Issuu on Google+

風景の編集

明治大学空間論研究室 4 年 飯田 周悟


空 間 体 験 の 中 で 様 々 な 相 反 す る 感 情が同時に存在する建築がよいと考えた。 たとえば、距離と距離感が異なる空間、明るさと暗さが同時に存在する空間、内側と外側が同時にある空間。 そのような空間は 人 間 の 意 識 や 想 像 力 に 刺 激 を 与 え る 。 こ の よ う な 状 態 を 「距離の編集」を手がかりに作成した。 こうしてできる建築は、非日常性を高め、敷地の固有性を拡大し、風景と建築の現代的な関係をつくりだす。


キ ュ ー ブ を 歪 め る こ と に よ っ て コ ーン状のかたちができる。 空間の中は距離感が近くなったり遠くなったり不安定な状態をつくりだす。 このかたちを、組み合わせることで空間のなかにアンビバレントな 状 態 を も た ら す 。


先のすぼまった空間は拡大と縮小という相反する関係をもち、一方に体を向けるとその先の空間へとアフォードさせる


通常の見え

先のすぼまった空間は距離感の錯覚を引き起こし、その先の空間を二次元的にとらえる

先の開いた空間は風景をそのまま取り込み、風景と共に体験しているような状態をつくり出す


VIEW A

267M

1371M

1021M

85M

VIEW B

1530M 2091M

VIEW C

N

∞M VIEW D

149M

99M

266M


1371M VIEW A

1573M 1021M

1021M VIEW B


∞M

∞M

∞M 1427M

2091M VIEW C

2091M

VIEW D

敷地は小笠原諸島の埠頭でこの建築はゲートと資料館としての機能をもつ。 周囲は開けていて、島の色々な場所が様々な距離感で存在している。

∞M


N

site plan

1/2000


敷 地 周 囲 に 存 在 す る 対 岸 ま で の 距 離が異なる風景を切り取る。 海しか見えない場所、島の中で一番高い山、町の風景。 異なる距離の風景は一点に収束するように切り取られ、敷地の中に大きな中心をつく り だ す 。


敷 地の風景を切り取った様に、空間と空間を繋ぐ。 空間の先に空間が見えその先に小笠原の風景が広がる。 一つの大きな中心と複数の小さな中心が生まれる。


A

B-2

A-1

B-3

A-2

A-3

A-4

A-5

C

C-1

C-2

D

B

B-1

D-1

D-2


Sub+West

West+NorthWest

West

West+SouthWest

SouthWest

West+SouthEast

SouthEast

NorthEast

West+NorthEast

NorthWest

West+SouthWest+SouthEast+NorthEast+NorthWest


1

N

1 2 3 4 5

entrance foyer hall cafe museum

GL+1500

PLAN

2

4

2

3 2

1

1/400


N

GL+3500

5

5 5

5

PLAN

1/400


elevation north 1/400

elevation east 1/400


section AA`

1/400

sction BB`

1/400



edited scenery