Issuu on Google+


contents All are one …………… Floral organ ………… Planning ………………

004 006 104


All are one “your color”

- 04 -


Floral organ

“your favorite color�

- 06 -


ハンドメイドにこだわり、常に新しい硝子の可能性に挑戦し 続ける菅原工芸硝子社と、共同デザイン演習を行いました。 今回のテーマは「花器」。実際に花を花器に生けて楽しむ体験 から始め、さらにユーザーオブザベーション、花器と花材の 市場調査を行った後、アイディア展開を開始。製造する側の 意見や加工技術、生産性に配慮しながらデザインするプロセ スを、肌で感じることのできる貴重な体験となりました。

- 07 -


大 倉 貴 則 / ゼ ミ 長 「生 活 を 賑 や か に す る 花 器」 円柱の形をした大小のガラスを重ねて使ってみてくだ さい。重ねることにより、高低差がついて様々なシー ンを演出できるようになっています。花を華やかに飾 るだけではなく、爽やかに葉を浮かせたり、時には魚 などを泳がせてみたり。あなたの生活をより賑やかに デザインしてくれる花器になっています。


- 15 -


大 山 亜 美 / 副 ゼ ミ 長 「透

花」

花の大きさや高さを変えることで、ガラスから透かし てみたり、花が顔を出したり、自由にセッティングで きます。また、中の容器や花の色彩を変えて違った雰 囲気を味わうこともできます。氷のような模様と、渦 巻く模様の二つのタイプを作りました。透かせて見え る花を堪能してみてはいかがでしょうか。


長 ミ ゼ 副 / 美 亜 山 大 」花

透「

しか透らかスラガ、でとこるえ変をさ高やさき大の花 でグンィテッセに由自、りたし出を顔が花、りたみて 雰たっ違てえ変を彩色の花や器容の中、たま。すまき 渦、と様模なうよの氷。すまきでもとこうわ味を気囲 え見てせか透。たしまり作をプイタのつ二の様模く巻 。かうょしでがかいはてみてし能堪を花る


- 15 -


- 23 -


岩 田 佳 南 子 / 副 ゼ ミ 長 「花

器 × ア

ー」

花とアクセサリーを同時に飾ることのできる花器で す。シーンの想定は 20 代女性の部屋です。アクセサリー を選ぶ際、同時に飾ってある花に目を向けることで、 日々の癒しのきっかけになって欲しいと思いデザイン しました。アクセサリーではなく、水を張れば落ちた花 びらも綺麗に鑑賞することができます


長 ミ ゼ 副 / 子 南 佳 田 岩 」ー

ア × 器

花「

で器花るきでのとこる飾に時同をーリサセクアと花 ーリサセクア。すで屋部の性女代 02 は定想のンーシ。す 、で と こ る け 向 を 目 に 花 る あ て っ 飾 に 時 同、際 ぶ 選 を ンイザデい思といし欲てっなにけかっきのし癒の々日 花たち落ばれ張を水、くなはでーリサセクア。たしまし すまきでがとこるす賞鑑に麗綺もらび


横 川 美 弥 「1

器」

花器のガラスの壁同士をつけ花留めにしたことによ り、花の本数に関わらず美しく飾ることのできる花器 です。庭に咲いている花などを気軽に飾りたくなるよ うに作りました。職人によって異なる形になる花器は、 カジュアルにも上品な雰囲気にも合わせられ、あなた 次第で何通りにも広がるのです。


弥 美 川 横 」器

1「

よにとこたしにめ留花けつを士同壁のスラガの器花 器花るきでのとこる飾くし美ずらわ関に数本の花、り よるなくたり飾に軽気をどな花るいてい咲に庭。すで 、は器花るなに形るな異てっよに人職。たしまり作にう たなあ、れらせわ合もに気囲雰な品上もにルアュジカ 。すでのるが広もにり通何で第次


- 39 -


金 杉 瞳 「メ ッ セ ー ジ を 伝 え る 花 器」 私は“花を飾るとき、その花には想いが詰まっている” と思います。“その想いを持った花”をメッセージと して伝えられたら幸せなことだと思い、一緒にメッ セージカードを添えられるスタンドがついた花器をデ ザインしました。またガラスを二重にして花の茎の部 分も綺麗に見えるようにしました。


