Page 1

和光

幼児期から成人までの一貫した人間教育

時代を育み 時代に伸びる

学校法人

和光学園

小学校

【交通のご案内】 ◆小田急線「経堂駅」下車、徒歩12分 ◆東急田園都市線「用賀駅」下車、バス(世田谷区民会館行き)  「農大前」停下車、徒歩5分 ◆  東急世田谷線「宮の坂駅」下車、徒歩15分  ◆バス(渋谷∼成城) 「農大前」停下車、徒歩5分 経堂

千歳船橋 砧2

経堂5

豪徳寺

経堂大橋

整骨院●

●クリーニング ●ドラッグストアー

宮坂駅前

農 大 通 り

小児科●

桜丘中 上用賀6

豪徳寺 国士舘大 世田谷区役所

上町

世田谷

世田

谷通 り 区役所入口

桜小前

馬事公苑

世田谷3

関東中央病院

農大前バス停 農大前

●桜小

和光 小学校

東京農大

三本杉陸橋

砧公園 東

用賀駐屯地●

世田谷代田

環七通 り

桜丘2

宮の坂

環八通り

城山通 り

梅ヶ丘

山下

小田急小田原線

三井住友銀行●

若林 東急 世田谷線

松蔭神社前

西太子堂 三軒茶屋

若林

陸上自衛隊

上用賀1

東京IC

用賀料金所

用賀4

新町2

桜新町

上馬 駒澤大学

用賀

首都高速3号線

用賀1

瀬田

新町1

り) (玉川通 国道246号

和 光 小 学 校

h t t p : / / w w w. w a k o . e d . j p / e / tel.03-3420-4353 学校法人

和光学園

和 光 幼 稚 園 〒156-0053 世田谷区桜2-18-18

03-3420-4352

和 光 中 学 校 〒195-0051 町田市真光寺町1291

042-734-3402

和光鶴川幼稚園 〒195-0051 町田市真光寺町1271-1

042-735-2291

和 光 高 等 学 校 〒195-0051 町田市真光寺町1291

042-734-3403

和 光 小 学 校 〒156-0053 世田谷区桜2-18-18

03-3420-4353

和光大学・大学院 〒195-0071 町田市金井町2160

044-988-1431

和光鶴川小学校 〒195-0051 町田市真光寺町1282-1

042-736-0036

法 人 事 務 局 〒195-0071 町田市金井町2160

044-986-6500

企画・制作:株式会社アド・リード 〒359-0025 埼玉県所沢市上安松177-2 TEL.04-2992-3663 http://www.adlead.biz/

http://www.wako.ed.jp/e/


そ ん な 喜 び に あ ふ れ た 学 校

ごあいさつ

三位一体の教育

校 長

子 ども

北 山 ひと 美 和光学園は、創立84周年を迎えます。和光小学校は、戦前、戦後を通じ、一貫 して子どもが主人公の学校であり続けました。子どもたちが生き生きと学び、仲間

三位 一体

とつながりながら生活し、「明日も学校あるといいな」と思えるように、次のような

1 子どもたちを何よりも大事にした学校づくりを進めます。

教職員

PTA

学校づくりを進めていきます。

者=親和

子・親・教師

2 子どもたちの関心や学びのテンポを大事にする手作りの教育で、

●親和会活動

学ぶ楽しさとよろこびを広げ、人と人、考えと考えがつながり、

1ヶ月に一度は学級ごとの親和会(学級

学びが広がり深まる教育を進めます。

PTA)が開かれ、その時々の、子ども・学 習の様子や方向性が教師から語られ、

3 ダイナミックな体験活動や行事を、よりいっそう充実させていきます。

その受け止めや子育ての課題が親から

4 和光の幼稚園から大学までの一貫した教育の中で、

出されていきます。 「のびのびと子ども

すべての人・命・平和を大事にし、

を育てたい」 「個性豊かに育てたい」 「本

自立して生きる確かな力が身につく教育を進めます。

物の学習・体験を子どもに味わわせた

5 父母とともに子育てや教育について語り合いながら、

い」など、様々な親の願いが出され、そ れをどう具体的なものにしていくかが

学校づくりを進めます。

話し合われます。

ぜひ、和光小学校でしかできない体験、学びと生活を、親子で楽しんで下さい。

和光小学校はこんな学校です ● 仲間の中で個性が発揮される

「子ども」が主人公の学校

● 教科教育と総合学習の「手作りの教育」 で

CONTENT S

本物の知性をめざす学校

16∼ 世界とつながる和光小学校 年間行事

● 親と教師が力を寄せ合って

運動会・いちょうまつり・林間合宿

人間教育をめざす学校

劇の会・うたの会・美技術展 和光小学校の卒業生 学校施設案内 学校沿革

1

18∼ 20∼ 22∼ 24∼

2∼ 和光小学校の一日・教育課程・週時間表 4∼ 教科教育/国語・算数・理科・社会(1∼6年生) 6∼ 教科教育/音楽・美術・工作技術・体育(1∼6年生) 8∼ 和光アートギャラリー (1∼2年生) 10∼ 生活勉強/誕生絵本・針仕事・パン作り 12∼ 総合学習/蚕・大蔵大根・多摩川(3・4年生) 14∼ 総合学習/食・沖縄(5・6年生)


そ ん な 喜 び に あ ふ れ た 学 校

ごあいさつ

三位一体の教育

校 長

子 ども

北 山 ひと 美 和光学園は、創立84周年を迎えます。和光小学校は、戦前、戦後を通じ、一貫 して子どもが主人公の学校であり続けました。子どもたちが生き生きと学び、仲間

三位 一体

とつながりながら生活し、「明日も学校あるといいな」と思えるように、次のような

1 子どもたちを何よりも大事にした学校づくりを進めます。

教職員

PTA

学校づくりを進めていきます。

者=親和

子・親・教師

2 子どもたちの関心や学びのテンポを大事にする手作りの教育で、

●親和会活動

学ぶ楽しさとよろこびを広げ、人と人、考えと考えがつながり、

1ヶ月に一度は学級ごとの親和会(学級

学びが広がり深まる教育を進めます。

PTA)が開かれ、その時々の、子ども・学 習の様子や方向性が教師から語られ、

3 ダイナミックな体験活動や行事を、よりいっそう充実させていきます。

その受け止めや子育ての課題が親から

4 和光の幼稚園から大学までの一貫した教育の中で、

出されていきます。 「のびのびと子ども

すべての人・命・平和を大事にし、

を育てたい」 「個性豊かに育てたい」 「本

自立して生きる確かな力が身につく教育を進めます。

物の学習・体験を子どもに味わわせた

5 父母とともに子育てや教育について語り合いながら、

い」など、様々な親の願いが出され、そ れをどう具体的なものにしていくかが

学校づくりを進めます。

話し合われます。

ぜひ、和光小学校でしかできない体験、学びと生活を、親子で楽しんで下さい。

和光小学校はこんな学校です ● 仲間の中で個性が発揮される

「子ども」が主人公の学校

● 教科教育と総合学習の「手作りの教育」 で

CONTENT S

本物の知性をめざす学校

16∼ 世界とつながる和光小学校 年間行事

● 親と教師が力を寄せ合って

運動会・いちょうまつり・林間合宿

人間教育をめざす学校

劇の会・うたの会・美技術展 和光小学校の卒業生 学校施設案内 学校沿革

1

18∼ 20∼ 22∼ 24∼

2∼ 和光小学校の一日・教育課程・週時間表 4∼ 教科教育/国語・算数・理科・社会(1∼6年生) 6∼ 教科教育/音楽・美術・工作技術・体育(1∼6年生) 8∼ 和光アートギャラリー (1∼2年生) 10∼ 生活勉強/誕生絵本・針仕事・パン作り 12∼ 総合学習/蚕・大蔵大根・多摩川(3・4年生) 14∼ 総合学習/食・沖縄(5・6年生)


● ●

1年間に6回あります。

なお、6月は休日授業公開です。

校舎通用口は一箇所で管理。

授業公開

セキュリティ

● ●

せん おし せい、私 えて あげ が る!

10:55

休み時間

発表など学びの時間として。1日を 有意義にスタートさせる貴重な20

12:20

が どんな色 … な か 良い だ! う そ 、 あっ

分間です。

3時限目 4時限目

12:40

お母さん のお弁 大好き! 当 !

昼食

13:20

遊び時間 昼 食を食べた後は

5時限目 6時限目

80分(火・木)のロン グの昼休み。子供た

●ノーチャイム制 ブルに行えるように、 どうしても必要な時以外はノーチャイムを採用しています。またチャ イムに頼らないと、子ども自身がきちんと時間の意義を持って行動できるようになります。

活のリズムにもつながります。ま た、協力することも学びます。

今日1日にあったことを 振り返り、 トラブルの解 決などを話し合います。

校 庭で遊んだり、読

明日の連絡を自分の手

書をしたり、思い思い

帳にしっかりメモ。持ち

にできる大切な時間

物や宿題を確認します。

親の愛情を体で感じるひと時。

■週時間表

各学年の教科編成と配当時数は下表の通りです。

社会

理科

工作 技術

学級 活動

自治 文化

国語

算数

体育

音楽

美術

総合

4

2

2

2

23

7

5

2

2

2

24

3年生

2

5

5

2

2

2

2

1

27

3

2

1

2

3

2

1

5

5

2

2

2

3

1

28

5年生

2

3

2

1

5

5

2

2

2

3

1

28

6年生

2

3

2

1

5

5

2

2

2

3

1

28

1∼6

1∼6

1∼6

1∼6

1∼6

1∼6

1∼6

1∼6

1∼6

1∼6

1∼6

1∼6

1∼6

1∼6

1∼6

13:20 13:40

Ⅳ時限

3

14:00 14:25

14:40

Ⅴ時限

Ⅵ時限

3∼6

そうじ 帰りの会

●昼食は各自弁当持参です。●火と木は、子どもたちの自主的な活動を保障するためにロング昼休み(80分) をとっています。 ▲

2

●「音楽」 「美術」は1年生から、 「理科」 「工作技術」は3年生から専科教師が担当します。 「工作技術」は男女共通で家庭科はありません。

Ⅲ時 限

12:20

1∼6

1∼6

11:35

1∼6

1∼6

10:55

Ⅱ時 限

1∼6

4年生

Ⅰ時 限

10:30

昼 食・遊 び

生活勉強6(表現1を含む)

時間割

9:45

休 み 時 間

2年生

曜日

生活勉強6(表現1を含む)

7

9:05

1年生

時 刻 8:45

表内の算用数字は【学年】 を表しています。

教科

帰りの会

になります。

教育課程 学年

班ごとに力を合わせてやります。

時 間です。友 だちと

下校

15:35

きれいにする習慣は、正しい生

ちが思いっきり遊ぶ

授業の内容によって、 もっと時間を延長したり、区切りよく時間を切ったり。それをフレキシ

■教科編成

掃除

15:10

1∼6 1∼6

帰り の会

1∼6 2∼6

3∼6

15:45

放課後

そうじ 帰りの会

職 員 会 議・校 内 研 究 会 3∼6 4∼6

そうじ 帰りの会

を決める自冶の時間として。また、

1時限目 2時限目

その日をどう過ごすか、各班の方針

朝の会

10:30

時 間の中で。

09:05

笑顔 が 輝き笑い声 が 響く

食はお弁当を持参して下さい。

は学校指定のものがあります。昼

ただし、 ランドセル、帽子、体育着

服装は自由で制服はありません。

が常駐。地域社会との連携。

防犯カメラを3台設置。警備員

服装・持ち物(お弁当など)

たっています。

60名の子どもたちの指導にあ

「明日も学 校へ行きたい」と思える、

指導員2名、臨時職員6名が、約

営で行われています。現在専任

1

和光小学校の 日

学内施設で父母有志による運

学童保育

16:30


● ●

1年間に6回あります。

なお、6月は休日授業公開です。

校舎通用口は一箇所で管理。

授業公開

セキュリティ

● ●

せん おし せい、私 えて あげ が る!

10:55

休み時間

発表など学びの時間として。1日を 有意義にスタートさせる貴重な20

12:20

が どんな色 … な か 良い だ! う そ 、 あっ

分間です。

3時限目 4時限目

12:40

お母さん のお弁 大好き! 当 !

