Page 1

量子論から見た

西洋哲学史

紫峰出版

石川史郎


i

まえがき

著者は慶應義塾大学理工学部で (2013 年定年退職まで) 20 年間以上, 「関数解析 (ヒルベルト空間論) と量子論 (量子力学+量子言語)」に関する 大学院の講義を続けてきた. 内容的には下図全体である. 特に量子論【 2

- 7 - 10 】と統計学【 9 - 10 】の部分は整理して, すでに成書 (A) 量子言語入門 – 量子力学の言語的解釈 (大学院講義ノート)  紫峰 出版 として出版されている. 主張 0.1. [世界記述史の中での「量子言語の位置づけ」 ] 実在的世界記述 (一元論・実在論)  (未解決) → 相対論 −−−−−−→ 3  (一元論)  統一 5 2 −−→ 理論 − → ニュートン   (量子物理を含む) 量子 (実在論) アリストテレス → 力学 −−−−−−−−→ 4 ギリシャ

スコラ

0 −−−→ 哲学 1 ソクラテス プラトン

哲学

(物心二元論)

− →

デカルト ロック, ・ ・ ・ カント (観念論)

  7 (=測定理論) −−−−−→   (言語的世界観)    量子 言語 10 (数量化) 6 言語 − − → −−→ 哲学 −−−−−−→ 8  (公理化)  ( 言語)    統計学 −−−−−−→ 9  (言語化)

(二元論化)

言語的世界記述 (二元論・観念論)

理工学部の講義でも「科学」だけに集中するわけではない. 「文芸」の 部分がないと息苦しい.

上図の西洋哲学史【 0 - 1 - 6 - 8 - 10 】の文


ii

芸の部分についても, 退職を機に「実際の講義の痕跡」を残しておきたく 思い, 本書を出版することにした.

理系のセンスからすると, 「遊び」と

見なされるかもしれないが, 量子言語の観点から西洋哲学を俯瞰したもの で, 量子論 (および, 量子言語) を全く知らない文系の人も読み進めること ができるよう工夫して, 「量子言語」の文芸部分を敷衍したものである. 「マイ哲学 (本書では, 量子言語)」を打ち立てたと確信している者なら ば, 誰だってそのマイ哲学の枠組みの中で, 諸哲学 (プラトン, スコラ, デ カルト,..., カント, フッサール等) を理解したくなるものである.

諸哲学

と言っても, 結局は二元論的観念論の枠組みに納まるわけで, それならば 量子言語 (=科学的に成功した唯一の二元論的観念論) の出番というわけ である.

西洋哲学史を著すということは, マイ哲学の枠組みの中に諸哲

学を無理やり押し込んで理解することであって, その出来栄えによって読 者にマイ哲学の真価を問うことなのだと思う. そして,

• 物理学の信頼にニュートン力学 (確固たる一元論的実在論) の貢献 は誰しも認めることと思う. 西洋哲学にいかがわしく思われている 部分があるとしたら, 確固たる二元論的観念論 (=量子言語) の認知 が一般には未だ浸透していないことである と, 読者は納得するだろう. 何か一つ確固たる指針がないとストーリーが まとまらない. 量子言語の最大のセールスポイントは「役に立つこと」であるが (「(A) の量子言語入門」参照), 本書では文芸的側面に集中して, 西洋哲学史にお ける二大未解決問題:

(i) 心身問題 (「心」と「身体」は如何にして関係し合っているのか?) (ii) 因果問題 (因果関係とは何か?) の完全解答を提示する. (i) と (ii) のいずれの問題も答えだけならば数行 で書けるが (1.4.3 節), 読者の理解を深めるために,

(iii) 西洋哲学史 (プラトン,..., デカルト,..., カント等) が進歩してきた ことを (「進歩」の尺度は何か?等を) 説明しながら解答 (9.3.3 節) して いくという形で進めたい.


iii

本書を読むのには, 量子論の知識は一切不要である. と言うのは, 本書 は次の方針で書いたからである.

• 本来は, 「量子論ではこれこれこうだから, 西洋哲学史をこう理解し よう」と書くべきところを, 理由の部分を省いて, 「西洋哲学史をこう 理解しよう」という結論だけしか書かなかったからである. また, 結 論だけでは伝わりそうにないことは書かなかったからである. この 意味では不完全であるが, 量子言語の習得で一番難しいところは「計 算力」なのだから, さらに追究したい読者は主テキスト (A) を合わ せて読んだもらいたい.  読者層としては一応大学初年度の学生を想定したが, 高校生でも読め ると思う (大学院の講義の中で, 大学初年度の学生にも伝わる部分だけで 本書を構成した).

数物, 哲学を知らなくても単独に本書だけを読んでも

楽しめるように著したつもりで, 堅いことを言わずに軽い気持ちで読み進 めてもらいたい. 特に, 文学部サイドの文芸的哲学以外の哲学を求めるな らば, 本書から始めることを勧めたい. なお、本書は初版に著者の最近の成果 ( A final solution to the mind-

body problem by quantum language, JQIS, 7(2), 2017) を加えたもので ある. これに伴い主テーマが

(]1 ) 問いかけ:哲学は進歩したか? から

(]2 ) 上の (]1 ) の議論を通して, 心身問題の解決 に変わったことを付記する.

石川史郎 2017 年 6 月 1

1 量子言語に関する最新の情報については, 著者のホームページ: http://www.math.keio.ac.jp/~ishikawa/indexe.html を見よ.


v

もくじ

第 1 章 量子言語 (=測定理論) – 諸科学を記述する言語 1.1 量子言語 (=測定理論) の概要 (cf. 文献 [1])   . . . . . . . . . 1.1.1 言語ルール 1 (測定) と 言語ルール 2 (因果関係)   . . 1.1.2 言語的解釈 (=言語的コペンハーゲン解釈) . . . . . . . 1.2 世界記述の哲学の発展史と本書の目的 . . . . . . . . . . . . . . 1.2.1 世界記述の哲学の発展史 . . . . . . . . . . . . . . . . . 1.2.2 本書の目的 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1.3 実在的世界記述と言語的世界記述 . . . . . . . . . . . . . . . . . 1.3.1 世界記述主義  . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1.3.2 実在的世界記述と (空想的, 科学的) 言語的世界記述 . . . 1.3.3 実在的世界記述法 (物理学) . . . . . . . . . . . . . . . . 1.3.4 空想的言語的世界記述法 (西洋哲学の本流) . . . . . . . 1.3.5 科学的言語的世界記述法 (統計学・量子言語) . . . . . . 1.4 量子言語からの帰結 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1.4.1 実在的世界記述か, (空想的, 科学的) 言語的世界記述か? 1.4.2 キーワード:実在的世界記述と言語的世界記述 . . . . . 1.5 進歩問題, 心身問題, 因果問題 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1.5.1 進歩問題 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1.5.2 心身問題と因果問題 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

. . . . . . . . . . . . . . . . . .

1 1 1 4 7 7 9 11 11 13 14 14 16 17 17 18 20 20 21

第 2 章 古代ギリシャ哲学 (ソクラテス以前) 2.1 タレス(BC.640 年頃 - 546 年頃) . . . . . . . . . . . . . 2.1.1 タレス:最初の哲学者: 「万物の根源は水である」 2.1.2 タレスの数学力 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2.2 ピタゴラス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2.2.1 ピタゴラス教団の数学力 . . . . . . . . . . . . . . 2.2.2 万物の根源は, 数である . . . . . . . . . . . . . . . 2.3 ヘラクレイトスとパルメニデス . . . . . . . . . . . . . . . 2.3.1 ヘラクレイトス (BC.540 - BC.480) . . . . . . . . 2.3.2 パルメニデス (BC.515 - 不明) . . . . . . . . . . . 2.3.3 「運動関数法」という科学的言語的世界記述法 . . 2.4 ゼノン (BC490 - BC430)   . . . . . . . . . . . . . . . . 2.4.1 ゼノンのパラドックスとは何か? . . . . . . . . . 2.4.2 運動関数法で記述せよ . . . . . . . . . . . . . . .

. . . . . . . . . . . . .

23 23 23 24 25 25 27 29 29 29 31 34 34 36

. . . . . . . . . . . . .

. . . . . . . . . . . . .

. . . . . . . . . . . . .


vi 2.4.3

おまけ: 「アキレスと亀」 . . . . . . . . . . . . . . . . . .

第 3 章 ギリシャの三哲 3.1 プロタゴラスとソクラテス (哲学が文系になった) . . . 3.2 プラトン (BC.427 頃 - BC.347 頃) . . . . . . . . . . . 3.2.1 イデア論 – 断言された虚構 – . . . . . . . . . 3.3 プラトン:空想的言語的世界記述 . . . . . . . . . . . 3.3.1 世界記述, 観念論, 二元論の必然性  . . . . . . 3.4 二元論のキーワード . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3.4.1 二元論 (=物心二元論) のキーワードは三つ . . 3.4.2 【イデア】=【メートル原器】 . . . . . . . . . 3.4.3 哲学は理系脳にはわからない: 「論理的」の意味 3.5 まとめ: プラトン流の哲学の語り方  . . . . . . . . 3.5.1 まとめ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3.5.2 次章以降の概要 . . . . . . . . . . . . . . . . . 3.6 アリストテレス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3.6.1 形相(けいそう)と質料 . . . . . . . . . . . . 3.7 運動・変化の根源は何か? . . . . . . . . . . . . . . . 3.7.1 目的因 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3.7.2 目的因から因果関係へ . . . . . . . . . . . . . 3.8 アリストテレスの三段論法 . . . . . . . . . . . . . . . 3.8.1 三段論法 (とか論理) より世界記述法の方が偉い 3.8.2 四つの三段論法 . . . . . . . . . . . . . . . . . 第 4 章 アレクサンドリア周辺 4.1 アレキサンドリア周辺 . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4.2 ユークリッド (BC.330 年頃 - BC.275 年頃)   . . . . . 4.2.1 ユークリッド幾何学 - 平行線の公準 . . . . . . 4.2.2 非ユークリッド的転回 . . . . . . . . . . . . . 4.3 アリスタルコス(BC.310 年 - BC.230 年頃) . . . . 4.3.1 月, 地球, 太陽の直径の比 . . . . . . . . . . . . 4.3.2 古代の地動説 . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4.4 アルキメデス(BC.287 年 - BC.212 年) . . . . . . . 4.4.1 浮力の発見 (アルキメデスの原理) . . . . . . . 4.4.2 アルキメデスの墓 . . . . . . . . . . . . . . . . 4.4.3 てこの原理 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4.5 エラトステネス(BC.275 年 - BC.194 年) . . . . . . 4.5.1 古代最大の測定者 . . . . . . . . . . . . . . . . 4.6 クラウディオス・プトレマイオス (AD.83 年 - 168 年) 4.6.1 古代科学の集大成 . . . . . . . . . . . . . . . .

37

.

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

41 41 44 44 47 47 50 50 51 54 58 58 60 63 63 65 65 67 68 68 70

. . . . . . . . . . . . . . .

. . . . . . . . . . . . . . .

. . . . . . . . . . . . . . .

. . . . . . . . . . . . . . .

. . . . . . . . . . . . . . .

. . . . . . . . . . . . . . .

