Issuu on Google+


1

MESSAGE

本気で伸びたいと思っている人に 

受験生の皆さんへ 「夢」をもっていますか? 「成長したい」と思っていますか?

未来づくりノート

「学ぶこと」は好きですか? そして、

1 私の夢を 5 つ書いてみよう

「人の役に立ちたい」と考えたことはありますか? 高校受験は、受験とその勉強を通じて、 自分に気付き、夢を創り、 将来を切り開くための一つのプロセスです。 勉強をすると勉強の楽しさが分かってきます。 もっと勉強をすると謙虚になります。 さらに勉強をすると

2 高校であなたはどんな教育を受けたいですか

自分の意識が高まったことが実感できます。 こうして 「私の物語」が始まります。

ここに “ 未 来 ” が あ る 国際社会に貢献する心ゆたかな “ 創造・発信型 ”リーダーを育成する」 これが開智未来高等学校の理念です。 「創造」は新たな価値を生み出す力、 「発信」は多くの力を合わせるための原動力です。 環境問題、文化対立、国際紛争、経済危機などグローバル化・ボーダーレス化した諸問題が 私たちの日々の生活にまで押し寄せる今、創造力と発信力こそリーダーに求められる知の姿です。 さらに、リーダーには、人々のために尽くす「利他心」と「責任感」が求められます。 そして、利他心と責任感を支える意志の在り様が「志」です。 私は開智未来生に三つのことを望んでいます。 ・より高いレベルの知を求めなさい。 ・人のために学びなさい。 ・志をもち、挑戦しなさい。 未来のリーダーを育てることが私たちの責務だと考えています。 ここに未来がある! 一緒に未来の物語を創りませんか。

1

開智未来中学・高等学校長

関根


来てほしい 入学前から開智未来の教育が始まります 開智未来は [学校説明会(サプリを含む) ]|[入試]|[入学前指導]|[入学後の指導]と 「つなげる教育」を開発しました。 他の学校にはないこの開智未来独自の教育によって生徒たちは入学時点ですでに 「学びの姿勢」を身に付けています。 だから、入学後「ぐんぐん伸びる」のです。

育てる生 徒 募 集

入学説明会では、学校の説明だけでなく、中学生サプリ(インプット編、スループット編、アウトプ ット編) 、入学対策講座、入試問題解説会等を実施します。教科の学力だけでなく学びの姿勢やス キルを身に付けることができます。

伸ば す入 試

高校に入学してから伸びるように 「知識・理解、思考力、記述力」の3つ の力を問う入試問題で学力 の基礎を培います。国語と数学の問題の形式は 埼玉県公立高等学校学力検査問題に準拠します。 英語の問題は、さらに英 語力が身に付くよう、開智未来独自の形式で行います。

つなげる入 学

入学手続き後は、 開智未来独自の課題、 プレ入学、 入学サプリなどで開智 未来の教育を開始します。 また、単願入学生には4回の 「単願生特別入 学」があり、開智未来の英語と数学を事前に身に付け ることができます。 入学後は、スターティング・プログラム-GWプログラム-中間考査プログラ ムと高校の学習へスムースに接続していきます。

一人一人を大きく伸ばすための類型です 1年

2年・3年

進学目標

T未来クラス

T理系 T文系

東京大学・京都大学・医学部医学科

S未来クラス

S理系 S文系

旧帝大ほか難関国公立大 早稲田大・慶應義塾大ほか最難関私立大

開智クラス

理系 文系

筑波大・埼玉大ほか国公立大 明治大・中央大・法政大・立教大 ほか難関私立大

未来クラス(T・S)および開智クラスの再編成は2年次に行います。

未来クラスと開智クラス 「未来クラス」は、より質の高い集団でより質の高い授業を行い一 「未来クラス」も「開智クラス」もカリキュラムや進度は基本的に同じ 人一人の能力をさらに伸ばすことを目的としたクラスです。東大 ですが、 「未来クラス」の授業では、発展的な指導、高みを目指す「学 を始めとする旧帝大、早慶等、最難関大学進学を目指します。「開 び合い」 、思考力を鍛える演習等で学力を、一人一人の能力をさらに 智クラス」は、開智未来の充実した教育により一人一人の実力を 伸ばしていきます。また、 「切磋琢磨」 「学び合い・高め合い」 「全員が 確実に、そして、ていねいに育てるクラスです。国公立大学、難関 未来生」の考えから、クラス替えを行います。成績(模試を含む) 、学 私大進学を目指します。 習姿勢、意志・意欲、進路希望等を総合的に判断して決定します。

