Issuu on Google+


KEN KO

AN

HIB

O IC ENK

的確なアドバイスを受けていました。

K 長から いという方が訪れ、松本理事

 2012年 月 日、大阪府吹田 市にある万博記念公園・水車茶屋で みなさん一様に満足したご様子で相 談会を後にされました。

「松本紘斉先生の健康相談会」が開催 されました。 品種です。ここに訂正させていただきます。

前号7号で紹介いたしました無錫梅園の苗木の寄贈数は 約

K

N

ICHI BA

 今回ご登場いただいた竹内晴子 さん( 歳)は愛媛県大洲市で「竹

さん(

め い た ん

竹内晴子

愛媛県

歳)

う お 店 と し て 有 名 で、 先 日 は『 鶴

ます。美味しく新鮮な海産物を扱

内海産物」を営んでいらっしゃい

 元気いっぱいの竹内さん一家で すが、みなさんでご愛用いただい

多いそうです。

年ほ

て い る の が″ 梅 丹 〟で す。  海産物屋さんの仕事は重い荷物 を運ぶことが多く、体にこたえま

も紹介されました。

物」の″看板娘〟のパワーとなって

用 い た だ い て い ま す。 「竹内海産

ど前に健康情報番組を見たセツ子

当にうれしい限りです。

さんがご興味をもち、以来、ご愛 す。驚いたのは、この重労働に晴

い た の が″ 梅 丹 〟だ っ た と は、 本

めい たん

瓶の家族に乾杯』 (NHK総合)で

うと、拝んだり、撫でていく方も

有名で、その元気をわけてもらお

37

子さんのお母様である 歳のセツ

15 うぐったりするそうですが、翌日

い。仕事が終わる夕方頃には、も

じっとしていることがないぐら

 セツ子さん、サト子さんのお二 人 は、 と て も よ く 働 く そ う で す。

な″ 看 板 娘 〟と

ますます元気

愛用いただき、

も″ 梅 丹 〟を ご

ん。 こ れ か ら

ください。

にはシャキッとして朝から必死に

ん、 サ ト 子 さ

「健康に過ごして、まだまだ現役 母様である 歳のサト子さんまで   もが、現役で働いていることです。 を続けたい」とおっしゃるセツ子さ

子さん、そして、セツ子さんのお

67

し て、 ご 活 躍

97

4

 相談会当日は午後からあいにくの 雨模様となりましたが、松本紘斉理

相談者の質問に答える松本紘斉理事長

37

なって働いていると聞きます。 97

3

IC H I B A 松本理事長、 万博記念公園で N O IC KEN ENK 親子三代、これからも KO ″梅丹〟で NK I C A HIBA HIB NO 「健康相談会」を実施 KEIC 元気にがんばります ENK NKO

ews

事長に健康に関する悩みを相談した

255

元気 いちばん

歳のサト子さんのお元気ぶりは

5

N


めぐみの薬草健康法

 とこ ろ が 翌 年 に 、 そ の 荒 れ 果 て た 大地で も っ と も 早 く 芽 を 出 し た 植 物

ました 。

格基準書)にも、どくだみはしっか

 厚生労働省が発刊する『日本薬局 方』 (日本国内における医薬品の規

いう」と書かれています。

種 の 薬 の 効 能 が あ る の で『 十 薬 』と

(1709年刊行)のなかには、 「十

  し か し、 毒 な ど 一 切 な い ど こ ろ か、貝原益軒が編纂した『大和本草』

十薬と呼ばれるほど薬効がある

の標的にされることもよくあります。

庭を荒らすからという理由で、駆除

人病予防・治療に効果があります。

動脈硬化、糖尿病、心臓病などの成

ン系成分が、血管が弱くなるのを防

成分が含まれています。このフラボ

物色素の基本物質であるフラボン系

 どくだみには、クエルチトリンと イソクエルチトリンからなる黄色植

成人病の予防と治療に

に効果があることがわかっています。

せも、⑭美容・美肌効果、⑮痔など

消臭剤としても大活躍してくれるこ

す。そのため、 どくだみには、 高血圧、 にどくだみを入れておけば、天然の

ぎ、強化する働きをもっているので

とでしょう。

菌に対して有効に働きます。冷蔵庫

い抗菌能力があり、カビやブドウ球

うにもない長い名前の成分には、強

う精油成分です。とても覚えられそ

はデカノイルアセトアルデヒドとい

文/松本紘斉

 どくだみは昔から「毒下しの妙薬」 として 民 間 薬 と し て 利 用 さ れ て き ま

りと収載されています。

 どくだみは、日本のいたるところ に生えていて、すぐに見分けがつく

ました 。 土 地 は 荒 廃 し 、 年 は 草 木 一本も 生 え な い だ ろ う と 言 わ れ て い

があります。″どくだみ〟です。

つけて き た の で し ょ う 。

どくだみは

月 頃 か ら 芽 を 出 し、

 どくだみには独特の臭いがありま すが、この臭いのもととなっている

独特の臭いの正体は抗菌力

の生理不順などにも効きます。

したが 、 ど く だ み が も つ 旺 盛 な 生 命

 さらに、血管を強くしてくれるの で、血液の流れを改善し、老化防止

植物です。これほど多くの薬効があ

 19 4 5 年 8 月 日 、 広 島 に 原 爆 が投下 さ れ 、 多 く の 尊 い 命 が 奪 わ れ

力こそ 、 古 く か ら 多 く の 人 々 を 惹 き

 現在、確認されているどくだみの 薬 効 は、 十 ど こ ろ で は あ り ま せ ん。

や冷え性の改善にも役立ちます。特

る植物を利用しない手はありません。

 

