Page 1

V48 MANUAL

V48 MANUAL

電子温度調節器 TEMPERATURE CONTROLLER

お問い合わせは下記まで

Customer Service

取扱説明書 Instruction Manual

本社: Head Office

この度は当社の電子温度調節器をお買い上げ頂き誠にありがとうございます。 この製品を安全に正しくご使用頂く為に、ご使用前にこの取扱説明書をよくお読みに なり、正しくお使いください。この説明書は、いつでも使用できるように大切に保管 ください。

大阪: Osaka branch メールアドレス:

E-mail

Thank you for purchasing our temperature controller. Please read this instruction manual carefully before using to ensure the correct usage of this device. Please keep this instruction manual for future reference. 警告

Please note that misuse of this device may lead to loss of life or serious injury to the user.Please observe all safety precautions and warnings in this instruction manual.

WARNING

注意 ATTENTION

取扱いを誤った場合に、取扱者が傷害を負う恐れのある場合や 機器を損傷する恐れのある場合の注意事項を記載しています。 Please note that misuse of this device may lead to injury to the user or damage to the device.

警告

Web Site

表示方式 Display Method

sales@line.co.jp

1.Do not touch the AC terminals while the power is supplied to the controller to prevent an  electric shock. 2.Make sure power is disconnected while checking the unit inside.

指示値の0.1% 0.1% of measuring range

Sampling Rate

500m秒/測定 500 msec/per scan

CLPD: PID冷却制御周期設定。(PID制御)

V: 4 sec. R: 20 sec.

耐振動 Vibration Resistance

10~55Hz, 10分間で10m/s2,各X,Y,Z方向

TROF: 温度偏差値の調整。

最大300m/s2 3軸6方向で3回

CRHI: 20mA出力偏差値の調整。

サンプリング周期

耐衝撃 Shock Resistance 使用周囲温度

2

2000m以下 2000m or less

電流出力:DC 4∼20mA (負荷抵抗:600W 以下)

設置環境

設置カテゴリ2 ,汚染度2(EN61010-01)

1

LINE SEIKI

PV

°C

7

SV

AT

ENT

5

8

AL2

AL1

OUT

PV表示 PV Display : 測定値とパラメータの種類を表示し ます。 to display the process value or parameter type

°F

3 4

2

SV表示 SV Display : 設定点、パラメータ動作読込値、 操作変化、パラメータ値を表示しま す。

9

6

3

10

LED Display

ファンクションキー Function key : 1. 希望のファンクションキーを選択するのに押してください。

ALARM2 HIGH: 上限第2警報 Upper-limit alarm 2 ALARM2 LOW: 下限第2警報 Lower-limit alarm 2 設定ロック: SV表示上でLock 1( ), Lock 2 ( ) 又はOFF ( )を選択。 Lock 1モードはすべての設定をロックできます。Lock 2 モードはSV値以外をロックできます。OFF モード時は ENT と  キーを同時に押す MODE ロック機能は動作しません。  とロック状況は解除でき、調節器は直前の表示に戻ります。

this key to confirm a setting value.

6

モードキー Mode key: それぞれのファンクションモードでパラメータを設定する時に押してください。

7

温度単位LED Temperature unit LEDs: パラメータを摂氏(C)に設定するとCが点灯します。華氏(F)に設定するとFが 点灯します。

Press this key to set parameters within each function mode.

アラーム出力LED Alarm output LED: アラーム1又は2がONの時、ALM1/ALM2が点灯します。

OUT: 手動チューニング制御時の出力値表示及び出力値 調整。(この機能はON/OFF制御又は自動チューニング制御 時は使えません。)

The ALM1 / ALM2 LED lights when Alarm 1 or Alarm 2 output is ON.

9 ダウンキー Down key: SV表示の表示値を減少する時に押してください。押し続けると減少が速くなります。

OUT: Output value display and output value adjustment in manual tuning control (This function is not available in ON/OFF control or Auto-tuning setting)

Press this key to decrease values displayed on the SV display. Hold down this key to speed up the decrements.

