Page 1

Tetsuya Yamamoto

Slide Whistle Trio for 3 Slide Whistles (2011)

山本 哲也

スライドホイッスル三重奏曲 ―3 本のスライドホイッスルのための (2011)


! スライドホイッスル三重奏曲 “Slide Whistle Trio” (2011) for Slide Whistle Trio

! Instruments 3 Slide Whistles I recommend that players should require same instruments or all different one. ここで使用する楽器は、全て同じ種類の楽器 3 種類か、全て違う種類の楽器 3 種類とすること。

! Composer’s Note Slide whistle is an aerophone which has a slide like a trombone. In the ensemble, percussion players usually play this instrument and they treat it as effective way. In this case, you can't really make certain sound anyway by this instrument. So I noted pitches as approximately pitches. This piece has theme first, then you can see very Slide whistlelike theme. And there will be both mixed things after that. This might be ritornello form. By the way, in the last part of the piece, I noted actual sounds. I think this can be felt as a kind of Japanese sense of humor. In addition to that, this instrument is really depends. I recommend that players should require same instruments or all different one. (Translated by Katsunari NAKAHORI) スライドホイッスルは気鳴楽器で、奇数倍音列を持つ閉管構造の管楽器である。トロンボーンのようなスラ イドを持ち、これを動かすことで音を段階なしに変化させる。合奏においては打楽器奏者が担当し、楽器の使 用方法としては普通はエフェクティブな取り扱われ方になる場合が多い。この場合、音は絶対音による指定で はなく、「だいたいこの辺からこの辺まで」という相対音による図形的な記譜となる。本作も、ほぼ全編にわ たって相対音による記譜法を用いている。 曲の構成は、テーマが奏され、次にスライドホイッスルでの演奏を前提とした性格的なモチーフが奏され、 その性格とテーマを融合させたものが奏され、そしてまた新しい性格的なモチーフが奏され…というリトルネ ッロ形式のような展開を持つ。 なお、全曲中の最後にだけ絶対音による音高指定をした。楽器の伝統的な使用法や冒頭からの継続性から鑑 みると、この「オチ」は極めて異質に響くだろう。 また、スライドホイッスルという楽器はメーカーや機種によって音域、音質、吹奏感、スライドの抵抗感な どの個体差が大きい。よって使用楽器の選択も重要となってくるが、作曲者としては 3 本とも同じ種類の楽器 を使用するか、3 本とも違う種類の楽器を使用するかのいずれかを推奨する。 2011 年 6 月から 7 月にかけて作曲、演奏時間は 4 分 30 秒。


! Composition's Date Composed in June - July, 2011 / 作曲年: 2011 年 6 月∼7 月 Duration: 4 min. 30 sec. / 演奏時間: 4 分 30 秒 Published Score: None / 未出版 YouTube: http://youtu.be/iA5eLCzT_OU / 初演時の動画 SoundCloud: http://soundcloud.com/tetsuyayamamoto/slide_whistle_trio / 初演時の録音

! First Performance Sep. 25, 2011 - Saitama, Japan Young Composers' Association "Shining" 4th Concert Goki Hosokibara, Takafumi Maki, Tatsuya Ono (Slide Whistles) 2011 年 9 月 25 日(日) 和光市民文化センター・サンアゼリア 小ホール 作曲の会「Shining」第 4 回作品展 細木原豪紀、槇尭史、小野達也 (Slide Whistle)

! Setting

Player I Player II

Player II Player III

or

Player I

Player III

(July 21, 2012)

Copyright (C) Tetsuya YAMAMOTO http://tetsuyayamamoto.net / olivieryamamoto@gmail.com


Notation: This score is written in relative pitch. このスコアは相対音程によって書かれている。

œ

œ

lowest tone / highest tone of the instruments その楽器における最低音 / 最高音

>

lip pizzicato (slap tonguing)

Ͼ

flutter tonguing

`~~~~~~~ œ

リップ・ピッツィカート…"p"や"t"のシラブルで破裂音(子音)を強調して発音する。

フラッター・タンギング…巻舌のようにrrr...と舌を振動させて発音する。 作曲者は粗い音を想定しているため、喉よりも舌のフラッターを推奨する。

shaking slide

!

