Issuu on Google+

ドリームゲート特別編集版 e-book

経験がない業界での起業は どうすればいい? EC サイトでは、 一番効果的な集客方策って何?

創業助成金及び融資 について教えて!

起業・経営 よくある質問集 contents

Frequently Asked Questions

●経験がない業界での起業をしたいが、どうしたら良い? ●主婦の副業として資格業を生かした仕事をしたい ●仕事を続けながら会社設立し、長期休暇で開店準備したい ●起業するに当たり自己資金なしで資金調達出来る方法 ●FPで独立したい。何から始めたら良い? ●起業するにあたり会社との間で退職後1年間の競業禁止誓約書 ●創業助成金及び融資についてご質問です

●会社設立における資本金、株主の考え方 ●ECサイトでは、何が一番効果的な集客方策? ●受給資格者創業支援助成金について ●役員借入または役員報酬のカット ●青色申告決算書からキャッシュフロー計算書をつくりたい ●法人を設立し1年。雇用時に利用できる助成金を教えて


起業・経営よく 目次 経験がない業界での起業をしたいが、 どうしたら良い?

【P3】

主婦の副業として資格業を生かした 仕事をしたい

【P4】

仕事を続けながら会社設立し、 長期休暇で開店準備したい

【P5】

起業するに当たり自己資金なしで 資金調達出来る方法

【P6】

FPで独立したい。何から始めたら良い?

【P7】

起業するにあたり会社との間で 退職後1年間の競業禁止誓約書

【P8】

創業助成金及び融資についてご質問です

【P9】

1


くある質問集

起業前の方向け 起業後の方向け

会社設立における資本金、 株主の考え方

【P9】

ECサイトでは、 何が一番効果的な集客方策?

【P4】

受給資格者創業支援 助成金について

【P5】

役員借入または役員報酬のカット

【P6】

青色申告決算書から キャッシュフロー計算書をつくりたい

【P7】

法人を設立し1年。 雇用時に利用できる助成金を教えて

【P7】

2


内容としては、インターネット等により 自分の住んでる地元の特産品・観光地・温泉・祭り等の 情報を発信していきたいと考えております。 私は、自分の地元に対し、誇りを持っています。 素晴らしい観光資源や祭りがあり、地元の宝を全国の方に少しでも知っていただき、 観光に来ていただき、「観光に行って良かった、また行きたい」と思っていただきたい。 そういったきっかけ作りになる仕事をしたいと思っています。 このまま、地元が廃れていく姿を見たくないですし、もっと活性化してほしい! そのために、自分の力を少しでも地元の為に役立てることができればと思っています。 しかし、今まで自分が踏み込んだことのない世界のため、実際どのように行動するべきなのか、 何をしなければならないのか、本当に自分の考え・思いを事業化してもいいのか等、 正直考えがまとまっていないのが実情です。 少しでも、参考になるご意見・アドバイスをいただければと思いご相談させていただきました。 何卒、よろしくお願いいたします。 杉山です 情報発信サイトでの企業の広告収入を得るというモデルをお考えですか? 私は広告ビジネスもやっているのでお答えさせて頂きます 企業側が広告媒体を選ぶ理由は 「その媒体でそれだけの効果が見込めるのか」という事です。 あなたの考えるサイトが反応を取れるサイトにならなければ企業がお金を払って掲載してはくれません。 リアルなビジネスモデルよりも、その前の段階の話をします 地域を活性化することであなたのビジネスを成り立たせるのが目的ですか? それとも純粋に地域に貢献するのが目的ですか? それによって大きく変わってくるでしょう。 純粋に地域貢献であれば地元のJCなどの若い人たちがいるかと思います。 若い人たちと知恵を出し合いながらそれなりの活動をしていくのは可能だと思います。 B1グランプリで有名な富士宮やきそばも元はJCの方が立ち上げた企画です

あなたの地元を愛する気持ちが伝わってきます。どちらかの観光地のようですね。 私は伊豆に住んでおりましてあなたの言う事がよくわかります。私の街も同じです。 あなたのように、「何とかしなくては!」と立ち上がる人はたくさんいます。 ※私も行政機関と絡んでいますのでよくわかります。

あなたの街も元気がないのが伝わってきます。伊豆も同じです。 しかし、志のある方達が様々な活動をしているにも関わらず一向に活性化してこない理由って何だと思いますか? その理由に気がつかない限り残念ながら活性化はしません。これは日本全国同じです。 それが何なのか、少し考えてみてください。 今は公的機関に私の意見が通るようになってきたので今現在私も地域改革に取り組んでいる最中です 最後にもう一度。 あなたの考える形をビジネスとして地域に貢献し表現したいのか、 地域を愛する純粋な志なのかこれをハッキリさせる事を勧めます。 ですが、どんな形であれあなたが地域の為に立ち上がってください。

