Issuu on Google+

WHAT S NEXT FOR NUCLEAR POWER ? 世界は原子力なしで回るのか ―――

「原子力」をリアルに考える フランス

米国

日本

58

104

(基)

韓国

ロシア

54

21

32

英国

インド

ドイツ

17

19

20

中国

13

日本の原発は 54 基 [ 主要国で稼働中の原発基数]

世界 原子力協会 (W NA) の集計 ( 2 011年4月) をもとに作成 日本は日本原子力産業 協 会のデータ

〔現存する原発の数〕チェルノブイリで事故があった1986年を機に、原発建設は冬の時代をむかえていた 発電能力 (MW)

2820

15339

6537

31987

10242

4233

2841

4672

5

4

5

2000

2005

202

33 22 11 7

1970

7

1975

1980

1985

1990

1995

1

発注された年度と基数

Nuclear power after Fukushima 「フクシマ危機」の衝撃で原子力の未来はどう変わるのか 今回の事故を受けて、先進各国では脱原子力の動きが活発化し、天然ガスなどの代替エネルギーへの移行が進むだろう。 塗り替わった世界のエネルギー地図を分析する。

2011


世界の電力の供給源はなにか?

原子力が供給するのは

2.9 % その他

5.5 % 原油

14%

世界の電力の

13.5 % 原子力

40.9 %

に過ぎない。

石炭

15.9 % 水力

21.3 % ガス

[ 世界の発電電力量 と電源構成 ]

source ; IEA, IAEA, WNA / FINANCIAL TIMES

4,344 (1,000GWh)

自然エネルギーなど

[ 主要国の発電電力量 と電源構成]

15,394,744

IE Aの資料をもとに作成 (2 008 年。構成比の 小数点 2 位以下は四捨五 入)

2.2

総発電量

20,181,151 (GWh) 4.4 %

自然エネルギー など

13.5 %

原子力

15.9 %

水力

67.7 %

火力

16.8

原子力

11,820,749 2.1

3,495

17.0

17.0

8,282,469

水力

0.4

5,245,657

64.5

18.1

8.6 20.7

63.3

0.3 2.1

69.9

23.0 74.3

1971

1980

1990

2000

2008

国際エネルギー 機関 (I E A) の 資料をもとに作成。 電源構成の合計は 誤差などで100%に なりません。

原発が無くなったら、 火力

どんな 1,075

1,038 830 631

570

世界に

なるのだろうか?

444

385

3月11日の津波で甚大な被害を受けた 福島第一原発の状況は、一進一退、紆余 曲折を経て、制御化に置かれつつある。 しかし危機収束には程遠い。

米国

中国

日本

ロシア

インド

ドイツ

フランス

韓国

英国

-

2.8

-

-

11.8

2.1

0.3

4.7

19.3 5.9

2.0 16.7

24.0 7.1

15.7 15.9

1.8 13.8

23.5 3.3

77.1 11.2

34.0 0.7

13.6 1.3

71.4

80.8

66.1

68.1

82.6

61.4

9.6

65.0

80.4

自然エネルギーなど

3.4

原子力 水力 火力

(%)

数年かかると言われる浄化作業は、結局 数十年単位に長引くだろう。立ち入り禁 止区域が原発周辺に止まらない可能性も ある。被曝量の多い作業員たちは、今後、 がんのリスクが高まるかもしれない。


09 年、 世界の発電所は90億t のCO₂を排出した。 もし原発を使用せず、その分を他の燃料で埋め合わせると、 発電による CO₂排出量は 110 億tになっていたはずだ。

原発が無くなると

90 億 t

CO₂排出量 20億 t

増大

110億 t

原発は年間 20 億tの CO₂を削減できている。

CO

20 億tは

する!?

