Page 1

Encounter, Portfolio 遭遇、ポートフォリオ


Tianhui Li tli149@syr.edu Syracuse University School of Architecture Bachelor of Architecture

Fall 2018 ~ Spring 2019 ARC107 Achitectural Design I

Professor Gregory Corso

Nathalie Brock

ARC108 Architectural Design II

Professor Hannibal Newsom

Zexi Tang

ARC181 Representation I

Professor Ted Brown

Professor Nicole McIntosh

Azadeh Samiei

Minglu Wei

ARC182 Representation II

Professor Molly Hunker

Shinho Kang

Kokeith Perry

李 天蕙 tli149@syr.edu シラキュース大学 建築学部 2018 秋学期〜 2019 春学期 ARC107 建築設計 I グレゴリー・コルソ(教授) ナタリー・ブロック ARC108 建築設計 II ハニバル・ニューソン(教授) ジェシー・タン ARC181 表現 I テッド・ブラウン(教授) ニコール・マッキントッシュ(教授) アザデー・サミエ ミンルー・ウェイ  ARC182 表現 II モリー・ハンカー(教授) シンホ・カン コキィース・ペリー

 


Contents

Architectural Design Space, Landscape 006 Analysis, Connecting 018 Cube, Activated 024 Context, Interpret 030 Respond, Extend 046 Representation LEGO, Play 066 Drawing, Perspective 070 2D Typography 076 3D Alphabets 080 3D Fabrication 094 3D Features 102


目次

建築設計

空間、風景

006

分析、繋ぐ

018

立体、活性化

024

コンテクスト、解釈

030

反応、延長

046 表現

レゴ、遊ぶ

066

ドローイング、遠近法

070

2D  タイポグラフィ

076

3D アルファベット

080

3D 製作               094

3D フィーチャー

102


ARC107

A private house which includes studio for twin artists. The site is a slope which faces a lake. In this project, I focused on how to take advantage of the slope, the view of the lake, and the sequence towards the lake.

Space, Landscape 空間、風景

湖に面した斜面に、双子のアーティストのために自宅兼スタ ジオを設計するプロジェクト。斜面という地理的条件、湖を 望む風景をどのようにして生かすか、斜面から湖に向かう動 線についてフォーカスした。


008


My concept is by compressing and expanding

このプロジェクトのコンセプトは空間をコンプ

spaces

レスすることやエクスパンドすることによって

to

make

moving

and

stoping.

部屋として長時間滞在する空間とパッセージと し て の 性 格 が 強 い 空 間 を 創 り 出 す こ と で あ る。

I

have

which

To I

main

are

space, and

5

こ の プ ロ ジ ェ ク ト は 水 庭、 ダ イ ニ ン グ、 生 活 と

garden,

dining

仕 事 の バ ッ フ ァ ー ゾ ー ン、 ス タ ジ オ、 庭 と い う

living

五 つ の 滞 在 す る た め の 部 屋 で 構 成 さ れ て い る。

separation

connect used

point

points

water

working,

twins

stopping

studio,

these

to

move

and

outdoor.

stopping

compressed can

between

spaces,

from

the

other

first

and

points,

one

so

the

こ れ ら の 滞 在 空 間 を 繋 ぐ 方 法 と し て コ ン プ レ ス さ れ た 空 間 を 用 い た。

stopping

stopping

points.

connecting

第 一、 第 二 の 連 結 点 に お い て は ヴ ォ イ ド を 用 い て

points, I used voids to compress them.

コ ン プ レ ス さ れ た 空 間 を 創 り 出 し た。 第 三、 第

For

四 の 連 結 点 に お い て は ヴ ォ リ ュ ー ム を 用 い た。

For

the the

third

second

and

fourth

connecting

points, I used volumes to compress them.

For

organization,

which and

are one

I

have

for

living

void

for

volumes

このプロジェクトは生活のためのヴォリュームと

working,

仕 事 の た め の ヴ ォ リ ュ ー ム、 そ し て こ の 二 つ の

two

and

transition.