月には白い花を咲かせます。今年

はどくだみを積極的に利用して、健

解消、⑨蓄膿症解消、⑩急性の湿疹、

そのほか、どくだみには、腎臓機   能 を 活 発 に し て 利 尿 を 促 し 夜 尿 症、

康な毎日をお送りください。

中の後遺症、⑦高血圧予防、⑧便秘

 それなのに現在では、どくだみは、 ①解毒作用、②健胃、③整腸、④糖 その毒 草 の よ う な 名 前 か ら 、 ず い ぶ 尿病予防、⑤動脈硬化予防、⑥脳卒 ん損を し て い ま す 。 毒 が あ る の で は ないか と 誤 解 さ れ た り 、 ど く だ み が

⑪イボ・おでき解消、⑫アトピー性

膀胱炎に効果を発揮するほか、婦人

3 皮膚炎、⑬ニキビ・吹き出もの・あ

あるといわれています。

に男性では、前立腺肥大にも効果が

原爆が投下された後、 いち早く芽を出した ″どくだみ〟

旺盛な生命力と 以上の薬効をもつ「どくだみ」で健康に 10

発する 強 い 臭 い を 嫌 う 方 も 、 た く さ んいら っ し ゃ い ま す 。

5

10

6

4


ロ ー ル に な り ま す。 酸 化 コ レ ス テ

 血液中のコレステロールが活性酸 素 の 攻 撃 を 受 け て、 酸 化 コ レ ス テ

 動脈硬化

続けて ガ ン に な っ て い き ま す 。

の細胞 が 突 然 変 異 を 繰 り 返 し 、 増 え

 活性酸素がDNAを構成する物質 を攻撃 し 、 細 胞 に 傷 を つ け ま す 。 そ

 ガン

が酸化し、これが水晶体白濁の原因

素が発生して、水晶体のタンパク質

 目に紫外線が入ると、紫外線が水 晶体を通過します。その際、活性酸

 白内障

にかかりやすくなります。

インスリンの分泌が減少し、糖尿病

 インスリンをつくっているすい臓 の β 細 胞 が 活 性 酸 素 の 攻 撃 を 受 け、

 糖尿病

素だけでは、過剰な活性酸素を抑え

います。体内でつくられる抗酸化酵

ン」 「電磁波」などに常にさらされて

ス」 「合成食品添加物」 「ダイオキシ

いストレス」 「強い紫外線」 「排気ガ

 とはいえ、現代社会に生きる私た ちは、 活性酸素を過剰発生させる「強

食べるようにしましょう。

ミネラルが豊富な海藻類をたっぷり

注目されています。

抗 酸 化 力 が「 第 7 の 栄 養 素 」と し て

アクなどとして含まれており、その

の色素、味(辛み、渋み、酸味) 、香り、

につくり出す物質のことです。植物

の害から、みずからの体を守るため

れ て い ま す。 フ ァ イ ト ケ ミ カ ル は、

 また、梅肉エキスにはファイトケ ミカルのひとつクロロゲン酸が含ま

体内の抗酸化酵素を増やすためには、 できることがわかりました。

ロール は 血 管 の 壁 に 付 着 し や す い た

となり、白内障が起こりやすくなり

ることはできません。

膵臓:糖尿病 腸:潰瘍

慢性閉塞性肺疾患の略

体内でつくる能力は、 歳代をピー

ができます。しかし、抗酸化酵素を

素」によってある程度消去すること

OD、カタラーゼなどの「抗酸化酵

らの活性酸素は体内でつくられるS

など多くの種類がありますが、これ

て知られているビタミンCの 分の

結果、ムメフラールは抗酸化物とし

用を調べる実験を行いました。その

ラールのヒドロキシラジカル消去作

肉 エ キ ス に 含 ま れ る 成 分・ ム メ フ

市幸生先生、私・松本紘斉らが、梅

均先生、三重大学生物資源学部の古

 そこでおすすめしたいのが、梅肉 エキスです。三重大学医学部の伊藤

退治するしか方法がありません。

素が存在しないため、外からの力で

ついては、体内にこれを消去する酵

 また、活性酸素のなかでも最強と い わ れ る「 ヒ ド ロ キ シ ラ ジ カ ル 」に

し、いつまでも若々しく、健康にお

活性酸素を、体からしっかりと排除

 そして、1日3gの梅肉エキスで、 ヒドロキシラジカルをはじめとする

米を召し上がってください。

タミンEを含んでいます。主食は玄

ださい。玄米は白米の6倍以上のビ

食品を積極的に食べるようにしてく

シアニジンなどのポリフェノールと

などのミネラル、カテキンやアント

ミンC、ビタミンE、亜鉛、セレン

