Page 1

じゅんけい かい

(医)惇慧会(株)フォーエバー広報誌 ウイズユーグループ

わたしたちはみなさまと一緒に歩んでいきたい 理 念 人間を大切にする企業風土をつくり、 人間を幸せにする企業を目指します。

指 針 1. 何事にも積極的に挑戦します。 2. 創造力を働かせ、新しい価値を創っていきます。 3. 地域と共に生き、地域に貢献できることを喜びとします。

2016年1月号(Vol.22) 新年のごあいさつ  ◆理事長 穂積 恒 ―――― 2

グループの取り組み

エイジフレンドリーパートナー委員会発足 ―― 7

外旭川サテライトクリニック

看護の意欲を育てる教育制度

在宅療養支援診療所 ―――――――――― 3 ランチビュッフェ ―――――――――――― 4 外旭川病院

看護部だより②「業務改善」―――――――― 6

連載

介護付有料老人ホームソフィー

日本慢性期医療学会参加報告 ―――――― 8 日本死の臨床研究会年次大会に参加して ―― 9 働くヒト大図鑑 1 ――――――――――――― 5 Interview・取材に行ってきました ―――――― 10 メディカルケア情報 Vol.5 ―――――――――― 11


2016 年 1 月 Vol.22

新年のごあいさつ ウイズユーグループ代表 医療法人惇慧会 理事長   穂 積

 今年最も喜ばしいことは一昨年 11 月より休診していた SOSAC の歯科が 4 月より再開することです。 穂積憲が外部での研修を終えて歯科科長として就任します。一般歯科に加えて高齢者の歯科治療にも積 極的に取り組む予定ですので、病院の入院患者様や施設の入居者様にも喜んでいただけることと思いま す。  また今年は来年 10 月秋田市で開催される嘉藤茂先生が大会長を務める「第 41 回日本死の臨床研究会 年次大会」並びに私が大会長を務める仙台市開催の「第 25 回日本慢性期医療学会」の準備が本格的に なる年です。昨年より実行委員会を立ち上げ活動を開始してきましたが、今後も一人でも多くの人に満 足していただける質の高い大会を目指し、万全な準備で臨みたいと考えております。  その他特筆すべきこととしては、6 月にオーストラリア・ブリスベンで開催される「IFA 第 13 回国際 会議」に当グループより鎌田安則、石塚正紀、アユック・クリスチャンの 3 名が参加する予定です。ウ イズユーグループがこれまで取り組んできた「アート・音楽・くもんを用いた療養環境の改善」 、 「高齢 者の虐待問題」、「エイジフレンドリーシティの取り組み」についてそれぞれ発表する予定です。  最後に、秋田県では今、国が定めた「地域医療構想」に基づき二次医療圏毎の必要病床数の策定が進 行中です。秋田市においても急性期、回復期、慢性期を含め多くの病床が削減される予想が出ておりま すが、地域に必要とされる病床は削減されずに残っていくと信じております。外旭川病院で提供してい る緩和ケア医療ならびに慢性期医療が、地域住民の皆様の期待に応え満足していただき、必要であると 思っていただけるよう、今年も更に精進を重ねていく所存ですので、今後ともご指導ご鞭撻の程よろし くお願い申し上げます。

平成28年

4/1(金)~ 歯科診療再開のお知らせ  外旭川サテライトクリニックは、平成28年4月1日 (金) より、 歯科診療を再開します。 お仕事帰りにもご利用いただけるよう、 平日は夜 7時まで診療いたします。  お子さんから高齢者の方まで、患者さん一人ひとりに親切・ 丁寧な治療を行ってまいります。 外旭川サテライトクリニッ クの歯科をよろしくお願いいたします。

【お問い合わせ】 外旭川サテライトクリニック

☎018−869−7200

2


2016 年 1 月 Vol.22 ~住み慣れたご自宅でその人らしさをかなえる医療~

在宅療養支援診療所 在宅療養支援診療所とは  寝たきりなどで通院困難な患者さんが、住み慣れたご自宅や地域でお過ごしいただくた めに、医師や看護師が 365 日 24 時間体制でサポートし、訪問を専門に行う診療所のこ とです。支援診療所の医師・看護師だけでなく、訪問看護ステーション、ケアマネジャー、 リハビリスタッフ、薬剤師など多職種と連携し、利用者様やご家族と相談しながら、ひと りひとりに合わせたサービスを提供します。

どんな人が利用してる?

 寝たきりの方や認知症の方、末期がんの方で痛みを取り除きたい方など、通院が困難な方がご自宅 で診療を受けております。月2回の定期訪問が一般的ですが、患者さんの病状に応じて訪問回数を増 やす場合もあります。

ひとりひとりに合わせたサービスとは?