73 73 74 74 75 77 77 78 79 79 80 81 82 82 83 83

. . . . . . . . . . . . . . . . .


vii 第 5 章 中世 - 暗黒時代 5.1 アウグスティヌス (AD. 354 年 - 430 年)   . . . . . . . . 5.1.1 西洋哲学は神学の婢女(はしため) . . . . . . . . 5.1.2 『告白(著:アウグスティヌス)』の時間論 . . . . 5.1.3 科学に時制は無い . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5.1.4 「主観的時間」は妄想を掻きたてるマジックワード 5.2 スコラ哲学 – プラトンからアリストテレスへ – . . . . . . 5.2.1 アリストテレス哲学はイスラムへ . . . . . . . . . 5.2.2 十字軍遠征とイスラム文化の流入 . . . . . . . . . 5.3 ゼロの発見 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5.3.1 位取り記数法(アラビア数字;ゼロの発見) . . . 5.3.2 漢数字とローマ数字 . . . . . . . . . . . . . . . . . 5.3.3 数学の爆発 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5.4 神の存在証明  . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5.4.1 アンセルムス(1033 - 1109) :神の存在証明 . . . . 5.4.2 世界記述主義を逸脱した神の存在証明 . . . . . . . 5.4.3 アリストテレス哲学の流入 . . . . . . . . . . . . . 5.4.4 大袈裟に言うならば . . . . . . . . . . . . . . . . . 5.5 普遍論争 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5.5.1 普遍論争 – 木に竹を接ぐ – . . . . . . . . . . . . 5.5.2 オッカムの剃刀   . . . . . . . . . . . . . . . . 5.5.3 トマス・アクィナス(1225 - 1274) . . . . . . . . .

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

85 85 85 87 89 89 91 91 92 93 93 94 95 96 96 97 98 98 99 99 102 103

第 6 章 近世 – 天動説から地動説へ 6.1 パラダイム・シフト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 6.2 経験論の祖ベーコン(1561 年 - 1626 年): 帰納主義;イドラ 6.2.1 科学の作り方 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 6.2.2 科学の本当の作り方 . . . . . . . . . . . . . . . . . 6.3 天動説から地動説へ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 6.3.1 天動説・地動説とは何か? . . . . . . . . . . . . . . 6.3.2 何となく天動説から地動説へ . . . . . . . . . . . . 6.3.3 「天動説 vs. 地動説」は哲学論争 . . . . . . . . . . 6.3.4 ガリレオと地動説;ピサの斜塔;裁判 . . . . . . . . 6.4 ニュートン登場『プリンキピア』 . . . . . . . . . . . . . . 6.4.1 「天動説 vs. 地動説」の意外な決着の仕方 . . . . . 6.4.2 最後に頼るのは, 世界記述主義  . . . . . . . . . . .

. . . . . . . . . . . .

. . . . . . . . . . . .

. . . . . . . . . . . .

107 107 109 109 111 112 112 113 114 115 117 117 117

第 7 章 近代哲学 (デカルトからカント以前) 7.1 自己言及的命題  . . . . . . . . . . . . . . . . 7.1.1 イデア論の賞味期限 . . . . . . . . . . . 7.1.2 自己言及的命題  . . . . . . . . . . . 7.2 我思う, ゆえに我あり(デカルト『方法序説』) 7.3 デカルトの戦略  . . . . . . . . . . . . . . . .

. . . . .

. . . . .

. . . . .

121 121 121 123 125 128

. . . . .

. . . . .

. . . . .

. . . . .

. . . . .

. . . . .

. . . . .


viii 7.4 7.5

7.6

デカルト哲学と量子言語のキーワード対応 . . . . . . . . . . イギリス経験論の祖 ジョン・ロック(1632 - 1704) . . . . 7.5.1 第ニ次性質 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7.5.2 タブラ・ラーサ 第一次性質と第二次性質 . . . . . . 「イギリス経験論 vs. 大陸合理主義」という演出 . . . . . . 7.6.1 ライプニッツ [生得説] は本気だったのだろうか? . . 7.6.2 唯心論:バークリー「存在するとは知覚されること」 7.6.3 測定しなかった懐疑主義者:ヒューム『人間本性論』

. . . . . .

. . . . . . . . .

. . . . . . . .

131 134 134 135 138 140 142 146

第 8 章 カント 8.1 ご冗談でしょう. カントさん: 二律背反 (アンチノミー) . . . . 8.1.1 三批判書 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8.1.2 二律背反 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8.2 カントの認識論 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8.2.1 カントの統合・折衷案 . . . . . . . . . . . . . . . . . 8.2.2 物自体, 模写説から構成説へ . . . . . . . . . . . . . . 8.2.3 カントの純粋理性批判 (MSN エンカルタ百科事典より) 8.3 まとめ;デカルト=カント哲学  . . . . . . . . . . . . . . . . 8.3.1 カント以前 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8.3.2 カント登場の必然性 . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

. . . . . . . . . .

. . . . . . . . . .

151 151 151 152 154 154 156 157 159 159 161

第 9 章 言語哲学 9.1 言語論的転回『 論理哲学論考』 . . . . . . . . . . 9.1.1 ホーキング博士とウィトゲンシュタイン . . 9.1.2 ウィトゲンシュタイン『論理哲学論考』 . . 9.2 哲学者の資質は, 言葉の力 . . . . . . . . . . . . . . 9.3 言語論的転回で蘇る純粋理性批判 . . . . . . . . . . 9.3.1 一括置換 (純粋理性批判から量子言語へ)   9.3.2 デカルトの「我の発見」の言語論的転回 . . 9.3.3 心身問題と因果問題  (cf. 文献 [27]) . . .

. . . . . . . .

. . . . . . . .

165 165 165 166 167 168 169 172 173

第 10 章 あとがき

. . . . . . . .

. . . . . . . .

. . . . . . . .

. . . . . . . .

. . . . . . . .

. . . . . . . .

177


1

第1章

量子言語 (=測定理論) – 諸科学 を記述する言語

本章では西洋哲学の二大未解決問題

(i) 心身問題 (「心」と「身体」は如何にして関係し合っているのか?) (ii) 因果問題 (因果関係とは何か?) の解答を簡潔に述べておく. この解答の意味を理解するには「量子言語」を 理解しなければならないが, このためには数理系の大学院程度の素養が必 要である. しかし, まえがきにも書いたように, 堅苦しいことなしに第 2 章 から始めても読み進められるように本書を書いた. したがって本章を「付 録」として最終章に回す案もあったが, 「理屈としての順序」に拘泥してそ うしなかった. 初めに, 1.1 節で量子言語 (と言語的コペンハーゲン解釈) の概要を説明す る. 量子力学の上級者でなければ理解困難な部分があるかもしれないが, そ こは飛ばして全体に目を通して欲しい. 1.2 節で本書の主張「西洋哲学は言語的コペンハーゲン解釈とかなり似てい る」ことを注意する. また, 1.3 節は本書での重要概念「実在的世界記述と (空想的, 科学的)言語的世界記述」の説明をする. この準備の下に, 1.4 節で心身問題と因果問題の解答を示す.

1.1

量子言語 (=測定理論) の概要 (cf. 文献 [1])  

1.1.1

言語ルール 1 (測定) と 言語ルール 2 (因果関係)  

量子言語 (測定理論とも呼ぶ) のアイディアはミクロの世界を扱う量子 力学に由来する.

量子言語は言語で, 量子力学を記述することができる

が, 日常的なサイズの諸科学 (経済学, ニュートン力学, 工学等) も記述する ことができる. そうだからと言って, 万能の言語というわけではなくて, た とえば, 相対性理論を記述することはできない.


第1章

2

量子言語 (=測定理論) – 諸科学を記述する言語

測定理論 (=量子言語) の枠組みは簡単で, 測定に関する言語ルール 1 と 因果関係に関する言語ルール 2 から構成される. 二つの言語ルールの使 い方のマニュアルが, 言語的コペンハーゲン解釈である. 図式で書けば (=量子言語)

[言語ルール 1]

測定理論 =

測定

+

[言語ルール 2]

+ 因果関係 言語的コペンハーゲン解釈 [二つの言語ルールの使い方のマニュアル]

(1.1)

である. ここで, 測定に関する言語ルール 1 と因果関係に関する言語ルール 2

(プロトタイプで, 正式には文献 [1] を見よ) は以下の通りである. 言語ルール 1(測定) プロトタイプ 測定者 (=『私』) が, ω という状態をもつ物 (=測定対象) に対 して, 観測量 O を (または, 測定器 O で) 測定したとき, 測定値

x を得る確率は POω (x) である.

言語ルール 2(因果関係)プロトタイプ 因果関係は, 因果作用素列 Φt1 ,t2:A2 → A1 (t1 ≤ t2 ) で表現 される.

♠ 注釈 1.1. 言語ルール 2 は, 因果問題 (因果関係とは何か?) の解答である.

この二つの言語ルールは呪文 (ことわざ, お経) のようなもので, 意味を追 究しても無駄で, とりあえず, 二つの呪文 (=言語ルール 1 と 2) を丸暗記しよう 1 . 1 本書では, 量子言語を自由に使いこなす力量を会得することを意図していない. 本書を 読むためには, 暗記する必要はない.


1.1. 量子言語 (=測定理論) の概要 (cf. 文献 [1])  

3

丸暗記したならば,

(A) あとは, 実践あるのみで, この呪文を試行錯誤しながら使い続ければ よい.

最初は, 意味不明に思うかもしれないが, そのうち上達して,

量子言語を使いこなせるようになる. こう書くと, いい加減な理論のように思われるかもしれない. しかし, こ れは言語一般に言えることであるが,

(B) 量子言語の成立は人間の驚異的な言語能力に依存する. このような言語成立の不思議さを, 言語哲学の創始者のひとりのである ウィトゲンシュタイン (1889 年 - 1951 年) は「言語ゲーム」と呼んだ. 二つの呪文だけからなる量子言語で, 諸科学全体を記述できるとは信じ られないと思うかもしれない. しかし, ニュートン力学の法則だって数行 で書けて, それで太陽系の運行まで計算できるのだから, 不思議なことで はない. ♠ 注釈 1.2. 世界記述の哲学が科学的には失敗をした理由は, (]1 ) 「○○とは, 何か?」を真摯に答えようとしてしまった ことである.

(]2 ) 「測定とは, 何か?」, 「確率とは, 何か?」, 「因果関係とは, 何か?」, 「時空とは何か?」等は, 一般論としてはナンセンスな問いかけである. すなわち, 重要なのは,

(]3 ) ある言語体系を提案して, その言語体系のなかで「(]2 ) の言葉を如何 に使うか?」である. したがって,

(]4 ) 「測定」, 「確率」, 「因果関係」, 「時空」等の言葉を, 量子言語 (言 語ルール 1 と 2) の言葉遣いで使えればよい. ニュートンの成功は, 「ニュートン力学という言語」を作ったことにある. 一 方, 哲学の科学的敗因は, 日常言語内の議論に終始して,

(]4 ) 言語を作らなかったこと と考える. もちろん, 科学的な失敗が哲学の失敗を意味するわけではない. 哲 学は科学ではない. 科学的に成功しなかった理論にもかかわず, 哲学が世 界を動かしたという事実は誰もが認めていることなのだから.


23

第2章

古代ギリシャ哲学 (ソクラテス 以前)

第 1 章を飛ばして, 本章から読み始めてもよいように書いた. 古代ギリシャ哲学 (ソクラテス以前) と言えば, 「万物の根源は, 〇〇であ る」という次のような「言い切り」が定番である: タレス・ ・ ・ ・ ・水

デモクリトス・ ・ ・ ・ ・アトム(原子)

ピタゴラス・ ・ ・ ・ ・数

ヘラクレイトス・ ・ ・ ・ ・運動, 火

パルメニデス・ ・ ・ ・ ・論理, 運動

ゼノン・ ・ ・ ・ ・運動

この時代のことは, ほとんど「受け売り」しか書けないが, ピタゴラス以 降は多少工夫した.

特に, ゼノンのパラドックス (飛ぶ矢, アキレスと亀)

は, 量子言語 (または, 世界記述主義) の観点から著者のフィクションを記 した.

2.1 2.1.1

タレス(BC.640 年頃 - 546 年頃) タレス:最初の哲学者: 「万物の根源は水である」

どの民族もそれぞれの「神話」を持っていた.

