Page 1

特定非営利活動法人 Seeds Of Species Oct. 2010


特定非営利活動法人 Seeds Of Species Oct. 2010 - はじめに - 活動 - 組織概要


はじめに 私たちは人の営みから生まれるあらゆる創造的な行為をアートと 捉え『アートの有用性を最大限に活かす』ことで『一人一人の心と 命、それを取り巻く自然及び社会環境の大切さ』を伝えていくこと を目的としたNPO法人です。 アートを介して 人を、自然を、社会を、自分を知ること 伝え、共有すること 人と人のつながりを改めて考えること 一人でも多くの人が、少しでも多くの時間を 笑顔でいられるような「きっかけ」をつくりだすこと 私たちの開催するワークショップやイベントなどを通して、遊び、楽 しみ、生み出しながら「人と人」のつながりを感じてもらいたいと考 えています。


2008 - 2010 活動


2008.07.13 親子で作る古着を使ったリメイクTシャツのワークショップ 講師:大山康太郎 場所:SUNDALAND CAFE/東京都渋谷区 2008.10.25 古着Tシャツ・リメイク・ワークショプ at Earth Garden “秋” 場所:Earth Garden “秋”    at 代々木公園イベント広場 & ケヤキ並木    SUNDALAND CAFE & Plants Stage/東京都渋谷区 - 不要に思えるものでも、すこし自らの手を加えるだけで大きく様 変わりし、ものとしての価値を高めることも可能です。 また、自らの手を使って作る楽しみや困難さを学ぶことで、ものに 対する価値観が変わるかもしれません。  そして、作ることを親子や友人、参加者同士で共有し新たな関 係や交流が生まれるかもしれません。 「人と人」「人と自然」「人ともの」を再考する。  廃棄処分の決定した古着のTシャツをリメイクし、ものの大切さや ものを作る楽しみを共有する「きっかけ」を生み出すこと目的で行 われたワークショップです。


2008 - 2010 活動


2008.11.09 コミュニケーションツールとしてのマジックワークショップ 講師:MASAO 場所:ケセラ/ 東京都渋谷区

- マジックもまた長い歴史を持つ芸術/アートのひとつです。 マジックは対話を生み出し様々な要素を巧みに使いながら観客を 引き込んでいくコミュニケーション・ツールとしての側面も持ってい ます。 「コミュニケーション・ツールとしてのマジック」をテーマに、お酒の 席やちょっとした余興、会話のきっかけ、日々の生活にちょっとし た彩りや笑いを与えるマジックを教わりながら、参加者とのコミュニ ケーションを楽しめるワークショップでした。

2008.12 STee.×Seeds Of SpeciesコラボレーションTシャツの販売 - 京都を拠点に全国展開しているアパレル・ショップ「SPINNS」と のコラボレーション・Tシャツ。  購入して下さった方が自然について考える「きっかけ」を、と考え CSPの協力により「1 Product, 1 Tree」を導入。    Tシャツ1枚につき木を1本植林します。

2009.01.24 SUNDALAND CAFE 4th Anniversary Party “plants garden” 活動:ブース出店 場所:BALL ROOM /東京都代官山 - 上記Tシャツの販売を行いました。


2008 - 2010 活動

山口県宇部市吉部 アートと音楽で楽しむ コミュニケーション・ワークショップ コミュニティの活性化につながる アート・ワークショップ 事業目的 - 開催地区である吉部地区住民の親 睦と近隣都市からの参加者との交流 促進を図ることにより地域文化振興に 寄与すると共にアートや音楽を通じて 子どもたちの個性や創造性を伸ばすこ とにも寄与することを目的としたワーク ショップを行いました。


2009.07.26 Responce Workshop With Cato 講師:CATO 場所:Majestic Rehearsal Studio/東京都渋谷区 - 「触覚は五感のうちで最も個人的な感覚である。聞くことと触れ ることは可聴音の周波数の低い部分が肌で感じることのできる振 動に移行するところ(およそ 20Hz)で重なる。聞くことは離れたもの に触るひとつの方法である。人々が集まり何か特別なものを一緒 に聞くといつでも、聴覚の中に潜むそうしたある種の触覚的な感 覚がそのグループ全体に親密な一体感をもたらすのである。」 —R.マリー・シェーファー「世界の調律」(平凡社)  上記の言葉に触発され、旋律もリズムもコードも関係なく、それぞ れが最大限に音を出し一つの音塊を作り、「聴く=触れる」地点ま で音を共振させることによって「親密な一体感」を生み出すことを 目的とした実験的なワークショップ。 今後も試行錯誤を重ねながら重ねながら定期的に行っていく予定 です。

2009.08.09 カラオケ・ワークショップ 講師:桜 幸二 場所:精華学園高等学校/山口県宇部市吉部 *山口県宇部市吉部にてNPO法人YMO21/精華学園高等学校 との共同開催として行われました *(財)山口県ひとづくり財団助成事業 - 多くの人が常日頃から親しみ、誰もが楽しむことの出来る音楽。  講師を迎え簡単なレッスンと共に、歌うことの楽しさを多くの人と 一緒に感じてもらい、参加者の方々が音楽を通じてコミュニケーシ ョンを図り、地域の文化振興を目的としたワークショップでした。


2008 - 2010 活動


2009.08.08 / 2009.08.22 親子で行うオーガニックTシャツ・ペイント・ワークショップ 場所:精華学園高等学校/山口県宇部市吉部 *山口県宇部市吉部にてNPO法人YMO21/精華学園高等学校 との共同開催として行われました *(財)山口県ひとづくり財団助成事業 - 環境にも人体にも優しいオーガニック・コットンを使用したTシャ ツと布用の染料/絵の具/マジック等を使って、参加者がそれぞ れに思い思いの絵や言葉を描いてもらい1枚だけのオリジナルT シャツを作成。  親子での共同作業や、参加者同士のコミュニケーションを通じ「 人と人」のつながりを改めて感じてもらうためのワークショップでし た。