□病院で行う一般的な採血検査 □尿検査 □点滴管理 □カテーテル交換 □在宅酸素療法 □褥瘡(床ずれ)の処置 □看取りまでのご家族の支援 などです。  ご自宅で生活する安心感などから、治療効果が得られやすい、生活の質 (QOL)が向上するというメリットもあります。

在宅療養は

確かにご自宅での介護負担は軽いものではなく、不安や悩みも多

家族の負担

いものです。在宅療養支援診療所のスタッフは患者さん・ご家族

が多そう…

とのコミュニケーションを大切にし、想いを伺います。そして、 患者さんに関わる全てのサービス担当者と連携して、 「できない」 と決めつけるのではなく、 「できること」 を一緒に考え、 サポートします。

費用がかかる のでは?

ご自宅で受ける医療も医療保険が適用となります。また、身体障害者手帳、特定疾 患受給者証、 生活保護などの公費も適用になります。詳しくはお問い合わせください。

本当に自宅で

病状や患者さんご家族の希望に応じて、それま

過ごせるの?

での主治医の病院への再入院、または外旭川病

私たちがサポートいたします! お問い合わせはお気軽に。

院への入院も調整いたします。例えば、がんの 痛みの疼痛コントロールが必要な場合はホスピ スへの短期入院も可能です。症状が落ち着いた のち、再びご自宅に戻り療養することもできますし、家族 の方の介護疲れを回復するために施設などへの調整もでき ます。「時々入院、ほぼ自宅」など、その方らしい療養の カタチも実現可能です。

(左から) 高橋美由紀(看護師) 、佐藤

美佳(医師)、穂積恒(医師) 、芝山 啓(医師)、佐々木早紀子(看護師) 3


2016 年 1 月 Vol.22

べることは生きること。五感を刺激し て食べることを楽しんでいただきたい。 普段は感じることのできない時間を過ごして いただきたい…そんな思いで、当グループは 様々な食のイベントを行っております。

ホテルシェフが作る美味しいランチを贅沢に 刻み食もペースト食も 秋田ビューホテル様のご協力により実現

護 付 有 料 老 人 ホ ー ム ソ フ ィ ー は 10 月 28 日、 秋田ビューホテル様のご協力によりランチ

居者様からは、「自分で好きなものを選んで食 べられるのは楽しいな。」「ホテルの食事が食

ビュッフェを行いました。普段ホテルでのお食事の機

べられるなんて思ってもいなかった。」「初めてフォア

会が少ない入居者様に、ホテルの高級感あるお食事を

グラを食べたけど、おいしくておかわりしてしまった。

楽しんでいただこうと企画いたしました。過去にそう

(笑)」 「松茸をこんなに食べたのは初めてだ。」などと、

いう経験をなさった方もたくさんいらっしゃるかと思

大好評でした。

い、この機会を通して個々人の様々な思い出を振り 返っていただきたいというのもコンセプトの一つでし

の企画は、フォーエバーの介護付施設「グリー

た。秋田ビューホテル様のご配慮により、各メニュー

の刻み食、ペースト食の対応もしていただき、同じよ

ても喜んでいただきました。今後も皆様に愉しんでい

うなお食事を入居者様に楽しんでいただくことができ

ただけるような食のイベントを企画してまいりたいと

ました。

思います。

段は1階、2階に分かれてのお食事ですが、 今回のランチビュッフェでは、1階のホール

ン」や「ほのか」でも実施し、入居者様にと

面協力していただきました、秋田ビューホテル の皆様には心より感謝申し上げます。皆様のお

に全員が集まり、大勢での食事会を賑やかに楽しく行

力添えにより、お食事を通じ入居者様の笑顔や幸福感

うことができました。

に繋がる機会となりました。心温かいご配慮、本当に ありがとうございました。

食・洋食・中華をそれぞれ準備。入居者様一 人ひとりが食べたいものを選び、召し上がっ

ていただきました。

「和・洋・中」それぞれ取り揃えました。 ビュッフェスタイルは食欲を掻き立て ます。 4

【介護付有料老人ホームソフィー 相談員 杉山 洋樹】

秋の味覚、松茸ご飯です。おいしい香 りが漂いました。松茸入りのおかゆも 準備していただきました。

ご自身で盛り付けが大変な方へは、 ビューホテルの方より盛り付けていた だきました。


2016 年 1 月 Vol.22

①リチャード・ロング氏による壁画も食事空間を演出。②音楽療法士によるクラッシックピアノ演奏を聞きながら 優雅なランチタイム。③何を選ぶか迷いますね!④もちろんデザートも準備。⑤豪華なホテルの食事がテーブルに 並びました。⑥立派な献立表を一人一枚準備していただきました。

1

このコーナーでは、病院や診療所、介護関連施 設などウイズユーグループで働くスタッフを 紹介します。

Q.どのようなお仕事をしてい ますか?

