Issuu on Google+

☆906 ます。

3の計算のしかたについて、ともお君とふみお君が話し合ってい

と「ぼくはね、問題をとくときは、いつも何かをそうぞうしながらやるんだ。」 ふ「それ、どういうこと?」 と「今回は 906

3 だから、そうだなあ

例えばぼくたち 3 人兄弟でしょ?だから遠足の

前におやつ代として 906 円を親からもらったとするじゃん。これを 3 人で分けたら、 自分はいくらもらえるのかなって考えるの。」 ふ「ずいぶん、はんぱなお金をもらうんだね。」 と「ま、いいじゃない。でもそう考えると、頭の中でイメージしやすいんだよ。」 ふ「ふうん。ぼくはせっかく算数の時間に、筆算を習ったんだから、筆算でやるよ。」 と「じゃあ、やってみよう。ようい、どん!」 ともお君

ふみお君

ふ「おわった!先生にやりかた教えてもらったから、らくしょうだよ!」 と「ええっと、こうしてこうして・・・。うん。302 円だ。」 ふ「ぼくの勝ちだね。やっぱり筆算でしょ。」 と「 はやけりゃいいってもんじゃないでしょ。」 ふ「ともお君が、よういどんって言ったんじゃん!」 と「あはは、そうだね。ぼくの負け。でもさ、やっぱりぼくはこっちの方がいいな。だっ て、問題やっていても、 『302 円あったら、いろいろ買えるなあ』って楽しい気分でで きたから。それに、絵でかいていると、そのうち書かなくても頭の中だけでできるよ


うになるんだ。」 ふ「暗算ができるようになるってこと?本当?もっとむずかしい数字になったときにはで きないんじゃないかな。どんな数字の問題でも同じはやさでとけるのは、やっぱり筆 算だから、筆算がいいよ。」 と「むずかしい数字だったら、計算機つかえばいいじゃない。買い物行く時、いつもノー トとえんぴつ持ってくの?」 上の会話文をふまえて、次の問いに答えましょう。 ①ともお君はどんなやり方で 906

3 を計算すると言っていますか?ともお君の言葉をつ

かいながら書きましょう。

②ふみお君は、どうして筆算でやるのがよいと言っているのですか?ふみお君の言葉をつ かいながら書きましょう。

③あなたは、ともお君とふみお君、どちらの考えにさんせいですか?また、それはなぜで すか?理由をつけて、書きましょう。


http://www.edu.city.yokohama.jp/sch/es/senshu/gakunen/2009/4nen/work/kokugo/pisa004