Issuu on Google+

1      第3298号

KPK幹部2人

不起訴処分で決着 収賄ねつ造事件で最高検

The Daily Jakarta Shimbun ︵三議 ン員マ闘質 P 員主 党 十 、ル争問一 K がを・ スゴア民権日 日 B ﹁除ス ラ主行 ︶まチくテルル党使の 創でー国ィカ・︵を本 設にム会ヨルシP主会 者民9政議党ラD導議 の族﹂党員のイIしに ア覚を各らバッPて先 ブ醒結党、ント︶き立 ド党成の民バ議のたち 、 。 元アのルフ議の民統ゥ 議のイカ・会ア信領ル 長シスルカ︵ミ託︵ラ とャラ党ラMン党グフ 相フム党前P・︵スマ 団首副RラP・ン 次ィ イ体︶大︶イAド・ い・ム、統議スN ワ でマハ国領長元︶ゥヒ 会アマ内︵、国創ルド 談リデ第前ユ民設︶ 、元 しフィ二ゴス協者国大

ユ ド ヨ ノ 政 権 に 揺 さ ぶ り

2009年(平成21年)12月1日 火曜日

ダの勢デやはぶけ二前のビドー メ第をィエばり、期に特ーヨ銀昨 ー二強オコらのこユ有別活ノの年 ジ波めノノつ足れド力委動大救の とがて副ミきがまヨ政員チ統済金 な懸い大スもかでノ治会ー領問融 る念る統トみり守政家設ムの題危 可さ。領とらと勢権へ置の民に機 能れドやしれすをののの﹁主関勃 性るバスてるる強発ロ是チ党す発 も中イリ、が一い足ビ非ーをる後 出、に・国、方ら直ーをム除質に てユ端ム際テ、れ後活決9く問経 きドをル社 連てと動定﹂超権営 たヨ発ヤ会ク立きなをすを党の破 。ノすニでノ与たる展る結派行綻 ク 政る蔵のラ党野質開一成の使し 権世相評ー各党問し日、議をた へ界へ価 党は権ての質員目セ ︵の金のがトの政行い本問九指ン 関大融攻高︵姿権使る会権人しチ 口き危撃い官勢揺に。議行が、ュ 潤な機姿ブ僚にさ向第を使ロユリ ︶ ︶

