Page 1

2001

3166/3168 クランプオンパワーハイテスタ特注仕様 3166 & 3168 CLAMP ON POWER HiTESTER

電力測定器

高速データセーブに対応!

特注仕様・便利な機能をご紹介

3166/3168クランプオンパワーハイテスタをよりご 活用いただくための、3166/3168に搭載されている 特殊機能および特注仕様についてご紹介します。

http://www.hioki.co.jp/ ISO14001 JQA-E-90091

HIOKIの会社概要、新製品、および環境方針などはホームページでも ご覧いただけます。


1

短時間データセーブ仕様(特注品) ○短時間のワークサイクルで生産される工程の瞬時電力変動を正確に測定したい。 ○動力ラインの省エネ対策など短時間での電力変動データを正確に記録したい。 などのご要望にお答えします。

3166 高速全データセーブ仕様

3168 1秒データセーブ仕様

■特長

■特長

改造により、3166で演算される電圧, 電流, 有効電力の2サ

改造により、3168で演算される電圧, 電流, 有効電力の1秒

イクル(2波形)ごとの瞬時データを取りこぼしなくFDに保存 します。

(10波形演算)ごとの瞬時データをPCカードに保存します。

■仕様概要 取得データ項目:電圧(U)、電流(I)、有効電力(P) データ保存周期:2サイクル毎(50Hz時 : 2/50sec) (60Hz時 : 2/60sec)

保存データ形式:バイナリ 測定可能時間 :最大約10分(60Hz時) 最大約12分(50Hz時)

■操作概要 1.「通常測定」モードに設定。 2.[START/STOP]キーで測定を開始。 測定データは3166内部メモリに一旦保存されます。

■仕様概要 取得データ項目:電圧(U)、電流(I)、有効電力/電力量(P,WP) データ保存周期:1秒/1/5/10/15/30/60分 保存データ形式:テキスト(.CSV) 測定可能時間 :最大約24分(内部メモリ使用時) (1秒インターバル時) 最大約72時間(32MBカード使用時)

■操作概要 1.データインタバル時間を1秒に設定。 2.[START/STOP]キーで測定を開始。 測定データは5秒ごとにまとめて、PCカードおよび内部メモリ に自動保存されます。

3.[START/STOP]キーで測定終了。

3.[START/STOP]キーで測定終了。 測定可能時間を過ぎると自動停止します。

4.[SAVE]キーを押して、FDにデータを保存します。 5.FD保存データは、パソコン上で変換ソフト(付属)を使用 してCSV形式に変換します。

●使用上の注意 ・1秒設定時には、停電処理はおこなわれません。 ・1秒設定時には、測定中のPCカードの抜き差しはおこな わないでください。


2

3168 力率表示仕様(特注品)・便利機能 力率表示仕様

MAX/NIN 測定機能

■特長

■特長

改造により、3168の測定項目(電圧, 電流, 有効電力/電力量)

標準仕様では、インタバルデータとしてインタバル期間内 の "平均値" をPCカードに保存します。 この機能を有効にすると、インタバル間の平均値に加え、 インタバル出力時の瞬時値とインタバル間の最大値(MAX)・ 最小値(MIN)を出力できます。

に加え、力率の測定表示、データ保存・通信ができます。

■仕様概要 取得データ項目:電圧(U)、電流(I)、有効電力/電力量(P,WP) 力率(PF) 力率極性表示 :遅れ時:符号なし 進み時:(−)符号が付きます。 力率データ保存:インタバル間の平均力率(PF_AVE)をPC カードに保存。

■設定方法 1.[▼]キーと[決定]キーを押しながら、電源を "ON" します。 2.LCD全点灯後に「dAtA Add.」が表示されるまで、キー   を押し続けます。 3.「dAtA Add.」が表示されると、瞬時値・最大値・最小 値を出力します。