神を理由にして, 世界

を説明するのが「神話」で, それを「口伝」や「文字」によって先祖から 伝承してきた. 多くの民族が密集していて交流が盛んで, しかも武力での統一がされに くい状況 (海洋交易が盛んで, 広大な平野が無い) というのは稀な状況で あるが, 紀元前 1000 年ごろの前後数世紀の間の東地中海沿岸の地域 (今で 言えば, ギリシャ - トルコ - シリア - イスラエル - (エジプト)) はさまざ まな文明や文化が混じり合い, 新しい文化が生まれた. 特に顕著で現代ま


第 2 章 古代ギリシャ哲学 (ソクラテス以前)

24

で影響を及ぼしものとしては, 「諸神話の統合としての哲学」と「諸文字 の統合としてのアルファベット」 :すなわち,    諸神話の統合 =⇒ 哲学 (A)   諸文字の統合 =⇒ フェニキア文字 =⇒ アルファベット だろう.

アルファベットが表音文字であるのは民族間の共通文字を意図

して作られたことに依拠する. (武力統一されていたエジプトは高度な文 明 (ピラミッド等) を持っていたが, 哲学は発展しなかった. しかし, エジ プトの高い数学力の影響は古代ギリシャの国々に及んだ. ) タレス(紀元前 640 年頃 - 546 年頃) は, アリストテレスの著作「形而 上学」の中で, 「最初の哲学者」というお墨付きが与えられている. たと えば, 「地震がなぜ起こるか?」に対して, どの神話でも「自分たちの神が 怒っている」からと答えるだろう 1 . 民族交流が活発な B.C.600 年頃, 古 代ギリシャのミトレスにおいて, 人類史上初の哲学者タレスが現れて次の ように言う:

(B) 万物の根源は水である. よって, 地震は水の振動によって引き起こ される である.

幼稚であるとしても, 「神」を安直に持ち出さない説明が, アリ

ストテレスをしてタレスを「最初の哲学者」と言わせしめたのだろう. ♠ 注釈 2.1. ホワイトヘッド (1861 - 1947) の真意は知らないが, 次の彼の言葉 • 西洋の全ての哲学はプラトン哲学への脚注に過ぎない は重要である. 本書ではこれを採用して, 「プラトンが最初の哲学者」と いう立場に徹する. と言うよりも, 読み進めてもらえばわかることである が, 本書の主張を一言で言うと, 「プラトンが最初の哲学者」である.

2.1.2

タレスの数学力

しかし, 「万物の根源は水である」だけでは, タレスの素養・学識はわ からない. 今さらわかる術もないが, 数学力だけは多少のことはわかる. 1 仏教では,

地震は瑞兆 (よい兆し) という説も聞いたことがある.


2.2. ピタゴラス

25

タレスの定理として, 次が知られている. 定理 2.1. [中心角 = β, 円周角 = α] =⇒ β = 2α

β α

証明 円に関する初等幾何の定理の証明は, 円の中心を通る補助線を引け ば, 大抵はすぐ解ける. ♠ 注釈 2.2. タレスがエジプトを訪ねたとき, 「三角法のような方法」でピ ラミッドの高さを測ってエジプトの王が感心したという話もあるみたいだ が, 眉唾と思う. エジプト, ギザの砂漠にある三大ピラミッド (被葬者はクフ 王, カフラー王, メンカウラー王) の造営時期は紀元前 2500 年頃である. 当 然, その頃 (タレスの 2000 年も前) には「三角法のような方法」はエジプ トで常識だったはずと考える. そうならば, 「タレスの定理」もタレスに 負うのか疑うべきかもしれない. しかし, 証明者が不明だったとしても, 「証明」という概念を発見した当時の「数学力」は驚くべきことで, これが ユークリッド (紀元前 330 年頃から紀元前 275 年頃) の「原論」に繋がる. 「タレスの定理」は今では中学で習うが, 著者の興味としてはすこし難しす ぎる. 著者が知りたいのは, 小学校の算数で, 「面積の発見」, すなわち, 【長方形の面積】=【縦の長さ】× 【横の長さ】 の歴史であるが, これについては知らない. 切実な問題は土地の面積だろ う. 初めは「縦×横」ではなく , 労働時間や収穫量から決めたのではないだ ろうか.

2.2 2.2.1

ピタゴラス ピタゴラス教団の数学力

ピタゴラス(BC.582 年 - BC.496 年)は, ピタゴラス教という宗教団体 と言ってもいいような数学研究集団のリーダーであったとされている. ピ タゴラス教団の数学的成果としては,


第 2 章 古代ギリシャ哲学 (ソクラテス以前)

26

• 無理数の発見, 三平方の定理, 正五角形の作図 等である. 定理 2.2.

√ 2 は無理数である.

定理 2.3. [三平方の定理]: 4ABC において, 次は同値:

(]1 ) ∠A = 90◦ (]2 ) AB2 + CA2 = BC2 作図 2.4. 正五角形の作図 解答 下図 (左) の正五角形において, AB = BC = CD = DE = EA = 1 と すると,

だから,

√ 1+ 5 2

√ 1+ 5 AC = AD = 2 を作図すればよい.

を右下のように作図できるので,

√ √ 5(= 12 + 22 ) も容易に作図できる.

三平方の定理より,

√ 1+ 5 2

A

B

C

√ 5

E

D

C

D

√ ♠ 注釈 2.3. 数学の教職を目指す学生にとっては, 「 2 が無理数」と三平方 の定理の証明は必須である. 特に, 三平方の定理の証明は複数個 (三つぐら い) を知っておくべきである. 数学系の大学院生でも, 正五角形の作図を知 らないこともあるので, 解答を補足したが, 余計な事だったかもしれない.

♠ 注釈 2.4. 「無理数の発見」と「三平方の定理」は数学史上最大級の成果. 次 の逸話がほぼ事実ならば, ピタゴラスの数学力は信頼できる.


2.2. ピタゴラス

27

(]1 ) ピタゴラスは, 無理数を発見した弟子を殺害し, 無理数の存在を隠し てしまった. (]2 ) ピタゴラスは, 三平方の定理を発見したときに, それを祝い, 牡牛の生 け贄をささげた この二つの定理は, 発見当初から近代 (デカルト=ライプニッツの時代) ま で約 2000 年間, 本質的な意味では一度も使われていない定理にもかかわら ず, ピタゴラス教団内でその重要性が認識されていたわけで, 教団の数学力 の高いポテンシャルを示唆している. もし著者が当時のピタゴラス教団の 一員だったとしても, これらの定理が (]1 ) とか (]2 ) に値するような重要な 発見であることを理解しなかったと思う.

2.2.2

万物の根源は, 数である

ピタゴラス教団の教典は「万物の根源は, 数」である.

今でも, 数学な

ど専攻していると, 「数学命」と思い込む学生もいるわけで, ピタゴラス 教団の信者も同じような心理状態だったのかもしれない. さて, 次を「ピタゴラス主義」と名付けて話を進める.

(A):ピタゴラス主義 万物の根源は, 数である. すなわち,

世界を数学で記述せよ. (注) ピタゴラスから約 2000 年後に, ガリレオは同様なこと「宇宙 は数学という言語で書かれている」と発言している.

「万物の根源は, 〇〇である」という断言は当時の流行である.

その根

源には, 多くの場合, 火とか水とか, あるいはそれらの組み合わせとか, 要 するに可視的で実証的な物質が置かれるのが常であったが, ピタゴラスは その根源に, 実在的な「物」ではなくて, 可視的でない原理としての「数」 をおいた. もちろん, ピタゴラス主義 (A) は, 現代的にも正しい. タゴラス主義

しかし, 純正ピ


41

第3章

ギリシャの三哲

エジプトのピラミッド造営という国家プロジェクトで得られた高い技術力 の影響下でタレス,..., ピタゴラス, パルメニデス等によって科学路線の哲学 の原型が生みだされた. しかし, ギリシャでは全く違った路線の哲学が誕生 し, ギリシャの三哲 ((ソクラテス), プラトン, アリストテレス) によって, つぎのような西洋哲学の原型が形成された:

 実在的世界記述法 (アリストテレス → ニュートン)          空想的言語的世界記述法:西洋哲学の本流      ([)  (ソクラテス, プラトン, デカルト, カント)   言語的世界記述法         科学的言語的世界記述法     (パルメニデス → 統計学, 量子言語) 本節では, ギリシャの三哲 (ソクラテス, プラトン, アリストテレス) の仕事 を説明する.

3.1

プロタゴラスとソクラテス (哲学が文系になった)

世界記述の哲学とは,

(A) 世界を如何に記述するか? 世界を如何に理解するか?  世界を記述する言語は如何なるものか?  等を問題にする. しかし, 世界記述の哲学とは別の哲学(倫理哲学)もある.


第 3 章 ギリシャの三哲

42

倫理・道徳哲学 [人間, 如何に生きるか?] 理系の多くが(否, 文系さえも), 倫理哲学は「口だけ(=弁論術)」 と思っているかもしれない. 事実, ソフィスト(古代ギリシャで弁論術や 修辞法などを職業として教えた者)たちの中心的人物プロタゴラス(前

490 頃 - 前 420 頃)は, 「人間は万物の尺度である」と説き, 各人の主観 的判断だけで, 客観的な真理というようなものは存在しないとする相対 主義を主張した. 資本主義の常識は 主観的価値の平均=価格 だから, ソフィストの主張は合理的で, 現代の常識と言える. しかし, これに真っ向から異論を唱えたのがソクラテス(BC.469 年 頃 - BC.399 年)で,

(B) 人間, 如何に生きるべきか? を問うて, このために,

(C) 「善」, 「幸福」, 「徳」, 「正義」, 「勇気」, 「愛」 ・ ・ ・  等のことばの意味を明確にして, これらが哲学の主要テーマであること を示した. 結局, ソクラテスは, 相対主義(合理的なソフィスト)vs. 絶対主義(信念の人ソクラテス) の問題提起をしたことになる. 世界規模で考えるならば, ソクラテス(BC.469 - BC.399), 墨子(BC.470

- BC.390), 孔子(BC.551 - BC.479), 釈迦(BC.565 - BC.486) は同時 代の哲人で, 問題(B)を追究した.

当然のことであるが,

(D) 上の(C)で述べたような言葉が普及しなかったら, 人類は滅亡して いたかもしれない(すくなくとも, 「人間社会」を形成できなかっ た)と容易に想像できる のだから, 倫理哲学の重要さはわかると思う.


3.1. プロタゴラスとソクラテス (哲学が文系になった)

43

さて, 倫理哲学は世界共通である と言うより, 世界共通でなければ困る. そうでなければ, 「世界平和」など 実現しないからである.

本書全体を通して強調することであるが, 実は,

哲学の主要テーマは (世界記述でなくて) 倫理・道徳である 

と考える. また, 現代的には, 「哲学」という言葉は, 「処世術 (「人間一 般」ではなくて. 「ある特定の人々」に対する「如何に生きるか?」と いう問題・解決)」の意味で使われることが圧倒的に多い. 「人生哲学」, 「政治哲学」や「経営哲学」等である. これらもソフィストの守備範囲と 思えば, ソフィストは多数派と言える.

倫理哲学と政治哲学はかなり近

い. 儒教は科挙試験の重要科目で統治術の役割もあったし, プラトンは哲 人政治家を育成するためにアカデメイアを設立した. ♠ 注釈 3.1. ソクラテスは書いたものを残していない. 「ソフィスト vs. ソ クラテス」の物語は, ソクラテスの弟子のプラトンの創作物語なので, 公 正とは言えない. たとえば, 無敵の論法「無知の知 ( I know I know nothing)」は以下のようなものである. • ソフィスト: ・ ・ ・何かを主張する・ ・ ・ • ソクラテス: 「それは違う」と否定する. • ソフィストとソクラテス: ・ ・ ・暫し問答・ ・ ・雄弁に語るソフィストとソ クラテス • ソクラテス: どうやら君の無知が露になったようですね. 私は自分が 無知であることを既に知っていて, 君は自分の無知を自覚していない ので, この議論は私の勝ちだね. という無敵の論法が「無知の知」である. プラトン著の「ソクラテスを主 人公とする小説」を定説に囚われずに読めば,

• 詭弁を弄しているのは, ソフィストよりもむしろソクラテスの方 と読めないこともないと思う. ソクラテスがドヤ顔で突然「I know I know nothing」と言い出したので, 唖然として言葉が出ずに黙ってしまったら, ソ クラテスが「勝った!」と叫びながら小躍りして去って行ってしまった. と いうのがソフィスト感想だろう.


