Page 1

デジタル放送時代のプロ映像 / 音響制作技術とプロダクツ情報■月刊フルデジタル・イノベーション

フルデジタル・イノベーション

1

2011.

月刊

映像制作 &

オーディオ

プ ロ

Vol.136

〒 156-0043 東京都世田谷区松原 2 - 34 - 9  Tel. 03 - 5376 - 7267

発行所 (株)ユニワールド   Price ¥500.-

2011 年 1 月号 2011 年 1 月 1 日発行

I n t e r B E E 2 0 1 0 特 集 / ビ デ オ ・ サ ー バ シ ス テ ム ・ ソ リ ュ ー シ ョ ン 再 前 線

Vol.136

特別記事:InterBEE2010 特集 ビデオ・サーバシステム・ソリューション最前線

■ Event Focus ‥‥‥‥‥‥‥「音の日」第17 回 日本プロ音楽録音賞授賞式/第15 回「音の匠」顕彰式                「国際フラットパネルディスプレイ2010」 ■徹底検証地上デジタル放送‥‥ 反転は本物か? 民放経営の現在・過去・未来

ユ ニ ワ ー ル ド

■デジタルシネマ Now ‥‥‥‥ S3D の問題点 ■サテライトスクェア‥‥‥‥‥「宙博(ソラハク)2010」と「iEXPO 2010」 ■ CG contents ‥‥‥‥‥‥‥ トロン:レガシー ■ User's Report ‥‥‥‥‥‥ r STUDIO

2011 

1

Price 500.-


InterBEE 2010 レポート II

InterBEE2010 レポート II  JEITA 社団法人 電子情報技術産業協会は、日本放送協会、社団法

示が増える傾向にあり、映像・

人 日本民間放送連盟の後援により、2010 年 11 月 17 日 ( 水 ) か

音響の双方のホールに出展し

ら 19 日 ( 金 ) までの 3 日間、千葉市美浜区の幕張メッセにて、音

た会社も見受けられた。

と映像と通信のプロフェッショナル展として「InterBEE 2010」を

 また本年は、音響機器にお

開催した。

いては世界標準となった音圧

 展示会場では過去最高の 824 社 ( うち海外 30 ヶ国 / 地域より

レベルの統一に関する業界の

478 社 ) が出展、合計小間数は 1,347 小間で、幕張メッセ4ホー

動きは早く、この分野での新

ルから 8 ホールまでを使用しての開催となった。本年は映像関連に

製品が目立った。

続いて境めなしで音響関連ブースとなったり、従来音響機器の専門

 今号では前号に引き続き、映像・放送関連機材部門とプロオーディ

メーカーや販社であった出展社でも、映像関連機器の取り扱いや展

オ部門の各社の出展概要を主体に掲載する。

 NEC 日本電気

 富 士 通

 HDTV 高感度 CCD カラー カメラ、デジタル FPU 装置 中継伝送機器、APS 送出シ ステム、地上デジタルテレビ 送信機など幅広いジャンルの 多岐にわたる製品を紹介。   特 に 新 製 品 と し て は、 H.264 超低遅延対応素材伝 送用コーデック装置やポータ ブルカメラ「NC-H1000P」などの新製品を出品した。  同製品は、 HDVT 高感度カメラ「NC-H1000」をベースにバッテリー での運用やビューファインダーの装着、 伝送装置のドッキングを可能とした製 品。光伝送装置や小型 FPU との組み合 わせで報道や中継システムの構築が可 能なほか、高感度 CCD と近赤外波長 帯透過フィルターにより夜間の更なる 高感度撮影が可能となった。 (写真右)  また、映像圧縮時の遅延を業界最小クラスの 10msec に抑えたデジ タル映像圧縮・伝送装置「VC-7700」 (写真右)も出品。同製品は、映像圧 縮方式として、MPEG-2 に比べ 2 倍 以上の圧縮率を実現する最新の映像 圧縮国際規格「H.264 High422profile@LEVEL4.1」を採用しており、 映像信号のほかに、デジタル字幕データや放送局間制御信号などの補 助データ信号も伝送することが可能である。  VC-7500/7510、VD-7500/7510 は、独自の高画質アルゴリズ ムを搭載した超低遅延モードに加え、低レート高画質モードに対応し たボードコーデックで、今回の出展では SHF 帯トリプルモード FPU 装置 TVL-D500 シリーズとの組み合わせで、H.264 の超低遅延伝送 (約 14ms)の実演デモを行った。 12

FDI・2011・01

  「ファイルベース時代に向けた ワークフローの革新」をテーマと して、ファイルベース化に向けた ソリューションやクラウドサービ ス、映像処理技術などを紹介。  放送事業者の業務フローにあわ せ、 「映像伝送」 「保存/検索」 「配 信」の3つのコーナーにて出展。 超高速ファイル伝送システム BI.DAN-   「映像伝送コーナー」では、従来 GUN などを紹介した映像展示コーナー から提供している IP シリーズを活 用した新しいソリューションのほか、報道素材高速ファイル伝送から ファイルベースによる番組交換方式(ARIB TR-B31)に対応したオン ライン納品までを視野にいれた、近未来型ワークフローを紹介。情報 カメラ常時蓄積システム、取材映像共有システムのほか、ファイルベー スメディアプラットフォームとして、報道素材高速ファイル伝送・ファ イルによるオンライン納品などの製品や超高速ファイル伝送システム BI.DAN-GUN(ビーアイ・ダンガン)を展示した。  また、 「保存/検索」のコーナーで は、同社のサーバ、ストレージ技術 を活かし、増え続ける膨大な映像資 産の管理をファイルベース運用に切 り替え、共有・検索・アーカイブを 効率的に行うシステムを紹介した。  配信コーナーにおいては、 リアルタ 「保存/検 イム映像をIPTV 向けにライブ配信す IPビデオ配信"Live On Demand"と 索」 のコーナーでのメディアプロセシング るシステムを応用した放送局の「局 内共聴システム」と、市販のデジタルテレビでデコードできるシステム を紹介。 また、 IP ネットワーク経由でのVOD 視聴端末として普及の進む 市販のIPTV(DTV 情報化研究会ネットテレビ仕様に準拠したTV等) を受信端末に利用し、 H.264 によるHD 映像素材のリアルタイムライブ 配信を実現するIP ビデオ配信"Live On Demand" を紹介した。


InterBEE 2010 レポート II

 伊藤忠ケーブルシステム

 アイディーエクス

 ビデオトランスポートソリュー サ ー バ ー シ ス テ ム「Play ションとして、マルチサービスプ Magic」をはじめ、3D モニター、 ラットフォームをはじめとした、 各種 ENDURA アクセサリー(シ 映像配信に最適な製品群を紹介。 ョルダーアダプター) 、BP バッテ   ま た、放 送 / 送 出 シ ス テ ム ソ リー等の各種新製品を展示。 リ ュ ー シ ョ ン と し て は、従 来 の 信 頼 性 の 高 いSSD(Solid 送出システムから一歩進んだソ State Drive) を採用した、画期的 リューションを提案した。 な映像・音声送出サーバーである  特に本年は、スリースクリーン 「PlayMagic MFP-100」はMulti Format Play out Server で、放 送・ (=モバイルTV、IPTV やデジタルTV)H.264 ビデオトランスコーダ/ 業務用市場で一般的に運用されているHDD 型のサーバーに代わる、 信 エンコーダの動態展示、保守サービスに関する提案も行った。 頼性の高いSSD を採用した高い運用性とコストダウンに貢献する送  出展製品としては、新製品Envivio 社「4Caster C4²」を展示。同 出サーバーで、 「PlayMagic SSD」を介して映像・音声素材の転送/ 再 製品は、モバイルTV、 IPTV、デジタ 生を行う1U サイズの送出サーバーである。 (写真上) ルTV(スリースクリーン)へのライ 3D モニタでは、有機 EL を使った 15 インチマルチフォーマットモニ ブおよびVOD 配信向けのマルチプ ター「TDM-150W」を出展(写真下)。高コントラスト比・高視野角・ ラットフォーム・マルチプロファイル対応H.264 トランスコーダ/ エ 高い応答速度を誇るアクティブシャッター方式で、色の再現性が高い製 ンコーダで、 1U の筺体に最大4 系統入力を有し、 マルチフォーマットの 品である。 H.264 ベースエンコーディングに対応する。 また、 1 入力から、iPhone/ ま た、V-Mount 駆 動 の 高 出 力 タ イ プ の iPad、 Android、 Windows Media、 Silverlight、 Flash Media やQuick LED ハンドライト「MK-L3V」は、白色 LED Time などへ同時にエンコードすることで、多様化したビデオ配信サー 採用にて、低電力・高寿命を実現した新タイ ビスに高い運用効率を提供可能である。なお、 「4Caster C4²」は、イー プハンドライトと、ENDURA バッテリーで駆 サネット系統と電源が二重化冗長で、またロードバランス管理および 動できる V-Mount タイプ電源 BOX とのセッ システム冗長構成を組むことが可能である。 トとなっている。  その他出展製品は、低遅延H.264HD /SD エンコーダ「MAKITO」、  その他、 「BP-H120A・BP-H110A・BP-N65」 トータルIP 配信ソリューション「Video Furnace System5」などで などのBPバッテリーも従来品からリニューア あった。 ルされたパッケージの製品を展示した。

 共信コミュニケーションズ  フェアライト初公開の新製品 「Constellation EVO System」 やオーディオ / ビデオキャプチャ、 プレイバック、ファイルトランス フ ァ ー シ ス テ ム の Pyxis な ど の 最新 CC-1 エンジンによる放送用 オーディオ / ビデオ編集機器を中 心に出展した。  メインステージでは「FAIRLIGHT 3D-Pyxis」と「Panasonic PTDZ8700」 を用いた 150 インチスクリーンでの 3D プレゼンテーショ ンを上映。最新のビデオディスクレコーダー 3D-Pyxis からのプレイ バックでブースの案内を行なった。  オーディオプロダクションシステムは FPGA ベースのハードウェ アによりストレスの無い MA ワークフローを構築可能なミキシングと DAW、NLV を完全統合した新世代のメディア・プロダクション・シ ステム「FAIRLIGHT EVO」を使用した。  また、2D 映像をリアルタイムに 3D 変換し、3D コンテンツ制作の 大幅な効率化を実現した 3D システムツール「JVC STREOSCOPIC Image Processor」や最高画質を提供し続けてきた世界標準の方式変 換器「Snell Alchemist Ph.C-HD」なども発表した。  その他 iPad & Android モバイル配信システム「Touch Stream + Adobe Flash Media Server」 や、 ノ ン リ ニ ア 編 集 シ ス テ ム 「Apple Xsan + Baton(QC)」、 「Avid ISIS-5000」、「Adobe CS5 + REX-MR05」 、テープ レス&ファイルベースツール 「Pipeline HD Dual」 な ど を 展 示した。

 Vinten  創設 100 周年を迎えた同 社では、この記念すべき年 に、これまで数々の賞を受賞 してきたヴィジョンシリーズ から、小型軽量カムコーダー 向けに高いコストパフォーマ ンスを提供する待望の新製品 「Vision blue」 、コンパクト なヘッド設計で幅広い荷重範 囲に対応するスタジオカメラ用・中継用新製品「Vector 430」を発 表した。   「Vision blue」は、現行モ デ ル の Pro-5 と Pro-6 を リ ニューアルし、重量バランス が切り換え式だったものを、 無段階で重量バランスが調節 できるという機構を搭載し た。一方「Vector 430」は、 コンパクトで軽量な独自設計 により、10kg ∼ 43kg の小 「Vision blue」と「Vector 430」の展示コーナー 型ボックスレンズから大型 VF 付きポータブル、ビルトアップ式スタジ オカメラなどの幅広い用途に対応する新製品。  また、 「Vision AS シリーズ」を展示。これまで多くのプロカメラマ ンに愛用されてきたヴィジョンシリーズが、スタイリッシュなブラッ クボディとカメラの簡単着脱を可能にするサイドロード式カメラプ レートを搭載し、一昨年発表されたもので、ラインアップは、 「Vision 3AS」 「Vision 5AS」 「Vision 8AS」 「Vision 10AS」などである。 そのほか、 ENG 三脚の定番「Vision 100」世界中で愛用される米国バッ テリーブランド「アントンバウアー」なども展示した。

13

FDI・2011・01


InterBEE 2010 レポート II

 OMNEON

テムは、チャンネル数、メディアフォーマット、帯域幅、ストレージ容量を 必要に応じて緻密に構成できるばかりでなく、 ニーズの変化に応じて、 構   ネットワー ク 経 由 で の ダ 成を容易に変更することができる。 は、 メディアワークフローにおいてアクティブ イレクト編 集、 ProXchange ■「Omneon MediaGrid」 単なる高性能 に よ る 高 速 ト ラ ン ス コ ー な役割を果たす世界初のコンテンツストレージシステム。 メディア制作アプリケーションを直接サポー ド に も 対 応 し、新 製 品 2 共有ストレージに留まらず、 格納されたコンテンツに対して、 メディ UContents Server の 採 トするOmneon MediaGrid は、 用 に より「MediaGrid Base ア処理を行うことができる。また同製品は、コンテンツを統合して管理 ワークフローを最適化する。 pack」でGB コストの低減と 作業を削減、 は、 コスト効率が良 高帯域を実現したアクティブ・ ■統合型メディアサーバー「Omneon MediaDeck」 運営が容易なSD最大6チャンネル又は、 HD最大4 チャンネル対応 ストレージ「MediaGrid」 をは く、 じめ、 Media Application Server と連動して稼動し、 ProXplore から のプラットフォームを必要とする放送局やビデオプロフェッショナル向 けにデザインされたブロードキャ 転送、 トランスコード、 リラッピングなどの設定が可能で、 分散処理に対 スト品質のビデオサーバー。 応した高速トランスコード・アプリケーションの新製品「ProXchange」 、  Omneon Spectrum の 統 合 新 フ ォ ー マ ット と してAVC Intra を サ ポ ート し た 送 出 サ ー バ ー 型メディアサーバーであるMedia 「Spectrum」 、 本年のNAB で初めて一般公開したグラフィックオンエア Deck は、ストレージ、システム管 統合型のメディア・サーバー「MediaDeck GX」 などを出展した。 理、ギガビットEthernet 接 続、ビ ■「Omneon Spectrum」 メディアサーバーシステムは、 テレビ番組の取 デ オI/O モ ジ ュー ル を 便 利 な2 込み、制作、送出アプリケーションに対応し、業界トップの拡張性、安定 ラックユニットにまとめた製品で 性、 コスト効率を誇るビデオサーバーインフラストラクチャ。 高い柔軟性 ある。 と拡張性を提供するモジュール構成でデザインされたSpectrum シス

