Page 1

Portfolio

2016-2019

Shoichiro Nunoi


Contents

2

Introduction 3-4 Profile

Contents


01. TAKAGI SHUTA OFFICE

02. Tokyo Univ. of Science

03. Ideas

6-13 Sattelite Studio

30-39 Collective Housing

58-63 Data Visualization

14-21 Yagi no iru Ie

40-57 Bank Port

64-69 Image to Louver

22-29 CAD Learning Website

Contets

3


Personal Infomation Name

Shoichiro Nunoi

Nationality

Japanese

Date of Birth

11th June 1991

Age

27 years old

E-mail address

noinoi.tus@gmail.com

Education 2016-ongoing

Bachelor of Architecture(expected) Tokyo University of Science Faculty of Engineering Department of Architecture

2011-2014 2007-2010

University of Tokyo High School Diploma Kurume Husetu High School

4

ProďŹ le


Skill Computer Rhinocerus Grasshopper V ray Photoshop Illustrator

Work Experience

Microsoft Office

2016-ongoing

TAKAGI SHUTA OFFICE

2016-ongoing

Naka Architect‛s Studio

Assistant in Architecture & Programming Department Assistant in Architecture Department

Programming html/css Python C# Physical Physical Drawing Physical Modeling Leaser Cutter Heat Cutter

Profile

5


TAKAGI SHUTA OFFICE

6


YOUTV Satellite Studio Grasshopper を用いた デザイン検討のプログラムと施工図の作成 Programming & Modeling Assistant

設計・デザイン:隈太一 プログラミング:合同会社髙木秀太事務所 写真:KAORU YAMADA

TAKAGI SHUTA OFFICE

Satellite Studio

7


Grasshopper for Study  ユニットを作り、大量に組み合わせる。こ の作業を人の手で行おうとすると、その個数 というものが大いに障害となる。Grasshopper を用い、数値を変化させることで、Rhino 上 で容易に形態の検討を行えるプログラムを提 供した。

パース:合同会社高木秀太事務所

8


Detail Drawing 詳細施工図 図面作成:株式会社 NICE

Grasshopper for Drawing 検討モデルと連動した施工図の作 成 図面作成:合同会社高木秀太事務所

TAKAGI SHUTA OFFICE

Satellite Studio

9


写真:合同会社高木秀太事務所

10


写真:KAORU YAMADA

TAKAGI SHUTA OFFICE

Satellite Studio

11


写真:KAORU YAMADA

12


写真:KAORU YAMADA

TAKAGI SHUTA OFFICE

Satellite Studio

13


TAKAGI SHUTA OFFICE

14


Yagi no iru Ie -SD Review 2018-

Grasshopper を用いた 検討と評価のプログラム作成 Programming & Modeling Assistant

作品:香川翔勲+佐倉弘祐+髙木秀太+藤井章弘+筒井 伸

TAKAGI SHUTA OFFICE

Yagi no iru Ie

15


Grasshopper for Evaluation  このプロジェクトでは、形態の検討だけではなく、生成された形態を評価 する仕組みを整えた。数値化されうる評価基準を定めモデルを評価し、期待 値の高いものを抽出する。今回は「耐風・日射・施工」の観点をもとに評価し、 総合値から候補を絞った。右図は、それらを一覧として配置したものである。 プログラミング、モデリング:合同会社高木秀太事務所

16


プログラミング:合同会社高木秀太事務所

TAKAGI SHUTA OFFICE

Yagi no iru Ie

17


パース:香川翔勲 + 筒井伸 + 信州大学佐倉弘祐研究室

18


写真:合同会社高木秀太事務所

TAKAGI SHUTA OFFICE

Yagi no iru Ie

19


写真:合同会社高木秀太事務所

20


写真:合同会社高木秀太事務所

TAKAGI SHUTA OFFICE

Yagi no iru Ie

21


TAKAGI SHUTA OFFICE

22


CAD Learning Website -BuildingEnvironmentDesign.com( 東京大学前研究室 + 髙木秀太事務所 )

-Rhino-gh.com-

( 日建設計 + 髙木秀太事務所 ) 建築用 CAD 学習サイトのコンテンツ制作と Web デザイン Programming & Design Assistant