緩 衝 と し て は た ら く ヴ ォ イ ド で 構 成 さ れ て い る。

In living space, I want twin to share

生活のための空間では双子に空間を共有して使用し

the space, so I used layering which is

て も ら い た い の で、 空 間 を 動 線 と は 垂 直 の 方 向 に 配

perpendicular to the circulatioin direction.

置 し た。 一 方 で 仕 事 の た め の 空 間 で は 二 人 の 空 間 を

However, in studio, I want to separate the

分 け た い と 考 え、 生 活 空 間 で 用 い た 空 間 配 置 を 9 0

twins' space, so I rotated the layering I

度 回 転 さ せ た 配 置 を と っ た。 こ の 配 置 は 双 子 を 自

used in living space 90 degrees. This-way

然 と 庭 に 導 く 動 線 を 強 調 す る は た ら き も し て い る。

layering also guides twins to outdoor, too. To have a dialogue with the context, I

湖を望む風景という地理条件を生かすため水庭を造っ

made a water garden; when you stand in

た。これにより、湖と連続する借景の効果が生まれる。

front of the entrance, you can feel as if the water garden continues to the lake. 009


010


011


012


013


014


015


016


017


ARC107

Analysis of M House, Tokyo, Japan, by SANNA. I analyzed how voids connect volumes and create a spacial rhythm. Based on this analysis, I developed the design logic of the lake project.

Analysis, Connecting 分析、繋ぐ

SANNA による M House(東京、日本)のケーススタディ。  ヴォイドがヴォリュームをどのようにして繋ぎ、空間にリズ ムを創り出しているかについて分析した。 このケーススタ ディによって得たロジックを湖のプロジェクトに応用した。


The organization of M House is simple; it

M House は長方形の空間の集合によってシンプルに構成

is a collection of boxes. However, the

されている。しかし、その空間構成は緻密である。部屋

arrangemet of the boxes is well-organized.

として機能するヴォリュームは3つのヴォイド、すなわ

The boxes, or volumes, are divided by

ち中庭によって分けられている。この中庭によって客間

three voids which are courtyard. The

などの公的空間と家族のための私的空間が区別される。

voids separate public space for guest and private space for the owner's familly.

020


Since M House is located in the middle of

M House は 都 心 に 位 置 し て い る た め、 プ ラ イ バ シ ー

Tokyo, ensuring pivacy is an important

の 確 保 は 設 計 に お い て 重 要 な 要 素 で あ る。SANNA は

issue. SANNA solved this problem by putting

生活空間を地下に配置することによりこの問題を解決

living space underground. However, this

した。しかし、この配置は同時に別の問題を生み出し

arrangement caused another problem; how

た。すなわち十分な採光の確保である。SANNA は中庭

to take enough natural lighting? They

を、公私を分けるものだけでなく、光を取り込む開口部

used the courtyard; besides acting as

としても機能させた。また、内部に入る光の量をコン

separation between public and private, the

トロールするために異なるマテリアルを使用している。

courtyard also acts as thresholds which take lights in. To controll how much lights can enter the interior, M House also use different materials to controll transpancy.

021


022


023


ARC107

Started from a simple cube, we started to think how space can be spacial. In my case, I started to study U-shapes: how U-shape can create a space when they intersect, overlap, or rotate. Based on these study, I activated a simple cube to a spacial object.

Cube, Activated 立方体、活性化

この課題ではシンプルな立方体がどのように分割されること によって空間的なものになるかをスタディした。私はコの字 型が互いに交差した時、重なった時、回転した時、どのよう に空間を形作るかスタディした。この試行によって最終的に はコの字型による空間的なオブジェクトをつくりあげた。


026


027


028


029


ARC108

A pavilion in the Everson Museum, Syracuse. We analyzed the relationship between the Everson

Museum

and

Syracuse.