■ 回答者 杉山

洋介

専門分野 事業計画/集客支援/商品開発/人気業種/ ド素人がスイーツブランドを立ち上げ僅か一年で全国区に育てた男が語る「最強 単純 成功法則」とは。 様々な事業を自らが手掛け、今この不況を打開し、結果を出し続けるリアル実業家でもあるからこそ吐ける信憑性のある言葉。 仕掛けの職人があなたを成功に導く。

3

経験がない業界での起業

私は現在、情報通信系の事業を立ち上げたいと考えております。

考えがまとまらずに困ってます

初めて相談させていただきます。現在 32 歳で無職です。


主婦の副業として

資格業を生かした仕事をしたい

初めて質問します。 市川に住む主婦なのですが、資格業で独立できないかと考えています。 夫は自営で建築関係の仕事 ( 零細企業 ) をしているのですが、 このご時世で先行きも明るくなく、私も稼ぎに出たいと考えています。 結婚前は経理部門に居て簿記一級までは取ったのですが、 それを生かして税理士資格に挑戦しようと考えています。

今も繁忙期だけは以前の職場に出て決算処理などをバイトとして手伝っていたり夫の会社の経理を見てはいるのですが それだけだと大した収入にならないので、 (夫の会社からも少ないですが給与は貰ってます) 自分で独立して仕事が出来ないかと考えています。 ただ、最近は税理士でも稼ぐのは大変と聞きますし、あまり現実味のない計画でしょうか? 起業という大それた事ではないのですが、周りにこんな相談を出来る相手もいないので、 こちらで質問させて頂きました。

はじめまして、藤原です。 アドバイスになるかわかりませんが、私としては将来的な生活の安定のために 今できることから始めるという観点であれば、資格を取られるのは大賛成です。 資格を取得されなくても、現に会社のお役に立てているのですから、 他の企業でも必要とされるのではないでしょうか? それであれば、勉強をしつつ インターネットなどで「SOHO 会計」などで検索すれば SOHO での仕事サイトがあると思いますので、 そちらを取り組んでみてはいかがでしょうか? あくまで一つの例です。 あとは、資格取得後に繋がるように、ネット上で自分ができることを紹介し、 ホームページから直接仕事をもらう方法も一つ。これは、ホームページの作り方がポイントです。 以前、知人に同じような相談をされ、ホームページを作ってあげて 全国の会計で困っている企業や個人から仕事を頂いたことがあります。 結局、知人は会計代行の会社立ち上げました。 素人さんは、会計自体まったくの無知ですから、日々の会計処理だけでも喜ばれますよ。 どの項目に何が入るかなんてわからない人多いですから…。 自分ができることをレポートとして無料配布するのも一つの方法です。 興味がある人は、メールなどで連絡きますので。 少しでも参考になりましたら幸いです。

■ 回答者 藤原 高 専門分野 成長戦略・経営革新/会社設立・許認可/事業計画/資金調達/人気業種/IT・インターネット/ 起業することは決して簡単ではありません。しかし、その不安や悩みを少しでも軽減して起業を実現できるよう私の知識や 経験を活用してください。パートナーとして一緒に成長していきましょう。

4


連休や長期休暇などを利用してコツコツと時間をかけ お店を出す準備などをするというやり方は 問題ないでしょうか? 別の見方で説明しますと、会社設立はしたものの、 事業計画がうまくいかず、止むを得ず中断した場合、 何か大きなリスクを負うことがあるのでしょうか? (会社は作ったものの、商売はできていない) 後ろ向きな質問になってしまい申し訳ありません ...

はじめまして、スペース・ソルバの福田と申します。 実務的に休眠手続きをしたことがあり、 そのときに税理士とやり取りした経験をもとに回答いたします。 会社を設立したものの事業計画がうまくいかず、止むを得ず中断する場合、 解散・清算や休眠として手続きすることになるかと思います。 ただ、今後も連休や長期休暇などを利用してコツコツと時間をかけ お店を出す準備などをするということであれば、休眠の手続きをされた方が、 余計な税金を支払わなくて済むことができます(均等割を免除)ので、望ましいかと思います。 休眠の手続きは解散・清算と異なり、 税務署や所管の地方自治体に休眠の届出を提出するだけで非常に簡易なものになります。 (なお、地方自治体によっては均等割の処理について差異がございますので、確認は必要になります。 ) 仮に休眠することで考えられるリスク(懸念事項も含みます)という点では、 ①休眠手続きによって許認可の取り扱いに影響が出る可能性があります。   (影響が出るか否か不明なため、別途、調査が必要です。 ) ②休眠は登記上会社として存在した状態ですので、  税金は免除されても登記が免除されるわけではないため、適切な登記手続きをしませんと、  登記懈怠による過料に処せられる可能性があります。 ③休眠後に営業の見込みが出て、営業再開になったときに、  取引先に社歴等について余計な詮索をされる可能性   (取引してくれない等)が考えられます。 リスク(懸念事項も含みます)につきましては、もっとあるかもしれませんので、 顧問の税理士や税務署や所管の地方自治体等に一度お問い合わせてみてはいかがでしょうか? ご参考になりましたら幸いです。