日建設計 + 髙木秀太事務所 : http://rhino-gh.com/

TAKAGI SHUTA OFFICE

CAD Learning Website

23


日建設計 + 髙木秀太事務所 : http://rhino-gh.com/

24


日建設計 + 髙木秀太事務所 : http://rhino-gh.com/

TAKAGI SHUTA OFFICE

CAD Learning Website

25


東京大学前研究室 + 髙木秀太事務所 :http://building-env.com/

26


東京大学前研究室 + 髙木秀太事務所 :http://building-env.com/

TAKAGI SHUTA OFFICE

CAD Learning Website

27


東京大学前研究室 + 髙木秀太事務所 :http://building-env.com/

28


GH サンプルファイルの作成

TAKAGI SHUTA OFFICE

CAD Learning Website

29


Tokyo Univ. of Science

30


Collective Housing 路地に溢れ出す - 曳舟の集合住宅 -

Tokyo Univ. of Science

Collective Housing

31


32


Tokyo Univ. of Science

Collective Housing

33


生活 to 路地 住宅密集地域において、張り巡らされた道路に顔を向けて立ち 並ぶ住戸たち。その多くは、道路に面するように玄関やガレー ジを構えている。自転車や子供のおもちゃなど、普段外で使う ものが生活を匂わすものの、おおむね閉ざされた感じを受ける だろう。一方で、それらの住戸の隙間に、魅力的な路地を垣間

Private

Common

Private

見ることがなかろうか。私道であったり、ただの建物間の隙間 であったり、いわゆる裏路地と呼ばれるものだ。居間やベラン

入り口を広くし

ダが向き合い、洗濯物や植木鉢、日々使いの道具といった、よ

リビングと一体化させる

り濃く互いの生活を感じさせるものが溢れ出している。隣人の 生活が、音や視界を通じてゆるやかに伝わってくる。生活の変 化を感じることは、共に暮らすことの一部であろう。同じ住戸 の中に住まわずとも、空間を共有することで人とのつながりを 感じられす生活を、曳舟の路地の中に見出した。

