報総合サイト: www.adline.mn

18


モンゴル情報総合サイト: www.adline.mn

19


モンゴル情報総合サイト: www.adline.mn

20


モンゴル情報総合サイト: www.adline.mn

21


モンゴル情報総合サイト: www.adline.mn

外国投資局長 ガンゾリグ.B くの要望を法制化しました。  また、モンゴル国に2千万ドルやそ れ に 合うトゥグリク(モンゴ ル 貨 幣 通 貨単位)以上の投資をする外国投資家 にたいし、モンゴル国は国会と定めた 期間を”安定状態契約期間”として投資 家への安定したビジネスを保障してい ます。

 外国投資でモンゴル国の国会が準拠 する政策について話しください  外国からの投資はモンゴル国の安定 成長、発展のためにかかせないものと して政府閣議で決定され、外国からの 投資家支援、投資家の財産を保全、外 国投資に関わる関係諸法を含めた外国 投資法を1993年に批准し、現在に 至っています。  モンゴル国への投資は国憲法、外国 投資法、またモンゴル国が締結した国 際条約で保障されています。外国から の投資はモンゴルの投資家同様に土地 の利用、資産保全など保障されます。  2008年5月29日に変更された 外国投資法によりモンゴル国への外国 からの投資金額は10万ドル以上にな りました。そして投 資 家 たちからの 多

22

登録された外国総投資を分野別で分け てみると地下資源関係に61.3%、商業 に19.7%、金融関係に3.1%、その他が 2.8%となっています。  この期間に日本国から430件近くの 会社が登録され、1億3140万ドルの投 資が行われました。モンゴル国総投資 の3.45%になり、日本は4位の投資国 となっています。  日本の投資を分野で分けてみると商 業関係が46.1%、小企業が21.4%、建 築関係が7.4%、情報関係が7.3%、金 融係が5.4%となっています。

 この機関はいつ設立しましたか?  外国投資庁は1996年に設立し、 外国投資庁の義務を”外国投資法”で法  外国投資の会社、企業に言いたいこ 制化しています。 とは  外国投資長の目的は  モンゴルでは外国投資の会社設立許 -外国投資の成長や輸出を支持する 可は3から5日で速やかに完了すること -外国投資の登録や情報の公開性を ができます。外国投資の企業が簡便に  高める 登 録できるように法制 化し、多くの 外 -小企業の成長にインフラを整える 国投資企業に開放しています。    外国投資に関する詳しい内容はホー  外国投資庁はモンゴル国の投資環境 ム ペ ージ から確 認 することが で きま や国会からの政策を投資家たちに広報 す。ホームページは  し、ビジネス関係を強化するために両 http://www.investmongolia .com 国間の国際ビジネス協議を継続して行 っています。1 9 9 8 ,2 0 0 2 、2  ”World Walker Mongolia”を通じ日 006、2007、2008年に国際 本の投資家たちに次のことをお伝えし 投資家の協議、2009年にヨーロッ たいことはありますか? パ・モンゴル投資家の協議を行いまし  モンゴルには未開発の鉱物資源やた た。 くさんの家畜から生産される資源があ ります。これを日本の高い技術力やノ  モンゴルでは外国投資が入った企業 ウハウで開発していただきたい。あわ はいくつありますか? せて畜 産 や 農 業、情 報 通 信、建 設、観  その中に日本の投資が入ったのはい 光などさまざまな分野にも協業して発 くつですか? 展させる機会がモンゴルには多々あり  どの分野が多いですか? ます。  モンゴルでは1990年から200 9年末までで100カ国の9940会 社の38億ドルの外国投資が登録され ています。モンゴル国で上記の期間に