去するためには、ビタミンA、ビタ

過ごしください。

いった抗酸化作用成分を豊富に含む

クに年齢とともに低下します。

1の量でヒドロキシラジカルを消去

良質なタンパク質が豊富な大豆製品、

め、動 脈 硬 化 が 進 行 し ま す 。 動 脈 硬 ます。

肺:COPD*

植 物( 野 菜 )が 紫 外 線 の 毒 性 や 害 虫

化が進 む と 、 高 血 圧 、 脳 梗 塞 、 心 筋

心臓:心筋梗塞 肝臓:肝硬変 肝炎

活性酸素を除去するには 梅肉エキスが有効

 老化の最大の敵にして多くの生活 習慣病の元凶・活性酸素。それを消

目:白内障 網膜症 脳:脳梗塞 神経障害

 活性酸素には、ペルオキシラジカ ル、DPPHラジカル、過酸化水素

 抗酸化酵素はタンパク質やミネラ ル な ど を 原 料 に し て つ く ら れ ま す。

3

10

20

梗塞が 起 こ り や す く な り ま す 。

活性酸素が関係する臓器と病気


病気の 90%に関係する 「活性酸素」から体を守るには

文/松本紘斉 体内に取り込まれた 酸素の %が活性酸素に

力が強く、毒性のある酸素が活性酸

 酸素が体に害を与えるというイメ ージは持ちにくいものですが、じつ

ります。

の生活習慣病を引き起こす原因とな

を早め、ガンや脳卒中、心臓病など

が強く、細胞をサビつかせて、老化

変化します。活性酸素は非常に毒性

残 り の 2 % は 体 内 で「 活 性 酸 素 」に

たちは呼吸によって、たくさんの酸

て使いものにならなくなります。私

酸化が起きると、その物質は変化し

ビ て し ま う の も 酸 化 の し わ ざ で す。

ですし、鉄を放置しておくと赤くサ

置しておくと赤茶けていくのも酸化

が酸化です。リンゴの皮をむいて放

に付着して反応を起こします。これ

なります。そして、簡単に他のもの

尿病、白内障などの病気の原因にな

化、高血圧、脳梗塞、心筋梗塞、糖

やすなど老化を早め、ガン、動脈硬

体のなかの酸化は、皮膚のシワを増

ら ゆ る 組 織 が ダ メ ー ジ を 受 け ま す。

酸化すると、内臓や皮膚、骨などあ

つかせます。活性酸素により細胞が

攻撃するようになり、体の中をサビ

 凶暴な活性酸素は、リンゴや鉄に 与える酸化以上に、私たちの細胞を

酸化は私たちの体のなかでも起こっ

みましょう。

係しているほどです。具体的にみて

するために使われています。しかし、 あらゆるきっかけで不安定な状態に

は酸素というのは、科学的に見た場

%は活性酸素が関

素を体のなかにとり込んでいるため、 ります。病気の ています。酸化が体のなかで起きた

のです。大気中にある酸素の酸化力

その活性酸素が皮膚の弾力を保つコ

 紫外線によって皮膚細胞内の成分 が刺激され、活性酸素が大量発生し、

とき、体の細胞も酸化していきます。  皮膚のシワ

はおだやかで緩慢なので、毒性とい

ラーゲンなどのタンパク質を破壊し

ています。東京大学理学部で行われ

飼ったところ、寿命が半減しました。 われるほど凶暴な酸化力はもってい

ます。その結果、皮膚のハリがなく

これが病気や老化につながっていく

ません。 しかし、 これが何らかのきっ

なり、深いシワができます。

気の酸素濃度を %に上げて、その

さらに酸素濃度を %にまで上げる

かけで変化すると、強い酸化力が発

20

90 と、 平 均 3 年 半 の ネ ズ ミ の 寿 命 は、

た実験によれば、通常は約 %の大

  酸 素 の 毒 性 は、 ネ ズ ミ や シ ョ ウ ジョウバエを使った実験で証明され

合、きわめて毒性の強い物質です。

98

揮されるようになります。この酸化

まいました。

素です。

たった1週間という短さになってし

 酸素はなぜこのように毒性を発揮 するのでしょうか。それは酸素には、 変化させてしまう性質があるからで

さまざまな物質と結合して、相手を

 酸素は私たちの生命活動になくて はならないものです。呼吸でとり入

す。酸素は非常に活発な元素なので、

活性酸素は体の細胞を サビつかせてしまう

れた酸素のうち、 %は生命を維持

2

なかでネズミやショウジョウバエを

50

100

2



紘斉流 健康いちばん 8号(2012年4月)