Issuu on Google+

vol. 02

IN

500 hertz: minGle

T OU

n

tio

i rd ib he xh ep o E Sh ciol ret ian rga n C Ma sa i s: Su Seik po t: To por ‘N’ s Re ijin ark Se okm

Bo


You can put a massive information into yourself easily by the internet or mobile phones. But are you really getting information that you really want, in your own way? Aren’t you just keeping eating them, not digesting them and going >>ブックス ダンタリオン to be a “inforweb: www.books-dantalion.com mation-fatty”?

私達はインターネット や携帯電話を使って 簡単に大量の情報を インプットできる。

大阪にある「日本初」の zine、リトルプレス専門書店。 ほぼ毎日、日本各地から問い合わせや zine が送られてく る店内には、所狭しと言わんばかりの zine の数、販売だ けでなくzine にまつわるイベントなども行っている。

I’ve been asking about it to myself.

P.4

>>リビング イン ア ボーリング ネイション

web: www.liabn.com

ファッションを中心に様々なトピックスを紹介するブログメ ディア「LIVING IN A BORING NATION」。 2010年 1月の立ち上げ以降、既存のメディアにはない視点で日々 更新される、刺激的なアウトプットの秘訣を伺った。

O

Harada Yasuhiro

美容学校卒業、大手サロンにて10 年間勤務。 2007 年 に渡米し NYコレクション(Alexander Wang)のヘアス タイリストとして参加する。 帰国後の 2010 年 12 月、名 古屋市中区栄に Salon Vをオープンさせる。

You wouldn’t see anything unless you go to take a look inside. Let’s flip a new page.

2

>> サンプリング ラブ

web: www.sampling-love.com

P.5

BORING BORING HARADA

P.6

web: www.vvvvv.jp

だが、自分のやり方で本当に欲しい情報を インプットできているのか ? また、インプットした情報を消化できず情報 デブになっているのでは ?

と自分に疑問を持つようになった。

そこで、独自の情報網 からインプットしたフ レッシュな情報を消化 し、何らかの形でアウ トプットしている方達 に話をうかがう事にし た。情報の目利きに 聞けば何かヒントが 掴めるかもしれない。

>> ハラダ ヤスヒロ

P.3

IN

BOOKS

SAMPLING LIVING I LIVING SAMPLING AN YASUSHI YASUSHI LOVE DANTA NATION LOVE U ANTALION T サンプリングの広辞苑「Sampling-Love」の Web 版。 サンプリング、新製品、その他音楽にまつわる事柄につ いて鮮度の高い情報が定期的に更新されるブログも多く の音楽好きから支持されている。

彼達はどうやって情 報を得て、どういった 基準で選別している のか。

何事も覗いてみなければわからない。 さあ、新しいページをめくってみよう。

So I want to ask some people, who are using their unique information network. They collect those information, digest them and spread them out in some way. Maybe you can find a clue by those specialists. How do they get information and what is the point when choosing it? You wouldn’t see anything unless you go to take a look inside. Let’s flip a new page.


日本初となる「zine・リトルプレスの専門店」であるBooks DANTALION。 2009 年に WEBショップをオープン、2011 年 1 月には大阪に実店舗をもった。 毎日送られてくる冊子の段ボールに囲まれ、忙しくも充実した日々を送る オーナーの堺氏にお話をうかがった。 毎日、色んな人から zine が送られてくるそうで

すが、ご自身から新しい zine などを発掘する際

はどのように情報を得ていますか ?

情報収集は主にネットで行うことが多いです。 特に 1 年前は積極的にツイッター検索を頼りに

していました。「Zine」 「リトルプレス」などの

キーワードを打ち込み、毎日世界中でつぶやか

れた情報を 1 つ 1 つ調べていました。今は 3 日に 一度目を通す程度ですね。店頭に来られる方が 多くなったので。またイベントでの出会いや、

実店舗を開かれてから、今まで以上にイベント

他の書店員からの紹介といったような情報収集

などを精力的に行っていますが、それはよりリ

をしています。

アルな交流から情報を得たいという心境の変化 なのでしょうか ?

心境の変化は毎日あります。zine に埋もれる毎

日で「zine とは結局のところ何なのか ?」と分か らなくなることもありますが、お客様から毎日

zine に対する新鮮な発見を経験させて頂いてい

ます。しかし、目指すべき場所は、実は最初か ら変わっていなくて、毎日店舗で過ごす中でそ こに近づいていると感じています。 最後に最近オススメの zine を教えて下さい。

『ハッピーアイスクリーム』

大阪発の女性 3 人組によるこの zine は、音楽が

好きで毎日をきちんと、普通に生きている女の

子たちの『好き』を集めた zine です。 チャット

モンチーを評した言葉、『普通の女の子が普通 に楽器を鳴らしている、ただ、それだけの事に 宿る魔法』というセリフがぴったりな女の子た

そういった情報を得て判断する際に、堺氏の中 でどういった基準があるのでしょうか ?

強いて言うなら、「他とは違った雰囲気を醸し 出している」かどうか、です。 以前、Twitter で「覆面 zine ユニット yakk」とい

ちによる素敵な世界を見れると思います。 『CHEMiRO 紙版』

西 ART 企画基地、黒うどんがお送りする企画

の第一弾です。 大阪育ちの U25 世代の女性た

うユニットを発見しました。彼女たちのコンセ

ちによる、かなり濃いインタビューが目白押

プトやツイートが今までの zine の作り手と違う

し。 お勧めは「小原啓渡氏のインタビュー」、

雰囲気があったので、興味を持ち、コンタクト

をとりました。今はただのファンです。極論を 言えば『この人と友達になりたい ! 』と思える

かどうかがポイントなのだと思います。そうや

「T シャツにメッセージをのせて」です。そん じょそこらの女子とはわけが違う、実に骨太痛 快な 1 冊です。

ってお声をかけた方はなぜか女性が多く「ネッ トでナンパされたのがきっかけ」などのお声も 『CHEMiRO』

あったり…。(笑) 雰囲気というのは人柄や zine の内容も含めた雰 囲気なのでしょうか ?