瞳 杉 金 」器 花 る え 伝 を ジ ー セ ッ メ「 ”るいてっま詰がい想はに花のそ、きとる飾を花“は私 と ジ ー セ ッ メ を”花 た っ 持 を い 想 の そ“。す ま い 思 と ッ メ に 緒 一、い 思 と だ と こ な せ 幸 ら た れ ら え 伝 て し デを器花たいつがドンタスるれらえ添をドーカジーセ 部の茎の花てしに重二をスラガたま。たしましンイザ 。たしましにうよるえ見に麗綺も分


佐 藤 侑 治 郎 「デ ス ク に 花 を 咲 か せ ま し ょ う」 デスクワークの合間に目や体を少しでもリフレッシュ したい。そんなときにこの花器はあなたを癒してくれ るでしょう。生きた花をペーパーウェイトにもなる花 器に生けて、空いた時間にお世話をすることで無機質 なデスクの環境と生活から余裕のあるワンランク上の お し ゃ れ な 一 日 を 送 る こ と が で き る で し ょ う。


郎 治 侑 藤 佐 」う ょ し ま せ か 咲 を 花 に ク ス デ「 ュシッレフリもでし少を体や目に間合のクーワクスデ れくてし癒をたなあは器花のこにきとなんそ。いたし 花るなもにトイェウーパーペを花たき生。うょしでる 質機無でとこるすを話世おに間時たい空、てけ生に器 の上クンランワるあの裕余らか活生と境環のクスデな 。う ょ し で る き で が と こ る 送 を 日 一 な れ ゃ し お


石 井 麻 子 「 人

器 」

キャンドルを一緒に飾ることを想定してデザインしま した。花留めを変えることで、小さな花から葉まで、 それぞれの飾り方を楽しむことができます。人を迎え る場を放射状に揺れる光で暖かく、明るく照らしてく れます。明るい場所でも暗い場所でもシーンに合わせ て、魅力的に演出できるでしょう。


子 麻 井 石 」 器

人 「

ましンイザデてし定想をとこる飾に緒一をルドンャキ 、で ま 葉 ら か 花 な さ 小、で と こ る え 変 を め 留 花。た し え迎を人。すまきでがとこむし楽を方り飾のれぞれそ くてしら照くる明、くか暖で光るれ揺に状射放を場る せわ合にンーシもで所場い暗もで所場いる明。すまれ 。うょしでるきで出演に的力魅、て


- 63 -


藤 井 睦 美 「花 器 × お 気 に 入 り の 小 物」 二つの花器が柱となった小物を置けるスペースがあ り、自分のお気に入りのものを花と一緒に飾ることが できます。花以外にも、野菜スティックを入れたり角 砂糖を入れたり、鉛筆立てとして使用するなど、それ ぞれの使用シーンに沿った様々な使い方が思い浮かぶ ようなデザインにしました。


美 睦 井 藤 」物 小 の り 入 に 気 お × 器 花「 あがスーペスるけ置を物小たっなと柱が器花のつ二 がとこる飾に緒一と花をのものり入に気おの分自、り 角りたれ入をクッィテス菜野、もに外以花。すまきで れそ、どなるす用使てしとて立筆鉛、りたれ入を糖砂 ぶか浮い思が方い使な々様たっ沿にンーシ用使のれぞ 。たしましにンイザデなうよ


- 71 -


佐 藤 就 「覗 き 込 む の が 楽 し く な る 花 器」 「覗き込むのが楽しくなる」をコンセプトに作品を制 作しました。異素材として光の反射が面白いアクリル を使用することで、日中窓辺に飾っても良し、暗い空 間で光を当てても良しの、美しい作品になっています。 お気に入りの花を浮かべたり、小さな魚を泳がせたり、 自分だけのちょっとしたアクアリウムが楽しめます。


就 藤 佐 」器 花 る な く し 楽 が の む 込 き 覗「 制 を 品 作 に ト プ セ ン コ を」る な く し 楽 が の む 込 き 覗「 ルリクアい白面が射反の光てしと材素異。たしまし作 空い暗、し良もてっ飾に辺窓中日、でとこるす用使を 。すまいてっなに品作いし美、のし良もてて当を光で間 、りたせが泳を魚なさ小、りたべか浮を花のり入に気お 。す ま め し 楽 が ム ウ リ ア ク ア た し と っ ょ ち の け だ 分 自