10 アップキー Up key: SV表示の表示値を増加する時に押してください。押し続けると増加が速くなります。 Press this key to increase values displayed on the SV display. Hold down this key to speed up the incremental action.

+ RTD 入力端子 Tc

+

-

or

LED 表示

L

1

6

11

2

7

12 N

3

8

13

4

9

14

5 10

15

電源端子 AC 100-240V 50/60Hz/ 5VA

ALM2 ALM1 COM

警報出力端子 3A 250Vac

説明 Explanation AT: 自動チューニング設定。ATキーをON(   )に 設定した時、PID自動チューニング機能は自動的に実行 開始されます。 (PID制御)

o

) and F (

)

PT2

o

C

)

T-HIGH: 温度幅の上限 T-HIGH: Upper limit for temperature range

500.0

T-LOW: 温度幅の下限 T-LOW: Lower limit for temperature range

-20.0

CONTROL: SV表示における制御方法の設定。 PID ( ), ON/OFF制御 ( ), 又は 手動チュー ニング( )

PID

RUN

SWITCH: 加熱動作( 選択。

)又は冷却動作(

SWITCH: Select Heating(

) or Cooling(

)を ) action.

HEAT

o

AL1 SET: 第1警報設定。 AL1 SET: Alarm 1 setting

0

o

AL2 SET: 第2警報設定。 AL2 SET: Alarm 2 setting

0

o

注意:警報値は初期設定モードで設定されるので、AL1H, AL1L,AL2H 及び AL2L はオペレーションモードで表示されます。

4.0 C 4.0 C 4.0 C o

4.0 C

Note: Alarm values should be set in the initial setting mode so AL1H, AL1L, AL2H and AL2L would display in operation mode.

6. 加熱及び冷却制御 Heating and Cooling Control

OFF

温度制御は加熱又は冷却のどちらかで達成されます。加熱機能は測定値(PV)が下がっ ている時に、冷却機能は温度が上がっている時に開始します。この調節器において 両方の機能を同時に動作させることはできません。 Temperature control is achieved either by heating or by cooling. The heating function starts when the process temperature (PV) is going down, and the cooling function when the temperature is getting high. It is impossible to operate both functions simultaneously in this controller.

7. 入力エラー表示 Input Error Indication 設定値 0

Setting value

PV SV

初期設定 Default

OFF

AT: Auto-tuning setting. When AT key is set to ON ( ),the execution of the PID auto-tuning function is automatically started. (PID control)

P: 比例帯 (PID制御) P: Proportional Band (PID control)

47.6

I: 積分時間(PID制御) I: Integral Time (PID control)

260

D: 微分時間(PID制御) D: Derivative Time (PID control)

) 及び oF (

Default

2. レギュレーション・モード Regulation Mode: 制御パラメータの設定。 Set the control parameters LED Display

3. 端子構成 Terminals Identification

o

CONTROL: Control method setting on the SV display: PID ( ), ON/OFF control ( ), or manual tuning ( ).

Setting lock: Lock 1 ( ), Lock 2 ( ) or OFF ( ) on the SV display. Lock 1 mode can lock all settings and Lock 2 mode only can lock others than SV value. When OFF mode is selected, the Lock function will be OFF. If you press ENT and MODE key simultaneously,the "Lock" status can be released and the controller will be back to the previous display.

C LED lights when this parameter is configured for Celsius and F LED lights if configured for Fahrenheit.

-

)

ALARM1 LOW: 下限第1警報 Lower-limit alarm 1

2. 設定値を確認する時に押してください。

14Vdc DC 4-20mA

) or Stop (

ALARM1 HIGH: 上限第1警報 Upper-limit alarm 1

Press this key to select the desired function mode.

出力端子 5A 250Vac

説明 Explanation

RUN/STOP: Control setting begins. Run ( mode on the SV display.

lights when the output is ON.