そうですね。全てです。過去、現在、未来、そ ういったものの対というか、影というか…。そ ういう目には見えない意思のあらわれが zine や

リトルプレスだと思っています。その人の性質 がそのまま形になってしまうものだからこそ惹 かれますし、何よりも上手くそれを説明できな

いので、 『雰囲気』という言葉を選んでしまうの かもしれません。

『ハッピーアイスクリーム』

Happy Icecream

CHEMiRO

Books DANTALION, the first bookstore specialized in zines and littlepresses in Japan. They opened their online shop in 2009, further they opened a brick and mortar shop in January, 2011. The owner, Mr. Sakai, granted our interview despite his busy (and happy) days surrounded by cardboard boxes sent by publishers everyday. I heard you receive everyday many zines from many people. How do you get information when you look for zines by yourself, not zines sent by someone? I use mainly the internet when searching for some information. Twitter was especially a big resource for me last year. I checked tweets from all over the world with the keyword like “zine” or “little press”. But now I do that only once every three days because I got many people visiting here these days. I’m getting information about zines at some event or through conversation with other bookstores. Is there any criterion when you judge those information? Well, I can say it’s very important to judge if the information has any different feel from ordinary information or not. I found a group named masked zine group Yakk on Twitter some time ago for example. I got in touch with them because their concept and tweets had different feels in some way from other people making zines. That intrigued me. I’m just a fan of them now. In an extreme argument, the most important point is whether the information makes you eager to become a friend of them or not. Somehow it’s often women who I try to take a contact with. Some of them say they’ve chosen my shop as a place their works are available because I hit on them on the internet, haha. Does “feel” mean even personalities and contents of zines for you? Yes, it does. Feel means everything for me. Past, present and future and their counters and the shadows of them…it’s very difficult to explain. Such thoughts you can’t see through your eyes are zines and littlepresses. Zines express directly the personality of the editor. That’s why I’m so attracted to zines. I use the word “feel” because I can’t find a good word instead of it. It looks like you’ve been more willing to set events since you opened the brick and mortar shop. It seems like you intend to get information from such lively interaction. Do you think something changed in you? I feel something changes in me everyday. I’m surrounded by many zines everyday as you see and sometimes lose sight of what “zine” is to me. But I can experience many fresh discoveries about zines through interactions with my customers. It feels like I’m approaching to my aim, which has never changed up to now. At last, what kind of zine is your recommendation? Happy Icecream This zine is made by three normal girls loving music and having their decent life in Osaka. Happy Icecream is a collection of what they like. If I explain this zine, I better refer to the word people use when evaluating the band Chatmonchy “The normal girls are playing instruments just normally. The magic from that.” You can see wonderful world in this zine. CHEMiRO the paper version The first stuff from Nishi ART kikaku kichi and Kuro udon. You’ll see a plenty of interviews of women under 25 in Osaka. My recommendation is “the interview of Keito Kohara” and “massage on t-shirt”. You’ll see “unusual” women in this zine. The real powerful and cool zine.

3


IVING IN A BORING NATIO

ファッションを中心に様々なトピックスを紹介するブログメディア 「LIVING IN A BORING NATION」 。全く広告を持たない サイトだからこそのネタの選び方、既存のメディアにはない フレッシュな情報をアウトプットし続ける秘訣を伺った。

How do you get the information we can see on the website of LIABN? From my friends, surfing the internet and so on. Also from walk on streets. Yes, from many chances. What is the important point when putting those information onto your website? Having my own filter all the time. I follow my intuition when judging whether the information is something special. I can write what I want as you see because I have no advertisement. I’m always trying to express my thoughts when writing even it’s not beautiful texts.

LIVING IN A BORING NATION(以下 LIABN)

はなぜでしょうか ?

ていますか ?

思う)は、日本の雑誌にはあまりでていません。

のサイトに掲載されている情報はどうやって得

上海のファッション情報(おれらが知りたいと

友達、ネットサーフィン…色々です。また、実

ミステリアスだから面白いのかなと。

際に街を歩いて発見した情報もあります。です

例えば、SHANG XIA(www.shang-xia.com )、

ので本当に色々ですね…。 そのようにして得た情報をサイトに落とし込む 際、何を大事にされていますか ?

必ず自分というフィルターを通すことです。ピ ンとくるかどうか、直感を大事にしています。

SHANGHAI TRIO(www.shanghaitrio.com)な んかは注目している上海ブランドですが、あま り日本の媒体には取り上げられていないように 思います。

「情報が少ない=面白い。まだ誰も知らない」 そのあたりが面白みかな…とか思います。

おわかりの通り、コマーシャルが含まれていな いので、好きな事を書いてます。 (笑)うまい文

今後の活動について、展望を教えてください。

章でなくても、主観がある内容になるよう努め

特にありません。日々、刺激を求めて情報をイ

ています。

ンプットし、自分達のフィルターを通してアウ 好きだから、いいものを作りたいという単純な

ていただけますか ?

動機で作ってます。

やイギリスの全然知らないブランドや情報がた くさんでていました。そういうものを読んでは、 気分が高揚していてたのですが、最近はめっき りそういう存在が減ってきている、というのが

正直なところです。 ただし、海外の、よく LIABN でもとりあげる

上海(もしくは中国全般)のファッション事情

(ブランド、雑誌)は、まだまだ未知の部分が多 く刺激的です。 なぜ日本の雑誌を読んで、気分が高揚しなくな ってしまったのでしょうか ?

おそらくインターネットの普及により、雑誌に でている情報はどこかで見たりできるようにな ったからだと思います。 中国のファッション事情が面白いと思われるの

4

トプットし続けるという事です。

最近、直感を刺激するような媒体があれば教え 自分たちが高校生の頃、雑誌を見ればアメリカ

LIVING IN A BORING NATION, a blogmedia introducing a wide range of topics like mode-fashion. I’m always excited about the high quality of their website and topic-choices backed by their independence with no advertisement. We searched for the secret of their capability to keep output of fresh information that the present medias can’t get.

Can you tell us any resource stimulating your intuition? In my high school years, once I browsed magazines, I got see a lot of information from US or UK and brand there that I hadn’t known of. I got excited every time I read those pages. But actually such resources seem to be disappearing drastically these days. Nonetheless, mode-fashion in Shanghai (or China widely), which we often focus on in LIABN, has a lot of unknown parts. It’s really exciting. Why do you think Japanese magazines can no longer excite you? Probably you can now see the information anywhere that only magazines have had before, because of spread of the internet. Why do you think mode-fashion in China is interesting? Because you can’t read the information about it so much in magazines in Japan. It’s something mysterious for me. For example SHANG XIA (www.shang-xia.com/) SHANGHAI TRIO (http://www.shanghaitrio.com/) They are the brands from Shanghai I’m focusing on. But Japanese magazines rarely pick up them. “Few information = interesting”. That’s what I get excited about. What is your vision for your activities towards the future? Nothing especially. Just keeping input of stimulating information, output of information through my own filter everyday. I’m doing that with a simple motivation. I like it, so I want to make it better.


およそ7 年前に発行された、サンプリングの広辞苑「Sampling-Love」の Web 版。 サンプリング、新製品、その他音楽にまつわる鮮度の高い情報が定期的に 更新されるブログも多くの音楽好きから支持されている。 そんなSampling-Loveさんから情報の扱いについて話をうかがった。

It’s the web-version of Sampling-Love, which was published 7 years ago as a dictionary of sampling. Also their blog on which you can see a lot of fresh information about music is updated constantly, and attracts many people loving music. We asked them how to treat information. They’ve been keeping “sampling” information for long time. Your frequency of update of the blog and wonderful choices of information are exciting. How do you get those music information we can see on your blog? I’m going around blogs on music information and websites of music labels from many countries and Japan. Sometimes artists and labels approach me by themselves. I put the information of them on our blog after I have a talk with them. Further, Twitter came up. It gave me a bunch of information and I got sometimes confused by an growing number of information and the fact that people consume it really fast. But I got used to it , adjusting the number of follower. I find information in the same way as yours, and then put my ideas, thoughts and fantasies into the articles and I make it public.

ブログをチェックしていて、ネタ選びの素晴ら しさと更新頻度に刺激を受けています。ブログ

ローズアップして書きたいので、やはり長い DJ

ミックスなども一度以上は聴いてから載せるか

に掲載されている音楽情報はどうやって得てい

決めています。ピンと来なかったものは無理し

ますか ?

