Page 1

1、 個性からモンクレール スペシャル紹介します ソフトなラムスキンレザーで切り替えられているため、ワイルドかつ上品な面持ちで、 着心地も抜群です。これまでもダウンジャケットは何度か紹介してきましたが、今回は個 性があるという視点からモンクレール スペシャルダウンジャケットを 5 点、ピックアッ プして紹介します。先日紹介した「ラルフ ローレン」のクールな新ラインからも、ダウンジ ャケットが登場しました。○月というのは、あくまでも目安としてお考えくださいませ。 その個性はウエスタンヨーク。また、ポケットの山型フラップにもレザーのトリミング あしらわれ、男っぽいウエスタンテイストを強調しています。メインの素材はイタリア産 の梳毛ウール。ウエスト位置の下までをカバーするクロップドフィットで、着こなしやす いはずです。また、ブラックで統一された色合いはクール。そんな人は「長そでを着るとき は白や水色など、明るめの色の服を着る」など、暑苦しい印象にならないようにするといい でしょう。 新しいレーベルの魅力を象徴しています。モンクレール スペシャル格安通販おしゃれ に無頓着な人でも知っているほどの知名度を誇るアメリカの名門ブランド、 「ラルフ ロー レン」。一方で、ファッションに精通している人ほど愛用し、信望者も多い。そんな懐の深い 「ラルフ ローレン」から、新たなラインが続々と登場し話題を集めている。そのため、つい つい真冬用のコートを着たくなる日も少なくないと思います。

2、 薄手のモンクレール新作ジャケットで歩いている ラルフ ローレン ブラック レーベル デニムはその名の通り、ブラックからイメージでき るようなクールでコンテンポラリーなムード。インターナショナルなデザインも特徴的で、 プレミアムデニムを使った新しいスタイルを提示する。ベースとなるデニムは、インディ ゴブルーを始め、スモーキーグレーや褪せたタンなど、カラーバリエーションも豊富。12 ~2月の寒い季節にはコートやモンクレール人気ダウンジャケットなど、きちんとした冬 用のアウターを着る。 1~2月の雪が降っているような寒さの中、10~11月に着るような薄手のモンクレ ール新作ジャケット1枚で歩いている人を見かけることがあります。進化した加工も取り 入れ、今日的なヴィンテージ感を表現する。それに似合うトップスはタイムレスでシック


な雰囲気。スポーツコートやカシミヤセーターに加え、オートモービルやモトレーシング にインスパイアされたレザージャケットなども展開する。若者向けとして立ち上がったの はデニム & サプライ ラルフ ローレン。 デニムウエアを軸に、ネイティブやミリタリー、マリンといった正統派のスタイルをブ レンドし、ハードな加工も取り入れたラギッドなアメカジ系コレクションを展開する。た だし今回は、大人の男のために生まれたクールでモダンな新ライン、ラルフ ローレン ブラ ック レーベル デニムに焦点を当てたい。春とはいえ、4月の上旬はまだまだ肌寒い日が多 いです。モンクレール ダウン新作を着ます。

Beautifulinjp站内10 23