■ 回答者 福田

宗就

専門分野 事業計画/資金調達/成長戦略・経営革新/営業支援・販路拡大/人事労務/      IT・インターネット/海外ビジネス/ ITベンチャー会社の社長参謀(CFO)として長年に渡って培ってきた経営ノウハウや実務経験を活かし、 経営サポートという大きな使命に全力を注ぎ、社会貢献したいと考えDGのアドバイザーに登録。 他のアドバイザーとの強みは、経営者あるいは実務家としての視点を兼ね備えているコンサルタントである点。 幅広い業務経験で獲得した実践的なサポートと問題点・経営課題の抽出と改善・解決のご提案をいたします。

5

仕事を続けながら会社設立 し、

現在の仕事を続けながら、会社設立だけして、

長期休暇で開店準備したい

お世話になります。後藤と申します。


起業するに当たり

自己資金なしで 資金調達出来る方法

昨年の年末迄は前職にて倒産寸前の派遣会社におきまして、 新規事業の運営管理をしておりましたが、 ワンマン社長の事業自体が肌に合わずに 収益は出ている事業を会社再生に到達した時点で急遽、 新規事業の中止と同時に社員全員解雇となり就職活動を約10カ月程致しましたが、 49歳という年齢的な事と事業の運営管理までしている経緯の方は雇えないと 今月まで同じ様な面接等の繰り返しにて再就職も難しく そろそろ貯蓄も底をついてきている時に前職のクライアントより 新規事業の勧めもありこのまま就職活動を継続しても 自己破産⇒生活保護という選択になりかねない状態で 人生最後の社会復帰をしたいと資金調達の為の自分で考えられる事を試みましたが 中々うまく行かず日時のみ経過して後1ケ月ほどで貯蓄も底が付く時期となり 就職も全く出来ずに途方にくれています。 性格は自分で企画して新しい事業提案をして立ち上げて参りましたが、 あくまでも勤務している会社が資金等を出して運営管理の経験は3年ほどございます。 この経験を生かして事業をする事は可能ですが 自己資金が無くどうする事も出来ないのが現状です。 この様な状態で起業する方法がございましたらアドバイスを頂ければと思い今回メールを致しました。 今回の事業内容は防災関係(地震の緊急速報をアナウンス致します通信器具の販売)の 商材販売で気象庁とタイアップしている商材ですので、 学校を初めに公共施設等・法人・医療関係等がメインとなり 個人の販売が出来ないので起業を条件に稼働できる業務となります。

はじめまして、スペース・ソルバの福田と申します。 他のアドバイザーからも回答がありましたように、 自己資金のない場合で資金調達する場合には、外部機関である銀行、ベンチャーキャピタルは、 事業内容に新規性・成長性・将来性等があり計画通りに実行され、 事業が拡大する可能性が高くないと非常に難しいのが現状です。 それであれば、貴方の身の回りの方で、融資、出資で 応援してくれる方を探してみてはいかがでしょうか? 例えば、貴方がこれまで新しい事業で関わった方々、クライントなどです。 その方々は貴方の働きぶり、力量、能力、経験、人間性等はご理解されているかと思いますので、 人生最後の社会復帰をかけて貴方の事業に対する想いと情熱をぶつけてみてはいかがでしょうか?

また、通信器具のメーカーからの融資、出資も可能性としてはゼロではありません。 諦めずに一度ご検討してみられることをお勧めします。 (既に貴方が資金調達の為に考えられる全ての試みに含まれていましたら申し訳ございません。 ) ご参考になりましたら幸いです。 宜しくお願いいたします。

■ 回答者 福田

宗就

専門分野 事業計画/資金調達/成長戦略・経営革新/営業支援・販路拡大/人事労務/      IT・インターネット/海外ビジネス/ ITベンチャー会社の社長参謀(CFO)として長年に渡って培ってきた経営ノウハウや実務経験を活かし、 経営サポートという大きな使命に全力を注ぎ、社会貢献したいと考えDGのアドバイザーに登録。 他のアドバイザーとの強みは、経営者あるいは実務家としての視点を兼ね備えているコンサルタントである点。 幅広い業務経験で獲得した実践的なサポートと問題点・経営課題の抽出と改善・解決のご提案をいたします。

6


準備として、独自のドメインを取得し、メールアドレスを作りたいと思います。 できるだけ、費用は掛けたくないのですが、 将来的にはホームページで顧客の問合せ等、 いろいろなサービスも提供したいので、 きちんとしたアフターフォローができるサーバーを利用したいと思います。 基本的には、全くインターネットの知識もないのですが、 何から始めたら良いのでしょうか。 ホームページは、シンプルな構造で、 自分でメンテナンスができるものにしたいと思います。 環境は、MAC です。

アドバイザーの株式会社 glow の植木です。 (現在、事業化支援DGファクトリーチームオーナーをしております以下詳細) http://www.dreamgate.gr.jp/dgfactory/detail03.php FPなどの個人事業において、 営業PRの顔となるWebサイトは営業、マーケティング上非常に重要です。 特に、労働生産性が高まり、収益性向上に大きな武器になります。

FPで独立したい。

将来は、ホームページも作りたいのですが、

インターネットの知識が無いが 何から始めたら良い?

