Page 1

技術資料

型番目次・ Photo INDEX

1 アルミサッシ ケース

2 アルミフレーム ケース

1.カタログ記載事項 ───────────── 技 1 ページ 2.19インチラック規格 ──────────── 技 1 ページ 3.SI単位系(国際単位系) ────────── 技 2 ページ

3 フリーサイズ メタルケース

4 メタルケース

4.サブラック関連規格 ───────── 技 3 ∼ 技 4 ページ 5.主要規格と規格概要 ───────── 技 5 ∼ 技 6 ページ 6.カラーサンプル ─────────── 技 7 ∼ 技 8 ページ 7.当社製品の表面処理───────── 技 9 ∼ 技 10 ページ 8.燃焼性UL94・UL785・UL510規格 ─── 技 11 ∼ 技 12 ページ 9.防水・防塵関連技術資料 ────── 技 13 ∼ 技 14 ページ 10.シールド対策関連技術資料 ───── 技 15 ∼ 技 16 ページ 11.放熱対策関連技術資料 ─────── 技 17 ∼ 技 18 ページ 12.代表的な材料の一般公差 ────── 技 19 ∼ 技 20 ページ 13.金属の材質表示記号と性質表 ──── 技 21 ∼ 技 22 ページ 14.樹脂・ゴムの材質表示記号と性質表 ─ 技 23 ∼ 技 24 ページ 15.樹脂の化学的耐性 ──────────── 技 25 ページ 16.樹脂製品のメンテナンスの洗剤 ────── 技 25 ページ 17.樹脂の接着剤 ────────────── 技 25 ページ 18.電池ボックス・電池ホルダー使用上の 一般的な注意事項 ────── 技 26 ページ 19.品質マネジメントシステムについて ──── 技 27 ページ 20.環境保全の取組について ────── 技 27 ∼ 技 28 ページ 21.用語解説 ───────────── 技 29 ∼ 技 32 ページ 22.加工上の注意事項 ──────────── 技 33 ページ

5 プラスチック ケース

6 電池ボックス/ 電池ホルダー

7 防水・防塵 アルミ ダイキャスト/ ステンレスボックス

8 防水・防塵 樹脂ボックス

9 パネルインストル メントケース/ DIN レールケース

10 システムケース /サブラック

11 ラックケース

12 棚板/ ラックパネル

13 シールド対策/ 熱対策部品

14 アクセサリー/ プリント基板

15 機構材

16 カスタム製品

技 技術資料

価 標準価格表


目 型番目次・ Photo INDEX

1

カタログ記載事項について ● 記載事項は2009年2月1日現在のものです。

アルミサッシ ケース

● 本カタログの寸法は、 W=幅、H=高さ、D=奥行で示されています。ただしゴム足は含みません。

2

● 寸法単位はすべてミリメートル(㎜)です。

アルミフレーム ケース

● カタログ記載の製品について全てRoHS

6物質に対応しています。 ● 製品改良のため、予告なしに製品の仕様(構造、デザイン、型番等)を変更することがあります。 ● 表面処理、材質についても環境対策の関係で予告なしに変更することがあります。 ● 写真の色は印刷のため、多少の違いがありますのでご了承ください。

3 フリーサイズ メタルケース

4 メタルケース

6

IEC60297-1 ANSI/EIA RS310-D規格 EIA規格(米国規格協会/電子機械工業会) ANSI/EIA RS-310-D (DIN規格もEIA規格に合致します。)

電池ボックス/ 電池ホルダー

ラック寸法

7

44.45

8

1U

※注 2U

2U

3U

4U

5U

6U

7U

H 44

H 44

H 88

H 88

H 132.5

H 177

H 221.5

H 265.9

H 310.4

8U

9U

取付部詳細 482.6±0.4

12.7

防水・防塵 樹脂ボックス

1U= 44.45㎜

10U

H H H 354.8 399.3 443.7

15.9 15.9 12.7 15.9 15.912.7 15.9 15.9

7.9

防水・防塵 アルミ ダイキャスト/ ステンレスボックス

タカチラックパネル寸法 ※注 1U

9

6.5

プラスチック ケース

19インチラック規格

465

パネルインストル メントケース/ DIN レールケース

5

451

10

2.5

11

システムケース /サブラック

11

※注 印はユニバーサルタイプです。 ラック本体の穴ピッチによりユニバーサルタイプ(15.9−15.9−12.7の繰返し)とワイドタイプ(31.8−12.7の繰返し)があります。

ラックケース

12 棚板/ ラックパネル

JIS C6010−1、 2規格

-1

JIS規格(日本工業規格) JIS C 6010 -2 ラック寸法

13

タカチラックパネル寸法 H 49

H 99

H 149

H 199

H 249

H 299

H 349

H 399

H 449

H 499

25

シールド対策/ 熱対策部品

50

50

14

取付部詳細 480

50

アクセサリー/ プリント基板

15 機構材

451 (440)

H 6

10

R3

465

16

2C 485 (490)

カスタム製品

M5

技 技術資料

価 標準価格表

技− 1


目 型番目次・ Photo INDEX

SI単位系(国際単位系)

1 アルミサッシ ケース

SIの定義

2

1.語源

Le Systeme International d'Unitesの頭文字

2.定義

基本単位、補助単位、組立単位および接続語からなる一貫した単位系で、国際的に統一されたもの。 基本単位−−− 長さ    m (metre)

メートル

組立単位−−−(基本単位の組立単位)

質量    kg (kilogram) キログラム

 面積

m2

平方メートル

3

時間    s

(second)

 体積

m3

立方メートル

フリーサイズ メタルケース

電流    A

(Ampere) アンペア

 速度、速さ

m/s

メートル毎秒

熱力学温度 K

(Kelvin)

ケルビン

      (固有名称の組立単位)

モル

 周波数

物質量   mol(mol)

光度    cd (candela) カンデラ 補助単位−−− 角度    rad (radian)

ラジアン

Hz

(hertz)

ヘルツ

 力

N

(newton)

ニュートン

 圧力、応力

Pa (pascal)

立体角   sr (steradian)ステラジアン  エネルギー 3.経緯

アルミフレーム ケース

J

(joule)

4 メタルケース

パスカル

5

ジュール

プラスチック ケース

6

1960 国際度量衝総会でSI採択を決議

電池ボックス/ 電池ホルダー

1972 工業標準調査会でJISへのSI単位系導入基本方針を決議 1985 同非鉄金属部会で平成3年1月1日より非鉄JISのSI単位移行を確認

7

1991 JISの完全SI化実施

防水・防塵 アルミ ダイキャスト/ ステンレスボックス

● ネジの締め付けトルクには、これまでkgf・cmの単位が多く使われてきたが、SI単位ではN・mとなる。

8 防水・防塵 樹脂ボックス

9 パネルインストル メントケース/ DIN レールケース

10

主なSI単位への換算率表 項   目 トルク 力(荷重) 応  力 圧  力 エネルギー 熱  量 熱伝導率 比  熱

従来の単位 kgf・cm kgf kgf/mm2 kgf/cm2 kgf・m kcal kcal/ (h・m・℃) kcal/ (kg・℃)

換 算 率 0.0980665 9.80665 9.80665 9.80665×10 2 9.80665 4.18605×103 1.16279 4.18605×103

システムケース /サブラック

SI単位 N・m N Mpa(N/mm2) Mpa J J W/ (m・k) J/(kg・k)

11 ラックケース

12 棚板/ ラックパネル

13 シールド対策/ 熱対策部品

14 接頭語 Prefix 桁数 101 102 103 106 109 1012 1015 1018

アクセサリー/ プリント基板

呼 称 Deka / デカ Hekto / ヘクト Kilo / キロ Mega / メガ Giga / ギガ Tera / テラ Peta / ペタ Exa / エクサ

略字 da h k M G T P E

桁数 10 1 10 2 10 3 10 6 10 9 10 12 10 15 10 18

呼 称 Deci / デシ Centi / センチ Milli / ミリ Micro / マイクロ Nano / ナノ Pico / ピコ Femto / フェムト Ato / アト

略字 d c m μ n p f a

15 機構材

16 カスタム製品

技 技術資料

価 標準価格表

技− 2


目 アルミサッシ ケース

2 アルミフレーム ケース

3 フリーサイズ メタルケース

4

サブラック関連規格 サブラック寸法

426.72(84HP) 2.54

IEC60297-3 DIN41494 IEEE1101規格 幅方向の取付ピッチ  84HP (ピッチ5.08×84)  ・図は例として84HPを使用 しています。

メタルケース

5 プラスチック ケース

5.08

122.5

1

255.85

型番目次・ Photo INDEX

高さ方向の取付ピッチ 3U ────── 122.5 4U (3U+1U)─ 122.5 6U用 ───── 255.85

6 電池ボックス/ 電池ホルダー

427.2(間口寸法) 482.6

7 防水・防塵 アルミ ダイキャスト/ ステンレスボックス

8 防水・防塵 樹脂ボックス

9 パネルインストル メントケース/ DIN レールケース

10

サブラックフロントパネル寸法 IEC60297-3 DIN41494 IEEE1101規格

0.15

4H P

8H P

6H P

12H P

0.15 プリント基板

システムケース /サブラック

11 棚板/ ラックパネル

H3

12

H1

H2

ラックケース

ピッチライン

13 シールド対策/ 熱対策部品 7.62

14

W1

W2

2.54

W1

6.1

アクセサリー/ プリント基板

15 機構材

16

高さ方向の寸法

3U 6U

H1 128.55 ±0.15 261.9 ±0.15

H2 122.5 ±0.2 255.85 ±0.2

4HP 6HP 8HP 12HP

W1 20.02 +00.2 30.18 +00.2 40.34 +00.2 60.66 +00.2

W2 ─ ─ 25.4 45.72

カスタム製品

技 技術資料

幅方向の寸法  (表組み数値は1例です)

価 標準価格表

技− 3

H3 88.9 ±0.15 222.25 ±0.15


目 型番目次・ Photo INDEX

サブラック用プリント基板位置寸法

1

7.62 5.08

IEC60297-3 DIN41494 IEEE1101規格

5.08

アルミサッシ ケース

2 ピッチライン

(U×44.45−10.85)

○サブラック正面から見たプリ ント基板横方向の寸法。

>(U×44.45−21.35)

アルミフレーム ケース

3 フリーサイズ メタルケース

4 メタルケース

5 プラスチック ケース

4.07 2.54

6 電池ボックス/ 電池ホルダー

サブラック用プリント基板寸法

7

プリント基板サイズは以下の寸法になります。 プリント基板の厚みは、通常1.6mmになります。

IEC60297-3 DIN41494 IEEE1101規格

防水・防塵 アルミ ダイキャスト/ ステンレスボックス

220

8

φ2.7

160 5.55

防水・防塵 樹脂ボックス

100

9 パネルインストル メントケース/ DIN レールケース 100

88.9

3U用 フロント面

10

5.55

システムケース /サブラック

3.56

2.76

2.76

11

2.76

ラックケース

12

φ2.7

220

棚板/ ラックパネル

5.55

160 100

13 88.9

シールド対策/ 熱対策部品

14 アクセサリー/ プリント基板 233.35

6U用 フロント面

15 機構材

88.9

16 カスタム製品

5.55

3.56

2.76

2.76

技術資料

2.76

価 標準価格表

技− 4


目 型番目次・ Photo INDEX

1

主要規格と規格概要

アルミサッシ ケース

規格略称

マーク

規 格 名 称

概        要

日本工業規格

工業標準化法に基づき制定される日本の国家規格です。同法によって設 置された日本工業標準調査会の審議を経て主務大臣によって制定され、 日本規格協会より発行されています。JISは、食品・農林分野を除く工 業製品の開発、生産、流通、使用を対象に制定されており、その総数は 現在約8,400件にのぼります。

電安法

電気用品安全法

電気用品安全法(電安法)は従来の電気用品取締法(電取法)に代わっ て2002年4月1日付けで施行。 「電気用品の製造・販売を規制するとともに、 電気用品の安全性の確保につき民間事業者の自主的な活動を促進するこ とにより電気用品による危険及び障害の発生を防止する事を目的とす る。」に変更され、ダイヤモンドPSEマークとサークルPSEマークの表 示義務があります。

EIA

アメリカ電子機械工業会

1924年設立。750以上の専門委員会を設置、エレクトロニクス製品に関 するEIA規格開発のみならずIECの電子部品品質認証制度システムにア メリカを代表して参画するほか、ANSIを通して多くの専門委員会、分 科委員会のSecretariatを引き受けている。

ANSI

アメリカ規格協会

American National Standards Institute ANSI自身は原則として規格の作成は行わず、専門団体または関連委員 会等が作成した素案を、所定の手続きを経てANSI規格として承認して います。

アメリカ電機工業会

National Electrical Manufactures Association 1926年設立アメリカ及びカナダの電機メーカーを会員として設立。製造 業者と購入者間の誤解を排除し用途に応じた製品の選択と購入の手引き となる規格。用語・組織・構造・寸法・公差・安全性、操作特性・性能・ 品質・定格・試験などを規定する。

国際電気標準会議

IECは「電気および電子の技術分野における標準化のすべての問題およ び関連事項に関する国際協力を促進し、これによって国際的意志疎通を 図ること」を目的として、1908年10月に発足した非政府間機構で、電気 および電子分野における代表的な国際標準化機関です。 ISO規格と同様に1980年のGATT規格コードの発効により、JIS制定時 にはIEC規格を参照し、特定の理由がなければ、IEC規格を採用すると いう原則が確立しています。

国際標準化機構

ISOは「物質及びサービスの国際交換を容易にし、知的、科学的、技術 的及び経済的活動分野における国際間の協力を助長するために、世界的 な標準化及びその関連活動の発展開発を図ること」を目的に1947年2月 に設立された非政府間機構であり、電気関係を除く、あらゆる分野の規 格を制定する代表的な国際標準化機関です。 1980年のGATT規格コードの発効以降、JIS制定時には、国際規格に適 合される例が多い。

ドイツ規格協会

1917年一般機械工業の標準化のために設立されたNormenausschuss für den allgemeinen Maschinenbanを前身とし、その後、特定の工 業分野ではなく、あらゆる工業分野の標準化を遂行するために組織が変 更され、1975年に名称も現在のものとなりました。DINは、いわゆる DIN規格(ドイツ連邦規格;Deutsche Normen)を制定していますが、 この規格に適合していることを示すDINマークの認証は、DINが直接行 わずに、その下部組織である「ドイツ製品認定委員会」の管理下で、約 70ある第三者検査機関が行っています。

ドイツ技術検査協会

1872年に設立されたボイラー検査協会を前身とする政府公認の独立した 民間検査機関。 電器機器については、主にEN規格、IEC規格等に準じた検査、認定業 務を行っています。

アメリカ保険業者 安全試験所

1894年、アメリカの保険社会の支援により設立された非営利団体です。 現在は、火災、盗難、感電などの事故から人命、財産を保護するという 目的により、 (1)安全に関する規格の制定 (2)その規格に基づく各製品の試験の実施 (3)その試験結果の保険業者、政府機関、関係団体、一般消費者に対 する公表 などを主要業務としている世界で最も古く、規模の大きい、権威ある安 全試験機関です。UL認定の機器、部品、材料は、毎年発行される Product Directoryにより公表され、製造業者に対して認定製品に認 定マークを表示することを許されます。

2 アルミフレーム ケース

JIS

3 フリーサイズ メタルケース

4 メタルケース

5 プラスチック ケース

6 電池ボックス/ 電池ホルダー

7

NEMA

防水・防塵 アルミ ダイキャスト/ ステンレスボックス

8

IEC

防水・防塵 樹脂ボックス

9 パネルインストル メントケース/ DIN レールケース

ISO

10 システムケース /サブラック

11 ラックケース

DIN

12 棚板/ ラックパネル

TÜV

13 シールド対策/ 熱対策部品

14 アクセサリー/ プリント基板

UL

(最終製品)

15 機構材

16

(機器内蔵用部品)

イエローカード

UL認定の材料証明のカードです。

 主として製造者の工場において最終製品に組込まれる部品や材 料に適用されるもので、試験に合格すると登録部品リスト(イエ ローブック)に記載されます。その材料証明としてイエローカー ドが発行されます。

カスタム製品

技 技術資料

価 標準価格表

技− 5

UL認定の表示

公表方法 製品への表示

ULで公表

材料証明

レコグニションマーク レコグニション サービス

登録部品リスト イエローカード (イエローブック)