Then,

we

interpreted and applied the relationship to design of the pavilion.

Context, Interpret コンテクスト、解釈

エヴァーソンミュージアム(シラキュース)の敷地内にパビ リオンを設計する。ミュージアムとシラキュースがどのよう に関連しあっているか、分析することから始め、その関係性 を解釈し、パビリオンのデザインに当てはめた。


Add roof Add roof Create shaded space Create Stopping/gathering shaded space Stopping/gathering

Divide L shape Divide Controll L shape view/movement Controll view/movement stopping/moving stopping/moving

Elevate L shape Enable to sense the activity happening in the other side of a wall Moving/turning

t

Add roof Create shaded space Stopping/gathering

032

Divide L shape Controll view/movement stopping/moving

Rotate L shape Create narrowed and expanded spaces Stopping/moving

Elevate L shape Enable to sense the activity happening in the other side of a wall Moving/turning

Rotate L shape Create narrowed and expanded spaces Stopping/moving

Elevate L shape ElevateEnable L shape to sense the activity Enable to sense the activity happening in the happening in side the of a wall other other side of a wall Moving/turning Moving/turning


My

concept

by

creating

by

passing

movment

本プロジェクトのコンセプトはパビリオンの

enriched

experience

敷地を通ることによって生まれる豊かな体験

through

the

に よ り、 動 線 を コ ン ト ロ ー ル す る こ と で あ る。

is

controling

site.

The site serves as a gate between dense

エ ヴ ァ ー ソ ン ミ ュ ー ジ ア ム は、 人 や 建 物 が 密 集 し た ダ

downtown area and sparse residential area.

ウンタウンと人や建物が分散した住宅地の間に存在す

There are also several gate points created

る 門 と し て 機 能 し て い る。 門 と し て 機 能 す る 地 点 は

by hierarchy/ hight difference of trees

ミ ュ ー ジ ア ム の 敷 地 内 に も 何 箇 所 か あ り、 そ れ ら は 樹

and ground levels. I used these exsisting

木 や 地 面 の 高 低 差 に よ っ て う み だ さ れ て い る。 私 は こ

gate points to emphasize transitional

れ ら の 既 存 す る 門 を 利 用 し て、 二 つ の 異 な る 環 境 を 繋

moments. I regard the downtown as active

ぐ空間としてのパビリオンの敷地を強調したいと思っ

space and residential area as passive

た。 私 は ダ ウ ン タ ウ ン を ア ク テ ィ ブ な 空 間、 住 宅 地 を

space, so as you move from residential area

パッシブな空間とみなし、住宅地からダウンタウンへ繋

to the downtown, you can experience the

ぐ動線がより活発に、より大きくなるように設計した。

intensity, activity, and momentum increase.

To

control

movement,

to

prototype

I

L-shapes.

started

動線をコントロールするため、L 字型のスタディを始めた。

Then,

L 字型を変形したり、組み合わせることによって様々な機能

I

modulated/ combined L-shapes to create various

functions

and

を持った空間を創りだし、豊かな体験ができるようにした。

experience.

033


034


035


036


1

2

4

3

B

5

A

6

1/16” plan a

037

A


A

B

038


039


040


041

1/16� sections


3

2 1

2

3

042

4 4

5


Use different scale to have same language/dialogue

1

1

Moving/turning

2

4

3

1/16� sections 3

4

6 5

6

Perspectives

5

Pe

5

043


b 044


1/16” sections

045

1/32” site sections


ARC108

An archive for butterflies in 508 W 20 St, New York, NY 10011. The site is next to the High Line, therefore, I had to consider how my project responds this special context. In my case, I decided to extend the context's language.

Respond, Extend 反応、延長

ニューヨーク市に位置する、蝶の記録保存館。敷地はハイラ インに隣接している。この特殊な地理条件にどう反応するか 考慮した。私はコンテクストの性質を敷地にも延長した。


and enriching the internal experience. The water garden is for enriching for internal experience. You can see outside form the water garden.