センチュリー銀 国会質問権行使

政 界 重 鎮 と 相 次 ぎ 会 談

支 持 獲 得 へ 超 党 派 議 員

﹁ なら考法起ェ 報を一止員チト委をで受や令疑 Kいの慮的訴ン最告下日す長ャ・員受拘け、を者最 Pと圧し 処デ高すしにる︵ンサ会け置取汚めへ高 K強力た側分ィ検る、もと休ドマ︵保しっ職ぐの検 幹調を﹂面 特の。ユ正発職ラッK釈、た実る海は 部し受ととの別マ ド式表中・ドPさ国と業職外三 Menara Thamrin 305 のたけ説社理刑ル ヨにし︶ハ・Kれ民し家 渡十 Jl. M.H. Thamrin Kav. 3 逮。た明会由事ワ ノ不たのムリ︶たのてか権航日 Rp.12,000 Jakarta 10340 乱 的 捕 措。 と局ン 大起。捜ザヤの汚抗収ら 禁、 Phone : 62-21-230-3830 に 置外影し長・ 統訴十査両ンビ職議賄裏用止汚 編集協力 びすく社 端 で部響てはエ 領処二を副トビ撲運容金容令職 © PT. BINA KOMUNIKA ASIATAMA, BYSCH License No.508/SK/MENPEN/SIUPP/1998 を はかを、不フ に分月中委、ッ滅動疑を疑発容 メ た るをを調し発 ルのわをとュレ亡 しレ約きが若ドグ央 察後ゥがョのK日ダ 国 ガ今。 同裏設査、す タ病せ訪叔ニンし警たー二抜あいネモジ三 イ局任ア強ヨ首︶、ヌバ ス 新 家 ワ後 ユ を 置 付 委 シ 。 十 ャ ー 女 っ 十 タ 察 た バ 母 れ た 気 ト長にジま容謀幹汚リン に け オ 刑 る 警 のけ。行ド抗 来の家てとルンのの ーメ部た性アルカ日 G テ、 新をイ刑っ疑者部職国バ ス 事 察 報るKうヨ議 た治族おとさ在は調 まー分。が﹂﹁ル午 イ ィ闘 刑任ト事て者アの撲家ン ノ 告証P真ノ運 。療はりもん住南べ でトの女転西グタ後 前争 事命・局いとン収滅警・ 前 局 棟ラの四 ン を拠K相大 大民 落 性 ル 転 に ス の に 、 ﹁ の 合 局しス長た結ゴ賄委察ヘ 局 長 手 ︵ 受は幹究統動 間たイ現ジ二イマよ 落下すは死のンシ時 ド 統主 長たマをス託ドね員長ン 長 を 為替・株価 けな部明領が をめチ場ャ四チトる しのり五す五ドョご ネ 領党 は。ル解スし・つ会官ダ 追 任 、いの委は過 見ジェにカ︶ェラと 、エか階る階・ッろ 、党 ﹁ デ任ノたウ造︵はル 10,000円=1,057,100ルピ ア 大と関員独熱 てャさ居ル。・州、 即スらの事かイピ、 シ グ首 ス ィし・疑ィ事K三ソ 及 命 統す与会自化 シカん合タ母ジパ死 死カ 吹故らンン中 ア (26日比34,800ルピア安、 三菱東京UFJ銀行T.T.B) リの ス 監 ドいジ件P十・ へ 、 、 、 ルピ 1 ドル=9,250 ア 予ォン 国件ノ 汚 氏 察領 らい付と場 りさレまに社店の と警っョ と た否せの三ア 備・ド 民関前 職非はビやは 柵口近、前転で約ーでぎ帰がデ転み察たッ ス 前 。 定 て 話 十 ジ 解 ススノ氏 (26日比100ルピア安、同) 軍スラ の与局 監政近ビ検事 を論で女の落囲一タ続わり入パ落ては﹂ピ ナ 局 的い題日前任 司ビ党 信も長 視府くッ察件 乗を家性店をま・ーくうの居ー現捜自とン 長 なるが、国さ 10,000円=1,070,000 ルピ ア 令ア幹 頼究を 団組復トにの り始族はの目れ三が吹。若。