第 3 章 ギリシャの三哲

44

物理学ならば実験で決着をつければよいし, 数学ならば証明すればよ い, 工学ならば役に立てばよい. しかし, 倫理哲学では, そういう形で決着 できない. そこで, ソクラテス (すなわち, プラトン) が考えた決着の仕方 が, 「無知の知 (=「I know I know nothing」=「私は『私が何も知らな い』ことを知っている」という自己言及的命題)」というマジックワード だったのだと思う. つまり,

(E) 相手の頭を混乱させるようなパラドックスみたいなことを言って, 議 論を終結させる である. 悪く言えば, 「心理的な騙しのテクニック」であるが, そんなこ とにいちゃもんつけるを読者はいないだろう. 水戸黄門の印籠の役割をす るものがないと物語は終わらないのだから. 「哲学とは?」などには答えようもないが,

• 自己言及的命題の言葉遊び (「無知の知」等) が世界記述の哲学のか なりの部分を占めていて, それが哲学の科学的不毛の一つの要因に なっている ことは, 本書を通して議論する (cf. 注釈 1.2, 7.1 節).

3.2 3.2.1

プラトン (BC.427 頃 - BC.347 頃) イデア論 – 断言された虚構 –

倫理哲学の対立構造:

(A) 相対主義(ソフィスト)vs. 絶対主義(ソクラテス) の演出の中で, ソクラテスを援護するために弟子のプラトンは, 「イデア 論」を打ち上げて, 絶対主義の基盤を確立した. もちろん, 「愛は勝つ」とか, 「人の命は地球より重い」とかが客観的 真理であると言っていたのでは, 保険会社の生業が成り立たない. しかし, 「そう信じたい」とソクラテスは思った. そして, その理由づけのために, 弟 子のプラトンは「イデア界」というオカルト的天上世界を持ち出した. そ して, これが「世界記述の哲学」につながった. すなわち, イデア論とは,


3.2. プラトン (BC.427 頃 - BC.347 頃)

45

(B) 「倫理哲学 (人間, 如何に生きるか?)」の理由づけを「世界記述の 哲学 (如何に世界を記述するか?)」に求める無謀な試み であり, これが, 以後二千数百年続く「哲学の語り方」のスタンダードに なる.

(C): イデア論というおとぎ話 イデア論とは

• 現実の世界では, 「愛はお金に勝つ」をいつも信じてもよいと は言えない. しかし, 別の世界(理想の世界, イデア界)が天上 にあって, そこでは「愛はお金に勝つ」が客観的真理であると信 じられている.

つまり, イデア(=真の姿)が天上に存在し, イ

デアこそが本質的存在であり, 地上に存在する形あるものはそ の影に過ぎない. というのがイデア論.

したがって, 地上界 (=現実界) は, 影絵なのでたまには

(D1 ) 愛がお金に負けること (D2 ) 正義だけでは生きていけないこと (D3 ) 善人が不幸になること もある.

しかし, プラトンは イデア界では, 愛は勝つが客観的真理である. だから, 愛を信じなさい

と強引に主張する.

この理由付けを信じるかどうかは別として, このアイデア, すなわち, 二 つのキーワード「現実界とイデア界」の発見こそ「二元論的観念論」の


73

第4章

アレクサンドリア周辺

古代ギリシャと言っても, ギリシャだけが学問の中心というわけではなかっ た. エジプト (アレクサンドリア) には数千年間のピラミッド建造の知恵が 蓄積されていたし, それを学ぶために地中海沿岸の各地から俊英たちがエ ジプトに留学した. 本章では, アレクサンドリア学派とその影響を受けた次 の賢人たち: ユークリッド・ ・ ・幾何学

アリスタルコス・ ・ ・地動説

アルキメデス・ ・ ・浮力・テコ

エラトステネス・ ・ ・地球の大きさ

プトレマイオス・ ・ ・天動説 について述べる.

4.1

アレキサンドリア周辺

ピラミッド建造という工学的伝統の影響だろうが, アレキサンドリア学 派の仕事は堅実かつ理系的で実がある. 逆に言えば, 論理を超越する哲学 的な魅力 (プラトン哲学のような魅力) がなかったとも言える. 時代的に は, アレキサンドリア学派はプラトンの仕事を知っていたはずであるが,

• まさか, プラトン哲学が 2000 年以上も生き残るとは思っていなかった と思う. アリスタルコスの地動説を多少詳しく述べたのは, 第 6 章の主張, すな わち,

• 「天動説 vs. 地動説」は, 実験で白黒つけることができない形而上 学的問題で, すなわち,


第 4 章 アレクサンドリア周辺

74

(]) 「天動説 vs. 地動説」は哲学論争であって, 「真偽の問題」で はない である. の準備のためである.

4.2

ユークリッド (BC.330 年頃 - BC.275 年頃)   ユークリッド幾何学 - 平行線の公準

4.2.1

エジプト, ギザの砂漠にある三大ピラミッド (被葬者はクフ王, カフラー 王, メンカウラー王) の造営時期は紀元前 2500 年頃である. それから 2000 年以上経ってから, ユークリッドは生まれている.

ユークリッドはアレ

クサンドリア(ナイル川の河口)で活躍した数学者で「幾何学の父」と称 される. 著作『原論』 (ユークリッド原論)は古代数学の集大成である. 今 から見ると,

(A) ユークリッドは, 幾何学の公理化を提唱して, 平行線の公準 • 直線が 2 直線と交わるとき, 同じ側の内角の和が 2 直角より小 さい場合, その 2 直線が限りなく延長されたとき, 内角の和が 2 直角より小さい側で交わる. を熟考して, 「自明」という概念が自明でないことを直感した数学者 である.

ユークリッドの細心の注意にも関わらず, 「原論」によって,

(B) 自明なことから, スタートすることが最良の方法 という思い込みが形成されてしまった. この思い込みには多くの哲学者 (デカルト, スピノザ等)が嵌ってしまった.

今ならば誰だって知ってい

ることであるが, デカルトのコギト命題「我思う, ゆえに我あり」は自明 どころか意味不明な命題である.


4.2. ユークリッド (BC.330 年頃 - BC.275 年頃)  

75

♠ 注釈 4.1. 『原論』は幾何学だけではなくて, 素数が無限個あることも次の ように示されている: (]) 有限個で, 素数全体の集合を {2, 3, 5, 7, ..., n} と仮定しよう. このと き, N = (2 × 3 × 5 × 7 × ... × n) + 1 とする. N は素数であるか, n より大きな素数で割り切れる数である. いずれにせよ, n が最大の素数であるという仮定に矛盾する.

4.2.2

非ユークリッド的転回

ガウス (1777 年 - 1855 年) 等による非ユークリッド幾何学の発見は, こ の思い込み (B) を打破して,

(C) 何からスタートしても, それが生産的ならばよい. と主張した. これを本書では,

(D) 【(B): 自明→ (C):生産性】を非ユークリッド的転回 と呼ぶ. 非ユークリッド的転回は, 現代においても一般にはまだ十分認知 されているとは言えないかもしれない.

しかし, すこし考えてみれば, わ

かることであるが, 「自明」なことからスタートして成功した理論なんて ない. ニュートン力学, 相対性理論, 量子力学等は「自明」からスタート していない. そもそも

(E) 「『自明』とは何か?」だって自明ではない. 数学(=集合論)の選択公理も自明とはいえない. ここで, 選択公理とは,

• どれも空でないような集合を元とする集合 (すなわち, 集合の集合) があったときに, それぞれの集合から一つずつ元を選び出して新し い集合を作ることができるという公理 (たとえば, 集合の集合 {{a, b}, {c, d, e}, {g}, {h, i, j, k}} があったと き, 各集合から元を一つずつ取り出して, たとえば, 新しい集合 {a, c, g, j} を作ることができる)


第 4 章 アレクサンドリア周辺

76

であるが, 選択公理は自明とは言えない.

たとえば, 数学のバナッハ=タ

ルスキーの定理は次の (F) を主張する:

(F) 選択公理を認めてしまうと, 次の信じがたい手品のようなことが証 明できてしまう:

• 球を幾つかの有限個のパーツに分解して, 再び組み立て直すと する. このとき, 同じ大きさの球を 2 個作ることができる.

−−−−−−−−−−−−−−→ バラバラにして組み立てる

である. こうなると, 選択公理を疑いたくなるが, 選択公理を認めな いと数学の記述力が大幅に低下してしまい, 「使えない数学」になっ てしまう. 混乱を避けるためにも, 次の (本書の立場) を述べておく.

(G) 数学基礎論とか記号論理学は, 科学とか哲学とは一切関係ない. 関 係すると思ったときは, 袋小路に迷い込んでいると思った方がいい. たとえば, ゲーデルの不完全性定理は科学者・哲学者の教養として重要で あることは認めるが, これが彼らの仕事の中で有効に使われた例を著者は 知らない. ♠ 注釈 4.2. 本書では, 数学は世界記述法の一種とは考えないとする. 極端な 話, 世界が無くても数学は存在するからである. また, ユークリッドは純粋 数学者とする. したがって, 世界記述法の分類の中にユークリッドの居場 所はない. すなわち,  ([1 ) : 実在的世界記述 (物理学)     アリストテレス, アルキメデス, ガリレオ, ニュートン,     アインシュタイン, ・ ・ ・        ([2 ) : 空想的言語的世界記述  (西洋哲学の本流) ([) プラトン, スコラ哲学, デカルト, ロック, ライプニッツ,     バークリー, ヒューム, カント, フッサール           ([ ) : 科学的言語的世界記述(統計学, 量子言語)   3 パルメニデス, ゼノン ベルヌーイ, 統計学, 量子言語


4.3. アリスタルコス(BC.310 年 - BC.230 年頃)

77

である.

♠ 注釈 4.3. ピラミッド建設の伝統もあって, エジプトは数学の先進国であっ た. ピタゴラスやアルキメデスもエジプトで幾何学を学んだ. 当時のア レクサンドリアは, 蔵書 70 万冊を有するアレクサンドリア図書館があった ほどの学術都市であった. ユークリッドの後に, • エラトステネス(BC.275 年 - BC.194 年): 地球の全周長を 46250km と測定した古代最高の測定者. • クレオパトラ (BC.69 年 - BC.30 年) である.

4.3 4.3.1

アリスタルコス(BC.310 年 - BC.230 年頃) 月, 地球, 太陽の直径の比

アリスタルコス(BC.310 年 - BC.230 年頃)は古代ギリシャ(現在では トルコのサモス島 (アテネから見てエーゲ海の対岸)) の天文学者で, 地動 説を唱えた.

地動説の説得力としては, コペルニクスよりもアリスタル

コスのほうが勝ると考える.

次の命題を示した

命題 4.1.

(A1 ) 月の直径:地球の直径 ≈1:3 (現在の最新測定では, 1 : 3.669) (A2 ) 月の直径:太陽の直径 ≈1:19 (A3 ) よって, 地球の直径:太陽の直径 ≈1 : 6.333 (現在の最新測定で は, 1 : 109). したがって, 大体, 【月の直径】:【地球の直径】:【太陽の直径】= 1: 3: 19 となる.

(A4 ) 体積は直径の 3 乗に比例するから, 地球より太陽の方が圧倒的に 大きい.


85

第5章

中世 - 暗黒時代 -

中世の哲学を一言で言えば, 「暗黒時代」とか「西洋哲学は神学の婢女(はしため)」 となり, 約 1500 年間の思考停止の時代である. 本章では次を述べる.

(]1 ) アウグスティヌス (354 - 430): キリスト教をローマ帝国の国教とす る. 時間論 (]2 ) アンセルムス (1033 - 1110): スコラ哲学の父, 神の存在証明, 実念論 (]3 ) トマス・アクィナス (1225 - 1274): スコラ哲学の完成 (神学大全):プ ラトン哲学とアリストテレス哲学の折衷 (]4 ) オッカム (1285 - 1347): オッカムの剃刀, 唯名論 について述べる.

