Issuu on Google+


ま す 。 穏 や か な 時 間 の 演 出 や 激 し い 熱 狂 も 音 楽

来 と て も 強 い 力 を 持 っ て い る も の だ と 思 っ て い

ジ が 付 き ま と い が ち で す が 、 音 楽 と い う の は 本

ボ ラ ン テ ィ ア と い う と 、 と か く そ う い う イ メ ー

し て 音 楽 を し て い る つ も り は な い ん で す ︵ 笑 ︶ 。

ボ ラ ン テ ィ ア 、 つ ま り い わ ゆ る 慈 善 的 な 行 為 と

選 ば れ た よ う な ん で す が 、 私 は 一 般 で 言 わ れ る

係 の 活 動 を し て い る 人 と い う こ と で 編 集 委 員 に

重 松 今 回 、 ボ ラ ン テ ィ ア ・ N P O と し て 音 楽 関

な 姿 勢 で は や っ て い け な い く ら い 大 変 な こ と

が し ま す 。 音 楽 イ ベ ン ト の 運 営 は 、 そ の よ う

が 、 ま だ ま だ 自 己 主 張 が 残 っ て い る よ う な 気

を 揚 げ て 行 う 奉 仕 も 悪 い こ と で は な い で す

た だ ひ た す ら 徳 を 積 む ん で す 。 派 手 に の ぼ り

ア で し ょ う ね 。 誰 に 気 付 か れ る で も な い 、 陰 で

が 、 そ う な っ て こ そ 、 本 当 の 意 味 で の ボ ラ ン テ ィ

か な ? 東 洋 に は ﹁ 陰 徳 ﹂ と い う 言 葉 が あ り ま す

意 識 を 持 っ て い る 内 は ま だ ダ メ な ん じ ゃ な い

篠 る 原 と 思 私 い も ま そ す う 。 で す 。 し て あ げ て い る 、 と い う

原 動 力 と な っ て 、 自 然 に 活 動 を 行 っ て い ま す 。

有 し た い 、 皆 に 伝 え た い 。 そ う 思 う か ら そ れ が

に 凄 い も の だ と 思 っ て い ま す 。 だ か ら そ れ を 共

藤 原 私 は 音 楽 の 力 を 信 じ て い ま す 。 音 楽 は 本 当

き い 場 所 で す 。

と 感 じ ま す 。 演 奏 し て い て 得 る こ と が と て も 大

場 所 だ と 思 い ま す し 、 音 楽 が 必 要 と さ れ て い る

が 、 と て も 大 き な 悲 し み を 感 じ て い る 人 が 多 い

重 だ 松 と 思 私 い 自 ま 身 す は 。 病 院 に 行 っ て 演 奏 を す る の で す

  音 楽 を 本 当 に 愛 し て い る 人 間 は 、 最 近 問 題 に

篠 原 真 祐

今 日 は 、 そ ん な 音 楽 の 力 を 活 か し た 活 動 を 展 開 さ れ て い る 方 々 に お 集 ま り 頂 き 、 お 話 を 伺 っ た 。

と も 言 え そ う だ 。

器 を 表 現 し た 象 形 文 字 で あ る ︵ 木 に 糸 を 複 数 張 っ た 楽 器 弦 楽 器 を 表 し て い る ︶ 。 楽 し い こ と の 代 名 詞

☎岡〒 7 0 山 1 9 県 倉 1 0 敷ー ー 市 3 児 0 6 島 9 0 3 唐 4 6 琴 ー 4 ー 4 13 6 ー 3 2 ー 1 207

か く も 音 楽 と は そ れ 程 ま で 人 々 の 心 を 動 か す の だ ろ う か ? そ う 言 え ば ﹁ 楽 ﹂ と い う 字 は 音 楽 を 奏 で る 楽

な 農 家 の お ば さ ん ま で も 皆 、 観 客 は 我 を 忘 れ て 狂 っ た よ う に 踊 り ま く っ て い た 。

を興ジ 主をッ 催主ク すに︶ る、を こジ運 とャ営 でズ。 活コ音 動ン楽 中サ文 。ー化 ト振

ま た 、 ア フ リ カ の 太 鼓 を 聴 き に 行 っ た と き の こ と 。 寿 司 屋 の 大 将 も 、 女 学 生 も 、 い つ も は 引 っ 込 み 思 案