昼食

13:20

遊び時間 昼 食を食べた後は

5時限目 6時限目

80分(火・木)のロン グの昼休み。子供た

●ノーチャイム制 ブルに行えるように、 どうしても必要な時以外はノーチャイムを採用しています。またチャ イムに頼らないと、子ども自身がきちんと時間の意義を持って行動できるようになります。

活のリズムにもつながります。ま た、協力することも学びます。

今日1日にあったことを 振り返り、 トラブルの解 決などを話し合います。

校 庭で遊んだり、読

明日の連絡を自分の手

書をしたり、思い思い

帳にしっかりメモ。持ち

にできる大切な時間

物や宿題を確認します。

親の愛情を体で感じるひと時。

■週時間表

各学年の教科編成と配当時数は下表の通りです。

社会

理科

工作 技術

学級 活動

自治 文化

国語

算数

体育

音楽

美術

総合

4

2

2

2

23

7

5

2

2

2

24

3年生

2

5

5

2

2

2

2

1

27

3

2

1

2

3

2

1

5

5

2

2

2

3

1

28

5年生

2

3

2

1

5

5

2

2

2

3

1

28

6年生

2

3

2

1

5

5

2

2

2

3

1

28

1∼6

1∼6

1∼6

1∼6

1∼6

1∼6

1∼6

1∼6

1∼6

1∼6

1∼6

1∼6

1∼6

1∼6

1∼6

13:20 13:40

Ⅳ時限

3

14:00 14:25

14:40

Ⅴ時限

Ⅵ時限

3∼6

そうじ 帰りの会

●昼食は各自弁当持参です。●火と木は、子どもたちの自主的な活動を保障するためにロング昼休み(80分) をとっています。 ▲

2

●「音楽」 「美術」は1年生から、 「理科」 「工作技術」は3年生から専科教師が担当します。 「工作技術」は男女共通で家庭科はありません。

Ⅲ時 限

12:20

1∼6

1∼6

11:35

1∼6

1∼6

10:55

Ⅱ時 限

1∼6

4年生

Ⅰ時 限

10:30

昼 食・遊 び

生活勉強6(表現1を含む)

時間割

9:45

休 み 時 間

2年生

曜日

生活勉強6(表現1を含む)

7

9:05

1年生

時 刻 8:45

表内の算用数字は【学年】 を表しています。

教科

帰りの会

になります。

教育課程 学年

班ごとに力を合わせてやります。

時 間です。友 だちと

下校

15:35

きれいにする習慣は、正しい生

ちが思いっきり遊ぶ

授業の内容によって、 もっと時間を延長したり、区切りよく時間を切ったり。それをフレキシ

■教科編成

掃除

15:10

1∼6 1∼6

帰り の会

1∼6 2∼6

3∼6

15:45

放課後

そうじ 帰りの会

職 員 会 議・校 内 研 究 会 3∼6 4∼6

そうじ 帰りの会

を決める自冶の時間として。また、

1時限目 2時限目

その日をどう過ごすか、各班の方針

朝の会

10:30

時 間の中で。

09:05

笑顔 が 輝き笑い声 が 響く

食はお弁当を持参して下さい。

は学校指定のものがあります。昼

ただし、 ランドセル、帽子、体育着

服装は自由で制服はありません。

が常駐。地域社会との連携。

防犯カメラを3台設置。警備員

服装・持ち物(お弁当など)

たっています。

60名の子どもたちの指導にあ

「明日も学 校へ行きたい」と思える、

指導員2名、臨時職員6名が、約

営で行われています。現在専任

1

和光小学校の 日

学内施設で父母有志による運

学童保育

16:30


1年生∼6年生

国 語

算 数

詩や、 ことばあそび、 うたをみんなでリズム良く、声に出して読み楽しん

私たちの生活には、算数を使って考えていることがたくさんあります。

だり、厳選した文学作品のテーマと表現をじっくり読み深めていく授業

買い物をする時、おやつを仲良く分ける時など。算数の学習とはプリン

をつくっています。科学読み物では、本物も持ち込んで、常に新鮮な驚

トに答えを書き込むことだけではなく、現実の世界でおきていることを

きをもって読み進められるような授業もつくっています。1万冊を越える

数字の世界に置き換えて考え、解き明かしていくことだと考えます。 「平

蔵書の図書室の本や紙芝居も大活躍です。また、かな文字も漢字も1

均」の求め方がわかったら、自分の回りの世界の数字を平均してみて、

文字1文字授業で大切に扱い、和光小学校オリジナルのテキストを

そこから何が見えてくるかを考る等。公式に当てはめて解けることだけ

使って、 じっくり楽しく学んでいます。自作の俳句や詩、作文を発表・交

が算数の学力のようにとらえがちですが、 「なぜこの方法で解けるの

流しながら 「書く」 ことに楽しみを見つけるような学習内容も組み込ま

か」がわかったり、学ぶことで世の中の見方が広がる……学ぶ意味が

れます。言葉を使った表現の活動を総合して脚本を読み、全員が出演

実感できることを大切にしています。学級の友だちと共に学ぶことで、

しての劇も作り上げ、発表しています。 (偶数学年)

一人では考えつかなかった様々な考え方に出会える楽しさも生まれて きます。

わ かりや すく楽し い 授 業 を 生 み 出 す オリジ ナ ル 授 業 子ども自身の「なぜ」 「どうしてなんだろう」 「かしこくなりたい」 という内なる意欲を掘り 起こさせるように教科教育のカリキュラムが組まれています。それは、 「発達の原動力」 は子ども自身にあるからと考えているからです。そのために、 「子どもが疑問を持つとし たらどんなことか」を基本に、 「何を知りたがっているのか」 「それによってどんなことが できるのか」 という視点で組み立てていくと、必然的に教科書は「手作り」になっていき ます。子どもたちがどれだけドキドキ・ワクワクできるかで、 「もっと知りたい」 という学 習意欲につながると考えています。

社 会

理 科 「理科の実験、もっと自分でやってみたかった!」 と思った事はありませ

主権者としての資質を育てていくことを一番の目標にしています。学校

んか?顕微鏡やアルコールランプ、強力磁石など、理科室には不思議

の近くの公園を直してほしいと区役所に5項目頼んだら、区からの「一

で魅力的な道具がたくさんあります。 「先生、今日はどんな実験する

緒に公園を作ろう」 という提案を受け「ボール遊びができる公園」に生

の?」 という言葉の中にも、子どもたちの「やってみたい!」 という思いが

まれ変った時、 「子どもの意見も聞いてくれるんだ」 と実感した3年生。

感じられます。そんな思いを叶えるためにも一人ひとりがやってみる機

総合学習多摩川と関わって、 「水道から下水道まで」追い求めている4

会を多く持てるよう心がけています。 また、自分で考えること、友だちの

年生。米作りを体験しながら、農家のこと、食料自給率の低い現状をど

考えを聞くことも大切な要素の一つです。自分たちで考えた「なんでだ

うしたら良いのかを考える5年生。近代史を中心に学んでいる6年生

ろう」 「こうするとどうなるんだろう」を実験や観察で確かめていくことを

は、憲法の問題でも 「今の憲法は戦争で一番被害を受けた国民を守る

通じて、科学的なものの見方、考え方を育てていきます。

ために作られたもの。その国民を守り、二度と戦争しないというもの で、いつになっても古くはならない、21世紀になった今もこのままで

み ん な の 顔 が 見 える 教 室 づ くり

あってほしい」 と言います。 ﹁経堂の町探検﹂をする子どもたち。

「机に向かってやるのが学習(勉強)」 という従 来から持っているイメージを、 「自分たちが学 びたいことが学べる学習」 「学ぶことが生きる ことにつながる学習」へと作り変えてきました。 「子どもにとって魅力的な学習」 「子どもから喜 ばれる学習」を常に追求してきているのです。 また、教師からの一方的な講義中心の学習で はなく、子ども同士の教えあい・学びあいを大 切にしています。そのため、机の並びも黒板に 向かった並びではなく、子どもたちの席を「コ の字型」にして、子ども同士の顔が見え、気軽

4

5

に語り合える配置にしています。

子 どもた ちに学 びの 喜 び を

教科教育


1年生∼6年生

国 語

算 数

詩や、 ことばあそび、 うたをみんなでリズム良く、声に出して読み楽しん

私たちの生活には、算数を使って考えていることがたくさんあります。

だり、厳選した文学作品のテーマと表現をじっくり読み深めていく授業

買い物をする時、おやつを仲良く分ける時など。算数の学習とはプリン

をつくっています。科学読み物では、本物も持ち込んで、常に新鮮な驚

トに答えを書き込むことだけではなく、現実の世界でおきていることを

きをもって読み進められるような授業もつくっています。1万冊を越える

数字の世界に置き換えて考え、解き明かしていくことだと考えます。 「平

蔵書の図書室の本や紙芝居も大活躍です。また、かな文字も漢字も1

均」の求め方がわかったら、自分の回りの世界の数字を平均してみて、

文字1文字授業で大切に扱い、和光小学校オリジナルのテキストを

そこから何が見えてくるかを考る等。公式に当てはめて解けることだけ

使って、 じっくり楽しく学んでいます。自作の俳句や詩、作文を発表・交

が算数の学力のようにとらえがちですが、 「なぜこの方法で解けるの

流しながら 「書く」 ことに楽しみを見つけるような学習内容も組み込ま

か」がわかったり、学ぶことで世の中の見方が広がる……学ぶ意味が

れます。言葉を使った表現の活動を総合して脚本を読み、全員が出演

実感できることを大切にしています。学級の友だちと共に学ぶことで、

しての劇も作り上げ、発表しています。 (偶数学年)

一人では考えつかなかった様々な考え方に出会える楽しさも生まれて きます。

わ かりや すく楽し い 授 業 を 生 み 出 す オリジ ナ ル 授 業 子ども自身の「なぜ」 「どうしてなんだろう」 「かしこくなりたい」 という内なる意欲を掘り 起こさせるように教科教育のカリキュラムが組まれています。それは、 「発達の原動力」 は子ども自身にあるからと考えているからです。そのために、 「子どもが疑問を持つとし たらどんなことか」を基本に、 「何を知りたがっているのか」 「それによってどんなことが できるのか」 という視点で組み立てていくと、必然的に教科書は「手作り」になっていき ます。子どもたちがどれだけドキドキ・ワクワクできるかで、 「もっと知りたい」 という学 習意欲につながると考えています。

社 会

理 科 「理科の実験、もっと自分でやってみたかった!」 と思った事はありませ

主権者としての資質を育てていくことを一番の目標にしています。学校

んか?顕微鏡やアルコールランプ、強力磁石など、理科室には不思議

の近くの公園を直してほしいと区役所に5項目頼んだら、区からの「一

で魅力的な道具がたくさんあります。 「先生、今日はどんな実験する

緒に公園を作ろう」 という提案を受け「ボール遊びができる公園」に生

の?」 という言葉の中にも、子どもたちの「やってみたい!」 という思いが

まれ変った時、 「子どもの意見も聞いてくれるんだ」 と実感した3年生。

感じられます。そんな思いを叶えるためにも一人ひとりがやってみる機

総合学習多摩川と関わって、 「水道から下水道まで」追い求めている4

会を多く持てるよう心がけています。 また、自分で考えること、友だちの

年生。米作りを体験しながら、農家のこと、食料自給率の低い現状をど

考えを聞くことも大切な要素の一つです。自分たちで考えた「なんでだ

うしたら良いのかを考える5年生。近代史を中心に学んでいる6年生

ろう」 「こうするとどうなるんだろう」を実験や観察で確かめていくことを

は、憲法の問題でも 「今の憲法は戦争で一番被害を受けた国民を守る

通じて、科学的なものの見方、考え方を育てていきます。

ために作られたもの。その国民を守り、二度と戦争しないというもの で、いつになっても古くはならない、21世紀になった今もこのままで

み ん な の 顔 が 見 える 教 室 づ くり

あってほしい」 と言います。 ﹁経堂の町探検﹂をする子どもたち。

「机に向かってやるのが学習(勉強)」 という従 来から持っているイメージを、 「自分たちが学 びたいことが学べる学習」 「学ぶことが生きる ことにつながる学習」へと作り変えてきました。 「子どもにとって魅力的な学習」 「子どもから喜 ばれる学習」を常に追求してきているのです。 また、教師からの一方的な講義中心の学習で はなく、子ども同士の教えあい・学びあいを大 切にしています。そのため、机の並びも黒板に 向かった並びではなく、子どもたちの席を「コ の字型」にして、子ども同士の顔が見え、気軽

4

5

に語り合える配置にしています。

子 どもた ちに学 びの 喜 び を

教科教育


1年生∼6年生

音 楽 低学年ではわらべ歌をもとにした あそびうた を「うたいあそぶ」 ことから始めます。からだで音楽を感じ、楽しむような音楽体験は 多様な音楽と対面していくときの基礎的な力となります。中・高学 年では学習の主体者である子どもが、積極的に音楽に向かい表 現していくよう、様々な学習材を用いて 「音楽」をしていきます。 友だちの表現に耳を傾け、多様な音楽と仲間を共有する中で、互 いの音楽世界は広がっていきます。からだ丸ごとで感じ、心をゆり 動かして、人や社会と関わっていく 「豊かな表現者」を育てるとは、 まさに豊かな人として生きる力を育てることなのです。

美 術

工作・技術

あたまと手をしっかり働かせ、心をこめて自分の世界を「色」や「形」で 表現することは、子どもの成長にとってなくてはならない活動の一つで す。身の回りの自然、事物の美しさ、不思議さ、楽しかった体験、お話や 物語の世界。それらを自分なりにどう表現するかを考えるうちに感性や

豊 か な 表 現 者として の「感 性 」 を 育 てる 教 育 多様な音を感じ取ること、仲間と共有すること、表現すること、

感覚を育てていきます。そのためにも道具や素材の扱い方を身に付け ることも必要となってくるのです。1年生の初めから多色の水彩絵の具 を使用し、単純な課題から段階的に複雑な課題に取り組む中で、徐々 に高度な表現手段が自然に身につくようになります。

生活のまわりにあるさまざまな事物(人物をふくめて)をとらえ、 描くこと、そして、ものとの付き合い、ものを感じ、つくりかえるこ と、自分の体を自分でコントロールしながら、自分の意のままに

ものが豊かな時代に生まれた今の子どもたちは、 ともすると、そのもの

動かすこと。 これらは、すべて人が人として育つ上で非常に重要

があってあたりまえと思ったり、そのものがいったいどうやって作られて

な人としての感性を育てることに大きくかかわっていることにほ

きたのかということに無頓着になりがちです。ものを大切にしない、無 駄遣いをする、 といった否定的側面が見られます。子どもたちの生活か

かなりません。和光小学校では、音楽、美術、技術、体育といっ

らも失われつつある「ものづくり」を工作・技術科として位置付け、もの

た教科の中で、人としての感性を育てる教育を、それぞれの子

へのこだわりを通して、ものと付き合う、ものを大切に扱う感性を育て

どもの発達にそくして大事にしていきたいと考えています。芸

たいと考えています。紙を折ることから始まり、木を切ること、紐を編む

術・技術分野の教科にも力を入れて取り組むゆえんです。

こと、布を織ること、土をこねること、鉄を磨くことなど、作って遊べるも の、使えるものを作りながら、さまざまな体験をしてものとの付き合い を学んでいきます。

体 育 体育では、子どもの からだ育て と、 運動文化の面白さ を大切 にしながら進めていきます。みんなでわかり、みんなでできること を追求しています。 民間教育団体の研究成果に学び、1年生から6年生までの民舞教 育、呼吸やリラックスした浮き身を大切にした「ドル平」による水 泳指導。お話を楽しみながら表現するお話マット鉄棒。得点の仕 方を楽しみながら系統的に指導していく球技など特徴的な教材

6

7

配列になっています。

和 光 な ら で は の﹁ 感 性 を 育 む ﹂教 育

教科教育


1年生∼6年生

音 楽 低学年ではわらべ歌をもとにした あそびうた を「うたいあそぶ」 ことから始めます。からだで音楽を感じ、楽しむような音楽体験は 多様な音楽と対面していくときの基礎的な力となります。中・高学 年では学習の主体者である子どもが、積極的に音楽に向かい表 現していくよう、様々な学習材を用いて 「音楽」をしていきます。 友だちの表現に耳を傾け、多様な音楽と仲間を共有する中で、互 いの音楽世界は広がっていきます。からだ丸ごとで感じ、心をゆり 動かして、人や社会と関わっていく 「豊かな表現者」を育てるとは、 まさに豊かな人として生きる力を育てることなのです。

