Page 1

2010年11月1日発行(毎月1回・1日発行)1978年4月1日創刊

http://www.meitanhonpo.jp/ http://www.umekenkyuukai.org/

さわやか、イキイキ、あなたの健康誌

No.369 NOVEMBER 2010

11

松本紘斉『梅家族』対談

上野由岐子さん

森村誠一/写俳エッセイ 加藤タキ/学んで老いず

墨絵 松本紘斉

親の子離れと、涙

特集

青木奈緖/うさぎの言の葉

どうなる? 日本の魚食文化

晩秋の香り

紘斉先生の健康教室

糖尿病を防ごう 人間の体は食べ物が形を変えたものです 6月1日は「梅の日・梅肉エキスの日」、6月は「梅仕事の月」です

『梅の日の3つのスローガン』 梅の良さを知ろう!梅の良さを取り入れよう!梅の良さを広めよう!

田中愛子 体にやさしい梅クッキング


C R O S S W O R D

P U Z Z L E

タテのカギ、ヨコのカギをヒントに空欄を埋めてください。 A∼Dの順に文字を並べかえると、 「答え」ができあがります。レッツ・チャレンジ!!

⑦ ⑨

10月号の答え

イ ン ド ン コ ア

①国際都市を英語でいうと ②「迂闊」の読み方は ③煮干しを煮出してつくったうまみの ある汁は ④日本の女優で、主演したテレビドラ マ『ショムニ』は大ヒットしました ⑤南米エクアドルの首都です ⑨神に供えるささげもの。 「生け○○」 ⑪大衆向きの食事が手軽にとれる店 ⑬恥ずかしいと、ここから火が出ます

ヨコのカギ

⑭ ⑯

ス ぺ ク タ ク ル

タテのカギ

「ドクシン」(独身)

ド ラ ク マ シ ン ウ イ バ ネ フ ダ ト ウ キ ン ヨ バ ヤ シ ン サ ン シ タ

①牛などの家畜が感染する伝染病で、 宮崎では多くの牛が犠牲になりました ⑥くじのハズレを別のいい方でいうと ⑦ハンガリー生まれの作曲家でピアニ スト。超絶的技巧から「ピアノの魔術 師」と呼ばれました ⑧豚や鶏などの内臓を煮込んだ料理です ⑩ビールのつまみに出てきます ⑫「他人に疑われやすい行為は避けよ」 という故事成語。 「○○に冠を正さず」 ⑭著名人のサインを書いてもらう紙です ⑮山口県東部は昔、こう呼ばれていました ⑯登山のとき、休憩したり避難したりす る小さな家は

応募方法 41〜 42ページのアンケート用紙かハガキに、クイズの答えと、11月号のご 意見・ご感想・住所・氏名・年齢・電話番号・誕生日をお書きのうえ、下記まで お送りください。正解者の中から抽選で5名の方に、梅家族専用バインダー をお送りいたします。締切は2010年11月10日(当日消印有効) 。当選は 発送をもって代えさせていただきます。 〒566-8566〈住所不要〉 (財)梅研究会クイズ係

40


36 こ た え

●おじいさんのメガネがない ●おじいさんが左手にもっている松 茸がお椀になっている ●女の子が箸で松茸をつかんでいる ●七輪の上の松茸が減っている ●お母さんが左手にもっているくり がいがぐりになっている ●お母さんのスカートの柄が違う ●お父さんが串に刺している芋が2 つになっている

●お父さんの口が開いている ●たき火が小さくなっている ●おばあさんのもっているホウキの 向きが変わっている ●おばあさんの足下に落ち葉がある ●男の子がもっている焼き芋が柿に なっている ●背景の二重の塔のシルエットが三 重の塔になっている

どこに まちがいが 隠れている でしょうか?

B 7 分以内で 13 ヵ所 見つかったら 脳が若い証拠 です!

A 33 Vol.