来年、FP で独立することを考えています。

コストを安くするのは難しくありません。 むしろ、ご自身の代わりに、Webサイトに、どんな業務を効率よく実施させるか? お客様に差別化された良いサービスを提供するべきか? を考えたほうがいいです。 なぜならば、FP一人がこなせる顧客様の数は限界があるので、 ITとネットの活用で効率を向上させることは成功要因にもなります。 低価格での制作はご相談に乗れますので気軽どうぞ。 頑張ってください!

■ 回答者 植木

専門分野 IT・インターネット/成長戦略・経営革新/資金調達/集客支援/市場分析・調査/      人事労務/人気業種/ 保有資格 MBA / 日本は世界で一番起業しにくい社会です。その日本から起業を成功させるには、 『起業後』の経営能力にあります。具体的には、 起業後、社会システムや経済システムの起業活動の障害や常に想定外に、変化する経済環境、経営環境を柔軟に乗り越え、 競争環境に勝つ、戦略実行力のある起業に特化した経営陣やパートーナーの確保とオリジナルブランドによる高い収益事業 モデルの創造構築が成功の最低必要条件です。実績豊富なハンズオン支援と人脈によるアライアンスで成功へ導きます。

7


起業するにあたり会社との間で

退職後1年間の競業禁止誓約書

起業するにあたり、 現在在籍している会社との間で 退職後1年間の競業禁止という誓約書を取り交わしております。 (就業規則にも競業禁止の記載あり) この場合、やはり現在お付き合いしているお客様へは 起業後1年間は営業してはいけないのでしょうか?

競業禁止の意味合いなのですが、 同じ業種で起業してはいけないという意味合いであれば、 そもそも独立後1年は違う業種を営む必要がありましょう。 この場合は、現顧客への営業可否を検討する以前の問題になります。 同じ業種での起業は可能だが、現顧客への営業は行ってはいけないという誓約書ならば、 内容通り、現顧客への営業はダメです。 現在の顧客との関係が出来たのは、あなたの頑張りもありますが、 現在の勤務先から給料を貰い活動した結果であり、 現在の勤務先の看板があったからこそです。 ただ、誓約書にどう書かれているのかによりますが、 現勤務先が取り扱っていない商品やサービスについては 営業を行うのは大丈夫である可能性があります。 また、誓約書上、独立して1年経過後には 現在のお客様に営業をかけてもいいとのことですが、 実際問題、本当に営業をかけて顧客を奪ってしまい、 現在の勤務先との関係が悪化し、以後のビジネスの障害となる可能性もあります。 現在の勤務先のスタンスがどうなのか、 よく確認する必要がありましょう。 実際にビジネスを行っていると、 過去の勤務先との関係があって助けられたとか、 思わぬ所で一緒に仕事をすることになったとか、そういうことはよくある話です。 独立にあたっては、円満退社とともに、 長い目で見たビジネスを行っていくように努めましょう。

■ 回答者 安部

一光

専門分野 資金調達/成長戦略・経営革新/事業計画/研修・コーチング/ IT・インターネット/      会社設立・許認可/ 保有資格 中小企業診断士 起業・経営だけでなく、IT にも強く、経営者をあらゆる面から支援します。 他士業や各企業、官庁勤務の人達が集まる異業種交流の場を主宰しており、人的ネットワークを活用したサポートも大きな 強みです。社長は孤独ですが、独りで悩む必要は全くありません。 エネルギッシュな若手の中小企業診断士としてフットワークの軽さで柔軟な対応を行ないます !

8


当年の東日本大震災後、10 年間勤務しておりました事業所(サービス業)が 売上低迷により閉鎖を余儀なくされ、この度会社都合による退職となりました。 そしてこれを機に、以前より計画しておりました宅配飲食業を創業いたしたく存じます。 ご質問なのですが、自己資金が 300 万円しか無くコンサルタントに支払う費用や 物件取得費、改装及び販促・運転資金などの仕入れ・経費等を考えますと 非常に厳しいと考えます。 又、自己資金全てを使って創業する事は、現実的では無いと判断しております。 その為、創業助成金や融資を利用し開業、自己資金は予備費として考え 何らかの突発的な資金が必要な時にのみ使用するお金として残したく思います。 この様な考え方で創業そして助成金や融資は可能でしょうか? 尚、前職は飲食部門を含めた統括責任者です。 又、前職の繋がりから調理師2名(45 歳、49 歳)及びアルバイト5名を雇用致したく存じます。 実現に向け、より良いアドバイスの程、どうぞ宜しくお願い申し上げます。 【備考】現在検討している事項     物件:家賃8万円 和食居抜き店舗(造作譲渡無し)取得総額 50 万円     店舗内外改装費・厨房備品及び宅配バイクその他約 350 万円     販促費用 約 150 万円     コンサルタント料金及び各種事務手数料※現在未定 