めに、何のために自分たちはこの仕

 入居希望者様への情報提供や入居

す。当たり前なことですが、私たち

に向けた日程調整を行っています。

は「命」に直結する仕事をしていま

また、入居後はご本人・ご家族とソ

す。人生のクライマックスに差し掛

フィーとのパイプ役として、様々な

かった際、どういう毎日、どういう

相談や各種申請などのお手伝いをさ

人生を全うしたいか、どういう最期

せていただいております。

を迎えたいのか…。個人差がとても

介護施設での 相談員の仕事を 紹介します。

事をしているのか。」ということで

大きい部分だと思います。だからこ

「ほっと」できる 毎日を 届けたい 介護付有料老人ホーム ソフィー 杉山 洋樹さん(生活相談員)

Q.思い出のエピソードは?

そ私は、ご本人・ご家族の意向やお

 私は元々介護福祉士としてソ

気持ちにできる限り寄り添い、一人

Q. 最後にメッセージを

フィーで 8 年間勤務していました。

ひとりが「ほっと」できる毎日を送っ

 秋田県初の有料老人ホームとして

相談員に配置転換後も同じ入居者様

ていただけるようにサポートしたい

平成15年8月に開設し、皆様のご支

に関わらせていただいていることか

と思っています。

援のもと12年目を迎えることがで

ら、様々な思い出がありすぎて、一

 その一環として、ホームページの

きました。

言では語り尽くせませんが、たくさ

掲載内容には力を入れています。ソ

 ソフィーでは確かな倫理観を基に

んのやり取りの中で、多くの生活、

フィーを知っていだたくためのツー

仕事しています。入居者様が心の底

多くの笑顔を見させていただいたこ

ルとしてはもちろん、ご本人と離れ

から安心して、笑顔で過ごしていた

とが今でも心に残り、自分の中に生

て暮らすご家族へ情報を発信するこ

だくことへつながると信じているか

きています。

とで、ご本人やご家族の安心感につ

らです。今後もサービスの質を高め

ながると考えています。パソコン画

られるよう改善を恐れず、皆様の生

Q. どのようなことを心掛けて お仕事してますか?

面の向こう側の、閲覧している全て

活をサポートいたします。これから

の方を想像すると、作成意欲も湧い

も変わらぬご支援よろしくお願いい

 最近意識しているのは、 「誰のた

てきますね。

たします。 5


2016 年 1 月 Vol.22

看護部だより

ᅝ᭷‫׌‬

∼業務改善∼

看護部理念「すべての対象者に優しく そして倫理的配慮のできる 自律した看護集団をめざします」を実現させるため、看護部では 3つの柱を軸に取り組みを続けています。 今回は、2つ目の柱「業務改善」について紹介します。

