Page 1

無耳芳一


むかしむかし、下関(しものせき→山口県)に、阿弥陀寺(あみだ じ→真言宗の寺)というお寺がありました。そのお寺に、芳一(ほう いち)という、びわひきがいました。 芳一は幼い頃から目が不自由だった為に、びわのひき語りをしこ まれて、まだほんの若者ながら、その芸は師匠の和尚(おしょう) さんをしのぐほどになっていました。 阿弥陀寺の和尚さんは、そんな芳一の才能(さいのう)を見込ん で、寺に引き取ったのでした。

芳一は、源平(げんぺい)の物語を語るのが得意で、とりわけ壇 ノ浦(だんのうら)の合戦のくだりのところでは、その真にせまった 語り口に、誰一人、涙をさそわれない者はいなかったそうです。

そのむかし、壇ノ浦で源氏と平家の長い争いの最後の決戦が行わ れ、戦いにやぶれた平家一門は女や子どもにいたるまで、安徳天皇 (あんとくてんのう)として知られている幼帝(ようてい)もろとも、 ことごとく海の底に沈んでしまいました。 この悲しい平家の最後の戦いを語ったものが、壇ノ浦の合戦のく だりなのです。


ある、蒸し暑い夏の夜の事です。 和尚さんが法事で出かけてしまったので、芳一は一人でお寺に残 ってびわのけいこをしていました。 その時、庭の草がサワサワと波のようにゆれて、縁側(えんがわ) に座っている芳一の前で止まりました。 そして、声がしました。 「芳一!

芳一!」

「はっ、はい。どなたさまでしょうか。わたしは目が見えませんも ので」 すると、声の主は答えます。 「わしは、この近くにお住まいの、さる身分の高いお方の使いの者 じゃ。殿が、そなたのびわと語りを聞いてみたいとお望みじゃ」 「えっ、わたしのびわを?」 「さよう、やかたへ案内するから、わしの後についてまいれ」 芳一は、身分の高いお方が自分のびわを聞きたいと望んでおられ ると聞いて、すっかりうれしくなって、その使いの者についていき ました。 歩くたびに、 『ガシャッ』、 『ガシャッ』と音がして、使いの者は、


よろいで身をかためている武者だとわかります。門をくぐり広い庭 を通ると、大きなやかたの中に通されました。 そこは大広間で、大勢の人が集まっているらしく、サラサラと きぬずれの音や、よろいのふれあう音が聞こえていました。 一人の女官(じょかん→宮中に仕える女性)が、言いました。 「芳一や、さっそく、そなたのびわにあわせて、平家の物語を語っ てくだされ」 「はい。長い物語ゆえ、いずれのくだりをお聞かせしたらよろしい のでしょうか?」 「・・・壇ノ浦のくだりを」 「かしこまりました」 芳一は、びわを鳴らして語りはじめました。 ろをあやつる音。 舟に当たってくだける波。 弓鳴りの音。 兵士たちのおたけびの声。息たえた武者が、海に落ちる音。こ れらの様子を、静かに、もの悲しく語り続けます。大広間は、たち まちのうちに壇ノ浦の合戦場になってしまったかのようです。やが て平家の悲しい最後のくだりになると、広間のあちこちから、むせ


び泣きがおこり、芳一のびわが終わっても、しばらくは誰も口をき かず、シーンと静まりかえっていました。 やがて、さっきの女官が言いました。 「殿も、たいそう喜んでおられます。良い物をお礼に下さるそうじ ゃ。 されど、今夜より六日間、毎夜そなたのびわを聞きたいとおっし ゃいます。明日の夜も、このやかたにまいられるように。それから 寺へもどっても、このことはだれにも話してはならぬ。よろしいな」 「はい」

次の日も、芳一は迎えに来た武者について、やかたに向かいまし た。 しかし、昨日と同じ様にびわをひいて寺に戻って来たところを、 和尚さんに見つかってしまいました。 「芳一、今頃まで、どこで何をしていたんだね?」 「・・・・・・」 「芳一」 「・・・・・・」 和尚さんがいくらたずねても、芳一は約束を守って、一言も話