2


2

MESSAGE

教育を哲学する 

サプリの樹

サプリの樹の解説 ここに描いた樹は、開智未来高等

学校の教育方針を示したものです。

「人のために学ぶ」 「貢献する」を モットーに「志」を育て、学びを支

える「身体」を育成し、国語・英

語・ITの3つの「言葉」を鍛えま

す。こうやって人間の幹を育てま す。その幹に「学びの構え」や「学

びのスキル」等の「一般学力」と

いう力強い枝を張らせ、その枝に、

4つの知性を兼ねそなえた「教科

学力」と最難関大学に合格できる

「受験学力」を大きく茂らせていき ます。こうやって高めた学力は生

涯にわたって成長し続け、役立つ

「生涯学力」となってさらに大きく 伸びていきます。

私たちは、この「サプリの樹」の

ように未来に向かって伸び続ける 生徒を育てたいと思います。

3

共に学んで共に育ちます

共育

      ○共育講座        ○親読書


[人間と知性をともに育てる-これが開智未来の教育です]

人間力が学力を支えます

学びの基盤づくり ○志づくり・貢献教育  ○言語能力 (国語、 英語、 IT)の育成   ○学びの身体づくり

本質的な学びで学力を磨きます

先進的な授業

○4つの知性を育てる授業  ○学びのスキルの身体化   ○学び合いによる学力向上

一人一人の成長と学びを支えます

才能発見・能力アップ ○成長プログラム  ○pull-up、 build-up   ○進学講習の充実

ゆたかな学びで大きく伸ばします

ハイクオリティな教育 ○環境未来学・フィールドワーク  ○哲学  ○未来ゼミ   ○グローバリゼーション

開智未 来高等学 校の理 念・校 訓

理念

校訓

国際社会に貢献する心ゆたかな “創造型・発信型” リーダーを育てる 「創造・発信・貢献」 「自律・正義」

4


3

MESSAGE

開智未来の学び

表面的な学力を伸ばそうとするあまり、本物の知性を育てない教育が広がりつつあります。 開智未来では「知性」を「これまで人類が積み上げてきた知的財産を受け取る力であり、 深く思考する力であり、価値を生む力である」と考えています。 開智未来は本当の知性を育てるために「本質的な学びを追求する学校」でありたいと考えています。

開智未来学習理論図 開智未来の 学び は 旧来の「input-output」型の 学習か ら「inputthroughput-output」型の学習への転換を図っています。この学 習をモデル化したのが上に示した「開智未来学習理論図」です。 この学習モデルの中には、本校の第一校訓である 「創造・発信・貢 献」や、全ての授業で徹底している「6つの授業姿勢(ねらい、メ モ、反応、発表、質問、振り返る) 」 、第2の脳である他者との 「学

教育実践研究発表会 開智未来は「日本一の学びの学校」を目指して、教育

実践の開発と理論化を進めています。その成果につい

てはホームページや「教育実践研究発表会」で全国に

積極的に発信しています。昨年は11月にこの発表会を

開催し、全国から95 名の方が開智未来に集まりました。

5

び合い」 、第3の脳である「IT」 、脳や感覚器官を含めた「身心の 高性能化」などが位置付いています。開智未来ではこのモデルに もとづき、すべての教科、 「哲学」 ・ 「環境未来学」 、さらに学校行事 を総合科・構造化し、一人一人の生徒の成長を図っていきます。 「教育を哲学する」そして「学びを科学する」-これが開智未来の 教育です。


[本質的な学びを追求します]

本質的だから最先端の学びになる Ⅰ. 4 つ の 知 性 最難関大学合格を可能にする学力、そして、生涯にわたって発揮される学力 を育成するために授業では「4つの知性」を育てます。4つの知性とはIT活

用力などの「未来型知性」 、体験や行動を重んじた「身体型知性」 、暗誦教育に

代表される「伝統型知性」 、そして、対話的授業や生徒どうしの学び合いによ

る「コミュニケーション型知性」で、それらの知性をバランスよく磨き上げる 授業を目指しています。

Ⅱ. 学 び 合 い 特に、コミュニケーション型知性はこれからの国際化の時代に必要な知性で、 開智未来ではすべての授業で「学び合い」を積極的に推進しています。また、 生徒たちは〈学び合いルーム〉で朝夕自主的に学び合いを行っており、その切 磋琢磨する姿勢は 「学びの集団づくり」に役立っています。