おおやま

大山

きょうこ

京子

外旭川病院看護部長

理念実現のためー2つ目の柱は「業務改善」 

Ƈ‫א‬Ჰƈ ‫ٸ‬ଛ߼ၔᨍ჈᜶ᣄ྽ࣣ

Ƈ‫א‬Ჱƈ ྽ࣣܶྺƼƭǏƼᲲ஡௺

 理念実現に向けて取り組む思いを3本柱として考 成」について述べました。今回は第2の柱である 「業務改善」についてお話しいたします。

人材育成 ①

‫ٳ‬ଖ߷၏ᨈჃᜱᢿྸࣞ ‫ٳ‬ଖ߷၏ᨈ Ⴣᜱᢿྸࣞ

えています(図1、図2)。前回は、第1の柱「人材育

ƢǂƯƷ‫ݣ‬ᝋᎍƴΟƠƘ ƦƠƯ͒ྸႎᣐॾƷưƖǔ ƦƠƯ͒ྸႎᣐॾƷưƖǔ ųᐯࢷƠƨჃᜱᨼ‫ׇ‬ǛNJƟƠLJƢ ᐯࢷƠƨჃᜱᨼ‫ׇ‬ǛNJƟƠLJƢ

症例研究 症 症例 ・ 業務改善 善 サービス向上 ー ② ③

キーワードは「安全を考えた効率化」

振り返り、安全で安心感を与え、倫理的配慮のあ

 業務改善のための基本的な考え方として、倫理3

る優しいケアの手順書を作っております。

原則の一つである「患者に益をもたらす」というこ と (図3)、そして効率化だけにとらわれないこと を強く意識しながら、下記5項目に取り組んでいま

■夜勤者の業務整理と夜間の看護管理を目的に  した夜勤師長の位置付け 夜間は日中に比べスタッフが少なく、夜勤勤務の

す。

負担が大きくなっています。患者と職員の安全管

■職務規定(業務基準と倫理綱領から)の見直し

理を目的に、夜間病棟を統括管理する専属の夜勤

それぞれの職位と資格を持つ役割を再確認し、業

師長を配置させました。その結果、スタッフのス

務内容の認識を共有するため、職務規定の見直し

トレス軽減につながっていると思います。

をしました。また、直属上司・報告者を再度明確 0

0

0

0

0

0

化し、ホウ・レン・ソウの徹底を強化しました。

■看護部組織図と委員会組織図を見直し、

 看護活動の実働部隊の見える化 図4参照。

■診療材料の種類と数の定数化 診療材料の在庫管理を徹底することで購入費を抑

今後の取り組み

えられただけでなく、保管スペースが見やすくな

 上記5項目を継続・実行させていくとともに、今

り物を探す時間が短縮しました。その結果、次の

後さらに3つの取り組みが必要であると考えます。

行動への移行がスムーズになりました。医療機器

①看護方式・二交代の人員配置、特に日勤配置につ

管理委員会実務者会議で認められた材料を適正管

いての見直し②倫理的配慮のある「安全」と「優し

理していきたいと思います。

さ」と「上質なケア」につながる業務手順を各部 門・委員会から意見を出し合い、常時見直しを図る

■日々のケアに関する業務手順の見直し 患者さんによりよいケアを提供するため、入浴・

ながら、患者さんのために何ができるのかを考え、

清拭・口腔ケアなど患者さんに関わる全てのケア

安全なケア、優しさを提供してまいりたいと考えて

の手順書を見直し、これまで実施してきたケアを

おります。

【図3】

【図4】看護部組織図(委員会を含む)

◆3つの倫理原則◆ 清水の3原則

1.相手を人間として尊重する 2.相手の益になるようにする

 (害にならないようにすることも含む) 3.社会的視点から見ても適切な   ようにする 6

③他職種との連携の強化―。常に、理念に立ち返り


2016 年 1 月 Vol.22

グループの 取り組み

医療法人惇慧会、株式会社フォーエバーで構成されるわたしたちウイズユーグループで取り組んで いる様々な活動を紹介します。

ウ イ ズ ユ ー グ ル ー プ

1 WITHYOUGROUP エイジフレンドリーパートナー委員会発足  秋田市は高齢になっても地域社会で活動・活躍す

④認知症サポーター研修を職員が受講する。(受付 などの事務職員)

ることができ、いきいきと暮らすことができる社会 「エイジフレンドリーシティ構想(高齢者にやさし

 上記の項目ごとに計画を作成し、秋田市との事前

い都市) 」を打ち出し、高齢者などにやさしい取り

協議を経て、今年 4 月のパートナー登録を目指して

組みを継続して行う企業を登録する「エイジフレン

います。世界で高齢化が一番進んでいる日本の中で

ドリーパートナー」事業を推進しています。当グルー

も高齢化率が高い秋田から全国や世界へ発信できる

プは、 秋田市とともにこの実現に取り組むことにし、

ような取り組み、さらには地域の活性化につながる

昨年 9 月に委員会を立ち上げました。この委員会は

取り組みをしていきたいと考えています。

各施設・部署より選出した 13 名の委員で構成され、

 これらの取り組みは登録後も 3 年ごとの更新があ

月 1 回のペースで開催しています。

り、更新ごとに新しい取り組みや目標を設定し継続

 秋田市が定めたガイドラインとすでに登録されて

していくことになります。取り組みの内容について

いるパートナーの取り組みを参考に、各施設・部署

の提案や意見等ありましたら、委員会までお申し出

からアイディアを募ったところ、31 項目の提案が

ください。

ありました。その中から、ハード面・ソフト面・予

エイジフレンドリーパートナー委員会(担当:鎌田)

算等を考慮し話し合いを重ねた結果、4 項目に絞り

☎ 018-828-1850(株式会社フォーエバー内)

ました。 第1回エイジ フレンドリー パートナー委員会

①外旭川病院の正面玄関フロアにシルバーカーを設 置する。 ②外旭川病院周辺に花を植え、手入れの町内ボラン ティアを募る。職員で毎月行っているおはようク リーンアップの回数を増やす。 ③地域懇談会、地域講演会を通じた情報発信。出張 講演会の実施。