 アイベックステクノロジー  オリジナルMPEG コアの開発により、放送設備のデジタル化への課 題を解決する2 種の新製品を出展。中継先への「送り返し」として放送 波が使われているが、 デジタル化後には遅延が生じ大きな問題となると 予想される。同社の「H LD-3000」はH.264 に対応し、 「 送り返し」画 像の遅延を1 フレーム以下に抑え、 この課題を解決する。  また、 「MC-1000」は、 CATV の自治体/地域情報、行政情報、防災情 報等の自主放送を低レートで行うエンコーダで、 狭帯域で複数の自主放 送チャンネルを確保出来る。 ■超低遅延H.264 コーデック「HLD3000」は、同 社 独 自 の 開 発 に よ り H.264 コーデック時間を限りなくゼロ に近づけ、遅延の感じられない画像・音 声伝送を可能にした、 ハイビジョン対応 / 超低遅延H.264 コーデック装置。 ■MPEG-2 低レートエンコーダ「MC-1000」は、 CATV 放送用途に特 化したMPEG-2 低レート対応エン コーダ。 アナログからデジタルへの 移行時に、帯域不足による自主放 送チャンネル数の確保が必要な場合に最適の装置である。 フレームレー トを最小2fps ∼とすることで、約500Kbps ∼の低ビットレートでの自 主放送を可能とした。 自治体の地域情報、 行政情報、 防災情報等の静止画 文字情報等や、 情報カメラの映像をコマ送り方式でエンコードする。

 平和精機工業  新シリーズ RS シリーズを中心 として小型カメラ用の DV シリー ズ、 搭 載 重 量 13-25kg の LS シ リーズ、各種カメラ対応のリモー トコントロール、躍動感溢れる映 像を作り出すジブアーム JB-30 やトラッキングレールシ ス テ ム TR-320、スタジオ仕様のペデス タルシステムなどを展示。   昨今のビデオカメラ小型・高性能・低価格化に伴い新開発された RS シリーズのうち、 「RS-250」シリーズは高性能と圧倒的なコスト パフォーマンスを兼ね備えている。 14

FDI・2011・01

 Sachtler  昨今のデジタル 一眼レフに よる動画撮影の普及とともに、 軽 量コンパクトモデル の 新製 品を発表。  フル ーイド ヘッド のシネシ リーズ に 新しく「シネDSLR」 を登場させた。 普通のビデオカ メラ使用時以外に、デジタル一 眼を載せる時のためにプレー ト部にカメラセット用パーツを用意。 このプレートは別に購入することが でき、従来のサイドロックタイプのザハトラーヘッドであれば、使うこと ができる。  また 大 型機 用としては、 100 ㎜ボール ヘッドの「ビデオ18 S1」 「ビデオ20 S1」 も 新登場。従来機ではそれぞれ10 段階およ び12 段階だったカウンタ−バランス数が、 両機とも16 段階に増加。様々なスタイル での撮影時に、より正確にカウンターバラ ンスを調整することが可能となった。  ヘッド前面には、 ビデオシリーズでは初めてとなる荷重域切替スイッチ (ブーストボタン) を搭載。 両機の荷重範囲内で、 Low とHigh の2 つの荷 重域をセットすることが可能な製品である。

 ダイワ/スリック  業務用から小型カメラまで幅広くカバー するビデオ三脚「DST シリーズ」3機種 が新登場。いずれもLED 照明付き水準器搭 載で、使い勝手を向上さた製品で、沈降式 ビデオボスを採用し適正搭載重量2 ㎏の 「DST43」 、沈降式ビデオボスを採用し適 正搭載重量4 ㎏の「DST73」 、油圧トルク 2 段切り換え式で適正搭載重量6 ∼8 ㎏の 「DST103」 である。  また、 同社取り扱いのアメリカdedolight 社製スタジオ照明も幅広く展示した。


InterBEE 2010 レポート II

 NTT Electronics

■AVC/H.264 MPEG-2 対応レシーバ内蔵デコーダ「HVD6100」 は、 AVC/H.264 ク ロ マ4:2:2 HDTV 対 応 デ コ ー ダ 機 能 とDVBS2 対応デモジュレータ機能を世界で初めて一体化したIRD。デモジュ   フ ルHD 3D 素 材 を 最 レータ機能として、 高性能な衛星放送規格DVB-S2 やDVB-DSNG、 大2 系 統 同 時 に 伝 送 で き、 DVB-S に対応。 復調方式は、 QPSK/8PSK に加え、 従来のIRD では対 4K2K 素 材伝 送にも対応 す 応していなかった、 より伝送効率の良い16APSK/32APSK 方式にオ る「MPC1010」を出 展。イベ プションで対応している。 ント の3D 映 像 ラ イ ブ 中 継 は、 メディア や、映画 館へ の3D 映 像素 材 ■WDM 対応メディアコンバータ「プラスレピータシリーズ」 コンバータ・ レピータ機能 (中継) ・ 波長変換を1 台で実現。 CWDM / 伝送を高画質に行うのに適し DWDM 波長多重フィルタと組み合わせることで、 WDM 伝送装置とし たマルチチャンネルエンコー SD-HDI、 HD-SDI に対応しており、 IP 信号と合わせて ダ。展示会場では、 3D 映像素 て使 用できる。 WDM 伝送が可能。 さらに、 プラスアンプ (ブースタアンプ) と組み合わ 材伝送の実演を行った。その他に16QAM やOFDM と組み合わせた せることで、 無中継での長距離接続を実現。 HOG 用のレピータとして、 CATV 事業者様向けのソリューション展開、 HOG 用のレピータとして、 キャリアAP からヘッドエンドまでを光ファイバで接続するのに適した キャリアAP からヘッドエンドまでを光ファイバで接続するのに適して いる。 CATV 事業者をはじめ、通信キャリアや大学、多くの企業への納 メディアコンバータによる非圧縮映像伝送の実演を行なった。 入実績がある。 展示会場では、 非圧縮HDTV 映像を1μs 以下の超低遅 ■MPEG-2 HDTV /SDTV の 新製 品 マルチチャンネルエンコーダ 延で伝送する様子を紹介した。 「MPC1010」は、イベントの3D 映像ライブ中継や、映画館への3D 映 AVC/H.264&MPEG-2 エンコーダ/ デコーダ 像素材伝送を高画質に行うのに適したマルチチャンネルエンコーダ。 最 ■その他出展製品は、 「HV9100 シリーズ」 、 MPEG-2 エンコーダ/デコーダ「H5100 シリー 大4 チャンネルの同時エンコードが可能で、 STC/GOP を完全同期して ズ&RU3100 シリーズ」 、 フルハイビジョンひかりTV 電話RiscaVision 出力できる。 フルHDTV 3D 素材を最大2 系統同時に伝送でき、 4K2K 「RV1000」 などである。 素材伝送にも対応する。 展示会場では、 3D 映像素材伝送の実演を行う。

 NTT アドバンステクノロジー  HDV, MXF, AVI などあらゆ るファイルフォーマットに対応 したトランスコードアプリケー ション で、 ARIB 対 応 のH.264 を出力することもはもちろん、 Windows Media やFlash も出 力可能な3種類の製品『H.264 ソフトウェア・エンコーダSDK』 『MVC ソフトウェア・コーデックSDK』 『RealFeel トランスコーダ』 をは じめ、高速トランスコードシステム『VAT-100』 『 、JPEG 2000 リアル タイムコーデック』 、 非圧縮HDTV-IP Gateway『XG-2』 などを出展。   『VAT-100』は、 AVC/H.264 HDTV ソ フ ト ウ ェ ア エ ン コ ー ダ 「HDVE-100」 SDK と映像に特化したクラウドコンピューティング技術 を用いた高速トランスコードシステム。  また、 『JPEG 2000 リアルタイムコーデック』は、 4K 映像をリアル タイムで、 JPEG 2000 方式によりIP ネットワークで配信できるコー デック装置で、 4K コンテンツのライブ配信やVOD 再生が可能、 映画館 での上映や高精細CG の再生等多様なニーズへ対応する製品。  非圧縮HDTV-IP Gateway『XG-2』は、高精細TV 映像の中継以外 にも、 IP ネットワークを使った高品位TV 会議や高品位映像の多地点配 信、高品位映像を用いた遠隔医療・診断、教育機関における遠隔講義な どが行える製品である。

 カリーナシステム

 ベースバンド入力、ファイル フォーマット入力に対応した 高画質な H.264 ファイル制作 に最適なインテリジェントエ ン コ ー ド シ ス テ ム「Cambria ADE」 を は じ め、 新 製 品 の 「Cambria FTC」 。技術展示とし て 3D MVC エンコードシステ ム「Cambria 3D」 、USTREAM 対応 FLASH メディアサーバー向け ライブエンコードシステム「Cambria Live」を出展した。

 ミューズテクス

 カナダMatrox 社の最新入出力製品群 を一堂に集めて出展。 S3D 編集に対応 し て い る「MXO2 Mini」 「MXO2 LE」 「MXO2」 「MXO2 Rock」は、従来のより も一層小型・省電力化した製品で、 バッテ リーでの運用が可能なコストパフォーマ ンスの高い製品となっている。 「MXO2 LE」はHDSDI とHDMI の 入 アナログコンポーネント/コン  また、 新製品では「Convert DVI」 を紹 出力、 ポジット/S- ビデオの入出力とプロ 介。 DVI で出力された映像をHD、 SD ビ に必要な入出力を網羅。 ビデオバッテ ステレオキャノン入出 デオ信号に変換することが可能な低価格 リ入力を装備。 力、 ゲンロック(2 値/3 値)、 9 ピンリ でハイエンドスキャンコンバーターを実 モート、 リアルタイムハードウェアス ケーリング、 HD とSD の同時出力機 現した製品である。 能、 HDMI モニターキャリブレーショ  また、 3D ステレオスコピックワーク ン機能等々、低価格なのに大幅に豊  3D エンコーダ 「Accelcoder」( アクセルコーダー) を出展。 同製品は、 フローの展示では、 DASHWOOD の説 富な機能を搭載した新モデル IPTV (ARIB) およびBlu-ray 規格に対応した、 プロ向けのH.264 ビデ 明も行なった。 オエンコーダで、 高速エンコードエンジンとVTR デッキコントロール機 能を備え、ビデオのキャプチャからエンコードまでをリアルタイムに行 える。  中 間ファイル の 生 成 が 不 要 で、大 量 の エ ン コードが必 要な 場 面 で も、スピーディに高品質 なデータを出力することができる。 また、 右眼用、 左眼用それぞれの映像 を入力することで、 IPTV などのコンテンツ配信で利用可能なサイドバ イサイド形式およびBlu-ray 3D 向けエンコードにも対応している。

 フィックスターズ

15

FDI・2011・01


InterBEE 2010 レポート II

 KDDI 研究所

 K-WILL

 Beyond 3D TV と 題 し て 将 来 の 映 像アプリケーション技術と、高品質映 像関連ソリューションの展示を行った。 技術展示では、8K フル解像度の超高精 細映像の伝送システムをシアターにて 上映。その他にも「スタジアム 3D 自 由視点」 、 「スリースクリーンサービス 技術」 、 「ソーシャルリモコン技術」な ど最先端技術を紹介した。製品展示で は、映像の品質検査の効率化を可能に する「MP-Factory」 、地球上どこから でも映像伝送が可能な「VistaFinder」 などを紹介した。  画質評価エンジンを搭載した「MP-Factory」は、地デジ、IPTV、 Blu-ray などの様々な映像サービスに対応した映像・音声のコーデック をはじめ、高速フレーム精度編集や RTP 送受信などの多彩な機能を提 供するソフトウェア開発キット。新たに、映像の品質検査の効率化を 可能にする独自の自動画質評価機能を搭載するなど、より幅広いワー クフローに適用可能な、高品質映像関連ソリューションを提供する。  また、ライブストリーミングソリューション「VistaFinder」は、可搬

 映像・音声の自動監視に より「映像・音声障害を未 然に防止できること」 「 万が 一、 障害が起きたとしても短 時間での復旧を可能とする こと」 「 品質管理業務を自動 化することで、 運用者の負担 を軽減すること」 を実現すべ く、 新製品を含めた充実のラ インナップを紹介し、素材、 送出および再送信それぞれに最適なソリューションを展示した。  自動監視装置 QuMax シリーズは、同期の追従を強化した「Flex Sync」 、数フレームのフリーズやミュートを検知する「Super Double End」および誤検知を低減するフィルタ「3D Filter」等の新機能を加 えることで、より一層信頼性を向上した。  新製品の自動品質検査装置「VP3000H」は、 『ブロックノイズ、 フリーズ、ブラックアウト、音声 ミュート』などの VTR テープの 再生時のエラー発生の有無を比 較なしで検査する。さらに、 『デ

型映像伝送システムUQ WiMAX や インマルサット BGAN を含む、 様々なネットワークを用いた映像のライブ・蓄積伝送が可能な、携帯型 映像伝送システム。新たに、スマートフォンによる簡易映像配信、中継 サーバを用いたVOD 配信、 複数拠点映像の同時受信などの機能を加え、 あらゆるシーンにおける映像撮影配信技術の提供が可能となった。

ジタルノイズ、映像カクリ、映像 瞬断、音声瞬断、リップシンク』 等のファイルへの圧縮変換時の エラー発生の有無を比較検査す る。  また、同製品は、操作性に優れたポータブル型の検査装置として、 検査結果をわかりやすく表示すると同時に、各検査項目の感度調整も 簡単に行える。検査結果は、全て Web Interface を通じて、どこから でも簡単に取り出すことができる。  その他「MPEG PROBE」を参考展示。IPTV/CATV 等の様々なシー ンでの品質チェックために、これまで『QuMax シリーズ』で実績を 重ねてきた自動監視機能を、PC サーバー上で動作するソフトウェア として開発した。  上記ほかにも客観品質評価装置「VP21H」なども展示した。