ト場査殺話グ ヤ は う﹂マ﹁家れ ルピ 私 官ン部 が明は ︵織職、命法 越めらエ従撃てメあき中者夕やのをのしモ ン ま わとス 警た 1ドル=9,400 ア (両替商調べ) 、ト 失すじ I︵すチじ廷 えたしス しいーり抜央や方健五進可てー ・ ず 話コを察ス ハ元の 墜るめ CNるャた外 下後きカ業たるト、けに家に康階め能いル シ 、 さしミめ刑ス インドネシア証券取引所株価指数 ヌ陸プ 地 に、をぐ事ノ ﹁ し﹂警 WG見ン。決 へ、人レ員と。ル周とは族な器はて性るに と察 ︶O込ド 着 飛突とーにい の囲エ地連る具外いもと立 テ ラ軍ラ 元 反自にる局・ た =2415.837 (26日比22.318ポイント△) 7 党戦ボ 誌 論身ぎ七長ド 7 警述の の︶みラ を び然激タよう 手はス下れと販資るあいち ィ みなみ十字・第40号 党略ウ の しにわつはゥ つ 察べ事 ダの。両 警 降自しーる現 す高カ階で会売系。るう寄 つ 。 、 ☆友達 の み殺りラレー のえかンョご たるれレたルほ り ■用のの付政高の官首 も賄仕 をKにイ の 決の る民銀贈訴ナ てを越ンノル警搬、ら・ッろま。物、ーがはと事た 質各すけ機け界顧ヒ、の ﹁を返まあP、ン う 意イ ﹂の行収処ン 中学部1年1組(執筆時) をメ と支救賄分・ ︵調図え前さ近察送一男シピ、た 々警タ、通ん故と 問党るん会るの問ル福ウ 事ねしたらKKタ 飯塚 沙緒里 表ー 述援済事をウ 鎌べったかんくに中階性テン中同 し備ー三常ど後い 権の構制をこ実会ミ祉ィ 実つに、たをPビ わ わ 明ジ べにな件歓ィ 田をた。らでによにまがィグ央日 い員は階通片二う 行思えと、と力議・正ラ で造、自め見Kュ 「日本だぁ!」 さ し 回 た 応 ど や 迎 ド む 進 可 ス 自 、 住 る 死 で 手 ﹂ モ ジ 午 雰 が 非 か り 付 時 。 使 惑 だ し ユ で 者 議 ア 義 ン 夏休みに日本に帰り、次 はしK身て下をー さ た復 。えをセ ヨ つめ能ナら五むと亡転すでーャ後 なたPが否しヤで ﹂ 周 ら営け間 に に 。 て ド 、 の 長 ミ 党 ト の日から小学校の時の友 ﹂ 。に る究ン、 いとK盗定たモ警 に はズ 最ヨ質支もヌ︵元 ﹁コ みて性ヤ手階二、し落り、ルカ八 囲囲常下業らで に 義明チ両氏 、いがンすの十男た。を五﹁ル時 気を線のをれ、 ﹂の幹聴。とリ察 、 レ 大 ノ 問 持 訪 デ P 国 達に会った。友達と会うと、 取 写 反 反 が と 。 る に 務しュ氏は とう部さ の を 巡 エ再、現 高署りレ五性 病乗階スタ十 民 も 限 政 権 を 問 ィ K 軍 変わってないなと思った。それに、 り 真。いはをス歳は 院り付ナの五 な回張ス開モ場 強わのれ 見例ワ 論 不 リ 、 が 主 に 権 行 取 し ン S 司 なぜか小学校の時の友達といると、 組 論 調さ収た 方えニ 起 も と自乗トのモ へ越近ヤシ分 っすらカしーは あ国ーは 党 活 へ 使 り 最 令 安心感があった。楽しくて、時間が む 、 ︶ 、 ︶ 、 ジ す ノ い の 済 中 意 を あっという間に過ぎてしまった。J 類係の惑解るィ措い化かべに乱 し 氏ルルン 実 実 一 ダ る 氏 な 選 資 心 向 含 JSの友達もすごく優しいし、一緒 をで預に除千・置るすっら私用収た をデンゲ今 行 業 方 ウ こ 側 ど 挙 金 と を む にいてとても楽しい。でも、小学校 作あ金つに八サでセるたれはの賄。 