S T U D Y

O F

F R A M E S

STUDY OF FRAMES

Frames can play various roles Frames can play various roles in

in d espace, f i nview i n experience, g space, defining

view

etc. To create rich internal experience, etc. To create rich experience, I started to study what frames can do. internal experience, I started

to study what frames can do. O

V

E

When

R

L

A

frames

P

P

I

N

overlap,

G

they

OVERLAPPINGwhat you can see. It regulate When frames overlap,to theyonly see part of enables people regulate what you can see. It

the space enables people behind to only see the frames, or part of the space behind the

toframes, see orwhat I want people to see. to see what I want people to see.

S

C

If

A

you

L

change

SCALING

I the

N

G

scale

of

frames, they can be from chairs If you change the scale of frames,

to o obe k from s hchairs e l v to e sbook . By theybcan

scaling

shelves. By scaling frames, you

frames, can have the same can have theyou same language for designing spaces. language for designing spaces.

U

N

F

O

L

D

I

N

G

By simply unfolding a frame, th e surface UNFOLDING

of

the

frame

can be a floor, a wall, and By simply unfolding a frame,

a thersurface o o f of athe t frame the

same

LAYERING

UNFOLDING

can be a floor, a wall, and a roof at the same time.

OF

time.

By layering unfolded frames, they can be a staircase. If you extend this, they can create bookshelves, chairs, or desks. LAYERING OF UNFOLDING Furthermore, if they start to By layering unfolded frames,

they can be a staircase. fold again, they will be floors, If you extend this, they can

walls, and roofs toor create spaces. create bookshelves, chairs, desks. Furthermore, if they start to fold again, they will be F floors, R Awalls, M and E roofs S to I N create spaces.

P L A N

When you think frames in 2D, you

realize

frames

can

also

control movements. At the same FRAMES IN PLAN

time, narrowed view can create When you think frames in 2D,

d iyou n arealize m i c frames s e ecantalso h rcontrol ough movements. At the same time, narrowed view can create dinamic see through moment.

048

moment.


My concept is creating different levels

本 プ ロ ジ ェ ク ト の コ ン セ プ ト は 二 つ の フ ァ

of privacy by using two facades. The site directly faces the High Line, so besides the street which the site faces, the site has two points The site faces both a street and the High which is seen by a lot of people. Line, so it has different relationships with

サ ー ド を 設 け る こ と に よ っ て 異 な る レ ベ ル

them. For the relationship with the High

ンが非常にパブリックでオープンな空間となっている一

Line, I realized that while the High Line is

方、ハイラインに隣接する建築物は非常にプライベート

very open and public, the buildings facing

で 閉 ざ さ れ て い る こ と に 気 づ い た。 ハ イ ラ イ ン か ら 隣

the High Line is very closed and private.

接 す る 建 築 物 の 内 部 を 覗 こ う と し て も 困 難 で あ る。 ハ

So, you cannot really see the interior of

イラインの下に位置する通りには何店かアートギャラ

the buildings. For the context below the

リ ー が あ り、 フ ァ サ ー ド が ガ ラ ス 張 り と な っ て い る た

High Line, there are several art gallaries

め、外から容易に中を覗くことが可能である。このこと

whose facades are made of glass, so you

から通りに隣接する建物は比較的オープンであるといえ

can see the interior. Therefore, it can be

る。私はこの二つの異なるレベルのパブリックネスを活

said that

かし、保存記録館のデザインに延長したいと思った。そ

SITE

the street context is relatively

open and public. For my design, I want to maintain and extend these two defferent TWO FACADES levels of publicness, so I created two To attract people both on the the High Line and the street. facades for High Line and on the street, I decided to have two facades. For the street facade, I cut a corner of the site to let people see the theForstreet inside of theFor project. the Hignfacade, I cut a corner of the Line facade, site I used frames to let so that the interior of the diagnally people only see inside partially to project can be seen from the street. Behind keep the language of the relationship between the Hign Line the cut facade, there is a butterfly garden and buildings facing the Hign Line. which serves as an attraction for people on