はじめまして、スペース・ソルバの福田と申します。 早速ですが、創業助成金及び融資についてのご相談の回答をします。 まず、助成金についてですが、助成金が得られる社内体制の整備(就業規則の作成、労務管理体制の整備、保険料の納付等) がされていることを前提にしますと、現在利用できそうな助成金として従業員の雇用関係での助成金で3年以内既卒者 トライアル雇用助成金、試行雇用奨励金、被災者雇用開発助成金等(多いので割愛しますが、ハローワーク等に行かれ ますと相談窓口があり、色々な情報を提供してくれます。 )があります。 また、今回創業ですので「受給資格者創業支援助成金」や貴方の場合、飲食関係する設備の購入金額がある程度達する ようですので、「中小企業基盤人材確保助成金」の受給の可能性があります。 「中小企業基盤人材確保助成金」は、中小企業が都道府県知事の認定を受けた改善計画に従い、人材需要が見込まれる成 長分野等において新分野進出等を行い、新たに経営基盤の強化に資する労働者(これを「基盤人材」といいます)を雇 入れた事業主に対して、雇入れた基盤人材の人数に応じて一定額(基盤人材1人あたり 140 万円)を支給するものです。 最大5名まで受給できるのが特徴です。 なお、この助成金は創業から6ヶ月以内に改善計画を提出しないと受給されない点と貴方が起業予定の宅配飲食業が助 成対象となる成長分野(http://www.stat.go.jp/index/seido/sangyo/3.htm )である点等留意するポイントがあります。 助成金は確かに返済不要であるためメリットはあるのですが、入金までには数か月先(半年以上先のものが多い)まで かかるため、資金面で不安ということであれば下記の融資、リースの活用や資金繰りを意識して手続きをされた方が望 ましいと思います。 次に、融資についてですが、 創業融資については、他のアドバイザーから既に回答がありますように、 ①制度融資と②日本政策金融公庫の2種類があ り、こちらを創業時に申請する方が多いです。昨今の景況感から、満額融資は厳しいと思われますので、両方申請され ることをお勧めします。 貴方の場合、自己資金 300 万円とそれなりの業界経験等もありますので、可能性は十分にあると思います。 それから、創業助成金及び融資以外に設備資金のリースという方法もあります。 リースは当面の資金流出を抑えることができますし、また場合によっては節税効果も期待できます。 また、最近では中小企業に対しても積極的なリース会社もありますので、検討されてみてはいかがでしょうか? その為、創業助成金や融資を利用し開業、自己資金は予備費として考え何らかの突発的な資金が必要な時にのみ使用す るお金として残したく思います。 最後に、上記のお考えはご自身の頭に閉まって、融資の面談に望まれた方が良いと思います。 設立、許認可、資金調達、雇用等でこれから多忙になるかと思いますが、頑張って下さい。 既に起業に向けてコンサルタントとご契約されているようですが、 セカンドオピニオンとしていつでもお気軽にご相談下さい。 ご参考になりましたら幸いです。宜しくお願いいたします。

■ 回答者 福田

宗就

専門分野 事業計画/資金調達/成長戦略・経営革新/営業支援・販路拡大/人事労務/      IT・インターネット/海外ビジネス/ ITベンチャー会社の社長参謀(CFO)として長年に渡って培ってきた経営ノウハウや実務経験を活かし、 経営サポートという大きな使命に全力を注ぎ、社会貢献したいと考えDGのアドバイザーに登録。 他のアドバイザーとの強みは、経営者あるいは実務家としての視点を兼ね備えているコンサルタントである点。 幅広い業務経験で獲得した実践的なサポートと問題点・経営課題の抽出と改善・解決のご提案をいたします。

9

創 業 助 成 金 及 び


別途食品製造販売の会社を作る話を進めています。 質問ですが 経営の独自性を考えた場合、株主は新会社の経営を担う 主力メンバーのみに留めておいた方が宜しいでしょうか? 他、どれぐらいの比率であれば、他の株主になって頂いても 支障はないなどアドバイス頂ければ幸いです。 (補足) 運転資金と当初の製造は外注で行う為 設立時の資本金は 300 万∼ 500 万程度で考えています。 卸売会社さんとは業務の提携を深い関係で行っていきます。 別途新しい会社を作る要因は、 卸売会社さんの当初の出資者(現卸売会社役員)が色々と口を出す為 独自性を保った会社経営と、私自身がビジネス支援の仕事から 実業へ乗り出したい想いとが一致した為です。