終 わ っ て 会 場 が 明 る く な っ た 時 、 ほ と ん ど の 人 が 感 激 の あ ま り 涙 を 浮 か べ て い た 。

M N 藤 U P 原 S O I 法 憲 C 人  一 ︵ エE マM ノA ンN ・O ミN ュ ー

つ い 先 日 の こ と 。 岡 山 市 内 の あ る ラ イ ブ 会 場 で は 、 終 始 笑 顔 が 絶 え な か っ た 。

取 材 協 力 :

楽かにて侶あ をら関、。い 提、係元自う 供こし来坊え の しこて、 お てろ育音蔭ん いをま楽凉 る豊れは寺が 。かて宗をく にき教拠主 すたと点宰 る経密と、 音緯接し僧

︵ 今 回 は こ の 座 談 会 出 席 者 が 特 集 ペ ー ジ の 編 集 委 員 を 担 当 し ま す ︶

E-mail:fujiwarak@okym.enjoy.ne.jp

E-mail:inryoji@mac.com

☎岡〒 0 山7 8 市 0 6 中 0 ー ー 2 央 0 2 町 8 3 10 3 ー ー 6 5 28 8 5 3

│ 今 回 の 特 集 は 音 楽 が テ ー マ な の で す が 。

=

で す し 、 心 に 染 み わ た る よ う な 深 い 感 動 も あ

蔭 凉 寺


じ い さ ん が 、 昔 の 歌 を 聴 い て 涙 を 流 し 、 手 拍 子

例 え ば 、 も う 何 年 も 言 葉 を 発 し て い な か っ た お

す が 、 同 じ よ う な ド ラ マ が 沢 山 あ る よ う で す 。

レ ッ ス ン を し た り 、 コ ン サ ー ト を 行 っ て い る の で

立 ち 上 が っ て し ま っ た と い う 劇 的 な 瞬 間 で す 。

☎岡〒 0 山7 8 市 0 6 内 0 ー ー 2 山 0 2 下 8 5 1 2 ー ー 4 3 6 0 ー 20 0 3

に 駆 け 寄 っ て 演 奏 し た と こ ろ 、 つ い に は 少 年 が

椅 子 の 少 年 を 見 つ け て 思 わ ず ス テ ー ジ か ら そ ば

感 動 し た 体 験 で し た 。 ﹁ こ こ に 音 楽 の 源 が あ る ﹂

あ る 人 や 幼 い 子 ど も 未 就 学 児 は 入 場 出 来 な い

山 本 音 楽 を 必 要 と し て い る 人 、 例 え ば 障 が い の

を 打 ち な が ら 一 所 懸 命 に 歌 い 出 す 、 と か 。

で す よ ね 。

か ? 明 る い 将 来 を 創 る た め に も 効 果 が あ り そ う

来 ら れ る よ う に 呼 び か け て み て は ど う で し ょ う

と 思 う の で す が 、 そ れ ら の ボ ラ ン テ ィ ア に 対 し

ミ ュ ー ジ シ ャ ン が 、 段 々 と 音 楽 に 乗 っ て き た 車

演 奏 会 が 多 い 、 お 年 寄 り な ど 沢 山 い ら っ し ゃ る

藤 原 表 紙 の 写 真 は 、 ニ ュ ー ヨ ー ク か ら 来 日 し た

(

ま さ に 音 楽 の 力 を 感 じ さ せ る 出 来 事 で し た ね 。

﹁ 教 育 の 原 点 は こ こ に あ り ﹂ と 思 い ま し た ね 。 心

)

佐 つ を て 々 か 確 、 木 な 保 病 い で 院 ど の き 側 ん が な の な 現 か 理 音 状 っ 解 楽 で た が で す り 得 も ね で ら 力 。 、 れ な な が か か あ な っ る か た の 供 り か 給 、 ? と が 出 い 追 演 う い 者

篠 ⋮ と 原 と 心 い が 私 う 繋 の の が 姉 が っ が ﹁ た 老 音 一 瞬 人 楽 の で ホ 力 し ー ﹂ た ム で 。 な し 心 ど ょ に に う 響 き 赴 ね 。 、 い 心 て が ひ 、 歌 ら の く

研家文成年と岡 N 究協化にに共山 P 会会賞も渡に会 O 々副受力り合員法 長会賞を活唱。人 他長。注躍指ソバ 多、現ぐ、揮プン ラク 数近在。ま を代、岡た者ノオ と 同 歌ブ 日 山 後 歴 任本県県進し手ア て 演 活ー 芸 音 の 。 楽奏術育長動ツ