2008 - 2010 活動


2009.08.22 みんなで1枚の絵を描くペインティング・ワークショップ 講師:Kozoo(GwaGwa) 場所:精華学園高等学校/山口県宇部市吉部 *山口県宇部市吉部にてNPO法人YMO21/精華学園高等学校 との共同開催として行われました *(財)やまぐち県民活動きらめき財団助成事業 - 難しいテクニックなどを必要とせずに、ただ純粋に、感じたまま、 思ったままに絵を描くことの楽しさをみんなで共有し、共同で一枚 の作品を作り上げるワークショップ。 2メートル×4メートルの大きなサイズのパネルに、共同作業によっ て一つの作品を作り出すことで参加者同士のつながりを実感して もらいました。この作品を精華学園高等学校校舎(旧吉部小学校) の側面に1年間に渡り掲示することで、この作品が吉部地区のラン ドマーク的シンボルとなるようにしたいと考えております。

2009.08.23 みんなでつくるコマ撮り・ワークショップ 講師:GwaGwa 場所:精華学園高等学校/山口県宇部市吉部 *山口県宇部市吉部にてNPO法人YMO21/精華学園高等学校 との共同開催として行われました *(財)やまぐち県民活動きらめき財団助成事業 - 参加者ひとりひとりが出演者となって、コマ撮りを使った映像作 品を制作。  子供から高齢者までみんなでわいわい楽しみながら制作を行い ました。  おもしろおかしく、みんなで一枚ずつ写真を撮っていき、最後に それをつなげることで単純だけれど懐かしくも不思議な映像が生 まれました。


2008 - 2010 活動


木を植えるプログラム報告 ・「1枚のTシャツから、1本の木へ」をコンセプトにしたStee. + Seeds Of SpeciesのコラボレーションによるTシャツの販売 ・Seeds Of Speciesとplants label / Sundaland Cafe主催のワークシ ョップ  2008年にSeeds Of Speciesが行ったこれらの活動ではCSP(*1)の 協力により「One Product, One Tree」(*2)の導入を行いました。  そして昨年、これらの活動に対する皆様のご協力によりタイ国ラ ノーン県ムアン郡バンリン地区バンリン村にある『智慧の森』(*3)に 『106本』の木(マングローブ)を植えることが出来ました。  Seeds Of SpeciesではこれからもCSPの活動に賛同し、協力を行 っていきます。 *1_CSP 「ひとりひとりが創造的な表現者として行動を起こし、社会を変える力となる」をコンセ プトに、企業、組織の限界を超え、人と人との関わりあいから発現する新しい価値観 の創造と共時性をつなげ、意識の目覚めを拡げていくための新しい概念の形成をめ ざしています。企業が行うCSR(Corporate Social Responsibility:企業の社会に対す る責任)には、個人がその取り組みを家に持ち帰れないという限界があります。私たち は、環境問題を企業や国の責任に押し付けるのではなく、一人の行動こそが今の時 代に必要なものであると考え、2005年よりCSP(Creator’s Social Possibility)として活 動を始めました。 *2_One Product, One Tree 製品の販売1つ、もしくは参加者1名につき1本の木を植えるプログラムです。 *3_智慧の森 CSP主催によるコミュニティーフォーレスト再生プロジェクト『智慧の森』計画のこと。 2009年タイ国ラノーン県ムアン郡バンリン地区バンリン村にある過去に伐採が進み、 疎林になってしまった5ヘクタールの土地に約15,000本の植林を行い『智慧の森』が 誕生しました。

2010.01 / 2010.08 高校生のためのフリー・マガジン「SK:Sea-kindly」 企画・制作・発行  学校法人山口精華学園の協力のもと、 ーパーの企画・制作・発行を行いました。

高校生向けのフリーペ

 高校生の高校生による高校生のための紙面作りを目指し、様々 な人の言葉や普遍的な音楽や映画、食、多種多様なカルチャー をテーマとしてインタビューや情報を提供していきます。  中心的な読者である中・高生が「SK」の誌面から荒波を乗り越え ていく為の「きっかけ」や「発見」に繋がる何かを感じ取って貰える 雑誌作りを目標としています。 <体裁> 年2回発行 A4フルカラー ページ数  12〜18p(中綴じ) 発行部数  1万部 配布場所   精華学園・各学習センター(全国30カ所)、中学校、高等学校など


組織概要


特定非営利活動法人 Seeds Of Species

設立 2008年4月

特定非営利活動の種類 1.社会教育の推進を図る活動 2.環境の保全を図る活動 3.人権の擁護又は平和の推進を図る活動 4.子どもの健全育成を図る活動 5.前各号に掲げる活動を行う団体の運営または活動に関する連 絡、助言または援助の活動

役員一覧 理事長   金子豊  /学校法人山口精華学園 副理事長               /特定非営利活動法人YMO21 副理事長 山本拓馬 理事    林田卓之 理事    小島真由美 監事    佐藤憲一

所在地 156-0041 東京都世田谷区大原1-60-5-B302 連絡先 tel/fax 03-3469-7231 e-mail info@sos-japan.org web www.sos-japan.org


Seeds Of Species : Report 2008 - 2010  
Seeds Of Species : Report 2008 - 2010  

Non-profit Organization Seeds Of Species : Report 2008 - 2010

Advertisement