Page 1

TAG Fine Arts Unit 129a, Business Design Centre 52 Upper Street London N1 0QH www.tagfinearts.com +44(0)20 7688 8446 info@tagfinearts.com www.tagfinearts.com


イメージメディアとしての版画

Printmaking as an image medium

写真とは印刷か、版画か、それともプリントであろうか? 写真の本質とは肉眼の視覚 とは異なる新たな視覚の様式をもたらしたということであり、イメージをいかにプリン トアウトするかという方法に関してはあまり議論されていない。これまで多くの絵画論 、写真論というものが語られて来たのに対して、版画論というものは存在しないに等 しい。それはなぜなのか? 版画には様々な技法、伝統、歴史が存在するが、哲学が 不在しているからだ。そこで私は版画をイメージメディアという言葉に置き換えて考え てみたい。

I wonder whether photography is printmaking or not. While the essence of photography is to provide a different form of sight than the naked eye, there is not enough discussion about how to print out an image. In the history of art, many critics wrote theories of painting and photography but not printmaking. Why? Because in printmaking, there are no philosophy even if there are special skills, tradition and a long history. So I would like to attempt to think about print as an image medium.

イメージメディアとは私たちの視覚、知覚、記憶、想起に関わり、手に入れた様々な 情報を脳にいかにしてプリント(定着)させるか、そしてその情報をいかにプリントア ウト(出力)するかという人間の存在そのものに関わっている。写真評論家の港千尋 は著書の中で「記憶は構築であり再構築である。記憶は創造であり再創造である。 ‥‥われわれの記憶とは、現在の前後関係や情動によって、現在に適合されるよう に築かれる現在であり、現在に適合されるように築かれる過去なのである。」(『記憶 』講談社)と言っている。絵を描くとは、世界を絵に変えることであるが、それに対 してイメージメディアとは世界を映像化、記号化、版化することである。 版画はよく間接的表現だと言われる。版を介すことによって偶然性を引き寄せ、自ら 意図しないことまでも表現に取り入れる。ところで、私たちは過去の経験や情報、周 りの環境や状況の影響無しに何かを「見る」ことはできない。私たちは港千尋が言 うように現在に適合されるように築かれた現在を見ている。版とは過去の像(イメー ジ)である。版に絵を描いた過去、元の絵があった過去、それらの過去は刷りの工 程を経て現在に適合されて行く。版画とはつまり私たちの記憶のプロセスを可視化し 、過去と現在を結ぶ媒体(メディア)であると言える。 版画をイメージメディアとして捉えてみるととても普遍的で重要な哲学を含んでいるよ うに思う。私たちの存在そのものに関わり、 <過去−現在−未来>に関わっている。 版画というメディアはなぜ生まれたのか。それは大切なことを多くの人に伝えたいと 考えたからである。ならば私たちは原点に帰り、何を今伝えたいのかを考えなくては ならない。昨年の大震災以降、私たちがどれだけ不安定な地の上に暮らしているの かが分かってきた。そんな不安定な土地でいつまた来るか分からない自然災害に備 え、それでも自然と寄り添いながら、未来に伝えなければいけないことを真剣に考え る時が来ている。 湯浅克俊

The image medium is involved with our sight, perception, memory and remembrance. And also it is related to how to print (commit) in the brain and how to print out (output) information. As a critic of photography Chihiro Minato said in his book, The memory is the construction and also reconstruction. The memory is creation and also re-creation. … Our memory is the constructed present based on the context and emotion, and also is the past based on the moment. (Memory, Kodansha) Painting is to change the world to a picture but an image medium is the world to visualize, symbolize and be a printing plate. It is often said that printmaking is an indirect expression. They attract the eventuality via a printing plate and they incorporate an unintended happening as own expression. In the mean time, we cannot see anything without any information of our experience, old information and influence from the environment and circumstance. As Chihiro Minato described, we only see the adjusted present. The printing plate is an image of the past when I drew and painted. The past is adapted to the present. The printmaking is in fact visualizing a process of our memory and it is a medium related with the past and present. I think if I see printmaking as an image medium, there are important universal philosophical questions about our presence and . The reason why we innovated printmaking is to deliver the important things to many people. Since the Great East Japan Earthquake was happened, we understood that we lived in such an unstable world. While we have to prepare for a next catastrophe, we live in harmony with nature and we have to start considering seriously about what we should carry to the future. Katsutoshi Yuasa


Profile for TAG Fine Arts

Katsutoshi Yuasa - Works 2012-2017 Catalogue - courtesy of TAG Fine Arts  

Katsutoshi Yuasa - Works 2012-2017 Catalogue - courtesy of TAG Fine Arts

Katsutoshi Yuasa - Works 2012-2017 Catalogue - courtesy of TAG Fine Arts  

Katsutoshi Yuasa - Works 2012-2017 Catalogue - courtesy of TAG Fine Arts

Advertisement