モンゴル情報総合サイト: www.adline.mn

23


貿易・発展銀行 専務取締役 「TDB Capital」有限会社 副社長副社長 O.オルホン モンゴル銀行業界の雄、貿易・発展銀行が、 「TDB Capital」 という投資会社を設 与えています。現在は貿易・発展銀行 立し、注目を集めています。同社の副社長O.オルホン氏に設立の経緯と国内外 はモンゴルで営業している携帯電話の 4社と取引しており、自社で携帯電話に の投資者が一番必要としているサービスについてお聞きしました。 よる銀行サービスを提供する銀行で す。つまり携帯電話持っているかたな Q:「TDB Capital」はいつ設立されまし ら誰でも我行のサービスを受けること たか。 が可能です。当銀行だけのサービスに  A:昨年のモンゴル銀行法改定により とどまらず他の銀行との取引も行える 2010年末貿易・発展銀行の100%子会社 のは弊社だけの特徴です。 として「TDBCapital」を設立しました。モ 株式や投資の知識取得もこの携帯銀 ンゴル初の総合投資銀行です。 行サービスで実現できるよう準備中で 事業内容は投資コンサルタント、アンダ す。さらに個人、会社からの国内外の ーライター、 ブローカー・ディーラーの各 投資市場に対しても株式売買や現金 業務、保険仲介などのサービスを提供し 取引を安全確実に行うサービス目指し ています。 ています。 Q:投資の会社を銀行の子会社にした のはなぜですか、理由を教えてください。  A:現在モンゴルは世界から注目され、 多くの海外投資者が鉱山業をはじめイ ンフラ、産業、農業など政府がらみプロジ ェクトに投資しています。弊社と取引を いただいている国際投資基金をはじめ、 海外の大手銀行などからはモンゴル政 我々は国内の会社をよく理解 府が実施しているプロジェクトやモンゴ あります。 ルへの投資に強い興味を持っています。 しています。彼らのファイナンスのニー 我行は商業銀行で培った信頼と実績を ズに応え、かつ国内外の市場からの投 活かし2008年に投資銀行研究部門を設 資をいただくために長年、高収益企業 立しました。 この部門が発展して今日の を維持してきました。我々は国際市場 「TDBCapital」 となりました。 でボンドを2回も公開したモンゴル唯 一会社です。 Q: 「TDB Capital」会社は投資銀行とし 銀行においては信頼が一番大事なこと て一番の事業はなんですか? です。貿易・発展銀行は20年間モンゴ  A:当初は海外や国内の投資者向けに ルの市民、お客様たちの信用を失わず モンゴルのマクロ経済、経済分野の調 に勤めてきたと同じく投資銀行「TDB 査。 Сapita」でも成功すると強く確認して モンゴル株式市場や海外の株式市場で います。 売買されているモンゴル株の紹介、案内 などを行います。  Q:モンゴルでは証券や投資につい 主事業は世界の大手投資銀行と協力し てモンゴルの会社や、大型プロジェクト て、一部の知識人しか儲からないと思 に投資し、国内外の株式市場に株やボン われています。 過去にも苦い経験をした人がたくさん ドを提供することなります。また、鉱山や 探鉱の業務をスポンサーし、輸出前の株 います。今後その人たちにどう啓蒙され 式を公開する。つまりIPOする前のスポン ていくつもりでしょうか? A:その通りです。 「TDB Сapital」の サーなどアンダーライターの事業も大事 事業に欠かせない部分はお客様やモ な業務とかんがえています。 モンゴル国内の大手会社や個人でも香 ンゴル市民に株式市場について正し 港、 ロンドン、 トロントやオーストラリアな い知識やアドバイスすることを考えて どの株式市場での証券売買に大変興味 います。証券市場でのビジネスを正し があります。 こうした投資家に海外投資 く教えなければなりません。過去にあ を紹介する一方、国内の株式市場を海外 ったグリーン・イエロー証券の間違い に紹介し、投資のチャンスを提供するブ を二度と起こしてはなりません。特に ローカー事業も行います。 「ErdenesTavanTolgoi」株を全国民に 配当することになっているこの時期こ  Q: 「TDB Capital」のメリットを簡単に そ、正しい情報の提供は大事なことな 言えば 何ですか。ブランドでしょうか。 っています。  A:その通りです。もちろん貿易・発展 1990年と比べると現在の情報技術の 銀行の20年間のファイナンスに対する 発展は私たちにとっていいチャンスを 信頼の上に「TDB Capital」が

24

 Q: 「TDB Capital」会社は人材をどう 育てましたか。会社の将来をどう見てい ますか。  A:まず自社の銀行、貿易、 ファイナン ス管理、販売といった部門で優秀な専 門スタッフを長い期間育成しました。 将来的には海外の有名な投資銀行と 協力してマネージメントを行う予定で す。それに海外での株式売買が集中し た場所には「TDB Сapital」の支店を設 置し、投資基金を作るなどの仕事も予 定しています。 Q:設立間もないですが、現在どんなプ ロジェクトを実施していますか。  A:すでに鉱山業で特に金、銅、鉄鉱 石、コックス、石炭などのプロジェクト に参加しています。今後は優秀な3、4 社を対象に国際金融市場においてIPO を実施する予定です。現在必要な準備 を進め第三者の審査(audit)の実施、 国際的に著名な専門会社にて地層量 の確定認証を得るなどの事業を行って います。 今後は鉱山業だけではなく農業、産 業、建築、インフラなどの分野にも弊社 のサービスを提供していきます。 「TDB Сapital」と協力している取引先の会 社たちは国際金融市場に出て株式を 売買する時期はもうすぐだと信じてい ます。 ありがとうございました。 ご成功wp祈 ります B.ミシェール


United Solutions International Inc.