œ ·

shaking slide to left and right or up and down. (quasi bisbigliando) スライドを左右に細かく揺すって同音トリルのような効果を出す。 出来ない楽器の場合、上下に細かく揺すってこの効果を模倣する。

play with voice (sing)

声を出しながら(歌いながら)演奏する。

making overtone sound, ad lib.

強めに息を吹き込み、倍音を出す。

Annotation in the score: 譜面中の訳注: *1) Each player may be inserted "shaking slide" ad lib, disregard the tempo, 2 - 4 times in all. But at least one player who play as original score. Inserting "shaking slide" may be play with variations (duration, pitch, dynamics), but must not to rise motif.   各奏者は任意で"shaking slide"を挿入してもよいが、必ず1人は譜面通り演奏している人がいなくてはならない。   その際、音価・音高・強弱などの変化は任意とするが、上行音型での演奏は好ましくない。 *2) Voice part is as high as possible, preferably in the range of the instrument.   声はなるべく高音で、かつ演奏される箇所の楽器の音域内の音が望ましい。 *3) Improvisation Section: based on the motif has emerged so far. Each other not have to synchronized tempo, rhythm and so on, but rather it is desirable to stagger actively. In addition, to encourage all of them any variation. Interpretation example is short single note grain gradually making chaotic sound, will converge to the grainy again.   これまで出現してきたモチーフを元に即興演奏を行う。テンポ感は同期させる必要はなく、むしろ積極的に   ずらすのが望ましい。また、それらのあらゆる視点からの変奏も奨励する。短い単音による粒がだんだん   増殖し錯乱状態に至り、そこから再び粒音に収斂していくプロセスとなるよう演奏するのが作曲者の理想である。 *4) Cadenza: closer to the written pitch as possible. In this section, "Dominant and Tonic" are very important, play with a humor.   楽器の性質上多少の音程のズレはやむを得ないが、なるべく記音に近づけるよう努力する。   カデンツ(終止形)なので、終止感を大切にするためテンポを落とすのはむしろ奨励する。


スライドホイッスル三重奏曲

Score

"Slide Whistle Trio" for 3 Slide Whistles (2011) q = 112

Slide Whistle I

Slide Whistle II

Slide Whistle III

(x7)

/ 34 œJ ‰ f

(x7)

.. œ

œ ‰ œJ ‰ .. œ J

.. œ

œ ‰ œJ ‰ .. œ J

/ 34 œJ ‰ f

.. œ

œ ‰ œJ ‰ .. œ J

/ 34 œJ ‰ f

I

/ .. œ

œ ‰ œJ ‰ .. œ J

II

/ .. œ

œ ‰ œJ ‰ .. œ J

5

III

/ .. œ

I

II

III

œ ‰ œJ ‰ .. œ J

r / ‰ >. ! ! >. ‰ R 9

/ Œ flutter. / -œ æ S

I

II

r . >. ! >R ‰

/ >. ! > ! ‰ . .

III

/ œ. æJ S

flutter.

. . >. ‰ -œæ æœJ . ! > ‰ >. ! >R ‰ S r ‰ . flutter. .> ‰ >. ! >. ‰ -œ ! >r ‰ >. R . æ S 3 j . Œ >. ‰ >J ‰ ‰ >. >. Œ -œ œ ‰ æJ æ 3 3 3 3 S

13

! >. ‰ >. ‰ .

/ > ‰ >. ‰ >. >. Œ . 3

3

3

-œ æ S

r >. ‰ .

‰.

r ‰ . >. ‰ >. ! ! r ‰ >. >. R R

>. J

œ ‰ >œ j Ó . œ J S pp œ ‰ >œ j Ó . œ J S pp œ ‰ >œ œj Ó . J S pp

a

œ ‰ >œ j Œ œ J S pp œ ‰ >œ œj Ó . J S pp œ ‰ >œ j Ó œ J S pp

Œ

3

>. ‰ >. Œ

3

山本 哲也 作曲 Tetsuya YAMAMOTO (*1989)

‰ . >.r Œ F

lip pizz.