ゲ ー ム で 鍛 え る ★ 脳 ト レ ー ニ ン グ

AとBの絵を見くらべて、 13ヵ所あるまちがいを 探してください (答えは下段です)


F l o w e r

A r r a n g e m e n t

アレンジメント倶楽部

process

05

ユキヤナギを左側に挿し、流れ を出します。

process

04

バーゼリアは短く切り、うしろ 側にかためて挿します(写真は 後方から) 。

process

07

フランネルフラワーを前方に挿しま す。残りのツルウメモドキで足下を埋 めます。

process

03

バラ(ウイスキー)を中央寄り に、キュリオサより低めに挿し ます。

process

06

沢桔梗を高めに挿し、表情づけをしま す。

準備するもの

29

バラ(キュリオサ)… 5本

バーゼリア…1本

バラ(ウイスキー)…5 本

花器…バスケットにカ ラーネットを敷き、カッ トした給水スポンジを入 れておく。

フランネルフラワー… 沢桔梗…2本 2本 指導

のせ   ひろこ

フラワーコーディネータ ー。大阪府吹田市の花舗 「花の」店主。ブライダル、 パーティーなどのフラワ ーアレンジを演出。「花 教室」主宰。季節の草花 にこだわり、贈る人、贈 られる人、飾られる場の イメージを大切にしたア レンジには定評がある。

与 え て く れ ま す 。

ア レ ン ジ に 豊 か な 表 情 を

ほ ど の 存 在 感 を 示 し て 、

と き に は バ ラ に 負 け な い

ツルウメモドキ…1本

ユキヤナギ(葉)…2 枝

は か な 気 な 小 さ な 花 々 は 、

と こ ろ が 、 清 楚 で 一 見

わ れ る か も し れ ま せ ん 。

わ せ る こ と は 、 意 外 に 思

ン ネ ル フ ラ ワ ー を 組 み 合

の 趣 の あ る 沢 桔 梗 や フ ラ

豪 華 な バ ラ と 、 野 の 花


F

l

o

w

e

r

A

r

r

a

n

g

e

m

e

n

t

アレンジメント倶楽部

し て フ の た 、 ラ び 。 か ン 挿 わ ネ し い ル ま ら フ し し ラ ょ さ ワ う を ー 。 演 を 沢 出 合 桔 し わ 梗 ま せ や