の プ ラ イ バ シ ー を つ く り だ す こ と で あ る。 敷地は通りとハイラインに面しており、それぞれと異な る関係性を持っている。ハイラインにおいて、ハイライ

のために二つの異なるファサードを設けることにした。

まず、通りに面するファサードについて、敷地の一角を 斜めに切ることによって建物の内部を通りから覗けるよ うにした。斜めに切った断面のガラスの壁の奥にはバタ フライガーデンを設置し、通りにいる人を惹き寄せる役 割を担わせた。ハイラインに面するファサードについて

the street. For the High Line facade, I used

は、フレームを用いることによって外部からどの程度内部

frames to control what people can see. Even

を覗けるかコントロールした。これによってハイライン

though the facade is all glass, you cannot

に面するファサードが全面ガラス張りであるのにも関わ

see all of the interior of the project.

らず、内部を全て覗くことはできないようになっている。

GARDENS Inside of the project, there are two gardens. The butterfly garden is for attracting people on the street and enriching the internal experience. The water garden is for enriching for internal experience. You can see outside form the water garden.

049


050


051


1. Entrance Hall

1

1

2

4. Courtyard

4. Courty

5. Exhibition

5. Exhibi

6. Bath Room

6. Bath R

7. Viewing

7. Viewin

8. Water Garden

8. Water

9. Office

9. Office

2

3

4

1. Entran 2. Butterfly Garden2. Butter 3. Reading Room/ Archive 3. Readin

3

4

5

052


Long Section

nce Hall

N

rfly Garden

ng Room/ Archive

yard

ition

Room Short Setion

ng Garden

e

6 5

9 7

8

6

053


054


055


056


057


058


059


060


061


062


063


064


065


ARC181

We combined 2 LEGO parts and made an object. First digital analytical drawing.

LEGO, Play レゴ、遊ぶ

2種類のレゴパーツを組み合わせて一つのオブジェクトを 作った。デジタルでのアナリティカルドローイングの第一歩。


068


069


ARC181

one-point

and

two-point

perspective

representation.

Drawing, Perspective ドローイング、遠近法

一点および二点透視画


072


073


074


075


A


ARC182

What makes form beautiful? What is the logic behind form? We started to explore the potential of form by using Helvetica.

2D Typography 2D タイポグラフィ

何がかたちを美しくするのだろうか。かたちの裏に潜んでい るロジックとは何だろうか。ヘルベティカという字体を用い てかたちが持つ可能性を探る。


Original Letters

ARC182: Representation II

Geometric Logic Alphabets

New Letters

Exercise 01A Li, Tianhui

Geomtric Logic

図形的論理

I started to analyze the logic behind the

オ リ ジ ナ ル の ヘ ル ベ テ ィ カ の 字 体 を 支 配

original Helvetica letters. Then, by using

す る 図 形 的 論 理 を 分 析。 こ の 分 析 に 基 づ

the logic, I created my own new letters. 078

い て 新 し い 独 自 の か た ち を う み だ し た。


Nested

ARC182: Representation II Alphabets

Exercise 01B ROTATION Tianhui Li

Overlapped

Spacial Figures

ARC182: Representation II Alphabets

空間的かたち

Exercise 01B ROTATION Tianhui Li

I combine, scale, and rotate the letters I

新 し く う み だ し た か た ち を 組 み 合 わ せ、 拡 大 縮 小 し、

created to explore new potential of figures.

回 転 す る こ と に よ っ て か た ち の 新 し い 可 能 性 を 探 る。 079


A LPHA


ARC182

From 2D to 3D, the possibility of form expands more.