‰ >j ‰ . F

Œ

-1slide whistle trio

>. ΠR

>. ‰ . R

-œ œ æJ æ 3 S

3

3

>. ‰

>.

j . >. ‰ >J ‰ 3

>. ! >. ! -œ ! >r ‰ æ . S . ! >. ‰ >. ‰ >. ! > ! -œ R æ S œ >. ‰ ‰ >. -œ œ ‰ æ 3 æ æ 3 3 S >. ‰ J f . >. ‰ . >J ‰ R f >. ‰ >. Œ J J f

. ‰ >R ! Œ

>. ΠR

‰ ‰ >. ‰ J 3

>. ‰ . R

j >. Œ

3

! >. ‰ ‰ >. ! ‰ . R R

j >. Œ

r r . >. ‰ >R ! ! >. ‰

>. ‰ . R F

-œ ! >. ! >. ! >. ‰ æ R S >. ! >. ! ‰ œæj œæ ! > . S 3 >. ‰ >. > ‰ ‰ -œ . >. æ 3 3 S r >. ‰ .

œ ‰ J f

Ó

lip pizz.

3

œ ‰ J f

Ó

‰.

lip pizz.

œ ‰ J f

Ó

Œ

3


b(x7)

I

/ .. Ͼ

II

/ .. Ͼ

III

/ .. Ͼ

17

. >. ‰ >J ‰ .. œæ J

O / ˙.

II

/ œ

III

/ ˙

d

/ œ 29

I

II

III

O. ˙ O ˙

œ œ O

˙

œ ‰ œJ ‰ J

/ œJ ‰ œ f / œ

œ ‰ J

œ ‰ J œ f

˙ O

O œ

II

III

O ˙.

O ˙.

O. ˙

œ

˙ œ O

œ

˙ O

˙

œ O

˙

O œ

˙

O ˙.

O ˙. œ

O ˙

˙

O ˙

œ œ O

/ 78 œ œ œ œ œ œ œ f / 78 œ œ œ œ œ œ œ f / 78 œ œ œ œ œ œ œ f

œ.

œ.

j œ 9

œ.

œ.

œ.

œ.

8 œ. p

8 œ. p j œ 9 8 œ. p

j œ j œ j œ

`~~~~~~~~~ 7 ‰ ˙. j 8 œ P p shaking slide 7 ‰ `~~~~~~~~~ ˙. j 8 œ P p shaking slide 7 ‰ `~~~~~~~~~ j 8 ˙. œ p P

-2slide whistle trio

shaking slide

˙ O

O œ

˙

O ˙.

œ ‰ œJ ‰ .. œ J

j œ 9

œ œ O

e > œ 5 .. œ œ ‰ j œ 4 œ J S pp F >œ .. œJ ‰ œ ‰ .. œJ ‰ j 5 œ œ œ 4 œ J S pp F .. œ ‰ œJ ‰ œ .. œ ‰ œJ ‰ >œ œj 45 œ J J S pp F

(x6)

33

I

> O > ‰ æœ œj ˙ . J S pp F > O > ‰ æœ œj Œ ˙ J S pp F > > ‰ æœ œj Ó œ J O S pp F

. >. ‰ >J ‰ .. œæ J

22

I

c

. >. ‰ >J ‰ .. œæ J

O ˙ O œ ˙

˙ O œ O

˙

œ

œ

œ

œ

œ

œ

œ

œ

œ

œ

œ

œ

4 œ 4 F

œ

œ

œ œ

˙

4 œ 4 F 4 4 œ F

œ ‰ J f

œ O j œ

78

j œ

7 8

j œ

78

œ

j œ

9 8

œ

œ

j œ

9 8

œ

œ

j œ

9 8


I

II

III

/ 98 œ . p 37

œ.

/ 98 œ . p

œ.

/ 98 œ . p

g

œ.