キ の 野 性 味 を 生 か し て 、 の び

華 や か な バ ラ に ツ ル ウ メ モ ド

process 挿 し ま す 。

ら 右 寄 り に 、 高 低 差 を つ け て

バ ラ ( キ ュ リ オ サ ) を 中 央 か

02

process せ て 枝 の 両 端 を 挿 し ま す 。

つ く り 、 バ ス ケ ッ ト を 一 周 さ

に 切 り ま す 。 枝 を 曲 げ て 輪 を

ツ ル ウ メ モ ド キ は 適 当 な 長 さ

01

28


む と 匂 い が 立 つ の か 、 ま だ 枝 に つ い て い る 黄 色 い 葉 か ら

樹 皮 で は な く て 葉 の よ う な の だ が 、 散 り 敷 か れ た 葉 を 踏

と う と う 桂 の 香 り を つ か ま え た 。 だ が 、 匂 い の も と は

ら し 団 子 と も 言 え な く は な い 。

砂 糖 と か 綿 飴 が ち ょ っ と 焦 げ た 匂 い が 漂 っ て い る 。 み た

ぎ て し ま う 。 気 の せ い か な と も 思 っ た 。 け れ ど 確 か に お

園 内 を 散 策 す る 人 は 気 づ く 様 子 も な く 、 そ の ま ま 通 り 過

は … … と あ た り を 見 ま わ す と 、 大 き な 桂 の 木 が あ っ た 。

植 物 園 へ 散 歩 に 出 か け て 、 あ れ ?   も し か し て こ の 匂 い

あ き ら め か け て い た 一 昨 年 の 十 一 月 。 家 の 近 く の 小 石 川

の 香 り で あ る 。

よ う や く 桂 の 香 り に め ぐ り 逢 え た の は 、 も う す っ か り

く も み じ と は ま た 別 の 、 ち ょ っ と 食 欲 を そ そ ら れ る 晩 秋

れ な い 木 に な っ て い っ た 。

古 く は 桂 の 葉 を 集 め て お 香 に も し て い た と い う 。 色 づ

に も 肩 す か し を く ら っ た よ う で 、 桂 は ま す ま す 得 体 の 知

と は 違 う の だ と い う 。 香 り と は 無 縁 の ま ま 、 中 国 の 伝 説

的 と な こ イ ろ メ が ー 中 ジ 国 が の ふ 表 く 記 ら で む は 。 桂 は 木もく 犀せい の こ と で 、 日 本 の 桂

な る 。 桂 は 月 、 そ し て 秋 と 結 び つ い て 、 果 て し な く 幻 想

を 折 る と い え ば 、 科 挙 の 試 験 に 及 第 す る と い う 意 味 に も

伸 び て し ま う 。 月 の 桂 を 読 ん だ 歌 は 日 本 に も あ る し 、 桂

ろ う と す る 男 が い る の だ が 、 木 は 切 っ て も 切 っ て も す ぐ

き ず に 残 念 が る 人 の 声 も 寄 せ ら れ て い た 。

メ ル と 表 現 す る 人 も い れ ば 、 そ れ を 嗅 ご う と し て 達 成 で

と 、 や は り 桂 の 香 り の こ と を 語 っ て い る 人 が い る 。 カ ラ

お や 、 こ の 人 は 気 づ い て な い の だ 。 ち ょ っ ぴ り 優 越 感

せ ん か 。 園 内 に は い ろ ん な 種 類 の 植 物 が あ り ま す か ら ね 」

ん よ 。 近 く に 咲 い て い る 何 か の 花 の 香 り と 間 違 え て い ま

「 さ あ 、 桂 に 匂 い が す る っ て 話 は 聞 い た こ と あ り ま せ

に ひ た り な が ら 帰 宅 し て 、 イ ン タ ー ネ ッ ト で 調 べ て み る

だ そ う だ 。 五 百 丈 と い う 途 方 も な い 大 き さ の そ の 木 を 切

所 に い る 人 に 訊 ね て み た 。

古 い 中 国 の 言 い 伝 え で は 、 桂 は 月 に は え て い る 木 な の

そ の ま ま 秋 は 過 ぎ て 、 幾 度 季 節 が め ぐ っ た だ ろ う 。

ら ふ 木 わ の り 周 と 囲 香 を る 嗅 の ぎ か ま 、 わ 鼻 っ だ て け も が 埒らち た が よ 明 り か で ず 心 、 も 入 と 園 な 口 い の 。 詰 い め く


ら な い と ど う も 自 分 の 鼻 が 悪 い よ う な 、 人 よ り 鈍 感 な よ

な い 。 香 り と い う の は 目 に 見 え な い だ け に 、 そ れ が わ か

は 、 お よ そ 植 物 の 連 想 と は か け 離 れ て い た 。

秋 に み た ら し 団 子 の 匂 い を さ せ る 木 と

と 、 側 に 寄 っ て 匂 い を 嗅 い で み る の だ が 、 何 も 感 じ ら れ

ち ょ っ と お い し そ う な 匂 い で す よ 」

半 信 半 疑 で 秋 の 日 に 通 り が か り の 桂 の 木 を 見 つ け る

み た ら し 団 子 と か 、 い ろ ん な こ と を 言 う 人 が い ま す け ど 、

う 気 は し な い が 、 そ ん な い い 匂 い が し た だ ろ う か 。

「 そ う で す ね ぇ 。 砂 糖 醤 油 を 焦 が し た 匂 い っ て い う か 、

ラ ン の 植 え こ み に も 使 わ れ る 。 さ ほ ど め ず ら し い 木 と い

桂 は ハ ー ト 形 を し た 葉 が 人 気 で 、 オ フ ィ ス ビ ル や レ ス ト

と す こ ろ 、 秋 を 思 わ せ る い い 香 り が す る と い う の で あ る 。

っ た い ど ん な 香 り な の か き ち ん と 確 か め て お き た か っ た 。

を 嗅 い で い た な ん て こ と が な い よ う に 、 い い 匂 い と は い

こ れ は ど う や ら 長 期 戦 が 予 想 さ れ る 。 気 づ か ず に 匂 い

し て く れ る 人 が あ っ た 。 桂 の 木 が 黄 色 く 色 づ い た 葉 を 落

な い 都 合 が あ る ん で し ょ う ね ぇ 」

も う 十 年 近 く 前 、 ち ょ っ と 風 変 わ り な 香 り の 秋 の 話 を

で す け ど 。 運 で す か ね ぇ 。 木 に は き っ と 、 人 に は わ か ら

風 情 を 楽 し む の は 無 理 に な っ た の か も し れ な い 。

程 度 。 都 会 で は 十 月 は も ち ろ ん 、 十 一 月 に な っ て も 秋 の

ど は 紅 茶 く 色 染 く ま カ る サ は カ ず サ の に 満どう 乾 天だ 燥 星ん し も て ぼ 落 ん 葉 や す り る 寝 し ぼ 、 け は 色 っ に と 変 す わ る る ほ