(株)USI社は2004年に設立され、国内及び国 際市場にてソフトウェア開発事業を行ってきま した。2007年から国内市場向けの様々な製品開 発を行い、お客様のニーズに応えてきました。 弊社は、ソフトウェア開発、システムプログラッ ミング、 ソフトウェア開発アウトソーシング、携帯 電話用のコンテンツ開発、ウェブ開発などに関 する様々なプロジェクトを実施しています。設立 以来、 日本の取引先からオフショアアウトソーシ ングの受注を受けてきましたが、事業を行うと 共にこの分野に関する豊富な経験も培って来ま した。

(専門学校の風景写真)

更に、今まで培ってきたノーウハウ及び経験や 知識を持つ技術者達を基にUSI専門学校を2007 年に設立しました。技術者と学生が同じ現場で 学び、働くことにより、学習と実践を両立させた 環境を整えることを目指してきました。 日本の専 門学校のカリキュラムを基に、情報処理技術者 試験の内容に沿った授業内容でカリキュラム内 容の充実を図っています。専門科目以外に英語 と日本語も学習させ、国際市場において活躍で きる技術者を育成することに努めています。

当社が携わってきた大きな国際プロジェクトの 中には、ネットワーク監視システムと空港施設監 視システムの開発等があります。現在、国内の顧 客依頼のERPシステム(企業資源計画)やモバイ ルディーラーシステム(携帯電話向けのコンテ ンツ)などいくつかのプロジェクト以外に、日本 の廃車処理工場の廃車処理管理システム開発 プロジェクトの事業も行っています。 これは、メ ーカーやお客様の廃車処理依頼に基づき、指定 場所まで引き取りに行くことからその車輌の部 品の分別や解体など適正処分の全ての情報を 処理し、適切な報告書等を印刷するシステムで す。 このシステムは、政府機関の電子情報でデー ターベースを更新する仕組みになっています。

(開発ソフトのディスプレイ写真)

(社内風景写真)


モンゴル情報総合サイト: www.adline.mn

がんばれ 日本! 

モンゴル情報総合サイト: www.adline.mn

「第15回モンゴル国際マラソン大会」参加者大募集! 東北関東大震災に見舞われた日本に元気を! 今年はそんな願いをこめて開催します。 チンギスハーンのふるさとモンゴルで行われる本マラソン大会は、今年で15年目。最も 歴史と権威のある首都ウランバートル市、陸上連盟が主催するモンゴルならではのユニークな「草原マラソン大 会」 です。 優勝した男女には、 「馬一頭プレゼント」や、 「日本大使カップ」、 「ウランバートル市長杯」ほか、参加者全員に記念 Tシャツがおくられます。最また、年長賞、最年少賞、特別賞など民族色豊かな賞品の数々が用意されています。 先導は、 「馬に乗った遊牧民が両国の旗をひるがえして」草原を走る絵のような光景が。 夏の輝くばかりの青空の下、ひつじや馬を眺めながら大草原を走る爽快感を是非、楽しんでください。在モンゴ ル日本大使を先頭に在留邦人たちも一緒に走る家族的な雰囲気も好評です。

参加要項 ①

大会名称:第15回「モンゴル国際マラソン大会」

開催日時:2011年7月24日 (日)

開催場所:ウランバートル近郊・スンジンボルドック大草原

大会種目:1㌔、3㌔、5㌔、10㌔、ハーフ (子どもから高齢者まで)

大会資格:健康な方ならどなたでも

参加者 :日本人とモンゴル人を中心に、 その他の外国人も

⑦ 参加費用:1万円(完走証、記念Tシャツ、昼食、草原パーティー、現地ホテルから会場ま     での送迎費など込み)       ⑧ 主催 :モンゴルオリンピック委員会内「モンゴル陸上競技連盟」 ウランバートル市役所     (観光局)  ⑨

後援  :在モンゴル日本大使館/モンゴル日本人会           

締め切り:2011年6月30日 (木)

⑪ 申し込み・問い合わせ先:マラソン日本事務局TEL:06-6941-2266     (トラベルあさひ内)       マラソンモンゴル事務局Eメール:kon-aya@hotmail.com(日本語で可) ★   本大会参加者のため観光を兼ねたマラソンツアー(7泊8日18万5000円、5泊6      日、その他)を企画しています。  お問い合わせは上記へ。

26

26


モンゴル情報総合サイト: www.adline.mn

NPO法人 海外地域振興研究センターの活動紹介 理事長 上原有恒 仕事をしている方々を中心に、NPO 法人を設立しました。

遊牧の研究をしてきた私が初め てモンゴ ル に足を踏 み 入 れ た の は 2004年の6月でした。機内で「着陸ま で20分」というアナウンスが流れて も、眼下は一面の草原で、街らしいも のを見つけることはできず、”モンゴル は草原の国”という言葉が映像として

深く心に刻まれた瞬間でした。それ 以来今日まで、モンゴルの放牧地利 用管理の調査・研究プロジェクトに 携わることができました。牧民ととも に草原の調査をするうちに、あと一 歩踏み込んでモンゴルと関わりたい と思うようになり、同じくモンゴルの