5.1

アウグスティヌス (AD. 354 年 - 430 年)  

5.1.1

西洋哲学は神学の婢女(はしため)

西洋史において, 最大級の出来事の一つは

AD.380 年:キリスト教がローマ帝国の国教になったこと だろう. 古代ギリシャから 500 年以上も経たこの時点で, ユークリッドやアルキ メデスの仕事は驚くべき発展しているかもしれない. プラトンのイデア論 は, 大昔のおとぎ話として忘れ去れたとしてもおかしくない. しかし, 実 際はそうではなかった. 西洋哲学の不思議は


第 5 章 中世 - 暗黒時代 -

86

(A) 西洋哲学は何度も瀕死の危機に見舞われるが, そのたびに神様が付 いているように, 誰かが救いの手を差し伸べて救われる ことである. 以下に述べるアウグスティヌス – キリスト教がローマ帝国によって公 認され国教とされた時期を中心に活躍した – も瀕死のプラトン哲学に救 いの手を差しのべた一人である. カトリック最大の神父アウグスティヌス (AD. 354 年 - 430 年) は, キリ スト教の理論的バック・ボーンを補強するために, プラトン哲学を使った とされている. このためには, 両者の根源的キーワード:

(B) 神(キリスト教)とイデア(プラトン哲学)が同じような性質を持 つことが望ましい. これは, 以下のようにかなり類似している. ソクラテス・プラトン師弟の主張は, 「ソフィストの主張『人間は万物の 尺度』」の反対なのだから, キリスト教の「神は万物の尺度」に通じる. そ うならば, 神の知性 = イデア と言い張ればよい. もちろん, そのためには, イデアは天上にあった方が有難味がある のだから, アリストテレスの形相 (=地上に降りたイデア) では困る. 「キリスト教は民衆のためにアレンジされたイデア論(ニーチェ)」 で, 逆に言えば, 「イデア論はインテリ用のキリスト教として祭り上げら れた」とも言える. プラトン哲学はキリスト教という最強の支援者を得た わけで,

(C) 時の最高権力者にお墨付きをもらってしまったことにより, 哲学は キリスト教の婢女(はしため)となって, 哲学は思考停止に陥った. そうではあっても, ともかく, 生き延びた.


5.1. アウグスティヌス (AD. 354 年 - 430 年)  

とも言える.

87

すべては, アウグスティヌスの計画通り進行した.

♠ 注釈 5.1. キリスト教の神父たち (アウグステヌス等) がプラトン哲学に本気 だったかどうかは知らない. アウグスティヌス以降で有名な哲学者が, 600 年後のアンセルムス (1033 - 1110) だから本気だったとは思えない.

♠ 注釈 5.2. 次の疑問: (]1 ) 何故, 西洋哲学ではいつも暴論・トンデモ理論が勝つのか? が気になるかもしれない. になる:

しかし, プラトン流の哲学の語り方は次のよう

世界はこうである

(]2 )

こう生きなさい だから

空想的言語的世界記述   −−−→ 倫理・道徳 序章・方便・フィクション・前振り

本題

すなわち,

• 【世界がこうなっている】は二の次 (方便・フィクション) で, • 【我々はこう生きるべき】がメインの主張 である. 本題の倫理・道徳の方はキリスト教が付いていて万全なのだか ら, 前座の「世界記述」はおとぎ話でもフィクションでもトンデモ理論でも 構わない. ただし次は注意すべきである.

(]3 ) もし倫理哲学がソクラテスの「無知の知」の決め台詞だけで, プラト ンの「イデア論」という前振りが無かったとしたら, アウグスティヌ スがギリシャ哲学 (ソクラテス・プラトン) を採用しただろうか? である. 「おとぎ話」には, 思いがけない効用 (たぶん, プラトンも予想し なかった効用) があったのだと思う.

5.1.2

『告白(著:アウグスティヌス)』の時間論

カソリック最大の神父アウグスティヌス(354 年 - 430 年)は, 「神の知 性=イデア」として, プラトン哲学をキリスト教の理論武装に使った. そ して, すべては, アウグスティヌスの計画・思惑通り進行した. 我々一般人が最も知りたいことは, 1 如何に生きるべきか?


第 5 章 中世 - 暗黒時代 -

88

であり, キリスト教の神父たちは, 神の代弁者として, これをキリストの教 えとして民衆に説いた. したがって, キリスト教父たちは, 神の如く, いか なる疑問にも即座に答えられる存在でなければならなかった. その中で も, 神父たちを困らせた質問は, 2 世界は如何にできているのか?

と思う.

「この世界は神に作られたのだとしたら, 神が作る以前はどう

だったのか?」等である. 聖書では,

(D1 ) この世界は神によって作られた と書いてある. そうならば,

(D2 ) 神が作る以前の世界はどうだったのか? と問うかもしれない. しかし, (D1 )を信じるならば,

(D3 ) 時間も世界が創造されたときに創造されたことになる. したがって,

(D4 ) 「神が作る以前」という問いかけ自体が無意味となる. 神の代弁者である偉い神父にこう言われたら,

(D5 ) なるほど, 自分は聖書の読み方が甘かった. (D2 )などとつまらな い質問をしてしまった と納得してしまうのが人情というものだろう. また,

(E):アウグスティヌスの時間論 (E) 真に存在するものは過去でも未来でもなく, ただ現在だけであ る. こう言われれば, やはり納得してしまうだろう.

たしかに,


5.1. アウグスティヌス (AD. 354 年 - 430 年)  

89

(F) 未来は「予測」, 過去は「記憶」でしかないわけで, 実感できるのは 「現在」しかない. なのだから. これが哲学における主要テーマ「主観的時間」の嚆矢であ る. この「主観的時間 [現在しかない]」が科学で使われることはないだろ うが, プラトン流の哲学の語り方としては使える. 現在しかない

すなわち,

今を大切に生きなさい だから

空想的言語的世界記述   −−−→

倫理・道徳

序章・方便・フィクション・前振り

本題

である.

科学に時制は無い

5.1.3   さて,

• アウグスティヌスの時制(過去, 現在, 未来)の議論は, 科学の立場 からは, 非常に教訓的である. 量子言語の結論 (1.1.2 節の言語的コ ペンハーゲン解釈と主張 1.1) から次が言える. 科学には時制が無い. したがって, アウグステヌスの主観的時間(E)を科学的議論に持ち込む ことは, 禁忌である.

哲学者が議論を継続してきた「主観的時間」は, 科

学とは関係がないはずで, 「時制(=測定者の時間)」が「科学的議論」の 中に紛れ込んでいることがあったとしたら, それは間違いである.

5.1.4

「主観的時間」は妄想を掻きたてるマジックワード

アウグスティヌスを源流とする「主観的時間」, 「時制」, 「測定者の 時間」等は, 科学の領域には入り込むことはできなかったが, 哲学者の興 味を引き付け続けた. たとえば, 「主観的時間」の哲学者ベルグソンは,


107

第6章

近世 – 天動説から地動説へ

諸説あるかもしれないが, 本書では, 科学の三大パラダイムシフトを, 次の 三つとしておこう

(]1 ) アリストテレス的世界観(目的因)−→ ニュートン的世界観(因果 関係) (]2 ) プトレマイオス的天動説 −→ コペルニクス的地動説 (]3 ) キリスト教的アダムとイヴ −→ ダーウイン的進化論 本章で問題とするのは, (]1 ) と (]2 ) で, 次を結論する.

• (]2 ) は実験によって白黒付けることができない哲学論争で, (]1 ) によっ て解決された. すなわち, (]1 ) と (]2 ) は同じこと, つまり, コインの 裏表に過ぎない. である.

6.1

パラダイム・シフト

さて, 1453 年にオスマントルコによって, 東ローマ帝国が滅亡させら れた.

• 1453 年:東ローマ帝国滅亡(コンスタンティノーブル陥落) この大事件のキリスト文化圏への影響は計りしれない. これにより, 「シルクロード」の交通が不便になり, 大航海時代  が始まる.

東ローマ帝国の技術者, 芸術家, 文化人等が難民として, 西欧

に流れてきた. これが,


第 6 章 近世 – 天動説から地動説へ

108

ルネッサンス を興した. スコラ哲学という中世の思考停止状態が一変する. 具体的には 以下の通りである. ガリレオ以前は観測・実験の時代

• 1450 年 グーテンベルグの活版印刷 • 1453 年 コンスタンティノーブル陥落 (東ローマ帝国滅亡) • 1492 年 コロンブス アメリカ大陸 • 1498 年 バスコダ・ガマ インド航路 • 1500 年代 レオナルド・ダ・ビンチ「モナリザの微笑」 • 1510 年 コペルニクス 地動説 • 1510 年 ラファエロ「アテナイの学堂」 :古代ギリシャへの憧憬 • 1517 年 ルター「95ヶ条の提題」宗教改革 • 1519 - 20 年 マゼラン 世界一周 • 1540 年代 ミケランジェロ 「最後の審判」 • 1609 年 ケプラーの法則(楕円運動と面積速度一定則, 1619 年 公転周期 2 /長半径 3 =一定 • 1610 年 ガリレオ 望遠鏡を自作, 木星の衛星を発見 • 1620 年 フランシス・ベーコン 「知は知は力なり」, イギリス 経験論の祖, イドラ • 1633 年 ガリレオ裁判 「それでも地球は回っている」

ガリレオ以降は思考・思索の時代

• 1637 年 方法序説,  ルネ・デカルト(仏: 1596 年 - 1650 年)は 合理主義哲学の祖であり, 近代哲学の祖として知られる. 「心・身・ 物」のデカルト図式は特筆すべき.

• 1670 年 パスカル パンセ


6.2. 経験論の祖ベーコン(1561 年 - 1626 年): 帰納主義;イドラ

109

• 1685 年 バッハ誕生 • 1687 年 ニュートン プリンキピア • 1688 年 名誉革命 • 1690 年 ジョン・ロック  人間知性論, 第一性質, 第二性質, イギ リス経験論の父 • 1700 年前後 大数の法則( ヤコブ・ベルヌーイ) • 1703 年 ライプニッツ 人間知性新論 • 1715 - 16 年 ライプニッツ=クラークの往復書簡 (cf. 注釈 7.9) • 1739 年 ヒューム 人間本性論 ♠ 注釈 6.1. 大数の法則とは (]) 公正なコインを何回も投げ続けると, 裏が出た回数と表が出た回数の 比がほとんど「1 : 1」になる ということ. ベルヌーイ (1654 - 1705) の業績 (=大数の法則) の偉大さ は, ガリレオ (1564 - 1642) のそれに匹敵すると思う. すなわち,   実在的世界記述の数量的嚆矢 · · · ガリレオ

科学的言語的世界記述の数量的嚆矢 · · · ベルヌーイ

と考える. 確率論の創始者を一人に特定するのは難しいが, ベルヌーイはそ の有力な一人である (cf. 注釈 2.8).

6.2

6.2.1

経験論の祖ベーコン(1561 年 - 1626 年): 帰納主義; イドラ 科学の作り方

イギリスのフランシスコ・べーコン(1561 年 - 1626 年)は, 帰納主義と 呼ばれる「科学の作り方」を, 主著『ノヴム・オルガヌム - 新機関』 (Novum

organum, 1620)で提唱した.


第 6 章 近世 – 天動説から地動説へ

110

(A):帰納主義:科学の作り方 帰納主義とは, 次の「科学の作り方」を想定すればよい. 1 悪いイドラの排除 −→ : 2 データ収集 −→ : 3 科学理論 (A) :

これを説明しよう. 1 : 科学を始めるに当たって, まずイドラ(先入観・思い込み・ 信念)を排除しなければならない. ここにイドラとは, たとえ

ば, 次である: 種族のイドラ:人間の脳回路・感覚器による思い込み 洞窟のイドラ:習慣・教育による思い込み  広場(市場)のイドラ:言語による思い込み 劇場のイドラ:思想・学説による思い込み(目的因とか天動説等) 2 : そして, 観測や実験などの事実を元にして, データを集めよ 3 : このようにして集めたデータから共通本質を見出して, 科学

理論を作れ 2 + 3 」は帰納法(とかアブダクション)と呼ば である. ここで, 「

れる.

