Issuu on Google+

金太郎

 


金太郎は、足柄山(あしがらやま)の奥(おく)で、お母さんと二 人で暮らしていました。

金太郎は、まるまる太(ふと)った、元気(げんき)な男の子です。 いつも大きな鉞(まさかり)を担(かつ)いで、山の奥に行っては、木 を切(き)り倒(たお)して、遊んでいました。

ある時、熊(くま)が出てきて、金太郎をにらみつけました。 「俺(おれ)の森で勝手に遊ぶな。 」熊はそう叫(さけ)ぶと、金太郎 に飛びかかってきました。 「なにをっ!」金太郎は、鉞を放(ほう)り出(だ)すと、いきなり、 熊を目より高く差(さ)し上(あ)げました。そして、どしん!と、地 面(じめん)に投(な)げつけました。 「まいったあ。 」

熊は降参(こうさん)しました。すると、それを見ていた鹿(し か)や猿(さる)やうさぎが出てきて、みんな金太郎の友達になりま した。


今日は、みんなで相撲(すもう)を取ることにしました。金太郎 は、鉞を担いで、熊にまたがります。広場(ひろば)に着くと、すぐ に取(と)り組(く)みです。金太郎は、土俵(どひょう)の真(ま)ん中 (なか)に立ちました。 「面倒(めんどう)だ。みんな一緒にかかってこい。」 熊、鹿、猿、うさぎが一度に金太郎に組(く)み付(つ)きました。 でも、金太郎が体をぶるんと振(ふ)ると、動物たちは弾(はじ)き飛 (と)ばされてしまいました。

相撲(すもう)を取った帰りは、近道(ちかみち)をすることにし ました。 途中(とちゅう)、崖(がけ)があって、下を川が流れていました。で も、橋がかかっていません。

金太郎は、そばの大きな木を力いっぱい押(お)しました。めり めりめり。 木が倒(たお)れて、立派(りっぱ)な橋が出来(でき)上がりました。 この様子(ようす)を、遠くからじっと見ている侍がいました。 侍は碓井貞光(うすいさだみつ)と言いました。日本一強い大将


(たいしょう)、源(みなもと)来光(らいこう)の家来です。やがて、 貞光は金太郎の家にやってきました。 そして、金太郎に、「おじさんと力(ちから)比(くら)べをしよ う。 」と言いました。 金太郎と貞光は、がっぷりと組(く)み合(あ)いました。 「えーい。 」 「そーれ。 」 二人ともすごい力です。 やがて、貞光が言いました。 「わかった。もういいだろう。」 貞光は、金太郎のお母さんにこう申(もう)し出(で)ました。 「わたしは日本中(じゅう)を歩いて、強い侍を探(さが)している のです。金太郎君は力が強いし、心も優(やさ)しい。都(みやこ) に連(つ)れていって、立派な侍にしたいのですが。」 これを聞いて、お母さんは大喜(おおよろこ)びです。 「どうかこの子を、立派な侍にしてください。 」 金太郎がいよいよ都へ行く日が来ました。 金太郎は、お母さんの前に手をついて言いました。 「では、行ってまいります。 」


家の外では、熊や鹿、猿、うさぎが集まっていました。 金太郎はみんなの頭をなでながら言いました。 「きっと立派な侍になって、戻ってくるからね。」

金太郎は、都に着くと、『坂田金時(さかたのきんとき)』という名 前を付けてもらいました。そして、来光や貞光たちと一緒に、大江 山(おおえやま)の鬼を退治しました。 金時はもう立派な侍だと来光は言いました。

そこで、金時はお母さんに会うため、足柄山に戻ってきました。 熊や鹿、猿、うさぎも喜んで侍姿(さむらいすがた)の金時を迎え ました。


中文譯文 金太郎和媽媽倆人住在足柄山裡。金太郎圓圓的、胖乎乎的,是 個精力非常充沛的小男孩,總喜歡扛著個大斧子到山裡砍樹玩。有一 天,跑出來一隻熊,瞪著他說:“這是我的森林,你不能隨便在這裡 玩"。說著,就朝金太郎撲了過去。“你說什麼!"金太郎把斧子一 扔,一下子把熊舉過頭頂,然後,咚的一聲,把它扔到了地上。熊投 降認輸了。看到他們比試的小鹿、猴子、兔子也都跑了出來,和金太 郎成了朋友。 今天是他們進行相撲比賽的日子,金太郎扛著斧子跨坐在熊背上 來比賽。來到廣場,比賽立刻開始。他站在相撲比賽場地中間,說道: “別麻煩了,你們一起上吧。"大熊、小鹿、猴子、兔子同時沖了上 來和金太郎扭在一起。但是忽然金太郎身子一晃,把他們全都摔了出 去。 比賽完,金太郎抄近路回家。途經一個斷崖,中間是湍急的河水, 但是沒有橋。金太郎用力推倒旁邊一棵大樹,慢慢橫放下去,造了一 座牢固的小橋。遠處一個武士,一直看著金太郎。武士名叫碓井貞光, 是日本最有名的大將軍源來光的家臣。他尾隨著來到金太郎家,對金 太郎說:“和我比試一下吧。" 倆人都是大力士,不分上下。最後,貞光對金太郎的母親說:“我


正在全日本範圍內挑選本領高強的武士。金太郎是個大力士,而且心 地善良,我想把他帶到京城去,把他培養成為優秀的武士。"母親聽 後很高興地同意了。 終於到了上京的日子,金太郎拉著母親的手依依惜別,大熊、小 鹿、猴子、兔子也來為他送行,他摸著他們的頭說:“我一定成為優 秀的武士回來。" 金太郎來到京城後,取名“阪田金時",並和來光、貞光他們一 起打敗了大江山的妖怪。作為優秀的武士,得到了大將軍來光的肯 定。 當金時滿載榮譽重回足柄山看望母親時,大熊、小鹿、猴子、兔 子也聞訊趕來,很高興地迎接一身武士打扮的金太郎。


金太郎