特定非営利活動法人海外地域 振興研究センターは、海外の小規模 ビジネスを支援するために設立さ れた日本のNPO法人です。活動の柱 は3つあり、一つ目はフェアトレード のための商品開発、二つ目はビジネ スセミナーや研修の開催、三つ目は 地域振興のコンサルティングです。 設立して間もない組織ですが、現在 は、モンゴルを中心に、 フェルト製品 などの手工芸品の商品開発に取り 組んでいます。 当法人が支援しているフェル ト製品は、ウランバートルから西へ 430kmにあるウブルハンガイ県のア ルバイヘールというところで作られ ています。羊とヤクの毛を、自然のま ま使用している、 とてもナチュラルな 製品です。地方都市の地域経済の発 展のためにも、製品の付加価値の向 上と、製品製造に関わる人が一人で も増えるよう、我々も支援をしていき たいと考えています。

フェルトショップ“ハンガイ・ソル”の紹介 ハンガイ・ソルは、 ウブルハンガイ県の県庁であるアルバイヘールにある、小さなフェルトショップです。今回 は、社長であるボロルマーさんに、製品の特徴などをインタビューしました。 - フェルトショップを始めたきっか けは?

ー このフェルトショップの製品の特 徴は何ですか?

私はウランバートルで美術を専 攻しました。舞台の背景画を描く仕事 に就きたかったのですが、当時は男 性ばかりの職場だったので女性がで きる事はありませんでした。出身地で あるウブルハンガイに戻ったあと、国 営企業で働いていましたが、企業の解 散をきっかけに独立しました。 こちら では羊毛やヤクの毛は原材料として 安いまま中国などに輸出されていま した。そこで、製品にしたほうが価値 が上がると思い、フェルト製品つくり を始めました。フェルト製品を作って いる人はたくさんいましたが、自分な らもう少しよいものができるのではと も思いました。

原材料は地元の素材だけを使 用していることが一番の特徴です。 また、使っているものは毛と水と石 鹸だけで、自然の素材のよさをその まま感じてもらえるようにしていま す。素材についてはよいものを選ん で使っています。特にヤクの毛につ いては、特定の牧民と契約して仕入 れています。デザインに関しては、私 の製品には縫い目がありません。バ ッグには内ポケットがついているも のもありますが、糸で縫ったりしてい ません。縫い目がないので、手で触 ったときに優しさを感じてもらえる とうれしいです。色は、羊とヤクの毛 の色をそのまま組み合わせている ので、白、 グレー、 ブラウン、黒の4色 のシンプルなものです。

27


モンゴル情報総合サイト: www.adline.mn

IVNMC  モンゴル子供支援活動

1.

食料 

● 食料援助 ● 食育 

市内政府孤児医院 ナライハ区孤児院への継続食料援助 本校(IVNMC学校で学ぶ)生徒達へ週3回の給食、奨学生への食糧援 栄養のバランスを考え心身共に健康な食生活の指導 2.

教育

● 奨学金援助 ● 自立支援 (インターンシップ) ● 日本語検定資格取得

奨学金援助(2010年 現在69名)孤児、貧窮世帯の子供達へ学費、寮費、交通費援助 職業専門学校を卒業した生徒達にインターンシップ制度導入、本校図書室に日本語図書 1000冊余 紙芝居ビデオ (日本語500 英語300)完備、上級クラスの子供を対象に、 日本語検定資格特別クラスを本年増設、 日本の大学を卒業したエギー校長とゾラ秘書が担当 3.

グリーンプロジェクト

● 温室共同管理作業を通して意識を共有 ● 健康維持 肉食に偏らないバランス栄養理解

本校近隣に100坪温室が完成(2010年)韓国のソン社長、Alfonso氏の協力を得て建築 井戸掘削、安全な水供給機械設置 安全な野菜作りと販売、貸温室を計画し継続を目指す 遊牧民族のモンゴル人と農耕民族の日本人が共に理解と友好を深め、子供達と一緒に収穫の 喜びを分かち合い、バランスの取れた食生活指導  弓道場も隣設 本年完成  4.

友好プロジェクト 医療・文化交流

● 物資援助 衣類 学用品 医療器具 etc  ● 日本医師訪問 検診 指導  文化交流 ● 教育図書作成 (日本語 モンゴル語 翻訳)

日本から救援物資援助衣料、学用・スポーツ用品、園芸用品、本米など コンテナ配送5回) 日本医師団モンゴル訪問による医療交流、子供検診、 カラー写真付教科書の贈呈 (モンゴル 皮膚科医200名へ)各病院へ医療器械、器具、車椅子の贈呈、 サプリメント無料配布、モンゴル医師達の日本の病院と製薬工場の視察援助、 文化交流:モンゴル音楽楽団が来日し、 日本の子供達へモンゴル伝統芸を披露  モンゴル音楽堂で子供コンサート開催、 日本凧の会 子供凧作り教室開催、 日本・モンゴル弓交流で子供達に弓指導、弓贈呈 子供カレンダー作成子供絵辞典試作、 両国の子供が学べる絵辞典を作成中、平和の礎になるコミック誌モンゴル語訳