Press

o

UNIT: Temperature display unit, C (

初期設定 ) モード。

Default

INPUT: 入力温度センサーの種類を選択。 (「温度センサー種類と温度幅」を参照してください。)

UNIT: 温度表示単位。C (

IP55 (表面パネル) IP55 (Front panel)

RUN/STOP: 制御設定を開始。 SV表示にRun ( ) 又は Stop (

flashes when the Auto-tuning operation is ON.

5

Installation Category 2, Pollution Degree 2. (EN61010-01)

Perform per the settings of related control parameters.

LED 表示

初期設定

説明 Explanation

INPUT: Select input temperature sensor type (Please refer to the contents of the "Temperature Sensor Type and Temperature Range" for detail)

5. パラメータ表 Parameters List

AT : オートチューニングが動作時に 点滅します。

OUT : 出力がONの時に点灯します。

LED 表示

LED Display

1. オペレーションモード Operation Mode: 関連する制御パラメータの設定ごとに行う。

to display set point,parameter operation read value,manipulated variable or set value of the parameter.

MODE

4

8

3. 初期設定モード Initial Setting Mode: 調節器の初期設定 Initial settings of the controller.

o

高度 Altitude

2.表示,LED及びプッシュボタン Display, LED and Pushbuttons

0

CRLO: Regulate 4mA output deviation value

35% ~ 80% (結露しないこと non-condensing)

Degree of protection

CRLO: 4mA出力偏差値の調整。

o

- 20 C ~ +65 C

保護構造

0

CRHI: Regulate 20mA output deviation value

0 C ~ +50 C o

0

TPOF: Regulate temperature deviation value

Max. 300m/ s2, 3 times in each 3 axes, 6 directions o

0 Output Selection:

HTPD: PID heating control cycle setting (PID control)

10 to 55Hz, 10m/s2 for 10min, each in X, Y and Z directions

Storage Temperature

Installation Environment

CTS: Set Cooling hysteresis when ON/OFF control function is ON.

PLPD: PID cooling control cycle setting (PID control)

電圧パルス出力:DC14V以下、負荷電流 40mA  Current output: 4 to 20mADC (Load resistance: Max. 600W)

0

出力選択

V48-110

注意 ATTENTION

HTS: Set Heating hysteresis when ON/OFF control function is ON.

PID,ON/OFF control or Manual tuning

相対湿度 Relative Humidity

Voltage Pulse output: DC 14V, Max. load current 40mA

HTS: ON/OFF制御機能がONの時の加熱ヒステリシス設定。

3線式白金測温抵抗体 3-wire Platinum RTD : Pt100, JPt100

HTPD: PID加熱制御周期設定。(PID制御)

保管周囲温度

Relay output:(resistive load): SPST,250VAC, 5A

0

ioF: Default value of integral volume when PID control function is ON and integral time constant is not equal to 0 (zero). AT can automatically set this parameter. (PID control and Ki= 0)

熱電対 Thermocouple : K, J, T, E, N, R, S, B, U, L, Txk

調整出力 Control Output リレー出力(抵抗負荷)SPST, 250V, 5A

V48-120

1

PV: 赤色, SV:緑色

V48-100

形式 Model

ioF: PID制御機能がONで積分時間定数が0(ゼロ)である時 の積分値の初期設定値。ATは自動的にこのパラメータに 設定することができます。(PID制御及びKi=0)

PID, ON/OFF制御,手動チューニング

Ambient Temperature

1. 形式 Models

0

CTS: ON/OFF制御機能がONの時の冷却ヒステリシス設定。

制御方式 Control Mode

14. This instrument is not furnished with a power switch or fuse. Therefore, if a fuse or power supply switch is required, install the protection close to the instrument. Recommended fuse rating: Rated voltage 250 V, Rated current 1 A. Fuse type: Time-lag fuse Note: This controller does not provide overcurrent protection. Use of this product requires that suitable overcurrent protection device(s) must be added to ensure compliance with all relevant electrical standards and codes. (Rated 250 V, 15 Amps max). A suitable disconnecting device should be provided near the controller in the end-use installation.

5VA 以下 5VA max.