34

Private

Common

Private


Tokyo Univ. of Science

Collective Housing

35


N

B

Work Space

Eat Space & Common Area

Living & Entrance GL + 500mm

Toilet Manager Room

Bath Room

Room

Kitchen

Living & Entrance Toilet

GL + 500mm

Room Toilet Living & Entrance

A Living & Entrance

Bath Room

Toilet

Bath Room

Bath Room

Room

Bath Room

Toilet

間柱 :120×60 mm GL + 0mm

角柱 :120×120mm

Room Living & Entrance

Living & Entrance

Living & Entrance Living & Entrance

Living & Entrance

GL + 500mm

Living & Entrance

Living & Entrance

Traxh Area

GL + 500mm

Bicycle Parking

1F & Site Plan 1:300 GL + 1900mm

36

1F Plan Detail 1:150


N

N

B Toilet

Toilet

&

Room

Room

Room Room

Verandah

Living

Entrance

Living

&

Entrance Toilet

Toilet

Bath

Room

Verandah

Living Entrance

Room

Verandah

Bath

Room

Verandah

A

Bath

Verandah

Room

& Entrance

Verandah

Toilet

Verandah

Verandah

Bath

Bath

Room

Room

Toilet

Living

Living Bath

Bath Room

Verandah

&

Toilet

Verandah

Toilet

Room

Toilet

Room

Toilet Bath Room

Room

Bath

Living

Room

Room

Room

Room

Verandah

Toilet

Toilet

Room

Bath

Toilet Room

Verandah

Bath Verandah

Bath Room

Bath

&

Entrance

A

Toilet

&

Living

Verandah

Verandah

Room

& Entrance

Living

Room

Room

Verandah

Bath Room

Living & Entrance

Bath

Bath

Entrance

Entrance

Entrance

Verandah

&

&

&

Bath

Room

Bath

Entrance

Living

Living

Living

Toilet

Room

Living

Living & Entrance

Toilet

Toilet

Bath Room

Room

Room

Verandah

Toilet

& Entrance Verandah

& Entrance

Toilet Bath

Toilet

Living

& Entrance

Room

Toilet

Verandah

Balcony

Verandah

Bath Room

Tokyo Univ. of Science

GL + 6200mm 2F Plan

GL + 9100mm 3F Plan

1:300

1:300

Collective Housing

37


A-Aʼ Section 1:200

B-Bʼ Section 1:200

38


East Elevation 1:200

所在地    墨田区東向島 2 用途     集合住宅 敷地面積   1335m2 建築面積   890m2 延べ床面積

合計住戸面積 1476m2

South Elevation 1:200

Tokyo Univ. of Science

  2100m2

構造     木造

Collective Housing

39


Tokyo Univ. of Science -Group Work-

40


Bank Port 見せる物流施設

Tokyo Univ. of Science

Bank Port

41


42


Tokyo Univ. of Science

Bank Port

43


物流

LOGISTICS

土地の履歴

異国情緒あふれる雰囲気を 解釈しなおし、 レンガ調のタイ ルを用いて更新し、 継承して いく。

44

物流の有用性

陸・水・空運を用いて、 物流 のベース基地として、 物のス トック、 配達を行い、 都市へ 寄与する。


垣間見える物流 施設内や広場から見える物流により、 身 近な存在となる。 普段は、 開かれた民間 施設として、 市民に利用される。 オフィスへ

空輸

内観イメージ

斜行 EV 広場

水運

▼GL

陸運

Tokyo Univ. of Science

墨田川

Bank Port

45


堤防 湊

BANK

元来、湊と明石町は、船が停泊する港として栄えていた。

明石町

開放感のある水辺を街に取り戻すために、水運の拠点として の歴史を引き継ぎつつ、水辺を再構築する。

46

カミソリ堤防

スーパー堤防

カミソリ堤防が連続し、 川と街は分断されている。

親水性の高いスーパー堤防によって、

レジデンスが建ち並び、 川に影を落とす。

川辺と街が緩やかに繋がっている。


堤防の提案 物流施設

scean1

水運を臨む

水運を望むことのできる断面。 水門を設け、水を施設内に引き

テラス

水運

▼GL

込むことで、開放的な空間を目 指した。立体的な緑のあるテラ スは、市民にひらかれている。

scean2

人が溜まる

飲食店を抜けてテラスのある 断面。川辺の風を感じながら、

飲食店

飲食店

▼GL

食事ができる。閉ざされてい た高架下に賑わいが生まれる。

scean3

飲食店

対岸を臨む

対岸を見渡せる階段テラスが

テラス

▼GL

ある断面。滑らかな断面によ り、街と川を緩やかにつなげ かかわりを深める。

Tokyo Univ. of Science

Bank Port

47


常時

防災

TICS

災害時

48

DISASTER PREVANTION

× 官

日常的に開かれた 物流施設であるからこそ、 非常時に物資拠点として 転用できる。


防災船着場 4要素 医療機関に近接

備蓄倉庫に近接

輸送拠点に近接

広域避難所に近接

船着き場 模型写真

物流施設の流れ(動線やかたち) を汲んで、一体として設計した。

防災備蓄倉庫 物流施設の地下一階に併設さ

れている。3つの手段を用いて、 近隣に物資を供給できる。

地下1F 平面

防災 倉庫

50000

20000

8000

106300

地下物流 12800

地下1F 平面

Tokyo Univ. of Science

EV

S=1:1000

Bank Port

49


42300

54000

Aʼ

A

96000

50

84000


77500

36500

C B

203000

Site Plan 1:800

Tokyo Univ. of Science

Bank Port

51


52


West Elevation 1:600

East Elevation 1:600

Tokyo Univ. of Science

Bank Port

53


▽3F GL+8,000mm

2500

▽1F GL+0mm

6000

▽2F GL+4,000mm

9400

4000

4000

4500

▽4F GL+12,500mm

▽B1F GL-9,500mm

A-Aʼ Section 1:600

▽4F GL+12,000mm

4000

5000

▽RF GL+17,000mm

mm

8,000

GL+

▽2F GL+4,000mm

▽1F GL+0mm

2500

4000

4000

▽3F

B-BʼSection 1:600

5000

▽RF GL+17,000mm

▽3F GL+8,000mm

▽2F GL+4,000mm ▽1F GL+0mm 2500

4000

4000

4000

▽4F GL+12,000mm

C-CʼSection 1:600

54


1500

ドローン発着場

会議室

4000

800

食堂

本屋

4000

800

本屋

9400

地下物流

9000

6200

8400

A-Aʼ Detail Section 1:200

Tokyo Univ. of Science

Bank Port

55


15800

25500

EV オフィス

本屋

17300

EV 集荷窓口

20600

19100

1F Plan GL + 1,500mm

56

29500

物流 EV

仮眠室 ・ ロッカー

22700

水運

19000

6000

12500

18800

はしけ溜まり

31800

170000


117500

水門

32600

水門

73800 10600

25000

38200

広場

27150

物流 EV

ドローン発着場

本屋

オフィス 24300

EV

空運

17900

36500

物流 EV

4F Plan GL + 13.500mm

会議室

21550

25200

EV

EV 20700

2F Plan GL + 5,500mm

12800

10000

12300

保育園 食堂

EV

3F Plan GL + 9,500mm

Tokyo Univ. of Science

Bank Port

地下物流

EV

21700

23100

EV 物流 EV

防災 倉庫

50000

44100

20000

33600

8000

106300

B1F Plan GL - 4,500mm

57


Ideas

58


Date Visualization Grasshopper を使ったデータの可視化

a: 地図上に棒グラフを立体配置する

Ideas

Date Visualization

59


How to collect Data - 公園のポテンシャル -

60


表:収集したデータ

Ideas

Date Visualization

61


b: 棒グラフを円配置

62


c: 立体折れ線グラフ

Ideas

Date Visualization

63


Ideas

64


Image to Louver 画像から木のルーバーを作るプログラム

Ideas

Image to Louver

65


66


出力するユニットを変えることで、ルーバー以外にも様々な形態を作り出すことができる

Ideas

Image to Louver

67


68


コンポーネント図

Ideas

Image to Louver

69

Profile for Shoichiro Nunoi

Portfolio  

Portfolio  

Profile for sho_noi
Advertisement