Ⅲ. 学 び の ス キ ル 「学びのスキル」とは学習する際に活用する基本スキル(技能・技術)です。具 体的には、メモの取り方、図式化の仕方、思考の方法、問いの作り方、発表の 仕方、振り返りの方法等です。これらの方法を「哲学」で教え、各授業で実際 に実行して身体化させていきます。特に「能動的素直さ」を身に付けるための スキル「メモ、もぎとり、うなずき」と 「6つの授業姿勢(ねらい、メモ、反応、 発表、質問、振り返る) 」を徹底しています。

Ⅳ. 独 自 テ キ ス ト 数学、世界史では効率的に、また、より深く学習できるように開智未来独自の テキストを作成しています。他の教科でも多くの独自プリントを開発してい ます。使用すればその質の高さがわかります。このテキストを使えるのは開 智未来生の特権です。なお、校内のカラー印刷機で製本していますのでテキ スト代は無料です。

Ⅴ. 学 び の 朝 開智未来の朝は学習タイムです。生徒たちはそれぞれアカデメイア(大教室)で 独習を、学び合いルームで学び合いを行っています。プルアップ講座・ビルドアッ プ講座、未来ゼミも早朝に行われます。早朝学習をしたいからと本校を選んだ生 徒もいるくらいで、校長も毎日アカデメイアで一緒に独習をしています。また、高 校生は部活動後、最終バスの時間(19時45分) まで独習や学び合いができます。 切磋琢磨の学びの空間で自分自身と共に学ぶ友を見つけることができるでしょう。

6


4

MESSAGE

開智未来の授業

▼ 開 智 未 来 の「 国 語 」

圧倒的国語力

▶ 読みの習慣化 ◦朝学習 ◦読書ノート

◦主述を意識した論理的な読み ◦図書館の自在利用

「言葉ってこんなにゆたかなんだ!」を実感 国語はすべての教科学習の基礎となります。それ以前に人間の思考そのもの。だから、開智未来では 国語教育に力を入れます。授業だけでなく、読書指導、暗唱大会、論文作成等と連動させて、 「語彙力・ 論理力・言語操作力」からなる「総合的国語力」を他校を圧倒するほどに伸ばしたいと思います。

1年

2年

3年

人間力を高めるための根幹であ

1年次に身に付けた国語力を更に

最難関大学・志望大学合格に向け

る国語力(語彙力・論理力・言語操 作力)を徹底的に鍛えます。その 力が最難関大学・志望大学合格へ

深化させていきます。 演習形式 の授業も導入し、面白いように理 解できることを実感します。難

て個々の能力を進化させます。 現代文では得た情報をもとに論 理的に 書く 力を、 難解な 古典の

と導きます。 国語力は知識と経 験が結びつく現実の中で「リアル

しい小説や古典の作品を読むの が楽しくなります。楽しければ

読解を 通し て 実践的読解力を 身 につけます。個々が育んだ知識

な指導」により育成されます。

難問へと挑戦できます。

や考えを受験学力まで高めます。

「言葉の力」 (スピーチ) 、主語・述 語を意識した論理的な読み、古 典の暗誦など

「環境レポート」の作成、プレゼ ンテーション導入、演習形式の 授業など

論理的・実践的な読解、難解な現 代文・古文への挑戦、大学入試問 題の演習など

▼ 開 智 未 来 の「 数 学 」

強靱な数学 き ょ う

◦ディベート ◦プレゼンテーション

子どもたちは本当は算数や数学が好きです。分かれば分かるほど美しい世界が広がってきますし、いろ いろと試していくうちにひらめいたりして探検のような楽しさがあるからです。野山を駆け回るには強 靱な足腰が必要。そんな元気な数学を追究したい。だから、開智未来は強靱な数学を目指しています。

1年

2年

3年

開智中高一貫部(さいたま市)の

理系では数Ⅰ A、Ⅱ B の学習に

志望校に応じて徹底して対策授

教材をもとに作成したオリジナ ルテキスト を 使用。 こ の1 年間 で高校数学の基礎 (数Ⅰ A、 Ⅱ B)