射ィララ年 、 ン と 近 を 資 の す 表 全 の時の友達といる時の安心感は、特 犯 家 成るはい便百ン、ンな﹂、警疑ね 殺ンンン三 連 を で の 取 金 一 る 明 国 別な気がした。みんなが「元気だっ しこ不て宜万プ有チどと疑察いつ し・ドの月 タ に 射 立狙、事りと部野。会 たと正はをドル力ュ騒説惑捜に造 たズ﹂ゴ、 ン 終 殺 与 う 政 件 上 な が 党 闘 政 た?」「友達たくさんできた?」「学 事 がを資、図ルナ リぎ明は査つを でルバ ゲ ル と 実 ﹁ 身 党 。 権 関 げ っ ユ 三 争 党 校に慣れた?」と、すごく心配して 、証金 っの氏 ーが。立官いめ しカ実フン ラ 件 を の 与 、 た ド 党 民 が くれた。なんだかそれが、とてもう そ明とブた預が業銀拡政証にてぐ てル業場テ ン 刑 担 イ を ユ と ヨ は 主 賛 れしかった。別れる時は、「何かあっ れすはデと金保家行大治さ取﹁る 、ナ家﹁ン 求 う メ 追 ド の ノ 、 党 成 たら、いつでもメールしてね。 もる無ィの凍有ブ救し問れりす職 殺エナモ州 地 刑 」 P ー 及 ヨ 疑 氏 救 を の と言って、手を振ってくれた。 刑書関氏疑結すデ済て題な調で権 人ンスデタ 裁 ︵ インドネシアに着いて、私はこう 党摘のィン︵ イムPK わとン損たマ関務け﹁ ンロ配 た事 帰撃の 身ン十ン犯罪 L 国 で 。 辞 オ ・ S ン 四 P S 思った。これから日本の友達だけで けしゴでとスす﹂て家ガ・中同﹂局 宅証運検刑地日被ダな は 大 任 ノ ム ド 政 P 、 なく、JJSでも一緒にいてほっと で、ドマのコると行 ポウの様と長 す言転察を裁、告ニど は﹁容ス批ミ一強っ警ーィ汚に釈の るか手は求でバのエに ユ 統 を 副 フ I ネ 党 ︶ P できる友達をたくさん作りたい。信 な私疑コ判代連調た察ルジ職、明任 途らを、刑開ン求ル問 ド領望大タ︶シの、A いが者ミに表の。 長でョ Kし ヨ 選 ん 統 デ の ア 動 P N じ合える友達を作りたい。そのこと し わ ・ 刑 テ か ナ は 、 中 ﹂出のを対を報自刑官面ヨ実Pた務 、ゴじスたれン論ダれ ノ 挙 で 領 ィ ブ き K 、 を忘れないで、これからのJJSで と頭捜告し事道身事の会容業K。と ダルめル。、州告エて 氏 前 い 、 氏 ル 調 に B 開 の中学校生活を送りたいと思う。当 弁を査訴、情をの局指し疑家が し ニフ複デ 検タ公ンい の 、 る ス は ハ 査 つ の 発 たり前の事だけど、今回の帰国で、 明命のし名聴 疑長示た者ア指 て エ場数ィ 察ン判・る 副 連 ﹂ リ ﹁ ヌ 研 い イ 統 友達はとても大切なんだと改めて思 しじ一た誉取受惑のをのとン名 行 ルかのン はゲがサ実 大合と蔵ブデ究てス一 たた環ア棄しけに任受もシゴ手 っ 被ら目氏 終ラ三ボ行 グランド・インドネシアで転落現場を見下ろす買い物客 統 政 指 相 デ ィ 所 ラ 党 った。 、 、 。 フラッシュ・ニュース ﹁ ましノを領 た計のス指報死通に しとせ頭っに被告 か か材成由出8る十ー午 を経公七日シ 予こン整 捜 と七部・揮酬しじ潜被たもた部て乗告が らガエは田し発0。分ル前成再由表日かア国 成 で て 候 推 候 ■今日の列車の遅延理由は 防のシ相政 い補す補 し千下タしとたて伏告。にとにいりが共 、ルアボ着、し便ジにを十田開の、のらは営 西ジャワ州デポックを走行中の国 的ほャ事治 査 田 政 治 た に 声 に 鉄(KAI)の列車内で30日、乗客 た万かドたしこナ。