■機能解除方法 有効電力値

力率瞬時値

有効電力表示画面

1.[測定/設定]キーと[決定]キーを押しながら、電源を "ON" します。 2.LCD全点灯後に「ALL CLEAr」が表示されるまで、キー を押し続けます。 3.「ALL CLEAr」が表示されると、3168の設定がすべて初 期化され標準仕様に戻ります。 ●使用上の注意

ゼロサプレス解除機能 ■特長 標準仕様では、レンジの0.4%未満を強制的に "0" にするゼ ロサプレス機能が働いています。 微少な電力値や微少電力の長期電力量を測定したい場合に は、ゼロサプレス機能を解除して使用できます。

・データ数が標準の3倍程度に増加します。PCカードや内 部メモリへの保存可能時間は約1/3になります。 ・3168は1回/秒に10波形をサンプリングして、1秒間の代  表値(瞬時値)としています。よって、波形の取りこぼし 期間があり、3166のように完全なMAX/MIN値ではあり ません。

■設定方法 1.[測定/設定]キーと[設定項目]キーを押しながら、電源を "ON" します。 2.LCD全点灯後に「oFFSEt cLEAr」が表示されるまで、キ ーを押し続けます。 3.「oFFSEt cLEAr」が表示されると、ゼロサプレス解除機 能が有効にないます。

■機能解除方法 1.[測定/設定]キーと[決定]キーを押しながら、電源を "ON" します。 2.LCD全点灯後に「ALL CLEAr」が表示されるまで、キー を押し続けます。 3.「ALL CLEAr」が表示されると、3168の設定がすべて初 期化され標準仕様に戻ります。 ●使用上の注意 ゼロサプレスが解除された場合、内部に持つ微小なオフセ ットも加算されます。よって、無入力状態においてもわず かづつ積算値が増加する可能性があります。(加算される 極性は消費/回生のいづれになるかは規定できません)

瞬時値

最大/最小値


3

3166 便利機能 ゼロサプレス解除機能

D/A出力機能

■特長

■特長

標準仕様は、レンジの0.4%未満を強制的に "0" にするゼロ サプレス機能が働いています。 微少な電力値や微少電力の長期電力量を測定したい場合に は、ゼロサプレス機能を解除して使用できます。3166では 瞬時値のゼロサプレス解除と積算値のゼロサプレス解除が 個別に設定できます。

9594D/A出力(オプション)を搭載すると、3166で演算される

1.瞬時値ゼロサプレス ■設定方法

電圧, 電流, 電力(有効・無効・皮相), 電力量, 力率, 周波数の 各データを高速で最大4項目まで同時にアナログ出力でき ます。 8808メモリハイコーダなどの高速記録計を接続して、マシ ンサイクルや短時間で工程が終了する設備の電力変動記 録/解析が簡単にできます。

■仕様概要

1.[START/STOP]キーを押しながら、電源を "ON" します。 2.ブザーが鳴るまで、キーを押し続けます。 3.電源投入時のセルフテスト画面の左上に、 「ZERO suppress OFF」と表示され、ゼロサプレス解除機 能が有効になります。

D/A出力更新レート: ○通常測定モード時 :2サイクル毎 ○積算測定モード時 :約1秒毎(表示更新と同じ) ○ デマンド測定モード時:約1秒毎(表示更新と同じ) D/A出力レート:DC±5V/f.s. (電力量は、5V/5kWh∼5V/1MWhから選択設定)

■機能解除方法 1.もう一度、[START/STOP]キーを押しながら、電源を "ON" すると標準状態に戻ります。 ●使用仕様上の注意 ゼロサプレスが解除された場合、無入力状態においても内 部回路のノイズ成分等で0.1%∼0.2%程度、表示がでます。

2.積算ゼロサプレス ■設定方法

■設定方法(通常測定による高速記録) 1.[初期画面]より「通常測定」モードを選択します。 2.[確認]キーを押して、「設定画面に移る」を選択します。 3.[通常測定設定1/2画面]の「D/A出力項目」でch1∼ch4ま での各チャネル毎の出力項目を設定します。 4.D/A出力端子に9441接続ケーブルを接続して、アナログ 出力電圧を取り出します。 *通常測定モードでD/A出力を利用すると、モータの突入 電流や電力が正確に記録できます。