- 79 -


鈴 木 彩 水 「

×

同じ花でもその場の空間によって変わる魅力を楽しめ る花器です。一つの同じ空間でも昼と夜で違った雰囲 気に対応することができる花器です。花器の下から光 を当て水を通せば、淡い光に花が照らされて、それは 神秘的な光に見えるでしょう。花器であると同時に照 明として使用することもできます。


水 彩 木 鈴 」

×

めし楽を力魅るわ変てっよに間空の場のそもで花じ同 囲雰たっ違で夜と昼もで間空じ同のつ一。すで器花る 光らか下の器花。すで器花るきでがとこるす応対に気 はれそ、てれさら照が花に光い淡、ばせ通を水て当を 照に時同とるあで器花。うょしでるえ見に光な的秘神 。すまきでもとこるす用使てしと明


- 87 -


石 原 彩 映 「 花

器 」

一輪の花をイメージした花器です。花器を主役にする こともできます。朝は、日の光を浴びて輝く姿を、夜は、 ロウソクの淡い火に照らされて情緒的で甘美な姿を演 出してくれます。リビングのような暖かい空間、レス トランのようなおしゃれな空間で、雰囲気を味わい目 で楽しむことができる花器なのです。


映 彩 原 石 」 器

花 「

るすに役主を器花。すで器花たしジーメイを花の輪一 、は夜、を姿く輝てび浴を光の日、は朝。すまきでもとこ 演を姿な美甘で的緒情てれさら照に火い淡のクソウロ スレ、間空いか暖なうよのグンビリ。すまれくてし出 目いわ味を気囲雰、で間空なれゃしおなうよのンラト 。すでのな器花るきでがとこむし楽で


- 95 -


中 村 紗 弓 「花

器 × ア

ー」

円盤にアクセサリーを置くことができ、円盤のサイズを2種 類から選ぶ事ができる花器です。普段何気なくアクセサリー を選び、収納する際、同時に飾ってある花を眺めることで、 “癒 し”と“飾る収納”を実現したいと思いデザインしました。 花器全体を曇りガラスにすることで、たくさんの花を生けて も茎が目立たず、まとまった雰囲気になるようにしました。


弓 紗 村 中 」ー

ア × 器

花「

種2をズイサの盤円、きでがとこく置をーリサセクアに盤円 ーリサセクアくな気何段普。すで器花るきでが事ぶ選らか類 癒“ 、でとこるめ眺を花るあてっ飾に時同、際るす納収、び選を 。た し ま し ン イ ザ デ い 思 と い た し 現 実 を”納 収 る 飾“と”し てけ生を花のんさくた、でとこるすにスラガり曇を体全器花 。た し ま し に う よ る な に 気 囲 雰 た っ ま と ま、ず た 立 目 が 茎 も


3

2

1

4

作品撮影 パンフレットデザイン (7-9月 完成した花器に実際に花を生け,作品を確認。 その後、 11月の学内展示会の発表に向けて、各作業をする。

最終デザイン決定 作品制作 (6-7月 構築していったデザイン案を九十九里工場にて,制作 ミーティングを行いながら,各職人の手によって制作。

Project Process “I make a color”

九十九里工場見学 アイディア展開 (5-6月 硝子製品の制作現場を見学し, 生産性や審美性のあ るアイディアを展開。 その後,制作打ち合わせに進む。

花器と花材の調査 (4-5月 調査や花を飾る体験について振り返り, ゼミ内で発表と ディスカッションを行う。 そして,アイディアを膨らませる。


山折 (観音開き)

谷折 (観音開き)


“It is my color”

thanks for your attention

企画・構成 パンフレットデザイン ポートフォリオデザイン

佐藤侑治郎

撮影・画像編集

佐藤侑治郎 大倉貴則

発表

東洋大学 ライフデザイン学部 人間環境デザイン学科 池田ゼミ

※本書の一部または全部を承諾を得ずに無断で複製することは,いかなる方 法においても禁じられています。 ※本書は東洋大学 ライフデザイン学部 人間環境デザイン学科 池田ゼミ セミ ナー進路学生向けに制作した第5期生春期演習報告書です。商業目的での 使用を禁止しています。

- 108 -



Ikeda semmir 2013 portfolio