モンゴル活動 10年の変遷 1999年~2004年  IVNMCモンゴル子供支援NGO設立経緯  モンゴルは1990年のソビエト連邦の崩壊により一気に民主化し、市場経済へ移行しました。 その急激な変化のひずみが弱者の子供達にふりかかり、養育拒否、暴力、貧窮など家出した多くの孤児、マンホールチ ュルドレンが10年前には5000人近く存在しました。 (当時は人口230万 現在274万人) 新藤理事と私は国際ロータリーの命を受け、1999年、初めてモンゴルを訪問し、20数ヶ所の奉仕案件先の現場を視察 しました。当時の第一緊急援助は食料でした。飢えで凍え死ぬ子供達、唯一の暖が取れる マンホール施錠による凍傷で足を亡くした子供達、訪問先の孤児院で次々に置き去りにされた生まれたばかりの赤ち ゃんを胸に抱き涙しました。病気になっても搬送手段の車さえなく、多くの子供達が病院にも行けずに死んで行く姿を 目の当たりにして、 プロジェクト検討する時間などないと感じました。 『車さえあれば子供の命が救える』当時2000ドルで入手可能な中古車(急病の子供を病院へ搬送) を新藤専務理事と緊急寄贈しました。当時は10分に1台の車が通るかどうかの国柄でした。 10年前は月に2万円で60人の子供達の食料1ヶ月の援助が可能でした。 『まず月2万円を2人で捻出し、子供達を飢えから救いたい!』 がモンゴル子供支援(IVNMC)発足のきっかけとなりました。

28


モンゴル情報総合サイト: www.adline.mn

東京のRC(ロータリークラブ) とウランバートルRCが協力してパンアイスクリーム工場 (2ヶ所)母子病院への著音波診断装置、 日本語学校への学用品の寄贈を致しました。 しかし、 ロータリー援助が終了しても子供達を置き去りにできませんでした。 『多くの国にプロジェクト展開するよりも、モンゴルの子供達に奉仕継続する方が良い』 という考えに至りました。

2005年~2007年  モンゴルの急速な発展とインフレ  当初パン工場(第3番目工場はIVNMCで設置)は1人親の就業場所支援の援助としてスタートとしました。多く の一人親達(特に母親)が子供たちの為に働きパン屋を工場先に自力で設置、週2回の孤児達へのパンの配送す るまでになりました。 しかし、急激なモンゴルのインフレでガソリン代が高騰し、パン代より運送費が高額となり、 原材料の小麦粉や米を毎月配給する支援方法の転換を余儀なくされました。又、 日本より多くの医師団 (一和多 教授を筆頭に、呼吸器、内科、眼科の先生方)がモンゴルに訪問下いましたが、子供の病気が解明したにも係わら ず、治療薬が思うように手に入らず、 ストレスが増大した事もありました。 早期診断と適切な治療が必要と清水教授執筆(北海道大学皮膚科)増村氏寄贈の日本の皮膚科医の教科書(英文 翻訳)を200名のモンゴル皮膚科医1人1人に直接手渡しました。 救援物資搬送コンテナも日本より5回に渡りモンゴルへ搬送され、車椅子(古川さん) をはじめ多くの会員の方々よ り衣類、学用品、書籍のご協力を頂きました。文化交流も日本の凧の会が子供に凧作り教室を 子供達に開催、大凧、連凧の実演披露、高柳先生(IVNMC顧問)の弓交流を通して多くの子供達へ弓の 指導、小山氏より四半弓、和弓、洋弓寄贈を頂きました。 モンゴル公会堂にて、子供コンサーが開催され子供達と多くの交流を持ちました。(藤岡さん) 念願のIVNMC日本語学校が2007年末に完成しました。