美 術

工作・技術

あたまと手をしっかり働かせ、心をこめて自分の世界を「色」や「形」で 表現することは、子どもの成長にとってなくてはならない活動の一つで す。身の回りの自然、事物の美しさ、不思議さ、楽しかった体験、お話や 物語の世界。それらを自分なりにどう表現するかを考えるうちに感性や

豊 か な 表 現 者として の「感 性 」 を 育 てる 教 育 多様な音を感じ取ること、仲間と共有すること、表現すること、

感覚を育てていきます。そのためにも道具や素材の扱い方を身に付け ることも必要となってくるのです。1年生の初めから多色の水彩絵の具 を使用し、単純な課題から段階的に複雑な課題に取り組む中で、徐々 に高度な表現手段が自然に身につくようになります。

生活のまわりにあるさまざまな事物(人物をふくめて)をとらえ、 描くこと、そして、ものとの付き合い、ものを感じ、つくりかえるこ と、自分の体を自分でコントロールしながら、自分の意のままに

ものが豊かな時代に生まれた今の子どもたちは、 ともすると、そのもの

動かすこと。 これらは、すべて人が人として育つ上で非常に重要

があってあたりまえと思ったり、そのものがいったいどうやって作られて

な人としての感性を育てることに大きくかかわっていることにほ

きたのかということに無頓着になりがちです。ものを大切にしない、無 駄遣いをする、 といった否定的側面が見られます。子どもたちの生活か

かなりません。和光小学校では、音楽、美術、技術、体育といっ

らも失われつつある「ものづくり」を工作・技術科として位置付け、もの

た教科の中で、人としての感性を育てる教育を、それぞれの子

へのこだわりを通して、ものと付き合う、ものを大切に扱う感性を育て

どもの発達にそくして大事にしていきたいと考えています。芸

たいと考えています。紙を折ることから始まり、木を切ること、紐を編む

術・技術分野の教科にも力を入れて取り組むゆえんです。

こと、布を織ること、土をこねること、鉄を磨くことなど、作って遊べるも の、使えるものを作りながら、さまざまな体験をしてものとの付き合い を学んでいきます。

体 育 体育では、子どもの からだ育て と、 運動文化の面白さ を大切 にしながら進めていきます。みんなでわかり、みんなでできること を追求しています。 民間教育団体の研究成果に学び、1年生から6年生までの民舞教 育、呼吸やリラックスした浮き身を大切にした「ドル平」による水 泳指導。お話を楽しみながら表現するお話マット鉄棒。得点の仕 方を楽しみながら系統的に指導していく球技など特徴的な教材

6

7

配列になっています。

和 光 な ら で は の﹁ 感 性 を 育 む ﹂教 育

教科教育


W A KO ART GALLERY 子 どもたちが ﹁ 絵 ﹂や﹁ 形 ﹂に し た も の

■ウマグヮー(6年生)

■生糸のランプシェード(3年生)

■星っころ (6年生)

■千代紙の引き出しの箱(4年生)

■川・生き物たちの世界(4年生)

■ふた付きの箱(5年生)

■自画像(6年生)

■ペーパーナイフ (6年生)

■ミニイーゼル(6年生)

■多色刷り版画(5年生)

■木の車(4年生)

■正12面体・正6面体(4年生)

■てぶくろを買いに(2年生)

■焼き物(4年生)

自分の世界を「色」や「形」で表現すること ■川・生き物たちの世界(4年生)

は、子どもにとって大切なことです。 ■紙でつくる箱(5年生)

1年生の初めから、多色の水彩絵具を使っ

■多色刷り版画(5年生)

て表現手法を身につけ、2年生になると 「お 話の絵」なども描くようになります。3年生・4 年生では焼き物や簡単な織り物づくりにも 挑戦します。 5年生は「木」を素材にしてキューブや水に

■ムク鳥の夢(3年生)

■木の車(4年生)

■手作り織り機(3年生)

浮かべて遊ぶポンポン蒸気船、ふた付きの

■紙のコースター(3年生)

箱などを制作します。6年生は沖縄を題材 に、昔から親しまれている「民具」 と呼ばれ るものを中心に作ります。ひもをたくみに編 みながら、ウマグヮー(馬のかたちをしたも の)、ハブグヮー(かみつきへび)、シーサー (守り神) といったものができあがります。ま た、最後に「自画像」を描きあげて卒業して いきます。

■荒馬を踊ったよ (2年生) ■てぶくろを買いに(2年生)

■ムク鳥の夢(3年生) ▲

8

■ポンポン蒸気船(5年生)

9

■編みかご(3年生)


W A KO ART GALLERY 子 どもたちが ﹁ 絵 ﹂や﹁ 形 ﹂に し た も の

■ウマグヮー(6年生)

■生糸のランプシェード(3年生)

■星っころ (6年生)

■千代紙の引き出しの箱(4年生)

■川・生き物たちの世界(4年生)

■ふた付きの箱(5年生)

■自画像(6年生)

■ペーパーナイフ (6年生)

■ミニイーゼル(6年生)

■多色刷り版画(5年生)

■木の車(4年生)

■正12面体・正6面体(4年生)

■てぶくろを買いに(2年生)

■焼き物(4年生)

自分の世界を「色」や「形」で表現すること ■川・生き物たちの世界(4年生)

は、子どもにとって大切なことです。 ■紙でつくる箱(5年生)

1年生の初めから、多色の水彩絵具を使っ

■多色刷り版画(5年生)

て表現手法を身につけ、2年生になると 「お 話の絵」なども描くようになります。3年生・4 年生では焼き物や簡単な織り物づくりにも 挑戦します。 5年生は「木」を素材にしてキューブや水に

■ムク鳥の夢(3年生)

■木の車(4年生)

■手作り織り機(3年生)

浮かべて遊ぶポンポン蒸気船、ふた付きの

■紙のコースター(3年生)

箱などを制作します。6年生は沖縄を題材 に、昔から親しまれている「民具」 と呼ばれ るものを中心に作ります。ひもをたくみに編 みながら、ウマグヮー(馬のかたちをしたも の)、ハブグヮー(かみつきへび)、シーサー (守り神) といったものができあがります。ま た、最後に「自画像」を描きあげて卒業して いきます。

■荒馬を踊ったよ (2年生) ■てぶくろを買いに(2年生)

■ムク鳥の夢(3年生) ▲

8

■ポンポン蒸気船(5年生)

9

■編みかご(3年生)


1年生∼2年生

針仕事

誕生絵本 子どもたちは生まれた時の様子や、8年間の成長や出来事をお家の人 に聞き取り調査をしながら一冊の本にまとめます。聞き取り調査をし、 「自分は酸欠状態で生まれて、生きられないだろうとお医者さんに言わ れたらしい」 とか、 「 赤ちゃんの時、すべり台で頭から落ちた」などと知 り、仲間に発表するのです。また、命の誕生の学習も通して「自分が生

子どもたちが作ったマタンプシ

まれたことがすごいとおもった」 「いま自分がここにいることが あたり まえ ではないんだね」 「ぼくがうまれてよかったです」 と、ひとり一人が 2年生なりに自分をみつめていくのです。

いちょうまつりの「アイヌの踊り」。1年生が頭に巻いている「マタンプ し しゅう

シ」 (はちまき)は子どもたちが自分でアイヌの模様を刺繍したもので す。初めて針を持つ子も多くこわごわ慣れない針仕事ですが、ひと針ひ と針縫い進めるうちに夢中になっていって、教室中がシーンと静まりか えるほどです。なかなか終わらない地道な作業。でも、 しっかりと完成 形を想像しながら進めることが大事です。子どもたちは、色とりどりの糸 で刺繍された自分だけのマタンプシができあがった時、もう一つ自分 の中で大切な何かを見つけることができるのです。

「 学 ぶ 」ことは「 な ぜ?」や「どうして?」から 「みんなあのね…」低学年の子どもたちは言いたがり・知りたがり・やりたがりです。そんな子ど もたちの学びへの意欲を大切に、身の回りの「ヒト・モノ・コト」全てを対象にした学習、それが 「生活勉強」の時間です。 どのクラスでも、朝の会では「発表」の時間を設けています。前の日に 見つけたもの、発見したことなどを、自由にみんなの前で紹介し合うのです。すると、ある子が見

2年生の子どもたちが作った誕生絵本

パ ン 作り 「なんでふくらまないの……?」自分たちで育て、収穫・脱穀・製粉した小麦粉を 使いながら、初めてのパン作りに挑戦します。できあがったクッキーのようなも のを前にして子どもたちが「失敗」を経験してうなだれる。

せてくれた種の発表からクラスの子どもたちが刺激を受けて、色や形の違う種が続々集まるよ

「どうやったらおいしいパンになるの?」 と、みんなは悔しさも伴い真剣です。そ

うになります。それはさらに個々の草花への関心へと広がり、そこから栽培や一つの花から種の

こで、おいしいパンの焼き方を教えてもらうために町のパン屋さんを訪問した

数調べ、調理や染物などへ子どもたちが次々と学習を発展させていきます。そして、お相撲や体 をぶつけ合う集団での遊び等を通して交わる力・作り出す力を強くしているのです。子どもたち

り、聞き取りに行ったり、お家でもやってみたりしながら、おいしく作る知恵と技 術を身につけていきます。 脱穀後、麦わら細工をする子どもたち

の関心や興味から生まれ

せんせいあのね、きょう、ママといっしょにパンやさ ●

る 「知」への欲求を自然な

んにいったよ。おじさんもやさしかったよ。おじさん ●

かたちで学習へと結びつ

は、パンのざいりょうをかいてくれたよ。とってもた ●

のしかったよ。ママもパンのつくりかたをおしえてく

け、豊かな体験を低学年

れたよ。はやくパンをつくりたいなとおもったよ。

から展開しています。

さくら(2年生) ●

みんなが集めた情報を交流・共有しながら2回、3回と 試作を繰返していきます。 「やったぁ!おいしそう!」 「い くらで売れるかな?」ついに充分売れるくらいに焼き あがったパンを前に、子どもたちは満面の笑みを浮 かべます。 こうして子どもたちが作ったパンは、いちょ うまつりで実際に販売されます。 「こんなに売れたよ!」 と言う表情は達成感で輝いています。

11

10

驚 き か ら 生 まれる 発 見 が 学 習

生活勉強


1年生∼2年生

針仕事

誕生絵本 子どもたちは生まれた時の様子や、8年間の成長や出来事をお家の人 に聞き取り調査をしながら一冊の本にまとめます。聞き取り調査をし、 「自分は酸欠状態で生まれて、生きられないだろうとお医者さんに言わ れたらしい」 とか、 「 赤ちゃんの時、すべり台で頭から落ちた」などと知 り、仲間に発表するのです。また、命の誕生の学習も通して「自分が生

子どもたちが作ったマタンプシ

まれたことがすごいとおもった」 「いま自分がここにいることが あたり まえ ではないんだね」 「ぼくがうまれてよかったです」 と、ひとり一人が 2年生なりに自分をみつめていくのです。

いちょうまつりの「アイヌの踊り」。1年生が頭に巻いている「マタンプ し しゅう

シ」 (はちまき)は子どもたちが自分でアイヌの模様を刺繍したもので す。初めて針を持つ子も多くこわごわ慣れない針仕事ですが、ひと針ひ と針縫い進めるうちに夢中になっていって、教室中がシーンと静まりか えるほどです。なかなか終わらない地道な作業。でも、 しっかりと完成 形を想像しながら進めることが大事です。子どもたちは、色とりどりの糸 で刺繍された自分だけのマタンプシができあがった時、もう一つ自分 の中で大切な何かを見つけることができるのです。

「 学 ぶ 」ことは「 な ぜ?」や「どうして?」から 「みんなあのね…」低学年の子どもたちは言いたがり・知りたがり・やりたがりです。そんな子ど もたちの学びへの意欲を大切に、身の回りの「ヒト・モノ・コト」全てを対象にした学習、それが 「生活勉強」の時間です。 どのクラスでも、朝の会では「発表」の時間を設けています。前の日に 見つけたもの、発見したことなどを、自由にみんなの前で紹介し合うのです。すると、ある子が見

2年生の子どもたちが作った誕生絵本

パ ン 作り 「なんでふくらまないの……?」自分たちで育て、収穫・脱穀・製粉した小麦粉を 使いながら、初めてのパン作りに挑戦します。できあがったクッキーのようなも のを前にして子どもたちが「失敗」を経験してうなだれる。

せてくれた種の発表からクラスの子どもたちが刺激を受けて、色や形の違う種が続々集まるよ

「どうやったらおいしいパンになるの?」 と、みんなは悔しさも伴い真剣です。そ

うになります。それはさらに個々の草花への関心へと広がり、そこから栽培や一つの花から種の

こで、おいしいパンの焼き方を教えてもらうために町のパン屋さんを訪問した

数調べ、調理や染物などへ子どもたちが次々と学習を発展させていきます。そして、お相撲や体 をぶつけ合う集団での遊び等を通して交わる力・作り出す力を強くしているのです。子どもたち

り、聞き取りに行ったり、お家でもやってみたりしながら、おいしく作る知恵と技 術を身につけていきます。 脱穀後、麦わら細工をする子どもたち

の関心や興味から生まれ

せんせいあのね、きょう、ママといっしょにパンやさ ●

る 「知」への欲求を自然な

んにいったよ。おじさんもやさしかったよ。おじさん ●

かたちで学習へと結びつ

は、パンのざいりょうをかいてくれたよ。とってもた ●

のしかったよ。ママもパンのつくりかたをおしえてく

け、豊かな体験を低学年

れたよ。はやくパンをつくりたいなとおもったよ。

から展開しています。

さくら(2年生) ●

みんなが集めた情報を交流・共有しながら2回、3回と 試作を繰返していきます。 「やったぁ!おいしそう!」 「い くらで売れるかな?」ついに充分売れるくらいに焼き あがったパンを前に、子どもたちは満面の笑みを浮 かべます。 こうして子どもたちが作ったパンは、いちょ うまつりで実際に販売されます。 「こんなに売れたよ!」 と言う表情は達成感で輝いています。

11

10

驚 き か ら 生 まれる 発 見 が 学 習

生活勉強


学 習

年生

年生

身近な自然を「 調べる」 「体験する」 「実感する」

源流から河口まで「多摩川」に学ぶ

蚕( かいこ)を育てる

魚の種 類 、いくつ言える?