3D Alphabets 3D  アルファベット

平面から立体へ、かたちの可能性は更に。


多様性と変異

Variation and Mutation

ARC182: Represe

As a first step to move from 2D to 3D,

平面から立体へと移る第一のステップとして、ファセット、

I

膨張、一筆書きの曲線、という3つのテクニックを使用。 Exercise 02

used

are

3

different

faceted,

curvalinear possibility 082

technique,

inflated, linework, of

my

and to

which

connected

explore

spacial

the

figures.

Alphabet

Tianhui Li


entation II

ts

2A i

083


DESCRIPTION OF TECHNIQUE

DESCRIPTION OF TECHNIQUE

DESCRIPTION OF TECHNIQUE

DESCRIPTION OF TECHNIQUE

TOP VIEW

ELEVATION

B A

Blocks rotated in section

Cut Lines

Blocks rotated in plan

ARC182: Representation II Alphabets

Exercise 02C Blocks Tianhui Li

3D Alphabetic Variations, Geometric Logic,

3D アルファベット的多様性、図形的論理、作成プロセス

Construction Process I

transformed

using

block

profiles, 084

the

figures

rearrangement,

and

booleaned

by

swept

profiles.

か た ち を ブ ロ ッ ク の 再 構 成、  ス ウ ィ ー プ プ ロ フ ァ イ ル、 ブ ー リ ア ン プ ロ フ ァ イ ル に よ っ て 変 形。


BLOCK ARRANGEMENT 1: BLOCKS ROTATED IN PLAN AND SECTION

BLOCK ARRANGEMENT 2: BLOCKS ROTATED IN PLAN AND SECTION

BLOCK ARRANGEMENT 3: BLOCKS ROTATED IN PLAN AND SECTION

ARCH 182: REPRESENTATION II ALPHABETS EXERCISE 02B Tianhui Li

085


DESCRIPTION OF TECHNIQUE

DESCRIPTION OF TECHNIQUE

TOP VIEW

ELEVATION

B A ARC182: Representation II Alphabets

Exercise 02C Sweep Tianhui Li

086

DESCRIPTION OF TECHNIQUE

DESCRIPTION OF TECHNIQUE


SWEPT PROFILES 1: 2 PROFILES SWEEP BETWEEN 1:2

SWEPT PROFILES 2: 3 PROFILES SWEEP BETWEEN 1:2, 1:3

SWEPT PROFILES 3: 4 PROFILES SWEEP BETWEEN 1:2, 1:3, 3:4

ARCH 182: REPRESENTATION II ALPHABETS EXERCISE 02B Tianhui Li

087


DESCRIPTION OF TECHNIQUE

DESCRIPTION OF TECHNIQUE

TOP VIEW

ELEVATION

B A ARC182: Representation II Alphabets

Exercise 02C revolve Tianhui Li

088

DESCRIPTION OF TECHNIQUE

DESCRIPTION OF TECHNIQUE


BOOLEAN PROFILES 1: 2 PROFILES EXTRUDED PERPENDICULARLY TO ONE ANOTHER BOOLEAN 2OBJECTS RESULT

BOOLEAN PROFILES 2: 1 PROFILE EXTRUDED PERPENDICULARLY, 1 PROFILE RESOLVED IN PLAN BOOLEAN 2OBJECTS RESULT

BOOLEAN PROFILES 3: 1 PROFILE REVOLVED IN PLAN, 1 PROFILE REVOLVED IN SECTION BOOLEAN 2OBJECTS RESULT

ARCH 182: REPRESENTATION II ALPHABETS EXERCISE 02B Tianhui Li

089


Part 1

Part 2 3

1

6

4

6 2 5 4

3

5

1

Part 3 Part 2 2

ARC182: Representation II Unfolding

Exercise 02D Li, Tianhui

Part 1

分析的図解

Analytical Drawing Objects have

created

their

drawings

090

own

show

by

several

logic. the

techniques

様々な手法によってつくりだされたかたちは独

Analytical

自 の ロ ジ ッ ク に よ っ て 成 り 立 っ て い る。 分 析

hidden

logic.