目 型番目次・ Photo INDEX

1 規格略称

マーク

CENELEC

EN

CEマーク

IEEE

欧州電気標準化委員会

欧州共同体地域内の電気・電子関係規格の調整・統一を目的としています。 現在の加盟国は18か国で、CEN(欧州標準化委員会)とCENELECは共 同で欧州規格(EN規格)を制定、各メンバー国は、EN規格を自国の国 家規格として採用しています。

ヨーロッパ規格

ヨーロッパ規格の略称。CEN/CENELEC(ヨーロッパ標準化委員会/ ヨーロッパ電気標準化委員会)によって制定される統一規格。EUおよ びEFTA加盟国は、自国規格にこのEN規格内容を採用し、EN規格と合 致しない自国規格は廃止する義務があります。

EMC指令

電気・電子機器は、EMC(=Electro Magnetic Compatibility:電磁 両立性)要求に適合しているものでなければ販売してはならない、とい うものです。つまり、電波雑音を出さない(EMI=Electro Magnetic Interference:電磁障害)、電波雑音で誤動作しない(EMS=Electro Magnetic Susceptibility:電磁耐性)ものが必要ということです。 “空” の電子機器用パッケージング・システム(シールド・ケース)に対する EMC規格はありません。

イギリス規格協会

FIMKO

CCC

概        要

カナダ規格協会

BS

規 格 名 称

CSA

アルミサッシ ケース

CEマークは、欧州共同閣僚理事会が、欧州各国の規制を統一し、安全 性が保証された製品の流通を円滑化するために発行されたEC指令に適 合していることを表示するもので、CEマークを表示した機器は、欧州 域内での自由な流通(輸出、輸入)が認められます。 CEマーキングは原則として市場にそのまま出る最終製品に必要であり 内蔵部品への捺印は不要です。 Canadian Standards Association 1919年非営利、非政府機関の標準化団体として設立され、1944年現在の CSAとなった。CSAは認定制度をもっており独自に試験検定を行って いる。電気・電子関係はC項に分類されている。 British Standard/British Standards Institution BSIは表示マーク登録しており、一定の条件あるいはイギリス国家が定 めているトレードマークの規定に従って、BSIが与えるライセンスのも とに使用できる製品が確実に規格に合致し製造に関して、BSIの管理と 監督に従って条件を満足できる場合に製品につけることができる。

Finlands Material Kontroll

フィンランド国内での検査公認機関 SGS Fimko-Ltdが定めているマー クで、電気、電気機械、電気構成部品がENの規格に適合しているかを検 FIマークを使用する権利を与えている。 査し、その証明として、製品に○ SGS Fimko Ltd が製造検査、 工場視察を行ったことを証明するマーク。

安全保障輸出管理

不拡散規制、ワッセナー協約、補完的輸出規制の3つにより自由な取引 と世界の安全保障のためには核兵器、生物化学兵器、ミサイルなどの大 量破壊兵器の拡散と新たな開発製造を防止するために設けられている輸 出規制。 当社の筐体(ケース)は該当しません

3 フリーサイズ メタルケース

4 メタルケース

5 プラスチック ケース

6 電池ボックス/ 電池ホルダー

7 防水・防塵 アルミ ダイキャスト/ ステンレスボックス

8 防水・防塵 樹脂ボックス

9 パネルインストル メントケース/ DIN レールケース

10 システムケース /サブラック

11 ラックケース

12

中国強制認証マーク制度

China Compulsory Certification 2002年5月1日より実施され、2003年5月1日から新認証制度による認証を 受けていない製品の中国への輸入及び販売は禁止となっています。19分 類132品目が指定 中国国家標準GB規格が適用されています。

アメリカ電気電子 技術者学会

Institute of Electorical and Electoronic Engineers 通称アイトリプルイー1884年設立 IEEEのスタンダードボードの承認で規格が制定され、5年ごとに見直さ れている。多くはANSI規格として採用されている。

シールド対策/ 熱対策部品

キャビネット工業会の規格「金属製汎用キャビネット」(CA100)に適 合しているキャビネットです。 規格は金属製の汎用キャビネットの構造・性能などについて規定してい ます。 詳細は工業会HP(http://www.cabi.jewa-hp.jp/)をご覧ください。

アクセサリー/ プリント基板

キャビネット工業会 環境指針

棚板/ ラックパネル

13 14 15 機構材

キャビネット工業会規格 キャビネット工業会の規格「合成樹脂製汎用ボックス」(CA200)に適 合しているプラボックスです。 規格は合成樹脂製の汎用ボックスの構造・性能などについて規定してい ます。 詳細は工業会HP(http://www.cabi.jewa-hp.jp/)をご覧ください。

2 アルミフレーム ケース

キャビネット工業会の環境指針(CA-G04)に適合しているキャビネッ トです。指針はRoHS指令の6物質およびホルムアルデヒドについて規 定しています。 詳細は工業会HP(http://www.cabi.jewa-hp.jp/)をご覧ください。

16 カスタム製品

技 技術資料

価 標準価格表

技− 6


目 型番目次・ Photo INDEX

1 アルミサッシ ケース

2 アルミフレーム ケース

3 フリーサイズ メタルケース

カラーサンプル ● 下記カラーサンプルは、製品のカラーイメージとしてご利用下さい。 ● 表示のマンセル値及びRAL番号は、近似値です。尚

色は印刷の為多少の違いがありますのでご了承ください。

● RALはドイツの標準色標規格です。

アイボリー

ホワイトアイボリー

マンセル値 2.5Y8.5/1.5

マンセル値 5Y8.5/1.5

樹脂色

4 メタルケース

5

機種

プラスチック ケース

/

SS、SY、SYH、PC、 SGP、SGM、LD、SU

機種

/

GA

グレー

グレー

グレー

マンセル値 7.5Y8.5/1

マンセル値 5GY7/0.5

マンセル値 5Y7/0.5

6 電池ボックス/ 電池ホルダー

7 防水・防塵 アルミ ダイキャスト/ ステンレスボックス

8

機種

/

防水・防塵 樹脂ボックス

SB、RG、RC、PY

機種

/

ライトグレー

SW N

機種

/

ライトグレー

CF、MH、VH

ホワイトグレー

9 パネルインストル メントケース/ DIN レールケース

10 システムケース /サブラック

機種

11

/

マンセル値 N7.5 KC、MX、FC、FCW、 FCH、TW

機種

マンセル値 5Y8/0.5 SS N、SW、SU、PR、PW、 OP、MD、LM、PK、SHB

/

ホワイトグレー

ラックケース

機種

マンセル値 5G9/0.5 HP、HA(G) 、GC、GH(G)、 GB(G) 、GK

/

ダークグレー

ブラック

12 棚板/ ラックパネル

13 シールド対策/ 熱対策部品

機種

/

マンセル値 N8.5 SPCP、SPCM、SPCK、SABP、 DPCP、OPCP、OPCM、OABP

マンセル値 10B2/1

機種

/

SB、SU、PC、PK、LM

機種

/

マンセル値 N1 SS、SW、SY、SYH、OP、 SHB、PR、PC、MH、TW、PW

14 アクセサリー/ プリント基板

15

塗装色 ベージュ

機構材

ベージュ

セレクトアイボリー

16 カスタム製品

技 技術資料

マンセル値 5Y6/1

機種

価 標準価格表

技− 7

/

RUS、UT

機種

/

マンセル値 5Y7/1 SRJ、SRE、NST、SPN、 KP

マンセル値 10Y8/1

機種

/

UC(AA) 、SE


目 ライトグレー

グレー

型番目次・ Photo INDEX

グレー

1 アルミサッシ ケース

マンセル値 N8

機種

/

BDN、MS、TD

マンセル値 2.5Y7/1

機種

/

グレー

MS、MO(G)、CH

2

マンセル値 2.5PB7/2

機種

/

ダークグレー

アルミフレーム ケース

ALU

3

ブラック

フリーサイズ メタルケース

4 メタルケース

マンセル値 10Y7/1.5

機種

/

機種

AD

/

ライトグレー

マンセル値 N3.5 UC(GX)、SKB、SKC、 SKD、SKE

機種

/

ライトグレー

マンセル値 N1 SL、MS、MO(B、BS) 、 SRJ、SRE、SPN、KP、SPS

シルバーグレー

5 プラスチック ケース

6 電池ボックス/ 電池ホルダー

7 マンセル値 5Y8/0.5

機種

/

SPY(G)、KPY(G)

RAL 7035

機種

/

MGC

防水・防塵 アルミ ダイキャスト/ ステンレスボックス

RAL 7001

機種

/

8

MGC

防水・防塵 樹脂ボックス

ライトグレー

カラーアルミ色

9

セレクトアイボリー

パネルインストル メントケース/ DIN レールケース

10 マンセル値 N8

機種

/

MO(G)

システムケース /サブラック

マンセル値 10Y8/1

機種

/

UC(AA) 、YJR、YER

11 ラックケース

アイボリー

ライトグレー

12

ダークグレー

棚板/ ラックパネル

13 シールド対策/ 熱対策部品

マンセル値 7.5Y8/1

機種

/

PC、SB、SY、SYH

マンセル値 5Y7.5/1

機種

/

UC(GX)

マンセル値 N3

機種

/

14

UC(GX)

アクセサリー/ プリント基板

15 ブラック

機構材

16 カスタム製品

マンセル値 N1

機種

/

技術資料

CF、CH、SY、SYH

価 標準価格表

技− 8


目 型番目次・ Photo INDEX

当社製品の表面処理

1 アルミサッシ ケース

塗装

2 成 分

特  徴

代表的使用製品

メラミン樹脂 アルキド樹脂 顔料・有機溶剤 添加剤

一般的な塗料で、当社の平塗り製品、 レザートン製品のほとんどがこの塗装 です。硬化性に優れ経済性に優れてい ます。

UTシリーズ・KPシリーズ SPNシリーズ・SREシリーズ SRJシリーズ・NSTシリーズ

アクリル樹脂 ポリエステル樹脂粒子 顔料・添加剤 有機溶剤

ワントーンという名称の仕上がりで表 面が凹凸のついた上品な仕上がりにな ります。耐候性・耐汚染性・耐薬品性 に優れています。

UCシリーズAA・GX MSシリーズ サイドパネル MOシリーズ ・フレーム

エポキシ樹脂 顔料・有機溶剤 添加剤

カチオン電着の為、表面が冷たい感じ の仕上がりになります。付着力が強く 耐食性に優れ、摩耗性に優れています。

SLシリーズ天底板の 平塗り

アルミフレーム ケース

3

平塗り・レザートン メラミンアルキド樹脂系

フリーサイズ メタルケース

4

サテントーン

メタルケース

アクリル樹脂系

5 プラスチック ケース

鉄・アルミニウム 平塗り

6

エポキシ樹脂系

電池ボックス/ 電池ホルダー

7

有機溶剤は焼付工程で蒸発し、塗装膜は樹脂・顔料・添加剤で形成されます。

粉体

防水・防塵 アルミ ダイキャスト/ ステンレスボックス

ポリエステル樹脂系

8

ポリエステル樹脂 顔料・添加剤 ●

防水・防塵 樹脂ボックス

ADシリーズ BDNシリーズ

粉体塗装は有機溶剤を使用しません。

耐候性・耐水性にすぐれ、 光沢、肉薄感が長期間維持できます。

カスタム受注

ポリエステル樹脂 エポキシ樹脂 顔料・有機溶剤 添加剤

ロールで脱脂から焼付までを一貫して するので表面にゴミの付着がなく一定 した仕上がりになります。

Kシリーズ カラーアルミ板 YMシリーズ シャーシ

外観塗装

アクリル樹脂 顔料・有機溶剤 添加剤

添加剤の中の吸着剤が樹脂と塗料の密 着を良くしています。

ESWシリーズ EPRシリーズ

導電塗装

アクリル樹脂 ニッケルフィラー 顔料・有機溶剤 添加剤

プラスチックのシールド対策に最適な 塗装です。外観仕上げ塗装には使用で きません。

SXシリーズ(内側) YXシリーズ(内側)

りん酸鉄

鉄の表面に化成処理皮膜を付け防錆と 塗料の吸着を良くさせます。

KPシリーズ SREシリーズ NSTシリーズ

変性エポキシ樹脂 フェノール樹脂 顔料・有機溶剤 添加剤

アルミ表面に直接塗装をすると密着が 良くないので、下処理を行います。一 番汎用的に使われている下地塗装で す。

UCシリーズ

耐候性塗料

パネルインストル メントケース/ DIN レールケース

(ウルトラシャイン)

10 カラーアルミ

有機溶剤を使用しないため環境に優し い塗料です。耐候性と塗膜硬度に優れ ています。

ウレタン樹脂 特殊合成樹脂 顔料・添加剤 有機溶剤

9 システムケース /サブラック

連続焼付アルミ塗装板

11 ラックケース

12 棚板/ ラックパネル

13

プラスチック (ABS)

シールド対策/ 熱対策部品

(ドータイト)

14 アクセサリー/ プリント基板

15

代表的な下処理

機構材

16

りん酸塩処理 (化成処理)

カスタム製品

アルミニウム

ボンデ88処理

技術資料

(エッチングプライマー)

価 標準価格表

技− 9


目 型番目次・ Photo INDEX

1 アルミサッシ ケース

メッキ

成 分

三価クローメイトメッキ

亜鉛 クロム酸クロム

(亜鉛メッキ+化成処理)

ユニクロームメッキ

亜鉛 クロム酸クロム

(亜鉛メッキ+化成処理)

特  徴

代表的使用製品

電気亜鉛メッキ有色クローメイト処 理。電気亜鉛メッキ後に防食皮膜を生 成する処理で、クローメイトは今まで 六価クロムを使用していたが環境的配 慮から現在は三価クロムへ変更しまし た。

UTRシリーズ UCK-Pシリーズ CK-100

亜鉛メッキ光沢(白色)クローメイト 処理のことで、ユナイテッドクロミウ ム社が開発したのでユニクロームメッ キと読んでいます。

HAM1用取付金具 (三価クロム)

真ちゅう

ニッケルメッキ

クロム

ニッケル (銅下を付ける場合も あります。)

3 フリーサイズ メタルケース

4 メタルケース

5

クロームメッキ

2 アルミフレーム ケース

プラスチック ケース

硬さが大であり耐摩耗性・耐食性・耐 熱性・密着性が良く、特有の深みを有 する色調があらゆる部品の最終仕上げ として利用されています。

DKシリーズ

空気や湿気に対して、鉄よりはるかに 安定であることから装飾・防食の両面 に利用されている。メッキの表面が空 気中でわずかに変色するためクローム メッキで仕上げる場合が多い。

HKシリーズ取付ビス PKシリーズパネル取付ビス 電池ホルダーの端子

6 電池ボックス/ 電池ホルダー

7 防水・防塵 アルミ ダイキャスト/ ステンレスボックス

8 防水・防塵 樹脂ボックス

ステンレス

アルマイトメッキ

陽極酸化被膜

(アノダイズド)

アルミを陽極とし、電解質水溶液の電 気分解により表面に酸化被膜を生成さ せる処理方法。またその被膜の多孔性 を利用して染料を吸着させ色をつける。

9 SLシリーズ 側板・フレー OSシリーズ ム・パネル UCシリーズDDタイプ

アルミニウム

パネルインストル メントケース/ DIN レールケース

10 システムケース /サブラック

アロジン処理

クロム酸クロム

(化成処理)

アルミに化成処理(三価クローメイト 処理)をしたもので、通電性が必要な 場合に利用される。

MGC、NS、NE カスタム受注

11 ラックケース

12 棚板/ ラックパネル

プラスチック

無電解ニッケルメッキ

銅 ニッケルメッキ

溶液中での還元反応を利用して表面に メッキ金属を析出させるメッキ方法 で、複雑な形状の品物でも量産化が可 能なため用途が広がっています。

13

ESWシリーズ EPRシリーズ

シールド対策/ 熱対策部品

14 アクセサリー/ プリント基板

ボンデ鋼板

亜鉛メッキ

亜鉛 クロム酸クロム

(亜鉛メッキ+化成処理)