3年生から総合学習が始まります。その最初は「蚕を育てる」です。蚕という生き

多摩川は子どもも大人も楽しめることがいっぱいです。

まゆ

物を育てながら、繭から糸を取り、その糸を使って作品へと仕上げていきます。

多摩川開きの野草つみ大会・生き物とり大会・休日親子

飼育はクラス全体でしていきますが、中には虫が触れない子もいます。 しかし、

での投網教室・干潟たんけん等。子どもたちはたっぷり

この子たちも1ヶ月∼2ヵ月の間、エサである桑をやり、糞の掃除していくうちに友

川での活動を楽しみます。夏の合宿では、多摩川の最初

だちの力を借りながら少しずつ触れるようになっていきます。学習は「育てる」 こ

の一滴を見に、笠取山登山(水干 みずひ)に行きます。山

とから養蚕農家を訪ねて本や図鑑にのっていなかった育て方のポイントを直接

登りで疲れきっている時、源流の水のおいしいこと!この

教えてもらったり、糸取りの専門家から技を伝授してもらっています。子どもたち

水が138km流れていくのだと自然の不思議さにも想い

は蚕という虫を通じて、命や自然、社会への見方を広げていくのです。

を馳せるのです。

「水の上 のんびりあめんぼ ひとやすみ」 「モのところ ガサガサやったら えび大漁」 「石の下 小さい家族 できました」 子どもたちの多摩川俳句より

源流から河口まで、川は様々な姿を見せてくれます。棲んで 子どもたちが

いる生き物も違います。子どもたちはその違いを感じながら

まゆ

作った繭人形

学びを深めていきます。捕まえた魚や生き物は教室や廊下の 水槽で飼います。水槽がどんどん増えて、小さな水族館のよう

大 蔵大根

です。毎週のように多摩川へ通って釣を する子、捕った魚を家で大事に飼ってい る子、教師よりもずっと多摩川のことや 魚のことに詳しくなる子もでてきます。

「 大 切な事 」を詳しくまとめ楽しく伝える 総合学習「多摩川」のまとめの学習の一つとして 「多摩川を伝える会」にとり

年生はわかってくれるかな?」 と考え、準備をするなかで、自分たちが学ん

くみます。自分たちが1年間学んできたことを、3年生や、お父さん、お母さん

できたことを確かめていきます。4年生の発表を聞いた3年生は、次の学年

に伝える場です。 「水の中の生き物研究」のグループは、自分たちがとってき

で自分たちの「多摩川」学習の目標と見通しを持っていきます。

た上流、中流、下流の生 き物をべつべつの水槽に 入 れ て 発 表して い まし 大蔵大根は、世田谷地区に江戸時代から伝わる「幻の大根」です。昔は世田

た。場 所によって棲んで

谷区内で広く栽培され、区の特産品として知られていましたが、病気に強くて

いる生き物が違う事を伝

栽培しやすい、青首大根の普及によって、だんだんと姿をみせなくなってしま

えるための工夫です。

いました。 しかし、地元の特産品を残そうとの想いから、数年前、区内の農家

「野 鳥 研 究」のグル ープ

の方が復活させたという歴史があります。子どもたちは、学校の近くの大根を

の子どもたちは、前日の

栽培している農家を訪ねて、実際に大根を抜かせてもらう体験をさせても

放課後遅くまで残って、カ

らっています。ほとんどの子が大根を抜くのは初めてで、抜き方のコツを伝授

モの 模 型を紙 粘 土でつ

してもらいました。 このような経験を元にして、大根に関わる様々な分野での

くっていました。4年生は、

研究を深め、ひとり一冊ずつの「大根レポート」を作り上げます。

「どんなふうに伝えたら3 子どもたちの「大根レポート」 ▲

13

12


学 習

年生

年生

身近な自然を「 調べる」 「体験する」 「実感する」

源流から河口まで「多摩川」に学ぶ

蚕( かいこ)を育てる

魚の種 類 、いくつ言える?

3年生から総合学習が始まります。その最初は「蚕を育てる」です。蚕という生き

多摩川は子どもも大人も楽しめることがいっぱいです。

まゆ

物を育てながら、繭から糸を取り、その糸を使って作品へと仕上げていきます。

多摩川開きの野草つみ大会・生き物とり大会・休日親子

飼育はクラス全体でしていきますが、中には虫が触れない子もいます。 しかし、

での投網教室・干潟たんけん等。子どもたちはたっぷり

この子たちも1ヶ月∼2ヵ月の間、エサである桑をやり、糞の掃除していくうちに友

川での活動を楽しみます。夏の合宿では、多摩川の最初

だちの力を借りながら少しずつ触れるようになっていきます。学習は「育てる」 こ

の一滴を見に、笠取山登山(水干 みずひ)に行きます。山

とから養蚕農家を訪ねて本や図鑑にのっていなかった育て方のポイントを直接

登りで疲れきっている時、源流の水のおいしいこと!この

教えてもらったり、糸取りの専門家から技を伝授してもらっています。子どもたち

水が138km流れていくのだと自然の不思議さにも想い

は蚕という虫を通じて、命や自然、社会への見方を広げていくのです。

を馳せるのです。

「水の上 のんびりあめんぼ ひとやすみ」 「モのところ ガサガサやったら えび大漁」 「石の下 小さい家族 できました」 子どもたちの多摩川俳句より

源流から河口まで、川は様々な姿を見せてくれます。棲んで 子どもたちが

いる生き物も違います。子どもたちはその違いを感じながら

まゆ

作った繭人形

学びを深めていきます。捕まえた魚や生き物は教室や廊下の 水槽で飼います。水槽がどんどん増えて、小さな水族館のよう

大 蔵大根

です。毎週のように多摩川へ通って釣を する子、捕った魚を家で大事に飼ってい る子、教師よりもずっと多摩川のことや 魚のことに詳しくなる子もでてきます。

「 大 切な事 」を詳しくまとめ楽しく伝える 総合学習「多摩川」のまとめの学習の一つとして 「多摩川を伝える会」にとり

年生はわかってくれるかな?」 と考え、準備をするなかで、自分たちが学ん

くみます。自分たちが1年間学んできたことを、3年生や、お父さん、お母さん

できたことを確かめていきます。4年生の発表を聞いた3年生は、次の学年

に伝える場です。 「水の中の生き物研究」のグループは、自分たちがとってき

で自分たちの「多摩川」学習の目標と見通しを持っていきます。

た上流、中流、下流の生 き物をべつべつの水槽に 入 れ て 発 表して い まし 大蔵大根は、世田谷地区に江戸時代から伝わる「幻の大根」です。昔は世田

た。場 所によって棲んで

谷区内で広く栽培され、区の特産品として知られていましたが、病気に強くて

いる生き物が違う事を伝

栽培しやすい、青首大根の普及によって、だんだんと姿をみせなくなってしま

えるための工夫です。

いました。 しかし、地元の特産品を残そうとの想いから、数年前、区内の農家

「野 鳥 研 究」のグル ープ

の方が復活させたという歴史があります。子どもたちは、学校の近くの大根を

の子どもたちは、前日の

栽培している農家を訪ねて、実際に大根を抜かせてもらう体験をさせても

放課後遅くまで残って、カ

らっています。ほとんどの子が大根を抜くのは初めてで、抜き方のコツを伝授

モの 模 型を紙 粘 土でつ

してもらいました。 このような経験を元にして、大根に関わる様々な分野での

くっていました。4年生は、

研究を深め、ひとり一冊ずつの「大根レポート」を作り上げます。

「どんなふうに伝えたら3 子どもたちの「大根レポート」 ▲

13

12


年生

「食 」は育てる事 から始まる

年生

沖縄を学ぶと日本が世界が見えてくる

どうやって作るのか初めて知った事

6年生は毎年10月に沖縄へ学習旅行に行きます。子どもたちは

「食べること」は「命を生み出すこと」 「命を支えること」だと大きく位置付け、生活勉強・

化や歴史を学び、次第に沖縄を身近に感じるようになります。沖

総合学習をはじめ様々な場面において学んでいきます。 「食べる」 ことの学習を通して、

縄の新聞を取り寄せて、ニュースレポートを作ったり、沖縄料理

1学期から学習を始め、沖縄の料理や言葉、踊り、自然など、文

「食とからだ・健康の問題」 「食べ物を作る人々の苦労」 「食を支える人の存在」を深く理

やシーサー作り、三線にもチャレンジします。夏休みの沖縄研究

解していきます。5年生の「食と健康・本物の食を探る」 というテーマでは、子どもたちと

では、自分の興味関心をさらに広げていきます。そして、社会の

実際に食べ物を作ります。作る活動をくぐる中で「食」 という身近で具体的なことから現 代社会の「食」に関する問題や矛盾を探り、考えあっていきます。現代社会、日常生活の

歴史学習とも合わせて 「沖縄戦」の学習・ 「基地」の学習を経て、 実際に沖縄で五感を働かせて体験学習をします。

学習旅行 人間が人間でなくなるって? 1日目の夜は、ひめゆり学徒隊の宮良ルリ先生を迎えての学習会です。 「人間が人間 でなくなる…それが戦争なのです。」ルリ先生は人間の命がなくなったことに、何も感 じず人間を物のように扱う悲劇を話してくれます。ルリ先生はご自身の体験を包み隠 さず全て伝えたいという気迫で子どもたちに迫ります。子どもたちは真剣に先生の言 葉一つ一つに聞き入っています、 「こんなにたくさんの人が亡くなったんだなって改め

中で「食」に関して考えたいこと、考えなければいけないこはたくさんあります。 「食」を通

て思った。」ひめゆり資料館の少女たちの写真の前で、沖縄で起こったことの意味を

して子どもたちと考えたい「現代的課題」を以下の5点に設定しています。

改めて考え始めます。

「 歴 史 」を歩いて感じた「 今 」 「ライトを消すと真っ暗で何も見えなくなった。 こんな中でケガをしていた人の看病を していたなんて信じられない…」二日目は、沖縄戦の激戦地、南部戦跡を巡ります。3 つのコースに分かれて、実際に沖縄戦を体験された当時の学徒隊員である証言者の 先生方と巡ります。実際に病院として使用されたガマ(壕)の中で語られる先生方の言 葉のすさまじさに、子どもたちは圧倒されます。 しかし、その口から語られる 「平和の意 味・大切さ」は子どもたちの心に確実に届いていくのです。

出 会い・エイサーの迫 力 ❶食文化・技術と食生活

でも頑張って青年会の方々の前で、地元の地謡で踊らせてもらいました。子どもたち

❸食糧問題

の踊りが全く変っていしまいました。最後はカチャーシーで一緒に踊ります。

❹食と健康

沖縄の高校生との交流会は、 「小学校の頃は沖縄のことをどう思っていましたか」 「な

❺食を支える人々

ぜ平和について考えるようになったの」 「 基地は怖くないんですか」等の質問に対し

 (生産者と消費者の関係)

て、高校生たちは一つ一つ考えかみしめるように答えてくれるのです。

みんなで走る!泳ぐ!笑う!…美しい座間味の海で

思春 期を正しく知る 「生」と「性」を考える

米軍の沖縄本土上陸の前、3月26日に座間味の「集団死」は起こりました。自分 の肉親を自分の手で殺しあう、悲惨な出来事がなぜ起こってしまったのか…。 ご 自身のお母さんのご家族が集団死されていて、毎年子どもたちに座間味の悲劇 を伝えてくださっている宮城晴美さんの案内で、子どもたちは忠魂碑・高月山を

今を生きる子どもたちの課題の中で、いかに生きるかを探る最も大切な

巡り、美しい座間味の海に向かって平和への思いをささげました。午後は子ども

キーワードは「男の子である自分」 と 「女の子である自分」です。それぞれ

たちが、待ちに待った海です!透き通った水、色とりどりの魚たち、光る波、そして

をしっかりと見つめ、自分が成長するために何が必要とされているのか

珊瑚礁の海岸で遊ぶすがたは、何にもかえがたい思い出となります。

を自覚させることす。思春期は、自己中心的な世界から一歩踏み出し、周 だちとの関係を深め、人間関係を築く時期でもあります。自立を目指す、 はじめの一歩を人間として間違えることなく、子どもたちの力で選んで いってほしい、そんな願いから始まったのが「性の学習」 です。

6 年 生 から 5 年 生へ… 親へ…

「性の学習」は、2年生で「誕生・男の子・女の子」から始まり、4年生では

学習旅行から帰ってきた子どもたちは、自分が沖縄で実際に体験し

「私たちの成長」、そして5年生で「生と性」を学習し、 「思春期の性」 として

たこと、学んできたことを一冊の本にまとめます。その本をもとに「沖

位置付けています。自分はどんな人間なのか、自分らしいとは何なのか、

縄」を5年生に伝えるのが「伝える会」です。自分たちも5年生のときに

人は何を大切に生きていかなければならないのか、を考える大切な時

「平和学習ノート」が6年生から手渡されました。 このノートの最初に

間です。

は、伝える会で組になる6年生からのメッセージが書き込まれていま

自分を探る土台となる基本的な知識を正しく身につけることが、やがて

す。6年生から伝えられた「沖縄」を感じ、想像を働かせる。伝える会を

大きく育つ樹のしっかりとした「根」になるのです。

終えた時点で、今度は5年生の学習旅行は始まるのです。

15

14

沖縄を「伝える会」

りが見えてくる時期でもあります。それはまず親子関係の洗い直しや、友

ただその踊りに圧倒される子どもたち。 「音が全然ちがった。 ものすごい迫力だった。」

❷食品問題 練って、伸ばして、切って、ゆでる!…生地からつくる本格的うどん作りに挑戦する。

そん

「やっぱり本場の踊りはすごい!」エイサーの地元・園田青年会との交流会では、ただ


年生

「食 」は育てる事 から始まる

年生

沖縄を学ぶと日本が世界が見えてくる

どうやって作るのか初めて知った事

6年生は毎年10月に沖縄へ学習旅行に行きます。子どもたちは

「食べること」は「命を生み出すこと」 「命を支えること」だと大きく位置付け、生活勉強・

化や歴史を学び、次第に沖縄を身近に感じるようになります。沖

総合学習をはじめ様々な場面において学んでいきます。 「食べる」 ことの学習を通して、

縄の新聞を取り寄せて、ニュースレポートを作ったり、沖縄料理

1学期から学習を始め、沖縄の料理や言葉、踊り、自然など、文

「食とからだ・健康の問題」 「食べ物を作る人々の苦労」 「食を支える人の存在」を深く理

やシーサー作り、三線にもチャレンジします。夏休みの沖縄研究

解していきます。5年生の「食と健康・本物の食を探る」 というテーマでは、子どもたちと

では、自分の興味関心をさらに広げていきます。そして、社会の

実際に食べ物を作ります。作る活動をくぐる中で「食」 という身近で具体的なことから現 代社会の「食」に関する問題や矛盾を探り、考えあっていきます。現代社会、日常生活の

