Issuu on Google+


密室育児を解消するには どうすればいいのか?  まだ子どもを産んでいない人は意外に思うかもしれませんが、実は小さな子 どもを持つママは孤独なんです。「密室育児」と言うとちょっと暗いイメージ になりますが、現実に密室に近い育児って多いんです。このことを解消したい と思っているママも多いと思います。人と関わることが苦手なママが、子ども のために人の集まるところへ出かけて行くことは、必ずしも育児問題を解消し ているわけではないようです。それはなぜか… 苦手なのに無理をすることでストレスが溜まり、結局子どもにあたってしまう ことになるのです。でも、子どもには色々な人と関わってほしいと言う思い が、自分のストレスを抑えてでも外出する原動力になっていると言うことは、 とても子ども思いのママだと思います。積極的なママは公共の施設で開催され ている、乳幼児クラブや子育てサークルに参加して、どんどん自分から出会い の場を求めています。公園でも、散歩の途中でも、どんどん話しかけて知り合 いを増やしていけるようです。

では、ちょっぴり恥ずかしがり屋なママは、どうやって孤独になりがちな状況 を打ち破っているのでしょう?話しかけてもらえても、輪に入っていけない。 そんなの返すの言葉に困るから面倒くさい…など、外出が億劫になってしまっ ていることでしょう。それでも、やはり密室育児は避けなければならない… では、どこへ行けばいいのか?

■ 乳幼児クラブ・子育てサークル 様々な遊びや季節感を取り入れた行事を楽しみ、親子の絆や地域の親同 士・子ども同士の交流を深められる場所です。親子での遊びを提供してく れます。

■ 公園・散歩 ベンチで他の子ども達が遊んでいるのを見たり、木陰で休んだりするだけ でも楽しいですよ。まだ歩けない子は公園でベビーカーに乗ってお散歩や ブランコなど、外に出るだけでも子どもはうれしいと思います。

■ スーパーのキッズコーナー 店内に小さい子どもが遊べるスペースがあり、暑い夏の日や雨の日など、 公園で遊べない時には特にうれしい場所です。雨の日も晴れの日も楽しめ ますよ。


育児ストレスを少しでも 解消する方法

 ストレスのない育児があるのなら、こんなにすばらしいことはありません。で も、育児ストレスを感じたことがない人なんていないのではないでしょうか? 自 分の子どもでも、時々イラッとすることもあるでしょう。そんなストレスを少し でも解消する方法をご紹介したいと思います。

一番良いのは、ひとりの時間を作ることですが、あかちゃんを預けて一人になれ ないなら、赤ちゃんとお散歩にでも出かけましょう。外の空浮きを吸うだけでも 気分転換になります。 公園デビューなんて言っても、歩いたり走ったりできるようにならないと公園で 子どもを遊ばせる楽しさがなかったりする人もいるかもしれません。 そんなときは… フラフラと外を歩いてみる。家の前をぐるっと一周するだけでもいいです。近く に公園があれば「遊び」や「友達探し」を目的とせず、ただブラブラとしてみま しょう。 花の咲く季節なら、赤ちゃんと一緒にお花を観賞するだけでも気分が違います。 「でも、その間赤ちゃんと何を話せばいいの?」と聞かれるママもいます。それ は、なんでもいいから話しかければいいのです。適当に話をして赤ちゃんに聞い てもらいましょう。「お花きれいだね∼」とかだけでも大丈夫です。 赤ちゃんは、ママの声をしっかり聞いてくれています。 何かしたいけど、どこへ行こう?と迷っているなら赤ちゃんと一緒に楽しめる 「ベビーマッサージ教室」などはいかがでしょう。生後すぐに始められ、外出し にくい時期でも室内で楽しめます。マッサージによって赤ちゃんの成長もサポー トできるのでオススメです。

親子が楽しい時間を過ごせているならそこに問題は生じないはずです。問題はイ ライラが小さな赤ちゃんに向かうことです。密室育児を暗いイメージで捉えず、 「赤ちゃんとゆったり過ごす時間」と考えて「密着育児」を楽しみましょう。 赤ちゃんが歩いたり走ったりするようになると、自然と外出の時間も増えてくる はずです。自分なりの育児スタイルを大切にしながら、外出の楽しみを見つけて みましょう。いつの間にか近所の公園ではものたらなくなり、ドライブがてらに 大きな公園や施設にお出かけする日も来るでしょう。



キラキラ育時間 Vol.1