防錆を目的として亜鉛メッキの上に化 成処理(クローメイト処理)を施し塗 装なしでも錆びにくい材料として広く 使われています。

CUカバー SKシリーズ振れ止金具

15 機構材

16 カスタム製品

ジンコート21

亜鉛メッキ

亜鉛

防錆を目的として亜鉛メッキの上に化 成処理(クロムフリー封孔処理)を施 しボンデ鋼板と同等以上の防錆性能を 有した鋼板です。

ステンレスボックス 用取付ベース

技 技術資料

価 標準価格表

技− 10


目 型番目次・ Photo INDEX

1

燃焼性UL94表示

アルミサッシ ケース

UL94規格は装置及び器具部品用のプラスチック材料燃焼性試験の規格番号でプラスチック材料 の燃えにくさの度合を表す規格で、UL規格で定められているものが世界的に認められています。

2

UL規格では、燃焼速度、炎を出して燃焼する時間、滴下物による発火などの項目を水平燃焼試験

アルミフレーム ケース

(Horizontal burning test)及び垂直燃焼試験(Vertical burning test)で評価しています。

3 フリーサイズ メタルケース

4

● UL94表示説明

メタルケース

HB VTM UL94 HBF

5 プラスチック ケース

6

固体プラスチック材料〕 薄手プラスチック材料〕 発泡材料〕

燃焼性クラス判定記号

電池ボックス/ 電池ホルダー

燃焼性試験表示記号

7 防水・防塵 アルミ ダイキャスト/ ステンレスボックス

8 防水・防塵 樹脂ボックス

9

UL94HB及びVクラスの試験法と判定基準(固体プラスチック材料) 燃焼性   クラス

パネルインストル メントケース/ DIN レールケース

10 システムケース /サブラック

11 ラックケース

94HB

94V−2

94V−1

94V−0

試験片サイズ

A1

試料の前処理

1

1&Ⅱ

1&Ⅱ

1&Ⅱ

試   料   数

n=3

各処理条件n=5

同左

同左

3

同左

同左

項 目

1インチの青色炎

試   験   法

試料のはし1イン チ及び4インチに 燃線をつけ、片端 に30秒接炎し、中 間3インチの焼線 間の燃焼速度を測 定。

①1インチ焼線未 満での消火。 ②4インチ焼線未 満での消火。 ③試料厚さ0.120 ⓑ ⓓ ⓖ ⓗ のい ∼0.125インチの ずれも満足する 場合115インチ/分 こと。 以下。 ④試料厚さ0.120 インチ未満の場合 3.0インチ/分以下。

12 棚板/ ラックパネル

13 シールド対策/ 熱対策部品

14 アクセサリー/ プリント基板

15 機構材

16

/4インチの青色炎

カスタム製品

技 技術資料

価 標準価格表

技− 11

試料の下端中央に、10数回接炎後、6インチ炎を試料 から離し、試料の燃焼時間を測定。 消火後直ちに20秒間再び接炎し除去。 燃焼時間、グローイング時間及び12インチ下に置か れた外科用脱脂綿の着火の有無を記録。

ⓑ ⓓ ⓔ ⓖ ⓗの いずれも満足す ること。

ⓐ ⓒ ⓔ ⓕ ⓗの いずれも満足す ること。

試験片サイズ A1:5″ ×1/2″0.125±0.005″ 及び必要であれば0.062″未 満の最小厚み A: 6″×1/2″×最小厚み 5″ ×1/2″×最大厚み    (1/2″を越えない) 中間0.125″ を越えないこと 試料の前処理 Ⅰ:23±2℃、50±5%RHで   40時間 Ⅱ:70±1℃ 168時間 判定基準 ⓐ1回の接炎後10秒以上燃えつ づけない ⓑ1回の接炎後30秒以上燃えつ づけない ⓒ5本各2回計10回の接炎後の燃 焼時間が50秒以内 ⓓ5本各2回計10回の接炎後の燃 焼時間が250秒以内 ⓔ火玉落下で12インチ下の脱脂 綿を燃やさない ⓕ2回目の接炎後のグローイン グ時間が30秒以内 ⓖ2回目の接炎後のグローイン グ時間が60秒以内 ⓗクランプ部まで燃え上がらな いこと


目 型番目次・ Photo INDEX

1 アルミサッシ ケース

● 成形別燃焼性クラスフローチャート

UL申請

固体プラスチック材料 薄手プラスチック材料 発泡材料

燃焼性試験

固体プラスチック材料

2

グレード

アルミフレーム ケース

燃焼性

UL94HB

遅燃性

UL94V−2

難燃性  低い

UL94V−1

難燃性

UL94V−0

難燃性

UL945VB

難燃性

UL945VA

難燃性  高い

4 プラスチック ケース

燃焼性

UL94VTM−2

難燃性  低い

UL94VTM−1

難燃性

UL94VTM−0

難燃性  高い

6 電池ボックス/ 電池ホルダー

7

発泡材料

グレード

メタルケース

5

薄手プラスチック材料

グレード

3 フリーサイズ メタルケース

防水・防塵 アルミ ダイキャスト/ ステンレスボックス

燃焼性

UL94HBF

遅燃性

UL94HF−2

難燃性  低い

UL94HF−1

難燃性  高い

● プラスチック製品・部品の記載ページに、どのグレードを使用しているか記述してあります。

8 防水・防塵 樹脂ボックス

9 パネルインストル メントケース/ DIN レールケース

10 システムケース /サブラック

燃焼性UL758VW規格

11

● 機器用配線材の燃焼性試験の規格番号で、燃焼速度、炎を出して燃焼する時間、滴下物による

発火などの項目を水平燃焼試験及び垂直燃焼試験で評価します。当社ではMP型電池ホルダー、 LDN型電池ボックスに使用しているリード線の規格で、難燃性です。

ラックケース

12 棚板/ ラックパネル

13 シールド対策/ 熱対策部品

燃焼性UL510FR規格

14

● PVC、ポリエチレン、ゴムの絶縁テープの燃焼性試験の規格番号で、燃焼速度、炎を出して燃

焼する時間、滴下物による発火などの項目をステンレス棒に巻きつけた試料を垂直燃焼試験で 評価します。当社ではCUS、CUL型銅箔テープ、ALS、ALL型アルミ箔テープで取得してい る規格です。

アクセサリー/ プリント基板

15 機構材

16 カスタム製品

技 技術資料

価 標準価格表

技− 12


目 型番目次・ Photo INDEX

1 アルミサッシ ケース

防水・防塵関連技術資料 保護等級IP表示

2

● IP説明

アルミフレーム ケース

IPとはJIS C 0920:2003又は、IEC 60529に基づいて規定された 固形異物、水に対する電気機器、キャビネットの保護等級表示です。

3 フリーサイズ メタルケース

(International Protection)

● IP表示説明

4

IP 6 5 第2記号(水の侵入に対する保護等級0∼8)

メタルケース

第1 記号(人体及び固形異物に対する保護等級0∼6)

5

保護特性記号

プラスチック ケース

6 電池ボックス/ 電池ホルダー

7

第1記号説明 第1 記号

種類

0

無保護

防水・防塵 アルミ ダイキャスト/ ステンレスボックス

8 防水・防塵 樹脂ボックス

1 2

9 パネルインストル メントケース/ DIN レールケース

10 システムケース /サブラック

11 ラックケース

12 棚板/ ラックパネル

3 4

人体及び固形異物に対する保護 保護の程度 特には保護されていない。

50㎜より大きい固形物に対

人体の表面積の大きな部分、例えば手などが誤って内部の充電部や可動部に接触する恐れがな

する保護

い。直径50㎜を超える固形物体が内部に侵入しない。

12.5㎜よりも大きい固形物

指先、又は長さが80㎜を超えない指先類似物が内部の充電部や可動部に接触する恐れがない。

に対する保護

直径12.5㎜を超える固形物が内部に侵入しない。

2.5㎜よりも大きい固形物 に対する保護 1.0㎜よりも大きい固形物 に対する保護

直径又は厚さが2.5㎜を超える工具やワイヤなどの固形物体の先端が内部に侵入しない。

直径又は厚さが1.0㎜を超えるワイヤや銅帯などの固形物体の先端が内部に侵入しない。

5

防塵形

粉塵が内部に侵入することを防止する。若干の粉塵の侵入があっても正常な運転を阻害しない。

6

耐塵形

粉塵が内部に侵入しない。

第1記号説明図

13 シールド対策/ 熱対策部品

14 アクセサリー/ プリント基板

15 機構材

IP69K

16 カスタム製品

● DIN40050

part9 自動車用電装部品に規定されている保護規格です。 ● スチームジェット(80∼100バレル/温度80℃±5℃)を0 、30 、60 、 90 で100mm∼150mmの距離から、30秒間噴射を5回くり返し、有害 な影響を受けない。 ● 現在の国内の規格にはありません。

技術資料

● IP試験は全て規定方法、規定時間内で行われる為、長時間保証をするものではありません。

価 標準価格表

技− 13


目 型番目次・ Photo INDEX

第2記号説明 第2 記号

0

種 類

JIS C 0920 特には保護されていない。 IEC 60529

無保護

1

水の侵入に対する保護 保護の定義

試験方法

アルミサッシ ケース

試験なし

2

1

滴下する水に対する保護

鉛直に落下する水滴によって有害な影響をうけ ない。

2

15°傾斜した時落下する水 に対する保護

正常な取付位置より15°以内の範囲で傾斜した 時、鉛直に落下する水滴によって有害な影響を うけない。

滴水試験装置にて15°傾けて設置し、10分間(各 方向2.5分間)散水する。

3

噴霧水に対する保護

鉛直から60°以内の噴霧水に落下する水によって 有害な影響をうけない。

各散水孔当り0.07ℓ/ で鉛直方向から両側に60° までの角度で10分間散水する。

いかなる方向からの水の飛沫によっても有害な 影響をうけない。

各散水孔当り0.07ℓ/ 間散水する。

滴水試験装置にて鉛直滴下を10分間散水する。

アルミフレーム ケース

3 フリーサイズ メタルケース

4 メタルケース

4

5

6

7 8

飛沫に対する保護

噴流水に対する保護

暴噴流に対する保護

浸漬に対する保護

水没に対する保護

いかなる方向からの水の直接噴流によっても有 害な影響をうけない。

あらゆる方向からのノズルによる強力なジェッ ト噴流水によっても有害な影響を及ぼしてはな らない。

規定の圧力及び時間で外郭を一時的に水中に沈 めたとき、有害な影響を生じる量の水の侵入が あってはならない。

関係者間で取り決めた数字7より厳しい条件下で 外郭を継続的に水中に沈めたとき、有害な影響 を生じる量の水の侵入があってはならない。

であらゆる方向から10分

放出部ノズル径φ6.3、12.5ℓ/ であらゆる方向 から外皮表面積1㎡当り1分間のべ少なくとも3分 間以上散水する。 放出部ノズル径φ12.5、100ℓ/ であらゆる方向 から外皮表面積1㎡当り1分間のべ少なくとも3分 間以上散水する。 水深1m(機器の高さが850㎜より低い場合)に 30分間没する。

メーカーと機器の使用者間の取り決めによる。

※保護の定義は2003年7月20日改正になりました。

第2記号説明図

5 プラスチック ケース

6 電池ボックス/ 電池ホルダー

7 防水・防塵 アルミ ダイキャスト/ ステンレスボックス

8 防水・防塵 樹脂ボックス

9 パネルインストル メントケース/ DIN レールケース

10 システムケース /サブラック

検査時間10分

検査時間10分

検査時間10分

11

検査時間10分

ラックケース

12 検査時間3分

検査時間3分

棚板/ ラックパネル

検査時間30分

─────────────防水・防塵ボックス使用に際しての注意点───────────── 1. ABS製品は長期間の屋外設置に向いていません。 2. ABS製品以外の屋外設置については、必ず設置環境で使用できる事を試験にて確認の上採用下さい。 3. 屋外に設置される場合、ルーフ、水抜き、耐候性塗装等の付加対策が必要になりますので当社までお問 合せ下さい。

13 シールド対策/ 熱対策部品

14 アクセサリー/ プリント基板

15 機構材

4. ボックスを設置する際の取付足は、ボックス素材と異なる素材をご使用になる場合、膨張率の違いによ る破損のおそれがございますので、1足ごと単体の取付足をご使用になる事をおすすめ致します。

16 カスタム製品

5. 製品付属の標準ガスケットが経年劣化した場合のガスケット交換については、ご相談下さい。 6. IP68(水没型)については、特定の規定がございません。打ち合せが必要になりますのでご相談下さい。

技 技術資料

7. その他防水・防塵ボックスに際してご不明な点はお問い合わせ下さい。

価 標準価格表

技− 14


目 型番目次・ Photo INDEX

1

シールド対策関連技術資料 シールド概要

アルミサッシ ケース

2

 電子機器・電気機器の技術進歩に伴い、電磁波による機器の誤作動などの障害がクローズアップさ

アルミフレーム ケース

れてきています。電磁妨害波を出す側(EMI)と受ける側(EMS)の両面をEMC対策として、各国 で規制を整備しつつあります。

3 フリーサイズ メタルケース

シールド効果のある金属の電気特性

シェルクノフの電磁波シールドの理論

4

入射

メタルケース

吸収損失

5 失 損 射 反

プラスチック ケース

透過

6 電池ボックス/ 電池ホルダー

反復反射損失

材  料

G

アルミニウム 真 ち ゅ う 銅 金 鉄 (一般品) ニ ッ ケ ル 銀 錫 亜    鉛

0.61 0.1 1.0 0.7 0.0444 0.2 1.06 0.15 0.29

周波数 (Hz) all all all all ∼150k ∼1k all all all

μ

G/μ

μ/G

μG

1.0 1.0 1.0 1.0 54.1 100 1.0 1.0 1.0

0.61 0.10 1.0 0.7 8.2×10−4 2×10−3 1.06 0.15 0.29

1.64 10.0 1.0 1.43 1,220 500 0.94 6.67 3.45

0.61 0.10 1.0 0.7 2.4 20.0 1.06 0.15 0.29

G:銅に対する比導電率  μ:銅に対する比透磁率

7 防水・防塵 アルミ ダイキャスト/ ステンレスボックス

EMC:電磁気両立性(Electromagnetic Compatibility)

8

 EMI:Electromagnetic Intereference

ノイズを出さない

 EMS:Electromagnetic Susceptibility

ノイズの影響を受けない

防水・防塵 樹脂ボックス

シールド効果表について

9 パネルインストル メントケース/ DIN レールケース

 当社カタログのシールド効果表の見方はまず初めにアンテナのみのノイズを測定します(グラフ ①)。次にシールド筺体に入れた状態でのアンテナのノイズを測定します(グラフ②)。そしてグラフ

10

①からグラフ②を引いた値がシールド効果として表に現わされています。単位はdB(デシベル)で

システムケース /サブラック

表示されます。

11

 当社の表示するシールド効果表は穴加工や仕様変更等が加えられていない状態の時の値です。穴加

ラックケース

工、仕様変更があった場合はこれらの値は変わります。

12

100

14 アクセサリー/ プリント基板

ノイズ量 dB

13 シールド対策/ 熱対策部品

100

グラフ①

90

90

80

80

70

70

シールド効果 (dBμV)

棚板/ ラックパネル

シールド効果

60 50 40 30 20

15 機構材

40

シールド効果

30

グラフ② 10

0 0

100

200

300

400

500

600

700

800

周波数 (MHz)

16

技術資料

50

20

10 900

1000

0 0

100

200

300

400

500

600

700

800

900

1000

周波数 (MHz)

開口部の影響について

カスタム製品

60

 筐体を使用する際には必ず穴加工が必要となります。加工内容によっては開口部分のシールド効果 が低下する事があります。周波数や開口部の大きさ形状により変わりますがその際にはフィルターや エキスパンドメタル等のアクセサリーによって改善することが可能です。

標準価格表

技− 15


目 型番目次・ Photo INDEX

代表的な電磁波障害規制 世  界

規 格

概      要

1

CISPR

電波障害の各側面に関する国際的な合意を促進し、それによって国

アルミサッシ ケース

際貿易を助長することを目的に設立。電波障害に係わる、測定方法

2

から規格開発までを活動範囲とする。

アルミフレーム ケース

国際無線障害特別委員会 日  本

VCCI

情報処理装置等電波障害自主規制協議会

3

パソコン、ワープロ、FAXなどの電磁波障害を自主的に防止する事

フリーサイズ メタルケース

を目的として設立 E  U

EMC指令

4

電磁波妨害を引き起こす原因となる装置と電磁妨害で影響を受ける 装置を対象にCEマーキングの付与が義務付けられている。

アメリカ

FCC

メタルケース

アメリカ連邦通信委員会

5

電波通信に関する規格の作成および規制、承認試験、承認業務を行っ

プラスチック ケース

ている。

6 電池ボックス/ 電池ホルダー

7

用語解説

防水・防塵 アルミ ダイキャスト/ ステンレスボックス

用 語 シース

デシベル(dB)

