Issuu on Google+

街の小枝は人の幹

Oct.2013 - Nov.2013 Higashiyama, Kyoto Apartment

25


人と人の関係には様ざまなかたちがある . 毎朝顔を合わせる家族 , いつもいっしょにいる親友 , すれ違うと声をかけてくれる先輩 , 近所のカフェの店員 , 毎日同じ電車に乗っている人 , さっき道ですれちがった人 . これらの疎密には大きな差はあっても , 空間を共有したならばその

空気

はきっと残っている .

街の中にはそんな関係があふれている .

その関係を建築に引き込む .

街の中での人と人の出会いと , その拡がりを可視化する . この建築は 街の機微を縮小したものでもあり , 人の機微を拡大したものでもある . 人と人のつながり , 出会いが街へと溶け出していくとき , この建築はその橋渡しとして機能するであろう .

26


site plan 1/400 27


Diagram 1

:

街 → 建 築

街の機微を少し縮小して ,         抽象化する .

敷地内に public な空間を挿入する .

public space から private な壁を

壁が曲がることで壁と壁がぶつかり ,

この空間は街から見ると路地 ,

それぞれ延ばしていく .

private な空間につながりが生まれて

建築から見ると大路となる .

これらは建築から見た小路にあたる .

建築から見た路地が作られていく .

Diagram 2

:

人 → 建 築

人の機微を少し拡大して ,         具体化する .

28

住人はひとりひとつの壁に住む .

壁には廊下や小さな部屋がよりそう .

壁と壁 , 人と人が出会うところには

この壁は建築から見ると路地であり ,

この空間はそれぞれの住人たちの

semi-private space が生まれる .

住人から見ると自身のメタファーとなる .

private space となる .

これは住人どうしのつながりのメタファーと呼べる .


街と人が織り成す 出会いと触発のフラクタルの つなぎ目となる建築が生まれる .

29


A

B

5

2

2

C

10

10

2

9

6 9

10

2 1

7 8

1

大アトリエ

2

アトリエ

3

寝室

4

大ダイニング

5

リビングルーム

6

キッチン

7

バスルーム

8

W.C.

9

クローゼット

10

小さな作業スペース

9

4

10 10

6

9

5

10

10

9

3 2 9

9 10

2

9

9

A

B

C

GL+3600 plan 1/200 30


2 5

3

10

F

9

2

10

1

2

E

10

2 2

5

アトリエ

3

寝室

4

大ダイニング

5

リビングルーム

6

キッチンダイニング

7

バスルーム

8

W.C.

9

クローゼット

10

小さな作業スペース

10

2 10

大アトリエ

2

E

9

4

D

F

1

D

3

9

GL+6200 plan 1/200 31


west elevation 1/200

south elevation 1/200 32


A-A section 1/200

D-D section 1/200 33


B-B section 1/200

E-E section 1/200 34


C-C section 1/200

F-F section 1/200 35


36


37


街の小枝は人の幹 38


集合住宅