2 第13回コスモス祭り開催のお礼

 10 月 4 日(日)、第 13 回コスモス祭りが開催され

売するなど好評いただきました。NPO 法人 Friends

ました。あいにくの天候でしたが約 800 名もの方

of I F A Japan(FOIFA) が担当した出店では、法

にご来場いただき、ブラボー中谷さんのマジック

人事務局に在籍するアユックさんの母国・カメルー

ショーや演歌、竿燈、ダンス、参加型ゲームなどス

ン料理を振る舞い、売上金全額(54,500円)を「緊急

テージは大変盛り上がりました。サブテーマ「笑顔

事態へ遭遇した高齢者救済基金」に寄付することが

の花を咲かせましょう」の通り、地域の方、患者さん、

できました。寄付にご協力いただきました皆様、ま

関連施設利用者様などとともに笑顔になることがで

た祭りに参加いただきました皆様ありがとうござい

きました。また、職員が担当する出店では料理が完

ました。

オブ

アイエフエー

ジャパン

フォイファ

カメルーン料理 フライドチキン

フライド ビーンズ

ジョロフ ライス

7


会で発表 を学 し

ます てい

症例研 究

2016 年 1 月 Vol.22

「学びたい」 「患者さんのために」 

看護の意欲を育てる教育制度

第23回日本慢性期医療学会参加報告 外旭川病院品質管理室 歯科衛生士

白幡 芳子

自信を持って ケアを継続し ます

 平成 27年 9月 10日・11日、名

 当院の入院患者さんは、話を

古屋国際会議場で第23回日本慢

することが困難な寝たきりの方

性期医療学会が開催されまし

が多くを占めております。当た

た。この学会は、高齢者医療全

り前ですが、患者さんひとりひ

体の質の向上を図るため、医療

とりの表情を見て挨拶をし、声

現場に従事するスタッフが広く

を掛けながらケアを行っていま

意見交換を行う場であり、当日

す。ケアの前には表情も硬く、

は医師、歯科医師、看護師、薬

緊張している様子の患者さん

剤師などの医療、福祉、リハビリに従事するスタッ

も、ケア実施後は穏やかな表情になり笑顔や発語が

フ約2,500名が参加しました。

見られると、気持ちがほっとします。患者さんひと りひとりが持っているその人らしさを引き出せたよ うな気持ちになり、その瞬間が一番嬉しいです。こ の学会に参加させていただき、これまで実施してき たチームでの取り組みに確信を持ち、自信にもつな がりました。また同じような立場の方との意見交換 で、視野を広げる有意義な時間となりました。  今後はこの取り組みをより充実させていくため

 当院からは「口腔ケアチームの活動による、その

に、歯科衛生士による病棟スタッフへの口腔ケアの

人らしさを支えた患者サービス~リハビリとの連携

指導を強化し、ケアを充

によるQOL向上~」と題して、病棟の歯科衛生士

実させたいと考えてい

が他部門と口腔ケアチームを形成し、患者さんに向

ます。そして、患者さん

けた口腔ケアの実施内容を紹介するポスター発表を

の口腔内環境を整え、経

行いました。発表では、リハビリを実施している患

口摂取を実現させ、在宅

者さんに口腔ケアを行い、その前後でリハビリの効

へと導くことができる

果を検証するもので、口腔ケアによってもたらされ

よう、チーム一丸となっ

た患者さんの表情、発語などの良い変化を紹介しま

て取り組んでいきたい

した。

と思います。 第 41回

2017年(平成29年)10月19日 (木) ・20日 (金) 仙台国際センター 大会長 

穂積 恒

(東北地方慢性期医療協会会長、医療法人惇慧会 理事長) 8

会期 会場

日本死の臨床研究会年次大会 2017年10月7日(土)・8日(日) 秋田県民会館

ほか4会場

大会長:嘉藤 茂(医療法人惇慧会 外旭川病院 ホスピス長)     石川 千夏(市立秋田総合病院 看護師長) 実行委員長:松尾 直樹(医療法人惇慧会 外旭川病院 ホスピス医) 大会事務局: 医療法人惇慧会 外旭川病院

〒010-0802 秋田県秋田市外旭川字三後田 142 TEL: 018-868-5511

見て、 感じて、 考える

日本慢性期医療学会 in 仙台

ケアする私を育む

第25回


2016 年 1 月 Vol.22

第39回日本死の臨床研究会年次大会に 参加して 外旭川病院ホスピス病棟 看護師

多見 しのぶ

死生観 改めて考える 機会を

 10月11日・12日、第39回日本死の臨床研究会年次 大会が岐阜県にある長良川国際会議場で行われまし た。この会は「死の臨床において患者や家族に対す る真の援助の道を全人的立場より研究していく事」 を目的とし、1977年に設立された日本の緩和ケア領 域では最も古くからある研究会です。今大会では、 医療従事者に加え学生、一般市民、ボランティア、 教育関係、福祉関係、宗教関係など様々な領域で活 動されている方々が全国から参加され、約3,000名