2008年~2010年  今後の奉仕活動 2009年頃より、インフレが加速(物価は8年間で3倍~4倍)、多くのストリートチュルドレンの姿が消えました。モン ゴル新聞の一部報道では、人身売買で消えた可能性?の記事があり、何時もあの道で私に笑顔で『お菓子あるか なあ?』 と、駆け寄って来た馴染みの子供達もいなくなりました。 厳寒のモンゴルで何時の道に差しかかると、子供達のいたずらそうな顔がうっすらと浮かび、市内を歩く事がやり きれなくなりました。 もうあの子達は生きていないかもしれない?と思うと、ただ、ただ 情けなく、呆然と立ちすくみ、身も心も凍りつきました。 『貧富の差が生命の灯さえ消してしまう?』 と奉仕活動中止も真剣に考えました。結局子供達を助けられなかっ た。大自然の草原の中で子t供達が育ったならば、 こんな事にならなかった筈』次々に建築される市内の高層ビ ル、高級ブランド店、モンゴル資産家(数億円保有)、毎年激しくなる 大渋滞に、ある種の違和感を覚えました。天と地がモンゴルの神様だった筈なのに、金をはじめ、多くのレアメタ ルの掘削に美しいモンゴルの大地が掘り起こされ、鉱物抽出に使用される水銀が川に流れ込み、水俣病症状の 患者も出ました。裕福なモンゴルの人達が、目先の利益ばかりを追求せず、未来を担うモンゴルの子供達に、そし て偉大な財産(大自然)保護に、ほんの少しでも目を向けてくれないか? IVNMC日本語学校を訪問すると.『えぐちー』 と子供達が駆け寄ってきました。たった1年で日本語が大変上達した 子、明るく元気に働きながら自分の食費を学校の余暇に稼いでいる子供達、 この10年で子供達も成長しました。 やっぱり子供達をおきざりには出来ない。 もう少しだけ活動を続けよう。続けたい。 と思いました。子供の笑顔が私のエネルギーです。 この子達の笑顔は、多くの日本モンゴルの会員の方々のご協 力の賜物と思います。子供達全員が満点とは言えませんが、何人かの子供達は確実にまっすぐと成長してきまし た。 リーマンショック以来日本はデフレ、モンゴルはインフレです。援助もインフレの影響で思うようにいきませ ん。 日本も就職難ですが、モンゴルも就職難です。学校を卒業しても就職は大変です。子供達が学校さえ卒業すれ ば就職できると思っていた私の甘さもあり、現実の厳しさを突きつけられています。学校と就職とは大きく違い、 そのギャップに打ち勝てないで、卒業後も相談に来る 子供、途中で挫折してまった子、などIVNMCの活動も新たな転換期?と思える問題が生じています。 日本のNHK紹介の大自然のモンゴルと都市ウランバートルとは全く違った光景です。 ガンボルドさんのお話にもありますが、モンゴルは奇跡の進歩を遂げました。 モンゴルの1年は日本の10年の変化に感じます。10年前は1時間に数台しか通らなかった車が、今や日本よ り深刻な大渋滞が起きています。市内からは30分で充分到着した空港へも2時間半かかることも珍しくありませ ん。 市内は、人口集中のために排気ガスが一杯で、冬のモンゴル市内に美しい青空がありません。 つづく春号...

29


モンゴル情報総合サイト: www.adline.mn

30


モンゴル情報総合サイト: www.adline.mn

31


モンゴル情報総合サイト: www.adline.mn

32


モンゴル情報総合サイト: www.adline.mn

33


モンゴル情報総合サイト: www.adline.mn

34


モンゴル情報総合サイト: www.adline.mn

キャンプの注意事項 • 夏季でも夜になると急激に冷え込むことがあり、セ ーターやウインドウブレーカーは必要です。 • キャンプでは生水は飲まず、市販のペットボトル入 りの飲料水をお勧めします。やむを得ず水を飲む場 合は一度沸騰させた水を飲むように。お茶や、 スー テツァイなどもよい水分補給になります。 • モンゴル料理は肉が主体です。油が多く、料理も単 調なものがたくさんあります。馴れない内は、醤 油、胡椒などの調味料を持参されたほうがよいでし ょう。

• モンゴルでは日本のサービスがそのまま通じること はあまりありません。キャンプにサービスを求める 場合はガイドさんや通訳さんを通じてお願いするの が最良です。 • キャンプ場は郊外にあり、長時間ゆられながら草原を 走ります。途中トイレは無いものと考えて準備をし てください。 • 整腸薬や、傷薬、目薬、防虫クリーム、 日焼け止めク リーム、 ティッシュペーパー、 ウエットティッシュ、 サングラス、懐中電灯、雨具、帽子等は必需品です。

• シャワー設備があつても温水器の都合上、お湯が出 るまで時間がかかります。お湯が出ている事を確認 してから、 シャワーを利用ください。

• キャンプで大怪我や大病になると、車で長時間車に揺 られ病院に搬送します。車輌が使える状態であればい いのですが、緊急を要する場合はヘリコプターや航空 機に頼ることになります。その場合、費用も高額にな るため、 あらかじめ日本で旅行障害保険への加入をお 勧めします。

• キャンプでは水洗便所が増えてきていますが、大半 が浸透式です。中には地面に掘った穴に板をわた し、囲いをした簡便なものもあり、 トイレットペー パーや手洗いが備えてありません。

• キャンプが見えるからといって、一人歩きは危険で す。必ず数人で行動をしてください。

• 乗馬を楽しむ場合、現地のガイドに従ってください。 一人合点は禁物です。

• キャンプでは犬が番犬として飼われている事がありま す。 日本と違い狂犬病の予防注射はしていません。む やみに可愛がったりして、咬まれないように注意し てください。