歴史学習とも合わせて 「沖縄戦」の学習・ 「基地」の学習を経て、 実際に沖縄で五感を働かせて体験学習をします。

学習旅行 人間が人間でなくなるって? 1日目の夜は、ひめゆり学徒隊の宮良ルリ先生を迎えての学習会です。 「人間が人間 でなくなる…それが戦争なのです。」ルリ先生は人間の命がなくなったことに、何も感 じず人間を物のように扱う悲劇を話してくれます。ルリ先生はご自身の体験を包み隠 さず全て伝えたいという気迫で子どもたちに迫ります。子どもたちは真剣に先生の言 葉一つ一つに聞き入っています、 「こんなにたくさんの人が亡くなったんだなって改め

中で「食」に関して考えたいこと、考えなければいけないこはたくさんあります。 「食」を通

て思った。」ひめゆり資料館の少女たちの写真の前で、沖縄で起こったことの意味を

して子どもたちと考えたい「現代的課題」を以下の5点に設定しています。

改めて考え始めます。

「 歴 史 」を歩いて感じた「 今 」 「ライトを消すと真っ暗で何も見えなくなった。 こんな中でケガをしていた人の看病を していたなんて信じられない…」二日目は、沖縄戦の激戦地、南部戦跡を巡ります。3 つのコースに分かれて、実際に沖縄戦を体験された当時の学徒隊員である証言者の 先生方と巡ります。実際に病院として使用されたガマ(壕)の中で語られる先生方の言 葉のすさまじさに、子どもたちは圧倒されます。 しかし、その口から語られる 「平和の意 味・大切さ」は子どもたちの心に確実に届いていくのです。

出 会い・エイサーの迫 力 ❶食文化・技術と食生活

でも頑張って青年会の方々の前で、地元の地謡で踊らせてもらいました。子どもたち

❸食糧問題

の踊りが全く変っていしまいました。最後はカチャーシーで一緒に踊ります。

❹食と健康

沖縄の高校生との交流会は、 「小学校の頃は沖縄のことをどう思っていましたか」 「な

❺食を支える人々

ぜ平和について考えるようになったの」 「 基地は怖くないんですか」等の質問に対し

 (生産者と消費者の関係)

て、高校生たちは一つ一つ考えかみしめるように答えてくれるのです。

みんなで走る!泳ぐ!笑う!…美しい座間味の海で

思春 期を正しく知る 「生」と「性」を考える

米軍の沖縄本土上陸の前、3月26日に座間味の「集団死」は起こりました。自分 の肉親を自分の手で殺しあう、悲惨な出来事がなぜ起こってしまったのか…。 ご 自身のお母さんのご家族が集団死されていて、毎年子どもたちに座間味の悲劇 を伝えてくださっている宮城晴美さんの案内で、子どもたちは忠魂碑・高月山を

今を生きる子どもたちの課題の中で、いかに生きるかを探る最も大切な

巡り、美しい座間味の海に向かって平和への思いをささげました。午後は子ども

キーワードは「男の子である自分」 と 「女の子である自分」です。それぞれ

たちが、待ちに待った海です!透き通った水、色とりどりの魚たち、光る波、そして

をしっかりと見つめ、自分が成長するために何が必要とされているのか

珊瑚礁の海岸で遊ぶすがたは、何にもかえがたい思い出となります。

を自覚させることす。思春期は、自己中心的な世界から一歩踏み出し、周 だちとの関係を深め、人間関係を築く時期でもあります。自立を目指す、 はじめの一歩を人間として間違えることなく、子どもたちの力で選んで いってほしい、そんな願いから始まったのが「性の学習」 です。

6 年 生 から 5 年 生へ… 親へ…

「性の学習」は、2年生で「誕生・男の子・女の子」から始まり、4年生では

学習旅行から帰ってきた子どもたちは、自分が沖縄で実際に体験し

「私たちの成長」、そして5年生で「生と性」を学習し、 「思春期の性」 として

たこと、学んできたことを一冊の本にまとめます。その本をもとに「沖

位置付けています。自分はどんな人間なのか、自分らしいとは何なのか、

縄」を5年生に伝えるのが「伝える会」です。自分たちも5年生のときに

人は何を大切に生きていかなければならないのか、を考える大切な時

「平和学習ノート」が6年生から手渡されました。 このノートの最初に

間です。

は、伝える会で組になる6年生からのメッセージが書き込まれていま

自分を探る土台となる基本的な知識を正しく身につけることが、やがて

す。6年生から伝えられた「沖縄」を感じ、想像を働かせる。伝える会を

大きく育つ樹のしっかりとした「根」になるのです。

終えた時点で、今度は5年生の学習旅行は始まるのです。

15

14

沖縄を「伝える会」

りが見えてくる時期でもあります。それはまず親子関係の洗い直しや、友

ただその踊りに圧倒される子どもたち。 「音が全然ちがった。 ものすごい迫力だった。」

❷食品問題 練って、伸ばして、切って、ゆでる!…生地からつくる本格的うどん作りに挑戦する。

そん

「やっぱり本場の踊りはすごい!」エイサーの地元・園田青年会との交流会では、ただ


世界とつながる和光小学校 KOREA

| |

| |

「ことばはわからないけど、心は通じあう」

CHINA

和光小学校は、韓国のミラルドゥレ学校や 中国のグリーンタウン小学校と姉妹校関係

… テイ】 ……………… 【韓国ホームス ……………… ……………… … … … … … ……… … ……………… ……………… ……………… ) … 生 … 業 … (卒 … … さん ……… 上 温喜

を結び、学校間交流を続けてきています。 日本にきた友だちを受け入れたり、中国や 韓国に行ったとき(希望者)には、ホームス ティさせてもらったりということで、いっしょ に遊んだり、食事をしたり、寝泊りする中で

異文化 国際理解の 教育

自然な交流がうまれています。そして、お互 いの文化をはだで感じてきています。 「あの 友だちのいる国とはなかよくしたい」そん な気持ちも子どもたちの中に育っていま す。また、国内にあるブリティッシュスクー ルとの交流も行われています。そして、ロシ アの学校との交流も模索中です。

R U S S I A

BRITISH

KOREA

年間行事

RUSSIA

CHINA

振り返 るさまざ ま な 想 い に 心 を 乗 せ て …

泣くまで大事

にしてくれたん

所、聞き … 、 初 め て の…場 ……………… 会 っ…た…人 め て… ……………… … 最 初…、…初 … …… ……… いた。 ………… ……………… にとまどって ……………… き だ っ た 。 私 と … なれぬ言葉 ……………… く て …………………… き ょ… ………………韓 国 の 人 は せ っ … … … る 事…… だ け ど …………………… 人 る 所 で 、 や… … とね ………………泊 ま る 中 学 1 年 の… ………………っ て 、 に …………………… ……ー い じ 家… と 同… 」 ! ………… … … … …… … … っ て い る と 「 レ ッ…ツ…ゴ … … …… も な く す わ…………………… ず っ と 遊 ん で…い…る…と…、…… ……………… 遊 ん で く れ た 。… …… 泊 … に ………………… ………… しょ… な る…。… いっ … … 思 わ…な…く… ”とか … …………… ” だ と か “ 韓 国 人 … … … … … … ジ ュ…… 人 ………………… ミ ・ 本… ク パ “日 、 と ) 妹 ………………… ん (… ………… … 人 は パ ク ・ ミ ナ さ… … ま っ た 家 の…………………… に…日 本 語 で 話…し…て…く…れ…… ………………。 ミ ナ さ ん は 、 た ま… …………… 、 ペ コ ペ さ ん ( 姉 ) …………………… 」 … 「 お な か …………… と か… ……………… か 、 い っ ぱ い ? … … ………… ず か … … な … お た 。…「……………………… ミ ジ ュ さ ん は 少 し は ……… …… て く れ た 。………………………。…… 聞 い… 」とか コ? … ………… ご くか わ い か っ た … … ……… … … … … … … …… ……… ど 、笑 うと す ……………… な 事 が 知 れ た … しが りや だ け ……………… い ろ…………………… い ろ… ……………… 俗 村 は 韓 国 の … … … き、お世 … 韓 国 民 …………………… 日 る と… 本 に 帰… … ………… ……………… よ か っ た と 思 う 。… け て …………………… ……い…て…く れ た 。 た っ た…… し 、…行 泣 …………………… …… ………た 家 の お 母 さ ん が … たんだ 話 に な っ ………………………… 事 に し て く れ… … ………… ……………… な の に 、 泣 く ま で…大 ………………る 機 会 が … 日 … 4 … 泊 … 3 の け ……………… ………… 。 ま た 、 行… … ……………… れしかった 、 う… ……………… な と 思 う と… … ………… …… ………………行 き た い と 思 う。 …………………………… … … ら、 あ っ た ………………… ……………

BRITISH

行事における親和会の関わり 保護者 野村幸子さん 毎年どの様な感動を子どもたちが与えてくれるの か、本当に楽しみになるのが運動会です。一人の勝 ち負けの競技ではなく、全学年で作り上げられる競 技の中で生まれてくる子どもたちの成長、自分自身 が見え、友だちも見えてくる。そして一喜一憂できる 運動会が和光にはあります。

林間合宿

5

プール開き

6

林間合宿

夏休み

7

8

9

いちょうまつり 沖縄学習旅行 (6年生)

10

公開研究会

冬休み

教育懇話会

劇の会 卒業生を送る会 美術展・技術展 卒業式

1・2年生 …………………中伊豆 3年生 …………………秩父三峰 4年生 ……………………奥多摩

11

12

1

2

3

5・6年生 ………………みずがき ※日本百名山:標高2,230m

17

16

夏休み 発表会

4

運動会

入学式 新入生歓迎会

あ つ  み

保護者 内山督己さん 「いちょうまつり」は親にとっても楽しみな行事です。 子どもたちの成長を確認できる場であると共に、食 と技の二つの「親和会コーナー」を担当し、実行委 員を中心にそれぞれのこだわりを発揮し、自分たち も楽しんで能動的に参加できる場となっています。


世界とつながる和光小学校 KOREA

| |

| |

「ことばはわからないけど、心は通じあう」

CHINA

和光小学校は、韓国のミラルドゥレ学校や 中国のグリーンタウン小学校と姉妹校関係

… テイ】 ……………… 【韓国ホームス ……………… ……………… … … … … … ……… … ……………… ……………… ……………… ) … 生 … 業 … (卒 … … さん ……… 上 温喜

を結び、学校間交流を続けてきています。 日本にきた友だちを受け入れたり、中国や 韓国に行ったとき(希望者)には、ホームス ティさせてもらったりということで、いっしょ に遊んだり、食事をしたり、寝泊りする中で

異文化 国際理解の 教育

自然な交流がうまれています。そして、お互 いの文化をはだで感じてきています。 「あの 友だちのいる国とはなかよくしたい」そん な気持ちも子どもたちの中に育っていま す。また、国内にあるブリティッシュスクー ルとの交流も行われています。そして、ロシ アの学校との交流も模索中です。

R U S S I A

BRITISH

KOREA

年間行事

RUSSIA

CHINA

振り返 るさまざ ま な 想 い に 心 を 乗 せ て …

泣くまで大事

にしてくれたん

所、聞き … 、 初 め て の…場 ……………… 会 っ…た…人 め て… ……………… … 最 初…、…初 … …… ……… いた。 ………… ……………… にとまどって ……………… き だ っ た 。 私 と … なれぬ言葉 ……………… く て …………………… き ょ… ………………韓 国 の 人 は せ っ … … … る 事…… だ け ど …………………… 人 る 所 で 、 や… … とね ………………泊 ま る 中 学 1 年 の… ………………っ て 、 に …………………… ……ー い じ 家… と 同… 」 ! ………… … … … …… … … っ て い る と 「 レ ッ…ツ…ゴ … … …… も な く す わ…………………… ず っ と 遊 ん で…い…る…と…、…… ……………… 遊 ん で く れ た 。… …… 泊 … に ………………… ………… しょ… な る…。… いっ … … 思 わ…な…く… ”とか … …………… ” だ と か “ 韓 国 人 … … … … … … ジ ュ…… 人 ………………… ミ ・ 本… ク パ “日 、 と ) 妹 ………………… ん (… ………… … 人 は パ ク ・ ミ ナ さ… … ま っ た 家 の…………………… に…日 本 語 で 話…し…て…く…れ…… ………………。 ミ ナ さ ん は 、 た ま… …………… 、 ペ コ ペ さ ん ( 姉 ) …………………… 」 … 「 お な か …………… と か… ……………… か 、 い っ ぱ い ? … … ………… ず か … … な … お た 。…「……………………… ミ ジ ュ さ ん は 少 し は ……… …… て く れ た 。………………………。…… 聞 い… 」とか コ? … ………… ご くか わ い か っ た … … ……… … … … … … … …… ……… ど 、笑 うと す ……………… な 事 が 知 れ た … しが りや だ け ……………… い ろ…………………… い ろ… ……………… 俗 村 は 韓 国 の … … … き、お世 … 韓 国 民 …………………… 日 る と… 本 に 帰… … ………… ……………… よ か っ た と 思 う 。… け て …………………… ……い…て…く れ た 。 た っ た…… し 、…行 泣 …………………… …… ………た 家 の お 母 さ ん が … たんだ 話 に な っ ………………………… 事 に し て く れ… … ………… ……………… な の に 、 泣 く ま で…大 ………………る 機 会 が … 日 … 4 … 泊 … 3 の け ……………… ………… 。 ま た 、 行… … ……………… れしかった 、 う… ……………… な と 思 う と… … ………… …… ………………行 き た い と 思 う。 …………………………… … … ら、 あ っ た ………………… ……………