œ.

j –œ

Œ

j – œ

j – œ

Œ

j – œ

Œ

j – œ

Œ

j œ–

Œ

j – œ

j œ–

Œ

j – œ

Œ

j œ–

Œ

j œ–

Œ

j – œ

I

/ Œ

Œ

j – œ

Œ

j – œ

Œ

j – œ

j – œ

Œ

j – œ

II

/ Œ

III

/ Œ

I

II

III

(x7)

/ .. –œ / .. –œ / .. –œ

œ ‰ œJ ‰ .. œ J

*1

Œ

j – œ

51

3 .. 4 œ j – œ

III

h

œ ‰ œJ ‰ .. œ J

*1

/ Œ

46

34 .. œ

œ ‰ >œ j œ J S pp œ ‰ >œ œj J S pp œ ‰ >œ j œ J S pp

Œ

with voice *2

!˙ F

œ ‰ œJ ‰ .. œ J

*1

Œ

/ Œ

II

3 .. 4 œ

j – œ

with voice *2

!˙ F

`~~~~~~~~~ ˙. jœ ‰ œ J P pf shaking slide `~~~~~~~~~ œ 54 Œ ˙ . j œ J ‰ pf P shaking slide 5 Œ `~~~~~~~~~ ˙. jœ ‰ 4 œ J P pf 5 4 Œ

f(x7)

j – œ

I

j œ

œ.

!˙ F

/ Œ

j œ

œ.

with voice *2

41

j œ

shaking slide

j j –œ ‰ –œJ ‰ .. –œ J j j – –œ ‰ œJ ‰ .. –œ J j j – –œ ‰ œJ ‰ .. –œ J

Œ

j – œ

Œ

–œ

j – œ

Œ

j œ–

Œ

–œ

j œ–

Œ

j – œ

Œ

–œ

j – œ

Œ

Œ

> i j – œ –œ ‰ j 5 –œ 4 œ . J J S> pp pp j –œ ‰ –œ j 45 œ –œ . J J S pp pp > j –œ ‰ –œ j 45 –œ œ. J J S pp pp -3-

slide whistle trio

˙ overtone, ad lib. · œ. f ˙ overtone, ad lib. · œ. f ˙ overtone, ad lib. · œ. f

œ. pp œ. pp

œ. pp

˙ · f ˙ ·

f ˙ · f

j –œ ‰ J f j –œ ‰ J f j –œ ‰ J f œ. œ. œ.


/ œ. pp 55

I

II

III

/ œ. pp / œ. pp

j

II

III

(x7)

œ 3 . /4 .· œ / 34 .. ·

I

II

/ œ

œ J

III

/ œ

œ J

I

II

III

U / Ó U / Ó

œ. pp

S >œ S >œ S

œ.

f ˙ · f ˙ · f

œ. pp

œ.

U / Ó

pp

œ.

œ J

66

œ.

œ.

/ œ 64

˙ ·

œ. œ.

œ. pp œ.

pp

œ. pp

>œ œ · ‰ · œj Ó . J S> pp œ œ · ‰ · j Ó. œ J S> pp œ œ · ‰ · j Ó. œ J S pp

œ œ · ‰ œJ ‰ .. · J œ œ · ‰ œJ ‰ .. · J œ œ · ‰ œJ ‰ .. · J

œ / 34 .. · 59

I

˙ · f ˙ · f ˙ · f

k

j œ

œ

&J

F

*4

& bœ ‰ J F *4 œ &J ‰ F

œ.

f ˙ · f

œ.

·

Ó Ó

pp

f

œ. pp

œ.

Ó

œ. pp

˙ · f ˙ · ˙f

œ.

œ ‰ J f œ ‰ J f œ ‰ J f

·

œ œ · J ‰ 34 J œ · J œ · J

œ ‰ 3 J 4 œ ‰ 3 J 4

(x7)

.. œ

œ ‰ œJ ‰ .. J

.. œ

œ ‰ œJ ‰ .. J

.. œ

œ ‰ œJ ‰ .. J

ad lib. section about 1 min. *3

U

pp Ø

Î

Ø

pp Ø

Î

Ø

pp Ø

Î

Ø

j œ j œ

Meno mosso (cadenza) *4

˙ · ˙f

œ J

Œ

Œ

j œ ‰

Œ

Œ

j œ ‰

Œ

Π-4slide whistle trio

スライドホイッスル三重奏曲 / Slide Whistle Trio  

スライドホイッスル三重奏曲 Slide Whistle Trio for 3 Slide Whistles (2011) Buy: Score... https://gum.co/YfUu Parts... https://gum.co/IuCm Composer's WEB...

Read more
Read more
Similar to
Popular now
Just for you