続いて、数Ⅲ C を学習します。 微積分学の 計算技術と 本質を、 高校数学の枠に捉われず探究し

業、講習を行います。未知の問 題にも解決の糸口を見出す試行 力と、 本質を 見抜く 直観力を 鍛

を系統的に学習していきます。 数学特有の論理や概念を身につ

ます。文系では数Ⅰ A、Ⅱ B の 内容を完成させます。学習内容

え、知識、技術を自在に組み合わ せて使えるようになります。論

け、いろいろ組み合わせて活用 することで、数学的思考力の基

の関連性を理解して、記述問題 にじっくり取り組むことで説明

理的に 表現す る 説明力は 添削指 導します。 大学入学後も活かせ

盤を作ります。

力強化を図ります。

る数学的思考力を養成します。

◦古典の暗誦・発表

圧倒的国語力 !

総合的国語力の育成 (語彙力・論理力・言語操作力)

▶ 論理エンジン ◦ことばの知識 ◦論理的思考力

▶ 現代文&古典

▶ 特別受験講座

  [難問へチャレンジ]

  [入試対策演習]

◦論理的文章の読解 ◦文学的文章の読解・鑑賞

◦論理的記述力

◦最難関大学対策講座 ◦志望大学対策講座

◦古典の読解・鑑賞 ◦演習授業

▶ 直観力

◦とにかくやってみる! ◦徹底トレーニング ◦試行錯誤→発見 !! ◦本質を見抜く眼 ◦計算力 UPプログラム

「数学の世界を駆け回る!」を実感

▶ 言葉の身体化 ◦音読の徹底

開智未来の 「国語」

▶ 試行力

▶ 話す、 聞く、 書く ◦スピーチ

▶ 説明力

▶ 俯瞰力

◦論理を鍛える ◦段取りを考える

◦より高い所から 全体を見る ◦いろいろ組み合わせる 戦略的思考 ◦未来ゼミ

強靭な数学!

開智未来の 「数学」 数学的思考力を鍛える

▶ 学びあう授業 ◦先生と対話

◦自分のアイデアを発表

どんな問題にも解決の糸口を発見し 本質を見抜き、 戦略を練り、 将来も使えるほんものの数学

▶オリジナル教材

 [基礎からハイレベルまで]

◦数学の新しい体系 ◦さらにプリントで 徹底演習

▶ 特別受験講座

  [入試対策演習] ◦最難関大学対策講座 ◦志望大学対策講座

◦いつでも復習できる

▼ 開 智 未 来 の「 英 語 」

身体化する英語

▶ 文法力 ◦語彙力強化

◦開智未来メソッドによる 「わかる英文法」

「語学って楽しい !」を実感 英語は言語ですから身体の中にしみこむまで習熟しなければ使えるようにはなりません。開智未来で は「シャドーイング、多読プログラム、速読演習」などを授業に取り入れ、英語の身体化を目指します。 また、カナダ環境フィールドワークや英文論文作成により世界基準の思考方法や形式を習得します。

1年

2年

3年

高 1 では、シャドーイングでリ

開智未来メソッドによる「わか

1、2 年生の 基礎の 上に よ り ハ

スニング力と英語の自然なイン トネーションを培います。高 2 でカナダ環境フィールドワーク

る英文法」と、 「多読プログラム、 語彙力強化、速読演習」により、 英語力を徹底強化します。カナ

イレベルな、知的で難解な文章 の読解力、速読力、英作文力を

に向けて、与えられたテーマに ついて、英語を用いて自分の意 見を整理して伝えられるように

ダ環境フィールドワークでは現 地の高校生とディスカッション

定着させます。通常の問題演習 だけでなく、志望校に焦点を当 てた大学入試演習も徹底して行

を行い、英語論文を完成させま す。 高 2 の 間に、 英検 2 級取得 を目指します。

います。添削個人指導なども取 り入れ、個々の力を最大限に伸 ばします。

指導します。高 1 の間に、英検 準 2 級取得を目指します。

◦高 2 までに英検 2 級を取得 ◦TOEIC Bridge ◦GTEC for Students

▶ 特別受験講座

  [入試対策演習] ◦最難関大学対策講座 ◦志望大学対策講座

開智未来の 「英語」 バランスの取れた英語 4 技能 (読む・書く・聞く・話す)の習得

▶ シャドーイング・多読・速読

じんわり効いて英語体質になる

◦シャドーイング(高 1) NHK ラジオ講座を活用 ◦速読演習 ◦多読プログラム

7

▶ 英語の資格・全員必修の英語試験

身体化する英語!