て紹介しないのが、自分達らしさかもしれません。

日本をはじめとする世界各地の音楽情報ブログ

ただ、その後聴き返したら、とても良くて半年

や音楽レーベルのホームページを何箇所か巡回

の期間を経て掲載させていただいたものも結構

して、気に入った情報をピックアップしていま

あります。結局自分達の良い頃合(気分)でし

す。また、アーティスト本人やレーベルが直接

か記事を書けないのかもしれません。

こちらに連絡をくれて、内容を聴いた後に掲載

情報情報のスピードを競っても仕方ありません

するということも多々あります。

が、私どもの情報源となるサイトの多くは、ス

そして、数年前から上記の方法と合わせまして、 ピードを重要視しているところが多数ですし、

Twitter の出現により TL から情報をもらうこと

私どもも超超超超超最新の話題や情報が大好き

も多くなりました。いきなり情報の量が増え、

なのです。 (笑)

消費スピードも早くなり困惑する時も多かった

また、音楽に関してもっと言うなら、レコード

ですが、現在はフォロー数を調整し良い感じで

は好きですがレコードのみが絶対だった時代は

情報が取れる様になっております。

個人的には終わったと思っており、音楽フォー

そのようにして、普通に皆さんと同じように見

マットは色々あって良いと思うし、どんなもの

つけ、自分なりの意見や思想、ファンタジーを

でも平等に扱える時代になった気がします。

その記事に混ぜ込んで発表しております。

しかし、ここで新しい自分の価値観や自分のル ール、縛りをきっちり持たないと、何でもかん

よくチェックされているサイトはありますか ?

でもの散らかった人になって行きます。また逆

okayplayer.com)や国内の機材紹介中心のブロ

ますが、先人達の都合で出来たルールもありま

よ く 見 る ブ ロ グ は 海 外 の Okayplayer(www.

に、旧ルールが正しいと言い続けることも出来

グ音楽方丈記さん(sothis.blog.so-net.ne.jp)な

すので、そのような価値基準の中で残していく

どで、もちろん他にも色々ありますがここでは

良い所と、あえて捨ててしまいたい部分を明確

割愛。あと、音楽ブログではありませんが、Fresh

に分けて、新旧合わせて自分達なりの価値観を

News Delivery さん (www.freshnewsdelivery.com) の

提示していけたら幸いと考えております。

などは、 ブログを始めた時から勉強させていただ

今後の展望があれば教えてください。

き、真似たような同じ雰囲気のサイト作りは、絶

今までと変わらず、マイペースでやっていきま

対しないでおこうと励みになったのです。 (笑)

す。今や、私どももルールや基準を自身に毎日

ブログへの考え方や、情報の切り取り方、見せ方

のように問う作業として、ブログをやり音楽や 膨大な量の音楽を聴かれていると思いますが、何

モノと向き合う時間を作っているのかもしれま

を基準に質を見極めていますか ?

せん。リハビリですよね。 (笑)続けることの大

要かと思います。好きな部分があればそこをク

しがらみだらけになればやめますが…。

大前提として自分がそれを好きかがやはり1番重

事さを若者に伝えたい。 (笑)

Do you have any website you often go to? Yes, I have. Here I tell you some of my favourite websites. Okayplayer from overseas. (www. okayplayer.com) Ongaku houjoki (sothis.blog.so-net. ne.jp), the blog about music equipments in Japan. Additionally, it’s actually not a blog on music, but Fresh News Delivery (www.freshnewsdelivery.com) taught me how to think of blogs, how to pick up a part of much information and how to make it public. I got learned such things from there when I started my blog. And I decided never to imitate their blog at that time. You must have listened to a huge amount of music. Is there any criterion when choosing information of good quality? The prerequisite for it is that you like that information. I want to write the thing minutely when I find something interesting. So I even listen to a long mixed tune more than one time and afterwards I judge whether or not I can introduce it on my blog. I don’t take information that I’m not caught by. It’s maybe an important point for me. But even such information can attract me in some time and I maybe take it on my blog afterwards. Shortly it’s just my feeling that decides everything. It’s not important for me to take good information faster than other people. I can’t win when I compete the quickness of taking it against other websites. However, many websites I’m referring to put the importance on quickness. I also love to stay current with information. Talking about music, I think the age of records is over now, although I like records. There should be a many kinds of formats of music. Now you can use any format equally.But you should have your own thought, rule or criteria, otherwise you will go messy in your head. Also you can’t say all old things are good either. Because old things were partly made by circumstances around old people. So I think it would be the best to pick up the good parts from old things and to dare throw off the unneeded parts from it. We can create a new way of thinking by mixing up those old parts with something new. Can you tell me your future prospects at last? I’m just going at my pace as I’ve been doing. I ask myself everyday about my own rule and criteria. It’s maybe creating my time to keep up the blog and to face to music and stuffs. It’s a kind of training. I want to tell the young generation that it’s important to keep something. But I’m going to quit this work if there are constraints coming...

5


ARADA YASUHIR

ここまでは各々のプラットフォームを持ち、情報をアウトプットされている方々に お話を伺ってきたが、ここで最後に自身の手腕や感性で、アウトプットをし続けている ハラダ ヤスヒロ氏に質問をぶつけてみた。名古屋の salon V でスタイリストとして 活動する一方、海外のコレクションなどでも活躍されているハラダ氏流 INOUTとは ? サロンワークも含めヘアスタイリストという職

ファッション業界全般、チームで行なった仕事

業は、アーティスティックな面を持っていると

が世界中に発表され、そして評価されます。

思うのですが、ヤスヒロさんがその作品(この

大きな違いは、そのクライアントに対し自分の

表現が正しいのかわかりませんが)を生み出す

立ち位置と置かれている状況が全く違ってくる

上で、何から影響を受けているのでしょうか ?

ので、自然とスイッチが変わります。

トとの対話の中で出てくる『自分の知らない

スタイリングをする上で、 「こうでありたい、こ

事』です。人間の五感、もしくは六感に関する

う感じてもらいたい」など信条としているよう

すべての出来事です。

なことはありますか ?

様々な事から影響は受けますが、ほとんどがヒ

してもクリエイティブなプロジェクトにしても 自分が携わった事によって、いろいろな意味で の「Shock」が起きるといいな、って思います。 作品を拝見した際、写真など全体的なクオリテ ィが高く、1 つの作品としてまとめあげられて

いる印象を受けました。ヘアスタイリングだけ でなく全体のディレクションもされるそうです が、 「対話」から生まれた思考は、その場で発揮

発揮されるのでしょうか ? それとも、そこから もう一度練り直したりされるのでしょうか ?

撮影に関しては 特殊なもの以外はその現場の 空気で創り上げるのが多いです。急遽思いつき で様々な素材を使用したりもするので、1 カッ

トの撮影でも荷物が大型トランクいっぱいで大 変です…。(笑)

なるほど。(笑)それでは最後に、最近影響を受 けた人やものがありましたら教えてください。 また今後の予定やイベントなどございましたら

ヘアスタイリストの仕事は必ず「受け手」がい

教えてください。

るという事を概念に Director、Designer、Make

常に周りの環境において、大なり小なりそれぞ

ームとして世の中に作品として生み出します。

はできません。

その中で大切なのが「対話」です。よりプロフェ

年内は 12 月 3 日(土)に名古屋大須の X-hall と

up、Hair stylist、Model、Photographer などがチ

ッショナルなヒト達とチームを組むには様々な 言葉の表現、知識などが必要になってきますので 自然と日常生活の上でも何かしら影響は受けま す。サロンワークに対しても同じ事が言えます。 サロンワークでのスタイリングとコレクション などのスタイリングとでは仕事の進み方も含め、 相違点が多いように思うのですが、ヤスヒロさ ん自身の中でその 2 種のスタイリングをする上

で使い分けというかスイッチのようなものはあ るのでしょうか ?