Process value (PV): Red color, Set point (SV): Green color

センサー種類 Sensor Type

PdoF: P又はPD制御機能がONの時にオフセット出力。 (PID制御とKi=0) PdoF: Offset output when P or PD control function is ON. (PID control and Ki=0)

AC100∼240V,50/60Hz, -15% ,+10%

7セグメントLED表示 7-segment digit LED Display

表示精度 Display Accuracy

1.感電事故防止のため調節器の電源が入っている間はAC電源端子に手を触れないでください。 2.本体内部を確認する際は絶対に電源をつなげないでください。

This controller is an open-type temperature controller. Make sure to evaluate any dangerous application in which a serious human injury or serious property damage may occur. 1. Always use recommended solder-less terminals: Fork terminal with isolation (M3 screw, width is 7.0mm, hole diameter 3.2mm). Screw size: M3 x 6.5 (With 6.8 x 6.8 square washer). Recommended tightening torque: 0.4 N.m (4kgf.cm). Applicable wire: Solid/twisted wire of 2 mm2, 12AWG to 24AWG. Please be sure to tighten them properly. 2. Do not allow dust or foreign objects to fall inside the controller to prevent it from malfunctioning. 3. Never modify or disassemble the controller. 4. Do not connect anything to the "No used" terminals. 5. Make sure all wires are connected to the correct polarity of terminals. 6. Do not install and/or use the controller in places subject to: Dust or corrosive gases and liquid, High humidity, High radiation, Vibration and shock, High voltage and high frequency. 7. Must turn power off when wiring and changing a temperature sensor. 8. Be sure to use compensating wires that match the thermocouple types when extending or connecting the thermocouple wires. 9. Please use wires with resistance when extending or connecting a platinum resistance thermometer (RTD). 10. Please keep the wire as short as possible when wiring a platinum resistance thermometer (RTD) to the controller and please route power wires as far as possible from load wires to prevent interference and induced noise. 11. This controller is an open-type unit and must be placed in an enclosure away from high temperature, humidity, dripping water, corrosive materials, airborne dust and electric shock or vibration. 12. Please make sure power cables and signals from instruments are all installed properly before energizing the controller, otherwise serious damage may occur. 13. Do not use acid or alkaline liquids for cleaning. Please use a soft, dry cloth to clean the controller.

消費電力 Power Consumption

〒152-0001 東京都目黒区中央町2-37-7 37-7 Chuo-cho, 2-Chome Meguro-ku, Tokyo 152-0001 Japan Tel: +81-3-3716-5151 Fax: +81-3-3710-4552 Tel: +81-6-6538-0365 Fax: +81-6-6535-0315

http://www.line.co.jp

ホームページ:

WARNING

本調節器はオープンタイプ温度調節器です。人体や物品に深刻な傷害及び損害が発生する危険な 使用かどうかを確実に評価してください。 1. 常に端子は半田付けしないで使用されることをお奨めします。 絶縁付フォーク端子 (M3ネジ,幅:7.0mm, 穴径:3.2mm). ネジサイズ:M3 x 6.5 (幅 6.8 x 6.8 角形ワッシャ). 推奨締付トルク:0.4 N.m (4kgf.cm). 使用可能ケーブル:2mm の単線/より線, 12AWG から24AWG. 適切に締め付けるようにしてください。 2. 動作異常を防ぐため調節器内部に埃や異物が落ちないようにしてください。 3. 調節器を改造及び分解しなしでください。 4. 使用されていない端子には何も接続しないでください。 5. すべてのケーブルを正しい極性の端子に接続してください。 6. 下記条件下での設置及び使用をしないでください。 2 ほこり又は腐食ガス及び腐食液、高多湿、高放射能、振動及び衝撃、 高電圧及び高周波 7. 温度センサーの取り付け及び交換時は電源を切ってください。 8. 熱電対を延長及び接続する時は熱電対のタイプに適合する補助導線を使用してください。 9. 白金測温抵抗体(RTD)を延長及び接続する時は抵抗のあるリード線を使用してください。 10. 白金測温抵抗体(RTD)を調節器に接続する時はリード線を出来る限る短くしてください。 また、干渉及び誘導ノイズを避けるため電源リード線は出来る限り負荷リード線から離して設置 してください。 11. 本調節器はオープンタイプになっているため、高温多湿、水滴、腐食物、浮遊塵、電気衝撃 又は振動から隔離される密閉された場所に設置してください。 12. 調節器の電源を入れる前に電源ケーブルと装置からの信号が適切に取り付けられていること 確認してください。深刻な損害が発生する可能性があります。 13. 手入れの際に酸性又はアルカリ性の液を使用せず、柔らかい乾いた布で汚れを拭いてくださ い。 14.本調節器は電源スイッチやヒューズは装備されていません。そのため、ヒューズと電源スイ ッチが必要な場合は、製品の近くに保護対策を実施してください。 推奨するヒューズ:電圧250 V, 電流1 A. ヒューズの種類:タイムラグ・ヒューズ 注意: 本調整器は過電流保護はされていません。すべての関連する電気的基準に適合するため、 本器の使用は適切な過電流保護装置類を加える必要があります。(250V, 15A 最大) 最終的な 設置において適切な装置の停止は調整器の近くで行われるべきです。