こ こ 数 年 、 う ち の 庭 に は 秋 の 訪 れ が 感 じ ら れ な い 。 楓

の 降 っ た 翌 日 と か 、 せ め て 条 件 が わ か っ て い れ ば い い ん

ゃ な い ん で す よ 。 よ く 晴 れ て 空 気 が 乾 燥 し た 日 と か 、 雨

「 い や あ 、 秋 に な れ ば 四 六 時 中 匂 い が す る っ て わ け じ

く 話 を 聞 く と 、 そ の 人 は 困 っ た よ う に 頭 へ 手 を や っ た 。

う な 気 に さ せ ら れ る 。 教 え て く れ た 人 に も う 一 度 く わ し

晩 秋 の 香 り

う さ ぎ の 言 の 葉

青木奈

(文・写真) 1963年、東京小石川に生まれる。 学習院大学文学部ドイツ文学科卒 業、同大学院修士課程修了。オー ストリア政府奨学金を得てウィー ンに留学。1989年より翻訳、通 訳の仕事をしながらドイツに滞在。 1998年秋、帰国してエッセイ『ハ リネズミの道』 (講談社) でデビュー。 曾祖父・幸田露伴、祖母・幸田文、 母・青木玉と続く幸田家四代の文 筆家として話題に。2001年、小 説『くるみ街道』 (講談社)。現在、 月刊誌『婦人之友』(婦人之友社)に 小説『風はこぶ』を連載中。 イラスト/デザイン・浅田恵

26


紘斉先生の健康教室

◆糖尿病の新・診断基準◆ 今年7月より、日本糖尿病学会によって、 新たな糖尿病の診断基準が施行されまし た。新基準では、空腹時の血糖値が 126mg以上、 も し く は 食後の血糖値が 200mg以上で、なおかつHbA1c値が6.5% 以上の場合に、糖尿病と診断されます。 HbA1cとはブドウ糖とヘモグロビンが結 びついたもので、食事の影響を受けやす い血糖値に対して、HbA1cは過去1〜1.5 ヵ月間の平均血糖値を反映します。

き が 悪 く な っ た り す る Ⅱ 型 糖 尿 病 に

減 っ た り 、 体 の 中 で イ ン ス リ ン の 働

ら イ ン ス リ ン が 分 泌 さ れ な く な る Ⅰ

日 本 人 に Ⅱ 型 糖 尿 病 の 患 者 が 増 え

尿 病 全 体 の 90 % 以 上 を 占 め て い ま す 。

習 慣 病 と い わ れ る Ⅱ 型 糖 尿 病 で 、 糖

す 。 日 本 人 に 多 い の は 、 完 全 な 生 活

糖 尿 病 は 生 活 習 慣 が 原 因 で 発 病 し ま

壊 れ て し ま う 病 気 な の に 対 し 、 Ⅱ 型

N F α ) が 分 泌 さ れ ま す 。 そ の た め 、

ン ス リ ン の 働 き を 悪 く す る 物 質 ( T

積 さ れ ま す が 、 こ の 脂 肪 細 胞 か ら イ

に な り ま す と 、 体 に は 脂 肪 細 胞 が 蓄

や す い こ と も わ か っ て い ま す 。 肥 満

ま だ 爆 あ た い 化 さ す と 発 い た て に ら 。 考 的 だ め い β え に で 、 け に ら 増 糖 日 な 細 、 れ え 尿 本 く 胞 肥 て た 病 人 な が 満 い の が の っ つ の 人 が 糖 尿 病 に な り