 今回の年次大会は「自分らしく逝くために」とい

の参加がありました。

うテーマのもと、6つの会場とポスター会場が設け

 今大会では、ホスピスボランティアと 5階ホスピ

られ、講演やパネルディスカッション、セミナー、

スのスタッフで一人の患者さんについて合同デス

シンポジウムという様々な視点から、自分らしく逝

ケースカンファレンスを行い、その後ボランティア

くということについて語られました。

とスタッフに対してアンケート調査を行った結果を

 中でも、 震災関連特別企画公演で、 ノンフィクショ

発表しました。デスケースカンファレンスとは、亡

ン作家の石井光太先生の講演が印象に残りました。

くなられた患者さんを対象に適切なケアができてい

先生は、東日本大震災の遺体安置所で取材をされ、

たかを振り返るカンファレンスでホスピス病棟では

極限状態で人間がどのように死を受け入れ前に進ん

月に 1~ 2回行われています。スタッフとボランティ

でいこうとするのかということを実際のケースを通 してお話しされていました。この取材を原作化した 映画が「遺体」というタイトルですでに公開されて いたということなので、ぜひ観てみたいと思ってい ます。講演等を聴き、私自身も自分らしく逝くとい うことについて、すなわち自分の死生観について改 めて考えてみようと思いました。  事例発表でも、色々な施設で自分達と同じように

合同デスケースカンファレンスの様子

日々悩みながら患者さんやご家族と向き合っている

アの合同カンファレンスそのものが初めての取り組

ことを実感し、今後の励みになりました。また自分

みだったので、カンファレンスを行うことの意義を

達が、大変な思いをし、日々悩んだ事例をまとめて

明らかにすることを目的としました。

発表することは大変なことですが、違った視点から

 今回対象となった患者さんは、ボランティアと直

色々な意見が寄せられ、そこで得るものも大きいと

接かかわる場面が多く、ボランティアの存在にとて

感じました。

も支えられていたと病棟スタッフも感じており、合

 今回、死の臨床研究会の年次大会に初めて参加さ

同カンファレンスを開催しました。

せていただき、 緩和ケアに関わる方々の熱意を感じ、

 合同カンファレンスを通して私自身も、当院のホ

とても刺激になりました。これまで岐阜県には縁が

スピスボランティアに対し改めて深い感謝と尊敬の

ありませんでしたが、 名古屋からのアクセスも良く、

気持ちを持ち、今回の大会を通してホスピスボラン

それでいてのどかな雰囲気の街でした。 2017年には、

ティアの活動の素晴らしさを多くの方々に知っても

秋田県で年次大会が開催されますので、今回の経験

らえたらと思い発表をしてきました。

を活かし、参加できるのを楽しみに思っています。 9


2016 年 1 月 Vol.22

 看護・介護の現場から離れ、職場復帰を考えてい る方を対象に平成27年4月より「復職支援プログラ ム」をスタートさせました。結婚や子育てなどでブ ランクがある方はもちろん、まだ働く予定がなくて も勘を取り戻しておきたい方など、少しでも不安を 取り除いてもらいたいという思いから外旭川病院看 護部発信で始めた制度です。これまで 8 名がこの 制度を利用し、現在 5 名が外旭川病院で働いてい ます(平成27年12月現在)。この復職支援プログラ ムを利用し、現在療養病棟に勤務している田﨑さん にお話を伺い、復職支援のメリットを紹介します。

復職支援プログラムを利用して―自分が働く姿が想像できた 外旭川病院療養病棟勤務 田﨑さゆりさん ■医療現場への復帰のきっかけは?

■緊張の毎日、自信に変えていきたい

 結婚、出産、育児など看護現場から離れて 11 年

 基本的な知識や技術面など、分からないことがた

以上経ってしまったのですが、子育てが一段落し、

くさんあり、緊張した毎日を過ごしています。自信

時間的に余裕ができたので、もう一度看護師の仕事

をもって看護を行うにはまだまだ努力が必要です。

をしたいという思いからでした。

しかし、上司やスタッフの方の言葉に励まされ、先

■ 11 年以上のブランクは不安しかなかった

輩方のケアの様子や患者さんに掛ける優しい言葉・ コミュニケーション力など、これからもっと経験を

 ブランクが長すぎて、その間の医療知識、技術な

積み、自分の看護を自信に変えていきたいと思って

どの変化に対応できるのか、本当に働いていけるの

います。

か不安しかありませんでした。その不安な気持ちを、 担当してくださった大山看護部長にお話ししたとこ

■この制度のメリットは?