▶ 英語活用力 ◦カナダ環境フィールドワーク(高 2) レクチャー・リサーチ・プレゼンテーション ◦環境英文論文の作成 ◦カナダ現地の高校生とディスカッション ◦「哲学」で外国人による英語の講義


[日本一の授業を目指しています]

▶ 作業・実践・体験

▶ 時事問題

◦授業内容の図式化

◦写真・図版・資料を読んで 何を 「気づく」か?

「社会が奥まで見えてくる!」を実感

▼ 開 智 未 来 の「 社 会 」

現実に迫る社会

▶ 特別受験講座

  [入試対策演習]

◦社会問題を「身近な問題」、 「リアルな問題」ととらえる ◦新聞ノートの作成

◦最難関大学対策講座 ◦志望大学対策講座

私たちがふだん生活しているところが社会です。その社会を学ぶわけですから、社会の授業は現実へ 迫っていくものでなければなりません。その基本的態度が「気づき」です。その気づきをよりよい社会 を築くための「問題意識」へと育てます。未来を支えるリーダーの育成。それが開智未来の理念です

1年 ◆世界史・現代社会

2年

3年

◆理系/地理必修

◆科目選択

と 社会認識を 深め ま す。 ま た、 「世界史マスターテキスト」など

ついて自分なりに推測し検証し ます。また、それらを正確に相

◆入試演習 理系はセンター試験で高得点を

のオリジナル教材も用います。 正確な知識の定着をはかるとと もに、知識を統合したり分析し たりする思考力も養います。

手に伝える論述力を鍛えます。 各科目の 知識や 理解を 結び つ け、社会を総合的・構造的に理解 する力を育てます。

目指します。文系は大学入試演 習を徹底し、最難関私大や国公 立個別論述問題で社会が「武器」 となるよう鍛えます。

ニュースや新聞から時事問題を 考え、 「1 分間スピ ー チ 」で 発表 し、 「気づき」から「問題意識」へ

◆文系/世界史・日本史・地理か ら2 科目選択します。 学びを進 めていく過程で生じた諸疑問に

開智未来の 「社会」

現実に迫る社会

進路に応じて科目を選択して興 味関心を深めるとともに、学力 を高めます。

▶プレゼンテーション力、

▶ 学びあう授業

説明力

◦ KJ 法、ブレーンストーミング、  ディスカッション、ディベート

◦ 1 分間スピーチ ◦因果関係を把握し、

◦グループワークによる シェアリング (知の共有化)

▼ 開 智 未 来 の「 理 科 」

探究する理科

 論理的に説明できる力

実験・実習

「事実は純粋だ!」を実感 磁石のように理科は事実に近づこうとします。そして、その態度は子どものようにとても純粋です。こ の態度を開智未来では「探究」と呼び、 「観察力・仮説力・分析力・実証力」の4つの力からなると考 えています。全員にこの4つの力を育てます。だから、理科は開智未来の基礎教科なのです。

1年

2年

3年

基本的な 実験・観察授業を 配置

2 年次より、文系、理系に分かれ

自然現象を 理科的言語( 数字、

し、自然現象に対し、興味関心 を抱く「探究的態度」を育成しま す。また、身の回りの現象に疑

て文系は生物、理系は化学及び 生物か 物理を 体系的に 学び ま す。いずれのコースであっても

化学式、 数式な ど )で 表現す る ことをさらに高めて、論理的思 考力の完成を目指します。これ

問を持つ態度を育成し、その疑 問に対し、自己解決できる知識・

単なる知識の暗記にならないよ う、授業では 「観察→仮説→分析

により、大学入試問題に挑む実 力とその結果が期待できます。

能力の獲得を目指します。また、 全員が基本事項の理解と習得す

→実証」の 思考プロセス を 重視 し、論理的思考力を高める理科

併せ て 大学入試問題演習を 行 い、 「 大学受験に 通用す る 力」へ

るよう全体指導します。

を展開します。

と高めていきます。

「身体が自在になる!」を実感 健康でないと健全な思考ができません。同じように、鍛えられた身体がないと勇気が湧きません。身体 は思考の基盤。そう考えて開智未来の体育を開発しました。身体を開きます。型を身に付けます。身 体コントロールを学びます。身体とは自分そのもの。身体が自在になれば自分は自由になります。