-

15

分 か れ ま す 。 Ⅰ 型 糖 尿 病 が す い 臓 の

値 を 正 常 に 保 つ こ と が で き ま す 。

イ ン ス リ ン を つ く る 細 胞 ( β 細 胞 ) が

型 糖 尿 病 と 、 イ ン ス リ ン の 分 泌 量 が

す ば や く ブ ド ウ 糖 を と り 込 み 、 血 糖

糖 尿 病 は 、 あ る 日 突 然 、 す い 臓 か

す い 臓 か ら 分 泌 さ れ た イ ン ス リ ン が

に ブ ド ウ 糖 が 大 量 に 流 れ 出 し て も 、

糖 尿 病 は 生 活 ­習 慣 病

食 生 活 の 急 激 な 変

な り ま し た 。 こ の

ク ・ 高 カ ロ リ ー の 食 事 を と る よ う に

ホ ル モ ン で す 。

い 臓 で 分 泌 さ れ る イ ン ス リ ン と い う

胞 へ と 受 け 渡 し し て く れ る の が 、 す

こ の と き に 、 ブ ド ウ 糖 を 血 液 か ら 細

各 細 胞 へ と と り 込 む 必 要 が あ り ま す 。

ギ ー に は な り ま せ ん 。 血 液 か ら 体 の

わ け で す 。

慢 性 的 な 高 血 糖 状 態 と な っ て し ま う

使 用 の ブ ド ウ 糖 が あ ふ れ て し ま い 、

ち ら か の 理 由 に よ っ て 、 血 液 中 に 未

つ く ら れ て も う ま く 働 か な い か の ど

ン ス リ ン が す い 臓 で つ く ら れ な い か 、

し か し 、 糖 尿 病 の 人 の 場 合 は 、 イ

本 人 は 肉 食 を 中 心 と し た 高 タ ン パ

が 戦 後 に 食 生 活 の 欧 米 化 が 進 み 、 日

合 わ せ て 進 化 し て き ま し た 。 と こ ろ

カ ロ リ ー ・ 低 タ ン パ ク の 穀 物 菜 食 に

く る β 細 胞 は 、 縄 文 時 代 か ら 続 く 低

変 化 で す 。 日 本 人 の イ ン ス リ ン を つ

た い ち ば ん 大 き な 原 因 は 、 食 生 活 の

健 康 な 人 で あ れ ば 、 食 後 に 血 液 中


人 の 割 合 に な り ま す 。 ま た 、 平 成 14

れ は 、 20 歳 以 上 の 日 本 人 の 5 人 に 1

そ の 予 備 軍 」 と 推 定 さ れ ま し た 。 こ

わ せ て 約 2 2 1 0 万 人 が 「 糖 尿 病 か

で き な い 人 」 は 約 1 3 2 0 万 人 、 あ

は 約 890 万 人 、 「 糖 尿 病 の 可 能 性 を 否 定

人 の う ち 、 「 糖 尿 病 が 強 く 疑 わ れ る 人 」

ま す と 、 20 歳 以 上 の 日 本 人 1 億 400 万

19 年 の 「 国 民 健 康 ・ 栄 養 調 査 」 に よ り

ド ウ 糖 は 体 に と っ て も っ と も 大 切 な

で ブ ド ウ 糖 に か え ら れ ま す 。 こ の ブ

糖 質 は 小 腸 で 吸 収 さ れ た あ と 、 肝 臓

養 素 を と り 入 れ て い ま す 。 こ の う ち

タ ミ ン や ミ ネ ラ ル な ど さ ま ざ ま な 栄

質 ・ 脂 質 の 3 大 栄 養 素 を は じ め 、 ビ

は 、 毎 日 の 食 事 か ら 糖 質 ・ タ ン パ ク

慢 性 的 に 続 く 病 気 で す 。 私 た ち 人 間

濃 度 が 高 く な っ て 、 高 血 糖 の 状 態 が

糖 尿 病 と は 、 血 液 中 の ブ ド ウ 糖 の

で は ま だ エ ネ ル

の 中 に あ る だ け

き ま す が 、 血 液

送 り 出 さ れ て い

は 、 ま ず 血 管 に

れ た ブ ド ウ 糖

肝 臓 で つ く ら

け て く れ ま せ ん 。

ギ ー 源 と し て は ブ ド ウ 糖 し か 受 け つ

ー を 消 費 す る に も 関 わ ら ず 、 エ ネ ル