電源 Power supply

LINE SEIKI CO., LTD.

V48

取扱いを誤った場合に、取扱者が死亡又は重傷を負う恐れのあ る場合の注意事項を記載しています。

4. 仕様 Specifications

41

温度センサーが未接続 測定温度が温度幅を超えている Temperature sensor is not connected

Measured temperature value exceeds the temperature range

PV点滅 PV flashes

不明な入力 Unknown input


V48 MANUAL

V48 MANUAL

Input Temperature Sensor Type

Register Value

白金抵抗体(Pt100) タイプ3 Platinum resistance (Pt100) type3

白金抵抗体(Pt100) タイプ2 Platinum resistance (Pt100) type2

白金抵抗体(Pt100) タイプ1 Platinum resistance (Pt100) type1

白金抵抗体(JPt100) タイプ2

LED 表示

LED Display

白金抵抗体(JPt100) タイプ1

0.0 to 100.0 C

14

-20.0 to 500.0 C

13

-200 to 600 C

o

熱電対 B タイプ Thermocouple (TC) B type

o

100 to1800 C

9

0 to 1700 C

8

0 to 1700 C

熱電対 R タイプ Thermocouple (TC) R type

熱電対 N タイプ Thermocouple (TC) N type

熱電対 E タイプ Thermocouple (TC) E type

熱電対 T タイプ2

o

o

o

o

7

-200 to 1300 C

6

0 to 600 C

o

熱電対 T タイプ1

-200 to 400 C

4

Thermocouple (TC) T type1

熱電対 J タイプ2

o

3

Thermocouple (TC) J type2

熱電対 J タイプ1

-20.0 to 400.0 C

熱電対 K タイプ2

-100 to 850 C o

1

Thermocouple (TC) K type2

熱電対 K タイプ1

-20.0 to 500.0 C o

0

Thermocouple (TC) K type1

熱電対 L タイプ Thermocouple (TC) L type

熱電対 U タイプ Thermocouple (TC) U type

熱電対 Txk タイプ Thermocouple (TC) Txk type

-200 to 1300 C o

16

-200 to 850 C

17

-200 to 500 C

18

-200 to 800 C

o

o

8.操作 Operation 操作についてオペレーション、レギュレーション、初期設定の3つのモードがあります。 ENT 電源が入った時に調節器はオペレーションモードに入ります。  キーを押すと レギュレーションモードに切り替わります。 ENT キーを3秒以上を押すと、調節器は 初期設定モードに切り替わります。 ENT キーをレギュレーションモード又は初期設定 モードで押すとオペレーションモードに戻ります。 PV/SV: 温度の設定点を設定し、温度測定値を表示します。温度設定点を設定するのに と キー を使います。 設定方法:いずれかの機能モード中に、指定の機能を選択するために MODE キーを押し てください。設定を変更するために と を使ってください。設定を保存する ENT ために  キーを押してください。以下のフローチャートは設定でどのように押すか と内部機能を説明しています。 There are three modes of operation: operation, regulation and initial setting. When power is applied, controller gets into the operation mode. Press the