モンゴル の 大自然を満喫ください

35


モンゴル情報総合サイト: www.adline.mn

36


モンゴル情報総合サイト: www.adline.mn

旅行情報

37


モンゴル情報総合サイト: www.adline.mn

38


モンゴル情報総合サイト: www.adline.mn

39


モンゴル情報総合サイト: www.adline.mn

40


モンゴル情報総合サイト: www.adline.mn

41


モンゴル情報総合サイト: www.adline.mn

42


モンゴル情報総合サイト: www.adline.mn

43


モンゴル情報総合サイト: www.adline.mn

44


モンゴル情報総合サイト: www.adline.mn

45


モンゴル情報総合サイト: www.adline.mn

ホテル・宿泊

46


モンゴル情報総合サイト: www.adline.mn

47


モンゴル情報総合サイト: www.adline.mn

48


モンゴル情報総合サイト: www.adline.mn

49


モンゴル情報総合サイト: www.adline.mn

50


モンゴル情報総合サイト: www.adline.mn

51


モンゴル情報総合サイト: www.adline.mn

52


モンゴル情報総合サイト: www.adline.mn

53


モンゴル情報総合サイト: www.adline.mn

54


モンゴル情報総合サイト: www.adline.mn

レストラン

55


モンゴル情報総合サイト: www.adline.mn

56


モンゴル情報総合サイト: www.adline.mn

57


モンゴル情報総合サイト: www.adline.mn

58


モンゴル情報総合サイト: www.adline.mn

59


モンゴル情報総合サイト: www.adline.mn

60


モンゴル情報総合サイト: www.adline.mn

61


モンゴル情報総合サイト: www.adline.mn

サウナ マッサージ ⇨

62


モンゴル情報総合サイト: www.adline.mn

63


モンゴル情報総合サイト: www.adline.mn

64


モンゴル情報総合サイト: www.adline.mn

65


モンゴル情報総合サイト: www.adline.mn

ショッピング お役立ち情報

66


モンゴル情報総合サイト: www.adline.mn

67


モンゴル情報総合サイト: www.adline.mn

68


モンゴル情報総合サイト: www.adline.mn

69


モンゴル情報総合サイト: www.adline.mn

70


モンゴル情報総合サイト: www.adline.mn

71


モンゴル情報総合サイト: www.adline.mn

P57 P55

スータラ ラウンジ

976-88113844 P57 www.indianrestaurant.mn

P57

エルトロ              976-98001496               anna_enterprises@yahoo.co.jp

ロス バンヂドース   

 976-11-314167 976-99194618 gana@losbandidos.mn www.losbandidos.com

チヨダ               976-11-319635    P57                    976-99049312 ベントベント             976-95959505 P57

P55

P59 P59

ミドリ

976-11-311470 976-91187799 P59 www. wannyq@hanmail.net

レンセンド ラメン

976-11-317223 P52 www.mongol.rinsendo.com P61

ファイヤーキング         

976-99015453  zlfmznzn@naver.com

info@greentaratours.com www. greentaratours.com ブル レストラン   

P58 ウェランダ レストラン                 

ビウオン              976-77400400                   976-77300300 biwon_res_kr@yahoo.com

P55

ミストル ワン 中国料理

P54

976-11-319920

   976-70110060 P60 976-70111212

バンコク レストラン                  ヤマト         

976-11330818 976-99084455 P59 976-91914455  976-11330476 P57  976-50040800 info@yamato.mn P56 www.@yamato.mn

P59

P58 P55 P05

72


モンゴル情報総合サイト: www.adline.mn

スペリングス             976-70129010                    976-11-320738 P46 www.springshotel.mn info.springshotel.mn ニモ 247               976-99087593                    976-99060544 P45

エリン                976-70171717                    976-70170281 www.erininternational.mn

P48

P50 www.reservation@palace.mn P55

ニュウウェスットホテル       976-70183500 P47 info@newwesthotel.mn www.newwesthotel.mn

ニュウワールドホテル       976-70121244 newworldhotel_mn@yahoo.com P46 www.newworldhotel.mn

エルジーツァーゲストハウス       976-70118243                     976-99858419 P46 lg@mbox.mn www.lghostel.com

P62

シシニッポンマッサージ        976-11-*481238

カワジヤパニーズビューティーサロン    976-11-312360 976-99090334 P62 kawabeautysalon@yahoo.com タイマッサージ             976-11-326960 altanzul_13@yahoo.com P63 P63

P47

976-99196613 P46 www.voyagehotel.mn voyage@mongolnet.mn

P63

ジョイマッサージ         976-11-328877+82 P63  976-99113608

P46

976-99053175

ナイラムダル          976-01372-28195 marketing@nairamdalhotel.mn P47 www.nairamdalhotel.mn

P67

タブン ボグド             976-99901187 日本 ショプ              976-99024393

73


モンゴル情報総合サイト: www.adline.mn ドート リゾート             976-99115718                     976-98981499 P37 duutresort@yahoo.com www.duutresort.com P36

P76 P78 P79 タミル・ウエルネッス・センター   

976-11-461473 976-91921575 info@tamirwellness.mn

OT ツアー        エアタランス               976-11-303030 976-11-313131 www.airtrans.mn オンラインチケット   

www.urtu.net

ブリガ ツアー P43 ジューッルチン・ハン・ボグド

ルック・モンゴリア

976-99136772 976-99191761 P04 contact@ottour.com www.ottour.com 976-11-350550 976-99003055 contact@birgatour.com www.tourtomongolia.com 976-50022255 976-50011155 P37 976-88101955 976-11-344488 976-99113150 www.lookmongolia.com info@lookmongolia.com