1.[電流レンジ]キーを押しながら、電源を "ON" します。 2.ブザーが鳴るまで、キーを押し続けます。 3.電源投入時のセルフテスト画面の左上に、 「Integ. sp OFF」 と表示され、ゼロサプレス解除機能が有効になります。 なお、その他の特殊機能を使用している場合には、略し て「Isp OFF」や「IOFF」と表示されます。

有効電力D/A出力 モータ起動電流波形

■機能解除方法 500msec

1.もう一度、[電流レンジ]キーを押しながら、電源を "ON" すると標準状態に戻ります。

一般的な電力計アナログ出力

●使用上の注意 ゼロサプレスが解除された場合、内部に持つ微小なオフセ ットも加算されます。よって、無入力状態においてもわず かずつ積算値が増加する可能性があります。(加算される 極性は消費/回生のいづれになるかは規定できません)

■特殊仕様の価格・納期等につきましては、最寄りの営 業所にお問い合わせください。 また、記載の特殊仕様以外のご要望もございましたら、 お気軽にご相談ください。

■価格には消費税は含まれておりません。

本   社 TEL 0268-28-0555 FAX 0268-28-0559 〒386-1192 上 田 市 小 泉 8 1 東 北(営)TEL 022-288-1931 FAX 022-288-1934 〒984-0011 仙 台 市 若 林 区 六 丁 の 目 西 町 8 − 1 長 野(営) TEL 0268-28-0561 FAX 0268-28-0569 〒386-1192 上 田 市 小 泉 8 1 東 京(営)TEL 03-5835-2851 FAX 03-5835-2852 特 販 課 TEL 03-5835-2855 FAX 03-5835-2856 〒101-0032 千 代 田 区 岩 本 町 2 − 3 − 3

北関東 (営)TEL 048-266-8161 FAX 048-269-3842 〒333-0847 川 口 市 芝 中 田 2 − 23 − 24 神奈川 (営)TEL 046-224-8211 FAX 046-224-8992 〒243-0016 厚 木 市 田 村 町 8 − 8 静 岡(営)TEL 054-254-4166 FAX 054-254-3160 〒420-0054 静 岡 市 南 安 倍 1 − 3 − 10 名古屋 (営)TEL 052-702-6807 FAX 052-702-6943 〒465-0081 名 古 屋 市 名 東 区 高 間 町 22 大 阪(営)TEL 06-6871-0088 FAX 06-6871-0025 〒560-0085 豊 中 市 上 新 田 2 − 13 − 7 広 島(営)TEL 082-879-2251 FAX 082-879-2253 〒731-0122 広 島 市 安 佐 南 区 中 筋 3 − 28 − 13 福 岡(営)TEL 092-482-3271 FAX 092-482-3275 〒812-0006 福 岡 市 博 多 区 上 牟 田 3 − 8 − 19

■ご購入時に成績表および校正証明書を希望されるお客様は、別途ご発注をお願いいたします。

お問い合わせは…

■修理・校正業務のご用命は弊社まで…

〒386-1192 上田市小泉81 TEL 0268-28-0823 FAX 0268-28-0824

※このカタログの記載内容は2001年7月27日現在のものです。 ※本カタログ記載の仕様、 価格等はお断りなく改正・改訂することがありますが、 ご了承願います。 ※お問い合わせは最寄りの 営業所または 本社販売企画課(TEL0268-28-0560 FAX0268-28-0579 E-mail: info@hioki.co.jp)までお願いいたします。 ※輸出に関するお問い合わせは本社外国課(TEL0268-28-0562 FAX0268-28-0568 E-mail: os-com@hioki.co.jp)までお願いいたします。

3166/3168J1-17E-01H

クランプオンパワーハイテスタ特注仕様  

hioki クランプオンパワーハイテスタ特注仕様 http://hioki.ocnk.net

Read more
Read more
Similar to
Popular now
Just for you