【ベスト・レコード・トライアル】毎年1学期に 「新体力テスト(文科省)種目」に取り組み、自己記録の向上を目指します。 【主要球技種目:サッカー(男子) /バスケ(女子) 】ボール操作を中心とした個人スキルの向上を図り、戦術に応じたゲ ーム展開の中で 「コミュニケーション・プレー」を極めます。 【市民マラソン参加】 「こいのぼりマラソン大会(12月、加須市) 」を目標に、走力・持久力を高めます。 (高1、高2)

【セブンミニッツ・エクササイズ】自分の体重を利用したり 【パワーヨガ】体重を支えながら一定の姿勢を維持して行 器具を用いたりして、自己の筋力に対して適切な負荷を設 う 「パワーヨガ」で体幹を鍛えます。10種類程度のポーズ 定し、様々なトレーニングに取り組みます。  を学習し、最終的には、 「セブンミニッツ・エクササイズ」 と して取り組みます。

【ダンス】 リズムダンスからヒップホップまで、身体を開放し全身で楽しく踊ります。 「C.M.(クリエイティブ・ムーブメ ント)発表会」を目標に、創造的な身体表現力を身につけます。 【器械運動】 「マット運動」と 「跳び箱」を学習します。“ 技 ” に挑戦し、身体コントロール能力を養います。 【日本剣道形】木刀を持ち“ やあー ”“ とう!” の掛け声で行う「日本剣道形」を学習します。我が国固有の伝統的な運動 文化に触れ、勝敗を競わず修練する中で品格を身につけます。武道のまとめとして、全員が演武会で発表します。

仮説力

実証力

分析力 IT 活用 論理的思考力

▶ 特別受験講座

  [入試対策演習]

探求する理科

◦最難関大学対策講座 ◦志望大学対策講座

開智未来の 「理科」

記録に挑戦し、 「勇気あふれる心身」をつくろう Challenging Records!

鍛えられた身体で 「姿勢」をつくろう Let’s Enjoy Training!

人間は「勇気」がないと新しいことに挑戦できませ ん。そして、チャレンジする精神は、思考を前向き なものにします。自己の記録に挑戦し、記録向上の 喜びを味わいましょう。

鍛えられた身体がないと「学びの姿勢」をとることが できません。この姿勢とは、身体だけでなく、 「精神 の姿勢」でもあります。様々なトレーニングに取り 組み、学びを支える身体をつくりましょう!

【自己記録への挑戦】 「ベスト・レコード・トライアル(室内5 種目・屋外 5 種目」に取り組み、自己記録の向上を目指します。 【持久力向上への挑戦】 二人でタスキをつなぐ「ペア駅 伝競走大会(中学)」や加須市主催「こいのぼりマラソン 大会(高校男子 10 km 高校女子 5 km )参加」を目標 に走ります。

【姿勢をつくる】 毎授業開始時に、 「アップウォーク & アップジ ョッグ」 「アップエクササズ」を行い、正しい歩き方・走り方のコツ を習得するとともに主運動のウォーミングアップをします。 【鍛えられた身体をつくる】 「パワーヨガ」で体幹を鍛え、落ち着 きを取り戻し高い集中力を獲得します。「器械運動(マット運動・ 跳び箱)」に取り組み、身体コントロール能力を鍛えます。

開智未来の 「体育」 自在な身体で 「表現力」 、 “氣”で 「集中力」

Physical Expressions & Concentration!

▼ 開 智 未 来 の「 体 育 」

思考する体育

観察力

思考する体育

「コミュニケーション能力」を 磨こう Let’s Communicate Through Playing!