サロンワークに立つ時の自分は「ヘアデザイナ ー」、コレクション等での仕事は「ヘアスタイリ スト」と自分の中で使い分けていますが「デザ イナー」はお客さんがクライアントになります ので、その想いや願望を直接叶えます(一部芸 能人やタレントは除きますが…)「ヘアスタイ リスト」ではクライアントが大きく変わります。

6

信条とまではいかないですが、サロンワークに

れ刺激をもらっていますので、1 つに絞ること

い う と こ ろ で ハ ラ ダ ヤ ス ヒ ロ Head Design

Colection を行います。詳細は HP(www.vvvvv.

jp )などで順次発表致します。

After we have talked with the people who have their own media and spread out information, we finally got an interview with Harada Yasuhiro, who not only works as a stylist at salon V in Nagoya, but does great at overseas collections. He is keeping sending out things by his own sensibility and capability. What is his way of handling information? I think the occupation of hair-stylist, including working at salons has an artistic aspect. What is giving you inspiration when you make the work? (the word “work” might be inappropriate here though.) I’m inspired by many things. Most of those things are what I don’t know which come from conversation with people. I mean everything you can get by five senses, or six senses. There’re a director, a designer, a makeup artist, a hair stylist, a model and a photographer in a team. And the team assumes that there is always someone who receives their work. What’s important then is “conversation”. You need a lot of expressions of words and knowledge if you want to make a team with the professionals. Conversation in such a circumstance influences me more or less. There’s no difference between working at a salon and joining collections on that point. It feels like styling as a salon work and as a work for collections are quite different, including how to go ahead the work. Do you have any switch between those different stylings? I’m saying to myself that I’m a hair designer when working at salons, and a hair stylist when working for collections. Designers’ clients are customers, so we must make their desire true. (except for celebrities and TV-stars...) This is a big difference from what clients are for hair stylists. The clients are a kind of whole world. The works a team or everyone in the fashion business makes is going to be evaluated. The switch turns automatically according to which kind of circumstance you are standing at. Is there any belief or wish like “I want to be like this. I want my customers to feel like that.”? I’m not sure if I can call it belief, but I would be happy if my salon works or some project in which I’m involved make “shock” in many ways. I got an impression that your works, for instance pictures, have a high quality and are put together well as a piece of work. You said you get inspired by conversation. Do you take such an inspiration or a thought to the action fast when you do hairstyling? Or do you reconsider about it before taking it to the action? When it comes to taking pictures of my haircutting, I often take an action depending on the atmosphere there. I use a number of materials extemporarily, so my baggage is always full of those stuff even when it’s just for one picture... Hahaha. Okay at last, can you tell me people or things that you recently got influenced by? I also would like to ask if you have any event of you. All the things around me influence me more or less all the time. So I can’t choose one of those. “Harada Yasuhiro Head Design Collection” is going to be taken place at X-hall in Osu, Nagoya on 3rd, December in this year. For further information, visit the homepage (www.vvvvv.jp).


Topos カリグラフィーとは日本の書道とは違い、ペンなどの硬筆で文字を美しく書く西欧の技術である。 今回の Topos では、そんなカリグラフィーを広く伝えるために、研究、執筆活動を行っている Margaret Shepherd の作品をご堪能いただきたい。

Margaret Shepherd

カリグラファー、執筆家。

Calligrapher and Writer

カリグラファー とは西欧の書字法であるカリグラフィー(アルファ

Calligrapher are people who perform calligraphy (using

ベットの書道と言われる)を職業とする人物のこと。

what is called the Calligraphy alphabet) in the west.

自身の作品作りの傍ら、カリグラフィーの研究、展示会、またカ

Besides making her own works, she studies

リグラフィー普及のため多くの執筆活動を行う��� 彼女が執筆し

calligraphy, exhibits, and promotes calligraphy in

、日本国 た書籍の多くは、彼女自身の手書きによるもので( ! )

many ways.Many of her books are handwritten and

内でも手に入れることが可能である。

今年の 8 月に「Learn World Calligraphy」を出版。

they are available in Japan. This August her new book ‘Learn World Calligraphy’

彼女の作品、最新情報は以下のサイトから。

was published.

http://margaretshepherd.com

The latest information about her works is available

http://margaretshepherd.blogspot.com

from the following websites.

http://crafternews.crownpublishing.com

http://margaretshepherd.com http://margaretshepherd.blogspot.com http://crafternews.crownpublishing.com

7


500 hertz

BMXをバックボーンとし、BMX、音楽、アパレル、スケート等 様々なフィールドで名古屋を中心に活動するクルー minGle。 彼達の存在を知ったのは、スケート好きなカフェ店員の友人が着ていた 1 枚の Tシャツがきっかけだった。

mi

Commencing with BMX, minGle from Nagoya has a wide variety of activities like music, clothes, skateboarding and more. It was a t-shirt of my friend who works at a café and loves skateboarding. I heard about them there.

8


「それカッコイイね。どこのヤツ ? 」 「minGle ってブランドなんだ。いいっしょ ? 」

mingleという言葉を辞書で調べてみると「混ざり合う」という意味らしい。 僕は友人が着ていた TシャツとminGleという言葉が直感的に気に入って、とにかく直接会って話を聞いてみる事にした。 とりあえず HPを見てみたものの全貌がよくわからなかったが、情報が少なくて逆に面白いと思った。 だからこそ、謎( ? )のクルー minGle の中心人物 2 人の言葉を読者とmingle できればと思う。 はじめまして。RADIO TOPE 米澤です。よろ

R:てゆーか、毎日いたんだよ。

ひと手間とは ? 例えば、ボディーを変えるって

しくお願いします。

O:うん。買い物っていうか、いた(笑)でも、

事です ?

:minGle をディレクションして OSM(以下 O)

仲良くなったきっかけはショップの顧客さんを

R:最初の頃、色々やりたくて無理矢理詰め込

いる OSM です。よろしくお願いします。

連れたボーリング大会かな。

みすぎちゃったんだよね。だから、結構無駄に

です。よろしくお願いします。

BMX とかスケートじゃなくてボーリングとは

うのなくなってくるんだけど。その時かけるの

意外ですね。

がひと手間って言うか心を。

では、簡単にお 2 人のプロフィールを教えてい

R:でも、それで構えずに話せたんだよね。お

ただけますか ?

互い人見知りだから、あんま 2 人とも電話番号

RB(以下 R):主に minGle デザイン担当の RB

O:僕は昔から BMX やってて、minGle やる前

から BMX ライダーとして活動してました。小

めんどくさい注文したり。慣れてきたらそうい

交換しないんだけど、なぜか交換して。ある日 お店に行ったら OMS クンが働きだしてて。そ

さい頃、たまたま観た映画の裏で「BMX アド

れから俺は大阪に結構仲良くなった頃に引っ越

ベンチャー」って映画がやってて。「うわ、かっ

して。割とすぐ諸事情で帰ってきたんだけど

けー」と思って BMX に憧れて、高校入ってバ

(笑)戻ってきたら、minGle の前身になる pink

すぎて学校あんま行かなくなったり…でも、

か作るプロジェクトが動いてるところで。で、

イトして買ってそっからずっと乗ってる。楽し

elephants って BMX クルーができてて、洋服と

BMX はスポンサーもつくようになって、自転

戻ってきたらメンバーに入ってるからって言わ

車で生活してた。大学も行ったけど、ほとんど

れて(笑)その頃、俺デザインも何もしてないし。

毎週コンテストで遠征してたね。

で、やった事ないけどいいよって(笑)

RB さんも BMX に乗ってたんですか ?