BRITISH

行事における親和会の関わり 保護者 野村幸子さん 毎年どの様な感動を子どもたちが与えてくれるの か、本当に楽しみになるのが運動会です。一人の勝 ち負けの競技ではなく、全学年で作り上げられる競 技の中で生まれてくる子どもたちの成長、自分自身 が見え、友だちも見えてくる。そして一喜一憂できる 運動会が和光にはあります。

林間合宿

5

プール開き

6

林間合宿

夏休み

7

8

9

いちょうまつり 沖縄学習旅行 (6年生)

10

公開研究会

冬休み

教育懇話会

劇の会 卒業生を送る会 美術展・技術展 卒業式

1・2年生 …………………中伊豆 3年生 …………………秩父三峰 4年生 ……………………奥多摩

11

12

1

2

3

5・6年生 ………………みずがき ※日本百名山:標高2,230m

17

16

夏休み 発表会

4

運動会

入学式 新入生歓迎会

あ つ  み

保護者 内山督己さん 「いちょうまつり」は親にとっても楽しみな行事です。 子どもたちの成長を確認できる場であると共に、食 と技の二つの「親和会コーナー」を担当し、実行委 員を中心にそれぞれのこだわりを発揮し、自分たち も楽しんで能動的に参加できる場となっています。


学校・学年全体が緑(1組) と白(2組)の2色にわかれてたたかいます。 「タイヤ引き」、 「ヨコタテ」、 「グランプリレース」など、2学年以上でとりくむ独特な競技もたくさんあり、学年を越えたつながりを作る場です。

宿

夏休みの始まりに、学年、 ブロックごとに林間合宿に出かけます。低学年は中伊豆で2泊3日、3年生は秩父三峰、 4年生は奥多摩で3泊4日、高学年はみずがき山のふもとで3泊4日のキャンプにとりくみます。

10月にとりくまれる子どものまつりです。 「まつりの広場」 では、各学年の手作りのお店と 遊びのコーナーが開かれます。 「踊りの広場」 では、学年ごとに練習してきた民俗舞踊が発表されます。

沖縄三線指導者

栗原 厚裕さん

昭和60年度(52回)卒業生

現在、沖縄の三線をはじめ民俗舞踊に関わっていま

時期になると、子どもたちに民舞の指導をしたり、エイ サーの伴奏(地謡)をしています。その子どもたちが卒

技が苦手でも、民舞は大好き。太鼓を叩いてみんなを

業後エイサーグループを立ち上げました。練習の為に

躍らせるまでになりました。休日にはまつりに出演し

和光小学校に集まり、地元のイベントで活躍していま

たり、人前で踊ることが楽しくなりました。中学から叔

す。初代民舞好きの先輩とエイサー好きになった後輩

父より津軽三味線を習い、その経験から大学卒業後

たち。そして今、いちょうまつりで踊りが好きになる子

に沖縄の三線と運命的なつながりになりました。和光

どもたち…。和光の民舞に育てられ、 これからも和光

小学校では総合学習で「沖縄」に取り組み、エイサー

と関わることで、生きる力をもらいながら恩返ししてい

を見つめ直す時期でした。その中で卒業生の私がエ

きたいと思っています。

19

す。いちょうまつりで踊った民舞が好きになり、体の小 さい特技のなかった私に自信を与えてくれました。球

18

イサーの伴奏をする事になりました。いちょうまつりの


学校・学年全体が緑(1組) と白(2組)の2色にわかれてたたかいます。 「タイヤ引き」、 「ヨコタテ」、 「グランプリレース」など、2学年以上でとりくむ独特な競技もたくさんあり、学年を越えたつながりを作る場です。

宿

夏休みの始まりに、学年、 ブロックごとに林間合宿に出かけます。低学年は中伊豆で2泊3日、3年生は秩父三峰、 4年生は奥多摩で3泊4日、高学年はみずがき山のふもとで3泊4日のキャンプにとりくみます。

10月にとりくまれる子どものまつりです。 「まつりの広場」 では、各学年の手作りのお店と 遊びのコーナーが開かれます。 「踊りの広場」 では、学年ごとに練習してきた民俗舞踊が発表されます。

沖縄三線指導者

栗原 厚裕さん

昭和60年度(52回)卒業生

現在、沖縄の三線をはじめ民俗舞踊に関わっていま

時期になると、子どもたちに民舞の指導をしたり、エイ サーの伴奏(地謡)をしています。その子どもたちが卒

技が苦手でも、民舞は大好き。太鼓を叩いてみんなを

業後エイサーグループを立ち上げました。練習の為に

躍らせるまでになりました。休日にはまつりに出演し

和光小学校に集まり、地元のイベントで活躍していま

たり、人前で踊ることが楽しくなりました。中学から叔

す。初代民舞好きの先輩とエイサー好きになった後輩

父より津軽三味線を習い、その経験から大学卒業後

たち。そして今、いちょうまつりで踊りが好きになる子

に沖縄の三線と運命的なつながりになりました。和光

どもたち…。和光の民舞に育てられ、 これからも和光

小学校では総合学習で「沖縄」に取り組み、エイサー

と関わることで、生きる力をもらいながら恩返ししてい

を見つめ直す時期でした。その中で卒業生の私がエ

きたいと思っています。

19

す。いちょうまつりで踊った民舞が好きになり、体の小 さい特技のなかった私に自信を与えてくれました。球

18

イサーの伴奏をする事になりました。いちょうまつりの


劇を観る側も、演じる側も、本当に待ち遠しい「劇の会」。涙あり、笑いあり。 衣装・音響・照明などにもこだわって、 クラスみんなでひとつの劇を創り上げていくのです。

3年生以上が集い日頃の授業の成果を交流しあう、年に一度の公演です。聴き手を意識しての発表の場は、 下級生にとっては上級生の演奏が憧れになります。普段の授業とは違う子ども同士の関わり合いが紡がれていきます。

漫 画 家

1年間の美術や工作・技術の授業で作られた子どもたち全員の作品を一同に集めて美・技術展が行われます。一人ひとりの 個性が余すことなく発揮された作品ばかりで、子どもたちが夢中になって作品制作へ向かう懸命な様子が想像されます。

松本モモ子さん

大塚直哉さん

和 光の「美 術」で学び取ったこと。

「うたの会」の思い出。

平成9年度(64回)卒業生

ご本人直筆の自画像(上) と 漫画(下)

私 は「 別 冊 マ ー ガレット( 集 英 社 )」で デ

低学年の頃だったでしょうか。 うたの会 の中で「ヨーロッパのむかしの音 楽よ

「デラックス・マーガレット」等に載せて頂い

り」 と題して上級生が演奏してくれた古

ております。和光小学校で自分を表現したり

い舞曲の数々、それがとても美しかった

主張したりして、それを先生や友達に認めら

ことを今でも忘れることが出来ません。

人になるにつれて、 どんな人からも認めても らうことは難しいことを知りましたが、あの頃 の私は「頑張れば先生が誉めてくれる」 とか 「失敗しても一生懸命やれば誉めてくれる」 と いうことがただ嬉しく、それが今の私の自信 になっているのだなと思います。

東京芸術大学大学院卒チェンバ ロ専攻及び、アムステルダム音楽 院を卒業。'98年にオランダの国 家演奏家資格試験(チェンバロ) に合格し、ヨーロッパ各地でチェ ンバロやクラヴィコードの奏者と して活躍。現在はソロ、 アンサンブ ルの奏者として東京を拠点に日 本・ヨーロッパの各地で活動しな がら東京芸術大学と神戸松蔭女 子学院大学非常勤講師を務める。

いわゆる「芸術音楽」 「民俗音楽」 といっ た二分法とは全く無縁であったうたの 会のごたまぜプログラム、そこで次々と 登場する世界中の様々な音楽の美しさ が、それらがのちに音楽を深く勉強して みたいと思ったきっかけのひとつとなっ ているような気がしてなりません。

和光小学校では、学級に1∼2名の枠で

が、健常児とハンディをもった子が共に生活することは、両者の

ハンディキャップをもった子を受け入れ

子どもたちの発達に大きな力を果たすと考え、それを私たちは

てきています。社会の中には様々なハンディキャップをもった人たちがいま

「共同教育」 と呼んでいます。ハンディをもった子にとっては民主

す。それが社会として当たり前の姿ですが、学校という狭い社会では切り離

的な能力などの発達を促すこと、健常児にとっては少数者・弱者

共 同 教 育とは …

して生活していることが多いのが実態です。 「 学校での教育課程と発達過

の立場に立って物を考えられる力をつけること、それは人間とし

程の間に共有部分を有する」 といういくつかの条件の下での受け入れです

ての発達に大きな意味があることだと考えています。

21

昭和59年度(51回)卒業生

ビューさせて頂き、今は「ザ・マーガレット」や

れたり誉めてもらえる喜びを学びました。大

20

チェンバロ・オルガン奏者


劇を観る側も、演じる側も、本当に待ち遠しい「劇の会」。涙あり、笑いあり。 衣装・音響・照明などにもこだわって、 クラスみんなでひとつの劇を創り上げていくのです。

3年生以上が集い日頃の授業の成果を交流しあう、年に一度の公演です。聴き手を意識しての発表の場は、 下級生にとっては上級生の演奏が憧れになります。普段の授業とは違う子ども同士の関わり合いが紡がれていきます。

漫 画 家

1年間の美術や工作・技術の授業で作られた子どもたち全員の作品を一同に集めて美・技術展が行われます。一人ひとりの 個性が余すことなく発揮された作品ばかりで、子どもたちが夢中になって作品制作へ向かう懸命な様子が想像されます。

松本モモ子さん

大塚直哉さん

和 光の「美 術」で学び取ったこと。

「うたの会」の思い出。

平成9年度(64回)卒業生

ご本人直筆の自画像(上) と 漫画(下)

私 は「 別 冊 マ ー ガレット( 集 英 社 )」で デ

低学年の頃だったでしょうか。 うたの会 の中で「ヨーロッパのむかしの音 楽よ

「デラックス・マーガレット」等に載せて頂い

り」 と題して上級生が演奏してくれた古

ております。和光小学校で自分を表現したり

い舞曲の数々、それがとても美しかった

主張したりして、それを先生や友達に認めら

ことを今でも忘れることが出来ません。

人になるにつれて、 どんな人からも認めても らうことは難しいことを知りましたが、あの頃 の私は「頑張れば先生が誉めてくれる」 とか 「失敗しても一生懸命やれば誉めてくれる」 と いうことがただ嬉しく、それが今の私の自信 になっているのだなと思います。

東京芸術大学大学院卒チェンバ ロ専攻及び、アムステルダム音楽 院を卒業。'98年にオランダの国 家演奏家資格試験(チェンバロ) に合格し、ヨーロッパ各地でチェ ンバロやクラヴィコードの奏者と して活躍。現在はソロ、 アンサンブ ルの奏者として東京を拠点に日 本・ヨーロッパの各地で活動しな がら東京芸術大学と神戸松蔭女 子学院大学非常勤講師を務める。

いわゆる「芸術音楽」 「民俗音楽」 といっ た二分法とは全く無縁であったうたの 会のごたまぜプログラム、そこで次々と 登場する世界中の様々な音楽の美しさ が、それらがのちに音楽を深く勉強して みたいと思ったきっかけのひとつとなっ ているような気がしてなりません。

和光小学校では、学級に1∼2名の枠で

が、健常児とハンディをもった子が共に生活することは、両者の

ハンディキャップをもった子を受け入れ

子どもたちの発達に大きな力を果たすと考え、それを私たちは

てきています。社会の中には様々なハンディキャップをもった人たちがいま

「共同教育」 と呼んでいます。ハンディをもった子にとっては民主

す。それが社会として当たり前の姿ですが、学校という狭い社会では切り離

的な能力などの発達を促すこと、健常児にとっては少数者・弱者

共 同 教 育とは …

して生活していることが多いのが実態です。 「 学校での教育課程と発達過

の立場に立って物を考えられる力をつけること、それは人間とし

程の間に共有部分を有する」 といういくつかの条件の下での受け入れです

ての発達に大きな意味があることだと考えています。

21

昭和59年度(51回)卒業生

ビューさせて頂き、今は「ザ・マーガレット」や

れたり誉めてもらえる喜びを学びました。大

20

チェンバロ・オルガン奏者


三枝 成彰さん

作 家

福祉施設 勤務

昭和30年度(22回)卒業生

三浦 多希子さん(旧姓:松村)

昭和62年度(54回)卒業生

私は自由に学べる環境を求めて、途中から和光小に編入し

育で、いたずらをしたためにぶたれたりした仲間もたくさん

小学校から高校まで12年間を和光で過ごし、愛知

ら取り組んでいました。 このことは、福祉に係わる仕

ました。先生や友達はとても温かく受け入れてくれ、よい交

いましたが、子どもながらに人格者とそうでない人との違い

県にある日本福祉大学卒業後、東京都障害者ス

事をし、手話通訳としても活動している今思い返す と、 とても大切な時間であったと思います。

流を持つことができたと思います。また、和光中では恩師の

はわかるもので、丸木先生は自然とみなの尊敬を集め、恐れ

ポーツセンターに5年間勤務していました。小学校

丸木政臣先生との出会いが忘れられません。先生は最初に

られながらも慕われる先生となられました。

では、荒馬、 ソーラン節、さんさ、七頭舞、御神楽、鬼

お会いした時から、 とにかくこわかった。いわゆるスパルタ教

剣舞など伝統ある民舞に魅了され、踊ることに明け 暮れていた毎日でした。また、各クラスに障害のあ

1942年生まれ。東京芸術大学大学院修了。代表作にオペラ 「忠臣蔵」オラトリオ 「ヤマトタケル」、映画「優駿」、NHK大河ドラマ「太平記」 「花の乱」。著書に「大作曲家たち の履歴書」など。2004年、 プッチーニのオペラ 「蝶々夫人」を下敷きにした新作オペラ 「Jr.バタフライ」を世界初演し話題を呼ぶ。 この作品は2005年3月、4月に神戸で再演 され、2006年イタリア・プッチーニフェスティバルで再演した。

