Warli painting_Rajesh Mor_Fishing net

Page 1

賢者の視展 インド先住民族のアートの森





ワルリ族の人々の家には必ず魚を獲るための投網がある。川べりで網を水面に向かって投げる姿はとても 洗練されている。手元に手繰られた網が、空中で円に広がり、パシャリ、と着水する。川では小型の魚は もちろん、大きくて 5kg ほどになる魚も捕まえられる。この作品を描いた Mor も「この間、3kg くらい の魚を捕まえたから美味しく食べたよ」と話す。 4 月の今は暑気真っ盛りで、川の水も少ないため、魚を捕まえやすい。川にはソッシャルという小型のワ ニもいる。うなぎや、カニ、エビも暮らしており、豊かな生態系が保たれている。雨季になると田んぼに 雨で増水した川の水が流れ込み、池状態になる。そこでもまた、水の生き物たちと人間との獲って、逃げ ての真剣勝負が繰り広げられる。

Rajesh L. Mor title Fishing net size 71.4 cm × 92.4cm material キャンバス地 ポスターカラー 牛ふん Price 55000 yen + tax ( 額装込)