ろ、復職支援プログラムの存在を知り、受けてみる

 人事採用担当の沢田石副看護部長は 「この制度は、

ことにしました。

実際の医療器具に触れ、点滴などの実技研修を受け

■実際にやってみて、働く自分が想像できた

ることで希望者の不安や抵抗感が大幅に減少する。 病院側にとっても採用が決まってから『思っていた

 復職支援では、知識面、技術面などで私が不安に

のと違った』 『できないから辞める』といった離職

感じていることをヒアリングしていただき、その内

のリスクが大幅に軽減できるので、両方のメリット

容に合わせスケジュールを組んでもらいました。そ

が大きい」と話します。また、大山看護部長は「外

のおかげで不安な部分を重点的に体験することがで

部からの希望者だけでなく、在職者が産休・育休な

きました。採血や注射等の実習、病棟での看護体験、

どで休みに入り、その間の人事異動などで職場のメ

介護ケアの様子なども見ることもできました。実際

ンバーの入れ替えを不安に感じる人もいると思う。

に病棟で使用している医療機器を見るだけでも、昔

復帰する前にヒアリングなどの時間を作り、その人

の記憶や勘を取り戻すことができたように感じまし

が不安に感じていることを聞いていきたい。スタッ

た。担当のスタッフから業務内容を丁寧に教えてい

フはどんどん活用して、長く活躍してほしい」と今

ただいたり、病棟師長から長期ブランク後、現場に

後もスタッフへのサ

復帰した経験談を伺い、励みになりました。この支

ポート体制を充実さ

援制度は、自分が病院で看護師として働くイメージ

せていきたいと話し

を持たせてくれ、働く自分を後押ししてくれたよう

ていました。

に感じます。

復職支援プログラム利用者数 在職者

外部

合計

看護師

看護補助者

合計

平成27年12月現在

看護師・介護福祉士の資格を持ち、看護・介護の現場で仕事がしたい、仕事復帰した

復職 支援 プログラム 10

いと考えている方など、お気軽にお問い合わせください。 外旭川病院看護部 TEL018-868-5511(担当:沢田石)


2016 年 1 月 Vol.22

メディカルケア情報

Vol.5

自宅にいながらエクササイズ 筋肉量を維持しよう 外旭川訪問看護ステーション 理学療法士・ジョーンズ佳子さんに伺いました。  老化は誰にでも訪れます。超高齢社会といわれる現在、「介護予防」や「認知症予防」などの言葉が、テレビ や新聞・雑誌で多く取り上げられるようになり、「年をとっても寝たきりになりたくない」「老化を予防したいが、 何をどうしたら良いのかわからない」と思う方が多いと思います。介護状態になることを予防する方法は一人ひ とり違います。どのような予防の方法が自分に合っているのか考えましょう。

ご自身の状態を把握しましょう。 □体重減少(日本人の体格だと、1年間で2~3kg 減っていたら要注意) □ (最近、 以前より)疲れやすくなった □筋力の低下(例えば、買物で2ℓのペットボトルなどを運ぶのが大変になった) □歩くのが遅くなった(横断歩道を青信号の間に渡るのが難しくなった) □身体の活動性の低下(最近、趣味のサークルに出かけたりしなくなった)  この中で3つあてはまったら「 (年齢に伴って)筋力や心身の活力が低下した状態」になっている疑いがあ ります。当てはまった方は、それを放置していると介護が必要な状態につながる可能性があります。

「年だから仕方がないよ」と言わないでください。  運動の効果に年齢は関係ありません。これまで一般に、老化は右肩下がりに進んでいくと考えられてきまし たが、 亡くなる少し前までは身体の機能は比較的維持されていることが分かってきました。  運動によって、頭や身体の老化を抑えられるだけでなく、若返ることさえ可能になります。運動は何歳からで も良いですし、 体力に自信が無い方ほど、正しい方法で取り組めば効果的なのです。

体操や散歩に取り組みましょう。  毎日の生活動作そのものを「○○しながら運動」にできます。トイレまで歩いて行く、新聞を取りに行くな ど、こまめに動くことが大切です。安全で効果的な運動(足腰を鍛える、椅子を使った運動)のほんの一部を紹 介します。 (下図参照)  内容に不安のある方は医師、理学療法士、他のリハビリ専門職などにご相談ください。  体操などリハビリだけでなく、食事や感染予防(肺炎やインフルエンザなど)、持病のコントロール(定期 的な受診、服薬)も重要です。全てセットで介護予防を目指しましょう。 目安の回数

10

左右各 回 (2~3セット)