まる半年くらい前にプロジェクトの話があった

R:俺はスケートだったね。近所に超ブカブカ

かな。半年間の中でクリームグラフィックスの

なパンツ履いてスケボーしてるお兄ちゃんがい

社長から声かけてもらって…。

O:そっからだね minGle は。6、7年前かな。始

minGle て。それで、俺も影響されてやる様になって。

R:半年だっけ ? そういえばあの頃、異常に 1 日

でも、あのパンツは無いなとそれから気付いた

が長かった(笑)ただ、昔から憧れてた人に声か

り(笑)学校あんま行かずに地元でスケートば

けてもらったのは嬉しかったし、自信になった。

っかしてた時期もあったんだけど、16、17 くら

いでいったんスケート熱がぽかんと冷めて、パ

ソコンを触りだしてだんだんナードな方向に…。

O:本当に日本のスケートカルチャーの先をいっ

てた人達だったからね。T19 かクリームかって ぐらいの。そこで、声かけてもらって始まった

の が minGle。 俺 達 以 外 の メ ン バ ー も み ん な

スケートからパソコンって結構飛躍してますね。 BMX やスケートの世界でそれなりに活躍してた 触りだしたきっかけは ?

から目にとまったじゃないかな。洋服は素人だ

なるほど。制作の際のイメージソースはどうさ

R:たまたま買ったドリームキャストってイン

ったけど、ちゃんとバックボーンがあったしね。

れてたんですか ?

ターネットに繋がるゲーム機があってそこから かな。その時までインターネットも知らなかっ

洋服は最初は何から作り始めたんですか ?

たんだけど。それでホームページ無理矢理作っ

O:最初は T シャツとアクセサリー。アクセサ

たりして。結局スケボーする様になって。当時

R:minGle ってそういうのないクルーかもね。 BMX ってベースは勿論あるんだけど、この人 をずっと追いかけてるとかはないから。

リーは革のブレスレットとか。ちょうど店の隣

O:その都度ハマってるものを出してた感じだ

自分の中でセンセーショナルなスケートブラン

が革の工房で、そこの職人さんと毎日会って仲

よね。毎シーズンごとにテーマを設けてやって

ドがドメスティックで出て。その代表格がクリ

良くしてたからお願いしてた。

たけど、BMX って軸にその時ハマってたもの

ーム・ユナイテッド。結構それがヤマっていう

R:で、俺はそこの職人さんにジャンケン負け

がプラスαで。

か 革 命 前 夜 だ っ た か も。 そ っ か ら

るまでやらされてアイス買いに行かされてたっ

R:でも、音楽の影響がやっぱ強いかな。クラ

HOMELESS とか metropia っていう斬新なス

ていう(笑)超パンクな人で 2m くらいあって。

ブで例えばスケーターとか BMX ライダーがイ

ってなって、そこの洋服着る様になった。で、

るんだけど、今は某大手セレクトショップから

プが多いと思うんだけど、俺達の場合はディス

OSM クンと出会うんだけど。

頼まれてアクセサリー作ったり、ランシドのア

コで。

けてたんだ。それを名古屋で展開する事になっ

してたり。俺達が作った洋服買いにきてくれて

ケートクルーも出てきて。うわっカッコいいな

O:BMX 乗る時、その洋服のサポートを僕が受

O:その職人さんは、自分でブランドもやって

ベントやるってなったら、レゲエかヒップホッ

クセサリーをなぜか作ってて、ツアーにも同行

そういうミスマッチとかも含めて…。 

て、そこで働かない?って話を貰ったんだ。で、 たし。ひと手間かけるって事を教わったね。心

O:ミスマッチじゃないんじゃないかな。だん

僕は働きだして。そこに RB が買い物に来てく

だんそうなってきたよね。そこを狙ってやって

れてて…。

をこめるって事。

た感はある。今でも BMX 乗る時も革ジャン着

9


“That’s a cool t-shirt. Which brand is that?” “It’s minGle. This is nice, right?” According to a dictionary, mingle means “to mix up” The t-shirt and the word itself “mingle” were something interesting for me. It lead me to get in touch with them and to meet them. てたりするし。当時、大会行っても革ジャンで 出てるヤツはいなかったから。

「MOMIGAI」が気になりますね。

O:レミ街、良いよね。とりあえず、ホテルニ

ュートーキョー好きならイベント来て欲しいな。

今後の活動は ?

R:BMX はイベントとかっていうよりはどん どんライフスタイル化してきてるね。勿論乗る んだけど、組む事が主体だったり。新しくて面

そういえば、イベントってやんないの ?

R:今のところは予定ないですね。やるなら夕

方くらいから 12 時終わりとかでやってみたい

ですけど。

白い動きは出てきてる。第二形態っていうか…。 O:イベントやると広がるからね。全然知らな

O:最近は、スケートでいうクルージング。の

BMX 版が楽しいかな。単純に移動じゃなくて、 なんて言うんだろう ? でも、そういうスタイル

にシフトしてる。

い人が来たりするし。やるといいよ。 なるほど、ちょっと検討してみます。

O:うん、是非。

R:あとクルーの中で KEITA っていうゴミレコ

ードが大好きなディガーがいて、Jack ってイベ

ントやってる。

Nice to meet you. I’m Yonezawa from RADIO TOPE. O: I’m OSM, the director of minGle. R: RB. I’m mainly in charge of design.

Can you tell me your profile simply? O: I began BMX long time ago. I had played as a BMX rider before organizing minGle. In my childhood I saw a film “BMX adventure” while the other film I would see was being screened at another hall. The film was so cool that I hankered for BMX rider. I enrolled in a high school, got a part-time job and earned money. I’ve been always riding since I bought my own BMX with my first salary. That’s too enjoyable to go to the school. But I could live off riding BMX coz I got a sponsor. Actually I also went to a university, but I I was every week away for contests.

以前、Idjut Boys や cos/mes もゲストで来て ましたよね ?

R:うん。cos/mes からフィーチャーされてる。 そういえば cos/mes の 1 人もスケーターだね。

cos/mes と言えば、数年前にロジャーヤマハ さんが経営されていた渋谷のレコ屋で買ったホ テルニュートーキョーの CD が凄く良かったで

すね。

O:ホテルニュートーキョー好きなら minGle 寄りかも。俺達も好きだからね。他は何が好き なの ?

あと、前号でインタビューさせていただいた

DJ MOTIVE さ ん と レ ミ 街 の ユ ニ ッ ト

10

Were you, Mr. RB, also riding BMX at that time? R: Skateboarding in my case. There was a man wearing a super-baggy pants in my neighborhood. He was riding a skateboard and I got influenced by him. My riding started thereabout. But afterwards I noticed his pants was so frumpy. I didn’t go to the school so much either. I was enthusiastic about skateboarding for a period of time. However my passion for it disappeared soon. It was when I was 16 or 17. The passion turned to computer. That made me go nerd... Haha from skateboard to computer. That’s a big change. What made you play with computer? R: It started with a video-game console “Dream Cast” which you can play online. I hadn’t known of internet at all before I bought it. But I managed to make a web-page with it though. Anyway I went back to skateboard. And a sensational brand for me at that point came up from Japan. An example was Cream

United. Thinking back on it, it might be a turning point for me. Futuristic skate crews like HOMELESS and metropia were coming up in the public spotlight. They were damn cool. And I bought their t-shirts. Thereabouts I met OSM. O: Those brands were my sponsor when I rode BMX at that time. They would spread out also in Nagoya and asked me if I wanted to join them. And I began working there. RB was a customer. R: Well, I was everyday at his shop. O: Yea, he was always there, not shopping.But it was a bowling contest which my customers also joined that set us on good terms each other. It’s quite surprising that you met each other by such an opportunity, not by BMX or skate.

