Issuu on Google+

S T O R Y...


全く新しいオークションを。


about STORY... 「全く新しいオークションを。」  アートオークションの登場人物は果たして作品だけでしょうか。 私たち STORY... が提案するオークションは違います。 登場人物は作家とあなたです。これから彼らの物語を一緒に創り上げてください。 そして、その素敵な関係を私たちは常に新しい形で提供します。


Page.1

Tsuyoshi Watanabe

毎日がワクワク!! 学生の頃からシルクスクリーン技法を用いて作品を作っています。シルク スクリーン技法は、布などにプリント ( コピー ) されたものが作品となり、 それに至るまでの原画 ( オリジナル ) が作品にならない。下絵と言われるか もしれないが、一番作家の考えが詰まっているのが原画である。学生の頃は、 原画 ( オリジナル ) とプリント ( コピー ) との関係に違和感があったが、最 近原画もプリントも、持ちつ持たれつの関係なのかもしれないと思い始め た。原画がなければプリントできないし、プリントしなければ原画の意味 がない…と。プリントされたものは商品として販売し、原画は残しておい て将来大きな原画展を開くのが夢。

( 平面 )415×415(mm)、( バッグ )240×350×80(mm) ( 平面 ) 紙 アクリルガッシュ ( バッグ ) 綿 顔料 捺染

最低落札価格:¥10.000


Page.2

Nishida Rina

声 花は、何も言わずに枯れてゆく。 もし、時が止まったなら このバラは私たちに何を語ってくれるだろうか。

455×380(mm) 高知麻紙 岩絵具 顔彩 胡粉

最低落札価格:¥10.000


Page.3

Animi Ogura

cryptogamia シダは隠花植物なのでいわゆる花は咲きませんが、 年に一度シダの花畑ができる場所があるという民話がアフリカにあります。 この絵はその話をモチーフに、博物画的に描いたものです。

430×290(mm) キャンバスに水彩 油彩

最低落札価格:¥10.000


Page.4

Akiko Yamahara

see 触れられそうで触れられない。 離れているようで離れていない。 人と人との距離感とは、そういうものなのかもしれない。

171×306(mm) 二点セット作品 アクリル 綿布 糸

最低落札価格:¥10.000


Page.5

Ayako Fujimoto

ライトニング 夜の中で 月光を浴びながら、 仄明るく発光しているような 祖母からもらった名前も知らない花 朝になれば消えてしまいそうな 静かな香りをまといながら。"

328×419(mm) キャンバスに油彩

最低落札価格:¥10.000


Page.6

Shizuka Kaihatsu

My doll

この子は小さい頃からずっと一緒で、大切にしてきたお人形。 いつか人間の姿になって逢いに来てくれたなら…という想いで描きました。

625×550(mm) 高知麻紙に岩絵具 色鉛筆

最低落札価格:¥10.000


Page.7

Miyako Tengyu

くらきよりくらきみちにぞ

タイトルは和泉式部の歌から引用しています。 暗くて先も見えないような道を、傷つかないように獣の皮を被った少女が、 明るい場所を求めてひた走る様子を表現しました。 夜明け前が一番暗くて寒いのだ、というメッセージを込めています。

600×300×210(mm) 3kg 木 ガラス 石粉粘土 鏡 その他

最低落札価格:¥10.000


Page.8

Akiyo Yagyu

sameness

同じです。どこへ行っても、同じです。

412×328(mm) エディション 1/5 写真 ( デジタルクリスタルプリント )

最低落札価格:¥10.000


Page.11

Haruka Sakai

I don t know

日常と非日常の間にある世界。 時には嘘物が本物よりもリアルに見えたり、本物が哀しいほどに頼りなく映ったりする。 うわごとの様な世界の裏に見え隠れする現実を私は表現していきたい。。

600×600(mm) 油彩

最低落札価格:¥10.000


Page.12

Haruka Sakai

im plants : want to go steady

植物の種子・葉・花をモチーフとしたプロペラ状の羽によって空気の動きをとらえて視覚化します。 木を曲げて作り出し、その有機的な形状で植物の茎や根を連想させ、 自然への意識を喚起させることを狙いとしました。

300×440×200(mm) 木 鉄 磁石

最低落札価格:¥10.000


Page.13

SakiInada

にちにちそう

人間の手によって切られたお花の、 命と存在価値の変化を見つめた、 小さな物語の痕跡や想いを作品に残している。

530×455(mm) 木パネルにキャンバス アクリル 鉛筆 パステル

最低落札価格:¥10.000


Page.14

Shihori Hattori

鶏図

682×577(mm) 麻紙 胡粉 墨 顔料 水干絵具 棒絵具

最低落札価格:¥10.000


Page.15

Madoka Yasui

repeat repeat 千鳥格子

この作品は、遠くから見ると一見プリントされた柄のように見えますが、 近付いて見ると、ひとつひとつが手描きであることや、  骨のモチーフが見えてくる、というような、視点によって異なる印象を与える作品です。  日本の伝統的な紋様には、抽象化された紋の中に、深い意味を持ったものがたくさんあります。  この「千鳥格子」には、骨と花のモチーフをくみあわせ、「生命の循環」という意味を込め、制作しました。

530×530(mm) パネル ケント紙 アクリル絵具

最低落札価格:¥10.000


S T O R Y... Page.1

Tsuyoshi Watanabe

Page.2

Rina Nishida

Page.3

Ainimi Ogura

Page.4

Akiko Yamahara

Page.5

Ayako Fujimoto

Page.6

Shizuka Kaihatsu

Page.7

Miyakao Tengyu

Page.8

Akiyo Yagyu

Page.9

Yukyo Yamamoto

Page.10

Yusuke Yagi

Page.16

Tsuyoshi Watanabe

Page.11

Haruka Sakai

Page.17

Rina Nishida

Page.12

Koji Okuda

Page.18

Animi Ogura

Page.13

Saki Inada

Page.19

Akiko Yamahara

Page.14

Shihori Hattori

Page.20

Ayako Fujimoto

Page.15

Madoka Yasui

Page.21

Madoka Yasui


STORY