Issuu on Google+

聰明的一休


─この橋(はし)を渡(わた)るな─

すこし昔、一休さんという、とてもかしこい小僧(こぞう)さんが いました。 ある時、お侍(さむらい)が、「一休さんに、ご馳走(ちそう)をし たいのでおいでください。 」と言ってきました。 一休さんは、喜(よろこ)んでお侍の家に出かけていきました。 お侍の家の前には、橋がかかっていて、端(はし)に「この橋を渡 るな。」と、書いた立(た)て札(ふだ)が立っていました。 でも、一休さんは平気(へいき)な顔をして、橋を渡っていきまし た。 お侍が出てきて、「立て札を見なかった?」と、聞きました。 すると、一休さんは、 「見ましたとも。ですから、わたしは端(は し)ではなく、真(ま)ん中(なか)を渡ってきましたよ。」と答えまし た。


─虎(とら)を追(お)い出(だ)して─

一休さんが、えらいお殿様(とのさま)に呼(よ)ばれました。 お殿様は、一休さんがどのくらいかしこいか、試(ため)してみ ようと思ったのです。 「一休よ、お前の後(うし)ろに立っている屏風(びょうぶ)に、虎 の絵(え)が描(か)いてある。あの虎を縛(しば)ってみよ。」 絵に描いてある虎を縛ることなんてできません。 でも、一休さんは縄(なわ)を持ってくると、こう言いました。 「どなたか、この虎を追い出してください。私が縛ってみせます から。」 すると、お殿様は手をぽんと打って、言いました。 「なるほど、うわさのとおり、一休はかしこいな。感心(かんし ん)したぞ。 」 そして、ご褒美(ほうび)をたくさんやったということです。


中文譯文 ─勿過橋─

從前,有一位非常聰明的小和尚,名叫一休。有一天,一位武士 對一休說:“我想請您吃飯,請您務必賞臉!"於是一休就高高興興 地去武士家裡赴宴。 武士家的前面有一座橋,橋邊上立著一個牌子:不許過這個橋! 但一休對此視而不見,滿不在乎地地過了橋。 “你沒看到那個牌子嗎?"武士出來質問道。 “看見了,正因為此,我才沒有走橋的邊緣而走的是橋正中間呀!" 一休回答道。 (在日語中,“橋"與“端〈邊緣〉"的發音是相同的, 在這裡聰明的一休巧妙地把它理解為“邊緣"。)


─抓老虎─

一天,將軍為了看看一休究竟有多聰明,就把一休叫去對他說:“一 休呀,你身後的屏風上畫著一隻老虎,你把它綁起來吧!" 捆綁畫上的老虎,這是不可能的。不過一休拿來繩子後說:“有 哪位幫忙把老虎趕出來,好讓我把它綁起來!" 將軍聽罷拍手稱讚道:“一休真聰明!果然名不虛傳!"然後給 了一休很多獎賞。


book