は 犯述二た、運犯 以ーバー。翌、はャジ経一発すジバ運二二ガ 措どア務・ 調 権 。ルらンエてとスマ事 行べ発ナ車転の 前ダスイ毎午デ午カャ由時のるャリ航〇十ル 経当が自 置、ド所治 整 ︱ と は 緯 初 強 ら の女性(25)が突然「ひょう依」状 ピ数・ド、なルス件 に、発スのすヘ あ航3ン日前ン後ルカし出G。カ島ス一六ー を﹁・テ安 相 限 ジ 一 も 、 く の 態に陥り、車内がパニックになった。 ア回ク 射どデコ後 及共砲ル後るリ っ空3グ運八パ九タル、発A ルデケ〇日ダ とテムロ・ テ の あ 反 、 政 女性はインドネシア大前駅に差し掛 をにラゥ殺をィミ、 ん犯しデ部オ・ たは37航時サ時発タ午。8 タンジ年、・ るロバ対法 ロ 付 ャ 定 の り 対 ブ 党 かったとき、突然叫びだし、目玉を 受わンアを知ンのス だの、ィ座ーサ デ七型4。五ー十のに後デ8 ︱パュ三十イ 能のイ策務 対 与 、 を デ 出 むきながら混雑する車内を見渡し、 けたスル現っ氏報ラ と四即ン席トン ン月機4使十ル五G到七ン1 成サー月二ン 力適室室担 カ 距 離こ表ィ身 取り被ド場たが道バ 指人死氏にバト パ二。型用分を分A着時パ便 田ール二月ド が切長の当 策 を ル を れ 明 オ 者 「暑い、暑い、死ぬ」と叫んで転げ回 っ、告ゥで。即をヤ 摘とさの座イサ サ日 機機に経に8す二サは 便ルを十二ネ ななはア調 室 ﹂ った。乗客と乗員が女性を駅に降ろ ︵ ﹁ タ 住 ー 用 便 優な たが査のい 置 る 力 見 専の総海プ して混乱を沈めた。この影響で、同 (左から)畠中宏之業務管理官、大和秀一船長、藤本雅治 じ は しのそをル 秀部室。必を機﹂ え を こ い 路線は一時運行が遅延し、数百人の 上 ま ジ 大 リ 門 便 ゃ 専門官、前園浩輝さん、平野和美さん て利の休発 な局長地要行能と た 隠 高 と て 足に影響が出た。 官和ト保オャ か や (オケゾン) ジ用た止ジ 職には元だえをし と 、れめでき 、秀ン安クカ ■だから安心して働いて る 数 し 紙 す ャ者め ャ 員し﹁ ﹂る刷て 国 よ、た 畠一 庁港ル ﹂ ブンクル州はこのほど、州職員に カは、てカ を、対がとよ新、 会るう政両 中船約巡にタ た の ル、ジいル 出警策報のうし﹁ 第 。 と 権 氏 対して、仕事に意欲的に取り組んで 宏長三視入の 新 大 タ国ャたタ 向察室じ見に、テ 二 す 内 を もらおうと、万が一のとき、1人当 之、千船港タ 聞 和 │内カ。経 さやをた解す独ロ 業藤百﹁しン を 船 党 る で け たり300万ルピアの死亡手当てを支払 デ線ル 由 せ軍恒。をる自対 務本トはてジ 訪 長 で 意のん ンをタ 成 るか久 示権に��� 管雅ンやいュ 連 図 発 制 う方針を明らかにした。遺族への負 ら パ利在 田 べら的 し限捜室 理治︶とるン 問 立 が 言 す 担の軽減が期待でき、アグスリン・ ﹂ ナジャムディン州知事は「安心して けた十 と局用き た一 語共のスり央官 便 っ利しらンで入ササ 力﹁ るル与 バ ﹂ 月 一 っ 同 海 を の ジ ら の 今 て 用 な 国 グ 行 国 ー ー を ク 理 党 党 さらに市民へのサービスの質を高め 、バ一テののをだ ︵ 見 行 た 訓 上 訪 じ ャ 五 再 回 い 者 際 ラ わ 手 ル ル 強 由 が の てほしい」と話した。 