P01 P02

P16 スカイリゾート                976-1616 976-11-320341   www.skyresort.mn   info@skyresort.mn

P65 P64

アドベンチャー・ジェット・モンゴリア  

976-77379999 976-88092094 www.independent.mn info@independent.mn

P66

ジョー マンダル            976-99095431 P35

ネックス 4G

P38

         976-70109199         976-88114451 ganzooo8@yahoo.com

P42 アパダナ                976-11-680516 976-99013032 P65 yaodgerel1968@yahoo.com P37

モンゴリアン・ネーショナル・ツーリズム・センター P34     976-11-330675 www.mongoliatourism.gov.mn marketing@mongolia-tourism.mn 両替所  貿易・発展銀行

74

    976-11-317299 P33 msvsts_bbsb@yahoo.com 976-11-312362 www.tdbm.mn

P17


モンゴル情報総合サイト: www.adline.mn

Photo by Enkhbayar P.

籍名

KON BAINA UU (コンバイノー) 主な内容 一年間の出来事を写真を 中心に紹介。 発行者 近 彩 (こん あや) 発刊時期 毎年夏(7月) 価格 モンゴルで5000Tg、 日本で500円 入手方法 モンゴルではデパート、主な書 店で販売中。日本での入手方 法に関してはお問い合わせく ださい。 問合先 近 彩 Tel: 976-99042384 E-Mail: kon-aya@hotmail.com 書籍名

MONGOLIA WALKERS (モンゴリア ウォーカーズ)

主な内容 現地に滞在する日本人やモンゴルに 来られる日本人向けの情報誌。 発行者

在モンゴル日本人青年支援  連絡会 発刊時期 年2回 (春冬号、夏秋号) 価格 無料 入手方法 在日本レストラン、 有名ホテル、 在 モンゴル日本大使館等 問合先

MYKコーポレーション Tel :11-319570 E-Mail:myk_nakamura@yahoo.co.jp

書籍名 主な内容 発行者 発刊時期 価格 入手方法

問合先

モンゴル通信 モンゴルの政治、経済、文化に関 する最新情報。 国営通信社モンッアメ 毎週 600Tg モンゴルではデパート、主な書店 で販売中。日本まで郵送も可能。 詳しくはお問い合わせください。 国営通信社モンッアメ  Tel:11-327294 E-Mail:montsushin@montsame.mn

書籍名 モンゴル投資ガイド(CD付) 主な内容 現在の法律、 インフラ、投資、会計、 雇用等、モンゴルへ投資を考える人 必須のガイドブック。 発行者 FIFTA(Foregin Investment and Foreign Trade agency,Mongolia), 独立行政法人国際協力機構(JICA) 発刊時期 2009年3月 価格 無料 入手方法 お問い合わせください。 問合先 JICA モンゴル事務所  Tel:976-11-325939 E-mail: mg_oso_rep@jica.go.jp

75


モンゴル情報総合サイト: www.adline.mn

76

ツアーに関するお問い合わせはこちらへ: adline.llc@gmail.com 976-99151820 (日本語可) 


モンゴル情報総合サイト: www.adline.mn

77


モンゴル情報総合サイト: www.adline.mn

夏季 ¹

Directions

Train numbers

Leave time

Days

Train numbers

Arrival time

1

Beijing-UB-Moscow

3

13:50

4

3

13:20

4

2

Moscow-UB-Beijing

4

7:15

7

4

6:30

7

3

UB-Beijing

24

7:15

4

23

13:20

4,7

4

UB-Moscow

5

13:50

2,5

6

6:30

1,2

5

UB-Erlan

22

20:00

7,4

21

10:40

2,6

6

UB-Zamiin Uud-Hoh hot

34

20:00

1,5

33

10:40

3,7

7

UB-Zamiin Uud

276

16:30

Every day

275

9:25

Every day

8

UB-Zuunbayn

276

16:30

4,7

275

9:25

2,6

9

UB-Zuunharaa/Tunh,Man/

281

17:30

Every day

282

10:20

Every day

10 UB-Suhbaatar/Tunh,Man/

271

10:30

Every day

272

16:20

Every day

11 UB-Suhbaatar/Naushki,Irkutsk

263

21:10

Every day

264

6:10

Every day

12 UB-Darhan-Shariingol-Erdenet

273

20:20

Every day

274

7:40

Every day

13 UB-Sainshand

286

9:35

Every day

285

8:05

Every day

14 UB-Bor-Ondor

286

9:35

3,5,7

285

8:05

1,4,6,

24194, 24193, 24137 24133, 243856, 243861 78

Days


モンゴル情報総合サイト: www.adline.mn

79


モンゴル情報総合サイト: www.adline.mn

80


World Walker Mongolia 2011 Spring