Page 1


第3課 金の像と火の試練 ※ダニエル3章をお読みください。 要約:ダニエル2章では、ネブカデネザル王が各種の金属で作ら れた像の夢を見たことが記されていた。その後彼はダニエルによ ってその夢の解き明かしを知り喜んだのだが、次第に不安になっ てきた。なぜなら王は自分の国が永遠に続くことを望んでいたの に、夢の解き明かしによると、それが現実にならないということ を知ったからである。「あなたはあの金の頭です」(ダニエル2:38) との言葉はネブカデネザル王に強い印象を与えた。それで王は金、 銀、銅、鉄、粘土に分かれていない全てが金でできた像を造ろう と考えた。王は自分の国が永遠に存続することを期待し、自分が 拝む神の力で真の神の志を変えてみようという挑戦だった。この ようなネブカデネザル王の試みの背後にはサタンがいた。偶像礼 拝の王国、そして偶像礼拝者ネブカデネザル王を通して、神の建 てられたユダヤを滅亡し、また聖所は燃やされた。世はサタンの 王国に支配されるかのようであった。しかしサタンは神の僕ダニ エルと彼の友達を滅ぼすまでは安心することができなかった。な ぜなら今までサタンの代理者として忠実であったネブカデネザル 王が、神の若い僕ダニエルに夢の解き明かしをしてもらい、彼に ひれ伏したからである(ダニエル2:46)。ネブカデネザル王に金 の像を造るように仕向けたサタンの目的は忠実な神の僕たちを神 に反逆させ、それができなければ彼らを殺そうとすることであっ た。

~

1

~


研究主題1:ドラの平地に立てられた金の像 参照聖句:「ネブカデネザル王は一つの金の像を造った。その高 さは六十キュビト、その幅は六キュビトで、彼はこれをバビロン 州のドラの平野に立てた。そしてネブカデネザル王は、総督、長 官、知事、参議、庫官、法官、高僧および諸州の官吏たちを召し 集め、ネブカデネザル王の立てたこの像の落成式に臨ませようと した。そこで、総督、長官、知事、参議、庫官、法官、高僧およ び諸州の官吏たちは、ネブカデネザル王の立てた像の落成式に臨 み、そのネブカデネザルの立てた像の前に立った。時に伝令者は 大声に呼ばわって言った、『諸民、諸族、諸国語の者よ、あなた がたにこう命じられる。角笛、横笛、琴、三角琴、立琴、風笛な どの、もろもろの楽器の音を聞く時は、ひれ伏してネブカデネザ ル王の立てた金の像を拝まなければならない。だれでもひれ伏し て拝まない者は、ただちに火の燃える炉の中に投げ込まれる』と。 そこで民らはみな、角笛、横笛、琴、三角琴、立琴、風笛などの、 もろもろの楽器の音を聞くや、諸民、諸族、諸国語の者たちはみ な、ひれ伏して、ネブカデネザル王の立てた金の像を拝んだ。そ の時、あるカルデヤびとらが進みきて、ユダヤ人をあしざまに訴 えた。すなわち彼らはネブカデネザル王に言った、『王よ、とこ しえに生きながらえられますように。王よ、あなたは命令を出し て仰せられました。すべて、角笛、横笛、琴、三角琴、立琴、風 笛などの、もろもろの楽器の音を聞く者は皆、ひれ伏して金の像 を拝まなければならない。また、だれでもひれ伏して拝まない者 はみな、火の燃える炉の中に投げ込まれると。ここにあなたが任 命して、バビロン州の事務をつかさどらせられているユダヤ人シ ャデラク、メシャクおよびアベデネゴがおります。王よ、この人々 はあなたを尊ばず、あなたの神々にも仕えず、あなたの立てられ た金の像をも拝もうとしません』。そこでネブカデネザルは怒り