R: But it was rather good for us. We both are not good at meet someone. I rarely exchange the cell-phone number, but I did. One day there was OSM working at the shop. And I began being there all the time. minGle was such a shop. Two third of the people there were grabbing a beer in the daytime. I moved to Osaka for working just when we got a good friendship. I returned to Nagoya soon though haha. When I was back, there was pink elephants, a BMX crew which was the predecessor to minGle, organized. They had a project of, for example, making clothes. I was already supposed to be a member of them. But I didn’t know anything about design at that time! They said it’s no problem that I could nothing. O: That’s our start as minGle. About 6 or 7 years ago. Almost 6 months before we started minGle, I got the project. The president of Cream Graphics talked to me about the project. We met each other for the first time. R: Is that 6 months before we started? Everyday was really long. But it was simply gratify-


First I went to their website but I couldn’t see what they were doing. And that was something intriguing me. ing for us because he had been an icon for me. That made me feel sure of myself. O: He was a real vanguard of skateboarding in Japan. It was like either T19 or Cream Graphics, that’s it. The president talked to us and we started minGle. Besides us, the other members were also quite big in the field of BMX or skateboarding. I think that’s why he talked to us. We were really amateur but we had some skill we can utilize. I see. What kind of clothes did you start making? O: T-shirts and accessories. One of the accessories was a leather wristband. Because there was a factory producing leather stuff next to our shop. The craftsman and me got along well. R: He and me played stone-paper-scissors until I lost to him and I was forced to go buy icecreams. He was really pank and almost 2 meters high. O: He has his own brand and is making accessories because he got a job offer from a big multi-brand store. He is also working on making t-shirts Rancid is printed on. He even joins their tour. Damn surprising.Additionally he often came to buy our t-shirts. We learned to add one more thing. I mean put our heart into it.

I see. How did you get images of clothes you would make? R: You can think minGle has no such resources of images. We are of course based on BMX. O: We used what we like at that time as an image for clothes. We set a theme seasonally but the theme was just something additional on BMX. There’s nothing more amusing than BMX. If skateboarders or BMX riders perform something at a night club, normally they choose reggae or hip-hop tunes, but it’s gonna be a disco sound in our case. Including those mismatches... O: I don’t think it’s mismatches. Rather such

And there are new tendencies coming. It’s kind of the second form. O: Cruising, a term of skateboarding, is also adopted by BMX. It’s fun. R: We have a member who immerses himself in digging shitty records. His name is KEITA, organizes a event called JACK. There were also Idjuit Boys and cos/ mes, right? R: Yes. He is a favorite of cos/mes. One of the member of cos/mes is also a skateboarder. Speaking about cos/mes, a CD-album from Hotel new Tokyo I found at a record store in Shibuya was really great. Mr. Roger Yamaha was the owner. O: Actually his old classmates were the member of Hotel new Tokyo. If you like them, you like minGle. Coz we love them. What else do you like, man? I’m curiously looking at MOMIGAI, a group consisted of DJ MOTIVE and Remigai. O: Yes, Remigai is good. Anyway you are welcome to our events if you like Hotel new Tokyo. By the way, don’t you make any event?

It would be exciting to “mingle” the 2 central figures of the crew with readers.

To add one more thing? To change the clothing patterns? R: When we started making, we had too many things we wanna do. We made things complicated. We did troublesome orders. As we get used to working on clothes, such feelings disappeared. It’s then we put our heart into it.

mismatches, if you call them so, have become something acceptable gradually. I did it intentionally. Even now I wear a leather jacket when I ride a BMX. You couldn’t see anyone wearing a leather jacket at contests. What do you say about your future activity? R: BMX is off “event” and becoming a “lifestyle”. Riding it is must-do needless to say, but putting the parts together is the main work.

No, not at the moment. If I would, I want to make an event that takes place from almost sunset until 0 o’clock. O: You’re gonna get a wide connection of people. I think you should do. Well, I’ll think about it. O: Let’s have fun just as a friend next time.

2005 年発足。 BMXシーンの中で異彩を放ったクルーが手が

Founded in 2005. A clothing brand that a brilliant

けるクロージングブランド。

rider in the world of BMX is making.

BMX のみに留まらず、様々なカルチャーを通過した独自の感性

Not only BMX but other cultures he has experienced

と色彩感覚をファッションという手段で表現している。

is expressing his unique feelings and colour sense in

アンダーグラウンドとオーバーグランドの境界線に位置し、都会

the shape of clothes.

的かつ自然体な独自の世界観を展開している。

Being on a border between underground and

mingle = BMXライダーやスケーターの間でもよく見られる、あ

overground, they spread out their perspective of the

る共通の価値観を持つ人達の間で自然発生する独特のフレン

world that is something modern and unusual.

ドシップ。

mingle = A proof of friendships which arises

WEB: www.pnel.co.uk/

spontaneously in people having common values. This word is often used in BMX-riders and skateboarders. WEB: www.pnel.co.uk/

11


Report 2011 年 9 月20日 スーザン・チャンチオロ展 @HINAYA KYOTO 清水五条坂店 あなたにとってファッションとは?異質なファッションから考える 友人から「京都でスーザン・チャンチオロとい

う訳でもなく、実用的な機能性が特段優れてい

うニューヨークのデザイナーと西陣織の帯地メ

るという訳でもなさそうだったからだ。今まで

ーカーひなやのコラボレーションが展示されて

の自分の価値基準ではわからない。ただ、何か

いて面白かった」と聞き、私は京都に向かった。

メッセージを含んでいる事だけはわかった。

ス ー ザ ン・ チ ャ ン チ オ ロ 氏 は 幣 紙 前 号 の

とりあえず、私はわからないなりによく見る

Bookmark というコーナーで取り上げた林央子氏

事にした。この世に2つとない作品達を、じっ

面的な知識は得ていた。だが、彼女の作品を実

を作る実像が思い浮かんできた。生地を染める

際に見たことはない(特にファッションは実際

姿、手縫いで生地を繋げる姿、ドローイングす

に着て使ってみないとわからない ! )ので、自分

る姿…今まで洋服をショップで見て、作ってい

の著書「拡張するファッション」で紹介され、表

の目でどういうものか確かめたいと思っていた。

と。ずっと見つめていると、スーザン氏が作品

る人をイメージする事はなかったので不思議な 感覚だったが、彼女の作品がより身近に感じら

付いた。彼女の作品は「アート」の色が濃いか

れたような気がした。思い返すと、所謂トーキ

らかもしれない。そんな、これまでに出会った

ョーやニューヨーク、パリやロンドンのデザイ

ことのない「作品」から「ファッション」とは

ナーがデザインしたファッションに触れても、

何なのかを考えさせられたことに感謝している。

どこか手の届かない世界にいる作り手とは距離 感があったと思う。あくまでファッションは商 業ベースで成り立っているのでしょうがないと ころもあるが、手作り感があまり感じられない せいか作り手の姿は見えてこなかった。ただ、 彼女の作品は明らかに彼女がほぼ100% 自身で