身体とは自分そのものです。身体が開かれ自在になれば、思考を 多様に表現することができます。心を開きイメージどおりに自分 の体で表現できるようになりましょう。また、集中力も思考の重要 な要素です。“氣 ”の体得で質の高い集中力を身につけましょう。

学びには「コミュニケーション能力」が不可欠です。ボールゲーム (球技)では、“アイコンタクト”に代表されるコミュニケーション・ スキルが勝敗の明暗を分けます。個人スキルの向上とともにコミ ュニケーション・プレーを極めましょう。

【表現運動を学ぶ】  リズムダンスからヒップホップま で学習し、 「C .M .(クリエイティブ・ムーブメント)発表 会」を目標に、身体を開放し全身で楽しく踊りましょう。 【“氣” と“型”を養う】  木刀を持ち“やあー” “とう!”の 掛け声で行う「日本剣道形」を学習します。武道のまとめ として 「日本剣道形 演武会」で発表します。

【コミュニケーション・プレーを極める】 主要球技種目 (男子 :サッカー /女子 :バスケットボール)に取り組み、 ボール操作を中心とした個人スキルの向上を図るととも に戦術に応じたゲーム展開の中でコミュニケーション・ プレーを極めます。 各定期考査終了後に球技学習の成 果の場として、 「学年球技大会」を実施します。

8


5

MESSAGE

開智未来独自の教育活動 ハイクオリティな教育

校長による 「哲学」 「哲学」は全学年で校長自身が実施する授業です。開智未来の教育の支柱となる よう、 各教科の学習や他の教育活動と連動し、 学びを総合化します。 人間の生き方、 価値、社会の課題等を幅広く扱い、開智未来が掲げている 「志づくり (貢献教育) 」 の柱となります。 自分とは? 生きるとは? 幸せとは? 普段の授業では扱わないようなことを一緒に考えます。自分が大人になっていく ことを実感できるでしょう。校長が開発した「学びのサプリ」に基づき、聞く力、 メモする力、討議する力、思考する力等の学習スキルも学びます。 これまで扱ったテーマの一部を紹介します。 ○「6つの授業姿勢」を身体化する ○ 日本のリーダーになる ○ 頭を整理するということ ○ What is Culture?

○ なぜ学ぶのか ○「問題を解く」ということ ○ 大人が成長するのはなぜ難しいのか

未来ゼミ より高い知性とハイブリッドな学力の育成を目指して未来クラスの生徒を中 心に実施します。2学期は 「アメリカの高校『世界史』の教科書を使って学ぶ」 、 3学期は数学の 「整数論」のゼミです。大学の学習を先取りした講座です。

IT 活用力の育成 開智未来ではコンピュータを活用した学びを推進し、一人一人にアカウント を発行し責任を持たせています。IT リテラシーだけでなく IT モラルも育成し、 これからの時代に必要な IT スキルを育てます。論文作成、アンケート、レポー ト提出、発表等はコンピュータを活用します。また、HP には学習機能があり、 家庭学習の支援を行っています。また、話し���いや学び合いを HP 上で行う取 組も行っています。

論理エンジン 「論理エンジン」とは文章を論理的に読む力を身に付けるための教材で、1年 〜 2 年の国語で実施します。しかし、 この論理エンジンは単に国語だけでなく、 英語の読解力アップにも効果的です。また、論理的な思考力、文章力の基礎と もなります。日本人はロジックが弱いと言われています。国際社会で活躍で きる人材を育成するために、本校では論理力と英語力の育成に力を入れてい ます。

9


[世界水準の学びに挑戦します]

グローバリゼーション

カナダ環境フィールドワーク (2年)

国際人を育てるための海外研修プログラムです。 環境未来学の一環としてカナダの環境施設を利用 して環境について学びます。6~7名のグループに 1名のバディ(指導訓練を受けた大学院生)がつい て英語で生活をします。午前中は英語による環境 に関する講義、午後や夜は大自然の中で野外フィ ールドワークを行います。帰国後、英文論文を作 成します。こうしてツールとしての英語を徹底的 に身に付けます。

短期海外研修 (希望者)

希望者にはオーストラリア及びニュージーランド での「短期語学研修」やカリフォルニア大学バーク レー校での「次世代リーダー養成プログラム」が用 意されています。 「次世代リーダー養成プログラム」 は内外のトップクラスの高校生が参加するプログ ラムで、国際社会で活躍したい生徒向きのハイレ ベルなプログラムです。