佐 々 木 英 代

私 の 長 い 演 奏 者 と し て の 経 験 の 中 で も 特 に 強 く

の 感 動 を 体 で 伝 え て き て く れ た こ と が あ り ま す 。

歩 け な い は ず の 子 ど も さ ん が 飛 び つ い て 来 て 自 分

山 こ 出 本 そ 来 良 な そ い い う 音 演 で 楽 奏 す に 会 ね 触 が 。 れ ほ 演 る と 奏 べ ん 会 き ど に だ で お と す 子 思 が さ っ て 、 ん い 小 も ま さ 連 す い れ 。 時 て に

  養 護 学 校 で コ ン サ ー ト を し た 時 、 足 が 不 自 由 で

料 に し ま し た 。 日 本 で は 小 さ な お 子 さ ん が 入 場

力 ﹂ を 意 識 し て 医 学 的 に ﹁ 薬 ﹂ と し て 使 用 す る

が 世 界 中 に あ ふ れ て い る の で し ょ う ね 。

本 能 的 に 求 め て き た か ら こ そ 、 多 種 多 様 な 音 楽

方 法 な ん で す 。 で も 、 こ れ は 昔 か ら 自 然 に 人 が

た 。 赤 ち ゃ ん か ら 楽 し め る 内 容 で 、 四 歳 ま で は 無

サ ー ト を 九 月 に 開 き ま し た が 、 凄 い 反 響 で し

篠 向 ト 原 き 、 合 と 実 っ い は て う 私 い か も て 、 ﹁ 感 音 こ 動 楽 ど し に も ま 対 J し し A た て Z 。 と て Z も ﹂ と ま い っ す う ぐ コ に ン

げ ら れ る よ う に な り ま し た が 、 こ れ は ﹁ 音 楽 の

奏るだ人音⋮ を 活 ま が 楽 Su し動り余演 n て。の暇奏 n い主よをな y るにう H 。病な使ど o っの l 院 や時て技 i 学間休術 d a 校を日を y で伝の持 ⋮ 演え日つ

苦 し さ を 超 え て い く 。 す ご く い い 瞬 間 で 、 心 地

な の に ﹂ な ん て 吹 き 飛 ん で 行 く 。 音 楽 は 言 葉 や

流 れ 、 時 間 が 過 ぎ る と ﹁ 何 故 ? ど う し て ? 大 変

嬉 し い こ と だ っ た だ ろ う な と 思 い ま す 。 音 楽 が

で 駆 け つ け て 演 奏 し て く れ る と い う の は と て も

と 一 緒 に 演 奏 し て き ま し た 。 医 師 が 白 衣 を 脱 い

重 松 え え 。 学 生 や 医 師 な ど さ ま ざ ま な 立 場 の 人

れ ま し た が ⋮

先 ほ ど 病 院 内 で コ ン サ ー ト を 行 っ て い る と 言 わ

│ 音 楽 に は 凄 い 力 が あ る の で す ね 。 重 松 さ ん は

だ け の 力 が あ る と 思 い ま す 。

す る こ と は な い と 思 っ て い ま す 。 音 楽 に は そ れ

な っ て い る よ う な 青 少 年 の 犯 罪 行 為 な ど に 関 係

藤 篠 た 原 原 の も お そ そ れ 陰 の 様 は た 素 で め 大 晴 ら で 盛 し す 況 い 。 で 。 し 反 た 応 。 は み ど ん う な で ス し ト た レ か ー ?