岩代 太郎さん

作曲家

足などに参加するため、みんなで相談し工夫しなが ●

作 家

医 師

板倉 令奈さん

平成6年度(61回)卒業生

私は小学校、中学校と和光で育ちました。和光で過

JBLスーパーリーグに入ることが出来ました。そして

師を囲む春宵の集いを楽しんだ。その席で先生方から、卒

皆も同じ想いを込めながら、再び

ごした9年間で得たものは、現在でも一番大切なも

今、夢が身近な目標になったのです。和光にお世

業後に自ら命を絶った級友の思い出話が出たが、今もなお

多くのクラスメイトに呼びかけて、

のです。未だに和光には強い思い入

話になった卒業生として、このような

自責の念にかられて忘れられないと、切実なお言葉を伺い

先生方をお迎えしたいと希った。

れ が 有ります。そんな私 が 卒 業 時に

形で恩返しできたら最高に幸せだと

一同胸を熱くしたものだった。先生が真の「人生の師」であ

春の夜風が心地よかった。

思っていたことがありました。それは、

思います。この行動が和光全体の活

堤 未果さん

今一度噛みしめていた。同席した

「和光をスポーツで盛り上げたい」と

性化に繋がることを信じて活動してゆ

いう漠然とした夢でした。私は幸運に

きます。バスケットボールの選手として

も日本バスケットボール界最高峰の

の夢を叶えるためにも…。

アーンスト・アンド・ヤング会計事務所 ロサンゼルス支社勤務

昭和59年(51回)卒業生

梶田 裕介さん

平成6年度(61回)卒業生

ふとした時に心を揺さぶるものがある。例えば夢中でかけぬ

ていた先生。いじめがあった時授業時間を返上してクラス全

蛇口をひねれば水が出る、スイッチを回せば火が

せっかくついた火を消さないために息を吹き続け

けた十代の日々、そして恩師たちに教えられたこと。振り返れ

員で話し合わせ、最後生徒と一緒に泣いてくれた先生。和光

つく世の中。いわば当たり前のような「便利」の一つ

たことが、今となっては大切な経験であったと感じ

ば、卒業後渡米し13年米国で過ごした私が競争の激しい国

の先生たちはいつも 『本気』 で向きあってくれる。都合の悪い

一つが身の回りにあります。 しかし、そ

ます。キャンプを通して今の便利さが

際社会で沈みこみそうになるたびに助けられたものは、全て

事をごまかさず、裸の自分をさらけだす。その姿は時にみっ

こまで至るための「本当の努力」を現

当たり前でないことを身を持って経験

和光での日々にちりばめられていたように思う。

ともなく、愛おしく、私たち生徒に自分の過ちを認めてくれる

代の子ども達には知ってほしいと思い

して欲しいと思います。

海が怖い私が館山で6キロ完泳した時、大嫌いだった鬼

勇気と、人の弱さを受け入れる大切さを教えてくれた。

ます。

コーチが見せてくれた笑顔、 『 失敗は宝』だという丸木先生

今ならわかる。和光で私が、頭ではなく心に蓄積していった

林間合宿では飲み水を川まで汲みに

のお話、間違えると 『先生も一生学んでく生徒なんだ』 と照れ

ものについて。

行き、火をおこすために小枝を拾い、

林 紀乃さん

会社勤務(八重山民謡唄者)

昭和59年度(51回)卒業生

伊藤 幸太さん

平成8年度(63回)卒業生

和光学園には、小学校から高校までお世話になりました。小

いる存在ですが、自分の力を着実に発揮できる仕事です。好

今の私があるのは、何よりも12年間の和光学園で

会い、沖縄の三線という楽器や沖縄の歌に出会っ

学生の春には、桜の木に登り、夏は下校途中にあるびわの

きなことを選択する目は小学生時代に養われたものと確信

の生活があったからに他ならない。特に和光小学

た。そして今、沖縄で八重山民謡を研究している。

木から実を拝借したり、冬は校庭のイチョウか

しています。

校での6年間が、私のアイデンティティ

和光小学校での学びがなかったら、

ら銀杏を拾って焚き火に入れて食べたりと、実

を築き上げてくれたのだと感じる。毎

私は今ここにいないだろうと思うと同

に野生児でありました。自分の好きなことを続

年先輩方の民舞に憧れ、彼等が踊っ

時に、沖縄に住んでいても私の学び

ける、そんな私を和光の先生方はいつも温かく

てきた民舞を踊れることが嬉しくてた

の根底は和光小学校にあると切に感

見守ってくれました。そんな私も現在では大学

まらなかった。そんな中で私は6年生

じている。

勤務の病理医をしています。医学界では日陰に

の総合学習「沖縄」で沖縄の踊りに出 23

22

桜の花散る頃、 クラスメイト有志数人で、先生方を招き、恩

テレビ・映画・アニメ・舞台等幅広いジャンルで活躍。99年、TVドラマ『WITH LOVE』のサントラ盤「OCEN IN BLUE MOON」 で日本ゴールドディスク大賞。00年NHK大河ド ラマ『葵 徳川三代』 ではスケール感のある壮大なオーケストレーションを披露。05年には同大河ドラマ『義経』の音楽を担当する。

bjリーグ(「埼玉ブロンコス」所属)

昭和53年度(45回)卒業生

ることを改めて感じ入り、 このような恩師に恵まれた幸せを

る友達がおり、勉強はもちろん、一緒に運動会や遠

校 歌

この道をゆく

作詞 丸 木 政 臣

作 曲 池 辺 晋一郎

桜がさいて

かおもほころび

朝の光が

かがやきわたる

かたをならべて

元気にゆけば

あこがれのそらのした

雲はながれ

自由のあかりが

ゆくてをてらす

和光小学校 卒 業 生


三枝 成彰さん

作 家

福祉施設 勤務

昭和30年度(22回)卒業生

三浦 多希子さん(旧姓:松村)

昭和62年度(54回)卒業生

私は自由に学べる環境を求めて、途中から和光小に編入し

育で、いたずらをしたためにぶたれたりした仲間もたくさん

小学校から高校まで12年間を和光で過ごし、愛知

ら取り組んでいました。 このことは、福祉に係わる仕

ました。先生や友達はとても温かく受け入れてくれ、よい交

いましたが、子どもながらに人格者とそうでない人との違い

県にある日本福祉大学卒業後、東京都障害者ス

事をし、手話通訳としても活動している今思い返す と、 とても大切な時間であったと思います。

流を持つことができたと思います。また、和光中では恩師の

はわかるもので、丸木先生は自然とみなの尊敬を集め、恐れ

ポーツセンターに5年間勤務していました。小学校

丸木政臣先生との出会いが忘れられません。先生は最初に

られながらも慕われる先生となられました。

では、荒馬、 ソーラン節、さんさ、七頭舞、御神楽、鬼

お会いした時から、 とにかくこわかった。いわゆるスパルタ教

剣舞など伝統ある民舞に魅了され、踊ることに明け 暮れていた毎日でした。また、各クラスに障害のあ

1942年生まれ。東京芸術大学大学院修了。代表作にオペラ 「忠臣蔵」オラトリオ 「ヤマトタケル」、映画「優駿」、NHK大河ドラマ「太平記」 「花の乱」。著書に「大作曲家たち の履歴書」など。2004年、 プッチーニのオペラ 「蝶々夫人」を下敷きにした新作オペラ 「Jr.バタフライ」を世界初演し話題を呼ぶ。 この作品は2005年3月、4月に神戸で再演 され、2006年イタリア・プッチーニフェスティバルで再演した。

岩代 太郎さん

作曲家

足などに参加するため、みんなで相談し工夫しなが ●

作 家

医 師

板倉 令奈さん

平成6年度(61回)卒業生

私は小学校、中学校と和光で育ちました。和光で過

JBLスーパーリーグに入ることが出来ました。そして

師を囲む春宵の集いを楽しんだ。その席で先生方から、卒

皆も同じ想いを込めながら、再び

ごした9年間で得たものは、現在でも一番大切なも

今、夢が身近な目標になったのです。和光にお世

業後に自ら命を絶った級友の思い出話が出たが、今もなお

多くのクラスメイトに呼びかけて、

のです。未だに和光には強い思い入

話になった卒業生として、このような

自責の念にかられて忘れられないと、切実なお言葉を伺い

先生方をお迎えしたいと希った。

れ が 有ります。そんな私 が 卒 業 時に

形で恩返しできたら最高に幸せだと

一同胸を熱くしたものだった。先生が真の「人生の師」であ

春の夜風が心地よかった。

思っていたことがありました。それは、

思います。この行動が和光全体の活

堤 未果さん

今一度噛みしめていた。同席した

「和光をスポーツで盛り上げたい」と

性化に繋がることを信じて活動してゆ

いう漠然とした夢でした。私は幸運に

きます。バスケットボールの選手として

も日本バスケットボール界最高峰の

の夢を叶えるためにも…。

アーンスト・アンド・ヤング会計事務所 ロサンゼルス支社勤務

昭和59年(51回)卒業生

梶田 裕介さん

平成6年度(61回)卒業生

ふとした時に心を揺さぶるものがある。例えば夢中でかけぬ

ていた先生。いじめがあった時授業時間を返上してクラス全

蛇口をひねれば水が出る、スイッチを回せば火が

せっかくついた火を消さないために息を吹き続け

けた十代の日々、そして恩師たちに教えられたこと。振り返れ

員で話し合わせ、最後生徒と一緒に泣いてくれた先生。和光

つく世の中。いわば当たり前のような「便利」の一つ

たことが、今となっては大切な経験であったと感じ

ば、卒業後渡米し13年米国で過ごした私が競争の激しい国

の先生たちはいつも 『本気』 で向きあってくれる。都合の悪い

一つが身の回りにあります。 しかし、そ

ます。キャンプを通して今の便利さが

際社会で沈みこみそうになるたびに助けられたものは、全て

事をごまかさず、裸の自分をさらけだす。その姿は時にみっ

こまで至るための「本当の努力」を現

当たり前でないことを身を持って経験

和光での日々にちりばめられていたように思う。

ともなく、愛おしく、私たち生徒に自分の過ちを認めてくれる

代の子ども達には知ってほしいと思い

して欲しいと思います。

海が怖い私が館山で6キロ完泳した時、大嫌いだった鬼

勇気と、人の弱さを受け入れる大切さを教えてくれた。

ます。

コーチが見せてくれた笑顔、 『 失敗は宝』だという丸木先生

今ならわかる。和光で私が、頭ではなく心に蓄積していった

林間合宿では飲み水を川まで汲みに

のお話、間違えると 『先生も一生学んでく生徒なんだ』 と照れ

ものについて。

行き、火をおこすために小枝を拾い、

林 紀乃さん

会社勤務(八重山民謡唄者)

昭和59年度(51回)卒業生

伊藤 幸太さん

平成8年度(63回)卒業生

和光学園には、小学校から高校までお世話になりました。小

いる存在ですが、自分の力を着実に発揮できる仕事です。好

今の私があるのは、何よりも12年間の和光学園で

会い、沖縄の三線という楽器や沖縄の歌に出会っ

学生の春には、桜の木に登り、夏は下校途中にあるびわの

きなことを選択する目は小学生時代に養われたものと確信

の生活があったからに他ならない。特に和光小学

た。そして今、沖縄で八重山民謡を研究している。

木から実を拝借したり、冬は校庭のイチョウか

しています。

校での6年間が、私のアイデンティティ

和光小学校での学びがなかったら、

ら銀杏を拾って焚き火に入れて食べたりと、実

を築き上げてくれたのだと感じる。毎

私は今ここにいないだろうと思うと同

に野生児でありました。自分の好きなことを続

年先輩方の民舞に憧れ、彼等が踊っ

時に、沖縄に住んでいても私の学び

ける、そんな私を和光の先生方はいつも温かく

てきた民舞を踊れることが嬉しくてた

の根底は和光小学校にあると切に感

見守ってくれました。そんな私も現在では大学

まらなかった。そんな中で私は6年生

じている。

勤務の病理医をしています。医学界では日陰に

の総合学習「沖縄」で沖縄の踊りに出 23

22

桜の花散る頃、 クラスメイト有志数人で、先生方を招き、恩

テレビ・映画・アニメ・舞台等幅広いジャンルで活躍。99年、TVドラマ『WITH LOVE』のサントラ盤「OCEN IN BLUE MOON」 で日本ゴールドディスク大賞。00年NHK大河ド ラマ『葵 徳川三代』 ではスケール感のある壮大なオーケストレーションを披露。05年には同大河ドラマ『義経』の音楽を担当する。

bjリーグ(「埼玉ブロンコス」所属)

昭和53年度(45回)卒業生

ることを改めて感じ入り、 このような恩師に恵まれた幸せを

る友達がおり、勉強はもちろん、一緒に運動会や遠

校 歌

この道をゆく

作詞 丸 木 政 臣

作 曲 池 辺 晋一郎

桜がさいて

かおもほころび

朝の光が

かがやきわたる

かたをならべて

元気にゆけば

あこがれのそらのした

雲はながれ

自由のあかりが

ゆくてをてらす

和光小学校 卒 業 生


INSTITUTION

いしずえ

時 が 育 ん だ「 和 光 」の 礎

学校施設のご案内

和光が新学園としてスタートする時、創立関係者は皆一様に新しい学校づくりに 燃えていました。理想を高く掲げる創設メンバーは、新しく建てる校舎はもちろん のこと、校章も校歌も、その道の日本一の人に依頼することにしました。 校章のデザインについては、創立のために尽力してくださった一瀬とく氏により氏 の亡夫が、北村西望(きたむらせいぼう)氏と懇意にしていたということから依頼 することができました。北村西望氏は、大正から昭和にかけて活躍し、戦後におい ては長崎の「平和祈念像」が代表作。彫刻家として多くの作品を残しました。 北村氏はまた、 「和光の子どもらに」 と、二枚の書を寄せて下さいました。和光小学 和光小学校創立当時にデザインされ た校章、デザインは北村西望。

校にある 『たゆまざる歩みおそろし蝸牛』 と、和光鶴川小学校にある 『心身学道』が それらです。

◆学校沿革 昭和

8

1933

成城学園を母体として新学園結成式挙行 吉田慶助校長就任[11月10日] (36年谷口武校長)