10


6

MESSAGE

さらなる未来へ 学力向上

|全員を伸ばすための試みです|

プルアップ講座・ビルドアップ講座 「伸びない生徒はつくらない」いう考え方から、学習につまずきを素早く発見 し、必要な対応をします。この考え方を 「build-up」と言います。また、伸びた いと思っている生徒はぐんぐん伸ばしていきたいと思います。この考え方を 「pull-up」と言います。この考え方により、始業前の時間を活用して、プルア ップ講座とビルドアップ講座を実施しています。  プルアップ講座はさらに高いレベルの学びを求める生徒向けの講座です。 通常の授業より進んだ内容の学習をします。現在、数学と英語で 「東大・京大・ 医系コース」と 「旧帝大・早慶コース」の講座が行われています。  ビルドアップ講座は学習のつまずきの見られる生徒に基礎基本にまで立ち返って 教えます。個別指導を行うこともあります。面倒見のよさが開智未来のモットーです。

10 時間勉強マラソン 定期考査の約1週間前の日曜日に朝から夕方まで集団独習をする「10 時間勉 強マラソン」を実施しています。希望参加ですが、毎回8割近い生徒が意欲的 に参加します。 「こんなに集中して勉強したことは初めて」 「自信がついた」と 生徒たちにも好評です。スウィーツタイムでは先生方からのお菓子の差し入 れがあります。

教育課程 開智クラス

11


[未来を育てる-開智未来は 3 年半の成長プログラムです。]

進学対応

|トップレベルの大学に進学する学力を鍛えます|

勉強合宿 夏期休業中に実施します。 開智未来の勉強合宿は他の学校で行われてい るような、講習中心の “ 缶詰合宿 ” ではありません。学び合いや集団独習、 さらには生徒が講師となる講座、超早朝学習などさまざまな工夫がなされ ています。ねらいは 「学びの姿勢づくり」と 「学びの集団づくり」です。

春期講習・夏期講習・冬期講習 全員参加の講習です。高校2年までは英語・数学・国語を、高校3年は5 教 科を行います。夏期講座は前期・後期合わせて13 日間で、基本事項を徹底 して習得します。

進学講習 高校2年から0 時間目と放課後に毎日実施します。東大・医学系講座、早 慶講座等、目標大学のレベルに応じた編成をします。開智未来の進学講習 ならば予備校は不要です。

未来クラス

12


7

MESSAGE

開智未来の生活

部活動 「朝は学習、 放課後は活動」が開智未来の生活です。 開校以来在校生も増え部活動も活発になりました。勉強との両立を目指し週5日の活動です。 部活動の他にも企画活動というシステムがあり、5人以上のメンバーを揃えるなど条件を整え、 その企画が承認されれば1年間の活動が認められます。

運 動 部 文 化 部

陸上部/サッカー部/バスケットボール部/バドミントン部/ 軟式野球部/硬式テニス部/卓球部/ダンス部/空手道部 科学部/英語部/囲碁将棋部/コーラス部/情報部

委 員 会 活 動・M S M( 未 来 スタッフミーティング) リーダーの育成を掲げる開智未来では委員会活動を重視してい ます。月に2回定例委員会を開き、学校の課題について自分たち で解決していきます。各クラスでもクラス代表が中心となってク ラスの課題を解決していきます。また、教科委員制度があり、ク ラスの教科学力の向上に関するリーダーとなるとともに開智未来 の学びづくりに関わっていきます。  クラス代表者会議の委員長及び 各委員会委員長等によりMS Mが組織され、学校全体の取組を企画・運営します。いわゆる生 徒会執行部に当たりますが、組織化されているところが本校の特 徴です。

13


[ゆたかな人間を育てる-校訓は『自律』と『正義』]

学校行事 未 来 祭 文化祭実行委員会が 中心となって「 自律」 の精神で開校1年目から開催しています。 毎年テーマが決められ、クラスや有志団体 が一致団結し、そのテーマを表現する一大 イベントです。知性とアミューズメントの 融合が未来祭のコンセプトです。

体 育 発 表 祭 体育発表祭は、アップエクササイズ、パワ ーヨガ、未来ダンス、未来体操など「思考 する体育」の発表と、クラス対抗で繰り広 げられる集団競技からなります。クラス 全員リレーや身体表現パフォーマンスに よる 「クラス応援合戦」で盛り上がります。

合 唱 祭 開智未来では身体開放・身体表現の一つと して合唱を重視しています。 体育で行う パワーヨガで呼吸を学び、ヴォイストレー ニングを行い、歌声をつくっていきます。

14



開智未来高校学校案内2013