6.2.1.1

ニュートン

アイザック・ニュートン(1643 - 1727) は 「我は仮説を作らず」 を標榜し, ベーコンの「帰納主義」を実践して, 以下の図式(B)のように ニュートン力学を提唱したとされている. 1 イドラの排除(目的因・天動説)→  2 データ(ティコ・ブラー (B): 3 科学理論(ニュートン力学) エ, ケプラー, ガリレオ)→


6.2. 経験論の祖ベーコン(1561 年 - 1626 年): 帰納主義;イドラ

111

♠ 注釈 6.2. 上は哲学サイドの言い分で, ニュートンは • 『ノヴム・オルガヌム』など読んでいない と言うかもしれない. と言うか, ベーコンの時点で, ニュートン力学のよう な大理論を誰も予想していなかったと思う. 理屈通りに, 大発見がなされる ものではない.   

科学の本当の作り方

6.2.2

実は, ベーコンの機能主義は単純ではない. 「良いイドラ(信念)」が あるからである.

今度は, 下図を想定すればよい.

(C):帰納主義 (良いイドラ) 帰納主義とは, 次を想定すればよい. 1 良いイドラを信じる −→ : 2 データ収集 −→ : 3 科学理論 (C) :

そうだとしても、「良いイドラ」と「悪いイドラ」は結果論であって、 帰納主義 (C) は何も言っていないに等しいと言われればそうかもしれな い。ユークリッド (または、アリストテレス) が「There is no royal road

to learning」と言っているわけで、そんなに単純な話ではない.

6.2.2.1

ニュートン (良いイデア)

アイザック・ニュートン(1643 - 1727) は 「我は仮説を作らず」 を標榜したにも関わらず, ベーコンの「帰納主義 (良いイデア)」を実践し て, 以下の図式(D)のようにニュートン力学を提唱したとも考えられる. 1 良いイドラを信じる(因果関係)→  2 データ(ガリレオ, ケプ (D): 3 科学理論(ニュートン力学) ラー)→


121

第7章

近代哲学 (デカルトからカント 以前)

次のデカルトからカントまでが近代哲学の華と言われている.

−→

デカルト [近代哲学の祖]

  イギリス経験論      [ロック, バークリー, ヒューム]

      

     

     

大陸合理主義 [ライプニッツ]

−→ カント哲学 [集大成]

今では考えられないことであるが, 「哲学が学問の王者」と信じ込まれて いて, 哲学者たちが尊敬されていた時代だったのだと思う. それにしても,

• 当時のトップエリートたちが「(科学的には) 全く役に立たない空理 空論」になぜ夢中になったか? であるが, 本書では, 繰り返し述べていることであるが「プラトン流の哲学 の語り方」に起因すると考える. 本章でカント以前, 次章でカントを説明する.

7.1 7.1.1

自己言及的命題  イデア論の賞味期限

3.3 節で述べたように, プラトン流の哲学の語り方: 世界はこうである

空想的言語的世界記述 序章・方便・フィクション・前振り・看板

こう生きなさい だから

  −−−→ 倫理・道徳 本題


第7章

122

近代哲学 (デカルトからカント以前)

に従うならば, 「倫理・道徳」がメインで, 「世界記述」は前座 (前振り) に すぎないわけで, 極論すれば, 二元論的観念論ならば何でもよかった (3.3.1 節).

もうすこし極論を付け足すならば, 次の心理トリック:

(A) 「知識人の発言は信頼できる」とか「美人は心がきれい」とか「生 真面目で堅物なカントの言うことならば信頼できる」 を使えば, 前座の「世界記述」で知識人とか信頼に値する人と思わせれば よい. 前振りなのだからこの程度でもよい. 西洋哲学の本流は, プラトン流の哲学の語り方を順守した.

プラトン

哲学は, 世界記述 (イデア論) は完全におとぎ話で, 本題は (ソクラテスの) 倫理・道徳であった. アウグスティヌスやスコラ哲学の場合, 倫理・道徳 はもちろんキリスト教である. したがって, 世界記述はキリスト教の信者 たちに「なるほど」と思われような小話 (アウグステイヌスの時間論「現 在しか存在しない」) 程度でもよかった. また, スコラ哲学では, 世界記 述は普遍論争「プラトンかアリストテレスか」のような不毛な議論をし ていればよかった. 古代ギリシャの偉大な先人たちの議論を継承している というような雰囲気があればよかった. 大航海時代とかルネッサンスを経て近代になると, 世界記述はおとぎ話 や不毛な議論では済まなくなった. デカルトは  イデア論『世界=おとぎ話』の賞味期限が切れた と思った.

そして, デカルトは自己言及のコギト命題「我思う, ゆえに

我あり」を使って, デカルト哲学 (物心二元論) という世界記述を提案し た. すなわち, 大雑把に言うと イデア論 −−−−−−→ 物心二元論 (プラトン)

コギト転回

(7.1)

(デカルト)

である (「コギト転回」は本書の造語). 要するに, 世界記述の哲学は前振りなのだから, ちょっとした小話でい いわけだが, そうだとしても, 効果的な小話をしたいわけで, 結局, ソクラ テスの「無知の知」を見習って,


7.1. 自己言及的命題 

123

自己言及的トリックを使いたくなった と言うことだろう. 東洋における禅問答と類似のものと思っていいだろ う. そうだとしても, 問題「(7.1) 式のコギト転回は進歩なのだろうか?」 は本書のテーマの一つである. ♠ 注釈 7.1. ニュートン力学の誕生にはそれなりの理由・伏線がある.  し かし, コギト転回 (7.1) など無くて, プラトン流の哲学の語り方がこの時点 で消滅してもおかしくなかった. デカルト=カントの哲学は, 近代の西洋と いう環境の中で生まれた奇跡的な哲学である. プラトン流の哲学の語り方 が生き残った理由は一つに特定できないかもしれないが, キリスト教の影 響下で, 倫理・道徳の議論が制約されたことが大きいかもしれない.—; ス コラ哲学 [プラトン+アリストテレス] の影響力が結構強かったのかもしれ ない. また, ルネッサンス期の「古代ギリシャへの憧憬」の延長上にあっ たのかもしれない. デカルトの「思いつき」がたまたまヒットしただけか もしれない.

7.1.2 7.1.2.1

自己言及的命題  哲学とは自己言及的命題をこねくり回すこと?

哲学において自己言及的トリックはよく使われるが, これはソクラテス の「無知の知 (I know I know nothing)」以来の伝統である. 自己言及の 命題の厳密な定義は知らないが, だいたい, 「自分が自分自身を語る命題」 のことと思えばよい. たとえば,

1 クレタの人のエピメニデスが「クレタの人はみなうそつきである」 と言った. 2 集合すべての集合 (ラッセルのパラドックスで使う「自分自身を要 素として含まない集合全体の集合」も自己言及的である) 3 自然数論の無矛盾な理論体系は自分自身に矛盾が無いことを, その 理論体系の中で証明できない (ゲーデルの第二不完全性定理) 4 無知の知 (=私は「私が何も知らない」ことを知っている) 5 脳内時間 (=主観的時間;脳内時計を脳で感知する)


第7章

124

近代哲学 (デカルトからカント以前)

「我思う, ゆえに我あり」が自己言及的であることは, 注 6 コギト命題: 釈 1.2 または注釈 7.3 を見よ. 等である. 自己言及の命題はいつも興味を引き付ける魅力を持っている. 哲学で頻出する自己言及の命題は, パズルとして面白いだけでナンセンス な場合がほとんどであるが, 数学基礎論 (=数理論理学) で出現する自己言 及の命題はゲーデルの不完全性定理のように人類史上最高級に深淵な問 題の場合もある.

実は, 著者は次のように考えている:

(B1 ) 自己言及的命題は科学的にはナンセンスであるが (数学基礎論 (=数 理論理学) で出現するにしても, 科学で使われることはない), 哲学 においては「心理的な納得の形式」としてよく使われて, また, 文 芸的にも楽しめる. したがって,

(B2 ) 結論から先に言うと, コギト命題「我思う, ゆえに我あり」をいくら こねくり回しても, 無駄である. 「我」, 「思う」, 「在る」 は, 「神」や「善」等と同程度に使い方の難しいマジック・ワード である. コギト命題以来今日まで 400 年ぐらい経つが, 実のある理 論を生産することは一度もなかった. である. この主張の証明を持っているわけではない. しかし, この (B) を 信じるならば,

• 近代哲学 (二元論的観念論) の系譜 [デカルト → ... → カント → ... → フッサール] が科学的に生産的でなかった理由とこれが文芸的には 十分楽しめた理由 が理解できる. ♠ 注釈 7.2. 本書では, (ゲーデルの不完全性定理のような数学基礎論の命題 ではなくて) パズルとして面白いだけの科学的にナンセンスな自己言及の


7.2. 我思う, ゆえに我あり(デカルト『方法序説』)

125

命題に興味がある. 3.5 節で述べたように, 世界記述の哲学は, 文学の一 つのジャンル (しかも, 「論理もどき」を重視するジャンル) である. した がって, 納得を得るための心理的テクニックとして, パズル的自己言及命題 が様々場面で使われるのは当然だろう. ただし, 著者は自己言及の命題に ついて整理した理解には至っていないので, 本書では「自己言及」という言 葉を気分で使っている.

我思う, ゆえに我あり(デカルト『方法序説』)

7.2

いよいよデカルト(1596 年 - 1650 年)の登場である. 著作『方法序説 (1637 年)』の科学史上最も有名な命題(Cogito ergo sum, コギト命題) 「我思う, ゆえに我あり」から始めよう.

デカルトは, ベーコンの『ノヴ

ム・オルガヌム - 新機関』を読んで, 「悪いイドラ (先入観)」に陥らない ためには, 「疑いの余地の無い命題」からスタートすればよいと安直に考 えた (6.2 節). これが, 哲学史上最も有名な「コギト命題」 : 我思う, ゆえに我あり 「我思う, ゆえに我あり」と我は思う である. そして,

• この (疑いの余地の無い) コギト命題から演繹されることは, 確実に 信用できる と考えた.

すなわち,

命題 7.1.   方法的懐疑(哲学の第一原理:コギト命題) さて,

(A) デカルトはすべてを疑って, 疑って, 疑いまくった, らしい. そし て, どうしても疑う余地がない命題として, コギト命題: (B) 我思う, ゆえに我あり にたどり着いた. そして, このコギト命題(B)を哲学の第一原理


151

第8章

カント

本章では, 近代哲学の華  : タブラ・ラーサ, 経験     イギリス経験論      [ロック, バークリー, ヒューム] デカルト −→   ア・プリオリ  [近代哲学の祖]    大陸合理主義    [ライプニッツ]

の「カントの集大成」を議論する.

        

−−−→ カント哲学 折衷案

[集大成]

カントは, プラトン流の哲学の語り方:

世界はこうである

(]1 )

         

こう生きなさい だから

空想的言語的世界記述   −−−→ 倫理・道徳 序章・方便・フィクション・前振り

本題

すなわち,

(]2 ) 【世界がこうなっている】は二の次 (方便・フィクション・前振り) 『純粋理性批判(1781)』 (]3 ) 【我々はこう生きるべき】がメインの主張 『実践理性批判(1788)』, 『判断力批判(1790)』, 『永遠平和のた めに(1795)』 を完全に実行したわけで, 当然のことであるが, 哲学者としての最大級の評 価を得た.