的 図 解 は そ の 見 え な い ロ ジ ッ ク を 可 視 化 す る。


Part 3

091 ARC182: Representation II Kit-of-parts Exercise 02D Li, Tianhui


Vertical sections

Horizontal sections

Diagnal

ARC182: Representation II Contouring (with surface) Exercise 02D Li, Tianhui

Vertical sections

Horizontal sections

ARC182: Representation II Contouring (without surface) Exercise 02D Li, Tianhui

092

Diagnal


i

h

g

f

e

d

c

b

a

b

c

d

e

f

g

h

i

a

ARC182: Representation II Serial Sectioning Exercise 02D Li, Tianhui

093


A LPHA BET


ARC182

Materials, fabrication methods, and other components influence how models look like. By using three defferent fabrication methods, which are unrolled surface, layered contour, and eggcrate, I experimented various way of representation.

3D Fabrication 3D 製作

材料や、製作方法、その他の要素は模型が何を伝えたいのか、 ということに影響を及ぼす。サーフェスのアンロール、輪郭 のレイヤリング、エッグクレートという3つの異なる手法を 用いて様々な表現方法を試した。


5

1

4

6 3

2

ARCH 182: REPRESENTATION II BLOCKS EXERCISE 03A Tianhui Li

096


1 2

6

3

4 5

8 9 7

10 11 12 13

14 15

16

17 18 19 20 21 22 23 24 25 27 26 28 29 31 30 32

ARCH 182: REPRESENTATION II CONTOURING EXERCISE 03A Tianhui Li

097


bi b19

a1 a20

ARCH 182: REPRESENTATION II WAFFLE EXERCISE 03A Tianhui Li

098


099


100


101


A LPHA BETS


ARC182

I further developed ideas of interior and exterior, thickness, envelope, cosmetic, and environment.

3D Features 立体フィーチャー

内部空間と外部空間、厚さ、エンベロープ、コスメティック、 環境について更に考察した。


Plan 2

Plan 2

ARCH 182: REPRESENTATION II ALPHABETS AXON EXERCISE 04B Tianhui Li

Containers

Plan 1

ARCH 182: REPRESENTATION II ALPHABETS PLANS EXERCISE 04B Tianhui Li 容れ物

Now I conceived of my alphabet objects

う み だ し た か た ち た ち を 内 部 空 間 と し て 考 え、 彼

as

ら を 混 合 し た り、 分 離 す る こ と に よ っ て 一 つ の

interior

themselves other,

volumes

among

together

that

and

forming

situate

against a

each

collection

of parts within one building envelope. 104

外 殻 に 覆 わ れ て い る 部 分 の 集 合 体 を 創 り だ し た。


Plan 1 Plan 1

Plan 2

Plan 2

ARCH 182: REPRESENTATION II ALPHABETS PLANS EXERCISE 04B Tianhui Li

Plan 1

Plan 1

105


ARCH 182: R ALPHAB EXER Ti

106


REPRESENTATION II BETS SECTION 04B :RCISE REPRESENTATION II ABETS SECTION ianhui Li XERCISE 04B Tianhui Li

107


レンダリング、イメージビジュアライゼーション

Rendering, Image Visualization like

ド ロ ー イ ン グ と 同 様、 レ ン ダ リ ン グ と イ メ ー

drawings, can take on various styles; they can

ジビジュアライゼーションは様々な表現スタ

be both abstruct

イ ル を と る こ と に よ っ て 異 な る 考 え を 伝 え る。

Rendering

and

image

visualization,

and photo realistic, and

defferent styles convey defferent thoughts.

108


109


110


111


Profile for Tianhui (Tenkei) Li

Encounter/遭遇  

Portfolio/ポートフォリオ, 2018 Fall ~ 2019 Spring, SoA

Encounter/遭遇  

Portfolio/ポートフォリオ, 2018 Fall ~ 2019 Spring, SoA

Profile for tianhuili
Advertisement