9

1934

新校舎落成[3月20日] 和光小学校正式開校[4月5日]

20

1945

学校を一時閉鎖、学童疎開<長野>[4月]

21

1946

学校授業を再開(教員3名、児童9名)[1月16日]

22

1947

和光中学校開設認可[2月20日]

25

1950

和光高等学校設置[3月14日] 石山修平園長、海後勝雄校長、梅根悟顧問就任 コア・カリキュラム連盟(現・日本生活教育連盟) の実験校となる

27

1952

海後勝雄園長、春田正治校長就任[4月1日]

28

1953

和光幼稚園設置認可[3月13日] ユネスコ本部実験校となる

41

1966

和光大学設置認可[1月25日]、梅根悟学長就任

43

1968

丸木政臣校長就任[4月1日]

44

1969

和光鶴川幼稚園設置認可[3月13日] 和光高等学校、金井校舎に移転

52

1977

中学校、高等学校、町田市真光寺の 新校舎へ移転[4月10日]

55

1980

小学校増築完了[11月18日]

58

1983

59

1984

学園創立50周年[11月10日]

62

1987

第一回沖縄学習旅行[11月12日]

2

1990

和光鶴川幼稚園、新園舎に移転[9月]

3

1991

丸木政臣園長、小松福三校長就任[4月1日]

4

1992

和光鶴川小学校開校[4月1日]

5

1993

6

1994

和光小学校、行田稔彦校長就任[4月1日] 和光学園松本研修センター竣工

9

1997

和光鶴川小学校6学年完成 和光鶴川小学校第一回沖縄学習旅行[10月]

13

2001

15

2003

創立70周年[11月10日]

18

2006

沖縄フォーラム[10月28日] 和光大学40周年

19

2007

世田谷キャンパス新校舎着工

22

2010

世田谷キャンパス完成

調理実習室

23

2011

鎌倉 博校長就任(4月1日)

地場産農作物に日頃から学んでいくうえで、調理への喜 びにつなげていきます。

24

2014

北山ひと美校長就任(4月1日)

彫刻家

北村 西望 草屋根屋上 青々とした草と土を敷き詰めた屋上は、子どもたちが寝 転んで話をしたり、草花集めをしたり、お昼ご飯を食べ たりと、足元から頭の先まで青空の心地よさを感じられ る場所です。

長崎平和祈念像 1955年(昭和30年)完成

(1884∼1987)

西 望とブロンズ像 北村西望は、1884年(明治17年)12月16日、 旧名家であった北村家の四男(西望・にしも) として、長崎県南高来郡南有馬村白木野字宮 野木場で生まれました。京都市立美術学校 (現在の京都市立芸術大学)、東京美術学校 (現在の東京芸術大学)を主席で卒業し、彫 刻の道を歩む。1950年(昭和25年)、平和祈 念像の建設の相談を受け、翌年に正式に依 頼を受け製作にあたり、1955年(昭和30年) に完成、8月8日除幕式となる。西望の代表作

体育館は、 となりに幼稚園体育室をあわせもち、2階にギャラリーとプール用更衣室(男女)、そして3階に プールをもつ充実した運動施設としてはもちろんのこと、子どもたちにとっての遊び場であり、劇の会やい ちょう祭りといった行事でもかくことのできない大切な場となっています。3階のプールからは、遠くスカイ ツリーまで見渡すことができます。

図書室 和光の子どもたちは図書館が大好きです。開放的な木 質空間で、 自由な姿勢でゆったりと寛ぎながら̶。

の 一つとなった「平 和 祈 念 像」は高さ約 1 0 メートル。右の手は空を指し、核の脅威を示し ている。左の手は水平に保たれ、世界平和を 表している。 まぶたは原爆で亡くなった人々の 冥福を祈って閉じられています。

「和 光」という名 前の由来 「和光」という名は、初代校長の吉田慶助氏

屋 上プール

が、東北帝大で中国哲学、 とりわけ老子の研 究を深めた人で、老子の言葉にある『和光同

美術室 1年生から系統的な描画指導と表現力を育てます。

塵(わこうどうじん)』からとったと言われてい

平成

1987年(昭和62年)3月4日、104歳にて永眠。

ます。すなわち、高見にたって知をひけらかす のではなく、塵の中に交わってその中で光る ような知を備えた人間こそ価値があるという 教えです。もう一つ氏が、建設中の学校に向 かう途中の坂で……"和らいだ光"を受けて命 名したという説もあります。 この二つとも間違 いではないだろうと言われています。

を生かした 音楽室

技術室

講堂兼、 アトリエ兼、音楽室 絵画・児童劇の指導は斉田喬先生

25

24

技術工作室は、和光の自慢!子どもたちの たまり場 です。長い昼休みや 放課後、なにか作りたいものがあると、子どもたちは必ずここにやってきま す。「カンカン」「トントン」と絶え間なく響く音は、廊下ごしに聞いても子ど もたちも夢中でなにかに取り組む姿勢が想像できます。工作室は子ども たちが使いやすいスペースや安全な道具をふんだんに用意しています。

*開放感のある高∼い天井。 *隅々まで音が響きます。 *木質空間を活かした空調設備。 ▲

体育館

全18学級完成(児童数708名) [4月] 「和光学園五十年史」刊行[11月]

創立60周年[11月10日] 「和光学園六十年史」刊行[11月]

和光小学校新校舎完成 「和光学園七十年史」刊行[11月]


INSTITUTION

いしずえ

時 が 育 ん だ「 和 光 」の 礎

学校施設のご案内

和光が新学園としてスタートする時、創立関係者は皆一様に新しい学校づくりに 燃えていました。理想を高く掲げる創設メンバーは、新しく建てる校舎はもちろん のこと、校章も校歌も、その道の日本一の人に依頼することにしました。 校章のデザインについては、創立のために尽力してくださった一瀬とく氏により氏 の亡夫が、北村西望(きたむらせいぼう)氏と懇意にしていたということから依頼 することができました。北村西望氏は、大正から昭和にかけて活躍し、戦後におい ては長崎の「平和祈念像」が代表作。彫刻家として多くの作品を残しました。 北村氏はまた、 「和光の子どもらに」 と、二枚の書を寄せて下さいました。和光小学 和光小学校創立当時にデザインされ た校章、デザインは北村西望。

校にある 『たゆまざる歩みおそろし蝸牛』 と、和光鶴川小学校にある 『心身学道』が それらです。

◆学校沿革 昭和

8

1933

成城学園を母体として新学園結成式挙行 吉田慶助校長就任[11月10日] (36年谷口武校長)

9

1934

新校舎落成[3月20日] 和光小学校正式開校[4月5日]

20

1945

学校を一時閉鎖、学童疎開<長野>[4月]

21

1946

学校授業を再開(教員3名、児童9名)[1月16日]

22

1947

和光中学校開設認可[2月20日]

25

1950

和光高等学校設置[3月14日] 石山修平園長、海後勝雄校長、梅根悟顧問就任 コア・カリキュラム連盟(現・日本生活教育連盟) の実験校となる

27

1952

海後勝雄園長、春田正治校長就任[4月1日]

28

1953

和光幼稚園設置認可[3月13日] ユネスコ本部実験校となる

41

1966

和光大学設置認可[1月25日]、梅根悟学長就任

43

1968

丸木政臣校長就任[4月1日]

44

1969

和光鶴川幼稚園設置認可[3月13日] 和光高等学校、金井校舎に移転

52

1977

中学校、高等学校、町田市真光寺の 新校舎へ移転[4月10日]

55

1980

小学校増築完了[11月18日]

58

1983

59

1984

学園創立50周年[11月10日]

62

1987

第一回沖縄学習旅行[11月12日]

2

1990

和光鶴川幼稚園、新園舎に移転[9月]

3

1991

丸木政臣園長、小松福三校長就任[4月1日]

4

1992

和光鶴川小学校開校[4月1日]

5

1993

6

1994

和光小学校、行田稔彦校長就任[4月1日] 和光学園松本研修センター竣工

9

1997

和光鶴川小学校6学年完成 和光鶴川小学校第一回沖縄学習旅行[10月]

13

2001

15

2003

創立70周年[11月10日]

18

2006

沖縄フォーラム[10月28日] 和光大学40周年

19

2007

世田谷キャンパス新校舎着工

22

2010

世田谷キャンパス完成

調理実習室

23

2011

鎌倉 博校長就任(4月1日)

地場産農作物に日頃から学んでいくうえで、調理への喜 びにつなげていきます。

24

2014

北山ひと美校長就任(4月1日)

彫刻家

北村 西望 草屋根屋上 青々とした草と土を敷き詰めた屋上は、子どもたちが寝 転んで話をしたり、草花集めをしたり、お昼ご飯を食べ たりと、足元から頭の先まで青空の心地よさを感じられ る場所です。

長崎平和祈念像 1955年(昭和30年)完成

(1884∼1987)

西 望とブロンズ像 北村西望は、1884年(明治17年)12月16日、 旧名家であった北村家の四男(西望・にしも) として、長崎県南高来郡南有馬村白木野字宮 野木場で生まれました。京都市立美術学校 (現在の京都市立芸術大学)、東京美術学校 (現在の東京芸術大学)を主席で卒業し、彫 刻の道を歩む。1950年(昭和25年)、平和祈 念像の建設の相談を受け、翌年に正式に依 頼を受け製作にあたり、1955年(昭和30年) に完成、8月8日除幕式となる。西望の代表作

体育館は、 となりに幼稚園体育室をあわせもち、2階にギャラリーとプール用更衣室(男女)、そして3階に プールをもつ充実した運動施設としてはもちろんのこと、子どもたちにとっての遊び場であり、劇の会やい ちょう祭りといった行事でもかくことのできない大切な場となっています。3階のプールからは、遠くスカイ ツリーまで見渡すことができます。

図書室 和光の子どもたちは図書館が大好きです。開放的な木 質空間で、 自由な姿勢でゆったりと寛ぎながら̶。

の 一つとなった「平 和 祈 念 像」は高さ約 1 0 メートル。右の手は空を指し、核の脅威を示し ている。左の手は水平に保たれ、世界平和を 表している。 まぶたは原爆で亡くなった人々の 冥福を祈って閉じられています。

「和 光」という名 前の由来 「和光」という名は、初代校長の吉田慶助氏

屋 上プール

が、東北帝大で中国哲学、 とりわけ老子の研 究を深めた人で、老子の言葉にある『和光同

美術室 1年生から系統的な描画指導と表現力を育てます。

塵(わこうどうじん)』からとったと言われてい

平成

1987年(昭和62年)3月4日、104歳にて永眠。

ます。すなわち、高見にたって知をひけらかす のではなく、塵の中に交わってその中で光る ような知を備えた人間こそ価値があるという 教えです。もう一つ氏が、建設中の学校に向 かう途中の坂で……"和らいだ光"を受けて命 名したという説もあります。 この二つとも間違 いではないだろうと言われています。

を生かした 音楽室

技術室

講堂兼、 アトリエ兼、音楽室 絵画・児童劇の指導は斉田喬先生

25

24

技術工作室は、和光の自慢!子どもたちの たまり場 です。長い昼休みや 放課後、なにか作りたいものがあると、子どもたちは必ずここにやってきま す。「カンカン」「トントン」と絶え間なく響く音は、廊下ごしに聞いても子ど もたちも夢中でなにかに取り組む姿勢が想像できます。工作室は子ども たちが使いやすいスペースや安全な道具をふんだんに用意しています。

*開放感のある高∼い天井。 *隅々まで音が響きます。 *木質空間を活かした空調設備。 ▲

体育館

全18学級完成(児童数708名) [4月] 「和光学園五十年史」刊行[11月]

創立60周年[11月10日] 「和光学園六十年史」刊行[11月]

和光小学校新校舎完成 「和光学園七十年史」刊行[11月]


和光

幼児期から成人までの一貫した人間教育

時代を育み 時代に伸びる

学校法人

和光学園

小学校

【交通のご案内】 ◆小田急線「経堂駅」下車、徒歩12分 ◆東急田園都市線「用賀駅」下車、バス(世田谷区民会館行き)  「農大前」停下車、徒歩5分 ◆  東急世田谷線「宮の坂駅」下車、徒歩15分  ◆バス(渋谷∼成城) 「農大前」停下車、徒歩5分 経堂

千歳船橋 砧2

経堂5

豪徳寺

経堂大橋

整骨院●

●クリーニング ●ドラッグストアー

宮坂駅前

農 大 通 り

小児科●

桜丘中 上用賀6

豪徳寺 国士舘大 世田谷区役所

上町

世田谷

世田

谷通 り 区役所入口

桜小前

馬事公苑

世田谷3

関東中央病院

農大前バス停 農大前

●桜小

和光 小学校

東京農大

三本杉陸橋

砧公園 東

用賀駐屯地●

世田谷代田

環七通 り

桜丘2

宮の坂

環八通り

城山通 り

梅ヶ丘

山下

小田急小田原線

三井住友銀行●

若林 東急 世田谷線

松蔭神社前

西太子堂 三軒茶屋

若林

陸上自衛隊

上用賀1

東京IC

用賀料金所

用賀4

新町2

桜新町

上馬 駒澤大学

用賀

首都高速3号線

用賀1

瀬田

新町1

り) (玉川通 国道246号

和 光 小 学 校

h t t p : / / w w w. w a k o . e d . j p / e / tel.03-3420-4353 学校法人

和光学園

和 光 幼 稚 園 〒156-0053 世田谷区桜2-18-18

03-3420-4352

和 光 中 学 校 〒195-0051 町田市真光寺町1291

042-734-3402

和光鶴川幼稚園 〒195-0051 町田市真光寺町1271-1

042-735-2291

和 光 高 等 学 校 〒195-0051 町田市真光寺町1291

042-734-3403

和 光 小 学 校 〒156-0053 世田谷区桜2-18-18

03-3420-4353

和光大学・大学院 〒195-0071 町田市金井町2160

044-988-1431

和光鶴川小学校 〒195-0051 町田市真光寺町1282-1

042-736-0036

法 人 事 務 局 〒195-0071 町田市金井町2160

044-986-6500

企画・制作:株式会社アド・リード 〒359-0025 埼玉県所沢市上安松177-2 TEL.04-2992-3663 http://www.adlead.biz/

http://www.wako.ed.jp/e/

和光小学校パンフレット  

和光小学校の学校案内パンフレットです。