ENT

key to switchto regulation mode. If the

ENT

key is pressed for more than 3 seconds, controller will switch to the initial setting mode. Pressing the

ENT

押す Press

PID Ki(積分時間)の 設定 (PID制御時) Set PID Ki (In PID control) 押す Press

MODE

PID Kd (微分時間)の 設定 (PID制御時) Set PID Kd (In PID control)

押す Press

入力種類設定 Set input type 押す Press

MODE

MODE

温度単位設定 MODE

制御設定 RUN 又は STOP Control setting RUN or STOP 押す Press

MODE

上限第1警報 Upper-limit alarm 1 (このパラメータはALA1機能が 使える時のみ可能です) (This parameter is available only when ALA1 function enables)

押す Press

MODE

下限第1警報 Lower-limit alarm 1 (このパラメータはALA1機能が 使える時のみ可能です) (This parameter is available only when ALA1 function enables)

加熱/冷却制御周期の設定 (PID制御時) Set Heating/Cooling Control cycle (In PID control) 押す Press

設定ロックモード Setting lock mode 押す Press

9. 警報出力 Alarm Outputs 2グループまでの警報出力があり、それぞれのグループは初期設定モードで11種類の 警報タイプを割り当てられます。警報出力は測定温度値(PV)が警報限界の設定点より 上回っているか下回っている時にいつでも動作します。

Set temperature unit 押す Press

MODE

Set Value

警報機能無効 Alarm function disabled

1

上下限偏差: この警報出力はPV値が設定値SV+(AL-H)を上 回るか、SV-(AL-L)を下回る時に動作します。 Deviation upper- and lower-limit: This alarm output operates when PV value is higher than the setting value SV+(AL-H) or lower than the setting value SV-(AL-L).

Set upper-limit of temperature range MODE

2

温度幅の下限設定 Set lower-limit of temperature range 押す Press

3

MODE

入力設定に戻る Return to input setting

4

5

6

7

8

MODE

key while in the regulation mode or initial setting mode,forces the controller to return to the and

mode, press the settings. Press

Keys to set the temperature set point.Setting method: While in any function MODE

ENT

key to select the desired function and use the

and

keys to change

key to save the changes. The next flow chart shows how to switch for settings

and internal functions:

3秒以下キーを押す。

Press the key less than 3 sec. レギュレーション モード Regulation Mode

ENT

ENT

オペレーション モード Operation Mode

3秒以上キーを押す。

Press the key more than 3 sec. ENT

ENT

キーを押す。

キーを押す。

Press the key.

Press the key.

初期設定モード Initial Setting Mode

Regulate temperature deviation value

押す Press

MODE

20mA出力偏差値の 調整 Regulate 20mA output deviation value (電流出力時に表示) (Display when current output) 押す Press

Output value display and adjust

9 MODE

温度表示に戻る Return to temperature display

10

MODE

下限偏差: この警報出力はPV値が設定値SV-(AL-L)を下 回る時に動作します。 Deviation lower-limit: This alarm output operates when PV value is lower than the setting value SV-(AL-L).

逆上下限偏差: この警報出力はPV値が設定値SV+(AL-H)と SV-(AL-L)の範囲にある時に動作します。

Reverse deviation upper- and lower-limit: This alarm output operates when PV value is in the range of the setting value SV+(AL-H) and SV-(AL-L).

上下限絶対値: この警報出力はPV値が設定値がAL-Hを上回 るかAL-Lを下回る時に動作します。 Absolute value upper- and lower-limit: This alarm output operates when PV value is higher than the setting value AL-H or lower than setting value AL-L.

上限絶対値: この警報出力はPV値が設定値AL-Hを上回る 時に動作します。 Absolute value upper-limit: This alarm output operates when PV value ishigher than the setting value AL-H.