ク シ ョ ッ プ や ラ イ ブ 、 音 楽 映 画 の 上 映 会 を 行 っ

し な い ん じ ゃ な い か な ? 九 月 に 学 生 向 け の ワ ー

そ の 子 の 人 生 に 潤 い が 出 来 る と 思 う 。 ぐ れ た り

藤 原 子 ど も の う ち に 良 い 音 楽 と 出 会 え た な ら 、

め ら れ て い る も の は 常 に ﹃ 本 物 ﹄ で す ね 。

な 意 味 を 持 っ て い る と 思 い ま す 。 伝 え る 側 に 求

い う コ メ ン ト を い た だ き ま し た 。 こ の 一 言 は 大 き

き て い る 尊 厳 が 保 て ま し た 。 あ り が と う 。 ﹂ と

か ら ﹁ 今 日 は 本 格 的 な 演 奏 が 聴 け て 、 自 分 の 生

者 に な い と い け ま せ ん ね 。 あ る ホ ー ム で 老 婦 人

か す に は 、 か な り の 音 楽 的 、 技 術 的 な 力 が 演 奏

と 、 そ う 簡 単 で は あ り ま せ ん ね 。 本 当 に 心 を 動

佐 々 木 音 楽 療 法 が 一 つ の ジ ャ ン ル と し て 取 り 上

山 本 浩 之 S u n n y H o l i d a y

の い い 時 間 で す 。

重 松 あ か ね S u n n y H o l i d a y


し の 経 の た で 験 、 。 あ か そ り ら ん ま な な

で す 。 精 神 科 の 女 性 病 棟 な ど 、 強 く そ う 思 い ま す 。 相

も し れ な い け れ ど 、 そ れ 以 上 に 気 持 ち が 問 わ れ る 場 所

持 ち が と て も 伝 わ り や す い 。 技 術 が 高 い こ と も 必 要 か

サ ー ト 会 場 と 違 い 聴 衆 と の 距 離 が す ご く 近 い の で 、 気

い た な ﹂ な ど と そ ん な 日 は 思 い ま す 。 大 が か り な コ ン

く な る の を 感 じ ま す 。 ﹁ 今 日 は ス タ ッ フ が 一 番 感 動 し て

用 し て 、 憩 い の 場 と し て の 役 目 を 果 た し た い と 考 え ま す 。

  た 様 こ 々 と な は ス あ ト り レ ま ス せ を ん 抱 。 え る 現 代 の 人 々 に 、 音 楽 の 力 を 活

さ れ た の で し ょ う 。 こ の 時 ほ ど 音 楽 の す ば ら し さ を 感 じ

た 姿 に は 感 動 さ せ ら れ ま し た 。 多 分 、 幼 少 の 頃 を 思 い 出

お 年 寄 り の 男 性 が 突 然 立 ち 上 が り 、 直 立 不 動 で 歌 っ て い

け は 異 国 で

め た き っ か

ボ ラ ン テ ィ

  で 私 し が ょ う 音 ! 楽

ア 活 動 を 始

が る こ と も 。 そ ん な 時 は 患 者 さ ん が 喜 ん で 楽 し ん で い

か ﹂ と 歌 を 唄 っ て く れ る 人 が あ ら わ れ た り し て 盛 り 上

ぱ い で 弾 け な い わ ﹂ な ん て 言 う と 、 ﹁ 俺 が 唄 っ て や ろ う

  建 あ 物 る の 時 良 の さ こ が と 活 、 か 出 さ 演 れ 者 る が よ 文 う 部 に 省 企 唱 画 歌 し を て 歌 い っ ま て す い 。 る と 、

謡 、 珍 し い 楽 器 の 生 演 奏 、 岡 山 の 昔 話 の 朗 読 等 、 少 し で も

る の に 、 な ぜ か 病 院 ス タ ッ フ は 涙 し て る 。 垣 根 が な

ら し い こ と

な ん て 素 晴

︵ 笑 ︶ 。 ﹁ 今 日 は 3 ス テ ー ジ 目 だ か ら 胸 い っ

分 の 胸 の な か に し ま っ て い た い と い う の が 本 当 の と こ

大 体 ち ょ っ と し た 失 敗 が き っ か け だ っ た り す る の で 、 自

て い ま す 。 ま た 、 内 容 面 で は 、 明 治 ・ 大 正 期 の 教 育 唱 歌 、 童

出 演 者 も 本 物 の 音 楽 の 良 さ を 感 じ ら れ る よ う 努 力 さ れ

り 壁 に も た れ た り し て 気 軽 に 聴 け る 工 夫 も し て い ま す 。

  が 例 至 え 福 ば の 、 ひ 子 と 育 と て き 中 を の 共 親 有 子 で が き ゴ る ザ 場 で と 親 考 の え 膝 て の い 上 ま に す 座 。 っ た