~

2

~


かつ憤って、シャデラク、メシャクおよびアベデネゴを連れてこ いと命じたので、この人々を王の前に連れてきた。ネブカデネザ ルは彼らに言った、『シャデラク、メシャク、アベデネゴよ、あ なたがたがわが神々に仕えず、またわたしの立てた金の像を拝ま ないとは、ほんとうなのか。あなたがたがもし、角笛、横笛、琴、 三角琴、立琴、風笛などの、もろもろの楽器の音を聞くときにひ れ伏して、わたしが立てた像を、ただちに拝むならば、それでよ ろしい。しかし、拝むことをしないならば、ただちに火の燃える 炉の中に投げ込まれる。いったい、どの神が、わたしの手からあ なたがたを救うことができようか』。シャデラク、メシャクおよ びアベデネゴは王に答えて言った、『ネブカデネザルよ、この事 について、お答えする必要はありません。もしそんなことになれ ば、わたしたちの仕えている神は、その火の燃える炉から、わた したちを救い出すことができます。また王よ、あなたの手から、 わたしたちを救い出されます。たといそうでなくても、王よ、ご 承知ください。わたしたちはあなたの神々に仕えず、またあなた の立てた金の像を拝みません』。そこでネブカデネザルは怒りに 満ち、シャデラク、メシャクおよびアベデネゴにむかって、顔色 を変え、炉を平常よりも七倍熱くせよと命じた。またその軍勢の 中の力の強い人々を呼んで、シャデラク、メシャクおよびアベデ ネゴを縛って、彼らを火の燃える炉の中に投げ込めと命じた。そ こでこの人々は、外套、下着、帽子、その他の衣服のまま縛られ て、火の燃える炉の中に投げ込まれた。王の命令はきびしく、か つ炉は、はなはだしく熱していたので、シャデラク、メシャクお よびアベデネゴを引きつれていった人々は、その火炎に焼き殺さ れた。シャデラク、メシャク、アベデネゴの三人は縛られたまま で、火の燃える炉の中に落ち込んだ。」―ダニエル3:1~23

~

3

~


解説:ネブカデネザル王は実に熱心な偶像崇拝者であり、巨大な 金の像を造るために莫大な金を使った。そして良心の自由を束縛 する法令つまり全ての人に金の像を拝むことを強制した。そして 従わない者は燃える炉に入れると脅した。しかし、この王の心の 中には真実を求める強い気持ちもあったのである。 「時に伝令者は大声に呼ばわって言った、『…ひれ伏してネブ カデネザル王の立てた金の像を拝まなければならない。だれでも ひれ伏して拝まない者は、ただちに火の燃える炉の中に投げ込ま れる』と。」(ダニエル3:4-6)この命令に対して真の神を愛する 青年たちはどのように語ったのだろうか!『シャデラク、メシャ クおよびアベデネゴは王に答えて言った、『ネブカデネザルよ、 …ご承知ください。わたしたちはあなたの神々に仕えず、またあ なたの立てた金の像を拝みません』。」(ダニエル3:16~18)し かし、サタンは彼らがこのように語るであろうことをすでに予想 していた。彼らのこの決断の結果はどうなったのであろうか? 主題2:燃える炉に入ったダニエルの友達 聖句参照:「その時、ネブカデネザル王は驚いて急ぎ立ちあがり、 大臣たちに言った、『われわれはあの三人を縛って、火の中に投 げ入れたではないか』。彼らは王に答えて言った、『王よ、その とおりです』。王は答えて言った、『しかし、わたしの見るのに 四人の者がなわめなしに、火の中を歩いているが、なんの害をも 受けていない。その第四の者の様子は神の子のようだ』。そこで ネブカデネザルは、その火の燃える炉の入口に近寄って、『いと 高き神のしもべ、シャデラク、メシャク、アベデネゴよ、出てき なさい』と言ったので、シャデラク、メシャク、アベデネゴはそ の火の中から出てきた。総督、長官、知事および王の大臣たちも