す 。 厚 生 労 働 省 が 発 表 し て い る 平 成

11 月 8 〜 14 日 は 全 国 糖 尿 病 週 間 で

増 え 続 け る 糖 ­尿 病

10 時 間 目

も 増 え た こ と に な り ま す 。

で し た か ら 、 わ ず か 5 年 間 に 590 万 人

病 か そ の 予 備 軍 」 は 約 1 6 2 0 万 人

年 の 「 糖 尿 病 実 態 調 査 」 で は 、 「 糖 尿

場 合 は 、 体 の 中 で い ち ば ん エ ネ ル ギ

す る た め に 使 わ れ ま す 。 と く に 脳 の

筋 肉 を 動 か し た り 、 脳 を 働 か せ た り

エ ネ ル ギ ー 源 で 、 体 温 を 維 持 し た り 、

糖 尿 病 を 防 ご う

紘 斉 先 生 の

健 康 教 室 ­

14


ume11_P02-06_inter_ume 10/10/29 17:12 ページ 3

松本 紘斉 まつもと こうさい……1937年、岡山県生まれ。 (財)梅研究会理事長。栄養学博士。 『梅家族』発行人。 1964年より先代・松本紘斉の志を継ぎ、梅の効用 を啓発・普及するため、講演などで活躍中。梅の効 用について、大学や専門機関に委託して科学的解 明をすすめている。また、1983年から梅のふる むしゃく さと中国の無錫 市・無錫梅園に梅の苗木の寄贈を 続け、寄贈した苗木は391品種に達し、無錫梅園 は中国一品種の多い梅園として親しまれている。 著書は『松本紘斉のよく効く梅百科』 (家の光協会) 『梅の科学 最新版 梅肉エキス 驚異の16大効用』 (論創社)など。今年2月に39冊目の著書「『 』来 的健康」を中国で上梓した。

3

紘 斉   ご 両 親 が と て も 協 力 的 だ っ た そ

っ た と い う 感 じ で す 。

く な ろ う と 思 っ て 練 習 し て い た と い う

に 入 る よ う に 、 ひ た す ら 投 げ て 。 う ま

り に 行 か な い と い け な い の で 、 ネ ッ ト

ん で す 。 は ず す と 遠 く ま で ボ ー ル を と

ー ン に 入 る と ネ ッ ト に ボ ー ル が た ま る

つ く っ て く れ た ん で す 。 ス ト ラ イ ク ゾ

が 手 づ く り で 、 投 げ 込 み 用 の ボ ー ド を

受 け ら れ な く な っ て ( 笑 ) 。 そ れ で 、 父

上 に て 野 投 、 げ 家 そ て に う お 帰 な ら っ ん れ て で た か す と ら け か も ど 。 、 、 お 母 母 は さ す ん ぐ 相 に 手

っ て 、 お 正 月 に は 家 族 み ん な で 声 を 出

上 こ す 野 か ば に ら 壁 掲 し 掛 げ い け て で 時 あ す 計 っ ね の た 。 す の こ ぐ で れ 横 す は に か ご 貼 。 自 っ 宅 て の あ ど

一 、 有 難 う と 云 う   感 謝 の 心

一 、 私 が し ま す と 云 う   奉 仕 の 心

一 、 お か げ さ ま で と 云 う   謙 虚 な 心

一 、 す み ま せ ん と 云 う   反 省 の 心

一 、 ハ イ と 云 う   素 直 な 心

読 ま せ て い た だ き ま す 。

紹 介 し た い の で 、 ち ょ っ と 声 に 出 し て

『 梅 家 族 』 の 読 者 の み な さ ん に も ぜ ひ ご

よ り 、 楽 し く 遊 ん で い る こ と が 練 習 だ

書 き に な っ た 本 を 読 ん で 知 り ま し た 。

チ ー ム の 練 習 だ け で は 満 足 で き な く

紘 ゃ し 斉 な ま い し 小 ん た 学 で 。 生 す 特 の け 別 と ど な き 。 理 か 由 ら が 、 あ 練 っ 習 た の わ 虫 け で じ 、

『 上 を 教 も 育 野 っ 五 家 て 訓 に お 』 は ら が ” あ 幸 れ る 福 た こ に ん で と を な す 上 る ね 野 心 。 さ“ と ん と こ が い ろ で お う 、