しませんでした。 和尚さんは芳一が何も言わないのは、何か深いわけがあるにち がいないと思いました。 そこで寺男(てらおとこ→寺の雑用係)たちに、芳一が出かけ るような事があったら、そっと後をつけるようにいっておいたので す。そして、また夜になりました。雨が、激しく降っています。 それでも芳一は、寺を出ていきます。寺男たちは、そっと芳一の後 を追いかけました。 ところが、目が見えないはずの芳一の足は意外にはやく、やみ夜 にかき消されるように姿が見えなくなってしまったのです。 「どこへ行ったんだ?」 と、あちこち探しまわった寺男たちは、墓地へやってきました。 ビカッ! いなびかりで、雨にぬれた墓石が浮かびあがります。 「あっ、あそこに!」 寺男たちは、驚きのあまり立ちすくみました。 雨でずぶぬれになった芳一が、安徳天皇の墓の前でびわをひいて いるのです。 その芳一のまわりを、無数の鬼火が取り囲んでいます。


寺男たちは芳一が亡霊(ぼうれい)にとりつかれているにちがい ないと、力まかせに寺へ連れ戻しました。 その出来事を聞いた和尚さんは、芳一を亡霊から守るために、魔 除けのまじないをする事にしました。 その魔除けとは、芳一の体中に経文(きょうもん)を書きつける のです。 「芳一、お前の人なみはずれた芸が、亡霊を呼ぶ事になってしまっ たようじゃ。 無念の涙をのんで海に沈んでいった平家一族のな。 よく聞け。 今夜は誰が呼びに来ても、決して口をきいてはならんぞ。 亡霊にしたがった者は命をとられる。 しっかり座禅(ざぜん)を組んで、身じろぎひとつせぬ事じゃ。 もし返事をしたり、声を出せば、お前は今度こそ、殺されてしま うじゃろう。 わかったな」 和尚さんはそう言って、村のお通夜に出かけてしまいました。 さて、芳一が座禅をしていると、いつものように亡霊の声が呼び かけます。


「芳一、芳一、迎えにまいったぞ」 でも、芳一の声も姿もありません。 亡霊は、寺の中へ入ってきました。 「ふむ。 ・・・びわはあるが、ひき手はおらんな」 あたりを見まわした亡霊は、空中に浮いている二つの耳を見つけ ました。 「なるほど、和尚のしわざだな。さすがのわしでも、これでは手が 出せぬ。しかたない、せめてこの耳を持ち帰って、芳一を呼びに行 ったあかしとせねばなるまい」 亡霊は芳一の耳に、冷たい手をかけると、 バリッ! その耳をもぎとって、帰っていきました。 そのあいだ、芳一はジッと座禅を組んだままでした。

寺に戻った和尚さんは芳一の様子を見ようと、大急ぎで芳一のい る座敷へ駆け込みました。 「芳一!

無事だったか!」

じっと座禅を組んだままの芳一でしたが、その両の耳はなく、耳 のあったところからは血が流れています。


「お、お前、その耳は・・・」 和尚さんには、全ての事がわかりました。 「そうであったか。耳に経文を書き忘れたとは、気がつかなかった。 何と、かわいそうな事をしたものよ。 よしよし、よい医者を頼んで、すぐにも傷の手当てをしてもらう としよう」 芳一は両耳を取られてしまいましたが、それからはもう亡霊につ きまとわれる事もなく、医者の手当てのおかげで、傷も治っていき ました。

やがて、この話は口から口へと伝わり、芳一のびわはますます評 判になっていきました。 びわ法師の芳一は、いつしか『耳なし芳一』と呼ばれるようにな り、その名を知らない人はいないほど有名になったということです。