導電性塗料 ノンハロゲン

解      説

8

ケーブルを保護するチューブの事。 電力レベルの比の対数の10倍の値をデシベル(dB)と定義している。電圧や電流の場合はその比の対数の20倍の値となる。 また電解強度のような場合には、dBμV/mのような単位が使用される。この場合は1μV/mを基準とし、それを0dBとした ときの値なので、120dBμV/mは1V/mに相当することになる。 (Conductive Coating)機器内部からのエミッションを低減させるため、プラスチックなどの筺体に塗布する低抵抗被膜作 成用の塗料で、銀、銅、ニッケルなどの導電性フィラーをバインダーに分散させたものである。 オゾン層破壊物質のハロンが含まれていない物。

波長

(Wave Length)EMCの分野では周波数よりも波長が、被害を受ける寸法との対比が明確になるので、好んで使用される。 自由空間の300MHzの電波の波長は1mである。

フェライト

(Ferrite)ニッケル、亜鉛、マグネシウムなどの組成をもつ金属酸化物の強磁性体で、セラミックとして焼結したものである。 金属に比べて固有抵抗が高いので、高周波まで使用できる。ノイズの対策部品としてはトロイダル状、スリーブ状、ビーズ状 などの種々の形状のものが市販されている。

無電解メッキ

(Electroless Plating)金属塩の水溶液に添加した還元剤の還元作用によって金属が析出する化学的なメッキ法である。そ のため、導電性のないプラスチック、繊維、セラミックなどの表面に、銅やニッケルなどの金属をメッキすることができる。

UL規格   

(UL Standards)米国の保険業者のUnderwriters Laboratories Inc.の安全規格で、防水、盗難防止、化学薬品、電気製 品等に関する材料および製品について制定している。米国ではUL認定を取得していない製品は販売を禁止されている地区が ある。さらに保険の掛金にも関係するので、認定を受けている製品は多い。

UL510 FR

粘着テープに関する燃焼性規格(UL510 Flame retardant)

リターンロス

反射係数。入射波と反射波の比をデシベルで表したもの。

10 システムケース /サブラック

11 ラックケース

12 棚板/ ラックパネル

13 シールド対策/ 熱対策部品

14

抵抗(Ω) 、抵抗値

RFI

Radio Freguency Interference 無線周波障害。 EMIと同義として使われるがEMIは全ての電磁放射を包含するのに対して、RFIは放射周波数帯域(10kHz∼10GHz)に限定 して用いられる。

EMP

9 パネルインストル メントケース/ DIN レールケース

アクセサリー/ プリント基板

インピーダンス

ESD

防水・防塵 樹脂ボックス

Electrostatic Discharge 静電気放電。 電子機器を静電気による外乱から保護し、部品の破壊を防ぐため静電気を放電させるための対策です。人体に帯電した静電気 が大地に接地放電される場合は最悪の条件下でその電圧は20kVに達します。 Electromagnetic pulse 3種類の電磁気パルスの総称です。 LEMP:雷などによって発生する電磁気パルス。 SEMP:スイッチングなどによって発生する電磁気パルス。 NEMP:核爆発によって発生する電磁気パルス。

15 機構材

16 カスタム製品

技 技術資料

価 標準価格表

技− 16


目 型番目次・ Photo INDEX

1

放熱対策関連技術資料 熱伝導率

アルミサッシ ケース

2 アルミフレーム ケース

3 フリーサイズ メタルケース

4 メタルケース

5

物質内に温度差があると温度の高い部分から低い部分へ熱移動がおこります。熱伝導率とはこの熱移 動のおこりやすさを表す係数で、単位長さ(厚み)あたり1℃の温度差があるとき、単位時間に単位 面積を移動する熱量です。単位は(W/m・K)又は、(W/m・℃)で表し、熱伝導率の値が大きい ほど移動する熱量が大きく、熱が伝わりやすいことになります。したがって、放熱材としては熱伝導 率の大きな物質が望まれます。 また、熱伝導率は物質に固有の値(物性値)ですが、一般的に温度によって変化します。例えば、気 体の熱伝導率は温度とともに大きくなり、金属の熱伝導率は温度の上昇に伴い小さくなる傾向があり ます。

プラスチック ケース

金属材料の物質比較

6 電池ボックス/ 電池ホルダー

7 防水・防塵 アルミ ダイキャスト/ ステンレスボックス

8 防水・防塵 樹脂ボックス

9

項  目

比重

チタン 鉄 18−8 ステンレス (SUS304) アルミニウム マグネシウム ニッケル 銅

4.5 7.9

比熱 熱伝導率 電気比抵抗 電気伝導率 (J/kg・k) (W/m・k) (μΩ・cm) (%IACS) 0.519 17 55 3.1 0.460 63 9.7 18

溶融点 (℃) 1,668 1,530

線膨張係数 (/℃) 8.4×10−6 12×10−6

7.9

1,400 ∼1,420

17×10−6

0.502

16

72

2.0

2.7 1.7 8.9 8.9

660 650 1,453 1,083

23×10−6 25×10−6 15×10−6 17×10−6

0.879 1.005 0.460 0.385

205 159 92 385

2.7 4.3 9.5 1,724

64 40 18 100

パネルインストル メントケース/ DIN レールケース

熱抵抗

10 システムケース /サブラック

11 ラックケース

12 棚板/ ラックパネル

熱抵抗には、熱伝導抵抗、対流による熱抵抗、放射による熱抵抗、接触熱抵抗など様々な種類があり ますが、放熱材の評価や放熱試験によく使われるのはこれらのうちの熱伝導抵抗で、これを単に熱抵 抗と呼びます。 ヒートシンクの性能は、通常(℃/W)の単位で表される熱抵抗により示されます。この値は、与え られた加熱電力に対するヒートシンクの温度上昇値を示しています。

13

外気温度 Ta ヒートシンク温度 Th

シールド対策/ 熱対策部品

14 アクセサリー/ プリント基板

発熱素子

15

加熱電力(W)  Ra

機構材

16 カスタム製品

熱抵抗(℃/W)=(Th-Ta)/Ra

放熱材としては熱抵抗が小さいものが望まれます。熱抵抗は物質固有の値(物性値)ではありません ので、同じ材料でも使用環境、使用条件によって値が異なります。つまり、熱抵抗といった場合には、

技 技術資料

放熱材料のセッティングの状態、材料の熱伝導率、材料厚み、材料面積等の様々な条件を総合した放 熱特性を表す値といえます。

価 標準価格表

技− 17


目 型番目次・ Photo INDEX

熱の移動の三大要因 ■

熱伝導

1 アルミサッシ ケース

固体分子運動が次々に隣の分子に伝播することによる熱移動

アルミニウムに手が触れると冷たく感じます。これは手の熱が低温のアルミニウムに伝導することによって、冷たく 感じるのです。アルミニウムは熱伝導性が高く、熱がどんどん拡散する為、そのように感じるのです。

対 流

2 アルミフレーム ケース

3

流体内の自由性の高い分子の伝導による熱移動+物質移動による熱移動

・自然対流 火鉢に手をかざすと温かいのは火鉢の熱が空気内分子の温度を上昇、膨張させ、浮力により上昇・移動 することで手を温めているのです。 ・強制対流 ファンによって発生する風力で強制的に空気分子を装置外に移動し内部の熱を移動させることです。

フリーサイズ メタルケース

4 メタルケース

放 射

電磁波による熱エネルギーの移動

5

晴れた真夏の砂浜は、日射を受け、気温が30℃なのに砂浜の温度は70℃を超えることもあります。これは熱エネルギー が太陽の熱放射により宇宙空間から砂浜に熱移動し、温度を上昇させているのです。

6 電池ボックス/ 電池ホルダー

ファンモーター使用上の注意

7

1 )衝撃を与えないでください。

防水・防塵 アルミ ダイキャスト/ ステンレスボックス

  運搬、取付作業時に落下、転倒等の衝撃を与えないように注意してください。   軸受にはボールベアリングを使用しておりますので、騒音・寿命等の特性に影響を及ぼすことが あります。衝撃を与えないように十分注意して下さい。 り、人体に危険がないように設置して下さい。 3 )ファンモーターのリード線は、抜け防止対策がしてありますが、必要以上に強く引っ張らないで 下さい。絶縁不良、断線不良を起こす恐れがあります。 4 )他のファンモーターやその他電動機の電源ラインと直列に配線するのは避けて下さい。一方の機 器がトラブルを起こした時、過電圧が加わり火災の恐れがあります。必ず並列に電源配線をして 下さい。 の熱変型等による回転不良につながり、やけどをしたり、又ショートによる火災の恐れがありま すので避けて下さい。 6 )過電圧によるモーター内のIC破損や、モーター内にゴミ等が入りファンモーターが正常に回転

ダイシアー接着試験

接着面を垂直にし、下方に力を加える試験方法

12 棚板/ ラックパネル

13 アクセサリー/ プリント基板

解      説

絶緑体がどの程度の電圧に耐えられるかの強度

11

14

用語解説

絶縁強度

10 システムケース /サブラック

シールド対策/ 熱対策部品

しなくなる事がありますので、十分注意してください。

回転速度が30%減った時の寿命

9 パネルインストル メントケース/ DIN レールケース

ラックケース

5 )使用温度範囲や使用電圧範囲を越えての使用は、モーターコイル部の異常発熱あるいは樹脂部品

期待寿命

8 防水・防塵 樹脂ボックス

2 )羽根に触れる恐れがある場合は、フィンガーガードを取付けるか、指が入らないような構造を取

用 語

プラスチック ケース

15 機構材

16 カスタム製品

熱衝撃

温度の高低の急激な繰り返しに耐える試験

熱流束

単位面積あたりの熱の流れる大きさで、局所熱伝導量とも言われる。単位は(W/c㎡又はW/㎡)などであらわされる

ラップシアー接着試験

接着面を水平にし、水平方向に力を加える試験方法

技術資料

価 標準価格表

技− 18


目 型番目次・ Photo INDEX

1

代表的な材料の一般公差

アルミサッシ ケース

プラスチックケース

2

JIS K 7109

プラスチックの寸法許容差の決め方

アルミフレーム ケース

● 日本工業規格(JIS)では材質ごとの明確な寸法公差規格はありません。

3

適用範囲:プラスチックの合理的な寸法許容差を定める方法の一般的な事項について規定する。

フリーサイズ メタルケース

許容差の求め方

4

1 .基準値を基に使用者、組立者それぞれの許容限界値と平均損失より比例定数を求め、その結果より選定許容限界値と選定

メタルケース

平均損失を選択する。 2 .生産者側の損失の推定を行い、選定許容限界値と選定平均損失を基に許容差を計算にて求め、その数値が可能かの検討を

5

行う。

プラスチック ケース

3 .上記の検討に基づいて許容差を決定する。

6

● 基準値とは、組立者が図面に示したプラスチックの基準寸法。 ● 許容差とは、基準値と規定された限界値との差。

電池ボックス/ 電池ホルダー

● 生産者とは、プラスチックを製造する者。

7

● 組立者とは、プラスチックを使った製品を製造する者。 ● 使用者とは、組立者の製品を使う者。

防水・防塵 アルミ ダイキャスト/ ステンレスボックス

● 許容限界値とは、プラスチックの寸法が基準値と異なって使用者又は、組立者の段階で不具合を生じる場合に寸法に許容さ れる限界値と基準値との差。

8

● 平均損失とは、寸法が許容限界値を超えたときに発生する損失の平均。

防水・防塵 樹脂ボックス

● 生産者側の損失とは、組立者が生産者から購入する場合の価格(購入原価の推定値)。 ● 比例定数とは、経済的損失を表す定数。平均損失を許容限界値の2乗で除した値。

9

● 選定許容限界値とは、使用者と組立者の比例定数のうち大きいほうの許容限界値。

パネルインストル メントケース/ DIN レールケース

● 選定平均損失とは、使用者と組立者の比例定数のうち大きいほうの平均損失。

10 システムケース /サブラック

DIN 16901

11

● この規格にソリの公差は含まれません。

ラックケース

(プラスチックは条件によりソリが発生しますので、必ず現物で確認下さい。) ● 温度23±2℃及び相対湿度50±5%において24時間以上状態調整し計測して下さい。

12

● 規定範囲以上の高精度の許容差は、受渡当事者間の協定による。

棚板/ ラックパネル

金型閉じ方向

13 シールド対策/ 熱対策部品

B

14

B

アクセサリー/ プリント基板

B

A A

B

A

15 機構材

B

記号文字A

可動金型要素の作用により形成される寸法。

記号文字B

可動、固定金型それぞれに直接作られる寸法。

16

呼び寸法範囲

 単位:mm

カスタム製品

技 技術資料

種別 記号文字 ABS、ポリカーボネート A ポリエステル、ポリスチレン B ナイロン、66ナイロン A PBT B

価 標準価格表

技− 19

30以下 ±0.38 ±0.28 ±0.50 ±0.40

30∼70 ±0.44 ±0.34 ±0.60 ±0.50

70∼120 ±0.51 ±0.41 ±0.70 ±0.60

120∼160 ±0.60 ±0.50 ±0.85 ±0.75

160∼200 ±0.70 ±0.60 ±1.05 ±0.95

200∼250 ±0.90 ±0.80 ±1.25 ±1.15

250∼315 ±1.00 ±1.00 ±1.55 ±1.45

315∼400 ±1.30 ±1.20 ±1.90 ±1.80

400∼500 ±1.60 ±1.50 ±2.30 ±2.20

500∼630 ±2.00 ±1.90 ±2.90 ±2.80


目 アルミダイキャスト

JIS B 0403 寸法の区分

L1

L1

L3 型分割面

30を超え 50を超え 80を超え 120を超え 180を超え 250を超え 315を超え 400を超え 500を超え

L2

L2

型番目次・ Photo INDEX

30以下 50以下 80以下 120以下 180以下 250以下 315以下 400以下 500以下 630以下

単位:㎜

固定型及び可動型によって造る部分 型分割面に 型分割面に直角方向(1) L2 平行方向 L1 型分割面に直角方向の鋳物 の投影面積(2)cm2    600以下 600を超え 2400以下 ±0.25 ±0.5 ±0.6 ±0.3 ±0.5 ±0.6 ±0.35 ±0.6 ±0.6 ±0.45 ±0.7 ±0.7 ±0.5 ±0.8 ±0.8 ±0.55 ±0.9 ±0.9 ±1 ±0.6 ±1 ±0.7 ─ ─ ±0.8 ─ ─ ±0.9 ─ ─

可動中子によって造る部分 L3 可動中子の移動方向に直角な 鋳物部分の投影面積 cm2  150以下 150を超え 600以下 ±0.5 ±0.6 ±0.5 ±0.6 ±0.6 ±0.6 ±0.7 ±0.7 ±0.8 ±0.8 ±0.9 ±0.9 ±1 ±1 ─ ─ ─ ─ ─ ─

注(1)型分割面が長さに影響を与えない寸法部分には、L1の寸法公差を適用する。この場合のL1な どの記号は、図による。  (2)鋳物の投影面積とは、鋳放し鋳造品の外周内投影面積を示す。  (3)ソリ公差は含まれません。必ず現物をご購入の上ご確認下さい。

アルミ押出材

断面寸法の許容差

JIS H 4100 特殊級

4∼9欄

2欄

4欄

3欄

指定箇所の寸法

直 径 1欄 3以下 3を超え 6以下 6 〃 12 〃 12 〃 19 〃 19 〃 25 〃 250以下 25 〃 38 〃 38 〃 50 〃 50 〃 100 〃 100 〃 150 〃 150 〃 200 〃 200 〃 250 〃