 三信電気  各種プロ映像制作ソリュー ションを取り扱う同社ブース で は、 「映像のファイルベー ス 化 」 を 基 軸 と し て、 米 国 HARRIS 社 の マ ル チ フ ォ ー マットコンバータ、映像自動 送出システム、IPTV エンコー ダ、ルーティングスイッチャ、 マルチビューワを幅広く展示 紹介したのをはじめ、FibreChannel iSCSI 編集ネットワークシステ ム「Studio NetworkSolutions」 、Avid Technology「Symphony Nitris DX」 「Media Composer Mojo DX」を説明展示した。  また3D 関連製品では、パナソニックの AG-3DA1 を始めとした 3D 制作ソリューション、 「NetBlender」3D Blu-ray オーサリング システム、Victor の 3D イメージプロセッサーなどを出展。その他 「digital rapids」の HD リアルタイムエンコーダー「Stream ZHD」 (写真左) 、またノンリニア編集関連製品では Apple「Final Cut Pro」 や「SONNET」e-SATA ストレージ・カードリーダー Qio、 「INLET TECHNO-LOGIES」マルチフォーマットエンコーダーなども展示した。

ルーターコントロールパネル「Magellan」 、ネットワークコントロールパネル 「NUCLEUS」 、スイッチャ&マルチビューワ「Platinum & CENTRIO」 、HD/SD ビ デオサーバ「NEXIO Volt」などが並ぶ HARRIS 製品の展示コーナー。なお、 「ADC シリーズ」APT システムは、日本のユーザの放送要件に対応した同社開発のプラ グインアプリケーション「PLF」と「PLM」を用意している。

16

FDI・2011・01

 芙蓉ビデオエージェンシー  H.264 機器を中心に、コンバー ターやスイッチャーなど様々な機 器を出展。

 H.264 IVDR レ コ ー ダ「HDR 1000」 ( 写 真 上 ) は、H.264/ AVC CODEC を 使 用 し た HD-SDI 信 号 の 録 画 再 生 装 置 で、IVDR (250GB カートリッジタイプ HDD) を装備し、フル HD 映像を高画質 (20Mbps) で約 23 時間記録出来る。録画と再生を同時に行う、HDSDI 信号の追いかけ再生が可能となっている。  また、タイムコード発生器「LTC101M」は小型 BOX のリニアタ イムコード信号発生器。GPS(全地球測 位システム)で受信し、時刻を校正する ことができる。受信部は、電波の届く範 囲へ移動できるようにセパレート形式に なっている。タイムコードは、タイムスーパー信号としてキャラクター 文字を HD-SDI 信号に乗せて出力する。 SDI 出力信号には、 垂直インター バルタイムコード(VITC)を、HANC に乗せて出力する。HD-SDI 信 号はブラック信号、又は ARIB-CB を選択が可能な製品。


InterBEE 2010 レポート II

 Blackmagic Design  茶とクリームの展示コーナーの壁の色を基調とした世界共通デザイン の広いブースにて出展。 ■本年夏にEchoLab 社を買収し、 同社がリリースを開始したプロダ クションスイッチャ「ATEM」は、 従来型のM/E スタイルのオペレー シ ョ ン を 採 用 し たATEM 2M/E とATEM 1M/E プロダクション スイッチャで、 パワフルで低価格。 し か もSuper Source、 Stinger トランジション、 DVE トランジション、 13 レイヤーのキーヤー、 マルチ フォーマット入出力、 内蔵マルチビューワ、 内蔵メディアプレイヤなどを 搭載している注目度の高い製品である。 ■また、今年発売されたばかりの 「DaVinci Resolve」のMac 版 も 登場。ソフトウェア単体での販売 のほか、コントロールサーフェス を加えたモデルも展示された。コ ントロールサーフェスを使えば直 感的かつ高速にカラーコレクショ

大抵の3D 対応 モニタでプレ ビューや最終 の出力の確認 が可能である。 ■USB 3.0 に 対 応 のSD/ HD 取り込み・ 再生ソリュー ションで超薄型の「UltraStudio Pro」 は、 3Gb/s SDI、 HDMI、 アナログ コンポーネント、コンポジット、 S ビデオ、 4 チャンネルのアナログオー ディオ、 2 チャンネルのAES/EBU オーディオ、 ゲンロック/3 値シンク、 RS422 デッキコントロールといった入出力が可能になる。 ■USB3.0 のPC に 対 応 し た 世 界 初 の ポ ー タ ブ ル ス コ ー プ「Ultra Scope」 は、 3Gb/s SDI 入力を搭載し、 USB 経由でラップトップから給 電できる。そのため、ロケ撮影やエンジニアリング作業時の携帯に最適 である。 パレード、 波形、 ベクトル、 ヒストグラム、 オーディオ、 ピクチャー など6 つの独立したリアルタイムスコープを搭載している「Pocket UltraScope」は、様々な信号をパソコンで確認できる波形モニタで、同 製品があればノートPC だけでカメラのセットアップができるようにな

ンができる。 ■3D 関連製品としては「Deck Link HD Extreme 3D」を同社ならで はの低価格で発表。 3D 映像の取り込み・再生が可能になった入出力ボー ドである。 従来3D で収録する時は、 左右のカメラの映像をそれぞれ別に キャプチャし、 タイミングを合わせなければならなかったが、 同製品では 2 本同時にSDI でラインを入力するデュアルストリーム取り込みでキャ プチャが可能となっている。 3D のプレビューもハードウェアで簡単に 対応可能で、 主要4 つのプレビューに対応している。 既に市販されている

る。 ■コンパクトで持ち運びが可能なデザインを採用した「Intensity Shuttle」 は 18,980 円と手軽な低価格ながら USB3.0 インターフェー スに対応した Windows環境で使用できる 10bit HD/ SD 編集ソリュー ション。10bit HDMI やアナログコンポーネント、コンポジット、S ビ デオの取り込みや再生が可能な製品。

 日本テクトロニクス  多チャンネルのサポート、 新サービスの提供と多様化が 進む放送・ビデオ業界では、 高い品質のサービスを効率よ く提供することが求められて いる。同社では、新たな放送・ 配信サービスを品質高く、安 定に行うための TS モニタリ ング、ファイルベース・コン テンツ検証、3D ビデオやハイエンド・コンテンツの制作をサポートす るベースバンドモニタリング、最高レベルの物理層測定環境を実現す る 3G-SDI 測定機器など最新のソリューションを展示した。   次世代ビデオ / ベースバンド・ソリューションとして、3G-SDI 波 形モニタ「WFM8000 シリーズ」 、3G-SDI テスト信号ゼネレータ 「TG700 型」 、HD ポータブル波形モニタ「WFM5000 シリーズ」な どの新バージョンと、画質評価システムの新製品「PQA600 型」 。  また、MPEG モニタリング・ソリューションとして、ビデオ・クォ リティ解析では新製品「VQS1000」 、TS モニタリングの新バージョ ン「MTM400A/IPM400A」 の ほ か、 本 年 春 に 買 収 し た ば か り の 「Mixed Signals 社」のモニタリング・ソリューションであるデジタル・ コンテンツ・モニタを参考出品した。  その他、コンテ ンツ自動検証シス テ ム に PC 上 で 稼働するスタンド ア ロ ー ン 型 3GSDI 波 形 モ ニ タ アイダイアグラムやジッタの計測機能、 またテスト信号発生 「Cerify SW」の新 機能を持ち、 設置や調整時、 システムの管理時に物理特性の 検証を正確かつ簡単に行うことができる最新の波形モニタ バージョンなども 「WFM8000 シリーズ」 (左がWFM8300、 右がWFM8200) 登場した。 17

FDI・2011・01


InterBEE 2010 レポート II

 北海道日興通信

 カ ナ レ

 It's NIXUS Showtime をコンセプトに数々の最新  光トランシー 製品を紹介。  バ、光コンバー ■ 最 新 の Augmented Reality(AR= 拡 張 現 実 ) テ タ、光伝送シス クノロジーを採用した、新しいバーチャル表現「ARテムの各種新製 NIXUS.M1」を初披露。手に持った四角形内に描か 品をはじめ、小 れたマーカーをシステムが認識し、リアルタイムにグ 型同軸コネクタ ラフィックを表示。バーチャルスタジオではできない 「DCP-C シリー 「CG を持つ」といった表現が現実になった。 ズ」 、 BNC コネクタ 「BCP-B シリーズ」 、 アクティ ■一層進化したネットワークテロップシステム「CG-Store」を発表。表現力に磨きをかけた ブBNC コネクタTX/RX ライトアングル「BCAリアル 3D 機能はさらに使いやすくなり、NIXUS-SR オプションを使えば、そのまま話題の TL/RL」 、超小型SFP 型光トランシーバ「TRFステレオ 3D( 立体視 ) に対応。L(V,K)R(V,K) の 4 出力やサイドバイサイド、アナグリフな 100-LN13/LN ど様々なフォーマットに対応する。いつものクリエイト環境で最新の表現力に。さらに、CG15」 「TRF-300Store は 「使いやすさ」 にもこだわり続けます。今年は iPhone/iPad ネイティブアプリが登場。 LN13」 をなどを テロップの確認や、修正依頼、作成を iPhone/iPad ならではのフリック、ピンチ動作で実現 出 品。ま た、フ する。さらに、送出リモートも iPhone で。ワークフローを「気持ちよく」変えていく。 ラット光複合カ ■全く新しいテロップシステム 「CG-EXC( シージー・エクスチェンジ )」 が登場した。株価、 天気、 メラケーブルを 地震情報など、これまでのテロップシステムでは実現できなかった「オンエア中のテロップ 参 考 出 品 し た。 のリアルタイム更新」を実現。これまで専用システムが必要だったリアルタイム更新を、CG- (写真右は、カメ EXC がデータの受信、描画を行うことで汎用的に実現する。タッチパネルによるシンプルで ラ用と巻取り器 確実な操作と、柔軟な情報更新を CG-EXC が実現する。 具用)

 ローランド

HD」 /ビデオ・ミックス/ライブ・スイッチャー 「LVS-800」 /ビジュア  プロオーディオ部門と映 ル・サンプラー 「P-10」 /ビデオ・プレゼンター 「PR-1000HD」 など。 像・放送機材関連部門の 2  一方、 プロオーディオ部門 ブースにて出展。 映像・放 での出展内容は、発 売 さ れ 送関連機材部門では、新製 て間もないデジタル伝送標 品 AV ミ キ サ ー & レ コ ー ダ 準装備、 32 チャンネル入力 「VR-5」を中心にしたライブ のミキシング・コンソール 配信システムや、既に数多く 「M-300」の ほ か、 REAC と の導入実績を上げているマル MADI の相互変換を実現す チフォーマット・ビデオ・ミキサー「V-1600HD」 、収録からイベン る 新 製 品「S-MADI」 、次 世 ト、設備など幅広く活躍する新製品マルチビューワー / スイッチャー 代のモニタリング・システ 「MVS-12」など、マルチフォーマットに対応する充実の製品群を多数 ム「M-48」など多数の製品 展示した。 実際のステージ演奏 ミキシング・コンソール「M-300」 「M-400」など を出品。 ■マルチビューワー/スイッチャー「MVS-12」は、マルチカメラ収 が並ぶプロオーディオの展示ブース で体感できるハンズオン展 録のモニタリングを省スペースで実現する 12 入力マルチビューワー。 示も行なった。 4 パターンの「マルチビュー機能」に加え、4 系統の出力に自由にアサ ■ライブ・ミキシング・コンソールの新製品「V-Mixer M-300」は、 インできるマトリクス・スイッチャー機能も搭載。また、 「VC-50HD」 「V-Mixer M-400/M-380」の音質と操作性/拡張性を継承し、筐体を ビデオ・フィールド・コンバーターは、バッテリー対応のビデオ・コ 限界までコンパクト化したデジタル伝送標準搭載の 32ch ミキシング・ ンバーター。シンプル操作で HD-SDI ⇔ HDV / MPEG-2 TS(2 ∼ コンソール。Digital Snake と組み合わせることで、 伝送も含めたフル・ 50Mbps)の双方向変換。Blu-ray ディスク・レコーダーへのダビング デジタル・ミキシングを実現。あらゆる現場に対応する、V-Mixer の新 にも最適な製品である。 ■ その他映像部門での出展製品は、 下記のとおりである。 ビデオ・レコー ダー 「F-1 Ver.2.5」 /マルチフォーマット・コンバーター 「VC-300

たなスタンダード・モデル。 ■「S-MADI」REAC MADI ブリッジは、 デジタル音声伝送技術「REAC」 と「MADI」の相互変換を可能にするフォーマット・コンバーター。デ ジタル・コンソールをはじめとする MADI 機器と Digital Snake や V-Mixer、M-48 な ど の REAC 機 器 と の 間 で、 最大 40ch 双方向のオーディオ伝送を実現する。 ■「OCTA-CAPTURE」USB オーディオ・インターフェ イスは、最大 24-bit/192kHz に対応する 10 in/10 out の USB2.0 対応オーディオ・インターフェース。ローラ ンドのテクノロジーを凝縮した 8 系統のマイク・プリアン プ「VS PREAMP」 、極小のレイテンシーを実現する「VS STREAMING」テクノロジーを搭載している。 マルチフォーマット・ビデオ・スイッチャー「Vライブ放送/収録に必要な機能をコンパクトに凝 1600HD」は、HD-SDI/SD-SDI を装 備し、放 ■その他プロオーディオ部門での出展製品は、オーディ 縮した「VR-5」は、 多彩な演出をワンマン・オペレー 送用機器から民生用の映像機器まで幅広く対 オ・ レ コ ー ダ ー「AR-3000R Ver.2」 「 、Digital Snake ションで実現可能にした。音と映像の演出や収録 応。この 1 台でハイビジョン映像をはじめ、パ S-4000/S-1608/S-0808」 シリーズ、 ライブ・ パーソナ には多くの機器が必要であったが、必要な機能を ソコンや DVD、Blu-ray などさまざまなフォー コンパクトなボディに一体化。マイクやビデオ・カ マットの映像を切り替え可能。モニター 一体型 ル・ミキサー「M-48」 、 WAVE/MP3 レコーダー「R-05」 メラを接続すれば、 すぐに放送/収録が開始できる。 のオールインワン仕様となっている。 などである。 18