下限絶対値: この警報出力はPV値が設定値AL-Lを下回る 時に動作します。 Absolute value lower-limit:

ON OFF SV-(AL-L)

11

待機シーケンス付上下限偏差: この警報出力はPV値が設定値(SV値)に到達 し、その値が設定値SV+(AL-H)を上回るか、 SV-(AL-L)を下回る時に動作します。

Deviation upper- and lower-limit with standby sequence: This alarm output operates when PV value reaches set value (SV value) and the value is higher than the settingvalue SV+(AL-H) or lower than the setting value SV-(AL-L).

待機シーケンス付上限偏差: この警報出力はPV値が設定点(SV値)に到達 し、到達した値が設定値SV+(AL-H)を上回る 時に動作します。 Deviation upper-limit with standby sequence: This alarm output operates when PV value reaches set value (SV value) and the reached value is higher than the setting value SV+(AL-H).

待機シーケンス付下限偏差: この警報出力はPV値が設定点(SV値)に到達 し、到達した値が設定値SV-(AL-L)を下回っ た時に動作します。 Deviation lower-limit with standby sequence: This alarm output operates when PV value reaches the set value (SV value) and the reached value is lower than the setting value SV-(AL-L).

ヒステリシス上限警報出力: この警報出力はPV値が設定値 SV+(AL-H)を上回る時場合に動作します。 この警報出力はPV値が設定値SV+(AL-L)を下 回る時には動作しません。 Hysteresis upper limit alarm output: Heating control: this alarm output operates if PV value is higher than the setting value SV+(AL-H). This alarm output is OFF when PV value is lower than the setting value SV+(AL-L).

SV

SV+(AL-H)

SV

SV+(AL-H)

SV-AL-L

注意: 1.AL-H は AL1H, AL2Hを含み、AL-Lは AL1L, AL2Lを含みます。 2.待機シーケンス付は警報出力がPV値が設定点に到達するまで一時的に無効にさせるこ とを意味します。その後、警報出力は動作します。 3.一度警報出力動作が 作動すると、誤作動を防ぐため1.5秒の遅れがあります。

Note: 1.AL-H and AL-L include AL1H, AL2H and AL1L, AL2L. 2.With standby sequence, it means that the alarm output would be temporarily disabled until the PV value reaches the set value. Then, the alarm output will operate. 3.Once the alarming output operation is activated, there is a 1.5 sec. delay time to avoid malfunctionaing.

ON OFF

10. 外形図 External Dimensions (Units : mm)

ON OFF SV-(AL-L)

PV

SV

o

C

o

F

SV AT

ON OFF

ENT

SV-(AL-L)

SV

OUT

ALM1

ALM2

MODE

SV+(AL-H) 9.5

48.0

80.0

ON OFF AL-H

AL-L

ON OFF AL-H

11. 取り付け Mounting ステップ1:調節器をパネルカット部に挿入します。 ステップ2:調整器の上下部の取り付け溝の取り付けブラケットを挿入し、ブラケットが パネル壁に止まるまで、ブラケットを押します。 ステップ3:確実に取り付けるためブラケットにネジを差込み締めてください。      (ネジのトルクは0.8kgf-cmから1.5kgf-cmにしてください。) Step-1. Insert the controller through the panel cutout. Step-2. Insert the mouting bracket into the mouting groove at the top and bottom of the controller and push the mouting bracket forward until the bracket stops at panel wall. Step-3. Insert and tighten screws on bracket to secure the controller in place. (The screw torque should be 0.8kgf-cm to 1.5kgf-cm)

ON OFF AL-L

取り付けブラケットの導入方法 Mounting Bracket Installation 1.

ON OFF SV-(AL-L)

SV

SV+(AL-H)

1

3 2

2.

ON OFF SV

SV+(AL-H)

12. パネルカット Panel Cutout ON

1.パネル壁の厚みは1mmから8mmの範囲にしてください。 2.適切な換気のため、調節器の周りは少なくとも90mmの隙間を用意してください。

OFF SV-(AL-L)

1. Panel wall thickness should range from 1mm to 8mm 2. Provide at least 90 mm clearance around the controller for proper ventilation.