2

ドイツと日本の

排出量 2009年

年間排出量の合計にほぼ匹敵する。

世界の発電所

世界の発電所

原発アリ

原発ナシ

世界のCO₂排出量(国別排出割合)

その他

アメリカ

22.3%

21.1%

その他

21.1%

約273億トン 1.4%

メキシコ

韓国

1.7%

1.4%

1.4%

カナダ

1.9%

イラン

イギリス

2.1%

ドイツ

3.0%

韓国

1.7%

日本

インド

1.7%

ロシア

4.5% 4.6%

アメリカ

19.0%

メキシコ

20.6%

フランス

1.6%

二酸化炭素(CO2)換算

オーストラリア

1.4%

イタリア

1.3%

中国

1.6%

約294億トン

1.2%

サウジアラビア

二酸化炭素(CO2)換算

22.3%

2008年

ブラ ジル 1.2% インドネシア

2006年

オーストラリア

中国

日本

3.9% インド

4.9% ロシア 5.4% フランス

5.7%

ドイツ

1.3%

2.7%

イギリス

1.7% 1.3% イタリア 1.5%

フランス

日本は、中国、 アメリカ、ロシア、インドについで世界で5番目に多くの二酸化炭素を排出しています (%)

(%)

25

25 22.3%

21.1%

20

20.6% 19.3 t/人

原子力発電所を廃炉にし、火力などの他の発電に 頼った場合に増える排出CO2

20

19.0%

18.38 t/人

原子力発電所を廃炉にし、火力などの他の発電に 頼った場合に増える排出CO2

15

15 日本一人当たり

11.0 t/人

9.7 t/人

10

9.9 t/人

日本一人当たり

11.0 t/人

9.6 t/人

9.02 t/人10.4%

10

6.8

7.3 5.7%

5

4.3 t/人

%

4.6% 4.3 t/人

0

アメリカ

中国

ロシア

インド

4.5

3.0%

%

日本

ドイツ

5

3.5% 2.1%

イギリス

5.4%

4.92 t/人

4.39 t/人

3.9

1.0 t/人

アフリカ

%

4.9%

1.25 t/人

0

中国

アメリカ

ロシア

インド

%

日本

EU

国別一人当たりの二酸化炭素排出量をみると、 日本人は中国人の約1.8人分、 インド人の約7人分の二酸化炭素を排出しています。 国別一人当たりの二酸化炭素排出量では、先進国の排出量が多くなっていることが特徴です。

世界平均


今後のエネルギー動向はどうなるのか? 原子力 石炭 天然ガス 石油 バイオ:藻 バイオ:農作物

Final Energy (EJ/a)

年間エネルギー量

バイオ:木材 バイオ:家畜排泄物など バイオ:ゴミや廃棄物など 水力 地熱 地球電気回路 太陽熱 集光型太陽熱 タワー式太陽熱 太陽光 波力、潮力 洋上風力 風力

世界のエネルギー供給資源 World Energy Supply by Source. The Ecofys Energy Scenario, December 2010

CO₂排出

CO₂排出なし 原子力 石炭 天然ガス 石油 バイオ:藻 バイオ:農作物

Final Energy (EJ/a)

年間エネルギー総量

バイオ:木材 バイオ:家畜排泄物など バイオ:ゴミや廃棄物など 水力 地熱 地球電気回路 太陽熱 集光型太陽熱 タワー式太陽熱 太陽光 波力、潮力 洋上風力 風力

世界のエネルギー供給資源 World Energy Supply by Source. The Ecofys Energy Scenario, December 2010

The Energy Report 100% RENEWABLE ENERGY BY 2050 by WWF


年間世界エネルギー供給資源 Global energy provided by source and year (EJ/a). 年間エネルギー量(EJ/a)

45.7

60.0

71.9

85.7

103.5

127.4

洋上風力

0.2

1.4

6.7

14.3

22.0

25.3

風力

0.0

0.0

0.5

1.3

3.4

6.7

波力、潮力

0.0

0.0

0.0

0.1

0.3

0.9

太陽熱

0.0

0.1

0.7

6.5

16.9

37.0

集光型太陽熱

0.0

0.1

0.6

3.9

13.7

21.6

水力

7.9

11.3

13.4

14.4

14.8

14.9

地熱

0.1

0.3

0.7

1.7

3.4

4.9

バイオマス

0.0

0.0

0.0

0.0

1.7

16.2

18.2

21.5

14.8

10.0

5.4

0.0

天然ガス

8.6

14.0

25.6

28.3

20.1

0.0

石油

4.2

3.1

2.5

1.4

0.5

0.0

原子力

6.5

8.2

6.5

3.8

1.2

0.0

63.7

79.1

82.3

74.6

63.0

59.0

集光型太陽熱

0.0

0.0

0.1

0.4

2.6

8.8

地熱

0.0

0.1

0.2

0.6

1.6

2.9

バイオマス

1.0

6.1

16.9

31.3

40.7

34.8

化石燃料

62.7

72.9

65.0

42.2

18.0

12.5

家庭用燃料排出熱量 (EJ/a)