FDI・2011・01


InterBEE 2010 レポート II

 クォンテル  ポストの分野では、昨今話題と なった映画「Avator」 の制作パイプ ラインを提供しフィニシングを担 当したPablo を、新しいソフトウェ アバージョン5 とともに展示。  ブロードキャストの分野では、ス テレオ3D に対応した世界で最も稼 働率の高いsQ サーバを、新しいステレオ3D エディター「Qube」を交 えて紹介。さらに、現在開発中の「QTube」プロジェクトも紹介した。ま た、 QTube により、 世界各地にあるサーバにインターネットの帯域でア クセスすることができるようになった。 ■Pablo 4K ステレオ3D フィニッシングシステム  新しいソフトウェアV5 の新機能に は、リアルタイムカラーグレーディン グ、 ステレオ3D の強化ツールが追加さ れている。リアルタイムカラーとは、グ レーディング結果をレンダリングなし にプレビューできることで、ユーザー との対話性を増し、クライアントと同 席するセッションのストレスを完全に 取り除くなど、 Neo パネルは、 この新しいカラー機能にアクセスする。 ■Enterprise sQ ブロードキャスト サーバーシステム  同社のステレオ3D はポストだけではなく、ブロードキャストの世界 にも進出。 世界で最も稼働率の高いsQ サーバがステレオ3D に対応し、 編集機としてはステレオ3D エディター「Qube」 が登場する。  LR 別のストリームとしてサーバーに保存することで、ユーザーはオ ンエア直前まで視差や色の調整を行うことで、 作品のブラッシュアップ が可能となる。

 アビッドテクノロジー  "Openness & Avid Anywhere" を テ ー マ に、さ らに進化したオーディオ・ビ デオ製品の統合、サードパー ティー製品を含むオープンな ソリューションを展開した。   メ イ ン ス テ ー ジ で は、 「メ デ ィ ア コ ン ポ ー ザ ー」 「Pro Tools HD」 の最新バージョン の詳細なデモンストレーションを披露。初公開となるリアルタイム・ノ ンリニアテロッパー「NoLiO」によるノンリニア編集のテロップ作業、 メディアコンポーザーをPro Tools HD トラックと連動させる「ビデ オサテライトオプション」 、ハイエンドの性能と拡張性を新しい価格帯 で実現した共有ストレージ「ISIS 5000」 などを含むワークフローを紹 介している。  展示エリアでは、 新たにアビッド製品群に加わった「System 5」 (旧 ユーフォニクス)をはじめ、 「Pro Tools HD」の最新版、 Pro Tools との 高い親和性を誇るライブサウンドコンソール「VENUE」 、 最新バージョ ンの「Symphony」 およびメディアコンポーザー、 DS による3D ワーク フローなどを展示。   ま た、ブ ー ス 内 に 特 設 し た ブ ロ ー ド キ ャ ス ト・ス イ ー ト で は、 「Interplay Media Asset Manager」 「Interplay Production」を 中 心 に、最高峰共有サーバー「ISIS 7000」や「AirSpeed Multi Stream」 「NewsCutter」 などのブロードキャスト・ソリューションもデモした。

 ニッキャビ

 白と黒のモノトーンで統一し たブースにて、白と黒を基調とし た製品を出展。  同社が昨今力を注いでいる独  新製品&参考出展として、 自設計のICT ラックの新型「BNR 各カメラメーカーの小型軽量 シリーズ」をはじめ、 atdec 社製 化に伴なったハンディカメラ アームを装着した 「cyberRAILコ やハンドヘルドカメラ向けに ンソール」 などを出品した。 設計されている小型カメラ ■新型「BNRシリーズ」 ラック :ネットワーク工事機材展でも出展した 用三脚システムの新たなラ 4 分割ドア仕様の新型ラックをInterBEE でも出展。ラック内部に環境 インナップ「SP シリーズ」 監視装置を実装しデモを行った。同製品には、 堅牢性と視認性、 排熱性と (SP20・SP40・SP60・SP いう相反する特性に対する新しい技術がふんだんに盛り込まれており、 80・SP 100) を発表。 既に阪神大震災時の地震波と同様の3次元振動試験をクリアするなど、  また、新型エア式ペデスタル、コンパクト伸縮クレーン、新型フリ している。 クションヘッドなども展示した。 ■cyberRAIL コンソール:8U  新型のエアペデスタルは、安定性に優れたコラムとベース台車によっ ハウジング付が2 連、 4 連ハウ て高い操作性を備えており、ペデスタル位置固定用のフットブレーキ ジング付とフラットタイプ3 と、簡単に上下出来るアンダーガードをベースに内蔵しているため、 連をコーナー連結した特型5 素早いセッティングが可能。新型フリクションヘッドは、最新のポー 連の状態で展示。大型モニター タブルカメラ • レンズをサポートするために設計されたもので、最大 取付用と、 17 インチモニター 38Kg まで搭載が可能となっている。 4 式搭載のウォールマウント  また、今回参考出品した伸縮クレーンは、2輪と4輪の操舵を切り替 フレーム、各種モニター取付用 えて使用出来るコンパクトなシステムで、スタジオペデスタルに搭載 アームも実装し、使い勝手の確 オーストラリア atdec 社製アームを装着し、現 し、2 メ ー ト ル の 伸 縮 ス ト 認を行えるよう展示した。 在主流となりつつある液晶モニタの視認性やス ロークと3.4m を超える光軸 ■NOW ラック :同社標準仕様 ペースユーティリティの向上が図られている 高を実現している。 (写真右) のNOW ラックを、黒アルマイトで仕上げた完全黒バージョンを展示。  フリクションヘッドでは、 さらに、 柱の黒アルマイトサッシもオプションにて対応が可能な製品で 「TU30」を参考出品。各種 ある。また、同社標準仕様のNEO ラックに、スライドベースユニットを カメラ・レンズ・アクセサ 装着させ展示。オプション類は人気の高いプルアウトシェルフや回転式 リーの組み合わせの際にも キーボードユニットを搭載している。 バランス能力が優れた製品 ■木製ラックNOIR:木製ラック NOIR の天井板に、ブルーのマーモリ である。 ウムを貼り展示。通常仕様のNOIR にはない新しい雰囲気を演出した。

 昭特製作所

19

FDI・2011・01


InterBEE 2010 レポート II

 東 芝

 東芝ライテック

  「省エネ照明」を  ベースバンドワークフローとファイルベースワー テ ー マ に、 LED 機 クフローを効率的に連携させるファイルベースフ 器の新製品シリー ラッシュメモリサーバ「VIDEOS neo」を初展示し、 ズをメインに、 小型 単体として特徴や番組サーバ、ファイル化 CM ワー 調 光 操 作 卓、 昇 降 クフローへの対応を紹介。その他エリアワンセグや、 装置などスタジオ 省エネルギーに優れた高効率テレビ送信機、世界最小 用照明システムとして出展。 LED ライトの進化 クラスを実現した屋外型 SSPA も展示した。 形。 大容量、 光量でありながら低電熱、 低消費 電力 ■ VIDEOS neo:国内放送局の基幹システムを担う を実現。 様々なサイズもラインナップした展示を VIDEOS がファイルベースワークフローに適合する ためにさらに進化した。従来の信頼性に加え、IP ベー 「VIDEOS neo」によるファイルベース CM ワー 行った。  LED 器具については、 NHK との共同開発品で スの基本構造と TCP/IP オフロードエンジン NP- クフローを紹介した展示コーナー 新製品の 「LED スポットライト1000 シリーズ、 Engine を採用し、高速性、拡張性を向上させている。さらに国際標準の SMPTE の MXF で LED フラッドライト10000 シリーズ」 を中心 のファイルインターフェースを装備、64Gbit フラッシュメモリーをいち早く採用することで に販売中のLED 環境に配慮した省スペース、省電力を実現している。ブースでは高性能、高信頼性、拡張性、 ライトシリーズ、 小型化等の特徴紹介、番組サーバシステムとしての 小型調光操作卓 用途やファイル化 CM ワークフローへの対応につい TOLSTAR-3、 昇 て実機デモを交えて提案した。 降バトンシステ ■高効率テレビ送信機:地上デジタル TV 用送信機 ムなどを展示し の電力増幅器の高効率化により、従来(オレンジブッ た。 ク対応 弊社製 TDU5000 シリーズ)と比較して、 SD バトンシステム: 省スペース、 低コスト、 省施工の昇降 約 40%の省電力化を実現する高効率テレビ送信機 システム「調光・昇降」 一体型のワンパッケージシステム。 を開発した。現用送信機として使用することにより、 インテリジェント機能付きでアラーム情報など、 高い安全 年間消費電力の大幅な削減が可能となり、ランニン 性。約50% の軽量化を実現した(同従来機種比)。今回の グコストの低減はもちろん、CO2 排出量を削減し、 展示では直・調切替えを搭載し、LED・ハロゲン・蛍光灯 がそれぞれ切替えで使用出来る製品を出品した。 フラッシュメモリーサーバー「VIDEOS neo」 温暖化ガス排出量抑制にも貢献する。

 ストロベリーメディアアーツ

 日本開閉器工業

 独自開発によるスリッ ト ビ ジ ョ ン LED で 常 に 先 端 を い く 同 社 は、 本 展 示 会 で 新 製 品「Black hole 9」 (9.375mm ド ッ ト ピ ッ チ Black SMD LED)をリリース。ブー スには、BH9 メイン・ディ スプレイ W=2700mm × H=4200mm の大画面を設置したほか、同社が誇るスリットビジョンシ リーズである、 「SV-15B(New Version) /SV-18」も併せて展示した。  BH-9 は、Black SMD の 採 用 で 高 コ ン ト ラスト比を実現。独自開発による特殊なコー ティングで表面が低反射となり、反射を受け 難く鮮明な映像を映し出す事が可能となった。 また、1ユニット(W=900mm ×H=600mm × D=80mm) の重量も 8.5Kg の軽量化を実現した ため、常設、仮設を問わず現場環境の効率化に よる、作業コストが軽減される。   ま た、 W=1000mm ×H=500mm の ス ク リ ー ンであるSV15B(New Version SLIT VISION)では、自社開発によ りフレームの反射率を極限まで低減、 最小ピッチ間隔15.625mm を採用 し、 さらに高精細へと進化した。 こちらの製品はSMD を使用する防滴型 のため、 野外でのイベント、 コンサート等に高画質映像を提供する。  SV-15 は、 この他に、 角度ブロックの入れ替えで自由自在の角度調節 が可能、 3 in 1 Type Full Color SMD LED を採用し最大4,200nit の 高輝度、 ラウンド、 サークル、 平面等の多様な演出が可能など、 数々の特徴 をもつ。   そ の 他 会 場 で は、SV18(18.75mm Pitch LED) 「Full Color LED SLIT VISION SV18」 MAスリットビジョン LEDシリーズを展示、 大勢の来場者から注目を浴びた。

 有機 EL ディスプレイカラー IS を中心とした多彩なスイッ チの商品群を展示した同社で は、特に本年、イギリス警察 車輛搭載のコントロールシス テム操作パネルへの採用とい うビッグニュースを公開した。  視認性・操作性・情報量に 優れた特性を持つ同社のカ ラー IS が、現場でのとっさの判断の際の「直感的な操作」に役立つと 評価されたためである。本展示会会場では、コントロールシステムの 製造会社である Futronics 社の実機 の展示(写真左)とプロモーションビ デオを放映した。  その他、新製品として、薄型フラッ トボタン「YB2 シリーズ」や超高輝 度 RGB の LED を採用したスイッチ なども出品した。

20

FDI・2011・01

 ビデオサービス  カメラを中心としたレン タ ル 機 材 を 展 示。 ハ イ ス ピードカメラ「WEISSCAM HS-2」 、 ス ー パ ー 35mm 相 当 単 板 CCD 搭 載 カ メ ラ 「SRW-9000PL+OB1」、 パ ナ ソ ニ ッ ク 3D カ メ ラ 「AG-3DA1」 、レンズ交換式 AVCHD 方 式 カ メ ラ「NEXVG10」シネマスタイルなどを出品した。


InterBEE 2010 レポート II

 コスミックエンジニアリング

 東通産業

  「SP シリーズ」HD-SDI オーディ  今後需要が高まると予測される オモニタの新機種 VM モデルを発表。 3D 製作現場に、高画質・多機能・ また HD 3D キャラクタジェネレー 機動性を備えたユーティリティ溢 タ「Phoenix シ リ ー ズ 」 の PX3D れるカメラシステムを提供。3D 小 とそのオプション StereoGraphics 型フルハイビジョン撮影システム (立体視用テロッパ)の参考出品や、 「Gemelos 3D Base」は、これか PX・L などの新製品も実機によるデ らの 3D 製作を見据えて、開発し モ展示を行った。 販売をしている製品。一昨年の国  その他同社製品では 1RU ハーフサイズ簡単連結機構「Eシリーズ」 際画像機器展で技術参考として展示したシステムに、3D 撮影現場か の変換器・切換器・分配器や、 SD・アナログモジュールシステム「C1000 らの意見を多数取り入れ製品化した製品である。 シリーズ」 、光・HD・SD・アナログモジュールシステム「C2000 シ ■英 Inition 社の3D フォーマットコンバーター「Inition StereoBrain リーズ」なども展示した。また、同社取り扱いの他社製品としては「ブ SB-1」は、 3D 映像制作に欠かせないフォーマット変換器。 L-R の信 ラックマジックデザイン」の新提案アダプタや、 「Nevion」のルータや 号(デュアルHD-SDI)を様々な3D フォーマットにリアルタイムで オプティカルコンバータを紹介した。 変 換 し、 HD-SDIx2、 DVIx1 の3 出 力 か ら そ れ ぞ れ 異 な る 信 号 を 出  一方、 EVIN 事業部では、 業界No.1 の 力できる。実際の3D 製作現場から上がった要望を取り入れて製作さ 導入実績を誇る最新のヘリコプター中 れたもので、 3D 撮影時にも上映時にも使うことができる。小型軽量 継伝送システム提案を紹介。エンジン (145mmx140mmx37mm 0.5kg) でロケにもかさばらずに使用で ノイズの中での明瞭な会話の実現や、 き、設定にはブラウザを利用し、 PC や無線LAN 経由で携帯端末からの FPU 送受信システム、また自動方向調 操作も可能である。 整装置とリンク、そして小型軽量化と ■Cineform 社 の3D コ ー デ ッ ク エ ン ジ ン「Neo3D」は、 Apple いう総合的な技術が要求されるシス Final Cut Pro、Adobe Premiere Pro、 Sony Vegas、 Avid Media テムであるが、その「AS365N2HD」 Composer など一般的な編集ソフトアプリケーションで3D 編集を実 ICS 装置の実機を展示した。 現させる3D コーデックエンジン。 Mac/Windows のクロスプラット フォーム対応で幅広く使用できる。 ■その他出展製品は、 3D ノンリニア編集システム「Gonzalez HD stereo edition」 「 、AJA KiPro」 「 、cinedeck CINEDECK EXTREME」、ソ ニ ー  社名ロゴを一新し、気持ちも 業務用3D 対応液晶モニター「LMD-4251TD/LMD-2451TD」 など 新たに Inter BEE へ初出展した 同社では、ノンリニア編集機の デスクトップタイプ「Prunus/  ブース内にて、サラウンド音響シス NCexp」に加えて、ノート PC テムによるシアターを用いて展示。新 ベ ー ス の 新 製 品「PRUNUS/ 製品 3D 対応 HD ディスクレコーダー NCcell」などを出展した。 「VDRH-3DR/3DP」を発表した。   「Prunus/NCexp」は、直感的な操作や高い追従性、高速レスポン  また、PC 機能内蔵型リムーバブル スをテーマに開発されたノンリニア編集機。各種テープレスメディア ディスク対応 HD ディスクレコーダー 映像フォーマットへの対応、テープから素材を収録しながらの追っか 「VDRH-8000」 や、 リ ム ー バ ブ ル け編集、LAN によるネットワークがつくり出すサーバライクな素材 ディスク書き込み型 HD ディスクレコー 共有、そして離れた場所とのファイル送受信機能など、報道やスポー ダー「VDRH-1000」 、ポータブル IP 伝 ツ中継で求められる機能を実装。そのシームレスな能力で映像編集の 送装置「Streambox AVENIR」などの フィールドに新しいワークフローを誕生させる。 新製品のほか、HD 動画ファイリングシス  また、新製品の「Prunus/NCcell」はノートPC ベースのシステム テムを参考出品、また「VDRH-3DP」を で、 報道やスポーツ中継の現場に求められるスピーディな編集を可能に 用いた 3D 映像シアターシステム(3D 映 した。各種メディアへのフォーマット対応はもちろん、収録しながらの 像 +5.1ch 音響システム) などを出品した。 追っかけ編集も実装したノート型ノンリニア編集機である。