8.1

8.1.1

ご冗談でしょう. カントさん: 二律背反 (アンチノミー) 三批判書

イマヌエル・カント(1724 年 - 1804 年)は, 近代において最も大きな 影響力を持つ哲学者で, 主著は『純粋理性批判(1781)』, 『実践理性批判


第 8 章 カント

152

(1788)』, 『判断力批判(1790)』であり, それぞれのテーマは「真 (本書 的には, 真もどき)」, 「善」, 「美」である.

この順序はプラトン以来の

「哲学の述べ方」に従ったものだろう. すなわち, 世界はこうである [純理]

空想的言語的世界記述

(A)

こう生きなさい [実理・判断] だから

  −−−→

倫理・道徳

序章・方便・フィクション・前振り・看板

本題

そうだとしても, 本書の興味は「純理」である. 本書では何度も述べていることであるが, 世界記述の哲学は「前振り」に 過ぎないわけで, これに目くじらを立てるのは大人げないかもしれない. 世 界記述の哲学で科学として成功した哲学は無いわけで (正確には, 二元論的 観念論で科学として成功したのは量子言語だけ), カントにとっても, 「純 粋理性批判」はそういうものだと思った方がよい. そして,

(B) 事実, カントの目論見通りに事が運んだ と思う. ♠ 注釈 8.1. ここまでも繰り返し述べていることであるが, 世界記述の哲学と は「断言された虚構 (3.2 節:プラトン)」であるが, それを認めてしまうと 宗教と区別が付かなくなってしまう. したがって, 哲学の出だしは, 嘘でも 「理性, 論理」等の単語から始めなければならない. 「純粋理性批判」, 「論 理哲学論考」等である. 穿って考えれば, 「理性, 論理」という迷彩は, 西 洋哲学がキリスト教と共存するための必死の生き残り作戦だったとも言え る. また, 「理性, 論理」を強調しなかったとしたらコギト命題は禅問答の 一つの小話以上には成り得なかったに違いない.

8.1.2

二律背反

カントは, 『純粋理性批判』の中で,

(C) ある命題 P については, 「命題 P は正しい」と「命題 P は正しくな い」 の両方が成立する そして, これを『アンチノミー(二律背反)』と呼んだ.

アンチノミー 8.1.   [4つのアンチノミー]


8.1. ご冗談でしょう. カントさん: 二律背反 (アンチノミー)

153

カントは次の 4 つのアンチノミーを発見したと主張している.

(D1 ) 世界は時間空間的に有限である (D2 ) 世界におけるどんな実体も単純な部分から出来ている (D3 ) 世界における一切は自然法則に従って生起する (D4 ) 世界の因果の鎖の中には絶対的必然的存在者がいる 証明 命題 (D1 ) ー (D4 ) はいずれも意味不明な「命題」であるが, たとえば, 命 題 (D1 ) に関して言えば, 空間なり時間なりは有限であるのか, 無限であ るのか, という問いかけであり,

• 「有限」と主張すれば, 「その先はどうなっているのか?」と問わ れて困る. よって, 命題 D1 は正しくない • 「無限」と主張すれば, 「今に至るはずはないではないか?」と問 われて困る. よって, 命題 D1 は正しい したがって,

• 命題 (D1 ) はアンチノミーである らしい.

(注) 命題 (D1 ) ー (D4 ) はいずれも意味不明な言葉の羅列であって, 言 葉遊びにすぎない. それにしても, 「ご冗談でしょう. カントさん」 と言いたくなる. 本書では繰り返し述べていることであるが, 世界記述主義「世界記述か ら始めよ」を忘れてはならない. 2000 年以上も前にゼノンがしつこく指 摘したことであるが, 日常言語の論理は当てにならない, 具体的に言え


第 8 章 カント

154

ば, 日常言語内の議論では,

(E) ゼノンのパラドックス (cf. 2.4 節), アリストレレスの三段論法 (cf. 3.8 節), アウグスティヌスの「現在しか無い」(cf. 5.1 節), アンセ ルムスの「神の存在証明」(cf. 5.4 節), 天動説と地動説の区別が曖 昧になってしまう (cf. 第 6 章), デカルトのコギト命題を疑う余地 のない命題と思ってしまう (cf. 7.2 節), ハイゼンベルグの不確定性 原理 (cf. 文献 [2, 25]) 等の「哲学パズル」が出現する.

このことをカントは全く理解しなかっ

たのだろうか? などと「カントにいちゃもんをつける」と, カントに次の ように言われてしまうかもしれない.

(F) そんなにむきにならないで下さいよ. プラトンのイデア論と同じで, 「純理」は前振りですよ. 哲学者の世界記述が科学的に成功したこと なんて一度もありませんよ. 難しく書いたのは, 「難しい」と有難 がる哲学愛好家が多いからですよ.

本気なのは, 「実践理性批判」

からですよ. 著者は「カントの本心はこうでないと困る」と思っている.

そうだとす

れば, 哲学者とはかなり疲れる職業かもしれない. 「生真面目な堅物」と いうカントのイメージまでが, カント哲学の説得力の一部になっているの だから.

8.2

カントの認識論

8.2.1

カントの統合・折衷案

さて,

(A) カントの純粋理性批判は, 大陸合理主義とイギリス経験論の折衷案


8.2. カントの認識論

とされている.

155

すなわち,

デカルト [近代哲学の祖]

−→

 タブラ・ラーサ, 経験     イギリス経験論      [ロック, バークリー, ヒューム]

         

        

        

ア・プリオリ

大陸合理主義 [ライプニッツ]

ア・プリオリ, 経験

−−−→ カント哲学 折衷案

[集大成]

である. 折衷案という意味は, 以下の通りである.

人間に本来に(=ア・プリオ

リに)そなわるその形式とは,

(B) 「感性(直観)の形式(時空等)」と「悟性(思考)の形式」 であり, 「大陸合理主義」的であり, 「タブラ・ラーサ(白紙)」ではな い. しかし,

(C) 経験を通して認識力・判断力が徐々に形成されていく とした. つまり, 「イギリス経験論」的である. 本書的には, 上のカントの折衷案を手放しで称賛するわけではない.

書の推奨案 (第 9 章の [まとめ 9.2] で述べる) をこの時点で以下のように 述べておくので, カントの折衷案と比べてほしい. ♠ 注釈 8.2. (=まとめ 9.2)「認識」ではなくて, 「言語」を想定するならば, い ろいろな言語体系(日常言語, 数学, ニュートン力学, 量子言語, ・ ・ ・)のな かで, (]1 ) 日常言語はイギリス経験論的である (cf. 注釈 7.7) (]2 ) 数学は大陸合理主義的である (cf. 注釈 7.11) (]3 ) 量子言語はカントの折衷案的である と言える. 量子言語には, 言語ルールが初めに決められているので, 「タ ブラ・ラーサ(白紙)」でない. また, 経験を通して【記述力 (言語的コペン ハーゲン解釈)】が徐々に形成されていくわけで, カントの折衷案的である.


165

第9章

言語哲学

カントによって, 認識論が完成された. ということは, 「認識論の賞味期限 が切れた」と同じことで, 次にウィトゲンシュタイン等の言語哲学が台頭す る. すなわち, 西洋哲学の世界記述の部分は大雑把に言うと, 次の発展:

−−−−−−→ イデア論 −−−−−→ 物心二元論 (認識論) − (プラトン)

コギト転回

(デカルト・カント)

言語論的転回

言語哲学 (ウィトゲンシュタイン)

(9.1) だけである. したがって, (4人の大哲学者の内の一人である) ウィトゲン シュタインの業績は最大限に称えられるべきであるが, 20 世紀初頭は「物 理学」の時代であって, ウィトゲンシュタインがカントのように (または, ア インシュタイン) のように, 「時代を象徴する人物」として受け入れられた わけではない. そうだとしても, 量子言語にとっては, ウィトゲンシュタイ ンが最重要人物であることは確実である.

9.1 9.1.1

言語論的転回『 論理哲学論考』 ホーキング博士とウィトゲンシュタイン

ケンブリッジ大学の物理学者ホーキングは, 「ホーキング博士, 宇宙を 語る:[30]」(世界で 1000 万部のベストセラー) の中で,

(A) 19世紀と20世紀には, 科学は哲学者, いや少数の専門家以外の誰 にとっても, あまりに技術的, 数学的になりすぎた. 哲学者は探求範 囲を大幅に縮小し, 今世紀のもっとも有名な哲学者のひとりである ウィトゲンシュタインが, 「哲学に残された唯一の任務は言語の分 析である」と言うほどになった. アリストテレスからカントに至る 哲学の偉大な伝統からの, これはなんという凋落ぶりだろう!


第 9 章 言語哲学

166

と述べている. これから, すくなくとも次の事実は認めざるを得ない.

(B1 ) ホーキング博士ほど優秀な学者に, 哲学をわかるように説明できる 哲学者が世界中探しても一人もいない. なぜならば, もしそういう哲学者がいたならば, 直ちにホーキング博士の ところに出向いてウィトゲンシュタイン哲学を説明すると思うし, 当然 ホーキング博士も聞く耳を持っているに違いないからである.

また次も

わかる.

(B2 ) ホーキング博士はカントを読んでいない. なぜならば, ホーキング博士を感心させるようなことをカントは一言も 言っていないと思うからである.

9.1.2

ウィトゲンシュタイン『論理哲学論考』

ウィトゲンシュタイン(1889 年 - 1951 年)は, 20 世紀の最も有名な哲 学者で, 前期には『論理哲学論考(1921 年)』を著し, 後期の『哲学探究 (1953 年)』で「言語ゲーム」という言葉を流行させた.

同時代の「世界

を動かした理論」, すなわち,

(C1 ) アインシュタインの一般相対性理論(1916 年) (C2 ) ハイゼンベルグ, シュレーディンガー, ボルン:量子力学 (1925,6 年) (C3 ) フィッシャー統計学:『Statistical Methods for Research Workers』 (1925 年)

(C4 ) ゲーデルの不完全性定理(1930 年) (C5 ) フォン・ノイマン:『量子力学の数学的基礎』(1932 年) (C6 ) コルモゴロフ: 『確率論の基礎概念』(1933 年) (C7 ) ケインズのマクロ経済学(1936 年) 等の「世界を動かした理論」と比べたら, 「論考」は見劣りすると思う. 「見劣り」というよりも,


9.2. 哲学者の資質は, 言葉の力

167

(D) ホーキング博士ほど優秀な学者に, 「論考」をわかるように説明で きる哲学者が世界中探しても一人もいない というのでは, 「優れているか否か?」以前の問題だろう.

ホーキング博

士ならば, 「論考」以外 ((C1 ) - (C7 )) ならば, その価値・意義を直ちに理 解すると思うからである.

9.2

哲学者の資質は, 言葉の力

しかし, 本書的には, ウィトゲンシュタインは偉大な哲学者であって欲 しい.

なぜならば, ウィトゲンシュタインの下の言葉 (E1 ) - (E3 ) を残し

たからである.

(E1 ) 私の言語の限界が, 私の世界の限界 (E2 ) 語りえぬものについては 沈黙しなければならない (E3 ) 言語ゲーム 等の珠玉の言葉である.

(E1 ) ならば, 当然, 「(E1 ’): あなたの言語の限

界が, あなたの世界の限界」なわけで, 「言語によって世界が異なる」こ とを意味している. たとえば, 数学という言語では「地球は太陽の周りを 回っている」という命題は記述できないが, ニュートン力学という言語な らば記述できる. 「量子言語の精神」の説明のために駄文を 1000 ページ書き連ねるよ りも,

(F) 「ウィトゲンシュタインも上の (E1 ) - (E3 ) のように言っている」 と一行書く方がはるかに勝るからである.

ウィトゲンシュタインの『哲

学探究 (1953 年)』で「言語ゲーム」という言葉を知れば, 誰だって

(G) 言語ゲームが言語活動の本質だとしても, その代表的なモデルは何 か? 「((E1 ) の) 私の言語」とは何か? それを言わなければ, 役に 立たないだろう.


第 9 章 言語哲学

168

ウィトゲンシュタインは「私の言語(=言語体系・世界記述法)」を提示し なかった.

したがって, 「語りえぬもの」の意味が明確化できなかった.