単位:㎜

許     容     差 (空間が25%を超える箇所) 指定箇所と足の根元との距離〔ℓ〕注1 15を超え30以下 30を超え60以下 60を超え100以下 100を超え150以下 150を超え200以下 5欄 6欄 7欄 8欄 9欄 5056、 6063 5056、 6063 5056、 6063 5056、 6063 5056、 6063 ±0.30 − − − − ±0.36 ±0.41 − − − ±0.41 ±0.46 ±0.51 − − ±0.46 ±0.51 ±0.56 − − ±0.51 ±0.56 ±0.64 ±0.76 − ±0.58 ±0.66 ±0.76 ±0.89 − ±0.66 ±0.79 ±0.91 ±1.07 ±1.27 ±0.97 ±1.22 ±1.45 ±1.73 ±2.03 ±1.27 ±1.63 ±1.98 ±2.39 ±2.79 ±1.57 ±2.08 ±2.51 ±3.05 ±3.56 ±1.83 ±2.54 ±3.05 ±3.68 ±4.32

注1. 6mm以下の箇所は、2欄を適用する。

4 メタルケース

5 プラスチック ケース

6 電池ボックス/ 電池ホルダー

4欄

外接円の

3 フリーサイズ メタルケース

防水・防塵 アルミ ダイキャスト/ ステンレスボックス

2欄

2欄

金属部(75%以上)が金属で占められている箇所 3欄以外の 中空形材、半中空形 材で70㎟以上の空間 すべての箇所 を包む箇所の肉厚  6を超え15以下 2欄 3欄 4欄 5056、 6063 5056、 6063 5056、 6063 ±0.15 ±0.25 ±0.18 ±0.30 ±0.20 ±0.36 ±10% ±0.23 ±0.41 ただし ±0.25 ±0.46 最大値 ±0.30 ±0.53 ±2.29 ±0.36 ±0.61 最小値 ±0.61 ±0.86 ±0.38 ±0.86 ±1.12 ±1.12 ±1.37 ±1.37 ±1.63

2 アルミフレーム ケース

7

ℓ 4∼9欄

1 アルミサッシ ケース

● 規定範囲外の寸法のものの許容差は、受渡当事者間の協定による。

8 防水・防塵 樹脂ボックス

9 パネルインストル メントケース/ DIN レールケース

10 システムケース /サブラック

11 ラックケース

12 棚板/ ラックパネル

13 シールド対策/ 熱対策部品

アルミ板 幅 厚さ 0.90を超え 1.1 以下 1.1 〃 1.7 〃 1.7 〃 1.9 〃 1.9 〃 2.4 〃 2.4 〃 2.7 〃 2.7 〃 3.6 〃 3.6 〃 4.5 〃 4.5 〃 5.0 〃 5.0 〃 6.5 〃 6.5 〃 8.0 〃 8.0 〃 11 〃

JIS H 4000 450以下 ±0.05 ±0.06 ±0.06 ±0.08 ±0.09 ±0.11 ±0.15 ±0.18 ±0.23 ±0.33 ±0.48

14

単位:㎜

許     容     差 450を超え900以下 900を超え1400以下 1400を超え1800以下 ±0.06 ±0.08 ±0.10 ±0.08 ±0.10 ±0.13 ±0.08 ±0.10 ±0.15 ±0.08 ±0.10 ±0.15 ±0.10 ±0.13 ±0.18 ±0.11 ±0.13 ±0.18 ±0.15 ±0.20 ±0.23 ±0.18 ±0.23 ±0.28 ±0.23 ±0.28 ±0.33 ±0.33 ±0.33 ±0.38 ±0.48 ±0.48 ±0.48

アクセサリー/ プリント基板

15 機構材

16 カスタム製品

技 技術資料

● 規定範囲外の寸法のものの許容差は、受渡当事者間の協定による。

価 標準価格表

技− 20


目 型番目次・ Photo INDEX

金属の材質表示記号と性質表

1 アルミサッシ ケース

2

物理的性質 材質

カタログ記号

名   称

アルミフレーム ケース

3

密度(比重)

溶融温度

熱伝導率

導電率

3 Mg/m(20℃)

CGS(20℃)

IACS%(20℃)

注1

質 別 注2

フリーサイズ メタルケース

A1050P

純アルミ系 (板)

2.705

646∼657

0.56

61

H24

4

A1050TD

純アルミ系 (引抜管)

2.705

646∼657

0.56

61

H14

A1100P

純アルミ系 (板)

2.71

646∼657

0.53

59

H24

A5056B

Aℓ-Mg系 (丸 棒)

2.64

568∼638

0.26

27

H-24

A5056S

Aℓ-Mg系 (丸 棒)

2.64

568∼638

0.26

27

A5052P

Aℓ-Mg系 (アルミ合金板)

2.68

593∼649

0.33

35

H-112

A6063S

Aℓ-Mg-Si系 (押出材)

2.70

616∼654

0.50

55

T5

防水・防塵 アルミ ダイキャスト/ ステンレスボックス

A6N01

Aℓ-Mg-Si系 (押出材)

2.70

615∼652

0.45

46

T5

8

ADC10

アルミダイキャスト

2.74

540∼590

0.27

27

ADC12

アルミダイキャスト

2.70

520∼580

0.27

27

ZDC1

亜鉛ダイキャスト

6.7

379∼388

0.27

27

SPCC

冷間圧延鋼板

7.85

約1530

0.17

16

S

SECC

電気亜鉛メッキ鋼 ジンコート21・ボンデ鋼板

7.85

約1530

0.17

16

S

SEHC

電気亜鉛メッキ鋼

7.85

約1530

0.17

16

S

SK5

炭素工具鋼

0.13

2

SUS304

(板)

7.93

1427∼1471

0.04

2.4

オーステナイト系

SUS304TP

(化粧管)

7.93

1427∼1471

0.04

2.4

オーステナイト系

C1100P

タフピッチ銅 (板)

8.89

1065∼1082

0.93

97以上

1/4H

C1100BB

タフピッチ銅 (ブスバー)

8.89

1065∼1082

0.93

97以上

1/4H

C1100BD

タフピッチ銅 (丸 棒)

8.89

1065∼1082

0.93

97以上

1/2H

C1220T

りん脱酸銅 (管)

8.94

1065∼1082

0.81

86

1/2H

C2700T

真ちゅう(黄銅2種) (管)

8.47

904∼935

1/2H

C2801P

真ちゅう(黄銅3種) (板)

8.40

904∼935

0.28

27

1/4H

C3604B

真ちゅう(快削黄銅) (丸 棒)

8.50

904∼935

1/4H

C5191P

りん青銅2種(板)

8.80

954∼1049

0.16

15

H

メタルケース

6 電池ボックス/ 電池ホルダー

アルミニウム

5 プラスチック ケース

7

9

亜鉛

防水・防塵 樹脂ボックス

パネルインストル メントケース/ DIN レールケース

10 システムケース /サブラック

11 12 棚板/ ラックパネル

ステンレス

ラックケース

13 シールド対策/ 熱対策部品

14 銅

アクセサリー/ プリント基板

15 機構材

16 カスタム製品

技 技術資料

注1.単位は、cal/℃・cm・sec。 注2.標準軟銅(20℃における比抵抗17.241nΩ・m)の誘導率を100%としたときの値。

標準価格表

技− 21


目 型番目次・ Photo INDEX

1 アルミサッシ ケース

機械的性質 引張強さ N/㎜2

伸び %

耐力 N/㎜2

線膨張係数

2

材 料 の 特 性

アルミフレーム ケース

(20℃) 10−6/℃

3

96以上 125以下

6以上

75以上

23.6

94以上

23.6

95以上 125以下

6以上

75以下

23.6

304以上

24.3

純アルミのため強度は低いが成形性、溶接性、耐食性がよい。反射板、 照明器具、装飾品、化学工業用タンク、導電材など。

強度は比較的低いが成形性、溶接性、耐食性がよい。一般器物、建 築用材、電気器具、各種容器、印刷版など。

耐食性、切削加工性、陽極酸化処理性が良い。光学機器、通信機器 部品、ファスナーなど。

245以上

98以上

24.3

175以上

12以上

65以上

23.8

光学機器、耐食性にすぐれ材質が硬いのでプレス加工がしやすい。

210

13

180

23.4

代表的押出用合金。押出性に優れ複雑な断面形状の形材が得られ、 耐食性表面処理性も良い。サッシなどの建築用材、家具、家電品など。

245以上

8以上

205以上

23.5

6061と6063の中間の強度を有し耐食性がよく、押出性、プレス焼入 れ性とも優れ、複雑な形状の大型形材が得られる。

296以上

2以上

173以上

(20℃∼200℃) 22

耐食性、鋳造性がよくもっとも一般的に使用されているアルミニウム 合金。機械的性質のすぐれた耐圧性のよい鋳物ができる。普通鋳物用。 鋳造性をさらによくしたもの。自動車用ミッションケース、クラン クケース、光学部品、産業機械部品、家庭用器具。 機械的性質及び耐食性に優れている。自動車ブレーキピストン、シ ートベルト巻取金具等。

296以上

2以上

186以上

(20℃∼200℃) 21

325

7

178

27.4

270以上

37以上

11.7

主に薄板に使用される一般的な鉄板。そのままでは錆びるのでメッ キや塗装をして使用される。厚板等は熱間圧延で作られる。 (SPHC)

270以上

37以上

11.7

冷間圧延板(SPCC)に亜鉛メッキを施したもの。メッキしてある ので錆びにくい。 熱間圧延板(SPHC)に亜鉛メッキを施したもの。メッキしてある ので錆びにくい。

270以上

29以上

11.7

ビッカーズ硬さHV 200以下

520以上

40以上

205以上

17.3

非磁性体で耐食性・耐候性に優れている一般的ステンレス。曲げや 加工によってマルテンサイト組織が生成され磁性を帯びることがあ る。

520以上

22以上

205以上

17.3

耐食用、低温用、高温用などの配管に用いる。ステンレス鋼管。

215∼275

25以上

ビッカーズ硬さHV 55∼100

16.8

電気・熱の伝導性に優れ、展延性絞り加工性・耐食性・耐候性がよい。 電気用、建築用、化学工業用、ガスケット、器物など。

ぜんまい、ばね、刃物等。

フリーサイズ メタルケース

4 メタルケース

5 プラスチック ケース

6 電池ボックス/ 電池ホルダー

7 防水・防塵 アルミ ダイキャスト/ ステンレスボックス

8 防水・防塵 樹脂ボックス

9 パネルインストル メントケース/ DIN レールケース

10 システムケース /サブラック

11 ラックケース

12 棚板/ ラックパネル

13 シールド対策/ 熱対策部品

215∼275

25以上

16.8

導電性に優れている。各種導体、スイッチバーなど。

245以上

15以上

16.8

電気・熱の電導性に優れ展延性、耐食性、耐候性がよい電気部品、 化学工業用など。

245∼325

ロックウェル硬さ HR30T30∼60

16.8

押広げ性・曲げ性・絞り性・溶接性・耐食性・熱伝導性がよい。熱 交換器用、化学工業用、給水給湯用、ガス管など。

375以上

20以上

ロックウェル硬さ HR30T30∼60

18.4

押広げ性・曲げ性・絞り性・メッキ性がよい。熱交換器、カーテン レール、諸機器部品、アンテナなど。

355-440

25以上

ビッカーズ硬さHV HV85∼145

18.4

強度が高く、展延性がある。打ち抜いたまま又は折り曲げて使用する。 配線器具部品、ネームプレート、計器板等。

355以上

ビッカーズ硬さHV 80以上

18.4

快削性に優れる。ボルト・ナット、歯車、バルブ、ライター時計、 カメラ部品等。

590∼685

8以上

ビッカーズ硬さHV HV180∼230

17.8

展延性、耐疲労性・耐食性がよい。バネ材に適する。特に高性能の バネ性を要求するものは、バネ用りん青銅を用いるのがよい。電子 電気機器用バネ等。

14 アクセサリー/ プリント基板

15 機構材

16 カスタム製品

技 技術資料

価 標準価格表

技− 22


目 型番目次・ Photo INDEX

樹脂・ゴムの材質表示記号と性質表

1

注1

アルミサッシ ケース

2

物理的性質 材質

名   称

記  号

アルミフレーム ケース

3

比重

燃焼性

通常使用温度

吸水率

g/㎝2

UL

℃ 注2

24h(%)

ABS (アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン)

ABS

1.02∼1.06

UL94HB

60

0.20∼0.45

4

難燃性ABS

ABS

1.16∼1.21

UL94V−0

60

0.20∼0.6

耐熱性ABS

ABS

1.05∼1.08

UL94HB

60

0.20∼0.45

ポリカーボネート

PC

1.2

UL94V−2

80

0.15∼0.18

メタルケース

5 プラスチック ケース

6

ケース・ボックス

フリーサイズ メタルケース

電池ボックス/ 電池ホルダー

7 防水・防塵 アルミ ダイキャスト/ ステンレスボックス

ポリカーボネート グラスファイバー 不飽和ポリエステル グラスファイバー GPスチロール (ポリエチレン)

PCGF

1.24∼1.52

UL94V−1

80

0.07∼0.10

UPGF

1.65∼2.3

UL94V−0

105

0.06∼0.28

PS

1.04∼1.09

UL94HB

50

0.05∼0.06

ノリル

変性PPO

1.06∼1.10

UL94V−0

105

0.05∼0.09

PA6

1.12∼1.14

UL94V−2

65

1.33∼1.90

PA66

1.13∼1.15

UL94V−2

65

1.5

6ポリアミド (6ナイロン) 66ポリアミド (66ナイロン)

8 防水・防塵 樹脂ボックス

9

ポリプロピレン

PP

0.9∼0.91

UL94HB

65

<0.01

パネルインストル メントケース/ DIN レールケース

ポリエチレン

PE

0.94∼0.96

未取得

資料なし

<0.01

10

PBT

PBT

1.41

UL94V−0

75

0.08

システムケース /サブラック

ポリアセタール

POM

1.41∼1.42

UL94HB

資料なし

0.22∼0.25

11

PAR

PAR

1.21∼1.26

UL94V−0

130

0.16∼0.26

アクリル板

PMMA

1.17∼1.20

UL94HB

50

0.30∼0.40

塩化ビニール

PVC

1.35∼1.45

UL94V−0

50

0.15∼0.75

ベーク板

PL−PEN

1.31∼1.35

未取得

資料なし

0.20∼0.40

ガラスエポキシ

FR−4

1.8

UL94V−0

資料なし

0.10

注3

EVA

0.93∼0.96

未取得

資料なし

資料なし

ポリウレタンスポンジ

PUR

1.1∼1.5

UL94HF−1

資料なし

0.22∼1.5

シリコンスポンジ

SI

1.7∼2.1

未取得

105

0.09∼0.15

ネオプレーンスポンジ

CR

1.15∼1.24

未取得

資料なし

資料なし

16

EPDMスポンジ

EPDM

0.86

未取得

資料なし

3.3

カスタム製品

天然ゴム

NR

0.91∼0.93

未取得

資料なし

資料なし

ニトリルゴム

NBR

0.98

未取得

資料なし

資料なし

ラックケース

棚板/ ラックパネル

部     品

12 13 シールド対策/ 熱対策部品

14 アクセサリー/ プリント基板

エチレン酢酸ビニル樹脂

15 機構材

技術資料

注1. ASTM試験法のデーターです。すべて試験片による数値で、実際のケースとしての試験数値ではありませんので、ご注意下さい。 注2. プラスチック材料の熱による劣化状況を機械的強度、電気的強度について長期間経時的に測定することによってその材料の最高使 用温度を求めた温度です。数値はULで行っている相対温度指数ですが、使用条件によって変化しますので参考値として下さい。

標準価格表

技− 23


目 型番目次・ Photo INDEX

1 物理的性質 線膨張係数 10−5/℃

アルミサッシ ケース

機械的性質 引張り強さ ㎏/㎜2

衝撃強度

2

材 料 の 特 性

アルミフレーム ケース

㎏f/㎝/㎝

機械的強さにおいて引張り強さ、衝撃強さのバランスがとれており加工性が 良い。

5.0∼8.5

4.22∼6.19

8∼23

7.0∼9.0

3.51∼4.57

10.9∼65.4

自己消火性の性質を持たせたABS樹脂。 当社ではUL94V−0を使用。

6.0∼9.0

4.57∼5.62

10.9∼24.5

通常のABSでは熱変型温度が低いため多少の高温でも耐えられる性質を持た せたABS。

2.5∼3.3

5.62∼6.68

75∼100

強度の大きな耐熱性があり、特に衝撃強さはプラスチック中でも最大で、一 定の荷重(応力)に対しても強い。

3 フリーサイズ メタルケース

4

6.6

8.44∼14.06

6.5

グラスファイバーが入ることでポリカーボネート単体より衝撃強度が下がり ますが、難燃性が高くなります。

2.5∼3.3

2.82∼7.03

38∼120

結晶性の耐熱性があり、摩擦摩耗特性もよく、強度があり、ガスバリヤー性 が大きく、耐薬品性、耐油性に優れている。 耐衝撃性ポリスチレンは乳白不透明で、耐熱性や耐油性は不足し、耐光性が 足りない。