 さくら映機

 オンテック

21

FDI・2011・01


InterBEE 2010 レポート II

 ヒビノ/ヒビノインターサウンド  映像と音響の双方のジャンル に出展した同社では、プロオー ディオのホールでは、グループ であるヒビノ(株) 、ヒビノイ ンターサウンド(株) 、 スチュー ダー・ジャパン- ブロードキャ スト(株) の3社が出展した。   ヒ ビ ノ 株 式 会 社 で は、 AKG( マ イ ク ロ ホ ン、ワ CALREC のフラッグシップモデルとし AES ニューヨークで発表されてから注目と て昨年発表された「APOLLO」は同社 なっている CALREC の新製品「ARTEMIS」 イ ヤ レ ス シ ス テ ム、ヘ ッ ド ホ ン)、 AMCRON( パ ワ ー ア ン プ)、 BSS が踏襲してきたアナログコンソール的 ミキシングコンソール。コアはギガビット・ AUDIO( シグナルプロセッサー)、 dbx( シグナルプロセッサー)、 JBL な操作性から、複数のシステムをコント オーディオ・ネットワークで複数のデジタル PROFESSIONAL( ス ピ ー カ ー)、 Lexicon PRO( リ バ ー ブ レ ー タ ー)、 ロールできる多機能型のデジタルコン コンソール間で I/O、制御データを交換でき る HYDRA が採用されている。 ソールになっている。 Soundcraft( デジタル・ミキシングコンソール)、 HIBINO(BWF-J 編集ソ 直感的、 創造的なミキシン フト) の各社製品を出品。 グを実現する、 Soundcraft  また、ヒビノインターサウンド株式会社では、 CALREC( 放送局用 の新世代ライブSR 用デジ タル・ミキシングコンソー デ ジ タ ル・ミ キ シ ン グ コ ン ソ ー ル)、 CAMCO( パ ワ ー ア ン プ)、 CODA ル「Vi6/Vi4」 。 Soundcraft AUDIO( ス ピ ー カ ー) 、 DiGiCo ( デ ジ タ ル・ミ キ シ ン グ コ ン ソ ー ル)、 初 のライブSR 用 デ ジ タ DK-Technologies ( マ ス タ ー サ ウ ン ド デ ィ ル・ミキシングコンソール で、 SRシーンに長年携わっ スプレイ) 、 DPA Microphones( マ イ ク ロ ホ てきた同社の高い技術力 ン)、 Gefen( 延 長 機、切 替 機、分 配 機、変 換 機 と先進のデジタル・オー 等)、 MUTEC( ク ロ ッ ク・ ジ ェ ネ レ ー タ ー)、 ディオ処理を融合。 充実の 機能を獲得しながらも極 OSEE(AV モニター)、 Rane(プロセッサー) 、 めて直感的、 創造的にミキ 格調高いチューブサウンドを提 Shure( マイクロホン、ワイヤレスシステム、 シングを行える優れた操 供する真空管マクロフォン、 AKG ヘッドホン)、 TUBE-TECH( 真空管式シグナル 作性を実現している。 「Perception 820 TUBE」など の 他、 ワイヤレスマイク関連を展示。 プロセッサー) の各社製品を出品した。

 オタリテック   本 年 も 注 目 の 新 商 品 が 目 白 押 と な っ た 同 社 ブ ー ス で は、RIEDEL 社製品の光ファイバーによるマルチチャンネル信号伝送システム 「MedioNet」 、オーディオ・ディストリビューション・ネットワーク 「RockNet」を展示。  各方面から高音質を評価され、新たにバージョン 6 にメジャーアップ グレードした DAW(デジタル・オーディオ・ワークステーション) 「SADIE (サディ) 」を出展した。  また、すでに全世界で 200 台以上が活躍している LAWO コンソール 2 の主力モデル「mc 66」はサーフェス、ルーターともにリニューアル。ドイツのデジタルコンソール 2 「NEW mc 66」として生まれ変わった。 メーカーLAWO(ラヴォ)社の  GENELEC コーナーではメーカー初の試み、同軸ユニットを採用した Sapphire(サファイア)は、中小 規模の現場や放送局などに、 よ 「8260A」や、定番の 3 WAY モデル「1038B」をダウンサイジング りシンプルで簡単な操作で使え させた「1038CF」が試聴可能な状態で展示した。 る設計。 LAWO はラージサイズ そのクオ   様 々 な 用 途 に 対 応 し た Prism Sound 社 の DAW「SADiE」 は のコンソールが多いが、 リティをそのままにダウンサイ 「Ver.6.0」 をリリース。 同社オーディオ・インターフェイスや内蔵インター ジングしている。 フェイスを使用できる。  SR スピーカーのメーカー d&b audiotechnik より、ラインアレイ・モードとポイントソース・モー ド両方に対応できる小型ラインアレイ「T シリーズ」を展示。など、 国内初展示の製品を多数紹介した。

RIEDEL の展示コーナーでは ARTIST シリーズ に、ファイバーオプチカルネットワークを形成す る「MediorNet」プラットフォームとライブサウ ンドでの音声と制御データを送歩行ネットワーク とするソリューションを展開した

GENELEC 社からは同軸ユニット搭載の新製品 「8260A」 を展示。

LAWO mc 90 と性能や機能を同等にし、 コントロールサーフェスをコンパクト化し 2 た mc 56 デジタル・ミキシング・コンソー ルは 32 フェーダーで幅 1.2m の製品 2

22

FDI・2011・01

最新版「SADIE6」 は、 これまで専用ハードウエ アのターンキーシステムであったものを、 ネイ ティブのソフトに切り替えた。 マスタリング、 放 送局、 ライブレコーディングに特化した製品。

国内導入実績 120 台を超えた オタリ「LWB」は新機能「コメンタリー・ システム」を展示。現場での運用の幅をさらに広めている。


InterBEE 2010 レポート II

 スチューダー・ジャパン−ブロードキャスト  放送局向けオーディオ・コンソールの最新フラッグシップモデルであ る「VISTA 9」をはじめとした VISTA シリーズや、 好評の OnAir シリー ズなどの従来製品のコンソールのほかに、昨今同社が取り扱いを開始 したグラスバレーのビデオプロダクションセンター「KAYENNE」が InterBEE での同社ブースにて初登場となったほか、プロダクションス イッチャ「Kayak HD」 、 ライブコントローラ「K2 Dyno」 、 インテリジェ ント・デジタル・ディスクレコーダ「T2」 、ノンリニアビデオ編集機「H DWS 3Gシリーズ」など、取り扱いを開始した製品を続々出品した。  これにより同社では、従来からの音響機器と映像機器の双方の放送 業務用機器の販売を手掛ける事となった。

ライブイベント中継システム「K2 Dyno」とインテリジェント・デジタル・ ディスクレコーダ「T2」が並ぶ展示 コーナー。 「T2」 (写真左端)は、最新の技術を 結集したコストパフォーマンスの高い デジタル・ディスクレコーダで、イベ ント、放送、編集の現場で必要とされ る機能がハードな使用に堪える信頼 性とともに凝縮されている。

「OnAir2500」と「OnAir3000」の 展 示 コ ー ナ ー。 6, 12, 18, 24 フェーダ ーでモー 「VISTA9」は、 TFT スクリーン・メーターとLED による 「OnAir2500」は、 フェーダーの表示により、 視覚的な機能を向上。 メータヒ ター駆 動の有無も選 べるフェーダーレイアウト、 コンパ ストリー機能は、 リアルタイムな運用にあわせた機能。 表 フェーダーとディスプレイは有機LED を使用。 クトながら高性能・高機能を実現した製品である。 示色は、 ユーザーがカスタマイズ可能となっている。

 SENNHEISER  本年のゼンハイザージャパ ンは、ユーザーに商品を触っ て・感じて・実感して貰える ような体感型ブースを展開。 多くの放送局で使用されてい る「5000 シリーズ」 に加え、 今年はワイヤレスシステムの 新製品「2000 シリーズ」や 「evolution wireless G3 シ リーズ」 のほか、 各種マイクロ ⇧ブースに特設のライブステージでは各種マイクを ホンやヘッドホンなどを多数 ミキシングし、ヘッドフォンでの試 聴を行なった。また、ステージ前に 出品した。  上記のワイヤレスシステ はイヤーモニター用レシーバー「EK 2000 IEM」を展示した⇨ ム、マイクロフォンの他、話 題のヘッドフォン「HD800」やスピーカー「K+H」なども展示。  また、 昨年に引き続きパフォーマンスステージおいてゼンハイザー「第 2 回ボーカリスト発掘キャンペーン」の受賞者やプロのミュージシャ ンによるパフォーマンスが披露された。本年はつのだ☆ひろ氏のライブ を始め、連日ボーカリストを招いてのマイクロフォンのデモンストレー ションなどの催しも行われた。  ワイヤレスマイクは同時使 用39ch の「2000 シリーズ」 「5000 シリーズ」のほか、同 時24ch の「ew300」や 同 時 32ch の「ew500」な ど 多 彩 なラインアップを展示。 スタジ オや舞台など多チャンネル化 が必要な現場に対応した機種 のほか、受信機側で送信機の ワイヤレス「2000 シリーズ」 「5000 シリーズ」 設定が行える機種なども披露 「ew シリーズ」の展示コーナー。 「EM 2050」 された。 レシーバーは AX/A/B 帯の周波数レンジを 1 台でカバーできる。

最先端のモジュラーコントロールパネル方式を採用 し、 1.5M/E から4.5M/E までを自在に構築でき、 ローカ ルAUX パネルやWXGA 高解像度タッチスクリーンメ ニューなどの追加も可能なビデオプロダクションセン ター「KAYENNE」 。

 オーディオテクニカ  今回の InterBEE 出展で注 目の製品は、業界初、同一空 間にて同時に 8 本のマイク ロホンを使用可能な赤外線マ イクロフォンシステム。   混 合 分 配 器 の「ATIRD63」、赤 外 線2ch レ シ ー バ ー の「ATIR-R82」、赤 外 線4ch レシーバーの「ATIRR84」、赤外線2 ピースマイクロホンなどによって構成されるシステ ムが展示された。  マイクと受光ユニット、レ シーバー、8ch ミキサーで構 成 さ れ る 同 時8 波運用の赤 外線ワイヤレスマイクシス テムで、マイクロホンにPLL 制御シンセサイザー方式を 採用し、1 本のマイクで複数 のch が 選 択 可 能。ハ ン ド 型 と2 ピ ー ス 型 の2 機 種 の マ イクロホンをラインナップし、混在して使用することが可能な製品で ある。  システム設置の手間、コス トの大幅な軽減を可能にした フルコードレスタイプの会議 用マイクロフォンシステムを 展示。ATCS-50 の機能を引 き継ぎ、さらに高性能な赤外 線通信を実現した会議システ ム 「ATCS-60 シリーズ」 。 (写 真右)

23

FDI・2011・01


InterBEE 2010 レポート II

 ヤ マ ハ   音 の 入 口 か ら 出 口 ま で、 同 社 な ら で は の“User-Oriented One- オ ー デ ィ オ 編 集、レ Stop Solution”をコンセプトにシステムを提案。 ス ト レ ー シ ョ ン、マ  グループ会社である『スタインバーグ』 『NEXO』 『ヤマハサウンドシ スタリングツールと ステム』もヤマハブース内で出展。DSP 搭載パワードスピーカー「DSR して強い支持を得る シリーズ」 、NEXO のラインモニター「45°N 12」の国内初出展をは 「WaveLab 7」 。待 望 じめ、豊富な製品群を展示した。また、ブース内でシステムデザイン等 のメジャーバージョ に役立つ各種技術セミナーも開催した。 ンアップを遂げた両 ■ヤマハブランドの製品では、 “Live SR” 、放送・制作、設備音響など、 DAW ソ フ ト ウ ェ ア マーケット別に最適な音響システム・製品を提案。さらに進化した を中心としたシステム提案を行なった。 「M7CL Version 3」の新機能紹介をはじめ、 DSP 搭載パワードスピー ■Nexo 製品は、独創的なGEO Technology による世界初のラインモ カー「DSR シリーズ」 、 固定設備用スピーカー「N シリーズ」 などの新製 ニター「45° N 12」とRAYSUB 第2 弾となる「RS18-CT」を初出展。 品を初出展した。 パワードTD コントローラー「NXAMP」 、 タンジェントアレイシステム ■Steinberg 製品では、ポストプロダクションからライブレコーディン 「GEO シリーズ」 、 コンパクトハイパワーのスタンダード「PS R2 シリー グまで圧倒的にスピーディーで柔軟なワークフローを誇る「Nuendo 5」 、 ズ」 も出展した。