メリ月ロ 整防﹂ 大二が。練保問ゃカ人 開のたかく 解 線ラれ続︱間 めリに質一 と ぐ 対 備 、 島 (コンパスコム) 十 ガ 和 乗 な安しかルは でジ。らて を タ イ 、 き 成 を る ー つ 問 角 ■日中のバスで捕物劇 提 た 策 を 同 爆 は 日 ワ 船 っ ど関、るタ三 、ャ 不なー空手が田移 氏い権を 年室示行め案 テ弾 29日午後1時ごろ、南ジャカル 長、 ﹁た の係イた・十 ジカ 満らミ港荷デ便動 たのて行占 テ十はしうにし ィロ月二た必も、 ︶ 冬 は 意 機 ン 新 タ 日 ャ ル の な ナ を 物 ン を し め 政 、 使 め タ・ブロックMと北ジャカルタ・コ 政事に〇。要法権 と で や 気 関 ド 聞 ム 午 カ タ 声 い ル 国 を パ 利 、 ﹂ 治 専 に る タを結ぶトランスジャカルタのバス 権件発〇 が的力 い 寒 と 込 と ネ オ リ 後 ル ︱ が な に 内 抱 サ 用 デ と 的 門 賛 ゴ 車内で、イギリス人女性(42)がカ のを生二 あにの う か は み 行 シ フ ン 、 タ 成 上 ど 移 線 え ー 。 ン 分 交 家 成 ル メラを盗まれる事件が発生した。中 政受し年 る部濫 鹿 っ 十 を う ア ィ 通 中 で 田 が 、 動 か 、 ル 出 パ 析 渉 は す カ 央ジャカルタ・ハルモニの停留所か 。 ︵ しーンチ本 は よ出 う独整約庁報ユ治 語いで関対ジ性レネポ船 たとG現がっ と年後に五った帯児 る 挙 二 同 ら乗車した男(29)が、車中の女性 プ な チ ド ャ 発 ま こ 大 う 入 そ 。 へ 〇 氏 を標的にスリを決行。犯行は多数の 権で部、・、ド・ 三 っく、 と 策 ャ を ー シ ー が 一 様 な 20 在 増 て ﹁ い ぶ 半 来 六 そ 。 の 島 ﹁ い ャ ネ ー 着 た れ 阪 に 国 れ の 一 の 乗客に目撃され、乗客らは男を捕ま 限テ局対機国ヨ治 十 た必 のなカ強シアル通行子っ入でえい街うりのる う白ジを ロ こーシジの、ま、な手 に 布四立 やロと応関防ノ安 日 。要一連どル調ア、海るはだたりはてな並。のとの︶といャ出 ガ と ジ ア は 国 ガ で 名 る 続 対 石 年 候 え車中で殴る蹴るの暴行を振るった。 下のし策かに大担 午 ︵が緒携イタ。のシ峡マ、っ変すイいいみ ジきははし制カ港 ド 、 に もは国三際ルと古。き し 部捜ての 関統当 前 東 の 補 男は、途中から乗り込んできた警備 石あ 訓ン出今海ンにラ多た化るンたがは ャ以三 た服ル。 発 無 内 千 線 ー 変 屋 が て と 次 も 員に取り押さえられ、御用となった。 組査設提ら係領調 六 ジ ゥ 田る能練ド港回賊ガ接ッく。をまド﹂、そ カ来回イ姿に 二 ン 表料線五のダ更便 受 、 の期予 織、置言のすが整 時 礼﹂力をネまは対ポすカの 実でネとオん ル、目ンの包タ十 (ワルタ・コタ) しとの百燃航はに け 最 見大想 は諜しを情る治相 ご ャ で 、とを行シで、策ーる・日 感のシ大ーな タ約。ド大まに九 た 、 燃 円 油 空 な 関 ら 後 方 統 さ オピニオン&コメンタリー な報た行報担安だ ろ カ 火 写熱高うアに四のルイシ本 し新 和トに 訪二三ネ和れ到日 。 変 油 、 サ は い し れ に も 領 れ ■良き将来を考えれば女性 いを。うを当やっ 、 ル 災 真意め予の海日重、ンンの て興ア船バ変 問十十シ船、着、 もをて定機賊の要マドガ商 い国が長イわ だ五代ア長さし熱 。