紘 斉   ご 両 親 が し っ か り し た 教 育 方 針

る な 」 と も 繰 り 返 し い わ れ ま し た 。

て も ピ ッ チ ャ ー が や り た い っ て 、 志 願

み た い な ん で す 。 で も 、 自 分 は ど う し

監 督 は フ ァ ー ス ト か 外 野 を 考 え て い た

一 人 だ け 女 の 子 が 入 っ た ん で す け ど 、

た 。 で も 、 「 ソ フ ト ボ ー ル 馬 鹿 に は な

事 に は か な り 気 を つ か っ て く れ ま し

母 は 看 護 師 を し て い た の で 、 と く に 食

と に 、 も の す ご く 協 力 し て く れ ま し た 。

上 か 紘 野 。 斉 そ う で す 。 男 の 子 の チ ー ム に 私

最 初 か ら ピ ッ チ ャ ー 志 望 で す

れ た り と か 、 洗 た く と か 、 い ろ ん な こ

上 う 野 で す 試 ね 合 。 会 場 に 車 で 送 り 迎 え し て く


ume11_P02-06_inter_ume 10/10/29 17:12 ページ 2

松本紘斉の 『梅家族』対談

上 野   由 岐 子 さ ん ( ソ フ ト ボ ー ル 選 手

” 真 の エ ー ス “ と は 仲 間 に 信 頼 さ れ る こ と で す

ダ リ ス ト 。

撮影●谷口勝人

な 思 い で し た 。

分 も や り た い っ て い う 、 そ う い う 単 純

か っ た の で 、 み ん な が や っ て る か ら 自

ソ フ ト ボ ー ル を や っ て る 子 の ほ う が 多

で 、 男 の 子 で も 野 球 を や っ て る 子 よ り 、

が ソ フ ト ボ ー ル が す ご く 盛 ん な と こ ろ

上 ら 紘 野 れ 斉 た た の ソ ま で フ た す ト ま か ボ 、 。 ー 自 ル 分 に の 、 住 す ん ぐ で 夢 る 中 地 に 域 な

す ご く う れ し か っ た ん で す 。

し て い た の で 、 誘 っ て も ら っ た こ と が

で 遊 ぶ の が 好 き で 、 遊 び 相 手 を 毎 日 探

き ク ラ ス の 友 だ ち に 誘 わ れ ま し た 。 外

上 め 紘 野 に 斉 な ご っ 上 く た 野 簡 き さ 単 っ ん で か が 、 け ソ 小 は フ 学 な ト 校 ん ボ 3 で ー 年 す ル 生 か を の 。 お と 始

志 願 し て ピ ッ チ ャ ー に

リ ン ピ ッ ク 銅 メ ダ リ ス ト 、 2 0 0 8 年 北 京 オ リ ン ピ ッ ク 金 メ

ル ネ サ ス エ レ ク ト ロ ニ ク ス 高 崎 ) に 入 部 。 2 0 0 4 年 ア テ ネ オ

名 を と っ た 。 高 校 を 卒 業 後 、 日 立 高 崎 ソ フ ト ボ ー ル 部 ( 現 ・

ジ ュ ニ ア 離 れ し た 速 球 で 「 オ リ エ ン タ ル ・ エ ク ス プ レ ス 」 の 異

少 で 参 加 し た 1 9 9 9 年 世 界 ジ ュ ニ ア 選 手 権 で 優 勝 に 貢 献 。

ピ ッ チ ャ ー と し て 活 躍 。 九 州 女 子 高 等 学 校 2 年 生 の と き 最 年

日トう 、ロえ 福ニの 岡ク  県スゆ き 生高こ 崎 ま れ女● 。子ソ 小ソフ 学フト 校トボ 3ボー 年ール 生ル選 か部手 ( ら所投 ソ属手 フ。) ト1。 ボ9ル ー8ネ ル2サ を年ス 始7エ め月レ 、 22 ク