講堂、 会議室など、 常設型の ブース正面のほぼ中央には、 PM1D に続 ホールや劇場、 くデジタルSR コンソール「PM5D-RH」 様々なアプリケーションに向けて開発し たスピーカ「Instllation」 シリーズ と「LS9」 を出品

 エレクトリ APOGEE, KRK, PEAVEY, SPL など、 話題の新製品を展示発表。 そ の他、ハイエンドなプロオーディ オ機器からSR 機器、そしてホー ムレコーディング製品に至るま で、幅広い製品ラインアップを取 り揃えた。 ■APOGEE Symphony I/O: 「Symphony I/O」 は、 Mac ベースのオーディオシステム用に開発された マルチチャンネルのオーディオ インターフェイス。 Apogee 社設 立から25 年、同社の開発した製 品はハイエンドデジタルレコー Mac 専用マルチチャンネルオーディオ ディングの分野において、世界中の インターフェイス「Symphony I/O」 エンジニアから支持されている。洗 練されたサウンドクオリティ、用途に応じて変更可能な入出力、そして Logic およびPro Tools HD システムへの対応など、プロのレコーディ ング現場において有益な機能を数多く持っている。 ■KNS 8400 ヘッドフォン:KRK システムズ社は25 年に及ぶスタジ オサウンドの経験から、 KRK スタジオモニターの特徴が忠実に引継がれ たプロ用ヘッドフォンを開発。 それは熟練した耳の要求を満たす、 音楽を ありのまま忠実に再生するために設計されたヘッドフォンでる。 「KNS8400」 はトラックの全ての情報を正確に把握するために必要な、 繊細なリスニング環境を提供いたします。音の微妙なピッチや、響き、 トーンの変化を逃さずに再現する能力は、全てのミックス、全てのテイ ク、 全てのパフォーマンスを正しく行なうための大きな手助けとなる。 高度にアイソレートされた形状記憶フォーム内蔵のイヤーパッドによ り、 信じられないほどの遮音性と長時間の快適性を実現いたします ■その他出展製品:APOGEE, Bricasti Design, Community, CREST AUDIO, Eventide, KRK, MediaMatrix, NEUMANN, PEAVEY, SPL, STUDIO TECHNOLOGIES

24

FDI・2011・01

ヤマハサウンドシステムでは出力レベル表示など音響システムの状態を監視・記録 する「データロガーシステム DL3 System」 、DME64N をエンジンとするタッチパ ネル操作の「出力マトリクスコントローラー MDN2」 (以上写真左) 、24bit 96kHz サンプリング動作の「DA コンバーター DA896」 (写真右)などの新製品を出品

 S S L

 音楽レコーディングやブロー ドキャスト、 ポストプロダクショ ンさらには映画用アナログ/ デ ジタルオーディオコンソール メーカーとして同社の製品は世 界的に大きなシェアをもってい る。  今回のInterBEE ブースでは、 ポストプロダクションに最適な フラッグシップモデルである 「C300 HD」を は じ め、ブ ロ ー ド キ ャ ス ト 用 途 向 き「C100 HD」 、優 れ た 品 質 と 高 機 能、そ して堅固で信頼性の高い、コン パクトで " 手の届く" ブロード キャストオーディオコンソー ル「C10 HD」 などのデジタル・ 最大 512ch ミックスを可能とするフ プロダクション・コンソールのほか、 ラッグシップモデル「C-300HD」 SuperAnalogue 回路を搭載した16 チャンネル、 40 インプットのミキサー にシグナルルーター( 電子パッチベイ) と、 マルチレイヤーのDAW コントロー ラー機能を搭載した、最新のミキシン グコンソール「Matrix」 を展示した。   そ の ほ か ブ ー ス で は、 「X-Patch」 「Duality SE」 なども紹介した。  一方、 ブース外にてNHK メディアテ クノロジーのT-2 音声中継車を展示。 この車輛にて、メインコンソールとし て「C-200 HD」を車載した三菱キャ ンターを展示した。 (写真左)


InterBEE 2010 レポート II

 タックシステム   同 社 で は、 主 に 2ch 音   また同社では、今回、MXF に対応したファイルベースのワークフロー 源を 5.1ch サラウンド化す を可能とするオーディオファイルのインポート/エクスポートツール るプラグインソフト「NML である NEYRINCK 社の「SoundCode Exchange MXF」を紹介した。 RevCon-RS」 や MXF ワ ー  この「SoundCode Exchange MXF」は、OP1a や OPatom など クフローを紹介。 の AVC-intra フォーマットの MXF ファイルにオーディオのみをイン  NTT と NTT ラ ー ニ ン グ ポート/エクスポート、メタデータの確認ができる。そこで、同社では、 システムズが開発した残響 この「SoundCode Exchange MXF」と MXF4MAC との連携による 制 御 技 術 を 使 っ た 2ch 音 MXF ワークフローを提案しており、ブースではこの MXF ワークフロー 源を 5.1ch サラウンド化す をデモンストレーションしていた。 る Digidesign Pro Tools 用 プ ラ グ イ ン ソ フ ト「NML RevCon-RS   そ の 他ProTools 関 連 商 品/ 各 種 プ ラ グ イ ン/TAC オ リ ジ ナ ル (Real Sorround) 」とファイルベースのワークフローを可能とする プ ラ グ イ ン、 「JLCooper」コ ン ト ロ ー ラ / シ ン ク ロ ナ イ ザ ー「 CB NEYRINCK 社のプラグインソフト「SoundCode Exchange MXF」 Electronics」 、関 連 周 辺 機 器「Directout MADI」 、 AVIOM シ ス テ ム をデモンストレーションなどを行なった。 「Waves SoundGrid」 、 マイクアンプ・コンプ・EQ「Millennia」 のほか、  残響制御技術を使ったステレオ/アナログ音源からのサラウンド Royer Labs/Mojave Audio/AEA マイクロフォン、 SE/ 効果音ライブ ア ッ プ ソ フ ト「NML Rev- ラリー、 CND 検索システム、 TAC オリジナル HDD、ケーブル等を多数 Con-RS」 の デ モ( 写 真 左 ) 展示した。 では、ProTools 用プラグイ ンソフトで、昨今発売を開始 し て い る。 ま た、 本 ソ フ ト は、NTT コミュニケーショ ン科学基礎研究所が開発した 「Revtrina」技術を使い、音 楽 CD などに収録されている 2ch 音源の特性を分析し、直接音成分と残響音成分を分離するととも に、分離した残響音成分を実現したい効果にあわせて低減・強調、さ らに任意のチャンネルに割り振ることでサラウンド感の高いソースを 作ることができる。

 ゼネラル通商

Millennia の製品群展示は、マイクプリアンプとして、パラメトリック EQ などを装 備した TD-1” Twin direct “、 3Hz ∼ 300kHz で最大入力レベル 32dBu の 2ch ソリッ ドステート・マイクプリ HV-3C、ProTools から MIDI でリモートコントロールでき る HV-3R、4Hz ∼ 130kHz の真空管式 M-2B など各種

リアルサウンドラボ

 日本初登場の製品を含め、ユーザーニーズに応える製品の展 示と提案を行なった。  出展製品は、STAGETEC の日本初公開の放送局向けコンパ クトミキサー「ON AIR 24」をはじめ、劇場など多くの現場 で使用されている「AURUS」等を展示し、納入事例も含めた 説明を行なった。  また LECTROSONICS 製品では、 ハリウッドで大活躍のバッ テリータイプ受信機「VR FIELD」をはじめ、送信機・受 STAGETECのフラッグシップモデル 信機を含むマルチチャンネル・ワイヤレス・システムや、 のフルコンソール 「aurus」 の実機展示 新製品「Quadpack」など、話題の製品を一堂に展示。  また、日本初登場となる Joeco 社の製品は、1台で、 24 トラック・24bit/96kHz 対応するオーディオインター フェース「BBR」がお目見え。  その他、 SOUND DEVICES 社製品では、ポータブルレ コーダー「788T」 、 7 シリーズ用コントローラー「CL-9」 等話題の製品を展示。また、日本初公開の「USB Pre 2」マ イクロフォンインターフェイスやRycote 社ウインドジャ マーなども展示した。 幅広いワイヤレスマイク製品群を展開する

 世界初の音響パワーイコライザ「APEQ シリー ズ」を展示・実演。音響パワー周波数特性をフラッ トにすることにより、従来では不可能だったフ ラットなモニタリング環境が可能となった。  また、 今回は 7.1ch 対応の新製品 「APEQ-8pro」 も展示・実演を行なった。ブースでは、随時製品 の体感デモを行なった。  世界初の音響パワーイコライザ「APEQ-2pro」 は、4096 バンドの超高精度補正を行い、タイム アライメント・位相も同時補正。フラットなモニ タリング環境を実現している。  また、 新製品「APEQ-8pro DIO」は、 最大 7.1ch 対応のマルチチャネル版 APEQ。サラウンド環境 下で音響パワー周波数特性並びに位相・タイムア ライメントを高次元補正。今まで体験したことの ないリアルなモニタリング環境を実現する。

LECTROSONICS 社の展示コーナー。

日本初披露の「ON AIR 24」を出品。デ スクトップタイプのコンパクトな製品だ が、心臓部でのオーディオシステムは 「NEXUS」を使用している。

日 本 初 登 場 のJoeco「BBR」「APEQ-8pro DIO」は、最大7.1ch まで対応が可能で、サン アナログ/ アナログ、 デジタ は、 1U サイズで24 トラックの プリング周波数も96kHz 対応。 デジタル/ アナログの接続 音声信号を入出力出来るオー ル/ デジタルの接続はもちろん、 ADC またはDAC として使用する事も可能。 8ch ディオ インターフェイス。最 も可能で、 スペースの限られた中継 大4台のBBR を接続する事 ハードウェアを1U サイズで実現。 測定時のマイクプ が 出 来、 96 ト ラ ック の イン 車等でも最小限のスペースで設置可能。 従来の様な測定用外部インターフェースが ターフェイスとなる。コストパ リアンプ内蔵。 ワードクロック端子搭載。 マスタークロックとの同期 フォーマンスに優れたJoeco 不要。 Ethernet 接続端子搭載。 APEQ 内部のイコライジ 社BBR に多くの注目が寄せら が可能。   ングデータをLAN 経由で操作可能。 などの特徴をもつ。 れた。

25

FDI・2011・01


InterBEE 2010 レポート II

 カ レ ン ト

 テクノハウス

 同社ではレコーディング、放送、 ポスプロ、ホールなどで使用する 音響及び制御機器の開発、製造、 販売を行っており、特注機器やシ ステム構築に関する相談にも応じ ている。今回の出展では新しく開 発された製品を中心にコミュケー ションシステム、モニターシステ ム、メーターシステム等を展示。  出展製品は、シンプルな電源不要のトークバックボックス「TB962」 をはじめ、モニター、VU メーター、CUE ボックス、トークバックシ ステムをワンパッケージにした DAW システムに最適なモニタリング システム「CSP349」 、ヤマハ製デジタルコンソール対応のスタジオ インターフェース 「AF201」 。モニター とトークバックのコ ア機能に絞り込んだ コンパクトで高品位 なモニタリングシス テ ム「CSP355」 、

 本年より、同社での扱いとなった APT、DHD の新製品や、dts ラ ウドネスコントローラを主体に展示。  イギリスの APT(Audio Processing Technology 社)の新製品 「WorldCast Equinox ISDN, X.21, IP Codec」は MPEG 標準搭載と IP 伝送 対応でマルチアルゴリズム(多種多様) の音声コーデックとの通信を可能にす る製品。 (写真右) MPEG アルゴリズ ムとEnhanced   ま た、 ド イ ツ の DHD 社 の 新 製 品 apt-X アルゴリズムを標準搭載した 「Series52/SX」コンパクトデジタル ISDN 内蔵TA, IP, X.21 ポートを搭 コンソールは、高速処理能力 (40bit) 載した4分の1圧縮の低遅延音声 コ ー デ ッ ク「WorldCast Equinox を持つ XS Core と小型化し洗練され ISDN, X.21」。 た Multi I/O Box との組み合わせで更 なるコストパフォーマンスを追及。最 小システム(4フェーダー)¥155 万 円から組めるコストパフォーマンスの 高いコンソール。  その他 dts 製品では、ラウドネスコ ントローラ、ラウドネスメーター、サ 「DHD Series52/SX」コンソール操 ラウンドオー 作部は4フェーダーのフェーダーモ トークバックボックス「TB962」 (左) とワイヤレスタイプ LTC ク ロ ッ ク タ イ ジュールとシステムの中心となる ディオエンコー の 「WRS805」 。 なお 「TB962」 の付属ケーブルは2Pフォー センターモジュール、 TFTタッチ マ ー「AF136」 な ダ/デコーダな ンプラグ付きなのでモニターコントローラーなどのフット ディスプレイとで構成され、 最大16 どを展示した。 どを出品した。 スイッチ端子に直結可能な製品となっている。 フェーダーまでのシステムが組め

 ティアック

る。 (左はコア&マルチI/O ボックス)