~

4

~


集まってきて、この人々を見たが、火は彼らの身にはなんの力も なく、その頭の毛は焼けず、その外套はそこなわれず、火のにお いもこれに付かなかった。ネブカデネザルは言った、『シャデラ ク、メシャク、アベデネゴの神はほむべきかな。神はその使者を つかわして、自分に寄り頼むしもべらを救った。また彼らは自分 の神以外の神に仕え、拝むよりも、むしろ王の命令を無視し、自 分の身をも捨てようとしたのだ。それでわたしはいま命令を下す。 諸民、諸族、諸国語の者のうちだれでも、シャデラク、メシャク、 アベデネゴの神をののしる者があるならば、その身は切り裂かれ、 その家は滅ぼされなければならない。このように救を施すことの できる神は、ほかにないからだ』。こうして、王はシャデラク、 メシャクおよびアベデネゴの位を進めて、バビロン州におらせた。」 ―ダニエル3:24~30 解説:神の僕たちは七倍も熱くされた炉の中に入ったが、神はご 自分の僕たちをその中から救われた。「あなたが水の中を過ぎる とき、わたしはあなたと共におる。川の中を過ぎるとき、水はあ なたの上にあふれることがない。あなたが火の中を行くとき、焼 かれることもなく、炎もあなたに燃えつくことがない。」(イザ ヤ43:2) 王がもう一度、ダニエルの神であり、シャデラク、メシャク、 アベデネゴの神に屈服したことによって、サタンの目的は挫折し た。しかしサタンは最終時代に再びこのような方法を試みるとい うことを聖書は預言している。「さらに、先の獣の前で行うのを 許されたしるしで、地に住む人々を惑わし、かつ、つるぎの傷を 受けてもなお生きている先の獣の像を造ることを、地に住む人々 に命じた。それから、その獣の像に息を吹き込んで、その獣の像 が物を言うことさえできるようにし、また、その獣の像を拝まな

~

5

~


い者をみな殺させた」(黙示録13:14,15)。この主題は第9課で再 度研究することになる。神はいつの時においても危機一髪の時に サタンの計画を挫折させ、ご自分の僕たちを救われたのである。 我々の神の素晴らしい救いを感謝しようではないか! ✿瞑想のために:「この重大な日に、悪の勢力は大いなる勝利を 収めたように思われた。…しかし神 は、それとは別のことをお命 じになった。すべての者が、人間の権力を象徴する偶像にひれ伏 したのではなかった。礼拝している群衆の中に、そのようなこと をして天の神の栄えを汚すまいと固く決意した三人の者がいた。」 ―国と指導者下巻p114,115 「善と悪の二大勢力の争闘は間もなく終わるであろう。しかし その最後の時にいたって継続的、激烈な闘争があるであろう。私 たちはバビロンでダニエルと彼の同僚たちがそうであったように、 何事においても原則に忠実であるように志を立てなければならな い。平常時より七倍も熱くした燃える炉も、神の真実な僕たちを 真理に対する忠誠心から振り返るようにさせることはできなかっ た。彼らは試練の時に固く立ち、そのために燃える炉の中に入れ られた。しかし彼らは神に捨てられなかった。四人目の人のよう な形が火の中に見えた。そして彼らはその服に火に燃えた臭いも 付かずに出てきた。」―牧師への証p.470,471 「『まことに人の怒りはあなたをほめたたえる。怒りの余りを あなたは帯とされる。』(詩篇76:10)と詩篇記者は言っている。… 神の民の過去の歴史においてもこれは事実であった。ネブカデネ ザルが建てた巨大な金の像を拝むことを拒否した三人のヘブル人 たちは、燃える炉の中に投げられた。しかし神はその僕たちを炎 の中で保護され、偶像崇拝を強要する試みは、広大なバビロンの

~

6

~


国の総督や偉大な人々の前で真の神を知らせる結果となった。」 ―教会への証5巻p453

IMS・SDA教会改革運動 〒905-0005 沖縄県名護市為又773-1プロフィット為又607 電話:0980-43-0616/080-3906-2369(松本) Email:sda1888@live.jp http://www.sda1888.com/ International Missionary Society Seventh-day Adventist Church Reform Movement 625 West Avenue Cedartown.GA 30125 USA Email:imssdarmgc@yahoo.com http://www.imssda,org/

~

7

~

ダニエル書預言研究第3課  

「金の像と火の試練」