2


02

松本紘斉の『梅家族』対談 ソフトボール選手

上野由岐子さん

No.369

Nov11, 2010 Contents

梅研究会 ホームページにも ぜひ遊びに 来てください 健康に関する話題、 梅肉エキスや梅干を 使った料理など 楽しい情報満載です

ホームページは

http://www.umekenkyuukai.org

08 今月のはなし

どうなる? 日本の魚食文化

09

特集

14

紘斉先生の健康教室 10

18

いつでもどこでも!ながら体操 11

糖尿病を防ごう

お風呂に入っているときの 「ながら体操」 写俳エッセイ

20

森村誠一

24

加藤タキ 学んで老いず

26

青木奈緖 うさぎの言の葉

晩秋の香り

28

花のアレンジメント倶楽部

11月のアレンジ

30

暮らしなんでも生活百科 11 鉢植えや生け花

32

からだのふしぎPart 2

34

日本の食べ物探訪 食をめぐり味をめぐる

36

まちがい探しクイズ 33

37

梅研究会から商品のお知らせ

38

読者のひろば

40

クロスワードパズル

41

『梅家族』アンケート

43

今月のニュース

44

次号のお知らせ

45

田中愛子

親の子離れと、涙

右脳系と左脳系

体にやさしい梅クッキング

実りの秋

セロリ


今 月 の は な し

絵 と 文

松 本 紘 斉

食 べ る 、 そ し て 食 べ 物 を 残 さ な い と い う こ と だ と 思 い ま す 。

か り 食 べ る 、 お か ず に は 日 本 近 海 で と れ る 魚 や 国 産 の 野 菜 を

し か し 、 そ の 前 に 私 た ち が す べ き こ と は 、 主 食 の 米 を し っ

渣さ 給 ( 現 率 食 在 は べ 、 ア 残 自 ッ し 給 プ ) 率 し の 飼 を な 料 上 い 化 げ わ な る け ど た で が め す 試 に 。 み 、 ら 飼 れ 料 て 用 い の ま 米 す づ 。 く り や 食 品 残ざん

給 率 は 25 % 程 度 で す か ら 、 畜 産 物 を 食 べ て い る 限 り 、 食 料 自

そ の 肉 の 自 給 率 は 「 0 % 」 と な り ま す 。 日 本 の 家 畜 飼 料 の 自

仮 に ト ウ モ ロ コ シ な ど の 餌 を す べ て 輸 入 に 頼 っ た と す る と 、

も し れ ま せ ん が 、 日 本 で 生 ま れ 育 っ て 処 理 さ れ た 牛 や 豚 で も 、

「 私 は 国 産 肉 し か 食 べ な い 」 と お っ し ゃ る 方 も お ら れ る か

の 畜 産 物 、 油 脂 類 を た く さ ん 食 べ る よ う に な っ た か ら で す 。

給 可 能 な 米 の 消 費 量 が 減 り 、 輸 入 比 率 の 高 い 肉 や 乳 製 品 な ど

高 度 経 済 成 長 と と も に 日 本 人 の 食 生 活 が 欧 米 化 し 、 国 内 で 自

ば い を 続 け て い ま す 。 食 料 自 給 率 が 下 が っ た 大 き な 原 因 は 、

9 9 8 年 ま で 38 年 間 下 が り 続 け 、 そ れ 以 降 は 、 ほ ぼ 40 % の 横

日 本 の 食 料 自 給 率 は 、 1 9 6 0 年 度 の 79 % を ピ ー ク に 、 1

で ま か な え て い る か と い う 割 合 で す 。

( 食 べ 残 し て 捨 て ら れ る も の も 含 む ) の う ち 、 ど れ だ け を 国 産

カ ロ リ ー ベ ー ス と い う の は 、 国 内 で 供 給 さ れ る 総 カ ロ リ ー

度 か ら 1 % 低 下 し 、 40 % で し た 。

平 成 21 年 度 の 日 本 の カ ロ リ ー ベ ー ス の 食 料 自 給 率 は 、 前 年

8


2010年11月1日発行(毎月1回・1日発行)1978年4月1日創刊

http://www.meitanhonpo.jp/ http://www.umekenkyuukai.org/

さわやか、イキイキ、あなたの健康誌

No.369 NOVEMBER 2010

11

松本紘斉『梅家族』対談

上野由岐子さん

森村誠一/写俳エッセイ 加藤タキ/学んで老いず

墨絵 松本紘斉

親の子離れと、涙

特集

青木奈緖/うさぎの言の葉

どうなる? 日本の魚食文化

晩秋の香り

紘斉先生の健康教室

糖尿病を防ごう 人間の体は食べ物が形を変えたものです 6月1日は「梅の日・梅肉エキスの日」、6月は「梅仕事の月」です

『梅の日の3つのスローガン』 梅の良さを知ろう!梅の良さを取り入れよう!梅の良さを広めよう!

田中愛子 体にやさしい梅クッキング

梅家族2010年11月号No.369  

今月号のゲストはソフトボール選手の上野由岐子さん。特集は「どうなる?日本の魚食文化」です。そのほか、好評連載の森村誠一「写俳エッセイ」、加藤タキ「学んで老いず」、青木奈緒「うさぎの言の葉」をはじめ、料理や生活の知恵、ゲームなど盛りだくさんでお届けしています。

Read more
Read more
Similar to
Popular now
Just for you