 エスシーアライアンス

 タスカムは、記録メディアに CF カードを採用した最新の録音再生機 を展示。収録から制作、送出まで幅広く対応する、放送・業務現場にお  Linear Acoustic 社のITU/EBU 準拠 ける録音・再生のトータルソリューショ ラウドネスメータ「LQ-1000」 、ハイデ ンを提案。また、 特殊ヘッドホン&マイ ンシティオーディオエンコーダ・ デコー ク「inCore」や、同社が輸入販売を行っ ダ「e2 ( イ ー・ス ク ウ ェ ア) 」 、 TELOS ている「beyerdynamic 社プロ用マイ 社 の テ ロ ス 第3 世 代 ア ナ ロ グ 回 線 用 クおよびヘッドホン」 「 、サウンドフィー 高品質デジタルテレホンハイブリッド ルド社サラウンドマイクロホンシステ 「Hx1, Hx2」 、 ENCO 社のiPhone・iPod ム」 などもあわせて展示した。 Touch・ iPad に 対 応 し たDAD 用 モ バ ■ 4 チャンネルオーディオレコーダー「HS-4000」 :2 系統の2 チャ イルアプリケーション「iDAD」 、 新製品「LQ-1000」 ラウドネスメー ンネルプレーヤーとして、また1 台の4 チャンネルレコーダーとして使 ITU/EBU 準拠しており、 生放 ALLEN & HEATH 社からはFM・ AM ラ タは、 用可能な放送用途の4 チャンネルオーディオレコーダー。録音中のファ 送、収録スタジオ、 ポストプロダク ジオからインターネット放送、 大規模放 イルを同時再生するコンフィデンスモニターや、 放送局でのファイル運 ション、 マスター監視等放送業界全 送局のワークルーム、 コミュニティ放送、般に渡るラウドネスレベル表示を 用を円滑に行う BWF-J に対応。 ■ 2 チャンネルオーディオレコーダー「HS-2000」 :放送用途の2 学校放送などの幅広い用途に適したミキ 可能にする。入力はAES またはHD/ SD SDI、 音声モードは5.1 サラウン チャンネルオーディオレコーダー。 録音中のファイルを同時再生するコ サ ー「XB-14 RADIO BROADCAST ドおよびステレオ( ダウンミックス) MIXER」 などの新製品を出品した。   のラウドネスを表示。 ンフィデンスモニター機能や、放送局でのファイル運用を円滑に行う BWF-J に対応。 ■ 2 チャンネルオーディオレコーダー「HS-2」 :設備市場から放送業 務まで幅広く対応するコストパフォーマンスに優れた2 チャンネルオー   同 社 がNHK か ら の 依 頼 で 開 ディオレコーダー。アナログバランスおよ 発したラウドネスメータ「LMびアンバランス入出力や、 AES/EBU & S/ 860」 を展示。 PDIF デジタル入出力を装備し、 様々なシス  LM-860 は、 ITU-R Bs.1770 テムへの導入が可能。別売りのシンクカー とEBU-R128/TECH3341 に ド SY-2 を装着することで、タイムコード 準拠したラウドネスメータで、 同期、 RS-422 からの制御に対応する。 ITU とEBU の ラ ウ ド ネ ス 値 を ■ リ モ ー ト コ ン ト ロ ー ラ ー「RC-HS32PD」 : 『HS-4000』や『HS切り替えてリアルタイムに表示 2000』との使用に最適なリモートコントローラー。 64 ×32 ドット が可能。また、 VU ドライブ機能 マトリックスカラーLCD を採用した16 ポイントのポン出しキーと、 によるVU 計駆動が可能で、既存のVU 計と組み合わせて利用すること 100mm フェーダーを2 系統装備。 16 ポイントを1 ページとして管理 ができる。また、外部GPI 入力/TLC 時間情報によるロングターム計測 し、 トータル6 ページ、 96 ポイントを2 系統登録可能。 また1 系統のオー のSTART /STOP 機能も提供する。ラウドネス計測値の表示は、 SDI/ ディオレコーダーリモートコントローラーとしての使用も可能で、 32 DIGITAL/ANALOG から任意の入力信号を選択して、 ラウドネス計測値 ポイント×3 ページ、 トータル96 ポイントのポン出しが可能。 を表示するほか、 ピーク値も表示する。

 フォービット

26

FDI・2011・01


InterBEE 2010 レポート II  松田通商

 フォステクス

 Clear-Com 社 か ら 新 たにデジタルパーティー ラ イ ン シ ス テ ム『Helix Net』 が 登 場。 全 シ ス テ ムがデジタル化された Clear-Com コミュニケー ションシステムのデモン ストレーションを行った。 ま た、 今 回 特 に 注 目 は、 TSL 社 の「TallyMan」 。 放送の現場でなくてはならないタリーシステム。数多くのメーカーの スイッチャーやルーターのプロトコルを持っているため、システムの 構築が簡単になった。

 スタジオ用モニタースピーカーとフィールド用小型マイクプリアン プの新製品を初展示。他にもフィールドミキサーやモニタースピーカー などを展示した。  またゲストを呼び 「LR16」 を使用したレコーディング& PA セミナー を開催。ライブレコーディ ングミキサーというネーミ ングの「LR16」は、16 マ イク入力を備え PA とマル チレコーディングが同時に 可能な小型のデジタルミキ サーである。

 メディアリンクス

 従来からの同社製品であるマルチ メディア IP 伝送装置「MD8000」 のほかに、本年は小型版 IP ビデオ ルーター「K2」とリアルタイムイ ンジェストサーバーの「マルガリー タ」を参考出品。   「K2」は、2U サイズで HD-SDI ビデオ信号を 300 素材のスイッチ ングが可能。 また、 「マルガリータ」は、MD8000 からの IP パケッ ト化されたビデオ信号をダイレクトにストレージに格納できる。録画 時に MXF ファイルとして収録するため、編集作業をすぐに開始できる。 将来的には、マルガリータで蓄積した映像をそのままストリーミング で再生可能になる。

 タムラ製作所   『新たなステージへ∼次世代のデジタル&ネットワークオーディオ ∼』をコンセプトに、デジタル大型音声調整卓とデジタルワイヤレスマ イクシステムの新製品を中心に地上デジタル放送において高品質な音 声を可能にする商品を紹介。 ■デジタル音声調整卓「NT880」 :タムラの音声調整卓のフラグシップ モデルとして「NT880」 が誕生。 高い 安全性と優れた操作性を実現するた

めに高速多重通信の新ネットワーク システム「TR-NET」を中心としたシ ステムは、 10240 ×10240 のルー ターや最大1024CH 処理のDSP コ アから構成されている。余裕あるシス テム能力により制作現場からの様々 なニーズに応えうる新たなステージの音声システム。 ■ラジオ局向け音声調整卓の提案:デジタル音声調整卓AMQ1100 な らびにデジタルポータブルミキサーAMX-12D をテーブルに埋め込み、 自由なレイアウトのラジオ局向け音声調整卓としての提案をおこない  TV、プロモーションビデオ撮影会社から ます。ラジオ放送には欠かせないカフ制御・ フェーダースタート・ テレ 独立した、撮影機材販売会社である同社で フォンハイブリッドON/OFF 等が容易に実現出来るGPIO を標準装備 は、国内製造のオリジナルのジブクレーン、 し、 直感的に分かり易い操作面により専任オペレーターを必要としない 電動パンチルター、VU メーター、海外輸入 放送環境を容易に実現する。 のカメラトップ HD モニター、カメラスタ ■A 型デジタルワイヤレスマイクロホンシステム:2009 年発売の ビライザー、クイックドリー、カメラリモー B 型に続き、 「A 型デジタルワイヤレスマイクロホンシステム」を開発。 ト、カメラショルダー、マットボックス、フォ 288kHz 占有周波数帯幅の利用と独自のコーデックにより、 圧縮率をわ ローフォーカス、フィルター、デジタル 1 ずか1/4 とし優れた音質を実現、 またハンドヘルド型のマイクユニット 眼用ミキサー等を扱っている。 はダイナミック型またはコンデンサー型に交換可能である。  今展示会推奨の製品は、マーシャルエレク ■その他:アナログポータブルミキサー「AMX-08」 「AMX-012」/B トロニクス社製 5 インチ HDMI カメラトップモニタ 「V-LCD50-HDMI」 型デジタルワイヤレスマイクロホンシステム/デジタルワイヤレスイ で、多機能、小型軽量、AA ニッケル水素充電池 4 本で運用できるモ ンターカム、 アナログワイヤレスインターカム/LED照明を使用した デルである。 可視光通信など

 ジーテック

27

FDI・2011・01


InterBEE2010 REPORT ∼映像制作機器関連∼ 大竹 和夫 

46 回目を迎えた InterBEE2010 が千

マそしてステレオ 3D 関連機器等を扱う

多く見られた。

葉市幕張メッセのホール 4 ∼ 8 を会場と

約 20 社の展示が行われた。また幕張メッ

 ソニーは、参考展示としてショルダー

して 11 月 17 日∼ 19 日まで開催された。

セ国際会議場で開催された第 47 回民放

タ イ プ 2 眼 一 体 型 3D カ ム コ ー ダ が

主催者の社団法人 電子情報産業協会の発

技術報告会では特別企画として「3D を考

IBC2010 に続きモックアップで技術展

表によると出展社数は過去最多となった昨

える」をテーマでパネルディスカッション

示された。この市場は、既に一体型 2 眼

年の 816 社を上回る 824 社となった。

が行なわれた。同じく国際会議場で開催

式 3D カムコーダとしてパナソニックが

 また来場者数は 3 日間の合計でほぼ昨

された InterBEE コンテンツフォーラムで

1/4 インチ 3MOS を 2 式搭載した AG-

年同様の 31,567 名となった。9 月にア

は「映像コンテンツのクロスメディア展開」

3DA1 として先行して発売しているがソ

ムステルダムで開催された IBC2010 と

や「ラウドネス音声基準規格はリモコンボ

ニーとしては、3D コンテンツ制作をもっ

比較してみると出展社数 1,337 社来場者

リュームから開放する切り札になるか」そ

と簡易に安価にという市場要求に答えた製

数はビジター 31,675 人そして出展者参

して 3D 特別セッションでは「3D コンテ

品展開でパナソニックと同じコンセプトで

加が 16,846 人で合計 48,521 人となっ

ンツ‘人間の生体への安全性確保’に向け

の製品企画と思われる。

ている。IBC の展示会は 5 日間開催なの

て」と何れもコンテンツ制作におけるテー

 特筆すべきはレンズの LR 光軸間隔が

で 1 日あたりの入場者数では上回ってい

マとして興味深い内容で行なわれた。

45mm で設計されている点で子供向け

ると言える。これからの放送通信融合時

3D コンテンツ制作にも考慮した設計と

放送関連業界外の参加を広く呼び掛けを行

ステレオ 3D コンテンツ制作機器 のオンパレード

なっても良いと思われる。

 今年も昨年に引き続きステレオ 3D 関連

よ う だ。 撮 像 部 は、3 板 式 1/2 イ ン チ

 展示会場は従来のプロビデオ、プロオー

機器展示が目立ったコンベンションとなっ

CMOS センサが 2 式分並んで配置されて

ディオ、プロライティングに加えて昨年か

た。

いる。記録メディアは S × S を 4 スロッ

ら開設された IPTV・モバイル TV クロス

 3D というキーワードの製品が各ブース

ト搭載し AVCHD 記録になると予想され

メディアゾーンでは IPTV やモバイル TV

に必ずあるのではと錯覚するように各社か

る。NAB2011 での動作モデルの登場が

の他デジタルサイネージ、デジタルシネ

ら様々なステレオ 3D 関連製品の展示が数

待たれる。

代における InterBEE のあり方を考えると

なっている。ボディデザインは XDCAM の PMW シリーズがベースになっている

 テクノロジージョイント社ブースでは ビュープラス社のサイドバイサイド一体 型 Lumiele3D4K を 出 展 し た。LR 光 軸 間隔を 65mm に設定したサイドバイサイ

InterBEE2010 会場ホール 5

28

FDI・2011・01

ソニー:2眼一体型ステレオ3Dカムコーダ   (技術展示)レンズ側面に視差調整ダイ ヤルノブがついている


富士フィルムブース:PLLx3 社 ビームスプリ ッター方式 ステレオ 3DRig

ソニー:NEX-VG10 のプロ用バージョンとなる  NEX HD カムコーダ(技術展示)