中文譯文 很久很久以前。 在下關檀之浦附近的阿彌陀寺裡,住著一個名叫芳一的盲眼琵琶僧人。 芳一最拿手的是說唱平家故事。每當他和著琵琶,說唱平家一族猛勇 而又悲壯的故事的時候,聽眾無不慘然落淚。 大約距今八百年年前,平家在檀之浦和源氏經歷了一場長時間的 戰爭之後滅亡,幼小的安德天皇葬身大海。 此仇此恨之深,大海也為之震怒。漆黑的夜晚有數不請的青白色 亡靈之火在燃燒。亡靈從海裡伸出蒼白的手臂,一面喊著“拿船槳來! 拿船槳來!",一邊要把過往的船隻拖入海底。海邊,被稱作平家蟹 的螃蟹,四處亂闖,蟹殼上有充滿仇恨臉孔的印記。岸邊,仍然矗立 著那棵曾晾曬過打撈小天皇那張魚網的松樹。 無論是風聲,還是巨 浪的轟鳴聲,都像是平家亡靈的哭泣聲。阿彌陀寺裡安置著安德天皇 以及平家武士的墳墓。 一個夏天的夜晚。 阿彌陀寺的和尚帶著小徒去施主家造訪,寺中只留下芳一一個人 看門。這是一個悶熱的夜晚,難以入睡的芳一來到房檐下乘涼,周圍 不時傳出陣陣蟲鳴。不久,蟲鳴突然停止,芳一注意一聽,知道有人 從後門走了過來,而且知道這不是和尚的腳步聲。那夾雜著咯嚓咯嚓


金屬摩擦聲響的腳步聲很快就在芳一跟前停住了。 “芳一。" 一個沉重的聲音響起,芳一嚇了一跳。 “芳一,一位尊貴的人要聽你彈琵琶,帶上琵琶,馬上跟我走。" 那沉重的聲音說到,語氣就像是武士。芳一回答“是",抱起琵琶, 穿上草鞋,跟著武士動身了。 武士發出咯嚓咯嚓的聲響,牽著芳一的手走著。它的手如同冰一般寒 冷。咯嚓,咯嚓……對了,芳一想起來,這是鎧甲的聲音啊。可是為 什麼現在這位武士要穿鎧甲呢?芳一有些不能理解。 不久,武士停住腳步,用他那沉重的聲音大聲叫到:“開門!"吱呀 一聲門打開了,武士牽著芳一的手走了進去,周圍似有迎接的響動。 他們穿過寬闊的庭院,進入正門,又繞過幾道冰冷的走廊,通過數不 請的隔扇門,終於,芳一被帶到了一個像是大廳的地方。 芳一覺得這裡有很多人,有衣服發出的聲響,也有熏香的氣味。從鎧 甲摩擦的聲音看,似乎還有很多穿著鎧甲的武士。不久,所有的聲音 都靜了下來。 一個上了年紀的女人的聲音。 “芳一,在尊貴的人的面前,你不要緊張。現在,彈起琵琶給我們講 一講平家的故事吧。"


芳一回答說:“是,我非常榮幸。但平家的故事很長,不知您想聽哪 一段呢?"

老女人回答說:“就講檀之浦那一段吧!"

於是,芳一懷抱琵琶開始彈奏起來。

屋島之敗,平家退到志度浦。無奈源氏窮追不捨,寂寂平家無望西退, 需知世上最難依靠是人心,昨日的友人今日的敵人。海浪一浪接一浪, 漫漫平家之窮途末路兮,焉只是淒慘…… 和著唱詞,芳一的琵琶彈得如泣如訴,有時像萬丈狂濤在怒吼,有時 如同刀劍在交鋒。 芳一忘記恐懼,也不考慮身在何處,只是唱著唱 著,彈著彈著,周圍的聽眾都聽得入了神。然而,當芳一唱到兩位尼 姑抱著安德天皇跳進千尋大海的時候,周圍一齊發出啜泣聲,那啜泣 聲如撕心裂肺一般悲痛。 芳一彈了很久的琵琶,講了很長時間的平 家故事,但是,第一次遇到發出如此悲切哭聲的聽眾。 該失去的都失去,該逝去的也都逝去。潮水退離小戶的瀨戶,沒有了 舵手的船呀,落寞飄搖而去。隨之出現的是白浪上現出的白色旗幟(有 源氏印記的旗),開源氏一族之盛世,開源氏一族之盛世。 不久,檀之浦段演唱完畢,啜泣聲也逐漸平息下來,一陣長長的歎息 後,周圍恢復了平靜。芳一兩手觸地,深深地行了一個禮。“唱得真 好,謝謝你。聽說你是彈唱平家故事的名人,沒想到唱得這麼好。芳


