Page 1

shishi No.3

by

View

R obe r t

L ou is

Steven s on


Foreign

Lands

RO BE R T LO U I S S T E VE NS O N

Up into the cherry tree Who should climb but little me? I held the trunk with both my hands And looked abroad in foreign lands. I saw the next door garden lie, Adorned with flowers, before my eye, And many pleasant places more That I had never seen before. I saw the dimpling river pass And be the sky's blue looking-glass; The dusty roads go up and down With people tramping in to town. If I could find a higher tree Farther and farther I should see, To where the grown-up river slips Into the sea among the ships, To where the road on either hand Lead onward into fairy land, Where all the children dine at five, And all the playthings come alive


よそのくに スティーヴンソン

ここの桜の木にのぼれるのは ちっちゃな僕だけ 両手で幹をかかえこんで よそのくにを 見渡した

おとなりさんの庭が 花で飾られてるのが すぐ目の前に見える それから たくさんのすてきな景色 今まで見たこともない場所 ちゃぷちゃぷ流れる川が あおい空を 映し出してる ほこりっぽいでこぼこ道を 大人たちは 街へてくてく歩いてく もっと高い木にのぼれたら ずっとずっと 遠くまで見えるかな すっかり大きくなった川が 船がうかぶ海へ 流れ込むところ 両方に延びていく道が おとぎのくにに続くとこだって 見えるかも 子供たちはみんな 5時にお食事で そこでは おもちゃたちがいっせいに動き出す


ROBERT LOUIS STEVENSON ロバート ルイス スティーヴンソン 1850 - 1894 スコットランドの作家・詩人。『ジキル博士とハイド氏』のようなゴシック小説 から、『宝島』のような冒険小説、児童文学や児童詩まで、恐怖や幻想を中心的 な主題としながら、幅広い作品を執筆した。幼少の頃から病弱で、国内外の別荘 や静養地にて過ごすことが多く、後年はサモア諸島で暮らした。

Translation by Keisuke Tsubono Photography by Anna Matsuoka

shishi shi-shi.org

Copyright © 2011 shishi. All Rgihts Reserved.

View  

よそのくに「よそのくに」は、スティーヴンスンの代表的な児童詩のひとつ。木に登って遠くの街を見渡す少年と、その先にさらに広がっていく想像の世界が、可愛らしく描かれている。同時に、遠くまで出掛けていくことが許されなかった、病弱なスティーヴンスン自身の少年時代の姿を重ね合わせると、空想...

Read more
Read more
Similar to
Popular now
Just for you