ソニー:XDCAM-EX シ リ ー ズ PL マ ウ ン ト PMW-F3

ド構造の一体型ボディで 4K(3840 ×

を出展した。このコンバータでは暖色系は

2160)解像度 890 万画素の CMOS セ

手前、寒色系は奥へとするアルゴリズム

ンサを採用し 12bit60P 非圧縮での収録

を用いている。一方ソニーからは、MPE-

3 板式と単板式カムコーダは共存 時代に入ってきた

が可能となっている。会場では Assimi-

200 マルチイメージプロセッサーの新

 ここ数年来注目されプロビデオやハイア

late 社のカラーグレーディングシステム

機 能 と し て 2D/3D コ ン バ ー タ MPES-

マチュアに新たな撮影手法が定着しつつ有

SCRACH に RAW データを取り込みリア

2D3D1 が発表された。このコンバータで

るのが動画対応デジタル一眼カメラであ

ルタイムに 4K ステレオ 3D の編集をデモ

はフォーカスが有っている被写体が手前で

る。35mm ムービーカメラと同様なレン

が行なわれた。

フォーカスアウトしている部分が奥とする

ズ選択が可能となりプリズム分光による 3

 この他のステレオ 3D 関連機器では各

などアルゴリズムで設計されているらしい

板式カメラでは得ることの困難な浅い被写

社から様々な 3D-RIG の提案が行なわれ

がまだ製品化前で十分にチューニングされ

界深度のボケ味や大口径レンズや大型イ

富士フィルム社ブースでは Pllx3(パラ

ていない印象であった。

メージセンサによるシャープネス等々が評

ラックス)社のビームスプリッタタイプの

 北米で 3D 放送を先行させた ESPN の

価されている。

3D-RIG が出展された。この会社はジョー

3D チャンネルなども苦戦強いられている

  今 回 の InterBEE2010 に お い て も 単

ジ・ルーカス率いる ILM の VFX セクショ

ようだ。日本国内においても既に BS の民

板撮像デバイスを用いたカメラが注目さ

ンから独立したメンバーによって 2009

放でその取組みが始まっているが 3D 関

れ た。 そ の 火 付 け 役 と な っ た カ メ ラ が

年に設立され NAB2010 に於いてパナ

連を商品化しているメーカーなどのスポン

2008 年秋に登場したキヤノンのデジタ

ソニック USA がパートナーシップを組

サードによって良質な無料コンテンツ放送

ル一眼レフ EOS5D Mark Ⅱである。この

み 3CCD 一体型マルチパーパスカメラの

を数多く制作していかないと折角盛り上

カメラから搭載されたライブビュー機能に

AK-HC1500G と組合せた PLLx3 の Rig

がった 3D ブームを一過性のものにしてし

よるフル HD 動画記録の高品位画像に世界

を紹介している。

まう危険性もある。

中の映像制作関係者が驚嘆したのだ。

 3D 関連の周辺機器としては、JVC・日

 ソニーは、 InterBEE2010 においてスー

本ビクターが NAB2010 で発表し既に発

パー 35mm 相当の CMOS イメージセン

売している 2D/3D 変換装置 IF-2D3D1

サを採用した AVCHD 記録の NXCAM シ

ソ ニ ー:XDCAM シ リ ー ズ 3 板 カ ム コ ー ダ MPEG-2 4:2:2 記録 PMW-500

パナソニック:マイクロフォーサーズ AVCHD カ ムコーダ AG-AF105

パナソニック:3 板 CCD AVC-Intra      AJ-HPX3100

29

FDI・2011・01


InterBEE2010 会場ホール 7

朋栄ブース:LTO-5 を採用したアーカ イブレコーダ LTR-100

リーズの第 2 弾となる HD カムコーダを

の組合せに期待したい。ソニーはこの数年

れば連続最長 12 時間記録可能となって

技術展示した。同社の E マウントを採用

間様々モデルのカムコーダの開発が急ピッ

いる。さらにパナソニックは 8 月に北京

した動画対応ミラーレスデジタル 1 眼カ

チで進められて来ている NAB2011 では

で開催された BIRTV2010 でデビューし

メラ NEX-3 及び 5 をビデオカメラのデ

是非 4K カムコーダの発表に期待したい。

た 3 板 式 CCDAVC Intra 記 録 の P2 カ

ザインにしたコンシューマ初のレンズ交換

 一方、3 板式カムコーダでは XDCAM

ムコーダのハイエンドモデルとなる AJ-

式 HD カムコーダとして話題になっている

メモリーカムコーダの PMW-500 を出展

HPX3100G を出展した。側方視界を確

NEX-VG10 のプロ用バージョンの位置づ

した。XDCAM EX シリーズと差別化を

保したボディデザインに一新し本体重量を

けと言える。プロ用ビデオカメラマーケッ

図った PowerHAD FX CCD を使用し S

3.9Kg に抑えている。InterBEE2010 の

トにおける新たなジャンルが広がる予感を

× S メ モ リ ー MPEG-2HD422MXF 記

スイート展示ではオプションのエンコーダ

感じさせるカムコーダの出現である。

録を採用している。XDCAM のスタンダー

とワイヤレス USB 型トランスミッターモ

 さらに XDCAM の新ラインアップとし

ドモデルになると思われる。

ジュールによって高画質プロキシ映像を i

て PL マウントレンズに対応したスーパー

 パナソニックは、ミラーレス一眼デジタ

Phone や i Pad へのワイヤレス転送のデ

35mm 相当(対角 27.1mm)の CMOS

ルカメラ LUMIX G シリーズで採用したマ

モが行なわれた。

を搭載した PMW-F3 シリーズを出展し

イクロフォーサーズのコンセプトを生かし

た。単焦点レンズ(35/50/85mm)を

た世界初となるマイクロフォーサーズ規格

ファイルベースワークフローが加速

3 本セットにしたモデル(¥2,100,000)

業務用 HD カムコーダ AG-AF105 をパナ

 年々広がりを見せてくるファイルベース

とレンズ無しモデル(¥1,450,000)が

ソニックブースのメインプロダクツとして

によるワークフローであるが今回の Inter-

用意されている。戦略的な価格帯でカメ

出展した。

BEE2010 においても VTR からファイ

ラとしての基本性能も 2000lux/F11,S/

 AG-AF105 は、4/3(フォーサーズ)

ルへのコンバートについて様々な提案が行

N63dB の高感度・高 S/N を実現している。

CMOS イメージセンサを採用しレンズマ

なわれた。およそ 20 年前 1 インチ VTR

記録メディアは XDCAM-EX シリーズと

ウントをオリンパスが提唱したマイクロ

から D-2 や D-3VTR へのアナログコンポ

同様の S × S を採用コーデックも同様の

フォーサーズを採用しコンパクトな光学

ジットからデジタルコンポジット信号への

MPEG-2LongGOP となっている。映画

系を実現し変換マウントを用いる事によ

ベースバンドでのコピーを行なってきたが

制作における使用を考慮して RGB 収録や

り 35mm フィルムカメラ用レンズ、プラ

今回のアーカイブ作業はベースバンドから

S-Log 出力を HDCAM-SR に収録するハ

イムレンズ、フォーサーズレンズ等交換

ファイルへの変換となっている。このよう

イエンドワークフローに対応するオプショ

レンズの選択で被写界深度の浅い撮影を可

に映像や音声をファイル化することにより

ンも用意される。NAB2011 で発表され

能にしている。従来のバリカムでのプログ

IT をベースとしたシンプルなシステムの

るであろうHDCAM-SRのネイティブコー

レッシブ記録に対応し新 VFR(Variable

構築が可能となって来ている。このような

デックの MPEG-4 SStP そしてファイル

Frame Rate)をサポートして 1080 の

背景下 D-2 や D-3VTR のメンテナンス終

ラッパーに MXF と業界スタンダード仕様

フルスペック HD をサポートしている。

了時期が 4 ∼ 5 年先に迫っている関係か

で SR メモリパックに 220Mbps 相当で

AVCHD の PH モ ー ド( 平 均 21Mbps)

らまずはアーカイブスのファイル化を進め

記録する SR Lite ポータブルレコーダと

で 64GB の SDXC カードを 2 枚使用す

る動きが急務となっている。

30

FDI・2011・01


池上通信機:i STEP ファイルベースワークフロ ーの提案

アストロデザイン:4K CMOS カメラ

 ここ数年来ファイルベース化への製品開

く影響するカートリッジサイズは D2VTR

デルが RAID6 による冗長化で無停止交換

発にいち早く取組んで来た朋栄は今年の

の M カセットの 1/6 の体積となっている。

に対応している。さらに NEC は NEC 北

日立国際電気:スーパーハイビジョンフルスペ ックカメラ

NAB2010 で発表した 1.5TB の LTO-5

現存するアーカイブメディアとしては最良

米研究所で開発した次世代グリッド・スト

(LinearTape-Open) を 採 用 し た LTR-

と言える。数年後には容量 3.2TB 転送レー

レージ技術と従来の高信頼性ストレージ

100HS ビ デ オ ア ー カ イ ブ レ コ ー ダ と

ト 270MB/S の LTO6 が出るロードマッ

技術を融合させた「HYDRAstor」を用い

IBM 製 TS3200 ミッドレンジカートシス

プとなっている。

たファイルベースワークフローを出展し

テムと組み合わせた中規模なアーカイブシ

 一方、ユニーク海外製品の輸入を展開し

た。データを保管するストレージ・ノード

ステムの提案を行なった。LTR-100HS

ている ASK では Cache-A 社の LTO̶5

とデータの圧縮、元データを複数に分割す

は、LTO-5 テープドライブを核にベース

ドライブ Pro-Cache5 を出展した。Pro-

る冗長分散配置、通信処理などを行なうア

バンド入力及びファイルによるインジェス

Cashe は HD-SDI などのベースバンド部

クセラレータ・ノードを複数配置してそれ

トをサポートし MPEG-2 エンコーダ・デ

が無くファイル入力に特化している。エ

らをメッシュ状に連結する仕組みとなって

コーダ及び MXF のラッピング、アンラッ

ンコーダを外付けにする事で様々ファイ

いる。この技術を用いることで 1/20 に

ピングとメタデータの作成と編集もサポー

ルフォーマットに対応可能となっている。

圧縮も可能になりテープ並みの価格でディ

トしたオールインワンタイプのアーカイブ

2TB の HDD を内蔵し各種ノンリニア編

スク以上の性能を実現し災害時等における

レコーダと言える。

集機や AFP,SMB,NFS,FTP 等のファイル

迅速な対応など新たなストレージシステム

 従来 LTO メディアはアクセス、アップ

型式に対応し USB 端子が 6 ポートの他

が現実的になって来た。東芝は VIDEOS

デート、ファイル共有等において制約が有

eSAT と EpressCard 端子を装備してい

neo を InterBEE2010 に投入した。ベー

り必ずしも使いやすいメディとは言えな

る。

スバンドワークフローとファイルベース

かったが IBM や HP の新たなファイルシ

 NEC は番組バンク・CM バンク用途向

ワークフローの効率的連携を実現したフ

ステム LTFS の構築により使い勝手が格

けビデオサーバシステム Armadia を出

ラッシュメモリサーバで MXF に対応して

段に向上し LTO を一般のメディアと同等

展した。FTP により転送されるファイル

いる。東芝研究所で開発された超高速低消

に扱えるようになって来た点が放送用途と

フォーマットは業界標準となる MXF をサ

費電力を実現した TCP/IP 通信ハードウェ

してのアーカイブメディアとしても認めら

ポート 600Mbps 以上のファイル転送が

アエンジン NPEngine の採用で 1 ポート

れている点と言える。LTO は、固定ヘッ

可能となっている。5U のサーバユニット

あたり 700Mbps の高速ファイル転送を

ドでヘッド寿命は 250,000 時間と言わ

と 2U のディスクアレイユニットで FMD

実現している。64G ビットフラッシュメ

れメンテナンスコストが VTR と比べ大幅

(フラッシュメモリドライブ)と HDD を

モリの採用で従来モデル比で約 40%減の

にランニングコストが圧縮出来る。1 カー

選択出来る。サーバ部は 8 ユニットのエ

トリッジあたり容量は BD2 層式で 50GB

ンコーダまたはデコーダが搭載出来 1 ユ

に対して LTO は 1500GB そしてメディ

ニットあたり 8 系統の HD-SDI が扱える。

ファイル検証が重要性を増してきた

アコストとなる GB 単価も 10 円以下と

コ ー デ ッ ク は MPEG-2 の 422P @ HL

 ファイルベースを進めていく上ではファ

XDCAM 用 BD ディスクと比べて 1/16

や AVC-Intra が選択出来る。ストレージ

イル化を如何に効率良く進めて行く事が出

となっている。さらに収納スペースに大き

部 分 は FMD モ デ ル が RAID5、HDD モ

来るかがポイントになってくる。その中で

消費電力を実現している。

31

FDI・2011・01


テクノハウス:米国パッチアンプ社 3G-VDA とパッチ盤 の一体型 PA3200Lite(参考展示)

新輝ブース:ベネテックス社のノンコンプレション アストロデザイン:4K SSD レ コ ー ダ   HR-7512 3G 対応 SSD レコーダ VMR-1500

もアーカイブスの VTR 素材は作業終了後

かエンコーダのセットアップパラメータが

超低遅延コーデック技術を搭載した

全尺目視による視聴確認は現実的ではない

仕様に合致しているのかなどを調べるツー

H.264 エンコーダ VC-7700 とデコーダ

ので VTR 再生時に発生したノイズ等を検

ルとして共信コミュニケーションのブース

VD-7700 を発表した。1U ハーフラック

知しエラーログとして表示出来るノン・リ

では、ITAccess 社が扱う Interra 社製の

の筐体で超低遅延モード時 10msec、低

ファレンス型の画質評価装置の存在が重要

Baton を出展した。Baton はファイル検

遅延モード時 60msec と低ビットレート

となってくる。InterBEE2010 で K-Will

証システムとして高い評価を得ているが現

環境においても高品質伝送を可能にしてい

社は素材 VTR 再生時に発生したノイズ等

状は 4 コア∼ 16 コアまでの CPU を用い

る。InterBEE 初登場のカリーナシステム

を検知するノン・リファレンス機能を有す

たワークステーション上での使用が前提と

は NTT アドバンステクノロジ社の H.264

る VP3000H を出展した。また VTR 出

なっているが今後は、データセンタのクラ

エンジン HDVE-100 を採用した高画質エ

力映像・音声とエンコード済ファイルの映

ウドコンピューティング上でのファイル検

ンコーダで HD-SDI 入力や RS − 422 を

像・音声を画素単位で比較検知して画質・

証サービスなどの新たなモデルも考えられ

経由し素材の必要な箇所を取込が可能な機

音質を評価するリファレンス型の 2 つの

る。

能をサポートしている Cambria/ADE と

機能を有している画質評価装置となってい

ファイルベース入力専用の Cambria FTC

る。

エンコーダの進化は止らない

  ニ コ ン シ ス テ ム は ノ ン・ リ フ ァ レ ン

 現在、全国の地上デジタル放送で使用さ

ア開発は北米カペラシステムで今回は共同

ス タ イ プ で VTR 出 力 ノ イ ズ に 特 化 し

れている MPEG-2 エンコーダは、TS の

出展となった。今後ファイルベース全盛の

た VQ-RT101 映 像 ノ イ ズ 検 出 装 置 を

ビットレートが約 17Mbps で水平解像

時代を向かえファイルトランスコーダ分野

IntetrBEE2010 で発表した。複数種類

度が 1440 ピクセルとなっている。NEC

から益々目が離せなくなって来た。

にわたるテープ特有のノイズやブラック・

は現行の地上デジタル放送用エンコーダ

フィールドやブラックフレームの有無そし

VC̶5300 をベースモデルとしたフレー

てタイムコードの不連続検出などをノン・

ム / フィールド構造適応符号化方式を追加

リファレンスで検出する事が出来る。この

することにより水平ピクセル数を HD フル

他に画像評価装置としてオリジナル素材と

スペックである 1920 ピクセルを実現す

エンコード済ファイルを比較評価する方式

るエンコーダ VC-5350 を投入した。動

のフル・リファレンスモデルは数社から出

きの少ない映像では画面の半分のみ奇数

展され K-Will 社の Qumax シリーズ、ア

フィールドを使い残りの半分を偶数フィー

ルビックス社の映像・音声エラー検出装

ルド使いこのフレーム構造を符号化する。

置 VAD-200、NTT エレクトロニクスの

動きの多いシーンでは各フィールド単位で

QE1000、テクトロニクスの PQA600、

符号化を行い絵柄によって最適な符号化

テクノハウスが扱っている VideoClarity

を行い現在のビットレートを変更する事無

社の ClearView などが出展していた。各

く MPEG-2MP @ HL の 1920 ピクセル

仕様に基づいたファイルが作成されている

を実現している。さらに NEC は、H.264

32

FDI・2011・01

の 2 つのモデルで構成される。ソフトウェ

Kazuo Otake

株式会社テレテック

FDI Inter Bee2010 p12-1  

About Full Digtal Inovetion