  た 土 。 木 工 事 と い う 、 過 酷 な 作 業 が 音 楽 と 踊 り の 力 で

た ら 屋 上 ︵ 通 路 ︶ は す っ か り 綺 麗 に な っ て い ま し

に す べ て の 土 木 作 業 が 織 り 込 ま れ て い て 、 気 が 付 い

た 。 な ん と そ れ は 土 木 工 事 だ っ た の で す ! 踊 り の 中

病 院 で 演 奏 し て い て 起 こ る 素 敵 な 事 件 と い う の は

っ て 初 め て 、 私 は そ れ が 何 で あ る の か を 知 り ま し

物 の 音 楽 が 楽 し め る 場 、 言

の 音 楽 会 と 違 い 、 気 軽 に 本

は 、 規 制 が 多 い ホ ー ル 等 で

回 実 施 し て い ま す 。 こ こ で

そ の 特 徴 か ら 音 楽 会 を 年 三

す 。 平 成 十 一 年 の 移 築 以 来 、

も り が 感 じ ら れ る 空 間 で

音 の 響 き が 良 く 、 木 の ぬ く

は 、 窓 か ら の 採 光 と 形 か ら

  た そ 。 し て 突 然 に 、 そ の お 祭 り は 終 わ り ま し た 。 終 わ

く そ の 美 し い 歌 声 と 踊 り に 見 と れ て 見 入 っ て い ま し

擦 り な が ら 相 槌 を 打 つ 青 年 達 も い ま す 。 私 は し ば ら

床 面 に 叩 き 付 け て い ま す 。 脇 に は へ た り 込 ん で 床 を

が 付 い た 棒 を 持 っ て 踊 り な が ら ぺ た り 、 ぺ た り と 、

  も 踊 満 り 面 は に 少 笑 々 み 変 を わ 浮 っ か て べ い て て い 、 て 皆 と 、 て 先 も に 楽 円 し 盤 そ 状 う で の す も 。 の

で も し て い る か の よ う に 、 娘 た ち は は に か み な が ら

歌 を 歌 い な が ら 踊 っ て い ま す 。 ま る で 愛 の 駆 け 引 き

い 換 え れ ば 出 演 者 と 参 加 者

  化 中 財 で 指 も 定 八 の 木 角 造 形 建 の 築 遊 で 戯 す 室 。

に 創 建 さ れ た 岡 山 市 重 要 文

た 。 建 物 の 屋 上 で ︵ 屋 上 と 言 っ て も 通 路 ��� も な っ て

サ の 郊 外 で 偶 然 に も お 祭 り ら し き も の に 出 会 い ま し

い る の で す が ‥

こ の 上 な く 楽 し い こ と に 変 わ っ て ゆ く

ろ な の で す

手 が 静 か に 涙 を 浮 か べ て 微 笑 ん で 聴 い て く れ て い る と

き は 、 な ん て 素 敵 な と こ ろ な の だ ろ う と 思 い 、 自 分 の

‥ き っ と ま だ ま だ 発 展 途 上 な ん で し ょ う ね 。

普 段 の 考 え 方 の レ ベ ル が 低 い こ と に 思 い あ た り ま す 。

︶ 若 い 男 衆 と 年 頃 の 娘 た ち が 並 ん で

  八 角 園 舎 は 明 治 四 十 一 年

  十 年 近 く 前 、 チ ベ ッ ト を 訪 れ た 時 の こ と で す 。 ラ


〒701-0205 岡山市妹尾172 TEL:086-282-0059 FAX:086-281-0446 E-mail:sdgdm852@ybb.ne.jp

 音楽の砦は 2 0 0 0 年 5 月に倉敷本荘公民館において 中学生6名の音楽サークルとしてスタートいたしました。 以後地元のイベント 参 加、 自 主 コ ン サ ー トを行なうことが青 少年の健全育成につ な が り 2003 年 に NP O 法人として地元 のよさを映像で残す 活 動、 高 齢 者 施 設 で の音楽セッションを 活動に加えスタート しております。

〒701−0205 岡山市妹尾1759-2 岡山南商工会妹尾支所内 TEL:086-282-0011 FAX:086-282-6420 E-mail:senoosci@optic.or.jp http:/ / optic.or.jp/ senoosci/

 妹尾CD制作実行委員会は「音楽による街づくり」とい う目的で 1 9 9 7 年に地域住民有志 1 0 人によって組織さ れました。ふるさとをテーマにしたオリジナルソングを 収録した音楽CD制作をはじめ、古くから伝わる民話の 語りを収録したCD等、現在まで5枚のオリジナル音楽 CDを発表しています。2 0 0 2 年からは街並みや年中行 事等の映像を記 録したDVD制 作 を 開 始 し、 今 年4月に発表し たDVD第3集 「 路 地 裏 の 神 々」 は( 財 ) 福 武 文 化振興財団助成 対象作品にもな り、 そ の 活 動 は 高い評価を得て います。