作ったとわかるもので、デザイナーの顔が見え て親近感を覚えた。 そして、当たり前のように流行の色やサイズ 気持ちがはやったせいか、会場の HINAYA

感が変わり、ファッションの消費はいつも「フ

KYOTO 清水五条坂店には約束の時間より40

ァスト」だが、流れやシステムに従うのは「マ

分も早く着いた。会場は観光客で賑わう清水寺

スト」ではない事を彼女は自然体で表現してい

の近くだが、喧噪からは少し離れて落ち着いた

る。「スローでもいいじゃない?なんでも人に

ところにあり、店の佇まいはどことなくパリの

合わせる必要は無い」と私は勝手に解釈して嬉

セレクトショップのような空気を感じた。数年

しくなった。現代の経済システムではスローな

前にパリを旅行した時に、外観は昔ながらの建

彼女のやり方は難しいかもしれない。しかし、

物だが内装は現代的なデザインという店が多か った記憶がある。そのギャップも景観と調和し た自然なミックスだった。そう、パリと京都は 街の雰囲気が近いのかもしれない。ひなやの店 舗も伝統と革新の混ざり加減がパリらしかった。 そんな事を思いつつ触れたスーザン氏の作品は スカーフ、靴、ブラウス、T シャツ、ワンピー ス、スカート、カバン、リボン、草履( ! )…と

バラエティが豊富なだけでなく、示唆に富んで いた。 私は今まで「外見」と「機能」とい う2つの要素でファッションの善

都に約1ヶ月滞在しながら創作活動(糸選びや

染色の段階から関わった!)を行うスライドシ ョーが流れていたが、1つ1つの作業を心からエ

ンジョイしている表情が微笑ましかった。対応 してくださった店長の右近さんも「スーザンは “I’ m always learning”と言って、小さな事でも 学ぶ姿勢があり、それを楽しんでいる」とおっ しゃっていたが、その雰囲気が作品にも表れて いるのだろう。展示 されていた、作品 が出来上がるまで

女の作品はそういっ

のスケッチ段階の

どう捉えていいか 正直、戸惑った。 トレンドが反映され たデザインやサイズ感とい

12

彼女は10年近く活動を続けられている。また、

店内には彼女が2010年の秋に愛娘と来日し、京

し悪しを判断していが、彼

た要素とは異質で、

ァッションを「作品」と表記していることに気

ラフやドローイン グからもそれはう かがえた。 ここまでの文章を振り返 ってみると、無意識で彼女のフ

Text: Shota Yonezawa


Seijin ’N’ SeiKei あなたはルールを何一つ知らずに大リーグや NBAを見ていて楽しめるだろうか。 答えは「No」 。ほとんどの人は興味を持つことすらできないだろう。それは、政治や経済も同じこと。 基本的なことがわかれば朝夕のニュースも楽しめるのではないだろうか ? 政治の話 Text: Hiroyuki Sumi

今回は天皇のある特権について書こう。天皇 は国家元首 (head of state) とも呼ばれ文字通り

今日から施行しよう。」となる。だがここで問

い。彼らはどのようにそんな誘惑から自分を律

題が発生する。誰が最終的な GO サインを出す

しているのだろうか。

のかという問題だ。誰かが「了解、認める」と いうハンコを押さねばならない。「誰が?」そ

国のトップである。元首は日本以外にもおり、

れとも「最終的なゴーサインのハンコを押す人

イギリスなどは国王、アメリカや韓国などは大

を選ぶ法律を作る?」そうしたらまた「そのゴ

統領がそれにあたる。実はそんな元首たち、そ

ーサインを出す人を選ぶ法律にゴーサインを出

して天皇は「法律に縛られない」という特権を

す人」を選ばないといけなくなる。それでは物

持つのだ。

事が機能しなくなる。

戦時中の大日本帝国憲法には、こんな一文が

下の写真を見てほしい。

だからこそ、それを防ぐために超法規的な人 が必要なのだ。よって元首を持たない国は世界

あった。 「天皇ハ神聖ニシテ侵スベカラズ」 天皇には指一本触れるな、命令なんかするな よということ。つまり天皇を法律で行動を制限

中どこを見渡しても存在しない。例えば大統領 も国王もいない中国でも胡錦濤国家主席が元首 として君臨する。

Photo: Reuters オバマ大統領の大統領就任式の写真だ。左手

してはいけなかった。もちろん現在の憲法には

私たちにとって法律は「これはやっていい、

を聖書の上に置き、神に対して自分が誠実に職

こんな威圧的な文章はない。しかし現在でも天

これはダメ」という判断基準になっている。そ

務にあたることを誓っている。このように元首

皇は法律に拘束されない存在である。

う考えると元首たちは素晴らしく清潔な心の持

と呼ばれる人たちは自分の信じる存在へ自主的

天皇が法律の拘束を受けていない例として天

ち主に違いない。法律に自分が縛られない以上、 に誓いを立てることで己を律しているのである。

皇家には名字がない。日本では戸籍法があり誰

自分で自分を律するしかないからだ。「オバマ

同様に天皇も日本が永遠に平和な国であるよ

もが名字を名乗らなければならないはずだ。も

大統領、ファミレスでタダ食い」なんていうニ

う祈り、誓いを立て自らを律して仕事に向き合

う1つ、天皇は選挙に行って投票することもで

ュースが流れたらおそらく僕は絶句するが、ま

っているのだ。仮にあなたがそんな特権を手に

きない。選挙法の適用外にもなっているからだ。

ずそんなニュースは流れない。しかし彼はそれ

しても、天皇のように凛々しく堂々とやましい

どうしてそんな特権が必要なのだろう。例え

をしたところで元首であるからまず逮捕されな

ことなく生き、全ての人に優しくしてあげられ

ば国会で何か法律が作られ「よし、この法律を

いのだ。にも関わらずそんなニュースは流れな

るだろうか… ?