足腰の強化

足腰らくらく体操

立位の体操方法

安全で効果的 な方法・注意 点 背もたれ付き で安定した 椅子を選ぶ 息を止めない 反動をつけず にゆっくりと 行う

痛みの出ない 範囲で行う 体調に応じて 運動量を 調節する

爪先立ち

もも上げ

脚を横に開く

膝を伸ばしたまま後ろへ引く

座位の体操方法 爪先立ち

もも上げ

脚を横に開く

①膝を伸ばし爪先を上げる ②爪先を押し付けながら引き寄せる 〈参考文献〉秋田県横手市「健康の駅」らくらく体操

11


2016 年 1 月 Vol.22

 当グループが所有しております「ヨーゼフ・ボイス」の作品が、大阪府・国立国際 美術館に出展されることになりました。  ヨーゼフ・ボイス(Joseph Beuys / 1921 ~ 1987 ドイツ生まれ)は、戦後ドイツ を代表する作家。社会彫刻という概念を生み出し、あらゆる人は芸術家であるとの概 念で、芸術を社会や社会制度まで拡張させることを試み、芸術の可能性を飛躍的に拡 大させました。ボイス自身の存在を強烈に喚起しつつ、熱による可塑的な人間性も同 時に示唆する《フェルト・スーツ》 、玄武岩の凝固性とウサギの流動性が、あるべき人 間の在り方を象徴する《石の野うさぎ》の2作品が、本展覧会で展示されます。 【作品(上) 】 作品名:Filzanzug(フェルトスーツ)、1970 年、フェルト製スーツ、170 x 60 cm 【作品(下) 】 作品名:Hasenstein(石の野うさぎ)、1982 年、玄武岩に金のスプレー、170 cm 展覧会名:エッケ・ホモ 現代の人間像を見よ 会  期:2016 年 1 月 16 日(土)─ 3 月 21 日(月 ・ 祝) 会  場:国立国際美術館 地下 3 階展示室(〒 530-0005 大阪市北区中之島 4-2-55) 開館時間:10:00 ~ 17:00 主  催:国立国際美術館、朝日新聞社 協  賛:ダイキン工業現代美術振興財団 アートコンサルタントが教える『新美術品投資』 加藤 淳 ( 著 ) / 184 ページ / 定価:1,500 円+税 ウイズユーグループのアートコンサルタントである加藤淳氏が本を出版いたしました。 本書では、美術品投資について分かりやすく解説しております。

地域とともに 医療と介護の安心をー http://www.jkk-sotohp.or.jp

医療法人惇慧会

株式会社フォーエバー

➊外旭川病院 〒 010-0802 秋田市外旭川字三後田 142 TEL 018-868-5511 FAX 018-868-5577 ❷外旭川サテライトクリニック (SOSAC) 〒 010-0802 秋田市外旭川字中谷地 46 TEL 018-869-7200 FAX 018-868-7200 ❸グループホーム サラ・エン 〒 010-1608 秋田市新屋北浜町 21-47,48 TEL 018-823-6711 FAX 018-823-6713 ❹外旭川訪問看護ステーション/介護支援センター 〒 010-0802 秋田市外旭川字中谷地 46 SOSAC2 F TEL 018-868-5718 FAX 018-868-5531 ❺新屋地域包括支援センター エンデバー 〒 010-1632 秋田市新屋大川町 18-7 TEL 018-888-8761 FAX 018-888-8762 ❻外旭川地域包括支援センター コネクト 〒 010-0802 秋田市外旭川字梶ノ目 814-5 TEL 018-869-7755 FAX 018-868-5570 ❼勝平地域包括支援センター シンシア 〒 010-1613 秋田市新屋朝日町 12-1 TEL 018-883-3055 FAX 018-883-3056

❶介護付有料老人ホーム ソフィー 〒 011-0935 秋田市将軍野向山 13-42 TEL 018-845-8411 FAX 018-845-8422 ❷介護付有料老人ホーム グリーン 〒 010-0802 秋田市外旭川字三後田 184 TEL 018-869-7050 FAX 018-868-3810 ❸介護付高齢者優良賃貸住宅 ほのか 〒 010-0041 秋田市広面字糠塚 102-1 TEL 018-884-7736  FAX 018-884-7737 ❹デイサービスセンター ミナミ 〒 010-1616 秋田市新屋松美ガ丘南町 19-8 TEL 018-866-5977 FAX 018-874-7577 ❺フォーエバーケアプランセンター(居宅介護支援事業所) 〒 010-1632 秋田市新屋大川町 18-7 TEL 018-888-8688 FAX 018-888-8687 ❻フォーエバーケアサービスセンター(訪問介護事業所) 〒 010-0802 秋田市外旭川字中谷地 46 SOSAC 2F TEL 018-868-6464 FAX 018-869-7008 ❼フォーエバー現代美術館準備室(FMOCA) 〒010-1632秋田市新屋大川町18-7 株式会社フォーエバー 2F TEL 018-888-9944 FAX 018-828-5264

12

WITHYOU広報誌vol22  

WITHYOUグループが発行する広報誌。