Page 6

USB-DACとその上に位置する オーディオ・インターフェイス

PC オーディオで一番重要となる のが、デジタル・データをアナログ の 音声信号に変 換する D/Aコン バー タ。USB-DAC(DAC は D/A Converter の略)と呼ばれること の多い、この部分の性能の善し悪 しで 音 質 が 決 定しま す。で は、 USB-DAC とその上位に位置する オーディオ・インターフェイスとは どのような機材なのでしょうか?

録音スタジオで活躍する RME のオーディオ・インターフェイス  オーディオ雑誌や WEB サイトでも頻繁に登場する USB-DAC(ユーエスビー・ダック)は、PC と USB ケー ブルで接続して PC 内のデジタル・データをアナログ の音声信号に変換し、アンプやスピーカーへと出力 する、言わば音のプリンターのような機材です。この USB-DAC の性能により PC オーディオの品質は大き く左 右され、実 際 に 製 品によって音 質やキャラク ターはかなり異なります。

ように高速で連続発音させることによ オーディオデータ

り、音声信号として再生します。一つ 一つのサンプル同士の時間的間隔は

り込んだアナログ音声をデ にするものがオーディオ・イ

「ジッター」の抑制

プル」と呼びます)をアニメ・フィルムの

コンバータとともに A/Dコ

ジタル化して保存できるよう

高 音質を実現するカギとなる

音を切り取ってデータにしたもの(「サン

PC

ての機能を内包しつつ、D/A

アナログ・プレーヤーから取

質な再生が可能になります。

 デジタル・オーディオでは、一瞬一瞬の

 一方で、USB-DAC のすべ

ンバータを搭載し、 マイクや

ドライバを使用することにより、データの通信速度や 安定性においてより高い品質を実現しますので、高音

「サンプリング・ USB ケーブル

レート」と呼ばれ、

USB-DAC

ンターフェイスと呼ばれる機

オーディオアンプ等

材です。  一般に、USB-DAC と呼ば れている製 品では OS が 用 意している汎 用のドライバ を使 用することが多いので すが、RME のオーディオ・イ ンターフェイスでは 専用の

6

オーディオケーブル

デジタル信号をアナログ化する USB-DAC PC と USB ケーブルで接続する USB-DAC は、PC 内にあ るデジタルの楽曲データをアナログに変換してオーディ オ信号として取り出すことができる機材。国内外の多く のメーカーから様々な製品が出ています。

CD の場 合 は 44.1kHz と なり、1秒間に 44,100 回サン プルが再生されます。アニメ の場 合と同様に、サンプリン グ・レートが高いほど再生(= 音質)がなめらかになります (た だし、一定 以 上 に なると 人間には違いを感知できなく なります)。最近では 96kHz

Profile for Synthax Japan

RME x PCオーディオ活用ガイド  

RME のオーディオ・インターフェイスをリスニング・ルームに導入することにより、ご家庭やモバイルのPCオーディオ環境で、制作者の意図そのままの音的空間を愉しむことができるようになります。

RME x PCオーディオ活用ガイド  

RME のオーディオ・インターフェイスをリスニング・ルームに導入することにより、ご家庭やモバイルのPCオーディオ環境で、制作者の意図そのままの音的空間を愉しむことができるようになります。