〒700-0822 岡山市表町3丁目14番1-201号「さんかく岡山」気付 TEL:086-233-1335(事務所) ◇DVに関してご相談がある方は TEL 086-803-3366(相談ホットライン) 【定休日】毎週火曜日、年末年始

 サンフラワー基金は、岡山市の DV 施策を補完するも のです。活動資金の増強のためのチャリティーコンサー トを毎年開催しています。国内外で活躍中の演奏家の美 しい調べに乗って DV 防止の心が広がってゆくことを 願っています。

〒703-8274 岡山市門田本町4-2-30 新天地育児院 TEL:086-272-1353 FAX:086-272-3911 E-mail:x3x35199@yahoo.co.jp

 市街地にほど近い東山のてっぺんにある児童養護施設・ 新天地育児院の子どもたちと、どんぐりバンドを結成した のは平成1 5 年夏のこと。あれから3 年、現在までにオリジ ナルソング3 曲を制作し、音楽会の開催や他が主催するイベ ントへの出演を経て、現在子ども1 2 名を主に『第8 期どん ぐりバンド』として2 0 名弱のメンバーが活動しています。  毎週木曜の夜を活動日とし、音楽会開催に向けての練習 やミーティングなどを行っています。活動時間は木曜に限 らず、休日を利用して楽器のレッスンを受けたり、ボラン ティアメンバーが主催または出演している音楽イベントや ライブに足を運んだりもしています。  私たちボランティアメンバー一同は、子どもたちにバン ドという共同作業を通して、もの創りの喜びや仲間を大切 にすることを経験して欲しいと願っています。どんぐりバ ンドはまだまだ成長過程真っ只中。今後の活躍に、どうぞ ご期待ください♪


※詳しくは、ゆうあいセンターまでお問い合せいただくかチラシをご覧下さい。

これまで趣味の範囲だった活 動を、本格的に事業にするに はどうしたらいいですか? 労災保険、雇用保険、社会 (経営マネジメント相談) 保険は、それぞれどういう 人に適応されますか? (労務相談)

新しい事業のパンフレットを つくるのですが、どのような 内容にしたらよいですか? (広報相談)

活動に関わる商品を受託 販売していますが、課税 対象になりますか? (会計・税務相談)


月刊図書、貸し出し図書 (ビデオ、DVD)、 その日の新聞

ゆうあいセンター貸事務所 入居団体の紹介

月刊図書、閲覧図書、情報誌、 新聞のバックナンバーなど

⑦ ゆうあいセンター登録団体のパンフレット・情報誌など ② 助成金・ボランティア募集情報 ③ ゆうあいセンター登録団体のイベント・ 講座のチラシなど ポスターなど各種情報 の掲示

ゆうあいセンターからのお知らせ、 ボランティア募集情報、登録団体等の ポスターなど各種情報の掲示 キリトリ線

郵 便 は が き

ゆうあいセンターでは、時間も場所も選ばずに気軽に始められ るボランティアとして、寄付ボランティア情報と収集ボラン ティア回収箱を設置しています。

お手数ですが 50円切手を 貼ってください。

さまざまな団体が募集する募金に関する チラシを設置しています。寄付や募金の 際の参考にして下さい。

「使用済みインクカートリッジ」、 「書き損 じハガキ」、 「使用済み切手」を収集して います。 キ リ ト リ 線

インクカートリッジ パソコンのプリンターで使用するインク カートリッジです。カートリッジは業者が 買い取り、その代金は岡山県ボランティア連絡協議会に寄付され、岡山県 内のボランティアグループの活動に役立てられます。またカートリッジ自 体はリサイクルして利用されます。 ※エプソン、 キャノンのプリンターが対象です。ワープロのインクなどは対応できません。

使用済み切手 切手業者を通じて愛好家に販売されます。 代金は収集ボランティアグループの活動資 金として活用されます。

(フリガナ)

お名前

年齢     歳 〒

ご住所 メールアドレス 電話番号  (       )       ̶

書き損じハガキ 収集したハガキは、手数料(1 枚5 円) を負担 して、郵便局で新しいハガキや切手に交換 され、ボランティアグループの情報提供の ための通信費などに活用されます。