77.7

86.0

87.4

67.8

47.4

24.1

太陽熱

0.0

0.7

3.3

11.9

16.0

12.6

地熱

0.2

0.5

1.5

4.1

10.5

8.4

バイオマス

33.4

33.2

29.2

14.2

10.2

3.1

化石燃料

44.1

51.6

53.5

37.6

10.6

0.0

交通機関用燃料 (EJ/a)

86.2

102.6

111.6

91.3

62.3

50.8

0.7

4.8

12.9

29.7

45.7

50.8

85.5

97.8

98.8

61.7

16.6

0.0

273.4

327.6

353.3

319.4

276.2

261.4

石炭

産業用燃料排出熱量 (EJ/a)

バイオマス 化石燃料 合計 (EJ/a)

The Energy Report 100% RENEWABLE ENERGY BY 2050 by WWF

発電機使用

現在の発電方法一覧

汽力発電

火力発電 · 原子力発電 · 地熱発電 · 太陽熱発電 · 海洋温度差発電

火力発電

内燃力発電 · コンバインドサイクル発電 · 廃棄物発電

水力発電

揚水発電 · マイクロ水力発電

海洋発電

波力発電 · 潮力発電 · 海洋温度差発電 · 海流発電

風力発電

陸上風力発電 · 洋上風力発電 · 浮体式洋上風力発電 · 凧型風力発電

その他

冷熱発電 · 人力発電 · 炉頂圧発電

発電機不使用 燃料電池発電 · 太陽光発電 · 宇宙太陽光発電 · MHD 発電 · 熱電発電 · 振動発電


世界第6位 排他的経済水域 伊豆諸島 薩南諸島

鳥島

南西諸島

小笠原諸島

琉球諸島 沖大東島

南鳥島

硫黄島 南硫黄島

沖ノ鳥島

浮体式洋上風力発電 万㎢ 800

762

700

701

日本は世界第 6 位の排他的経済水域(EEZ)を持つ海 洋国家であるため、洋上風力発電には大きな可能性 がある。 541

100

0

447

JAPAN

200

INDNESIA

300

AUSTRALIA

400

470

CANADA

483

500

NEWZEALAND

UNITED STATES

600


浮体式洋上風力発電 日本近海は急に深くなるため、浮体式の開発が重要

陸上よりも洋上の方が風況がよく設備利用率が高い が、日本の海は地形的に着床式の適地が少ない。洋上 の風力資源を活用するには浮体式風力発電の開発がカ ギになる。カーボンファイバーで作ってあるので、海 に浮かす事が可能。発電コストは太陽光より安いとみ られている。 画像提供/九州大学 SCF 研究会

緊張係留型浮体(TLP)風力発電 三井造船も研究する、海底油田の採掘などで実績がある緊張係留型浮 体(TLP)。半潜水型浮体をスチールパイプなどのテンドン(垂直緊張 係留ライン)で海底基礎につなぐもので、特に安定性に優れる。 出典 /inhabitat.com

「風レンズ風車」を採用。 六角形浮体の内水面を魚の養殖いけすに使ったり、浮体の外縁に波力発 電装置を備えたりするなど、複合的な海洋エネルギー基地としての活用 を目指す。九州大学の研究チームが計画する直径 60m の浮体と 2 機の 100kW 風車による実証実験の想像図。風車は効率性に優れた「風レンズ 風車」を採用する 画像提供/九州大学 SCF 研究会

緊張係留型浮体(TLP)風力発電を研究する三井造船。 既に 2400kW 級の概念設計で暴風時の係留機能などを確 認済みという 画像提供/三井造船

 中長期的に見ると、日本で最も可能性があるのは浮体式。東京大学の鈴木英之教授は、「日本近海は海底が急に深くなるため、浮体 式の開発が重要になる」と言う。日本風力発電協会の試算では、洋上風力の導入可能量 6800 万 kW のうち、浮体式が 3900 万 kW を 占める。これは原子炉 30 ∼ 40 基分に相当する。発電コストは太陽光より安いとみられている。  既にノルウェーでは 2000kW 級の浮体式の実証実験を 2009 年夏に始めており、日本はここでも「周回遅れ」。だが、ここに来て開 発に動きが出てきた。模型による室内実験の段階は終わり、いよいよ実海域での実証段階に入ってきたのだ。


planT_energy0507