Page 1

秋号 vol.28

2013.Autumn

原点 回帰

 今年の夏は、 全国的に猛暑と 豪雨とに悩まされました。 昨年 の九州北部豪雨災害から1年 が過ぎ、熊本でも復興や防災 関連の事業が進められています が、発生直後の復旧作業では 暑い中にも関わらず、多くの 皆さんにご協力いただいたこと が思い出されます。  そして先月は1年ぶりに宮 城県東松島市も訪れました。 派 遣職員の激励とともに、 まだ爪 跡は残りますが、着実に復興 を進めておられる現地の様子 を確認してきました。 確実に歳 月は流れています。  今回は菊池市の江頭市長と の対談を掲載しています。 対談

に臨むにあたり、 私なりのテー マを ﹁原点回帰﹂ としました。 政 治家を志してから 年、 市長に 挑む決断をしてから 年が経ち ました。 いずれも決して短い期 間ではありません。  これまでも幾度となく﹁初 心忘るべからず﹂と自らに言 い聞かせてきましたが、 今一度 静かに自分自身に問い直して みたいと考えています。 これま での皆さんの変わらぬご支援 に心から感謝します。  猛 暑 の 疲 れ と 季 節 の 変 わ り目で体調を崩しやすい季節 です。くれぐれもご自愛くだ さい。

志 し、 決断 今、新 たに初心 を胸 に

週に1度のバス通勤。 公共交通機関の利用 を実践することから スタートし、 9年になる。

19

11


江頭 実

幸山政史

新・菊池市長と語り合い、

“ 原点” 今、 に立つ

首長対談編

#6

評価し、 〝クールジャパン〟と 持てはやされる時代です。 マン ガやアニメは世界中の若者に 支持され、 例えば赴任していた ドイツでは、 畳やふすまなど日 本の建具を暮らしに取り入れ るなど新しい文化が生まれま した。 今、 人々は〝モノ〟では なく〝心の充足〟を求めてい るんです。 だからこそ、 菊池の 大自然と歴史文化資産を有効 に活用すれば、 さまざまな産業 私も出馬 や事業が成り立つ。 これは、 長 前と重ねていました。 年企業を支えてきた自分の仕 2カ月前に突然決めた理由は、 ﹁このままでいいのか﹂ という思 事だと思いましたね。 当時の熊  すでに経済アドバイザーとし いが強かったんです。 て、さまざまなアドバイスを 本市は財政問題や市役所内部の そして九州新幹線開業と 行っていましたが、﹁故郷の再生 問題、 さ を実現し、 住民の幸せを築く﹂ こ 政令指定都市への動きなど、 の〝事業〟は、 アドバイザーで まざまな課題が山積していまし 誰に言われたわけでもなく、 はやり遂げることはできません た。 から、 市長として立たなければ 次期も現職と世間が思っていた 今も同じ なりません。 また、 人生の残され 時に出馬したんです。 た時間は、 何か意義のあること 決断ができるかどうかは難しい をしたいという思いも出馬の後 ところですね。  市長になって4カ月、 いかが 押しになりましたね。 幸山 話:を聞きながら自身の 年 ですか?

平成 年4月より、 菊池市長として故郷の再生に向き合う江頭 実 氏を訪 問 。 市長選出 馬の経緯や地元への思いに自身の原点を重ねながら、 お話をお伺いしました。

故郷の経営改革を目指して 幸山 今:年4月、 江頭市長が新 人候補として出馬なさった姿 を見て、 私自身の〝原点〟を思 い出しました。 民間企業で長く 活躍なさってきて、 なぜ市長に なろうと思ったんですか? そのうち 江頭 銀行に約 年勤め、 : の半分以上は海外赴任。 そして ソフトバンク勤務まで仕事一筋 で、 退職してから 年ぶりに故郷・ 菊池へ帰ったんですよ。 シャッ ターが下りたままの町並みと停 滞する地域雇用、 そして ﹁もう菊 池はダメ﹂ と言う地元の人々の 声。 故郷の現実を目の当たりに して、 がく然としたと同時に私 の心に火が付いたんです。   菊池には歴史・伝統と古い 建造物、そして大自然という 資産があるのに生かし切れて いない。長い海外駐在生活を 経た外からの目線で見ても ﹁菊 池は〝大化け〟する!﹂ と思っ たんですよ。  海外では日本の文化を高く 30

40

日本名水百選の一つ「菊池渓谷」。江頭市長は、渓谷の 一角にわき出る菊池渓谷温泉に対談会場を設け、観光 資源の一つを案内。幸山は対談終了後、温泉からほど 近い「ふれあいひろば大場堰(ぜき)」 を視察に訪れた。

25

11


“心の空洞化” 故郷 の人々の で 心に火が付いたんですよ。

江頭

江頭 実 えがしら・みのる 熊本県菊池市出身。昭和51年九州大学経済学部卒業 後、富士銀行(現みずほコーポレート銀行)入社。主に 海 外 部 門 に 従 事し、スイス 富 士 銀 行 社 長・ロンドン 支店長を歴任。平成21年ソフトバンク株式会社入社。 同25年4月菊池市長に当選、現在に至る。

江頭 最:初の2カ月は予算審議 と議会が中心で、 やっと動き出 したところです。 ビジネスと同 じくスピード感が大切だと 思っているのですが、 あまりに もやるべきことが多い。 市民と のコミュニケーションを取る ために ﹁市長と語る会﹂ を公約 にも掲げ実践しています。 まず は私の手足となり、 共に走り続 けてくれる人材を作らないと、 自分の求めるスピード感を実 現できないなと考えていると ころです。 とて 幸山 私:は初登庁の際に、 も身構えて﹁私が当選すると 思っていた人は一人もいない でしょう?﹂ と言ってヒンシュ クを買ったものでした。そ の 後 徐 々 に 、庁 内 の 問 題 を 払 しょくしたいという、私と同 じ思いを持つ職員たちの姿が 見えてきたんです。市民と同 様に庁内の人々と議論する機