6∼8

2.11∼4.78

1.4∼2.2

5.2

7.73

7.09

8.3

4.92∼8.44

3.7∼5.5

耐熱性があり、摩擦摩耗特性、耐油性にすぐれるが、吸水性があるので製品 寸法が変動しやすい。

8

6.32∼8.44

5.45∼10.90

66ナイロンは曲げ強さ、硬さ、耐摩耗性、耐熱性において、6ナイロンにまさり、 衝撃強さでは劣る。

5.8∼10.2

3.02∼3.87

2.2∼110

密度0.90∼0.91の強靱な結晶性プラスチックであり水中で煮沸に耐える特性で ある。

11∼13

2.18∼3.87

2.7∼110

安価で低温に強く、吸水性がなく耐薬品性に優れる。

6.0∼9.5

6

10.2

機械的性質がすぐれ、耐熱性、耐水性、熱水蒸気にも強く、難燃性である。

メタルケース

5 プラスチック ケース

6 電池ボックス/ 電池ホルダー

7 防水・防塵 アルミ ダイキャスト/ ステンレスボックス

8 防水・防塵 樹脂ボックス

9 パネルインストル メントケース/ DIN レールケース

10

電気絶縁性優れ熱変形温度が高く、耐薬品性、耐油性に優れている。

8.1∼8.5

6.19∼8.44

6.54∼7.63

機械的強度、耐磨耗耐疲労性が優れ、耐クリープ性が良好なエンジニアリン グプラスチック。

6.1∼6.3

7.15∼7.85

12∼20

ユニチカで開発した耐熱性プラスチックで機械強度、衝撃強さ、電気絶縁性 に優れている。

11

温湿度による膨張が大きいが、透明性に優れ軽くて強靱です。耐候性、電気 絶縁性、耐薬品性が良好です。

ラックケース

5∼9

5.62∼7.73

2.18∼2.73

5∼19

1.05∼2.46

1.7∼8.6

安価で耐候性に優れている。

資料なし

資料なし

1.6∼2.7

中級電気特性を有し機械加工性が良い。色は変色しやすいので、直射日光の あたる場所は避けて下さい。

2.1

̶

̶

エポキシ樹脂にガラス不織布を織り込んで積層プレスしてつくられた材料で、 プリント基板や電気、電子部品分野の他多方面で用いられています。

システムケース /サブラック

12

資料なし

0.95∼2

不破壊

一般にゴム類の様な弾性の顕著な高分子材料のことを指し、ブレンド配合は 無限にある。

資料なし

0.08

2.2∼110

軟質の熱可塑性エラストマから硬質のフォームにいたるものがあり、2種類の 成分を混合し、常温で反応させる。

資料なし

0.08

135以上

耐熱、耐寒性が良く、物質的性質は温度変化してもあまり変わらなく、耐薬 品性、耐水性に優れている。

資料なし

0.08

資料なし

ネオプレーンは特に油溶性、化学薬品類に対しては、耐性を有するスポンジ です。

資料なし

0.08

資料なし

耐候性、耐オゾン性に優れるが、耐油、耐溶剤、耐熱性が劣る。

棚板/ ラックパネル

13 シールド対策/ 熱対策部品

14 アクセサリー/ プリント基板

15 機構材

16

資料なし

3∼30

破損せず

天然ゴムは最も古くから使われている弾性材料・硬質成形材料(エポナイト) の一種で、大量に産出し値段が安い。

資料なし

5∼25

資料なし

耐油性ゴムとして広く使用されている。 耐薬品性に優れ、耐候性に劣っている。

カスタム製品

注3. EVA樹脂は、エラストマと呼ばれる高分子材料のひとつです。ブレンドの配合比率によって物理的性質・機械的性質がすべて 異なります。代表例として表示してあります。

技術資料

価 標準価格表

技− 24


目 型番目次・ Photo INDEX

1

樹脂の化学的耐性

アルミサッシ ケース

名   称

記号

注1

弱酸

強酸

弱アルカリ 強アルカリ ガソリン 石油

2

4 メタルケース

ケース・ボックス

3

5

高温の

グリス エタノール メタノール 水蒸気

海水

ABS

ABS

×

×

×

難燃性ABS

ABS

×

×

×

耐熱性ABS

ABS

×

×

×

ポリカーボネート

PC

×

×

×

×

×

PCGF

×

×

×

×

×

UPGF

×

×

×

×

×

PS

×

×

×

×

×

変性PPO

×

×

×

×

PA6

×

×

×

PA66

×

×

×

アルミフレーム ケース

フリーサイズ メタルケース

切削油 機械油

ポリカーボネート グラスファイバー 不飽和ポリエステル グラスファイバー GPスチロール

プラスチック ケース

(ポリスチレン)

6

6ポリアミド

電池ボックス/ 電池ホルダー

(6ナイロン)

7

(66ナイロン)

防水・防塵 アルミ ダイキャスト/ ステンレスボックス

ポリプロピレン

PP

×

×

×

ポリエチレン

PE

×

×

×

×

防水・防塵 樹脂ボックス

9

66ポリアミド

部      品

8

ノリル

ポリブチレンテレフタレート

PBT

×

×

×

×

ポリアリレート

PAR

×

×

×

×

アクリル板

PMMA

×

×

×

×

×

塩化ビニール

PVC

×

×

×

×

パネルインストル メントケース/ DIN レールケース

10 システムケース /サブラック

11

天然ゴム

NR

×

×

×

×

×

×

ポリウレタンスポンジ

PUR

×

×

×

×

×

×

シリコンスポンジ

SI

×

×

×

ネオプレーンスポンジ

CR

×

×

EPDMスポンジ

EPDM

×

×

×

ニトリルゴム

NBR

×

×

ラックケース

12 棚板/ ラックパネル

○ 変化なし △ ある程度変化あり × 変化あり − 資料なし (実用試験にてご確認の上ご使用下さい。) (使用に耐えません) 注1. プラスチックの長期にわたる劣化データーは少なく、同じプラスチックでも結晶化度・配向、分子量などの物性により劣化 の進行に差異が生じます。あくまでも目安としての耐性表ですので、実際のご使用は実用試験でご確認の上ご使用下さい。

13 シールド対策/ 熱対策部品

樹脂製品のメンテナンスの洗剤

プラスチック製品の汚れを拭きとる場合は、中性洗剤を使用して下さい。 弱アルカリ性・弱酸性のクリーナーは、クラックを発生させる原因となりますので、各 メーカーの使用上の注意を良く読んで確かめて下さい。

14 アクセサリー/ プリント基板

15 機構材

樹脂の接着剤 ABS樹脂

16 カスタム製品

ポリカーボネート

EP−330(セメダイン)

接着用溶剤

3000DH(セメダイン)

メチルエチルケトン

EP−330(セメダイン)、1500(セメダイン)

接着用溶剤

3000DH(セメダイン)

塩化メチレン ●溶剤は塗料店でお買求め下さい。

技術資料

シリコンゴム

価 標準価格表

技− 25

KE45T(信越化学工業(株))

硬化後はゴム弾性体になります。


目 型番目次・ Photo INDEX

電池ボックス・電池ホルダー使用上の一般的な注意事項 1.各種電池の外形寸法(最大寸法値) 電池サイズ

円筒形電池の外径や端子寸法は、JIS. IEC. ANSIに規定されていますが ℓ寸で1.3mm、外周でφ1mmの差がありますので注意して下さい。

最大寸法値

通  称

外径 φ

長さ ℓ

JIS・IEC規格名称 アルカリ乾電池 マンガン乾電池 ニッケル水素電池 円筒形リチウム電池

単1形

UM−1

D

34.2

61.5

LR20

R20P/R20PU

単2形

UM−2

C

26.2

50

LR14

R14P/R14PU

SC

23

43

A

17

50

1 二酸化マンガン リチウム電池

アルカリボタン電池

アルミサッシ ケース

2 アルミフレーム ケース

3 フリーサイズ メタルケース

CR8L

単3形

UM−3

AA

14.5

50.5

LR6

R6P/R6PU

単4形

UM−4

AAA

10.5

44.5

LR03

R03

AAAA

8.4

55

単5形

UM−5

N

12

30.2

LR1

R1

4

CR6L

メタルケース

5 プラスチック ケース

006P

9V

̶

17.5×26.5×48.5

リチウム電池

CR2

̶

15.6

27

CR15H270

CR123A

̶

17

34.5

CR17345

コイン電池

CR2032

̶

20

3.2 t

CR2032

CR2450

̶

24.5

5t

CR2450

ボタン電池

LR44

̶

11.6

5.4 t

6LR61/6LR61Y 6F22/6F22Y

6 電池ボックス/ 電池ホルダー

LR44

7 防水・防塵 アルミ ダイキャスト/ ステンレスボックス

8 2. 当社電池ボックス端子のハンダについて   従来の鉛ハンダに比べ、鉛フリーハンダは、融点が約40℃あがります。樹脂部に熱が伝わりやすく溶融する場合がありますの

9

で、ハンダメーカーとご相談の上すばやくハンダして下さい。(3秒以内)

3. ボタン電池ホルダー、コイン電池ホルダーの洗浄について   電池ホルダーを基板にハンダ付けした後基板の洗浄が必要な場合、洗浄剤の種類によっては、ホルダー樹脂部に悪影響を与えク ラック等の障害を発生させる場合がありますので、十分ご確認の上ご使用下さい。

4. 電池ホルダーを樹脂ケースに接着する場合   樹脂どうしの接着剤に関しては左ページの接着剤・溶剤をご覧下さい。また、接着剤によっては、固化の過程で樹脂表面の白化 やクラックの原因になりますので、事前に十分ご確認の上ご使用下さい。

5. 電池ボックスのガタ付防止について   アルカリ乾電池・マンガン乾電池の外形はメーカーによって異なります。また、ホルダーも最大直径から若干の余裕をみてあり ますのでカタカタします。フタ側に専用スポンジSCMシリーズをお使いいただき電池を押さえる様お進めします。

7. 誤挿入防止構造について (対象製品:LD-2、LD-3、LD-4、MD-2、MD-4、SGM-135、LMシリーズ、LDN-2、LDN-3、LDN-4)   アルカリ乾電池・マンガン乾電池を対象にした構造ですので充電式電池の場合は外形・形状が異りますので充分ご確認の上ご使

10 システムケース /サブラック

11 ラックケース

12 13 シールド対策/ 熱対策部品

14

用下さい。また、アルカリ乾電池、マンガン乾電池の場合も規格寸法(上記1)に差がありますので、ご注意下さい。

8.誤挿入防止構造のない製品について(対象製品:MPシリーズ、 リチウム電池ホルダー、 GHシリーズ)   電池の逆挿入は大変危険ですので電池を入れる際は、必ず電池の方向性を確認の上ご使用下さい。

アクセサリー/ プリント基板

9.許容電流について   当社電池ボックス、電池ホルダーのリード線の電流許容値は、26AWGは4.1A、24AWGは5.4Aですが、周囲温度により電流値 が変わりますのでご注意下さい。またコネクタや圧着端子等から電流値が制約される場合がありますので必ずご確認下さい。 TA:周囲温度

パネルインストル メントケース/ DIN レールケース

棚板/ ラックパネル

6. ハンダ時のフラックスについて   端子部と樹脂の間にフラックスが流れ込んで膜をつくると接点不良の原因になりますので充分ご注意ください。

周囲温度による補正許容電流値

防水・防塵 樹脂ボックス

例:26AWGを周囲温度50℃で使用する場合

15 機構材

16 カスタム製品

定格温度 80℃

80−TA ×基本許容電流値(A)       =0. 80−50 866×4.1A≒3.55A 補正許容電流値(A)≒      40 40

定格温度105℃

補正許容電流値(A)≒      105−TA ×基本許容電流値(A) ・許容電流値は目安であり保証値ではありません。 65

技 技術資料

価 標準価格表

技− 26


目 型番目次・ Photo INDEX

1

品質マネジメントシステムについて

アルミサッシ ケース

株式会社タカチ電機工業は、あらゆるお客様にご満足いただけるように国際規格の品質マネジメ ントシステムISO9001を取得し、品質保証システムを構築しております。

2

お客様のニーズにあった商品開発体制、少ロット多品種・品質レベル向上を追求する生産体制、

アルミフレーム ケース

お問い合わせ・お引合い・ご要望に迅速に対応できる販売、即日発送、サービス体制を継続的に

3

改善する品質保証システムを追求しています。

フリーサイズ メタルケース

4 メタルケース

5 プラスチック ケース

6 電池ボックス/ 電池ホルダー

環境保全の取組みについて

7

地球環境問題は、人類共通の重要課題であり、企業活動においても経営の最優先課題と考えてい ます。弊社におきましては微力ながら環境に配慮した製品開発、生産活動、環境保全システム作

防水・防塵 アルミ ダイキャスト/ ステンレスボックス

りの取組みをスタートしました。

8

省資源・リサイクル・リユース・リデュースの取組を柱に、禁止物質、削減物質、管理物質の3

防水・防塵 樹脂ボックス

グループに分け、対象化学物質の含有状態を的確に把握し管理して参ります。特にはRoHS指令

9

対応のため製品に使用しているクローメイトメッキを六価クロムから三価クロムへ2006年6月を もって切り換えが終了しております(本カタログに掲載されている全ての製品はRoHS 6物質対応

パネルインストル メントケース/ DIN レールケース

です)。今後もより一層お客様に安心してお使いいただける製品の開発に取組んでまいります。

10 システムケース /サブラック

環境負荷物質規制一覧表

11 ラックケース

12 棚板/ ラックパネル

13 シールド対策/ 熱対策部品

14 アクセサリー/ プリント基板

15 機構材

16 カスタム製品

化学物質名

規制法令

法規制値

1

カドミウム及びその化合物

RoHS指令・ELV・EU指令・米国包装材規

100ppm 包装材100ppm

2

六価クロム化合物

RoHS指令・ELV・EU指令・米国包装材規

1,000ppm 包装材100ppm

3

鉛及びその化合物

RoHS指令・ELV・EU指令・米国包装材規

1,000ppm 包装材100ppm

4

水銀及びその化合物

RoHS指令・ELV・EU指令・米国包装材規

1,000ppm 包装材100ppm

5

ポリ臭化ビフェニール(PBB)

RoHS指令・EU指令・独ダイオキシン法

0.1wt%

6

ポリ臭化ジフェニルエーテル(PBDE)

RoHS指令・EU指令・独ダイオキシン法

0.1wt%

7

ポリ塩化ビフェニール(PCB)

化審法・EU指令

意図的な使用を禁止

8

ポリ塩化ナフタレンcl≧3(PCN) 化審法

意図的な使用を禁止

9

短鎖型塩化パラフィン(CP)

EU指令・独ダイオキシン法

意図的な使用を禁止

10

ビス(トリブチルスズ)=オキシド(TBTO)

化審法

0.1wt%

11

トリフェニルスズ(TPT)

化審法

0.1wt%

12

アスベスト類

EU指令・独化禁規制・安衛法

0.1wt%(独規制)

13

アゾ染料・顔料

EU指令・独日用品規制

特定アミンとして30㎎/㎏(30ppm)

14

オゾン層破壊物質

モントリオール議定書、オゾン層保護法

意図的な使用を禁止

15

放射性物質

原子炉等規制法

意図的な使用を禁止

16

ポリ塩化ビニル(PVC)

各社自主規制

意図的な使用を禁止

17

ホルムアルデヒド

独化禁規制、デンマークホルマリン法、建築基準法

0.1ppm(独) 0.15㎎/m3(デンマーク)

※合金成分として鋼材に含まれる0.35wt%、アルミ材含まれる0.4wt%及び銅材の4wt%までの鉛は除く。

技術資料

価 標準価格表

技− 27


目 型番目次・ Photo INDEX

1 法規名

概        要

EU指令

欧州連合理事会と欧州委員会が制定する法令の一つで、拘束力はあるがその目標達成のための手段 は各加盟国に任される。 EU官報に採択された年度/指令番号で公示される。