スーパーのタイムセールはその典型です。商材

らに安売りしないとモノが売れなくなる。この

が食品という性質上腐ってしまうと全く商品価

悪循環がデフレ・スパイラルです。デフレは消

値が無くなるため、安売りしてでも在庫として

費者側としてはモノを安く買えて良い事にみえ

残したくないという側面もあります。

ますが、生産者(供給者)の立場から考えると良

経済の話 Text: Shota Yonezawa

よ く耳にするが、実はよくわかっていない 経済用語を取り上げる本コーナー。今回は「デ フレ」について解説します。デフレとはデフレ

では、なぜ日本はデフレになっているのでし

ーションの略で物価(色々なモノの価格の平均

ょう ? 主な原因は日本のサラリーマンの平均年

くない事ばかりです。 デフレの根本的な解決には私達日本人がもっ

値)が持続的に下落してく現象の事です。反対

収が減少傾向にあり(別表参照)、多くの人がモ

と稼いでもっとお金を遣う事が一番ですが、現在

に、インフレ(インフレーションの略)は物価が

ノを買い控えているためです。買い控えによっ

は高度成長期の様に勤続年数に比例して給料が

持続的に上昇する現象を指します。デフレによ

て需要が減るとモノが売れ残り、企業はモノが

増える状況ではなく、普通にサラリーマンやバイ

り物価が下がると色々なモノが安く買えて私達

売れる様に販売価格を下げます。ただ、販売価

トをしている限り収入増はあまり見込めません。

消費者にとっては良い様に見えますが、実際は

格を下げるとモノが売れたとしても当然売上も

そこで、現実的には収入が増えないなりに楽しん

デフレは私達の生活を苦しくします。ただ、そ

減ります。そのため、企業は最悪の場合従業員

で生活する方法を模索してみる。例えば、部分

こに至るまでの流れがわかりづらいので順を追

の賃金カットやリストラを行います。すると更

って解説したいと思います。

に人々の収入は減ってモノを買わなくなる。モ

的に自給自足を始めてみてはどうでしょう ? コ

まず、デフレの構造を理解するにはモノの価 格が決まる仕組みを知る必要があります。一般

一度安売りすると消費者はその安さに慣れ、さ

的に、モノの価格は需要(買いたい量)と供給 (売りたい量)のバランスで決まります。定価 以上でも買いたいと思う人が沢山いたり、売っ ているモノが希少だったりすると価格は上がり ます。ヤフオクで朝霧 JAM のチケットが定価

より異様に高くなるのは定価以上でも欲しいと 思う人が沢山いるからです。反対に価格が下が るのは需要が供給を下回るためです。例えば、

ンビニやスーパーで買っていた水を汲みにいっ

ノを買わなくなると企業は価格をさらに下げる。 てみたり、携帯ソーラーパネルを買って自家発 電してみたり、週末農業を始めてみたり、でき る事は沢山あります。自給自足であれば物々交 換にも対応できる(笑)もし、日本の経済が破綻

(万円)

470 460 450 440 430 420 410 400 390 380 370

457

461

465 467

461 461

454

平均年収

448

444

439 437 435 437

インフレ(ハイパーインフレ)が起きれば紙幣

430

は紙屑同然になってしまうので、物々交換経済

406

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

して1980年代末のアルゼンチンの様に極端な

もありえない話ではない。デフレにせよインフ 年度

21 (平成)

レにせよ、これから自給自足できる生活にシフ トしていく事は悪い話ではないと思います。

13


Bookmarks ギークのマークをちょっぴりリーク。 今回はポッドキャスト、音楽、マンガのオススメ。

名前: 野口 大輔 職業: デザイナー

名前: 牧 信吾 職業: 店主

名前:Thorben Gröbe 職業:旅行会社営業マン

ランニング、 自転車、登山、 ボルタ リング…小さい体を躍動させなが ら手よりも先に足が 出るガテン 系デザイナー。 ( dayskyhutte. wordpress.com/)

名古屋栄でcafe & bar WALTZ をひっそり営んでおります。 名古屋市中区栄3-14-30 エフジー伊勢町南ビル2F

阪神タイガースとマンガをこよなく 愛するドイツ人。 日本での懸命の 就活の結果、見事内定を勝ち得 た。日本人よりも日本人っぽいとよ く言われる。

ラジオの街で逢いましょう

www.radiodays.jp/

TEL: 052-262-3400

1 2 3

nikolaj grandjean carrying stars

平川克美らが主催するラジオデイズのポッド

1 2 3

ワンピース 尾田 栄一郎

1 2 3

jazzanova の secret love vol.5の印象的な声

ただの海賊漫画ではない。キーワードは仲間

キャスト。 切れ味鋭い論客をゲストに世の中

&メロディーで虜になり、このアルバムにたどり

と自由。 名言や名シーンが盛り多い。 読め

を切る。知的好奇心が刺激されます。

着きました。哀愁感と枯渇感で胸いっぱいです。

ば分かります。

東京ポッド許可局

tete

鋼の錬金術師

www.voiceblog.jp/tokyo-pod

le premier clair de l’ aube

荒川 弘

ジャンルの違う芸人三人による時事評。 特

フランスの no.1シンガーソングライターの 4th。

罪、罰、償いなど哲学的内容だがギャグが適

に芸能ネタは芸能界に身を置いている人なら

前作にもまして黒い音に近づきながらも、彼

度にちりばめられている。また登場人物の人

ではの解釈で溜飲が下がること間違い無し。

独特の優しいメロディーがポップ。

数、個性がいい!

ニュース探求ラジオ Dig

jehro

よつばと!

www.tbsradio.jp/dig

jehro

あずま きよひこ

サブカルから政治まで幅広くカバー。「今日の

フランスのジャック・ジョンソンと例えられるシン

5 歳の元気な女の子とお父さんの毎日が大発

ニュース」はテレビを見ない人にとって一日を

ガーソングライター。ラテン・レゲエよりのメロ

見の日常。 癒されます。 読めば自分の悩み

ザッピングするのに丁度良い。

ディーに切ない哀愁感が充満しています。

事が小さく感じられます。

Editor’s Afterwords 2011 年 8 月に創刊した第 1 号の配布。そして、第 2 号の制作

Books DANTALION の堺氏のインタビュー(3 ページ参照)

紙文化の衰退が叫ばれる今日この頃。でも雑誌とか本ってやっ

が終わり、編集部としては RADIO TOPEを介して文化と人の

で Zineをつくってる方と、ご挨拶程度ですが連絡をとらせていた

ぱいいですよね。単純に目が疲れない、そして何より本棚に並

繋がりが少しずつ広がっている事を実感しています。私達の実

だきました。その数週間後、大阪にいた知人から「Aさんって

知ってる?」という電話が。ちょっと考えていたら「まぁ、代わる

んでるだけでちょっと気持ちいいですし。そんな本棚に RADIO

感をシェアできる様、今後は誌面だけでなくHP(完成をお楽しみ に!)や Twitter、リアルな世界でも文化を共有する空間を提供

わ∼」と電話の向こうに Aさん登場。なんとインタビューで知っ

人が読んでも文句を言えない分かりやすい英文を目指して書い

していきたいと思います。

た Zine の製作者の方でした。(笑)世の中っておもしろい…。

ていきます。ちなみに第1号は僕の英訳ではありません。(笑)

清野卓

鷲見洋之

米澤彰太

Topos、設置店、広告について

RADIO TOPE 設置店舗

RADIO TOPE は文化を共有する空間を作るパートナーを随

東京

時募集しています。 Toposというコーナーで自分の作品(グラ

名古屋

Harmonia / MOTExTILE / ON READING / Walts

フィック、音楽、文学等ジャンルは問いません)を発表したい方。

岐阜

CafeBar 三六/ Ginga / SignaL /徒然舎/ PIVOT SPACE

店舗等に RADIO TOPEを設置していただける方。 RADIO

京都

ガケ書房/恵文社一乗寺店/ Prophet

TOPE 読 者に向けて広 告を発 信したい方。まずは info@

大阪

Books DANTALION / FOLK old book store

radio-tope.com までご一報ください。詳細は担当よりご連絡

福岡

BON JOCKY / Ma Shop

させていただきます。その他、ご意見、持ち込み企画等もお待 ちしております。

14

TOPEをはじっこでいいので置いてあげてください。ネイティブの

Only Free Paper


vol. 02

Editor in Cheif

Shota Yonezawa

Editor

Hiroyuki Sumi Suguru Kiyono

Graphic Designer

Suguru Kiyono

Photographer

Shinpei Takagi

Translator

Hiroyuki Sumi

Web Twitter

www.radio-tope.com @RADIO_TOPE

Take This For Free


RADIO TOPE vol.02