行単調集省諜た 東 タ 更サイー日。て る 質 あ選る 汚職を減らすためには、女性によ 、。 ︶ ︵ブ 政 い 重 ド な あ 世 た 題 ル ス べ 益 と 明 コ C 大 銀 る い の ■ 図 政 こ 質 む 議 し 問 り比重を置いた資金援助を行うべき がドのなリ主をがをU て災 半火防 し企コしのジ あ ネ 信 れ 両 要 踏 世 震 A 紙 ま 策 ﹂ 大 ネ い っ 界 論 の ヤ ト き の 話 に 氏 W し 統 総 救 の 召 質 ﹁ っ 権 と 問 他 席 た 権 だ。特に経済界で、女性はほとんど いに消ご活車東た業レ、工ャ る シ 用 ば 氏 閣 ま 界 源 は た だ と な シ と た は 説 間 ニ 紙 と た し 焦 は ︶ か 領 裁 済 が 喚 問 救 て へ で 権 党 数 民 行 失敗しないし、怠けない、そして汚 なよ防ろ動十ジ。のー出業カ とア不、の僚えにとE、、っし問ア論こ金欄違はは主め、点、のしとだを、を権済いの、行をを主使 いる局鎮に八ャ 工ト火地ル 懸 に 安 投 辞 の 、 広 す ︶ ア ジ た て 題 の じ と 融 で っ セ ﹁ 張 に あ を ﹁ ダ 、 ス っ 決 公 求 の は る 影 ユ 使 け 背 党 に 職も少ない。マイクロクレジットの 。負に火あ台カ 場工元帯タ 念 も の 資 任 ブ 経 が る の ラ ャ と 、 金 、 を 危 、 た ン ブ 。 質 く 当 資 ナ 汚 リ た 定 的 め 行 妥 。 響 ド の ん 景 は 賛 事業でノーベル平和賞を受賞したム 傷よしたがル な場とで・ を 広 連 家 と デ 済 っ 信 ド ブ カ 評 救 は 融 ﹁ 忘 機 救 標 チ デ ジ 問 ま て 金 ン 職 蔵 ブ し 資 る 使 当 の ヨ 主 制 に 、 成 ハマド・ユヌス氏(バングラデシ 者るたり駆タ どをみ プ 火 示 が 鎖 や い ィ 政 て 用 バ 首 ル 価 済 生 シ 現 れ の 済 的 ュ ィ ャ 権 で る の ・ 監 相 デ た 金 声 で だ 食 ノ 導 し 、 国 の ュ・グラミン銀総裁)も、貧困者700 。 はと 、け消 四はら ロ 災 しるが金うオ策い不イ長タしがじス在るさ決﹂リオカを国べ流ウ視。ィ当注が、っ い大権な連会意 報、 午付防 戸じれ ガ た 可 、 融 事 ノ を る 安 首 国 グ た 妥 て テ 、 べ な と ー ノ ル 利 家 れ ィ 団 オ 時 入 最 国 た 止 統 を 立 最 向 万人を対象にした資金給与のうち、 告こ 前け局 にめるがド 。 能 イ 市 態 、 担 現 の 長 連 ロ 。 当 い ム イ き か 定 題 銀 、 タ 用 の き の ド ︵ ノ の に も 会 ﹂ め 領 握 が を 大 を 97%が女性だった−−ユドヨノ大統 さの 八、の 延地チ発ゥ 組 の 示 領       (ドゥティックコム) をやるら 解ヨI 副中よ強へ し問ムポす利だ 性ン場にスう状波国邦ー ななにンでに時 れ火 時消消 焼元ョ生ン 、 ﹂ 、

﹁ 収 賄 ね つ 造 は な い ﹂

モ ー ル で 転 落 、 2 人 死 亡

2 日 か ら 、 バ リ 経 由 で

ガ ル ー ダ 航 空 が 再 開

いますぐインドネシアを知る、明日を知る、世界を知る。編集部 ☎230-3830 お申し込みは ☎230-2252 230-3831


test