(EU Directive)

RoHS指令 (有害物質使用規制指令)

化審法

化学物質の審査及び規制 に関する法律

PRTR法

アルミサッシ ケース

特定化学物質の環境への排出量の把握 等及び管理の改善の促進に関する法律

Restriction on (/of the use of certain) Hazardous Substances 欧州での有害物質使用期制の指令で、電気・電子機器から有害物質である水銀、カドミウム、鉛、 六価クロム、PBB、PBDE(特定臭素系難燃剤)を使用禁止としている。 発効は2006年7月。 PCB問題を契機に1973年に制定され、1986年に大幅な改正が行われた。難分解性・高蓄積性かつ慢 性毒性を有する特定化学物質を第1種特定化学物質とし、蓄積性は低いものの慢性毒性を有する、 または、疑われる化学物質を新たに第2種特定化学物質及び指定化学物質として規制を設けた。 第1種特定化学物質 11種類、第2種特定化学物質 23種類 Pollutant Release and Transfer Registor:環境汚染物質排出・移動登録を主な内容とするが、 MSDSもPRTRによる化学物質の排出移動量の把握を行ううえで重要な基礎となるとして両者が この法律に収められた。 目的は事業者による化学物質の自主的な管理の改善を促進し環境保全上の支障を未然に防ぐことに ある。

Material Safety Date Sheet 化学製品の危険有害性について、安全な取扱を確保するために物質名・供給者名・分類・危険有害 (化学物質安全性データシート) 性・安全対策及び緊急事態の対策などに関する詳細で不可欠な情報を含んだ資料。

MSDS

Chemical Abstracts Service Registy Number:化学物質を識別する番号。 もともと化学構造と各種化学名を同定する番号であったが、コンピューターによるオンライン検索 が普及するとともに化学物質を特定する番号として普及している。 1998年の登録数は、1800万に達している。

CAS. NO

労働基準法の安全衛生労働災害等に関する内容を引き継いで労働者保護のため1972年に制定され た。特に化学物質による労働者の健康障害及び職業癌を防止するために「化学物質の有害性の調査 制度」が制定された。 この他にも製造等の禁止物質、製造の許可物質および表示制度がある。

安衛法 (労働安全衛生法)

1970年の「公害国会」で制定され一般廃棄物と産業廃棄物を区分しそれぞれの処理体系を整備し、 2000年の大改正を経て今日に至っている。 廃棄物の排出抑制・廃棄物の適正処理・生活環境の清潔保持により、生活環境の保全と公衆衛生の 向上を図ることを目的としている。

Montreal Protocol on Substances that Deplete the Ozone Layer 1985年の「オゾン層の保護のためのウィーン条約」を受けて、オゾン層を破壊する特定物質の生産 量・消費量の規制を決めた。これを受けてわが国でも「特定物質の規制等によるオゾン層の保護に 関する法律」を制定し実施している。

廃掃法

廃棄物の処理及び 清掃に関する法律

モントリオール議定書

オゾン層を破壊する物質に 関するモントリオール議定書

京都議定書 ELV指令 (廃自動車指令)

WEEE指令 (廃電子電気機器指令)

先進国の温室効果ガス排出量について、法的拘束力のある数値目標を各国毎に設定。国際的に協調 して目標を達成するための仕組みを導入。対象ガス:二酸化炭素、メタン、一酸化二窒素、HFC、 PFC、SF6。 EUにおける使用済み車輌からの廃棄物低減、適正処理を目的とした指令。4有害物質(カドミウム、 鉛、水銀、六価クロム)が規制されており、2003年7月から適用。 廃家電、廃電子機器を分別収集し、回収量、リサイクル率の向上を促すことにより、電気電子機器 の廃棄物の予防・減量と、環境負荷低減に結びつけることを意図している。2005年8月発効。

2 アルミフレーム ケース

3 フリーサイズ メタルケース

4 メタルケース

5 プラスチック ケース

6 電池ボックス/ 電池ホルダー

7 防水・防塵 アルミ ダイキャスト/ ステンレスボックス

8 防水・防塵 樹脂ボックス

9 パネルインストル メントケース/ DIN レールケース

10 システムケース /サブラック

11 ラックケース

12 棚板/ ラックパネル

13 シールド対策/ 熱対策部品

14 アクセサリー/ プリント基板

用語解説

概        要

リサイクルとリユース

リサイクル=商品の再商品化。使用済みの物を使用前の状態に戻して利用したり別の物に変化させ て再生すること。 リユース=再利用。たとえばビール瓶の様に繰り返し使用すること。

リデュース

廃棄物の発生抑制。製品の省資源化、長寿命化等による廃棄物の発生抑制のことで製品の設計段階 から対策を講じた設計をし循環型経済システムの一環を担っている。

禁止物質

国内外の法律で製造禁止、使用禁止が決められている物質群。

削減物質

国内外の法規制などが強化されて使用の削減や禁止が想定される物質。

管理物質

国内外の法規制において使用は禁止されていないが、使用実態を把握し自主的に削減やリサイクル、 適正な処理を行う物質で使用量・製品の含有量の把握や適切な管理をする物質群。

15 機構材

16 カスタム製品

技 技術資料

価 標準価格表

技− 28


目 型番目次・ Photo INDEX

用語解説

1 アルミサッシ ケース

2 アルミフレーム ケース

用 語 アール(R)

ケースの角及びへりの丸みをつけた半径を表しています。

アルマイト

陽極酸化皮膜処理。アルミニウム独特の表面処理である。しょう酸、硫酸等の電解液の中でアルミを陽極として電解すると多 孔質の皮膜が生成される。この皮膜は耐食性、耐摩耗性、絶縁性に優れ、多孔質を利用し着色をすることができる。材料の純 度が高いほど緻密で透明な皮膜が得られる。アルミサッシ等に使われる。

アロジンメッキ

アルミニウムに施すクローメイトメッキのことで導通が必要な場合に使用されます。タカチ電機ではクリアーアロジン(白色) を使用しています。

圧延

2本の回転ロールで材料を延ばしたり成形したりすること。この方法で作られた金属製品を圧延品という。また圧延機のこと をミルともいう。再結晶温度以上の高温で圧延することを熱間圧延といい、厚板・ステンレスのアングル・チャンネル・丸・ 四角・平棒などは熱間圧延で作られる。一方、再結晶温度未満で圧延することを冷間圧延といい、主に薄板の製造に用いられ る。

3 フリーサイズ メタルケース

4 メタルケース

5 プラスチック ケース

解      説

Advaced TCA

Advaced Telecom Computing Architecture 米国PIGMGが策定したテレコム分野用機器の標準規格。

ASTM

American Society for Testing and Materials アメリカ材料試験協会 あらゆる工業材料に関する研究と仕様書及び試験方法の標準化をすすめ、規格の種類は大きく5分類に分けられる。ASTMで は認証制度を持っていないので規格に合致していることを表示するのは各製造者の責任です。

6

インサートナット

プラスチック製品のボス等に、タッピングビスなどでネジ山がつぶれないよう強化するために埋め込む金属ナット。

電池ボックス/ 電池ホルダー

ISO(イソ)ネジ

ISO(国際標準化機構)に規定されたネジの総称。

ISO9001

ISOにおける品質保証システムの一連の規格であり、ISO9001は設計段階からアフターサービス段階に至るまでの20の品質保 証要素の確率を要求しており、その要求に合致した品質保証システムを確立し、実行している企業に対して、その企業の品質 保証の地位が証明されるものです。

ISO14001

ISOにおける環境管理に関する規格の総称です。「環境管理システム」「環境監査」「環境パフォーマンス評価」「ライフサイク ルアセスメント」 「環境ラベリング」からなり、地球環境問題に欠くことのできない国際規格です。

移行性

加硫成形によるゴム製品は、その配合組成によって使用上接触物を汚染してしまいそのあとを汚すことを移行性といいます。

ウェルド

プラスチックの成形の際に合流箇所でできる接合線のことです。

NBR

ニトリルゴム。ブタジエン・アクリロニトリル共重合体で耐油性、耐摩耗性、耐老化性が良い。

Wt%

weight percent 質量百分率。混合物中の分率は、その物質のグラム分子数と全物質のグラム分子数の総和との比。

EVA

塩化ビニル共重合樹脂。エラストマの一種。柔軟で低温でも硬くなりにくく衝撃強度が大きい。またゴムに比べ軽量で耐オゾ ン性が良く無毒です。

ESD対策

静電気放電対策 電子機器を静電気から保護し、部品の破損を防ぐため静電気を安全に放電させるための対策。

エンボス板

ロール圧着法により半硬質塩化ビニールシートを、アルミ、ステンレス等にラミネートし表面に凹凸模様を施したもの。化粧 板、主に家電品、建材に使われる。

7 防水・防塵 アルミ ダイキャスト/ ステンレスボックス

8 防水・防塵 樹脂ボックス

9 パネルインストル メントケース/ DIN レールケース

10 システムケース /サブラック

11 ラックケース

12 棚板/ ラックパネル

13 シールド対策/ 熱対策部品

14

FRP (強化プラスチック) エクストラクター

Extractor。挿抜。挿入したり抜き取ったりするためのハンドルでIEEE 1101.10に規格化されています。

HP

Horizontal Pitch。システムケース・サブラックのW方向のピッチを表わしています。1HP=5.08㎜です。IEC 60297で規格 化されています。

エラストマ

一般にゴム類のような弾力性の顕著な高分子材料をいう。

エンクロージャー

Enclosur ケース・ボックス・ラック等の英語表現。

エンジニアリング プラスチック

工業部品やハウジングのいわゆる工業用材料として用いられるプラスチックで、強度・耐衝撃性・耐熱性・硬度・老化性にす ぐれたプラスチックです。 PC(ポリカーボネート)、PA(ポリアミド) 、ポリアセタール、不飽和ポリエステル、フェノール樹脂等。

SWRM

軟鋼線材

MSDS

Material Safety Data Sheet. 化学物質安全性データシート 化学物質の名称、物理化学的性質、危険有害性(ハザード)、取扱い上の注意等についての情報を記載したシート。

押出材

加熱したビレット(主に円柱形の鋳塊)をコンテナという筒の中に入れ、出口に求める形状に加工された金型(ダイス)を置 き、圧力をかけて押し出す加工をいい(前方押出し、後方押出しがある) 、通常押出性をよくするために熱間にて押出をする。 アルミニウム合金や銅、黄銅などの非鉄金属の棒、管、異形材の製造に利用される。サッシ材として主に使用される63S型材 は代表的なものである。

オーステナイト

面心立方格子のγ鉄に炭素(C)を最大2.1%まで固溶した固溶体組織で、727℃以上の高温で安定な組織であり、通常、常温 では存在しない。しかし、オーステナイト生成元素のNi、Mnを多量に固溶すると常温に於いてもハチの巣のような六角形の 結晶粒を示すオーステナイト組織が得られる。

Oリング

断面がO形(円形)の環状パッキンで、一般に溝に装着し適度に圧縮させて油、水、空気、ガスなど多種多様な流体のシール として使用します。当社ではBDNシリーズの防水防塵用パッキンとし使用しています。

オレオベント処理

発油処理。フィルター表面に油がつきにくいように処理を施すこと。

アクセサリー/ プリント基板

15 機構材

16 カスタム製品

技 技術資料

fiber reinforced plasticsの略、ガラス繊維などの強力な繊維を加えたプラスチックで、強度・剛性・耐熱性などの性質を向 上させた複合材料の通称です。

カ 化学研磨

価 標準価格表

技− 29

金属表面の平滑さを改善するため、種々の組成溶液中に侵せきし、平滑な光沢面とする方法。


目 型番目次・ Photo INDEX

用語解説

1

用 語

アルミサッシ ケース

解      説

化学梨地

特定の溶液中に侵せきして化学的に梨地面を付与させる方法を言う。

ガスケット

防水・防塵ボックスの上カバーと下カバーの間の溝に使用しているスポンジ状のパーツで、当社ではネオプレーンガスケット・ ポリウレタンガスケット・シリコンガスケットの3種類を使用しています。

カラーアルミ

通常アルミニウム条(ロール)を連続塗装焼付したもの。塗料は熱硬化性アクリル樹脂系、ポリエステル樹脂系が主体であり 皮膜の厚さは通常20μm程度である。豊富な色彩と耐候性をかねそなえ、後加工ができる。

筐体(きょうたい)

ケース・ボックス・ラック等を表す専門用語です。

キー/コーディング

ボード、プラグ・イン・ユニットの誤挿入、接続を防止する機能。

クロームメッキ

クロームは、磨くと高度の光沢が得られ、また硬さが大であり耐摩耗性、耐食性、耐熱性、密着性が良く広く工業用に使用さ れている。メッキの最上層に施される薄いクロームメッキは、装飾用の光沢メッキであり、特有の深みを有する色調は、あら ゆる部品の最終仕上げとして利用されている。 電気亜鉛メッキ有色クローメイト処理。電気亜鉛メッキ後に防食皮膜を生成する処理で、クローメイトは今まで六価クロムを 使用していたが、環境的配慮から現在は三価クロムへの変更が進められている。

ケーブルグランド

ケース等にケーブルを引込む時に使用するケーブル専用ホルダーのこと。

硬 度

JISK6250∼JISK6264に規定されたゴム・スポンジ類の試験方法で計測した数値で0∼100°で表わし数値の大きいほど硬いと いうことになります。

Compact PCI

PCIバスを工業製品に応用することを目的として、米国PICMG(ピック・エム・ジー)が策定したバス規格。機構面では長 期安定稼働で信頼性が向上しているので、FA分野ではPCIに続くバスとして市場が拡大されている。

六価クロムメッキの代替として使用される技術で、三価クロム塩を主成分とするため毒性はなく、環境に適合したメッキです。 プラスチック製品の表面に細かい凹凸をつけたもの。つや消し又は半つやの状態でキズが目立たない仕上げ。

シールド

電磁遮蔽。ケース(筐体)の導電及び電磁的密閉によりケース内部の電子機器から輻射ノイズ、又は外部機器からの誘導ノイ ズの遮断。

自己消火性

炎に接すると燃えるが炎を取り除いたとき自然に消火する性質のことで、自消性・難燃性とも言います。

射出成形

インジェクション モールデイング。成形材料をシリンダー内で加熱して溶かし、閉じた金型の中に高圧注入し固化させるこ とにより成形品を作る方法です。

質     別

 アルミ

H2n

加工硬化後、適度にやきなまして調質したもの

H3n

加工硬化後、安定化処理をしたもの

 伸銅品

6 電池ボックス/ 電池ホルダー

7 8 9 パネルインストル メントケース/ DIN レールケース

10 システムケース /サブラック

Tは熱処理によって高い強度をうる処理の事で、T5は熱間加工から急冷し、その後焼き戻したもの

H

引張強さが3/4HとEHとの中間の状態のように加工硬化したもの

1/2H

引張強さが1/4HとHとの中間の状態のように加工硬化したもの

1/4H

引張強さが1/8Hと1/2Hとの中間の状態のように加工硬化したもの

11 ラックケース

真空注型

シリコンゴムからの反転型を利用し、原型より数個から数十個の製品を作ります。肉厚の不同によるヒケがほとんどなく薄肉 が可能です。

GND対策

アース対策 危険な高電圧から人体を保護するための対策。

ジュラコン

ポリアセタール(POM)

ジンコート21

電気亜鉛めっき鋼板をベースにクロムフリーの封孔処理したもので耐食性に優れ、環境性も良い鋼板。

すずメッキ

近年になって光沢性、ハンダ付け性、防食性の優れた光沢メッキが得られるようになってからは、電子部品のめっきに注目さ れている。

ステンレス磨き処理 #400

鏡面に近い光沢を持った仕上げで400番バフによって研磨仕上げしたもの

砂型鋳造

木型に砂をつめて鋳型を造る製法。大型製品に適しています。

スパイラル型

ケーブルを屈曲から保護するためにら線構造をそなえたケーブルグランド。

石膏鋳造

マスターモデルからシリコンゴム型を取り数個の石膏型を造り製造します。ダイキャストに迫る精度でアンダーカットが可能。 金型を使用しません。

12 棚板/ ラックパネル

13 シールド対策/ 熱対策部品

14 アクセサリー/ プリント基板

15

タ ダイキャスト

5

防水・防塵 樹脂ボックス

*n には2・4・6・8の数字が入り強さの度合いを表します。8:硬質、6:3/4硬質、4:1/2硬質、2:1/4硬質 T5

メタルケース

防水・防塵 アルミ ダイキャスト/ ステンレスボックス

シボ

加工硬化のみ

4 プラスチック ケース

H1n

3 フリーサイズ メタルケース

クローメイトメッキ

三価クロムメッキ

2 アルミフレーム ケース

圧力を加えた溶湯を金型に注入して成形する代表的な鋳造法である。寸法精度がよく、鋳造肌も機械仕上げと同程度に上がり、 量産に適している。比較的融点の低い、亜鉛合金、アルミニウム合金、黄銅などの鋳造に使われる。