はじめまして、スペース・ソルバの福田です。 貴方が別途新しい会社を立ち上げる理由から考えますと、 経営の独自性を維持するために、 株主は新会社の経営を担う主力メンバーのみに留めておいた方が望ましいかもしれません。 しかし、他の株主の方が「安定株主」としての位置付けであったり、 その株主が存在することで、外部等(金融機関、取引先等)からの 信頼性や評価等が得られるケースもございますので、 一概に他の株主は除外する考えは適切ではないかと思われます。 一般的な経営支配権における判断基準としては、以下のようなものがございますので、 こちらをもとに判断されてはいかがでしょうか? (資本政策というキーワードで検索して頂くとこれらの情報が表示されるはずです。 ) ①1/3 超 株主総会での特別決議を否決可能(いわゆる「拒否権」の発動) ②1/2 超 株主総会で普通決議を行うことができる  (取締役の選任・解任、監査役の選任、計算書類の承認等) ③2/3 超 株主総会で特別決議を行うことができる  (監査役の解任、定款変更、資本の減少、重要な事業譲渡、減資、合併、   株式交換、株式移転、会社分割、会社解散、有利発行による第三者割当増資など) ご参考になれば幸いです。何卒宜しくお願い致します。

■ 回答者 福田

宗就

専門分野 事業計画/資金調達/成長戦略・経営革新/営業支援・販路拡大/人事労務/      IT・インターネット/海外ビジネス/ ITベンチャー会社の社長参謀(CFO)として長年に渡って培ってきた経営ノウハウや実務経験を活かし、 経営サポートという大きな使命に全力を注ぎ、社会貢献したいと考えDGのアドバイザーに登録。 他のアドバイ���ーとの強みは、経営者あるいは実務家としての視点を兼ね備えているコンサルタントである点。 幅広い業務経験で獲得した実践的なサポートと問題点・経営課題の抽出と改善・解決のご提案をいたします。

10

会社設立における

取引先のブランド野菜の卸売会社さんと、

資本金、 株主の考え方

現在、販売支援のコンサルティング業を行っておりますが


とりあえず考えられるワーズ検索で2ページ目までには登場できています。 私自身が、ネット上で出来るだけレアものを探すのが好きで、 広告は極力クリックしていない変わった人間ですので、一般的なことで質問です。 忍耐等必要だと聞きますが、 何が一番効果的な集客に結びつく方策なのか質問です。 ワゴンで直接一般消費者に売る? のか、雑誌に広告なのか? タイアップ記事を書いてもらうのか? メルマガやブログなのか? ネットで購入する人の選択基準は「価格」のようなので、 配送料無料を試そうと思っていますが、 その経理処理はどのようにされているのでしょうか? また、日本政策金融の「女性、若者、55 歳以上」向けの融資に 興味があるのですが、成功率とその詳細についてご存知のことを ご教示いただきたくお願い致します。

初めまして。新井と申します。 SEOなど、頑張られていますね。 数多くいる競合から発見される事が第一歩ですからね。 ご苦労がうかがわれます。

ECサイトでは、

SEO 対策も、adwords や facebook も出来る範囲でやりました。

何が一番効果的な集客に 結びつく方策でしょうか

日本初入荷のベビー子供用品を輸入販売始めました(1ヶ月です) 。

効果的な集客は、扱う子供服のテイストによっても嗜好が変わると思います。 他の方のアドバイスでもあるように、異業種コラボの場合も 「どのような所」と、「どんな風に」コラボするかは、それによって大きくかわるのではないでしょうか。 ストリート系、かわいい系、男の子向け、女の子向け・・・ 広告手法から入るのではなく、「マーケット in の志向」で考える事が、物を売る上では重要になります。 その辺については、一緒に考える事も可能だと思いますので、必要であればお声かけください。 また私の知り合いの社長は Face book マーケティングの仕事をしておりますので こちらも必要であれば、ご紹介できます。 価格訴求も大事ですよね。 ネットはバーチャルなので「サイズが合わない」「色が・・・」などの返品リスクがありますよね。 ですが、消費者視点に立てば、返品 OK(送料も無料)か否かは大きな分かれ目ですよね。 企業にとってもリスクを最小化し消費者にも選ばれる店作りをどのようにするか。 成功するか否かは、その基準を明確にして運営していくことではないでしょうか。 行動心理学的観点から、どのように仕掛けるか。 差別化を図るために、そのような視点を持ってビジネスされる事をお奨めします。 手前味噌ですが、上記観点のアプローチで小売業に対してセミナーなども行っております。 是非、何かあればどうぞ。 政策金融公庫については、専門外なのですいません。 お役に立てません。 ビジネスの成功をお祈りしております。

■ 回答者 新井

克也

専門分野 研修・コーチング/人気業種/事業計画/ 保有資格 FP(ファイナンシャルプランナー) 『会社を大きくしたい』『自分力を活かした起業がしたい』など、起業のカタチもたくさんあります。 あなたはどのような起業がしたいですか?ビジネスアイデアはもちろん、ハッピーな起業のカタチを一緒に考えましょう。 柔らかい相談もOK!心の不安を解消する事が成功の第一歩。仕事が楽しいと人生は「もっと、もっと」楽しい。 そんな起業を一緒に目指しませんか!