前述のように, ホーキング博士に

(H) ウィトゲンシュタインが, 「哲学に残された唯一の任務は言語の分 析である」と言うほどになった. アリストテレスからカントに至る 哲学の偉大な伝統からの, これはなんという凋落ぶりだろう! と言われたとして, 「言語の分析」を「言語の作成・提案」と言い換えれ ば, ホーキング博士の哲学に対する認識もかなり変わったと思う 1 .

局, 本書的には, ウィトゲンシュタインは, 言語 (量子言語) を提案しなかっ たけれど, 量子言語の精神を表すために珠玉の言葉 (E1 ) - (E3 ) を用意し ておいてくれたと思いたくなる.

9.3

言語論的転回で蘇る純粋理性批判

近代哲学「デカルトからカントまで」は, 今日的には厳しい評価が下さ れているかもしれない. その理由は

(A) 実験しなければわかるはずの無いことを, 自己言及型の言葉遊びを しているだけで, 「認識」を本気でわかりたいならば, 脳科学に突 入すべき.

ともかく, 役に立たなければ話にならない.

と誰もが気付き始めたからだと思う. ♠ 注釈 9.1. 実験無しで (すなわち, 哲学的に), カント以降の分野を開拓する 方法は, 次の二つと考える (]1 ) 認識論を言語論的転回して, 言語を作る (]2 ) 「自己言及的命題」の意味を明確化をする であると著者は信じている. (]1 ) は量子言語として実現したが, (]2 ) は現段 階では手探り状態で確信があるわけではない.

1 大物理学者の仕事も言語を作ることである. ニュートンはニュートン力学という言語 を, アインシュタインは相対性理論という言語を作った


9.3. 言語論的転回で蘇る純粋理性批判

9.3.1

169

一括置換 (純粋理性批判から量子言語へ)  

しかし, ウィトゲンシュタイン等によって成された言語論的転回, すな わち, 超越的

認識論

言語ゲーム

−−−−−−−→

デカルト=カント

言語論的転回

言語哲学 ウィトゲンシュタイン

によって, 以下のように『純理』を分かったような気分にさせてくれる. カントの『純理』をワードでタイプして, 「認識」を「言語」に一括置 換すればいい. すなわち, 一括置換

【認識】 −−−−−→ 【言語】 とすれば, 「純理の精神」は「量子言語の精神」にただちに変貌する.

下に, これを見よう (cf. [15]). 説明 9.1. エンカルタ百科事典的説明 8.2 の量子言語版の説明 [純粋理性批判 (説明 8.2)]

以下を, 【量子言語 (説明 9.1)】として, 説明 8.2 と説明 9.1 を見比べて 読んでもらいたい.

——————————————————– [純粋理性批判]

[認識]

【量子言語】で明らかにされたのは, 人間の【言語】能力は, 世界の事物を [模写]

ただ受動的に【記述】だけではなく, むしろ世界に能動的にはたらきかけ [認識]

て, その【言語】の対象をみずからつくりあげるということである. つく るとはいっても, 世界を無からつくりあげるわけではない. 世界はなんら [認識]

かのかたちですでにそこにあり, 【言語】が成立するには, 感覚をとおし てえられるこの世界からの情報が材料として必要である. しかし, この [認識]

情報はそのままでは無秩序な混乱したものでしかない.

人間の【言語】

能力は, 自分に本来そなわる一定の形式をとおして, この混乱した感覚の [認識]

情報に整然とした秩序をあたえ, それによってはじめて統一した【言語】 [純粋理性批判]

の対象をまとめあげるのでなければならない. 【量子言語】によれば,


177

第 10 章 あとがき

10.1: 当然のことであるが, 文学部哲学科の哲学は文芸的 著者は理系の住人で, その世界では, 「哲学」という言葉は一種の蔑みの ニュアンスで使われることもある. つまり,

(A1 ) 世界記述の哲学 (二元論的観念論の系譜)[プラトン (イデア論)→ デ カルト (方法序説)→ カント (純理)] は, 真理とは一切関係なくて, 非 生産的な自己言及的トリックの言葉遊びを楽しんでいるだけであ る. 歴史的に高く評価されている部分があるとしたら, 純粋に学問 としてではなくて, キリスト教を取り巻く環境の中での社会的評価 によることが大である が大方の理系の見方だろう.

しかし, 世界記述の哲学 (二元論的観念論の

系譜)[プラトン (イデア論)→ デカルト (方法序説)→ カント (純理)] は多く の人々の心を動かしたという実績がある. というか, これほど影響力・実績 のある学問は他にない. また, 文芸的な気分を楽しむ文化が面白いことも 確かなことと思う. しかし, 自分には向かない分野として, 著者は「哲学」 にはなるべく近づかないようにしてきたつもりである. それにしても,

(A2 ) 理系が文学部哲学科の「(文芸的) 時空」とか「認識論のような人間 が入り込むオカルト的二元論」とかの議論に興味を持ったり, 文学 部哲学科が (数物の訓練も受けずに)「数理論理学」とか「相対性理 論・量子力学」とか「確率」とか, また (実験もしないで)「認知科 学・脳科学」等に興味を持ったりとか, 彼らがそこに趣味以上のも のを期待しているとしたら無謀すぎる. もうすこし基本に忠実であ るべき と常識人なら思うだろう.


第 10 章

178

あとがき

10.2: 量子言語は二元論的観念論の唯一の科学的成功例 そうだとしても, 著者は

(B1 ) 哲学は, 「千三つ」の学問である と思っている. 千 (否, 万とか億とか) に三つくらいしかうまく行かない 学問なのだと思う. 上の (A2 ) のような的外れと思える挑戦の中から一つ でも成功すればよい. 否, 成功しなくても挑戦し続けるのが哲学なのだと 思う. さて, 著者は, 量子基礎論の問題 (ボーア=アインシュタイン論争, 量子 力学の解釈問題) の一つの解決法として, 「量子言語」という言語を提案 することになって, これが二元論的観念論 (認識論のような人間が入り込 む二元論) の唯一の科学的成功例であることを確信した. そして, この観点から, 本書では以下のような議論をした.

(B2 ) 物理学は進歩・発展してきたが, 純文学はどうだかわからない. 流行・ ファッションだけだったのかもしれない. それでは, 西洋哲学は, 進 歩・発展してきたのだろうか? または, 「進歩・発展」の尺度は何 か? 

もし 進歩・発展してきたとしたら, 一体何を目指して進歩・

発展してきたのだろうか? である.

二元論的観念論の中で確固たる理論は唯一量子言語だけなのだ

から,

(C1 ) 世界記述の哲学 [プラトン (イデア論)→ デカルト (方法序説)→ カン ト (純理)] は量子言語を目指して進歩してきた とか, 同じ意味で,

(C2 ) 哲学者たちの目的は二元論的観念論の中に確固たる理論を構築する ことである とかと主張したくなる. すなわち, 次を主張したくなる.


179

主張 10.1. [世界記述史の中での「量子言語の位置づけ」(cf. 文献 [8, 1])

] 実在的世界記述 (一元論・実在論)  (未解決) → 相対論 −−−−−−→ 3  (一元論)  統一 5 2 −−→ 理論 − → ニュートン   (量子物理を含む) 量子 (実在論) → 力学 −−−−−−−−→ 4

アリストテレス

ギリシャ

スコラ

0 −−−→ 哲学 1 ソクラテス プラトン

哲学

(物心二元論)

− →

デカルト ロック, ・ ・ ・ カント (観念論)

 (言語化)  7 (=測定理論) −−−−−→   (言語的世界観)    量子 言語 10 (数量化) 6 −−→ 言語 −−→ 哲学 −−−−−−→ 8  (公理化)  (言語)     統計学 −−−−−−→ 9 (二元論化)

言語的世界記述 (二元論・観念論) 量子言語に近づく

−−−−−−−−−→] と解釈する. ここで, 言語的世界記述内の [−−−→] は [− という意味の進歩

さて, [A −−→ B] が完璧に機能しているとするならば, 原理的には「A 進歩

は無くてもBがあればよい」わけで, たとえば, 「原理的にはニュートン 力学が無くても相対論があればよい」と考えることもできる.

そうなら

ば, 文芸的要素を一切排除した立場からならば, 「量子言語があればデカ ルト=カントの認識論は不要」と考えることには一理ある. また, 心身問 題 (「心」と「身体」は如何にして関係し合っているのか?) は文芸的な 問題ではないのだから, 認識論的心身問題

言語論的心身問題

デカルト・カント −−−−−−−→ 心と身の関係は如何?

言語論的転回

量子言語

(10.1)

測定値と測定器の関係は如何?

と言う進歩の中で, 心身問題を量子言語の枠組みで答えることが自然と考 える. そうならば, 本書の結論は, 次の同値関係: 二元論的観念論を究める


第 10 章

180

あとがき

⇔量子言語を提案する ⇔言語ルール 1(測定) と言語ルール 2(因果関係) を提案する ⇔心身問題と因果問題を解く

(10.2)

となる. 哲学は文芸的には様々な観点があるわけで, しかもこの「様々さ」こそ 文学部哲学科の哲学の魅力なのかもしれない. しかし, 文芸を排除した立 場からは, 結局, 主張 10.1 の世界記述の哲学 [ 0 −→ 1 −→ 6 −→ 8 ]は 二元論的観念論を究めるための歴史だったと結論したい.

10.3: 最後に 大学院の講義の中で, 大学初年度の学生にも伝わる部分だけで本書を構成 したわけであるが, それなりの意味はあったと思う. しかし, 量子言語の 醍醐味は「本書で省いた計算の部分」であって, 実際の講義の大部分の時 間はこれに費やした. ぜひ文献 [1] に進んでこの醍醐味を味わってもらい たい. 本書だけではいかにも上っ面だけという印象で気が引けている.

而上学 (=観念論) は科学のように実験検証によって理論が更新・改変され ることがないので, 形而上学との付き合い方はいつも警戒しなければなら ない.

特に, 二元論という「『人間 (=測定者)』を内蔵した理論」は 2500

年以上の失敗の連鎖という歴史があるわけで, 十分な警戒が必要である. 量子言語 (という二元論的形而上学) は「役に立つ」という基準はクリア しているので多少なりとも信じてよいかもしれない. しかし, それでも十 分に懐疑的であるべきで, 今後の検討・吟味を期待したい. 著者は哲学を生業としているわけではないので, 思わぬ誤りを犯してい るかもしれない. ご指摘いただければ幸いである. 改訂版で直す所存で ある.   


(著者紹介)    石 川 史 郎(いしかわ しろう)       1971 年 慶應義塾大学(理)工学部卒業      1974 年 同学部助手     1986 年 同学部准教授     2013 年 退職     工学博士     専門 関数解析, 量子基礎論    著書 Mathematical Foundations of Measurement Theory

(Keio University Press Inc. 2006) 科学哲学序説(紫峰出版, 2012 年) 量子言語入門(紫峰出版, 2015 年)

Linguistic Interpretation of Quantum Mechanics (紫峰出版, 2015 年)

 量子論から見た  西洋哲学史       S. Ishikawa  

©  2016,2017

2016 年 9 月 15 日第 1 版第 2 刷発行 2017 年 6 月 25 日第 2 版第 1 刷発行        (ダウンロード版) 著者 石川史郎 発行所 紫峰出版 ( しほうしゅっぱん) 〒 300-3253   茨城県つくば市大曽根 2743-3   電話 029-864-3493   メール info@shiho-shuppan.com    http://www.shiho-shuppan.com

ISBN 978 - 4 - 907625 - 33 - 7

量子論から見た西洋哲学史  

著者は、量子論にヒントを得て、科学を包括的に記述する言語「量子言語」を体系化した。科学的・技術的問題は既に「量子言語入門」(紫峰出版 2015年)で論じられている。本書はその最終的な到達点から西洋哲学を俯瞰した。量子論を全く知らない文系の人も読み進めることができるように工夫されて...

Read more
Read more
Similar to
Popular now
Just for you