耐候性

各種製品を屋外で使用する場合の気候条件に対しての耐用性を示す言葉です。

DIC(ディック) 色見本

大日本インキ化学で発行する色見本帳のことで、シルク印刷のインクの色指定に「DICの何番」という形で使われます。

DINレール

EN50022で規定されている規格レールでDIN レール架装仕様の電気機器を設置するために使われます。

機構材

16 カスタム製品

技 技術資料

価 標準価格表

技− 30


目 型番目次・ Photo INDEX

用語解説

1 アルミサッシ ケース

2 アルミフレーム ケース

3 フリーサイズ メタルケース

4

用 語 ディップハンダ (ソルダリング) テーパー

こう配のついた形状。 

電食

金属のそれぞれが持っている電位の差で多湿・結露・雨等により接触面に電流が流れ孔食が発生し腐食が促進されること。

導電塗料

特に樹脂のシールド用に開発された塗料で、塗料の中にニッケルフィラー(細い糸状のもの)もしくは銅の粒子を混入し塗装 後も通電する塗料のことです。

トルク

ビスを締る時の強度を表わし単位はN・m(ニュートン・メートル)で表示されます。1Nm≒10.2kgf・cm

トルクスビス

通常のドライバーでは締めたり、ゆるめたりできないヘッド形状のビスの一種で、通常のビスよりトルクがかけられるビス穴 形状になっています。トルクスは開発メーカーである米カムカー社の登録商標で、ISO規格における名称は「ヘクサロビュラ」 です。

メタルケース

5 プラスチック ケース

6 電池ボックス/ 電池ホルダー

7 防水・防塵 アルミ ダイキャスト/ ステンレスボックス

8 防水・防塵 樹脂ボックス

9 パネルインストル メントケース/ DIN レールケース

10 システムケース /サブラック

11

解      説 部品を取り付けたプリント基板を溶融ハンダ槽の静止した表面上に接触させることによって露出している導体パターンと部品 の端子のすべてを同時にハンダ付けする方法。

ナ ニッケルメッキ

ニッケルは、極めて有用な金属である。空気や湿度に対して鉄よりはるかに安定であることから装飾、防食の両面に利用され ている。但し、メッキの表面は空気中でわずかに変色するため、美観の付与と保持に役立つクロームメッキをして仕上げる場 合が多い、ニッケルの厚メッキは、肉盛りや電鋳以外にも適度の硬さや耐食性がかわれ多くの工業用的用途がある。

日塗工色番

社)日本塗料工業会の塗料用標準色見本帳(2年ごとに発行)で標準化している色票番号のことです。マンセル値での塗装色 の指定は、色違いの原因となるため、この日塗工色番で指定して下さい。

抜きこう配

金型から成形品の取り出しを容易にするために見込むこう配の量で、当社のプラスチック製品・ダイキャスト製品にはすべて 抜きこう配があります。

熱変形温度

一定の形状寸法の試験片に所定の荷重を与えながら加熱し、ある一定の変形量に達したときの荷重たわみ温度のこと。JIS Z2391及びASTM材料試験規格にもとづいてテストを実施した結果です。実際の製品をその温度において長時間使用しても異 常を示さないという温度ではありません。

ネオプレーンスポンジ

単泡の集まったスポンジで、当社では防水・防塵ボックスのガスケットとして使用しています。

ハ バックプレーン

プリント基板、各種カードやモジュールを接続するための接続板。マザーボード(同義)。

バフ

布製あるいは適当な物質の研磨輪を用いて光沢を出す研磨方法。

バレル研磨

材料を研磨剤とともに回転させるか、振動容器に入れて研磨する方法で、乾式と湿式がある。バリ取りまたは表面の美観を目 的に行われる研磨方法。

パシペート処理

ステンレス製のネジ、ナットなどを稀硝酸に浸すことで、表面に酸化クロム被膜(不動態被膜)を作り化学反応性をなくし錆 び、腐食しにくくする処理。

光造形

3次元データを用いて光造形装置を使い、直接製品を仕上げる製法で、金型は使用しません。

ひけ

樹脂成形品等の表面に生じる、くぼみ。冷えて硬化する間に表面と内部に時間差が生じ表面が内部に引張られて起る。

PTFE

ポリテトラフロロエチレン。フッ素樹脂の中でも最も化学的安定性の高い樹脂です。ゴアテックス社ではデュポン製のものを 使用しています。

ラックケース

PGネジ

DIN(ドイツ規格協会)40430に基く管用ネジ規格でヨーロッパ各国で使われています。国内ではPFネジが主流です。

PBT

エンジニアリングプラスチックのひとつ、ポリブチレンテレフタレートの記号 強靱さがあり、耐疲労性、耐熱性、耐候性が良く、電気特性にすぐれている。

PAR

エンジニアリングプラスチックのひとつ。ポリアリレートの記号 耐衝撃性が良く、耐熱性も高く、難燃性です。

ppm

part per million 100万分の1。主に濃度を表す単位。

PPS樹脂

ポリフェニレンサルファイド 耐熱性にすぐれ、ガラス繊維との親和性もよい。難燃性で耐薬品性にすぐれ磨耗性も少なく、 非粘着性をもつ。強度があり機械、電気などの部品に用いられる。

14

B1アルマイト

アルマイト膜厚が9ミクロンの意。

アクセサリー/ プリント基板

B2アルマイト

アルマイト膜厚が6ミクロンの意。

ビッカース硬さ

対面角136°のダイヤモンド正四角錘圧子を用い、試験面にピラミッド形のくぼみをつけた時の試験荷重を、永久くぼみの対角 線長さから求めた表面積で除した商で表します。

フラックス

ハンダ付けする部分(母材)の表面に付着した油脂分、酸化膜などを化学的に清浄し溶融したハンダの表面張力を緩和してハ ンダを流れ易くするための活性剤の総称。主成分は松脂。樹脂は、すべてフラックスの洗浄に対して、クラックを発生させる 原因となりますのでご注意下さい。

VME

VMEはモトローラー社、シグネティック社、モステック社が共同開発し、1983年にIEEE(電気電子技術者協会)で規格制定 された16ビット、32ビットマイクロプロセッサー応用製品を中心に使用されているバスシステムです。

フローマーク

射出成形において、溶融材料の流れの経路が成形品の面に残り縞状や波状の外観状の模様のこと。

ブロンズアルマイト

青銅色の顔料を使い色を付けたアルマイトメッキのことで当社独自の色調です。同じアルマイトでも、メッキの日時・材料の 違い等で仕上がりの色調に差がでます。

粉体塗装 パウダーコーティング

粉末状(固体)の塗料を静電気を使用して塗布する塗装方法で、有機溶剤などの溶媒を使用しないため環境にやさしい塗装方 法です。弊社ではBDNシリーズに採用しています。

12 棚板/ ラックパネル

13 シールド対策/ 熱対策部品

15 機構材

16 カスタム製品

技 技術資料

価 標準価格表

技− 31


目 型番目次・ Photo INDEX

用語解説 用 語 ヘクサロビュラ

1 アルミサッシ ケース

解      説 今までトルクスと呼ばれていたネジは米カムカー社の登録商標で、トルクスの名称が使用できなくなった為、別称としてISO 規格、JIS規格での名称「ヘクサロビュラ」に変更しました。カムアウト(ドライバーがネジから浮き上がろうとする現象) がなく、専用ドライバーが必要な為、いたずら防止にもなります。

ヘアーライン(HL)

表面に一定方向に髪の毛の様な筋状の研磨目をつけたもの。アルミやステンレス等に使われる。

ベリリウム銅

銅合金の中で最も高い強度と適度な弾性を持ちばね材料としてきわめて優れた特性を発揮する。また、耐熱性、耐疲労性、電 気導電性についても高い特性を持っている。

ベント

Vent通気孔。空気液体などを抜いたり入れたりする穴。

ベントフィルター

通気フィルター

ホットスワップ

システムがパワーONの状態で機器の挿抜を可能にする機能。

ボス

成形品の面に設けた機能本位の突起部分。取付ベース・PCボード等を固定する時に使われる。

ボンデ鋼板

電気亜鉛メッキ鋼板の通称でさびにくいので無処理のまま使用することもある。

2 アルミフレーム ケース

3 フリーサイズ メタルケース

4 メタルケース

5

プラスチック ケース

無電解メッキ

溶液中での還元反応を利用して、品物の表面にメッキ金属を析出させるもので、金属から非金属まで広くメッキ可能で膜厚精 度が高い。当社では、プラスチックの内部を導電させるために無電解ニッケル(Ni+Cu)を使用した製品ESW、EPRシリー ズがあります。

マンセル値

マンセル値は色の三刺激値、色相、明度、彩度から求められるものですが、測色機によっては、その値がかなり異なることが あります。 マンセル値はある範囲をもった色の目安として取扱い、絶対値としては取扱わないで下さい。マンセル値での色指定は色違い の原因となるため避けて下さい。

電池ボックス/ 電池ホルダー

MIL

Military Specifications and Standars 米軍仕様書・MIL規格

防水・防塵 アルミ ダイキャスト/ ステンレスボックス

メザニンボード

Common Mezzannine Card メザニンとは、中二階の意味で基板の上に小型の拡張基板を増設するためこう呼ばれている。

メトリック

メートルネジ。直径及びピッチをミリメートルで表わしたねじ山角度60°の三角ネジです。フランス・ドイツなどで一般用ね じとして発達したもので現在ではISO規格として国際的に標準化されています。

メッキ

金属の代表的表面処理で、鉄、非鉄全般に広く使われている。加工物をメッキ液中で陰極とし電解して、表面に金属膜を析出 させる電気メッキ、金属塩水溶液中の金属イオンを還元剤に用いて加工物表面に還元析出する無電解メッキ、溶解した金属中 に加工物を浸漬し、その表面に金属を擬固・被覆させる溶融メッキがある。メッキの目的は、美観上、耐食性、耐摩耗性の改 善などである。クロームメッキ、ニッケルメッキ等がある。

メートル並目ネジ

日本で一般的な直径及びピッチをミリメートルで表わしたネジ山の角度60°の三角ネジ。フランス、ドイツなどで一般用ネジ として発達したもの。←→インチネジ(インチを基準にしたネジ)

メンブレン膜

薄樹脂膜

モルトプレーン

複泡の集まったスポンジで当社では電池押えのスポンジ(SCMシリーズ)として使用しています。

8 防水・防塵 樹脂ボックス

9 パネルインストル メントケース/ DIN レールケース

10 11

仕上がり色はニッケルメッキの色に近いシルバー色で、クロームメッキに比べコストが安く上がります。

ラックケース

ラ・ワ 劣化(れっか)

7

システムケース /サブラック

ヤ ユニクロームメッキ

6

高分子物質が加熱されたり光や風雨にさらされた時に、変色・亀裂が起こるなど、物理的・化学的物性が低下する性質をいう。

リデュース (発生抑制)

廃棄物の発生抑制。製品の省資源化・長寿命化等による廃棄物の発生抑制のことで、製品の設計段階から対策を講じた設計を し循環型経済システムの構築の一環をになっている。3R(リサイクル・リユース・リデュース)の一つ。

リフローハンダ (ソルダリング)

既に施してあるクリーム状のハンダを高温炉で溶融させることによってハンダ付けする方法。当社のPC用電池ホルダーは耐 熱温度が低いためリフローハンダはできません。

レジスト

プリント基板の製造及び試験工程中、エッチング液、ハンダ付けなどに対して特定の領域を保護するための被覆材料。当社プ リント基板TNFシリーズのグリーンの部分がそれにあたります。

レザートン塗装

一度平塗りをした塗装表面に二度目の塗装で細かい凹凸をつけた仕上げ。傷、汚れが目立ちにくく高級感がある。

ロックウエル硬さ

ダイヤモンド圧子または鋼球圧子を用いて、最初に基準荷重を加え、次に試験荷重を加え、再び基準荷重に戻した時、この前 後2回の基準荷重における圧子の侵入深さから、リニアゲージ等を用いて硬さを求めるものです。

ワントーン塗装

塗料の中に細かいポリエステルの粒子が混入してあり、1回の塗装で、表面が均一の凹凸に仕上がり、高級感のある製品に仕 上がります。塗装面は多少ザラ付いた調子になります。

12 棚板/ ラックパネル

13 シールド対策/ 熱対策部品

14 アクセサリー/ プリント基板

15 機構材

16 カスタム製品

技 技術資料

価 標準価格表

技− 32


目 型番目次・ Photo INDEX

1 アルミサッシ ケース

2 アルミフレーム ケース

3 フリーサイズ メタルケース

加工上の注意事項 アルミ板加工時の注意 ●カラーアルミ板・ヘアーライン板を曲げ加工する場合には板の裏側を見ると縦横の板目が判りますので、その板目に対してできるだけ直角 に曲げて下さい。板目に対し平行に曲げると表面の塗装にクラックが生じます。

ケース加工時の注意 ●メタルケース(YM、MB、TS)、アルミサッシケースのパネル部、HL材、カラーアルミ材はすべて表面に透明保護シートが貼ってありま すので、加工後シルク印刷等をする場合ははがしてご利用下さい。又耐熱性はありませんので乾燥機等の高温に入れる場合は、必ずはがし

4

てご利用下さい。

メタルケース

5 プラスチック ケース

6 電池ボックス/ 電池ホルダー

7 防水・防塵 アルミ ダイキャスト/ ステンレスボックス

8 防水・防塵 樹脂ボックス

9 パネルインストル メントケース/ DIN レールケース

10 システムケース /サブラック

11 ラックケース

12

アルミ押出材加工時の注意 ●アルミ押出材は、T5(熱処理)処理をして強度を上げていますのでそのままでの曲げ加工はクラックが生じます。 焼き生し後曲げ加工を行って下さい。

ケース・ボックスの塗装・印刷時の注意 ●アルマイト処理をしてあるケース・パネルにシルク印刷を行う時は焼き付け時間を25分以下、焼き付け温度は100℃∼110℃に設定して下さ い。時間が長かったり、温度が高すぎるとアルマイト処理面にクラックが生じます。  尚、2液性のインクをご使用下さい。 ●無処理のアルミダイキャストボックスに塗装をする場合は、生地との密着や防錆効果を上げる為にプライマー工程(下塗り塗装)を入れる 事が重要です。又、上塗り塗装に関しても焼き付け可能な塗料を使用し、焼き付け工程を入れる様にして下さい。

樹脂ケース加工時の注意 ●樹脂ケースをプレス加工する場合は最低、端面から板厚の2倍以上離す様に設計して下さい。  2倍以下ですと、亀裂が生じやすいのでご注意下さい。

樹脂ケースの耐油、耐薬品性の注意 ●樹脂ケースの加工の際はオイルは絶対に使用しないで下さい。また表面をふきとる場合は中性洗剤をうすめた物を使用して下さい。 ●樹脂ケースに薬品・切削油・有機溶剤等が付着すると溶解する場合と亀裂(環境応力亀裂現象)が生じることがありますので、加工時での 取扱い、使用環境については充分注意して下さい。 ●樹脂ケースのネジ止めにネジロックを使用する場合は、クラック等割れの原因となることがありますので事前に試験で確認の上、樹脂に影 響の少ないものを選択して下さい。(スリーボンド 1401等)

棚板/ ラックパネル

13 シールド対策/ 熱対策部品

14 アクセサリー/ プリント基板

15 機構材

16 カスタム製品

技 技術資料

価 標準価格表

技− 33

Profile for tony.matsushima

タカチ電機 各種技術資料  

タカチ電機 各種技術資料

タカチ電機 各種技術資料  

タカチ電機 各種技術資料

Advertisement