11


公共職業安定所へ法人等設立事前届を提出して、 これから事業の準備を始めようと思っています。 その中でホームページを作成しようと考えているのですが、 ドメイン取得費用、ホームページ作成費用は 受給資格者創業支援助成金の対象になるのでしょうか? よろしくお願いいたします。

はじめまして、スペース・ソルバの福田と申します。 ご相談は、受給資格者創業支援助成金についての経費要件についてですね。 受給対象となる経費は以下になります。また、例示列挙されてはいます。 設立・運営経費 職業能力開発経費 雇用管理の改善に要した費用 ただ、今回の費用については列挙されていないため、個別事案になります。 そのため、所在地を管轄するハローワークへ詳細をお問い合わせの上、 申請をされた方が望ましかと思います。 なお、私自身同じようなご相談を受けているため、 ハローワークで確認したところ、業務に必要なものであれば 概ね経費として判断していると回答を頂きました。

受給資格者 創業支援助成金について

お世話になります。

ご参考になりましたら幸いです。 宜しくお願いいたします。

■ 回答者 福田

宗就

専門分野 事業計画/資金調達/成長戦略・経営革新/営業支援・販路拡大/人事労務/      IT・インターネット/海外ビジネス/ ITベンチャー会社の社長参謀(CFO)として長年に渡って培ってきた経営ノウハウや実務経験を活かし、 経営サポートという大きな使命に全力を注ぎ、社会貢献したいと考えDGのアドバイザーに登録。 他のアドバイザーとの強みは、経営者あるいは実務家としての視点を兼ね備えているコンサルタントである点。 幅広い業務経験で獲得した実践的なサポートと問題点・経営課題の抽出と改善・解決のご提案をいたします。

12


役員借入 または 役員報酬のカット

初めまして。 現在、代表1名のみで会社を始めました。 しばらく収入がないため、資金に余裕がありません。 役員報酬を未払いにするか、私個人のお金を会社に入れて、 そこから役員報酬も含めた支払いをすべきか どちらが経理上よいのでしょうか。 よろしくお願い申し上げます。

初めまして、公認会計士の高橋と申します。 よろしくお願い致します。 ご相談の件ですが、役員報酬を未払いにするのと、 同額を役員から借り入れて、その借り入れた資金で役員報酬を支払うのとでは、 どちらも実質的に同じ経理処理です。 勘定科目が「未払金」か「借入金」かの違いしかありません。 ところで、役員報酬をそのまま未払いにしていたとしても、 所得税は発生してしまいます(実際に支払った際に源泉徴収) 。 詳しくは下記もご参照ください。 http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2526.htm 所得税も発生させないようにするためには、 役員報酬をゼロ(又は所得税が発生しない程度までに減額)にすることが必要です。 役員報酬については、「定期同額給与」といいまして、一度決定しますと原則として、 その事業年度の定時株主総会までは変更できませんが、一定の場合には期中における改定も可能です。 ご質問頂いた内容のみでは、確定的なことは申し上げられませんが、 しばらく収入がないということであれば、 「業績悪化改定事由」に該当して、 役員報酬をゼロとすることも可能かもしれません。 また、もし設立後3か月以内であれば、 そのまま、定時株主総会まで役員報酬をゼロのままとすることも可能です。 詳しくは下記もご参照ください。 http://www.nta.go.jp/taxanswer/hojin/5209.htm

以上、ご参考になれば幸いです。 (上記のご回答は平成 23 年 10 月現在の法令に基づいております。 )

■ 回答者 高橋

専門分野 会社設立・許認可/会計・税務/資金調達/事業計画/成長戦略・経営革新/ 保有資格 公認会計士/税理士/中小企業診断士 初めまして、高橋聡と申します。創業から株式公開まで全面的にサポート致します。 会社設立の際は、設立登記・税務署への届出・社会保険新規適用のお手続等が必要です。 その後も記帳業務、給与計算業務、税務申告、社会保険労働保険事務等に対応する必要がございます。 創業当初はこれらの煩わしい事務作業は当事務所にお任せ下さい。経営者の皆様が注力すべきは営業です。 このようなお手続でお悩みの時は、迷わずご相談下さい。

13


うまくいきません。 インターネットで調べながらいろいろやってみたのですが、 どうも帳尻があいません。 個人事業主なので、単純に元入金を資本金にみたてて差引してみたのですが、 事業主勘定のあたりがうまく収まっていないように思います。 計算の仕方、勘定科目の扱い方、参考になるサイト等 教えていただけるとありがたいです。 よろしくおねがいします。