特定非営利活動法人(以下「NPO法人」)の活動を 支援するため、市民や企業からNPO法人への寄附を 促していくことを目的とした制度です。  NPO法人のうち、運営組織及び事業活動が適正で あることや公益の増進に役立つことについて一定の 要件を満たす法人を国税庁長官が認定し、この認定 を受けた法人(認定NPO法人) に寄附をした者には、 所得税・法人税・相続税の特例措置があります。 

(1) 経常収入金額に占める寄附金等収入金額の割 合(いわゆるパブリックサポ−トテスト)が、一 定の基準以上であること。

 また、認定NPO法人自身についてもみなし寄附金 制度が適用されます。  国税庁ホームページに、申請の手引や認定を受け た法人名簿が掲載されています。 [http://www.nta.g o.jp/categ ory/npo/npo.htm]  また、認定NPO法人制度について説明したパンフ レット及び申請方法等を記載した手引を、国税局・税 務署において配付しています。

(2)事業活動に占める共益的活動の割合<5 0 % (3)役員のうちに占める親族等の割合≦1/3 (4)社員のうちに占める親族等の割合≦1/3 *社員数1 0 0 人以上の法人については、適用されません。

パブリックサポートテストのイメージ

(5)役員又は社員のうちに占める特定の法人の役 員等の割合≦1/3 (6)事業費総額に占める特定非営利活動に係る事業費≧80% (7)受入寄附金を特定非営利活動に係る事業費に 充当する割合≧7 0 % など

実績判定期間中において、 ≧ *法人の選択により、国の補助金等を上記算式の分子に算入することができま す。この場合、国の補助金等を分母にも算入しなければなりません。 *各事業年度における上記割合が、1 0 分の1 以上であることも必要。 *小規模法人については特例があります。

*申請にあたっては、直前 2 事業年度分の事業報告書等が必要です。  (設立してすぐには申請できません。) *この認定の有効期間は、国税庁長官の定めた日から 2 年間です。  継続する場合は再申請が必要です。

キリトリ線

 「ボランピオ」は、みなさんのご意見・ご提案を参考にさせていただき、 より良い情報誌づくりを目指していきます。  岡山県内でのボランティア・NP O活動を盛り上げるために、ぜひみなさ んの声をお聞かせください。

現在、ボランティア・NP Oなどで活動されていますか?

■路線バス 【J R 岡山駅より】 ・岡電バス「津高」方面行き ・中鉄バス「商大・平津橋」方面行き ❶「跨線橋東」下車、北へ徒歩 4 分 【天満屋バスセンターより】 ・岡電バス「三野・妙善寺」方面行き ❷「番町口」下車、西へ徒歩 3 分

今回の「ボランピオ」で興味・関心のあった記事は?

【宇野バスセンターより 】 ・宇野バス 「美作線」 ❷「番町口」下車、西へ徒歩 3 分

キ リ ト リ 線

■自動車・タクシー J R 岡山駅より約 5 分 会館全体の駐車場(150 台)が ございます。 ■徒歩  J R 岡山駅より約 15 分

「ボランピオ」に賛同してくださる方々、募集しています。 ※情報誌を置いてくださる施設・お店の方を募集しています。

施設名・店名(                       )

連絡先(           /TEL.           )

ご意見・ご感想をお聞かせください。 発  行:岡山県生活環境部 県民生活課 〒7 0 0 -0 8 0 7  岡山市南方2 丁目1 3 -1(「ゆうあいセンター」内) TEL 0 8 6(2 3 1 )0 5 3 2   FAX 0 8 6(2 3 1 )0 5 4 1 URL ht t p:/ / www.youi-c .c om/ 作成受託:岡山県ボランティア・NP O活動支援センター管理運営共同体 02).4%$7)4(

古紙配合率100%再生紙を使用しています

3/9).+ T ra de ma rk o f Ame ric a n S o y be a n As s o c ia t io n

4-

お手数ですが2 0 0 6 年1 2 月末までに返信ください。 FAX及びE-mailでも返信が可能です。 【FAX】0 8 6 -2 3 1 -0 5 4 1 【E-mail】o k a @y o ui-c .c o m   「ボランピオ」No.1 7 /2 0 0 6 年冬号


volunpio017