会を設けると、 その分スピード は遅くなりますが、 とても大切 なこと。組織を強くするため に、 政策決定過程を重視してい ます。

理想の政治に近づける 幸山 政:治の世界ほど、 教科書 と現実のギャップが大きい世 界はないと思いますが、 だから こそ理想にどのように近づけ ていくか、 そこにやりがいがあ りますね。 江頭 私は故郷を経営改革した : いんです。 インターネット、 S の普及で、 マーケッ NS ︵ *1︶ トには無限の可能性がある。 菊 池の資源をどう企画し商品化 していくか、 それが私にとって も最大の魅力ですね。 閉そく感 に満ちていた故郷を変えたい、 住民に幸せになってほしいと いう思いが私のモチベーション の源です。  また、 職員に対しては、 目標 を掲げ、 その狙いと結果、 達成 度などを元に客観的な登用を 進めていきたいですね。 幸山 市民の期待にこれからど : う答えていくかが、 問われるこ とになりますが、 キーワードの 一つに〝ネットワーク〟が挙 げられます。 熊本市と菊池市の ネットワークで、 観光振興など も連携して進めていくことは

非常に大切です。 歴史があり、 美しい水がある。 そしてそこか ら広がる〝食〟も重要な観光素 材ですね。 江頭 観:光はエリア限定で考え る人はいない。 熊本市を中心に 阿蘇・菊池・菊池川流域と広域 の魅力を打ち出すことが大切 です。  私は、 ①集う ②つなげる ③続 ける という三つの〝つ〟を大 切にしています。 皆で集い、 新し い発想を持つこと。 そしてつな げるとはまさにネットワークが、 点在しているコンテンツをつな げ、 企業や人をつなぐこと。 それ をきちんと続けていくことが、 私のキーワードです。 幸山 こ:れからは菊池市と熊本 市のネットワークをつなげて、 オール熊本で九州、 アジアへと 発信し、 さまざまな〝結果〟を 出していきたいですね。 本日は ありがとうございました。

銀 行 勤 務 、そして九 州 大 学の先 輩と、江 頭 市 長に親 近 感を抱 いたという幸 山 。対 談を通じて、 「やらなけ ればならない 」と心に決めた原 点を今 一 度 思 い 起こ したと同時に、多くの刺激をもらったと語る。 *SNS・・・ソーシャルネットワーキングサービス。人と 人をつなぎ、交流を促進・サポートするコミュニティー 型のWebサイト

プロフィール

食と観光、 地域が連携して

広域で考える時代ですね。

幸山


平成24年 幸山政史の会 政治資金収支の報告 収入総額

¥8,955,392

■ 前年度からの繰越金

¥2,473,086

■ 寄付収入(160名)

¥5,992,000

支出総額 ■ 一般経常経費

 人件費

■ 事業収入

 催し物事業(総会会費)  その他の収入

 備品・消耗品費

¥5,803,280 ¥3,647,249 ¥458,156

 事務所費

¥1,697,875

■ 政治活動費

¥2,670,884

¥485,000 ¥5,306

 組織活動費

スタッフの給与・社会保険など パソコン等備品・事務用品・ガソリン代など 事務所家賃・電話代・リース代など

¥481,228

¥78,560 ¥947,104

機関誌の発行(制作・印刷・発送)

 広告宣伝費

¥406,980

ホームページの維持管理

 その他の事業費

¥483,240

総会開催費

 寄付  その他の経費

幸山政史の 素顔な話

¥5,000

Q 例えば“ バス通 勤 ”は、公 共 交 通 機 関

A

書籍購入など

¥700,000

幸山政史後援会への寄付金

¥50,000

金銭以外での寄付の相殺分

「HOT・ホット・くまもと」名物質問コーナー。 プライベ ートなことから、最 近 の 話 題まで 「素顔の幸山政史」をご紹介します。

たり、いつも同じバスを待つお馴染み

フォーマンスかどうかは、時間が立てば

さんが出 来たりして 今 では生 活 の 一

自ずと明らかになる。 これからも変わらず

部に。市民の皆さんとの触れ合いは、

続けていきますよ。

大きな原動力になっています。

長く取り組んでおられる“バス通勤” と“挨拶運動”。続ける原動力とは?

交通費・交際費など

 機関誌の発行

シリーズ

Q A

具体的には・ ・ ・

¥490,306

 調査研究費 翌年への繰越金

¥8,474,164

一方、 “挨拶運動”は職員の皆さんと の触れ合いの時間。当初はパフォー マンスではないかと批判されたそう ですね。

Q A

これから続けていきたいことは? 週に2回、1時間ほど走っています。健 康づくりを目的に始めたのですが、い つかはフルマラソンに出られるように、 そして「健康まち

そうですね。最初は戸惑う職員も多かっ

づくり」の取り組

たのですが、 「おはようございます」 と声

みを自 分 自身 で

を掛けて、元気な声が返ってくるとうれし

発 信して いきた

しなければという使命感が先に立って

いし、表情や声で体調が心配になること

いですね。

いました。 しかし、週に一度バスに乗る

もあります。一人一人に向き合う貴重な

うちに、乗り合わせた方たちとお話し

時間ですから楽しみにやっています。パ

の利用を呼び掛ける以上、自分も利用

次号以降も、お楽しみに!

転居・住居表記や町名変更、また通信が不要、重複して届いている場合などは、お手数ですが事務所までご連絡ください。

HOT・ホッと・くまもと Vol.28  

Vol.28 秋号

Read more
Read more
Similar to
Popular now
Just for you