SV

(units : mm)

ON OFF SV+AL-L

SV+AL-H

60.0

65.0

自動チューニング設定に戻る Return to auto-tuning setting

Deviation upper-limit: This alarm output operates when PV value is higher than the setting value SV+(AL-H).

出力オフ Output OFF

SV-AL-H

+0.6 0

MODE

上限偏差: この警報出力はPV値が設定値SV+(AL-H)を上 回る時に動作します。

Hysteresis Lower limit alarm output: This alarm output operates if PV value is lower than the setting value SV-(AL-H). This alarm output is OFF when PV value is higher than the setting value SV-(AL-L).

45

4mA出力偏差値の 調整 Regulate 4mA output deviation value (電流出力時に表示) (Display when current output) 押す Press

出力値表示と調整

押す Press

12

警報出力動作 Alarm Output Operation

This alarm output operates when PV value is lower than the setting value AL-L.

MODE

温度偏差値の調整

警報種類

Alarm Type

0

温度幅の上限設定

押す Press

ヒステリシス下限警報出力: この警報出力はPV値が設定値 SV-(AL-H)を下回る場合に動作します。 この警報出力はPV値が設定値SV-(AL-L)を上回 ON る時は動作しません。 OFF

There are up to two groups of alarm outputs and each group allows 11 alarm types in the initial setting mode. The alarm output is activated whenever the process temperature value (PV) is getting higher or lower than the set point of alarm limit.

設定値

制御方法選択 or P/PD制御オフセット設定 Select control method (PID制御がONでKi=0の時、 押す PdoFの値を設定。もしKi=0の 押す MODE Press 場合はATは自動的にioFの値を MODE Press 設定します。) P/PD control Offset setting 上限第2警報 (When PID control is ON and 加熱/冷却機能選択 Upper-limit alarm 2 Ki=0,set the value of PdoF; If Ki=0, AT will automatically set the (このパラメータはALA2機能が Select heating/cooling functions 使える時のみ可能です) value of ioF) (This parameter is available only 押す when ALA2 function enables) 押す MODE Press Press MODE 押す MODE Press 第1警報設定 Alarm 1 setting or 加熱/冷却ヒステリシス 押す 下限第2警報 (ON/OFF制御時) MODE Press Lower-limit alarm 2 Heating/Cooling hysteresis (このパラメータはALA2機能が (In ON/OFF control) 使える時のみ可能です) 第2警報設定 (This parameter is available only 押す Alarm 2 setting when ALA2 function enables) MODE Press 押す 押す MODE Press MODE Press or

operation mode.PV/SV: Sets the temperature set point and displays the temperature process value. Use the

MODE

o

2

Thermocouple (TC) J type1

PID PB (比例帯)の 設定 (PID制御時) Set PID PB (In PID control)

-20.0 to 400.0 C o

Use      to set temperature of target. 押す Press

o

5

Thermocouple (TC) T type2

目標の温度を設定 するのために を使用します。

初期設定モード Initial Setting Mode

MODE

0.0 to 100.0 C

10

Thermocouple (TC) S type

押す Press

o

-20.0 to 400.0 C

熱電対 S タイプ

Auto-tuning (In PID control and RUN mode)

o

11

Platinum resistance (JPt100) type1

自動チューニング (PID制御及びRUN モードにおいて)

o

15

12

Platinum resistance (JPt100) type2

温度幅 Temperature Range

オペレーション モード Operation Mode

44.75

登録値

入力温度センサー種類

レギュレーション モード Regulation Mode

48.0

7. 温度センサーの種類と温度幅 Temperature Sensor Type and Temperature Range

45

+0.6 0

This manual was last revised Aug. 11, 2006. *Specifications Subject to Change Without Prior Notice All Rights Reserved, Copyrighta 2006 LINE SEIKI CO., LTD. 4th Edition.

Line Seiki - V48 manual(J)Rev4  

Line Seiki - V48 manual(J)Rev4

Read more
Read more
Similar to
Popular now
Just for you