こんにちは。 アドバイザーの石黒と申します。 少しでもお役に立てればと思い、お答えさせていただきます。 「事業主勘定のあたりがうまく収まっていないように思います。 計算の仕方、勘定科目の扱い方、参考になるサイト等 教えていただけるとありがたいです。」 ということですね。 同様の質問が http://p.tl/o3PY にありますので 詳細はそちらを参照いただければと思います。  繰り返しになって恐縮ですが、回答をさせていただきます。 一般的にキャッシュ・フロー計算書を作るには専門的な知識が必要です。 特に個人事業の場合「事業主貸勘定」、 「事業主借勘定」の捉え方によって 処理の方法が変わってきます。 従って貴方の問題を解決するには、直接お近くのアドバイザーに面談の予約され 相談するのが一番早い方法かと思います。 次に「個人事業主の参考になるサイト」の件ですが、 先程の回答に関連し、事業主勘定の捉え方によって処理の方法が 変わってきます。従って一概に参考になるようなサイトも即答できない というのが現状です。

青色申告決算書 から キャッシュフロー計算書 をつくりたい

青色申告決算書からキャッシュフロー計算書をつくりたいのですが、

以上、参考にしていただければ幸いです。

■ 回答者 石

勝也

専門分野 会計・税務/会社設立・許認可/資金調達/成長戦略・経営革新/ 保有資格 税理士/ FP(ファイナンシャルプランナー) / 私は8年近く会計事務所に勤務し、100件以上の個人事業主の開業や会社設立手続きに関与しました。 成功していく人の特徴を申し上げると①独立起業意識を早く持てたかどうか? ②実務的な準備が無駄なくできたか? ③携わる業界特有の性質を知り、利潤を最大化させるビジネスモデルを構築できたか? この3点に尽きます! 以上を中心に、記帳指導はもちろん節税面にかけてサポートいたします。

14


そろそろ従業員を雇用しようと思っています。 雇用に際して若干資金面で不安なこともあり、 助成金などを活用できたらと思っています。 現在利用できる助成金はどういったものがありますでしょうか? また、難しい場合でも社用車の購入なども検討していて 事業ローンなどを組んでなんとか資金調達をしようと思っています。 その場合、どういったところから借り入れができますでしょうか。 何かいいアドバイスなどありましたらお教えください。 宜しくお願い致します。

はじめまして、スペース・ソルバの福田です。 助成金が得られる社内体制の整備 (就業規則の作成、労務管理体制の整備、保険料の納付等)が されていることを前提にすると、現在利用できそうな助成金として 中小企業基盤人材確保助成金、3年以内既卒者トライアル雇用、 試行雇用奨励金、被災者雇用開発助成金等 (多いので割愛しますが、ハローワーク等に行かれますと相談窓口があり、 色々な情報を提供してくれます。)があります。 助成金は確かに返済不要であるため、メリットはあるのですが、 入金までには数か月先(半年以上先のものが多い)までかかるため、 資金面で不安ということであれば融資の方が望ましいかと思います。

昨年法人を設立し、そろそろ1年が経過するということで、1期目の業績は良かったでしょうか? それから次期以降の業績は上向き傾向にありますでしょうか? これらの状況が判断できませんので、何とも回答ができませんですが、業績が良ければ、 制度融資や日本政策金融公庫の融資も検討した方が望ましいと思います。 反対に、1期目の業績が悪い場合、融資審査も厳しくなりますので、 社用車の購入をリースにしてみる方が当面の資金流出を抑えることができますし、 最近では中小企業に対しても積極的なリース会社もございますので、検討されてみてはいかがでしょうか? PS: それから、助成金を獲得するためには、いくつかのポイントがありますので、以下を参考にされて下さい。 ■各種助成金を効率良く受給するために必要不可欠な書式 10 選(書式ナビ掲載) http://www.bizocean.jp/document/navi/accounting/002/007.html ご参考になりましたら幸いです。宜しくお願いいたします。

■ 回答者 福田

宗就

専門分野 事業計画/資金調達/成長戦略・経営革新/営業支援・販路拡大/人事労務/      IT・インターネット/海外ビジネス/ ITベンチャー会社の社長参謀(CFO)として長年に渡って培ってきた経営ノウハウや実務経験を活かし、 経営サポートという大きな使命に全力を注ぎ、社会貢献したいと考えDGのアドバイザーに登録。 他のアドバイザーとの強みは、経営者あるいは実務家としての視点を兼ね備えているコンサルタントである点。 幅広い業務経験で獲得した実践的なサポートと問題点・経営課題の抽出と改善・解決のご提案をいたします。

15

法人を設立し1年。

これまで一人でやってきましたので

雇用時に利用できる 助成金を教えて

昨年法人を設立し、そろそろ1年が経過します。


test