一,殿下還想聽其它唱段,以後的六天請你每晚為他演唱,趕快謝謝 殿下。"“非常榮幸!" “今天晚上帶你來的人,明天還是由他去接你。因為殿下是秘密來到 此處的,所以,這件事跟誰也不能講。" “好的,我決不說出去。" “好了,你回去吧。" 還是剛才的那個武士牽著芳一的手,繞過幾道長廊,聽到門吱嘎的響 聲後回到寺裡。他感到非常疲勞,躺下便熟睡如泥了。 第二天夜裡、 第三天夜裡也是同樣,芳一懷抱琵琶,由那個武士牽著手,去往殿下 的所在地。對這一切感到吃驚的是和尚。雖說他不知道芳一第一天晚 上出去的事情,卻注意到芳一第二、第三個晚上都離開了寺院,他問 道:“芳一,每天深夜去了哪裡?"芳一從未做過背人的事情,這次 他卻咬緊牙關一字不吐。看著芳一蒼白的臉色,和尚覺得事情有些蹊 蹺。 因此,和尚只好裝出不再關心的樣子。這天夜裡,和尚發現芳一又背 著琵琶,一隻手像是被什麼人領著似的舉在空中,冒著雨走出了寺院。 那樣子就像是 被什麼東西附了體。 和尚趕緊讓僕人跟在後面,可是當僕人提著燈籠追出來的時候,芳一 的身影已消失了。於是,僕人從海邊一直找到街區,在他筋疲力盡回


到寺院的時候,聽到墓地方向傳來的激越的琵琶聲。走近墓地一看, 僕人楞住了。只見芳一坐在平氏家族的墓前,彈著琵琶,聲嘶力竭地 演唱著平家故事,有數不清地泛著青白光的鬼火圍在他的周圍…… 被僕人從墓地領回來的芳一,甚至沒有察覺自己已經被雨淋得透濕。 他惴惴不安地說:“當著殿下的面,這樣太沒有禮貌了。你把我帶回 來是要受責罰的。"和尚再三把當夜恐怖的場面講給他聽,然後說: “芳一啊,來接你的不是活著的人,是評價的亡魂,是幽靈呀,這樣 下去你會被他們害死的。" 芳一想起了拉著自己的那只冰冷的手。“果真如此的話師傅,那 我……"芳一渾身發抖,哭了起來。和尚凝神思索了一陣,嘟囔道: “也許只有萬能的經文才能救你的命。"

第二天,太陽落山的時候,

和尚讓芳一赤裸身體,並在他身上寫滿了般若心經的經文。 和尚說:“芳一,本來想陪你一起度過這一關。可我有事,今晚必須 出去。我已在你全身寫滿了萬能的經文,不必害怕,按我說的去做就 行了。記住,我走以後那個武士會來接你,可是,無論發生什麼事情 你都不要開口講話,也不要動,要不出聲地坐在這裡,這樣也許能夠 得救。"


芳一無言地點點頭,他已經恐懼地說不出話來。按照和尚的吩咐,他 一聲不出地坐在房檐下。 不久,夜幕降臨了。蟲鳴聲傳進芳一的耳鼓。不知又過了多久,蟲子 的叫聲突然停住了。那沉重、夾雜著喀嚓喀嚓盔甲摩擦聲響的腳步聲 越來越近。芳一一動不動地坐著,腳步聲就在他的近前停住了。 “芳一。" 芳一不回答。 “芳一,芳一,芳一!" 叫聲逐漸不耐煩起來,芳一仍然一聲不出地坐在那裡。“究竟在哪 裡?"武士一面嘟囔,一面探視走廊,他吃驚地喊到:“有兩隻耳朵 懸在空中,其他什麼也看不見,真實怪事,琵琶法師的身體消失了。 原來如此,只有兩隻耳朵是沒辦法回答我的。沒辦法,只好把兩隻耳 朵撕下來帶回去,也好證明我來過了。" 說著,武士用那鋼鐵一般有利的手扯掉芳一的耳朵。火燒一般的疼痛 使芳一差一點暈過去,然而,芳一仍舊不出聲地、一動不動地坐在耐 勞,武士的腳步聲逐漸遠去。 和尚回來,看到芳一的樣子不禁大驚 失色。然而芳一活著,雖然他臉色蒼白渾身是血,卻一動不動地活著 坐在那裡。“哦,請原諒,都怪我,忘了在耳朵上寫經文了。不過, 這倒救了你的命,以後亡魂不會再來了。"這件事情發生以後,無耳


芳一的名氣更大了。他的故事也一直流傳至今。

fae  

bpplbppbl,koke